2005年11月

2005年11月30日

「FINE TIME」07 @札幌

「ファイン・タイム」とは、デザイン、イラスト、映像、音楽、その他アートで表現している人、そういう表現者に興味のある人なら誰でも参加自由。自己紹介や雑談を楽しむゆるやかな時間。予約不要。
・日 時 :2005年11月30日(日) 19:00〜21:00
・会 場 :札幌・ソーソーカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F)
・入場無料 (ただし、カフェのため飲食代別途)
・お問合せ:ソーソーカフェ 011-280-2240。
・協 賛 :NUMERO DEUXほか。
・詳細は「FINE TIME」公式サイトで。
・参 考 :第1回第2回第3回第4回第5回第6回

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「さっぽろアートステージ2005」@札幌

051101SAPPOROArtStage 札幌のアートシーンをより熱く活性化させるためのプロジェクト。11月を札幌市の芸術文化月間と位置付け、演劇、ストリートライブ、小中高校生の音楽祭、アートラリー等、文化的事業を集中的に開催。事業の詳細は公式HPで確認を。
・会 期 :2005年11月1日(火)〜30日(水)
・会 場 :札幌市内各地
・お問合せ:実行委員会事務局 TEL 011-281-7117。

※ 演出家、平田オリザ氏の記念講演の参加募集はこちら(10/30終了) → 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

ほっかいどう映画まつり2005 @道内38映画館

051101hokkaidoueigaFes 今年初めて、全道の映画館が連携して行う催しで、道内38劇場で開催。特別試写会他のイベントを予定。詳細は「ほっかいどう映画まつり」公式HPで。チラシ(兼応募用紙+スタンプラリー台紙)=右画像=にも案内あり。
・お問合せ: 道内各劇場、または実行委員会 TEL 011-221-5711。
.好織鵐廛薀蝓 11月1日(火)〜30日(水)
 全道38劇場と高倉健主演作品の12ロケ地最寄JR駅で、スタンプを集めて応募。
 劇場はチケットカウンターでスタッフが、JR駅では駅スタンプを押印。
 スタンプ5個押印で完走。(2都市以上+ロケ地1箇所を含むことが必須条件)。
 12/9(金)までに全道映画館に設置された応募ボックスに投函。
 賞品は、最高で映画館半年フリーパス10名ほか、鑑賞チケット500名まで。
映画まつり先着入場者にプレゼント 11月12日(土)〜18日(金)
 全道映画館で開催の映画グッズセレクションがもらえる。
あなたが選ぶ「ほっかいどう映画ベスト10」 
 昨年9月1日から今年8月31日までに、道内の劇場で見た大好きな映画に投票を。
 応募場所は道内各劇場で、10月31日(月)締切。発表は11月12日(土)。
ち監三貔討瞭段婿郤眠
 11月15日(火)19:00、「単騎、千里を走る。」「同じ月を見ている」「ザスーラ」の3作品を道内6都市8映画館でペア900組を招待。10/31必着。応募の詳細はこちら → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

★DOTMOV FESTIVAL 2005@札幌

 「DOTMOV FESTIVAL 2005」は、未知なる才能を持ったクリエイター発掘と作品紹介の機会の創出を目的に開催されるデジタル・フィルム・フェスティバル。今年集まった作品総数は世界28カ国から364作品で、ゲスト審査員が優秀24作品を選出。この優秀作の動画は、会期中ウェブでも同時公開される。期間中、関連オーディオ&ビジュアルイベントも多数予定。051101DOTMOVFESまた、パリで活動する日本人映像アーチスト、河村勇樹のDVD作品集「SLIDE」を特別上映。
・年月日 :2005年11月1日(火)〜30日(水)
・会 場 :札幌・SOSOカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F)
・入場無料、会場がカフェのため飲食代別途。
・参考HP:「DOTMOV FESTIVAL 2005」公式サイト。上映作品の詳細情報あり。
※ 作品募集時の記事(9/20必着)はこちら

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2005年11月28日

「落穂拾い」上映と対談@札幌大学山口文庫

〜 「グラヌール(落穂拾い)の昼下がり」 山口文庫ミニシアター19 〜
 アニエス・ヴァルダ監督のドキュメンタリー「落穂拾い」とその続編の上映と、雑誌「グラヌール」(Glanures 落穂拾いの意味)第3号発行にちなんでミレーの二つの絵(「落穂ひろい」と「晩鐘」)のその後の運命等について対談予定。「最近、拾うもの、拾って集めているものなどお持ちの方は、ぜひ会場にお持ち下さい」とのこと。詳細は札幌大学HP内案内欄(PDF)で。
・年月日とプログラム
 11月24日(木) 映画2作品連続上映 
  14:45 「落穂拾い」(86分)+「落穂拾い・二年後」(62分)
 11月28日(月) 対談と上映
  16:30 「落穂拾い」(86分)上映
  18:00 対 談
   浅川  泰氏(道立近代美術館学芸員、同誌第3号に「晩鐘」の思い出を寄稿)
   石塚 純一氏(札幌大学文化学教授、「グラヌール」発行元「石塚出版局」)
・会 場 :札幌大学 6504教室(札大6号館5階) 地図
・入場無料。
・お問合せ:TEL 011-852-1181(山口文庫)。
・参 考 :山口文庫の過去の上映情報 10月8月7月6月2月
※ 上映作品等についてはこちら → 続きを読む

bluebook at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

今年の日本の傑作CM、「ACC CMフェスティバル」入賞作品発表会@札幌

 「ACC CMフェスティバル」は、(社)全日本シーエム放送連盟(=通称ACC)(公式HP)が主催する年に一度の国内最大広告賞で、1961年から始まって今年で第45回目。051128ACCCMFESその入賞作の中から選りすぐりの傑作CMを発表する「入賞作品発表会」を、全国31ヶ所で開催。
札幌での開催概要は次のとおり。
・日 時 :2005年11月28日(月) 13:30〜17:00
・会 場  :札幌・STVホール(中央区北1西8 TEL 011-241-1181)
・入場料 :無料(整理券配布中)。
・お問合せ:北海道テレビ放送(HTB) TEL 011-232-3030(ACCフェスティバル担当)。
※ 詳細は、「ACC」公式HPの同発表会案内欄で。

