2013年02月28日

本の読み方 組み合わせて、ぜひどうぞ。

←桜のリース。

さて、始めましょ。

世の中にビジネス書、自己啓発書、
セミナーがあふれていることを知ったのは、
この10年くらいのこと。

いえ、そんなものがあることはかすかに知っていましたが、
利用しているとは思ったことがなくて(笑)

なぜって?

そんなものが活用されているなら、
世の中はもっと違ったものになっているはずだから、
きっと誰も使ってない(笑)


すごい思い込みですね(笑)


感覚的なことなのでデータはありませんが、
ビジネス書やセミナーは揮発性のように思うのです。

頭でわかることで、表面に貼り付くような感じ。
放っておくと揮発しそう。

それが、たまたま自分の体験と結びつくことがあると、
もっと深いところでわかるように思うのです。


では、そんな体験などしたことがなければ、
役に立たないということになる?


いえ、世の中には「物語」「神話」というものもあるのです。




ビジネス書や自己啓発書を楽しんで読むのはOK、
それに並行して、物語や神話もぜひ。


両方で本当に読んだことになるのではないかしらね。





1日1回、クリックを。ぺこ。励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。
「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。


カラーショップBeltaで取り扱っています。
Beltaのイラストを使った一筆箋です。



オリジナル一筆箋 いちご姫の冒険
オリジナル一筆箋 いちご姫の冒険











  

Posted by blue_belta at 09:24Comments(0)TrackBack(0)

2012年12月09日

保育園のレシピ本とビジネスと

昨日の記事の続きです。

今読んでいる本の1つが
「さくらしんまち保育園の給食レシピ」

昨日の箸の話題もこの本です。


読んでいる理由は、
おいしいものが食べたいから。

ウソです(笑)



さくらしんまち保育園は偏食をする子どもが
とても少ないのだそう。

なぜ?

理由が知りたくて読んだのです。


だって、子どもが動くことなら、
何かとヒントになることがあるんじゃないかしらと。


偏食をなくす工夫としては、


あ、本を読んでくださいね(笑)


どれも、言われてみれば当たり前、納得のことです。
心理をうまく利用しています。


そして「子ども」を
「お客さま」または「初心者」と言い換えてみると
面白いと思いました。

ビジネスのヒントになるもの、多し。



これがBeltaの読書です。

自分とは関係なさそうなものから、
おもしろいものを見つける。

なので、専門とは関係ないものをいっぱい読んでいます。

本を交換する「bookわらしべ」をしています。
どなたか、本を交換してくださいませ。



偏食解消で大人気。 さくらしんまち保育園の給食レシピ偏食解消で大人気。 さくらしんまち保育園の給食レシピ
著者:さくらしんまち保育園
販売元:メディアファクトリー
(2011-07-01)
販売元:Amazon.co.jp





人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。

「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。


カラーショップBeltaで取り扱っています。
持ち運びに便利 どこでもカラーセラピーを。カラーセラピーカード15色
持ち運びに便利 どこでもカラーセラピーを。カラーセラピーカード15色







  
Posted by blue_belta at 09:44Comments(0)TrackBack(0)

2012年10月02日

自分から働きかける読書

絵の展示準備をしていたら、もうこんな時間。

買い物1回、
準備3日、と思って予定を立てたのですが、
予定は予定。

特に月末月初、
しかも年度の後半スタートということを忘れていました。
何かと用だらけ(笑)

さて!

昨日、2冊を並行して読む、とお話ししましたが、
ふと気づくと、「本の読み方」を教わる機会なんて、
本当に少ない。

子どものころは、
本の読み方=内容読解、感じ方ですし。

大人になって、
大量の読書が必要になったとき、
「ハタ」と考える人がいるくらい、かと。


もし、
子どものころに、本の読み方には多様な方法があると知って、
体験できていたら、何か変わるかもしれない。

「じっくり読もう」
「主人公の気持ちになろう」
「言葉を味わおう」

だけでなくて、

「2冊をいっぺんに読んでみよう」
「ナナメ読みをしてみよう」
「同じ作者の本を少なくとも5冊、続けて読んでみよう」

とか、

「読んだら、すぐに人に話そう」

なども良さそう。

物語なら、「続きを作っちゃおう」もおもしろそう。


本が貴重で、学問の中心だったころと、
今とはちょっと違うはず。


Beltaは自分から働きかける読書がいいな、と思っています。



【交流会の予定です】

・出雲
10月27日(土)ランチ交流会 12:00〜14:00
場所:なが田
出雲市大津町 くすのきプラーザ前
会費:1100円
詳しくは、出雲ランチ交流会のお知らせ(島根/出雲)をご覧ください。

