2007年09月

2007年09月30日

タンチョウのアニメーション映画「白いファンタジア」上映会に招待@札幌市

 (財)日本野鳥の会(公式HP)では、タンチョウと少女のふれあいを描いたアニメーション映画、ワイルド・バード・シンフォニー第1番「白いファンタジア」の札幌上映会に500人を招待する。絶滅の危機にあったタンチョウが千羽まで回復したのを機に、同会が制作したもの。宇井孝司監督、音楽は作曲家の渡辺俊幸さん、鳥・動物キャラクターデザインは村上康成さん。上映時間は約30分。上映会当日には柳生博会長らのトークも。詳細は同会の上映会案内欄作品案内欄、札幌市HPの上映案内欄で。
・日 時 :2007年9月30日(日) 18:00開場、18:30〜20:30(予定)
・会 場 :札幌・かでる2・7(中央区北2西7 地図 TEL 011-204-5100)
・参加費 無料
・応募方法:応募多数の場合は抽選、座席は全席指定。
      往復ハガキに〒住所、代表者氏名、年齢、電話番号、
      希望人数(4名までの大人・小人それぞれの人数)を明記して応募を。
・応募締切:2007年9月12日(水)必着
・応募先 :〒151-0061 東京都渋谷区初台1-47-1 小田急西新宿ビル1階
   財団法人日本野鳥の会 会員室メディアグループ「白いファンタジア」札幌上映会係 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

田中康晃展「小宇宙」@札幌

 道都大4年生の田中康晃さんの個展。「雪の紙を使った作品(紙のテントなど)を作り続けています。今回も連作で雪の紙を使ったインスタレーションを展示します」(主催者案内文より)。
 会場は、札幌の画家や建築家の共同アトリエ兼、美術展や上映会などの制作・発信の場だった旧「PRAHA(プラハ)」(1987〜2005年)が建物の老朽化のため移転(記事)し、2007年6月30日(土)に新拠点「PRAHA2+deep sapporo」として再スタートしたもの。9J(展示室兼実験室)と、deep sapporo(事務局と11人の美術家のスタジオ)からなる、070927tanakayasuhiro美術家が美術の状況を考えるための建物で、若手美術家たちの手で活発な活動が始まっている。
・日 時 :2007年9月27日(木)〜30日(日) 13:00〜21:00
・会 場 :札幌・PRAHA2+deep sapporo 2F studio6「いろへや」
      (中央区南11条西13丁目2-12 地図
・入場無料
・お問合せ:いろへや deep-iroheya@yahoo.co.jp
・参考記事:栄通記レポート記事(写真あり)

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

石狩灯台映画祭で「喜びも悲しみも幾歳月」上映 @石狩市

 名匠・木下惠介監督が、高峰秀子と佐田啓二共演で、灯台守一家の25年に渡る波乱に満ちた生活と愛を描いた映画「喜びも悲しみも幾年月」(1957年、160分)=DVD情報=封切り50周年を記念しての上映会。映画には石狩ロケで撮影されたシーンも。詳細は石狩市HPの9月号ほかで。
・日 時 :2007年9月30日(日) 13:00
・会 場 :石狩市・花川北コミュニティセンター
     (花川北3-2 TEL 0133-74-6525)
・入場料 :前売500円(小学生300円)、当日700円(小学生400円)
      石狩商工会議所、石狩観光協会 ほかで販売
・お問合せ:社団法人石狩観光協会 TEL 0133-62-4611  

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ジブリの絵職人 男鹿和雄展@東京

〜トトロの森を描いた人〜
 男鹿和雄は、アニメーションの美術という仕事において、その作品の舞台となる背景画を数多く描き続けてきた。特にスタジオジブリ作品では、「となりのトトロ」(1988年)の美術監督として初めて映画作りに参加、名作を生み出す重要な役割を担った。その後も「おもひでぽろぽろ」、「平成狸合戦ぽんぽこ」、「もののけ姫」等の多くの作品に美術監督として参加、数多くの名シーンを支えてきた。
 本展は、スタジオジブリ、および三鷹の森ジブリ美術館の全面協力を得て開催される本格的な背景美術展。これまで関係者以外は観ることができなかった背景画を中心に作品点数600点以上を一般公開。また、ジブリ作品に携わる以前の仕事もなども含め、“絵職人”男鹿和雄の幅広い活動を紹介する。070721ogakazuo詳細は特設案内欄で。
・会 期 :2007年7月21日(土)〜9月30日(日)
・時 間 : 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
・休館日 : 月曜休館(ただし8月13日、9月17・24日の月曜は開館。
      9月18・25日(火)は休館)
・会 場 :東京都現代美術館
・入館料 :大人・大学生1,100(1,000)円、中高生900(800)円
      小学生600(500)円、小学生未満は無料 ()内は前売料金
・お問合せ:TEL 03-5245-4111(東京都現代美術館)

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

★澁澤龍彦 幻想美術館@札幌市

〜デューラーから四谷シモンまで、ひとりの男が愛した美のすべて〜
 アルチンボルド、デューラー、ブリューゲルから、マニエリスムやシュルレアリスムの作家たち、そしてバルテュス、ワイエス、フォーコン、酒井抱一、葛飾北斎、河鍋暁斎から四谷シモン金子國義、砂澤ビッキ等々。フランス文学者にして小説家、批評家の澁澤 龍彦(しぶさわ・たつひこ。1928〜1987年)が、生涯にわたって好み、称え、紹介してきた古今東西の芸術家たち約80作家250点の作品を一堂に展示。彼の美術嗜好と思想の変遷を070810shibusawaたどりながら、彼が自らの目で発見しつづけた「もうひとつの美術史」を綴る。詳細は同館HPの紹介欄で。
・会 期 :2007年 8月10日(金)〜9月30日(日) 会期中無休
・時 間 :9:45〜17:00
     (※9/1以降は午後5時まで/入場は閉館の30分前まで)
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森美術館(南区芸術の森2丁目75、地図)
・入場料 :( )内は前売りおよび団体料金
  一般・大学1,000(800)円、高大生800(640)円、小中学生400(320)円
・お問合せ:同館 TEL 011-011-591-0090。
※ 彦は「偐」の右部分ですが、「彦」で代用表記 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(4)TrackBack(2) 文学 

■札幌の私設図書館「think garden」が一時休止@札幌

 芸術や文化人類学、建築等の本を集めた札幌の私設図書館「think garden」が、2007年9月30日(日)をもってカフェ機能を停止(一時閉店)、今後に向けて充電期間に入る。同店は、2004年春に札幌・界川のギャラリーカフェ「marble」内にオープン、その後「SOSO CAFE」内に引越し、2005年12月10日に現在の場所に移転(記事)してリニューアルオープンした。「本のソムリエ」こと主宰の津田知枝さんや同店のスタッフとおしゃべりしながら新たな本や人々に出逢えるカフェとして親しまれ、建築や美術・編集などジャンルを問わないユニークな企画の数々を主催してきた。今後は、サービス内容を一新し、引き続き「本」と「本を取り巻く環境」の提案を様々な形で展開していく予定、とのこと。
・最終日 :2007年9月30日(日) 
・住 所 :札幌・think garden
      (中央区南2西7 エムズスペース2F TEL 011-241-3165)
※ 同店からのメール → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホール・施設 

