2009年03月

2009年03月31日

プロモーションビデオ作りに挑戦!〜家庭用ビデオでオリジナル映像を作ろう〜@札幌

 札幌市生涯学習センター(ちえりあ)の講座に、「プロモーションビデオ作りに挑戦!〜家庭用ビデオでオリジナル映像を作ろう〜」が登場。この講座では、市民メディアと映像発信の専門家から、効果的な映像制作と発信の実例について学びながら、各自の撮りたい対象を撮影し、短いプロモーションビデオ(30秒程度)を制作する。講師は、NPO法人えべつ協働ねっとわーく代表の白鳥 健志さん。詳細はちえりあHPの案内欄で。090303PV
・開催時期:2009年3月3日(火)〜3月31日(火) 
      3/24を除く毎週火曜
・時 間 : 18:45〜20:45
・会 場 :札幌市生涯学習センター 中研修室1
      (西区宮の沢1条1丁目 地図
・受講料 : 3,000円、 ・講座回数:全4回、4単位
・定 員 :先着20名、先着順 
・対 象 :家庭用ビデオカメラをお持ちの方
・締 切 :3月2日(月) 定員に達するまで受付け
・お問合せ:同事業課 学習企画 視聴覚係 TEL 011-671-2311  続きを読む

bluebook at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | その他

ゆうばりキネマクラブが、第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞の「おくりびと」上映@夕張市

 夕張市で「映画の灯」を守ろうと活動している市民団体ゆうばりキネマクラブ(HP)では、第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画「おくりびと」(公式HP)を上映する。ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を軽快なタッチで描く感動作。チェロ奏者の道を諦めて故郷に戻り、旅行代理店と勘違いして納棺の仕事に就いてしまった主人公を本木雅弘が好演。広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史、杉本哲太、峰岸徹ほか出演。滝田洋二郎監督。2008年、130分。音楽は久石譲。090315okuribito日本アカデミー賞10冠、第63回毎日映画コンクール日本映画大賞受賞ほか。詳細はゆうばりキネマクラブHPのブログの記事で。
・日 時 :2009年3月29日(日)〜31日(火) 4回上映
     3/29(日) 大ホール 13:00
     3/30(月) シネサロン 18:00
     3/31(火) シネサロン 13:00、18:00
・会 場 :夕張市・ゆうばり市民会館(本町4丁目)
・料 金 :一般1,200円、小中高500円。会員1,000円 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

吉田一雄 油彩画展@札幌

 Kazuo Yoshida Oil Painting Exhibition
 旭川市在住の画家、吉田 一雄さん(79歳)の油彩展。画面全面に明るくリズミカルな形と色彩が踊る。「ポップでカラフルな今にも踊り出しそうな作品が集まりました。父の新作でひと足早い春を感じて頂ければ嬉しく思います」とのこと(企画のあべ香織さんより)。090305yoshidakazuo右画像は今回のDMハガキとなった油彩画「fancy」。詳細は会場のカフェエスキスHPの案内欄で。
・会 期 : 2009年3月5日(木) 〜31日(火)
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで) 水曜定休
       3/17(火)は臨時休業
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334  続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

伊藤組100年記念基金 平成21年度助成 申請受付

 札幌の伊藤組100年基金(HP)が、今年も助成金の申請を受け付ける。対象は、北海道で活動する個人または団体で、基金予算の範囲内で決定するため助成額は未定。「青少年の健全育成や生涯学習、科学における研究者の育成、文化芸術の振興・普及、健康増進やスポーツの振興、環境等社会問題の解決に関する研究活動、イベント、派遣・招聘旅費など事業に関する助成」とのこと。助成を希望する場合は、必ず事前に助成対象になるかどうか申請する事業の目的・内容等について事務局に連絡・相談を。詳細は同基金HPの助成金情報欄等で確認を。
・申請書類の提出締切:2009年3月31日(火) (毎年3月末日)
・お問合せ:伊藤組100年基金 TEL 011-241-9358 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

北方圏センターが「北方圏交流基金」の平成21年度助成申請を受付

 北方圏センターでは、北海道と気候風土のよく似た北方圏諸国との交流事業を助成する「北方圏交流基金」の平成21年度事業の申請を次のとおり受付ている。これは、(財)北方圏交流基金が平成6年から行ってきたもので、同基金の平成16年11月解散後、同センターが引き継いで運営しているもの。申請の詳細は同センターHPの案内欄で。
・申請締切:2009年3月31日(火)
・お問合せ:(社)北方圏センター 交流部
      TEL 011-221-7840、FAX 011-221-7845 メール:exch@nrc.or.jp
      〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目(道庁別館12階) 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

札幌国際短編映画祭2009のメインビジュアル、道内クリエイターから募集@札幌

090331ssffimage 2006年から始まった「札幌国際短編映画祭」(通称「SAPPOROショートフェスト」)が、第4回の2009年は10月14日(水)〜18日(日)の5日間で開催される。実行委員会では初回から、北海道出身のクリエイターによるオリジナルのビジュアルイメージを毎年採用してきたが、今年は、同映画祭のメインビジュアルを広く公募する。グランプリ作品は、SSF2009のメインビジュアルとして、ポスターやカタログに採用される=右画像は歴代ポスター=。詳細は映画祭HPの案内欄募集概要で。
【募集概要】
・応募資格:プロア不問。北海道在住および北海道出身者に限る。
・募集アイテム:
  SAPPOROショートフェスト2009のポスター、フライヤー、
  ホームページなどに使用されるビジュアル、
  イラストレーション、写真、グラフィックなど。
・応募期間:2009年3月1日(日)〜31日(火) 3月31日消印有効。
・賞 金 :
   グランプリ 1点(50,000円)、賞状、SSF2009映画祭VIPチケット2枚、
         カタログその他に作家紹介。
   奨励賞   数点、SSF2009 3プログラム券。
・審査員 :札幌在住のデザイナー、アーティスト、映画祭主催者などを予定。
・発 表 :2009年4月末、映画祭HPで発表予定 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

CAIアートスクール「基礎課程 - SIX SENSE - 第14期」募集@札幌

 CAI現代芸術研究所では、第六感と自己表現をテーマに2009年度もアートスクール生(第14期、1年間)を募集する。講義見学、相談など随時受付け中。講師、年間スケジュールなどは同HPの「スクール」欄や、講義日程欄で今後、掲載予定。希望者にはカリキュラム、講師紹介、卒業生メッセージ等を掲載した無料パンフレットを2009年1月下旬より発送。また、随時個人説明に応じるので希望者は電話でお問合せを。090331CAI14詳細はCAIサイトの案内欄で。
【募集要綱】 2009年度CAI夜間アートスクール(1年間)
・募集期間: 2008年12月〜2009年3月31日(火)
・定 員 : 25名
・受講期間:2009年4月〜2010年3月の毎週木曜日
      4月9日授業開始予定
・受講時間: 19:00〜21:00 ※授業によっては延長あり
・作品発表: 2010年3月(展示1週間/搬入3日間)
・学 費 : 入学金1万円(税込)+年間190,000円(税込)  分割制度有
・お問合せ:CAI現代芸術研究所(端) TEL 011-643-2404 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

