2006年12月

2006年12月31日

映画「雪に願うこと」原作者 鳴海章さんが、ばんえい競馬応援のブログ開設

 馬がそりを曳きながら力と速さを争う「ばんえい競馬」が、今年度限りで廃止が決まった。公営では、旭川、岩見沢、北見、帯広の4市が1年間の開催順で主催していたもの。このばんえい競馬を舞台にした映画「雪に願うこと」(公式HP)(2005年、根岸吉太郎監督)の原作者、鳴海 章さんが、2006年12月4日(月)、ばんえい競馬の応援ブログを開設。「ばんえい競馬を明日へ残すため、今、できること」として、存続を訴えている。

■鳴海章氏のブログ「ばんえい競馬を応援します」
  http://www.bannei-narumi.blog.ocn.ne.jp/

【参 考】
 ,个鵑┐ざデ蓮文式HP) http://www.banei-keiba.or.jp/
 ◆屐悗个鵑┐ざデ蓮戮梁限海魎望します」(HP) http://carol.chu.jp/banei/
 札幌でばんえい競馬を守る署名活動(△望楮戮△蝓
   2006年12月6日(水)、7日(木) 11:30〜13:30頃、大通公園西4丁目歩道
 い个鵑┐ざデ呂魃援する会(HP) http://www.banba.org/
 ケ撚茵崟磴亡蠅Δ海函廚慮矯「輓馬」=書籍情報= 鳴海章著

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「ほっかいどう映画まつり2006」を全道の映画館で実施

 全道の映画館でつくる北海道興行衛星同業組合加盟の劇場126箇所で、今年も映画を観て、カードにスタンプを5個(1回鑑賞で1個)を集めて応募すると抽選で景品が当たるキャンペーン「ほっかいどう映画まつり2006 映画鑑賞ラリー」を2006年12月31日(日)まで実施中。同一館のスタンプも有効。
・実施場所:全道の映画館061201hokkaidoeigafes02
・景 品 :A賞 6か月('07年2月〜7月)有効パス 5名
      B賞 3か月('07年2月〜4月)有効パス 15名
      C賞 1か月('07年2月)有効パス 30名
      ラッキー賞 ご招待券(1回のみ) 1000名
・応募期間:2006年12月31日(日)まで
・応募方法:劇場に提出するか、次の宛先まで郵送を。
    〒060-0061 札幌市中央区南1西3札石ビル3階
    「ほっかいどう映画まつり」実行委員会
・お問合せ:同実行委員会 TEL 011-221-5711
・参 考 :昨年末の「ほっかいどう映画まつり2005」の紹介記事

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2006年12月30日

ソビエト映画回顧@札幌・蠍座

 ソ連時代に製作され、体制崩壊とともに現在上映機会さえ稀になってしまった名作の数々を週替わりで連続上映する。エイゼンシュタイン監督の古典「戦艦ポチョムキン」やタルコフスキー監督の「惑星ソラリス」など6作品。061128sovieteiga
・会 期 :2006年11月28日(火)〜12月30日(土)
・会 場 :札幌・蠍座(北区北9西3タカノビルB1)
【現在の上映作品】  火の馬
 12月26日(火)〜30日(土) 10:55、16:25
・入場料 :1本で一般800円、学生・シニア700円。
      2本で一般1,200円、学生・シニア1,000円。
      3本で一般1,700円、学生・シニア1,500円。
・お問合せ:蠍座 TEL 011-758-0501
・参 考 :「北海道MovieWalker」HP「蠍座」案内欄 上映時間等掲載。
※ 上映作品はこちら → 続きを読む

bluebook at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

■「ギャラリーどらーる」が今年限りで閉館、最期を飾る川口浩展@札幌

 貸館をせず自主企画だけで月毎に道内画家の展覧会を開催、美術ファンに親しまれてきたギャラリーどらーる(HP)が、2006年12月の展覧会を最後に10年の歴史に幕を下ろす。061201kawaguchihiroshi企画展示のみならず同ギャラリーのホームページや掲示板も、道内の美術情報の交流の場として大勢のファンが訪れていたもの。最後の展覧会「川口浩展」は、リリカルで静謐な女性像を中心に油彩画18点を展示=右はDM画像=。詳細は同ギャラリーHPの案内欄で。
【川口 浩 展】
・会 期 :2006年12月1日(金)〜30日(土)
・時 間 :8:00〜19:00(会期中休廊なし/最終日17:00まで)
・会 場 :札幌市・ギャラリーどらーる(中央区北4西17 ホテルどらーる内)
・お問合せ:TEL 011-622-2211
・参 考 :
 北海道美術ネットHPの記事「ギャラリーどらーる今年限り」
 ∨務て賛景HPの記事「無償で企画展10年 ユニーク画廊閉館へ」(2006/12/28) 続きを読む

bluebook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホール・施設 

2006年12月29日

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」が能舞台に。映像をネットで公開

 金春流の若手能楽師山井 綱雄(やまい・つなお)さん(HP)が、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」(公式HP) =DVD情報=の世界を能で表現した映像が、製作会社ガイナックス(HP)の(特設欄)で2006年12月22日(金)〜29日(金)までの期間限定でネット公開される。
 同アニメを基に、様々な分野のアーティストが制作した作品をネットで公開する企画「エヴァ・アット・ワーク」の一つ。14歳の少年少女が巨大ロボットを操り、正体不明の敵と戦う物語で、能舞台化の依頼を受けた山井さんは主人公シンジと母親との関係に着目、シンジが搭乗するエヴァ初号機を模した特注の面をつけ、「清経」「生田敦盛」「恋重荷」など既存の5曲に合わせ舞う形で構成。11月17日(金)埼玉県越谷市のこしがや能楽堂で試演されたもの。
・参 考 :
 ‘蒜篆景垢記事(2006/12/11)
 朝日新聞の記事(2006/11/25)、舞台の画像あり
 「シアターガイド」HPの「能舞エヴァンゲリオン」記者会見(2006/11/21)、舞台画像あり続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

