2008年11月

2008年11月30日

映画「007 慰めの報酬」特別試写会 @稚内市

 稚内市民有志でつくる「日本最北端都市 稚内に映画館を復活させる会」藤田幸洋代表)主催。映画評論家の品田雄吉さん(留萌管内遠別町出身)とソニー・ピクチャーズエンタテインメント社の佐野哲章さん、横田耕一市長、同会の藤田代表の4人がトークショーを行い、その後、081130nagusameno来春公開予定の新作映画「007 慰めの報酬」を上映。イギリスの諜報部に属するスパイ、ジェームズ・ボンドの諜報活動を描く人気スパイ・アクションのシリーズ第22弾。前作『007/カジノ・ロワイヤル』で愛するヴェスパーを失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていたミスター・ホワイトを追及していくうち、その裏にある悪の組織の存在を知る。任務と個人的な復讐の間で葛藤するボンドの姿を描く。2008年、米英。マーク・フォースター監督。先着1000人まで。
・日 時 :2008年11月30日(日) 17:30開場、18:30開演
・会 場 :稚内総合文化センター(中央3-13-23 TEL 0162-22-2727 )
・お問合せ:盛田 TEL 0162-23-4810(藤建設内)

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

JAM ART ROOM @札幌

 ART STUDIO jam(HP)(札幌、KEI氏主宰)による、アートと映像とパフォーマンスと音楽とお酒を楽しむイベント「JAM ART ROOM」が開催される。「仲間と共に過ごすようなお部屋をご提供いたします」とのこと。近未来美術研究所の荒木博士らが構成するユニット「ゾンビ」等が出演。KEI氏自身も「picture」で参加予定。詳細は、主催者HPの案内欄と、ATTICのサイトの案内欄で確認を。081130JamArtRoom
・日 時 :2008年11月30日(日) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :札幌・スペースATTIC
      (中央区南3西6長栄ビル4F TEL 011-676-6886)
・入場料 :1,000円(別途1ドリンク注文要)
・お問合せ:ART STUDIO jam
※ 出演ゲストなど → 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | 映画

「ふるさとをください」に出演の女優、石井めぐみさん講演会@岩見沢市

 全国の障害者共同作業所などでつくる日本共同作業所連絡会(きょうされん)30周年記念として作成された、元精神障害者達の作業所を巡る人々が、地域住民と共に生きようと奮闘する様子を描く映画「ふるさとをください」(公式HP)。この映画に出演している女優の石井めぐみさんは、生まれつき障害のある長男の8年7ケ月の人生を記したエッセー「笑ってよ、ゆっぴい」書籍情報=の著書があり、岩見沢市で体験談などの講演を行う。講演のみで映画の上映はないのでご注意を。
・日 時 :2008年11月30日(日) 13:30開演
・会 場 :岩見沢市・北海道グリーンランドホテルサンプラザ
      (4条東1丁目6-1 TEL 0126-23-7788)
・入場料 :無料 
・主 催 :岩見沢市手をつなぐ育成会(広域総合福祉センター内) TEL 0126-24-1621 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

中嶋幸治×國枝エミ ALGILLN’NE展「モーラ」@札幌

 青森県出身で昨年札幌に移り住んだ20代の俊英、中嶋幸治さんと、十勝管内幕別町出身の國枝エミさんの二人展。081118ALGILLNNE「一緒に暮らし始めた今年、中嶋さんの故郷 青森への旅、國枝さんの故郷幕別への旅、そこでふたりが共有する時間が主題」という。
・会 期 :2008年11月18日(火)〜30日(日)
・時 間 :11:00〜19:00
・会 場 :札幌・テンポラリースペース(TEL 011-737-5503)
     (北区北16条西5丁目1-8 地下鉄北18条下車5分 地図
・入場無料
・参 考 :
 )務て使術ネット別館HPの同展レポート記事 
 ∨務て使術ネット別館HPの昨年の中嶋幸治展の記事
      「Dam of wind,for the return」(2007/09/25〜30)続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

暖かく時間(とき)を照らす 北の灯り展@札幌

 「時計台補聴器センター」を展開しているデジタルヒヤリングでは、2008年10月から、札幌の同社補聴器センターの2階に、北海道と北欧の作家を中心としたクラフト・ギャラリー「ノーザンライフ」を開設。北欧輸入キッチン用品・食器類・小型家具等々の生活雑貨ショップと、北海道のクラフト製品の展示・販売ギャラリーとして展開を開始。クラフトが提案する「本当に豊かな生活」を提案していくという。081105kitanoakari世界的に知られる旭川ブランドの新たな札幌拠点としても今後が楽しみ。オープン第3弾では、クリスマス時期にあわせてキャンドル、木工芸、磁気などの小物を展示する。
・会 期 :2008年11月5日(水)〜30日(日)
・時 間 :10:30〜19:30(初日のみ14:30から)
・会 場 :札幌・クラフト&プロダクト「ノーザンライフ」
      中央区南2西2-11-1 時計台補聴器センター 2階
      (入口南向き、ラルズの北向かい、ラルズ西隣り)
      TEL 011-223-8228、 FAX 011-261-0266
・入場無料 
・ギャラリーサイト http://www.d-hearing.com/ 2008年12月初旬に開設予定 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

映画「ふみ子の海」バリアフリー上映会@函館市

 〜 ほんとうに大切なものは目に見えない 〜
 新潟県の盲学校で教鞭をとり、生涯を視覚障害者教育に捧げた粟津キヨさんの少女時代を描いた同名小説の実話をもとにした、感動のヒューマンドラマ「ふみ子の海」(公式HP)が函館市で上映される。近藤明男監督。出演は、鈴木理子、藤谷美紀、遠野凪子、遠藤賢一、高橋惠子ほか。2006年、日本、105分。080906fumikonoumi35mmフィルム。音声ガイド付き・日本語字幕付き・ミュージックサイン付きで上映。詳細は、しらかば薬局HPの案内欄で。
・日 時 :2008年11月30日(日) 3回上映
      10:00、13:00、15:30
・会 場 :函館市総合福祉センター (あいよる21) (若松町33-6)
・料 金 : 
  前売 一般・シルバー・大学生 1000円、小中高校生800円
  当日 一般1500円、大学1200円、シルバー・小中高生1000円
・主 催 :北海道ユニバーサル上映映画祭実行委員会 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 映画 

企画展「歴史的建造物の動的保存と環境的アプローチ」@札幌市

 北大総合博物館で、第62回北大総合博物館企画展示「歴史的建造物の動的保存と環境的アプローチ」と題した企画が行われ、あわせて15日には第一線の専門家によるシンポジウムが開催される。詳細は同館HPの案内欄で。
【企画展示】081114rekisiteki
・会 期 :2008年11月14日(金)〜11月30日(日)
・時 間 :10:00〜16:00
      (11月17日(月)、25日(火)は休館)
・会 場 ::札幌市・北海道大学総合博物館 1F 知の統合コーナー他
      (北区北10条西8丁目 地図
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 011-706-2658 
      museum-jimu@museum.hokudai.ac.jp 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

