2007年10月

2007年10月31日

DIDOアワード2007、デジタルイラストを募集@札幌

 DIDO(Digital Illustrator Discovery Organization)は、コンピューターでイラストレーションを描く作家の集団。今年も昨年に続き「DIDOアワード」を開催、オリジナルのデジタルイラスト作品を募集。今年のテーマは「響」で、応募資格は高校生以上。A3サイズ(297mm×420mm)で3枚以内、原寸大のJPEG形式で応募を。入賞作にはトロフィーと副賞あり。詳細はDIDOのHPの案内欄で。090831DIDOAWARD2007
・審査日程: 2006年11月24日(土)公開審査、11月25日(日)受賞発表
・会 場 :札幌市内
 [公開審査] インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC)
      (豊平区豊平1条12丁目1−12)
 [受賞発表] ジャスマックプラザホテル(中央区南7西3)
・応募締切: 
 【エントリー締め切り】
  早期割引締切:2007年8月31日(金) ※対象:非会員、学生
  最終締切  :2007年10月15日(月)
        (当初の10/01より締切延長、10/09追記)
 【作品締め切り】 2007年10月31日(水) 16時必着
・参加費 :
  早期割引 一般1,500円、高大生1,000円
  割引なし 一般2,000円、高大生1,500円
・お問合せ:DIDOアワード実行委員会 TEL 011-615-5963 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

FIX・MIX・MAX!-アワード募集@北海道

 昨年11月札幌の道立近代美術館で開催された現代美術展「FIX・MIX・MAX!-現代アートのフロントライン(最前線)-」(公式HP)(記事)は、9日間で3,000名超が来場、関連イベントを含めると7,000名が参加した。同実行委員会ではさらなる発展を求め、アーティストの発掘と育成を目的に、今年度は北海道在住アーティストを対象にしたコンペティション「FIX・MIX・MAX!-アワード」を開催する。「これまでに出会えなかった表現を」とのこと。詳細は同HPのアワード開催概要で確認を。071031fixmixmaxaward
・応募資格:北海道在住の個人・グループ
・応募企画:1人(1組)1点(素材自由)
・審査方法:一時審査は作品写真をプロジェクター投影で行うため、
      応募は作品を撮影して合計6枚以内でJPEG形式で郵送を。
・一次審査:11月5日(月) 作品写真と映像などで。結果は全員に書面通知。
・二次審査:11月10日(土)
・出品料 :無料
・募集期間:2007年8月1日(水)〜10月31日(水)
・お問合せ:同実行委員会事務局 TEL 011-643-2404(CAI現代芸術研究所内)
※ 審査員の顔ぶれ、賞金額 → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2007年10月30日

篠路高校図書館講座 中島岳志「あるがままのインド」@札幌

 〜 「図書館で知ろう」北の知層2007 〜
 札幌篠路高校では、第一線で活躍する方々のお話を通して、人・地域・本の世界の魅力に触れる図書館講座を連続開催。今回の講師は、人間の本源にまなざしを向けながら、積極的に発言し行動する、071030shinorotosyokan気鋭の文化人類学研究者、中島岳志さん。中島さんがインドで直にふれた人々の暮らしや思いなど、見たこと考えたことを、多角的な視点から語る。詳細は篠路高校HPの案内欄(PDF)で。
【あるがままのインド〜そこで見たこと考えたこと】
・日 時 :2007年10月30日(火) 18:00〜19:30頃
・会 場 :札幌篠路高等学校 (北区篠路町372-67)2階 図書館
・入場料 :無料。学外の一般参加歓迎。
・お申込み・お問合せ:TEL 011-771-2004(篠路高校、塚田・田村)
・参 考 :第8回ソクラテスのカフェで本談義(中島岳志さん、2007/04/14、札幌)
※ 中島さんの紹介と、これまでの図書館講座の内容 → 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

ユネスコ世界寺小屋運動 くるりんぱ展@札幌

 日本ユネスコ協会連盟が始めた世界すべての人が学べる場を作ろうと呼びかける「ユネスコ寺子屋運動」をPRする展覧会「ユネスコ寺子屋運動くるりんぱ展」(公式HP)が札幌で開かれる。「くるりんぱ」は、180度回すと別な動物や風景が表れる不思議な作品。動物の逆さ絵「くるりんぱ」シリーズを制作している071018kururinpa神奈川県逗子市の絵本作家ユニット「マルタン」(後藤徹、静子夫妻)さんの作品約44点を展示。「ものの見方は一つではない」ことが楽しく実感出来る。会期中は、北大学生実行委員を中心にワークショップを始めさまざまなイベントを予定。詳細は、公式HPの案内欄で。
・会 期 :2007年10月18日(木)〜30日(火)
・時 間 : 11:00〜17:00
・会 場:札幌・北海道大学 遠友学舎(北区北8条西7丁目)
・入場無料
・お問合せ:北海道ユネスコ連絡協議会 TEL 011-251-6670
・参 考 :マルタンさんの「くるりんぱ」シリーズ=書籍情報= 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

札幌市が観光文化情報ステーションを大通駅構内に開設@札幌

 札幌市の観光文化局では、市内で行われる文化・芸術イベントの情報を集め発信する「観光文化情報ステーション」を2007年10月30日、地下鉄大通駅構内北側にオープンした。市内で開催される美術・演劇・音楽などの文化芸術情報、イベント情報、スポーツ情報、観光情報の提供スペースで、チラシやDMハガキ、パンフレットを開架する。またネットでも情報掲載をイベント掲載申込(フォーム)で申し込むことが出来る。登録は無料。071030kankoubunkaST観光客向けというよりも、札幌市民が文化やスポーツイベントを楽しむ情報の拠点として便利なコーナーになりそうだ。地下鉄大通駅構内のオーロラタウン入口の北側で赤い外壁が目印。詳細は同HPで。
・オープン:2007年10月30日(火)
・時 間 :10:00〜20:00
・休館日 :年末年始(12/29〜1/3)
・場 所 :札幌市・地下鉄南北線大通駅地下鉄コンコース改札口横
・公式サイト:http://www.sapporo-info.com/  

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホール・施設 

■北見の市民映画館「シアターボイス」が一時休館、12月中旬に再開見込み@北見市

 北見市のきたみ東急百貨店の2007年10月31日(水)の閉店に伴い、同館6階にあった市民映画館「シアターボイス」(公式HP)が10月30日(水)から、一時休館に入った。同館は北見の映画文化の底上げを目指して2006年3月にオープンし、NPO法人「コミュニティシネマきたみ」が運営に当たってきたもの(記事)。これまでの20ヵ月間で45作品が上映され、入場者数は約1万5千人に上る。シアターボイスは9月の臨時理事会で「移転は費用面で困難」とし、現状での運営継続を求めていたが、ビルの譲渡合意が成立したことから、12月中旬に劇場を再開する見通しという。
■シアターVoice(ボイス)  http://www.cinema-kitami.com/
・住 所 :北見市大通り西2丁目1番地 きたみ東急百貨店内 6階 ホール109
・連絡先 :TEL 0157-31-3111(内線1109)
・参 考 :シアターボイス ファンBBS http://6240.teacup.com/tvoicefun/bbs
・参 考 :「経済の伝書鳩」(HP)の記事(2007/10/31) 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) ホール・施設 