・大阪
11月10日(土)19:00〜21:00
場所:雲州堂
大阪市北区菅原町7-2
大阪市営地下鉄 谷町線 南森町駅徒歩5分
会費:4,000円まで
詳しくは、水辺のレストランで異業種交流会のお知らせ(大阪)
をご覧ください。

・松江
12月2日(日)19:00〜21:00
場所:レストラン シュシュ
松江市西川津町 ビーナスガーデン内
会費:3,500円




人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。

「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。


カラーショップBeltaで取り扱っています。
持ち運びに便利 どこでもカラーセラピーを。カラーセラピーカード15色
持ち運びに便利 どこでもカラーセラピーを。カラーセラピーカード15色







  
Posted by blue_belta at 12:34Comments(0)TrackBack(0)

2012年10月01日

Beltaの読書術 2冊並行読み

読書術です。

関連する本を10冊読むと、
その分野に通じる、と言われますね。

その通り、でしょう。
Beltaも興味がわいたものについては、
まとめて読むことにしています。

特に2冊、評価が高い本を並行して。

そう、1冊ずつ読み終えるのではなくて、
2冊を交互に読むのです。

すると、
「あれは、このことかぁ!」
「なるほど、この部分は、こう補うといいのかぁ」

などなど、不思議とよくわかるのです。

例えば、
片方の本ではさらりと、
「みなさんの協力が必要です」と書いてあるとします。

Beltaの頭の中には、
「どうしたら協力を得られるのかな?」
「モチベーションを高めるにはどうするといいのかな?」と疑問が浮かびます。

疑問を持って、他の本を読むと、
そこにはなぜか解決方法が!

そりゃそうです。
疑問があったら、脳は解決を求めて探しますからね。

解決方法が見つかりやすくなるのは当然です。

それから、
「あ、これはさっきの本の書いてあったことと同じだ。
あれを一言でまとめると、こういうことなんだ」

という発見もあります。


「1冊ずつ読んだっていいんじゃない?」
はい。もちろんOKだと思います。

Beltaは1冊読み終えたときには、
最初の方の印象が薄くなってしまうような気がしています。

それが、2冊並行だと、濃いまま読み続けられる感じがして。


個人的にはこの2冊がマッチすると、
読書はものすごく深まる、と思っています。


今のところ数セットの組み合わせを見つけました。
おかげで今年は(まだ終わっていませんが)
良書に巡り会えたように思います。


2冊並行読み、
お試しくださいね。



【交流会の予定です】

・出雲
10月27日(土)ランチ交流会 12:00〜14:00
場所:なが田
出雲市大津町 くすのきプラーザ前
会費:1100円
詳しくは、出雲ランチ交流会のお知らせ(島根/出雲)をご覧ください。

・大阪
11月10日(土)19:00〜21:00
場所:雲州堂
大阪市北区菅原町7-2
大阪市営地下鉄 谷町線 南森町駅徒歩5分
会費:4,000円まで
詳しくは、水辺のレストランで異業種交流会のお知らせ(大阪)
をご覧ください。

・松江
12月2日(日)19:00〜21:00
場所:レストラン シュシュ
松江市西川津町 ビーナスガーデン内
会費:3,500円




人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。

「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。


カラーショップBeltaで取り扱っています。
持ち運びに便利 どこでもカラーセラピーを。カラーセラピーカード15色
持ち運びに便利 どこでもカラーセラピーを。カラーセラピーカード15色







  
Posted by blue_belta at 10:23Comments(0)TrackBack(0)

2011年09月10日

読みにくい本の読み方 どんどん進む、どんどん戻る

「どうしても、読みにくい」
という本に出会うことがありませんか?