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2005年11月27日

THANKS GIVING MAKE UP VOL.EX @札幌

 ソーソーではお馴染みの参加型メイクイベント。今回は番外編として、札幌で活動する異業種のアーチスト達とのスペシャルコラボレーションライブを展開。051127ThanksGMake出演:古ちゃんの「生け花アート」、TAKAMIKIOとMIWA(横山美和)の「赤の魔法」ほか、大晴くん、ルミルミ、アユミン、MINACO、DVDJのMOGRA他を予定。「DOT MOV FESTIVAL2005」関連イベント。
・日 時 :2005年11月27日(日) 20:00〜23:30
・会 場 :札幌・SOSOカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F TEL 011-280-2240)。
・料 金 :前売1000円、当日1500円/共に1ドリンク付
・主 催 :THANKS GIVING MAKE UP(HP)

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

映画「不良少年の夢」上映会@室蘭市

 '88年、北星学園余市高校に編入して来た不良少年が、教師やマチの大人たちと出会い、ふれあい、次第に心を開き、やがて母校の教師として再び余市に帰って来るまでの実話をもとに描いた映画「「不良少年の夢」(公式HP)を上映(114分)。
・日 時 :2005年11月27日(日) 14:30
・会 場 :室蘭市民会館(輪西町2)
・料 金 :前売り一般1300円(当日1500円)、学生800円(当日1000円)。
・お問合せ:堀岡 TEL 090-9750-0620。
・参 考 :同題ベストセラー自伝の原作者で、この映画や全国TBS系のテレビドラマ「ヤンキー母校に帰る」のモデルとなった義家弘介(よしいえ・ひろゆき)さん(公式HP)

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2005年11月26日

ワビサビ 「FLESH AND BLOOD」 @札幌

 札幌のデザインユニット「ワビサビ」(工藤ワビ平と中西サビー志が結成)が「FLESH AND BLOOD〜肉体と血〜」をテーマに、グラフィック、映像、音楽を交えた新作を披露。イベント限定のTシャツやシルクポスターなどのオリジナルグッズも販売する。「DOT MOV FESTIVAL2005」関連イベント。
・日 時 :2005年11月26日(土) 20:00〜23:00
・会 場 :札幌・SOSOカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F)
・料 金 :前売1000円、当日1500円/共に1ドリンク付
・主 催 :ワビサビ(HP)

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

★あけぼの土曜美術学校05「野口里佳は何を見ているんだろう」@札幌

 国内外で高い評価を受ける写真作家 野口里佳さんが札幌で初のレクチャー。「野口は、ダイビングや登山、空を昇っていくロケットなど、日常から少し離れたものごとをフィルムにおさめてきました。『鳥を見る』、『飛ぶ夢を見た』など、想像力を刺激する名前のつけられたそれらの写真は、新鮮な未知の世界の姿を私たちに見せてくれます。今回のレクチャーでは、スライドと本人の言葉によって野口のまなざしをたどり、彼女の創造の秘密に触れます。」(あけぼの美術企画HPより引用)。詳細は同HP「NEWS」欄で。051126noguchirika
・日 時 :2005年11月26日(土) 19:00〜20:30(開場18:30)
・会 場 :札幌・あけぼの美術企画スタジオ
    (中央区南11西9 あけぼの開明舎3F)
・参加費 : 予約 1,500円 /当日1,800円。
・定 員 : 50名
・お申込み:11/25(金)まで、名前を明記しメールで info@akebi.org まで。
 当日は公共交通利用を。
・参 考 :あけぼの土曜美術学校のこれまでの開催。第3弾第4弾
※ 作家のプロフィールはこちら → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

星の降る里芦別映画学校2005@芦別市

〜 日本の言葉のふるさとを訪ねて 落語とトークと映像の集い 〜
 星の降る里芦別映画学校」(公式HP)は、大林宣彦映画監督が校長先生となって毎年開催されている。今年の開催概要は次のとおり。詳細は同映画祭HPの開校日程欄で。
・年月日 :2005年11月26日(土)〜11月27日(日)
・会 場 :芦別市総合福祉センター、芦別市民会館の2会場。
・ゲスト :
  立川志らく(公式HP)(落語家)、蛭子能収(公式HP)(漫画家・タレント・俳優・エッセイスト)
・入場料 :27日のみ前売1,000円(当日1,500円)
・お問合せ:同実行委員会事務局 TEL 1242-3-1001。
※ 開催プログラム等はこちら → 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

映画「海猫」原作者の谷村志穂さんがまちづくりで講演@函館

 地域振興フォーラム〜歴史を通じた函館への想い〜
 函館を舞台にした映画「海猫」(公式HP)の原作者、谷村志穂さんが、海や文化の観点から、地域の課題や今後に魅力あるまちづくりについて講演する。
・日 時 :2005年11月26日(土) 13:30 (開場は13:00)
・会 場 :函館国際ホテル
・入場無料、定員200名。
・お問合せ:函館市企画政策調査課 TEL 0138-21-3686。
・参 考 :谷村志穂さんのHP「SHIHO'S HOUSE」 http://www.shiho-net.org/
・参考2 :「海猫」=DVD情報==書籍情報=

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

日本名作映画祭 時代劇スペシャル@滝川市

・年月日 :2005年11月26日(土)〜11月27日(日)
・会 場 :滝川市・たきかわホール(栄町3丁目9-2 TEL 0125-23-6005)
・入場料 :1日券 500円
【上映作品】
  「旗本退屈男」 1958年、=ビデオ情報=、市川右太衛門ほか出演。
 ◆「赤穂浪士」 1961年=DVD情報=(画像)。片岡千恵蔵ほか出演。
  「大江戸五人男」 1951年。=DVD情報=。伊藤大輔監督。阪東妻三郎による幡随院長兵衛もの。
 ぁ「銭形平次捕物控 人肌蜘蛛」 1956年=goo映画情報=。長谷川一夫、市川雷蔵ほか出演。
・上映プログラムはこちら → 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

