2007年04月

2007年04月30日

とうめいのかたち展 The Forms of Transparency@札幌

070414toumeinokatachi 「とうめいのかたち展 The Forms of Transparency」は、東京近郊の小規模製造業者と若手デザイナーが共同で製作した家具やプロダクトのプロトタイプの展覧会です。「ひかりのかたち展」というタイトルで3年前にCAIで開催し、その完成度の高さから美術愛好家の他、デザイナー、建築家にも高い評価を得ており、その出展品の一部が、Light + Building、Frankfurt 2004 (フランクフルト国際照明見本市)、デザインコリア2005に巡回、また2004年グッドデザイン賞を受賞するなど小規模製造業と若手デザイナーの共同の成果として内外で大きな注目を集めました。作品はアクリル重合法によりアクリル樹脂を反応・硬化させる技術で、美しい透明アクリルで制作したプロダクトデザインの小品展です。今回は札幌在住のデザイナー伊藤千織さんも参加 しています。(主催の方の案内文を転載)
・会 期 :2007年4月14日(土)〜30日(月)
・時 間 :13:00〜19:00  日曜休館 
      オープニングパーティー 4月14日(土)18:00
・会 場 :札幌・CAI現代芸術研究所(中央区北1西28-2-5、駐車場なし)
・入場無料
・お問合せ:CAI現代芸術研究所 TEL 011-643-2404 
・参 考 : factory project(HP)の「とうめいのかたち展」札幌展 特設欄続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

本田征爾展−幻灯生物−@札幌

 科学と神秘、マクロとミクロのあわいを覗くような作品群。作者の本田 征爾(ほんだ・せいじ)さん(HP)は札幌在住。北大水産学部出身で、春から秋にかけまぐろ調査船に乗船。船上で描いた透明水彩や水溶性色鉛筆の作品等を、陸に戻って個展で発表し続けている070421hondaseiji=画像は今回のDMハガキ=。
・会 期 :2007年4月21日(土)〜30日(月・祝)
・時 間 :11:00〜19:00 会期中無休
・会 場 :札幌・ギャラリー門馬アネックス(中央区旭ヶ丘2の3の38 地図)
・入場無料
【関連企画】 札幌のバンド「F.H.C.」のライブ。
  4月29日(日) 13:00、18:00、同会場。無料(投銭歓迎) 
続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2007ムーミンプレミアムコレクション@札幌

 フィンランドの画家・作家トーべ・ヤンソン氏(1914〜2001)が描いたムーミン(公式HP)の物語を、北欧テイストあふれる会場で、高さ2mのムーミン屋敷や谷口千代氏によるムーミントロール人形等の展示、Tシャツ、マグカップ、タオル等のプレミアムコレクション限定グッズを販売。070425moomin
・会 期 :2007年4月25日(水)〜30日(月・祝)
・時 間 : 10:00〜20:00(日曜19:30まで、最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・丸井今井札幌(中央区南1西2) 大通館 9階 催事場
・入場無料
・お問合せ:同店 TEL 011-205-1151
【ムーミンの参考サイト】
 フィンランドのムーミン公式サイト(英語/フィンランド語/スウェーデン語)
  フィンランドの著作権管理者による公式サイト。
  原作者トーベ・ヤンソンやメインキャラクターの紹介、ゲームコーナーも。
 ムーミン谷博物館(日本語/英語/フィンランド語/スウェーデン語/ドイツ語)
 フィンランドのタンペレにあるムーミン谷博物館のサイトで、ここがトーベ・ヤンソンの原画のほとんどを収蔵している。日本語の解説もあるが、英語のほうが情報量が多め。

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

伊勢神宮展、道内の伝統芸能等の奉奏も@札幌

 伊勢神宮、式年遷宮について、写真パネル・映像等で詳しく解説をし、御神宝・祭器具類などを展示。070424isejinguu伊勢神宮崇敬会による販売コーナーも。会場には特設ステージを設け、日替わりで北海道内での伝統芸能、舞楽、神楽等の奉奏が行われる。詳細は北海道神宮庁HPの案内欄で。
・会 期 :2007年4月24日(火)〜30日(月)
      10:00〜20:00(最終日は18:00まで)
・会 場 :札幌市・札幌三越(中央区南1西3) 10階特別会場
・入場無料
・お問合せ:同店 TEL 011-271-3311
・主 催 : 伊勢神宮式年遷宮広報本部 http://www.sengu.info
※ 北海道の伝統芸能、舞楽・神楽他奉奏日程 → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

新たなサブカルチャーの発信の場「ATTIC」誕生、企画を募集中@札幌

 少し不思議なイベントスペース「ATTIC」(アティック)が、この4月から札幌市中心街に誕生した。約80平方メートルの空間で、名称のATTICとは屋根裏の意味。既に、前衛的なライブや演劇公演、セミナー、上映会、クラブイベント等に使われ始めている。070715attic開設したのは、マンガ評論家の精神科医 阿部幸弘さん(49)、札幌の市民映画館シアターキノ代表の中島洋さん(56)ら、演劇やネットマガジン発行などに携わる札幌市内の20代〜50代の8人。時間や金銭の制約をなるべく受けない表現の場を提供し、自らもその輪に加わって表現を磨く後押しをしていきたいと、合同会社「屋根裏ネットワーク」を設立し、サブカルチャーの拠点を作った。
 意欲あるアーティスによるユニークな企画を募集。登録無料の会員制で、貸し出しの基本料金は全日(9:00〜12:00)で18,000円。意欲的で斬新な企画については料金を安くするという。
 ATTIC 公式サイト http://www.a-yaneura.com/
・住 所 :札幌市中央区南3西6 長栄ビル4F
・お問合せ:ATTIC TEL & FAX 011-676-6886

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) ホール・施設 

2007年04月29日

FINE TIME 25@札幌

 「ファイン・タイム」とは、デザイン、イラスト、映像、音楽、その他アートで表現している人、そういう表現者に興味のある人なら誰でも参加自由。自己紹介や雑談を楽しむゆるやかな時間。予約不要。
・日 時 :2007年4月29日(日) 19:00〜21:00
・会 場 :札幌・ソーソーカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F)
・入場無料 (ただし、カフェのため飲食代別途)
・お問合せ:ソーソーカフェ 011-280-2240。
・協 賛 :NUMERO DEUXほか。
・詳細は「FINE TIME」公式サイトで。 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「地球交響曲第六番」上映@札幌