2007年10月28日

在日コリアンの青年が見たチベットのドキュメンタリー「チベットチベット」上映@壮瞥町

 映画「チベットチベット」 (参考)が、この秋、札幌ほかで連続上映される。映画は、在日コリアン3世の金森太郎こと金昇竜監督が自分探しの旅の途中、ふとしたことからチベットの現状を追うことになり、ダライラマ14世への10日間におよぶ同行取材をも可能にした。旅を続けるうち、金森さんの中の韓国への否定的な思いが少しずつ溶け変化していく。「この作品は、旅人としての素朴な視点から国家、民族について考え、ひいては自らのアイデンティティを確立するに至った旅人のドキュメンタリーロードムービーである」(「あじと」ブログの案内欄より)。2001年、日本、95分。監督:キム・スンヨン、編集:梶愛、音楽:大久保智之、協力:チベット亡命政府、制作:ラゴス
・日 時 :2007年10月28日(日) 開場18:00、開演18:30
・会 場 :壮瞥町・洞爺湖畔のいっぷくカフェ「ちゃいはな」
      (壮瞥町壮瞥温泉136 地図)
・入場料 : 1,500円(1ドリンク付き)
・お問合せ: 同店 TEL 0142-75-4310 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

自腹映画FES! 2007 in 札幌 @札幌

 郡司掛雅之、大森南朋、松本庵路の3監督が来場、トークと作品上映ほかを予定。札幌の島田英二監督(ブログ)と、今年3月に大森南朗さっぽろシネマフェスティバルを主催した「映画の空気」等が協力している。
【上映作品】071028jibaraeigafes
  郡司掛雅之監督作品「残り香」 2007年、24分
  大森南朋監督作品「リハビリ刑事」 2003年、10分
  松本庵路監督作品「KAMACHOP」 2007年、85分
・日 時 :2007年10月28日(日) 2回上映 
・開 演 :13:45 18:15  (開場各45分前)
・会 場 :札幌市・イベントスペースEdit
      (中央区南2条西6丁目 南2西6ビルB1F 東急ハンズ裏)
・入場料 :当日11:00より販売 1,500円(完全入替制) 前売なし 
・主 催 :アパッチ エゾギク(菊地)
・お問合せ:info@apache2001.co.jp、当日のみ TEL 090-1568-2015(菊地) 
※ 上映プログラム → 続きを読む

bluebook at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「地球交響曲」第2番上映+佐藤初女さんと一緒に in 支笏湖@千歳市

 自然と人間の在り方を考える龍村仁監督のドキュメンタリー映画「地球交響曲」の第2番(1995年、紹介欄)でも知られる、佐藤 初女(さとう・はつめ)さん(青森県弘前市の「森のイスキア」主宰)の講演と映画上映。翌日は、佐藤さんと一緒におにぎりを作り、食べることと命について考える。詳細は、主催の「雪のイスキア」HP案内欄で。
・日 時 :2007年10月27日(土)〜28日(日) 参加は2日間通し
・会 場 :千歳市・支笏湖ユースホステル
     (千歳市支笏湖温泉 TEL 0123-25-2311 駐車場あり 地図
      千歳駅より送迎バスあり。10時と12時予定(要予約)
・定 員 :60名(先着順 定員になり次第締切)
・参加費 : 13,000円(一泊二食付、宿泊代込み。部屋は相部屋)
・お申込み:雪のイスキア TEL 011-783-6373(畑野)又は TEL 011-884-0358(田中)、
      TEL 011-852-0648(千葉)まで、電話でお申込みを
※ 当日のプログラム → 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

日本映画名作上映会@厚岸町

 〜平成19年度厚岸町優秀映画鑑賞推進事業〜
 世界の巨匠 小津安二郎監督が、親と子の関係を静かに見つめた珠玉の4作品「秋刀魚の味」「東京物語」「彼岸花」「麦秋」を上映。
・日 時 :2007年10月26日(金)〜28日(日)
・会 場 :厚岸町・本の森 厚岸情報館 (地図
・入場料 :1作品券500円、通し券1,000円、高校生以下無料
・お問合せ:同館 TEL 0153-52-2246 
・参 考 :文化庁優秀映画鑑賞推進事業
 文化庁とフィルムセンターは、広く優れた映画鑑賞の機会を提供するため、日本各地の公立文化施設と連携・協力して、所蔵映画フィルムの巡回上映を全国で実施。今回の厚岸はAプログラムから上映。 
※ 上映プログラム → 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

石田善彦追悼展@札幌

 2006年10月に逝去された札幌在住の翻訳家、石田善彦さんを追悼し、その業績を偲ぶ展覧会。石田さんは、1943年北海道生まれ。早稲田大学法学部卒業後、音楽雑誌「新譜ジャーナル」でのライターを経て翻訳家に。ハードボイルドや推理小説を始め、英米文学の翻訳で活躍した。その多くの翻訳書を各出版社の協力により展示、併せてその人柄と軌跡を偲ぶ。ポップスやジャズ等、音楽への造詣も深く、移転前の同店ではよく音楽講座を開き、秘蔵のLPレコードをかけながら、その楽しみを伝えてくれた。人を愛し音楽を愛し文学を愛した優しい方でした。深い感謝とともに、謹んでご冥福を祈ります。(右写真は旧中森花器店でのスナップから)。初日に、石田さんがライナーノートを書くなど親交が深かった、碇昭一郎氏のモダーンジャズグループ「ベーカーストリート」による追悼ライブあり。071023ishidayoshihiko
・会 期 :2007年10月23日(火)〜28日(日)
    10月23日(火) 19:00頃から追悼ライブ。1,500円。
    演奏=碇昭一郎氏率いる「ベーカーストリート」

・時 間 :11:00〜19:00 
・会 場 :札幌・テンポラリースペース(北区北16西5−1−8)
・入場無料(追悼ライブのみ有料=1,500円)
・お問合せ:同店 TEL 011-737-5503 
【同時開催】 森美千代写真展 「時の記憶」 同店吹き抜けスペース
   旧中森花器店の閉店から現在のテンポラリースペースの開店までを
   札幌の写真家、森美千代さんが記録した写真の数々を展示。
・参考記事:栄通の案内版記事栄通記レポート(2007/10/25)
※ 森さんの最近の個展、石田善彦さんプロフィールなど → 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

