2006年05月

2006年05月31日

「ROSCO」が現代音楽のコンサート@札幌

 ROSCO(ロスコ)」(公式HP)は、甲斐史子(ヴァイオリン)と大須賀かおり(ピアノ)の2人が2001年、桐朋学園在学中に結成したデュオ=画像はCD「ROSCO」表紙=。命名の由来は、画家マーク・ロスコの作品のように「互いの色を尊重し時に反発し融合調和して、新しいモノを創造する」ことから。060531ROSCOCDクラシックからジャズ、ポピュラーまでジャンルを超えた新しい音楽の創造を目指し活躍中。今回は現代音楽を中心とした、札幌ではちょっと珍しいプログラム。
・日 時 :2006年5月31日 (水)  開場18:30、開演19:00
・会 場 :札幌・札幌時計台ホール(中央区北1西2)
・入場料 :1,000円(全席自由)。
・お問合せ:南 TEL 090-9520-3120  minami@sap_hokkyodai.ac.jp
※ プログラムはこちら → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

2006年05月30日

『107+1〜天国はつくるもの〜』5月の上映会@札幌

 「動けば変わる」を合言葉に、沖縄、沖縄と鹿児島の海上、060501tengokuhatsukuruアフガニスタンを舞台にしたドキュメンタリー「107+1〜天国はつくるもの〜」を上映。「てんつくマン」こと軌保博光監督作品。定期的に上映を行っているので、詳細は上記HPの案内欄で確認を。
・年月日 :
  2006年5月1日(月)、8日(月)、16日(火)、23日(火)、30日(火)
・時 間 :18:30開場、18:45開演
・会 場 :札幌市男女協同参画センター 2階環境プラザ研修室
・料 金 :大人1,000円、高校生以下800円、小学生以下無料
・お問合せ:TEL 011-209-9889、携帯(担当:中山)090-2812-0992

bluebook at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

パパイヤ鈴木プロデュース「セブン・サムライズ」@札幌

〜 復活! 伝説の笑パブ全国巡業の旅 〜
 ダンス向上委員会会長であるパパイヤ鈴木が昨年4月にプロデュースした「SEVEN SAMURAIS」の好評を受け、新たに日本を代表するスーパーダンサー7人が集結。0605307samuraiz今年の顔ぶれは、パパイヤ鈴木、ザ・コンボイの黒須洋壬、HIPHOPの坂見誠二、カポエラダンスのjun、パーフェクトカンバッションの群青、電撃チョモランマ隊のEBATO、そして新たにモダンコンテンポラリーの辻本知彦。サポートとして「電撃チョモランマ隊」が参加。笑いと感動のダンスステージ。3月15日(水)より発売中。
・日 時 :2006年5月30日(火) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :札幌市民会館(中央区北1西1 参考
・入場料 :全席指定6,000円(税込)。
・お問合せ:エーダッシュ TEL 011-533-7711。
・参 考 :
  パパイヤ鈴木とおやじダンサーズ(公式HP)「トピックス」欄に公演案内あり。

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

追悼 今村昌平監督

 「楢山節考」「うなぎ」等でカンヌ国際映画祭の最高賞を2度獲得した映画監督の今村 昌平(いまむら・しょうへい)さんが2006年5月30日(火)午後、逝去されました。享年79歳。謹んでご冥福を祈ります。
・参 考 :北海道新聞HPの記事

bluebook at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

鈴木利枝写真展「維吾爾(ウイグル)族−心優しき民−」@札幌

 鈴木利枝(すずき・としえ)さんが昨年夏、 シルクロードを旅して最終地点の「新彊ウイグル自治区」(中国の北西端)で出会ったウイグル族の写真展。高熱で寝込んだドミトリー(共同宿泊所)でのこと、診療所で出会った白いワンピースの少女、日曜バザールでの見聞などなど、写真の物語を別ファイルで読むこともでき、060530Uygurウイグルの現状の一端を垣間見せてくれる。
・会 期 :2006年5月6日(土)〜30日(火)
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで。水曜定休)
・会 場 :
  札幌・カフェエスキス(中央区北1西23-1-1メゾンブーケ円山1階)
・お問合せ:同店 TEL 011-615-2334。
・参考1 :「中国の少数民族」HPの「ウイグル族」紹介欄
・参考2 :「ウイグル人」について(Wikipediaより) 

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

瓜生裕樹 写真展「その先へ」@札幌

 札幌の私設図書館&カフェギャラリー「think garden」では今後、入口の階段スペースを「garden gate gallery」として札幌の若い芸術家達を中心に作品を紹介していく予定。その初回を飾るのは、札幌の新鋭フォトグラファー瓜生 裕樹(うりゅう・ゆうき)さんの写真展。060423sonosakihe瓜生さんはブログ「豊平橋停留所」の写真と文章でも知る人ぞ知る書き手。写真展は、階段をメインに2階店内にも展示する。詳細は作家HP特設欄「ウリュウユウキ写真展『その先へ』」で。作家のメッセージも掲載されている。
・会 期 :2006年4月23日(日)〜5月30日(火)(5月7日休)
・時 間 :11:00〜23:00(会場の営業時間に同じ)
    ※4月23日(日)19:00〜オープニングパーティー。気軽に参加を。
・会 場 :札幌・think garden (中央区南2西7 エムズスペース2F 地図
・入場無料
・お問合せ:TEL 011−241-3165 (think garden)、 info@thinkgarden.org
・参 考 :瓜生裕樹さんの創作活動メインサイト「days clip」
※ think gardenからの案内メール → 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 美術 

2006年05月29日

かさいまり こころの絵本原画展@札幌

060517kasaimari 北海道生まれのかさい まりさんの絵本原画展。かさいさんは、創作絵本をはじめ、富良野麓郷の森のキャラクターグッズ制作、東京銀座のARTBOX絵本エディトリアルコース講師等多方面で活躍中。また、読み語り用のCDの制作で独自の世界を展開、全国各地で読み語りを行っている。読み語りやフォーラム等の関連企画多数。
・会 期 :2006年5月17日(水)〜29日(月)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 2階ギャラリー
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場無料
※ 関連企画はこちら → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