 自然と人間の在り方を考える龍村仁監督のドキュメンタリー映画「地球交響曲」の最新作、第6番(同HPの紹介欄)を上映。070429gaiasymphony06同シリーズは、「地球(ガイア)は一つの大きな生命体で人類もその一部分であり、他のすべての生命体とともに生かされている」というテーマの下、各分野で偉業を成し遂げた人々が登場し、地球の未来がどうあるべきか示唆する。第6番では「すべての存在は響き合っている」をテーマに、ケリー・ヨスト、ロジャー・ペイン、ラビ・シャンカール氏が出演。今回は、ゲストに第6番に出演している民族楽器奏者の奈良 裕之(公式ファンサイト)氏を迎える。
・日 時 :2007年4月29日(日) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :札幌市生涯学習センターちえりあホール
      (西区宮の沢1条1丁目 地下鉄宮の沢駅直結)
・入場料 :2,000円(先着380名)定員になり次第締切。
・お問合せ:ガイアシンフォニー第6番上映実行委員会 田口 TEL 070-5601-9381
・参 考 :札幌での完成披露試写会の記事(2006/1/30)
※ チケットお申込み方法 → 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

microの最終展示 足立 成亮写真展 「事の終わり」と「ミクロのキロク」展@札幌

 札幌の木造の古い民家を改造したスペース「micro.」(2006/08/23〜)が、いよいよ建物の解体の日が近づき、2007年4月30日(月・祝)をもって活動を停止する。同スペースは、若手写真家の足立成亮氏らが「カフェギャラリー実くろ」の後を引き継ぎ、写真や現代美術、ライブ等の自主ギャラリーとして活発に活動してきたもの。micro.最後の展示は2部構成で、1階がオーナーの足立 成亮さん足立成亮写真展 「事の終わり」を、2階でミクロでこれまで展示した作家が日々作品を搬入する「ミクロのキロク展」を同時開催。詳細は「micro.」HPの案内欄で。
・会 期 :2007年4月23日(月)〜29日(日)
・時 間 : 13:00〜22:00
・会 場 :札幌市・micro.
      (中央区南5条東3丁目1-1)
・入場無料
【クロージングパーティー】
  2007年4月27日(金)、28日(土) 18:00〜
  両日併せて10組以上のパフォーマー、ミュージシャンが集まる予定
  29日(土)は早めに終了予定とのこと
・参 考 :micro. the TV ホームページ
※ クロージングパーティー(2007/04/27、04/28)のプログラム → 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホール・施設 

藤谷康晴ライブ・ドローイング「白と黒のサティスファクション」@札幌

 札幌で次々と個展やライブドローイング活動を展開している若手、藤谷 康晴(ふじや・やすはる)さんのライブドローイング。2006年1月のデビュー以来、街路や駐車場など日常の何気ない風景を緻密なモノクロの線で静謐に描き、異界のような緊迫感を漂わせる作品群を次々に発表。前回の個展「呼吸する部屋」では、微生物とも植物とも抽象ともつかぬ不思議なエネルギーの奔流を、モノクロの線描点描で展開。会場の壁一面を、初日の白紙を貼った状態から、会期中描き続けて埋め尽くした。今回は壁一面の黒い紙の上に白線で2日間、070428fujiyayasuharuオープンからクローズまで描き続ける。
・会 期 :2007年4月28日(土)〜29日(日)
・時 間 : 11:00〜19:00
・会 場 :札幌・ART-MAN gallery
      (中央区南4東4 西向き TEL 011-200-4121)
【会場レポート記事】
・今回展 :北海道美術ネット別館HPのレポート記事(2007/04/29)
・前回展 :北海道美術ネット別館HPのレポート記事(2007/03/22)
※ 最近の個展と作家プロフィール → 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(1)TrackBack(1) 美術 

「ガイサンシーとその姉妹たち」上映@札幌

070429gaisanshie 長編ドキュエンタリー映画「ガイサンシーとその姉妹たち」(公式HP)シグロ、2007年、80分)が、さっぽろ自由学校「遊」の主催で札幌で上映される。班忠義監督が9年の歳月をかけ、旧日本軍の性暴力を受けた中国人女性達の半生を追った作品。上映の詳細は「遊」HPのお知らせ欄で。
・日 時 :2007年4月29日(日) 10:00、12:30、14:15
・会 場 :札幌市教育教育文化会館 4階講堂(中央区北1西13)
・入場料 :大人 前売1,000円(当日1,300円)、高校生以下500円
・お問合せ:さっぽろ自由学校「遊」 TEL 011-252-6752
※ 作品紹介ほか → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年04月28日

韓国を知る会の韓国映画鑑賞会「まぶしい一日」上映@札幌

 韓国との相互理解と交流を深めることを目的に、1996年7月に誕生した任意非営利の市民団体「韓国を知る会」(HP)の映画上映会で韓国映画「まぶしい一日」(日本語公式HP)を上映。韓国/2006年/133分。済州島、ソウルと東京、そして仁川国際空港。それぞれの場所でのたった一日の出来事。日本と韓国の若者達の出会いと成長が3つのエピソードで語られるオムニバス青春映画。構成内容は、「宝島」(キム・ソンホ監督)、「母をたずねて三千里」(キム・ジョングァン監督)、「空港男女」(ミン・ドンヒョン監督)。札幌在住の映画評論家、月原万貴子さんの解説付き。詳細は同会HPの映画掲示板で。
・日 時 :2007年4月28日(土) 18:00〜20:30
・会 場 :札幌市・北海道韓国会館 5F 会議室
      (中央区南9西4 地下鉄中島公園駅下車 徒歩1分)
・会 費 :500円(会員は無料)、直接会場へ
・お問合せ: TEL 090-7519-5653(中村)
・後援・作品提供:シネマコリア 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ドキュメンタリー映画「戦争をしない国 日本」上映@札幌

 ドキュメンタリー映画「戦争をしない国 日本」(公式HP)を上映。社会派作品で知られる映画監督、片桐直樹氏が、現在の日本国憲法制定の経緯や、戦後の憲法9条をめぐって起こった政治的な動き、市民運動などの様子を、豊富な記録映像で綴った作品。2006年、90分(短縮版)。憲法を守るための映画制作運動「シリーズ憲法と共に歩む」第1篇で、070113sensouwoshinaikuni呼びかけ人に山田洋次監督や香山リカさんら108人が名を連ねる。詳細は同HPで。当日は上映前に、高崎暢弁護士(たかさき法律事務所)によるこの映画に関する講演(約30分)あり。
・日 時 :2007年4月28日(土) 13:30開場、14:00開演
・会 場 :札幌市生涯学習センター ちえりあホール
      (西区宮の沢1条1丁目 地下鉄宮の沢駅直結)
・入場料 :前売・当日とも 1,000円
・お問合せ:TEL 011-642-8026(橋本)、TEL 011-641-0426(岡部)
・主 催 :「戦争をしない国日本」上映実行委員会
・参 考 :マガジン9条HPの記事『この人に聞きたい』片桐監督編

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

子どもによい映画を見せる会上映会「地球が動いた日」@札幌

 1995年1月17日の阪神淡路大震災を正面から描いた長編アニメーション映画「地球が動いた日」=DVD情報=を上映。原作者の岸川悦子をはじめアニメ「5等になりたい。」のスタッフが再集結、戦後最大の震災で、たくさんの悲しみや苦しみを経験した子供たちが希望を見つけ成長してゆく姿を描く。78分。
・日 時 :2007年4月28日(土) 13:30開場、14:00上映
・会 場 :札幌市教育文化会館 4階講堂(中央区北1西13)
・入場料 :一般 前売1,000円、当日1,300円
      4歳〜中学生 前売800円、当日1,000円
・提 供 :北海道フィルムアート
・お問合せ: TEL 011-520-5353(石川)
・参考:共同映画(HP)「地球が動いた日」特設欄続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