2009年03月30日

シアターキノ ドキュメンタリー映画講座 第2期 開催@札幌

 NPO法人北海道コミュニティシネマ・札幌では、2008年7月より山形国際ドキュメンタリー映画祭の協力で、キノドキュメンタリー映画講座を開催してきた。2年おきに開かれる同映画祭で正式上映されたドキュメンタリーの傑作を、原則1ヶ月に1作品のペースで鑑賞していくもの。講座の第2期目(2009年1月〜6月までの半年分)は、2007年の受賞作を中心に構成。2007年11月17日から参加者を募集する。詳細はシアターキノHPの案内欄(PDF)で確認を。090126kinodocu02
【講座スケジュール】 2009年1月26日(月) 開講
  1/26(月) 19:00 『アレンテージョ、めぐりあい』 終了
 ◆2/23(月) 19:00 『あなたが去ってから』 終了
  3/30(月) 19:00 『M』
 ぁ4/20(月) 18:15 『鳳鳴―中国の記憶』
 ァ5/25(月) 19:00 『ワイルド・ワイルド・ビーチ
 Α6/22(月) 19:00 『紙は余燼を包めない
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F )
・受講料 :6回分 6,000円。(先着限定20名、キノカウンターで11/17より受付)
      なお各回10名程度、当日の一般参加が可能(1,800円)
・主催・お問合せ:NPO法人北海道コミュニティシネマ・札幌
      TEL 011-231-9355(シアターキノ内) 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

パレスチナ土地の日記念 映画「ガザ回廊」無料上映会@札幌

 2002年に制作されたパレスチナのドキュメンタリー映画「ガザ回廊」(公式HP、英語)が札幌で無料上映される。2001年、第二次インティファーダ勃発直後、イスラエル軍の侵攻と占領下のガザ。銃撃・ミサイル投下・家屋破壊・毒ガス兵器…。あらゆる暴力に晒されるガザの姿と、090330gazaそこでの生がいかなるものかを映画の主人公である13歳の少年ムハンマド・ヒジャーズィの視点や住民の証言を通してカメラは精緻に追っていく。2002年制作、74分。監督・制作・撮影・音響:ジェームズ・ロングレイ。作品の詳細は、日本語版監修のJAPACサイト案内欄ほかで。
・日 時 :2009年3月30日(月) 18:30上映開始
・会 場 :札幌市・札幌市男女共同参画センター
      (北区北8西3)2階環境研修室1・2
・入場料 :無料
・お問合せ:パレスチナ連帯・札幌 TEL&FAX 011-882-0705(松元) 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「ふみ子の海」上映@帯広市

 〜 ほんとうに大切なものは目に見えない 〜
 新潟県の盲学校で教鞭をとり、生涯を視覚障害者教育に捧げた粟津キヨさんの少女時代を描いた同名小説の実話をもとにした、感動のヒューマンドラマ「ふみ子の海」(公式HP)が帯広市で上映される。近藤明男監督。出演は、鈴木理子、藤谷美紀、遠野凪子、遠藤賢一、高橋惠子ほか。2006年、日本、105分。35mmフィルム。080906fumikonoumi詳細は、螢廛螢坤爐「ふみ子の海」上映案内欄で。
・日 時 :2009年3月30日(月) 4回上映
      10:45、13:15、15:45、18:15
・会 場 :帯広市民文化ホール 小ホール
      (西5条南11丁目48-2 地図
・入場料 :一般 1,000円、小中高生500円
・お問合せ:帯広身体障害者福祉協会 TEL 0155-23-0050
      螢廛螢坤 TEL 011-252-3828 
【上映協力者向け試写会】 
  帯広市上映の協力者を募るための試写会を
  2009年2月25日(水)、14:00、18:30の2回、
  とかちプラザ・レインボウホールで実施。参加無料。興味のある方は問合せを 

bluebook at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2009年03月29日

樫見菜々子個展「そらの跡」@札幌

 “ハッキリとは見えないが、そこに確かにある”存在惑・気配を意識した作品(空間)をつくる若手アーティスト樫見菜々子さんが、札幌の新ギャラリーattaで3日間限定の個展を開催。「自然光をうまく取り入れた作品が印象的だが、今回は照明を効果的に使用することで、090327kashiminanako意図的に存在感・気配を作り出す。樫見菜々子の心をざわめかせたささやかな出来事・記憶を感じとることができる空間に、ぜひお越しください」(ギャラリーの案内文より)。会場のatta galleryは、札幌の若手映像作家・大島慶太郎氏と美術家の武田浩志氏の共同スタジオ[(アッタ)]内に併設するギャラリースペースという。詳細は同ギャラリーの開催案内で。
・会 期 :2009年3月27日(金)〜29日(日)
・時 間 :17:00〜21:00
      3月28(土)20:00- よりパーティー
・会 場 :札幌・atta gallery(東区北8東5 地図
・入場無料 
・主 催 :atta続きを読む

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

ハルナデ展 〜jobin.とpaterの二人展〜@札幌

 「なでるように、春はやってくる。」をコンセプトに、2007年3月から毎年春に、札幌を拠点に活躍する若手、jobin.さんpaterさんが開いている2人展。jobin.さんは主にモビール等立体を、paterさんは鮮やかな色彩で動物達のクレヨン画等を展開している。今年で3回目の開催で、右は今回のDMハガキ。090317harunade詳細はpater氏のブログの案内欄で。
・会 期 :2009年3月16日(月)〜29日(日) 火曜定休
・時間  :11:00〜20:00 (日曜は17:00まで)
・会 場 :札幌・gallery new star (ギャラリー・ニュースター)
      (中央区南3西7南向 美容室kamiya隣)
      TEL 011-281-2909(kamiya)
・入場無料 
・参 考 :昨年の「ハルナデ展2008」の動画 
      http://www.youtube.com/watch?v=zx3CdPHGMFk 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(4)TrackBack(3) 美術 