2006年12月26日

micro「映像大会2006」@札幌

 木造の民家を取り壊しまでの期間限定で061226MICRO02代表の足立成亮さんほか札幌の若手作家達がギャラリーとして運営中の「micro.」が、初の映画上映会を開く。NYで数年映像を学び現在フリーで映像系の仕事をしている逢坂芳郎さん、小林耕一(レザボアプロダクション)の映像等を上映。詳細はmicro.ブログの案内欄で。ギャラリーは2007年4月末まで存続予定とのこと。
・日 時 :2006年12月26日(火) 18:00開場、19:00開演
・会 場 :札幌市・micro.(中央区南5東3-1-1 南向)
・入場料 :500円(1ドリンク付)
 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2006年12月24日

映画「戦場のアリア」上映と音楽会@江別市

061224senjounoaria 江別市民会館がおくるクリスマス特別企画。石狩管内中高生80名による「江別音楽協会ウィンドアンサンブル」の演奏と、映画「戦場のアリア」(公式HP)を上映。詳細は同館HPの行事案内欄で。
・日 時 :2006年12月24日(日) 13:30開場
   14:00〜15:00 演奏
   15:30〜17:30 映画上映
・会 場 :江別市・江別市民会館 大ホール
・入場料 :一般1,300円、小中学生800円
・お問合せ:江別市民会館 TEL 011-383-6446
※ 演奏プログラムほか → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

SNOWSCAPE MOERE (スノー・スケープ・モエレ) @札幌モエレ沼

 12月22日から2007年2月12日まで、冬の札幌・モエレ沼公園を舞台に、4つのアートプロジェクトSNOWSCAPE MOERE(スノースケープ・モエレ・ツー)が、昨年に続き今年もが開催される。(財)札幌市公園緑化協会の主催。061222moereXmas2006詳細はモエレ沼公園HPで。
・会 期 :2006年12月22日(金)〜2007年2月12日(月)
・会 場 :札幌・モエレ沼公園 
・お問合せ:(財)札幌市公園緑化協会 TEL 011-790-1231
・昨年の記事:SNOWSCAPE MOERE 4つのランドスケープ
【現在開催中の催し】
 モエレのホワイトクリスマス
 (詳細は同HPの案内欄で)
 3夜にわたって開催されるクリスマスコンサートを中心に、
 キャンドルリースのワークショップやスノーキャンドルの点灯も。
・日 時 :2006年12月22日(金)〜24日(日)
      22日=15:00〜20:10(予定)、23日と24日=13:30〜20:10(予定)
・入場料 :一般300円、高大生200円、小中生100円
     ※小学生未満・高齢者手帳お持ちの方無料続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

北海道教育大学札幌校美術科 視覚・映像デザイン研究室展@札幌 

061219DesignLabo 札幌在住の映像作家、伊藤 隆介氏が指導する北海道教育大学札幌校 視覚・映像デザイン研究室の研究室生全員によるグループ展。
・会 期 :2006年12月19日(木)〜24日(日)
・時 間 :10:00〜18:00(最終日17:00まで)
      12/19(木)18:00よりオープニングパーティー
・会 場 :札幌市・コンチネンタルギャラリー
    (中央区南1西11コンチネンタルビルBF1 TEL 011-221-0488)
・入場無料
・お問合せ:dekenten2006@yahoo.co.jp、TEL 011-778-0440

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2006年12月23日

kinoproがおくる「LOVE TREE FOR X'MAS」@札幌

061223LoveTree 国内外で広く活躍するイラストレーターKinproが提供するクリスマス企画。kinproが会場のSOSOカフェに不思議なX'masデコーレーションをするほか、kinproがアルバムジャケットを手がけた札幌のバンドBuffaloのライブやテーブルマジック、X'masプレゼント抽選会も。お洒落なドレスやサンタやトナカイ衣装での参加大歓迎。詳細は「A NEW CITY GUIDE」HP紹介欄にも。
・日 時 :2006年12月23日(土・祝) 19:00〜22:00(予定)
・会 場 :札幌・ソーソーカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F)
・入場料 :前売1,000円、当日1,500円 (with 1drink + X'mas present)
・お問合せ:ソーソーカフェ 011-280-2240

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

映画「敬愛なるベートーヴェン」スペシャルトーク@札幌

〜『第九』とアンナ、そしてポーランド派ホラント〜
 札幌のミニシアター、シアターキノでは、「敬愛なるベートーヴェン」(公式HP) の公開(2006/12/23〜)を記念して、ポーランド文化協会の協力によりスペシャルトークを開催。061223keiainaruBeethoven北海道発のクラシック音楽季刊誌「ゴーシュ」編集長の三浦 洋さん(ポーランド文化協会会員、北海道情報大学助教授)にお話をうかがう。詳細はキノHPのNEWS欄で。
・年月日 :2006年12月23日(土・祝)
・時 間 :15:50、トーク。その後に映画上映
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6狸小路6)
・入場料 :一般1,800円、学生1,400円、シニア・高校以下1,000円
      招待券はご遠慮を。
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355。
・主 催 :シアターキノ、北海道ポーランド文化協会続きを読む

bluebook at 15:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「GOD SAVE THE Mr.K」Vol.4 モガ展開催@札幌

 最新映画の予告編を常時上映している札幌の映画喫茶店「シネマカフェ」が、061216GodSaveMrKクリエーターの作品販売を中心としたイベント『GOD SAVE THE Mr.K』第4弾を開催。札幌で活動している異分野のアーチスト達のユニット「moga」が、今回は「花」をテーマした自作を、通常営業中の店内の一角で展示販売する。ニットや編みぐるみ、イラスト、Tシャツなど。
・会 期 :2006年12月16日(土)〜23日(土)
・時 間 :12:00〜25:00
・会 場 :札幌・「シネマカフェ」
      (中央区南2西2富樫ビル地下1階 TEL 011-271-0705)
・入場無料だが、喫茶店なので何か注文を。
・お問合せ:MOGA メール mogamoga@kix.ne.jp
・同展のこれまでの開催:第1弾(2005/12/24)、第2弾記事(2006/03/11)続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2006年12月22日

第4回「グラヌールの夕べ」〜吉増剛造さんをお迎えして〜@札幌

 映画評や文学、詩、評論、エッセイなどで多彩な論客が集う、札幌発の雑誌「グラヌール」(Glanures=「落穂拾い」の意味)=右画像は最新第6号=を発行している石塚出版局では、061123glaneurs06詩人の吉増 剛造さんほかを招き「グラヌールの夕べ」を開催する。
・日 時 :2006年12月22日(金) 17:30開場、18:00〜20:00頃
・会 場 :札幌市・北海道大学 遠友学舎 
     (大学構内 北18条西7丁目、地下鉄「北18条駅」徒歩10分)
・入場無料
・お問合せ:石塚出版局 TEL 011-854-1025
【予定内容】
 ‖价漫ο読 〜15年の時を経て〜
  吉増剛造さん(詩人)×工藤正廣さん(ロシア文学・詩人、北大HPの紹介欄
 △修里曚、パフォーマンスとして中村達哉さん(舞踏家、「イデビアン・クルー」所属)の踊りなど。
続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 