世間では評価が高いのに、
自分には合わないのか、どうにもこうにも読みにくい本、
たまに遭うのではないかしら。

そんなとき、どうするか。
もちろん止めてしまうのも手。

けど、読みたい、
読まなきゃいけないときもありますよね。

Beltaは、読み飛ばすことにしています。

読み飛ばすとストーリーがわからなくなるように感じますが、
そうでもないのです。

少々背景がわからなくても、
楽しめるシーンはいっぱいあるのです。

自分が興味のあるものが登場する場面や(Beltaなら科学や色)
ラブシーンなら、物語の背景がわからなくても、
案外読めるものです。

そうやって読みやすいところ、
興味のあるシーンを飛ばし飛ばし読むと、
背景もだんだんわかってきます。

例えば、会話のシーンで、
「ごめんなさい。誤解してたわ」とあるなら、
それまでは敵対していた可能性がありますね。

その情報を持って、最初に戻ると、
今度はわかりやすく読めるのです。

わからないところ、読みにくいところにこだわって
諦めるのはモッタイナイし、時間の無駄。

どんどん進んで、どんどん戻ればOKです。
ビジネス書でも同じコト。


作家によっては、
後半ものすごく盛り上がるのに、
前半はひたすら描写が続き面白くない方もいらっしゃいます。

前半はさささっと読み飛ばし、
後半に賭ける。そしてまた戻る。


本は最初から最後まで、
通して読まなければいけないなんて法則は
どこにもないんだもん。


自分にとって、
わかる読み方、使える読み方を
すればいいのではないかと。


人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。励みにしています。
gaku_cherry_01


★本を通して出会い広がるコミュニケーション
bookわらしべ

本をどんどん交換していきます。

本のジャンルは問いません。
漫画でもSFでも評論でも古典でも読みます。
ブログで公開するのでアダルトはご遠慮を。

交換していただいた本は読後、
感想またはマインドマップをブログにて公開します。

そしてその本はまた交換され、
次の旅に出ることになります。

交換方法は、
お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパック350で。
(送料はお互いの負担となります)

本をどんどん交換していくようすが、
昔話の「わらしべ長者」を彷彿させるので、
「本のわらしべ長者」通称「bookわらしべ」と名付けました。


本の交換、お問い合わせは、
info@belta.jp Beltaこと若林眞弓まで
メールでお願いいたします。


現在、交換を待っている本。

お菓子を仕事にできる幸福

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→?

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。


他に、「夢をかなえるファイリング」と「ソーシャルメディア・ダイナミックス」が
交換を待っています。

この2冊はBeltaの準備が整い次第、お知らせいたしますね。
  
Posted by blue_belta at 08:01Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月10日

本の読み方、知ってる?

もうすぐ夏休み。

夏休みと言えば、宿題は読書感想文。

ということで、
今日の話題は「読書感想文」についてです。

「読書」に関して、
友人がこんなことを教えてくれました。

「小説の読み方、知ってる?

 まずは、批判をせずに受け入れるといいんだって。

 TVで見たんだけれど、
 本の読み方、なんて教わったことがなかったなぁと
 改めて感じちゃった」

なるほど。
「本の読み方」、教わったことないですよね。

「読む」なんて、文字を理解し始めたら、
当たり前のこととして、意識もせぬままです。

そういえば、「読書感想文」の「書き方」は教えてもらったけれど、
「読書」、特に小説の「読み方」は教わった記憶がないような。

たぶん、子どもの頃に教わったのは、「感じ方」

主人公は、何を感じたのか、
読んでいるワタシは何を感じたのか。

文字から情景を膨らまし、
登場人物になりきって、
その感情を味わう、ことはやってきたと思います。

ところが、「感じる」ことを中心にしていると、
本を読み切れないと友人は言うのです。

自分の感じ方や感情が優先すると、
本の内容そのままを受け取れなかったり、
作者に対して反発したりするそうです。

「自分の感情はさておき、作者が書いたことを、
文章からそのまま受け取ることをすると、
読み取り力がアップするんだって」

なるほどね。
そういえば、先日読んだ三森ゆりか氏の本に、
興味深いことがありました。

日本の子どもの本の読み方は「感じる」ことが主体で、
『何ページのどこに、○○と書いてあるから、△△といえる』という
読み方をしないそう。

そのことで、国際的な場では不利になることが多いというのです。
(詳しくは、氏の本を読んでくださいね。良い本です)