「ドクガス」の南出惇介監督最新作、「Cheap Escape In Nowhere(チープ・エスケープ・イン・ノーウェア)」上映@札幌

 前作「ドクガス -DOKUGASU」(HP)で、2008年2月の第1回北海道インディペンデント映像フェスティバル(略称:HICF)記事)でグランプリを受賞(記事)した南出惇介監督の第2作「Cheap Escape In Nowhere」(公式HP)が完成。ロケで縁のある釧路・根室・札幌の4会場で順次上映される。今回の作品は、北海道の短い夏を舞台に、現代人が抱える逃避行願望を、ポップ且つノスタルジックに叶えた男女二人のロードムービー。主演の成田凛子(旧名・愛裕美、「映像庫」作品でおなじみ)、森下勇介(Addiction)のほか、札幌の役者・音楽家が多数出演。札幌上映の詳細は会場のATTICの案内欄と、映画公式HPの案内欄で。090329CheapEscape
・日 時 :2009年3月29日(火) 開場は各30分前
      10:30〜12:00 『Cheap Escape In Nowhere』上映
      13:30〜15:00 『ドクガス』上映
              かねあい × 監督とのトークショー
      17:00〜19:00 『Cheap Escape In Nowhere』上映
             佐藤嘉晃アコースティックライブ
      20:30〜22:30 『Cheap Escape In Nowhere』上映
             佐藤嘉晃アコースティックライブ
      ※各上映後、キャスト・スタッフによる舞台挨拶あり
・会 場 :札幌・スペースATTIC
      (中央区南3西6長栄ビル4F TEL 011-676-6886)
・入場料 : 前売 1,000円(当日1,200円)
・予 約 :チケット予約は、映画関係者か、acidrock44@yahoo.co.jpまで
・映画公式サイト http://film.artful.jp/cheapescape/  続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 映画 

見えるもの←→見えないもの−イマジネーションのちから−@札幌市

 「目には見えない存在に生き生きとしたかたちを与えたり、現実の世界を超越した空想の世界を描き出して見せたり、あるいは見慣れた現実の世界を見知らぬ表情で表したり−アーティストの想像力は、私たちを日常から連れ出して、未知の世界のすがたを提示してくれます。本展では、そうした見えるものと見えないもののあいだを行き交う作品を紹介し、人間の想像力に触れてもらうと同時に、鑑賞者の想像力を刺激します。当館このコレクションの中から油彩、彫刻など約40点を出品します」090131mierumono(主催の札幌芸術の森美術館HPの紹介欄より)。
・会 期 :2009年 1月31日(土)〜3月29日(日)
・休館日 :月曜休館
・時 間 :9:45〜17:00(入館16:30まで)
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森美術館(南区芸術の森2丁目75、地図)
・入場料 :( )内は前売りおよび団体料金
  一般500(400)円、高大生250(200)円、小中生100(80)円
・お問合せ:同館 TEL 011-011-591-0090 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

企画展「お菓子と木型〜和菓子職人の小道具」@小樽市

 小樽市総合博物館(手宮1)で、ふだん目にすることが出来ない菓子職人の道具を展示する企画展「お菓子と木型〜和菓子職人の小道具」が開かれる。小樽の羽田野丹波堂、つくし牧田、藤崎最中種製作所などから、菓子製造の道具が寄贈されたことを受けての企画展。和菓子の製造に使う道具を菓子の種類ごとに並べ、使い方を説明。落雁やもろこしの木型、練りきりの押し型、羊羹の舟や型紙、最中の皮を焼く金型、饅頭の焼印など、約200点が展示される。また、バンビキャラメルで知られた旧池田製菓から寄贈されたキャラメル包み機も並ぶ。08122okashi詳細は同館HPの案内欄で。
・会 期 :2008年12月20日(土)〜2009年3月29日(日)
・時 間 :9:30〜17:00
・休館日 :火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
・会 場 :小樽市総合博物館(手宮1) 本館
・入館料 :大人300円、高校と70歳以上の市内在住者150円、中学以下無料
・お問合せ:同館 TEL 0134-33-2523
・参 考 :小樽ジャーナルHPの紹介記事(2008/12/14) 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

企画展「文学の鬼を志望す−八木義」@札幌

 八木 義(1911〜1999年)は室蘭市で生まれ、東京・町田市で晩年を過ごした小説家。作家が遺した文筆活動の足跡を、室蘭港の文学館、町田市民文学館、当館ほかの資料により紹介する。1937年「海豹」で文壇にデビュー、44年「劉広福(りゅうかんふう)」で芥川賞を受賞して以降、「最後の文士」と呼ばれるほど無骨に創作活動に徹した八木の魅力に迫る企画。詳細は、北海道文学館HPの案内欄と、チラシ(裏面、PDF)で。090131yagiyoshinori
・会 期 :2009年1月31日(土)〜3月29日(日)
・休館日 :毎週月曜休館
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌・北海道立文学館 特別展示室
      (中央区中島公園1-4 地図 TEL 011- 511-7655)
・入場料 :観覧料一般400(320)円、高大生200(150)円、
      小中生・65歳以上無料。()は10名以上の団体料金
・お問合せ:同館 TEL 011- 511-7655
・講演会 → 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 

田村 陸 展 Vol.1 「月とナイフ」@美唄市

 深川の中学3年生、田村 陸さん(ブログ)の初個展。中学2年の冬より油絵を描き始め、画家の盛本学史氏に師事。2008年9月、新進作家の発掘・作家活動の支援を掲げるオリジナル大賞入選。「今回のテーマは、世界観の対比と共有性です。根本から全く違った世界観を二つに分けて展示していて、どっちの方が見る人に伝わるか、また複数の世界観(ある意味人格)を同時進行で持っている自分の自己表現でもあります」とのこと。独自の感受性による幻想的な作品世界が展開される模様。次回、オリジナル画廊での2009年8月の個展では、全く別のテーマで挑むという。詳細は作家ブログ等で。090315tamurariku
・会 期 :2009年3月15日(日)〜29日(日)
・時 間 :9:00〜17:00 火曜休館
      (3/15は11:00より、3/29は15:00まで)
       3/15,20、22の11:00〜15:00 作家在廊予定
・会 場 :美唄市・アルテピアッツァ美唄 木造校舎のギャラリー
     (落合町栄町 TEL 0126-63-3137 地図
・入場無料
・作家サイト:「月とボクと夜の街」 http://moonorkiss.exblog.jp/ 
・参 考 :北海道美術ネット別館HPのレポート記事(2009/03/23) 続きを読む

bluebook at 09:00|PermalinkComments(2)TrackBack(2) 美術 

2009年03月28日

劇団デパートメントシアター・アレフ 第7回 ビデオ上映会「OYASUMI 1991」@札幌

 劇団デパートメントシアター・アレフ(故・萬年俊明さん主宰)は、1983年から1990年までの8年間、札幌を拠点にオリジナルの17作品を上演、東京「下北沢駅前劇場」でも公演するなど札幌の演劇史に一時代を画した。全作品を萬年氏が作・演出し、小劇場・廃墟・野外空間・屋上など多彩な空間で芝居を展開、意表を衝く仕掛けやロック・ダンス・映像等とのコラボレーション等でも注目を集めた。今回、札幌での回顧展(2008/04/26〜05/01)が開催されたのを機に、ファンの要望に応えて、その後月1回のペースで、ALEPH Days 公演ビデオ上映会を開催。第7回目の今回が最終回で、「OYASUMI 1991」を上映。1990年8月31日〜9月8日で全8ステージ、作・演出 萬年俊明、百貨劇場で上演されたデパートメントシアター・アレフ最後の公演の記録。詳細は、「百貨劇場の想い出」ブログ案内欄で。
・日 時 :2009年3月28日(土) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :札幌市・ラグリグラ劇場 (南区澄川3条3丁目 米永ビル2F 地図)
・入場無料
・お問合せ:ラグ事務所 TEL 011-813-8338 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス | 映画

