2017年06月19日

カルガモの親子

石神井公園のボート池にカルガモの親子が現れた。

DSC_2563

大きな池に雛を9羽連れた親子の姿は早朝の散歩の人達の人気者。
ただボート池はカラスなどから身を隠す場所も少なく、
無事に育つのかなと心配して毎朝雛の数を確認していました・・・。

DSC_2549

数日姿を見せないので心配していたが、再び姿を現した時には雛の姿は3羽。
可愛そうにカラスの餌食になってしまったのかと思っていましたが、
噂を聞くと池の堰に流されたそうです・・・。可哀想に・・・。
カルガモのお母さんもショックだったでしょう。
それからは残りの3羽の姿も見えないので、どうしたのかと心配しています。

DSC_2579

入れ替わって登場したのが三宝寺池に現れた9羽のカルガモの親子!
私が最初に出会ったのはカワセミがいる池。
小さな雛を引き連れた親子は写真に撮れないほど元気でスピード感がある。
岩の上によじ登ったり草むらに隠れたりと活発で可愛い。

それから数日後、蓮の花の咲いている通称・蓮池に登場。
9羽の雛は無事に育っているので一安心。
毎日雛の数を数えて安全確認の私ですが、
同じような人が多くお互い確認し合っています。

DSC_2591

少し大きくなったような気がする。
この時初めて陸地を歩く姿を観ました。可愛い!

DSC_2590

その翌日は通称ひょうたん池で姿を現したけれど、
雛の数は8羽に減っていた・・・。
兄弟の中でもいちばん小さい雛が亡くなったのかな。
近くの木の上でカラスが鳴いているのが気になってしまうが、
池の縁で休憩しているカルガモ親子に向かって水中を泳ぐ白い蛇!

見物している人達から悲鳴が上がりますがどうにもできない。

突然カルガモのお母さんが嘴を鳴らし雛に危険を知らせると、
散らばっていた雛たちは団子状態に集まって動かない。

DSC_2598

蛇も諦めて去って行きましたが、陸も水中も小さな雛には敵がいっぱい。
お母さんカルガモも子育ては全神経を使って大変だな・・・。

DSC_2600

陸地で草を食べている雛たちですが、食べては草の中に姿を隠し、
また草の中から出てきては食べる・・・。
お母さんカルガモの教育なのか、持って生まれた危機管理か・・・。

周りに見物客がいても平気。
どうやら人間は敵ではないと知っているみたいです。

DSC_2620

雛もだいぶ大きくなって、大人の鴨に向かって猛突進で威嚇している猛者もいる。

DSC_2615

毎日の散歩も雛の姿を眺める楽しみが増えたし、カルガモファンの方たちとの会話は
「おはようございます。今日は何処にいますか」から始まります。

8羽揃って無事に育って欲しいと願うのみです。


blue_poppy at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)そら日記 

2017年06月04日

オペラ座の怪人

横浜公演の劇団四季のオペラ座の怪人を観劇。

四季の中でも特に好きな演目のひとつなので久し振りに横浜に行ってきました。

_20170526_163010


30数年前に劇場を持たない四季が新宿西口に巨大テントのキャットシアターを作り、
そこで初めて四季の舞台を見たキャッツから四季のファン。
私が亡くなった時には大好きなメモリーを流して欲しいと娘に頼んでいますが・・・。

ちなみにアバの曲に乗って歌い踊る楽しいマンマ・ミーアや、
緑の世界のウィキッド等もお気に入りの演目です。

神奈川県芸術劇場はオーケストラピッチもあり、前から4列目。

物語はパリ・オペラ座の地下に棲む醜い顔の怪人が、
歌姫のクリスティーニに恋する哀しい物語。

結論から言えば素晴らしいの一言!
苫田亜沙子さんのクリスティーニの美しい歌声に最初から鳥肌が立った!

