トップページ静物画絵の具で辺りをつけてみる

静物画

3個の柿

 

 柿3個 水彩 6号

 

 小さな発見

今年は我が家の柿は数個しか実をつけませんでした。

友だちの話では、収穫の多い年と少ない年が交互になるそうです。

また、肥料などは必要ないと思っていた、という方もいました。よくよく聞いてみると、落ちた葉を焼いてその灰を根元に埋めているとのことでした。

これこそ立派な有機肥料ですし、自然のサイクルそのままで、誰しも実行したい方法ですよ、と納得してもらいました。

 水彩画ノート

私は、とかく鉛筆で輪郭から書き始めるのが苦手です。

そこで、ここら辺りに実を描いて、ここらに葉をという感じでそれに近い薄い色を先において置く方法をとってみました。

そのためにぼんやりとした感じになってしまったのです。

これは失敗作と決め込んでいたのですが、スケッチブックを開いてみると何か新鮮さを覚えたので載せてみました。

人気blogランキングに参加しています。デザイン・アート部門の上位はこちらから見えます。


トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. 採りたて蜜柑と柿 〔December 10, 2005〕  [ Toshiko's ギャラリー ]   2005年12月12日 08:20
ご近所の庭に生っている蜜柑と柿の採りたて…葉つき・枝つきを頂戴しましたので、いつものように先ず描きました。 描き終わってすぐ柿をお腹へ収めました(笑)が、小ぶりながらとても甘くて美味しい柿でした。蜜柑は未だいただいていませんが、これも間もなく…同じ運....
この記事へのコメント
1. Toshiko.   2005年12月09日 08:34
お早うございます,blue skyさま。

この柿の絵、仰るように何と無く今までにない魅力がありますね。
私に画法の理屈は分かりませんが、彩りが綺麗で新鮮です!
一度私も真似させて頂いてよろしいでしょうか?
2. Toshiko.   2005年12月10日 07:34
Bonjour,Madame blue sky.

TrackBack&Commentを有り難うございました。
これからも、blue skyさまの水彩画ノートを大いに参考にお勉強させていただきます〜どうぞ宜しく!
3. blue_sky   2005年12月10日 08:54
Toshikoさまへ
 コメントをありがとうございました。

励ましの言葉をいただいて、あなたを
見習って枚数を多く描くことにします。
4. color   2005年12月18日 22:45
失礼いたします。

「デザイン・イラスト」
関連に携わる大多数のお客様に
ご好評頂いております

是非ご活用頂ければ幸いです。
http://swatchcolor.com/index.htm

貴重なスペースありがとうございました。
失礼いたしました。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサードリンク
こちらもどうぞ!
My Yahoo!に追加
Add to Google
メルマガを発行しています
メルマガ登録・解除
毎日が楽しくなる水彩画のすすめ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SEO対策
テクノラティのお気に入りに追加する
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site