山本祐歳個展「metamoric animal」XI とワークショップ@札幌市

 〜 wood carving "Tasting" & "BAZAR" 〜
 JR北海道社内誌の表紙でもおなじみ、木彫りで擬人化された動物達を制作している北広島市在住の作家、山本 祐歳(やまもと・まさとし)さん(公式HP)の個展。木彫と自ら撮影した作品群「METAMORIC ANIMAL」(変容する動物)を展示予定。作品それぞれの「物語」が意匠を凝らした写真の中に新たに立ち上がる。今回は、来場者が実際に木彫りを体験できる一角を会場内に用意。4月のワークショップへの申込も受け付ける。右の画像は、前回展で販売されたハガキからの2枚。070313yamamotomasatoshi
・会 期 :2007年3月13日(火)〜18日(日)
・時 間 :12:00〜20:00(初日14:00から。最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・ほくせんギャラリーivory (TEL011-251-5100)
     (中央区南2西2、NC HOKUSENブロックビル4階)
・入場無料
【ワークショップ】
 2007年4月14日(土)、28日(土)の2日間、13:30〜16:30
 材料費込みで3,500円(2日間分)、先着10名まで。 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

クレイアニメ「KUROMAME」 東京アニメアワード特別賞受賞記念上映会@札幌

 札幌のクレイアニメーションスタジオ、QwiFilm(キュウイフイルム)(HP)がこの10月に完成させた初の自主制作映画「KUROMAME」the magic wand (25分)(参考記事)が、、第6回東京アニメアワード公募作品部門で特別賞を受賞記事)。その記念に札幌で「黒豆を食べながら映画を観る」上映会を開催。上映後にキュウイフィルムの面々によるクレイアニメ製作の実演ショーも。映画は、粘土で出来た黒豆の妖精の親子=右画像=の短編ファンタジー。070210kuromame01上映の詳細はあぐら家具HPの特設欄、映画の詳細は同HPの案内欄で。
・会 期 :2007年4月20日(金)〜28日(土)で計6回上映
・日 時 :4/20(金)と4/27(金) 20:00 1日1回
      4/21(土)と4/28(土) 13:00、16:00 各日2回
・会 場 :札幌・あぐら家具(中央区北1西10 地図)
・入場料 :一般 1,200円、こども800円(1ドリンクと黒豆スナック付)
      前売券にはオマケ付き
・お問合せ:あぐら家具 TEL 011-209-3889
※ 当日会場でパンフレット、ポスターやグッズの販売を予定 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ワーナーおじさんと名画を楽しむ集い「第1回ハリウッドミュージカル〜タップダンスの魅力」@札幌

 NPO法人「北の映像ミュージアム」推進協議会が、映画を愛する人たちに贈る新企画。映画ファンの間では、“北海道の淀川長治さん”として親しまれる“ワーナーおじさん”こと山田 昂(のぼる)さんが、映画の楽しさを語るシリーズ。
 第1回は、山田さんが最も得意とするハリウッド映画がテーマ。往年のミュージカルスター、フレッド・アステアがタップの女王エリナー・パウエルと共演、あの有名なナンバー「ビギン・ザ・ビギン」を踊る『踊るニューヨーク』などの名画が次々と登場。
・日 時 :2007年4月28日(土) 13:00
・会 場 :札幌・かでる2・7(中央区北2西7 地図)1040会議室
・料 金 :500円(資料代)
・お問合せ:NPO法人「北の映像ミュージアム」推進協議会 TEL 011-221-5396 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「戦艦ポチョムキン」「エルミタージュ幻想」上映@釧路芸術館

 釧路芸術館の「舞台芸術の世界展」〜ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン〜(2007/04/17〜05/27、記事)の関連企画で、ロシア映画の傑作2作を上映。
・日 時 :2007年4月28日(土) 10:30開場
  11:00 「戦艦ポチョムキン」=DVD情報=
      1926年、アレクサンドル・エイゼンシュタイン監督、74分
 ◆14:00 「エルミタージュ幻想」=DVD情報=
      20002年、アレクサンドル・ソクーロフ監督、96分
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 アートホール
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年04月27日

★「チェコのアートアニメーションワールド」上映@札幌

 キュート、シュール、キッチュ・・・独創的なアイデアとユーモアが満載なチェコアニメの傑作群を紹介。今回は世界的にも高く評価されているチェコの人形アニメーションを皮切りに、絵本やデザイン、工芸などにも優れた独創性を発揮するチェコのマルチアーティストたちが手掛けた、60年代から現在に至るまでの作品をセレクト上映。チェコ本国で“最も美しい絵本賞”を何度も受賞したヨゼフ・パレチェクの作品や装丁画家、童話作家、劇作家の顔を持つチェコの元祖マルチアーティスト、ヨゼフ&カレル・チャペックなど、個性的なアーティストたちの短編アニメを予定。同劇場での070421CzechArtAnimaヤン・シュヴァンクマイエル監督最新作「ルナシー」公開(記事、5/5〜10)を記念するプログラム。詳細はシアターキノHPの案内欄で。
・会 期 :2007年4月21日(土)〜27(金)
  Aプログラム 4/21(土)〜4/23(月)
  Bプログラム 4/26(木)・4/27(金)
・時 間 : 20:25〜21:55 (4/21のみ20:55〜22:25)
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6グランドビル2F)
・入場料 :当日 1,200円、シニア・高校生1,000円。
      2プログラム券2,000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355
※ 上映作品 → 続きを読む

bluebook at 20:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

札幌市立大学第6回産学連携公開講座「アイデアが生み出す新しいビジネス」@札幌

 札幌市立大学が開催する産学連携公開講座の第6回目。自分の資源を無償で開放する代わりに、他の人の資源を無料で使える「Linus」と、自分の資源を有料で開放する代わりに、ほかの人の資源も有料で使う「Bill」。今回の講座は、「世界中のユーザーが協力して無線インターネットを広めよう」というコンセプトで草の根展開する、世界最大の無線コミュニティ「FON」を題材に、アイデアが生み出す新しいビジネスの可能性について考える。講師にフォン・ジャパン(株) コーポレートコミュニケーショングループディレクターのNina Nikkhou (ニナ・ニックー)氏と、(株)DGインキュベーションマネージャーの井上恒一氏を招く。詳細は同大HPの案内欄で。
・日 時 :2007年4月27日(金) 18:30〜20:30
・会 場 :札幌市・札幌市立大学サテライトキャンパス
      (中央区北3西4 日本生命札幌ビル5階 TEL 011-218-7500 地図
・入場無料、定員80名、先着順。事前申込が必要
・申込方法:
  「公開講座参加」として、氏名、所属、連絡先を明記して
  メールで koza@scu.ac.jp まで申し込みを。 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

家紋を現代の作家達が表現した「KAMON DESIGN EXHIBITION」 @札幌

 〜 KAMON DESIGN EXHIBITION 〜
 日本の伝統と風土の中で生まれた紋章である家紋を、現在のクリエイターが編集、リ・デザイン、そしてコラージュ等をする事によって、家紋本来の持つシンプルで伝統美に溢れた普遍的なデザイン性を損なう事無く、そこに新しい価値観と表現をクリエイトし、それをプロダクツを媒体として現代に表現する。“現代のクリエイターによる家紋の新しい細胞分裂”東京、ベルリンでの展覧会を経て、札幌にいよいよ上陸。(SOSOカフェHPの案内欄より)。070401kamon
【参加アーチスト】 6人
 田名網敬一、 生意気、 宇川直宏
 ISHIURA (TGB design.)、 MAROK、 wabisabi
・会 期 :2007年4月1日(日)〜27日(金)
・時 間 :11:00〜21:00
・会 場 :札幌・SOSOカフェ(中央区南1西13三誠ビル1F)
・入場無料。ただし会場は喫茶店なので何か注文を。
・お問合せ:同店 TEL 011-280-2240 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