ソクラテスのカフェで「コトニ土曜大学」試運転@札幌

 「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」等の企画で知られる札幌・琴似の本屋さん「くすみ書房」が、豊かで賑わいのある町をめざして「人と文化を結ぶまちづくり」企画をスタートさせた。その取り組みのひとつとして住民が学び、交流する場として「コトニ土曜大学」を検討中。今回その試運転版として、上田札幌市長と北大の中島岳志先生に「文化とまちづくり」についてお話をうかがう。詳細はくすみ書房(HP)で。
・テーマ : 「文化とまちづくりについて考えよう」
・講 師 : 上田 文雄 札幌市長
       中島 岳志 北海道大学公共政策大学院准教授 
・日 時 :2009年3月28日(土) 18:30〜20:00(18:00開場)
・会 場 :札幌・くすみ書房 地下「ソクラテスのカフェ」
      (西区琴似2条7丁目メシアニカビル)
・会 費 :1,000円。定員40人(満席になり次第予約受付終了します)
      (珈琲 リンゴジュース トマトジュースのどれか一品)
・お申込み:ソクラテスのカフェ TEL 011-611-7121(11:00〜19:00月曜定休) 
・主 催 :「土曜はコトニ」 実行委員会 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

★現代日本のアートアニメーション特集「回画(KAIGA)〜アニメーション上映会」@札幌市

 北海道教育大学岩見沢校に2007年度開設されたアニメーション研究室の学生グループ「わや∞きた」による初の上映会。メンバーがこよなく愛するアートアニメーションの世界を北海道に紹介しようと企画されたもの。横須賀令子、保田紀之、田端志津子、和田淳など、日本在住のアニメーション作家の全32作品をA・Bの2プログラムに分けて一挙に紹介する。また学生の作品も同時上映。詳細は「わや∞きた」HPの案内欄で。
・会 期 :2009年3月27日(金)〜28日(土) 2日間090327kaika-o
     27日 18:00 Aプロ、 20:00 Bプロ
     28日 18:00 Bプロ、 20:00 Aプロ
・会 場 :札幌・スペースATTIC
      (中央区南3西6長栄ビル4F TEL 011-676-6886)
・料 金 :ABとも 一般800円(学生500円)
      学生料金は、受付で学生証の呈示を
・主 催 :わや∞きた 北の妄想制作所
      ブログ http://waya8kita.blog53.fc2.com/ 
※ プログラムなど → 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(7) 映画 

「セザンヌ主義」展の関連企画 「セザンヌ/ルーヴル美術館訪問」上映@札幌

 北海道立近代美術館では、「セザンヌ主義〜父と呼ばれる画家への礼讃」(2009/02/07〜04/12、記事)の関連企画の一環として、セザンヌの過激な絵画観に肉迫する異色の記録映画「セザンヌ」「ルーブル美術館訪問」DVD情報=をセザンヌ/ルーヴル美術館訪問/アン・ラシャシャン/ロートリンゲン! (ストローブ&ユイレ コレクション) [DVD]上映する。いずれも、ジャン=マリー・ストローブ、ダニエル・ユイレのストローブ=ユイレ監督作品、1989年、フランス・ドイツ。「セザンヌ」51分、「ルーブル美術館訪問」61分。上映の詳細は同館HPの関連事業案内欄で。
・年月日 :2009年3月21日(土)、28日(土)、4月4日(土)、11日(土)
・時 間 :各日14:00〜16:00
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館 講堂
      (中央区北1西17 地図)
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 011-612-7000 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | 美術

第13期CAIアートスクール卒業制作展@札幌

 第六感と自己表現をテーマに週に一度の夜間アートスクールを開校。090322CAI13毎年4月に開講し、1年間さまざまな講師によるレクチャー、ワークショップ、野外での研修などを体験して、それぞれの個性を最終的に現代アート作品として発表している。13年目の今年も卒業制作展を開く。詳細はCAI(HP)の案内欄で。
【出展する卒業生】 12名
 井口工真 植田美知代 大西亜美 柿澤万里沙 笠井陸代 黒岩絵里子
 鈴木悠哉 高木利沙子 蓼内由香里 田中裕子 星野将毅 松久恵理(50音順)
・会 期 : 2009年3月22日(日)〜28日(土)
・時 間 :13:00〜19:00  会期中無休 
      オープニングパーティー 3月22日(日)19:00より
・会 場 :札幌・CAI現代芸術研究所(中央区北1西28-2-5、駐車場なし)
・入場無料
・お問合せ:CAI現代芸術研究所 TEL 011-643-2404 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

「あの鷹巣町のその後」ほか上映@浦河町

 浦河町の「町の福祉を考える会」の主催で、秋田県鷹巣町の福祉の政策と街の変化を追ったドキュメンタリー映画2作品を上映。じっくり映画を観ながら、今後の福祉を考える。作品の詳細は、1997年からこの町を撮り続けている、制作の自由工房HPの案内欄と、自由工房のブログ「あの鷹巣町を知っていますか」で。
【上映作品】
 「あの鷹巣町のその後」 (前編115分、後編65分)
    2005年/カラー/180分/自由工房作品 製作/工藤充 演出/羽田澄子
 「あの鷹巣町のその後-続編-」
    2006年/カラー/59分/自由工房作品 製作/工藤充 演出/羽田澄子
・日 時 :2009年3月28日(土) 13:00〜17:00
・会 場 :浦河町総合文化会館 地階 ミニシアター
・入場料 :無料 
・主催・お問合せ:町の福祉を考える会(澤谷) TEL 0146-22-1948 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

韓国映画「おいしいマン」ロケ地でイベント「まちに映画がやって来た!」@紋別市

 オホーツク紋別フィルムコミッションでは、映画ロケを通じてのまちづくりを考えるイベントを開く。韓国映画「おいしいマン」が紋別市内全域で撮影されてから丁度1年。韓国のキム・ジョンジュン監督がインターネットで見つけた流氷に感動し、紋別をロケ地に撮影が始まった。映画は、耳に障害を持った韓国の歌手ヒョンソク(イ・ミンギ)が、紋別に傷心旅行で訪れ、空港でメグミ(池脇千鶴)と出会うラブストーリー。監督と制作会社の社長が紋別に来場。当日は「おいしいマン」(日本語字幕版)の上映と監督によるトークがある。第1部(昼の部)と第2部(夜の部)の2回開催され、上映の前には試食会としてロケ現場での暖かい料理を再現したり、3月のロケから今年2月のソウル応援キャンペーンまでをまとめたドキュメンタリー映像も紹介される。詳細は主催のオホーツク紋別フィルムコミッションHPの案内欄で。
・日 時 :2009年3月28日(土) 12:00〜21:00 090328oisiiman
   (昼の部) (夜の部)
   12:00    17:00  開場(試食会)
   12:30    17:30 「まちに映画がやってきた」ドキュメンタリー上映
   13:00    18:00  紋別ロケ作品「おいしいマン※」上映会
   15:00    20:00  トークセッション(キム監督他)
   16:00    21:00  終了 
・会 場 :紋別市民会館 大ホール
・参加料 :1,000円(小学生以上)
・主 催 :オホーツク紋別フィルムコミッション
・お問合せ:事務局 TEL 0158(23)7161 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | その他