★手塚治虫アニメワールド Part17 @旭川市

 手塚治虫のアニメーション作品の魅力をたくさんの人に伝えたいと活動している「アトムの会」(氏家正実代表)が主催する、毎年恒例の上映イベント「手塚治アニメワールド」が今年も開催される。17回目の今年は、TVシリーズ「鉄腕アトム」「どろろ」「ふしぎなメルモ」、071028animeworld短編映画「森の伝説PART1」、長編アニメ映画「千夜一夜物語」(R-15)を上映。蠎蠶優廛蹈瀬ションほかが後援。
・日 時 :2007年10月28日(日)
・会 場 :旭川市・旭川市公会堂ホール(常磐公園内 地図
・入場料 :
  前売で大人900円、小中生500円(当日各100円増)。小学未満無料。
・お問合せ:アトムの会 TEL 0166-51-4159(喫茶もぐらや)
・参 考 :昨年の開催記事(2006/09/18)
※ 上映プログラム → 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

neoアジア映画祭inあさひかわ 2007@旭川市

 〜 アジア・家族のかたち 〜
 今年で12年目を迎える「neoアジア映画祭inあさひかわ」(公式HP)。「アジア映画」を通して「同時代人としてのアジアの人々を見いだし、共鳴しあうことを願って、商業性はないが質の高い作品に出会う機会を市民自ら作り出そうという上映会。今年は日本・韓国・中国・レバノン等、各国の家族のあり方をテーマにした6作品を上映。初日には、特別企画「ドキュメンタリー映画へのまなざし」として、「チーズとうじ虫」の上映と加藤治代監督のトークあり。071026AsiaFilmFes
・日 時 :2007年10月26日(金)〜28日(日) 3日間
・会 場 :旭川市・ディノスシネマズ旭川(大雪通5)
・入場料 :
  1本券 一般前売 1,200円(当日 1,500円)
  3本券 一般前売 3,000円(当日 4,000円)
  5本券 一般前売 4,500円(当日 5,000円)
  高校以下 当日1本1,000円
・主 催 :neoアジア映画祭inあさひかわ実行委員会
・お問合せ:TEL 0166-65-8334(光岡)
※ 上映作品と上映時間ほか → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「第1回百姓映画祭」で「アボン 小さい家」「タイマグラばあちゃん」上映@清水町

 「今年スタートを切る「百姓映画祭」(HP)。「私達が日々暮らすこの清水町で開催できることをとても嬉しく感じています。この映画祭が、忙しい農作業や仕事の合間のホッとした一時となり、明日からまた続く日々の活力となりますように。そして、清水町の皆様、十勝の皆様、北海道の皆様、日本の皆様が、この映画祭を通じて農業・農村の魅力を感じていただければ・・・と願っています」(右チラシより)。今回は「アボン 小さい家」(HP) (2003年、130分)、「タイマグラばあちゃん」(2004年、110分)の2本を上映。071028hyakusyoueigasai両作品とも監督の挨拶あり。
・日 時 :2007年10月28日(日) 10:00開演
・会 場 :上川郡清水町・上羽帯少年自然の家
・主 催 :NPO法人インフォメーションセンター
・入場料 :一般1,000円、中高生500円、小学生以下無料
      (映画・トーク・パーティーすべて込み。食券は別料金)
・お問合せ:北海道インフォメーションセンター
      TEL 090-6268-7778、gouhara@ryufo.com(ごうはら)
※ プログラム、上映作品のご案内 → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

小寺卓矢写真展+トーク「森のいのちを撮る−写真家がとらえた北の森−」@札幌

 森や樹の美しさ、自然と人のいのちの繋がりをテーマに数多くの作品を撮影、書籍・雑誌等で発表している芽室町在住の若き写真家、小寺 卓矢さん(HP)が、阿寒など北海道の森で撮った写真をスクリーンに映しながら、感じ、考えてきたことを自ら語るトークと、写真展を開催。写真展では、2007年2月に新宿ペンタックスフォーラムで展示した作品と、写真絵本「森のいのち」(アリス館、2006年5月発行)=書籍情報=の原画写真を展示。詳細は主催の開拓記念館HPの案内欄で確認を。
【写真展】
・会 期 :2007年10月13日(土)〜28(日)
・時 間 :9:30〜16:30
・会 場 :札幌市・北海道開拓記念館(厚別区厚別町小野幌53-2)玄関横
・入場無料
【トーク】
・日 時 :2007年10月13日(土) 13:30〜15:30
・会 場 :札幌市・北海道開拓記念館(厚別区厚別町小野幌53-2) 講堂
・定 員 :学生・大人 100人(先着順)
・お申込み:要予約。9月14日(金)から電話で受付
・お問合せ:北海道開拓記念館 TEL 011-898-0456 
※ 作家プロフィール → 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

北大映画館プロジェクトの「クラークシアター」上映会@さっぽろ

 北海道大学の学生達が中心となって、本格的な映像教育を考え、数年後には映画館の常設をイメージしている「北大映画館プロジェクト」実行委員会の手による上映会「クラーク シアター」(HP)071025ClarkTheater02今年も開催される。昨年に続き2回目の開催で、会場は去年と同じ北大構内のクラーク会館。ショートフィルム、長編作品の他、今年は活弁映画も上映。詳細は公式HPのプログラム欄等で。
・日 時 :2007年10月25日(木)〜10月28日(日)
・会 場 :札幌市・北海道大学(北区北8西8) クラーク会館講堂(地図
・入場料 :1プログラム 前売400円、当日500円
・お問合せ:北大映画館プロジェクトhokudaitheater@gmail.com 
・参 考 :前回(初回)の上映記事(2006/12/04〜09) 
※ 上映プログラム → 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2007年10月27日

Fine Time 31 @札幌

〜 クリエイティヴに興味のある方の交流会 〜
 「ファイン・タイム」とは、デザイン、イラスト、映像、音楽、その他アートで表現している人、そういう表現者に興味のある人なら誰でも参加自由。自己紹介や雑談を楽しむゆるやかな時間。予約不要。
・日 時 :2007年10月27日(土) 18:00開始
・会 場 :札幌・ソーソーカフェ(中央区南1西13 三誠ビル1F)
・入場無料。ただし、カフェのため何か飲食の注文を。
・お問合せ:ソーソーカフェ 011-280-2240。
・参考記事:協賛のNUMERO DEUX主宰の石川伸一氏のブログ案内欄  続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

★文学館講演会 「再読、賛嘆、久生十蘭」〜新全集刊行に向けて〜@函館市

 彫心鏤骨の文体を駆使し、探偵小説からユーモア小説、捕物帖、幻想掌編まで多彩な活躍を見せ、鬼才と謳われた函館出身の作家・久生 十蘭(ひさお・じゅうらん、1902〜1957年)が亡くなってから、この10月6日で50年。これを契機に今、新しい全集が企画され、編集作業が進行している。十蘭の作品を網羅した071027hisaojuuran初の全集刊行に向け、新たに発掘された作品で「十蘭の世界」を味わう企画。十蘭が初期に活躍した雑誌「新青年」や十蘭の評伝=書籍情報=その他の研究で知られ、現在編集中の久生十蘭全集の編集委員にも名を連ねるフランス文学者の江口 雄輔氏が講演する。函館市文学館の主催。
・日 時 :2007年10月27日(土) 14:00〜16:00
・会 場 :函館市民会館(湯川町1-32-1 地図) 大会議室
・入場料 :500円(当日券のみ)、定員100名
      函館市民会館、芸術ホール、文学館で入場券を発売中。
・お問合せ :函館市文学館 TEL 0138-22-9014
・備 考 :久生十蘭 - Wikipedia
・参 考 :久生十蘭「従軍日記」 出版(2007年10月、講談社、記事
★ 久生十蘭オフィシャルサイト準備委員会 http://blog.livedoor.jp/hisaojuran/  