そして佐野正幸さんのオペラ座の怪人(ファントム)は今まで聞いた中では最高!
妖しく憂いを含んで囁くような甘美な歌声と
感情を高ぶらせて圧倒される堂々とした歌声。
その差がたまらなく素敵。

今まで何度もオペラ座の怪人は鑑賞したが、今回は魂をすっかり奪われたような心境。

何時もはクリスティーニの幼馴染のラウルも気になっていたが、
今回は素晴らしい歌声のファントムにくぎ付け状態。

完全に佐野ファントムにノックアウト状態です・・・。

耳元に歌声が残っているのでつい口ずさんでしまいます。

ちなみにガラケイの時の着信音がオペラ座の怪人だったけれど、
現在はスマホなのであのメロディがいつも聞けないのがちょっと残念。

欲を言えば劇場が少し小さいような気がするので、
シャンデリアの落下シーンが物足りなかったかな・・・。

でも佐野ファントムの歌声が素晴らしかったのですべて良しです。

帰りは中華街でお食事。充実の一日。

PhotoGrid_1495783531701





blue_poppy at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)そら日記 

2017年05月23日

映画・美女と野獣

最近見た映画はディズニーのミュージカル映画、 美女と野獣

美女と野獣

                    (写真はディズニーのサイトから)

それも字幕版と吹き替え版。どちらも観たいと言う事で両方鑑賞。

字幕版はベル役にエム・ワトソン、野獣役にダン・スティ―ブース。

物語は若くて我儘な王子が貧しい姿の魔女の助けを撥ねつけたため怒りをかい、
醜い野獣の姿に変えられる。
召使たちも置時計や燭台、ポット、ティーカップになり野獣と共にお城に住んでいる。

冷たい心の野獣がふとしたことからベルに見せる優しい心使い。
切なく美しいストーリー。
物語としてはよくある話だけれど、ミュージカルとして観ると大人も子供も楽しめる。

最初に観に行ったのは実写版。

ベル役のエマ・ワトソンが素敵で可愛いのひと言!
心優しくて聡明で勇敢な心を持つ美しい娘。

野獣は恐ろしい姿だがどこか憎めない部分もある。

ベルや野獣の歌声は素晴らしく聞き惚れてしまう・・・。
特に野獣と歌う晩餐会の歌声と黄色いドレスが印象的だった。
    
実写にはハードルが高いと思っていたがアンティークな家具達が歌い踊る様子は楽しい。
さすがディズニー。

自信満々のガストンの男らしい歌声とル・フウの関係も気になる・・・。

アニメーション映像と現実の世界が一体化して完成度の高い美しい映像と音楽。
夢が溢れ、つい拍手をしたくなってしまうのをぐっと堪えていた私。

実写版に大満足したが、2回目は吹き替え版に挑戦。

普段は洋画は字幕版しか観ない私ですが今回の吹き替え版は豪華!
ベル役にミュージカル界の注目の歌姫の昆夏美さん。
野獣役は多数のミュージカル出演と、最近はドラマに出演している山崎育三郎さん。

野獣に家具にされてしまった召使たち。
私の大好きな大ベテランの濱田めぐみさんは衣装ダンス役。
その他にも岩崎宏美さんや島田歌穂さん、村田国男さんや藤井隆さんなど豪華な顔ぶれ。

声優さんたちの頑張りに拍手!
ベル役の昆夏美さんの声は可愛くてエマにぴったりだし、
山崎育三郎さんの野獣の声も少しエコーがかかったような歌声は素晴らしかった。

濱田さんの美しい歌声、ポット夫人の岩崎宏美さん、
みんな頑張って実写版に負けないでき上がりでした。

美女と野獣は舞台で観劇をしたことがありますが、映画もけっこ楽しかった。
オオカミのシーンは恐ろしいけれど、これはCGなので安心して観られる。
ディズニー映画だからできる家具たちのリアルなダンスや歌声は最高!

野獣も心を入れ替えて心優しい素敵な王子になるのでしょう。
人を見た目で判断せず、思いやりの心を持つ事が教訓かな・・・。

さてもう一度観に行きたいのですが実写版?吹き替え版?
迷ってしまいます。

ベルと野獣が歌う美女と野獣のメロディーが耳から離れなほど素敵。


blue_poppy at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)そら日記 

2017年05月16日

セントポーリア

セントポーリアは熱帯アフリカの山岳地帯に生息する愛らしい花。

花びらの形も色も様々で一重から八重咲きやフリルのあるもの。
色もピンク、紫、、白、赤、青、ミックスがあり、和名はアフリカスミレ。

室内のカーテン越しの柔らかい日差しを受けて咲くので、
室内花の女王とも言われています。

セントポーリアは一時期非常に流行した植物で、
私は20数年前にご近所の方から頂いた鉢を20株ぐらい育て、
その可愛らしさに魅了され、葉挿しなどで数もどんどん増やし楽しんでいました。

でも年月が経つと灰カビの様な病気になり、鉢がどんどん減って行った・・・。

その都度園芸店で補充していったが、またしても最後は灰カビ病。
原因は風通しが悪いようですが、急に一晩のうちに悪くなる時もありがっかり・・・。

鉢が減って行くのを諦めて眺めていましたが、
数年前からまた無性にセントポーリアを育てたくなったので園芸店巡り。

なぜか流行が冷め園芸店の店先から姿を消していた・・・。
焦って探しても無い!
花にも流行があるのを初めて知った私。

セントポーリアを扱っていると言う大型店舗に出かけたが値段がお高い!
一鉢1200円から3000円位。
私が求めているのは高級品種でなく普通の品種で良いので希望値段は500円ぐらい。
予算が合わなくて泣く泣く帰ってきましたが、最後の手段はネット!

