2008年03月

2008年03月31日

北方圏センターが「北方圏交流基金」の平成20年度助成申請を受付

 北方圏センターでは、北海道と気候風土のよく似た北方圏諸国との交流事業を助成する「北方圏交流基金」の平成20年度事業の申請を次のとおり受付ている。これは、(財)北方圏交流基金が平成6年から行ってきたもので、同基金の平成16年11月解散後、同センターが引き継いで運営しているもの。申請の詳細は同センターHPの案内欄で。
■申請締切:2008年3月31日(月)
■お問合せ:(社)北方圏センター 交流部
      TEL 011-221-7840、FAX 011-221-7845 メール:exch@nrc.or.jp
      〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目(道庁別館12階) 続きを読む

bluebook at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

ドキュメンタリー映画「よみがえる京大サイクロトロン」試写会 @札幌

 ビズカフェセミナー ドキュメンタリー映画「よみがえる京大サイクロトロン」試写会
 〜映像コンテンツを用いた科学技術コミュニケーションの可能性〜
 戦時中、核物理学の研究のために建造され、終戦直後にGHQ(連合国軍総司令部)が原爆開発への転用を防ぐために破壊した京都大学の「サイクロトロン(加速器)」の実像に迫るドキュメンタリー映画「よみがえる京大サイクロトロン」を、東大の研究生らが構想から2年かけて制作。GHQの記録映像も交えて約70分にまとめた。試写版が札幌で上映される。試写の後は、制作グループの中尾さん、林さんを中心に、この作品の意義や、市民が情報発信することで広がる可能性について、来場者と語り合う時間も設ける。詳細は札幌ビズカフェHPの案内欄で。
【来場ゲスト】
  講 師:林  衛 氏 (富山大学人間発達科学部准教授)
      中尾 麻伊香(まいか)氏(東京大学大学院研究生)
  ゲスト:難波 美帆 氏(北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット特任准教授)
・日 時 :2008年3月31日(月) 18:00〜20:00
・会 場 :札幌市・札幌ビズカフェ(北区北7条西4丁目5-1伊藤110ビル 2F 地図
・参加費 :無料
・定 員 :先着30名
・お申込み:メールで「ビズカフェセミナー参加」を件名に、名前と所属を明記、
      札幌ビズカフェの齊藤(s-takuo@tri-b.co.jp)まで 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

森本めぐみ 展@札幌

 札幌4丁目プラザ7階で、“花”“華”をテーマに、道内外の現代美術作家の作品を展示販売している「華AGRA」(はなあぐら)が、2008年3月から市内で貸しギャラリー「Hanaagra Gallery(はなあぐらギャラリー)」を、狸小路のニコービル2Fでオープンした。12坪ほどの空間で予約を随時受付中。今回、華AGRAでも作品を常設販売中の森本 めぐみさんが個展を開く。赤い奥まった目の少女像を080324morimotomegumi描いて印象的な若手作家。詳細は華AGRAのサイトの案内欄で。
・会 期 :2008年3月24日(月)〜31日(月) 水曜定休
・時 間 :平 日 12:00〜21:00
      土日祝 11:00〜21:00
・会 場 :札幌・ギャラリーHanaagra Gallery
      (中央区南3西2 狸小路2 ニコービル2F)
・入場無料
・お問合せ:華AGRA TEL 011-261-0715 
      メール info@hanaagra.com
     (ギャラリーレンタル料金 1日¥3,000 予約受付中) 

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

fringeが「地域を超える制作者」のパンフレットを発行、PDFでも公開

 小劇場演劇の制作者を支援するサイトfringe(フリンジ)では、2006年6月に地域の次代を担う中堅制作者を東京に無償で招き「Producers meet Producers 2006 地域の制作者のための創造啓発ツアー」を実施。その参加者と事務局スタッフによるその後の活動の一部をまとめたパンフレット「地域を超える制作者」を2008年3月31日(月)に発行した。「札幌、仙台、名古屋、京都、北九州、福岡からの活動報告をまとめました。地域の閉塞感を変えていく、次代を担う制作者たちの声をお聞きください」とのこと。札幌では琴似の劇場コンカリーニョで無料配布しているほか、フリンジHP内でもPDF公開している。詳細は同HPの案内欄で。080331chiikiwokoeru表紙は札幌の舞台写真で活躍する高橋克己氏の撮影。
【発行情報】 
・事 業 :Producers Mobility Project 2007 地域を超える制作者プロジェクト
  2008年1月27日 公開ミーティング「地域を超える制作者」開催
         (東京・森下スタジオ)
  2008年3月31日 パンフレット「地域を超える制作者」発行
・主 催 :fringe、 ・助 成 :財団法人セゾン文化財団
・パンフレットデザイン:京、
・表紙写真:高橋克己(飛ぶ劇場『あーさんと動物の話』札幌公演より)
     (会場のコンカリーニョHPの記事
・撮 影 :藤本彦+西岡真一+小嶋夕希子+高橋克己+原田直樹(n;foto)

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

CAI 現代芸術研究所が2008年度アートスクール生を募集(第13期)@札幌

 CAI現代芸術研究所では、第六感と自己表現をテーマに2008年度もアートスクール生を募集する。2008年度はこの1期のみの募集。講義見学、相談など随時受付け中。講師、年間スケジュールなどは同HPの「スクール」欄や、講義日程欄で確認を。希望者にはカリキュラム、講師紹介、卒業生メッセージ等を掲載した無料パンフレットを発送する。080331CAI13bosyuu
【募集要綱】 2008年度CAI夜間アートスクール(1年間)
・募集期間: 2007年12月〜2008年3月31日(月)
・定 員 : 30名、 08年度スクールは1期のみの募集
・受講期間:2008年4月〜2009年3月の毎週木曜日
     全49回+特別講義(但し夏・冬休有)
・受講時間: 19:00〜21:00 ※授業によっては延長あり
・作品発表: 2009年3月(展示1週間/搬入3日間)
・学 費 : 入学金1万円(税込)+年間190,000円(税込)  分割制度有
・お問合せ:CAI現代芸術研究所(端) TEL 011-643-2404 
・参 考 :CAIサイトで第13期生募集の動画CMを公開中(2008/03/17追記) 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

伊藤組100年記念基金 申請受付

 札幌の伊藤組100年基金(HP)が、今年も助成金の申請を受け付ける。080331itougumibosyuu対象は、北海道で活動する個人または団体で、基金予算の範囲内で決定するため助成額は未定。「青少年の健全育成や生涯学習、科学における研究者の育成、文化芸術の振興・普及、健康増進やスポーツの振興、環境等社会問題の解決に関する研究活動、イベント、派遣・招聘旅費など事業に関する助成」とのこと。助成を希望する場合は、必ず事前に助成対象になるかどうか申請する事業の目的・内容等について事務局に連絡・相談を。詳細は同基金HPの助成金情報欄で確認を。
・助成金交付申込書 同基金HPの申込書からダウンロードを
・申請書類の提出締切:2008年3月31日(月) (毎年3月末日)
・お問合せ:伊藤組100年基金 TEL 011-241-9358 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