山下 清展〜時代を歩いた放浪画家の生涯〜@札幌

 「裸の大将」「放浪画家」などと親しまれた画家山下 清(公式HP)(1922〜1971年)。昭和という時代の中で何を考え何を感じながら作品を生み出したのか山下清の人間像に焦点を当て、放浪中のエピソードや「家族が語る山下清」=書籍情報=出版にあたり公開された資料などを加え、代表的な貼絵から、油彩やペン画、陶器・皿絵など100点以上の作品を一堂に展示する。060517yamashitakiyoshi山下清自身が出演した記録映画の上映も。詳細は大丸HPの案内欄で。
・会 期 :2006年5月17日(水)〜29日(月)
・時 間 :10:00〜20:00(入場19:30まで。29日は16:30まで)
・会 場 :札幌・大丸さっぽろ(JR札幌駅直結)
・入場料 :一般800円、大高生600円、中学生以下無料
・お問合せ:同店 TEL 011-828-1111。

bluebook at 10:00|PermalinkComments(1)TrackBack(2) 美術 

大丸さっぽろ展覧会パスカード、発売期限迫る@札幌

060529artdaimarupass JR札幌駅直結のデパート大丸札幌店では、同店のすべての展覧会をフリーパスで見られる「大丸・さっぽろ展覧会パスカード」=写真=を1,400円で発行している。デ・キリコ展が一般900円、山下清展が800円だったので、今年これから2回以上見るならお得な料金かも。本人のみ使用可。詳細は同店HPの案内欄で。
・発売期間:2006年3月1日(水)〜5月29日(月)
・有効期間:2006年3月29日(水)〜2007年2月28日(水)
・定 価 :1,400円(税込)
・販売場所:同店7階ホール入場券売場、1階店内ご案内カウンター
※ 今後の展覧会の予定 → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2006年05月28日

「観音秘宝館〜琴似駅前裏万博」@札幌

 新生コンカリーニョの生誕祭企画の一つ。バンドライブを軸に、舞踏、コンセプチュアルアートパフォーマンス、一人芝居、 映像上映を含む大人の総合イベント「観音秘宝館」第2弾。今回のお題は「見世物」。もはや「ライブ」ではくくれない、多様な出し物の饗宴。詳細は分解社HPの案内欄と、コンカリーニョHPのイベント情報欄で。060528kannnonn
・日 時 :2006年5月28日(日) 開場 18:00、 開演 18:30
・会 場 :札幌・生活支援型施設コンカリーニョ
     (西区八軒1条西1丁目ザ・タワープレイス JR琴似駅直結 地図
・入場料 :前売り 2,000円、当日 2,500円
・主 催 :オフィス観音(NPO法人コンカリーニョ共催)
・お問合せ:オフィス観音 TEL 090-1388-7380
※ 参 考 :「観音秘宝館」前回開催(2005/09/18)記事
・出演者情報等はこちら → 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

歴史講座「江戸時代の旅芝居一座の日記を読む その2」@札幌

 北海道開拓記念館(HP)が行っている北海道の歴史や風土を掘り下げる講座の一つ。天保12(1841)年、越後から日本海を渡って松前・江差を訪れ、歌舞伎芝居を興行した一座の日記をもとに、当時の北海道の社会や文化を考える。昨年開催した歴史講座(2005/11/30、記事)の続編だが、今回が初参加の方も大丈夫。講師は、同館学芸員の三浦 泰之さん。詳細は同館HPの案内欄で。2006年「国際博物館の日」記念事業。
・日 時 :2006年5月28日(日) 13:30〜15:30
・会 場 :札幌・北海道開拓記念館 講堂(厚別区小野幌53-2)
・対 象 :学生・大人で興味のある方。100名(先着順)。
・受講料 :無料。事前にお申込みを。
・お申込み:同館 TEL 011-898-0456。(4/29より受付中)

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

中森花器店が移転先で「テンポラリースペース」を再開@札幌

 札幌のアート・シーンに残る数々のイベントを開催してきた札幌のギャラリー「中森花器店」の新店舗「テンポラリースペース」が、060523takatomi2006年5月16日(火)が新たな場所で活動を再開。オープニングを、洞爺湖町のガラス工房「glass cafe gla-gla」(グラグラ)主宰の高臣大介(たかとみ・だいすけ)さんの個展が飾る。詳細は、オーナーの中森敏夫氏のブログ「テンポラリー通信」と、高臣さんのブログ「glass cafe gla_glaのグダグダな日々」で。
【のたり のたり。 高臣大介ガラス展】
・会 期 :2006年5月23日(火)〜28日(日)
  5/16(火)からプレオープン展示、18:00よりお店のお披露目会。
・会 場 :札幌・テンポラリースペース(地図
  (新住所 札幌市北区北16条西5丁目1-8 地下鉄北18条下車5分)
・入場無料
・お問合せ:同店 TEL 011-737-5503。
・参 考 :中森花器店閉店の記事(2006/01/28)

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホール・施設 

北の創造者たち展 10th Anniversary Lovely 〜らぶりぃ〜@札幌

 札幌芸術の森美術館がおくる、北海道の現代美術を紹介するシリーズ展「北の創造者たち」第10回目の今回のテーマは 「らぶりぃ」。060415Lovely「小さきものの愛らしい顔やまるくふくらかな姿は、ときに、大きなものから受ける印象をはる かにしのぐ感動を与えてくれたりもします。そんなかわいらしさの魅力を知り尽くした北の創造者たちが、 それぞれのらぶりぃ観をもとにハートウォーミングな世界を繰り広げます」(同展チラシより)。詳細は同館HPで確認を。
・会 期 :2006年4月15日(土)〜5月28日(日)
・時 間 :9:45〜17:00(入場は16:30まで、4月中の月曜休み)
・会 場 :札幌芸術の森美術館(南区芸術の森2)。
・入場料 :前売 一般640円、高大生320円、小中学生160円。
      当日 一般700円、高大生400円、小中学生200円。
・お問合せ:同館 TEL 011-591-0090。
※ 出展作家はこちら → 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2006年05月27日

