2008年01月

2008年01月31日

乱入企画・ユッキーの「TVドキュ応援団」@札幌市

 札幌市内のイベントの小スペース、スペースATTICのスケジュールのスキマに「突然乱入」した乱入企画・ユッキーの「TVドキュ応援団」。「みんなでTVドキュメンタリーを見て、文句やら多少のほめ言葉やら、言い合いましょう。080131TVダメダメなTVの中から、ユッキーがマシなものを探してきます」とのこと。参加者の感想をまとめて「TVドキュメンタリー応援団@札幌」の名前でTV局に送る予定。全体に、ちゃぷ台を囲むパーティー風を想定。何時に来てもOK。企画の趣旨に合うものなら、DVDやビデオの持ち込みも歓迎。詳細は、ATTICブログの案内記事で。
・日 時 :2008年1月31日(木) 19:00〜23:00
・会 場 :札幌・スペースATTIC
      (中央区南3西6長栄ビル4F TEL/FAX 011-676-6886)
・入場料 :500円(場所代) 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

滝川映画サークル上映会 マレーシア映画「細い目」上映@滝川市

080131sepet 滝川映画サークルの2008年1月の上映会は、マレーシア映画「細い目」を上映。“金城武命!”のマレー系少女オーキッドと、露店で香港ビデオを売る華僑少年ジェイソンの初恋の物語。2004年/カラー/35mm/104分。ヤスミン・アハマド監督(ブログ)。2005年の東京国際映画祭で最優秀アジア映画賞を受賞するなど、ヤスミンとマレーシア新潮を一躍世に広めたシンボル的傑作。ヌン・チュー・セオン、シャリファ・アマニ、イーダ・ヌリナほか出演。詳細は同サークルの上映記事で。
・日 時 :2008年1月31日(木) ①14:00、②19:00
・会 場 :滝川市・たきかわホール(滝川駅前再開発ビル3F)
・入場料 :会員以外も参加OK。
      前売で一般・大学1,400円、中高生1,200円(当日各200円増し)
・お問合せ:滝川映画サークル TEL 0125-22-5778(谷本)、24-7286(河野) 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

懐かしの映画ポスター展@札幌

080126natukashinoeigap 〜 昭和の時代 映画は人生の玉手箱だった 〜
 「ローマの休日」や「風とともに去りぬ」ほか昭和の映画ポスターを展示。
・会 期 :2008年1月26日(土)〜31日(木) 
・時 間 :10:00〜19:00(最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 2階ギャラリー
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場無料
・お問合せ:紀伊國屋書店 札幌本店 TEL 011-231-2131 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

初山滋 大回顧展−色彩と線の詩人がおりなすモダニズムの世界@東京

 大正から昭和にかけて「おとぎの世界」や「コドモノクニ」などを中心に日本の子どもの本の美術の世界で活躍した童画家初山 滋(はつやま・しげる、1897〜1973年)さんの大回顧展が東京で開かれている。原画や遺品など約百五十点を展示、初山さんの素顔と人生を紹介するもの。「その流麗な線と美しく繊細な色彩は、人々を魅了し、後人に限りない影響を与えました。本展は初山滋の生誕110年を記念して、071121hatuyamasigeru水彩画、木版画、漫画、造本、装丁等、多岐にわたる仕事を原画と残された貴重な書籍や印刷物で紹介し、その人生とともに業績を振り返ります」(ちひろ美術館HPの案内文より)。この後、安曇野ちひろ美術館へも巡回展示予定(2008/03/01〜05/13)。
・会 期 :2007年11月21日(水)〜2008年1月31日(木)
・時 間 :10:00〜17:00
・会 場 :東京・ちひろ美術館 (練馬区下石神井4-7-2)
・入場料 :大人800円
・お問合せ:同館 TEL 03-3995-0612
・参 考 :東京新聞の紹介記事(2007/11/26)
【参考書籍】 「初山滋―永遠のモダニスト (らんぷの本)」書籍情報=(右画像)
 竹迫祐子/編、河出書房新社 (ISBN:978-4-309-72762-2)、2007年11月発行
 価格 1,890円(税込)  

bluebook at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

映画チラシ展「チラシックパーク2007」@三笠市

 三笠市の公民館ロビーで映画チラシ展「チラシックパーク2007」が開催されている。市職員の中川 学さん(HP)が集めているもので、平成15年度から毎年開催され今回で5回目。昨年(2007年)劇場公開された日本映画、外国映画のチラシ約300枚を展示している。三笠出身の俳優 小日向 文世(こひなた・ふみよ)さんのコーナーも設けられ、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」「HERO」など22枚が張られ、中には小日向さんが昨年11月に同市を訪れた際の直筆サイン入り「銀のエンゼル」=DVD情報=も。「中川さんは中学生の頃に見たカンフー映画がきっかけで映画の魅力にはまり、映画ちらしも収集するようになった。公民館ロビー活性化のために展示会を開くようになり、現在も時間を見つけては札幌や江別の映画館に足を運び、コツコツと集めている。中川さんは『見た作品はほんの一部ですが、枚数だけは集まりました』と話し、現在の所蔵枚数は約千五百枚にもなるという」(北海道新聞HPの記事より)。展示の詳細は三笠市HPの案内欄で。
・日 時 :2008年1月19日(土)〜31(木)
・時 間 :9:00〜21:00(日曜17:00まで)
・会 場 :三笠市公民館(若草町404番地三笠市教育センター内) ロビー
・入場無料
・主催・お問合せ:三笠市公民館 TEL 1267-2-3591 

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2008年01月30日

オランダ絵本作家展―かえるくん、ミッフィーとオランダ絵本の仲間たち―@帯広市

 絵本先進国ともいわれるオランダは、「かえるくん」シリーズのマックス・ベルジュイスや「ミッフィー」を生んだディック・ブルーナをはじめ、数多くの質の高い絵本作家が活躍。そのオランダ絵本の魅力を日本に伝える初の本格的な展覧会。オランダ絵本界の2大巨匠といわれるベルジュイスとブルーナの作品を中心に、現在活躍中の絵本作家10人を加え、絵本原画や出版絵本、ベルジュイスの遺品などの資料が展示する。071122DutchPictureBookまた、同館講堂で毎週土日曜と祝日(11/24、12/23、1/19を除く)に、入場無料の「えほん映写室」を開催、ベルジュイス「少年と魚」とブルーナの絵本を元にした映像プログラムが終日繰り返し上映される。
・会 期 :2007年11月22日(木)〜2008年1月30日(水)
・時 間 :9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :帯広市・北海道立帯広美術館(緑ヶ丘2番地緑ヶ丘公園 地図)
・入場料 :(リピーターほか割引有)
      前売 一般750円、高大生400円、小中生250円
      当日 一般900円、高大生550円、小中生300円
・お問合せ:北海道立帯広美術館 TEL 0155-22-6963 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2008年01月29日

「全然大丈夫」プレミア上映、藤田容介監督の来場も@札幌

 札幌の市民映画館シアターキノでは、「全然大丈夫」(公式HP)を、2008年3月の同館での公開に先駆けてプレミア上映する。当日は藤田容介監督の来場も決定。映画は、町の小さな古本屋を舞台に、あり得ないほど不器用な3人の男女の恋の行方を描く。080129zenzen「3勝7敗くらいの人生でも、全然大丈夫!“マイペース”なシアワセが見つかる、恋のユル騒ぎムービー」(右チラシより)。「大人計画」結成当初のオープニング映像等を手掛けた藤田容介監督の劇場用初監督作品。出演は、「大人計画」の荒川良々、木村佳乃、岡田義徳。2007年、35弌110分。詳細は、キノHPの案内欄で。
・日 時 :2008年1月29日(火) 18:50開演
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :前売1,500円。当日一般1,800円(1/12発売開始、入場整理番号付)
      完売の場合、当日券の発売は無し。ビンテージ手帳使用可。
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 

bluebook at 18:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

SKI CAFE @ ESQUISSE〜写真家と5人のトップスキーヤーによる“美しきスキーの世界展”〜 @札幌

  最近スキーをしていなかった人達に少しでも雪山の素晴らしさを想いだしてもらいたい」という趣旨の企画「スキーcafe」。写真家工藤了と日本を代表する5人のトップスキーヤー山田卓也、児玉毅、藤川健、山木匡浩、井山敬介が造るスキーとCafeの空間。北海道がスキーや雪文化に関して日本や世界のモデルになる可能性を、まずは札幌から発信していく試み。詳細は会場のカフェエスキスHPの案内欄で。
【出展者】080110skicafe
  工藤 了(カメラマン)
  山田 卓也(全日本デモンストレーター)
  児玉 毅(ビッグマウンテンスキーヤー)
  藤川 健(テレマーカー)
  山木 匡浩(ビッグマウンテンスキーヤー)
  井山 敬介(全日本デモンストレーター)
・会 期 : 2008年1月10日(木) 〜 29日(火)
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで)
      水曜定休、5/08臨時休業
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334 
※ 開催趣旨、参加者プロフィール → 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