2008年03月30日

全国47都道府県のロングライフな伝統工芸品を集めた「NIPPON VISION 札幌展」@札幌

 時代を越えて長く使われ、作りつづけられているロングライフデザインの商品をセレクト、販売しているD&DEPARTMENT(ディアンドデパートメント)が、日本全国47都道府県からロングライフな伝統工芸品を一堂に集め、紹介する展覧会「NIPPON VISION」(ニッポンビジョン)を東京・大阪店に続き札幌店として開催。北海道のアイヌ文様のコースターや、岩手の南部鉄瓶、東京の亀の子たわし、沖縄の壺屋焼皿など家庭の実用的な品々が並ぶ。080318NoppnVision「NIPPON VISION」販売商品一覧は同店HPの案内欄で紹介されている。
・会 期 :2008年3月18日(火)〜30日(日) 月曜定休
・時 間 :12:00〜22:00、(日曜は21:00まで)
・会 場 :札幌・ D&DEPARTMENT PROJECT SAPPORO by 3KG
      (中央区大通西17丁目1-7 地図
・入場無料
・お問合せ:同店 TEL 011 303 3333
※ 関連イベント(3/20終了澄み) → 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 | 美術

札幌宮の森美術館展4@札幌

 札幌宮の森美術館は、20世紀後半以降の文化・芸術に関する美術館として、2006年4月にオープン。昨年は、クリストとジャンヌ=クロード、森山大道、ヤノベケンジ等の企画展を開催。シリーズ企画第4回目の今回では、この1年の新着コレクションを交えて2007年を振り返る。詳細は同館HPの案内欄で。080112sapporomiyanomori4
【展示作家】 (会期中展示替あり)
   クリスト、A・ウォーホル、ジャスパー・ジョーンズ、F・ステラ、李禹煥、
   川俣正ヤノベケンジ森山大道、オノデラユキ、奈良原一高ほか
・会 期 :2008年1月12日(土)〜3月30日(日)
・開館時間: 11:00〜19:00 月曜休館(祝日の場合は翌日休館)
・会 場 :札幌市・札幌宮の森美術館 (中央区宮の森2の11-2-1)
・入場料 :一般300円、高大生200円、中学生以下無料
・お問合せ:同館 TEL 011-612-3562 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

86年目の新発見─小林多喜二最初期の作品と文芸雑誌@小樽市

 小樽で育ったプロレタリア作家小林 多喜二(こばやし・たきじ、1903年〜1933年)の最初期の小説が86年ぶりに発見された。17歳の時の短編「老いた体操教師」で、文芸雑誌「小説倶楽部」1921年10月に懸賞小説の佳作として掲載され、商業誌に発表された多喜二の最初の作品。「老いた〜」の自筆原稿3枚ほか、作品を投稿した文芸雑誌を中心に、資料約100点を展示。小樽高等商業学校(現小樽商大)時代の多喜二の創作活動を紹介する。詳細は小樽市HPの案内欄で。
・会 期 :2008年1月26日(土)〜3月30日(日)
・時 間 :9:30〜17:00 (入館は16:30まで)
・会 場 :小樽市・市立小樽文学館(色内1丁目9番5号 市分庁舎 地図) 展示室
・入場料 :一般300円、高校生・市内在住70歳以上の方150円、中学生以下無料
・お問合せ:小樽文学館 TEL&FAX 0134-32-2388
・参 考 :
  ’魍鯤験愆 多喜二ライブラリー http://www.takiji-library.jp/
 ◆ ̄撚「時代(とき)を撃て・多喜二」(公式HP) 2005年、88分(2008/02/22、札幌で上映
※ 関連企画 記念講演会(2/11) → 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 

「ART BOX 2008」の参加団体を募集 @ 札幌芸術の森

 札幌の芸術の森に2006年9月、野外ステージ活性化のため、期間限定で階段状の客席を設置した「ART BOX」が誕生。従来の庇の他、架設の客席と美術壁で雨風を防ぎ、ステージ全体をテントで囲って日中でも照明効果が可能になった。「アートの玉手箱」をコンセプトに、舞台芸術公演が多数開催された。
 3年目の今年も芸術の森では、「ART BOX 2008」で音楽・舞踊・演劇・伝統芸能などを上演する団体・個人を募集。プロアマ不問。右画像が今年の募集要項と申込書。詳細は同館に問合せを。080330ArtBox2008
・開催期間:2008年9月13日(土)〜10月13日(月)
・会 場 :札幌の芸術の森(HP) 野外ステージ(外観)「ART BOX」
    (間口14m、奥行12m、高さ最小7.5m〜最大10m、定員500席)
・支援内容:
  _饐貉藩冦繊◆´同館の「ART BOX 2008」広報での紹介、
  F場料収入は出演者に帰属
  ※ 舞台製作(舞台・音響・照明等)及び運営費は出演側が負担
・締 切 : 2008年3月30日(日)必着 所定の申込用紙あり。
・お問合せ:札幌市芸術の森 事業課「ART BOX 」係 TEL 011-592-4125 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホール・施設 

2008年03月29日

「1/4の奇跡〜本当のことだから〜」上映会@札幌

 ドキュメンタリー映画「1/4の奇跡〜本当のことだから〜」(公式HP)が札幌で自主上映される。石川県の養護学校教諭のかっこちゃん(山元加津子さん)は、どんなことでも、どんな人でも分けることなくありのままに受け入れ、興味をもち、共に楽しむ。 学校の子どもたちとの触れ合いの中で、0803294bunnnoichikiseki子どもたちの持っている素晴らしい性質や力に出会う。それは、私達人間を支えている、見えないけれど大きな力、生かされている”いのち”、その尊さを知ることでもあった。入江富美子監督、2007年、100分。詳細は公式HPの自主上映の「開催予定欄」と、札幌上映特設欄で。
・日 時 :2008年3月29日(土) 18:30開場、19:00〜20:45
・会 場 :札幌エルプラザ(北区北8西3) 3F ホール
・料 金 :一 般 前売1,300円、当日1,800円
      小中高生 前売り700円(当日1,000円)、幼児無料
・お問合せ:札幌で『1/4の奇跡』を上映する会 TEL 011-887-6407(城谷)  続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

CINEMATTIC 第4弾 七里 圭 監督スペシャル上映会@札幌

 札幌の市民有志が運営するイベントスペースATTICでは、2007年の夏から「CINEMATTIC」と題した映像イベントを開催。作家特集やカルト映画上映など、多彩な切り口で上映会を開催している。その第4弾では、最新作「眠り姫」の札幌公開(3/26〜3/28、シアターキノ、記事)を記念して、七里 圭(しちり・けい)監督スペシャル上映会を開催。「眠り姫」、 「ホッテントット・エプロン-スケッチ」、「のんきな姉さん」の3作品を一挙に上映、各作品の上映後には監督のトークショーを行う。080328nemurihime詳細はATTICサイトの案内記事で確認を。
・日 時 :2008年3月29日(土) すべて上映後に監督トーク付
     14:00〜15:45 「眠り姫」 =右チラシ=
    ◆16:00〜17:25 「ホッテントットエプロン・スケッチ」
     17:40〜19:30 「のんきな姉さん」
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F )
・定 員 :先着順 各回 限定30名
・入場料 :「眠り姫」 当日券のみ1,400円
      他の2作は予約 1,200円、当日1,400円
・予約・お問合せ: ATTIC TEL 011-676-6886 (担当:小野、梶田)
       cinemattic@a-yaneura.com
※ 当日のプログラムほか → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