第3回ソクラテスのカフェ本談義(作家の蜂谷涼 さん)@札幌くすみ書房

 「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」等の企画を世に放っている札幌・琴似の本屋さん「くすみ書房」(代表:久住邦晴氏)による、ゲストと読者がコーヒーを片手に本談義を楽しむ夕べ第3弾。今回のゲストは、小樽在住の作家蜂谷 涼さん。予約不要、気軽に参加を。詳細はくすみ書房(HP)で。060527tekerettunopa
・日 時 :2006年5月27日(土) 18:00集合、18:30〜20:00
・会 場 :札幌・くすみ書房 地下「ソクラテスのカフェ」
      (西区琴似2条7丁目メシアニカビル)
・会 費 :500円(珈琲、リンゴジュース、トマトジュースのどれか一品付)。
・お問合せ:ソクラテスのカフェ TEL 011-611-7121。
・参考書籍:
  蜂谷さん最新作「てけれっつのぱ」柏艪舎、1,890円)=書籍情報=
  5月25日発売。この表紙は、ブログ「わたくし、こんな絵をかいてます」の新鋭画家、佐藤久美子さんの作品(個展の記事)。続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(3)TrackBack(1) 文学 

安田侃講演会「アッシジ展と釜山ビエンナーレを語る」@美唄市

 美唄出身でイタリアに拠点を置き世界で活躍する彫刻家・安田 侃(やすだ・かん)さんが、作品群を屋内外に展示している「アルテピアッツァ美唄」で「アッシジ展と釜山ビエンナーレを語る」と題して講演。同施設を管理運営するNPO法人アルテピアッツァびばいが主催。安田さんは昨年6〜10月イタリアで個展「アッシジ展」を開催、また今年秋の韓国での国際美術展「釜山ビエンナーレ」にも出品予定。
・日 時 :2006年5月27日(土) 16:00
・会 場 :美唄市・アルテピアッツァ美唄 アートスペース(落合町栄町 地図
・入場無料
・お問合せ:アルテピアッツァ美唄ギャラリー TEL 0126-63-3137。

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

★太田諭さん講演会「絶版マンガの話」@小樽文学館

〜「本」のよもやま話「絶版マンガ本の話」太田 諭氏〜
 札幌の絶版漫画専門店「じゃんくまうす」(通販専門)の店主、太田 諭さんの講演。「ヲタクもアンチ・ヲタクも見逃すな、聴き逃すな。絶版マンガの鑑定もしてくださいます」(小樽文学館HPより)。詳細は同館HPのお知らせ欄等で。
・日 時 :2006年5月27日(土) 14:00
・会 場 :小樽市・小樽文学館(色内1-9-5 参考) 第一研修室
・入場無料、参加自由
・お問合せ:小樽文学館 TEL 0134-32-2388。

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 

アニメ「もも子、かえるの歌がきこえるよ」上映会@中標津町

 アニメ映画「もも子 かえるの歌がきこえるよ。」(2003年、80分、四分一節子監督)を上映。060527momokokaeruno妹のもも子は知的な遅れと体の障害があり、いつも酸素ボンベで呼吸しながら、養護学校に通っている。「お兄ちゃんだけ小学校へ行って、ずるい!」と駄々をこねて兄を困らせるが、大好きな“かえるの合唱”を歌うと笑顔に。詳細は中標津町総合文化会館の案内欄で。
・日 時 :2006年5月27日(土) 14:00、18:00(開場30分前)
・会 場 :中標津町総合文化会館 しるべっとホール(TEL 0153-73-1131)
・入場料 :大人500円、高校生以下無料。
・主 催 :中標津町更生保護女性会。
・参 考 :配給の共同映画社HP案内欄 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ミュージアム・シアター「サンダーバード」上映@旭川美術館

 SFや戦記物を描いた絵画で少年雑誌の読者たちの心をとらえ続けた小松崎 茂(1915〜2001年)の回顧展(2006/05/20〜07/02、記事)の関連企画で、SFメカが活躍する「サンダーバード-SOS原子力旅客機-」(1965年、アラン・パティロ監督、50分)=DVD情報=を上映。「サンダーバード」は1964年にイギリスで製作された傑作SF人形劇シリーズで、億万長者のトレーシー一家が国際救助隊となりスーパーマシンを駆使して活躍する。上映の詳細は道立旭川美術館HPの最新情報欄で。
・日 時 :2006年5月27日(土) 14:00〜15:00
・会 場 :旭川市・北海道立旭川美術館講堂 (地図
・お問合せ:同館 TEL 0166-25-2577。
・入場料 :上映は無料(小松崎茂展は有料)。
・関連企画:6月10日(土)、同館で東映アニメ「どうぶつ宝島」上映(記事)。
・参 考 :サンダーバード公式サイト(日本) http://www.tbjapan.com/続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「人情紙風船」上映@釧路芸術館

 日本映画史上の個性的な作品を特集上映する釧路芸術館の「アートシネマ館」企画の平成18年度第1弾。昨年の16mm作品特集に続き、今年は時代劇から恋愛映画まで、昭和のなつかし映画決定版を上映。
・日 時 :2006年5月27日 (土) 14:00
・会 場 :北海道立釧路芸術館 アートホール
・入場無料。
・お問合せ:Tel 0154-23-2381(同館)。
【上映作品】 「人情紙風船」 (1937年、86分)=DVD情報=
 28歳で夭折した天才監督山中貞雄の遺作で、現存する3作品の一つ。歌舞伎の「髪結新三」を映画化した下町の人情時代劇だが、当時の世相を反映した悲劇的な雰囲気が漂う。
・参 考 :
 .屮譟璽瓮鶸杆Φ羃顱岷撚茣篤帖山中貞雄について」(2005/05/21、記事
 ◆峪鈎翊舁困鮓よう」(HP) http://www5a.biglobe.ne.jp/~shadow/