札幌シネマフロンティアの「親子シネマ」、1月は「アース/earth」@札幌市

 JR札幌駅の映画館シネマフロンティアの『親子シネマ』は、小さな子供と一緒に周りに気兼ねすることなく映画を楽しめる上映サービス。…名錣茲蠑さめの音量、館内の照明は通常より明るめ、4嫋淬罎離戰咫璽ーの保管OK、ぅ船礇ぅ襯疋掘璽箸鰺儖奸△裡瓦弔離機璽咼垢鯆鷆 K莉飢侏貌の午後に上映。2008年1月の作品は、「アース/EARTH」(公式HP)の日本語ナレーション版。同作は、2008年1月12日(土)から全国公開中。記録的大ヒット海洋ドキュメンタリー『ディープ・ブルー』のスタッフが結集。制作に5年、撮影日数2千日、撮影場所全世界200ヶ所以上。最新の映像技術を駆使し、080112earthホッキョクグマ、象、ザトウクジラの親子たちの生命ドラマを映し出す。98分。サービスの詳細は、同館HPのニュース欄で。
・日 時 :2008年1月15日(土)、22日(火)、29日(火)
・会 場 :札幌シネマフロンティア (JRタワーステラプレイス7F)
・入場料 :通常の映画料金と同じ。大人1,800円、中学生以下500円。
      2歳以下で座席不要の場合は無料。親子以外も入場可。
      (「こども500円キャンペーン」のため、3歳以上1,000円のところ
      中学生以下は入場料金500円、劇場切符売場のみ取扱い)
     (詳細は同劇場HPの案内欄で)
・お問合せ:同劇場 TEL 011-209-5403 

bluebook at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2008年01月27日

岩国市のドキュメンタリー映画「消えた鎮守の森=米軍再編・岩国の選択=」上映@釧路・札幌・函館

 2006年3月12日、山口県岩国市は米海軍厚木基地から横須賀を母港とする「空母艦載機の移駐」を一方的に押し付けようとする政府のやり方に対し、受入の是非を問う「住民投票」を実施。結果、受入反対は87%を占めた。この住民投票実施の決定から、開票までを追ったドキュメンタリー「米軍再編・岩国の選択」(98分、西山正啓監督、2006年作品)が、2006年11月に道内でも自主上映された(札幌苫小牧室蘭)。その後、シリーズ第2弾と第3弾が完成。第2弾の「消えた鎮守の森」(95分)が、釧路、札幌、函館で自主上映される。第2弾では、米軍基地を沖合いに移設するため、鎮守の森を削ったところ、跡地が当初予定の住宅地でなく米軍住宅に計画されて行く。国と県への地元自治会の戦いを追う。各上映会で西山正啓監督(60歳)が岩国の現状を報告する。080126iwakuninosentaku02
【上映日程】 2008年1月25日(金)〜27日(日)
  1月25日(金) 18:30 釧路市・はるか薬局 (釧路市治水町)
  1月26日(土) 14:00、18:00 2回上映
            札幌・かでる2・7(中央区北2西7) 710会議室
  1月27日(日) 14:00、16:00、函館市民会館(湯川町)
・入場料 :各500円。
・主 催 :カトリック札幌地区宣司評社会委員会 TEL 011-682-8317
・参 考 :毎日新聞の同作上映案内記事(2007/01/24) 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

歌舞伎役者・坂東玉三郎「妥協なき日々に、美は宿る」@NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」

 様々な分野の第一線で活躍する一流の「プロ」の仕事を徹底的に掘り下げる、NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」(公式HP)の第74回では、当代きっての女形として活躍する、歌舞伎役者の坂東 玉三郎さん(公式HP)(57歳)の仕事に迫る。気品のある美貌と、高い身体能力を活かした舞、伝統と役を深く理解した演技で約40年間、女形としてトップの地位に君臨し続けてきた。舞台のために生活の全てを捧げる極限までストイックな生活。歌舞伎という伝統の世界で、新たな美を生み出すために戦う、その舞台裏に密着する。詳細は番組HPの放送案内欄で。(右画像はシネマ歌舞伎「坂東玉三郎 鷺娘」のチラシ)
・番 組 :NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」(公式HP)
・放送日 :2008年1月15日(火) 22:00〜23:00
 再放送 :2008年1月21日(月) 01:30〜02:30(翌日深夜)
 再放送 :2008年1月27日(日) 10:02〜10:59 BS2 
・参 考 :ファンサイト「夢の女・玉三郎」
・参考2 :坂東玉三郎の関連DVD=DVD情報=。 

bluebook at 10:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

「ほっかいどうの狛犬」出版記念、ほっかいどうの狛犬展@札幌

 神社の参道の両脇に一対で置かれている犬(獅子)の置物“狛犬(こまいぬ)”。恵庭市の木彫作家、丸浦 正弘さん(64)が、「北海道の狛犬たちは、なにゆえ、姿・かたちが面白いのか」という疑問から2,300カ所、900対もの道内神社の狛犬を約8年かけて訪ね歩いて書かれた『ほっかいどうの狛犬(こまいぬ)』(1,890円、380頁)=書籍情報=が、2007年11月に札幌の中西出版から発売された。道内の作例紹介の他、071226komainu地域の産業や歴史との関わりへの考察も。この出版を記念して「ほっかいどうの狛犬展」を開催、北海道特有の狛犬の魅力をパネル写真で紹介する。
・会 期 :2007年12月26日(水)〜2008年1月27日(日)
      1/1休業、1/2、1/3は19:00まで 
・時 間 :10:00〜20:00
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌ロフト店(中央区北4西3-1 札幌ロフト館5F)
・入場無料
・お問合せ:同店 TEL 011-232-0121 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

久野志乃と齊藤 周展「かるいからだ」@札幌

 見る人の記憶を誘う風景を描く札幌出身の若手久野 志乃(ひさの・しの)さんと、白地に明るい色彩の平面インスタレーションを次々に発表している札幌在住の現代美術作家、齊藤 周(さいとう・しゅう)(HP)さんの2人による絵画展。「かるいからだ」をテーマにそれぞれが制作した作品を展示。久野さんは、これまで絵画の他にも洋服の記憶をテーマにしたプロジェクト等を発表、080119karuikaradaこの冬もS-AIR AWARD 2007の台中、台湾での滞在制作と発表を終えて帰国したばかり。
・会 期 :2008年1月19日(土)〜27日(日) 火曜定休
・時 間 :10:00〜18:00 (最終日17:00まで)
・会 場 :札幌市・茶廊 法邑 (東区本町1条1丁目8-27 地図
      (地下鉄東豊線「環状通東駅」下車徒歩7分)
・お問合せ:TEL&FAX 011-785-3607 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 美術 