北海道教育大学札幌校 視覚・映像デザイン研究室 岩見沢校映像研究室展@札幌

 札幌の映像作家、伊藤隆介氏が率いる北海道教育大学視覚映像デザイン研究室では、映像・アニメーション・グラフィック・立体作品などの制作・研究を行っている。その札幌校と岩見沢校の研究室の学生達によるグループ展。同研究室からは、佐竹真紀さん(HP)が、NHK BSのテレビ番組「デジタル・スタジアム(デジスタ)」で、2006年の081125design映像部門グランプリに選出されるなど、数々の新進映像作家を輩出している。右画像は今回のDMハガキ。
・会 期 :2008年11月25日(火)〜30日(日)
      11/25 18:00からオープニングパーティー
・時 間 :10:00〜18:00(最終日のみ17:00まで)
・会 場 :札幌市・コンチネンタルギャラリー
      (中央区南1条西11丁目コンチネンタルビルB1
       地下鉄東西線「西11丁目」駅2番出口徒歩1分)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-211-0488 
・参 考:札幌のクリエイター支援サイトCROSSINGが同研究室の新進アニメーション作家を紹介
      kocka(コチカ)代表の高橋幸子さんインタビュー記事(2008/11/10) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | 映画

森雅之さんの原画展「散歩手帖」@浦河町

 札幌を拠点に活躍する漫画家森 雅之さん(1957年生まれ)の「散歩手帖」(大和書房)=書籍情報=の原画展が浦河町で開催される。森さんは19歳で作家デビュー、雑誌連載や北海道新聞日曜版の表紙などで作品を発表。「ペッパーミント物語」で1996年度日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。少年少女達の日常のさりげないエピソードや宇宙への憧れを詩情豊かに描く。081101sanpotecyou展示される「散歩手帖」は2008年1月発行の新作。1〜数ページの短い絵物語やマンガ、詩のコレクションを、春夏秋冬の季節ごとに収録。二色刷りで、季節によって色が違う。浦河町は森さんの出身地。会場の町立図書館の図書カードの天使のイラストは森さんのイラストとのこと。
・会 期 :2008年11月1日(土)〜30日(日)
・時 間 :10:00〜18:00
・会 場 :浦河町浦河町立図書館
     (浦河郡浦河町大通3丁目52番地)
・入場無料 
・お問合せ:同図書館 TEL 0146-22-2347 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

札幌宮の森美術館の期間限定ミュージアムショップ「Whats!? shop'n'Show」@札幌

 札幌宮の森美術館が、期間限定のユニークな美術ショップ「WHAT'S!? SHOP&SHOW」を札幌パルコ店内に誕生させる。各期間ごとに招かれたゲストクリエイターが美術館と共同で空間を構成、作品や商品をただ見るだけではなく、体感し、触れて、遊ぶことができる。その他、店内には常時、ポストカードからミュージアムグッズ、デザイン雑貨、1点もののアートワーク等までを展示販売する。詳細は同美術館HPの案内欄で。081101WHATS
・会 期 :2008年11月1日(土)〜2009年2月1日(日)
  11月1日(土)〜30日(日)  What's 折り紙・アート!?
    cochae×軸原ヨウスケ (2008年グッドデザイン賞受賞)
  12月1日(月)〜12月31日(水) What's ラジカセ・アート!?
    Design Underground×松崎順一
  2009年1月1日(木)〜18日(日) What'sHappen ?
・時 間 :10:00〜20:00(土曜20:30まで)
・会 場 :札幌パルコ(中央区南1西3) 本館7F
・入場無料
・お問合せ:札幌パルコ TEL 011-214-2111(代表) 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホール・施設 | 美術

響け大空へ 金子卓義の書@函館市

 金子卓義(1943〜2006年)は、北海道松前町出身で文化勲章受賞者である近代詩文を確立した書家・金子鴎亭の次男として東京に生まれ、父を師として早くから書に親しむ。古今の書の研究や実験的制作なども重ねながら、現代日本の書道界において意欲的な活動を続けた。毎日芸術賞受賞などの高い評価も受け、理論、創作、普及など多岐にわたって多彩な活躍をみせ、また創玄書道会理事長としても重責を担ったが、2006年、書業半ばで急逝。本展では、初期からの代表作約63点を展示し、書業の軌跡をたどる。081012kanekotakayoshi詳細は道立函館美術館HPの案内欄チラシ(PDFファイル)で。
・会 期 :2008年10月12日(日)〜11月30日(日)
・休館日 :月曜休館(10/13、11/3、11/24は開館)
      10月14日(火)、11月25日(火)
・時 間 :9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :函館市・道立函館美術館(五稜郭町37-6)
・入場料 :( )内は前売りおよび団体料金
  一般・大学1,000(750)円、高大生600(450)円、小学生300(250)円
・お問合せ:同館 TEL 0138-56-6311
※ 関連事業 → 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

「小樽ちまちま文豪展」〜高山美香ミニチュア人形の世界〜@小樽市

 札幌市在住のイラストレーター高山 美香さん制作の紙粘土細工のミニチュア作家像等を展示する企画展。小林多喜二、伊藤整、並木凡平など小樽ゆかりの文豪をはじめ、織田信長や徳川家康、クレオパトラなど国内外の偉人達のミニチュア人形全75点を展示。克明な考証により製作された人形達は、大半が約10〜15cm。表情やポーズ、衣服に至るまで丁寧に作りこまれ、モデルの人物や佇まいがユーモラスに伝わって来る。「人形に添えられる高山さんのエッセイにも注目を」とのこと。081003takayamamiki詳細は小樽文学館HPの案内欄で。
・会 期 :2008年10月3日(金)〜11月30日(日)
・休館日 :毎週月曜(除10月13日、11月3・24日)
      10月14(火)・15日(水)/11月4(火)・5日(水)/
      11月25(火)・26日(水)
・時 間 : 9:30〜17:00  月曜定休
・会 場 :小樽市・市立小樽文学館(色内1丁目9番5号 市分庁舎 地図
・入場料 :一般300円、高校生・70歳以上の市内在住者150円、中学生以下無料。
・お問合せ:同館 TEL&FAX 0134-32-2388
・参 考 :小樽ジャーナルの紹介記事(2008/10/02) 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(6) 美術 | 文学

第3回佐藤香織点描画展@札幌

 札幌の若手作家、佐藤香織(さとう・かおり)さん(HP)の点描画の作品展。主に丸ペンやサインペンによるモノクローム調の点描で、081101satoukaori身近な日常からイマジネーションをふくらませた不思議な世界を展開、繊細な「気配」とともに描く。2007年は札幌のカフェエスキス(記事)や小樽ウィングベイ(記事)で個展を開催、透明な質感の表現や独自のファンタジー世界が注目されている=右画像はDMハガキ=。
・会 期 :2008年11月1日(土)〜30日(日)
・時 間 : 7:00〜19:00 会期中無休
・会 場 :札幌市・札幌丘珠空港ビル  3F 特設会場&2F出発ロビー
      (東区丘珠町 アクセス
・入場無料 
・参考記事:北海道美術ネット別館HPのレポート記事(2008/11/18) 続きを読む

bluebook at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

第2回北海道インディペンデント映像フェスティバル(略称HICF)、作品募集

 2008年に始まった北海道インディペンデント映像フェスティバル(略称HICF)は、北海道の映像制作を応援し作家に上映の場を提供すること、北海道から映像を発信していく機会を作ることを目的に行われる映像作品コンペ。応募された作品は全て無審査で上映、審査員から参加全作品に対して審査内容を含め公開講評を行う。第1回(記事)では、グランプリ受賞作(記事)に札幌の市民映画館シアターキノでの上映権を、また審査員特別賞(記事)と観客賞(記事)には市民有志が運営するフリースペースATTICでの特集上映が企画された。第2回でも、グランプリ受賞作品にはキノでの上映権が贈られるほか、全国のミニシアターでの上映の道も探る予定。詳細は、同映画祭HPの第2回エントリー案内欄で確認を。080801HICF
・募集期間:2008年8月1日(金)〜11月30日(日)
・作品媒体の郵送締切:2008年12月26日(金) 必着
・応募条件:北海道在住者、もしくは在住経験者(年齢・国籍不問)
・映像ジャンル:基本的に自由(内容によっては上映できないものあり)
・制作年 :2007年以降に制作された作品に限る 
・時間・本数:1人3作品、合計2時間まで(それ以上は要相談)
・フォーマット:DVD、8mm、16mmに限る
・参加費 :1作品につき2,000円(フェス前売券3枚を進呈)
・応募方法:同映画祭エントリー欄から http://www.a-yaneura.com/hicf/  続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