★モンゴルの少女のドキュメント映画「ブージェー」上映@札幌

 医師で探検家の関野 吉晴さん(公式HP)が、南米最南端から人類誕生の地アフリカを目指す旅“グレートジャーニー”の途上で出会ったモンゴル遊牧民の少女との交流を描いたドキュメンタリー映画「プージェー」(公式HP)が、いよいよ札幌でも上映される。1999年、関野氏はモンゴルの大草原を自在に馬で駆ける一人の少女と出会う。思わずカメラを構えた関野氏に少女は言い放った。「写真撮るなら、こっちに来ないで!」 少女はプージェーといい、当時6歳。自立心が強く、決して大人に媚びない態度に、関野は遊牧民の理想像を重ねる。時代の波に翻弄されるモンゴル遊牧民5年間の記録。2006年、110分、山田和也監督。当日は、高精細な映像を表現出来る“Blue Ray Disc”で上映。詳細は、主催の札幌映画サークルHPで。061111puujee
・日 時 :2007年4月27日(金)
・会 場 :札幌市内2会場 (満席見込のため第2会場を急遽追加、4/24)
 【第1会場】 札幌市男女共同参画センター(北区北8西3) 2F 環境プラザ
   10:00、12:10、14:20、16:30、18:40
   (注意 イ硫鵑里瀑本語吹替版、他は字幕スーパー版)
 【第2会場】 札幌・北海道クリスチャンセンター(北区北7西6)
   19時(1回のみ、字幕スーパー版)
・入場料 :一般 前売1,000円、当日1,300円。シニアは前売当日とも1,000円。
      高校生以下 500円(当日のみ)。
   “Web限定のEクーポン”を印刷・持参すると前売料金の1,000円”で入場可
・お問合せ:札幌映画サークル(011-747-7314)続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

DVD「日本アニメクラシックコレクション」発売

 無声映画専門の映画会社、マツダ映画社所蔵の漫画映画が、DVD「日本アニメクラシックコレクション」(4巻セット)として(株)デジタル・ミームより2007年4月27日(金)に発売される。1920〜30年代にかけて制作された55作品を収録。制作陣には村田安司や大藤信郎、片岡芳太郎、山本早苗など日本アニメの草分け的存在が名を連ねる。日本のアニメーションのルーツをたどる貴重な資料。070427janimeclassic多言語の字幕付きなので、活動弁士の語りを海外の方でも楽しめる。詳細はマツダ映画社の案内欄と、螢妊献織襦措劼案内欄で。
【DVD情報】
 ・「日本アニメクラシックコレクション」(DVD 4巻セット)=Amazon情報=
 ・発売予定:2007年4月27日(金)
 ・セット価格:12,800円(税別)
 ・収録作品: 55作品(同社HPより 第1巻第2巻第3巻第4巻
 ・言 語 :日本語。(字幕は日本語、英語、中国語、韓国語の4種)
 ・お問合せ:マツダ映画社 TEL 03-3605-9981 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年04月25日

チェルノブイリデー記念講演会+「六ヶ所村ラプソディー」上映@札幌

 旧ソ連のチェルノブイリ原発事故から2007年4月26日で21年。原発問題を考える講演会「21年目の4.26チェルノブイリデー集会」が開催される。当日は、青森県六ヶ所村の核燃料再処理工場を取り巻く人々の暮らしに重点をおいて描いた長編ドキュメンタリー映画「六ヶ所村ラプソディー」(公式HP)(2006年、16mm、116分)の鎌仲ひとみ監督と、同村で趣味のチューリップ栽培をする傍ら、脱原発に向けた市民活動を続けている菊川慶子さんが村の現状を報告。その後、上映を行う。
・日 時 :2007年4月25日(水) 
      17:30開場、17:45〜20:45 予定
・会 場 :札幌・かでる2.7(中央区北2西7 地図) 4F 大会議室
・資料代 :500円(中学生以上)。生協会員以外も参加歓迎。
・お問合せ:生活クラブ生協 TEL 011-665-1717 FAX 011-665-2325
・映画公式ブログ:http://ameblo.jp/rokkasho/

bluebook at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ちえりあ映画試写会「稚内発 学び座 〜ソーランの歌が聞こえる〜」@札幌

070425manabiza ちえりあ視聴覚センターが所蔵する約1万本のフィルム・ビデオの中から、お勧めの作品を選んでを紹介する「ちえりあ映画試写会」。今回は「稚内発 学び座 〜ソーランの歌が聞こえる〜」(1998年、102分)を上映。昭和60年代当時、校内暴力で「日本一荒れた学校」といわれた稚内南中学校で、よさこいソーランへの取組を通じて学校・地域が一丸となって子ども達と向き合い再建に取り組んだ実話を映画化。斎藤耕一監督。渡瀬恒彦、安達祐美ほか出演。詳細はちえりあHPの案内欄で。
・日 時 :2007年4月25日(水) 10:00〜12:00
・会 場 :札幌市生涯学習センターちえりあホール(西区宮の沢1条1丁目 地図
・入場料 :無料(予約不要、当日直接会場へ)。定員436名。
・お問合せ:視聴覚センター TEL 011-671-3425。
・参 考 :ウェブマガジン カムイミンタラの記事 映画「学び座」製作に携わって 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2007年04月23日

ドキュメンタリー映画「戦争をしない国 日本」上映@札幌

 ドキュメンタリー映画「戦争をしない国 日本」(公式HP)を上映。社会派作品で知られる映画監督、片桐直樹氏が、現在の日本国憲法制定の経緯や、戦後の憲法9条をめぐって070113sensouwoshinaikuni起こった政治的な動き、市民運動などの様子を、豊富な記録映像で綴った作品。2006年、90分(短縮版)。憲法を守るための映画制作運動「シリーズ憲法と共に歩む」第1篇で、呼びかけ人に山田洋次監督や香山リカさんら108人が名を連ねる。映画の詳細は同HPで。当日は3回上映。
・日 時 :2007年4月23日(月) 15:00、17:00、19:30
・会 場 :札幌市・北海道クリスチャンセンター(北区7西6 地図
・入場料 :前売り 大人800円、中高生500円
      当 日 大人1,000円、中高生500円
・お問合せ:TEL 011-736-3388(板谷)
・参 考 :マガジン9条HPの記事『この人に聞きたい』片桐監督編

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年04月22日

木村環展「METAL BOWL STRIKE AGAIN」@札幌

 TAMAKI KIMURA(a.k.a.kim-igor) EXPOSITION 
 季刊「札幌人」のイラスト連載でもおなじみ、札幌在住の美術家kim-igorこと木村 環さんの個展。「音楽も映画も漫画も『癒されます…』『ホッとします…』とは対極にある、奥歯ガクガク云うくらい胸ぐら掴んで揺さ振るモノに、圧倒的に惹かれる」という。070324kimuratamakiten今回はボーリングをモチーフに、シュールでブラックな味わいの強い作品群になる模様=右は今回3種類あるDMハガキの1枚=。
・会 期 :2007年3月24日(土)〜4月22日(日) 無休
・時 間 :13:00〜21:00
・会 場 :札幌・CD&Gallery 「Third Ear(サード・イアー)」
      (中央区南1西7 大通パークサイドビル4F)
・入場無料
・お問合せ:同店 TEL・FAX 011−271-0166
・参 考 :「栄通記」レポート記事(2007/03/28、写真多数)
【これまでの作品展】
   2006年10〜11月の個展2006年6月の個展2006年3月の2人展
※ 会場のサード・イアーでは展示スペース提供中(CD店と併設)
   作品展示希望者は同店へ電話・メール等で問合せを 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 美術 