ゴールデンウィークが終わったら注文しようと思っていたら、
なんと奇跡的にご近所の花屋さんにセントポーリアが10鉢並んでいた。

色の違うものを6鉢お買い上げ。値段は2鉢で700円。お安い!

今回はミックスが多いので次回は無地の一重を探してみよう。

6月には葉挿しをして昔のようにどんどん増やしたいが、問題は灰カビ病。
特に締め切りにする冬場になってしまうような気がするので風通しなどの注意が必要!

セントポーリアは本当に小さくて愛らしい花です。

DSC_2483



DSC_2502



blue_poppy at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)そら日記 

2017年05月12日

簡単山菜料理

春の訪れと共に芽吹き始める山菜は、風味も良くほろ苦さと香りがたまらない。

でも東京で売られているのは栽培物も多く、あまり地物が手に入らない(泣)。
たまに見つけると無意識のうちに買ってしまうほど私にとって山菜は貴重品。

私の山菜好きを知っている日本料理店の大将から、
山形の親戚から送ってきた新鮮な山菜をお裾分けでいただいた。
嬉しくて嬉しくてテンションが上がってしまう!

山菜の王様のタラの芽や山菜の女王のコシアブラや月山の麓の貴重な月山筍、
そしてたくさんのワラビ。

お店でたくさんの山菜の天ぷらをぺろりと食べってしまった私ですが、
いただいた山菜はどのようにして食べようかなと考えるだけでも楽しい。

浮き浮きしてまず手始めはワラビのあく抜きから・・・。
我が家には簡単にあく抜きができる灰も杉の葉もなかったので重曹であく抜き。
重曹でのあく抜きは重曹の量が決め手!
多すぎるとワラビが柔らかくなりすぎて風味が出ないので慎重に!
これは私の過去の失敗から学んだものです。

大鍋にたっぷりのお湯(ワラビがひたひた以上)を沸かして重曹を小さじ2杯を入れ、
粗熱が取れたところにワラビを投入して一晩おいておくと出来上がり。
硬さもバッチリ!後は水洗いするだけなので簡単。

DSC_2477


鰹節をたっぷりかけたワラビのお浸しとワラビと豚肉とお揚げの甘辛の煮物。
そして山菜ピラフとステーキ。
これは上高地の帝国ホテルでいただく私の大好きな山菜ピラフのメニューの真似っこ。
ピラフの上に大きなステーキがドカンと載せられていてボリュウムたっぷり。
醤油味の香ばしいピラフとステーキは大好きなメニューなのでいつもオーダします。

我が家ではガーリックライス風味の山菜ピラフにして、
何となくこんなお味かなって感じに簡単に出来上がり大満足。

DSC_2487DSC_2481
























DSC_2486

コシアブラとタラの芽は天ぷら。
月山筍は切り目を入れて蒸し焼き。味噌でも七味入りマヨネーズでも添えて。

DSC_2479

月山筍は天ぷらにしても皮のまま蒸し焼きにしても歯触りが良く至福のひと時。
私は天ぷらの衣に塩を少し入れてから、さっくりと揚げます。

昔、中央アルプスの越百小屋でいただいた天ぷらが美味しかった!
管理人さんに聞くとビールを少し入れて揚げているそうですが、
我が家はビールはすぐ飲んでしまうので余らないのでビール揚げは経験なし。

DSC_2480


余ったワラビは数日なら水に浸しておけば大丈夫だし、
コシアブラは濡れ新聞紙にくるみ冷蔵庫、半分は茹でて冷凍庫に保存しています。

たくさんの山菜があるので次回はコシアブラの天ぷらとワラビのお浸し、
そして好評の山菜ピラフか山菜パスタかな・・・。

大将と奥様に感謝しながら天然物の山形の山菜のお味を楽しんでいます。

でも山形の親戚の方、くれぐれも熊に注意してくださいね。