2008年11月29日

パレスチナ・シネマ・ナイト@札幌

 世界の人権問題をみつめ続けているアムネスティ・インターナショナル日本札幌28グループ主催の上映会。パレスチナを描いたドキュメンタリー映画を通して、現地の状況や人権について理解を深める催し。「アルナの子どもたち」(2004年、イスラエル、84分)と、「ビリン 闘いの村」(公式HP)(2007年、日本、61分)の2作品を上映。「ビリン〜」の佐藤レオ監督が来札、上映後は監督のトークと歓談の時間も設けられる。パレスチナ刺繍のグッズやアラビックな軽食などの販売、081129palestinaパレスチナの人たちのための手紙書きも実施予定。詳細はATTICのサイトの案内欄で。
・日 時 :2008年11月29日(土)  開場18:00、開演18:30
      18:45 「アルナの子どもたち」上映
      20:30 「ビリン 闘いの村」上映と監督ティーチイン
・会 場 :札幌・スペースATTIC
      (中央区南3西6長栄ビル4F TEL 011-676-6886)
・入場料 :前売 学生1,000円、一般1,200円。当日1,500円。
・お問合せ:アムネスティ・インターナショナル日本 札幌28グループ
      TEL 011−622−5453(高見)
※ 上映作品紹介など → 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

劇団デパートメントシアター・アレフ 第5回 ビデオ上映会 禿頭豹群Act1「喪失電車−ウシナ・ワレタという名の街−」@札幌

 劇団デパートメントシアター・アレフ(故・萬年俊明さん主宰)は、1983年から1990年までの8年間、札幌を拠点にオリジナルの17作品を上演、東京「下北沢駅前劇場」でも公演するなど札幌の演劇史に一時代を画した。全作品を萬年氏が作・演出し、小劇場・廃墟・野外空間・屋上など多彩な空間で芝居を展開、意表を衝く仕掛けやロック・ダンス・映像等とのコラボレーション等でも注目を集めた。今回、札幌での回顧展(2008/04/26〜05/01)が開催されたのを機に、ファンの要望に応えて、その後月1回のペースで、ALEPH Days 公演ビデオ上映会を開催。第5回目の今回は、1987年8月28日〜30日に全4回上演された禿頭豹群(スキンヘッド・ジャガーズ)Act1「喪失電車(アムネジア・トゥレイン)−ウシナ・ワレタという名の街−」(作・演出:萬年俊明)を上映。今はなき札幌本多小劇場で上演された作品で、客席を取り払って巨大な舞台空間を創出。「5メートルの塔が轟音とともに倒壊する。円形舞台の中央に池が現われ、激しく雨が降り注ぐ。劇場使用の限界に挑戦した大規模で、スペクタクルな舞台装置の中で、ひとりの男の回想が、悪夢のように形を変えて幻想世界が現出する」とのこと。詳細は、「百貨劇場の想い出」ブログ案内欄で。
・日 時 :2008年11月29日(土) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :札幌市・ ラグリグラ劇場 (南区澄川3条3丁目 米永ビル2F 地図)
・入場無料
・お問合せ:ラグ事務所 TEL 011-813-8338 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | 演劇・ダンス

文学フォーラム「佐藤泰志とその世界」@函館市

 「きみの鳥はうたえる」などの作品で5度まで芥川賞候補になりながら、41歳で自ら命を絶った、函館市出身の作家 佐藤 泰志(さとう・やすし、1949〜1990年)。2007年10月には、東京・吉祥寺の出版社クレインより『佐藤泰志作品集』書籍情報=(記事)が刊行され、現在再び注目を集めている。刊行一周年のこの11月、東京と函館で「佐藤泰志を語る会」が開かれる。函館開催の詳細は、作品集を出版した図書出版クレインブログ案内記事で。081213nanook
【プログラム】
  第1部 講演「佐藤泰志とその世界」
      講師=文 弘樹 (図書出版クレイン代表)
  第2部 パネルディスカッション「いま、佐藤泰志をどう評価するか」
      フリートーク〜文弘樹氏、陳有崎氏、大城道雄氏ほか
・日 時 :2008年11月29日(土) 14:00〜16:00
・会 場 :函館市労働者総合福祉センター(サン・リフレ函館)
      (大森町2番14号 TEL 0138-23-2556 地図
・参加費 :1,000円(資料代含む)
・主 催 :はこだてルネサンスの会
・お申込み:西堀:TEL&FAX 0138-32-4052
      e-mail  nishibori@ms7.ncv.ne.jp 
・参 考 :北海道新聞HPの同フォーラムの記事(2008/11/14) 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 文学 

第38回サイエンス・カフェ札幌「宇宙からきた石のささやき〜隕石研究が解読する太陽系の歴史〜」@札幌

 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(HP)(略称CoSTEP)が実施しているサイエンス・カフェは、飲み物を片手に気軽に科学の話を楽しむ参加型イベント。今回は、081129ScienceCafe38北海道大学大学院理学研究員教授で宇宙化学がご専門の圦本 尚義(ゆりもと ひさよし)さんをお招きする。会場に隕石の実物も用意、研究の最前線のお話をうかがう。詳細は主催のCOSTEPのHP内の案内欄で。
・日 時 :2008年11月29日(土) 会場13:40、14:00〜15:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1階インナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・参 加 :参加無料、定員は約100人。
  申込不要、当日直接会場へ。飲物は各自会場内ショップで購入を
・お問合せ:TEL&FAX 011-706-3868 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「ふるさとをください」上映と石井めぐみさんトーク@栗山町

 全国の障害者共同作業所などでつくる日本共同作業所連絡会(きょうされん)30周年記念として作成された、ジェームス三木脚本の映画「ふるさとをください」(公式HP)が、栗山町でも上映される。入院・入所から地域社会へ・・・。元精神障害者達の作業所を巡る人々が、地域住民と共に生きようと奮闘する様子を描く。モデルは、和歌山市の社会福祉法人による町づくり活動「麦の郷」。94分、富永賢治監督。出演は、大路恵美、ベンガルほか。当日は上映に先立って、出演女優で、生まれつき障害のある長男の8年7ケ月の人生を記したエッセー「笑ってよ、ゆっぴい」=書籍情報=の著書がある石井めぐみさんトークも行われる。080322furusatowo当日は、主催の「栗山のワークセンター栗の木」の知的障害者達が社会的自立を目指して製造している、話題のオリジナルハスキーパンを先着200名にプレゼントする。
・日 時 :2008年11月29日(土) 13:30開演
      13:30〜14:05 トーク
      14:15〜16:45 映画上映
・会 場 :栗山町・カルチャープラザEki
      (中央2丁目 TEL 0123-73-3333)
・入場料 :無料
・主催者 :NPO法人栗山町手をつなぐ育成会
・お問合せ:栗山のワークセンター栗の木 TEL 0123-72-4073 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