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

★美術映画「山中常盤」上映会@札幌

 記録映画専門のプロダクション「自由工房」(HP)が手掛けた美術映画。「山中常盤(やまなかときわ)」とは、近世の絵師、岩佐又兵衛(いわさ・またべえ)作と言われる絵巻の題名。牛若丸の母「常盤御前(ときわごぜん)」が旅の途中「山中の宿」で盗賊に殺され、牛若丸が仇を討つ物語で、絵巻は全長150メートルに及ぶ極彩色の豪華なもの。060527yamanakatokiwa当時は人形浄瑠璃で人気の物語だったが、その曲は途絶えて今に伝わっていない。記録映画の名匠・羽田澄子監督が、映像と新たに作曲された浄瑠璃の音楽で、この絵巻の世界を紹介する。当日は上映前に監督トークあり(約30分)。
・年月日 :2006年5月27日(土) 2回
・時 間 :14:00〜16:20、18:30〜20:50 (上映時間は100分)
・会 場 :札幌市教育文化会館 小ホール
・入場料 :全席自由
 前売 1,500円(60歳以上1,200円、ホールメイト1,000円)、当日1,800円。
・お問合せ:TEL 011-271-5822 教育文化会館事業課。
※ 詳細は同館HP内の上映案内欄で。
・参 考 :自由工房(HP)の作品紹介欄ブログ「絵巻『山中常盤』を映画でみませんか」続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ロシア文化・芸術公開講座「ロシア アニメの歴史」@札幌

 日本ユーラシア協会札幌支部が「ロシア文化・芸術公開講座〜ロシア現代事情『ロシアアニメの歴史』」を開く。詳細は同協会北海道連合会行事案内欄で確認を。
・日 時 :2006年5月27日(土)13:30〜14:30
・会 場 :札幌・日本ユーラシア協会札幌支部 ロシア語教室
      (北区北9西4エルムビル4階)
・資料代 :200円。定員20名(先着順、5/24定員に達したため受付終了
・お申込み:要事前予約。TEL 011-707-9722 同協会札幌支部。
・参 考 :「ロシア・アニメ―アヴァンギャルドからノルシュテインまで」=書籍情報=

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

[ my house] わたしのおうち 今村育子 個展@札幌

 「闇の中で微かに感じる光。光は多少の変化を繰り返し我々をノスタルジーへと誘う。胎児の時の記憶なのか、幼児期に体験した扉越しに見える廊下の明かりなのか? CAIギャラリーにもう一つの部屋を制作する大がかりな今村育子のインスタレーションは、誰もが自己の奥に記憶している闇と光の関係を蘇らす装置なのだ。明かりは使用せず、そして作品内部には自らが現在住む家の壁紙を移植し新たな my houseが登場している。(以下略)」(CAIのメールより転載)
・会 期 :2006年4月22日(土)〜5月27日(土) 日曜休館
  4月29日(土)〜5月14日(日)休館、オープニングパーティー4月22日(土)18:30
・時 間 :13:00〜19:00
・会 場 :札幌・CAI現代芸術研究所(中央区北1西28-2−5)
・お問合せ:CAI TEL 011-643-2404 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

高幹雄ライブ・ペインティング@札幌

 札幌を拠点に東京・ドイツ・ニューヨークで活躍中の若手アーティスト、高 幹雄(たか・みきお、1978年生)さんのライブペインティングが開催される。画風は幅広く、作家の繊細さと迸るエネルギーとユーモアを感じさせる。詳細は札幌PARCOのHPの案内欄で。
・日 時 :2006年5月27日(土) 11:00、16:00
・会 場 :札幌PARCO (中央区南1西3)本館1F正面ウィンドウ
・お問合せ:同店 TEL 011-214-2111。
・参考1 :札幌の「CAI」の関連アーチストの高氏紹介欄(作品と経歴)。
・参考2 :高幹雄さんのブログ「ぶらんこぶらりんこ」

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2006年05月26日

ガイ氏即興人形劇場「ごんぎつね」 @新北見市

 〜親と子どもの人形劇「ごんぎつね」〜
 「ごんぎつね」は、老舗の人形劇団「ガイ氏即興人形劇場」(故・水田外史が1963年に創立)の代表的な舞台。060526gongitsune新美南吉の名作童話を原作のままのナレーションで構成、舞台化したもので、1991年文化庁芸術祭賞ほか受賞多数。当日は「ごんぎつね」の他、「ぶす」「雨々ふれふれ」を上演予定。詳細は同劇団の作品案内欄と、主催の北見芸術文化ホールHPの案内欄で。
・日 時 :2006年5月26日(金) 開場18:00、開演18:30
・会 場 :新北見市・北見芸術文化ホール中ホール
・入場料 :前売り 一般2,500円、中学生以下1,000円(当日各500円増し)
・お問い合せ:北見芸術文化ホール TEL0157-31-0909。

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

シネマアイリス10周年記念「高峰秀子と成瀬巳喜男」特集上映@函館

 「高峰秀子と成瀬巳喜男。そして昭和」成瀬巳喜男監督生誕100周年記念
 ―「昭和」という時代を生きた日本人に捧ぐ―
 函館の市民映画館「シネマアイリス」の開館10周年特別企画で、函館が生んだ昭和の大女優、高峰秀子と昨年生誕100周年を迎えた名匠成瀬巳喜男監督の特集上映を開催。詳細は同館HPの案内欄で。
・会 期 :2006年5月13日(土)〜26日(金)
・会 場 :函館・シネマアイリス(本町22-11)
【プログラム】
 5月13日(土)〜16日(火)「浮雲」9:20、15:15、19:25
 5月17日(水)〜19日(金)「流れる」9:30、15:20、19:25
 5月20日(土)〜23日(火)「放浪記」(時間未定)
 5月24日(水)〜26日(金)「女が階段を上る時」(時間未定)
・お問合せ:同館 TEL 0138-31-6761。
・参 考 :「生誕百年特集 映画監督 成瀬巳喜男」
      (2005/08〜10月、東京国立近代美術館フィルムセンター

bluebook at 09:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「シアターキャンプin北海道」参加者募集@札幌&深川