アニメ「NAGASAKI 1945 アンゼラスの鐘」上映@札幌

 広島と長崎で人類が初めて核兵器の犠牲となってから60年。核兵器廃絶と平和への願いを未来を担う世界の子供たちに伝えたいと製作された「NAGASAKI 1945 アンゼラスの鐘」(公式HP)(2005年、約80分)を札幌2会場で上映。原爆投下直後の長崎を舞台に、自らも被爆しながら医療活動を続けた青年医師を主人公に描く長篇アニメ。051126anzeras
・日時と会場 :
 (1) 2005年11月26日(土) 札幌・アーバンホール
 (2) 2005年11月29日(火) 札幌市教育文化会館 4F講堂
・時 間 :(両日共)
 10:30、12:10、13:50、15:30、17:10、19:00
・料 金 :
  一般前売 1,000円(当日1,500円)、小・中・高生 800円(当日1,000円)。
・お問合せ:「NAGASAKI 1945 アンゼラスの鐘」札幌上映委員会(螢廛螢坤内)
   TEL 011-252-3828、E-mail eiga@eizou.com 。
・参 考 :函館市(12/8)、上砂川町(12/10)上映はこちら
       札幌再上映(12/13と12/16)はこちら
※ 作品紹介はこちら → 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2005年11月25日

映像アーチストの一夜「DEVICE」@札幌

051125DEVICE 札幌で活動する映像アーチストが集結。会場内に大型立体スクリーンを設置し、映像と音をリアルタイムに体感できる空間を演出する。出演は、MAGRO VS インヴィジブル・フューチャーほか、AGROM、Jungleman-X、MOGRA、MOMO。
「DOT MOV FESTIVAL2005」関連イベント。
・日 時 :2005年11月25日(金) 20:30〜24:00
・会 場 :札幌・SOSOカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F)
・料 金 :前売1500円、当日2000円。共に1ドリンク付
・主 催 :AGROM。  E-mail: susumu@artvibes.com

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「GO! 50! HAC LIVE」@札幌

 全北海道広告協会創立50周年記念イベント。学生を対象に公募された「北海道を元気にする広告大賞」の受賞贈賞式とワークショップを開催。
・日 時 :2005年11月25日(金) 13:30(13:00開場)
・会 場 :札幌・STVホール(中央区北1西8 TEL 011-241-1181)
・入場無料。
・主 催 :全北海道広告協会 TEL 011-241-5019。
※ 当日のプログラムはこちら → 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2005年11月23日

映画「ゴジラ」の作曲家、伊福部昭さんの音楽祭@音更町

■ 伊福部昭 音楽祭in 音更
 〜作曲家伊福部昭氏を讃える  『ゆかりの地レクチャーコンサート』〜
 釧路市出身の作曲家、伊福部 昭(いふくべ・あきら)氏(1914生)は、管弦楽曲、バレエ音楽、歌曲、室内・器楽曲など数多くを作曲。代表作の一つである『ゴジラ』のテーマ曲をはじめ、1947年の『銀嶺の果て』以来、『座頭市』『ビルマの竪琴』など多くの映画音楽も手掛ける。音更町は父親が村長を勤めたゆかりの地。当地で初の本格オーケストラによる演奏会となる。
・日 時 :2005年11月23日(祝・水) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :音更町文化センター 大ホール
・入場料 :全席指定。A席5,000円、B席3,000円(当日は各500円増)。
・お問合せ:音更町文化センター TEL 0155-31-5215。
・参 考 :「田原書店」HPの公演紹介記事
※ プログラム等はこちら → 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 音楽 

「invisible Future Night」 @ 札幌

 札幌在住のエレクトロニックミュージック・アーチスト「インヴィジブル・フューチャー」(HP)が、東京から音と映像のサンプリング・ハンター、ニッポニア・エレクトロニカと松前公高(札幌初ライブ)を招き、音と映像の一夜を提供。051123invisible「DOT MOV FESTIVAL2005」関連イベント。
・日 時 :2005年11月23日(水・祝) 18:00〜22:00
・会 場 :札幌・SOSOカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F)。
・料 金 :前売・当日2000円/1ドリンク付(前売のみCD付)。
・お問合せ:SOSOカフェ TEL 011-280-2240。
・主 催 :インヴィジブル・フューチャー。
・出 演 :ニッポニア・エレクトロニカ/浜里堅太郎松前公高
 インヴィジブル・フューチャー他。 VJに札幌のmograが参加。DJにTBA。
※ 詳細は「invisible Future ym_blog」こちらに掲載あり。

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

シンポジウム「ドイツ空間芸術の過去・現在」@岩見沢

 札幌芸術の森美術館で2003年に開催された「北の創造者たち展−虚実皮膜」の出品作家6名のうち、伊藤隆介氏、上遠野敏氏、鈴木涼子氏、藤木正則氏の4名が今年、ドイツのエルンスト・バルラッハ美術館に招かれ、この4作家によるグループ展「Interaction」が開催された。「虚実皮膜」から2年、出品作家達の「その後」の展開を紹介する展覧会を12月から同美術館講堂にて開催する。それに先立つ企画。
・日 時 :2005年11月23日(水・祝) 14:00〜16:00
・会 場 :岩見沢市コミュニティプラザ 多目的ホールB(JR岩見沢駅バスセンター2階)
【予定内容】
 参加作家:
   パネリスト=伊藤隆介、上遠野敏、
   ゲストスピーカー=坂巻正美(2003「虚実皮膜」展参加の現代美術家)
 第1部:ドイツ展報告(プレゼンテーション)
 第2部:社会と美術/ドイツ空間芸術を語る
・主 催 :北海道教育大学芸術課程美術コース(地域支援推進等プロジェクト2005)
・参考1 :「北海道美術ブログ」の予告記事
・参考2 :札幌芸術の森美術館「MOCAS便り」予告欄