アースデイ EZO 2007〜地球のことを考えて行動する日〜@札幌

 アースデイ(別名:地球の日、英:Earth Day)とは、070422EarthDay021970年に4月22日を環境問題への関心を示す行動を起こす日としてアメリカで誕生。現在では、世界184の国と地域、約5,000箇所で行なわれている世界最大の地球フェスティバル。日本では1990年から各種イベントが開かれている。今年は北海道でも4月22日(日)を中心に道内各地で、「ヒトツ」をテーマに、北海道がひとつになり、世界とつながっているアースデイを実現する。参加企画や実行委員会、ボランティアも募集する(最終締切4/30)。詳細は「Earth DayEZO 2007」(公式HP)で。
・開催・実施期間:
  メインデー 2007年4月22日(日)
  開催期間  2007年4月14日(土)〜6月30日(土)
・会 場 :
  オフィシャル会場(メインデーのみ)
  札幌市大通公園1丁目、札幌市円山動物園会場、
  道内各地
・お問合せ:アースディ EZO 2007実行委員会事務局 TEL 011-562-0081
・参 考 :アースデイジャパン

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

ドキュメンタリー映画「戦争をしない国 日本」上映@札幌

 ドキュメンタリー映画「戦争をしない国 日本」(公式HP)を上映。社会派作品で知られる映画監督、片桐直樹氏が、現在の日本国憲法制定の経緯や、戦後の憲法9条をめぐって起こった政治的な動き、市民運動などの様子を、豊富な記録映像で綴った作品。2006年、90分(短縮版)。憲法を守るための映画制作運動「シリーズ憲法と共に歩む」第1篇で、呼びかけ人に山田洋次監督や香山リカさんら108人が名を連ねる。070113sensouwoshinaikuni映画の詳細は同HPで。当日は3回上映。
・日 時 :2007年4月22日(日) 4回上映
・会 場 :札幌市豊平区の2会場で
  10:00 豊平区民センター(平岸6条10丁目 TEL 011-822-2400)
 ◆13:00 豊平区民センター
  15:30 旭水会館(水車町6丁目)
 ぁ18:00 豊平区民センター
・入場料 :500円
・お問合せ:TEL TEL 011-831-3884
・参 考 :マガジン9条HPの記事『この人に聞きたい』片桐監督編
・主 催 :旭水9条の会、ひらぎし9条の会の共催

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年04月21日

編集者トークとミニコンサート 「マグネット meets 北海道交響楽団」@札幌

 札幌からさまざまなアート&カルチャー情報を発信しているフリーペーパー「マグネット」(HP)が送るイベント。今月21日に発行される最新、第20号=画像=の話を中心に、チーフエディターの石川伸一氏と制作スタッフ、北海道交響楽団(道響)のメンバーがトークを展開。070421magnet20道響によるミニコンサートも併せて開催。詳細は会場のアップルストア札幌店HPの案内欄で確認を。
・日 時 :2007年4月21日(土) 19:00〜20:00
・会 場 :札幌市・アップルストア札幌
      (中央区南1西3 地図) TEL 011-209-8200
・入場無料
・参考サイト:
   屮泪哀優奪函廚鯤埆姑行しているNUMERO DEUX(HP)
 ◆‘瓜鐚膾砲寮仞鄂一さんのブログ「NUMERO DEUX express」記事 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

レイチェル・カーソン原作のドキュメンタリー映画「センス・オブ・ワンダー」上映@函館市

 化学薬品による環境汚染に40年前からいち早く警鐘を鳴らした名著「沈黙の春」の著者レイチェル・カーソン(Rachel Carson、1907〜1964年)の同題の遺作を映像化した朗読ドキュメンタリー「センス・オブ・ワンダー Sense of Wonder(公式HP)DVD情報=を上映。原作は、子どもと自然の中に出かけ、<センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目をみはる感性>を育み分かち合うことの大切さを、詩情豊かに綴った珠玉の短編。この日本語版の翻訳者上遠恵子氏が、舞台となった米国メイン州に現存するレイチェルの別荘周辺の森や海辺を訪ね、原作を朗読、作品の世界を追体験し、併せてレイチェルの人生の足跡を辿る。グループ現代制作、小泉修吉監督。16mm、107分。
・日 時 :2007年4月21日(土) 14:00〜15:55
・会 場 :函館市中央図書館 視聴覚ホール(地図)
・入場無料
・お問合せ:同図書館 TEL 0138-35-6800
・原 作 :「センス・オブ・ワンダーSense of Wonder」=書籍情報=続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ブレーメン館研究会「マーク・ロスコとバーネット・ニューマンを中心に『抽象絵画』について考える」@札幌

 「自由な発表と幅広い交流の場」をモットーに、同人誌発行や上映会、山中貞雄監督からアンゼルム・キーファー、ホロコースト漫画「マウス」まで幅広く論じる「ブレーメン館」の平成19年度最初の研究会。マーク・ロスコ(1903ー1970)やバーネット・ニューマン(1905ー1970)は、戦後アメリカを代表する画家で、ジャクソン・ポロックらと共に抽象表現主義と呼ばれる新しい抽象絵画を切り開き、ミニマリズムやポップアートなど現代美術に大きな影響を与えた。実際に作品を紹介しながら、「抽象絵画」引いては「抽象」とは何なのかを考える。
・日 時 :2007年4月21日(土) 14:00〜16:00
・会 場 :札幌・北海道情報大学 札幌サテライト
     (中央区北3西7緑苑ビル4階、植物園入口正面 地図
・講 演 :マーク・ロスコとバーネット・ニューマンを中心に
      「抽象絵画」について考える

・発表者 :安高誠吾(やすたか・せいご) 北海道教育大学助教授
・参加費 :一般500円。会員と学生は無料。予約不要。会員以外の参加歓迎。
・お問合せ:TEL 011-688-2346(道工大総合教育研究部内)岩田
※ 発表概要、これまでの研究会など → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

冤罪事件を描く今井正監督の「真昼の暗黒」上映会@札幌

 ある村で老夫婦が殺害され、容疑者5人のうち4人が過酷な取り調べに屈し、ウソの自白をした“八海(やかい)事件”。実際に起きたこの事件を映画化した今井正監督のサスペンス「真昼の暗黒」(1956年)を上映。現代ぷろだくしょん、122分、全編モノクロ。070421mahirunoankokuまだ実際の裁判が進行中で、最高裁からの圧力を受けながら、今井監督らは「もし有罪だったら、二度と映画は作らない」という覚悟でこの映画を作ったという。脚本は「七人の侍」などの黒沢映画で知られる橋本忍、音楽は伊福部昭。出演は草薙幸二郎、松山照夫、左幸子、内藤武敏、飯田蝶子ほか。第11回毎日映画コンクール(日本映画大賞)受賞作。
 現在、ラッシュの電車の中で痴漢と間違われて逮捕された青年を描いた周防正行監督最新作「それでもボクはやってない」(公式HP、2007年)がヒットしているが、その半世紀前にして今なお色褪せない冤罪事件映画の名作。
・日 時 :2007年4月21日(土) 13:30開演
・会 場 :札幌市教育文化会館 (中央区北1西13) 4階403号室
・入場料 : 1,000円
・後 援 :冤罪事件を考える会 TEL 011-562-1711
・提 供 :北海道共同映画社 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2007年04月20日

