2008年07月

2008年07月31日

BSアニメ夜話 第11弾「とことんルパン三世」放送@NHKテレビBS2

 NHKの「BSアニメ夜話」(HP)は、毎回1本のアニメ作品を選んで、多彩な参加者達が徹底的に語り合うシリーズ番組。 第11弾の今回は、海外でも人気の高い「ルパン三世」のテレビシリーズを4日間、約17時間にわたって放送とりあげる。神出鬼没の怪盗“ルパン三世”が、早撃ちガンマン次元大介、十三代目石川五ェ門とともに、奪取不可能といわれるお宝に挑む冒険活劇で、1971年にモンキー・パンチ原作のマンガをテレビアニメ化された。「ルパン三世」の原点となるテレビ第一シリーズ全23話を一挙に放送。さらに、第二、第三シリーズ全205話の中から、視聴者の人気投票で選ぶ上位作品を放送。また、芸能人、文化人など各界の熱狂的なファンをスタジオに招くオープニング特集。アニメ「ルパン三世」の魅力について語り合う「アニメ夜話」。ルパン三世誕生の裏側に迫るドキュメント番組。そして最終日には、視聴者からのメッセージを紹介しながら進行する生放送。幅広い世代にわたる人気の秘密を探る企画。詳細は同番組HPの案内欄で。
・日 時 :2008年7月28日(月)〜31日(木)
      28日(月) 20:00〜24:00
      29日(火) 20:00〜24:00
      30日(水) 20:00〜24:15
      31日(木) 20:30〜25:00
・番 組 :NHKテレビ BS 2

bluebook at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

スターティング・フロム・スクラッチ in ロッテルダム@札幌

 今年のロッテルダム国際映画祭で上映された、日本の実験的な8ミリ・16ミリ映画21作品を上映。デジタルでは表現出来ないフィルムメディアの魅力を楽しんで。札幌在住の大島慶太郎監督の作品や、080731Rotterudam札幌出身の映像作家、水由 章氏(螢潺好肇薀襯献礇僖代表)の作品上映も。上映終了後に、水由 章氏によるトーク、交流会あり。詳細はATTICのサイトの案内欄チラシ(裏面、PDF)で。
・日 時 :2008年7月31日(木) 19:00開演 
・会 場 :札幌・スペースATTIC
      (中央区南3西6長栄ビル4F TEL 011-676-6886)
・入場料 :1,200円、キノ会員・シニア・高校生以下1,000円
・主 催 :シアターキノ螢潺好肇薀襯献礇僖
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 
・参 考 :フィルム文化を存続させる会の同プログラム東京上映記事(2008/04/04) 
※ 上映プログラム → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

札幌市立大学第14回産学連携講座「創造する音楽の前線」@札幌

 価値創造経済へのロードマップ 第14回のご案内
 「創造する音楽の前線」 〜SUTEKH from San Francisco〜
 札幌市立大学が開催する産学連携公開講座の第14回目。今回は、電子楽器の登場によって大きな変化を遂げている音楽の創造の現場について、最先端のパフォーマーの講演、作曲家、DJ,メディアアーティスト、ウェブ・ネットワーク研究者等のシンポジウムの2部構成で紹介。詳細は同産学連携講座HP案内欄で。
【プログラム】080731sankangaku14
 第1部 特別レクチャー 「エレクトロニカの革新」
  講師=SUTEKH(スーテック、サンフランシスコ在住)
 第2部 パネルディスカッション 「電子音楽の現在}
  DJ TOBY、 作曲家・浦尾 画三、Sound Media Artist 大黒 淳一 
  札幌市立大学デザイン学部助手 須之内 元洋 、※司会・武邑光裕
・日 時 :2008年7月31日(木) 18:30〜20:00
・会 場 :札幌・札幌市立大学サテライトキャンパス
      (中央区北3条西4丁目日本生命札幌ビル5階 地図)
・定 員 :70名。
・入場料 :無料
・申込方法:同HPの申込欄で。  続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

ドキュメンタリー映画「地球のステージ ありがとうの物語」上映+監督のトーク@札幌

 山形市の精神科医、桑山紀彦さん(NPO法人「地球のステージ」代表理事・作詞作曲家・歌手)が、難民キャンプや紛争被災地の子供達の現状を捉えたドキュメンタリー映画「地球のステージ・ありがとうの物語」(HP)を上映。カラー、HDサイズ、100分、日本。2回上映で、ともに上映後に佐藤威一郎監督のトークあり。080731arigatou02詳細は札幌映画サークルHPの案内欄で(このページを印刷して持参すると前売料金で鑑賞出来る)。
・日 時 :2008年7月31日(木) 2回上映
・時 間 :13:30〜15:10、18:30〜20:10(30分前開場)
・会 場 :札幌市・札幌市男女共同参画センター(北区北8西3) 3F ホール
・入場料 :一般 前売1,000円(当日1,300円)。
      中高大生 500円、小学生無料。託児あり(要予約)
      札幌映画サークルHPの案内欄を印刷して持参すると前売料金に
・主 催 :「地球のステージ ありがとうの物語」実行委員会、
      北海道NGOネットワーク協議会、D-net、SSPN、札幌映画サークル 
・お問合せ:大関 TEL 011-764-3388 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

おが たかお個展 「はえたかる 月の大地たち展」@札幌

 イラストや漫画ほか多方面で活躍中の札幌在住の若手、おが たかおさん(ブログ)の初個展。080718ogatakao月の土地名から名前をもらった子供達を描いたシリーズ作品を展示=右画像はDMハガキ第1弾=。詳細は作家サイトの案内記事で。
・会 期 :2008年7月18日(金)〜31日(木) 火曜定休
・時 間 :11:00〜20:00(日曜は17:00まで)
・会 場 :札幌市・Garally New Star
      (中央区南3西7 KAMIYA隣 TEL 011-281-2909)
・入場無料 
・作家サイト はえたかるみのうえ 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

青木由直「爪句展―写真と共に楽しむ五・七・五―」@札幌

 北海道大学名誉教授の青木 由直(あおき・よしなお)氏による写真と五・七・五の爪句展。青木氏は情報メディア工学等の専門家で現在「eシルクロード研究工房」主宰。爪句とはパソコンに写真を表示するサムネイル(親指の爪)からの造語。「写真データの整理にファイル名として五・七・五を用いる新たな創作活動を提案。見慣れた風景、気付かなかったスポット、視点を変えればいつもと違う世界が広がる」(右DMより)。右DMの道庁赤れんが庁舎の写真には「取り囲む/ビル遠慮して/赤レンガ」の句が添えられている。爪句シリーズの080727stumekuten豆本は現在3冊まで発売中(共同文化社、各400円、eシルクロードHPの紹介欄)。詳細は会場の紀伊國屋書店HPの案内欄で。
■爪句展―写真と共に楽しむ五・七・五―
・会 期 :2008年7月27日(日)〜31日(木) 
・時 間 :10:00〜21:00(最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 2階イベントスペース
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場無料
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

