September 15, 2005

線路 by the beach 1

海線路1


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/bluebluesmile/50089030
この記事へのコメント
今日は、高橋です。
線路上の太陽の反射光が利いています。
これは新しいシリーズにいいですね。
“線路のある風景”は何故か郷愁を誘います。
私は「単線」を見るとすぐに田舎で過ごしていた小学生の頃、
まだSLが走っていたころの光景が甦ります。
一円硬貨をレールに置いて延ばしたことが一度あります。
ありがとうございました。
Posted by 高橋敏道 at September 15, 2005 13:36
高橋さん、こんにちわ。

一円玉をレールで?それは楽しそうな遊びですね。
でもちゃんとそれを踏んでくれるのですか?
ポ〜ンっと横に弾き飛ばされちゃいそうですが。
私はどうしても線路を見るとStandByMeを思い出します。
ちょっと一人で黄昏て歩いてみたくなる。
SLとはかっこいいですね〜。いいな。あの音を聞くだけで
何かわくわくします。
Posted by bsmile at September 20, 2005 06:40
強い太陽の光や線路も印象的ですが、
チラッと見えるきれいな海の色がとても気になります♪

こどもの頃、けもの道を下って海岸に出る途中
このような線路を越えなければならないところがあったのですが、
そのときのワクワクした気持ちを思い出しました( ´ー`)
Posted by hiro at September 21, 2005 16:35
hiroさんこんにちわぁ。

それはまさに、Stand By Meの映画の世界ですね。
もしくはトトロを連想させます。
子供の行ける範囲でけもの道下って行ける海がそんな
に近くにあったのかぁ。いいなぁ。
ちょっと危険なワクワク冒険なんですよね。
子供の頃を思い出してくれて嬉しいです!
うちはず〜っと、田んぼでした。駆け抜けれる森も
けもの道なかったので想像が膨らみます♪
Posted by bsmile at September 22, 2005 09:56
高橋さん、
こんにちは。実は私の昔の知り合いで、1970年代にカリフォルニアのアズサ大学に行ってらした方と同姓同名(漢字も)そして1950年生まれもおなじです。ひょっとしてあのトシさんではないかと思ってメールしております。正子
Posted by Masako Ikenushi at January 26, 2009 11:45