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

子どもによい映画をみせる会「宮沢賢治の世界3」@札幌

 「子どもによい映画を見せる会」主催の第26回上映会は、宮澤賢治にちなんだプログラム。
・日 時 :2005年11月23日(水) 13:00〜16:30(開場は12:45)
・会 場 :札幌・北海道クリスチャンセンター(北区北7西6 地図
【プログラム】
 第1部 片岡牧子さんの歌+横山理子さんのピアノ(宮澤賢治作曲)
 第2部 賢治の紹介と、アニメ映画「風の又三郎」上映   
・入場料 :一般 大人1,000円(当日1,200円)、4歳〜小学生600円(当日800円)。
・お問合せ:子どもによい映画をみせる会 TEL 011-520-5353(北海道フィルム・アート内 石川)
・参 考 :前回上映(7/21)記事はこちら

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「演劇大学2005 in 札幌」〜演出家・俳優育成セミナー〜@札幌

 演出家と俳優の養成を目的に、日本演出者協会が全国で開催しているセミナー「演劇大学」を、2003、2004年に続き今年も札幌で開催。051123engekidaigaku今年のテーマは『ラヴ・レターズ』。演劇界の最先端で活躍している5人の演出家(岡田利規、黒沢美香、深津篤史、青井陽治、宮沢章夫)が、それぞれの演出方法を伝授する。演出と演劇について多角的にじっくり学ぶ5日間。詳細は、教文HP内の「演劇大学2005in札幌」欄で確認を。
・会 期 :2005年11月23日(水)〜11月27日(日)
・会 場 :札幌市教育文化会館 研修室ほか。
・対 象 :俳優・演出家志望者。
・定 員 :各20人(見学各10人)。
・受講料 :各ワークショップ5,000円、全ワークショップ希望の方15,000円。交流会2,000円。
・お申込み:チラシ(申込用紙)で郵送かFAXを。11月16日(水)締切。
・お問合せ:オフィス・ティンブル TEL 0011-272-0360。
・開催内容はこちら → 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

くしろシネマパラダイス第5回上映会「海を飛ぶ夢」@釧路

・年月日 :2005年11月23日(水・祝)
・時 間 :10:30、15:00、19:00(開場各30分前)
・会 場 :釧路市生涯学習センター(まなぼっと) 大ホール
・料 金 :前売1,500円(当日1,800円)、前売小学生以下1,000円(当日1,200円)。
・お問合せ:くしろシネマパラダイス TEL 0154-25-8284。
【上映作品】海を飛ぶ夢」(公式HP)=DVD情報=
 2004年スペイン、アレハンドロ・アメナバール監督。事故で首から下が不随となったラモン・サンペドロは、26年間をベッドの上で過ごし、その年、自ら命を絶つ決断をする。生きる目的や人を愛する意味、残される家族と友人たちの思いが飛びかう感動作。

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2005年11月22日

ペインターの世界を中心にした3つのプログラム「LA LIVE」@札幌

 La Live(裸ライブ)と題して、札幌在住の若手アーチスト達がボディペイント×映像×音でパフォーマンスを行う。051112LaLive「DOT MOV FESTIVAL2005」関連イベント。
・日 時 :2005年11月22日(火) 20:00〜25:00
・会 場 :札幌・SOSOカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F)
・料 金 :前売1500円、当日1800円/共に1ドリンク付
・主 催 :藤谷美和子 TEL 090-5074-1996。
・出 演 :
Painter=チQ、Takaki、綾乃、Yu-gan、Model=喜井萌希 (ミュージカル劇団もえぎ色)、Mai Kasajima、Ree.、DJ=Satoshi、YUU、Sound=Kagei、村岸宏昭、Vj=Takaki、Ohshima。

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2005年11月21日

「東京ゾンビ」特別試写会(浅野忠信さん来場)@札幌

 札幌パルコ30周年特別企画。浅野忠信・哀川翔主演の新作映画「東京ゾンビ」(公式HP)の試写会に抽選で250人を招待。浅野忠信さんがゲスト来場。詳細は札幌パルコHP内案内欄で。051121TOKYOZOMBIE
・日 時 :2005年11月21日(月) 18:00開場 18:30開演
・会 場 :札幌・アーバンホール(中央区南3条西4 アーバンビル7F)
・参加無料、招待券が必要。
・応 募 :10月24日(月)〜11月6日(日)で応募を。
  札幌パルコ館内設置の応募ボックス(本館と新館の1階正面入口)か、
  札幌パルコHP案内欄の応募フォームで。当選者に招待状を発送。
・お問合せ: 札幌パルコ TEL 011-214-2111(代表)。
【上映作品】「東京ゾンビ」(公式HP)(2005年、佐藤佐吉監督)
 原作:花くまゆうさく(公式HP)。出演:浅野忠信/哀川翔/奥田恵梨花/松岡日菜/古田新太ほか。
※ 札幌では、12月中旬よりシアターキノで劇場公開予定。

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ブラジル先住民族の成人儀式のドキュメンタリー「ワイア」上映@苫小牧