愛する美術 Part1 ヒューマン・ラブ@札幌芸術の森美術館

 この冬、札幌芸術の森美術館では、様々な「愛」を感じさせてくれるアートを集め、テーマ別に前後期に分けて作品を紹介。「Part1 ヒューマン・ラブ」(12/1〜1/27)では、人生にまつわる情愛を描いた作品を、 「Part2 ハッピー・ライフ」(記事、2/2〜3/30)では、暮らしの風景や身近な草花など、日常を愛おしむ作品が登場する。映像関係では、札幌在住の新鋭佐竹真紀さん(HP)の「インターバル」(2005年、ビデオ、11分)と最新作「射光」(2007年、ビデオ、4分)が会場で上映されている。同展の詳細は同館HPの紹介欄で。071201aisurubijutu 
【Part1 ヒューマン・ラブ 出展作家】
  阿部典英/片岡球子/国松登/菊川多賀/岸本裕躬/佐竹真紀/新明史子
  林竹治郎/伏木田光夫/舟越桂/森田沙伊/山内壮夫/矢柳剛/
  米坂ヒデノリ/マルク・シャガール「ダフニスとクロエ」=右チラシ=
・会 期 :2007年 12月1日(土)〜1月27日(日)
・休館日 :月曜(1月14日は開館)、12月25日、29日−1月3日、1月15日休み
・時 間 :9:45〜17:00(入館16:30まで)
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森美術館(南区芸術の森2丁目75、地図)
・入場料 :一般500円、高大生200円、小中生100円
・お問合せ:同館 TEL 011-011-591-0090 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

祝・小川亮輔監督「花魁ノ詩(Oiran Lyrics)」サンダンス短編部門優秀賞受賞

 札幌市在住の小川 亮輔(おがわ・りょうすけ)監督(HPブログ) の映画「花魁ノ詩(オイランノウタ) Oiran Lyrics」(HP)(2007年2月、08分20秒)が、080128sundanceogawa札幌国際短編映画祭2007でのBest Hokkaido Short / 最優秀北海道作品賞受賞に続き、アメリカのサンダンス国際映画祭(2008/01/17〜27)のショートフィルムの部門で上映され、Honorable Mention(優秀賞)を獲得した。今年は世界17ヶ国5,107本の短編映画のうち、オフィシャルセレクションで上映されるのは83本。映画祭最終日の授賞式で優秀賞を受賞するのは、この83本中わずか7作品、という難関を見事勝ち抜いたもの。受賞の詳細は、「さっぽろムービースケッチ」(参考)2007年枠で制作を支援した札幌フィルムコミッション(HP)記事で。
※ 同映画祭HPの授賞式(動画、小川監督帰国後です)
  http://www.sundance.org/festival/video/index.asp?id=9df03b67929f7995df7cee1f279bccb5735543db 
・参 考 :北海道新聞HPの記事(2008/02/08) 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(2) 映画 

2008年01月26日

田仲ハル(舞踏)&飯田雅春(コントラバス)の即興デュオ「呼吸のゆくえ」@小樽・札幌

 〜 一本の肉体と一体のコントラバスによる、即興デュオ 〜
 北方舞踏派、古舞族アルタイで活躍し現在21年ぶりに活動を再開している田仲ハルさんさんと、コントラバスの飯田雅春さん(公式HP)による即興ユニット公演が小樽・札幌で開催される。「舞踏という、たった一本のカラダ。そしてコントラバスという一体の低弦。極めてシンプルなこの二つの掛け合いの舞台の構成は、演出をも必要としない。蓋を開けてみなければ何が起きるのか、当人達同士ですら分からない、たったひとつの二人の共通のテーマは、『現れて、流れて、大円団を描いて消えて行く』こと」「今という時間は、現れれば必ず消えて行く。(中略)今を丸ごと宇宙の彼方の巨大な鍋に放り込んでしまうという発案からこのユニットは生まれた。(中略)地上のあらゆるものの呼吸の上に成り立って我々は存在し、その呼吸のゆくえには巨大な鍋がある。そこに”今”を呼吸ごと丸ごと放り込み、次へ向う」(田仲さんの公演案内より)。
【小樽公演】080125kokyuunoyukue
・日 時 :2008年1月25日(金) 19:30開場 20:00開演
・会 場 :小樽市・小樽倉庫No.1(小樽ビール)三階麦芽庫
      (港町5-4 TEL 0134-21-2323)
・料 金 :前売2,000円 当日2,500円 (1ドリンク) 
【札幌公演】
・日 時 :2008年1月26日(土) 19:00開場 19:30開演 
・会 場 :札幌市・フリースペース&カフェAMICA
      (西区琴似2条3丁目1-10共栄ビル4F TEL 011-631-2822)
・料 金 :前売2,500円 当日3,000円 (1ドリンク)
・主 催 :AMICA TEL 011-631-2822 kyoei.01@blue.ocn.ne.jp
※ 公演案内、出演者プロフィール他 → 続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

中垣哲也さんの「新春オーロラダンス in 法邑」@札幌市

 オーロラ写真の第一人者として知られる札幌在住の中垣 哲也さん(公式HP)のスライド企画。空いっぱいに広がる光のショー、ゆれる色彩のヴェールなど、アラスカの自然やオーロラの最新映像を用意。中垣さんは、2006年に札幌富士フォトサロンの個展で歴代2位の動員数を記録。2007年3月末に札医大放射線技師の職を辞してプロ写真家として独立、現在は全国各地でスライドショーを開催している。地球温暖化最前線のアラスカの映像も。
・日 時 :2008年1月26日(土) 19:00開演
・会 場 :札幌市・茶廊 法邑  
      (東区本町1条1丁目8-27 (地図
      地下鉄東豊線「環状通東駅」下車徒歩7分)
・料 金 :2,000円(当日会場にて支払いを)
・予約・お問合せ:茶廊 法邑 TEL&FAX 011-785-3607(FAX歓迎)
【参考書籍】 中垣氏のオーロラ写真集(小学館、2004年、2,520円税込)
   中垣哲也「AURORA DANCE オーロラに包まれて」書籍情報=(右画像)。 

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

シャプラニール講演会「バングラデシュの自然災害とシャプラニールの農村活動」@札幌

 「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」等の企画で知られる札幌・琴似の本屋さん「くすみ書房」がおくる講演会。「2007年8月、バングラデシュを洪水が襲い大変な被害が出ました。洪水は毎年のように発生しています。シャプラニール(公式HP)は1972年創立以来、バングラデシュ、ネパールで貧しい村人や子どもたちへ支援活動を行っている海外協力NGOです。今、彼らに必要なことは? 私たちにできることは? 一緒に考えてみませんか」(同書店HPより)。
・講 師 :シャプラニール=市民による海外協力の会
       前ダッカ駐在員 小島 淳史(おじま・あつし)氏 (ブログ
・テーマ :「バングラデシュの自然災害とシャプラニールの農村活動」
・日 時 :2008年1月26日(土) 18:30〜20:00 
・会 場 :札幌・くすみ書房 地下「ソクラテスのカフェ」 (西区琴似2条7丁目メシアニカビル)
・会 費 : 500円(ドリンク付)。 事前予約歓迎
・お申込み:ソクラテスのカフェ TEL 011-611-7121 (月曜定休、11:00〜19:00)

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

公開セミナー「名作の舞台裏」、 『池中玄太80キロ』を開催@札幌

 放送人の会がおくる公開セミナー「名作の舞台裏」(同HPの案内欄)は、NHKや民放の名作TVドラマを上映、続いて制作に関わった出演者・スタッフが参加者とドラマづくりのノウハウや思い出話を語り合う催し。年に4回横浜で開催されているが、今回初めて札幌で開催される。080126meisakunobutaiura01今回は、1980年代の名作TVホームドラマ「池中玄太80キロ」の上映とトークを予定。詳細は、札幌市観光文化情報ステーションHPの案内欄ほかで。
【ゲスト】 西田敏行坂口良子杉田かおる(以上出演)、
      松木ひろし(脚本)、石橋冠(演出)
      司会=堀川とんこう(放送人の会会員)
・日 時 :2008年1月26日(土) 13:00開場、13:30〜16:30
・会 場 :札幌コンベンションセンター 大ホール
      (白石区東札幌6条1丁目1-1 地図
・入場料 :無料だが、整理券がわりに右チラシの持参(1枚2名まで)が必要
  チラシは、NHK札幌放送局STV本社、地下鉄大通の観光文化情報ステーション等で配布中
・定 員 :1,000名(当日の先着順)
【作品紹介】 「池中玄太80キロ」=DVD情報
 池中玄太は鳥を撮るカメラマン。そんな玄太が3人の娘を持つ未亡人鶴子に恋をし結婚するが鶴子は急死。残された娘たちと玄太の生活が始まる…。西田敏行と子役たちとのふれあいが涙を誘うハートウォーミング・ドラマ。主題歌「もしもピアノが弾けたなら/西田敏行」「鳥の詩/杉田かおる」も大ヒットした。
・参 考 :DVD販売の「VAP」HPの同作特設欄  

