2013年12月06日

大きくも小さくもなく

←あめちゃん。


さて始めます。


うれしいことがあったので、報告させてください。

ブログ、サイトの文章をほめられました。

「イイカンジ」だそう。

うふふ、うれしい。


Beltaの文章は決して上手な文章ではないのだけれど。

もし、文章になんらかの美点があるとしたら、
普段、気にしていることが伝わったのかも。


それは、


自分のことを

大きく見せず、
小さく見せず。

かといって、全てをそのままさらけ出すのではなく。




そんなことを考えています。


うまく言えませんが、
大人でありたいなと。



1日1回、クリックを!励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。
「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。





















  

Posted by blue_belta at 19:49Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月01日

「真っ先に」の意図

←3月のカレンダー。

さて、始めましょ。

今日は愚痴ります(笑)


エジプトの気球落下事故。

新聞の見出しには、
「操縦士、真っ先に飛び降りた」と
ありました。

この「真っ先に」という言葉には、
ある種の感情が込められているように思います。


もしかすると「飛び落ちた」のかもしれないし、
とっさの場合の人の判断、
または判断ミスをどれだけ責められるのか。

そんな斟酌はなく。

事故の状況を正確に把握しているわけではないので、
想像の域からの感想ではありますが。

安全な場所にいるBeltaにはわからない。



わざわざ「真っ先に」「操縦士」という言葉を
見出しにする意図。

その言葉に感情を動かされ、
なんらかの印象を持つ読者。

そして居心地悪くて、もぞもぞするBelta。




お亡くなりになったみなさまのご冥福を
心からお祈りいたします。



1日1回、クリックを。ぺこ。励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。
「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。


カラーショップBeltaで取り扱っています。
Beltaのイラストを使った一筆箋です。



オリジナル一筆箋 いちご姫の冒険
オリジナル一筆箋 いちご姫の冒険












  
Posted by blue_belta at 11:58Comments(2)TrackBack(0)

2012年04月14日

影の気持ちと成長と

ご質問をいただきました。

「完璧主義はあまりよくない、っていうけれど、
完璧を目指すのはだめ?」

ご質問ありがとうございます。

そうですね、物事を学ぶ際、
完璧、さらにそれ以上を目指したいものですよね。

目指すことで、成長するのですから。


Beltaがいう完璧主義とは、
そういった「マスターすること」についての完璧主義では、
ないのです。

感情の完璧主義、とか、
その場の完璧主義、とでも言ったらいいのかな、
影に隠れている気持ちです。

「今、ここで、すぐに、できないといけない(=私ができないなんてとんでもない)」

「他の人と同じに(以上に)したい(=だって私は人よりできる人だもん)」

「間違ったところを見せられない(=そんなこと私にはあり得ないんだもん)」

( )は自分でも気づいていない影の気持ちです。

こういった気持ちは、
「うまくなりたい」ではなく「うまくやりたい」を生み、
その場をしのぐことにつながり、成長を阻害すると思っています。

「自分そのものに対する完璧主義」と言う方が、
わかりやすいかもしれないですね。



ちなみに、この考えにいたったのは、
Belta自身の経験から。


学びながら、

「なぜ、こんなにイヤな気持ちになるんだろう?」
「なぜ、上手にならないんだろう?」

と考え、
自分に問いかけた結果です。


イヤな気持ちにならなかったり、
周りを不快にさせなかったり。

そして、すくすく成長していくのでしたら、
問題はありません。


そうでなければ、
『もしかして…』と考えてみるきっかけに。



>Yさま
ご質問ありがとうございました!