 苫小牧市在住のフリーカメラマンでドキュメンタリービデオ監督の床田和隆(とこだ・かずたか)さんが、ブラジルの先住民族シャバンチが15年に一度行う成人の儀式を撮影。5年がかりで編集し、ドキュメンタリー映画「ワイア〜棒とひょうたんの記憶〜」(80分)として完成した。苫小牧市で国内初上映する。
・日 時 :2005年11月21日(月) 18:20、20:00
  (´△硫鵑箸癲⊂絮埜紊望嘉弔気鵑トーク予定)。
・会 場 :苫小牧・シネマトーラス(本町2-1-11 TEL 0144-37-8182)。
・入場料 :前売 1,000円、当日 1,200円。
・お問合せ:床田 TEL&FAX 0144-33-0801。
・参 考 :床田さんのHP「ヤポネシア ビデオ(Japonesia Video)」に作品紹介あり。

bluebook at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2005年11月20日

等々力政彦  トゥバ・スライドショー@札幌

 民族音楽演奏家の 等々力政彦(とどりき・まさひこ)さんが、90年代前半から何度となく来訪・撮影してきたアジア中央部のトゥバ共和国の生活と文化、自然をスライド投影、自らその魅力を解説する。
ライブやCD情報は、等々力さんのユニット「タルバガン」(公式HP)で。
・日 時 :2005年11月20日(日) 19:00
・会 場 :札幌・中森花器店(中央区北4条西27 TEL 011-631-7555 )
・入場料 :1,000円  定員20名(要予約
・お問合せ・予約:ブックスボックス TEL 090-3393-5497(田原)。
・参考書籍:等々力さんの本「シベリアをわたる風―トゥバ共和国、喉歌の世界へ」=画像=。
・アーティストのプロフィールはこちら → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

村上隆トークライブに招待@札幌

 国内外で活躍する現代アーティスト、村上隆さんのトークイベントに抽選で50名様を招待。立体や平面など、アニメのキャラクターを思わせる村上氏のカラフルな作品群を知らずに見ている人も多いはず。詳細は札幌パルコHP内案内欄で。
・日 時 :2005年11月20日(日) 15:00
・会 場 :札幌パルコ(中央区南1西3)本館2F ブラッスリーM
・応募期間:10月24日(月)〜11月6日(日)。
・応募方法:札幌パルコHP内案内欄の応募フォームで。当選者に招待状が送付される。
・お問合せ:札幌パルコ TEL 011-214-2111(代表)。
・参 考 :
 村上隆氏が主宰する「(有)kaikai Kiki」(HP)内のアーティスト紹介欄にプロフィールや活動歴あり。

bluebook at 15:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 美術 

神谷泰史 音の個展「ubiquitous music」@札幌

 サウンドインスタレーションやコンピューターを駆使したライブを精力的に行う神谷泰史が、音楽家として臨む個展。タイトルの「ubiquitous」は「偏在する」という意味。「音を時間的・空間的に並び替えることで音楽になるとすれば、自然がすでに音楽を内包していることになり、日常を注意深く聴けばそこには音楽がある」という企画。「音の展示」の内容は、会期中にANNEX及び庭の約170時間分の音をデータ蓄積。会期中は、会場の音を無作為に自動的に並び替えて音楽を生成。最終日のパフォーマンスでは、人の手によって音楽を実現する。051120kamiyataishi
・会 期 :2005年11月20日(日)〜26日(土) 13:00〜19:00
      パフォーマンス=26日(土)19:00スタート
・会 場 :札幌・ギャラリー門馬ANNEX(中央区旭丘2丁目3-38)
・お問合せ:
・参 考 :神谷さんの前回公演(10/22〜23)の記事はこちら
続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

第10回文化セミナー「読む 聞く」@小樽

051120bunkasemi 小樽の絵本・児童文学研究センターが、その時代の課題をテーマに各界の著名人を招き例年11月に開催している文化セミナー。今年は河合隼雄氏(文化庁長官、臨床心理学者)、立花隆氏(評論家)、谷川俊太郎氏(詩人)を招き、講演や鼎談を行う。詳細は同HP内案内欄で。
・日 時 :2005年11月20日(日) 正午 (開場は11:00)
・会 場 :小樽市民会館(花園5-3-1) 大ホール
・入場料 :指定席6,825円(完売)、自由席5,775円(ともに税込)。
・お問合せ・チケット申込:絵本・児童文学研究センター TEL 0134-27-0513。

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 

「第1回地球祭」でタヒチ映画ほかを連続上映@函館

 函館市と近郊の約30の国際交流団体によるイベント第1回地球祭(公式HP)の一環で、函館の姉妹都市提携各国(中国・ロシア・オーストラリア)の映画(「心の香り」「チェブラーシカ」「裸足の15000マイル」)や、タヒチ映画「レジェンド・オブ・ジョニー・リンゴ」を上映。051120tikyuumaturi
詳細は上記HPの上映案内欄で確認を。
・日 時 :2005年11月20日(日) 10:10
・会 場 :函館市国際交流プラザ(元町14-1)
・いずれも入場無料。
・お問合せ:(財)北海道国際交流センター TEL 0138-22-0770。
※ 上映プログラムはこちら → 続きを読む

bluebook at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

華AGRAによる「華やかな作家たち」展@札幌

 4丁目プラザ7階で若手作家達のハガキや小物、パネル作品、カレンダー等を販売しているお店「華AGRA(はなあぐら)」が、同店ゆかりの作家達を中心にグループ展を開く。051111hanayakanasakka札幌の演劇やライブ公演チラシのイラストで、それとは知らずによく目にする作家達も出品。
・会 期 :2005年11月11日(金)〜20日(日)(当初予告11/17から延長に)
・時 間 :10:00〜20:30
・会 場 :札幌・4丁目プラザ(中央区南1西4) 7階ホール
【出品作家】
 飯田キリコ、森迫暁夫、民野宏之、高幹雄、高誠二、佐藤麻美、小田容子、
 Yomi、Akari、山中史子、gla-gla、ジャマニ、新矢千里、maco、
 ロケットビーンズ、yuka hiura。
・入場無料
・お問合せ:華AGRA TEL 011-261-0715。

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2005年11月19日

「SCRATCH BUILD」@札幌

 様々なジャンルの音楽を解体し、新しい音楽フォーマットへと再構築し表現する実験的イベント。051119ScratchBuildサンプラー、DVJ、電子音楽機材を用いて行うアブストラクト・ビートによるパフォーマンス。出演:sweet smokes、Personals、FURUDATE、SECOND TO NONE WORKS 他。「DOT MOV FESTIVAL2005」関連イベント。
・日 時 :2005年11月19日(土) 20:00〜25:00
・会 場 :札幌・SOSOカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F)
・料 金 :前売1000円、当日1500円/共に1ドリンク付
・主 催 :SECOND TO NONE WORKS(HP)

