2008年12月13日

無色に会いにいきたくて

最近、よく質問をいただきます。
今日もご質問から。

「普段のBeltaはどんな人ですか?
 ブログそのまま?」

ご質問、ありがとうございます。

うーん、普段とブログ、
多分、ちょっと違います。

普段のBeltaは、かなりお茶目らしいし、
ちょっぴりシニカル。

ジェラシーにイライラしたり、
わがままが通らないと、怒ったり。
#ごめん、君。

ネガティブ要素も満載、
オールマイティ、何でもあり(笑)

でも、それでいいんじゃないかな。

だって、太陽の光は一見無色だけれど、
実際はたくさんの色の光の集まり。

怒りの赤も、
ジェラシーの緑も、
穏やかな青もあって、無色の光。

全てを持っている無色の光だから、
モノに当たるとそのモノの色を
浮き上がらすことができるのです。

それが、青い色しかない光なら、
その光が照らす世界は、何もかもがブルー。

青いごはんに、青いおふとん、青い猫。

うーん、怒りのない穏やかな世界かもしれないけど、
それっきり、何も起こらない、眠るだけ(笑)

やっぱり赤も、緑も必要だよね。

全ての色がある無色だから、本当の色を引き出す光になれる。
そして、全ての色を持っているから、無色でいられる。

だから、人が無色でいるためには、
怒りもジェラシーも、哀しみも、喜びも、
全て要るんじゃないかしら。


ただ、これは言えるかな。

普段のBeltaは、さまざまな色の光。
赤や黄色やオレンジや。
その時どきの感情の色が表に出てる。

それがブログを書くこのわずかな時間は、
無色でいられるような気がするのです。

もしかすると、無色のBeltaに会いたくて、
毎日書いている?のかも。



<人気ブログランキング>に参加しています。

1日1回、クリックを。
誰かが読んでくれている、その実感がとってもうれしいので。
「今日も読んだよ」と言ってくださるような気がして。

今日もここをクリックお願いします。ものすごーく、楽しみにしています。




  

Posted by blue_belta at 07:30Comments(2)TrackBack(0)

2008年09月26日

鴇色

「鴇色(ときいろ)」ってご存知でしょうか?

日本の伝統色の一つです。

わずかに朱色が入った美しいピンク。
鳥のトキに由来します。

一見すると白い鳥に見えるトキですが、
風切り羽が淡い紅色をしており、
羽を広げると白に紅色が透けるのです。

その色。

日本的艶っぽさ、を感じさせる色。


ところで、「トキ」という鳥、見たことがありますか?

Beltaは、ありません。

かつては、日本全国に広く生息していたそうなのですが、
1925〜26年頃、絶滅したと言われています。

その後、佐渡での生息が確認され、天然記念物に。
特別天然記念物を経て、環境省レッドリストに。
やがて、絶滅へ。


昨日、日本の空にトキが舞いました。
27年振り。

佐渡のトキ保護センター育ったトキ10羽が、
試験的に放されたのです。

でも、そのトキは、中国からの移入トキ。
生物学的には、全く同一種なのだそうですが。

だから、トキは「絶滅」しておらず、
「野生絶滅」だというのです。


現在、保護センターのトキは100羽を超えました。

日本の青空に、この鳥が舞う日も近いかもしれません。

山や田んぼの緑に、鴇色が映えて、
さぞ美しいことでしょう。


でも、忘れちゃいけないと思うのです。


 鴇色は、人の手によって、

    一度、滅んだ色だということを。






<人気ブログランキング>に参加しています。

1日1回、クリックを。
誰かが読んでくれている、その実感がとってもうれしいので。
「今日も読んだよ」と言ってくださるような気がして。

今日もここをクリックお願いします。ものすごーく、楽しみにしています。



  
Posted by blue_belta at 05:33Comments(0)TrackBack(0)

2007年08月21日

あなたの魅力を引き出す色

先日のカラーセミナーで、
昔話を思い出したので、皆さんにもお裾分け。

セミナーの初日のBeltaの服は、
オレンジか、ピンク。

派手?
ううん。Beltaは明るいきれいな色が似合うので、
派手に見えず、自然な感じに見えるのです。

逆に黒を着ると?
  続きを読む
Posted by blue_belta at 06:46Comments(2)TrackBack(0)

2007年07月14日

いい仕事してますね

色の仕事を本格的に始めてから、
4年が経ちました。

雨が多い山陰地方。無彩色の街。
そのせいか、「色」が話題になることが少ない。

ならばBeltaが持ち込む、そう決めて。

今では、カラー講師のBeltaを知っていても、
PC講師としてのBeltaは知らない、
そんな人も増えました。


さて、  続きを読む
Posted by blue_belta at 06:15Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月10日

似合う色?

「僕に似合う色は何ですか?」

色の仕事をしていると言うと、
必ずと言って良いほど返ってくる質問の一つです。
特に最近は男性が多いかな?

ごめんなさい。
判断はすぐにはできないのです。
正確には、そういう形でお答えはしていません。

一つは、  続きを読む
Posted by blue_belta at 06:55Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月06日

Beltaが行きたいカラースクール

またもや、色の世界に一言。
よっぽど気になるようです。


人からの聞き伝えですが、
あるアパレルメーカー、形のデザインは日本で起こし、
色のデザインは、イタリアでするとのこと。

イタリア人の  続きを読む
Posted by blue_belta at 05:32Comments(3)TrackBack(1)

2007年07月04日

色の世界が好きだから

昨日の記事に関連して。

色の世界について、かなり生意気なコトを言います。


みなさんは、「パーソナルカラー」
というものをご存知でしょうか?
  続きを読む
Posted by blue_belta at 06:37Comments(2)TrackBack(0)

2007年07月03日

捨て色の話

6月は、色の検定の月。
そろそろ、発表が近いかな?


さて、こんな経験、ないですか?
  続きを読む
Posted by blue_belta at 06:48Comments(2)TrackBack(0)

2007年06月26日

学習に効く色

「学習効果の上がる色、教えてください」

出雲市大社町の塾、リルビレッジさんから、
いただいたお問い合わせ。

カラーリストらしく、色と学習効果のお話です。

Beltaが考える効果的な学習環境とは、  続きを読む
Posted by blue_belta at 05:42Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月16日

時代はオレンジ?

今日もBelta説。
でも、ひそかに、当たってると思ってる。

カラーセラピーの仕事では、
今、気になる色は?とよく尋ねる。

昨夜もそう。

一番多い答は、何色だと思う?
  続きを読む
Posted by blue_belta at 07:08Comments(0)TrackBack(0)