2006年11月09日

黎明の星

立冬が過ぎ、松江は冬気分。
冬眠する日も、近いかも?


急に寒くなったお天気をよそに、
ここはちょっぴり熱い。

今、Beltaがいるのは、

「中高年のためのスキルアップパソコン講習会」

50歳以上の方を対象に、表計算ソフトの、
検定試験3級レベルを目指そうというクラスで、
久し振りのアシスタントをしています。


「僕ね、ライセンスが欲しいんですよ。
 検定、どうしたら受験できるの?」

講座開始早々、いただいた質問です。
サクサクとお一人で表を作成されていたTさんから。

「IF関数もあるの?
 うーん、IFとANDとOR、ちょっと苦手。」

 大丈夫です。ANDとORは2級です。3級はIFだけ。

「あ、そう。
 還暦を過ぎると、覚えにくくてね。」
 
 還暦?見た目もスキルもそうは見えません。

「僕ね、中高年の指導者になりたいんだ。
 僕は定年まで勤めたけど、
 同年代でパソコンができなくて、
 泣く泣く仕事辞めた人、多いんだよね。」

「いきなりさ、パソコンが導入されて、困り切ってね。」

 
あぁ、またここでも。
仕事はバリバリできるベテランなのに、
パソコンができないばかりに、
好きな仕事から離れざるを得ない…。

こういった話は、よく耳にするのです。
聞くたびに思います。
本当にパソコンって便利なのでしょうか?

人の暮らしや仕事を楽にするものが、
逆にストレスになったり、職を失うことになったり。
修得に時間がかかりすぎたり。

矛盾を感じています。

人とパソコンの関係は始まったばかり。言わば黎明期。
暗闇の中、お互いのあり方を模索している真っ最中では?

ただ、今はパソコンの方に、
人が合わせようとしているような気がします。

だから、使いにくのかな、と。

そろそろ、もっと「人」側の立場で考える
時期なのでしょう。

人とパソコンの黎明を照らす星が欲しい。
ナイショだけど、Tさんにちょっぴり期待。


<Beltaから一言>
このクラス、最高齢は80歳。
見事に元気。

今日も行ってきまーす。



人気ブログランキングに参加しています。
クリックしてくださる方、本当にありがとうございます。
ポイントが入ると、誰かが読んでくれたことが分かってうれしいのです。
ここをクリックお願いします。心から、楽しみにしています。
感謝。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/837217