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

あいべつ韓国映画鑑賞会第2回上映会「達磨よ、ソウルへ行こう」@愛別町

 愛別町の自主上映組織「あいべつ韓国映画鑑賞会」の第2回上映会。
上映作品は「達磨(だるま)よ、ソウルへ行こう」(2004年、99分、ユク・サンヒョ監督)で、韓国で大ヒットした「達磨よ、遊ぼう」(2001年)の続編。日本では「シネマコリア2005」(記事)での上映のみで、未配給作品。物語は、山奥の修行寺から老師の形見を届けにソウルへやってきた僧侶チョンミョン(チョン・ジニョン)達が、借金に苦しむ伝統寺を守るため、不動産業者ボムシク(シン・ヒョンジュン)達と真っ向勝負する姿を描く爆笑ハートフル・コメディ。
・日 時 :2005年11月19日(土) 14:30、 18:00
・会 場 :愛別町総合センター 大ホール
・入場料 :大人前売1,000円(当日1,300円)、高校以下 前売800円(当日1,000円)。
 旭川市の冨貴堂本店及び各支店で販売中。
・お問合せ:あいべつ韓国映画鑑賞会 TEL 080-3237-7454。 akmovie@hotmail.com

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第1回ぐるまんシアター特別上映会@釧路芸術館

 北海道立釧路美術館で開催される「ぐるっと漫遊(まんゆう)・北海道」展(10/22〜12/7)にちなんで、北海道ゆかりの映画を特別上映。
・日 時 :2005年11月19日(土)〜20日(日) 14:00
・会 場  : 北海道立釧路芸術館 アートホール(幸町4丁目1-5)
・入場無料。
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381。
【プログラム】
 11月19日(土) 「わが愛・北海道」1962年、黒木和雄監督、50分。
 レネ=デュラス「二十四時間の情事(ヒロシマ、わが愛)」(1959年)へのオマージュとも言われる、男女の恋愛のテーマを北海道の産業や自然に託した作品。
 11月20日(日) 「幸福の黄色いハンカチ」1977年、山田洋次監督、108分。
  刑期を終えた男が妻の元へと向かう高倉健主演の人間ドラマ=DVD情報=(画像)。

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ミュージアムシアター「昆虫大戦争」上映@旭川

 昆虫が意思をもって人類を襲うという恐怖を、核実験の脅威に結びつけて描いた異色のSF怪奇映画「昆虫大戦争」を旭川美術館(HP)が上映。詳細は同館HP「トピックス」欄で。
・日 時 :2005年11月19日(土) 14:00〜15:30。
・会 場 :北海道立旭川美術館 講堂(常磐公園内)。
・入場無料
・お問合せ:道立旭川美術館 TEL 0166-25-2577。
【上映作品】 「昆虫大戦争」(1968年、84分)=DVD情報=
 天田欽元の原案から「出獄の盃」の高久進がシナリオ執筆し、
「宇宙大怪獣 ギララ」の二本松嘉端が監督。撮影は「男の挑戦(1968)」の平瀬静雄。

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第6回ブレーメン館研究会「P・リクールの初期の思想」@札幌

 「自由な発表と幅広い交流の場」をモットーに、同人誌発行や上映会、山中貞雄監督や漫画「マウス」についての研究講演会などを行っている「ブレーメン館」の今年6回目の研究会。今回は現代フランスの哲学者、ポール・リクールの初期思想について分かりやすく解説。
・日 時 :2005年11月19日(土) 14:00〜16:00
・会 場 :北海道情報大学 札幌サテライト(中央区北3西7緑苑ビル4階、植物園入口正面 地図
・講 師 :梅津 真(北海道情報大学助教授、ブレーメン館会員)
・演 題 :「ポール・リクール初期の思想」
・入場無料。予約不要、会員以外の方の参加歓迎。
・お問合せ:TEL 011-688-2346(道工大総合教育研究部 岩田)。
・参 考 :ブレーメン館のこれまでの研究会、10月9月7月5月2月
・参考2 :リクールの本『意志的なものと非意志的なもの』 (1)
      『意志的なものと非意志的なもの〈2〉行動すること』
続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 

シンポ&公開講座「クマ送りの世界」で記録映画上映@札幌

 札幌大学ペリフェリア文化研究所では、シンポジウム&公開講座「アイヌ文化研究の今」第2回「クマ送りの世界」を11月19日〜12月10日までの全5回で開催。第1日目の「シンポジウム機廚任蓮∈粥耕攣墨此聞駑民族学博物館研究センター教授)らの講演等のほか、貴重な記録映画を上映する。
・日 時 :2005年11月19日(土) 13:00〜17:30
・会 場 :札幌大学交通案内) 中央棟3101教室(学内地図)
【上映作品】記録映画「イヨマンテ 熊おくり」
 民族文化映像研究所 1977年 二風谷 34分 新編集ビデオ
・お申込み:19日、20日は受講無料。要申込み。
※ 詳細は、札幌大学HPの案内欄(PDFファイル)で。
・後 援 :
 (社)北海道ウタリ協会、(財)アイヌ民族博物館、北海道新聞、(財)アイヌ文化進行・研究推進機構

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2005年11月18日

音楽と映像の深夜ライブ「CAFETRONIK」11月@札幌

 SHIFTNORDFORMとのコラボイベント「CAFETRONIK」。エレクトロニックミュージックと映像をフィーチャー。毎月第3金曜日に深夜営業で開催。今回は、京都/東京の老舗電子音楽レーベル「涼音堂茶舗」からアーチストを招聘。051118CAFETRONIK出演:PSYSEX、星憲一郎+SNOWEFFECT、FILO、ノードフォーム他。
「DOT MOV FESTIVAL2005」関連イベント。
・年月日 :2005年11月18日(金) 20:00〜25:00。
・会 場 :札幌・SOSOカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F)
・入場料 :1,000円。
・お問合せ:ソーソーカフェ 011-280-2240
・参 考 :詳細は「CAFETRONIK」HPで。