<Beltaから一言>

今日の記事で小さな練習をしてみました。
カテゴリーの一つが「文章術」となっているのは、
そのためです。





人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。

「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。


カラーショップBeltaで取り扱っています。
持ち運びに便利 どこでもカラーセラピーを。カラーセラピーカード15色
持ち運びに便利 どこでもカラーセラピーを。カラーセラピーカード15色
  
Posted by blue_belta at 10:39Comments(0)TrackBack(0)

2012年02月09日

書くBeltaにも○、読むあなたにも○。

絵を描くとフェイスブックにもアップしています。

短い解説文を付けるのですが、
今日解説文を書いていて、気づいたことをシェアします。

←の絵、
いつも使っているペンが行方不明で(戻すペン立てを間違えた)
仕方なく万年筆を使ったのですが、インクの乗りが悪いようです。
でも、それも味わいかもね。

と書くこともできます。

実際その通りです。

けれど、こう書くこともできます。

いつも使っているペンではなく、万年筆を使っています。
インクのかすれ方が思わぬ味わいを出しました。

Beltaが描きたいのは、
一口で言うと、
「万年筆もイイネ!」です。

さらに膨らませるなら、
「予想外にイイネ!」です。

ならば、「行方不明」とか、「乗りが悪い」とか、
書かなくてもokですよね。

メインテーマではないので。
書かなくても話しは通じます。

ネガティブな言葉は
使わなくても良いときには、使わない方が○、
というのがBeltaの持論です。

なぜなら、エネルギーをダウンさせるから。

自分のエネルギーならまだしも、
読んでくださる方のエネルギーをダウンさせるのは、
気の毒ですもの。

少しだけ書き方を変えると、
ネガティブな状況も普通のことに変わります。

書くBeltaにも○、
読むあなたにも○。

そんな文章、言葉が好き。




人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。励みにしています。
gaku_cherry_01



★bookわらしべ
 交換が決まりました。
 「お菓子を仕事にできる幸福」が旅に出ました!

 詳細は後ほどお知らせいたしますね!


★本を通して出会い広がるコミュニケーション
bookわらしべ

本をどんどん交換していきます。


本のジャンルは問いません。
漫画でもSFでも評論でも古典でも読みます。
ブログで公開するのでアダルトはご遠慮を。

交換していただいた本は読後、
感想またはマインドマップをブログにて公開します。

そしてその本はまた交換され、
次の旅に出ることになります。

交換方法は、
お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパック350で。
(送料はお互いの負担となります)

本をどんどん交換していくようすが、
昔話の「わらしべ長者」を彷彿させるので、
「本のわらしべ長者」通称「bookわらしべ」と名付けました。


本の交換、お問い合わせは、
info@belta.jp Beltaこと若林眞弓まで
メールでお願いいたします。


現在、交換を待っている本。

お菓子を仕事にできる幸福」と「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→?
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。


カラーショップBeltaで取り扱っています。
【メール便対応】 プレゼントに お守りに。 香りのストラップ 気持ちすっきりシルバー
【メール便対応】 プレゼントに お守りに。 香りのストラップ 気持ちすっきりシルバー

  
Posted by blue_belta at 08:09Comments(0)TrackBack(0)

2011年11月06日

ブログで困っているのは「ネタ」ではなくて、、、

おはようございます。
日曜日に読んでくださってありがとうございます。

ご質問をいただきました。

「ブログのネタに困ることありませんか?」

良いタイミングです。
ちょうどネタに困っておりました(笑)

ウソです(笑)
実は、あまりネタに困ることはないのです。

日々暮らしているので、何かと気になることは発生しますから、
「ネタ」そのものはいくらでも発生します。

Beltaが困るのは、その表現方法。

というのは、ブログの性質上、
読んでもらえる表現と、読んでもらいにくい表現がある
と思っているから。

例えば出来事を時系列に書き始めるのも
今ひとつおもしろくない表現でしょう。

購入した本なら、最初がおもしろくなくても、
読んでもらえる可能性があります。

ブログはそうではないので、
最初がおもしろくなければ、
他のブログへ移動するだけです。

それから、本に書いてあるようなわかりきったことも、
避けることにしています。

「健康が一番」「時間を大切にしよう」
なんて言われても、全然おもしろくないですよね。

わかりきったことを、どのように表現するか、
でまた悩みます。


他には、批判することもしたくないのです。

日常、イヤな思いをすることもあるのですが、
「あの行動はどうかと思う」
という言い方も、少し苦手で。

そういった場合、
どのようなエピソードをどう表現するか、
で時間がかかるときがあります。

そして、批判(批難かな)だけで終わるのも、
好みではないので、
何か提案をしたいなぁと。

結局、提案できなくて、
次に回すこともよくあることです。



以上が、Beltaがブログで困っていることです。

いつか表現に困らず、
サクサク書ける日がくるかしら。

その日が楽しみ。


■ 水辺のレストランで異業種交流会 6回目 (島根/松江)