2007年09月29日

SAPPORO MUSIC SESSION 2007@札幌芸術の森

 札幌芸術の森の野外ステージを仮設劇場とし、様々な公演を行うART BOX。昨年に引き続き開催されるSAPPORO MUSIC SESSION(札幌ミュージック・セッション)2007は、ART BOXを舞台に、和太鼓奏者・金子竜太郎を中心とする「Ryu's beat」によるこの日限りのセッション。今回の「Ryu's beat」のメンバーは、馬頭琴の嵯峨治彦、サックスプレイヤーの梅津和時070929ryuutarouパーカッションの大儀見元(所属事務所コヨーテHPの紹介欄)ら第一線で活躍する豪華な顔ぶれが揃う。詳細は同館HPの紹介欄で。
・日 時 :2007年 9月29日(土) 16:00開場、17:00開演
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森 野外ステージ ART BOX
      (南区芸術の森2丁目75、アクセス)
・入場料 :前売 3,000円、当日 3,500円
・お問合せ:札幌芸術の森事業課 TEL 011-592-4125

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

★北海道朝鮮学校のドキュメンタリー「ウリハッキョ」上映会@東川町

 韓国の監督が3年半にわたって北海道朝鮮初中高級学校の生徒達の生活を追ったドキュメンタリー映画「ウリハッキョ」(131分、2006年釜山国際映画祭雲波賞受賞作品)が、上映される。1945年、祖国解放後、祖国に帰り子供達に不便がないようにと在日朝鮮人1世たちが建てた「朝鮮学校=ウリハッキョ(私たちの学校、という意味)」。070916urihakkyo韓国の映画監督キム・ミョンジュンが、韓国の国内ではほとんど知られていない「在日」という存在の同胞をドキュメンタリー映画という形で紹介し、韓国で上映されたもの。映画は日本語字幕付き。詳細は「ウリハッキョ」自主上映・日本公式ブログ東川町上映記事で。
・日 時 :2007年9月29日(土) 2回上映
・時 間 :14:00、17:00
・会 場 :東川町・公民館(東川町農村環境改善センター、地図
・入場料 :大人500円、高校生以下無料(前売・当日共)
     チケットは「フレンドシップ長沢」、ひがしかわ道の駅・道草館で
・お問合せ:東川「ウリハッキョ」を観る会
      TEL 0166-82-7050(近藤) nobukon@cocoa.ocn.ne.jp  続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

旭川映画村第73回上映会「ローサのぬくもり」@旭川市

 旭川市で年4〜5回のペースで自主上映会を開催している市民団体 旭川映画村(公式HP)では、1999年のスペイン映画「ローサのぬくもり」DVD情報=を上映。都会の片隅で貧しさに疲れ、070929rosanonukumori自堕落な生活を送っている娘・マリアのもとを年老いた母・ローサが訪れる。暴力的な父に仕えるだけだった母の人生を軽蔑する娘。そんな娘を黙って温かく見守る母。そんなローサにほのかな思いを寄せる階下の老人。孤独に生きる三人が心を通わせるところから生まれる愛の物語。1999年、98分、スペイン、カラー。
・年月日 :2007年9月29日(土) 4回上映
・時 間 : 11:30、14:00、16:00、18:30
・会 場 :旭川市・ディノスシネマズ旭川(大雪通5)
・料 金 :大人1,200円(当日1,500円)/高校以下1,000円(当日1,200円)
・お問合せ:長原 TEL 090-8896-9331
・参 考 :「映画と暮らす、日々に暮らす。」HP「ローサのぬくもり」記事 続きを読む

bluebook at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

釧路芸術館アートシネマ館2007 「レベッカ」上映@釧路市

 釧路芸術館の「アートシネマ館2007」では、洋画の名作を5月から2月まで毎月1作品ずつ上映。9月の作品は、ゴシック・ロマン「レベッカ」DVD情報=。イギリスで名を挙げたアルフレッド・ヒッチコック監督の渡米第1作で、原作はダフネ・デュ・モーリア女史の同名小説。英国の富豪(ローレンス・オリヴィエ)と偶然出会い、後妻として彼の屋敷にやって来た女性(ジョーン・フォンテイン)だが、前妻レベッカを崇拝する家政婦(ジュディス・アンダーソン)に受け入れてもらえず、次第に彼女はレベッカの見えない影に追い詰められていく。制作はセルズニック・プロ。アカデミー賞最優秀作品賞と撮影賞(黒白部門)を獲得。1940年、アメリカ、モノクロ、130分。上映の詳細は釧路芸術館HPの案内欄(PDF)で。
・日 時 :2007年9月29日(土) 10:00、14:00
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 アートホール
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年09月28日

札幌大学 第3回北方文化フォーラム「核の世紀・ヒバクシャの世紀〜マーシャル諸島から北極圏まで 」 @札幌

 札幌大学文化学部がおくる2007年度「北方文化フォーラム」第3弾。講師に、ジャーナリスト・写真家の豊崎 博光(とよさき・ひろみつ)さんを迎え、「核の世紀・ヒバクシャの世紀〜マーシャル諸島から北極圏まで」をテーマにお話をうかがう。詳細は札幌大学HPの案内欄で。
・日 時 :2007年9月28日(金) 18:00〜20:00
・会 場 :札幌市・札幌大学 6102教室(豊平区西岡3条7丁目3-1)
・入場無料、学外の一般参加者も関係
・お問合せ:同大 TEL 011-852-9099 瀧元(seiki-t@sapporo-u.ac.jp)
・参考書籍:豊崎博光著「マーシャル諸島 核の世紀」=書籍情報= 
※ 講師プロフィール、豊崎さんからのメッセージ → 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

元特攻隊員達の証言で描くドキュメンタリー映画「特攻」上映@札幌

 第2次世界大戦末期、日本軍は爆弾を搭載した軍用機を搭乗員ごと敵艦に体当たりさせる特攻作戦を繰り出し、何千もの命が散らされていった。“特攻”の真実を、NY育ちの日系2世、リサ・モリモト監督が追求した長編ドキュメンタリー映画「TOKKO -特攻-」(2007/アメリカ・日本) が、札幌でも劇場公開される。070922tokkou監督の叔父が特攻隊員で、多くの元特攻隊員達が何も語らず死んでいった事実に衝撃を受ける。彼女は当時の話を聞くため、生き残った元特攻隊員達への取材を重ね、カミカゼ伝説の真実に迫る。詳細はシアターキノHPの案内欄で。
・会 期 :2007年9月22日(土)〜28日(金)
・時 間 :9:45、13:10
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6)
・入場料 :前売1,400円。
      当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校以下1000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

世界最高齢の現役映画監督、新藤兼人監督『陸に上った軍艦』上映@東京

 世界最高齢95歳の現役映画監督、新藤兼人監督が自らの戦争体験を語ったドキュメンタリードラマ「陸に上った軍艦 -オカニアガッタグンカン-」(公式HP)が東京のシネ・ヌーヴォで公開されている。2007年/日本/カラー/95分。071101okaniagatta「戦争はおかしくて、哀しくて、厳しくて残酷だ。この映画を観ればよくわかる!! 1944年春、召集令状を受けて32歳で広島県呉海兵団に二等水兵として入隊した新藤兼人。6月には宝塚海軍航空隊に配属され、翌年一等水兵で敗戦を迎えた。この映画は95歳にして現役、日本映画界最高齢の監督が、証言者として出演し自身の戦争体験を語ったドキュメンタリードラマである。弱兵目線で戦争の不条理さを描き、辛辣でありながら滑稽さあふれる作品に仕上げたのは、山本保博。“新藤組”の助監督を長く務めた俊英のデビュー作は、恩師の記憶を映像で再現した入魂の一作」(同館HPの案内欄より)
・参 考 :同館で8月11日(土)〜9月28日(金) 新藤兼人監督の特集上映
※ 「陸に上った軍艦」作品案内ほか → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