人気雑誌の編集長が教える「情報発掘術&企画術」@札幌

 〜編集者・ライターを目指す人のための「人気地元雑誌の編集部が教える情報発掘術&企画術」〜
 蠕訶漸餤主催の、道内の人気雑誌の編集長をゲストに迎えて、北海道の魅力を発掘する方法をうかがうトークイベント。070420sendenkaigi詳細は紀伊國屋書店のイベント案内欄、宣伝会議HPの案内欄で。
 ゲスト
      北海道ウォーカー編集部デスク 北川裕美子 氏
      「オトン」編集部デスク 古川尚彦 氏(発行:あるた出版)
 司 会 「札幌人」編集長 荒井宏明 氏
・日 時 :2007年4月20日(金) 18:30〜19:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1階インナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・主 催 :蠕訶漸餤 月刊「編集会議」編集・ライター養成講座事務局
・参加申込:参加希望者は蠕訶漸餤 まで事前に予約を。先着順(4/14追記)
  TEL 011-222-6000 (「トークイベントの予約」とお伝え下さい)
  MAIL hokkaido@sendenkaigi.co.jp
   (件名「トークイベント予約」として氏名・年齢・電話番号を明記)

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

モエレ・ファン・クラブ シンポジウム「モエレ沼公園の未来図」@札幌

 彫刻家イサム・ノグチの最後の作品として完成したモエレ沼公園(HP)。オープンから2年、現在は年間90万人が来場する国内有数の公園に変貌。この札幌市、そして世界の財産となった公園をどう守り育て、未来へ引き継いでいくのかを考えるシンポジウム。詳細は主催のモエレ・ファン・クラブHPのEVENT欄で確認を。070420moere
・日 時 :2007年4月20日(金) 18:00開場、18:30〜20:30
・会 場 :札幌市・かでる2.7(中央区北2西7 地図) 520研修室
・入場無料 先着100名
・参加申込:
   氏名、〒住所、TEL、メールアドレス(ある場合のみ)を明記し
   モエレファンクラブ事務局までFAXかメールで。
   FAX 011-563-5655、メール info@moerefan.com
・お問合せ:モエレ・ファン・クラブ事務局 TEL 011-563-5655
※ 当日のプログラム → 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

8mm Short film festival@札幌

 札幌の映像作家、伊藤隆介氏が率いる北海道教育大学札幌校美術科視覚映像デザイン研究室の授業で制作した8mmフィルム作品の上映会。同研究室は、佐竹真紀さん(HP)が、NHK BSのテレビ番組「デジタル・スタジアム(デジスタ)」で、2006年の映像部門グランプリに選出されるなど、数々の新進映像作家を輩出している。今回の上映では、研究室生だけでなく、院生のアニメーション作品や、油彩、彫刻など他の研究室生の作品も上映予定とのこと。詳細は同研究室ブログ案内記事で。
・上映日時:2007年4月20日(金) 17:30開場、18:00開演 0704208mmshortFF
・会 場 :札幌市・シネマカフェ
      (中央区南2西2富樫ビル ザ・ダイソーB1F TEL 011-271-0705)
・入場無料
【8mmフィルム関連の参考サイト】
  8mmFILM大百科 http://cine8mmfilm.at.infoseek.co.jp/
 ◆.侫ルム文化を存続させる会 http://filmmover.exblog.jp/
  放浪劇場まるバ会館(HP)(札幌)の8mm機材欄
 ぁ〇該蟯管彜篤弔「ムエン通信」(8mm関連の特設欄あり)
 ァ ̄撚菠歛原┣顱http://www.filmpres.org/

・備 考 :朝日新聞の記事 「8ミリフィルム生産終了へ映画監督ら『待った!』」(2006/10/20)

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

★地球の温暖化現象を警告するドキュメンタリー「不都合な真実」公開@札幌

 ドキュメンタリーとしては破格の全米大ヒットとなった異色の話題作「不都合な真実」(公式HP)(2006年、96分)が、2007年1月20日(土)から全国の劇場で公開されている。米民主党の元副大統領アル・ゴア氏の講演活動を取材、急激に進む地球温暖化現象とその破滅的な影響を警告する。同氏は、1960年代後半から環境問題に関心を抱き、2000年の大統領選挙に敗れた後も熱心な活動を展開。070120futugounasinjitu豊富なスライド資料を用いた講演で、地球で起こっている様々な異変を伝え人々の意識改革を訴える。デイビス・グッゲンハイム監督。
 札幌では、スガイシネプレックス札幌劇場で2007年4月20日(金)まで上映予定。
【参考サイト】
   ̄撚茵嵒堙垤腓平深臓弩式HPのニュースブログ
    第79回アカデミー賞で2部門にノミネート(07/01/23)
 ◆‐絮任剖力している(財)北海道環境財団のサイトで
   地球温暖化防止関連の事業を多数紹介 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 映画 

2007年04月19日

映画「かかしの旅」試写会@札幌

 いじめ問題をモチーフにした映画「かかしの旅」(公式HP)の試写会が札幌で開催される。自分の居場所を探す一人の少年の物語。右足が不自由で普通にしゃべれず、「かかし」とあだ名される中学生の少年。学校でのいじめ、家では両親の諍い。ついに行く当てもないまま家出した彼に手を差し伸べたのは、同じように学校と家を捨てた少年達だった…。070419kakashi02冨永憲治監督、2006年、93分。
・日 時 :2007年4月19日(木) 開場18:30、開映18:45
・会 場 :札幌市教育文化会館(中央区北1西13) 4F講堂
・入場無料
・参加方法: 事前に電話かFAXで申込を(定員150名まで)
       ,名前、団体名(会社名)、O⇒軅茵↓そ蚕蠅鯡正
・応募・お問合せ: 北海道フイルムアート
         TEL 011-520-5252 FAX011-520-5500
・主 催 :映画「かかしの旅」全国上映実行委員会 続きを読む

bluebook at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ブラジルのドキュメンタリー映像作家、岡村淳トーク&上映会@札幌