CULTIVATE SEMINAR 01 FIVE SENSESー北海道この土地を耕している5人−@札幌

 「もっとつくりたい。もっと良いものを。」そんなクリエイターのために、2ヶ月に一度、多彩なジャンルで国内第一線のトップクリエイターを講師を迎えてのCULTIVATE SEMINAR(カルティベイトセミナー)が始まる。第1回目は、北海道のクリエイティブシーンの「土台・土地」を作りだしてきた5人を講師に迎え、これまでの道のりや今まさに動いている事などをうかがう。次世代の北海道のクリエイティブには何が必要で何が求められているのか。今後のセミナー継続を前に、まずは今の北海道を知る事から講座をスタート。クリエイターのみならず学生や一般の参加もOK。詳細は「mosslinkage」案内欄に詳しい。
【講師】 080329CultivateSeminar01
  赤坂真一郎(建築家)、
  久保俊哉(プロデューサー、ICCチーフコーディネーター)
  寺島 賢幸(グラフィックデザイナー、寺島デザイン制作室代表)
  長谷川 演(空間デザイナー、アトリエテンマ代表)
  山岸正美(プロデューサー、(株)マーケティング・コミュニケーション・エルグ代表)
・日 時 :2008年3月29日(土) 14:00〜17:00
・会 場 :札幌・ほくせんギャラリーivory
      (中央区南2西2 NC HOKUSENブロックビル4階)
・受講料 : 1,000円 定員:100名(入場制限有り)
・主催・お問合せ:CULTIVATE CREATION PROJECT実行委員会
      螢ぅ鵐廛蹈丱ぅ内 TEL&FAX 011-219-4337(担当:猪熊) 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

CAIアートスクール12期生卒業作品展@札幌

 CAI現代芸術研究所では、第六感と自己表現をテーマに週に一度の夜間アートスクールを開校。毎年4月に開講し、1年間さまざまな講師によるレクチャー、ワークショップ、野外での研修などを体験して、それぞれの個性を最終的に現代アート作品として発表している。12年目の今年も卒業制作展を開く。作品は平面、立体、インスタレーション、映像と多岐にわたり、その方法論もコンセプチャルアート、表現主義など個人の感性を発揮した作品が並ぶ。詳細はCAI(HP)の案内欄で。080323CAI12
【出展する卒業生】 22名
  秋田英貴 / 石倉美萌菜 / haruka / 泉 尚子 / 今島花恵 /
  加集麻奈美 / 柏倉一統 / 喜多香織 / 工藤 航 / 國枝絵美 /
  小林由佳 / 齋藤 傑 / 内藤日奈 / 中嶋幸治 / 竹澤伸一 /
  古田知里 / まつお なおみ / 丸山 悠 / 横山亜季 /
  吉田千草 / 米森ヒデキ / ワタナベ カズミ(50音順)
・会 期 : 2008年3月23日(日)〜29日(土)
・時 間 :13:00〜19:00  会期中無休 
      オープニングパーティー 3月23日(日)18:30〜
・会 場 :札幌・CAI現代芸術研究所(中央区北1西28-2-5、駐車場なし)
・入場無料
・お問合せ:CAI現代芸術研究所 TEL 011-643-2404 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

映画「恋するトマト」東屯田地区上映会@札幌

 農家の嫁不足と後継者問題を背景に、日本の中年男性とフィリピン人女性が二つの土地を結んで恋を紡いでいくラブストーリー「恋するトマト クマインカナバー」(公式HP)(南部英夫監督、2005年制作、126分)を上映。俳優の大地 康雄さん(公式HP)が企画・脚本・製作総指揮を手がけ自ら主演。原作は、作家の小檜山 博さんの小説「スコール」。当日は2回上映。会場地図等は、札幌の「観光文化情報ステーション」HPの案内欄で。
・日 時 :2008年3月29日(土) 10:30、14:00
・会 場 :札幌市屯田地区センター(北区屯田6条6丁目3-21)
・入場料 :大人 前売800円(当日1,000円)、小中高生500円(当日のみ)
・主催・お問合せ:屯田地区映画サークル TEL 011-772-8967 (福原) 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

環境汚染に警鐘を鳴らした女性科学者 レイチェル・カーソンパネル展と映画上映@札幌

 農薬による環境汚染にいち早く警鐘を鳴らした「沈黙の春」書籍情報=、自然の神秘さや不思議さへの感性の大切さを伝えた「センス・オブ・ワンダー」書籍情報=など、数々の優れた著作を残したレイチェル・カーソン(Rachel Carson、1907〜1964年)。彼女の生命と人類への貢献について、パネル、講演、映画「センス・オブ・ワンダー」(公式HP)DVD情報=上映等を通して共に学ぶ企画。詳細は(財)北海道環境財団HPの案内欄で。
・会 期 :2008年3月4日(火)〜29日(土)
・時 間 :10:00〜18:00(日曜・祝日休館)
・会 場 :札幌市・北海道環境サポートセンター
      (中央区北4西4伊藤・加藤ビル4F 地図
・主催・お問合せ:レイチェル・カーソン北海道の会(近藤)
    TEL&FAX 011-375-3454 E-mail kondou@dogi.co.jp 
※ 期間中の行事プログラム → 
 3月27日(木) 13:00〜17:45
  講演「レイチェル・カーソンの生涯と作品から学ぶ」 講師:近藤 務 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

北海道立文書館が特別上映・展示会「蘇る70年前の映像」@札幌

 2007年6月の全国植樹祭で来道された天皇陛下が、北海道に16弍撚茱侫ルム14巻を寄贈された。フィルムの内容は、昭和11年(1936年)の陸軍特別大演習と行幸に先立って北海道庁が制作して献上した「展覧映画」。この度、フィルムの修復とデジタル化の完了記念として、音声解説を加えたダイジェスト版を上映し、あわせてフィルム献上の背景と当時の北海道を振り返る資料展示を行う。北海道の歴史に関する文書資料を収集・保存している北海道立文書館(もんじょかん)(HP)の主催。3月27日(木)以降に、動画の無料配信とフィルム閲覧も予定(以上、右チラシより)。080327yomigaeru70nenmae
・会 期 :2008年3月27日(木)〜29日(土)
・時 間 : (上映は1日7回、各1時間)
   展示 9:00〜17:00
   上映 9:00、10:10、11:20、
      12:30、13:40、14:50、16:00
・会 場 :札幌市・北海道立文書館
      (中央区北3西6 道庁赤レンガ庁舎 1階5号会議室 地図
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 011-204-5200 
・参 考 :北海道新聞動画ニュース 映像で見る戦前北海道(1)「開墾」(2008/03/21) 

