2006年11月27日

いらない涙

友人との会話の中で、
久し振りに、会社員時代の仕事を思い出しました。

金融関係のその会社は、
「事務」とは名ばかり、

ほとんど「交渉」が仕事でした。

交渉相手は、
個人、企業のお客様、銀行などの金融機関、
本社、他支店、同じ支店の仲間たち。

「交渉」が生まれるのは、
多くの場合、トラブルから、です。
いわば、マイナスから始まるコミュニケーション。

当時のBeltaは、毎日が手探り。

お客様を怒らせ、怒られ、後輩は泣き、
トラブルはさらに大きくなる…
#詳しい話は、オフレコで(笑)

電話に出るのがこわい…。
そんな時期もありました。

でも!今となっては、それがBeltaの財産。
Beltaのコミュニケーションに対する考え方のベースだと思うし、
セミナーを受講するときも、
NLPでもTA(交流分析)でも、
実体験と照らし合わせて
「あ〜、なるほど!」って納得できるのです。


ただ、時々ふと思うのです。
あのころ、もっとNLPやTAを知っていたら?

ほんの少し知っているだけで、
お互い、気持ちよく話ができたのでは、
流れなくてもよかった涙もあったのでは、と。

今は、その上に積み上げて、
コミュニケーションの達人になっていたのかも?(笑)


ごくわずかな知識だけでも、
知っているのと知らないでは、大違い。
時には小さな知識が、人を救うのです。

知らなかったことに、
少しだけ、悔しさを覚えるBeltaです。

もちろん、当時はそんなものも、学べる場も知らなくて。
Beltaは自分なりのベストを尽くしていたわけなのですが…。

だから、今。
Beltaにできることを始めるつもり。

いらない涙が流れませんように、
そして、みんなが、もっと遠くへ行けますように、と。


人気ブログランキングに参加しています。
クリックしてくださる方、本当にありがとうございます。
ポイントが入ると、誰かが読んでくれたことが分かってうれしいのです。
ここをクリックお願いします。心から、楽しみにしています。
感謝。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/blue_belta/852435