人物画

みかんを描きました。

背景の色や敷物の色をいかにするか、いつも悩むところです。
無理もないことですね。

数個のmikan


 数個のみかん 水彩画 10号



みかんには複数の色が感じられます。たとえば、黄色や橙色の濃淡、
薄い赤色、黄緑色などです。

これらの色味はみかんその物の色もあれば、周りのみかんの色や
敷物の色に影響されて感じられる色もあります。

また、みかんの色は背景の色によっても大きく影響されます。

背景に、最初薄い緑系の色を塗りましたが、どうもみかんの色が
さえなくて美味しそうに見えませんでした。

次に、少し黒っぽい色を混ぜて塗りましたが、今度は暗すぎる感
じがしたので、水で拭き取りました。

最終的には、緑(フッカーズグリーン)に白を混ぜて塗りました。
暗すぎる色が残ってしまったので不透明の明るい色にしたわけです。

背景の色によってみかんの色が大きく左右されるのですね。


人気blogランキングへ

このblogのトップ水彩画やパステル画にもどる

公民館の絵画教室で描きました。
モデルさんはインドネシアからの留学生です。

lady




 若いlady 水彩画 半切






素人の方ですが、固くならないで始終にこにこ顔でいてくださり
描いている私達にも楽しい雰囲気を与えてくださいました。

人物の表現は少し甘く見て、まあまあのできかなというところ
ですが、いすに掛けられている布の表現ができていません。

どんなに描いたらよいかと思案している最中です。
やはり、ドレーブの表し方がまずいのですね。


人気blogランキングへ

このblogのトップ水彩画やパステル画にもどる

私が人物を描いている作品の中で、全身の立ち姿を描いている
ものは少ないです。

素人にモデルさんをお願いする関係で、身体に負担の少ない座
っている姿がほとんどです。

白いbag


 白いbag 水彩画 半切









この絵は画用紙の大きさもワトソンの半切を使用しているので
頭から足の先まで描いています。

背景を描き込み、色数も多くないために、比較的まとめやすい
ものに仕上がったと思います。


人気blogランキングへ

このblogのトップ水彩画やパステル画にもどる



人物を描きました。

フルート


 
 フルート演奏 水彩画 4つ切







この絵は平行線が効いています。

・細長いフルートと腰から膝にかけての斜めの線

・上半身と膝から下の脚のたての線

・フルートを持つ二本の手の斜めの線

もう少し、人物の動きが引き立つように背景の工夫が
必要と感じています。




人気blogランキングへ

このblogのトップ水彩画やパステル画にもどる



近くの公園に出かけて写生をすることになりました。

どこにしようかと探したあげく、絵を描いている友達の入った風景を
描くことにしました。

kouen


 公園にて 水彩画 6号



絵の中に人や動物が入ると、あたかも命を吹き込まれたように絵が
生き生きとしてきます。なぜだと思いますか?

絵を見る人が、無意識のうちに絵の中の人や動物に彼らの行動して
いる姿を重ねて、連想しながら見るからかもしれません。

絵の中に取り入れる利点は分かっていても、困ったことに、動物は
なかなかじっとしていてくれません。

人はモデルにされていることを意識し始めると、表情が固くなったり
ぎこちなくなったりして自然の姿を捉えにくくなります。

というわけで、今日は描き終わるまで黙っていました。


絵の中に取り入れる人物は、描き慣れるまではじっとしている人に
限ります。たとえば、つりを楽しんでいる人、絵を描いている人や
楽器を演奏している人、ひなたぼっこしている人などです。

動物の場合は、じっとしているときといえば眠っている姿になり
ますね。

人や動物が行動している一瞬の姿を捉えるためには、写真の出番と
なるでしょう。

普段実物をよく観察しておいてー動物でいえば毛の流れとか胴体に
対する足の長さのバランスなどー行動したときの変化を写真で見る
ようにします。

あくまでも写真は補助的に利用することを心がけて置いてください。



人気blogランキングへ

ライブドア&ヤプログランキング

このblogのトップ水彩画やパステル画にもどる



スポンサードリンク
こちらもどうぞ!
My Yahoo!に追加
Add to Google
メルマガを発行しています
メルマガ登録・解除
毎日が楽しくなる水彩画のすすめ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SEO対策
テクノラティのお気に入りに追加する
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site