気鋭のアニメーター7人のオムニバス「Genius Party〈ジーニアス・パーティ〉」@札幌

 「アニマトリックス」「鉄コン筋クリート」など、数々の名作を生み出し続けるSTUDIO4℃の下に、日本のアニメーションが誇る天才たちが集結したオムニバス映画「Genius Party〈ジーニアス・パーティー〉」(公式HP)が札幌で劇場公開される。070915GeniusParty「渡辺信一郎、河森正治ほか気鋭の作家7人に与えられた制約はゼロ。柳楽優弥・菊地凛子らの豪華キャストを迎え、7人の映像作家の個性が、ときに対峙し、ときに共鳴しながらあなたの感性を直撃する」(公式HPより)。監督:福島敦子、河森正治、木村真二、福山庸治、二村秀樹、湯浅政明、渡辺信一郎。 声の出演: 柳楽優弥、菊地凛子ほか
・会 期 :2007年9月15日(土)〜28日(金)
 ・会 場 :札幌・スガイシネプレックス札幌劇場(中央区南3西1須貝ビル7・8F)
 ・入場料 :通常の映画料金(詳細は同劇場HPの案内欄で)
 ・お問合せ:同劇場 TEL 011-221-3802 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年09月27日

宣伝会議クリエイターズCAFE@札幌

 札幌在住の広告界を目指す学生や広告やCMなどに興味ある方が対象。札幌で活躍する20代の若手アートディレクターとコピーライターが実際の仕事についてトークディスカッションを行う。北海道というマーケットで仕事をすることの意義や、自らの仕事に対する考えや発想などを自分の手がけた作品を例にして実際の展開も含めてお話しいただく。また、参加者からの質問を受けて回答するディスカッションも予定。詳細は、宣伝会議案内欄と、SOSOカフェHPの案内欄で確認を。
【ゲスト】
 池端 宏介 氏(コピーライター、マーケティング・コミュニケーション ・エルグ)
 上田 亮 氏(アートディレクター、コミューングラフィックス)
・日 時 :2007年9月27日(木) 18:00開場 18:30開始
・会 場 :札幌・SOSOカフェ(中央区南1西13三誠ビル1F TEL 011-280-2240)
・入場無料(1ドリンク付き)
・要予約 :宣伝会議北海道本部 TEL 011-222-6000(篠宮)

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

BSアニメ夜話 第9弾@NHKテレビBS2

 NHKの「BSアニメ夜話」(HP) の第9弾の放送予定が発表された。今回とりあげる作品は次のとおり。詳細は同番組HPの案内欄で。
・日 時 :2007年9月25日(火)〜27日(木) 各日深夜24:00〜24:55
・番 組 :NHKテレビ BS 2
【放送予定】 BSアニメ夜話第9弾
  9月25日(火)放送 「ど根性ガエル」(監督:岡部英二/長浜忠夫)
       (参考:ど根性ガエル - Wikipedia
  9月26日(水)放送 「銀河鉄道の夜」(監督:杉井ギサブロー)=DVD情報
  9月27日(木)放送 「カウボーイビバップ (TVシリーズ)」 
       (参考:カウボーイビバップ - Wikipedia、バンダイHPの同作紹介欄

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2007年09月25日

特殊美術・造型で活躍する吉田ひでおさんが雑誌に登場@「HO」

 映画、舞台、CM、博物館などジャンルを問わず、特殊美術や特殊メイク、美術造型で第一人者として活躍する吉田ひでおさんが、財界さっぽろが発行する北海道の情報誌「HO(ほ)」第14号(2007/09/25発行)に登場している。同誌は「北海道の『面白い』を再発見!」をコンセプトに、温泉・健康・食・癒し等の情報を年6回発行。今回は、「遊び仕事の達人たち」という4ページのグラビア特集欄で、「あるものないものつくります」という吉田さん(札幌在住)の人と仕事を紹介=右写真=。「専門家でも美術家でもなく、なんでも屋」「この仕事、マニュアルはありませんから、毎回自分の引き出しとノウハウで創るしかありません」「その時その時来る仕事が楽しくて」等の言葉から、プロの仕事師の姿が伝わって来る。070925yoshidahideo骸骨や狼男、芝居等の小道具、着ぐるみ等で一杯の仕事場の写真も。詳細は、同誌で。まだ書店で平積みされています。
【雑誌情報】 「HO(ほ)」 第14号 
 出版社 :財界さっぽろ
 発 行 :2007年9月25日(火)
 定 価 :580円(税込) 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

「映像に見る北の道」を掲載@北海道道路情報総合案内サイト「北の道ナビ」

 ドライブに役立つ情報を紹介する、北海道の道路情報総合案内サイト「北の道ナビ」の「北の道ストーリー」シリーズに、「映像に見る北の道」と題して、市民有志の団体 石狩シネマサポーターズ事務局長の奥山 直樹さんの文章が掲載されている。
 ロードムービーと北海道についての考察や、長万部町出身の坪川拓史監督が北海道ロケで制作した「美式天然(うつくしきてんねん)」(公式HP、2005年、95分、第23回トリノ国際映画祭でベストフィルム賞(グランプリ)と観客賞をダブル受賞、案内欄)や、十勝地方ロケで制作された「アリア」(2007年、35弌105分、公式HP案内欄)の紹介も。
 詳細は同HPの掲載記事で。
 http://northern-road.jp/drive-topics/000003.htm

【訂正】 (2007/09/25追記)
 奥山様の肩書きについて当方の記載ミスがありました。
  (誤) 石狩フィルムオフィス事務局長
  (正) 市民有志の団体石狩シネマサポーターズ事務局長
 奥山様、当方の誤記で大変失礼いたしました。 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年09月24日

絵本作家ワンダーランド@函館市

 2004年7月から9月にかけて北海道立函館美術館で開催され好評を博した「世界の絵本作家展〜大いなる〈子ども〉たち」の第2弾。今回は、バートン、エッツ、酒井駒子、ファルコナーなど世界で活躍する14名の絵本作家の、独自のまなざしと豊かな表現力にあふれた作品世界を紹介するほか、「えほんミュージアム清里」のコレクションから070804sekainoehonsakkaハレンスレーベン、瀬川康男など7名の作品も展示。計230点以上の貴重な絵本原画により、楽しさと不思議さに満ちた絵本の国へと案内する。詳細は函館美術館HPの案内欄と特設案内欄で。
・会 期 :2007年8月4日(土)〜9月24日(月)
・休館日 :月曜日(ただし9月17日、24日は開館)と9月18日(火)
・開館時間:9:30〜17:00(入場は16:30まで)
・会 場 :函館市・北海道立函館美術館
     (五稜郭町37-6 TEL 0138-56-6311)
・入場料 :前売(当日)
      一般750円(1,000円)、高大生450円(600円)、小中生250円(300円)
・お問合せ:TEL 0138-56-6311(北海道立函館美術館)
・公式サイト:絵本作家ワンダーランド http://www.osaka-event.com/ehon/ 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