「感じる」という読み方も、大切だとは思うんだけど、
それだけで、本を読み終えるのはモッタイナイ。

そこで提案。

夏休みの宿題、
「読書感想文」だけじゃなくて、
「読書読解文」というのもプラスしたらいかがかしら。


宿題増えて、
子どもたち、いやがるかな。


<Beltaから一言>

文章の読み方は、NLPにもつながる面白いテーマです。
もう少し、じっくりと考えて、書きたいと思っています。


↓タイトルとは違い、文章、情景からの読み取りについて
書かれています。良い本だと思います。
外国語を身につけるための日本語レッスン外国語を身につけるための日本語レッスン
著者:三森 ゆりか
販売元:白水社
(2003-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。
gaku_cherry_01



★本を通して出会い広がるコミュニケーション
bookわらしべ

本をどんどん交換していきます。

本のジャンルは問いません。
漫画でもSFでも評論でも古典でも読みます。
ブログで公開するのでアダルトはご遠慮を。

交換していただいた本は読後、
感想またはマインドマップをブログにて公開します。

そしてその本はまた交換され、
次の旅に出ることになります。

交換方法は、
お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパック350で。
(送料はお互いの負担となります)

本をどんどん交換していくようすが、
昔話の「わらしべ長者」を彷彿させるので、
「本のわらしべ長者」通称「bookわらしべ」と名付けました。


本の交換、お問い合わせは、
info@belta.jp Beltaこと若林眞弓まで
メールでお願いいたします。


普及版 モリー先生との火曜日普及版 モリー先生との火曜日
著者:ミッチ・アルボム
販売元:NHK出版
(2004-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


を交換していただきました。


ソーシャルメディア・ダイナミクス 〜事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略〜ソーシャルメディア・ダイナミクス 〜事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略〜
著者:斉藤徹
販売元:毎日コミュニケーションズ
(2011-01-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




「眼の誕生」
eye_01

と交換されました。
yamada_01
  

2011年06月27日

雨ふり小僧

雨降り、雨降り。

梅雨時に必ずといって良いほど思い出す作品があります。

1つは三浦哲郎氏の「ユタとふしぎな仲間たち」
もう1つは、手塚治虫氏の「雨ふり小僧」

今日は「雨ふり小僧」をご紹介。

いじめられていた少年モウ太が出会った妖怪雨ふり小僧。
雨ふり小僧はモウ太の願いを3つかなえる替わりに、
モウ太のブーツが欲しいとせがみます。

約束通り3つの願いを叶えた雨ふり小僧。
でも、モウ太は急な引っ越しで、約束を果たせなくなります。

そして40年後、大人になったモウ太は約束を思い出し、
雨ふり小僧が待つ場所に駆けつけます。

そこには、まだ雨ふり小僧が待っていました。
ぼろぼろになって。




おそらく、子どもの頃1回読んだきりだと思います。
1回きりだけど、とても強く印象に残り、いまだ覚えています。

手塚作品の中でも大好きな作品の一つです。

いろいろな読み方ができると思います。

評論家の鶴見俊輔氏は、
モウ太の成長に戦後の高度成長期の日本の姿が重ねられていると
指摘しています(wikipediaによる)

さて、どう読むか。


手塚治虫 THE BEST 2 雨ふり小僧 (ジャンプ・コミックス)手塚治虫 THE BEST 2 雨ふり小僧 (ジャンプ・コミックス)
著者:手塚 治虫
販売元:集英社
(1998-12-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。
gaku_cherry_01



