2006年10月08日

Beltaのスタンス そのままで

直接の学習方法ではないかもしれませんが、
根底に流れる大切なこと。

今日は、そんなお話。


2年前、髪を切りました。
学生時代からのロングヘアーを、
ばっさりとショートカットに。

その変化に周囲は大騒ぎ。
「Belta変わったよね。」って。

単に髪を切っただけですが、
Beltaそのものが大きく変化したように見えたようです。
中には、自分も変わりたいから、
Beltaの話を聞かせて、という人まで。

本当のところ、Belta自身、何も変わってはいないのですが…。


世の中の考え方と逆行しているかもしれませんが、
Beltaは、
人は変化しなくてもいい、と考えています。

人はみな、その人だけの、とても素晴らしい素敵な存在。
その大切な存在を変える必要はないのでは、と。

「変化を望む」ことは、
そんな自分を否定して、違うものを望むような感じがするのです。


ここで、質問です。
「あなた、変わりなさいよ。」って人から言われたら?
うれしいですか?

Beltaは、あんまりうれしくありません。
Beltaそのものを否定されたようで。

変化を望むことは、
自分で、自分にそう言い続けている、そんな気がするのです。
いつも変化を望むことは、いつも自分を否定するような…。


Beltaは、人生を輝かせるものの一つは、
「自分のことを好きであること」だと思っています。

なのに、自分を否定しちゃったら?

なかなか自分のこと、好きになれないんじゃないかな?


だから、Beltaは、人は変化しなくていい、と考えます。
人は、今、ここにいるだけで、とっても素敵な存在。
変える必要無し!

変えずに、その大切な存在の上に、
いろいろと積み重ねていけば良いのです。

変化ではなく、積み重ね。

結果的に、それが変化に見えるかもしれませんが、
一番大切な自分自身は、変わらずに。


大切なあなたは、そのままで。
上に素敵を積み上げる。

それが2006年、今現在のBeltaのスタンスです。


<Beltaから一言>
人そのものは変わらなくて良いと思っていますが、
変化させた方が良いものもあります。

それは、また、あ・し・た♪

3連休。行事の多いこの時期。
楽しい時間をすごされますように。



人気ブログランキングに参加しています。
クリックしてくださる方、本当にありがとうございます。
そこにいてくださることがわかるだけで、うれしく思うのです。
ここをクリックお願いします。心から、楽しみにしています。
感謝。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/809908