「はこだてカルチャーナイト」開催@函館市

 真夏の一夜、札幌中心街の公共・文化施設や民間施設を夜間開放して、市民がコンサートやイベントなど文化を楽しむ企画カルチャーナイト(公式HP)では、昨年から札幌以外の地域でも関連イベントを開催。2006年は7月21日(金)の札幌開催のほか、天塩町(6/25)、西興部町(インターネット交信、7/21)、下川町(7/23〜24)、白老町(7/28〜29)、そしてこの12月には函館版が開催される。今年はクイーンズポートはこだて等11施設が参加。クラシックカー試乗や函館塩ラーメン職人体験、061222hakodatecultureパトカー乗車体験、船乗りのひも結び体験などなど。詳細は同HP内の「はこだてカルチャーナイト」欄、会場とイベント内容は参加施設欄で。
・日 時 :2006年12月22日(金)  17:30〜21:00
・お問合せ:はこだてカルチャーナイト実行委員会 TEL 0138-23-1181
      (函館商工会議所企画情報課内) 
・昨年の記事:プレはこだてカルチャーナイト(2005/12/22、記事) 

bluebook at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

ソクーロフ監督が昭和天皇を描いた「太陽」上映@札幌

060930taiyou 終戦前後の昭和天皇の葛藤を赤裸々に描いた、ロシアのアレクサンドル・ソクーロフ監督の話題作「太陽」(公式HP)が、札幌シアターキノでも上映される。イッセー尾形、ロバート・ドーソン、佐野史郎、桃井かおり他出演。詳細はキノHPの案内欄で。
・会 期 :2006年12月16日(土)〜22日(金)
・時 間 :11:50、16:15、20:35
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6)
・入場料 :当日一般1,800円、学生1,400円、シニア・高校以下1,000円。
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 続きを読む

bluebook at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

映画「蟻の兵隊」アンコール上映@札幌

 「日本軍山西省残留問題」の真相解明に孤軍奮闘する奥村さんの姿を追ったドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」(公式HP)(池谷薫監督)がいよいよ札幌でも公開される。上官の命令に従って中国で戦中も終戦後もアリのように黙々と戦い、060629arinoheitaicinema負傷して解放軍に捕まった奥村和一さん(80)の体には今も砲弾が突き刺さる。長い抑留生活を経て帰国した奥村さん達を待っていたのは逃亡兵扱いだった。詳細はキノHPの案内欄で。
・会 期 :2006年12月16日(土)〜22日(金)
    (うち12月20日(水)〜22日(金)は英語字幕付で上映)
・時 間 :10:00(1日1回のみ)
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6狸小路6)
・入場料 :一般1,800円、学生1,400円、シニア・高校以下1,000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355。
・参考書籍:「私は『蟻の兵隊』だった―中国に残された日本兵」 (記事) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「『年をとった鰐』&山村浩二セレクト・アニメーション」がDVD発売

 2003年アヌシー国際アニメーション映画祭短編部門グランプリ受賞作『頭山』のアニメーション作家山村 浩二さん(1964年、名古屋市生まれ)が、仏の童話作家レオポルド・ショヴォーの原作を映画化した「年をとった鰐」(2005年、13分)と山村氏が世界中からセレクトした珠玉の傑作短編アニメーション7本が、が2006年の全国上映(参考:札幌上映の記事)を経て、2006年12月にDVD発売された=DVD情報=。「年をとった〜」は、061028tosiwotottawamiユーモラスでブラックなシンプルな物語の中に、アニメの魅力が息づく珠玉作。詳細は下記の参考サイトで。
【DVD情報】 「年をとった鰐」&山村浩二セレクトアニメーション
・発売日 :2006年12月22日(金)
・価 格 :税込4,410円
・仕 様 :片面1層・本編75分+映像特典
     (劇場予告・セレクト作品についての山村浩二コメント映像)
・製品番号:GNBA-1140
【参 考】
 〇蛎執斉鷸瓩離汽ぅYamamura Animation's page
 ◆〇蛎嫉瓩離屮蹈「知られざるアニメーション」DVD紹介記事
  年をとった鰐 公式ブログDVD紹介記事
※ 収録作品 → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2006年12月20日

「札幌シティIDプロジェクト」制作の「さっぽろスイーツ」CM完成@札幌

 札幌市や観光団体等で作る札幌市国内観光プロモーション実行委員会では、気鋭の映像作家とのコミュニケーションの中で映像制作のノウハウを習得していく実践型ワークショップ 「札幌シティIDプロジェクト」(公式HP)を実施。「Sapporo City ID」とは、札幌の街をイメージさせるアイコンとして、国内外へアピールするイメージ映像のこと。今年は「スイーツの似合う街 Sapporo」をテーマに、今年のカンヌ国際映画祭ヤング批評家賞を受賞した映像作家、中野 裕之氏(HP)を企画制作アドバイザーに迎えて、ケーキや洋菓子等の「スイーツ」をモチーフに、CM作品3本(20秒2本、60秒1本)を制作した。道内の若手映像作家や大学生ら15人が参加。映像は2006年9月28日(木)に同HPの視聴欄で公開されている。10月中旬から東京のJR山手線車内ほかで放映予定。プロジェクトの詳細はSapporo City ID Project(HP)で。
・お問合せ:札幌市観光文化局観光部観光企画課 TEL 011-211-2376。
・参考1 :中野裕之氏のブログの「Sapporo Sweets」記事
・参考2 :プロジェクト始動の記事 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2006年12月19日