「ドクガス」の南出惇介監督最新作、「Cheap Escape In Nowhere(チープ・エスケープ・イン・ノーウェア)」」上映@札幌

 前作「ドクガス -DOKUGASU」(HP)で、2008年2月の第1回北海道インディペンデント映像フェスティバル(略称:HICF)記事)でグランプリを受賞(記事)した南出惇介監督の第2作「Cheap Escape In Nowhere(チープ・エスケープ・イン・ノーウェア)(公式HP)が完成。ロケで縁のある釧路・根室・札幌の4会場で順次上映される。今回の作品は、北海道の短い夏を舞台に、現代人が抱える逃避行願望を、ポップ且つノスタルジックに叶えた男女二人のロードムービー。主演の成田凛子(旧名・愛裕美、「映像庫」作品でおなじみ)、森下勇介(Addiction)のほか、札幌の役者・音楽家が多数出演。毎回上映後に監督と出演者の舞台挨拶あり。詳細は映画公式HPの案内欄で。090329CheapEscape
・日 時 :2009年3月28日(土) 3回上映
    11:00〜12:30 『Cheap Escape In Nowhere』上映
   ◆14:30〜16:00 『Cheap Escape In Nowhere』上映
   △ 17:30〜19:30  交流会 + アコースティックライブ
    20:30〜22:00 『Cheap Escape In Nowhere』上映
・会 場 :札幌・T&F hanaagura(はなあぐら)
      (中央区南1条西4丁目フリーデントビル1.4 3階 地図
      TEL & FAX 011-251-9530 
・入場料 :前売 1,000円(当日1,200円)1ドリンク付き
      交流会 500円
・予 約 :チケット予約は、映画関係者か、acidrock44@yahoo.co.jpまで
・映画公式サイト http://film.artful.jp/cheapescape/  続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2回目の個展 K31「部位」エキシビション @札幌

 NYから帰国した新進気鋭の日本人アーティスト「K31」氏の2回目の個展。前回は、独特でユーモラスなキャラクターのイラストを090320K31bui展示(北海道ファッションWEBの記事)。今回展では「身体を構築するすべてがあって存在する瞬く時。敬愛する利き手とともに描く無垢な断片……。『部位』は自身への問いかけなのか。K31のフューチャーアスペクトの真実は何処に?」(右DMハガキより)。
・会 期 :2009年3月20日(金)〜28日(土)
・時 間 :10:30〜19:30(20日のみ19:00よりレセプション)
・会 場 :札幌・クラフト&プロダクト「ノーザンライフ」
      中央区南2西2-11-1 時計台補聴器センター 2階
      (入口南向き、ラルズの北向かい、ラルズ西隣り)
      TEL 011-223-8228、 FAX 011-261-0266
・入場無料 


bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

アートシネマ館 「雨に唄えば」上映@釧路市

 釧路芸術館の「アートシネマ館2008」では、洋画の名作を5月から2月まで毎月1作品ずつ上映。雨に唄えば [DVD]3月は、アメリカミュージカル映画の傑作「雨に唄えば」DVD情報=を上映。主演のジーン・ケリーが土砂降りの雨の中で、主題歌を歌いながらタップダンスを踊る場面は、映画史に残る名シーン。ジーン・ケリー, デビー・レイノルズ, ドナルド・オコナーほか出演。監督はジーン・ケリーとスタンリー・ドーネン 。1952年、アメリカ、モノクロ、101分。上映の詳細は同美術館HPの案内パンフレット(PDFファイル)で。
・日 時 :2009年3月28日(土) 10:00、14:00
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 アートホール
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

太郎吉蔵スィーツ祭り 〜5つのふわふわスィーツ食べくらべ〜@滝川市

 NPO法人アートチャレンジ滝川(略称A.C.T.)は、たきかわスイーツ・アクション・プログラム第1弾として開発された地元滝川市の菓子店舗5軒の「ふわふわスィーツ」を食べ比べるイベントを開催。「たきかわスイーツ・アクション・プログラム」とは、「市民から愛されるスイーツづくり」を目指して活動する、お菓子店と消費者の有志で構成するグループ。季節ごとにテーマを決めた統一ブランド化を目指すとともに、地元の食材をベースにしたスイーツを参加各店でアイディアを絞りながら創造していく。090328sweets第一弾のテーマは、冬の雪をイメージした「ふわふわ」(案内チラシPDF)。イベントの詳細はアートチャレンジ滝川HPの案内欄で。
・日 時 :2009年3月28日(土) 10:00〜16:00
・会 場 :滝川市・太郎吉蔵
      (栄町2丁目8-9)JR滝川駅より徒歩3分
・入場料 :1,000円(税込)5つのスィーツとドリンク付き
・主 催 :NPO法人アートチャレンジ滝川
・お問合せ:太郎吉蔵 TEL&FAX 0125-22-7337 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2009年03月27日

「デイヴィッド・リンチ・ワールド」劇場公開@札幌

 映画監督の枠を超え、絵や音楽でも活躍する、モダン・アートの巨星デイヴィッド・リンチ(David Lynch)の本質に迫る未公開作を集めた「デイヴィッド・リンチ・ワールド」(公式HP)が、札幌でも劇場公開される。芸術的、難解とも見える作風でながら、世界に熱烈なファンを持ち、商業映画監督として絶対の存在を誇るデイヴィッド・リンチのその原点となる短編映画からアニメーションまで、40年に及ぶ創造の軌跡をたどる。詳細はシアターキノHPの案内欄で。
・会 期 :2009年3月21日(土)〜27日(金) 1日1回上映090321DavidLynch
・時 間 :19:35〜21:10
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :前売1,300円。
      当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校以下1000円
      3作品 前売 3,000円(当日3,900円)
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 
※ 上映作品ほか → 続きを読む

bluebook at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

特別展示「おばけのマールとちいさなびじゅつかん」@札幌

 札幌在住のイラストレーター中井 令と石狩市在住のライターけーたろうによる絵本「おばけのマールシリーズ」の第4作目「おばけのマールとちいさなびじゅつかん」中西出版)=書籍情報=が2008年12月6日に発売された。今回の舞台は、札幌の北海道立三岸好太郎美術館。おばけのマールが絵の中の女のコやマリオネットたちと仲良しになり、素敵なことがおこるストーリー。出版を記念して、この絵本の原画や制作スケッチ、抱きぬいぐるみなど、マールの絵本の世界が展開される。090123marl02詳細は同美術館HPの案内チラシ(PDF)で。
・会 期 :2009年1月23日(金)〜3月27日(金)
・休館日 :毎週月曜
・時 間 :9:30〜17:00(入場16:30 まで)
・会 場 :札幌市・三岸好太郎美術館(中央区北2西15)
・入場料 :一般500円(410円)、高大生250円(170円)、中学生以下無料。
     ( )内は10名以下の団体料金
     65歳以上、心身に障害のある方、生活保護を受けている方等は無料
・お問合せ:同美術館 TEL 011-644-8901 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

