2006年09月24日

キスチョコよりも

日曜日だから、思い切って、

  

  あなたが、好きです。



うふ。いきなりでびっくりした?

Beltaは「好き」という言葉が大好き。

ハーシーのキスチョコより、
アイシテルより、100のほめ言葉より、
「好き」が好き。

「ほめる」には、
ジャッジ(判断)のにおいがするけど、
「好き」には、理由も理屈もない。

「好き」だから「好き」。
まるごと受け止めて、まるごと受け入れる。
単純明快。無条件。
付け加えるものは、何もない。

言う方も、言われる方も、
最上級の幸せになる魔法の言葉。

もっともっと、言いたい、言われたい。
恥ずかしがり屋のBeltaには、
どっちも、とっても勇気がいることだけど。






昨日、友達から受け取ったメールの結びの言葉。
「BeltaとBeltaのブログが大好きです」

元気と勇気といろんな想い、涙となりました。

ありがとう。
Beltaもあなたが大好きです。



<Beltaから>
古典落語に「子ほめ」という噺がある。

生まれたばかりの子供をほめて、
ちゃっかりご馳走になろうという筋だけど、、、。



人気ブログランキングに参加しています。
あなたがそこにいること、教えてください。
ここをクリックお願いします。心から、楽しみにしています。
感謝。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/797329
この記事へのコメント
はじめまして。

そんなに素直に「すきです。」

といえるなんてすばらしいと思います。

なんだか、研究していると、

まず問題点を探す癖がついてしまう。

ひとに関しても、

この部分がこの人の欠点だとか。

でも、

自分の欠点は、あまり分かっていない。



「すき」になれるのは、

やっぱり、寛容でそのひとの欠点も含めて好きになれるということでしょうね。

わたしは、まだまだ、

達観できないようです。









Posted by エロカワ博士 齋藤頼子 at 2006年09月24日 15:58
>コメントありがとうございます。

好きなところを見るか、欠点を見るか。
Beltaは人の好きなところを見ます。

まずは、小さなところや、行動について
「好き」を伝えたらいかがでしょうか?

「君と話をすることが、好きなんだ。」というように。
Posted by Belta at 2006年09月25日 05:22