2006年10月11日

色と形 本当の意味

久し振りに色の話。

色の仕事の時、決まって尋ねられることがあります。


「私に似合う色は何でしょう?」

ごめんなさい。コメントできません。
パッと見て、判断できるものではなく、
サッと一言で、言うべきものでもないと思うので。

「似合う色」。
一般的には、「パーソナルカラー」と呼ばれます。

いろいろな理論がありますが、
何色かの布を顔の下に当てて、
肌、髪、目の色と調和する色のグループ
(「春・夏・秋・冬」の4タイプのどれか)を診断する、というものです。

確かに、Beltaも診断できます。(実際は「形(イメージ)」も)

ご自分の色のグループがわかると、
お客様はとっても喜ばれます。

でも、実のところ、Beltaは少しとまどいを覚えるのです。
それだけでは無いはず、って。

人には生まれ持った「色(カラー)」と「形(イメージ)」があります。

自分の「色」と「形」を知ることは、自分本来の魅力を知ること。
それは、とっても、深い意味があると思うのです。

Beltaの場合、
少し黄みがかった明るい色で、シャープなイメージ、
または、少しファニーな感じの服、となります。

この装いをすると、Beltaらしくてカッコイイ(笑わないで・笑)。
Belta本来の魅力(照れちゃうけど)が表現されるから。

多くの人は(Beltaも含めて)、人の言葉や流行に動かされがち。
自分のことがよく分からなくて、
基準を他に求めて、安心を得たいから。

本当は、とっても素敵なのに。知らなくって、戸惑っている。

自分の「色」と「形」を知ることは、
自分の本当の魅力を知ること、だと思うのです。
そして、自分のことを好きになること。
そして、他の人も好きになること。
そして…   人生って素敵だなって、思うこと。

まだまだたくさんの意味があると思っています。


色の仕事をするたびに、
そんなこと、伝えていこうって。

だから、「色」と「形」、
パッと見て、判断できるものではなく、
サッと一言で、言うべきものでもないと思うのです。

人生を変えるほど大切なこと、なので。



人気ブログランキングに参加しています。
クリックしてくださる方、本当にありがとうございます。
そこにいてくださることがわかるだけで、うれしく思うのです。
ここをクリックお願いします。心から、楽しみにしています。
感謝。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/812659