 ブラジルの弱者に目を向けつづけるドキュメンタリー映像作家、 岡村 淳監督(HP)(1958年、東京出身)の作品を、監督ご本人を迎えて北海道で初上映する。岡村監督はTVのドキュメンタリー制作を経て現在フリー。20年前からブラジルに移住し、映像の仕事の傍ら社会・環境問題をテーマに自主制作を継続中。今回の上映は、札幌大学ゆかりの新進研究者が昨年からブラジルに留学、岡村氏と知り合った縁で企画されたもの。当日は上映の他、監督のトークも予定。
【上映作品】
 「赤い大地の仲間たち フマニタス25年の歩み」(2002年、67分)
 ブラジル奥地のハンセン病患者の隠れ里に迷い込んでしまった若き日本人神父・佐々木治夫さん。070419okamurajun佐々木神父は何の知識も資金もないまま、彼らのための診療所作りを始めた。25年後の現在、その「フマニタス慈善協会」はハンセン病の診療センターの他、ストリート・チルドレンの更正・授産施設や、土地なし農民たちの支援にまで活動を広げている。第三世界の社会的弱者と共に生きる日本人神父と修道女たちの愛と闘いの記録。
・日 時 :2007年4月19日(木) 18:30開演
・会 場 :札幌大学 6102教室(札大6号館1F)
     (豊平区西岡3条7丁目3-1 地図
・入場料 :カンパ制
・お問合せ:TEL 080-3432-6816(ツシマ)
・参 考 :岡村淳のオフレコ日記

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

映画「日本の青空」特別有料試写会@旭川市

070503nihonnoaozora02 日本国憲法の起草に影響を与えた憲法学者の鈴木安蔵氏(1904〜1983年)を主人公に憲法誕生の真相を描いた映画「日本の青空」(公式HP)(大澤豊監督)を上映。2007年、123分。旭川上映会(6月3日、4日)に先駆けて、旭川上映実行委員会準備会が主催。当日は大沢監督の舞台挨拶あり。
・年月日 :2007年4月19日(木) 18:00開場
・会 場 :旭川市民文化会館 (地図) 小ホール
・定 員 :300人
・入場料 :1,000円(製作協力金)
・お問合せ:旭川上映実行委員会準備会 TEL 0166-60-1616(野嶽)

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

北海道の演劇ユニットTEAM NACSがNHKトップランナーに登場

 映画、ドラマ、バラエティなどで活躍中の大泉洋、森崎博之、安田顕、佐藤重幸、音尾琢真の5人からなる、今熱い視線を集める演劇ユニット「TEAM NACS」(チーム・ナックス)(公式HP)がNHKテレビのトップランナー(公式HP)で紹介される。5人は北海道学園演劇研究会出身。森崎が大学を卒業する際に「思い出作りとして」行った 「LETTER〜変わり続けるベクトルの障壁」(1996年)で旗揚げ。その後、舞台を重ねる毎に集客数を伸ばし、2005年「COMPOSER〜響き続ける旋律の調べ」では初の全国ツアーに挑戦。全国11都市で約4万人を動員している。
 スタジオでは、舞台・地元北海道への思い、ユニット結成の時の秘話など、5人ぴったり息のあった爆笑トークが続々と登場。今「ふるさと公演」の真っ最中。結成10年、原点から自分達を見つめ直したいという姿勢の現われだ。「北海道名物になりたい」と語る、彼らのNACSに賭ける思いに迫る。
・放送予定 :2007年4月14日(土) 23:00〜23:44 NHK教育テレビ
・再放送予定:2007年4月19日(木) 24:10〜24:54 NHK総合テレビ
       2007年4月18日(水) 15:45〜16:29 NHK BS-2(BSアンコール館)
       (再放送がない場合、又は変更になる場合あり)

bluebook at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

WEB月刊誌「札幌インタビューマガジン」第17号発行

070417SIM17 月刊WEBマガジン「札幌インタビューマガジン」(HP)(毎月15日発行、http://sim.kannafact.com/)の第17号がに発行された。「札幌でユニークな活動をしている人々を中心にじっくりお話を聞く」というのがコンセプトで取材記事のほか、読み物や映画レビュー等も。
 前回記事は、同誌HP表紙下に「バックナンバー」欄あり。
・参 考 :「札幌インタビューマガジン活動日記」(BLOG) ←編集こぼれ話も。

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2007年04月18日

竹本英樹写真展「銀遊詩人」@札幌

〜道を詠み続けた記録〜
 「1枚の写真から音と匂いも伝えたい。070413takemodohideki今から4年前、写真家としての活動は、写真に空気を写し込む事をテーマにスタートしました」という札幌在住の若手写真家竹本英樹さん(HP)の写真個展。カラー約120点を展示する。
・会 期 :2007年4月13日(金)〜18日(水)
・時 間 : 10:00〜18:30
・会 場 :札幌・富士フォトサロン札幌
      (中央区北2西4-2 札幌三井ビル別館1F)
・入場無料
・お問合せ:富士フィルムイメージング(株)北海道支社 TEL 011-241-7165
・参 考 :竹本英樹さんのブログ http://dearfilms.seesaa.net/
・参考記事:北海道美術ネット別館HPのレポート記事(2007/04/17)
※ 作家プロフィール、メッセージなど → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(1) その他 

2007年04月15日

第18回絵本影写会@札幌はろー書店

 diafilm(ディアフィルム)は、35mmのポジフィルムに絵とお話を焼き付け、静止画を映写機の光を通して壁に映す家庭用の紙芝居フィルム。アニメから昔話、伝記もの、戦争もの…ありとあらゆるフィルムが存在したという。ハンガリーの家庭で、社会主義時代の国営テレビ定休の月曜の夜、お母さんが子供達を集めて一コマ一コマ、フィルムを巻きながら、色々な物語を聞かせてあげたそう。
 はろー書店では、ハンガリーからデイアフィルムを持ち帰り、同店スタッフが翻訳をして、ハンガリーの絵本作品を紹介していく上映会「絵本影写会」を定期的に開催。070414ehon今回は、ハンガリーのちょっと変わったアドベンチャー2本をご用意。詳細ははろー書店ブログ案内欄と、絵本影写会紹介欄で。
・日 時 :2007年4月14日(土) 20:00
      2007年4月15日(日) 18:00
・会 場 :札幌・はろー書店(中央区南3西1和田ビル3F)
・入場料 :大人1,500円(ハンガリーのスープ付き)
      小学生以下無料(但し子供1名につき大人1名の同伴必要。
      2人目から700円。無料入場のお子様のスープは無し)
      3月17日(土)正午より同店で発売開始
・定 員 :各回15人限定、完全入替制
・お問合せ:はろー書店 TEL&FAX (011)219-2776 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「武士の一分」上映会@中標津町

070307bushinoitibun 山田洋次監督・藤沢周平原作の時代劇3部作の最終作品、「武士の一分」(公式HP)を上映。出演は、木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、坂東三津五郎ほか。2006年、121分。詳細は会場の中標津町総合文化会館HPの案内欄で。
・日 時 :2007年4月15日(日) 開場13:30、上映14:00〜16:00
・会 場 :中標津町総合文化会館 しるべっとホール
・入場料 :一 般  前売1,200円、当日1,700円
      小中高生 前売800円、当日1,000円(全席自由税込)
・主 催 :「武士の一分」北海道上映をする会
・お問合せ:(財)中標津町文化スポーツ振興財団 TEL0153-73-1131

