2013年12月27日

手書き文字のチカラ?

←リベレの棚

さて始めます。


メルマガと被っちゃいますが、
こちらにも関係がありますので。


パソコンの講座をすることはなくなりましたが、
学習方法や効率良い授業については変わらず
強い興味があります。

しばらく前に友人に聴いた興味深いお話しをシェアしますね。

友人は松江の住宅街に小さなお店を持っています。

野菜、果物、お菓子、陶器、手作り服など、一つ一つの数は
少ないけれど、たくさんの種類を扱っていらっしゃいます。

お客さまの多くはご近所のお年寄りの方。

大きなお店は少し離れていて、なかなか行けなくて、
歩いて行けるそのお店が頼りなのだそう。

そのお店にポップは全部手書きです。

太いマジックインキで、大きな文字で「手作り飴」とか
「えごませんべい」とか書かれています。

友人曰く、

「パソコンで打っていたけれど、
 お年寄りは活字だと目に入らないみたいなの。

 ちゃんとポップが貼ってあっても気づかなくて、
 後から『あら、あったのね』みたいな感じ。

 だから、字は下手だけど、手書きにしたの。

 これなら目に入るって言ってくれるので」

ほほほう、なるほど〜。

ちょっと想像してみましょ。

活字の掲示物と手書きの掲示物、
どちらに目が止まるかしら。

文字の大きさによるかな?

例えば鉛筆で書いた小さい文字の掲示物なら、スルーしそう。

でも、活字ばかりの掲示物の中に、同じ濃さの手書きのものがあれば、
目に止まるかも。

それから、年代的なものもあるかもしれないですね。

手書き文字の方を見慣れた世代なら、
見慣れた文字の方に目が止まる?

う〜ん、どうかしら。

これから検証しなくちゃね。

また一つ研究するモノが増えちゃった(笑)




1日1回、クリックを!励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。
「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。












  

Posted by blue_belta at 23:29Comments(0)TrackBack(0)

2013年12月22日

虚しさと満足と

←先週描いたものいろいろ。


さて始めます。


パソコンの講師を辞めた今なら言えるかな。

マイクロソフトのOfficeの中に「Access」という
データベースソフトがあります。

ごく稀にこのソフトの講座を依頼されることがありました。

データベースは好きなので、とってもうれしい♪

と思う反面、実はちょっぴりむなしさも。

なぜって、

講座としていただく時間では、
Accessを実際に役立てるほどの内容をお伝えできないから。

なのに仕事として受けてしまうBelta。

しかも、それでもお客さまの期待に応えたいと思うBelta。

心の中は矛盾だらけ。



いっぱい考え、行き着くところは、
いつかどこかで何かになることを目標にしよう!でした。


そんな短時間ですべて教えられるほど、
Beltaはエライ人じゃないもん。

できることは未来への歩みを少し楽にしてあげられるくらい。

だったらそれができるよう、
いただいた時間を使いましょ♪ベストを尽くして。
そしたら虚しくない。


Beltaが出した結論です。



今となっては昔の話しになってしまいました。




1日1回、クリックを!励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。
「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。











  
Posted by blue_belta at 23:13Comments(0)TrackBack(0)

2013年11月27日

絵のチカラ

←ワッフルとかぼちゃのパウンドケーキ


さて始めます。


ちょっとおもしろい話題に遭遇したのでシェア。

あるお洋服屋さん。

「イラストが描けたらいいのになぁ」とぼやいています。

そしたら、お洋服のディテールをお客さまにわかりやすく
伝えることができるのに。

だそう。

写真よりイラストの方がいいのだと言われます。

「写真はごちゃごちゃしてわかりにくいんだよね〜」

とおっしゃっていました。


そういえば、牧野富太郎博士の図鑑もそう。

写真ではなく絵。

確か図鑑は写真より絵の方がわかりやすいと
聞いたことがあります。

その方がポイントを押さえやすいのだといいます。


一度、「人」のフィルターを通すと、
ポイントが絞られるのでしょうね。
エッセンスだけになる、のかな。

人に何かを説明するときの参考になりそう。

そのものずばりの写真でなく、
図解が効く、ですね。


牧野富太郎植物画集
高知県立牧野植物園
アム・プロモーション
1999-11-01






1日1回、クリックを!励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。
「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。











  
Posted by blue_belta at 21:45Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月18日

プルーストの言葉 「智慧は授かるものではない」 

←お正月準備

さて始めます。


今日も元気でメルマガも書いた、
絵も描いた、
あとはこのブログだけ。

良い日だ(笑)


さて、今日はこの言葉を噛みしめよう。



「智慧は授かるものではない。
 誰も代わってくれない。

 助けてくれない旅の果てに、
 自分で見つけるしかないものである」


マルセル・プルースト



そんなもんだと思います。

でも、たとえ厳しいものだとしても
楽しむことはできると思うし、
見つけたときは素晴らしくうれしいもののはず。



1日1回、クリックを!励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。
「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。























  
Posted by blue_belta at 22:02Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月17日

説教抜きの話し方

←ピンクのリボン


さて始めます。


松江での12月の交流会。

またもやゲストはマジックモドキ氏。

まだ公にはしてませんが、ご了承はいただきました。



なぜまたマジックモドキ氏?