2008年07月30日

食品偽装告発の西宮冷蔵の闘いを描いたTVドラマ「たったひとりの反乱」放映@NHK

 2002年、雪印食品が輸入牛肉を国産と偽っていた事を内部告発し、休業に追い込まれた兵庫県の倉庫会社、西宮冷蔵(にしのみやれいぞう)の水谷洋一社長が再建を果たすまでの苦闘の日々を追ったドキュメンタリー映画『ハダカの城 〜西宮冷蔵・水谷洋一〜』(公式ブログ)(2007年、108分、柴田誠監督)は、全国各地で自主上映が続いている=右画像は映画チラシ=。この水谷社長の闘いの物語を、NHKがTVドラマ『たったひとりの反乱』として全国放送する。当時、ただ一人で「実名告発」を行った冷蔵倉庫会社社長の苦悩や決断を再現ドラマを交えて描く。キャスター:住田功一チーフアナウンサー、再現ドラマ出演:相島一之、佐戸井けん太ほか。詳細は映画HPの案内欄と、NHKの番組案内欄で。
・タイトル:たったひとりの反乱「食品偽装告発、“さきがけ”となった男」
・放送日 :2008年7月30日(水) 22:00〜22:45
・番 組 :NHK総合テレビ 
・参 考 :映画「ハダカの城」札幌公開(2008/05/17〜23、記事) 続きを読む

bluebook at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | その他

「ひろしまのピカ」〜映画と原爆詩朗読の集い〜@札幌

 丸木俊さんのベストセラーをビデオ絵本化した「ひろしまのピカ」(1987年、25分、DVD、日本)上映と、原爆詩の朗読の夕べ。世界数十ヵ国で翻訳・出版され、数多くの賞に輝いた丸木俊画伯の『原爆の図』の絵本版ともいえる『ひろしまのピカ』=書籍情報(右画像)=を、日本ドキュメンタリー映画の巨匠、土本典昭監督がビデオ化した作品。 絵本の主人公・みいちゃんが声をもち、炎が燃える。紅蓮地獄が繰り広げられる。080730hiroshimanopika単に悲惨さを訴えるにとどまらない平和への祈りがここにある。映画の詳細は配給のシグロHPの案内欄で。
【朗読予定の原爆詩】
  峠三吉「にんげんをかえせ」
  栗原貞子「生ましめんかな」「私は広島を証言する」
      「原爆で死んだ幸子さん」「ひとつの朝鮮を」
・日 時 :2008年7月30日(水) 18:30〜21:00
・会 場 :札幌市・札幌エルプラザ(北区北8西3) 2F 環境研修室
・資料代 :500円
・お問合せ:遠友学舎クラーク講座実行委員会 TEL 011-661-6323 (山本) 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

アニメーション映画「ハッピーバースディ」上映@旭川市

 長編アニメーション映画「ハッピーバースデー」(1999年、80分)を上映。親からの虐待に傷つき、声がでなくなり不登校に陥った少女が080730happybirthday、農村の自然と祖父母の中で生きる力を取り戻し、命の尊さ、生きる素晴らしさを学んでいく物語。出崎哲監督。原作は青木和雄の同題小説=書籍情報=。声の出演は佐久間信子、増田ゆき他。
・日 時 :2008年7月30日(水) 2回上映
      11:30、 14:30 (開場は各30分前)
・会 場 :旭川市・旭川市公会堂ホール(常磐公園内 地図
・入場料 :無料
・お問合せ:旭川市子育て支援課(青少年担当) TEL 0166-22-4176 

bluebook at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

JRタワーARTBOX 第1回展示 岡部昌生×港千尋「[わたしたちの過去に、未来はあるのか」 @札幌

 JR札幌駅東側コンコースに、2008年4月からART BOXという現代美術の展示空間がオープンしている。将来的には展示作品を一般公募し、アワードの開催や恒久的な作品へと向かう展開を考えているとのこと。初回は、都市を記憶する版としてフロッタージュすることで作品化する岡部 昌生氏(美術家、札幌大谷大教授)と、2007年に開催された第52回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示作家として岡部氏を推薦し、コミッショナーを務めた写真家でもある港 千尋(みなと・ちひろ)氏(写真家・批評家)の「わたしたちの過去に、未来はあるのか」を紹介。「岡部氏のライフワークであるフロッタージュ作品を中心に、人間の過去が未来へと受け継がれる可能性と条件について、美術の側から問おうとする試み」という。フロッタージュ作品3点に挟まれたビデオモニターに制作風景等が流されている=右DMハガキ=。080426artbox01詳細はJRタワーHPのARTBOX案内欄で。
・会 期 :2008年4月26日(土)〜7月30日(水)
・時 間 :7:00〜23:00
・会 場 :札幌市・JR札幌駅東コンコース・JRタワーARTBOX
・観覧無料 
・お問合せ:JRタワー展望室・アートチーム TEL 011-209-5075(平日)
・参 考 :北海道美術ネット別館HPのレポート記事 続きを読む

bluebook at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

2008年07月29日

佐藤正人イラストレーション展 「花鳥風月」@札幌

 絵本や広告で活躍する札幌のイラストレーター、佐藤 正人(さとう・まさと)さん(HP)は、1959年札幌生まれ。にっこり笑う太陽やカラフルな風景のイラストでおなじみ。現在、北海道デザイン協議会理事、北海道イラストレーターズクラブα会長で、イラストレーションを描き始めて約24年という重鎮。今回は、暮らしの中で感じる四季折々の自然を、アクリル絵具を使い現代の「花鳥風月」として080703kachoufuugestu描いた作品約15点を展示。詳細は会場のカフェエスキスHPの案内欄で。
・会 期 : 2008年7月3日(木)〜29日(火)  水曜定休
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで)
      7/8(火)臨時休業
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

★「FIVE ENERGY展」に、墨絵アニメの横須賀令子さんが出展@札幌

 FIVE ENERGY展は、札幌の美術作家仲嶋 貴将さんが企画して080717FiveEnergy毎年アートスペース201を会場に、5室すべてを5人の個展形式で開いている現代美術展で、今年で3回目。所属やジャンルを問わず、予め「コンセプト」を掲げず、領域としての「表現」分野から広く作家を紹介、これまで10名が参加。今年の参加作家は、Shelter Serara(シェルター・セラ、USA)、中島弘美(ペインティング、茨城県)、横須賀令子(全国で活躍する墨絵アニメーター、札幌在住)、朝日 章そして、Liberated Area(=解放区)。詳細は仲嶋さんのHPの案内欄で。
 参加作家の一人、横須賀令子さんは、和紙に描いた墨絵をコンピューターに取り込んで制作する墨絵アニメーション作家。繊細で美しい短編を発表し、国内外で受賞多数。現在公開中の映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」にも横須賀さんの墨絵(約30秒)が使われている。今回のFIVE ENERGY展では、「人魚」「もうれんじゃかじゃか」「クレーターのなる木」「MOVEMENT」「GAKI琵琶法師」の5作品(計20分)を連日エンドレスでプロジェクター上映する。また「MOVEMENT」「GAKI琵琶法師」の原画も展示。右画像は2005年「GAKI琵琶法師」(第9回文化庁メディア芸術祭審査委員推薦作品)の一場面。080717Gaki
・会 期 :2008年7月17日(木)〜29日(火)
・時 間 :10:00〜19:00
・会 場 :札幌・アートスペース201
     (中央区南2西1 山口中央ビル TEL 011-251-1418)
・入場無料
・主 催 :ART SPACE201、FIVE INERGY 事務局
・参 考 :横須賀令子アニメーション上映会(2005/02/10、札幌、記事) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | 美術