SAPPORO REAL-EYES 2007 @札幌

 札幌のラジオ局「FMノースウェーブ」が、北海道の表現者を応援しようと開催している「SAPPORO REAL-EYES(サッポロ・リアライズ)」(公式HP)。4回目となる今年も、「ライブ」を中心に、「アート」「映像」「クラブシーン」など幅広い分野で頑張っている表現者たちが、札幌市内14会場に登場。詳細は公式HPで確認を。
■4プラ「リアライズ・エクスプレス展 vol.4 」 (関連事業)
 同局の番組「4プラ REAL-EYES EXPRESS」(毎週木曜18:00〜)で紹介したアーティストが『ハコ』をテーマに作品を出品。詳細は公式HPの案内欄、4プラHPのイベント案内欄で確認を。070927SRE2007
・会 期 :2006年9月21日(金)〜24日(月・祝)
・時 間 :10:00〜20:30(最終日は18:00まで)
・会 場 :札幌・4丁目プラザ 7階 4プラホール
      (中央区南1西4 TEL 011-261-0221)
・入場無料
・お問合せ:FMノースウェーブ TEL 011-707-9999
【メイン出品者】
 映像:加賀城匡貴(scherzo)、荒木由聖&梅津大地(近未来美術研究所)、
    こ〜へ〜(EC.DELTA)、Marimba、夏目后
   ※ 9/23(日)、9/24(月)の18:00から会場内の大型スクリーン上映あり
 写真:足立成亮(micro.
 立体:原ななえ(あぐら家具)、Dr.ツクール、jobin、山口大樹
 絵、ライブペインティング:
    りゅうた(似顔絵)、森本めぐみ、中村香苗、
    すずきまいこ、鈴木果澄、田中舘伊織、田村まなか
・昨年の開催:SAPPORO REAL-EYES 2006 」の記事(2006/09/16〜18、27) 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2007年09月23日

「切り絵師、原 義一の世界」トークライブ@札幌

 札幌を拠点に国内外で活躍する若手の切り絵師、原 義一(ハラ・ヨシカズ)氏の、切り絵創作活動15周年を記念するスペシャルイベント。自らの作品や世界観についてのトークや、070923harayoshikazu切り絵グラフィックスの作成方法を披露。鉛筆で下絵を描き、カッターで切り抜いた原画をスキャンしてデータ化、グラフィックソフトで細部を調整するというアナログ・デジタルの融合による「切り絵グラフィックス」の世界を紹介する。さらに、切り絵のモデルを務めたこともあるヌンチャクアーティスト宏樹による演武も予定。詳細は、作家HPのインフォーメーション欄と、アップルストア札幌店HPの案内欄で。
・日 時 :2007年9月23日(日) 19:00〜20:00
・会 場 :札幌市・アップルストア札幌(中央区南1西3 地図)
・入場無料(参加者には先着順でステッカープレゼントあり)
・お問合せ:同店 TEL 011-209-8200
・参考記事:
  クリエイティブビジネス支援サイト「CROSSING」原さんインタビュー(2007/06/05) 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

講演会「巨匠 木下恵介の世界〜石狩ロケのエピソードを中心に〜」@石狩市

 名匠・木下惠介監督が、高峰秀子と佐田啓二共演で、灯台守一家の25年に渡る波乱に満ちた生活と愛を描いた映画「喜びも悲しみも幾年月」(1957年、160分)=DVD情報=封切り50周年記念として、当時担当だった元松竹の映画プロデューサー、楢部 一視(ならべ・かずし)さん(現在札幌市在住)が映像とともに解説。木下監督や石狩ロケのエピソード等が聞けるかも。詳細は石狩市HPの9月号ほかで。
・日 時 :2007年9月23日(日) 14:00〜16:00
・会 場 :石狩市民図書館 視聴覚ホール
     (花川北7条1丁目26 TEL 0133-72-2000)
・定 員 :70人(先着順)
・入場料 : 200円(当日会場で徴収)
・お問合せ:いしかり砂丘の風資料館 TEL/FAX 0133-62-3711
【パネル展同時開催】
・会 期 :2007年9月18日(火)〜27日(木)
・会 場 :同図書館 エントランスホール
・観覧無料

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

ワクワクプロジェクト 107+1〜天国はつくるもの〜上映会@札幌

 「動けば変わる」を合言葉に、沖縄、沖縄と鹿児島の海上、アフガニスタンを舞台にしたドキュメンタリー「107+1〜天国はつくるもの〜」(127分)を上映。「てんつくマン」こと軌保博光監督作品。今後も定期的に上映を行う予定。映画後に美味しい飲み物を飲みながらみんなで感想会を予定。詳細は主催の嬉楽(HP)案内欄で確認を。
・日 時 :2007年9月23日(日) 13:30開場、14:00開演
・会 場 :札幌市・ZERO POINT WAVE(東豊線月寒中央駅1番出口より徒歩5分) 
・料 金 :1,000円、 定員20名まで
・予約・お問合せ: メール misaki@kiraku.org

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

南の国の鉄の造形作家、阿部守展@札幌

 鉄の原点を追求し続ける、九州は福岡在住の造形作家阿部 守さん(公式HP)の個展。昨年の札幌での「鉄と水」を主題にした個展に続き、今年は石狩河口の古い桟橋の鉄構をモチーフに、インスタレーシヨンを制作・展示。「石狩河口 安易に関われず今回もリサーチと位置付けます。…長く関わることで見えて来るものを信じようと思っています」(阿部守)とのこと。「私の場合は自分自身の身体を介して、鍛くという行為と、素材である鉄を如何に場や空間と結び付けられるか。言い換えれば、極めて個人的である「鍛く」という行為を、美術の文脈の中にどう普遍化できるか、ということの試みの繰り返しなのである」(阿部氏HPより)。
・会 期 :2007年9月11日(火)〜23日(日)
・時 間 :11:00〜19:00(月曜休廊)
・会 場 :札幌・テンポラリースペース
      (北区北16条西5丁目1-8 地図 地下鉄北18条下車5分)
・入場無料
・お問合せ:同店 TEL 011-737-5503。
・昨年の札幌展:阿部 守展〜鉄と水を主題に〜(2006/09/16〜30)
・参考記事:栄通記HPのレポート記事(9/219/23続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(2) 美術 

MOVIE REAL-EYES〜南出惇介監督の最新作『ドクガス』上映を中心に〜@札幌

 『Rock is』、『嘘つきは郵便屋のはじまり』の南出惇介監督の最新作で、オール札幌ロケのインディーズ映画「ドクガス -DOKUGASU」(公式HP)の上映を中心に、映画に関わったミュージシャンのアコースティックライブや、写真家 佐藤有希恵の『ドクガス』スチール展も行う、立体的な3日間。期間中、スチール展は常設。映画は、主演のVOLTEXの外久保雄太と今野友貴のほか、070906dokugasu札幌のミュージシャンやクリエイターが多数参加。ロケ地には、札幌のライブハウス・カウンターアクションの他、既に取り壊された旧micro.の木造ギャラリーなどが使われている。2007年、DV、モノクロ、75分。FMノースウェーブ主催のイベント「SAPPORO REAL EYES 2007」映像編として開催されるもの。詳細は同HPの作品案内、会場のATTICの案内欄で。
・会 期 :2007年9月21日(金)〜23日(日)
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F TEL 011-676-6886)
・料 金 :プログラムにより500円〜1,000円
・お問合せ:同館 TEL 011-231-9355、又は acidrock44@yahoo.co.jp(南出)まで
・参 考 :「ドクガス -DOKUGASU」札幌特別先行上映の記事(2007/09/06)
※ 各日のプログラム → 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2007年09月22日