だって、この方、ステキなんですもの。


どこがステキかというと、
ご自分の昔話をお説教臭抜きで話すことができるから。


こういっては失礼ですが、ご高齢の方の中には、
お若いころのことのお話しがおもしろく無い方がいらっしゃるのです。


それは、今の若い人に何らかの「プラスを!」と思っていらっしゃるからで、
ありがたいことなのですが、表現方法が今ひとつ。

ちょっと上から、といいますか、
「教える」口調に近くなる感じかな?


それでは、聴く方はちょっとつまんない。
長くは聴いてられないの。


でも、マジックモドキ氏はそんなことがなくて。

だからお話しがおもしろくて、もっと聴きたくなるのです。


こういう話し方、Beltaも真似したい。


年齢が上になるにつれ、説教口調になりそうで。
気を付けなくちゃね。


マジックモドキ氏が来てくださる交流会は、
12月8日(日)夜です。

タイミングが合う方、
ぜひいらしてくださいね!



1日1回、クリックを!励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。
「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。






















  
Posted by blue_belta at 21:40Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月06日

【本】 人を助けるとはどういうことか

←先週描いたものいろいろ。

さて始めます。

ここ数日事情があり、いつもより慌ただしくしています。

今日も本の紹介です。




どの仕事も同じだと思います。

仕事の基本は「人助け」


ではその「人助け」とはどういうことか?

という大きなテーマで書かれています。


著者は、癌で亡くなられた奥さまを例にとり、
助けられた方が「負い目」を感じないことこそが「人助け」の
重要なポイントだと。


確かにそうですよね。

「ありがとう」と言ってもらえるのはうれしいことですが、
言った人は若干の負債を負うわけです。

それを知っている人と知らない人では、
大きな違いを生むのではないかしら。


「ありがとう」と言ってもらう必要はないです。

その人が気づかないくらいなのが一番。


Beltaはなかなかそうはいきませんが。



1日1回、クリックを!励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。
「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。









  
Posted by blue_belta at 20:31Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月04日

「人に」話す

←10月のカレンダーです。

さて始めます。


もう1日が終わる時間ではありますが。


このところ、とある動画サイトで、
いくつかのセミナーを拝見する機会がありました。

Beltaとしては、つい気になるのは、
どんな教え方、話し方をするのか、です。

取り入れられるものはどんどん取り入れたいので。


見ていて、「わかりやすい」「納得!」と感じる先生は、
内容はもちろんですが、先生の表情、話し方に特徴があるようです。

それは、

「他人に向かって話している」という自覚、じゃないかと。


例えば、パソコンの画面を見て話している先生。

目線は常にパソコンの画面です。
人には注がれることが少ないので、
聴いている人は、自分に話してもらっている感覚がないでしょう。


それから、笑顔や表情が動かない先生。

「真面目さ」は伝わりますが、
「人」っぽくない感じ。


視線や笑顔や言葉使いなど、
人前で話すためのテクニックはいろいろありますが、
基本となるのは「人」に向かって話しているという感覚。

だとBeltaは思うのです。



「自分が話す」ではなく
「人に話す」感覚をわすれずに。


今日の収穫でした。




1日1回、クリックを!励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。
「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。







  
Posted by blue_belta at 23:11Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月18日

「やればできる子」は…

←精養軒のオムライス。
ミケランジェロのメモ風で。


さて始めます。


遠い遠い銀河の果て。
小さな星の小さな国の小さなお姫さま。

そうねぇ、名前をBeltaひめ、とでもしましょうか。

Beltaひめは2LDKのお城に城じいと暮らしています。


さて、今日のランチはオムライス!
またもやじいが作ったようです。


「ひめ、今日もじいが給食当番でしたな。
次はひめが作ってくださいな」

じいが作ればいい。
Belta、ふわふわのオムレツなんてできないもん。


「いやいや。ひめはやればできる子ですから」


あのね、じい。
できないからやらないんだよ。

もしくはやりたくないから、やらないの。

だから、「やればできる」なんて言われても、
全然やる気にならないんだなぁ。


それより、Beltaが作ったかちかちのオムレツ、
どうやったらおいしくなるか教えてくれて、
ちゃんと食べてくれるだけでいいんだけど。

「やればできる」は余分な気がするの。

「なにもかもお見通し」って言われている気もするのよね。


じゃ、明日もオムライスよろしくね!


じいは、「やればできるじい」だから。



Belta、にっこり。





1日1回、クリックを!励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。
「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。











  
Posted by blue_belta at 22:14Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月09日

テキスト、どっちにしよう?