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

こども放送局「くるくるアニメ キノーラにチャレンジ」@函館市

 子ども放送局(公式HP)は、独立行政法人 国立青少年教育振興機構が、教育情報衛星通信ネットワーク(エル・ネット)を使って、子ども向けの番組を放送しているもの。土曜日に全国の図書館や公民館、生涯学習センターなどで色々な楽しい番組を見ることができる(一般家庭では受信できない)。この1月26日(土)には「くるくるアニメ キノーラにチャレンジ!」を放送。アニメーションの基本原理である残像現象を利用した、絵が動いて見える機械「キノーラ」をつくる。材料は牛乳パックや針金など身近なもの。自分の絵が動く面白さを味わいながら、アニメーションの仕組みを学ぶ。講師は、毛糸を使ってアニメをつくる「編(あ)みメーション」作家のやた みほさん(HP)。放送の詳細は番組HPの案内欄で、当日の材料や作り方は案内欄(PDF)で。
・日 時 :2008年1月26日(土) 10:30
・会 場 :函館市亀田福祉センター(美原1丁目26番12号 TEL 0138-42-7023)
・参加料 :無料
・対 象 :小中学生20名 申し込み順
・お申込み:2008年1月8日(火) 9:00から電話で受付 TEL 0138-42-7023 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

札幌映画サークルが2007年上映のベスト10を発表@札幌

 札幌映画サークルが会員&一般の方々に投票を呼びかけていた“Best 10 Cinemas in Sapporo 2007” (2007年札幌&近郊都市公開作品ベスト10)の集計結果が、2008年1月26日(土)に次のとおり発表された。投票募集記事はこちら。詳細は同サークルHPの案内欄で。
【日本映画ベスト10】
第1位 「それでもボクはやってない」
第2位 「キサラギ」
第3位 「夕凪の街 桜の国」
第4位 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
第5位 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
第6位 「天然コケッコー」
第7位 「サイドカーに犬」
第8位 「puujee プージェー」
第9位 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」
第10位 「オリヲン座からの招待状」
次点 「アヒルと鴨のコインロッカー」
※ 同サークルHPの邦画ベスト10チラシ欄
【外国映画ベスト10】
第1位 「善き人のためのソナタ」
第2位 「ドリームガールズ」
第3位 「不都合な真実」
第4位 「ヘアスプレー」
第5位 「バベル」
第6位 「パンズ・ラビリンス」
第7位 「シッコ」
第8位 「ボルベール 帰郷」
第9位 「4分間のピアニスト」
第10位 「ブラッド・ダイヤモンド」
次点 「世界最速のインディアン」
※ 同サークルHPの洋画ベスト10チラシ欄
 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

2008年01月25日

映画「不登校の真実」上映とパネルディスカッション 〜こどもたちの未来へ向けて『共育』を探る〜@札幌

 全国で13万人を超える不登校児の現実を、関係者のインタビューとドキュメントタッチのドラマで描くビデオ映画「不登校の真実」(2003年、73分)を上映。原作の「不登校の真実」=書籍情報=の作家、巨椋 修(おぐら・おさむ)さん自らが監督、取材で知り合った富山県の関係者と共に制作した。「この作品では、不登校児の心理、親や教師の立場と心理などを描くことによって不登校に悩む当人や親、教師の方々に一つのヒントや励ましになり、地域の理解や協力を得ることができるようになればと思い企画いたしました」という(映画制作委員会のHPより)。070204futoukounosinjitu
・日 時 :2008年1月25日(金) 18:30開場、19:00開演
    第1部 19:00〜20:30 「不登校の真実」上映
    第2部 20:40〜21:10  パネルディスカッション
・会 場 :札幌市・札幌エルプラザ(北区北8西3) 3F ホール
・参加費 :一般1,000円、高校生以下500円
・主催・参加のお申込み: NPO法人こども共育サポートセンター
      TEL 011-398-3150、FAX 011-398-3151
【参考サイト】
 映画『不登校の真実』制作委員会
 巨椋さんのブログ「不登校・ひきこもり・ニートを考える」
 オールニートニッポン(公式HP) - 生きづらさを抱える若者のためのインターネットラジオ

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

★札幌の早川渉監督の劇場長編映画「壁男」公開@旭川市

 札幌在住の早川 渉監督が、カルト漫画家・諸星大二郎氏の異色都市伝説漫画を映画化した「壁男」(公式HP)が、東京・テアトル新宿、札幌・シアターキノ、函館、帯広ほか苫小牧でも劇場公開される。主演はCMや大河ドラマ等で活躍する小野 真弓さんと堺 雅人さん。壁の中に住む男の噂が広まるにつれ、不思議な現象が人々を巻き込んでいく…という物語。ほぼ全編を札幌で撮影、スタッフは全員札幌勢で挑んだ。クールで美しい映像による幻想的なサスペンス。070714kabeotoko詳細は公式サイトや、シアターキノHPの壁男特設欄で。
・会 期 :2008年1月19日(土)〜25日(金) 1日1回
・時 間 :12:40〜14:23(1/21〜1/25)
・会 場 :旭川市・ディノスシネマズ旭川(大雪通5丁目スガイディノス内3F 地図
・入場料 :一般 1,800円、大学生 1,500円、高校生 1,500円、
      小中学生1,000円、幼児900円、シニア・障害者・会員 1,000円
・お問合せ:同館 TEL 0166-21-1233
・上映情報:北海道MovieWaiker同館上映案内欄
■公式サイトほか :
 ・「壁男」公式サイト http://www.kabe-otoko.com/
 ・シアターキノHPの「壁男」特集欄 http://theaterkino.net/kabeotoko/ 
 ・『壁男』とMAGICAL MYSTERY TOUR  http://blog.livedoor.jp/ozoyan55/ 続きを読む

bluebook at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「文化庁メディア芸術推進拠点形成事業」2008年度事業の申請を受付

 文化庁では、メディア芸術の発展のため、「文化庁メディア芸術推進拠点形成事業」を実施。メディア芸術を推進する文化施設が、2008年度(4/1〜3/31)に実施する人材育成共同制作調査研究等の事業を支援する。次のとおり申請を募集。申請団体には採択・不採択に関わらず2008年3月下旬メドに郵送で審査結果を通知予定。080115mediageijutukyoten詳細は文化庁HPの案内欄で確認を。
【対象となる「メディア芸術」】
  ○デジタル技術を用いて作られたアート作品
   (インタラクティブアート、インスタレーション等)
  ○アニメーションやデジタル技術を用いて作られた映像作品
  ○マンガ作品   ○ゲーム作品
・提出期間:2008年1月15日(火)〜25日(金) 消印有効
・提出書類:応募要領(PDF)を参照の上、所定の申請書(様式1〜5)で応募を
・提出方法:配達記録郵便 または 簡易書留 のみ
・提出先・問い合わせ先
  〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
  文化庁文化部芸術文化課支援推進室コンテンツ担当
  TEL 03-5253-4111(代表) 内線2083 (9:30〜18:30)