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2008年03月28日

異色の映像詩「眠り姫」上映と七里圭監督トーク@札幌

 山本直樹のコミックを、七里圭監督が映像化した「眠り姫」(公式HP)(2007年、80分)が、札幌シアターキノで3日間で劇場公開、最終28日(金)に七里 圭(しちり・けい)監督を迎えてトークを行う。ありふれた日常の中で、人間が抱く得体の知れない不安を見つめた異色の映像詩。つぐみ、西島秀俊、山本浩司が出演しているが、作品に人の姿はほとんど映らない。ヒロインが見ているであろう風景だけが映し出され、080328nemurihimeそこに会話が聞こえて来るという不思議な映画。ヒロインは、中学校の非常勤講師をしている女性。いくら寝ても寝不足の感じがする。繰り返し奇妙な夢を見る。やがて日常と幻想、現実と夢が交錯していく。詳細はシアターキノHPの案内欄で。
・会 期 :2008年3月26日(水)〜28日(金)
      3/28(金)、七里圭監督トークあり
・時 間 :21:10〜22:36
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :当日一般1,400円、シニア・高校生以下1,000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 
※ 別途3/29(土)ATTICで七里圭監督スペシャル上映会あり(記事) 続きを読む

bluebook at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

『新札幌市史』完結記念シンポジウム@札幌市

 札幌市が、『札幌市史』4部作(昭28〜33年)に続いて、昭和56年から編纂作業を続けてきた『新札幌市史』がついに完結。記念に、「史料からさぐる歴史」をテーマにシンポジウムを開催。山本博文東京大学史料編纂所教授による講演会と、「新札幌市史をどう継承するか」をテーマにしたパネルディスカッションを行う。080328sinsapporoshisi詳細は札幌市文化資料室HPの案内欄で。
・日 時 :2008年3月28日(金) 14:30〜17:30
・会 場 :札幌パークホテル(中央区南10西3 地図)3階エメラルド
・入場料 :無料(交流会のみ有料)
・申込方法:3月11日(火)から札幌市コールセンター
      電話、ファックス、Eメールでお申し込みを。
      TEL 011-222-4894、FAX 011-221-4894、
      Eメール info4894@city.sapporo.jp
・定 員 :先着250名
・お問合せ:札幌市総務局行政部文化資料室 TEL 011-521-0205 続きを読む

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

さっぽろキャンドルナイト2008 ミーティング@札幌

 毎年、夏至の夜は「電気を消して、スローな夜を」を合言葉に、全国各地でキャンドルナイトの取組みが広がっている。札幌でも3年前から「さっぽろキャンドルナイト」(公式HP)が始まり、今年も観光名所での消灯を呼びかける他、市内の喫茶店やホテルの参加協力を得てコンサートやキャンドルナイトレストラン等を行う。今年の夏至は6月21日(土)。実行委員会では、今年も沢山のステキなキャンドルナイトの発信に向け、まずは、キャンドルナイトに関心のある皆さんと一緒に、今年の開催について色々話し合う。初参加の方も歓迎。詳細は同実行委員長のブログ案内記事で。右画像は昨年のチラシ。
・日 時 :2008年3月28日(金) 13:30〜15:00
・会 場 :札幌市・北海道環境サポートセンター
      (中央区北4西4伊藤・加藤ビル4F 地図
・対 象 :キャンドルナイトに関心がある方なら誰でもOK
      初参加の方、大歓迎とのこと。
・申込方法:2008年3月27日(木)までにFAXまたはメールで
・お申込み・お問合せ → 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「分子のかたち展−サイエンス×アート」作品募集@札幌

 北大総合博物館では、2008年夏に企画展「分子のかたち展−サイエンス×アート」(2008/07/15〜09/28)を開催予定。現在、作品を制作するアーティストを募集中。音楽・絵画や、ディジタルメディアやグラフィックデザイン、インスタレーションなど様々な分野のアーティストの参加を呼びかけている。参加アーティストは制作に先立ち、分子を研究する科学者とアーティストのワークショップ(4月18日から毎週金曜18:00、各1〜2時間程度、全6回)に参加し、自身の内部に生まれた分子に対するインスピレーションから1〜数点の作品を制作。作品は会期中、同総合博物館や札幌市内のATTICほか数カ所で展示される。また同博物館ショップで販売される可能性も。
 現在、第1次募集は締め切られ、第2次募集中。詳細は同博物館HPの案内欄で確認を。
・第1次募集締切:2008年2月15日(金) 終了
・第2次募集締切:2008年3月28日(金) 
・主催・お問合せ:北海道大学総合博物館 TEL 011-706-4731  

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2008年03月27日

★森山開次新作ソロ「The Velvet Suite」公演@札幌市

 「NHKからだであそぼ」ほか国内外の舞台で活躍するダンサーの森山開次(公式HP)さん待望の新作舞台。ヴェネチア・ビエンナーレ2007ダンス部門「BODY&EROS」正式招聘作品の「ベルベット スィート」が全国ツアーで札幌でも上演される。ヴェネチアビエンナーレでの初演の模様はTV番組「情熱大陸」でも放送され大反響を呼んだ。音楽は笠松泰洋、ヴァイオリンは室屋光一郎。070327moriyamakaiji詳細は札幌市教育文化会館HPで。
・日 時 :2008年3月27日(木) 19:00開場、19:30開演
・会 場 :札幌市教育文化会館(中央区北1西13) 小ホール
・入場料 :全席指定。前売 一般4,500円、当日5,000円 
  教文・4プラ・大丸・道新各プレイガイド、チケットぴあ、ローソンチケットで
  1月12日(土)発売開始 前売券 完売(03/12追記)
・お問合せ:オフィスティンブル TEL 011-633-1271
      (月〜金10:00〜18:00)
・参 考 :TV番組「情熱大陸」HPの森山さんの放送案内欄 続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 演劇・ダンス 

映像情報メディア学会支部講習会「洞爺湖サミットについて考える」@札幌

 映像情報メディア学会北海道支部が、月刊ニューメディア発行人の天野昭さんや、北大の長谷山美紀教授を招き、情報とメディアの最前線について考えるセミナーを開催する。詳細は、さっぽろ産業ポータル案内記事で。
・タイトル:映像情報メディア学会支部講習会
      「洞爺湖サミットについて考える」〜北海道が取るべきコンテクスト戦略とは〜
・日 時 :2008年3月27日(木) 13:30〜17:00
・会 場 :札幌国際ビル8F 国際ホール
      (中央区北4条西4丁目1 さっぽろ地下街直結)
・定 員 :120名
・参加料 :無料 
※ 当日のプログラム、お申込方法 → 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

北海道立文書館が昭和戦前期の北海道映画フィルムを公開、無料で動画配信@札幌

 2007年6月の全国植樹祭で来道された天皇陛下が、北海道に16弍撚茱侫ルム14巻を寄贈された。フィルムの内容は、昭和11年(1936年)の陸軍特別大演習と行幸に先立って北海道庁が制作して献上した「天覧映画」。この度、フィルムの修復とデジタル化の完了記念として、2008年3月27日〜29日の特別上映(記事、右画チラシ)を皮切りに、北海道立文書館(もんじょかん)(HP)で一般公開が始まった。080327yomigaeru70nenmae3月27日(木)より同館閲覧室のテレビ画面で全編(無声/3時間10分)を見られるほか、同館HPの特設欄で、短く編集したダイジェスト版(音声解説付き/56分)を無料で動画配信している。詳細は同館HPの案内欄で。
・公開開始:2008年3月27日(木) より公開中  
・時 間 :8:45〜17:00  日祝と毎月第3木曜休館
・会 場 :札幌市・北海道立文書館
      (中央区北3西6 道庁赤レンガ庁舎 1階5号会議室 地図
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 011-204-5200  続きを読む

bluebook at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2008年03月26日

NMA history DVD上映会〜NMAライブで活躍したアーティストたち Vol.2@札幌

 〜NMAライブで活躍したアーティストたち〜  vol.2(1987年)
 NMA(ナウ ミュージック アーツ)(沼山良明氏主宰)は、1983年の発足以来、大友良英、宝示戸亮二、ドラびでお(参考記事)など、時代と独自に渡り合う個性豊かなアーチスト達のライブを企画制作している。NMAの発足以来25年間137回のライブ映像のダイジェスト版と、その中から数本をシリーズで上映する企画の第2弾。1983年〜1986年を紹介した第1弾(2008/02/22)に続き、今回は1987年のライブ映像を沼山さんの解説付きで紹介。080326NMA02加古隆さんや白石かずこ氏の詩の朗読の映像も。詳細はNMAのサイトの案内欄で。
・日 時 :2008年3月26日(金) 19:00 〜 22:00
・会 場 :札幌・スペースATTIC
      (中央区南3西6長栄ビル4F TEL 011-676-6886)
・会 費 :1,300円
・お問合せ:NMA TEL & FAX 011-742-3458 
※ 今回の主な出演アーティスト(上映内容)他 → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