★本を通して出会い広がるコミュニケーション
bookわらしべ

本をどんどん交換していきます。

本のジャンルは問いません。
漫画でもSFでも評論でも古典でも読みます。
ブログで公開するのでアダルトはご遠慮を。

交換していただいた本は読後、
感想またはマインドマップをブログにて公開します。

そしてその本はまた交換され、
次の旅に出ることになります。

交換方法は、
お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパック350で。
(送料はお互いの負担となります)

本をどんどん交換していくようすが、
昔話の「わらしべ長者」を彷彿させるので、
「本のわらしべ長者」通称「bookわらしべ」と名付けました。


本の交換、お問い合わせは、
info@belta.jp Beltaこと若林眞弓まで
メールでお願いいたします。


普及版 モリー先生との火曜日普及版 モリー先生との火曜日
著者:ミッチ・アルボム
販売元:NHK出版
(2004-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


を交換していただきました。


ソーシャルメディア・ダイナミクス 〜事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略〜ソーシャルメディア・ダイナミクス 〜事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略〜
著者:斉藤徹
販売元:毎日コミュニケーションズ
(2011-01-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




「眼の誕生」
eye_01

と交換されました。
yamada_01
  

2011年05月12日

はしるはしる

昨日の雨の中、
すれ違った中学校の制服姿の男の子。

本を読みながら歩いていました。

本が濡れないよう傘を本の方に傾けて、
片手でややこしそうにページをめくって。

大人のBeltaとしては、
「危ないからおやめなさい」と言いたいところ。

けど、
本を読みたいその気持ち、とってもわかります。

家に帰るまで、なんて待ちきれない、待ちきれない。

千年前、菅原孝標女が更級日記に、
源氏物語を全巻手に入れた時の
気持ちを書いています。

「いままで、飛び飛びにしか読めなかった源氏物語を、
几帳の中で一人没頭して読むことができるのは、
妃の位にも比べようがないことだ」

「はしるはしる…」と始まるこの件(くだり)は、
高校で教わったのではないかしら。


昨日の雨の中の彼も、
きっとそんな気持ちだったのでしょうね。

時を惜しむように読んでいました。


さて、今日は移動日です。
大阪から松江へ移動します。

やっとbookわらしべで交換していただいた本、
集中して読むことができます。

楽しみ♪

人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。
gaku_cherry_01


★本を通して出会い広がるコミュニケーション
bookわらしべ

本をどんどん交換していきます。

本のジャンルは問いません。
漫画でもSFでも評論でも古典でも読みます。
ブログで公開するのでアダルトはご遠慮を。

交換していただいた本は読後、
感想またはマインドマップをブログにて公開します。

そしてその本はまた交換され、
次の旅に出ることになります。

交換方法は、
お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパック350で。
(送料はお互いの負担となります)

本をどんどん交換していくようすが、
昔話の「わらしべ長者」を彷彿させるので、
「本のわらしべ長者」通称「bookわらしべ」と名付けました。


本の交換、お問い合わせは、
info@belta.jp Beltaこと若林眞弓まで
メールでお願いいたします。


普及版 モリー先生との火曜日普及版 モリー先生との火曜日
著者:ミッチ・アルボム
販売元:NHK出版
(2004-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


を交換していただきました。


ソーシャルメディア・ダイナミクス 〜事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略〜ソーシャルメディア・ダイナミクス 〜事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略〜
著者:斉藤徹
販売元:毎日コミュニケーションズ
(2011-01-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




「眼の誕生」
eye_01

と交換です。
yamada_01


  
Posted by blue_belta at 06:31Comments(0)TrackBack(0)

2011年04月24日

本は人

本を交換していくbookわらしべ。

「Beltaが興味がない分野の本が来たら、どうするの?」

というご質問をいただきました。

読みます。

好奇心旺盛なので、
「興味がない分野」はとても狭いと思います。

それに、興味があるのは「本」というより
交換してくださる「人」

本は人だから。

前にも書いたことがありますが、
Beltaの本の選び方の一つに、
「紹介」があります。

友人、興味がある人が、
「これ、いいよ!」と勧める本ならば、
分野に関係なく読むことにしているのです。

おかげさまで、
Beltaの世界は大きく広がりました。

最近の新たな分野は「サッカー」

全然わからない世界だったのですが、
友人が教えてくれたマンガを読んで以来、
おもしろくて仕方ない(笑)