2008年07月28日

シアターキノ ドキュメンタリー映画講座 第1回目「水没の前に」@札幌

 NPO法人北海道コミュニティシネマ・札幌が、2008年7月より山形国際ドキュメンタリー映画祭の協力で、キノドキュメンタリー映画講座を開催。2年おきに開かれる同映画祭で正式上映されたドキュメンタリーの傑作を、原則1ヶ月に1作品のペースで鑑賞していく。講座の第1期目として、2008年7月〜12月までの半年分の参加者を募集。詳細はキノHPの案内欄(PDF)と、ATTICサイトの案内欄で確認を。
【講座スケジュール】 7月28日(月) 開講080728kinodocu02
  7/28(月) 19:00 『水没の前に』
 ◆8/25(月) 19:00 『静かな空間』
  9/29(月) 19:00 『イラク―ヤシの影で』
 ぁ10/27(月) 18:15 『ルート181』 (参考記事
 ァ11/17(月) 19:00 『ジャスティス』
 Α12/15(月) 19:00 『海岸地』
 ■特別講座 是枝裕和監督レクチャー
  「日本のTVドキュメンタリー」 ※10月で日程調整中
  日本のTVドキュメンタリーの重要なポイントを、映像を見ながらレクチャー。
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F )
・受講料 :特別講座含め7回分 7,000円。
      (先着限定20名、キノカウンターで6/28より受付)
・主催・お問合せ:NPO法人北海道コミュニティシネマ・札幌
      TEL 011-231-9355(シアターキノ内) 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

「課外授業〜ようこそ先輩〜」にアニメーション作家の押井守監督が登場@NHKテレビ

 各界の第一線で活躍する人々が出身校の小学校を訪ね、専門とする世界と自らの人生について語る、NHKのテレビ番組『課外授業ようこそ先輩』に、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」や「イノセンス」を世に放ち、この夏は新作長編アニメーション映画「スカイ・クロラ」が公開される押井 守(おしい・まもる)さん(映画監督・アニメーション作家)が登場。「“見方”を変えて 退屈をけとばせ」と題して、東京都大田区立入新井第一小学校で授業を行った。世界が絶賛する押井さんの映画は、どのようにして生まれるのか。押井監督が子供たちに押井流「映画作りの極意」を教える。映画の舞台は、普段子供たちが住む「東京」。押井監督の手にかかれば、見慣れている日常の風景ががらりと変わっていく。詳細は番組HPの案内欄で。
・番 組 :NHK「課外授業ようこそ先輩」
・訪問先 :東京都大田区立入新井第一小学校
・タイトル:「“見方”を変えて 退屈をけとばせ」
・放送日 :総合テレビ 2008年7月20日(日) 13:05〜13:34
      衛星第2  2008年7月22日(火) 15:30〜15:59 再放送
      教育テレビ 2008年7月28日(月) 午前01:05〜01:34 再放送予定
・ガブリエルの憂鬱 〜押井守公式サイト〜 http://www.oshiimamoru.com/ 続きを読む

bluebook at 01:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2008年07月27日

井澤章典×ナガオカケンメイ トーク&リサイタル「わかりやすいにほんのうた」@札幌

 ロングライフデザインの雑貨・家具を扱う080727dansyokuセレクトショップ「D&DEPAETMENT PROJECT」がプロデュースした、日本の歌のCD「暖色」。このCDで歌っているテノール歌手井澤章典さんと、D&DEPAETMENT PROJECT代表のナガオカ ケンメイ氏(ブログ)を招き、解説とリサイタルが楽しめるトーク&ライブイベントを開く。詳細は同店HPの案内欄で確認を。
・日 時 :2008年7月27日(日) 17:00開場、17:30開演
・会 場 :札幌・ D&DEPARTMENT PROJECT SAPPORO by 3KG
      (中央区大通西17丁目1-7 地図
・入場料 :2,500円(税込、1ドリンク付)
・お問合せ:同店 TEL 011-303-3333 

bluebook at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

ON THE MOVE −写真の種をまく−@斜里町、小樽市、札幌市、余市町

 北海道4箇所で開催される、第一線の若手写真家達によるスライドショーの旅。札幌出身で2007年度の木村伊兵衛写真賞受賞の岡田敦さん、日本写真協会新人賞と講談社出版文化賞をダブル受賞した石川直樹さん他、いま、最も注目される若手写真家が、それぞれにスライドショーという表現の可能性に挑み、客席との親密な交わりのなか、写真を巡る新しい場を創り出す。写真集を中心にアート書を出版している蠕屐梗による企画。同社代表で、2007年度木村伊兵衛写真賞受賞の2冊の写真集の編集を手がけた姫野希美氏が司会予定。詳細は同社HPの案内欄で。
【参加写真家】 (予定)
  浅田政志、ARIKO、石川直樹岡田敦澁谷征司鷲尾和彦

■ 斜里町・北海道斜里高等学校
【日時】2008年7月22日(火)
【時間】5〜6時間目の授業(13:15から約90分)
【場所】北海道斜里高等学校 視聴覚室(予定)
【入場料】無料、 町民の方の来場OK
【参加予定写真家】浅田政志・石川直樹・岡田敦・鷲尾和彦

■ 小樽ジャズ喫茶 - FREE LANCE
【日時】2008年7月25日(金) 19:00
【住所】小樽市色内2-9-5 TEL 0134-27-3646
【入場料】1ドリンク制 (参加無料だが、喫茶店なので何か注文を)
【参加予定写真家】浅田政志・ARIKO・石川直樹・岡田敦・澁谷征司・鷲尾和彦

■ 札幌・モエレ沼公園080726slideshow
【日程】2008年7月26日(土)
【時間】18:00開場、18:30〜20:30
【場所】モエレ沼公園ガラスのピラミット
【住所】札幌市東区モエレ沼公園1-1 TEL 011-790-1231
【入場料】一般500円、高校生以下無料
【参加予定写真家】浅田政志・ARIKO・石川直樹・岡田敦・澁谷征司・鷲尾和彦

■ 余市町・国指定史跡フゴッペ洞窟
【日程】2008年7月27日(日)
【時間】17:00開場、17:15〜20:30
【場所】国指定史跡フゴッペ洞窟
【住所】余市町栄町 TEL 0135-22-6170
【参加予定写真家】浅田政志・ARIKO・石川直樹・岡田敦・澁谷征司・鷲尾和彦 

・全体のお問合せ:蠕屐梗 TEL 03-3207-1477 FAX 03-3207-1479 続きを読む

bluebook at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

ロードアート“TREE” グリーン・オン・パレード2008@札幌

 札幌に拠点を構える子どもを対象にしたアートスクール まほうの絵ふで(1978年設立、堀田真作代表) のロードアート第2弾。グリーンをテーマにしたみんなでつくるアートワーク。アートディレクター柿木原政広さん、イラストレーター大塚いちおさんとともに、路上に大きな絵を描く。汚れてもよい服装で参加を。080727TREE2雨天の場合は中止。詳細は、まほうの絵ふでHPの案内欄で確認を。
【参加アーティスト】
 まほうの絵ふで、柿木原政広、大塚いちお、服部貴康、冨田哲司
・日 時 :2008年7月27日(日) 13:30〜16:30
・会 場 :札幌市・南1条歩行者天国
      (中央区南1西3)
・料 金 :参加無料。どなたでも参加を。
・主 催 :札幌一番街グリーン・オン・パレード実行委員会
・お問合せ:まほうの絵ふで TEL 011-210-7200
※ 関連イベント(トークショー、ムービー作品上映会) → 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

JENESYS with NPO S-AIR アーティスト・オープン・スタジオ@札幌

 21世紀アジア青少年大交流計画〔JENESY programme〕(主催:国際交流基金、NPO法人S-AIR、協力:(財)さっぽろ産業振興財団、インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC))により、札幌のICC内に6月から2ヶ月間、2人の海外アーティストが滞在制作中。今回、この2人のアーティスト本人が居るスタジオで、滞在中に制作した作品を公開する。アート、国際文化に興味のある方はどなたでも歓迎。詳細は北海道のクリエイティブビジネス支援の080726JENESYSポータルサイトCROSSING案内記事と、S-AIRブログ案内記事で。
・日 時 :2008年7月26日(土)、27日(日) 12:00〜19:00
      ギャラリー・トーク(通訳付) 両日とも14:00〜15:00
   ※ オープニング・パーティー 7月25日(金)19:00〜21:00
      コスプレの方は手ぶらで参加を。
      コスプレが出来ない人は、差し入れをお願い。
・会 場 : 札幌市インタークロス・クリエイティヴ・センター(略称ICC) 3Fスタジオ
      (豊平区豊平1条12丁目1-12 地図
・入場無料:1階受付にて、ご記名の上、3階スタジオにお入り下さい。   
・関連記事:「JENESYSトーク」〜歓迎会&アーティスト・トーク〜(2008/06/14、記事) 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