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2008年01月24日

アーティストの鈴木康広 さんがTVに登場@NHKトップランナー

 メディア・アート等で国内外で活躍する鈴木 康広(すずき・やすひろ)さん(HP)がNHKテレビの「トップ・ランナー」(HP)に登場する。鈴木さんは、2002年に代表作『遊具の透視法』で、デジタルアート界で最も権威のある『アルス・エレクトロニカ』(オーストリア)入選を果たした、注目の若手アーティスト。身の回りのものを使って作られる彼の作品は、鑑賞する人の過去の記憶と結びついて、新鮮な驚きと発見を与えてくれる。今回は、スタジオに『まばたきの葉』『空気の人』など多数の作品を持ち込み、そのアイデアの源泉と、作品に込められた思いに迫る。詳細は番組HPの案内欄で。
・放送予定 :2008年1月19日(土) 23:00〜23:44 NHK教育テレビ
・再放送予定:2008年1月24日(木) 24:10〜24:54 NHK総合テレビ 続きを読む

bluebook at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

★「Born in HOKKAIDO 大地に実る、人とアート」@札幌

 〜道立近代美術館開館30周年記念 北海道美術の過去・現在・未来〜
 独自な自然環境、歴史や文化を持つ北海道の、風土がはぐくむ人間の創造性、さらにはその継承と発展をも視野に入れながら、今を生きる本道出身の16人のアーティストの作品と、未来を担う子どもたちの作品を紹介する美術展。「ボーン・イン・ホッカイドウ― 北海道の大地に根をはり、枝を広げ、実りをむすぶ一本の大樹のように、“人”と“アート”の過去・現在・未来が、いまここに、立ちあがります」(右チラシより)。詳細は同美術館HPの案内欄で。071101BornInHokkaido
【出品作家】
  青木美歌、 朝地信介、 池田光弘、 貝澤珠美Kinpro(新矢千里)
  毛内やすはる、 鈴木涼子諏訪敦高橋喜代史端聡野上裕之
  伴翼、 福井路可、 真砂雅喜ブログ記事)、 松永かの、 盛本学史
・会 期 :2007年11月1日(木)〜2008年1月24日(木)
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館(中央区北1西17 地図)
・観覧料 :一般600円、高大生400円、小中生200円(リピーターほか割引有)
・お問合せ:同館 TEL 011-612-7000 
・参 考 :
  NUMERO DEUX主宰の石川伸一氏のブログ
    同展の企画・制作を担当した学芸員、浅川真紀さんインタビュー記事
 ◆北海道美術ネット別館レポート記事(2007/01/23)  
※ 関連事業 → 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 美術 

2008年01月23日

「課外授業ようこそ先輩」に作家の上橋菜穂子さんが登場@NHKテレビ

 各界の第一線で活躍する人々が出身校の小学校を訪ね、専門とする世界と自らの人生について語る、NHKのテレビ番組『課外授業ようこそ先輩』に、気鋭の文化人類学者にして作家の上橋菜穂子(うえはし・なほこ)さん(川村学園女子大学助教授)が登場、「作ろう!ファンタジーワールド」と題して授業をする。上橋さんは、1989年「精霊の木」で児童文学作家としてデビュー、1996年刊行の「精霊の守り人」=書籍情報=で異世界を舞台に女用心棒を主人公にしたファンタジー作品を発表、野間児童文芸賞新人賞・産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞。以後「守り人シリーズ」が書き継がれ、2007年4月からはNHK-BS2 でアニメーションシリーズ「精霊の守り人」として放送された。詳細は番組HPの案内欄で。
・番 組 :NHK「課外授業ようこそ先輩」
・訪問先 :川崎市立井田小学校
・タイトル:「作ろう!ファンタジーワールド」
・放送日 :総合テレビ 2008年1月19日(土) 9:30〜9:59
      教育テレビ 2008年1月21日(月) 24:00〜24:29
      衛星第2  2008年1月24日(木) 午前3:15〜3:44 続きを読む

bluebook at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 

札幌の美術家 黒田晃弘さんが、NHK「ほくほくテレビ」に登場(再延期)

080111kurodaakihiro 横浜トリエンナーレ2005に正式招待されるなど、注目を集めている札幌の現代美術家黒田 晃弘(あきひろ)さん(HP)の最新の活動が、NHKの「北海道の今を伝える」地域情報番組「ほくほくテレビ」で放送される。
 黒田さんの似顔絵描きはライフワーク。トリエンナーレでも、来場者の似顔絵を会場内で日々描き続け、その数は700人以上に及んだ。紙に木炭でモデルと対話しながら描き進め、コミュニケーションによって表現手法を大きく変えて「内面」に迫る。その後、札幌アートステージ2007では、観客が実際に点字の文字列に触れる連作「点字という名の絵画」を発表。他者との関係性やコミュニケーションに基づく作品を展開し、今後が注目されている。「(今回の放送は)札幌においての、僕自身の考えるひとつのアート活動の最前線です。ご都合があいましたら、どうぞご覧下さい」とのこと。
・放送日 :2008年1月23日(水) 18:10〜19:00 
・番 組 :NHKテレビ 総合・デジタル 
※ 当初は1月11日(金)放送予定が、臨時ニュースで1月22日(火)に延期、
  さらに臨時ニュースのため再延期となっていたもの 続きを読む

bluebook at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

写真展「地球温暖化の目撃者」岩合光昭スペシャル@札幌

 「近年、地球温暖化による北極圏の環境変化が問題視され、IUCN(国際自然保護連合)の2006年版「レッドリスト」で絶滅の恐れがある野生動物に、ホッキョクグマが挙げられました。今回の写真展では、動物写真家・岩合 光昭(いわごう・みつあき)氏(公認サイト)が2006年6月下旬から7月にかけて、地球温暖化の現象が顕在化しつつあるカナダのウェージャー・ベイでホッキョクグマなどの野生生物を撮影した作品を展示します。40年にわたって野生動物と自然を見つめてきた彼ならではの視点でとらえた地球温暖化の現状を、デジタル一眼レフカメラ「E−1」で撮影した写真でご覧下さい。ウェージャー・ベイでの撮影風景を収録した映像もご覧頂けます」(主催の北海道環境財団HPの案内欄より)。
 詳細は「地球温暖化の目撃者−岩合光昭スペシャルサイト」(URL:http://www.olympus.co.jp/gww)で。080108iwagoumituaki
・会 期 :2008年1月8日(火)〜23日(水)
・時 間 :10:00〜18:00 (日曜祝日休館)
・会 場 :札幌市・北海道環境サポートセンター
      (中央区北4西4-1番地 伊藤・加藤ビル4F)
・料 金 :入場無料
・お問合せ:北海道環境サポートセンター TEL 011-218-7881
      日祝年末年始(12月29日〜1月3日)休館
・主 催 :財団法人北海道環境財団オリンパス株式会社 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

イメージフォーラム・フェスティバル2008 映像作品募集

 イメージフォーラム・フェスティバルが、2007年1月以降に制作されたフィルム・ビデオ作品を募集。「日本で最大規模のEXPERIMENTAL映像を対象にしたコンペディションです。実験、記録、デジタル・イメージ、アニメーションなど幅広い分野からの斬新な作品を募集します。未来に向けた映像の新しいヴォキャブラリーの開拓に、是非参加してください」(イメージフォーラム・フェスティバル公式HPの作品募集案内欄より)。時間・テーマは自由。大賞(賞金30万円)ほか、審査員特別賞、入選、奨励賞まで。受賞作品は、2008年4月下旬〜7月で、東京、京都、福岡、名古屋、横浜で順次開催される同フェスティバルで上映される他、メディアで広く紹介される。080123IMF2008規定の応募用紙(PDF)で応募を。詳細は公式HPで確認を。
・募集期間:2007年12月3日(月)〜2008年1月23日(水) 消印有効
・審査員 :
      ジョナス・メカス(Jonas Mekas 映像作家、アメリカ)
      かわなか のぶひろ(映像作家、日本)
      キム・ジソク(Kim Ji-Seok 釜山国際映画祭ディレクター、韓国)
・お問合せ:イメージフォーラム・フェスティバル事務局
       〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-10-2
      TEL 03-5766-0116 、FAX 03-5466-0054 
・参 考 :イメージフォーラム・フェスティバル2007@札幌(記事、2007/07/24〜29) 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2008年01月21日