 「プロ野球選手が1年に一回シーズンオフにキャンプを行うように、役者やスタッフ、演出家も日常生活空間を離れて朝から晩まで芝居のことだけを考えて合宿を」と、串田和美さんの提唱で始まった企画。泊り込みで物語・音楽・身体にとことん付き合う2週間。詳細は北海道演劇財団HPの案内欄で。060612theatercamp
・期 間 :2006年6月12日(月)〜25日(日)の2週間
・会 場 :6月12日(月)〜18日(日) 札幌芸術の森
      6月19日(月)〜25日(日) 深川市文化交流施設「み・らい」
・チーフ講師:斎藤 歩(さいとう・あゆむ)俳優・演出家・劇作家
・ゲスト講師:柄本 明、朝比奈尚行、稲葉良子、鈴木光介ほか予定
・参加費 :14,000円(宿泊費込・交通費別)。
・募集要項:定員20名。所定の申込用紙+小論文+写真で応募を。
・締 切 :第1回=3月24日(金)、第2回=5月26日(金)
  順次、書類選考後、オーディションにより参加者を決定。
・応募先・お問合せ:北海道演劇財団「シアターキャンプ」係 TEL(011)520-0710

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

2006年05月25日

「ベアテの贈りもの」上映会@札幌

〜私は女性の幸福を憲法に書いた〜
 記録映画の名匠、藤原智子監督の最新ドキュメンタリー「ベアテの贈りもの」(公式HP)(2004年、日本、92分)を上映。第2次大戦後の日本国憲法の作成に際し、男女平等と女性の権利を書いたベアテ・シロタ・ゴードンと、日本女性達の情熱と運動を描いた日本戦後女性史。
・年月日 :2006年5月25日(木)
・時 間 :14:00、16:00、18:30
・会 場 :札幌・かでる2・7ホール(地図
・料 金 :前売で一般1,000円、高校生以下800円。当日各200円増し。
・お問合せ:北海道平和婦人会 TEL(011)241-0956。
・参 考 :前回の札幌上映会(2005/08/26〜27)の記事

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2006年05月24日

「現代演劇ポスター展 1998-2003」@札幌

 JR琴似駅前に新たにオープンした小劇場「コンカリーニョ」の生誕祭企画の一環。新国立劇場情報センターで収集した演劇ポスター300点以上の中から100点以上を展示、情報メディアとしてのポスターの役割を再考する。詳細はコンカリーニョHPの案内欄で。060514ENGEKIPOSTER
・会 期 :2006年5月14日(日)〜 24日(水)(5/19休館)
・時 間 :10:00〜21:00
  5/14(日)15:00〜21:00、5/24日(水)17:00まで。
・会 場 :札幌・生活支援型文化施設「コンカリーニョ」(地図
・入場料 :前売り 250円、当日 350円
・主 催 : 新国立劇場情報センター / NPO法人コンカリーニョ
・お問合せ:NPO法人コンカリーニョ TEL 011-615-4859。
■ 関連セミナー
 日 時 :2006年5月14日(日) 13:00〜15:00
 講 師 : 笹目 浩之 氏(株式会社 ポスターハリス・カンパニー 代表 )
 受講料 :前売り 1,000円、当日 1,200円(ポスター展鑑賞料込み)
 宣伝美術から演劇を活性化するポスターの話と展示ポスターの解説を行う。 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

2006年05月23日

小檜山博原作、大地康雄主演「恋するトマト」試写会@札幌

 農家の嫁不足問題を背景に、日本とフィリピンとをつなぐ珠玉の愛のドラマ「恋するトマト」(公式HP)の6/17(土)の劇場公開に先立ち、試写会を行う。060523koisurutomato原作は札幌在住の作家・小檜山 博(こひやま・ひろし)氏「スコール」。企画・脚本・制作総指揮・主演は大地 康雄(公式HP)氏で、当日は両氏の舞台挨拶も予定。
・日 時 :2006年5月23日(火) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :札幌・スガイシネプレックス札幌劇場(中央区南3西1 札幌スガイビル)
・お申込み:
 はがきに〒住所、氏名、年齢を記入して応募を。5月15日(月)必着。
 宛先 〒060-0052 札幌市中央区南2東3 螢離凜Д蹇嵶するトマト」Y係。
・お問合せ:TEL 011-281-6631
・参 考 :
  スガイ劇場の横田監査役(←支配人より訂正05/14)のブログ「遊びの舞台裏日記」映画紹介欄

bluebook at 18:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 映画 

2006年05月22日

裁判員制度のPR映画「評議」上映@札幌

 札幌高等裁判所が、2009年までに始まる「裁判員制度」のPR映画「評議」(62分)を上映。俳優の小林稔侍さんらを起用し、最高裁が製作。三角関係のもつれによる殺人未遂事件を、3人の裁判官と市民6人の裁判員が罪の有無や量刑を議論する様子をドラマ化したもの。模擬評議をしたり、法服を着て裁判官席に座る体験も予定。
・日 時 :2006年5月22日(月) 10:00
・会 場 :札幌市・札幌高等裁判所8階2号法廷(中央区大通西11)
・参加無料、事前申込が必要。定員50人。
・お申込み:札幌高裁総務課広報係 TEL 011-231-4200(内2105、2106)。
・参 考 :
  嶌枷衆制度」HP http://www.saibanin.courts.go.jp/
 ⊂綉HP内の映画「評議」特設欄(予告編他)
 ブログ「裁判所書記官だってしゃべりたい」の裁判員制度についての記事

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第1回札幌国際短編映画祭の上映作品決定@札幌

 今年から新たに開催される「札幌国際短編映画祭」(通称「SAPPOROショートフェスト」、9月6日〜10日)の上映作品が決定、060906SSFtirashi5月22日(月)に公式HP上に発表された。1月〜3月の公募で70ヶ国、1,530件、1,797作品の応募が寄せられた中から選ばれた全80作品を上映。日本からは、吉浦康裕「ペイル・コクーン」(記事)や、御影たゆた「鉄路の彼方」(記事)、札幌のくつした企画の黒田拓「週刊さっぽろ情報」、アラキ マサヒト「ninococoon / encounter of love」、小川亮輔「Plus 0.9」他が選ばれている。詳細は同映画祭HPの「上映作品」欄で。(←HPリニューアル 2006/06/29追記)
 また、映画祭ブログ(HP)が5月16日(火)から始動、ボランティア募集の記事などが掲載されている。
 ■映画祭ブログ「SAPPOROショートフェスト for everybody」
 http://blog.goo.ne.jp/sapporoshort
・参 考 :作品募集の記事