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 

ブレーメン館10月研究発表会「英国エリザベス朝時代のユダヤ人観」@札幌

 「自由な発表と幅広い交流の場」をモットーに、同人誌発行や上映会、山中貞雄監督からアンゼルム・キーファー、ホロコースト漫画「マウス」まで幅広く論じる「ブレーメン館」の研究会。今回は、札幌の新進研究者、佐々尾知氏が、シェイクスピアの「ヴェニスの商人」をとりあげて、英国エリザベス朝時代のユダヤ人観について講演。
・発表題目: 英国エリザベス朝時代のユダヤ人観
・発表者 : 佐々尾 知(ささお とも)札幌啓北商業高校教諭
・日 時 :2007年10月27日(土)  14:00〜16:00
・会 場 :札幌・北海道情報大学 札幌サテライト
     (中央区北3西7緑苑ビル4階、植物園入口正面 地図
・参加費 :一般500円。会員と学生は無料。予約不要。会員以外の参加歓迎。
・お問合せ:ブレーメン館事務局(道工大総合教育研究部内)岩田
      TEL 011-688-2346 iwata@hit.ac.jp
【参考図書】
 )楸凝也著『本当はこわいシェイクスピア』=書籍情報=、講談社
 ∈監M9埣『英国ユダヤ人』=書籍情報=、講談社
※ 発表概要、これまでの研究会など → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 

「無名(むみょう)の人〜石井筆子の生涯〜」上映会@旭川市

 石井筆子(1861〜1944年)は、その生涯の前半においては、女子教育者として「男女同権」の考え方に基づいた女性の自立を促し、後半生においては、わが国で最初の知的障害児者施設滝乃川学園を夫、亮一(佐賀市水ヶ江出身)とともに運営することで、日本の「知的障害者の母」として彼らの基本的人権の擁護に生涯を捧げた。 自らも女性であることの足かせに苦しみ、社会的弱者とされてきた弱い立場の人々への教育と人権確保に信念を貫き通した石井筆子の人生を描き、同時に日本の女性史、女子教育史の断面に迫るドキュメンタリー映画「無名の人〜石井筆子の生涯〜」(公式HP)を上映。071027mumyounohito2006年、監督: 宮崎信恵。出演: 酒井万里子/朗読:吉永小百合/ナレーション:神山繁。
・日 時 :2006年10月27日(土) 1日4回上映
      11:00、13:30、16:00、18:30
・会 場 :旭川市・旭川市公会堂ホール(常磐公園内 地図
・入場料 :
 一般 前売1,00円(当日1,00円)、小中高生500円(前売当日とも)
・お問合せ:映画「無名の人」上映会実行委員会 TEL 0166-54-2837
 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

北の映像ミュージアム秀作テレビ番組上映会「赤い靴はいてた女の子」@札幌

 NPO法人「北の映像ミュージアム」推進協議会がおくる、道内民放局制作の「秀作テレビ番組上映会」の第3弾。今回は、HTB(北海道テレビ放送)が1978年に制作・放送したドキュメンタリードラマ「赤い靴はいてた女の子」を上映。野口雨情作詞・本居長世作曲の有名な童謡「赤い靴」。「赤い靴の女の子は私の姉“きみ”です。生きているならひと目逢いたい」。昭和48(1973)年11月の北海道新聞夕刊に掲載された中富良野町の女性からの投稿記事をきっかけに、「異人さん」と「少女」を求めて、スタッフとリポーターは横浜−サンフランシスコと探し続けた。HTBが開局10周年記念に制作した初のドキュメンタリードラマで、今日のHTB制作攻勢のきっかけとなった作品として高く評価されている。この作品の企画・制作を担当し、翌年には「赤い靴はいてた女の子」(現代評論社、現在は絶版)を出版したノンフィクション作家で071027akaikutu元HTB常務の菊地 寛氏(北星学園教授)が、制作にまつわるエピソード等を解説。
・日 時 :2007年10月27日(土) 13:30
・会 場 :札幌・かでる2・7(中央区北2西7 地図)1050会議室
・料 金 :500円(資料代)
      入場は会員限定。当日も入会を受け付ける(年会費3,000円)
・お問合せ:NPO法人「北の映像ミュージアム」推進協議会 TEL 011-221-5396 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

釧路芸術館アートシネマ館2007 「サンセット大通り」上映@釧路市

 釧路芸術館の「アートシネマ館2007」では、洋画の名作を5月から2月まで毎月1作品ずつ上映。10月の作品は、「サンセット大通り」DVD情報=を上映。かつて脚光を浴びた元ハリウッド・スターの悲しい半生を描いた、巨匠ビリー・ワイルダー監督が贈る、傑作人間ドラマ。出演はウィリアム・ホールデン、グロリアス・スワンソン、エリッヒ・フォン・シュトロハイムほか。1950年、110分、米。1950年のアカデミー脚本賞、音楽賞、美術監督賞、美術装置賞を受賞。上映の詳細は釧路芸術館HPの案内欄(PDF)で。
・日 時 :2007年10月27日(土) 10:00、14:00
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 アートホール
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年10月26日

スキー映画「4ce Cut the wind」上映とトーク@札幌市

 日本のスキー界をリードする4人、井山敬介吉岡大輔柏木義之丸山貴雄の滑りをニュージーランドで収録したスキー映画「4ce Cut the wind」(公式ブログ)が札幌でも上映される。16丱侫ルムによる迫力ある美しい映像で、DVD完成発表上映会。上映終了後に、井山、吉岡両氏のトークショーも。詳細は映画公式ブログの札幌上映案内欄で。0710264cesapporo
・日 時 :2007年10月26日(金) 19:00開場、19:30〜21:00
・会 場 :札幌市・札幌市エルプラザ
      (北区北8西3 TEL 011-728-1222) 大ホール
・入場料 :無料。要事前申込み
・定 員 :300人(定員になり次第締め切る)
・参加方法:http://www.cgi-maker.com/tools/form/ksuk
      またはFAX 011-563-1156
・お問合せ:螢汽奪櫂蹇Ε好織献 担当 浜辺TEL 090-8908-8487続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

北海道教育大学札幌校 視覚映像デザイン特講掘〆酩幣絮撚顱札幌

 札幌の映像作家、伊藤隆介氏が071026dukyoudai率いる北海道教育大学札幌校美術科視覚映像デザイン研究室の視聴覚デザイン特講靴虜酩幣絮撚顱
【上映作品】  
 Dog'n マジック(20分)、交換日記(20分)、おまけ映像(20分)
・日 時 :2007年10月26日(金) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :札幌市・イベントスペースEdit
      (中央区南2条西6丁目 南2西6ビルB1F 東急ハンズ裏)
・入場料 :前売200円、当日300円
・お問合せ:ancient_dddddddd@yahoo.co.jp
・参 考 :同教室による「8mm Short film festival」(記事、2007/04/20) 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