絵本影写会 マレーク・ベロニカ特集 in お菓子の家 ポムメリィ@苫小牧市

 diafilm(ディアフィルム)は、35mmのポジフィルムに絵とお話を焼き付け、静止画を映写機の光を通して壁に映す家庭用の紙芝居フィルム。アニメから昔話、伝記もの、戦争もの…ありとあらゆるフィルムが存在したという。ハンガリーの家庭で、社会主義時代の国営テレビ定休の月曜の夜、お母さんが子供達を集めて一コマ一コマ、フィルムを巻きながら、色々な物語を聞かせてあげたそう。
 札幌のはろー書店では、ハンガリーからデイアフィルムを持ち帰り、同店スタッフが翻訳する手作り上映会「絵本影写会」を定期的に開催。今回は初めて同店から会場を替かえ、苫小牧のケーキショップ「お菓子の家・ポムメリィ」で開催。ハンガリーの有名な絵本作家マレーク・ベロニカの『ハリネズミとみにくい女の子』『ラチとらいおん』を紹介する。080727ehoneisyakai詳細ははろー書店ブログ案内欄と、絵本影写会紹介欄で。
・日 時 :2008年7月27日(日) 2回完全入替制 
 .薀鵐船織ぅ爛轡隋次 ヽ場11:30、 13:00〜14:30
 ▲妊ナータイムショー 開場17:30 、19:00〜20:30
・会 場 :苫小牧市・「お菓子の家 ポムメリィ」
      (豊川町2丁目1-9 TEL (0144)75-0707 地図
・お問合せ:お菓子の家 ポムメリィ TEL (0144)75-0707
      はろー書店 TEL & FAX (011)219-2776 
・料 金(前売制。定員になり次第、販売終了) 完売(7/3追記) → 続きを読む

bluebook at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

佐藤香織 点描画展@小樽市

 札幌在住の若手作家、佐藤 香織(さとう・かおり)さんの点描画の作品展。主に丸ペンやサインペンによるモノクローム調の点描で、身近な日常からイマジネーションをふくらませた不思議な世界を展開、繊細な「気配」とともに描く。今年4月に札幌のカフェエスキスで個展を開催、透明な質感の表現や独自のファンタジー世界が注目された。小樽での展示は今回が初となる。080719satoukaori展示の詳細はウィングベイ小樽HPの案内欄で=右画像は今回のDMハガキ=。
・会 期 :2008年7月19日(土)〜27日(日)
・時 間 :11:00〜17:00
      作家在廊予定 21日と24日以外の12:00〜16:00 
・会 場 :小樽市・ウィングベイ小樽内1番街 2F 海側イベントスペース
      (JR小樽築港駅下車すぐ、アクセス情報
・入場無料
・前回展 :佐藤香織−点描画(記事、札幌カフェエスキス、2008/04/10〜29)
・参 考 :北海道美術ネット別館HPのレポート記事(2008/08/01) 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

「相棒−劇場版−絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」上映@富良野市

 杉下右京・亀山薫の名コンビが真相に迫る人気シリーズ「相棒−劇場版−」(公式HP)を上映。首都壊滅へのカウントダウン、命運はこの2人に託された。和泉聖治監督、水谷豊・寺脇康文主演。2008年、日本、東映、117分。出演は鈴木砂羽、高樹紗耶、岸部一徳、木村佳乃、西村雅彦、原田龍二、松下由樹、津川雅彦、本仮屋ユイカ、柏原 崇、平 幹二朗、西田敏行ほか。080726aibo詳細は主催のふらの演劇工房HPで確認を。
・日 時 :2008年7月26日(土)、27日(日) 計4回上映
     7/26(土) 14:00、19:00
     7/27(日) 11:00、15:00
・会 場 :富良野市・ふらの演劇工房 (地図、無料送迎バスあり)
・料 金 :前売 一般1,000円、子供(5歳〜中学生)500円。
      当日各200円増し。60歳以上は前売当日とも1,000円。 
・主催・お問合せ:NPO法人ふらの演劇工房 TEL&FAX 0167-22-3800 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

■札幌の画廊「ギャラリーユリイカ」が7月で閉廊@札幌

 札幌中央区の個人経営の名物画廊として親しまれてきた「ギャラリーユリイカ」(1981年7月〜2008年7月)=右写真、建物の2階=が2008年7月27日(日)を最後に閉廊し、27年間の活動を終える。画廊主の鈴木葉子さんが、昨年還暦となったのを区切りに閉廊を決断、今後東京に移住する。
 1981年7月の開廊以来、新人発掘、若手育成を掲げて活動するほか、北海道抽象画の第一人者である難波田龍起さんの画業なども紹介してきた。これまでに開催された展覧会は約970件、利用した美術家は延べ約3500人にのぼるという。080727EUREKA
【最終展示】 グループ4展
・会 期 :2008年7月22日(火)〜27日(日)
・時 間 :11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
・会 場 :札幌・ギャラリーユリイカ(中央区南3西1和田ビル 2F 地図
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL&FAX 011-222-4788  
・参 考 :
  北海道美術ネット別館HPの関連記事(2008/06/24)
 ◆北海道美術ネット別館HPのレポート記事(2008/07/28) 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(1)TrackBack(1) ホール・施設 

北大生による「束縛展」@札幌

 北海道大学の学生達による「芸術をめぐる行為について」の授業の一環での企画展。全学教育科目(1〜2年生対象)の講座で、「束縛」という共通テーマの元、学生自らが作品制作・プロデュースを行うことで、答の無い問題を徹底的に考え、自らの思想を生み出し、080722sokubakuten更には多様な手段をつかってそれを表現する技術を学ぶ趣旨のもの。会場は、北大正門からやや東のギャラリーエッセで開催。詳細は同ギャラリーHPで。
・会 期 :2008年7月22日(火)〜27日(日)
・時 間 :10:00〜19:00(最終日〜17:00まで)
・会 場 :札幌市・ギャラリーエッセ
      (北区北9条西3丁目9番1号ル・ノール北9条1階 地図
・入場無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-708-0606

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

交差する視点とかたち2@札幌

 道内外で活躍する造形作家4人の展示とワークショップからなる事業。「今日の造型の牽引者4人の視点の交差。わたしたちはその視線の先に、鮮烈な“かたち”の交響世界の出現を見ることになるだろう」(右チラシより)。080719kousasuru
【展示】 阿部典英、鯉江良二、艾沢詳子、下澤敏也
・会 期 :2008年7月19日(土)〜27日(日)
・時 間 :10:00〜18:00(最終日17:00まで)
      7/19 18:00よりオープニングパーティー
・会 場 :札幌市・コンチネンタルギャラリー
     (中央区南1条西11丁目コンチネンタルビルB1
      地下鉄「西11丁目」駅2番出口徒歩1分 TEL 011-221-8511)
・入場無料
【鯉江良二ワークショップ&レクチャー】080721kousasuruWS
・講 師 :陶芸家 鯉江良二(常滑焼)
・日 時 :2008年7月21日(日・祝) 2回開催
      10:00〜12:00、13:30〜15:30
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森クラフト工房 大制作室
・定 員 :各クラス30名、対象 一般市民
・受講料 :受講料 3,000円
・お問合せ:「交差する視点とかたち」実行委員会 TEL 011-815-6777 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2008年07月26日