祝・札幌の小川 亮輔監督の『Oiran Lyrics / 花魁ノ詩』が米サンダンス国際映画祭で上映

 札幌の小川 亮輔(おがわ・りょうすけ)監督(HPブログ) の映画「花魁ノ詩(オイランノウタ) Oiran Lyrics」(HP)(2007年2月、08分20秒)が、札幌国際短編映画祭2007でのBest Hokkaido Short / 最優秀北海道作品賞受賞に続き、アメリカはユタ州のパークシティーで開催されるサンダンス国際映画祭(2008/01/17〜27)のショートフィルムの部門上映が決まった。同映画祭は、ロバート・レッドフォードが1985年に創設したインディペンデント(独立系)映画を対象とした世界最大の映画祭。今年の短編部門は応募総数は5,107本の中から83本を上映、日本から選ばれたのは「花魁ノ詩」のみ。小川監督は前作「討ち入りだヨ!全員集合」(2005年、9分20秒)でも、ショートフィルムのカンヌとして知られる仏のクレルモンフェラン国際短編映画祭上映作品に選ばれている。
 「花魁の詩」は、明治時代の札幌の“おいらん淵”での心中事件を元に、すすきの遊郭の花魁の悲恋をミュージッククリップ仕立てで描いた時代劇ミュージカル。作品の詳細は札幌国際短編映画祭HPの上映案内欄で、サンダンス映画祭の入選の詳細は案内記事で。
・参考記事:「花魁ノ詩」試写会&DVD発売記事(2007/04/14) 続きを読む

bluebook at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2008年01月20日

中垣哲也さんのスライド&トークショー「オーロラダンス」@帯広市

 オーロラ写真の第一人者として知られる札幌在住の中垣 哲也さん(公式HP)のスライド企画。空いっぱいに広がる光のショー、ゆれる色彩のヴェールなど、アラスカの自然やオーロラの最新映像を用意。中垣さんは、2006年に札幌富士フォトサロンの個展で歴代2位の動員数を記録。2007年3月末に札医大放射線技師の職を辞してプロ写真家として独立、現在は全国各地でスライドショーを開催している。地球温暖化最前線のアラスカの映像も。
・日 時 :2008年1月20日(日) 18:30開場、19:00〜21:00
・会 場 :帯広市・とかちプラザ(JR帯広駅下車徒歩3分) 1F 大集会室
・料 金 :前売2,000円、当日2,300円
・主 催 :Blue & Green プロダクション帯広支部
・協 力 :十勝映画制作準備委員会(WAYA CINEMA)
・お問合せ:斎藤 TEL 090-1460-3049
arigatou@aurora-dance.com
【参考書籍】 中垣氏のオーロラ写真集(小学館、2004年、2,520円税込)
   中垣哲也「AURORA DANCE オーロラに包まれて」書籍情報=(右画像)。 

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

“ハキダシ”写真展 〜2001年・18歳・足立成亮〜@札幌

 札幌の木造の古い民家を改造したスペース「micro.」(2006/08/23〜2007/04/30)は、若手写真家の足立成亮(あだち・しげあき)さん(ブログ)らが、解体までの期間を借り受け、写真や美術等の企画展、ライブ等を行う自主企画ギャラリーとして短期間だったが多彩な活動拠点となった。旧micro.は、2007年5月に建物が取り壊され、メンバーは現在、新たなスペースで活動を再開。080113hakidashimicro.の名前を「cacoi(かこい)」と改めた。今回は、主宰の足立さんの写真個展。写真を始めたばかりの18歳の頃の写真を展示。詳細は、cacoiサイトの案内欄と、足立さんのブログで。
・会 期 :2008年1月13日(日)〜20日(日) 月曜定休
・時 間 :18:00〜23:00(日曜は11:00〜20:00)
・会 場 :札幌市・cacoi(旧micro改め)
      (中央区南16条西8丁目1−30 地図
      地下鉄南北線幌平橋駅より徒歩10〜15分、市電静修学園前より徒歩5分
・入場無料
・お問合せ:cacoi TEL 011-300-8533 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

函館映画鑑賞協会第161回例会「わが谷は緑なりき」「誰がために鐘は鳴る」上映@函館市

 函館映画鑑賞協会の第161回例会で、ジョン・フォード監督の「わが谷は緑なりき」(1941年)=DVD情報=と、サム・ウッド監督の「誰がために鐘は鳴る」(1943年)=DVD情報=の2作品を各2回づつ上映。
・日 時 :2008年1月20日(日) 
    「わが谷は緑なりき」  10:30、15:40
    「誰がために鐘は鳴る」 12:45、18:00
・会 場 :函館市民会館 小ホール
      (湯川町1-32-1 地図 TEL 0138-57-3111)
・料 金 :会員のみ。会費月額700円、入会金300円。
・お問合せ:函館映画鑑賞協会 TEL 0138-52-0193 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

企画展「町旅のすすめ―小樽探見日和」」@小樽市

 〜札幌篠路高校図書館発・市立小樽文学館ろじうら展〜
 札幌篠路高校図書館では、071012otarutanken毎年春のバス遠足にあわせて小樽特集の展示を行ってきた。今回、同校の高校生が探し見つけた、小樽の文学、本屋、市場、お祭りなどの歴史と魅力を紹介する。詳細は主催の小樽文学館の案内欄(PDF)で。
・会 期 :2007年10月12日(金)〜2008年1月20日(日)
・休館日 :10/15、22、29、11/5、6、12、19、26、27、
      12/3、10、17、25、26、12/ 29-1/3、1/7、15、16
・時 間 :9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :小樽市・市立小樽文学館(色内1丁目9番5号 市分庁舎 地図
・入館料 :一般300円、高校・市内在住70歳以上の方150円、中学生以下無料
・お問合せ:小樽文学館 TEL&FAX 0134-32-2388 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

2008年01月19日

ソクラテスのカフェで大学カフェ第7回〜山口二郎先生を迎えて〜@札幌市

 「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」等の企画で知られる札幌・琴似の本屋さん「くすみ書房」による企画。大学から講師をお招きし、カフェで一般の方向けに講義を行う。ゲストと読者がコーヒーを片手に学問談義を楽しむ夕べ。今回は、この企画の第1回講師の、行政学、政治学の山口二郎さん北大大学院法科研究科付属高等法政教育センター長)の2度目の講義。山口氏は「今年、日本政治学会の次期理事長に内定、大変ご多忙の中の登場」とのこと。開催の詳細はくすみ書房(HP)で。事前予約のうえ参加を。右画像は山口氏の最新刊「ポスト戦後政治への対抗軸」=書籍情報=。
・日 時 :2008年1月19日(土) 18:30〜20:00 (開場30分前)
・会 場 :札幌・くすみ書房 地下「ソクラテスのカフェ」
      (西区琴似2条7丁目メシアニカビル)
・会 費 :1,000円。(珈琲、リンゴ・トマト・みかんジュースのどれか一品)
・定 員 : 40人(先着順)。  満席、受付終了
・お申込み:ソクラテスのカフェ TEL 011-611-7121
      (11:00〜19:00、月曜定休)
※ 講師紹介 → 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 

ドキュメンタリー「We 命尽きるまで」上映会@札幌

 「憲法9条改憲阻止」のため、党派を越えて再結集した全学連・全共闘世代の闘いのドキュメンタリー映画「We 命尽きるまで」(公式HP)が札幌で上映される。
 「9条改憲反対!」「子どもたちを戦争に行かせるな!」 2007年6月15日、東京・日比谷野外音楽堂に響きわたった1200人のシュプレヒコール。 それは、奇跡の集会だった。全学連・全共闘・学生運動OBたち―かつてのあの闘士たちが、『憲法9条改憲阻止』の一念の下に、40年ぶりに党派を越えて一堂に会したのだ。080119Weinochi(中略)東映やハリウッドなどで活躍してきた藤山顕一郎監督は、この映画に登場する老兵たちと同様に元闘士であり、この運動に参加している当事者でもある。(公式HPの作品紹介欄より)。映画は2007年秋に完成。監督の実妹で伝説の歌手、藤山ジュンコが挿入歌「WE SHALL OVER COME」を歌っている。作品の詳細は公式HPで、上映の詳細は会場のZERO POINT WAVEのサイトの案内欄で。
・日 時 :2008年1月19日(土) 18:00開演
・会 場 :札幌市・ZERO POINT WAVE(豊平区月寒1条西7丁目1-1)
      (東豊線月寒中央駅1番出口より徒歩5分) 
・料 金 :500円(ドリンク付き) 