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2006年05月21日

ドキュメンタリー「神の子たち」上映@帯広市

 四ノ宮浩監督のドキュメンタリー映画「神の子たち」(2001年、105分)=DVD情報=を上映。再生可能なゴミを転売して生計を立てるフィリピンの子供たちを6年に渡って記録した「忘れられた子供たち スカベンジャー」(1995年)=DVD情報=の続編。新たなゴミ捨て場に移り住んだスカベンジャーたち。しかしそこで崩落事故が発生し、彼らは生きる糧を失ってしまう。シネマアンビエンテ国際環境映画祭グランプリ受賞作品。
・日 時 :2006年5月21(日) 14:00〜16:00
・会 場 :帯広市図書館(西2南14、JR帯広駅南側) 視聴覚室
・入場無料 先着順100名
・お問合せ:帯広市生涯学習部図書館 TEL 0155-22-4700 内線2681。

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

白石加代子「トロイアの女」ビデオ上映会@石狩市

 1982年夏、早稲田小劇場(現SCOT)主宰・鈴木忠志の呼びかけに応じて世界前衛演劇の第一人者達が富山県利賀村に集結、060521toroia国際演劇祭「第1回利賀フェスティバル」が開催された。その中核となった公演「トロイアの女」(鈴木忠志演出、白石加代子出演)の収録映像=DVD情報=をDVD上映。エウリピデス原作のギリシア悲劇。
・日 時 :2006年5月21日(日) 14:00〜16:30
・会 場 :石狩市・石狩市民図書館 視聴覚ホール(花川北7条1丁目26)
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 0133-72-2000。
・参 考 :「e+」HP同DVD紹介欄 ← 動画が見られます
・前回上映会:唐十郎「秘密の花園」(2006/04/02、記事

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「ALWAYS 三丁目の夕日」上映会@滝川市

 「ALWAYS 三丁目の夕日」(公式HP)(2005年)を上映。060512kamemosorawo昭和33年東京下町の感動と希望の物語。日本アカデミー賞優秀賞全部門受賞。山崎貴監督。出演は吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、三浦友和(特別出演)、もたいまさこ、薬師丸ひろ子ほか。
・年月日 :2006年5月18日(木)〜21日(日)
・時 間 :11:00、13:30、16:00、18:30
・会 場 :滝川市・たきかわホール(栄町3丁目9番2号)
・入場料 :
  大 人 前売1,400円、当日1,700円。
  高大生 前売1,200円、当日1,500円。中学以下 前売800円、当日1,000円。
・お問合せ:同ホール TEL 0125‐23‐6005。 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

原田直樹写真展「夢中で・・・」@札幌

060512haradanaoki 札幌在住のフリーカメラマン、原田 直樹さんの7回目の写真展。札幌の演劇やダンス等の舞台写真でも広く活躍、チラシやパンフレットで名前を見た人も多いのでは。今回は過去7年間に発表した写真のベストセレクト+新作を展示。
・会 期 :2006年5月12日(金)〜21日(日)
・時 間 :10:00〜20:30(最終21日は19:00迄)
・会 場 :札幌・4丁目プラザ(中央区南1西4)7階 4プラホール(TEL 011-261-0221)
・入場無料
・参 考 :n-foto (原田氏の個人事務所のサイト) http://www.n-foto.com続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2006年05月20日

沖縄八重山を唄う「大工哲弘ライブ」@札幌など道内7箇所

 沖縄県無形文化財(八重山古典民謡)保持者の大工哲弘(だいく・てつひろ)氏が道内で公演。三絃を弾きながら唄う沖縄民謡の名手だが、世界の民族音楽やジャズやロックのミュージシャンとの共演も多い。活動の詳細は「大工哲弘でんさー通心」(公式HP)、公演情報は「さっぽろ琉球芸能事情」を参照。2006年5月12日(金)〜20日(土)まで、道内7市町で公演する。060512daikutestuhiro共演は札幌出身のドラム・アフリカンパーカッション奏者、永原 元(公式HP)。
【道内ツアー日程】
・札幌市  5月12日(金)19:00 コンカリーニョ
・小樽市  5月13日(土)18:30 游心菴
・芦別市  5月16日(火)19:00 ディラン
・旭川市  5月17日(水)19:30 アーリータイムス
・釧路市  5月18日(木)19:30 BROS
・佐呂間町 5月19日(金)19:00 佐呂間コミュニティセンター
・帯広市  5月20日(土)19:00 B♭M7
※ 道内公演の詳細はこちら → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

「FINE TIME」13 @札幌

 「ファイン・タイム」とは、デザイン、イラスト、映像、音楽、その他アートで表現している人、そういう表現者に興味のある人なら誰でも参加自由。自己紹介や雑談を楽しむゆるやかな時間。予約不要。「開催より1年を過ぎた今回は、このイベントをより良くするために、みんさんと本イベントについての意見・提案・説明の場にしたいと思います。ちょっとディープな内容です」(同HPより)
・日 時 :2006年5月20日(土) 19:00〜21:00
・会 場 :札幌・ソーソーカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F)
・入場無料 (ただし、カフェのため飲食代別途)
・お問合せ:ソーソーカフェ 011-280-2240。
・協 賛 :NUMERO DEUXほか。
・詳細は「FINE TIME」公式サイトで。続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

ブレーメン館研究会「ハイデガーを論じること」@札幌

 「自由な発表と幅広い交流の場」をモットーに、同人誌発行や上映会、山中貞雄監督からアンゼルム・キーファー、ホロコースト漫画「マウス」まで幅広く論じる「ブレーメン館」の今年度第2回目の研究会。
・日 時 :2006年5月20日(土) 14:30〜16:30
・会 場 :北海道情報大学 札幌サテライト(中央区北3西7緑苑ビル4階、植物園入口正面 地図
・講 演 :「ハイデガーを論じること」
・講 師 :合沢 賢 氏(金沢大学外国語教育研究センター教授)
・参加費 :資料代500円(会員無料)。予約不要、会員以外の方の参加歓迎。
・お問合せ:TEL 011-688-2346(道工大総合教育研究部 岩田)。
・参 考 :ブレーメン館のこれまでの研究会 
      2006年2月1月2005年11月10月9月7月5月2月3月
※ 発表概要はこちら → 続きを読む