劇団千年王國「ニライカナイ」と「SL」(東京公演)稽古場上映@札幌

 札幌の劇団千年王國では、過去の上演作品2本「ニライカナイ」と「SL」(東京公演)を稽古場で上映する。上演終了後、役者たちとの交流会、劇団員の手作りお菓子や物販も予定。詳細は同劇団の制作日誌案内欄で確認を。080705sennenoukoku
【上映作品】
  「ニライカナイ」 (2001年 コンカリーニョ、劇団HP紹介欄
  「SL」 (2005年 池袋芸術劇場、劇団HP紹介欄
【上映プログラム】
  「ニライカナイ」 2008年7月5日(土)、7月12日(土)
  「SL」     2008年7月19日(土)、7月26日(土)
・時 間 :すべて 19:00開場、19:30上映開始
・会 場 :札幌市・市民活動スペース「アウ・クル」 302
      (中央区南8西2 旧豊水小学校体育館 地図
・定 員 :各回15名限定
・入場料 :1,000円(1ドリンク付・完全予約制) 
・予約・お問合せ → 続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス | 映画

ソクラテスのカフェで大学カフェ≪別冊≫ 「政治を語る言葉−札幌時計台レッスン−」出版記念対談@札幌

 「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」等の企画で知られる札幌・琴似の本屋さん「くすみ書房」主催。大学から講師をお招きし、カフェで一般の方々とコーヒーを片手に学問談義を楽しむ夕べ。今回は別冊特別版の開催。何度かゲストに登場している北大の山口二郎先生(北海道大学大学院教授)が定期的に開催している「時計台でフォーラム」の第1シリーズ(記事) が、「政治を語る言葉−札幌時計台レッスン−」七つ森書館)=書籍情報=として出版された。080726seijiwokatarukotoba出版記念に、同書に登場する中島岳志先生(北海道大学公共政策大学院准教授)との対談を開催。詳細はくすみ書房(HP)で。
・テーマ:「日本の政治はどこに向かうのか」
・日 時 :2008年7月26日(土) 18:30〜20:00(18:00開場)
・会 場 :札幌・くすみ書房 地下「ソクラテスのカフェ」
      (西区琴似2条7丁目メシアニカビル)
・会 費 :1,000円。定員40人(満席になり次第予約受付終了します)
      (珈琲 リンゴジュース トマトジュースのどれか一品)
・お申込み:ソクラテスのカフェ TEL 011-611-7121(11:00〜19:00月曜定休)

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 

「OKUJO」−ドゥムズデイズ マシーン−」〜劇団デパートメントシアター・アレフ公演ビデオ第3回上映会〜@札幌

 劇団デパートメントシアター・アレフ(故・萬年俊明さん主宰)は、1983年から1990年までの8年間、札幌を拠点にオリジナルの17作品を上演、東京「下北沢駅前劇場」でも公演するなど札幌の演劇史に一時代を画した。全作品を萬年氏が作・演出し、小劇場・廃墟・野外空間・屋上など多彩な空間で芝居を展開、意表を衝く仕掛けやロック・ダンス・映像等とのコラボレーション等でも注目を集めた。今回、札幌での回顧展(2008/04/26〜05/01)が開催されたのを機に、ファンの要望に応えてALEPH Days 公演ビデオ上映会第3回目を開く。作品は、1989年9月20日〜23日、エスタープラザビル屋上で上演された「OKUJO」−ドゥムズデイズ マシーン−。「街なかのビルの広い屋上に忽然と現れた幻想空間。巨大なドームが次々と形を変え、大量の火薬と花火を用いたカーニバルの雰囲気の中で『戦闘・砂漠・核』の3つのイメージが都市の夜そのものを舞台背景にして交錯する」がビデオで蘇る。今後、月1回ペースで上映予定。詳細は、「百貨劇場の想い出」ブログ案内欄で。
・日 時 :2008年7月26日(土) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :札幌市・ ラグリグラ劇場 (南区澄川3条3丁目 米永ビル2F 地図)
・入場無料
・お問合せ:ラグ事務所 TEL 011-813-8338 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | 演劇・ダンス

在日コリアン3世の青年が見たチベットのドキュメンタリー「Tibet Tibet -チベット チベット-」上映@釧路市

 中国のチベット政策に疑問を投げかけるドキュメンタリー映画「Tibet Tibet -チベットチベット-」 (参考)が、釧路市のジャズ喫茶で上映される。自分探しで世界旅行中、チベットの亡命政府のある北インドのダラムサラを訪れた在日3世の金森太郎こと金昇龍(キム・ヨンスン)。「移民」として異国で暮らすチベット人に共感を覚えるが、やがて亡命チベット人達の受難の経緯に気付き、少しでも多くの人にこの問題を080726TibetTibet知ってほしいと、カメラを回し始めた。ダライラマ14世への10日間におよぶ同行取材も収録。旅を続けるうち、金青年の中の韓国への否定的な思いが少しずつ溶け変化していく。2001年、日本、95分。協力:チベット亡命政府、制作:ラゴス
・日 時 :2008年7月26日(土) 14:00、17:00 2回
・会 場 :釧路市・ジャズ喫茶「ジス・イズ」
      (釧路市栄町8丁目1 TEL 0154-22-2519)
・入場料 :1,000円 
・お問合せ:同店 TEL 0154-22-2519 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

シリーズ「写真から巡り語る PHOTON ShowCase #002」 大日方欣一氏講演「瀧口修造と実験工房の写真」@札幌

 =シリーズ「写真から巡り語る PHOTON ShowCase #002」=[光画の上に兆すもの]
 札幌の写真研究誌「PHOTON」(小室治夫代表)がおくる、シリーズ「写真から巡り語る PHOTON ShowCase」は、写真や美術を横断的に語るゲスト・トーク・セミナー。第2回目では、写真史研究家・写真評論家の大日方 欣一(おびなた・きんいち)さんが「瀧口修造と実験工房の写真」と題して講演。「実験工房」(1951〜1957年)とは、詩人でシュルレアリストの瀧口修造のもとにさまざまな分野の芸術家が集まって結成された革新的な芸術家のグループ。山口勝弘、福島秀子、武満徹、北代省三、斉藤義重、大辻清司など錚々たる顔ぶれが参加していた。講演の参加希望者は事前に予約を。080726kitadai
【ゲスト・トーク・セミナー】
・日 時 :2008年7月26日(土) 14:00〜16:00
・会 場 :札幌市・北翔大学 北方圏学術情報センター「ポルト」
      7階会議室 C室
      (中央区南1西22丁 地下鉄東西線西18丁目駅下車5分)
・参加方法:定員39名、予約制、800円
【2次トークセッション】
・日 時 :2008年7月26日(土) 18:00より
・会 場 :札幌・oasisZO
      (中央区北6西26-5-1 TEL&FAX 011-622-5788)
・参加方法:定員8名限定、予約制、4,000円(食事、飲み物付き)
・備 考 :oasisZOには液晶プロジェクターの5.1chシステムが設置されており、
      トーク・セミナーでは時間的に語れなかった話と映像を観ながら、
      深いクロストークでセッションを予定。
・右の写真:実験工房メンバーの1人、北代肖三「ストロンチュウム・90/皮膚の恐怖」(1957年)
・お申込み・お問合せ → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