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第28回サイエンス・カフェ札幌「他人の視線はなぜこわい?〜不安を感じる脳のしくみ〜」@札幌

 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(HP)(略称CoSTEP)が実施しているサイエンス・カフェは、飲み物を片手に気軽に科学の話を楽しむ参加型イベント。今回は、誰もが普段感じている不安について、080119ScienceCafe28発生の仕組みや、私達の心にとっての意味等について、ゲストの井上猛さん(北海道大学病院講師/精神医学)とともに、精神医学の研究成果を元に探っていく。詳細は主催のCOSTEPのHP内の案内欄で。
・日 時 :2008年1月19日(土) 16:00〜17:45
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1階インナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・参 加 :参加無料、定員は約100人(内椅子席70席)。
  申込不要、当日直接会場へ。飲物は各自会場内ショップで購入を
・お問合せ:TEL&FAX 011-706-3868 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

釧路芸術館アートシネマ館2007 「イヴの総て」上映@釧路市

 釧路芸術館の「アートシネマ館2007」では、洋画の名作を5月から2月まで毎月1作品ずつ上映。1月はジョゼフ・L・マンキーウィッツ監督・脚本による演劇界内幕物の傑作。、「イヴの総て」DVD情報=を上映。新進女優イヴ・ハリントンはアメリカ演劇界の栄えある賞に輝いた。だが、彼女がここまで上り詰めるには、一部の関係者たちしか知り得ない紆余曲折の経緯があった。8ヶ月前、田舎からニューヨークへ出てきたイヴは、大女優の付き人になった。これを皮切りにイヴは、劇作家や有名批評家に巧く取り入り、マーゴまでも踏み台にしてスター女優へのし上がっていく。1950年、アメリカ、モノクロ、138分。出演はアン・バクスター、ベティ・デイビス、ジョージ・サンダース、マリリン・モンローほか。上映の詳細は釧路芸術館HPの案内欄(PDF)で。
・日 時 :2008年1月19日(土) 10:00、14:00
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 アートホール
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

札幌映画サークルが「2007年公開作品ベストテン」投票を実施@札幌

 札幌映画サークルでは毎年“札幌公開作品ベスト10”を実施。札幌とその近郊都市(小樽・江別・恵庭)で公開された映画は、同サークルの発表では邦画230本(劇場公開195+自主上映35)、洋画308本(劇場公開294+自主上映14)。この中からファン投票で、日本映画、外国映画それぞれのベスト10他、同サークル上映会ベスト1、監督賞、男優賞、女優賞、新人賞、特別賞、ワースト賞を選出する。会員以外の一般映画ファンの投票も歓迎。応募者の中から抽選で劇場招待券・札幌映画サークル上映会招待券を進呈。0801119bestten2007投票用紙(表面が投票用紙=右画像=、裏面が2007年の上映作品リスト)は、12月中旬に市内の次の映画館に配布。
 蠍座、札幌劇場、シアターキノ、CINEとかちプリンス劇場(帯広)、
 CINEMA CAFE、ディノスシネマ、東宝公楽、東宝プラザ、マリオン劇場、
 ユナイテッド・シネマ札幌(五十音順)

 記入した用紙を郵送・FAX・メールで投票を(詳細は用紙に記載、ユナイテッド・シネマ札幌のみ劇場の投票箱で投票可能)。2008年1月19日(土)消印有効
 結果は、2008年1月26日(土)18:00、同サークル新年会(かでる2・7 510号会議室)で発表。会員以外の飛び入り参加大歓迎。以後、同サークルHPや上記映画館でも掲示する。詳細は同サークルHPの案内欄で確認を。続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(1)TrackBack(3) 映画 

太陽北海道地域づくり財団が平成20年度助成対象事業を募集@北海道

 (財)太陽北海道地域づくり財団は、平成19年度の「地域づくり助成対象事業」を募集。対象となるのは、平成20年度(2008年4月〜2009年3月)中に実施される大会、学会、セミナー、シンポジウム、現地見学会、体験学習会、イベント、PR資材、地域固有の資源の補修・改修などで、2008年3月に交付決定団体に通知予定。過去7年間で、幻の魚イトウの保護、炭鉱フォーラムや地域の写真展、札幌国際短編映画祭子供映画制作ワークショップなどを助成してきた。詳細は同財団HPの応募案内欄助成実績欄で確認を。右画像は今年の新聞広告。
・応募期間:2007年12月3日(月)〜2008年1月19日(土)080119taiyouzaidan
・助成対象:
  市町村、市町村と連携しながら地域づくり活動を実践する団体、その他
・助成額 :総額を年間1,000万円程度(10件程度)。
  助成決定した活動毎に濃淡(助成上限額及び助成比率)をつけて配分。
  助成上限額は原則300万円程度。
  活動団体の人件費などの管理費は対象外。
・応募方法:所定の申請書様式(同財団HPの応募欄からダウンロード)で応募。
・お問合せ:同財団事務局 TEL 011-210-0311。 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

2008年01月18日

★反骨の日系アメリカ人の路上画家のドキュメンタリー「ミリキタニの猫」劇場公開@札幌

 2001年9月11日、世界貿易センターが瓦解し緊張状態のNYの路上。騒然とした周囲をよそに、いつもと同じように平然と絵筆を動かしている男がいた。彼の名はジミー・ミリキタニ、80歳。その波乱の人生を、NY在住のリンダ・ハッテンドーフ監督が追ったドキュメンタリー「ミリキタニの猫」(公式HP)(2006年、米、74分)が、いよいよ札幌でも劇場公開される。移民としてカリフォルニアに生まれ、広島に育ち、絵の勉強で渡米、第二次大戦中に日系移民として強制収容所に送られ、アメリカに抵抗して自ら市民権を捨てた。071103mirikitani彼の反骨不屈の精神と、深い哀しみと、仲間への鎮魂までを追う。東京国際映画祭<日本映画・ある視点>部門の最優秀作品賞ほか、世界の数多の映画祭で高く評価されている。詳細はシアターキノHPの作品案内欄で。
・会 期 :2008年1月1日(火)〜18日(金) 1日1回上映
・時 間 :1/11までは10:25。 1/12〜18は12:35
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :前売1,400円
      当日一般1,800円、学生1,400円、シニア・高校以下1,000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 

bluebook at 10:25|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

映画「ミリキタニの猫」の作家の画文集

 ニューヨークの偉大なる路上画家ジミー・ミリキタニ、87年の人生の軌跡を描いたドキュメンタリー映画「ミリキタニの猫」(公式HP)(2006年、米、74分、リンダ・ハッテンドーフ監督)の公開にあわせ、ミリキタニ氏の画文集「ピース・キャッツ 『ミリキタニの猫』」書籍情報=が発売された。ミリキタニ氏はカリフォルニア州サクラメント生まれ。米国籍を持つ日系二世だが、真珠湾攻撃により太平洋戦争が始まると、米国政府は大統領行政令9066号を発令し、敵性外国人として日系人および在米日本人を強制収容した。ミリキタニ氏もツールレイクの収容所に送られ、壮絶な戦争と人種差別を体験。アメリカに反抗して自ら市民権を捨てた。そして2001年9月11日。ニューヨークで同時多発テロ事件が起こる。騒然となった街でジミーは絵を描き続けていた。そして過去の体験を蘇らせ、平和への思いを込めて筆を動かしていた…。本書は激動の20世紀を生きた、ジミー・ミリキタニのメッセージを画と言葉で綴る。
【書籍紹介】
・書 名 :ピース・キャッツ 「ミリキタニの猫」画文集 (大型本)
・編集・著作: マサ・ヨシカワ(編著)、ジミー・ツトム・ミリキタニ(画・文)
・大型本 : 120ページ、22.4 x 19.4 x 1.8 cm
・出版社 : ランダムハウス講談社
・発売日 :2007年8月30日(木)
・ISBN-10 : 4270002387 、ISBN-13: 978-4270002384 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2008年01月17日