河村泰伸絵画展「峠を見てきたよ」@札幌

 ESQUISSE GALLERY Vol.51 河村泰伸絵画展『峠を見てきたよ』
 札幌の若手作家、河村 泰伸(かわむら・たいしん)さん(HP)の個展。「空では天気のない世があるからこそ、世界がきっと一つで二つの未来/ここに私がいるのだろう その様な所で描きました」(作者の言葉)。過去4年間の作品を収めたミニ画集なども展示販売予定。061123kawamurayasunobu01詳細は会場のカフェエスキスHPの案内欄で。
・会 期 :平成18年11月23日(木・祝)〜12月19日(火)
・時 間 :平 日 12:00〜24:00 水曜定休
      日祝〜21:00、12月5日(火)臨時休業
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334
※ 作家のメッセージやプロフィールなど → 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2006年12月18日

黒澤映画「羅生門」「七人の侍」の作曲家、早坂文雄の弦楽四重奏ほか公演@札幌

 黒澤映画「羅生門「七人の侍」等でも061218hayasakafumio知られる作曲家、早坂 文雄(はやさか・ふみお、1914〜 1955年)。純クラシック作曲家としても伊福部昭と親交を結び、武満徹、芥川也寸志など後世の作曲家に大きな影響を与えている。札幌っ子でもあった早坂が遺した唯一の弦楽四重奏曲を札幌のノンノン・マリア弦楽四重奏団が演奏。
・日 時 :2006年12月18日(月) 18:30開場、19:00開演
・会 場 :札幌・ルーテルホール(中央区南大通西6仲通)
・入場料 :全席自由 3,500円(全席自由)
・お問合せ:アドビューロー TEL 011-271-4225
・参 考 :
  早坂文雄 - Wikipedia
 ◆‘瓜予伝嫦弔亙神18年度札幌文化奨励賞を受賞。札幌市のHPの受賞者紹介欄
※ 予定プログラム等 → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

「韓流ファンの集い」@札幌

 市民団体日韓文化交流会」が、道内ロケが行われる韓国KBS放送のテレビドラマ「雪の女王」のイ・ヒョンミン監督らが出席する「韓流ファンの集い」を開催。出演は同番組制作の韓国のプロダクション、ユンスカラーのパク・インテク社長、同番組のイ・ヒョンミン監督、そしてNHK-BSで放送中の人気ドラマ「春のワルツ」の主演俳優、ソ・ドヨンとハン・ヒョジュのコンビが登場予定。061218hanryuuFMノースウェーブのDJ、古家正亨さんの司会によるゲストたちとのトークショー、映像上映、札響バイオリニストとピアニストによる演奏、プロダンサーによるワルツの披露等も予定。韓流グッズの抽選会も。駐札幌大韓民国総領事館開設40周年と同新庁舎移転、そして韓国KBS放送のテレビドラマ「雪の女王」の北海道ロケ決定記念のクリスマススペシャル企画。詳細は日韓文化交流会(HP)で。
・日 時 :2006年12月18日(月) 開場17:00、開演18:00
・会 場 :札幌市民会館(中央区北1西1)
・入場料 :5,000円。全席自由。
・お問合せ:同実行委員会 TEL 011-666-6803続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

カルチャーナイト2007概要が発表に@札幌

 真夏の一夜、061218CultureNight2007札幌中心街の公共・文化施設や民間施設約80ヶ所を夜間開放して、市民がコンサートやイベントなど文化を楽しむ企画「カルチャーナイト」(公式HP)。開催4年目の2007年のテーマは「彩り」。夜の動物園やTV局見学、各種コンサートや一人芝居、和太鼓、絵手紙教室などを予定。2006年12月中旬に2007年の開催概要が発表に。参加する施設と企画、ボランティアを募集する。詳細は同HPの「施設&企画募集」欄と、ボランティア募集欄などで。
・日 時 :2007年7月20日(金) 17:30〜22:00
    (7/19 円山動物園で前夜祭)
・会場地区:札幌市北1条通と札幌駅前通りを軸としたエリア。
・お問合せ:カルチャーナイト実行委員会事務局 TEL 011-261-8633。
・参 考 :カルチャーナイト2006の記事(2006/07/21)

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2006年12月17日

写真家「伊勢祥延 写真スライドショーLIVE」@札幌

 札幌を拠点に活動中の写真家・伊勢祥延の最新写真集「CambodianVoice」出版記念イベント。アフガニスタン戦争とイスラム社会、061217iseスマトラ沖地震後のスリランカ、アジア最大の貧困に潜む光と影…。ファインダーを通して見た世界を、伊勢本人が語るスライド上映&解説のライブショー。ゲストトークに、同写真集発行人でもある僧侶・上川泰憲師(法華宗真門流孝勝寺副住職、四方僧伽・北海道カンボジア復興支援参加)を迎える。詳細は主催のはろー書店ブログ案内欄で。
・日 時 :2006年12月17日(日) 17:00
・会 場 :札幌・はろー書店(中央区南3西1和田ビル3F)
・入場料 :前売1,500円、当日1,800円(定員になり次第終了)
      11/25より同店で発売、入場者全員に同書カレンダー2007年を贈呈
・お問合せ:同店 TEL&FAX (011)219-2776
※ 作家プロフィール → 続きを読む

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

第14回星の降る里芦別映画学校@芦別市

 第14回星の降る里芦別映画学校(公式HP)が今年は12月に開講。校長の大林宣彦監督最新作「22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語」(公式HP)を上映、主演の筧利夫氏、これが映画デビューの鈴木聖奈さん、中村美玲さんをゲストに迎えてのトークショーも。映画祭の詳細は同HPの案内欄で。
・日時と会場:2006年12月16日(土)、17日(日)の2日間
 12月16日(土) 15:00 芦別市総合福祉センター
  ・ふるさとビデオ大賞公開審査会(入場無料)
    審査委員 大林宣彦(映画作家)、小林はくどう(映像作家)、中島洋(映像作家)他
  ・ウエルカムパーティー(2,000円)
 12月17日(日) 13:00 芦別市民会館ほか
  ・大林宣彦校長先生とゲストとのトークショー
  ・映画「22才の別れ」上映
  入場料:前売1,000円(当日1,500円)
・お問合せ:TEL/FAX 0124-23-1001
・参 考 :昨年の芦別映画学校(2005/11/26〜27、記事続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 映画 