★ブラザーズ・クエイの映像作品、国内初のDVD発売

 幻想かつ怪奇な美術、独自の人形を使ったシュールな映像世界で知られるイギリスのブラザーズ・クエイ監督の劇場公開最新作や珠玉の短編集など全4品が2009年3月27日(金)に国内で初めてDVD発売された=DVD情報=。最新作「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」(公式HPブログ)=DVD情報=ほか、アート・アニメーションの先駆けと言われる名作「ストリート・オブ・クロコダイル」(1986年)、初の長編「ベンヤメンタ学院」(1995年)や短編集などファン待望の発売。090327Quay
【DVD紹介】 (以下イメージフォーラムの紹介欄にリンク)
「ブラザーズ・クエイ コレクターズDVD-BOX」DVD情報
 以下の作品が全部入っている4枚組
「ブラザーズ・クエイ ショート・フィルム・コレクション」DVD情報
 「ストリート・オブ・クロコダイル」を含む短編集 
・最新作『ピアノチューナー・オブ・アースクエイク』DVD情報
「ベンヤメンタ学院」DVD情報
 初の長編劇映画で、人形でなく俳優が演じている 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2009年03月26日

札幌市中央図書館 春休みこども映画会「ライラの冒険〜黄金の羅針盤〜」@札幌

 札幌市中央図書館の春休みの子ども映画会で、「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(公式HP)DVD情報=を上映。パラレルワールドの英国オックスフォード。その世界では人々は、それぞれの心が動物の姿で具現化したダイモンと呼ばれる守護精霊と片時も離れず行動を共にしている。粗野で好奇心旺盛な12歳の少女ライラも「パンタライモン」というダイモンと常に一心同体。そんな彼女の周囲で子どもたちが行方不明になる事件が続発、親友ロジャーまでも姿を消してしまう。ライラの冒険 黄金の羅針盤 (Blu-ray Disc)そしてライラ自身も謎のコールター夫人に連れられ学寮から旅立つことに。旅立ちの日、彼女は学寮長から黄金色の真理計を手渡され、子どもたちが連れ去られた北の地を目指し危険な旅に出る。2007年、アメリカ映画、112分、日本語吹替版で上映。詳細は同図書館HPの案内欄で。
・日 時 :2009年3月26日(木) 13:30開場、14:00〜16:15
      途中休憩あり
・会 場 :札幌市中央図書館 (中央区南22西13) 3F講堂
・入場方法:入場無料。定員180席。当日直接会場へ
・主催・お問合せ:札幌市中央図書館 TEL 011-512-7320  

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2009年03月25日

SSF2009 作品プレビューメンバー募集@札幌

 「札幌国際短編映画祭」(通称「SAPPOROショートフェスト」)が、第4回の2009年は10月14日(水)〜18日(日)の5日間で開催が決定。映画祭事務局では、第4回の応募作品のプレビュー作業を行う「SSF2009 市民プレビュー・リサーチ・メンバー」を公募する。昨年までは、同実行委員会を中心に応募作品DVDをプレビュー視聴し、コンペティション対象作品と特別上映作品など、映画祭で上映される作品を選出してきたが、2009年から1次審査に当たる「プレビュー視聴」と「作品の関連情報のリサーチ」に札幌市民の参加を募ることに。メンバーは応募者の中から事務局が個別に面接して決定。090410SSF2009bosyuu応募方法は、3月25日までに同サイトの専用応募フォームから必要情報を送り、同28日の面接を予約する。プレビュー視聴に協力者には、映画祭のVIPパスに準じるパスを提供する予定。詳細は同映画祭HPの案内欄で。
・募集期間:2009年3月10日(火)〜3月25日(水)
・面 接 :2009年3月28日(土) 14:00〜18:00
      映画祭事務局(札幌・ICC内)にて
      面接時間は事務局が指定。その時間帯が不可の場合は連絡を。 
・定 員 :上限10名程度
・応募資格:
 作品に日本語字幕が付いていないため、英会話を理解できる語学力が必要
 映画制作などの専門的な知識はなくても、ある程度の映画の知識が必要 
 プレビュー作業は4月開始。約1カ月間で約200本をプレビュー視聴可能な人 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2009年03月24日

SAPPORO×SAWA フィギュア・アート・シアター「注文の多い料理店」ワークショップ&公演制作発表@札幌

 札幌からチェコに渡り、チェコから世界へ、世界をまたに翔ける人形劇師、沢 則行(さわ・のりゆき)さん(公式HP)=写真=が、札幌市教育文化会館を拠点に、本場チェコ仕込みヨーロッパスタイルの人形劇俳優を札幌で育てて世界に発信する「SAPPORO×SAWA フィギュア・アート・シアター『注文の多い料理店』ワークショップ&公演制作発表」事業を、2009年6月から3ヵ年計画で行う。沢さんは、オリジナルの人形を使いながら自らも役者として登場するスタイルで、影絵のアレンジ等を織り交ぜた不思議な魅力を放つ舞台を演じ、国際的にも高く評価されている。沢さんが指導する3年間の専門的な講座を通して、新作「注文の多い料理店」(仮称)を創作・上演し、新たな風を全国にそして世界に向けて起こすことが、080426sawanoriyuki今回の大きな目的という。詳細は、2009年3月24日(火)に正式に発表される。
【事業について】
 SAPPORO×SAWA フィギュア・アート・シアター「注文の多い料理店」
・スケジュール:
 2009年6月〜2011年10月(3年間継続事業)
  1年目/講座のみ開催 6月23日〜6月28日、9月1日〜9月6日
  2年目/講座とプレ公演 7月〜10月 約30日間
  3年目/講座と本公演「注文の多い料理店」 7月〜10月 約30日間
・会 場 :札幌市教育文化会館 ほか
・主 催 :札幌市教育文化会館((財)札幌市芸術文化財団)続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 演劇・ダンス 