日時 : 12月4日(日)19:00〜21:00 (受付18:30〜)
会場 : レストラン シュシュ
    (松江市西川津町 ビーナスガーデン内)
会費 : 3,500円(立食 おいしいお料理です)

どなたでも参加できる楽しい交流会です。

初めての方は、交流会のルールをご覧くださいね。

お申し込み、お問い合わせは、
info@belta.jpBelta@若林眞弓まで
お気軽に。

女性一人でのご参加でも大丈夫、楽しめます。
ご安心を。


人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。励みにしています。
gaku_cherry_01





★本を通して出会い広がるコミュニケーション
bookわらしべ

本をどんどん交換していきます。

本のジャンルは問いません。
漫画でもSFでも評論でも古典でも読みます。
ブログで公開するのでアダルトはご遠慮を。

交換していただいた本は読後、
感想またはマインドマップをブログにて公開します。

そしてその本はまた交換され、
次の旅に出ることになります。

交換方法は、
お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパック350で。
(送料はお互いの負担となります)

本をどんどん交換していくようすが、
昔話の「わらしべ長者」を彷彿させるので、
「本のわらしべ長者」通称「bookわらしべ」と名付けました。


本の交換、お問い合わせは、
info@belta.jp Beltaこと若林眞弓まで
メールでお願いいたします。


現在、交換を待っている本。

お菓子を仕事にできる幸福」と「夢をかなえるファイリング」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→?
                        夢をかなえるファイリング→?
と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。


他に、ソーシャルメディア・ダイナミックス」が
交換を待っています。

もうほとんど準備できています。
もうすぐ交換!お楽しみに。








  
Posted by blue_belta at 07:20Comments(0)TrackBack(0)

2011年10月16日

わかりやすい文章を書くための五箇条。美文は無理だけど。

昨日、ブログの文章をほめられました。
いえ、このブログではなく、
もう一つのブログの方です。

時々、「ブログの」文章をほめられます。

美しくもしゃれてもいない文章なのに、
なぜかgood!らしいのです。

Beltaが思うに、
美しくもしゃれてもいないから、
「読みやすい」=「good!」ではないかと。

「読みやすさ」を生む要素はいくつかあると思います。

1.文章が短い
 Beltaの文章は、とても短いのです。
 短い文章は、それだけで読みやすいと思います。 


2.1つの文章には、1つの意味だけ
 1つの文章に、あれもこれも詰め込みません。


3.逆接をあまり使わない
 「が」「でも」で文章をつなぐと、
 1つの文章に2つ(以上)の意味があることになります。

 読み手は、その意味をくみ取ろうとストレスを感じます。


4.修飾、被修飾の関係をはっきりさせる、
 「Beltaのかわいい傘」とするか、
 「かわいいBeltaの傘」とするか。
 
 話し言葉より文章は、
 修飾、被修飾の関係が取りにくいので注意します。


5.主語を明確に
 話し言葉の感覚で主語を省略すると、
 読み手は主語を自分で探すことになります。
 

普段から気をつけているのは、
これくらいかな。


上記の5つに気をつけると、
わかりやすい文章を書くことができると思います。

美文は無理だけど(たぶん)



<出雲ランチ交流会!>


今年もランチで楽しく交流!