釧路アートシネマ館「シャレード」上映@釧路

 釧路芸術館の「アートシネマ館2008」では、洋画の名作を5月から2月まで毎月1作品ずつ上映。11月は、オードリー・ヘップバーン主演の「シャレード」DVD情報=を上映。オードリー・ヘップバーン、ケーリー・グラント、ウォルター・マッソーほか出演。連続殺人をめぐってのミステリー・コメディ。スキー場からパリの自宅へ戻ってきたレジーナ(ヘプバーン)を待っていたのは、離婚予定だった夫の死。葬儀の会場には見知らぬ三人の男が現れ、大使館では情報局長(マッソー)から、シャレード戦時中に夫が軍資金25万ドルを横領していた事を聞かされる。五里霧中のレジーナはスキー場で知り合ったピーター(グラント)に助けを求めるが、彼もまた三人組の仲間だった……。製作・監督はスタンリー・ドーネン、脚本はピーター・ストーン、撮影はチャールズ・ラング。音楽はヘンリー・マンシーニ。1963年、米、113分。詳細は同美術館HPの案内パンフレット(PDFファイル)で。
・日 時 :2008年11月29日(土) 10:00、14:00
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 アートホール
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

てんつくマン『107+1〜天国はつくるもの〜』上映&中山なおこ講演会@室蘭・白老

 「動けば変わる」を合言葉に、沖縄、沖縄と鹿児島の海上、アフガニスタンを舞台にしたドキュメンタリー『107+1〜天国はつくるもの〜』(公式HP)上映と、北海道OFFDAYプロジェクト代表中山なおこさんの講演会が室蘭市と白老町で開かれる。映画は、てんつくマンこと軌保博光監督作品。127分。上映の詳細は同プロジェクトHPの案内欄で。081128tentsuku
【室蘭】
・日 時 :2008年11月28日(金) 10:00、 18:00
・会 場 :室蘭市・中小企業センター(東町4丁目)
【白老】
・日 時 :2008年11月29日(土) 10:00
・会 場 :白老町・総合保健福祉センターいきいき4・6(東町4-6-7)   
・入場料 :2,000円、両会場とも託児あり(無料)
・お申込み: OFFDAYプロジェクト事務局 メール offday@woodnote.jp
  室蘭上映会 鈴木  TEL 090-6447-1313
  白老上映会 佐々木 TEL 090-8428-1919

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2008年11月28日

映像交流会「Fine Time CINEMA」 @札幌

 札幌のスペースATTICでは、「Fine time CINEMA」と題して、映像制作や出演、鑑賞に興味のある方が気軽に自己紹介したり、情報交換したりと交流する場を月1回程度で、定期的に開催。参加者はプロ、アマ不問。映像作品を観るのが好きだという方も歓迎している。今回は、2008年10月から札幌のNPO法人S-AIRの招きで札幌で滞在制作中のカナダの映像作家、マリー・ホセ・サンピエールさん(Marie-Jos Saint-Pierre)がゲストに参加招(通訳付き)。サンピエールさんは、実写とアニメーションを組み合わせたドキュメンタリー的な独自の技法による映像を製作。第1回札幌国際短編映画祭080516FineTimeCinema02最優秀コンテンポラリー賞を受賞した「マクラーレンの世界」(原題:McLaren's Negatives、2005年、10分)は(同映画祭の作品紹介)を特別上映する。詳細はATTICのサイトの案内欄で。
・日 時 :2008年11月28日(金) 19:30開場、20:00開演 
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F )
・入場料 : 500円、飲食の持込自由
・お問合せ:ATTIC TEL 011-676-6886 

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

森達也の第3回メディアゼミ@札幌

 札幌の市民映画館シアターキノが昨年始めた、「森達也のメディアゼミ」第3弾が開催される。映画監督・ドキュメンタリー作家の森 達也さん(公式HP)が来場、1999年に手がけたTVドキュメンタリー「1999年のよだかの星」(参考:フジテレビHPの案内欄、99年10月2日放送)を上映。宮沢賢治の童話「よだかの星」に081128moritastuyaインスパイアされた森達也が、絵本と実写とのコラポレーションという手法で動物実験というジャンルに挑んだ短編。上映後に、ゼミとティーチインを行う。詳細はキノHPの案内欄で。
・日 時 :2008年11月28日(金) 19:10
      (当初の19:00から時間変更 11/18追記) 
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :入場整理番号付限定チケット1800円
      (市民株主・会員・高校生、各証明書提示で1200円)
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 
・参 考 :森達也のメディアゼミ第1回(207/03/10、記事) 続きを読む

bluebook at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

微生物生態学会サイエンスカフェ「深海のバイオハンター〜水深2,450m、360℃の深海で生命進化の謎を探る〜」@札幌

 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(HP)(略称CoSTEP)が実施しているサイエンス・カフェは、飲み物を片手に気軽に科学の話を楽しむ参加型イベント。今回は、ゲストにJAMSTEC/海洋研究開発機構極限環境生物圏研究センター高井 研さんを招き、081128ScienceCafe謎に満ちた深海の世界と、深海生物研究の最前線等についてお話をうかがう。詳細は会場の紀伊國屋書店HPの案内欄ほかで。
・日 時 :2008年11月28日(金) 開場18:10、18:30〜20:00
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1階インナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・参 加 :参加無料、定員は約100人(うち座席は70席)。
  申込不要、当日直接会場へ。飲物は各自会場内ショップで購入を
・お問合せ:TEL&FAX 011-706-3868 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「フォーラム in 札幌時計台」第3期 開催@札幌

 〜 政治を語ろう 未来を創ろう 〜
 北海道大学法学部の山口二郎教授(公式HP)が中心となり、市民と一緒に政治や社会問題を考える「デモスノルテ」主催の「札幌時計台フォーラム」シリーズ第3弾が2008年8月からスタート、政治や文学等の研究者・評論家を招いて講座を連続して開催する。今期のテーマは「メディアのいま現在 〜ニュースの深層を読み解くためのレッスン〜」で全5回。チケットは早めにお求めを。詳細は山口教授HPほかで。081015ForumTokeidai
・会 期 :2008年8月18日(月)、9月12日(金)、10月2日(木)、
      10月15日(水)、11月28日(金) 全5回 
  次 回 第14回=11月28日(金) 18:00〜20:00
        講師:金平茂紀(Kanehira Shigeki) TBS報道局長
・会 場 :
  第10回、14回    北海道大学百年記念会館 札幌市北区北9条西5丁目
  第11回、12回、13回 札幌市・札幌時計台 2F ホール
      (中央区北1条西2丁目 TEL 011-231-0838)  
・入場料 :各日1,000円
・主 催 :デモスノルテ DemosNorte
・お問合せ:TEL(011)706−3140 北海道大学法学部 山口研究室 
※ 講座プログラム → 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