パリそぞろ歩き〜ポスターと絵画による仮想ツアー@帯広市

 19世紀末から20世紀前半、パリの街角を飾った商品やイベントを宣伝するカラフルな石版画ポスターの数々。080208Parissozoro道立帯広美術館が所蔵するポスター作品により、古き良き時代のパリを散策する気分を味わってもらう試み。あわせてバルビゾン派の絵画も展示。詳細は同館公式HPの案内欄で。
・会 期 :2008年2月8日(金)〜3月26日(水) 月曜休館
・時 間 :9:30〜17:00(入場は16:30まで)
・会 場 :帯広市・北海道立帯広美術館(緑ヶ丘2番地緑ヶ丘公園 地図)
・入場料 :( )内は前売、リピーター、および団体料金
  一般450(350)円、高大生250(200)円。
  中学生以下&65歳以上&身障者手帳をお持ちの方は無料。
・主 催 :同美術館 TEL 0155-22-6963 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2008年03月25日

「童貞。をプロデュース」の松江哲明監督が来札@札幌

 「童貞。をプロデュース」(公式HP)を上映。2007年、日本、松江哲明監督。出演は、加賀賢三(童貞1号)、梅澤嘉朗(童貞2号)。「笑ってはいけない。今や「童貞問題」は若者たちにとって深刻な社会問題ともなっているのだ。「引きこもり」「ニート」「オタク」・・・すべては密接にリンケージし、彼らはもう「恋愛」すらまっとうに体験することができないのである。このままでは日本が危ない! これは、一歩間違えれば自分も「引きこもりのオタク」になっていたかもしれない松江哲明監督が、自らの暗い過去を棚に上げて、どうしようもない若者たちを叱咤し、おせっかいにも「童貞脱出への道」をプロデュースしてみせた、080322douteiwo愛と勇気のドキュメンタリーである」(シアターキノHPの案内欄より)
・会 期 :2008年3月22日(土)〜25日(火) 
      3/23(日)は松江哲明監督のご挨拶あり
・時 間 :21:10〜22:35 1回上映
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :当日料金1400円(日曜は1000)、シニア高校以下1000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 

bluebook at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

版画シリーズ5人展@札幌

 ギャラリー山の手(1990年11月開設)では、約3週間毎に企画展を開催。今回は、同ギャラリーが所蔵している5人の作家、池田満寿夫加納光於(かのう・みつお)、駒井哲郎(こまい・てつろう)、矢崎勝美渡辺伊八郎080304hanba5nin版画を展示。長年独自の宇宙観を展開している矢崎氏、一貫して抽象絵画を追求している渡辺氏はともに札幌の作家。余談だが、筆者は埴谷雄高『闇の中の黒い馬』特装本(1971年、河出書房新社刊)の挿絵で知って以来、駒井哲郎(1920-1976年)の銅版画世界に魅了され続けている。展示の詳細は同ギャラリーHPの案内欄で。
・会 期 :2008年3月4日(火)〜25日(火) 日祝休み
・時 間 :10:00〜17:00
・会 場 :札幌市・ギャラリー山の手(西区山の手7条6丁目4-25 地図)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-614-2918 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

五十嵐威暢さんの新刊『あそぶ、つくる、くらす―デザイナーを辞めて彫刻家になった』

 滝川市出身で、デザイナーから彫刻家に転身した五十嵐 威暢(いがらし・たけのぶ)さんの初の著書『あそぶ、つくる、くらす―デザイナーを辞めて彫刻家になった』書籍情報=が、この3月に刊行される。グラフィックデザイナーから転身し、50歳より彫刻家として活動を始めた五十嵐氏が、自然豊かな葉山近郊のアトリエでの制作風景をはじめ、ものづくりに対して根幹を見つめ直したという現在の思いを紹介。あそぶこと、つくること、くらすことが一体になった世界の中で、自らの手でものをつくり出すこと、080325igarashibook身体全体を使った制作の楽しさなど、ものづくりの素晴らしさを伝える一冊。
【書籍紹介】 
・タイトル:『あそぶ、つくる、くらす―デザイナーを辞めて彫刻家になった』
・著 者 :五十嵐威暢
・出 版 :螢薀肇襯
・体 裁 :A5正寸/カラー96ページ
・価 格 :税込2,310円
・発売日 :2008年3月25日(火) 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2008年03月24日

「ndjc若手映像作家育成プロジェクト2007」 合評上映会 @札幌

 映像産業振興機構[VIPO]文化庁からの委嘱をうけ2006年からスタートした「ndjc 若手映画作家育成プロジェクト」。2年目の「ndjc2007」制作実習参加した気鋭の若手監督5人の短編作品が完成。一般披露に先駆けて札幌・東京・大阪・福岡の4都市で合同上映会を開催、各地の参加モニターを募集する。札幌開催の詳細はVIPOサイトの案内欄で。
【札幌の合同上映会 開催概要】
・日 時 : 2008年3月24日(月) 18:30開場、18:40〜21:30予定
・会 場 : ユナイテッド・シネマ札幌 (中央区北1東4 サッポロファクトリー1条館)
【モニター募集 概要】 モニターの方へのお願い 
  ・当日配布する用紙に各作品の講評の記入をお願いします。
  ・原則として、5作品全てを鑑賞願います。
  ・事前に、同ホームページをご覧の上、ご来場下さい。
・応募方法(官製ハガキで3月17日(月)必着)、上映作品など → 続きを読む

bluebook at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2008年03月23日

チープ広石さんのドキュメンタリー映画「SAME OLD STORY」上映@札幌

 札幌・FMアップルの音楽紹介番組DiscoveryMusic.JPのナビゲーターとしても活躍するミュージシャン(サックスプレイヤー)のチープ広石さん(HP)のドキュメンタリー映像「SAME OLD STORY 〜20年目の訪問者〜」が完成、札幌と東京で上映会が行われる。「新しい過去との開会。これは、あるサックスプレイヤーを通じて、20年という歳月の意味を追ったドキュメンタリー映像。『いま』という瞬間は、すぐに過去へと変わり、『未来』は、過去から生まれる−。私たちと同じ物語の始まり」(右DMハガキより)。080319SOS札幌では円山裏参道のダイニングバー「エイジアンブルー」で上映。参加希望の方は事前予約を。
・日 時 :2008年3月19日(水) 22:00(予約制)
      2008年3月23日(日) 15:00(予約制)
・会 場 :札幌・エイジアンブルー (TEL 011-623-0666)
      (中央区南1条西24丁目1-10 ザ・ヴィンテージ24ビルB1 地図
・入場料 :1,500円(1ドリンク付き) 
・予 約 :同作品の特設欄のフォームから