鳴海伸一版画展「JIBIE」@札幌

 札幌在住の建築家にして、国内外で活躍する版画家鳴海 伸一(HP)さんの個展。061212narumishinichi美術館収蔵作品や望楼NOGUCHI登別「JIBIE」収蔵作品を中心に2006年発表の主な新作を発表。壁面に版画を展示するだけでなく、映像クリエイターの中井明仁氏とのコラボレーションによる初の映像版画(版画の平面を映像化した新たな版画の可能性を示した表現方法)を、fishtone TTBこと中坪淳彦さんが付けた音楽とともに、会場中央のスクリーンで常時上映している。
・会 期 :2006年12月12日(火)〜17日(日)
・時 間 : 10:30〜19:00(最終日17:00まで)
・会 場 :札幌市・さいとうギャラリーA室(中央区南1西3ラ・ガレリア5F)
・入場無料
・お問合せ:鳴海 TEL 011-778-8191
・参 考 :鳴海さんのブログ「CITY SWIMMER」開催案内会場風景に詳細あり。

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

WEB月刊誌「札幌インタビューマガジン」第14号発行

061217SIM14 月刊WEBマガジン「札幌インタビューマガジン」(HP)(毎月15日発行、http://sim.kannafact.com/)の第14号12月16日(土)に発行された。「札幌でユニークな活動をしている人々を中心にじっくりお話を聞く」というのがコンセプトで取材記事のほか、読み物や映画レビュー等も。
 第14号の映画関係では「SIMレビュアー座談会“2006年映画をユルく語る!!”」を掲載。
 前回記事は、同誌HP表紙下に「バックナンバー」欄あり。
・参 考 :「札幌インタビューマガジン活動日記」(BLOG) ←編集こぼれ話も。


bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2006年12月16日

トークイベント「フリーペーパー『マグネット』の創り方」@札幌

 札幌から様々なアート&カルチャー情報を発信している061216MAGNET19フリーペーパー「マグネット」第19号=右画像=の発行記念のトークイベント。今回はスキー特集。チーフエディターの石川伸一氏、アートディレクターの菊池信悟氏、そしてアドベンチャースキーヤーの山木匡浩氏が今回の誌面制作にまつわるトークを披露。最新号やバックナンバーも展示する。
・日 時 :2006年12月16日(土) 19:00〜20:00
・会 場 :札幌・アップルストア(中央区南1西3 南向)
・入場無料
・お問合せ:同店 TEL 011-209-8200。
・参 考 :同誌主宰の石川伸一さんのブログ「NUMERO DEUX express」案内記事

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

★「美式天然」の坪川拓史監督の最新作「アリア」が完成

061205tubokawaaria 全くの自主製作にも関わらず、2005年トリノ国際映画祭でグランプリと観客賞をダブル受賞した「美式天然」(公式HP)で注目されている、長万部町出身の坪川 拓史監督(1972年生まれ)の最新作「アリア」(2006年製作)=右チラシ=が完成した。妻を亡くした調律師(塩野谷正幸)が老人形使いに「昔手放したピアノを探して欲しい」と頼まれる。「音の記憶」を巡る旅の物語。女優の高橋マリ子さんの他、人形師の四谷シモンさん(公式HP)が役者として出演しているのもファンには嬉しい。
 北大の「クラークシアター(CLARK THEATER)」(HP)記事)で、2006年12月5日(火)上映の際に、監督挨拶とともに「アリア」予告編が上映された。
公開スケジュールは現在未定とのこと。 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

★「美式天然」上映と坪川拓史監督の舞台挨拶@帯広市

〜映画館に届かなかった1本のフィルムをめぐるふたつの時代の物語〜
 長万部町出身の坪川 拓史監督(1972年生まれ)の「美式天然」(公式HP)(2005年、95分)を上映。2005年トリノ国際映画祭でグランプリと観客賞のダブル受賞作。060916utsukusikitennen田舎の映画館に届かなかった1本のフィルムを巡る、昭和初期と現代の2つの時代の物語。吉田日出子、高木均、常田富士男、小松政夫ほか出演。作品の詳細は公式HPのほか第19回東京国際映画祭(2006/10/21〜10/29)の案内欄、上映の詳細はCINEとかちHPで。
・日 時 :2006年12月15日(金)、16日(土) 2日間で3回上映
    12/15=15:00、19:00、12/16=19:00(開場各30分前)
    (各回、坪川監督の舞台挨拶あり)
・会 場 :帯広市・とかちプラザ 2Fレインボーホール
・入場料 :大人1,400円(当日1,700円)、中高生1,000円
・お問合せ:TEL080-5594-3501(小栗)、TEL090-9081-1597(豊島)
続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

第7回ソクラテスのカフェで本談義(作家の帚木蓬生さん)@札幌くすみ書房

 「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」等の企画で知られる札幌・琴似の本屋さん「くすみ書房」による、ゲストと読者がコーヒーを片手に本談義を楽しむ夕べ第7弾。今回は、作家・精神科医の帚木 蓬生(ははきぎ・ほうせい)氏(1947年生まれ)を招く。医療に関わる作品が多い帚木氏だが今回は、1250年前奈良の大仏建立に関わった人々を描いた感動作「国銅」(新潮文庫、上下巻各620円)=書籍情報=をとりあげる。詳細はくすみ書房(HP)で。できれば予約を。
・日 時 :2006年12月16日(土) 15:00〜16:30
・会 場 :札幌・くすみ書房 地下「ソクラテスのカフェ」
     (西区琴似2条7丁目メシアニカビル)
・会 費 :500円(珈琲、リンゴジュース、トマトジュースのどれか一品付)。
・お問合せ:ソクラテスのカフェ TEL 011-611-7121。
※ 今回の課題本「国銅」の紹介、過去の開催プログラム等 → 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 

ブレーメン館の研究発表 「詩人ペソアと作曲家サティのひととき」@札幌

 「自由な発表と幅広い交流の場」をモットーに、同人誌発行や上映会、山中貞雄監督からアンゼルム・キーファー、ホロコースト漫画「マウス」まで幅広く論じる「ブレーメン館」の12月の研究会。
・日 時 :2006年12月16日(土) 14:00〜15:30
・会 場 :札幌市・菩提樹(中央区大通西14-3-28)
     (地下鉄東西線「西11丁目」下車、大通を西へ徒歩数分。
      右側角地。ダークな色調のタイル張りの建物 TEL 011-261-8188) 
・研究発表: 「ペソアとサティのひととき」(詩の朗読とピアノ演奏)    
・発表者 : 小岸 昭 (F・ペソアの解説)
       加地幸恵 (E・サティの解説とピアノ演奏)
       田嶋扶二子(F・ペソアの詩朗読)
・参加費 :会員無料、一般500円。会員以外の方も歓迎。
・お問合せ:ブレーメン館企画部 安高 syasutaka@bear.odn.ne.jp
※ 発表概要はこちら → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 