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 

五十嵐アート塾・レクチャーシリーズ〈第13回〉@滝川市

 NPO法人アートチャレンジ滝川(略称A.C.T.)が主催する「五十嵐アート塾・レクチャーシリーズ」第13回。詳細は同HP「カレンダー」内案内欄で。
・タイトル:「ろーかるでざいんのおと」
・講 師 :鈴木輝隆氏(江戸川大学社会学部ライフデザイン学科教授)
・日 時 :2006年5月20日(土) 14:00〜16:30
  レクチャー終了後17:30から、講師を囲んで交流会を同会場で開催。
・会 場 :滝川市・太郎吉蔵(栄町2丁目8-9/JR滝川駅徒歩3分)
・受講料 :2,000円(A.C.T.会員は無料)、交流会1,000円。
・お問合せ・お申込み:事務局(矢口)TEL・FAX 0125-22-7337
      E-mail : act_takikawa@ybb.ne.jp
・参考書籍:鈴木輝隆氏の本
 「ろーかるでざいんのおと 田舎意匠帳〜あのひとが面白い あのまちが面白い」=書籍情報=
続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

当別駅前のれんが倉庫の運営者を募集@当別町

060520toubestyrengabosyuu 当別町では、駅前のれんが倉庫「当別赤れんが6号」を文化拠点として施設整備し、運営を民間(NPO法人)で行う予定。
2007年4月1日の施設オープンに向け、「施設運営に情熱を注げる方、アイデアをお持ちでご協力いただける方」を募集。
建物は音楽・舞台・ダンス・映画等に使えるホール、ギャラリー、飲食スペース等を計画中。
募集の詳細は、当別町HPの案内欄で。
・応募締切:2006年5月20日(土)

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホール・施設 

2006年05月19日

アースデイ特別企画 「ライジングサン・ロックフェスティバルからのメッセージ」@札幌

 地球のため未来のため行動する日「アースデイ(地球の日)」に、パタゴニアの札幌2店舗が協同企画「ぼくらが地球にできること(3部作)」を展開している第2弾。毎夏恒例の石狩湾埠頭のロック・フェスティバル「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZO」(2006/08/18〜19)を支えるゴミの分別・回収について現場からのスライド映像とお話を予定。詳細は同店HPの案内欄で。
・日 時 :2006年5月19日(金) 19:30〜21:00
・会 場 :札幌・パタゴニア 札幌(中央区南3西2 地図
【講演内容】
 「ライジングサン・ロックフェスティバルからのメッセージ
   〜大切なのは『やってあげない』こと〜」(草野 竹史氏、ezorock代表理事)
・入場料 :無料。定員50名まで(要予約)。
・お問合せ・予約:パタゴニア 札幌 Tel 011-208-5880。
・参 考 :アースデイ ジャパン  http://www.earthday.jp/  続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

シネマ歌舞「坂東玉三郎 鷺娘」上映@札幌

 シネマ歌舞伎とは、歌舞伎の舞台作品をHD高性能カメラで撮影しデジタル上映するもの。昨年公開された第1弾「野田版 鼠小僧」(HP)に続くシネマ歌舞伎第2弾が「坂東玉三郎 鷺娘(さぎむすめ)」で、060506cinemakabuki玉三郎の代表作の一つ。同時上映「日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら)」とあわせ、上演時間は65分。ともに「恋の呵責(かしゃく)」に苦しむ女性を描く歌舞伎の名作。詳細は同劇場HPのシネマ歌舞伎案内欄で。
・会 期 :2006年5月6日(土)〜19日(金)
・時 間 :(5/6〜5/12まで次のとおり、5/13〜19は未定)
  5/6〜1210:20、11:50、13:30、15:00、19:10
  5/13〜199:50、11:20、15:20、19:20
・会 場 :札幌・シネマフロンティア(JR札幌駅直結)
・入場料 :1,000円(全席指定席)
・参 考 :松竹HP内の「シネマ歌舞伎」特設欄、同HPの「鷺娘」紹介欄

bluebook at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2006年05月18日

「ドラびでお」北海道ツアー@釧路・小樽・札幌・苫小牧

 ドラムスによるコンピューター・コントロールシステム「ドラびでお(DoraVideo)」は、プログラマー伊藤隆之とドラマー一楽儀光によるユニット。ドラムセットを巨大なビデオデッキとして使用し映像をコントロールする。「知的でストイックな作品が主流のメディアアート・シーンの中、彼らの作品は粗野で下品、そしてくどいくらいのエンターテインメントである。060514doravideo『“ドラびでお”はメディアアートではない! 我々は“ロック・バンド”である!』(チラシより転載)。詳細は企画制作のNMAのHP案内欄で。
【日程】2006年5月14日(日)〜18日(木) (開場はすべて30分前)
5月14日(日) 釧路・釧路芸術館アートホール
 14:00 入場無料。TEL 0154-23-2381
5月16日(火) 小樽・市立小樽文学館
 19:00 前売2000円、当日2500円。TEL 0134-32-2388
5月17日(水) 札幌・ことにパトス
 19:30 前売3000円、当日3500円。TEL 011-742-3458
5月18日(木) 苫小牧・アミダ様
 19:30 前売3000円、当日3500円 TEL 0154-23-2381

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ドラマシアターども犬海韻虱遒箸袈醜圈嵶啣髪三郎落語」@江別市

 江別市の老舗小劇場「ドラマシアターども」(HP)が、2006年4月15日(土)に移転先の新劇場で「ども検廚箸靴萄謄ープン(記事)。「喫茶ども」も営業中(月休、12:00〜18:00)。5月18日(木)、劇場の杮落(こけらおとし)に落語家 林家 卯三郎さんの独演会を開く。060518domo林家さんは江別の酪農学園大獣医科(&落語研究会)出身で、平成11年に林家染丸師匠に入門、上方落語で活躍中。
・日 時 :2006年5月18日(木) 19:00
・会 場 :江別市・ドラマシアターども(2条2丁目7-1、地図
・入場料 :
  一般 前売2,300円、大学 1,800円、中高生 1,00円。(当日各300円増)
・お問合せ:ども検TEL 011-384-4011。
・参 考 :上方落語協会(HP)の林家卯三郎さん紹介欄
※ 「ども」の今後の公演予定はこちら → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホール・施設 