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

滝川映画サークル「恋するトマト」映画と講演の夕べ@滝川市

 滝川映画サークルの2008年3月の上映会は、農家の嫁不足と後継者問題を背景に、日本の中年男性とフィリピン人女性が二つの土地を結んで恋を紡いでいくラブストーリー「恋するトマト クマインカナバー」(公式HP)(南部英夫監督、2005年制作、126分)を上映。俳優の大地 康雄さん(公式HP)企画・脚本・製作総指揮を手がけ自ら主演。原作は、作家の小檜山 博さんの小説「スコール」。詳細は同サークルの上映記事で。
・日 時 :2008年3月23日(日) 上映2回、講演1回
      上 映 13:00、17:00
      講 演 15:30 
         「ものがたりの可能性」、安田義明(國學院短期大学教授)
・会 場 :滝川市・たきかわホール(滝川駅前再開発ビル3F)
・入場料 :会員以外も参加OK。
      前売で一般・大学1,400円、中高生1,200円(当日各200円増し)
・お問合せ:滝川映画サークル TEL 0125-22−5778(谷本)、24-7286(河野) 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

木村環作品展“Perfume Garden”@札幌

 鉛筆による細密画で次々と新作を発表している札幌在住の美術作家木村 環さん(HP)の鉛筆画の作品展。季刊「札幌人」のエッセイ&イラスト連載でもおなじみ。080318kimuratamaki無垢と不条理とアイロニーが絶妙に拮抗するファンタジー世界を展開。今回は、鉛筆画の新作で小品約20点を展示予定=右画像は今回展のDM=。昨年12月の「木村環×藤谷康晴 作品展−乱−」の図録(A4二つ折8頁、500円)を同会場で販売予定。詳細は作家HPのinfo欄で。
・会 期 :2008年3月18日(火)〜23日(日)
・時 間 :11:00〜19:00(最終日23日は17:00まで)
・会 場 :札幌・ギャラリーユリイカ(中央区南3西1和田ビル 2F 地図
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-222-4788  続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

後藤純男喜寿祈念展 〜静寂と荘厳の美〜@旭川市

 北海道の雄大な自然と向き合い、悠久の中国と対話し、観るものに凛とした静謐な画境を語りかける、現代日本画を代表する後藤純男(1930年千葉県生まれ)の幽玄な世界を紹介。代表作「旭光富士」(1998年制作)=後藤純男美術館HPの作品紹介欄=など26点を展示。詳細は旭川西武HPの案内欄で。
・会 期 :2008年3月12日(水)〜23日(日)
・時 間 :10:00〜19:00(入場は18:30、最終日は17:00まで)
・会 場 :旭川市・旭川西武 A館8階=特設会場
      (一条通8丁目右1号 TEL 0166-27-3400)
・入場料 :一般500円(300円)、高大生300円(100円)
      中学生以下無料 ()はクラブ・オンメンバー価格
・主 催 :北海道新聞旭川支社
・協 力 :後藤純男美術館 http://www.gotosumiomuseum.com/ 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

沢田千香子写真展 「カラクル」@札幌

 小樽市在住の沢田 千香子さんの写真個展。「日頃から、シュールな感覚や、導くような場所が好きで、ライフワークとして、フィギアやブリキのおもちゃ等を小樽の街のどこかに配し、写真を撮ってきました。ファインダーの中で、現実と仮想の世界の狭間を組み立て、造りだしたもの。あるいは実際に存在するものでありながら創造物のように錯覚するもの。少しの次元の“ズレ"の中に、こういうもの達が存在している気がしてなりません」という。個展タイトルの「カラクル」は、2007年の「FIX!MIX!MAX!アワード」記事)の入選作で、「からくり」と「おたる」からの造語。「ユーモアとペーソス」をテーマに、今回はこれまでの集大成的な展示を予定。080316sawadatikako会場の天井の高さを活かし、大作の展示も。札幌では初の個展。
・会 期 :2008年3月16日(日)〜23日(日)
・時 間 :10:00〜19:00(最終日〜17:00)
・会 場 :札幌市・ギャラリーエッセ (JR札幌駅より徒歩2分)
     (北区北9条西3丁目9-1 ル・ノール北9条1F) 
・入場無料
・お問合せ:ギャラリーエッセ TEL 011-708-0606 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

「ひめゆり学徒隊」生存者達が証言する長編ドキュメンタリー「ひめゆり」上映@函館市

 太平洋戦争末期の沖縄戦で多くの犠牲者を出した「ひめゆり学徒隊」の生存者22名の証言で綴る映画「ひめゆり」(公式HP)が、函館で自主上映される。沖縄のひめゆり平和祈念資料館のリニューアルの総合プロデューサー・コーディネーターを勤めた柴田昌平監督が13年かけて製作したドキュメンタリー。2006年、130分。戦場動員から看護活動、070915himeyuri米軍が包囲する戦場に軍の解散命令によって投げ出された当時の状況を、生存者が振り返る。地元ボランティアの協力により聴覚障害者のための字幕あり。
・日 時 :2008年3月23日(日) 10:00、 13:00
・会 場 :函館市・函館市亀田福祉センター講堂
      (美原1丁目26番12号 TEL 0138-42-7023 )
・入場料 :一般 前売1000円、当日1200円。中高生 前売当日とも500円
・お問合せ:映画「ひめゆり」上映 函館実行委員会
      TEL/FAX: 0138-65-0985 (板谷 方) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

吉村作治の早大エジプト発掘40年展 @札幌

 吉村 作治(公式HP)客員教授が率いる早稲田大学古代エジプト調査隊080219yoshimurasakuji活動40年を記念し、これまで同隊が発掘した250点あまりを一挙公開する。詳細は同美術館HPの案内欄と、主催のHBCの特設欄ほかで。
・会 期 :2008年2月19日(火)〜3月23日(日)
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館
      (中央区北1西17 地図 TEL 011-612-7000)
・観覧料 :前売 一般1,100円、高大生700円、小中生300円
      当日 一般1,300円、高大生900円、小中生500円
・お問合せ:HBC北海道放送企画事業局 TEL 011-232-5826 
※ 吉村作治さんトークショー(2月19日と3月8日、同館講堂) 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

企画展 探求者の魂―山田昭夫の書斎から@札幌

 札幌を拠点に活躍した近代文学研究者・文芸評論家の山田昭夫(1928〜2004年)氏の足跡を、遺族から寄贈された資料から精選した品々で辿る。詳細は同館HPの案内欄で。080216yamadaakio
・会 期 :2008年2月16日(土)〜3月23日(日)
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで) 月曜休館
・会 場 : 札幌・北海道立文学館 特別展示室
      (中央区中島公園1-4 地図 TEL 011- 511-7655)
・入場料 :観覧料一般400(320)円、高大生200(150)円、
      小中生・65歳以上無料
      ()は10名以上の団体料金
・お問合せ:同館 TEL 011- 511-7655 
・主 催 :北海道立文学館、財団法人北海道文学館 
※ 文芸セミナー(2/23開催)ほか → 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 