★ミッシェル・オスロ監督の最新アニメーション映画『アズールとアスマール』@札幌

 「キリクと魔女」等で知られる仏アニメーションの巨匠ミッシェル・オスロ監督の最新作『アズールとアスマール』(公式HP)が、札幌でもいよいよ劇場公開される。オスロ作品ならではの色鮮やかな二次元の絵画的世界に、本作では3DCGの技術を取り入れている。アラビア人の乳母の子守唄で、まるで兄弟のように育った、領主の子青い瞳のアズールと、乳母の息子の黒い瞳のアスマール。大きくなったアズールは乳母の歌っていた子守歌の国を訪ね、遠く海を渡る。しかし、そこは黒い瞳の人達の国で、アズールの青い瞳は070721azur不吉の”呪われた目”だった。かつて栄華を極めた中世イスラムを舞台に、ミッシェル・オスロ監督が描く少年の自立と成長と融和の物語。日本語版の監修・翻訳・演出は、スタジオジブリの高畑勲。2006年、仏、99分。詳細はシアターキノHPの案内欄で。
・会 期 :2007年10月13日(土)〜26日(金)
・時 間 :16:40〜18:20
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :前売1,400円。
      当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校以下1000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 続きを読む

bluebook at 16:40|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

国際結婚と老いを通して夫婦の絆を描く「ユキエ」上映会@札幌市

 現在、監督第3作目となる日米合作映画「レオニー」(公式HP)(世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチの母親であるアメリカ人女性、レオニー・ギルモアが主人公)を制作中の松井久子監督(公式HP)の監督デビュー作「ユキエ」(公式HP)(1997年、93分)=DVD情報=を上映。米ルイジアナ州を舞台に、国際結婚と老いを通して夫婦の深い愛の絆を描くドラマ。出演は倍賞美津子、ボー・スベンソン、草村礼子ほか。上映は、第34回西区女性のつどい(10:30〜15:00)の一環での上映。
・日 時 :2007年10月26日(金) 12:45開演
・会 場 :札幌市西区民センター(西区琴似2条7丁目)
・入場料 :500円の入場整理券(弁当付)が必要。
      前売完売、当日券は少数発売予定
・お問合せ:札幌西区地域推進課 TEL 011-641-2400 内線237

bluebook at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年10月25日

東京国際映画祭で坪川拓史監督の「アリア」上映@東京

 全くの自主製作にも関わらず、2005年トリノ国際映画祭でグランプリと観客賞をダブル受賞した「美式天然」(公式HP)で注目された、長万部町出身の坪川 拓史(公式HP)監督(1972年生まれ)の最新作「アリア」(公式HP)(2006年製作)=右チラシ=が、第20回東京国際映画祭(HP)(2007/10/20〜10/27)の「日本映画・ある視点」部門で上映される。妻を亡くした調律師(塩野谷正幸)が老人形使いに「昔手放したピアノを探して欲しい」と頼まれる。「音の記憶」を巡る旅の物語。女優の高橋マリ子さんの他、人形師の四谷シモンさん(公式HP)が役者として出演しているのもファンには嬉しい。071117kusanoran02詳細は、同映画祭HPの案内欄で。
・上映日時:(△里濾饌羂Щ◆▲謄ーチインあり)
   2007年10月21日(日) 19:20〜21:05
  ◆2007年10月25日(木) 19:20〜21:55
    ゲスト:坪川監督、塩野谷正幸、高橋マリ子、片岡正二郎、四谷シモン
・会 場 :東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ
・入場料 :1,300円(全席指定)。前売券発売中 (当日券情報) 続きを読む

bluebook at 19:20|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2007年10月24日

中国に残された元日本兵のドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」上映+監督トーク@室蘭市

 敗戦から3年半以上も、軍の命令で中国共産党軍と死闘を繰り広げ、長い抑留生活を終えて帰国した日本兵達を最後に待ち受けていたのは、司令官の裏切りと「逃亡兵」の汚名だった。60年余が過ぎた今、生き残った元残留兵らの執念が、歴史の闇に葬り去られた驚愕の真実を暴くドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」(公式HP)。国を相手どって軍人恩給を求める訴訟を起こし「日本軍山西省残留問題」の真相解明に孤軍奮闘する元日本兵、奥村和一さん(当時80歳)の姿を追った071024arinoheitai異例のヒット作。2005年、101分、池谷薫監督。道内では、昨年秋に札幌シアターキノで公開(2006/10/14〜27)され大きな話題を呼んだ。この秋、道内道内4都市(釧路小樽旭川・室蘭)で自主上映される。室蘭は池谷監督のトークあり。詳細は映画公式HPの上映案内欄で。
・日 時 :2007年10月24日(水)
      17:30開場、18:00〜20:30
・会 場 :室蘭市・室蘭市民会館(TEL 0143-44-1113)
・入場無料:前売 1,000円 (当日 1,200円)、中高大生 前売500円(同700円)
      託児のご希望は10月17日までに予約を TEL 0143-22-6787
・お問合せ:憲法を守る室蘭地域ネット TEL 0143-22-4714続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「赤貧洗うがごとき 田中正造と野に叫ぶ人々」上映@札幌

 「真の文明は山を荒らさず 川を荒らさず 村を破らず 人を殺さざるべし」(田中正造の言葉)。明治中期の富国強兵政策下で起こった足尾鉱毒事件に立ち向かい、人権や地方自治の確立、憲法九条に連なる非戦論を展開し、水没される谷中村に根を張って命の限り闘い続けた代議士田中正造(たなか・しょうぞう、1841〜1913年)と、071024sekihinarau共に闘い支援し続けた沢山の人々の人間模様を描くドキュメンタリー映画「赤貧洗うがごとき 田中正造と野に叫ぶ人々」(公式HP)が、札幌でも上映される。池田博穂監督・脚本、2006年、95分。谷中村廃村100年企画。
・日 時 :2007年10月24日(水) 3回上映
      14:00、16:20、18:30
・会 場 :札幌市教育文化会館(中央区北1西13) 4F 講堂
・入場料 :前売 1,200円、当日1,500円。全席自由
・主 催 :北海道「赤貧洗うがごとき」上映を成功させる会 
・お問合せ:北海道共同映画社内 TEL 011-562-1711
・参 考 :NPO法人足尾鉱毒事件田中正造記念館 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

川本喜八郎の長編人形アニメーション「死者の書」DVD 発売中

 NHK人形劇「三国志」でも知られる人形アニメーションの第一人者、川本 喜八郎監督(1925年生まれ)の「死者の書」(公式HP)(2005年、70分)が、DVDで発売されている=DVD情報=。奈良時代の藤原南家の中将姫と非業の死を遂げた大津皇子の魂の交感と鎮魂の物語で、折口信夫の同名小説を川本監督が自身の「人形による表現の集大成」として制作したもの。声の出演は宮沢りえ、能楽師の観世銕之丞、榎本孝明、江守徹、黒柳徹子ほか。解説ドキュメンタリー「ひさかたの天二上」とメイキング映像も併せて収録。詳細は、同作品公式HPの案内欄で。
【DVD情報】 「死者の書」
・発売日 : 2007年10月24日(水)
・価 格 :3,990円(税込)
・コード :GNBA-3062 POS:4988102392833
・発売元 :ジェネオン・エンタテインメント (同作の案内欄)  続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年10月23日