「INSIDE OUT, BLACK &WHITE」@札幌

札幌で活動するグラフィックデザイナー「COMMUNE GRAPHICS」の上田亮と、060424INSIDEOUTSISTER KEIKOによるエキシビジョン。対比を表す「INSIDE OUT, BLACK & WHITE」という言葉をタイトルに、デジタルの象徴であるコンピュータとインターネットで使われるキーワードをアルファベットという記号ととらえ、それを人間というアナログのフィルターを通して解釈・表現しようというもの。会場では壁紙としてのダウンロード他、展示作品のポスター、Tシャツの販売も予定。詳細はSOSOカフェHPの案内欄で。
・会 期 :2006年4月24日(月)〜5月18日(木)(オープニングのみ4/22)
・時 間 :11:00〜21:00
  4月22日(土)20:00 オープニングイベント、映像の上映も予定。
・会 場 :札幌・SOSOカフェ(中央区南1西13三誠ビル1F)
・お問合せ:同店 TEL:011-280-2240

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2006年05月16日

WEB月刊誌「札幌インタビューマガジン」第7号発行

060515SIM7 月刊WEBマガジン「札幌インタビューマガジン」(HP)(毎月15日発行、http://sim.kannafact.com/)の第7号が、5月15日(月)発行された。
 「札幌でユニークな活動をしている人々を中心にじっくりお話を聞く」というのがコンセプトで取材記事のほか、読み物や映画レビュー等も。第7号はドラマチッククリエイション&エンターテイメント企画(通称ドラクエ企画)代表の山口哲志さん他が登場。前回記事は、同誌HP表紙下に「バックナンバー」欄あり。
・参 考 :「札幌インタビューマガジン活動日記」(BLOG) ←編集こぼれ話も。

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2006年05月14日

道立文学館映画会「キューポラのある街」@札幌

 道立文学館の平成18年度第1回映画会。「キューポラのある街」(1962年、日活、100分)=DVD情報=を上映。吉永 小百合が18歳でブルーリボン賞主演女優賞に輝いた作品。埼玉県川口市を舞台に、貧しくもたくましく明るく生きていく若者たちの姿を等身大で描く。監督:浦山桐郎、脚本:今村昌平、音楽:黛敏郎。詳細は同館HP案内欄で。
・日 時 :2006年5月14日(日) 13:30〜15:10
・会 場 :札幌・北海道立文学館(中央区中島公園1-4 地図) 講堂
・お申込み:鑑賞は無料だが、事前に往復ハガキで(1枚2名まで可)。
   「キューポラのある街」、氏名、住所、電話番号と返信先を明記。
   宛先 〒064-0931 札幌市中央区中島公園1-4 北海道立文学館「映画」係
・締 切 :5月4日(木)当日消印有効。定員90名(多数の場合は抽選)。
・お問合せ:同館 TEL 011-511-7655 又は 511-8088。

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

風と共に去りぬ&オードリー・ヘプバーン ポスター展示告知展@札幌

 アカデミー賞史上最多の10部門を受賞した名作映画「風と共に去りぬ」(1939年)=DVD情報=の、楽譜やグッズ等200点、額入りポスター17枚、名場面ポスター19枚などを展示する。また、永遠の妖精 オードリー・ヘプバーンのポスターや、オードリーを撮り続けたボブ・ウィロビーの写真も数点展示。060222kazetotomoni詳細はHBC(HP)内の同展案内欄で。
・会 期 : 2006年2月22日(水)〜5月14日(日)
・時 間 :10:00〜19:00
・会 場 : 札幌・HBC三条ビル1F(中央区南3西2)
・入 場 料: 無料
・お問合せ:TEL 011-251-0928
・主 催 : HBCビジョン北の国ミュージック委員会
・協 力 : 北の国シネマ・ミュージック街道準備委員会本部
※参 考 :「北の国シネマ・ミュージック街道」の紹介記事(2005/12/13)
     (asahi.com「映画・音楽の「お宝」資料館 各地に」)

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

★「ぼくらの小松崎茂展」@函館美術館

 時代とジャンルを超えて多くの子供達の夢を描き続けた画家、小松崎 茂(1915〜2001年)氏の画業を紹介する展覧会。昭和40年代の「ウルトラマンシリーズ」や「マジンガーシリーズ」のキャラクターも小松崎氏の仕事。今回、初期の日本画やデッサンから、絵物語、少年誌の口絵、プラモデルパッケージなど小松崎の仕事を代表するジャンルの作品、060401komatsuzakiSさらには小松崎がメカデザインなどに携わった特撮映画関連資料など、600余点一堂に展示、その全貌を紹介する。詳細は道立函館美術館HPの案内欄で。
・会 期 :2006年4月1日(土)〜5月14日(日)
・時 間 :9:30〜17:00(入場は16:30まで)月曜休館
・会 場 :函館市・北海道立函館美術館 (地図
・料 金 :一般1,000円、高大生600円、小中学生300円。(団体割引あり)
・お問合せ:同館 TEL 0138-56-6311。
・関連企画:
 美術講演会「我が師を語る」(04/01)
 ◆岷撚茲ら見る小松崎氏」上映(05/03〜05/05)(同館HP案内欄

bluebook at 09:30|PermalinkComments(2)TrackBack(2) 美術 

伊藤隆道展〜光・動く彫刻〜@札幌・道立近代美術館

060405itotakamichi 札幌の冬の風物詩「ホワイトイルミネーション」を25年前初めて手がけた他、キネティック・アート(動く彫刻)で広く知られる札幌生まれの彫刻家・照明デザイナー、伊藤 隆道(いとう・たかみち)の「光と動き」の造形世界を紹介する展覧会。詳細は同美術館HPの案内欄、STVのHPの案内欄で。
・会 期 :2006年4月5日(水)〜5月14日(日)(月曜休)
・時 間 :9:30〜17:00(入場は16:30まで)
・会 場 :札幌・道立近代美術館(中央区北1西17)
・入場料 :一般1,000円、高大生600円、小中生400円。各団体割引あり。
・お問合せ:同館 TEL 011-644-6881。

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術