「映画 日本国憲法」上映会@京極町

 日本国憲法制定の経緯や平和憲法の意義について、世界的な有識者達へのインタビューをまとめたドキュメンタリー映画「映画 日本国憲法」(公式HP)(2005年、78分) =DVD情報=を上映。「チョムスキー9・11」などで知られるジャン・ユンカーマン監督。出演はジョン・ダワー、チャルマーズ・ジョンソン、ノーム・チョムスキー、日高六郎、C・ダグラス・ラミス、ベアテ・シロタ・ゴードン他。
・日 時 :2006年12月16日(土) 14:00
・会 場 :京極町生涯学習センター湧学館  
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 0136-42-2700

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

★松井やより全仕事展@札幌

〜パネル展示でたどる女性ジャーナリスト・アクティビスト松井やよりの足跡〜
 松井やより(1934年〜2002年)は日本を代表するジャーナリストの一人。公害、食品汚染、貧困、買春観光、戦争の傷痕、開発援助と環境開発、日本の戦争責任、「慰安婦」など、鋭い切り口の記事で世論を喚起してきた。061210matsuiyayoriその傍ら、市民活動にも積極的に参加、性運動家としていくつものNGOを立ち上げている。松井さんの呼びかけで設立された「アクティブミュージアム女たちの戦争と平和資料館(WAM)」所蔵のパネル・資料を展示する(参考:同HPの貸出パネル紹介)ほか、会期中はスライド上映や講演会を開く。詳細は「松井やより全仕事展」(HP)で。
・会 期 :2006年12月10日(日)〜16日(土)
・会 場 :札幌市・北海道クリスチャンセンター 2F大ホール(中央区北7西6)
・入場料 :仕事展500円、記念講演1,000円、フリーパス2,000円。
      高校生半額、中学生以下無料。
・お問合せ:ほっかいどうピースネット TEL&FAX 011-261-6883
【本日のスケジュール】 12/16(土)
 10:00〜12:00 ワークショップ「移住女性の人権:日本に住むフィリピン女性の経験から」 300円
 13:00〜15:30 講演会「女性国際戦犯法廷の意義〜松井やよりから何を受け継ぐか〜」 1,000円
         講師:西野瑠美子 ビデオ「女性国際戦犯法廷(ダイジェスト版)」続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

★祝・札幌の映像作家、佐竹真紀さんがNHK「デジスタ・アウォード」のグランプリ

  札幌在住の映像作家、佐竹真紀(さたけ・まき)さん(HP)「インターバル」(2005年、11分)が、NHK衛星テレビの番組「デジタル・スタジアム」のグランプリに輝いた。この番組は、デジタルアートの登竜門で最高峰のオーディション番組として知られ、昨年1年間の応募作品の中から優秀作品を「デジタル・アウォード」2006として表彰したもの。「映像部門」と「インタラクティブ・インスタレーション部門」があり、「映像部門」は2006年12月16日(土)に放送された。佐竹さんは北海道教育大学大学院を昨年修了。写真を使ったアニメーションを中心に、“記録”と“記憶”の狭間にある世界を探究している。
 受賞の詳細は同番組HPの紹介記事で。
・参 考 :
 〆酩覆鮓る → 同番組の「インターバル」動画紹介欄
 ∨務て使術ネット別館HPの紹介記事(2006/12/23) 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「さぱらホール」がオープン@札幌

061216saparahall01 札幌の4丁目プラザ北向かいに、レンタルスペース「さぱらホール」(HP)(中央区南1西4 南向き)がオープンした=外観写真=。築100年を超える札幌軟石の石蔵で、旧「かさはら楽器店」をホールに改装したもの。螢痢璽好廛薀ぅ(田中茂代表)の提案する「さっぽろ楽園計画」のプロジェクトの一環。「札幌を東京の複製都市でなく、もっと楽しい街にする。オリジナル文化を発信・増殖する」等を目指すとのことで、個展や展示会、コンサート、各種イベントの会場に貸し出す。ホールの詳細は同社HPで。
・住 所 :札幌市中央区南1条西4丁目18番地
・連絡先 :TEL 011-261-3800 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) ホール・施設 

2006年12月15日

FINE TIME 20 X'MASスペシャル @札幌

 「ファイン・タイム」とは、デザイン、イラスト、映像、音楽、その他アートで表現している人、そういう表現者に興味のある人なら誰でも参加自由。自己紹介や雑談を楽しむゆるやかな時間。今回は、今年最後のスペシャル企画。札幌の女性音楽ユニット「swimmy」のライブと、その後は「リサイクル・プレゼント交換」をみんなで行う。「自分はいらないけど…誰かは欲しいかも」というアイテムを包んで持参を。予約不要。
・日 時 :2006年12月15日(金) 19:00〜21:00
・会 場 :札幌・ソーソーカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F)
・入場無料 (ただし、カフェのため飲食代別途)
・お問合せ:ソーソーカフェ 011-280-2240。
・協 賛 :NUMERO DEUXほか。
・詳細は「FINE TIME」公式サイトで。 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

夫の家庭内暴力を描く社会派映画「DV ドメスティック・バイオレンス」上映@釧路

 夫やパートナーが、妻や恋人に対して暴力的になる、DV(ドメスティック・バイオレンス)を描いた社会派映画「DV ドメスティック・バイオレンス」(公式HP)(2004年、85分)=DVD情報=を上映。結婚3年目を迎えて仕事も家庭も順調な夫が、ある日を境に妻への嫉妬心がエスカレートし、暴力を振るうようになる。夫を遠藤憲一、その妻を英由佳が演じる。『櫻の園』『12人の優しい日本人』の中原俊監督。主催は釧路市教育委員会。
・日 時 : 2回上映
  2006年12月15日(金) 18:30
  2006年12月16日(土) 10:30
・会 場 :釧路市生涯学習センター(まなぼっと)705・706号室
     (幣舞町4番28号 TEL 0154-41-8181)
・入場料 :前売当日とも 300円。
・参考情報:全国シェルターシンポジウム2006 inはこだて(2006/11/25、26) 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

