2005年06月25日

ライブハウス 

 昨日はお笑いのライブat渋谷に行ってきた。女芸人ばかりが出るライブで題「女芸人の些細な抵抗」

 

 

 

 気になったのは「つーから」と「ブルームフラワー」。

 「つーから」はビジュアル重視のコンビ。パイレーツ的とでもいおうか?でもパイレーツよりもはるかにお洒落な雰囲気があるし、本業の笑いのレベルも高い??というかちゃんと体張って、芸らしい芸をしているので、このコンビの希少性は結構高いだろう。というか普通に笑ったし、これからちょくちょくテレビにも出てくる可能性は高いと思う。ちなみにライブハウスの前の席を陣取っていたのはみんなアキバ系のつーからファンらしい…「アキバ系アイドル+芸人」という組み合わせのタレントはまだいるようでいないからそのへんもよい所に目をつけていると思う。オタクビジネスの可能性はありきたりな表現だがほんと幅広いだろう。野村総合研究所もこの前オタクに関する研究をまとめて発表したらしいし。。。確かに中途半端な老若男女の振り分けで作った経済資料よりよっぽどビジネスに生かせるだろう…脱線。

 「ブルームフラワー」は正直、前のバイト先で働いているというひいき目もある「かも」しれない…が笑ったのは確か。一緒に行った友人も笑ってたし。結構どちらとも素で天然っぽいのに、計算した(様な??)シュールなネタをするので思わず笑ってしまう。このコンビはすぐに出てくるかはわからないが、もしかするともしかするかもという感じである。ブルームフラワー

 

些細なメディアで些細な応援。

 

 

 「お笑い」つながりで映画感想。


『笑の大学』

-あらすじ-(Amazon.co.jpより)
 戦時下の昭和15年の東京。検閲官・向坂は劇団「笑の大学」の座付き作家・椿に次々と無理難題をふっかけ、直せなければ上演中止だと脚本の書き直しを迫る。が、椿はその要求を聞いてさらに素晴らしい脚本を作りあげていく。そんな2人が、ガチンコ対決を通して次第に不思議なきずなを芽生えさせていく様を描く。もともと本作は三谷幸喜が手掛けた2人しか登場しない舞台劇として作られたもの。それを映像として成立させるのはかなり難しかったはず。でもそれを映像ならではの、他の登場人物などを取り入れつつ、懸命に作りあげた努力は素晴らしい。特に劇団の看板スターに小松政夫を起用したのは拍手モノ。また最初は完全に舞台を潰すつもりでいた検閲官が、次第に心変わりをしていく様を、役所広司が絶妙のサジ加減で演じていて魅せられる。(横森文)
-感想-
 役所広司の演技がたまらなく笑ってしまう。まだ見ていない人には意味不明だが3日目ぐらいに出てくる「出たー!サルマタ失敬!」のセリフの言い方には笑い転げてしまった(これから見る予定の人は頭の隅に置いといてください)。ただしほとんどのシーンは取調室でのやりとりなので、それを聞いて気が重くなるタイプの人は見ないほうがいいかも。三谷幸喜作品なので当たり前っちゃ当たり前だが。
 しかしエンディングがキツい。「太平洋戦争期」「検閲官」等を題材に選んでいて、最後が「戦争の悲惨さを訴える」的なエンディングに”せざるおえなかったのか”なっており、それが三谷幸喜の笑いとはあまりにも相性が悪く、正直見るに耐えず後味は悪い。他のエンディングにしようとは考えなかったのかと思った。

  なにげに参加。よろしければ1日1クリックよろしくです。 



blue_yowl at 13:59│Comments(1)TrackBack(1)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 奥野麻衣、大場みな  [ NOTEnet NEWS ]   2005年06月30日 19:04
セクシーポーズとギャグを融合させたユニット「つーから」が最新DVD「ギャグラ!〜つーから編〜」(エッジ、3990円)で体当たりのパフォーマンスを魅せる。身長157センチ、78・57・84の奥野麻衣(20)=写真左=と同152センチ、87・58・85の大場.

この記事へのコメント

1. Posted by Drunkcat   2005年06月28日 21:47
トラバどうもでした。

何より「つーから」が何の意味をなすのかわかってとてもスッキリです。

1コ上の記事ですが、スーツに肩掛けはやっぱりないかな、と思います。
まあクールビズで上を着ないならアリでしょうが…

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