2006年10月31日

風速0.5メートルの南風

大阪の空の下から。

10月22日に白花たんぽぽを見つけたこと、書きました。

Beltaの周囲にリサーチしたところ、
白花たんぽぽを知っている人はごくわずか。
見たことないと言う人ばかり。

というのも、

白花たんぽぽは、西洋たんぽぽより、ずっと環境を選ぶから。

西洋たんぽぽは造成した荒れ地にも育つけど、
白花たんぽぽは、そうはいかない。

詳しいことは、分かっていないようだけど、
何か、複雑な要因があって、それが満たされないと
生育出来ないらしい。

自然界には、よくあること。

白花たんぽぽを保護しようと、
白花たんぽぽだけを、保護しても、育たない。

ぱっと見には見えない何か、
白花たんぽぽを育てている何かを含めないと。

それはもしかして、突拍子もないもので、
想像もできないものかもしれないけれど、
白花たんぽぽには必要不可欠なもの。

例えば、風速0.5メートルの南風、
そんなものかもしれない。
#風が吹けば、白花たんぽぽが咲く(笑)

それ自体が、何を成すわけでもなく、
白花たんぽぽを育てるだけのもの。

逆に言うと、それがあれば、
白花たんぽぽは、すくすく育つもの。


一見、無縁で、何の役にも立っていないものが、
実は大きな支えになっている。

そんなものがあって自然は成り立っている。



自然だけじゃない。人も、チームも、同じこと。
無駄に見えるものが、大きな仕事を支えている。

なくしてみて初めてわかる。
が、なくしたときの、ダメージは大きい。

そうはならぬよう。

風速0.5メートルの南風、感じたい。


こちらも、読んでみて。
90鍵のピアノ


<Beltaから一言>
さて、今日の記事。
「白花たんぽぽ」は何回出てきたでしょう?




人気ブログランキングに参加しています。
クリックしてくださる方、本当にありがとうございます。
そこにいてくださることがわかるだけで、うれしく思うのです。
ここをクリックお願いします。心から、楽しみにしています。
感謝。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/829581