2008年11月27日

映画「蟹工船」上映会@帯広市

 〜小林多喜二不朽の名作が、格差社会の現代に再び警鐘を鳴らす〜
 小林多喜二原作の映画「蟹工船」(1953)=DVD情報=を上映。原作は、1929年に発表されたプロレタリア文学の代表作。カムチャッカ沖で操業する蟹工船で、劣悪な環境で非人間的な労働を強いられる貧しい労働者達の生活と闘争を描く。1953年、独立ぷろ制作、110分。脚本・監督:山村聡。出演は山村聡、森雅之、日高澄子、河野秋武、森川信、花澤徳衛ほか。音楽は伊福部昭。小説「蟹工船」は、ワーキングプアや格差社会が話題となる現代、若者を中心に共感を呼び、異例の売上を記録するブームになっている。
・日 時 :2008年11月27日(木) 2回上映
      14:30、 18:30 (開場各30分前)
・会 場 :帯広市民文化ホール 小ホール(西5条南11丁目48-2 地図
・入場料 :一般 前売1,000円(当日1,500円)、高校生以下500円
・お問合せ:「蟹工船」観る会実行委員会(丸山) TEL 0155-35-3811 
・参 考 :白樺文学館 多喜二ライブラリー  

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2008年11月26日

イグノーベル賞受賞記念 〜北大・中垣俊之准教授が語る粘菌の不思議〜@札幌

   Biz Labo イグノーベル賞受賞記念
   〜北大・中垣俊之准教授が語る粘菌の不思議〜
 米国の科学ユーモア雑誌によって1991年に創設されたイグノーベル賞(The Ig Nobel Prizes)」は、「人々を笑わせ、考えさせ、そして科学への興味を引き起こす研究」に与えられる賞。今月2日行われた2008年のイグノーベル賞(認識科学部門)に2年連続で日本人、そして北海道大学電子科学研究所准教授の中垣俊之氏が受賞した(他5名と共同受賞)。受賞理由は、アメーバのような動きをする単細胞生物「真正粘菌」が迷路の最短距離を導き出し、人間にとっても難しい迷路の探索を、脳も神経もない粘菌ができることを発見したこと。今回、札幌ビズカフェが、中垣准教授が受賞された研究についてお話をうかがう。リラックスした雰囲気でドリンクを片手に中垣先生のお話を聞く。気軽に参加を。詳細は札幌ビズカフェHPの案内欄で。
・日 時 :2008年11月26日(水) 19:00〜20:00
・会 場 :札幌ビズカフェ(北区北7条西4丁目5-1 伊藤110ビル2F 地図
・参加費 :500円(ワンドリンク付)
・定 員 :先着25名
・申 込 :「ビズラボ参加」として、名前と所属を明記し、
      札幌ビズカフェ・齊藤(s-takuo@tri-b.co.jp)までメールで申込みを 
・参 考 :北海道大学創成科学共同研究機構HPの中垣教授の研究紹介欄 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

ゆうばりキネマクラブ 11月上映会『歩いても歩いても』@夕張市

 夕張市で「映画の灯」を守ろうと活動している市民団体ゆうばりキネマクラブ(HP)の11月の上映会は、「歩いても歩いても」(公式HP)を上映。『ワンダフルライフ』や『誰も知らない』など、国内外で高い評価を受けている是枝裕和監督の新作で、成長して巣立った子供たちと老夫婦の、081124aruitemoある一日をたどるホームドラマ。出演は、阿部寛・夏川結衣・YOU・高橋和也・田中祥平・樹木希林・原田芳雄、他(敬称略)。2008年、日本。詳細はゆうばりキネマクラブHPのブログの記事で。
・日 時 :2008年11月24日(月・祝)〜26日(水) 4回上映
     11/24(月) 大ホール  15:00
     11/25(火) シネサロン 18:00
     11/26(水) シネサロン 13:00、18:00
・会 場 :夕張市・ゆうばり市民会館(本町4丁目)
・料 金 :一般1,200円、小中高500円。会員1,000円

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2008年11月25日

早川渉監督によるおススメ映像の「覆面上映会」第2弾 @札幌

 劇場映画「壁男」DVD情報=や北海道新聞のテレビCM等(記事)でも活躍する早川 渉監督は、映画マニアでもあり、今回、絶対面白いモノを見せる上映会を開く。「見せてくれるモノは当日までわからず、一体どんなものが見らられるのかは当日会場にいらっしゃったお客様のみのお楽しみ。というわけで覆面という怪しげな名前をつけてしまいました」とのこと。11月18日(火)の第1弾(記事)に続いての開催。気軽な参加を呼びかけている。当日参加も可能だが、出来れば事前にメール予約を。詳細はATTICのサイトの案内欄で。
・日 時 :2008年11月25日(火) 19:30開始
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F )
・入場料 :500円
・お問合せ:ATTIC TEL 011-676-6886 
・申込方法 メールで事前申込歓迎(@@を@にして送信を)
      件名「覆面希望」と書いて、kajita@@a-yaneura.comまで 続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

「ふみ子の海」上映@斜里町

 〜 ほんとうに大切なものは目に見えない 〜
 新潟県の盲学校で教鞭をとり、生涯を視覚障害者教育に捧げた粟津キヨさんの少女時代を描いた同名小説の実話をもとにした、感動のヒューマンドラマ「ふみ子の海」(公式HP)を上映。近藤明男監督。出演は、鈴木理子、藤谷美紀、遠野凪子、080906fumikonoumi遠藤賢一、高橋惠子ほか。2006年、日本、105分。ふみ子のマッサージの師匠を演じた高橋惠子さんが来場、舞台挨拶がある。
・日 時 :2008年11月25日(火)
      上映 13:30〜15:15、18:30〜20:15
      高橋惠子さん舞台挨拶 15:15、18:00
・会 場 :斜里町産業会館
・料 金 :前売 一般・シルバー・障害者・大学生 1000円、
      前売 小中高校生800円
・お問合せ:知床どんぐりの家 TEL 0152-23-2711

bluebook at 13:30|PermalinkComments(3)TrackBack(4) 映画 

2008年の日本の傑作CM、ACC CM FESTIVAL 入賞作品発表会@札幌

  (社)全日本シーエム放送連盟(略称ACC)が毎年主催するCMフェスティバルの2008年度入賞作品の発表会が全国巡回中。081125ACCCMFes48北海道は札幌で開催。上映会の詳細は同HPの「2008 48th ACC CM FESTIVAL」入賞作品発表会スケジュール等で。
・日 時 :2008年11月25日(火) 13:30〜16:00
・会 場 :札幌市・STVホール
      (中央区北1西8 TEL 011-241-1181)
・入場無料、整理券=右画像=を札幌市内のTV・ラジオ放送局窓口で配布中。
・お問合せ:北海道放送(HBC) TEL 011-232-5863
・主 催 :(社)全日本シーエム放送連盟(略称ACC)
【最近の開催】
 ・ 2005年「ACC CMフェスティバル」入賞作品発表会の記事(2005/11/28、札幌)
 ・ 2006年「ACC CMフェスティバル」入賞作品発表会の記事(2006/1/27、札幌)
 ・ 2007年「ACC CMフェスティバル」入賞作品発表会の記事(2007/11/27、札幌)

