桐島雑文思考録

試されているのだとしたら自分以外にいない
けれど

けれど?

君に躊躇う理由など必要だろうか
それとも理由のせいにしたいのか

IMG_0743

変わらない景色み見ていると
時間の感覚が分からなくなる

一年で一番楽しみにしていた月が終わってしまって
何も僕には残らないままだった

ふんわりとした、柔らさだけが僕の中にあるけれど
あの雨音は聴いていないままで

僕は、ぼんやりしたままだ。

IMG_0512

ぼんやりした視界と色彩の中かで
日々か砂のように流れる。

6月の雨に降られたくて
何かを忘れた気がして

もう一人の乖離した自分が
幸せそうにしているのが見える

僕は
あの紫陽花の中に行きたい、のか

IMG_9601

まだ、息をしてる。

いくつか減って
また見つけられるのかな

少し身体が軽くなっと
ピアノの音を聴きたくなる。

美しさものが、見たくなる。

7月は、どんな空だろう。

IMG_9205

痛くても苦しくても
息をしている、僕がいて
今日も綺麗な光で
よかったなぁって、思う。
IMG_9915

何かを得たらまた何かが欲しくなる
だからって安心したいわけじゃない

昔の夢を見るのは何故だろう
あの人は元気かな、とか

都合の良い事ばかり思い出して

僕は卑怯だし
何も変われないままだ。

IMG_5555


このページのトップヘ