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

えい・あい館上映会 NHKスペシャル「四大文明」上映@石狩市

 石狩市厚田村のNPO法人厚田・岩波映像資料センター(愛称「えい・あい館」)は、岩波映像から厚田村に委託・寄贈された大量の16mmフィルムとVHSビデオテープ及び映画関係図書等を活用して、今年もドキュメント、科学・学術映画、アニメ、動物映画、戦前の懐かしの映像等を定期的に上映中。060513eiaikan3月4月の2回に渡って、NHKスペシャル四大文明を2作品ずつ上映。詳細は石狩市民図書館HPの上映案内欄で。
【4月の上映作品】 「NHKスペシャル四大文明」(各59分)
   .ぅ鵐瀬 -謎の民は海を渡った- 59分
  ◆|羚 -黄土が生んだ青銅の王国- 59分
・日 時 :2007年4月15日(土) 14:00〜16:00
・会 場 :石狩市民図書館 視聴覚ホール
     (花川北7条1丁目26 TEL 0133-72-2000)
・入場無料、先着50名まで。
・お問合せ:えいあい館 TEL・FAX 01337-8-2005
・参 考 :前回上映の記事(2007/03/04、四大文明シリーズ前半)

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

キノ15周年記念特別上映第1弾『サラバンド』上映@札幌

 札幌のシアターキノ15周年記念の上映会。今年88歳になるスウェーデンの巨匠、イングマール・ベルイマン監督の20年ぶりの新作「サラバンド」(公式HP)(2003年、112分)を上映する。070415saraband「結婚の風景」(1974年)の続編で、リブ・ウルマンとエルランド・ヨセフソンが再び共演し、前作で別れた夫婦のその後を演じている。30年ぶりに再会した元夫婦とその子供達の愛憎が交錯する家族ドラマ。題名の『サラバンド』とは、17〜18世紀にヨーロッパの宮廷で普及した古典舞曲のことで、特にバッハの「無伴奏チェロ組曲第5番」のサラバンドは有名で本作でも使われている。上映の詳細は教育文化会館HPの特設欄や、キノHPで。
・日 時 :2007年4月15日(日) 13:15開場、13:45上映
・会 場 :札幌市教育文化会館(中央区北1西13) 小ホール
・入場料 :前売 1,400円
・お問合せ:キノ TEL 011-231-9355 

bluebook at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

富良野ロータリークラブ映画祭「硫黄島からの手紙」@富良野市

 クリント・イーストウッド監督、スティーブン・スピルバーグ製作の「父親たちの星条旗」 に続く、硫黄島2部作の第2弾「硫黄島からの手紙」(2006年、米)を上映。第2次世界大戦で、米軍の本土攻撃を食い止める最後の砦として激戦の地となった日本最南端の小島「硫黄島」。前作「父親たちの〜」はアメリカからの、本作は日本からの視点で描く。硫黄島の戦いを率いた日本軍の栗林中将や若き兵士達に焦点を当てる。彼等が届かぬと分っていて家族に認めらた手紙は悲痛で胸を打つ。070405ioujimakarano出演は渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童ほか。
・日 時 :2007年4月14日(土)〜15日(日)
  14日(土)=14:00、19:00  15日(日)=11:00、15:00
・会 場 :富良野演劇工場(富良野市中御料 地図 TEL 0167-39-0333)。
・料 金 :全席自由。
  前売は大人 1,000円、中学生以下500円。当日各200円増。
・お問合せ:富良野演劇工場 TEL 0167-39-0333
※ 無料送迎バス運行あり。上映の詳細は「ふらの演劇工房」のHPで。

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年04月14日

★札幌の小川亮輔監督の時代劇ミュージカル「花魁ノ詩」試写会&DVD発売@札幌

 ショートフィルムのカンヌとして知られる仏のクレルモンフェラン国際短編映画祭「討ち入りだヨ!全員集合」(2005年、9分)が上映作品に選ばれるなど、札幌を拠点に広く活躍する小川 亮輔(おがわ・りょうすけ)監督(HP) の最新短編映画「花魁ノ詩 Oiran Lyrics」(HP)2007年2月に完成。約8分の短編で、試写会を一般にも開放する。気軽に参加を。詳細は小川監督のブログ案内記事で。
・日 時 :2007年4月14日(土) 4回上映070414oirannouta
      19:00、19:30、20:00、20:30
・会 場 :札幌市生涯学習センター「ちえりあ」 2F 中研修室
      (西区宮の沢1条1丁目1-10 地下鉄宮の沢駅直結)
・料 金 :無料
・定 員 :各回60名まで。
      定員オーバーの場合は次の試写までお待ち下さい。
※ 参 考 :小川監督のDVDが完成、限定100本(予約残20本程度)
 <収録内容> 短編2作
  「花魁ノ詩 オイラン ノ ウタ」"Oiran Lyric"(8'20")
  「討ち入りだヨ!全員集合」"Revenge-A-Go-Go"(9'20")
  1枚 1,000円。希望者は事前にメールで申込みを。当日会場に監督が持参する。
   申込先E-mail  rip-houkago@hotmail.co.jp 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第8回「ソクラテスのカフェで本談義」(中島岳志さん)@札幌くすみ書房

 「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」等の企画で知られる札幌・琴似の本屋さん「くすみ書房」による、ゲストと読者がコーヒーを片手に本談義を楽しむ夕べ。今回のゲストは、「中村屋のボース−インド独立運動と近代日本のアジア主義−」(白水社、2,310円)=書籍情報=で大佛次郎論壇賞、アジア・太平洋賞大賞を同時受賞した南アジア研究の俊英、中島 岳志(なかじま・たけし)さん。昨秋、北大に着任して現在札幌の住人に。この機会にお話をうかがう。詳細はくすみ書房(HP)で。予約なし当日参加OKだが、できれば予約+事前に読んで参加を。
・日 時 :2007年4月14日(土) 18:30〜20:00(開場30分前)
・会 場 :札幌・くすみ書房 地下「ソクラテスのカフェ」
     (西区琴似2条7丁目メシアニカビル)
・会 費 :1,000円。 定員40人まで。
      (珈琲、リンゴジュース、トマトジュースから一品とクッキー付)
・お問合せ:ソクラテスのカフェ TEL 011-611-7121。
・中島岳志さんのブログ: 「コールタールの地平の上で」
※ 講師と「中村屋のボース」の紹介、過去の開催プログラム等 → 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 

第19回サイエンス・カフェ札幌「『私たちの避難場所は○○です。』@札幌

〜電子地図による地理学的アプローチ」〜
 サイエンス・カフェとは、飲み物を片手に気軽に科学の話を楽しむ参加型イベント。今回は、地理学の橋本雄一さん(北海道大学大学院文学研究科准教授参考)をゲストに招く。電子地図のうえに様々な情報をのせて分析する「地理情報システム(GIS)」を使って、札幌市など積雪寒冷地の避難場所の問題にアプローチする地理学の研究を紹介。避難場所が限られる冬季に、避難場所からあふれてしまう人口が、各地域で具体的にどれぐらい発生するのか070414ScienceCafe、また 収容避難場所の拡充でどのくらい緩和できるのか―。GISによる分析を元に橋本さんが解説、避難場所の問題をはじめ、積雪寒冷地の都市が抱える様々な課題について来場者とともに語る。詳細は主催のCOSTEPのHP内の案内欄で。
・日 時 :2007年4月14日(土) 14:00〜15:45(開場13:30)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1階インナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・主 催 :北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(HP)(略称CoSTEP)
・お問合せ:TEL&FAX 011-706-3868
・参 加 :参加無料、定員は約100人(内椅子席70席)。
  申込不要、当日直接会場へ。飲物は各自会場内ショップで購入を。続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他