長編アニメーション映画「戦争が終わった夏に」上映@札幌

 終戦の夏の1945年8月22日、樺太からの引揚者を乗せて小樽港に向かっていた3隻の船が、080726sensougaowattanastuni留萌沖で国籍不明の潜水艦の砲撃を受けて沈没、1708人が海底に消えた実話に基づく長編アニメーション映画「戦争が終った夏に 1945・樺太(サハリン)」を上映。原作・脚本・監修:千野皓司。1990年、、製作=樺太映画製作委員会。ナレーション:森繁 久彌。主題歌:加藤登紀子。
・日 時 :2008年7月26日(土) 13:30開場、14:00〜15:30上映
・会 場 :札幌市・西区民センター 3Fホール
・入場料 :大人700円、小中高生300円。
・主 催 :「戦争が終わった夏に」上映実行委員会
・お問合せ:TEL 011-642-8026(橋本)

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

『デザイン物産展ニッポン』開催記念 ナガオカケンメイ×佐々木信 トークイベント@札幌

 ロングライフデザインの雑貨・家具を扱うセレクトショップ「D&DEPAETMENT PROJECT」代表ナガオカ ケンメイさん(ブログ)と同札幌店代表・佐々木 信さんのトークセッション。テーマは、この夏に東京の松屋銀座で開催される展覧会「デザイン物産展ニッポン」について。080726designbussan「物産展」と「デザイン」と「iPhone」のお話が聞けそう。詳細は同札幌店の案内欄で。
・日 時 :2008年7月26日(土) 14:00〜15:30 
・会 場 :札幌市・アップルストア札幌(中央区南1西3 地図)
・入場無料
・お問合せ:アップルストア札幌 TEL 011-209-8200

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

山田洋次監督、吉永小百合主演の激動の昭和の家族の物語「母べえ」上映@根室市

 山田洋次監督が吉永小百合主演で描く、激動の昭和を描く「母(かあ)べぇ」(公式HP)を自主上映する。昭和初期、「戦争反対」を唱える父が囚われの身となり、080510kaabee 残された母と幼い娘2人が、周囲の人々の優しさに支えられ、様々な困難にあいながらも明るく懸命に生きる姿を描く。2007年、132分。詳細は、網走市HPの上映案内欄で。
・日 時 :2008年7月26日(土) 2回上映(開場30分前)
      14:00〜16:12、18:30〜20:42
・会 場 :根室市総合文化会館
     (曙町1丁目40番地 TEL 0153-24-3188 地図
・料 金 :前売 一般1,000円、中高生500円。
・お問合せ:根室母親連絡会 TEL 0153-24-7222(神) 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

清田区民センター「お楽しみ映画会」 「レミーのおいしいレストラン」@札幌市

 「トイ・ストーリー」「ファインディング・ニモ」のディズニー/ピクサーが贈る長編アニメーション映画「レミーのおいしいレストラン」DVD情報=を上映。2007年、アメリカ、120分。すぐれた鼻と舌を持つネズミのレミーは、一流シェフになるのが夢。ひょんなことからパリにたどり着いた彼は、今は亡き名シェフの幽霊に出会い、彼のものだったレストランへ導かれる。そこで料理の才能ゼロの見習いシェフ・リングイニが、店の大事なスープを台なしにしてしまうのを見たレミーは、思わず味を整えに走る。レミーの才能を知ったリングイニは、二人でパリ一番のシェフを目指すのだが…!? 上映の詳細は清田区民センターHPの案内欄で。
・日 時 :2008年7月26日(土) 13:00開場、13:30〜15:30
・会 場 :札幌市・清田区民センター 1F 区民ホール
      (清田区清田1条2丁目 地図
・入場料 :無料。 定員300人(先着順)。当日直接開場へ。
      対象は小学生以上の方(幼児は保護者同伴を)。
・お問合せ:清田区民センター運営委員会 TEL 011-883-2050 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

釧路芸術館アートシネマ館2008 「風と共に去りぬ」上映@釧路

 釧路芸術館の「アートシネマ館2008」では、洋画の名作を5月から3月まで毎月1作品ずつ上映していく(12月のみ上映なし)。7月は、不朽の名作「風と共に去りぬ」DVD情報=を上映。1939年、米、211分。舞台は1861年のジョージア州。大地主の娘で情熱的なスカーレットは、従姉と結婚したアシュレーが忘れられない。そこへ南北戦争が始まり、スカーレットは強く、激しく生きていく。ヴィヴィアン.リー、クラーク・ゲーブル、レスリー・ハワードほか。ヴィクター・フレミング監督。アカデミー主演女優賞ほか10部門受賞。詳細は同館HPのチラシ(PDF)で。
・日 時 :2008年7月26日(土) 13:00 1回のみ
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 アートホール
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2008年07月25日

札幌メディア・アート・フォーラム(SMF)研究会@札幌

 札幌メディア・アート・フォーラム(略称:SMF)は、産学官連携の活動体として、情報文化学会北海道支部、行政(札幌市)、関連教育機関、現場のクリエーター、関連企業などと連携をとりながら、メディア・アート・デザインおよび産業の高度化、活性化に寄与する活動を展開中。今回、札幌のデザインについての情報発信をテーマに、研究会を開催。一般参加歓迎。詳細は、北海道のクリエイター応援ポータルサイトCROSSING案内欄で。
【開催概要】
・日 程 :2008年7月25日(金) 18:50開場、19:00〜20:30
・会 場 :札幌・札幌市立大学サテライトキャンパス
      (中央区北3条西4丁目日本生命札幌ビル5階 地図)
・入場料無料 
・主 催 :札幌メディア・アート・フォーラム(SMF)
・公式サイト SMFホームページ http://www.smf.vc/   
【講演内容】
・講 師 :北見 幸一
   北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院助教、元電通PRに勤務、専門は広報論。
・論 題 :「札幌のデザインと創造都市さっぽろの戦略的PRを考える」
・内 容 :
 近年、札幌のデザイナーたちの全国的、国際的活躍がめざましい。
 これをどう認知度を高め、創造都市さっぽろの活性化につなげてゆくべきか、
 電通PR勤務の経験をもとに、広報論やコミュニケーション戦略論の立場から提言する。

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「政治を語る言葉−札幌時計台レッスン−」出版記念 山口二郎氏・佐藤優氏トーク&サイン会@札幌

 北大の山口二郎先生(北海道大学大学院教授)が定期的に開催している「時計台でフォーラム」の第1シリーズ(記事) が、080725yamaguchisatou「政治を語る言葉−札幌時計台レッスン−」七つ森書館)=書籍情報=として出版された。出版記念に、山口氏と同書に登場する佐藤 優氏のお二人を招き、トークとサイン会を開く。同店で同書を購入の方先着100名に整理券を配布する。詳細は紀伊国屋書店HPの案内欄で。
・日 時 :2008年7月25日(金) 18:00〜19:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1階インナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場無料
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131 