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

2005年11月16日

ジブリの最新作やCMを収録したDVD初登場

 「ハウルの動く城」ほかの長編劇場アニメで知られる「スタジオジブリ」(公式HP)が、1992〜2005年に手がけた短篇作品や企業CM、PVなど22作品を収録したDVDが発売された。
【DVD紹介】
 「ジブリがいっぱい SPECIALショートショート」=AMAZON DVD情報=
 2005年11月16日(水)発売。 本編36分、3,990円。
 CHAGE&ASKA「On Your Mark」のPVなど全22作品収録。
 宮崎駿監督を筆頭に6名の演出家が、製作に携わっている。
 収録作品ごとの製作背景等の解説書が付き、
 スタジオジブリとそれを取り巻く人々の奮闘記でもある。
・参 考 :『ジブリがいっぱいSPECIALショートショート』公式HP
      http://club.buenavista.jp/ghibli/special/short/index.jsp
※ 収録内容はこちら → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2005年11月15日

WEB月刊誌「札幌インタビューマガジン」が創刊

051115SIMSOUKANGOU 札幌でユニークな活動をしている人々への取材記事を中心にした月刊WEBマガジン
「札幌インタビューマガジン」(HP) http://sim.kannafact.com/
が、2005年11月15日に創刊された。
「札幌の文化的な面白さを広く紹介したい」、「通り一遍でなく、個人を今までよりもうちょっと掘り下げて、それを集積したい」、「札幌の『今』に至る『昔』も知っておきたい」等の思いから、札幌在住の数名が集まって始めたもの(発行趣旨はこちら)。
今後月1回のペースで発行予定。創刊号では、札幌の伝説となっている「駅裏8号倉庫とはなんだったのか」(連載第1回)ほか、舞台・写真・デザイン等、多ジャンルに渡る。
※ 創刊号の目次はこちら → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(1)TrackBack(1) その他 

★北海道のクリエイター30選ガイド本を発行@道経済産業局

 北海道経済産業局では、道内のキーパーソン5名に選定を依頼、道内を基盤に活躍している映像や美術・音楽等のクリエイター30組を紹介するガイドブック=写真=を発行した。051115Creators2005
★『SELECTED CREATORS OF HOKKAIDO IN 2005』
 〜北海道のクリエイターセレクション〜
 限定1000部制作で、各クリエイターを見開き2頁で紹介(オールカラー90頁)。
 道内外の広告代理店などコンテンツ流通関係者や道内クリエイターへ無料配布中。
 詳細は同局HP内案内欄で。
・お問合せ:TEL 011-709-2311(内)2565 (地域経済部地域情報政策課)
・参 考 :北海道経済産業局HP内同書の掲載内容一覧
      内容紹介や作家HPへのリンク等あり。

bluebook at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(1) その他 

2005年11月14日

『山崎まさよし展 BLUE SQUARE』@札幌

 デビュー10周年を迎えた山崎まさよし(公式HP)のこれまでの活動を紹介する展示会。ステラプレイスと、山崎が10月からパーソナリティー(毎週日曜13:30「RAMBLIN' TIME」)を務めている札幌のFMラジオ「AIR-G'」が共同で企画した。この秋公開された主演映画「8月のクリスマス」(長崎俊一監督)の台本やスチール写真ほか、ライブ写真やツアーパンフレット、ライブ衣装、愛用ギターのパネル写真等を展示。詳細は「AIR-G'」HP内案内欄で。
・会 期 :2005年10月28日(金)〜11月14日(月)
・会 場 :札幌ステラプレイス 3階特設スペース
・入場無料。
・お問合せ: AIR-G' TEL 011-241-0838。

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2005年11月13日

ゆうばりキネマ・クラブ第6回上映会「亡国のイージス」@夕張

 国際ファンタスティック映画祭で知られる夕張市で『映画のある街』の灯を守ろうと活動している市民団体ゆうばりキネマ・クラブ(HP)の第6回上映会。051113AEGIS
・年月日 :2005年11月13日(日)〜15日(火) 全5回上映。
  11月13日(日)15:00、18:00
  11月14日(月)18:00
  11月15日(火)15:00、18:00
・会 場 :夕張市民会館シネサロン(本町4-3)
・上映作品:「亡国のイージス」(公式HP)(2005年、阪本順治監督、127分)
 最新鋭のイージス護衛艦“いそかぜ”がテロリストに占拠され、特殊兵器が1200万首都・東京に向けられる。国家最大の危機に、たった一人の男が敢然と立ち上がる。
真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一ほか出演。
・料 金 :一般1,200円、小中高生500円、会員1,000円
※ 詳細は、キネクラのHPで。 前回上映の記事はこちら第4回第5回

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「江戸時代の旅芝居一座の日記を読む」@札幌

 北海道開拓記念館が行っている、北海道の歴史や風土を掘り下げる講座の一つ。051113edotabisibainikki
・日 時 :2005年11月13日(日) 13:30〜15:30
・会 場 :札幌・北海道開拓の村ビジターセンター講堂
(開拓記念館がアスベスト除去で臨時休館のため会場変更に。11/02追記)
【講座内容】
 「江戸時代の旅芝居一座の日記を読む」 講師:等三浦泰之氏(同館職員)
「天保12(1841)年、越後から松前・江差を訪れて、歌舞伎芝居興行を行った一座がありました。その一座の人が書き残した日記を読み解きながら、当時の北海道の芸能文化や社会の様子について考えてみます。」(同館HPより抜粋)
・定 員 :100名(先着順)。対象は、学生・一般初心者の方もOK。参加無料。
・お申込み:事前申込が必要。10月14日(金)からTEL011-898-0456で受付開始。
※ 詳細は同館HP「行事案内」→「一般普及行事(1)」の講座案内欄で。