←ぶどう


さて始めます。


ちょっと悩んでいることシェアします。

講座用のテキストを作る場合、
どこまで詳しく作るか。

例えば、
1.重要な項目のみ書いてあるテキスト
2.詳細まことまで書いてあるテキスト

の2つで考えてみます。


項目のみのテキストのメリットは、

講師の話に集中しする

自分で考え、応用力が付く


です。


デメリットは、

講座で聞き逃したり、メモを取り忘れるとわからなくなる



では、詳細なことまで書いてあるテキストのメリットは、

後々、自学自習ができる
少々聞き逃しても大丈夫


デメリットは、

講師の話しに集中しない可能性がある
自分で書き加えることが少なくなる
場合によっては読む気がしなくなる
詳細に与えられることが当然だと思うようになる



どちらもメリット、デメリットがありますね。

でも、「Beltaの講座用」に限定するなら、
簡単なテキストの方がいいのかもしれません。

話しを聴いて欲しいし、応用できる方がいいから。


でも…


さて、どっちにしよう?





プレゼンテーションの勉強会を開きます。

今回は「表現」編。

日時:2013年9月29日(日)
14:00〜16:00

会場:順光寺さん

http://www.junkouji.net/

島根県松江市石橋町44

参加費:1,000円(お茶、お菓子も出ます)

主催:山陰の男性をカッコ良くする会
メインコメンテーター:Office Belta 若林 眞弓
(NLPトレーナー アソシエイツ)

お申し込み、お問い合わせは、こちらからお願いします。



1日1回、クリックを!励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。
「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。



  
Posted by blue_belta at 23:37Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月07日

人の心を掴む話し方 その1

←9月のカレンダー。

さて始めます。

今日は最初、思いっきり自慢します!


先日、Excelを教えて20年という方のオンラインセミナーを
視聴する機会に恵まれました。


「自分が使える」だけではなく「教える」プロで、
本もたくさん出していらっしゃるこの業界では有名な方です。

その方の「Excelを使いこなすためにすべきこと」が
Beltaが常々言っていたことと同じだったのです。

うふうふ。

そうでしょ、そうでしょ。

Beltaだってそうだと思ってやってきたんだもん。
えへん、えへん。


ということで自慢は終わり。
本題です。

この先生、素晴らしく話し方が上手でした。

一つ一つ分析するとすごく面白くて。


例えば、この言葉です。

「反対に、こちらの方法で勉強しても身につきません。
 では、なぜこちらの方法を教えられるか。

 それは教えやすいから。教える方の都合です。
 ある意味、あなたたち(視聴者)は被害者です」


この言葉の「内容」はひとまず置いといて、
「表現」について見てみましょう。

同業の他の人のやり方を批判し、
視聴者を被害者と位置づける表現は、
視聴者を惹きつけますよね。

聴いている人はこう思います。

『Excelが使えないのは自分の努力が足りないからとか、 
向いてないからではないんだ』

『この先生は、何か特別なことを知っている先生なんだ。
しっかり聴こう』

聴いている人の心をグッと掴みます。

効果大。



ただし、同業者からは反感を買う可能性もあり。





プレゼンテーションの勉強会を開きます。

今回は「表現」編。

日時:2013年9月29日(日)
14:00〜16:00

会場:順光寺さん

http://www.junkouji.net/

島根県松江市石橋町44

参加費:1,000円(お茶、お菓子も出ます)

主催:山陰の男性をカッコ良くする会
メインコメンテーター:Office Belta 若林 眞弓
(NLPトレーナー アソシエイツ)

お申し込み、お問い合わせは、こちらからお願いします。



1日1回、クリックを!励みにしています。
gaku_cherry_01




bookわらしべで本が交換されました。


「病気は才能」 → 「考える練習をしよう」


「考える練習をしよう」は、
「子どものライフスタイル」シリーズの1冊です。

しばらく前に読んだことがある本ですが、
もう一度読み直して、その後、また旅に出ます。

みなさま、お楽しみに♪



現在、交換を待っている本。
「夢をかなえるファイリング」と「キレイはマネから おしゃれは勇気」です。

人間の土地→仕事ごころにスイッチを→第七官界彷徨→失敗学事件簿
→たった400字で説得できる文章術→動物力→きらきらひかる→そこにシワがあるから
→目の誕生→おとなの小論文教室。→お菓子を仕事にできる幸福→病気は才能
                        夢をかなえるファイリング→?

もう1系統は
モリー先生との火曜日→ソーシャルメディア・ダイナミクス→キレイはマネから おしゃれは勇気

と変化してきました。

「本を交換してもいいよ!」と思われた方、
ぜひお知らせください。

info@belta.jp  若林眞弓(Belta)宛、メールでお知らせを。

お近くの方は手渡しで、遠くの方はレターパックで交換します。  
Posted by blue_belta at 21:00Comments(0)TrackBack(0)