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

カルチャーナイト2008 @札幌

 真夏の一夜、札幌中心街の公共・文化施設や民間施設を夜間開放して、市民がコンサートやイベントなど文化を楽しむ企画「カルチャーナイト」(公式HP)が、080725CultureNight2008年は「なかま」をテーマに開催される。今年は過去最多の100施設が参加。夜の動物園見学や各種コンサートなど多彩な内容で、毎夏の市民のお楽しみ。プログラムの詳細は同HPの「施設&企画募集」欄で今後発表予定。チラシ(PDF)が同HPでダウンロードできる。
・開催日時:2008年7月25日(金) 17:30〜22:00
    (7/24 前夜祭=カルチャーナイトサミット&ヴァイオリンの夕べ)
・会場地区:札幌市 「北一条通りと札幌駅前通りを軸としたエリア」
・お問合せ:カルチャーナイト実行委員会事務局 TEL 011-261-8633 
 続きを読む

bluebook at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

「いい爺いライダー」予告編が総務省の合併をテーマにした映像大賞で優秀作品に。ネットで公開中@むかわ町

080719iijijiiRider02 旧穂別町(2007年3月に旧鵡川町と合併して現在は「むかわ町」)で、主演・監督・カメラ等すべてを地元高齢者で手作りした「いい爺(じじ)いライダー」が間もなく完成、2008年初夏に劇場公開予定だ。映画は、「まちの合併」をテーマに、鵡川と穂別の両地区から出演者、スタッフ総勢約350人が撮影に参加。合併に反対する高齢者達が暴走族となって暴れ回るが、最後は若者に町の未来を託すという物語。脚本は斉藤征義さん(65)、監督は伊藤好一さん(79)、制作委員会代表で主演の原田幸一さん(82)はじめ平均年齢76歳の方々が出演。崔洋一監督の指導の元に作られた第1作「田んぼdeミュージカル」(2003年)、第2作「La riziere(ラ・リズィエール) 田んぼdeファッションショー」記事、2005年)は全国的な話題となり、今回が待望の第3作目で、現在本編を編集中。完成後は全国公開される予定。
 この「いい爺いライダー」の予告編が、総務省の「市町村合併をしたあなたのまち」映像大賞で優秀作品に輝いた(2008/03/19発表)。実行委員会が、予告編3分間とドキュメント2分間を編集し、5分間の特別バージョンを作って応募したしたところ、全国55点の応募の中から優秀作品10点に選ばれたもの。現在、総務省ホームページで見ることができる。
【予告映像配信欄】 総務省HPの「市町村合併をしたあなたのまち」映像大賞 欄
 [わしらの映画がまちをつくる/田んぼdeミュージカル委員会/むかわ町(旧鵡川町、旧穂別町)
 ブロードバンド、 ナローバンド 
■上映情報 札幌のシアターキノで2008年7月19日(土)〜25(金) 公開決定(追記) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「いい爺いライダー」劇場公開@札幌

 旧穂別町(2007年3月に旧鵡川町と合併して現在は「むかわ町」)で、主演・監督・カメラ等すべてを地元高齢者で手作りした「いい爺(じじ)いライダー」が完成、札幌でも劇場公開される。2008年、55分、田んぼdeミュージカル委員会製作。市町村合併でゆれる二つの町。ふるさとを奪われる不安に駆られ、老人たちが合併反対と叫び議会へ乱入、隣町の若者たちとオートバイで抗争する。全国的な話題となった第1作「田んぼdeミュージカル」(2003年)、第2作「La riziere(ラ・リズィエール) 田んぼdeファッションショー」記事、2005年)に続き、北海道穂別の高齢者たちが制作した第3作。脚本は斉藤征義さん(65)。監督は伊藤好一さん(79)。080719iijijiiRider制作委員会代表で主演の原田幸一さん(82)はじめ町民総勢350人が出演。崔洋一総合指揮。詳細は、会場のシアターキノHPの案内欄で確認を。
・会 期 :2008年7月19日(土)〜25日(金) 
・時 間 :10:00〜10:55
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :当日料金のみ 一般1,000円(穂別の野菜付き)
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 
※ この予告編が総務省の合併テーマの映像大賞を受賞(記事と動画)続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(2) 映画 

函館港イルミナシオン映画祭 第12回 シナリオ大賞作品を募集@函館市

 1995年から毎年函館市で開催され、街の冬の風物詩となっている「函館港イルミナシオン映画祭」(公式HP)も今年で15回目。函館の街から映画及びその人材を発掘・発信しようと、1996年度より「シナリオ大賞」がスタート。第4回の準グランプリ「パコダテ人」(前田哲監督、宮崎あおい主演)=DVD情報=と第5回グランプリ「オー・ド・ヴィ」(篠原哲雄監督、岸谷五郎主演)、第7回グランプリ「狼少女」(深川栄洋監督)、第8回シナリオ大賞「うた魂♪」など、これまで長編短編合わせて9本のシナリオが映画化・映像化され(他に1作品が製作準備中)、「映画をつくる映画祭」として全国に知られるようになった。今年も次のとおり作品を募集。プロ・アマ不問で、未発表のオリジナル作品に限る。函館市長賞(グランプリ)(1名)賞金300万円ほか。詳細は、同映画祭HPの募集要項で確認を。
・応募期間:2008年4月1日(火)〜7月25日(金) 当日消印有効
・審査員 :荒俣 宏(作家)、河井信哉(プロデューサー)、
      加藤正人(脚本家)、林 海象(監督)
・応募先 :「2008函館イルミナシオン映画祭シナリオ大賞」係
      〒040-0053 函館市末広町4-19 函館市地域交流まちづくりセンター
※ お問合せ先、参考記事など → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2008年07月24日

CAI02スペシャル・トーク 岡部昌生×鯉江良二@札幌

 道内外で活躍する造形作家4人による合同展「交差する視点とかたち」(2007/07/19〜27、コンチネンタルギャラリー、記事)に参加来札中の陶芸家 鯉江良二さんと、フロッタージュにより表現をひろげてきた岡部昌生さんのトークショーを開催。「陶芸の世界から、美術の枠から横断領域的な方法を開示し、国内外で積極的な活動を展開しつづける岡部昌生さんと鯉江良二さん。080726kudaranai日常の生きていることから主題を掘り下げ、社会や時代に向かっていく表現者のふたり。話題は美術を超え多岐にわたります。現代美術家の声がじっくり聴けます。」(主催のCAIの案内欄より)。気軽に参加を。詳細は会場のCAI02の案内記事で。
・日 時 :2008年7月24日(木) 19:30開演
・会 場 :札幌・CAI02
      (中央区大通西5丁目 昭和ビルBF2 TEL 011-802-6438)
・入場無料 
・主 催 :「交差する視点とかたち」実行委員会、CAI現代芸術研究所 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

子どもによい映画を見せる会第34回上映会 O−chi「空を飛んだオッチ」@札幌

 「子どもによい映画を見せる会」(HP)の第34回上映会では、「O−chi 空を飛んだオッチ」を上映。もし目の前に、本当に空を飛べる子が現れたら、あなたは一体どうしますか? 飛騨の山々を背景に、空を飛ぶ力を持った少年の喜びと哀しみを描く。2005年、35mm、102分。直木賞受賞作家の海老沢泰久が86年に発表した「空を飛んだオッチ」を原作に澤村正喜が映画監督初挑戦。詳細は同会HPのNEWS欄で。
【プログラム】
  第1部:ハンドベル 演奏 ミズティンカーベル
      「大きな古時計」「星に願いを」ほか
  第2部:映画「空を飛んだオッチ」上映
・日 時 :2008年7月24日(木) 18:00開場 18:30開演
・会 場 :札幌市教育文化会館(中央区北1西13) 小ホール
・入場料 :一般1,500円(当日1,800円)、子ども1,000円(当日1,300円)
      会員は大人800円、会員子ども400円
・お問合せ:子どもによい映画を見せる会 TEL 011-520-5353続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「日常をARTする」展@札幌

 〜H.I.P-A 紀伊國屋プロジェクト'08夏〜
 芸術家・中居栄幸が札幌の若手芸術家とともに、この夏紀伊國屋書店に集結。音楽家、画家、ダンサー、080718nichijouART家具デザイナーなどのあらゆる分野の表現者が紀伊國屋を舞台に、「日常をART」する。詳細は同店HPの案内欄で。
・会 期 :2008年7月18日(金)〜24日(日) 
・時 間 :10:00〜21:00(最終日17:00まで)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 2F ギャラリー&イベントスペース
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場無料
※ 7/19(土)〜22日(火)、1Fインナーガーデンでパフォーマンスあり 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