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

2008年11月24日

「琉球カウボーイ、よろしくゴザイマス。」劇場公開@浦河町

 沖縄県産映画「琉球カウボーイズ、よろしくゴザイマス。」(公式HP)が浦河町でも劇場公開される。11月24日(月・祝)の19:00の上映後には、081121ryuukyuu出演者の奈須重樹さん(「やちむん」ボーカル・ギター)のトーク&ライブを行う。映画は、沖縄で活躍する3人の若手監督が描く、オキナワカルチャー満載の3編の短編オムニバス。2007年、日本、94分。
・会 期 :2008年11月19日(水)〜21日(金)、11月24日(月・祝) 
・時 間 :11/19〜21 10:00、13:30、19:00
      11/24   19:00のみ(上映後に奈須さんトーク&ライブ)
・会 場 :浦河町・大黒座(浦河町大通2-18)
・入場料 :前売 一般 1,200円(当日1,500円)、小中高生800円(同1,000円)
・お問合せ:同館  TEL 01462-2-2149 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

映画「アメリカばんざい〜crazy as usual〜」と講演の夕べ@札幌

 新得町在住の藤本幸久監督らが製作を進めてきたドキュメンタリー映画「アメリカばんざい〜crazy as usual〜」(公式HP)が札幌で再上映される。藤本監督が、日本や韓国で米軍基地存続反対運動を続ける人々の記録映画「Marines Go Home(マリーンズ・ゴー・ホーム)」(2005年)を製作して、沖縄で出会った米兵から感じた「彼らはどこから来たのか? なぜ兵士になったのか? そしてどこへ行くのか?」という疑問を追い求め、影山あさ子さん(フリージャーナリスト)らとともに、2006年から約2年半、計7回200日に及ぶ取材撮影をまとめたもの。戦死、PTSD、貧困、失業、ホームレス、家族の崩壊、社会からの孤立、弱者への暴力。戦争が守るべき自国民にもたらす負の側面が見えて来る。2008年、日本、120分。2008年7月26日(土)、東京のポレポレ東中野080822AmericaBanzai皮切りに全国各地で公開、静かな反響を呼んでいる。映画の詳細は、ポレポレの紹介欄に詳しい。上映後、榎本栄次郎牧師の講演も。
・日 時 :2008年11月24日(月・祝) 14:00〜18:00 
    14:00 映画上映
    16:30 講演「平和運動と人づくり」 講師:榎本栄次郎牧師
・会 場 :札幌市・北海道クリスチャンセンター(北区7西6 地図)2Fホール
・入場料 :映画会1,000円、講演は無料
・主 催 :北海道キリスト者平和の会 TEL 011-736-3388
・映画公式サイト http://www.america-banzai.com/  

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

関口現監督ほかによる「フラノスタイル 映像制作ワークショップ」 @富良野市

 フラノスタイル 映像制作ワークショップ 〜Furano Short Movie Festa〜
 NTTドコモ、富士通、サントリーBOSSなどのCMを制作したCMディレクター&映画監督の関口 現氏を講師に迎えての映像制作のワークショップが富良野市で開催される。制作監修に富良野塾卒業生で劇団「FICTION」を主宰する山下澄人氏(ブログ)を迎え、富良野高校生が出演するオリジナルビデオムービー作品の上映や、上富良野、中富良野、南富良野、占冠の方々が制作、制作協力をしていただき、制作されたPRビデオムービー作品を上映する。司会進行は福島カツシゲさん。081124eizoufurano映像作りの方法など、実際の編集作業をトークを交えながら舞台上で行うので「映像作りに興味がある方は是非ご来場を」とのこと。詳細は案内欄で。
・日 時 :2008年11月24日(月・祝) 14:00開演
・会 場 :富良野市・ふらの演劇工房 
      (TEL 167-22-3800 地図、JR駅から無料送迎バスあり)
・入場無料
・主 催 :(社)富良野青年会議所
・後 援 :NPO法人ふらの演劇工房 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

北海道公共図書館司書会・創立30周年記念講演会「本の未来、図書館の未来」@札幌

 北海道公共図書館司書会では、創立30周年を記念して本の世界を考える講演会を開く。第1部では、昨年「このミステリーがすごい!」で第1位に選ばれた「警官の血」が来春テレビ化、札幌が舞台の「笑う警官」は映画化、初のルポ・エッセイ「わが夕張わがエトロフ」が出版されるなど、活躍中の作家の佐々木譲さんが、その本の世界を語る。第2部では、ユニークな活動で全国から注目を浴びている、札幌くすみ書房の店主久住店長と、丹羽司書会副会長も加わって、本の世界を掘り下げる。本と図書館に興味のある方はどなたでも参加を。詳細は道立図書館HPの図書館イベント情報・北海道にも詳しい。081124tosyokanmirai
・日 時 :2008年11月24日(月・祝) 13:30〜16:30 
    第1部 講演「作家佐々木譲が語る本の世界」 
        講師:佐々木 譲氏(作家)
    第2部 鼎談「本の未来、図書館の未来」
        佐々木 譲氏、
        久住 邦晴氏(くすみ書房代表取締役)
        丹羽 秀人氏(石狩市民図書館副館長)
・会 場 :札幌市中央図書館 (中央区南22西13) 3階講堂
・参加費 :2,000円(司書会会員を除く) 当日、会場で支払いを。
・お問合せ:北海道立図書館司書会事務局
       宮本(北海道立図書館 TEL011-386-8521)
       工藤(幕別町図書館 TEL0155-54-4488) 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 

「宮崎駿のすべて〜『「ポニョ』密着300日 〜」TV 再放送@NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」

 様々な分野の第一線で活躍する一流の「プロ」の仕事を徹底的に掘り下げる、NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」(公式HP)で、映画監督・宮崎 駿(みやざき・はやお、67歳)さんの仕事に迫る。夏休みスペシャルとして今年8月に放送され、今回は待望の再放送。4年ぶりの新作「崖の上のポニョ」(公式HP)が7月に公開されたばかり。宮崎自身が「最後の長編」と語る、080805ponyo宮崎アニメの集大成ともいえる作品。同番組では、去年3月、映画の構想準備段階の密着ドキュメントを放送(記事)したが、その後も密着取材を続行、2年間、のべ300日にわたって宮崎駿の創作の現場を記録し続けてきた。放送の詳細は番組HPの案内欄で。
・番 組 :NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」(公式HP)
・放送日 :2008年8月5日(火) 22:00〜23:28(88分) 終了
・再放送 :2008年11月24日(月・祝) 13:05〜14:35
【参考】
  ゝ楮蟒抓篤弔取締役を務めるスタジオジブリ(公式HP)
 ◆高畑勲・宮崎駿作品研究所(HP) 続きを読む

bluebook at 13:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

新生「ゆうばり市民会館」一周年記念 『オリヲン座からの招待状』無料上映会@夕張市

 2004年3月に夕張市唯一の映画館「シネサロン」(夕張市民会館内)での上映事業を夕張市が廃止したのをきっかけに、同年5月「映画の灯」を守ろうと結成された市民団体ゆうばりキネマクラブ(HP)の上映会。夕張市民会館は2007年の3月末で閉館、NPO法人ゆうばりファンタが同館の不動産貸借契約を夕張市役所と結び、10月に防水等の補修工事を実施(同HPの記事)、再び市民会館での上映が実現している。ゆうばり市民会館の再開一周年を記念して、無料上映会を開催。上映作品は、激動の時代に翻弄されながらも、京都で老舗の映画館を守り続けた男女の純愛と奇跡を描いた「オリヲン座からの招待状」(公式HP)DVD情報=。2007年、日本、116分。浅田次郎の「鉄道員(ぽっぽや)」最終編に所収されている同名小説を、三枝健起監督が映画化。出演は、宮沢りえ、加瀬亮、宇崎竜童、田口トモロヲ、中原ひとみ、樋口可南子、原田芳雄ほか。詳細は、主催のゆうばりキネマクラブの案内欄で。
・日 時 :2008年11月24日(月) 13:00
・会 場 :夕張市・ゆうばり市民会館 大ホール
      (本町4丁目3 TEL 0123-52-2161)
・入場料 :無料 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