中国に残された元日本兵のドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」上映@旭川市

 敗戦から3年半以上も、軍の命令で中国共産党軍と死闘を繰り広げ、長い抑留生活を終えて帰国した日本兵達を最後に待ち受けていたのは、司令官の裏切りと「逃亡兵」の汚名だった。60年余が過ぎた今、生き残った元残留兵らの執念が、歴史の闇に葬り去られた驚愕の真実を暴くドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」(公式HP)。国を相手どって軍人恩給を求める訴訟を起こし「日本軍山西省残留問題」の真相解明に孤軍奮闘する元日本兵、奥村和一さん(当時80歳)の姿を追った060629arinoheitaicinema異例のヒット作。2005年、101分、池谷薫監督。道内では、昨年秋に札幌シアターキノで公開(2006/10/14〜27)され大きな話題を呼んだ。この秋、道内道内4都市(釧路小樽・旭川・室蘭)で自主上映される。詳細は映画公式HPの上映案内欄で。
・日 時 :2007年10月23日(火) 2回上映
・上映時間:14:00、 18:30 ´△箸盍篤追饌羂Щ△△
・会 場 :旭川市・旭川市公会堂ホール(常磐公園内 地図
・入場無料:前売 1,000円 (当日 1,300円)
・お問合せ:旭川平和フォーラム内 蟻の兵隊実行委員会 TEL 0166-22-1178
続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年10月21日

蔵ら誕生7中年記念第1弾「映画の夕べ」@愛別町

 穂別町(現在は合併してむかわ町)の高齢者達が自主制作・出演して全国で話題となった「田んぼdeミュージカル」(約45分、2003年)=右チラシ=と、071021tanbodemusical第2弾「La riziere(ラ・リズィエール)〜田んぼdeファッションショー」(約40分、2005年、参考記事)を同時上映。崔洋一監督の総合指導の元、監督も撮影も脚本も町民が担当。出演者と撮影スタフによるトークを予定。撮影秘話や現在製作中の3作目「いい爺いライダー」のお話が聞けるかも。
・日 時 :2007年10月21日(日) 17:30開場、18:00開演
・会 場 :愛別町字本町 「蔵KURARAら」多目的ホール
・入場料 :前売500円、当日700円。中学生以下無料。
・お問合せ:蔵 KURARAら応援隊事務局(愛別町産業振興課商工係)
      TEL 01658-6-5111 内線226 

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第4回大黒座まつり@浦河町

 日高館内浦河町の老舗映画館「大黒座」の毎年恒例イベント。食べ物、飲み物は言わずもがな、今年は地元写真家の星 正栄氏の映像作品や山田 勇男監督の短篇映画の上映、ギター弾き語り、朗読、マジックショー、071021daikokuzamaturi町民有志のライブの他、フォークシンガーの加川 良(公式HP)さんのライブも開催。
【プログラム】
  第1部 星 正栄氏の映像作品集、民族音楽・マジックショー、ダンス・短編映画
  第2部 加川 良 with すぎの暢ライブ at 大黒座
・日 時 :2007年10月21日(日) 17:30
・会 場 :浦河町・大黒座(浦河町大通2-18)
・入場料 :2,500円(食べ物、飲み物券付き)
・お問合せ:大黒座  TEL 01462-2-2149 続きを読む

bluebook at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「ソクラテスのカフェで本談義」第10回(豊崎由美さん)@札幌くすみ書房

 「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」等の企画で知られる札幌・琴似の本屋さん「くすみ書房」による、ゲストと読者がコーヒーを片手に本談義を楽しむ夕べ。今回のゲストには、「GINZA」「本の雑誌」「ダ・ヴィンチ」など多くの雑誌に書評を連載している文芸評論家の豊崎 由美(とよざき・ゆみ)さんが登場。毎年出版されている「文学賞メッタ斬り!」(公式HP)書籍情報=は、面白さで定評あり。詳細はくすみ書房(HP)で。当日参加OKだが、定員40名のため予約歓迎。終了後サイン会も。
・日 時 :2007年10月21日(日) 16:00〜17:30(開場30分前)
・会 場 :札幌・くすみ書房 地下「ソクラテスのカフェ」
     (西区琴似2条7丁目メシアニカビル)
・会 費 :1,000円。 定員40人まで。
      (珈琲、リンゴジュース、トマトジュースから一品とクッキー付)
・お問合せ:ソクラテスのカフェ TEL 011-611-7121。
※ 講師の紹介、過去の開催プログラム等 → 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 

地球温暖化を警告するドキュメンタリー映画「不都合な真実」上映@斜里町

 アメリカで公開されるやいなや、ドキュメンタリー映画史上に残る記録的大ヒットとなった話題作「不都合な真実」(公式HP)(2006年、米、96分、原題:An Incovenient Truth)=DVD情報=を上映。070120futugounasinjituアメリカの元副大統領アル・ゴアが、地球温暖化によって引き起こされる数々の問題を警告。デイビス・グッゲンハイム監督。第79回アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー賞受賞作。斜里青年会議所の地球温暖化防止イベント(15:00〜18:00)の一環での上映。詳細は会場の「ゆめホール知床」HPのゆめホールだより10月号(PDF)で。
・日 時 :2007年10月21日(土) 14:30開場、15:00〜16:43
・会 場 :斜里町・ゆめホール知床 (地図 TEL 0152-22-2222)
・入場無料、全席自由
・お問合せ:社団法人 斜里青年会議所 TEL 0152-23-5785

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

日本国憲法誕生のドラマを描く「日本の青空」上映@伊達市

 憲法誕生の真相を描いた「日本の青空」(公式HP)(大澤豊監督)を上映。「『日本国憲法』が公布されて今年で60年。戦後の日本が60年間、戦争で誰ひとり殺すこともなかったのは、この“平和憲法”があったからこそ。このことは、世界の国々からも注目され、高い評価を受けている」(チラシより)。070503nihonnoaozora02映画は、憲法学者鈴木安蔵(1904〜1983年)を中心に、民間人が結成した「憲法研究会」が作成した憲法草案作成までの歩み、そして、それをもとにして作られたGHQ案と日本政府とのやりとりが、ある雑誌の企画「憲法特集」の取材にそって描かれる。2007年、123分。詳細は会場の根室市総合文化会館HPのスケジュール欄ほかで。
・年月日 :2007年10月21日(日) 3回上映
・時 間 :10:30、 14:30、 18:30
・会 場 :伊達市・伊達信用金庫コスモスホール
     (梅本町39-1 TEL 0142-25-2129)
・入場料 :一般 前売1,200円(当日1,500円)、高校以下800円(当日1,000円)
・主 催 :だて九条の会 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

大倉集古館の名宝「日本美術ノ光華」@札幌

 〜国宝・古今和歌集序から横山大観・夜桜まで〜
 日本美術の数々の優品を所蔵する東京の大倉集古館。大倉財閥の創始者、実業家の大倉喜八郎、喜七郎によって蒐集され、大正7年に開館した日本最初の私立美術館。同館のコレクションの中から、国宝・重要文化財を含む59点あまりを紹介。荘厳さをみせる鎌倉期の仏教絵画、華麗さに彩られた江戸期の屏風絵、清新さをたたえた昭和初期の近代日本画。大倉親子二代の眼が選りすぐった、日本絵画の精華を展示。詳細は同美術館HPの案内欄で。070914nihonbijutu
・会 期 :2007年9月14日(金)〜10月21日(日)  9/30までで展示替あり
・休館日 : 9/18、9/25、10/1、10/9、10/15
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館(中央区北1西17 地図)
・観覧料 :前売 一般1,000円、高大生700円、小中生500円
      当日 一般1,200円、高大生900円、小中生700円
      前後期券 前売1,900円(当日2,200円)
・お問合せ:同館 TEL 011-612-7000
※ 展示替えについて → 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2007年10月20日