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

★企画展 函館『不良(モダン)文学』は元町育ち〜長谷川海太郎・久生十蘭・水谷準〜@函館

 函館出身の文学者、長谷川 海太郎(牧逸馬・谷譲次、林不忘)、久生 十蘭(ひさお・じゅうらん)、水谷 準は水函館中学校(現函館中部高校)出身の先輩後輩。その後、長谷川は丹下左膳シリーズやテキサス無宿ものなど、久生十蘭は翻訳や演劇、推理や幻想小説を、水谷準は雑誌「新青年」の編集長を務めるなど、それぞれが新しい文学世界を切り拓き、全国のモダンボーイを熱狂させた。050916furyoubungakuその3人の人生と文学を紹介。十蘭が従軍作家として太平洋戦争中に南方戦線で書いた「従軍日記」など、新たに発見された資料も初公開。詳細は函館市文化スポーツ振興財団HP内案内欄で。
・日 時 :2005年9月16日(金)〜11月13日(日)
・会 場 :函館市文学館
・入場料 :一般300円、小〜大学生150円。
・補 足 :小冊子(ミニ図録)を200円で頒布。
・お問合せ:函館市文学館 TEL 0138-22-9014。

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 

2005年11月12日

音楽ライブと映像のコラボ「Recommend Under Field」@札幌

051112RUF 11月のEDiTプロジェクト(参考記事)は、デジタルハリウッド札幌校の学生有志と、札幌で活躍中のインディーズバンドとのコラボレーション。ステージ上でバンドの生演奏と映像が同時にパフォーマンスを展開。詳細は、公式サイトで。
・日 時 :2005年11月12日(土) 17:00開場、17:30開演
・会 場 :札幌・イベントスペースEDiT(中央区南2西6 南2西6ビル地下)。
・入場料 :前売1,000円、当日1,500円(1ドリンク付)。
【出演バンド】 レ・サムシンヌ、戦後、かねあい、KILLtheKINg、こうたろう、レジペコ、Tifa。
・お問合せ:TEL 080-5587-6073(代表)、 メール info@ruf-live.com 。

bluebook at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「マダムと女房」上映会@釧路芸術館

 日本映画史上の個性的な作品を特集上映する釧路芸術館の「アートイベント」。今年度は16mmフィルム上映を年間8回開催中で、その第5回上映会。詳細は同館HPにて。
・日 時 :2005年11月12日 (土) 14:00
・会 場 :北海道立釧路芸術館 アートホール
・上映作品:「マダムと女房」(1931年、72分)五所平之助監督。出演は田中絹代、渡辺篤ほか。
・入場無料
・お問合せ:Tel 0154-23-2381(同館)

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

映画「ガーダ バレスチナの詩」ダイジェスト上映@札幌

〜パレスチナから希望をもらう 映画『ガーダ パレスチナの詩』女性と子どもたちの夢〜051112palestina
 フォトジャーナリストの古居みずえさんのドキュメンタリー映画ガーダ パレスチナの詩」をビデオでダイジェスト上映するほか、ジャーナリストの土井敏邦さんとのトークセッションなども予定。
・年月日 2005年11月12日(土) 13:30開場、14:00〜17:30(終了予定)。
・会 場 :札幌・かでる2.7(中央区北2西7) 520号室
・参加費 :1000円、学生500円。
・主 催 :パレスチナ連帯・札幌
・お問合せ:松元保昭和 TEL 011-882-0705。
※ プログラムはこちら → 
続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 映画 

★造形と映像の魔術師 シュヴァンクマイエル展〜幻想の古都プラハから〜@神奈川・新潟

 数々の前衛的なアニメや長編『アリス』『オテサーネク』他で知られ、新作『ルナシー』が来春公開されるチェコの映像作家、シュヴァンクマイエルの日本初の夫妻展。独特の映像美とグロテスクと幻想とが織り成す作品世界は日本でもファンが多い。本展では、絵画やオブジェなどの造形作品約170点に、映像、シュルレアリスムの実験や写真などの資料を交えて、シュヴァンクマイエル夫妻の「造形」と「映像」の世界を紹介。北海道の催しではありませんが、個人的にファンなので今回例外でお知らせします。051020EvaSvankmajerova
・会期と会場:
 2005年9月10日(土) 〜11月6日(日)
 神奈川県立近代美術館。詳細は同館HP案内欄で。追悼上映あり
2005年11月12日(日)〜2006年1月5日(木)
 新潟新津美術館。詳細は同館HPの案内欄で。
・図 録 :「GAUDIA(ガウディア)」、2,652円、求龍堂。

【追悼 エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーさん】 → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2005年11月11日

とかち文化まつりで「ベアテの贈りもの」上映と映画制作ワークショップ@帯広

帯広の総合芸術祭「第4回とかち文化まつり」(11/10〜11/13)の一環で、帯広初公開のドキュメンタリー映画上映と、映像のワークショップも開催される。十勝毎日新聞社(愛称:かちまい)、NPO十勝文化会議、帯広市が共催。詳細は「かちまい」事業局の案内欄で。
・年月日 :2005年11月11日(金)〜12日(土)
・会 場 :帯広市・とかちプラザ(西4南13)
・入場料 :参加無料。11日は要整理券、12日は要事前申込。
・お問合せ:十勝毎日新聞社事業局TEL 0155-22-7555。
【プログラム】
映画上映会 「ベアテの贈りもの」(公式HP)(2004年、92分)。 
 11月11日(金) 19:00 レインボーホール
 記録映画の名匠、藤原智子監督のドキュメンタリー。
 第2次大戦後の日本国憲法の作成に際し、男女平等と女性の権利を書いた
 ベアテ・シロタ・ゴードンと、日本女性達の情熱と運動を描いた日本戦後女性史。
ワークショップ「ファミリー映画づくりに挑戦」
 11月12日(土) 10:00〜12:00 講習室402号
 十勝ビデオクラブのメンバーによる実技指導など。

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画