★森山大道さん、赤坂英人氏が大学で特別講義@岩見沢市

 特任教授・森山大道先生 特別講義、および特任講師・赤坂英人先生 特別講義
 北海道教育大学 岩見沢校では、写真家の森山大道(公式HP)氏、美術評論家&ライターの赤坂英人氏による特別講義を開催。国内外で活躍中の森山氏が、最その芸術観や最新の活動について講演されると共に、北海道の学生たちと様々なテーマについて対話を行う。翌日の赤坂氏は、最新のアート状況等を紹介予定。2006年8月、2007年2月、2007年10月の講義と開催されている人気講座。詳細は同大HPの案内欄案内チラシ(PDFファイル)で。090324moriyamadaido
・日 時 :2009年3月23日(水)、24日(木)
  /校垣萓弦峙繊。碍23日(水) 13:00〜16:00 
 ◆\嶌篝萓弦峙繊。碍24日(水) 13:00〜16:00 
・会 場 :岩見沢市・北海道教育大学 岩見沢校 第1講義室
・対 象 :学生対象の特別講義だが、学外の方も受講自由
・入場無料
・お問合せ:同大学芸術課程美術コース(映像デザイン研究室)伊藤
      TEL・FAX 0126-32-0371 
※ 講義につき、写真やビデオ撮影、録音などはご遠慮ください続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

富樫 幹 第2回個展「触覚的存在/風景」@札幌

 1982年生まれ、現在札幌在住の若手富樫 幹(とがし・かん)さん(ブログギャラリー)の個展。この冬の初個展「imaginari drawing」(記事)が静かな反響を呼び、早くも第2回個展の開催となった。初回展では「自分の内からでてくる形や色を、経験に基き得てきた必然に沿い、雑然の上に刷り込むように紙上にイメージします。雑然はいつしか必然に取り込まれ、偶然を生み、限りのなかった空間に枠を作り、その中を感覚が生きます。それを表現と呼び、今回更には発表することとしました」と言葉を寄せていた。今回展については、触覚的に捉えた存在を触覚的に体現し、そこに一風景として存在させます」とのこと。090314togashikan詳細は作家ブログの案内欄で。
・会 期 :2009年3月14日(土)〜24日(火) 
・時 間 :13:00〜23:00  日祝休廊
      3月14日18:30〜23:00 オープニングパーティー
      DJ takashi のターンテーブルによる音響空間演出と
      togashiのドローイングによる視覚空間演出を
      いずれもごく体感的に試みる予定
・会 場 :札幌・CAI02 (中央区大通西5丁目 昭和ビル地下2F) raum2/3
・入場無料
・主催・お問合せ:CAI02 TEL 011-802-6438 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

2009年03月23日

★アニメーションの巨匠「ノーマン・マクラレン作品集 」上映@札幌

 ノーマン・マクラレン(1914〜1987)は、映像と音楽の魔術師と賞されるカナダのアニメーション作家。その代表作を集めた回顧プログラムノーマン・マクラレン作品集(Norman Mclaren Retrospective)〜カンヌ国際映画祭セレクション〜」(公式HP)が、札幌の蠍座で道内初劇場公開される。このプログラムは、2006年カンヌ国際映画祭がアニメーション作家として初めてマクラレンの回顧展を開催、その後アメリカへ、次いで世界各地の国際映画祭及び美術館を巡回上映されてきたもの。マクラレンが生涯で残した作品は約70本。フィルムに直接傷をつけるスクラッチ・アニメーションや、人の動きを一コマずつ撮影して戯画化するピクセレーションなど、ユーモラスでラジカルな表現を追及し続けた。1955年に「線と色の即興詩」でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドール(短編部門)を受賞した他、アカデミー賞をはじめ生涯200以上の賞を獲得している。090303NormanMcLaren詳細は北海道新聞HPのイベント案内欄に紹介あり。
・会 期 :2009年3月3日(火)〜23日(月) 
・会 場 :札幌・蠍座(北区北9西3タカノビルB1 地図
      JR札幌駅北口から北へ徒歩3分
・入場料 :一般800、中高大生700円、シニア700円
      同館で上映中の他作品も見る場合はセット料金あり
・お問合せ:蠍座 TEL 011-758-0501 
・参 考 : 「北海道MovieWalker」HPの「蠍座」案内欄 
※ プログラムほか → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2009年03月22日

アトリエ村第1回特別記念企画 やちまた〜アトリエ村の8人展〜開催記念ギャラリートーク@札幌

 札幌に新たなアート空間「アトリエ村(Atelier-Mura)」(HP)(呉 妙子代表)が、2009年1月10日(土)にオープンした(記事)。「くつろげるギャラリーとカフェが融合した創造的な異空間」をテーマに、絵画・彫刻・版画・写真など美意識を身近に体感して楽しみ、アートを通じて交流を広められる小空間を目指す。第1回展は、道内の実力派作家8人の合同展「やちまた〜アトリエ村の8人展〜」を5月まで展示(記事)。この開催を記念して、出品作家を招いてのトークショーを開催する。当日は、三木俊治、井桁雅臣、両画伯による次回企画の発表も予定。090322ateliertalk
【ゲストの顔ぶれ】
   参加作家=三木俊治、井桁雅臣、會田千夏ほか
   司会進行=近藤 泉(本田明二ギャラリー
・日 時 :2009年3月22日(日) 17:30〜19:30
・会 場 :札幌・アトリエ村(Atelier-Mura)
      (中央区南13条西11丁目2-12 地図
・入場無料 
・お問合せ :アトリエ村 TEL 011-590-0050、 FAX 011-561-5691 

bluebook at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

初期トーキー時代の喜劇映画「キートンのエキストラ」を無料上映@旭川市

 旭川市中央図書館で毎月第4日曜日に開催されている無料上映会「アフタヌーンシネマ」。3月は、無声映画で頂点を極めた喜劇王バスター・キートンが初めてトーキーに挑んだ「キートンのエキストラ」DVD情報=を上映。キートン「キートンのエキストラ」 [DVD]無声映画時代の代表的コメディ俳優・キートンの主演映画。田舎の美人コンクールで優勝した娘をハリウッドに売り込もうとする母親。マネージャーとして同行したキートンは撮影所で大失敗をしてしまうが、逆にその才能が認められる。1930年、アメリカ、94分。詳細は同図書館HPの案内欄で。
・日 時 :2009年3月22日(日) 15:00開演
・会 場 :旭川市中央図書館(常磐公園内) 2F 視聴覚室
・定 員 :100席程度。事前申込み不要。 
・入場無料
・お問合せ:同図書館 TEL 0166-22-4174 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

映画「Cheap Escape In Nowhere(チープ・エスケープ・イン・ノーウェア)」上映会@根室市

 前作「ドクガス -DOKUGASU」(HP)で、2008年2月の第1回北海道インディペンデント映像フェスティバル(略称:HICF)記事)でグランプリを受賞(記事)した南出惇介監督(25歳)の第2作「Cheap Escape In Nowhere(チープ・エスケープ・イン・ノーウェア)(公式HP)が完成。ロケで縁のある釧路・根室・札幌の4会場で順次上映される。監督の南出惇介さんは母親が根室出身の早稲田大4年生で、今回は根室や釧路を舞台に仲間と自主製作したもの。「今回の作品は札幌で偶然出会った2人の若い男女が、衝動的に根室を目指す物語。2人はいずれも、周囲からうらやましがられる境遇にいたが、それがプレッシャーとなり、逃避行につながる。昨年9月に撮影し、南出さんが監督と脚本、撮影を担当した。上映時間は50分。090329CheapEscape」(北海道新聞HPのイベント案内欄より)。主演の成田凛子(旧名・愛裕美、「映像庫」作品でおなじみ)、森下勇介(Addiction)のほか、札幌の役者・音楽家が多数出演している。会場では南出監督と出演者が舞台挨拶を予定。詳細は映画公式HPの案内欄で。
・日 時 :2009年3月22日(日) 14:30開場、15:00開演
・会 場 :根室市・道立北方四島交流センター
      (根室市穂香110-9)
・入場料 :前売500円 (当日800円)
      チケットは根室のジャズ喫茶サテンドールで取扱
・お問合せ:南出 TEL 090-9159-6144 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