Fine Time 30 @札幌

〜 クリエイティヴに興味のある方の交流会 〜
 「ファイン・タイム」とは、デザイン、イラスト、映像、音楽、その他アートで表現している人、そういう表現者に興味のある人なら誰でも参加自由。自己紹介や雑談を楽しむゆるやかな時間。予約不要。
・日 時 :2007年9月22日(日) 18:00開始
・会 場 :札幌・ソーソーカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F)
・入場無料 (ただし、カフェのため飲食代別途)
・お問合せ:ソーソーカフェ 011-280-2240。
・参考記事:協賛のNUMERO DEUX主宰の石川伸一様のブログ記事 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

中島岳志さんのだんらんトーク 新著「パール判事」と最新のインド事情@札幌

 西野厨房だんらんは、コミュニティレストラン(「地域の食堂」)として、地域に住む人たちが気軽に立ち寄り、誰かと話をしたり、食事のできる場所。お父さんの料理の日や、そば打ちの日、文芸館(大人のためのお話会)等のイベントも多数開催中。070922danrantalk今回の「だんらんトーク」では、人間の本源にまなざしを向けながら、積極的に発言し行動する、気鋭の文化人類学研究者、中島岳志さん(北大法学部准教授)が登場、新著「パール判事」=書籍情報=と最新のインド事情を語る。詳細は、中島さんのブログの案内記事で。
・日 時 :2007年9月22日(土) 13:30
・会 場 :札幌市・西野厨房だんらん(参考
      (西区西野8条9丁目18番67号 TEL 011-674-1443)
・参加費 :300円(コーヒー付き)
・お問合せ:NPO法人ぐるーぽ・ぴの TEL & FAX 011-671-1443
・参 考 :篠路高校図書館講座 中島氏講演「あるがままのインド」(2007/10/30)
※ 講師プロフィール、著作紹介 → 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 

■ 当サイトのデータ表示について (変更のお知らせ)

いつも当サイトを、ご覧いただきありがとうございます。

この度、ライブドアの表示設定が変更になり、
トップページの最大表示件数が縮小されました。

そのため皆様がご覧になっている当日のデータ以前で
トップページが終わってしまいますが、
右のサイドバーのカレンダーで、ご覧になりたい月をクリックすると
ほぼこれまで通り、ご覧になれますので
よろしくお願いいたします。 

                        2007年9月22日(土) 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2007年09月21日

G8サミット市民フォーラム北海道キックオフミーティング@札幌

 「来年7月、北海道の洞爺湖でるG8サミット(主要国首脳会議)が開かれます。温暖化や貧困・平和、環境など、私たちにとって重要な課題が議論され北海道が世界から注目されるこの機会を生かせるような取り組みをしたいと考えます。
 環境や平和、人権、貧困、開発などの問題を解決するために、北海道の各地域で活動するNPO・NGO、あるいはさまざまな団体・個人一人ひとりがゆるやかにつながりながら、力を出し合うために、G8サミット市民フォーラム北海道を結成することになりました。そのキックオフミーティングです。皆さんのご参加をお待ちしています。」(右チラシ案内文より)070921G8siminforum
・日 時 :2007年9月21日(金) 18:30〜20:50
・会 場 :札幌市・札幌市男女共同参画センター
      (北区北8西3) 札幌エルプラザ3Fホール
・参加費 :500円。(事前申込不要。当日直接会場へ)
・お問合せ:北海道グリーンファンド(担当:鈴木)TEL 011-280-1870
・公式サイト:北海道洞爺湖サミット(G8サミット)に関する市民フォーラム
【プログラム】
18:35〜19:35 
 提言「G8サミット市民フォーラム北海道のめざすもの」
  市民の視点から下記の3つを課題としたG8サミットへの提言
  地球環境問題:鈴木亨(NPO法人北海道グリーンファンド
  貧困・開発問題:越田清和(ほっかいどうピースネット
  平和・人権問題:結城幸司(アイヌアートプロジェクト)、
  小野有五(北海道大学・地球環境科学研究院)
19:40〜20:20
 報告「2007年のドイツ・ハイリゲンダムサミットとNGOの活動」
  2008年G8サミットNGOフォーラム代表  星野昌子
  2008年G8サミットNGOフォーラム環境ユニットリーダー 大林ミカ
20:20〜20:50
 討論「G8サミット市民フォーラムの活動への提案」(意見交換) 
続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2007年09月20日

藤谷康晴ライブドローイング「−黒くぬれ!−」@札幌

 精力的に個展やライブドローイング活動を展開している石狩市在住の若手、藤谷 康晴(ふじや・やすはる)さんのライブドローイングと展示。2006年1月のデビュー当時は、街路や駐車場など日常の何気ない風景を緻密なモノクロの線描で描き、異界のような緊迫感が漂う作品群を次々に発表。最近のライブドローイングでは、微生物とも植物とも抽象ともつかぬ不思議なエネルギーの奔流を線描で描き、070915fujiyayasuharu筆触、色彩、会場との間合い等々、毎回新たな挑戦を続けている。
・日 時 :2007年9月15日(土)〜20日(木) 11:00〜19:00
      15日の11:00〜19:00までライブ、16日以降はその展示
・会 場 :札幌・PRAHA2+deep sapporo 2F studio6「いろへや」
      (中央区南11条西13丁目2-12 地図
・入場無料
・お問合せ:いろへや deep-iroheya@yahoo.co.jp
・参 考 :北海道美術ネット別館HPのレポート記事(2007/09/17)
※ これまでの個展 →  続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

DOTMOV FESTIVAL 2007 作品募集@札幌

 「DOTMOV FESTIVAL 2007」は、未知なる才能を持ったクリエイター発掘と作品紹介の機会の創出を目的に開催されるデジタル・フィルム・フェスティバル。世界中から作品募集を受け付け、寄せられた作品は、ゲストクリエイターにより優秀作品を選出し、オンラインマガジン「SHIFT」のプロデュースするカフェ「SOSO」を会場に、2007年11月1日〜30日の1ケ月間に渡り上映。昨年集まった作品総数は、世界27カ国から267作品。
 今年もオリジナリティあふれる作品を募集。締切は、2007年9月20日(木)。選出された作品動画はウェブでも公開される。今年は、仙台、東京、大阪でも開催予定。詳細は「SHIFT」の案内欄で。
・参 考 :DOTMOV FESTIVAL 2006(記事)、同作品募集(記事

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年09月19日

「サッド ヴァケイション」プレミア上映と青山真治監督の挨拶@札幌

 青山真治監督の「サッド ヴァケイション」(公式HP)を10月6日からの劇場公開に先駆けプレミア上映、会場では青山監督の舞台挨拶もある。070919sadvacation復讐の思いを秘めた男の前に立ちはだかる、偉大なる母性−。運命に翻弄されながらも、全てを受け入れて生き続ける者たちを精緻な演出で描く。「EURICAユリイカ」でカンヌに絶賛された青山真治監督が贈る「Helpless」の続編。「ユリイカ」とも合流しているので、青山監督の“北九州サーガ”の集大成的作品とも言えそう。出演は、浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏、オダギリジョー、中村嘉葎雄ほか。2007年、日本、136分。詳細はシアターキノHPの案内欄で。
・日 時 :2007年9月19日(水) 18:45
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6)
・プレミア上映の入場料 : 前売1,400円。8/18(土)より発売中
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 

bluebook at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

山里稔展「静かなる空間2007-2」@札幌

 札幌を拠点に活動する山里 稔(やまさと・みのる)(HP)さんの個展。ランドスケープの仕事のため休止していた作家活動を2000年8月より再開。削ぎ落とされたシンプルな造型の中に、時空のスケールを感じさせる作品群を発表している。タイトルの「静かなる空間」について、前回個展のDMで「このテーマで創作活動を始めて丁度5年が経ち、未だ、自己イメージの端の部分を表現しているに過ぎないと、改めて実感しているところです。固定概念やテクニックに捕われない自由な発想と表現をこれからも続けるて行きたいと思っています」と語る。070829yamasatominoru今年に入って2回目の個展。詳細は会場のギャラリー山の手HPの案内欄で。
・会 期 : 2007年8月29日(水) 〜 9月19日(水)
・時 間 :10:00〜17:00(日祝休、最終日16:00まで) 水曜定休
・会 場 :札幌市・ギャラリー山の手
     (西区山の手7条6丁目4-25 地図
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-614-2918
※ 作家プロフィール → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2007年09月18日

