日常日記

気が向いたことを適当に書いてます。
めそ

高野山

高野山に行ってきました。
水無昭善にめっちゃ似た坊さんがいらっしゃいました。
本人だと思います。

目玉5

先日は水木しげるロードに行ってきました。
ここは「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるの出身地で、水木さんの作品に登場する妖怪たちの像が並んでます。
妖怪ブロンズ像120体、とういうことになってますが、内1体は「サラリーマン山田」という水木漫画に登場する脇役だったので、妖怪の像は正確には119体でしょう
最初は「像が並んでる商店街なんか歩いてもおもろないやろう」って思ってましたが、見かける妖怪像も写真に撮り、知ってる知識を披露するとめっちゃおもろかった

それではちょっと紹介をします。
目玉まずは目玉のオヤジです。
これは鬼太郎を高い岡の上からオヤジが見下ろす場面ですが、オヤジだけを撮りました。
みなさんもご存知のとおり(?)、オヤジは最初っから目玉のオヤジではなくて、キチンとした体がありました。
しかし体が溶ける病にかかった際、まだ子供の鬼太郎を残して死ねないという親心から、体から転げ落ちた目玉に魂が宿ってあんな姿になってしまいました。

いっぱい目玉目玉のオヤジがいっぱい。













ねずみ鬼太郎の大親友・ねずみ男。
大原のねずみ男はべつにこのキャラクターに似ているからと言って名づけられたものではありませんが。




こなきこなきじじい。







ばばぁすなかけばばぁ。







どくろがしゃどくろ。
見た目は怖いですが、性格も怖いです。
のたれ死にした人たちの恨みが集まった妖怪で、親切にすると恩返しをするらしい。
出現地は広島県葦田郡大山の里だそうです。



たけお妖怪博物館には何故かTAKEO KIKUCHIの創始者・菊池武夫も訪れたということでサインが飾ってありました。
その他に訪れた有名人はサカナくん、麒麟など。
どうでもいい話ですが、「メンズ ビギ」って菊池武夫が立ち上げたブランドなんですね









めだまの看板駅からの通りはすべてが水木ワールドになってて、普通の店も鬼太郎に関連してました。
この店は電気に目玉のオヤジをつけてます。


作るのもチンピラ、食べるのもチンピラ3

先日久々にチンピラのおっさんが作る定食屋に行ってきました
ここは従業員全員がチンピラで、タバコ吸いながらカツあげ()してますが、400円で満足な定食が食べれます
あとチンピラやけど可愛いねーちゃんもいます。

今日行ってみると『店が移転しました』との張り紙があったので、その指示に従い新しい店舗に行ってみした
新店舗はセンター街地下の今は亡き奈良堤さんのよく行ってた中古CD屋さんの奥です
新店舗に行くと、広くて明るくて今までとは全然違う雰囲気になってました
店員もチンピラじゃないカタギの人ばかりになってた
ねーちゃんもいなくなってた

味は以前と変わりないので中坊はチンピラのおっさんが担当してるのだと思いますが、厨房の中まで見えませんでした
雰囲気の変わりぶりに、もしかして事業譲渡して名称を続用してるのかとも思いましたが、相変わらず全面喫煙という時代の流れに逆行したチンピラスタイルからは事業主体に変更はないものと解します(誰

ねーちゃんがいなかったのが気になるところです。
リーダーになって厨房で仕切ってるのかもしれません。
前の店の時の店員は見なかっただけに気になります
私は昔の薄暗い裏世界の雰囲気のする店の方がよかったので残念です

【総合評価】★★☆
【値段】★★★(平均500円)
【美味しさ】★★☆
【雰囲気】☆☆☆
【店員】★★★

チンピラ屋さん

京都・小旅行〜伏見稲荷編◆4

伏見稲荷大社、ぬりこべ地蔵に行った後、石峰寺に行きました
ぬりこべ地蔵から徒歩3分程度です
このお寺もマイナーですが、石仏がたくさんあるのが愉快です
石仏というと大原(O-HARA)三千院もいいです

石峰時・表問
まず表門ですが、長い階段の上に赤い門が見えてきます。






石峰時・十八羅漢
このおでの売りの十八羅漢






石峰時・説法
次は説法






石峰時・賽の河原
そして賽の河原
小さい石像がたくさんあります。





石峰時・竹
竹がキレイだったので撮りました。






石峰時・表門より見渡す龍谷大学
そして帰るときに表門・内側から龍谷大学と思われる校舎が見えたので撮りました






石峰寺に行った後、京都大学に行きました
さすが平地にある大学は自転車通学の人がたくさんいました
どっかの山奥にある大学では自転車通学などできず、中国のように原付きレースが繰り広げられます
もし中学生に戻れるならいっぱい勉強して京大に行きたいですね
たぶんもう一回勉強しても無理やと思うけど・・・
京大グッズを買った後、四条にでも行って買い物して帰ろうかと思いましたが、もう疲れきっていたので止めて帰りました
やっぱり稲荷山を巡ったのがキツかった

京都・小旅行〜伏見稲荷編 4

今日はちょっと遅い初詣をかねて、京都に小旅行に行ってきました
コースは、伏見稲荷大社→ぬりこべ地蔵→石峰寺→京都大学と設定しました

最初に行ったのは今日のメイン・イベントの伏見稲荷大社でした。
ここは商売繁盛の神様ですが、学業成就の神様もあります
おみくじ引きましたが、末吉
『今はうまいこと行かないことも多いが、神に頼み、一心不乱に努力すれば願いはかなう』そうです。
まぁ言われなくてもわかってます。。。笑
でもわかってることでも、言われると気にとめて努力しようという気持ちが出てきますので、おみくじ引くのは良いことかもしれません
伏見稲荷というとキツネで有名ですが、キツネは神様ではありません
キツネは神の遣いということで姿を現すそうです。
神様の姿はどんな姿かはわかりません。。。

で、その後、伏見稲荷大社の山を巡りました
歩けば約2時間のヘビー・コース
足はがたがたです
では写真をどうぞ
稲荷の空
これは伏見稲荷大社の裏山から撮ったものです。
この地点はまだまだスタートしたばかり、、、



鳥居
やはり伏見稲荷といえば、この鳥居です
この写真は今回のベスト・ショット



可愛いキツネ
口から水を出す可愛いキツネ







カッコいいキツネ
こっちはマジメなキツネ。







そして伏見稲荷山を巡った後、近くにあるとガイドブックに書いてあったぬりこべ地蔵に行きました。
地図にもきちんと載ってないくらいマイナーどころなので見つけにくかったけど。
ぬりこべ地蔵
いつ、どのような理由で作られたのは不明だそうですが、歯痛封じの地蔵様ということで信仰を集めているそうです
観光客は誰もいませんでした。。。
でもそういうところがツウっぽくて好き!!

では続きは伏見稲荷編をどうぞ
プロフィ〜ル
Blue_Mobley
趣味はジャズ、サックス、ギター。
好きなTV番組はミナミの帝王。

Blue_Mobleyの名称は、大好きなトランペット奏者Blue Mitchellとサックス奏者Hank Mobleyから取ったもの。

ご感想、ご質問、講演依頼はこちらへ
blue_mobley@silver.livedoor.com
コメント