2006年10月26日

水茎の跡

Beltaの書く文字知っている人、笑わないでね。

Beltaの字は、少し子供っぽい。
流行のギャル文字ではないけれど、
崩さず、楷書的に書くから。

要はあまり美しい文字でない、ということ。

実はこれ、ちゃんと原因があるのです。

小学校の時、書き方の授業のこと。
当然、お手本を渡されます。
そして、はね、はらい、止め、を意識して、
お手本と同じ文字になるように練習します。

ところが、なぜか、Beltaは
お手本通りの文字を書いてはいけないと思い込んだのです。

お手本はお手本。BeltaはBelta。
自分の文字を書かなくちゃって。

お手本通りのきれいな文字を書いている友達を尻目に、
いくら、先生に朱を入れられても、譲らず(笑)

数年後、ふと気が付くと、
お手本通りに書いていた友達は、「きれいな字」と言われ、
Beltaは…           「面白い字」と。



さて、
「守破離(しゅはり)」という言葉をご存知でしょうか?

物事を学び始め、極めていく三つの成長の段階です。
最初は、教えを守り、
次に、自分なりの発展を試み、
最後には、型を離れて独自の世界を創り出す。


そう、いきなり「離」から始めてしまったちっちゃなBelta。
結果はご存知の通り。

先人の知恵、やっぱり偉大です。


<Beltaから一言>
Beltaの文字が美しくないと分かったとたん、
読みやすい文字を書こうと決めました。

その結果が今のBeltaの文字。ちゃんと読めます。

でも、Beltaの文字が好きだと言ってくれる人もいるから、
もう少し、そのままに。

あんまり反省してないようです。



人気ブログランキングに参加しています。
クリックしてくださる方、本当にありがとうございます。
そこにいてくださることがわかるだけで、うれしく思うのです。
ここをクリックお願いします。心から、楽しみにしています。
感謝。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/825481