2008年07月23日

新井満氏講演会「いのちについて〜千の風、般若心経から石川啄木まで」@釧路市

 新井 満さん(公式HP)さんが、080723sennokaze「いのちについて〜千の風、般若心経から石川啄木まで」と題して講演する。道新釧根政経文化懇話会の特別例会で、釧路市民文化振興財団の共催事業。詳細は同財団HP掲載の右チラシで。
・日 時 :2008年7月23日(水) 13:00開場、13:30開演
・会 場 :釧路市生涯学習センターまなぼっと(地図) 大ホール
・入場料:前売 一般¥1200、道新ぶんぶんクラブ会員¥1000
     当日 一律¥1500 (全席自由)
・お問合せ:道新釧根政経文化懇話会事務局 TEL 0154-31-2703 
・主 催 :道新釧根政経文化懇話会、(財)釧路市民文化振興財団 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2008年07月22日

札幌で滞在制作中の海外アーティストが、カニの甲羅を募集@札幌

 NPO法人S-AIRでは、1999年より毎年数人のアーティストを札幌に招き、2〜3ヶ月間の滞在制作をサポートするアーティスト・イン・レジデンス・プログラム(AIR事業)を実施。今年は、21世紀東アジア青少年大交流計画(JENESYS programme)プログラムで、札幌に2008年6〜7月の約2カ月滞在する2人の作家、チャン・ヨンチア(HP)(Chang Yoong Chia、マレーシア)とウェイド・マイノウスキー(HP)(Wade Marynowski、オーストラリア)が現在、札幌で制作中。次のとおり協力を呼びかけている。詳細はS-AIRブログ案内記事で。
■ウェイドさん(オーストラリア人メディア作家)
 「求む!バルタン星人とダダ漫画」(募集終了 07/01追記)
 ウルトラマンのダダやバルタン星人のイラスト漫画をかける人を募集。
■ヨンチアさん(マレーシア人画家)
 「求む!タラバガニの甲羅」
 蟹の甲羅の内側に絵を描いており、毛ガニには沢山描いたが、
 大きなタラバガニの甲羅に描いてみたいとのこと。
・連絡先 :S-AIR info@@@s-air.org(@を一つ残してメール送信を) 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2008年07月21日

クリストフ・バゴノ写真展「最後の暗闇」@札幌

 仏生まれ札幌在住の写真家クリストフ・バゴノ(Christophe Bagonneau)氏(札幌アリアンス・フランセーズ学院長)が、080711Bagonneau撮影した白粉を塗った東日本の男性達の肖像写真展=右画像はDMハガキ=。この個展と同題の写真集『L'office des ténèbres:最後の暗闇』が2008年3月に発行されたばかり。(発行の螢侫.戰HPの案内欄参照)。
・会 期 :2008年7月11日(金)〜21日(月・祝)
・時 間 :11:00〜19:00 会期中無休
・会 場 :札幌市・ギャラリー門馬 ANNEX
      (中央区旭ヶ丘2丁目3-38 TEL 011-562-1055 地図
・入場無料
・参 考 :クリストフ・バゴノ写真集「最後の暗闇」出版(紹介記事) 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

映画「日本の青空」上映会@苫小牧市

 憲法誕生の真相を描いた「日本の青空」(公式HP)(大澤豊監督)を上映。映画は、憲法学者鈴木安蔵(1904〜1983年)を中心に、民間人が結成した「憲法研究会」が作成した憲法草案作成までの歩み、そして、それをもとにして作られたGHQ案と日本政府とのやりとりが、070503nihonnoaozora02ある雑誌の企画「憲法特集」の取材にそって描かれる。2007年、123分。
・日 時 :2008年7月21日(月・祝) 3回上映
      10:30、13:30、16:00
・会 場 :苫小牧市民会館 (TEL 0144-33-7191 地図)
・入場料 :前売1,000円(当日1,500円)
・お問合せ:映画「日本の青空」上映実行委員会 TEL 0144-32-7760 
・参 考 :2008年6月22日(日) 同実行委員会が先行試写会を開催

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

ゆうシアター‘80s 〜平成20年度優秀映画鑑賞推進事業〜@砂川市

 東京国立近代美術館フィルムセンターが文化庁とともに、所蔵映画フィルムの全国巡回上映事業を展開している「優秀映画鑑賞推進事業」平成20年度のプログラムから、1980年代の話題作、080720hanaichimonme「転校生」、「花いちもんめ」、「夢千代日記」の3本を各2回上映。ホールに飲食持込OK。作品の詳細は、同事業HPの案内欄で、上映の詳細は主催の「ゆう」HPの案内欄で確認を。
・日 時 :2008年7月20日(日)、21日(月・祝)
      10:00、13:00、16:00 両日とも3回
・会 場 :砂川市地域交流センターゆう(JR砂川駅直結) ミニホール
・入場料 :1作品のみ500円、2日間見放題1,000円
・お問合せ:NPO法人ゆう TEL 0125-54-3111 
※ プログラム、作品紹介 → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

栗谷川健一 北海道讃歌ポスター展@札幌

 JRタワー展望室T38がおくる「第14回JRタワーそらの展覧会」での企画。栗谷川 健一(くりやがわ・けんいち)さん(1911〜1999年)は岩見沢市出身、080705kuriyagawakennichi北海道のグラフィック・デザイン界の第一人者で、数々の観光ポスターや札幌オリンピック公式ポスター等でも知られる。日本国有鉄道北海道支社や各鉄道管理局の観光ポスターも多数手がけており、今回は、その中から代表的な作品約20点と、春夏秋冬をテーマとした版画8点を展示。詳細は、JRタワーHPの案内欄で。
・会 期 :2008年7月5日(土)〜21日(月)
・時 間 :9:30〜日没まで 
・会 場 :札幌・JRタワー展望室タワー・スリーエイト(38階)
・入場料 :観覧は無料だが、同タワーへの入場料が必要。
      大人 700円、中高生500円、小学生・幼児300円。
・お問合せ:ステラプレイス TEL 011-209-5500 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2008年07月20日

田仲ハル(即興舞踊)×飯田雅春(コントラバス) 「呼吸のゆくえ」@倶知安・小樽・札幌

 〜 一本の肉体と一体のコントラバスによる、即興デュオ 〜
 北方舞踏派、古舞族アルタイで活躍し現在21年ぶりに活動を再開している田仲ハルさんさんと、コントラバスの飯田雅春さん(公式HP)による「一本の肉体と一体の低弦による即興ユニットが、倶知安〜小樽〜札幌と、山海里へ北の短夏を駆け抜ける3日間」。2008年1月に上演された第1弾に続く、同じ2人・同じ公演名での第2弾。公演の詳細は田仲さんHPのスケジュール欄で。080718kokyuunoyukue
【倶知安公演】
・日 時 :2008年7月18日(金) 20:30開場 21:00開演
・会 場 :倶知安町・Pelicans Burger
      (北3条西3丁目 セブンイレブン向 TEL 090-1432-7950)
・料 金 :2,000円(1ドリンク) 
【小樽公演】
・日 時 :2008年7月19日(土) 16:30開場 17:00開演 
・会 場 :小樽市・菜ばな(最上1-3-13 TEL 0134-24-1713)
・料 金 :2,000円(1ドリンク)
【札幌公演】
・日 時 :2008年7月20日(日) 18:30開場 19:00開演 
・会 場 :札幌・奥井理ギャラリー (中央区旭ヶ丘5丁目6-61 地図 TEL 011-521-3)
・料 金 :2,500円(1ドリンク)
※ 公演案内、出演者プロフィール他 → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 演劇・ダンス