在日コリアンの青年が見たチベットのドキュメンタリー「チベットチベット」上映@札幌市

 映画「チベットチベット」 (参考)が、この秋、札幌ほか数会場で連続上映される。映画は、在日コリアン3世の金森太郎こと金昇竜監督が自分探しの旅の途中、ふとしたことからチベットの現状を追うことになり、ダライラマ14世への10日間におよぶ同行取材をも可能にした。旅を続けるうち、金森さんの中の韓国への否定的な思いが少しずつ溶け変化していく。「この作品は、旅人としての素朴な視点から国家、民族について考え、ひいては自らのアイデンティティを確立するに至った旅人のドキュメンタリーロードムービーである」(「あじと」ブログの案内欄より)。2001年、日本、95分。監督:キム・スンヨン、編集:梶愛、音楽:大久保智之、協力:チベット亡命政府、制作:ラゴス。上映の詳細は、会場のみんたるHPのイベント欄で確認を。
・日 時 :2007年10月20日(土) 開場18:00、開演18:30
・会 場 :札幌・フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」(北区北14西3-1-1)
・入場料 :1,500円(1ドリンク付)
・お問合せ:同店 TEL・FAX 011−756-3600 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第25回サイエンス・カフェ札幌「氷河の底を旅する水〜南極、越冬隊員がみつけた地球の歴史の痕跡」@札幌

 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(HP)(略称CoSTEP)が実施しているサイエンス・カフェは、飲み物を片手に気軽に科学の話を071020sciencecafe25楽しむ参加型イベント。今回は、越冬隊員としてこれまでに2度、南極地域観測隊に参加した氷河地質学者の澤柿教伸さん(ブログ)をゲストに招く。詳細は主催のCOSTEPのHP内の案内欄で。
・日 時 :2007年10月20日(土) 16:00〜17:45
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1階インナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・参 加 :参加無料、定員は約100人(内椅子席70席)。
  申込不要、当日直接会場へ。飲物は各自会場内ショップで購入を
・お問合せ:TEL&FAX 011-706-3868 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

国際結婚と老いを通して夫婦の絆を描く「ユキエ」上映会@札幌市

 現在、監督第3作目となる日米合作映画「レオニー」(公式HP)(世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチの母親であるアメリカ人女性、レオニー・ギルモアが主人公)を制作中の松井久子監督(公式HP)の監督デビュー作「ユキエ」(公式HP)(1997年、93分)=DVD情報=を、第30回東区民映画祭で上映。米ルイジアナ州を舞台に、国際結婚と老いを通して夫婦の深い愛の絆を描くドラマ。出演は倍賞美津子、ボー・スベンソン、草村礼子ほか。
・日 時 :2007年10月20日(土) 14:30開場、15:00〜17:00
・会 場 :札幌市東区民センター 2F 大ホール
・入場料 :無料(入場整理券必要)。300人。
      区民センター、区内各地区センターで入場整理券を配布
・お問合せ:札幌東区地域振興課 TEL 011-741-2400 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

西村雄一郎氏の講演会「黒澤明・音と映像 映画でクラシック」@札幌

 札幌映画サークルが、2007年11月に開催する「日本映画名作祭2007」の黒澤明監督作品特集に併せ、映画評論家・音楽評論家の西村雄一郎氏をお迎えして、「黒澤明・音と映像 映画でクラシック」と題した講演会を開く。詳細は同サークルの案内欄で。
・日 時 :2007年10月20日(土)
・時 間 :13:00開場、13:20〜15:50(当初の13:30から時間変更 9/14)
・会 場 :札幌市・北海道クリスチャンセンター(北区北7西6 地図)
・参加費 : 500円・お問合せ:札幌映画サークル TEL 011-747-7314
・参 考 :西村雄一郎シネマトーク http://cinema.matsukawaya.net/
※ 講師プロフィール → 続きを読む

bluebook at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「六ヶ所村ラプソディー」上映会@札幌

 使用済核燃料再処理工場のある青森県六ヶ所村に生きる人々を取材した長編ドキュメンタリー映画「六ヶ所村ラプソディー」(HP)を上映。鎌仲ひとみ監督、2006年、16mm、116分。昨年夏に道内を巡回上映し、大きな反響を呼んだ作品。詳細は公式ブログや、同HPの作品紹介欄で。
・日 時 :2007年10月19日(金)、20日(土) 各日4回上映
   19日 10:30、13:30、16:30、19:30
   20日 9:30※、13:30、16:30、19:30
   ※ 20日,硫鵑里漾⊂絮埜11:30から鎌仲監督のトークあり(約30分)
・会 場 :札幌市・札幌市男女共同参画センター(北区北8西3) 2F 環境研修室
・入場料 :一般 前売800円(当日1,000円)。学生 前売600円(当日800円)
・主 催 :六ヶ所からえいわを創る会
・お問合せ:オーガニック食品専門らる畑 TEL 011-614-2406
・参 考 :STOP六ヶ所村 http://stop-rokkasho.org/
     (2006年5月、坂本龍一氏が中心になって始めたプロジェクトのHP) 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年10月19日

映画上映会「彼女たちの会話術」@札幌

 札幌の映像作家、伊藤隆介氏が率いる北海道教育大学札幌校美術科視覚映像デザイン研究室のメンバーがおくる企画で、東京の女性映像作家2人の作品を上映。071019kanojotachino「ただの『会話』が『文学』に化けることがある。今回は、そんな2本の映画をテレビ塔にて特別上映を致します」(右チラシより)
【上映作品】  
   斎藤 ユキエ 「行き暮れども待ち明かず」 8弌1994年
   樋渡 麻実子 「愛の矢車菊」 ビデオ、2005年
・日 時 :2007年10月19日(金) 19:00
・会 場 :札幌市・さっぽろテレビ塔 2階多目的ホール
      (中央区大通西1 TEL 011-241-1131)
・入場料 :前売900円、当日1,000円
・お問合せ:同校 視覚映像デザイン研究室 吉沢 TEL 090-8429-4003