映画「ゆれる」上映会@室蘭市

 旧知の女性が転落死したことをきっかけに、法廷で裁判にかけられる兄とその弟の姿を見つめ、家族の絆や絶望からの再生を描いた「ゆれる」(公式HP)DVD情報=を上映。企画:是枝裕和(公式HP)、原案・脚本・監督:西川美和。出演は、オダギリジョー、香川照之ほか。2006年、119分。2006年カンヌ映画祭監督週間正式出品作品。
・日 時 :2006年12月15日(金) 18:30上映開始
・会 場 :室蘭市民会館(輪西2-5)
・入場料 :大人 前売1,300円(当日1,600円)、小中高生 当日1,000円。
・お問合せ:観る会 TEL 090-9750-0620

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

セゾン文化財団2007年度が「現代演劇・舞踊助成」申請公募を開始

 セゾン文化財団(理事長・堤清二)では、日本の現代演劇・舞踊芸術の振興、および同分野における国際交流の促進に寄与するため、1987年より助成活動を実施。2007年度(2007年4月〜2008年3月までに開催される事業)助成の申請を、 崛和ご超整備」◆峽歃兪和ぁ廰「国際交流」のプログラム別に公募する。応募の詳細は同財団HPの案内欄で。
・申請書交付開始:2006年10月2日(月)
・申請書交付締切:2006年,鉢12月8日(金)、12月1日(金)必着。
・申請書提出締切:,鉢2006年12月15日(金)、12月8日(金)必着
・最終選考結果通知:2007年3月下旬
・お問合せ:同財団 TEL 03-3535-5566

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

2006年12月14日

第9回世界の優秀企業映像を見る会@東京

 日本ではほとんど紹介されていない061214sekainoyuusyuu海外の優れた企業映像を紹介し、“さまざまなブランドイメージのあり方”を探る上映会。映像文化製作者連盟の主催で、1998年から上映会+セミナーの方式で開催されているもの。今回は、ドイツ・アメリカの企業映像祭グランプリノミネート作品を中心に7カ国から12作品を選び上映する。詳細は同連盟HPのパンフレット・申込書(PDF)で。
・日 時 :2006年12月14日(木) 開場13:30、14:00〜16:30
・会 場 :東京国際フォーラム D1ホール(地図)
・入場料 :要事前申込。参加費6,000円。
・申込締切:2006年12月8日(金)
・お問合せ:映像文化製作者連盟 TEL 03-3279-0236

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2006年12月12日

★マイケル アリアスに聞く映画「鉄コン筋クリート」制作秘話@札幌

〜ICC特別セミナー“CROSS POINT vol.1”〜
 札幌のインタークロス・クリエイティブ・センター(ICC)では、松本大洋原作の新作アニメーション映画「鉄コン筋クリート」(HP)Micheal Arias(マイケル・アリアス)監督を招き、制作秘話などをうかがう。詳細は「Crossing」HP案内欄で。061212tekkonkin
・日 時 :2006年12月12日(火) 19:30〜21:30
・会 場 :札幌市・蠧眦塚旅塰務て算拏 1Fショールーム「U-cala(ユーカラ)」
   (中央区大通東3丁目1 地下鉄バスセンター前駅徒歩2分、地図
【出演】
 ・特別ゲスト=マイケル・アリアス(映画監督、ICCアドバイザー)
 ・モデレーター=久保俊哉(ICCチーフコーディネーター)
【予定内容】
 ・『鉄コン筋クリート』のプロモーション(ビデオ)上映
 ・『鉄コン筋クリート』のプレゼンテーション、見所など
 ・マイケル アリアスの視点、 ・Q&A
・参加料 :参加無料。限定70名まで。先着順
・申込方法:メールでinfo@icc-jp.comまで。氏名/年齢/職業/会社名を添えて申込を
・お問合せ:インタークロス・クリエイティブ・センター TEL 011-817-8911(担当:渡邉)
・参 考 :第19回東京国際映画祭(HP)「特別招待作品 - 鉄コン筋クリート」欄続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2006年12月11日

ドキュメンタリー映画講座 「阿賀の記憶」上映と佐藤監督の講義(中止)@札幌

 新潟水俣病を追ったドキュメンタリー映画「阿賀に生きる」(1992年、16弌115分)から10年。061211satoumakoto佐藤真監督が再び阿賀野川に向かい、様々な記憶と痕跡を美しい映像で綴る詩的ドキュメンタリー「阿賀の記憶」(2004年、16弌55分)の上映と、「ドキュメンタリーとは?」と題して佐藤監督の講義を開催。詳細はキノHPの作品案内欄で。
※ 佐藤真監督が入院されるため上映会を一旦中止します
  (キノHPNEWS欄より、11/27追記)
・日 時 :2006年12月11日(月) 19:00〜20:40(終了予定)
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6)
・入場料 :一般1,200円。キノ会員、市民株主、シニア、高校生以下1000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355。
・参考1 :映画製作・配給会社シグロHP佐藤真監督紹介欄
・参考2 :佐藤監督の最新作映画「エドワード・サイード」(HP) 2006年、日本
 2003年逝去したパレスチナ出身の世界的知識人、エドワード・サイードの遺志と記憶を巡る旅の映画。

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ドキュメンタリー映画『エドワード・サイード OUT OF PLACE』上映と講演@札幌

 北星学園大学文学部心理・応用コミュニケーション学科の公開講座。佐藤 真監督(株式会社シグロ代表、ドキュメンタリー作家)の最新ドキュメンタリー映画「エドワード・サイード OUT OF PLACE」(HP)上映と、061211OutOfPlace「少数派から考える世界平和−ドキュメンタリー手法による思想表現の可能性−」と題して同作品のプロデユーサー、山上 徹二郎さんの講演を行う(当初来場予定だった佐藤監督が入院されたため山上氏に変更 11/30追記)。2003年逝去したパレスチナ出身の世界的知識人エドワード・サイードの遺志と記憶を巡るロードムービー(2006年、日本、137分 )。一般参加も可。詳細は同大HPの案内欄で。
・日 時 :2006年12月11日(月)  講演 13:00、上映 14:00
・会 場 :札幌市・北海道北星学園大学 B教室(図書館・特別教室棟4階)
・入場無料、一般参加可。事前申込不要、直接会場へ。
・お問合せ:北星学園大学 エクステンション課 TEL 011-891-2731続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