菅 定(かん・さだむ)展 「 部屋の中 -百枚の絵- 」@札幌

 KAN SADAMU EXHIBITION IN THE ROOM -100 paintings-
 “FOOT PROOF(足形)”をモチーフにした作品でもおなじみ、北見市在住の作家菅 定(かん・さだむ)さんの絵画展。「今回は、0号の油彩作品を100点展示します。『IN THE ROOM』と題しまして、自室で目についたものから想像を膨らませ、それぞれ作品の題材にしました」とのこと。070823kansadamu詳細は会場のカフェエスキスHPの案内欄で。
・会 期 :2007年8月23日(木)〜9月18日(火)
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで)
      水曜定休、9/11(火)臨時休業
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334
※ 展覧会紹介、作家プロフィール、過去の展覧会ほか → 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

sichihuku 佐藤久美子絵画展@石狩市

 エネルギッシュで賑やかな画風の、当別町在住の新進イラストレーター、佐藤久美子さん(HPブログ)の個展。070906sichifuku最近は本の装丁や書道、道新文化センターの講師ほか多方面で活躍中。今回は、「仕事で描いたものや、新作、陶芸や写真、書などしてきたこと全部を出し切って展示させてもらうつもり」とのこと。「最近は、紙以外の支持体や陶板に描くことがとても楽しい」とも語っている。詳細は作家ブログやHPで。
・会 期 :2007年9月6日(木)〜18日(火)
・時 間 : 11:00〜18:00 水曜定休
・会 場 :石狩市・アートウォーム(花畔1条1丁目56、地図
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 0133-64-4664
※ これまでの個展 → 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2007年09月17日

【第2回札幌国際短編映画祭 掲載情報インデックス】@札幌

 2006年秋に札幌で新たに誕生した「札幌国際短編映画祭」(通称「SAPPOROショートフェスト」)が2007年の今年も9月13日(木)〜17日(月・祝)に開催される。世界84ヶ国、2,533作品の応募の中から、27ヶ国120作品をジャンル別に数プログラムに分け、札幌東宝プラザ他で上映(プログラム欄)。また、応募作品の上映権等を取引するショートフィルムマーケットの同時開催や、トークセッション、ワークショップなどイベントを多数予定。
 詳細は第2回札幌国際短編映画祭(公式HP) http://www.sapporoshortfest.jp/で。

070913SSFF2007chirashi【紹介記事の一覧】
 9月13日(木)〜17日(月・祝) 第2回札幌国際短編映画祭 開催
 9月13日(木)〜16日(日) 第2回札幌国際短編映画祭オフシアター上映

 9月13日(木)〜14日(金) 19:00〜21:00
 9月21日(金)、28日(金)、10月5日(金)、12日(金) 19:00〜20:00
                 クロスホテルのラウンジがスペシャルシアターに

 9月16日(日) 17:10  ロイストン・タン監督「4:30」特別上映

 9月15日(土) 18:00  セミナー「真島理一郎監督セミナー」
 9月15日(土) 16:00  セミナー「ポーランド短編映画の世界」
 9月15日(土) 14:00  セミナー「復活! ゆうばりファンタ」

 9月14日(金) 18:00  セミナー「小泉徳宏監督セミナー」
 9月14日(金) 16:00  映像教育フォーラム「ショートフィルムと教育・地域」
 9月14日(金) 16:00  セミナー世界を突き抜けるタイ映画
 9月14日(金) 14:00  ピーター・バラカン氏によるトーク・ライブ

 9月13日(木) 18:00  セミナー「世界の映画祭フォーラム」
 9月13日(木) 16:00  フィルム・メーカーズ・ミーティング
 9月13日(木) 14:00  ダニエル・マロイの世界〜グランプリ受賞監督に聞く、ロンドンの映画制作環境〜
 9月13日(木) 10:00  セミナー「パク・カンス教授セミナー」

※ SAPPOROショートフェストの関連ブログ紹介
・ 終了したイベント → 続きを読む

bluebook at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 映画 

中垣哲也さんのスライド・トークショー「海の噴水とオーロラの饗宴」@札幌

 〜 モエレ沼公園・海の噴水とオーロラの饗宴 〜
 オーロラ写真で定評のある札幌在住の星景写真家中垣 哲也さん(公式HP)が、彫刻家イサムノグチの遺作である札幌モエレ沼公園でスライド&トークショーを開催。中垣さんは、昨年の2006年、札幌富士フォトサロンの個展で歴代2位の動員数を記録。2007年3月から写真家のプロとして独立し、道内各地でスライドショーを開催している。詳細は中垣さんHPのインフォメーション欄で。070917AURORA
・日 時 :2007年9月17日(月・祝) 2回開催
    (水 13:15〜13:55(フルタイム40分)
     スライドショー14:30〜16:00(90分)
    ∧水 18:30〜18:45(15分のショート、ライトアップあり) 
     スライドショー19:00〜20:30(90分)
・会 場 :札幌・モエレ沼公園(地図)  ガラスのピラミッド1階 奥
・料 金 :スライドショーのみ有料 大人1,500円、小中高生500円
      海の噴水は無料
・予約・お問合せ:メール sky@aurora-dance.com

bluebook at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「不登校の真実」上映会@北斗市

 全国で13万人を超える不登校児の現実を、関係者のインタビューとドキュメントタッチのドラマで描くビデオ映画「不登校の真実」(2003年、73分)を上映。原作の「不登校の真実」=書籍情報=の作家、巨椋 修(おぐら・おさむ)さん自らが監督、取材で知り合った富山県の関係者と共に制作した。「この作品では、不登校児の心理、親や教師の立場と心理などを描くことによって不登校に悩む当人や親、教師の方々に一つのヒントや励ましになり、地域の理解や協力を得ることができるようになればと思い企画いたしました」という(制作委員会のHPより)。当日は別室で不登校相談会も(要予約)。詳細は主催のフリースペース自由高原HPの案内チラシ(PDF)で確認を。070204futoukounosinjitu
・日 時 :2007年9月17日(月・祝) 12:30開場、13:00開演
      13:05〜14:20 「不登校の真実」上映
      14:30〜    座談会『元・不登校生と語ろう』
・会 場 :北斗市総合文化センター「かなでーる」 大会議室
     (中野通2丁目13番1号 地図 TEL0138-74-2000)
・入場無料
・主 催 :フリースペース自由高原 、 共 催 :アカシヤ会
・お問合せ:フリースペース自由高原 事務局 TEL 090-7649-4290
【参考サイト】
 映画『不登校の真実』制作委員会
 巨椋さんのブログ「不登校・ひきこもり・ニートを考える」
 オールニートニッポン(公式HP) - 生きづらさを抱える若者のためのインターネットラジオ