Beltaの仕事にも関係するものも見つけました。


関係ない
興味がない

そんなものに、触れるのが好き。


日曜日。

午後の仕事が終わったら、
bookわらしべで交換していただいた本を読み始めます。

楽しみ♪


人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。
gaku_cherry_01



★本を通して出会い広がるコミュニケーション
bookわらしべ

本をどんどん交換していきます。

本のジャンルは問いません。
漫画でもSFでも評論でも古典でも読みます。
ブログで公開するのでアダルトはご遠慮を。

交換していただいた本は読後、
感想またはマインドマップをブログにて公開します。

そしてその本はまた交換され、
次の旅に出ることになります。

交換方法は、
お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパック350で。
(送料はお互いの負担となります)

本をどんどん交換していくようすが、
昔話の「わらしべ長者」を彷彿させるので、
「本のわらしべ長者」通称「bookわらしべ」と名付けました。


本の交換、お問い合わせは、
info@belta.jp Beltaこと若林眞弓まで
メールでお願いいたします。


普及版 モリー先生との火曜日普及版 モリー先生との火曜日
著者:ミッチ・アルボム
販売元:NHK出版
(2004-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


を交換していただきました。


ソーシャルメディア・ダイナミクス 〜事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略〜ソーシャルメディア・ダイナミクス 〜事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略〜
著者:斉藤徹
販売元:毎日コミュニケーションズ
(2011-01-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




こちらももうすぐ出発です「眼の誕生」
eye_01

  
Posted by blue_belta at 07:26Comments(0)TrackBack(0)

2011年04月18日

少年と戦争

最近気になって読んでいる作家がいます。

ロバート・ウェストール

もう亡くなられましたが、
イギリスでは大変有名な児童文学作家です。

昨日読んだ本は、

「弟の戦争」

他人の気持ちがわかる弟が引き起こす事件を
兄の目から綴っています。

いくつかの小さな事件の後、
弟はイラクの少年兵と同化します。
(当時湾岸戦争が始まったところでした)

とりついた少年兵が眠っているときだけ、
弟が目覚め、イラクでの状況を語り、やがて…

ネタバレはやめておきますね(笑)


ロバート・ウェストールが描く少年と戦争の物語は、
時として酷い描写があります。

大人のBeltaが目をそらしたくなるような。

戦争を美化することなく、
子ども向けといって隠すことなく、
「それが戦争なんだ」と。



ウェストールをまだ読んだことがない方、
一度ひもといてみてください。

遅れてきたファン、Beltaからのお勧めです。



ブラッカムの爆撃機―チャス・マッギルの幽霊/ぼくを作ったものブラッカムの爆撃機―チャス・マッギルの幽霊/ぼくを作ったもの
著者:ロバート・アトキンソン ウェストール
販売元:岩波書店
(2006-10-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
弟の戦争弟の戦争
著者:ロバート ウェストール
販売元:徳間書店
(1995-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。
gaku_cherry_01




★本を通して出会い広がるコミュニケーション
bookわらしべ

本をどんどん交換していきます。

本のジャンルは問いません。
漫画でもSFでも評論でも古典でも読みます。
ブログで公開するのでアダルトはご遠慮を。

交換していただいた本は読後、
感想またはマインドマップをブログにて公開します。

そしてその本はまた交換され、
次の旅に出ることになります。

交換方法は、
お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパック350で。
(送料はお互いの負担となります)

本をどんどん交換していくようすが、
昔話の「わらしべ長者」を彷彿させるので、
「本のわらしべ長者」通称「bookわらしべ」と名付けました。


本の交換、お問い合わせは、
info@belta.jp Beltaこと若林眞弓まで
メールでお願いいたします。


来週、交換します。
普及版 モリー先生との火曜日普及版 モリー先生との火曜日
著者:ミッチ・アルボム
販売元:NHK出版
(2004-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



こちらももうすぐ出発です「眼の誕生」
eye_01



  
Posted by blue_belta at 08:24Comments(0)TrackBack(0)