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年10月18日

「BANFF MOUNTAIN FILM FESTIVAL 2007 in JAPAN」 札幌開催記念 上映会@札幌

  Banff Mountain Film Festival(バンフ・マウンテン・フィルム・フェステイバル)は、毎年11月にカナダ・アルバータ州で開催され、本年で32年目を迎える山岳&アウトドアスポーツの映像祭。世界6大陸29ヶ国を廻るワールドツアーとして各国で上映会を実施し、日本ではバンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル・イン・ジャパン実行委員会とパタゴニア日本支社で主催し、今秋に全国5都市(東京・大阪・名古屋・札幌・松本)で開催予定。札幌では、11月24日(土)に札幌市生涯学習センターちえりあホールで開催される。これを記念し、過去の作品より3〜5作品(ウィンタースポーツ、クライミング、マウンテンバイク)を上映する。前回9月6日のプレ上映会(記事)とは別の作品を予定。詳細は同店HPの案内欄で。
・日 時 :2007年10月18日(木) 19:30〜21:00
・会 場 :札幌市・パタゴニア札幌(中央区南3条西2丁目2-1)
・定 員 :50名(要予約)
・入場無料
・お問合せ:パタゴニア札幌(定休日無し 11時〜19時 TEL 011-208-5880) 続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

滝川映画サークル10月上映会「雪に願うこと」@滝川市

 滝川映画サークルの10月の上映会は、ばんえい競馬を舞台にした人間ドラマの映画「雪に願うこと」(公式HP) =DVD情報=上映。第18回東京国際映画祭 史上初の四冠獲得作品。経営していた会社を倒産させ、故郷の帯広に戻った矢崎学。ばんえい競馬"の厩舎を運営する兄の元で寝起きをするようになり、そこで自分と同じように崖っぷちに立たされた馬達に出会う。根岸吉太郎監督、2005年、112分。出演は、伊勢谷友介、佐藤浩市、小泉今日子、吹石一恵、香川照之、山崎努ほか。詳細は、同サークルの上映案内で。
・日 時 :2007年10月18日(木)
・時 間 :上 映 15:00、19:10
      講演会 18:00 「馬と開拓」 
      講 師 ト部 信臣(北海道史研究協議会常任幹事 )
・会 場 :滝川市・たきかわホール(滝川駅前再開発ビル3F)
・入場料 :会員以外も参加OK。
      前売で一般・大学1,400円、中高生1,200円(当日各200円増し)
・お問合せ:滝川映画サークル TEL 0125-22−5778(谷本)、24-7286(河野) 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2007年10月17日

在日コリアンの青年が見たチベットのドキュメンタリー「チベットチベット」上映@札幌市

 映画「チベットチベット」 (参考)が、この秋、札幌ほか数会場で連続上映される。映画は、在日コリアン3世の金森太郎こと金昇竜監督が自分探しの旅の途中、ふとしたことからチベットの現状を追うことになり、ダライラマ14世への10日間におよぶ同行取材をも可能にした。旅を続けるうち、金森さんの中の韓国への否定的な思いが少しずつ溶け変化していく。「この作品は、旅人としての素朴な視点から国家、民族について考え、ひいては自らのアイデンティティを確立するに至った旅人のドキュメンタリーロードムービーである」(「あじと」ブログの案内欄より)。2001年、日本、95分。監督:キム・スンヨン、編集:梶愛、音楽:大久保智之、協力:チベット亡命政府、制作:ラゴス
・日 時 :2007年10月17日(水) 開場18:00、開演18:30
・会 場 :札幌市・オーガニックカフェ「青い空流れる雲」
      (中央区南1条西22丁目1-7)
・入場料 : 1,500円(1ドリンク付き)
・お問合せ: 同店 TEL 011-623-3887、 E-MAIL aoisora@nifty.com 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

日本国憲法誕生のドラマを描く「日本の青空」上映@根室市

 憲法誕生の真相を描いた「日本の青空」(公式HP)(大澤豊監督)を上映。「『日本国憲法』が公布されて今年で60年。戦後の日本が60年間、戦争で誰ひとり殺すこともなかったのは、この“平和憲法”があったからこそ。このことは、世界の国々からも注目され、高い評価を受けている」(チラシより)。070503nihonnoaozora02映画は、憲法学者鈴木安蔵(1904〜1983年)を中心に、民間人が結成した「憲法研究会」が作成した憲法草案作成までの歩み、そして、それをもとにして作られたGHQ案と日本政府とのやりとりが、ある雑誌の企画「憲法特集」の取材にそって描かれる。2007年、123分。詳細は会場の根室市総合文化会館HPのスケジュール欄ほかで。
・年月日 :2007年10月17日(水) 2回上映
・時 間 :13:30、18:30(開場各30分前)
・会 場 :根室市総合文化会館 小ホール
・入場料 :一般 前売1,200円(当日1,500円)、高校以下800円(当日1,000円)
・お問合せ:「日本の青空」根室上映実行委員会 
       TEL 0153-22-2563(道東勤医協ねむろ医院内) 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ちえりあ映画会「小さな家族」「知床半島」2本立て上映@札幌

 ちえりあ視聴覚センターが所蔵する約1万本のフィルム・ビデオの中から、071017chieriaお勧めの作品を選んでを紹介する「ちえりあ映画会」。今回は、両親を失って祖母と暮らし始めた少年の物語「小さな家族〜おばあちゃんがいて、ぼくがいた〜」(1990年制作、瀬藤祝監督、55分)と、NHKのTVドキュメンタリーシリーズ「新日本紀行」で昭和43年7月に放送された「知床半島」(31分)の2本を上映。詳細はちえりあHPの案内欄で。
・日 時 :2007年10月17日(水) 10:00〜12:00
・会 場 :札幌市生涯学習センターちえりあホール(西区宮の沢1条1丁目 地図
・入場料 :無料(予約不要、当日直接会場へ)。定員400名。
・お問合せ:視聴覚センター TEL 011-671-3425
※ 上映作品紹介 → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2007年10月16日

黒田拓写真展 PHOTRANCE vol.1 @札幌

〜 KURODA TAKU EXHIBITION PHOTRANCE vol.1 〜
 1976年釧路市生まれの若手写真家、黒田 拓(くろだ・たく、公式HP)さんの写真展。黒田さんは、フローリストを経て2004年フォトグラファーに開眼。長時間露光による神秘的で幻想的な、肉眼では観ることのできない、太陽、月、星の光跡、水の流れ、雲の動き、風の表情など、地球のもつPOWERを写真で表現している。同店での個展は2004年に続き2回目。今回は、人・金属・植物をモチーフとした写真展となる。詳細は会場のカフェエスキスHPの案内欄で。070920kurodataku
・会 期 : 2007年9月20日(木) 〜 10月16日(火)
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで)
      水曜定休、10/07臨時休業
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334
・関連イベント:10月11日(木) 19:00〜20:30(開場18:30)
  黒田拓 スライドショー「Sequence photographs」
  作家のトークとリバーサルフィルムによるスライドショー
  入場料:1ドリンク付 700円(税込)。
  予約は前日まで店頭または電話にて。当日は公共交通機関のご利用を。
・展覧会紹介、作家プロフィール、書籍情報 → 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

球体関節人形展 霜鳥 鶫「赤い蝋燭と人形」@石狩市

 現在札幌在住の071004shimotori若手の人形作家、霜鳥 鶫(つぐみ)さん(HP:鶫人形)の球体関節人形展。石狩市のアートウォームでは初の個展。
・会 期 :2007年10月4日(木)〜16日(火)
・時 間 : 11:00〜18:00
・会 場 :石狩市・アートウォーム・ロフト(花畔1条1丁目56 地図
・入場料 :無料
・お問合せ:アートウォーム TEL 0133-64-4664 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術