ちえりあ市民講座「短編映画を100倍楽しむ方法 」参加者募集@札幌

 札幌市生涯学習センター(ちえりあ)の冬期講座に、「短編映画を100倍楽しむ方法〜シナリオ作りでわかること〜」が登場。講師は、札幌のシナリオライター島崎友樹(しまざき・ゆうき)さん(HP)で、世界最大の短編映画祭「クレルモンフェラン短編映画祭」でもノミネート上映された「討ち入りだョ!全員集合」(監督:小川亮輔)ほかで活躍中。講座では、ショートフィルムを鑑賞するとともに、受講者自身に作品を制作してもらう。最終日にはコンテスト形式で優秀賞を表彰、優秀な作品は、後日ビデオクルーが制作研修の一環で映像化の検討も。071125chieria詳細はちえりあHPの案内欄で。
・開催時期:2008年1月17日(木)〜2月21日(木) 毎週木曜
・時 間 : 18:45〜20:45
・会 場 :札幌市生涯学習センター 5階 映像スタジオ
      (西区宮の沢1条1丁目 地図
・受講料 : 5,400円、 ・講座回数:全6回、
・定 員 :先着20名、   ・単 位 :6単位
・お問合せ:同事業課 学習企画 視聴覚係 TEL 011-671-2311 続きを読む

bluebook at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

谷口能隆写真展「Paris」@札幌

080108Paris 札幌市清田区の会社員、谷口能隆(たにぐち・よしたか)さん(49歳)の写真個展。2005年から2007年まで3年続けてゴールデンウィークにパリを訪れ撮影した作品(モノクロとカラー)59点を展示する。「これまでパリを訪れた人、これから訪れる人へ、パリとの出会い、再会を演出する写真展」とのこと(会場の紀伊國屋書店HPの同展案内欄より)。
・会 期 :2008年1月8日(火)〜17日(木) 
・時 間 :10:00〜19:00(最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 2階ギャラリー
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ 地図
・入場無料
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131 
・参考記事:北海道美術ネット別館レポート記事(2008/01/13)

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

2008年01月15日

札幌メディア・アート・フォーラム(SMF)研究会@札幌

 札幌メディア・アート・フォーラム(SMF)は、産学官連携の活動体として、情報文化学会北海道支部、行政(札幌市)、関連教育機関、現場のクリエーター、関連企業などと連携をとりながら、メディア・アート・デザインおよび産業の高度化、活性化に寄与する活動を展開。今回、デザイン教育についてのフォーラムを開催する。詳細は札幌のクリエーター支援のポータルサイトCROSSING案内欄と、さっぽろ観光文化情報ステーション案内欄で。
・講 師 :堀じゅん子氏(デザイン事務所「ホライズン」主宰)
・論 題 :「デザイン教育について考える」
・日 時 :2008年1月15日(火) 19:00〜20:30
・会 場 :札幌市・札幌市立大学サテライトキャンパス
      (中央区北3条西4 日本生命札幌ビル5階 地図
・入場料 :無料
・お問合せ:TEL 011-373-6898(大平) E-mail tohira@imc.hokudai.ac.jp 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

中垣哲也 デジタルスライド&トークショー「オーロラダンス」@札幌

 〜オーロラに包まれて この美しい地球上でもっとも感動的な夜空〜
 オーロラ写真の第一人者として知られる札幌在住の中垣 哲也さん(公式HP)のスライド企画。空いっぱいに広がる光のショー、ゆれる色彩のヴェールなど、アラスカの自然やオーロラの最新映像を用意。中垣さんは、2006年に札幌富士フォトサロンの個展で歴代2位の動員数を記録。2007年3月末に札医大放射線技師の職を辞してプロ写真家として独立、現在は全国各地でスライドショーを開催している。地球温暖化最前線のアラスカの映像も。
・日 時 :2008年1月15日(火) 18:30開演
・会 場 :札幌市・石の蔵ぎゃらりぃ はやし
      (中央区北8条西1丁目 JR札幌駅徒歩3分 地図
・料 金 :2,000円(1ドリンク付) 要予約
・お問合せ:石の蔵ぎゃらりぃ はやし TEL 011-736-0884
【参考書籍】 中垣氏のオーロラ写真集(小学館、2004年、2,520円税込)
   中垣哲也「AURORA DANCE オーロラに包まれて」書籍情報=(右画像)。 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「舞台衣裳講座〜芝居の衣裳ができるまで」参加者募集@札幌

 札幌はJR琴似駅前の小劇場を運営する市民団体NPO法人コンカリーニョ北海道立市民活動促進センターが「舞台衣裳講座〜芝居の衣裳ができるまで」を共同開催。舞台上で、時代や役がらの性格をあらわす衣裳の組み立て方や、本番までの作業工程を通して、舞台衣裳について読み解く。講師は佐々木あおいさん。受講する市民25名を先着順で募集。詳細は北海道立市民活動促進センターHPの案内欄で確認を。
・日 時 :2008年1月15日(火) 18:30〜20:30
・会 場 :札幌市・北海道立市民活動促進センター 研修コーナー
      (中央区北3西7 道庁別館西棟1F 地図)
・参加対象:一般市民、特に舞台に興味のある方
・定 員 :先着25名 定員になり次第締切。
・参加料 :200円(資料・お茶菓子代)。支払いは当日。
・お申込み:北海道立市民活動促進センター 
  〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目道庁別館西棟1階
  TEL 011-261-4440/FAX 011-251-6789
  Email center@do-shiminkatsudo.jp 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

2008年01月14日

まほうの絵ふでアートムービー発表会@札幌

 札幌のジュニア向けアートスクール「まほうの絵ふで」(公式HP)(1978年活動開始)が、おくる映像イベント。同校で学ぶ4歳から17歳の生徒たちが制作した「体操」「特訓」「笑い」をテーマとする映像作品を発表。スペシャルゲストの「押忍!手芸部」およびmobbyと共に、楽しい笑いを巻き起こす。サポートした大人たちのトークショーのほか、実際に制作した子供達も来場・観覧予定。どなたでも気軽に参加を。詳細は「まほうの絵ふで」HPの案内欄で。
・日 時 :2008年1月14日(月・祝) 18:00〜19:00(予定)
・会 場 :札幌市・アップルストア札幌(中央区南1西3 地図 TEL 011-209-8200)
・入場無料、予約不要
・お問合せ:まほうの絵ふで TEL 011-210-7200

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

CONCENT EXHIBITION “HELLO!”展 〜池田蔵人さんの個展を中心に〜@札幌

 オリジナルFlashアニメ「ヘイ!ヘイ!シュルーム」=DVD情報=の制作、日刊スポーツキャラクター「ぽたりとうるる」のキャラクターデザイン等を手掛けるconcent(2000年設立、札幌)が、所属のイラストレーター池田蔵人(いけだ・くらんど)さんの個展を中心としたイベントを開催。080111hello今回のために制作されたアクリル画を中心に作品を展示予定。オリジナルグッズの販売や、concentがデザインに関わったモバイル新サービスの紹介も。詳細はconcentのサイトの特設欄で。
・会 期 :2008年1月11日(金)〜14日(月・祝)
・時 間 :10:00〜20:30(最終日は19:30まで)
・会 場 :札幌・4丁目プラザ 7階 4プラホール
      (中央区南1西4 TEL 011-261-0221)
・入場無料
・参 考 :TVアニメ「ヘイ!ヘイ!シュルーム」DVD発売(2006/01/25、記事) 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術