日時:
10月29日(土)12:00〜14:00 (受付11:45〜)

会場:
京彩厨房 なが田
出雲市大津町 くすのきプラーザ前

会費:
1100円(お料理代)
2011_09_16_nagata_01




人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。励みにしています。
gaku_cherry_01





★本を通して出会い広がるコミュニケーション
bookわらしべ

本をどんどん交換していきます。

本のジャンルは問いません。
漫画でもSFでも評論でも古典でも読みます。
ブログで公開するのでアダルトはご遠慮を。

交換していただいた本は読後、
感想またはマインドマップをブログにて公開します。

そしてその本はまた交換され、
次の旅に出ることになります。

交換方法は、
お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパック350で。
(送料はお互いの負担となります)

本をどんどん交換していくようすが、
昔話の「わらしべ長者」を彷彿させるので、
「本のわらしべ長者」通称「bookわらしべ」と名付けました。


本の交換、お問い合わせは、
info@belta.jp Beltaこと若林眞弓まで
メールでお願いいたします。


現在、交換を待っている本。

お菓子を仕事にできる幸福」と「夢をかなえるファイリング」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→?
                        夢をかなえるファイリング→?
と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。


他に、ソーシャルメディア・ダイナミックス」が
交換を待っています。

Beltaの準備が整い次第、お知らせいたしますね。

  
Posted by blue_belta at 07:27Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月17日

ディスプレイ専用

おはようございます。
三連休中日、らしい。

もうすぐ夏休み。

昨日に引き続き、文章のお話しです。

最近、考えているのは、文章のスタイルの変化。

デジタル時代になり、画面で読む機会が増えるに従い、
求められる文章のスタイルが変わってきたように思います。

具体的には、
「美しい」文章から、「読みやすい」レイアウトの文章へ。

Beltaの友人たちの中には、文章がとても上手な人がたくさんいます。
作家志望の方や、小説教室に通っている方も。

季節の挨拶のメール一つとっても
美しい文章をくださいます。

ところが、時々、読みにくいと感じる時があるのです。

もちろん最後まで読んで、「きれいな文章だなぁ」と感動します。

ただ、読み始めるときに、ちょっと身構える感じがするのです。

おそらく、修飾語によってワンセンテンスが少し長いためではないか、
と考えています。

紙媒体で、縦書きならば、そう感じることはないでしょう。
実際、友人たちの手紙は毎回、じわっと感動しますから。


日本の文字は縦書きで読みやすく、美しい形です。
そして、紙はディスプレイのように光りません。

そう、読む媒体そのものが違うのです。

光るディスプレイ上でストレスなく読むためには、
文章は短く、修飾語は情景描写のための最小限、
隙間が多い方が、Beltaには好ましい感じがします。


先日参加した文章講座でも、
同じようなことをお聴きしました。

もし、他の方もBeltaと同じような感覚をお持ちなら、
これから文章のスタイルは変わってくるでしょう。

もしくは、2系統に分かれるのかもしれません。

紙用の文章と、ディスプレイ用の文章と。

「この小説は、紙では読まないでね」
なんてことがあるかもしれないね。

そうなると、人の意識にも、どんな変化があるのかしら?

しばらく見守っていきたいと思います。



<Beltaから一言>

ブログやメルマガばかり書いているせいか、
Beltaが書く文章はどんどん短くなっています。

先日、ゆっくりとお手紙(紙です)を書こうとしたら、
なにかぎくしゃく。

Beltaの文章、
ディスプレイ専用になっているのかも。



人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。
gaku_cherry_01



★本を通して出会い広がるコミュニケーション
bookわらしべ

本をどんどん交換していきます。

本のジャンルは問いません。
漫画でもSFでも評論でも古典でも読みます。
ブログで公開するのでアダルトはご遠慮を。

交換していただいた本は読後、
感想またはマインドマップをブログにて公開します。

そしてその本はまた交換され、
次の旅に出ることになります。

交換方法は、
お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパック350で。
(送料はお互いの負担となります)

本をどんどん交換していくようすが、
昔話の「わらしべ長者」を彷彿させるので、
「本のわらしべ長者」通称「bookわらしべ」と名付けました。


本の交換、お問い合わせは、
info@belta.jp Beltaこと若林眞弓まで
メールでお願いいたします。


普及版 モリー先生との火曜日普及版 モリー先生との火曜日
著者:ミッチ・アルボム
販売元:NHK出版
(2004-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


