2006年09月16日

鏡よ鏡

台風が来ています。ご注意を。


あまり見た目には頓着しないBeltaだけれど、
ちょっとだけ、気にかけていること。


それは、後ろ姿。

特に授業中。
ホワイトボードに板書するとき。
クラスのみんながBeltaの後ろ姿を見るその時。

だって、後ろを向けた途端、背中がしょんぼりしていたら?

それまで、いくら元気にお話していても、
Beltaの言葉は、嘘になる。

だから、
意識して、胸を張って、きれいな姿勢を作ります。

時には板書に夢中になって、(板書好きなんです)
姿勢なんて、忘れることも多いけど。。。


みんな知っていて、Beltaだけが知らないBeltaの後ろ姿。
そこに見えるものは、「大人」でありたいと思うのです。



数日前まで通っていた会場の階段の踊り場の壁に、
少し大きい鏡がかかっています。

どなたからかの寄贈でしょうか。
ちょっぴり古めかしい額入りのその鏡、
踊り場から2階へ向かう途中で、
ちょうど全身が映ります。

数え切れないほど、人の後ろ姿を見てきた鏡です。

毎朝、Beltaは階段の途中で足を止めて、後ろを振り返ります。
#ちょっと危ない。


「Beltaの後ろ姿、どう?」

鏡は、いまだ何も答えてくれません。



人気ブログランキングに参加しています。
あなたがそこにいること、教えてください。
ここをクリックお願いします。心から、楽しみにしています。
感謝。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/790029