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第12回SHINTOKU空想の森映画祭@新得町

 毎年、十勝館内新得町の廃校他を会場に開催されているSHINTOKU空想の森映画祭が12回目の今年も開催される。14日(土)夜にオープニングパーティー。北海道の朝鮮学校のドキュメンタリー「ウリハッキョ」、映画美術の重鎮 木村威夫さんが監督した新作「馬頭琴夜想曲」(公式HP)などの070914shintoku10作品の上映とトーク、ライブやワークショップを行う。詳細は「第12回SHINTOKU空想の森映画祭」(公式HP)で近日発表予定。スタッフと出店者を募集中
・会 期 :2007年9月14日(土)〜17日(月)
・会 場 :新得町・新内ホール(TEL 0156-64-3161 会期中のみ)
・入場料 :映画、ワークショップ等すべての共通券
      前売2,000円、当日2,500円、中高生1,000円、小学生以下無料
     (オープニング、さよならパーティー、ライブは別料金)
・お問合せ:映画祭実行委員会事務局TEL 090-6216-1528(のだ)
※ 上映プログラム、過去の開催記事 → 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

生誕100年記念「伊藤真乗の目と手」展@札幌

 伊藤 真乗(いとう・しんじょう、1906〜1989)の生誕100年を記念して「伊藤真乗の目と手」展が東京や大阪ほか、北海道は札幌で開催される。070908itoushinjou真如苑の開祖であると同時に“昭和の仏師”とも呼ばれている伊藤真乗の初の回顧展。その修行と研鑽の道程で残した仏像・彫刻・刻字・書を一般に初公開。自らの制作を決して芸術とは呼ばなかった宗教者、伊藤真乗の全体像を紹介する。詳細は同展公式HPで。
・会 期 :2007年9月8日(土)〜17日(月)
・時 間 :10:00〜20:30(最終入場19:30)
・会 場 :札幌メディアパークスピカ(中央区北1西8、地図
・入場料 :500円(中学生以上、税込)
・お問合せ:「伊藤真乗の目と手」展実行委員会 TEL 011-640-7667
※ 札幌特別プログラム(9/8に溝口肇氏の演奏、要申込、9/3必着)ほか → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

レイチェル・カーソン生誕100年記念パネル展@札幌

 農薬による環境汚染にいち早く警鐘を鳴らした「沈黙の春」書籍情報=、自然の神秘さや不思議さへの感性の大切さを伝えた「センス・オブ・ワンダー」書籍情報=など、数々の優れた著作を残したレイチェル・カーソン(Rachel Carson、1907〜1964年)の生誕百年記念に寄せたパネル展。「環境の世紀ともいわれる21世紀、彼女が私たちに残してくれたものはますます重要になってきました。『沈黙の春』の出版から45年、レイチェル・カーソンが伝えたかったこと、今を生きるヒントがその中にあるかもしれません」(同チラシより)。070701Rachel詳細は北大HPのNEWS欄で。
・会 期 :2007年7月1日(日)〜9月17日(月)
・時 間 : 9:30〜16:30 月曜と7/17、8/26 は休館
・会 場 :札幌・北海道大学総合博物館 3F(北区北10西8 地図)
      1階「知の交流コーナー」
・入場無料
★ 映画「センス・オブ・ワンダー」(公式HP)DVD情報=上映
  会期中の毎日曜13:30から。
  グループ現代制作、小泉修吉監督。16mm、107分。
・お問合せ:北海道大学総合博物館 TEL 011-706-2658
・参 考 :レイチェルカーソン日本協会 http://hb6.seikyou.ne.jp/home/JRCC/

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「昆虫記」刊行100年記念日仏共同企画「ファーブルにまなぶ」展@札幌

 南仏プロヴァンスの荒地でひたすら虫の生き様を追い求めた科学者ジャン・アンリ・ファーブル(1823-1915)。彼の「ファーブル昆虫記」書籍情報=全10巻の最後の巻が出版されてから今年でちょうど100年になる。「昆虫記」刊行100年を記念して、日仏の6つの博物館が共同した企画「ファーブルにまなぶ」展を、070701fable北大でも開催。ファーブルとその業績の紹介のほか、「昆虫記」後の100年間の科学的進展を振り返る。詳細は北大総合博物館の案内欄で。
・会 期 :2007年7月1日(日)〜9月17日(月)
・時 間 :9:30〜16:30 祝日をのぞく月曜と7/17、8/26は休館
・会 場 :札幌・北海道大学総合博物館(北区北10西8 地図)
・入場無料
・お問合せ:北海道大学総合博物館 TEL 011-706-2658
・関連企画:詳細は同博物館の案内欄で確認を 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

★第2回札幌国際短編映画祭@札幌

 2006年秋に札幌で新たに誕生した「札幌国際短編映画祭」(通称「SAPPOROショートフェスト」)が今年も開催される。世界84ヶ国、2,533作品の応募の中から、27ヶ国120作品をジャンル別に数プログラムに分け、札幌東宝プラザ他で上映(プログラム欄)。また、応募作品の上映権等を取引するショートフィルムマーケットを同時開催するほか、映画ファン向けのトークセッション、ワークショップ等のイベントを多数予定。
 詳細は第2回札幌国際短編映画祭(公式HP) http://www.sapporoshortfest.jp/で。
【開催概要】070913SSFF2007chirashi
  プログラム上映
  オフィシャルセレクション120本をプログラム別に上映
  会 期 :2007年9月13日(木)〜17日(月・祝)
  時 間 :毎日10:00〜23:30(1日7回)、土曜はオールナイト予定
  会 場 :札幌・東宝プラザ(中央区狸小路5)、シアターキノ他市内中心部(参考
     (ショートフィルムマーケット、ワークショップ等は別会場)
  ショートフィルムマーケット(詳細)
  会 期 : 9月13日(木)〜16日(日)
  会 場 :札幌・イベントスペースEDiT(札幌市中央区南2条西6丁目)
  トークセッション/セミナー/ワークショップ等のイベント(無料)
  会 期  : 9月13日(木)〜16日(日)
  会 場 :札幌・ほくせんギャラリーivory (TEL011-251-5100)
     (中央区南2西2、NC HOKUSENブロックビル4階)
・入場料 :8月1日(水)前売開始。
  前売で、1プログラム券1,000円、3プログラム券2,400円ほか。
  VIP券、アワードプレミアム券ほかを予定。(詳細はチケット情報で)

■ ボランティアスタッフを募集(詳細はこちら
※ その他参考情報 → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(8) 映画 

SAPPOROショートフェストの関連ブログ@札幌

 第2回札幌国際短編映画祭(通称:SAPPOROショートフェスト2007、記事)が今年も9月に開催される。世界84ヶ国、2,533作品の応募の中から、27ヶ国120作品をジャンル別に数プログラムに分け、札幌東宝プラザ他で上映。上映プログラムが8月7日(火)に発表された(プログラム欄)。公式サイト以外でも、今年の作品紹介ブログほか日々情報を発信中。070913SSFF2007chirashi
【上映作品紹介サイト】
  Beckyの 『これも上映したかった!!』 http://beckyxx.exblog.jp/
     選外となった珠玉作を紹介する実行委員会メンバーのブログ
 ◆SAPPOROショートフェスト『上映作品情報!!』
     http://ssf2007.exblog.jp/
【ボランティアスタッフのブログ】
  SSFボラスタ生活 http://blog.livedoor.jp/ssf2007/
     sapporoショートフェスト2007のボランティアスタッフがおくる映画祭の裏側

