トップページ技法 2葉を落とした落葉樹を通して建物を望む

技法 2

german 68


   写真


秋の終わりにグループでスケッチに出かけました。

大木についている無数の小枝を通して向こうに
どっしりとした建築物の見える場所です。

目には建物の外部構造がほどよく見えますが、
手前の小枝を無視するわけにはいきません。

どのように表したらよいものかと思案せざるを
えません。

写真をもとに絵を描くのは好きではないのですが
今回ばかりは少し考えてみたいと思います。

   



この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサードリンク
こちらもどうぞ!
My Yahoo!に追加
Add to Google
メルマガを発行しています
メルマガ登録・解除
毎日が楽しくなる水彩画のすすめ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SEO対策
テクノラティのお気に入りに追加する
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site