を交換していただきました。


ソーシャルメディア・ダイナミクス 〜事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略〜ソーシャルメディア・ダイナミクス 〜事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略〜
著者:斉藤徹
販売元:毎日コミュニケーションズ
(2011-01-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




「眼の誕生」
eye_01

と交換されました。
yamada_01

  

2011年07月16日

「が」という曲者

最近、ブログの記事で、気をつけていること。

それは接続の「が」を、できる限り使わないように。

日本語の「が」はとても便利な助詞。
主に2種類の働きがあります。

「私が頼んだ」「猫が転んだ」という場合は格助詞。
この使用は問題無し。

問題なのは接続助詞。
2種類の使い方があります。

「私は猫であるが、キャットフードはキライだ」

これは逆接。
多用や連続使用をしなければ特に問題なし。


問題なのは、単純につなげていく場合の「が」

「私は猫であるが、今日は良いお天気だ」

この使い方の「が」は、
前後の文の内容に関係なくつなげていくことができます。

だから危険。

とても便利で、延々と文章をつなげることができる代わりに、
文章の構造が崩れ、意味を取りにくくなるのです。

例)
今日は宍道湖沿いを歩いて来たのですが、
景色がきれいでしたが、
たくさんの人が写真を撮っていましたが、
私も撮りたいと思いました。


ヘタクソな例で申し訳ありません。ぺこ。

話し言葉では、さらりと聞いてしまえるフレーズでも
文章として読むとおかしいですね。

読み手にとっては、意味が取りにくくなり、
書き手にとっては、言いたいことが伝わらなくなります。


上記の例を「が」を使わずに書くと、

今日は宍道湖沿いを歩いてきました。
景色がきれいでたくさんの方が写真を撮っていました。
私も撮りたいと思いました。

とすっきり。

読みやすいし、意味も正確に伝わります。

ブログのようにディスプレイ上で読むものは特に、
すっきり読みやすい方が良いのです。


順接の「が」を使わない文章。

しばらく前から意識し始め、
これからも継続していきます。

変なところで「が」を使っていたら、
教えてくださいね!


<Beltaから一言>

タイトルの「『が』という曲者」は、
高校時代の国語の教科書に載っていた文章のタイトルです。

よほど印象に残ったのか、
まだ覚えています。





人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。
gaku_cherry_01



★本を通して出会い広がるコミュニケーション
bookわらしべ

本をどんどん交換していきます。

本のジャンルは問いません。
漫画でもSFでも評論でも古典でも読みます。
ブログで公開するのでアダルトはご遠慮を。

交換していただいた本は読後、
感想またはマインドマップをブログにて公開します。

そしてその本はまた交換され、
次の旅に出ることになります。

交換方法は、
お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパック350で。
(送料はお互いの負担となります)

本をどんどん交換していくようすが、
昔話の「わらしべ長者」を彷彿させるので、
「本のわらしべ長者」通称「bookわらしべ」と名付けました。


本の交換、お問い合わせは、
info@belta.jp Beltaこと若林眞弓まで
メールでお願いいたします。


普及版 モリー先生との火曜日普及版 モリー先生との火曜日
著者:ミッチ・アルボム
販売元:NHK出版
(2004-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


を交換していただきました。


ソーシャルメディア・ダイナミクス 〜事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略〜ソーシャルメディア・ダイナミクス 〜事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略〜
著者:斉藤徹
販売元:毎日コミュニケーションズ
(2011-01-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




「眼の誕生」
eye_01

と交換されました。
yamada_01

  

2011年06月15日

水増しレポートの罪

わかりやすい文章とは、
どんな文章だろう?

Beltaが考える「わかりやすい文章」は、
まず、短いこと。

このブログもワンセンテンスの長さは
可能な限り短くしています。

けれど、
人によっては短くするのが苦手、
または「イヤ」という方もいらっしゃいます。

かつて頼まれて友人の文章を推敲したところ、
元の長さの2/3になったことがあります。

友人は「あんなにいっぱい書いたのに…」と悲しそう。

彼は、「行数を増やす」ことを考えて
「いっぱい書いた」というのです。

「だって、行が多いと良いじゃない」と。

そうかなぁ?