第2回国際短編映画祭 開催情報
 ・会 期 :2007年9月13日(木)〜17日(月・祝)
 ・上映会場:札幌・東宝プラザ、シアターキノ
 ・公式HP  http://sapporoshortfest.jp/

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

■ ブログの不具合、お陰様で復旧しました

いつも当サイトを、ご覧いただきありがとうございます。
今回は、当サイトのデータ表示の不具合のお詫びとお知らせです。

昨夜9月14日(金)、データ更新中に突然10月27日以前のデータが
すべて表示されなくなりました。
現在、プロバイダーに問合せ中です。

復旧しますまで、現在9月と10月のデータは
画面右手のサイドバーの「2007年9月」「2007年10月」の欄を
クリックすると、いつもどおりご覧になれます。

皆様には大変ご迷惑をかけ申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いします。

                  2007年9月15日(土) 早朝 



お陰様で復旧しました。
ありがとうございました。

                  2007年9月17日(月) 22:00

bluebook at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) その他 

2007年09月16日

第2回札幌国際短編映画祭オフシアター上映@札幌ATTIC

 2006年秋に札幌で新たに誕生した「札幌国際短編映画祭」(通称「SAPPOROショートフェスト」)が2007年の今年も9月13日(木)〜17日(月・祝)に開催される。世界84ヶ国、2,533作品の応募の中から、27ヶ国120作品を札幌東宝プラザ他で上映(プログラム欄)。070913SSFF2007kinoこのオフシアター企画として、正式上映に至らなかった応募作のうち、日本のフィルムメーカー部門と、札幌の応募作の中から秀作を選び、ATTICメンバーを中心とした自主運営で上映する。
・会 期 :2007年9月13日(木)〜16日(日)
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F TEL 011-676-6886)
・入場料 :各プログラム 500円(札幌応募作品は無料)
      自主運営のため、SSF2007チケットやフリーパスは使えない
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355
・参 考 :ATTICブログの上映案内記事
※ 上映作品とスケジュール、毎夜のコミュニティパーティー → 続きを読む

bluebook at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第2回札幌国際短編映画祭 ロイストン・タン監督『4:30』特別上映@札幌

 第2回札幌国際短編映画祭(通称:SAPPOROショートフェスト、9/13〜17日、記事)の一環で、シンガポールの新鋭、ロイストン・タン監督の「4:30(フォー・サーティ)」(2005年、97分、シンガポール/日本)が特別上映される。ロイストン監督は、昨年度の「札幌国際短編映画祭」(記事)で、札幌滞在中に制作した短編「Monkeylove(モンキーラブ)」が特別賞を受賞するなど、札幌に縁の深い作家。今年度は1-Fプログラムで『D.I.Y』(参考)が上映される。今回の特別上映では、監督による挨拶とトークも予定。070916Royston430詳細はシアターキノHPのNEWS欄で。
・日 時 :2007年9月16日(日) 17:10 1回限り
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :当日料金1000円(均一)
   特別上映につき、SSF2007のチケット・ゲストパス・VIPパス等、
   シアターキノ招待券・ビンテージ手帳・スタンダード会員証・パス券等は
   すべてお使いいただけません。
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355
・参 考 :詳細はS-AIRのブログ案内記事 続きを読む

bluebook at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

TOBIU MEETS OKI@白老町

飛生(とびう)アートコミュニティーは、閉校した小学校跡をアーティストの共同アトリエとして使用する場として1986年創設。現在は創作拠点のみならず、作家同士の交流の場としても活用され道内外から多くのアーティストが訪れている。ここを会場に、アイヌ音楽に世界のルーツ音楽を織り込んだサウンド作りで知られるOKI(公式HP)(ブログ)らによる音楽ライブ、アート作品の展示販売、彫刻等での空間演出、参加型ポストカード展の総合イベントを開催。詳細は公式HPで。070916tobiu
・日 時 :2007年9月16日(日) 15:00開場、16:00〜19:00
・会 場 :白老町・飛生アートコミュニティー(胆振管内白老町竹浦520、地図)
・入場料 : 前売券・MAIL予約で1,000円、当日券 1,300円(小学生以下無料)
・MAIL予約:info@tobiuartcommunity.com
・お問合せ: TEL 090-3592-6822 (国松)
【構成内容】
  _山撻薀ぅ屐OKI(トンコリ)、JA-woodoo(ジャンベ)による演奏
 ◆“生で出会った作家たちによる作品の展示・販売。
  伴翼、藤沢レオ、坂本正太郎(彫刻)、森れい、内藤千尋、
  山崎千鶴(ジュエリー)・橘内美貴子(版画)、高瀬季里子(革クラフト)、
  前田育子(陶芸)、田中伊久里(漆)
 I畸覆魯▲肇螢┐箸靴道藩僂靴討い詭畋す纂砲悩酩覆鯏玄─Ρ藹弌
  国松希根太(彫刻)、奥山三彩(彫刻)、maco(照明)

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「さよなら、クロ〜世界一幸せな犬の物語〜」上映&講演会@千歳市

 千歳科学技術大学の大学祭「稜輝祭(りょうきさい)」の一環として、「さよなら、クロ〜世界一幸せな犬の物語〜」DVD情報=の上映と講演が行われる。映画は、1960年代の長野県のある高校で起きた実話を元に作られた作品。とある学校に住み着いてしまった野良犬のクロと、学校に通う生徒たちとの12年間の交流を描いたハートフルドラマ。松岡錠司監督、2003年、109分。出演は妻夫木聡、伊藤歩ほか。詳細は同大HPの案内欄(PDF)で。
・日 時 :2007年9月16日(日) 15:00〜18:00
    映画「さよなら、クロ〜世界一幸せな犬の物語〜」上映
    講演 映画「さよなら、クロ」とその時代
    講師:碓井 広義さん (同大 光科学部光応用システム学科 教授)
・会 場 :千歳市・千歳科学技術大学 (地図
・入場無料
・お問合せ:稜輝祭実行委員会 TEL 0123-22-4554 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

★北海道朝鮮学校のドキュメンタリー「ウリハッキョ」愛別上映会@愛別町

 韓国の監督が3年半にわたって北海道朝鮮初中高級学校の生徒達の生活を追ったドキュメンタリー映画「ウリハッキョ」(131分、2006年釜山国際映画祭雲波賞受賞作品)が、上映される。1945年、祖国解放後、祖国に帰り子供達に不便がないようにと在日朝鮮人1世たちが建てた「朝鮮学校=ウリハッキョ(私たちの学校、という意味)」。070916urihakkyo韓国の映画監督キム・ミョンジュンが、韓国の国内ではほとんど知られていない「在日」という存在の同胞をドキュメンタリー映画という形で紹介し、韓国で上映されたもの。映画は日本語字幕付き。詳細は「ウリハッキョ」自主上映・日本公式ブログ愛別町上映記事で。
・日 時 :2007年9月16日(日) 2回上映
・時 間 :14:00、18:00 (ともに30分に開場)
・会 場 :愛別町字本町 「蔵KURARAら」多目的ホール
・入場料 :大人1,200円、高校生以下1,000円 (いずれも前売当日同額)
      8月1日(水)以降、ローソン各店でチケット発売 Lコード12122
・お問合せ:「ウリハッキョ」愛別上映実行委員会
      TEL 080-3237-7454(小森) E-MAIL akmovie@hotmail.com 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画