★詩人の谷川俊太郎さんと覚和歌子さんによる写真映画「ヤーチャイカ」特別上映@札幌

 『千と千尋の神隠し』の主題歌の作詞者として知られる覚(かく)和歌子さんと、現代日本を代表する詩人谷川俊太郎さんの2人が共同監督した写真映画「ヤーチャイカ」(公式HP)の札幌での劇場公開(2008/11/22〜28)が決定。谷川俊太郎さんをお招きして特別上映と上映後のティーチインが開かれる。
 「ヤーチャイカ(私はカモメ)」とは、人類初の女性宇宙飛行士、旧ソ連のテレシコワが宇宙船から地球と交信した最初の言葉。この言葉を元に覚さんが創作した同題の詩(詩集「ゼロになるからだ」所収)が原作。長野県川上村と山梨県北杜市で撮影された約1千枚の写真で構成され、セリフは一切なく、音楽と覚さんのナレーションのみで物語が進められていく。覚さんの詩に魅了された製作会社「パグポイント」の081124ryanka畠中基博社長が写真映画を提案し製作されたもの。物語は、恋人の死をきっかけに東京から離れたある村に移住し小さな天文台で働く女性(尾野真千子)と、都会の生活に挫折して村にたどり着いた男(香川照之)の2人が出会い、豊かな自然の中で悲しみや挫折から解放されていく姿を描く。上映の詳細はシアターキノHPの案内欄で。
・日 時 :2008年11月24日(月・祝) 10:00 
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :前売1,400円(劇場窓口のみ)、当日一般1800円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 
・参 考 :ほぼ日刊イトイ新聞谷川俊太郎と覚和歌子、詩とからだのお話「だからからだ」 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

TO OV cafe(ト・オン・カフェ) オープニング企画 高幹雄展@札幌

 札幌市の中島公園北側の一角に、カフェ・ギャラリー「TO OV cafe(ト・オン・カフェ)(店長:中村一典氏)が2008年10月21日(火)にオープンした。「TO」「OV」はギリシア語の前置詞で、英語の「to]「on」の意味に相当するそう。店舗奥の白壁2面(写真参考)が081021TOOVCafeオープニング企画第2弾で、札幌の現代美術の若手作家 高 幹雄(たか・みきお)さんの個展が開かれる。詳細は作家ブログの案内欄で。
・会 期 :2008年11月7日(金)〜24日(月・祝)
・営業時間:10:00〜22:00 会期中無休
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9条西3丁目マジソンハイツ1F 地図
      TEL 011-299-6380
・入場料 :無料だが、カフェなので何か注文を
・参 考 :北海道美術ネット別館HPのレポート記事 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

「MOVIE & DESIGN 映画宣伝ツールのアートディレクション」発行

 「MOVIE & DESIGN 映画宣伝ツールのアートディレクション」 (株式会社ビー・エヌ・エヌ新社)=書籍情報=が、ビー・エヌ・エヌ新社から発行された。映画宣伝デザインの第一人者岡野 登の20年に渡る作品の数々を、アイテム別や映画ジャンル別に、豊富な写真と岡野氏自身の解説で綴る資料本。フライヤー・ポスター・プログラム・試写状・グッズなど、全214点の映画作品から大量の宣伝ツールを紹介する。MOVIE & DESIGN 映画宣伝ツールのアートディレクション詳細は同社HPの案内欄で。
【書籍情報】
・書 名 :MOVIE & DESIGN 映画宣伝ツールのアートディレクション
・発売日 :2008年11月24日(月) 
・ISBN  :978-4-86100-553-4
・定 価 :3,990円(本体3,800円+税)
・仕 様 :184ページ/A4変形/ソフトカバー 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 | 映画

2008年11月23日

ソ連映画「鶴は翔んでゆく」上映@旭川市

 旭川市図書館で毎月第4日曜日に開催されているアフタヌーンシネマの11月では、ソ連映画「鶴は翔んでゆく」DVD情報=を上映。1957年、ソ連、96分。ミハイル・カラトーゾフ監督。出演は、アレクセイ・バターロフ、タチヤナ・サモイロワほか。召集令状により戦地へ赴いた青年は、最愛の恋人を残して戦死してしまう。残された恋人は青年の死が信じられず、やむをえず結婚した後も青年の帰りを待ち続けるが…。当時のソ連では禁句とされた戦争の悲劇を鶴は翔んでゆく流麗なカメラワークで描いたソ連映画初のカンヌ映画祭グランプリ作品。上映の詳細は同図書館HPのイベント欄で。
・日 時 :2008年11月23日(日) 15:00開演
・会 場 :旭川市中央図書館(常磐公園内) 2F 視聴覚室
・定 員 :先着150名 
・入場無料
・お問合せ:同図書館 TEL 0166-22-4174 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

終末期医療のドキュメンタリー映画「終りよければすべてよし」上映会@北広島市

 日本のドキュメンタリー映画の名匠、羽田澄子氏の自由工房が制作した、終末期医療を描く映画「終りよければすべてよし」(公式HP)が北広島市で自主上映される。「すべての人にとって、絶対に避けられないのが死です。081123owariyokerebaしかし自分がどのような死を迎えるかは誰にもわかりません。この映画は日本での先進的な住宅医療、さらにオーストラリア、スウェーデンの状況も取材し、終末期医療が緊急課題であると問いかけています」とのこと。2007年、日本、129分。
・日 時 :2008年11月23日(日・祝) 13:30開場、14:00〜16:10
・会 場 :北広島市芸術文化ホール 2F 活動室1・2
      (JR北広島下車すぐ TEL 011-372-7667)
・入場料 :800円
・主 催 :市民ネットきたひろしま
・お問合せ:上映会実行委員会 TEL 011-373-8166 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

言の葉コンサート坂東玉三郎「鏡花・天守物語 前売中@札幌市

 〜あの世とこの世を結ぶ赤い糸、禁じられた恋〜
 稀代の名役者、坂東玉三郎(HP)の朗読による、泉鏡花「天守物語」の幻想美の世界。081123tamasaburou播州姫路白鷺城の天守閣に棲む美しさ魔性の姫と、若き鷹匠の時空を越えた恋物語。作/泉鏡花、朗読/坂東玉三郎、笛/籘舎名生、ト書き朗読/山本昂尚。公演時間 は約2時間20分(休憩20分を含む)。詳細は主催の札幌市教育文化会館HPの案内欄で。
・日 時 :2008年11月23日(日) 13:30開場、14:00〜16:20 
・会 場 :札幌市教育文化会館(中央区北1西13) 大ホール
・入場料 :7,000円。全席指定。6歳未満入場ご遠慮を
      7/26(土)発売開始
・お問合せ:札幌市教育文化会館 事業課 TEL 011-271-5822 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「琉球カウボーイズ、よろしくゴザイマス。」上映+トーク・ライブ@恵庭