★祝・ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2008 開催@夕張市

 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2008が、今年は3月19日(水)〜23日(日)に開催される。2月5日(火)、上映作品ほかが発表になった。今年のテーマは「共に育む」。「僕の彼女はサイボーグ」(クァク・ジョヨン監督)や「砂時計」(佐藤信介監督)など劇場未公開作を含む約50作品を上映、期間中は犬童一心監督はじめ映画監督や審査員など100人以上の関係者が来場予定。
 同映画祭は、1990年から毎年開催されてきたが、2007年は夕張市の財政破綻に伴い中止された。映画祭の継続を願う市民らが「NPO法人ゆうばりファンタ」(澤田直矢代表)を設立、実行委員会との共催で復活開催する。080319yuubari2008詳細は、同映画祭公式HP公式ブログで。
【映画祭開催概要】
・会 期 :2008年3月19日(水)〜23日(日)
・会 場 :夕張市・ ゆうばり市民会館、シネサロン、
      夕張商工会議所ほか 市内会場
・上映作品:同映画祭HPのFILM欄
・入場料 :同映画祭HPのチケット情報欄 2月15日(金)発売開始
・お問合せ:同映画祭事務局 TEL 0123-53-2637 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(1)TrackBack(3) 映画 

旧夕張市民会館の新しい名称は「ゆうばり市民会館」に@夕張市

 「旧夕張市民会館」の新名称が「ゆうばり市民会館」と決定した。2008年1月29日(火)に運営委員会が開かれ、応募総数31点より選出されたもの。同館は、夕張市の財政破綻で2007年3月末で閉鎖されたが、再生を願う市民有志らの努力で2007年11月24日に正式に再オープン。「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」(2008/03/19〜23)を開催するNPO法人ゆうばりファンタが夕張市と貸借契約を結んで運営にあたっており、同映画祭のメイン会場としても使われる予定。詳細は運営のNPO法人ゆうばりファンタHPの案内記事で。同館のご利用のお問合せは下記の通り。
【施設の概要】
・新名称 :ゆうばり市民会館
・運 営 :NPO法人ゆうばりファンタ ゆうばり市民会館運営委員会
・住 所 :〒068-0403 夕張市本町4丁目
・お問合せ:TEL 0123-52-0777 FAX:0123-53-2633
      e-mail:npo@yubari.sakura.ne.jp (受付は月〜金曜、9:00〜17:00 )
・備 考 :夕張市の公式ホームページ http://www.city.yubari.hokkaido.jp/
  札幌のコミュニケーションテレコムが夕張市支援のため無償で全面リニューアル(2008/01/25) 


bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホール・施設 

2008年03月22日

港千尋さん×岡部昌生さん美術講演会@札幌

 「―第52回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展から―わたしたちの過去に、未来はあるのか」
 2007年に開催された第52回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示作家として岡部昌生氏を推薦し、コミッショナーを務めた写真家でもある港 千尋(みなと・ちひろ)氏(写真家・批評家)と、都市を記憶する版としてフロッタージュすることで作品化する岡部 昌生氏(美術家、札幌大谷大教授)を招き、講演会およびトーク・セッションを開催。当日はそれぞれのトークと、080322okabeminato01会場参加者とのディスカッション、お二人の対談で構成。詳細は同美術館HPの案内欄案内チラシ(PDF)で。
・日 時 :2008年3月22日(土) 14:00〜16:30
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館(中央区北1西17 地図) 講堂
・入場料 :無料
・主 催 :北海道立近代美術館、札幌大谷大学
・お問合せ:同館 TEL 011-644-6881
※ 当日のプログラムほか → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

三池炭鉱のドキュメンタリー「三池 終わらない炭鉱の物語」上映@三笠市

 かつて日本最大の規模を誇り、1997年に閉山した九州の三池炭鉱。その歴史を今を伝えるドキュメンタリー映画『三池 終わらない炭鉱の物語』(公式HP)が、北海道の炭鉱のマチだった三笠市で上映される。炭鉱の歴史遺産を地域の発展に役立てようと、1999年11月、空知支庁の炭鉱の記憶再生事業を契機に結成された市民グループ、みかさ炭鉱の記憶再生塾(HP)071124miike主催で上映が実現。上映当日は熊谷博子監督が来場、講演も行う。2005年、103分、配給シグロ。詳細は北海道遺産HPの案内欄で。
・日 時 :2008年3月22日(土) 13:30開演
・会 場 :三笠市市民会館(TEL 01267-2-3149)
・入場料 :1,000円
・交 通 :札幌−三笠市市民会館まで中央バスが運行 チラシ(PDF36KB)
      (往復、映画代込みで3,000円)
・お問合せ:事務局 TEL 01267-2-3795(伊佐屋ギャラリー内続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「二人日和」上映会+主演の藤村志保さん舞台挨拶@札幌市

 古都・京都の町家を舞台に、夫婦の愛を繊細に綴る珠玉のラブ・ストーリー「二人日和(ふたりびより)(公式HP)=DVD情報=を上映。野村恵一監督。出演は藤村志保、栗塚旭、賀集利樹ほか。2005年、日本、111分。2回上映で、ともに主演の藤村志保さん舞台挨拶あり。詳細は事務局の札幌映画サークルHPのお知らせ欄で。
・日 時 :2008年3月22日(土) 2回上映 開場各20分前
     13:30上映、15:25舞台挨拶
     18:00舞台挨拶、18:30上映
・会 場 :札幌市・共済ホール(中央区北4西1 参考
・入場料 :一 般  前売1,000円 (当日1,500円)
      小中高生 1,000円(当日のみ)。シニア 1,000円 (当日のみ)
      “Web限定のEクーポン”を印刷・持参すると前売料金で入場可 
・主 催 :「二人日和」をみる会
・事務局 :札幌映画サークル TEL & FAX 011-747-7314 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「地域映像コンテンツ創造セミナーinゆうばり」参加者募集@夕張市

 “地域映像コンテンツ創作環境の向上”をめざし、経済産業省財団法人日本映像国際振興協会(ユニジャパン)が、各地のフィルムコミッション(略称:FC)と協力してセミナーを開いており、今回は夕張市でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2008(2008/03/19〜23)との併催で開催する。地方での映画づくりをより身近に感じてもらえる場として、沖縄や札幌、韓国の映像関係者・監督ほかを招き、セミナーを行う。「地方での映画製作の仕組みに興味がある方、映画づくりにどのような形でもいいので参加してみたいと思われる方など、お気軽にご参加を」とのこと。詳細は、事務局のさっぽろフィルムコミッション案内欄で確認を。080322eizousemiyuubari
・年月日 :2008年3月22日(土) 13:00〜16:30
・時 間 :
  セミナー1 13:00〜14:30 
   「映画製作における地域コミュニティの果たす役割 
     〜頑張れ!ゆうばりの映画を使ったまちおこし〜」
  セミナー2 15:00〜16:30
   「ワールドプレミア上映&セミナー『From HOKKAIDO to HOKKAIDO』
     〜道内監督が撮った北海道、韓国人監督が撮った北海道〜」 
・会 場 :夕張市 ホテルシューパロ(本町2-216 TEL 0123-52-2400) 錦水の間     
・募集人数:各セミナー先着100名 (定員になり次第締切、2講座通しての参加も歓迎) 
・締 切 :2007年3月17日(月) 
・お申込み:さっぽろフィルムコミッション TEL 011-211-3676
・交 通 :無料送迎バスあり(札幌フィルムコミッションの案内欄
※ 当日プログラム → 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(1)TrackBack(1) 映画 