行が多いと、読む気がしないし、
冗長な表現はあまり知的な感じがしないのだけど。

「でも、ほら、レポートだって、
枚数が多い方が良いじゃない?」

あ、そうか。

学生時代、作文やレポートは、
枚数が多いほど褒められたからね。

枚数を稼ぐために、水増し文章を書いたんだ。

「私はカレーが好き」

を水増しして、

「私はカレーが好きなのだと感じている自分に
気が付いているのかもしれない」

なんて書いたのかな?

「まぁね」

実はBeltaもやっていました。

学校で出されるレポートや感想文は不思議だよね。

「たくさん」書くと褒められる。

どうして枚数多く書く方がいいのだろう?

枚数を多くするために、
要らない修飾語を付け加えたり、
回りくどく言ったりすることがあるのに。

そんなクセがついてしまうと大変。

大人の社会では、簡潔に要点を述べることを要求されるから。

その時になって、困ってしまう。


そこで、Beltaから学校のレポート課題にご提案。

レポートは、できるだけ短く。
ただし、要点を押さえること。
要点を外すとダメ。

という課題にしたらどうかしら?

短く、要点を押さえる大人の文章キルを磨く
良い練習になりそう。


どう?


人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。
gaku_cherry_01



★本を通して出会い広がるコミュニケーション
bookわらしべ

本をどんどん交換していきます。

本のジャンルは問いません。
漫画でもSFでも評論でも古典でも読みます。
ブログで公開するのでアダルトはご遠慮を。

交換していただいた本は読後、
感想またはマインドマップをブログにて公開します。

そしてその本はまた交換され、
次の旅に出ることになります。

交換方法は、
お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパック350で。
(送料はお互いの負担となります)

本をどんどん交換していくようすが、
昔話の「わらしべ長者」を彷彿させるので、
「本のわらしべ長者」通称「bookわらしべ」と名付けました。


本の交換、お問い合わせは、
info@belta.jp Beltaこと若林眞弓まで
メールでお願いいたします。


普及版 モリー先生との火曜日普及版 モリー先生との火曜日
著者:ミッチ・アルボム
販売元:NHK出版
(2004-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


を交換していただきました。


ソーシャルメディア・ダイナミクス 〜事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略〜ソーシャルメディア・ダイナミクス 〜事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略〜
著者:斉藤徹
販売元:毎日コミュニケーションズ
(2011-01-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




「眼の誕生」
eye_01

と交換されました。
yamada_01
  

2011年02月18日

学ぶと盗むの違い

言葉遊び的なことが好きで、
いろいろ考えています。

例えばこんな例。

パソコン講師としてスタートしたころのこと。

数少ない先輩講師が、
こう教えてくれました。

「教え方は盗めばいいのよ。
 他の人の講座のアシスタントをして、
 いいところを取り入れるの」

なるほど〜。

と思いつつ、ちょっと違和感。

「盗む」に少しひっかかったのです。

技の世界では昔から、

「芸や技は教わるものではなく、
 盗んで覚える」

と言われます。


受け身にならないよう、
自ら学ぶことを比喩的に言っているわけです。

「盗む」の方が印象が強くて、
伝わりやすいということもあるでしょう。


ただ、Beltaとしては、
「盗む」より「学ぶ」の方が好きだなぁ。

盗むには「してやったり感」が、
学ぶには「感謝」があるようで。

Beltaが感じているイメージの問題なので、
自分が苦手と思う言葉を
使わなければいいだけのこと。



こんな感じで、
言葉が持つイメージを自分で整理しています。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1回、クリックを。ぺこ。
gaku_cherry_01




本を通して出会い広がるコミュニケーション。
bookわらしべ

「そこにシワがあるから」が交換され、
「眼の誕生」という本が手元にやってきました。

eye_01


読後の感想はこちら。
カンブリア紀の色

マインドマップはこちら。
【bookわらしべ】眼の誕生

「眼の誕生」はまた旅に出ます。
どなたかお手持ちの本と交換してくださいね。



  
Posted by blue_belta at 07:38Comments(2)TrackBack(0)