 沖縄県産映画「琉球カウボーイズ、よろしくゴザイマス。」(公式HP)の上映と、081121ryuukyuu出演者の奈須重樹さん(「やちむん」ボーカル・ギター)のトーク&ライブを行う。映画は、沖縄で活躍する3人の若手監督が描く、オキナワカルチャー満載の3編の短編オムニバス。2007年、日本、94分。詳細は映画HPの案内欄で。
・日 時 :2008年11月23日(日) 13:00開場、13:30開演 
・会 場 :恵庭市・夢創館
      (島松仲町1丁目2-20 TEL 0123-36-6050)
      (JR千歳線 島松駅から徒歩1分)
・入場料 :前売 一般 2,000円(当日2,500円)、小学生以下無料
・お問合せ:TEL 090-7050-1521(実行委員会)続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

★第13回文化セミナー「みみをすます〜河合隼雄の遺したもの〜」@小樽市

 日本のユング派を代表する臨床心理学者で元文化庁長官の故河合隼雄さんが名誉会長を務めていた、小樽のNPO法人絵本・児童文学研究センター(HP)では、創立20周年記念の第13回文化セミナー「みみをすます〜河合隼雄が遺したもの〜」を開催する。このセミナーは、その時代の課題をテーマに毎年11月に開催され、081123mimiwosumasu故河合さんが作家の大江健三郎氏や詩人の工藤直子氏など各界の著名な文化人と鼎談、好評を博してきた。今年は、詩人の谷川俊太郎さん、東京大学名誉教授の養老孟司さん、文化人類学者・宗教学者の中沢新一さんが来場する。公演と鼎談の2部構成。チケットは毎年早々に完売している。詳細は同センターHPの案内欄で。
・日 時 :2008年11月23日(日) 11:00開場、12:00開演
・会 場 :小樽市民センターマリンホール (色内2丁目13番5号 地図
・入場料 :指定席 5,500円、自由席4,000円 購入はお早めに
・主催・お問合せ:絵本・児童文学研究センター TEL 0134-270513 
・昨年の開催:故河合隼雄さん追悼の文化セミナー(2007/11/18、記事

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 

絵本ワールド2008@札幌

 絵本の読み聞かせ、腹話術と人形劇、絵本作家・田中清代さんのトークショー(23日14:00)、081122ehonworld2008岸田典大さん 絵本パフォーマンス(22日13:00と15:00、23日12:45)など、絵本の楽しさに触れられる2日間。詳細は、主催の北海道新聞HPの案内欄とサッポロファクトリーHPの案内欄で。
・会 期 :2008年11月22日(土)、23日(日) 2日間
・時 間 :10:00〜17:00
・会 場 :札幌市・サッポロファクトリー (中央区北2東4 地図
・入場無料
・お問合せ:絵本ワールド事務局(オールプロデュース内) TEL 011-251-6560
・主 催 :北海道新聞社、エフエム北海道 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

映画「ふみ子の海」上映会@標茶町

 〜 ほんとうに大切なものは目に見えない 〜
 新潟県の盲学校で教鞭をとり、生涯を視覚障害者教育に捧げた粟津キヨさんの少女時代を描いた同名小説の実話をもとにした、感動のヒューマンドラマ「ふみ子の海」(公式HP)が標茶町で上映される。近藤明男監督。出演は、鈴木理子、藤谷美紀、080906fumikonoumi遠野凪子、遠藤賢一、高橋惠子ほか。2006年、日本、105分。35mmフィルム、副音声・字幕つきのバリアフリー上映。ふみ子のマッサージの師匠・タカを演じた高橋惠子さんが標茶町出身。当日は2回とも高橋さんと近藤監督の舞台挨拶予定。副音声・日本語字幕付で上映。詳細は、螢廛螢坤案内欄で。
・日 時 :2008年11月23日(日) 10:00、14:00
・会 場 :標茶町開発センター  町民ホール
      (標茶町旭2丁目6番地1号 TEL 0154-85-2040)
・料 金 :前売 一般・シルバー・障害者・大学生 1000円、
      前売 小中高校生800円 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(5) 映画 

2008年11月22日

「9条世界会議」記録上映会@函館市

 武力の行使を永久に放棄し、戦力を持たないことを定めた日本の憲法第9条が、世界に広がっていくことを希望し、世界の人たちとつながりながら共に9条の意味を考える9条世界会議(2008/05/04〜06、幕張メッセ)。ノーベル平和賞受賞者を含め、全体会に海外41ヶ国、1万5000人が参加。大盛況に終わったこの会議のダイジェストDVD(120分)から、全体会、フォーラム・シンボジウムを上映。憲法第9条に寄せる世界の人々の思いが見る者の胸に響く。どなたでも参加を。0811229jousekaikaigiDVD詳細は主催の戦争をしないための選択・9条を考える道南の会HPで。
・日 時 :2008年11月22日(土) 14:00〜16:00
・会 場 :函館市労働者総合福祉センター(サン・リフレ函館) 大会議室(2階)
      (大森町2番14号 TEL 0138-23-2556 地図
・参加費 :300円
・主 催 :戦争をしないための選択・9条を考える道南の会
      TEL 0138−56−0042(森越法律事務所内)
・参考書籍:「9条世界会議の記録」(大月書店、2008年09月)=書籍情報= 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

旭川映画村「歩いても歩いても」上映会@旭川市

 旭川市で年4〜5回のペースで自主上映会を開催している市民団体旭川映画村(公式HP)の11月の上映会は、、「歩いても歩いても」(公式HP)を上映。『ワンダフルライフ』や『誰も知らない』など、国内外で高い評価を受けている是枝裕和監督の新作。081124aruitemo夏の終わりに、主人公・横山良多(阿部寛)が15年前に亡くなった兄の命日のために実家に帰省。その帰省先での何気ない出来事を描いた物語。出演は、阿部寛・夏川結衣・YOU・高橋和也・田中祥平・樹木希林・原田芳雄、他。2008年、日本、114分。詳細は主催の旭川映画村HPで確認を。
・日 時 :2008年11月22日(土) 4回上映
・時 間 :12:00、14:20、16:40、19:00
・会 場 :旭川市・ディノスシネマズ旭川(大雪通5)
・料 金 :
  一般 前売1,200円(当日1,500円)、高校以下 前売1,000円(同1,200円)
・お問合せ:旭川映画村 TEL 090-8896-9331(長原)  

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

あだちしおり「しおりのしおり」 〜本展は本展と栞展〜@札幌

 札幌の若手グラフィックデザイナー、あだち しおりさん(ブログ)の、「本としおりをテーマにした6つの世界」の個展。「栞が、『本の途中にはさまって目印になる』だけの役割から飛び出した、新しいしおりの世界を体感できます。本たちとしおりたちが織りなす、六つの世界へご案内」という。081109shiori02おすすめの本が読める小さなカフェも併設。あだちさんは、2005年札幌市立高専卒業、現在は札幌の(有)寺島デザイン製作室で活躍中。札幌ADC新人賞ほか受賞多数。
・会 期 :2008年11月9日(日)〜22日(土)
・時 間 :11:00〜20:00(最終日17:00まで)
・会 場 :札幌市・岩佐ビル3F(中央区北3東5岩佐ビル3F)
      (サッポロファクトリー北向かい)
・入場無料
※ オープニングパーティー 11月8日(土) 19:30、1,500円 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術