香山リカさん講演会「不登校・NEET・引きこもり 親にできることできないこと」@札幌

 札幌市青少年センター主催の若者自立支援保護者向けセミナーで、精神科医の香山リカ氏(帝塚山学院大学人間文化部人間学科教授)が、若者が自立していくための親の役割について「不登校・NEET・引きこもり、親にできることできないこと」と題する基調講演を行う。講演後は、公開悩み相談(事前にファックスで受付)を実施、香山氏がアドバイスする。080322kayamarika詳細は北海道若者サポートステーション案内欄で。
・日 時 :2008年3月22日(土) 9:30開場、10:00〜11:40
・会 場 :札幌市生涯学習センター ちえりあホール
      (西区宮の沢1条1丁目 地図
・料 金 :無料
・定 員 :350人(先着順)
・締 切 :2008年3月18日(火)
・お問合せ:TEL 011-241-8439(レッツ中央・北海道若者サポートステーション
※ お申込み方法 → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2008年03月20日

自作に自ら活弁をつけて上映する「山田広野の活弁天国 in 札幌」 @札幌

 自作の映画に自ら活弁をつけながら上映するというユニークなスタイルの、自作自演活弁監督山田広野(やまだ・ひろの)氏の札幌では3年ぶりの上映会が開催される。前回は、大人の笑いとパロディー満載の映像を、独自の活弁で見せてくれた。080320yamadahirono今回は札幌未公開の作品を披露予定とのこと。詳細は山田監督HPの案内欄で。
・日 時 :2008年3月20日(木・祝) 18:30開場、19:00開演
・会 場 :札幌・シネマカフェ
      (中央区南2西2 富樫ビル 地下1F TEL 011-271-0705)
・入場料 :前売1,500円、当日2,000円。別途ドリンク注文を。
      全席自由、4プラプレイガイドで発売中。
・お問合せ: メール katuben@mail.goo.ne.jp(同実行委員会)
・参 考 :山田広野公式サイト「活弁天国」 http://katsuben.net/
・前回の上映:山田広野 新作活弁発表会(2005/05/13、札幌、記事

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

ドキュメンタリー映画「神の子たち」上映会@室蘭市

 フィリピンのゴミ捨て場で働く子ども達の過酷な生活を追ったドキュメンタリー「神の子たち」(公式HP)DVD情報=を上映。四ノ宮浩(しのみや・ひろし)監督。2001年、105分。前作「忘れられた子供たち―スカベンジャー」(1995年)=DVD情報=で舞台となったマニラ市郊外の巨大なゴミ捨て場”スモーキーマウンテン“が、1995年11月にフィリピン政府により強制撤去された。ここでゴミを生活の糧としていた人々の一部は、マニラから約20km離れたゴミ捨て場へと移り住むが、崩落事故が発生。この事故が原因で、政府によりゴミの搬入が中止された。ゴミ捨て場に住む人々はゴミ搬入が再開されるまでの4ヵ月間、生活の糧を失う。ゴミ処理場という悲惨な環境の中でも、希望を失わず生きる人たちの命の輝きを描く。2002年ベルリン国際映画祭正式招待ほか。
・日 時 :2008年3月20日(木・祝) 12:00開場、13:00開演
・会 場 :室蘭市・蓬莱殿
     (宮の森町1-1 地図 TEL0143-44-3338)
・入場料 :300円
・お問合せ:国崎 TEL 0143-85-3848
・参 考 :四之宮監督の(有)オフィスフォープロダクション 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2008年03月19日

BSアニメ夜話第10弾放送決定@NHKテレビBS2

 NHKの「BSアニメ夜話」(HP)は、毎回1本のアニメ作品を選んで、多彩な参加者達が徹底的に語り合う番組。第10弾の放送予定が発表された。今回とりあげる作品は次のとおり。詳細は同番組HPの案内欄で。
・日 時 :2008年3月17日(月)〜19日(水) 各日深夜24:00〜24:55
・番 組 :NHKテレビ BS 2
【放送予定】 BSアニメ夜話第10弾
  3月17日(月) 「今日からマ王」DVD情報=(監督:西村純二) NHK公式HP
  3月18日(火) 「トップをねらえ!」DVD情報=(監督:庵野秀明)
          (参考:GAINAXのHPの紹介欄
  3月19日(水) 「伝説巨神イデオン」DVD情報=(監督:富野喜幸)
         (参考: ファンサイト
・前回放送:BSアニメ夜話 第9弾(2007/09/25〜27、記事

bluebook at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

中垣哲也さんのスライド&トークショー「オーロラダンス」@札幌

 オーロラ写真の第一人者として知られる札幌在住の中垣 哲也さん(公式HP)のスライド企画で札幌エルプラザ定期開催の第4弾。空いっぱいに広がる光のショー、ゆれる色彩のヴェールなど、アラスカの自然やオーロラの最新映像を用意。中垣さんは、2006年に札幌富士フォトサロンの個展で080222AuroraDance歴代2位の動員数を記録。2007年3月末に札医大放射線技師の職を辞してプロ写真家として独立、現在は全国各地でスライドショーを開催している。地球温暖化最前線のアラスカの映像も。
・日 時 :2008年3月19日(水) 19:00〜21:00
・会 場 :札幌市・札幌エルプラザ(北区北8西3) 2F環境研修室
・料 金 :2,000円 当日会場でお支払いを。
      予約の方にはオーロラポストカード4枚を進呈
・お問合せ:arigatou@aurora-dance.com 中垣 TEL 090-6214-7546 
 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

創造都市セミナー 「マンガが創る都市ブランドと産業」@札幌

 〜目指せ、マンガ産業都市・さっぽろ!!〜
 マンガという地域資源を産業と都市創造にむすびつけるにはどのようにすればよいのか? マンガ産業都市・さっぽろを目指すセミナーが開催される。当日は、メジャーのレコード会社でアーティストの発掘・育成等を長年手がけた経験を元に、コンテンツ産業の立地行動、都市構造との関係などを研究している増淵敏之氏(法政大学大学院客員教授)の講演、そして増渕氏と地元作家やメディア関係者等によるパネルディスカッションの2部構成。詳細は、札幌のクリエイティブを応援するポータルサイトCROSSING案内欄で。
・日 時 :2008年3月19日(水) 18:00〜20:00(終了後交流会)
・会 場 :札幌市・ユビキタス協創広場 U−cala(ユーカラ)(地図
      (中央区大通東3丁目−1 内田洋行北海道支社1階)
      ※地下鉄東西線「バスセンター前」駅A5出口
・入場料 :参加無料
・定 員 : 50名、先着順
・対 象 : クリエイター/学生/行政・企業関係者/メディア関係者
・主 催 : 札幌マンガ研究会
・共 催 : 財団法人さっぽろ産業振興財団Intercross Creative Center)、 後 援 :札幌市
※ 申込方法、当日プログラム → 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他