イ・ビョンホン 全国フィルムツアー@札幌

 韓流スターのイ・ビョンホン(公式HP)の、今年発売の写真集『LBH MEETS LBH』の映像を中心にした全国イベント(21都市33箇所)の北海道開催。同写真集のメイキング映像を物語仕立てに編集し直してイ・ビョンホン自らが朗読を入れたショートムービーや、未公開の写真集撮影現場メイキング映像、2007年1月に公開予定の「夏物語」の予告編、東京ドーム公演収録DVDの予告編等を放映予定。ロビーには、約30点の写真集撮影時の未公開写真をパネル展示。フィルムツアー・オリジナルグッズも販売予定。詳細は「チケットぴあ」HPの同イベント案内欄で。
・日 時 :2006年12月11日(月) 4回上映
  11:30、14:00、16:30、19:00(開場各30分前)
・会 場 :札幌市民会館
・料 金 :全席自由、1,600円(生写真プレゼント付)
      Pコード608-104。※未就学児童の入場不可。
・お問合せ:ウエス TEL 011-614-9999
・参考サイト:
 .ぁΕ咼腑鵐曠鷂式サイト http://www.leebyunghun.com/
 ▲ぁΕ咼腑鵐曠 ジャパン公式ファンクラブ http://byunghun.excite.co.jp/続きを読む

bluebook at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2006年12月10日

憲法9条・今こそ旬「歌と映像の夕べ」@江別市

 「ケンポウナンバー9(日本国憲法第9条)」を作曲した札幌在住のシンガー・ソングライターいなむら一志さん(公式HP)が平和について語り歌う。太平洋戦争の激戦地、硫黄島のドキュメントビデオも上映予定。主催の「9条江別市民の会」発足2周年記念のイベント。
・日 時 :2006年12月10日(日) 18:15
・会 場 :江別市・江別市野幌公民館(野幌町13)
・入場料 :一般 700円、学生300円。
・お問合せ:同会 TEL 011-383-1765(石田)

bluebook at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

映画「わらびのこう 蕨野行」上映会@旭川市

 恩地日出夫監督の「わらびのこう 蕨野行」(公式HP)上映。2003年、124分。村田喜代子原作。市原悦子、石橋蓮司、清水美那、李麗仙ほか出演。江戸時代、東北の山里の小さな村で、60歳を迎えた老人は「蕨野」に移り住むという隠れた掟があった。人はどこから来てどこへ行くのか。
・日 時 :2006年12月10日(日) 13:00、15:45、18:30
・会 場 :旭川市・公会堂ホール(常磐公園内)
・入場料 :前売1,000円、当日1,300円
・お問合せ:野嶽 TEL 0166-60-1616。
・主 催 :映画「わらびのこう」旭川上映実行委員会(旭川映画村ほか)
・参 考 :映画「蕨野行」の製作と上映を支援する会

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

Dr.ツクール個展『おもちゃ箱展=おもちゃ場個展』@札幌

 札幌在住の若手、Dr.ツクール(HP)さんの個展。「生活に接した素材の進化と合体を表現するDr.ツクール。氏の「つくる」ことは、使わないと知ることの出来ない、作品の必然的な劣化に遭遇することになり、一ヵ月の現場での制作を通して、061210Drtukuru小さな空間を大きな箱という時間的な場に変容させてくれる」(DMの紹介文を引用)。詳細は主催のPRAHA Project(HP)案内欄で。
・会 期 :2006年12月8日(金)〜10日(日)
・時 間 :12:00〜20:00
・会 場 :札幌市・PRAHA 8J(ぷらははちじぇい)
     (中央区南11西9 あけぼの開明舎201内)
【予定内容】
■「みんなでつくーる会」
  12月10日(日) 16:30〜18:00、参加費500円(材料代+おかし代)
■クロージングパーティ 12月10日(日) 18:00〜、持寄り大歓迎続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

くしろシネマパラダイス上映会「かもめ食堂」@釧路

061117nihonchinbotsu 釧路市の自主上映団体「くしろシネマパラダイス上映会」の上映会で、今年の大ヒット作「かもめ食堂」(公式HP)を上映。「バーバー吉野」の荻上直子監督。群ようこ原作。北欧の港町フィンランドの街角で、おにぎりを出す「かもめ食堂」の物語。小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ が主演。
・日 時 :2006年12月10日(日) 11:00、14:30、18:30
・会 場 :釧路市生涯学習センター 大ホール
・入場料 :大人1,500円、子供1,000円
・お問合せ:くしろシネマパラダイス TEL 0154-25-8284

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「映画 日本国憲法」上映会@札幌

 日本国憲法制定の経緯や平和憲法の意義について、世界的な有識者たちが語ったインタビューをまとめたドキュメンタリー映画「映画 日本国憲法」(公式HP)(2005年、78分) =DVD情報=を上映。「チョムスキー9・11」などで知られるジャン・ユンカーマン監督。2005年度キネマ旬報ベスト10・文化映画部門第1位。札幌映画サークルと“イラクの平和を求める学童保育の会”の共催上映。託児(要事前予約)あり。
・日 時 :2006年12月10日(日) 9:30開場
  10:00、12:00、14:00、16:00、18:00
  (各回の合間にミニイベントを開催)
・会 場 :札幌市・かでる2・7(中央区北2西7 地図) 820号会議室      
・入場料 :大人 前売800円(当日1,000円)、大学以下500円、ペア1,500円
・お問合せ:「映画 日本国憲法」上映実行委員会
  イラクの平和を求める学童保育の会 杉本 TEL & FAX 011-671-8191
  札幌映画サークル TEL & FAX 011-747-7314、E-mail sapporocinema@yahoo.co.jp

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「モダン建築の夢」展示と講演会@札幌

 「私は建築家になるべきでした。」−そう言い残した三岸好太郎の唯一の建築作品といえるのが、061007modernkenchiku死後に完成された東京・鷺宮のアトリエ(山脇巌設計)で、日本で最も早く1934年にバウハウスの国際様式を取り入れたいわば建築モダニズムの魁ともいえる作品だった。このアトリエを基点に、日本におけるモダニズム建築の始まりと展開をたどる。
・会 期 :2006年10月7日(土)〜12月10日(日)
・時 間 :9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌・北海道立三岸好太郎美術館(中央区北2西15)
・入場料 :一般600円、高大生350円、小中生250円
・お問合せ:同館 TEL 011-644-89001
※ 関連企画(以下、展覧会入場者無料) 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術