AX
  • 可憐な花の表現
  • Dufyの作品の特徴
  • もみじを水彩で描く
  • 水彩画の描き方を本で学ぶ
  • モチーフのバランスに注意

田舎風花束 


 
田舎風花束 by Dufy




1953年の水彩による作品です。
スキャナーを使用しましたので、図録に近い色彩がでました。


個々の花の特徴を表した伸び伸びとした線

大きな筆触は花のふくらみを
また、細い線で表現された葉は触感を

伝えています。

可憐な野に咲く花にぴったりな筆使いだと感じています。

人気blogランキングへ

このblogのトップ水彩画やパステル画にもどる

技法

Dufy 農家の庭 1943年水彩 593


農家の庭 by Dufy

大阪の「あべのハルカス美術館」で開催されたDufy展に行きました。

その際に購入した図録の中の作品です。
油彩画が多い中で数少ない水彩画の一枚です。

Dufyの作品は輪郭線という意味ではなくて、

味のある線と色彩とのコラボレーションが実に巧みで、すっきりした
さわやかな仕上がりに魅了されます。

このような絵が描きたいという思いで鑑賞しています。


人気blogランキングへ

このblogのトップ水彩画やパステル画にもどる


風景画 2

park 0556


運動公園 水彩画 6号





数人の友人と写生に行きました。お友達の展示を見せてもらった
後で植物園を予定していたのですが、あいにくお休みの日で
運動公園にしました。ネットでの下調べが肝心でした。

天候に恵まれた日で保母さんに連れられた保育園児や
幼児連れのお母さん仲間が三々五々お弁当やおやつを
持参して美味しい空気を満喫していました。

うれしそうなはしゃぎ声を聞きながら私たちは手を動かしました。

ここはいくら大きな声を出して走り回っても誰にもとがめられないし
車が来る心配もないし、いいところだねえー、と話しながらです。

くれないの葉をつけた木、もみじになり始めた木、緑の木など
種類によってさまざまな様相を見せていました。

人気blogランキングへ

このblogのトップ水彩画やパステル画にもどる

おすすめの本

水彩画の描き方について本屋さんでぺらぺらと見て
一冊を買いました。

「透明水彩の作品と手順 水彩デモ・コレクション」
(グラフィック社・編)

6人の画家のデモンストレーションと17人の画家の作品コレクションが
載っています。

どんな描き方が自分に合っているのかな、と試行錯誤中なので
数人の方々の技法を一度に見比べることができる本を選びました。

モチーフは風景がほとんどで、花が4,5点、そして小作品の静物
が数点です。

水彩絵の具という同じ画材でも描き方によって作品の醸し出す
雰囲気がこんなにも多種多様になるのかな、と

じっくりと味わっています。

先日グループで作品の展示会を開きました。
来て下さったお客さんの1人がこんなお話をされました。

15年続ければその人なりの技法ができあがってくるので
がんばって続けてごらんなさいよ、と。

まさに「継続は力なり」でしょうね。

人気blogランキングへ

このblogのトップ水彩画やパステル画にもどる




モチーフのこと

朝鮮アザミ 完成


 アーティチョ−ク  水彩 10号






描かれる絵とお名前は知っていたのですが、一面識もなかった先生に
この絵を見ていただく機会がありました。

一瞥しておっしゃったことは、
右下に垂れ下っているアーティチョークは目立たないように色を抑えるか、
描かない方がよい、とのことでした。

このままでは左上から右下に流れる斜めの視線が強すぎて右に傾き
不自然だ、とのこと。
もし、このままにして置くのならば、左上から右下への視線に耐えられる
だけの右上から左下への視線を引くものを持ってくる必要がある、と。

そう言われてみればなるほどと頷けました。

私の考えでは手前の枝でしかも下向きであり、むしろ暗い目に
見えたので色を濃くしていました。

見る人が変われば新たな気付きを与えてもらえる、という
うれしい一日となりました。 

人気blogランキングへ

このblogのトップ水彩画やパステル画にもどる

スポンサードリンク
こちらもどうぞ!
My Yahoo!に追加
Add to Google
メルマガを発行しています
メルマガ登録・解除
毎日が楽しくなる水彩画のすすめ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SEO対策
テクノラティのお気に入りに追加する
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site