五井野正画伯「ゴッホが書いた日本文字の解読」札幌講演会@札幌

 道内の有志が集って浮世絵のコレクションや研究活動をしている「北の街オーロラ芸術クラブ」の主催で、「ゴッホが愛した歌川派浮世絵展」の開催(記事)にあわせ、ゴッホの世界的研究家の五井野 正(ごいの・ただし)画伯による講演会を開く。詳細は「WEBシティさっぽろ」HPの同展案内欄と、090322ukiyoe歌川門人会HPの案内欄で。
・日 時 :2009年3月22日(日)
・会 場 :札幌市・札幌市教育文化会館(中央区北1西13) 4階講堂
・内容と時間と料金
  一般講演 14:00〜16:30 一般4,000円 学生2,000円
  特別講演 17:00〜18:00 一般4,000円 学生2,000円
  ※ 特別講演は一般講演よりさらに深い内容。一般講演参加者のみ申込可能。
・お申込み:電話・FAX・メールのいずれかの方法で、
      必要事項(名前、住所、連絡先電話番号、希望講演とチケット枚数)を添えて申し込みを。
・お問合せ:北の街オーロラ芸術倶楽部 TEL&FAX 011-563-6169(大場) 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

滝川映画サークル 「歓喜の歌」上映と李鳳宇プロデューサーの講演@滝川市

 〜滝川映画サークル30周年記念、文化庁日本映画上映支援事業〜
 滝川映画サークルの3月上映会では、普通の人々のささやかな日常の奇跡を描く音楽喜劇「歓喜の歌」(公式HP)上映と、シネカノン代表で「パッチギ!」や「フラガール」を制作した映画プロデューサー李 鳳宇(リ・ボンウ)氏の講演「映画を配る、映画を創る」を開催。映画の舞台は、地方都市の文化会館。よく似た名前のコーラスグループの大晦日コンサートをダブルブッキング(二重予約)していたことが発覚。事なかれ主義の担当職員が、2つのグループの板挟みになって事態の収拾に走り回るうち、次第に彼の中で何かが変わり始める。松岡錠司監督、2007年、112分。原作は立川志の輔の新作落語「歓喜の歌」。出演は、小林薫、伊藤淳史、由紀さおり、浅田美代子、安田成美ほか。詳細は、滝川映画サークルの上映案内欄で。080528kankinouta
・日 時 :2009年3月22日(日) 
・時 間 :上映 13:00、16:30 
      講演 15:00
・会 場 :滝川市・たきかわホール(滝川駅前再開発ビル3F)
・入場料 :会員以外も参加OK。
      前売で一般・大学1,400円、中高生1,200円(当日各200円増し)
・お問合せ:滝川映画サークル TEL 0125-22−5778(谷本)
※ 会員募集中 → 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「ゴッホが愛した歌川派浮世絵展」@札幌

 道内の有志が集って浮世絵のコレクションや研究活動をしている「北の街オーロラ芸術クラブ」の主催で、「ゴッホが愛した歌川派浮世絵展」と、ゴッホの世界的研究家の五井野 正(ごいの・ただし)画伯による講演会(記事)を開く。同クラブメンバーが所有する、歌川派絵師の作品を中心に約30点を展示。北斎の作品、090322goghlect東京国立博物館の所蔵品と同じもの、ゴッホがコレクションしていたものと同作品や、ゴッホの浮世絵風油絵に影響を与えた作品のほか、珍品・名品も展示される。詳細は「WEBシティさっぽろ」HPの同展案内欄と、歌川門人会HPの案内欄で。
● ゴッホが愛した歌川派浮世展
・会 期 :2009年3月14日(土)〜22日(日)
・時 間 :11:00〜19:00
・会 場 :札幌市・札幌市教育文化会館(中央区北1西13)4Fギャラリー
・入場料 :無料 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

「おくりびと」映画上映会@厚岸町

 第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画「おくりびと」(公式HP)を上映。山形県を舞台に、遺体をひつぎに納める「納棺師」の姿を描いた感動作。本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史、杉本哲太、峰岸徹ほか出演。滝田洋二郎監督。2008年、130分。音楽は久石譲。日本アカデミー賞10冠、第63回毎日映画コンクール日本映画大賞受賞ほか。090315okuribito上映の詳細は本の森厚岸情報館HPの案内チラシ(PDF)で。
・日 時 :2009年3月22日(日) 3回上映
・時 間 :10:30、 13:00、 15:30
・会 場 :厚岸町・本の森 厚岸情報館 2階視聴覚室
      (厚岸町宮園1丁目1番地)
・入場料 :大人1,000円、 高校生800円、中学生以下無料
      前売券なし。当日券のみ。
・主 催 :厚岸映画をみる会(情報館映画鑑賞推進協議会)
・お問合せ:厚岸情報館 TEL 0153-52-2246

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「アメリカばんざい〜crazy as usual〜」上映@函館市

 新得町在住の藤本幸久監督のドキュメンタリー映画「アメリカばんざい〜crazy as usual〜」(公式HP)が函館でも自主上映される。藤本監督が、日本や韓国で米軍基地存続反対運動を続ける人々の記録映画「Marines Go Home(マリーンズ・ゴー・ホーム)」(2005年)を製作して、沖縄で出会った米兵から感じた「彼らはどこから来たのか? なぜ兵士になったのか? そしてどこへ行くのか?」という疑問を追い求め、影山あさ子さん(札幌のフリージャーナリスト)らとともに、2006年から約2年半、計7回200日に及ぶ取材撮影をまとめたもの。戦死、PTSD、貧困、失業、ホームレス、家族の崩壊、社会からの孤立、弱者への暴力。戦争が守るべき自国民にもたらす負の側面が見えて来る。2008年、日本、120分。2008年7月26日(土)、東京のポレポレ東中野を皮切りに全国各地で公開中。映画の詳細は、080822AmericaBanzaiポレポレの紹介欄に詳しい。上映の詳細は、しらかば薬局HPの案内欄と、映画公式HPの上映案内欄で。
・日 時 :2009年3月22日(日)  2回上映
      10:30〜12:30 13:30〜15:30  
・会 場 :函館市民会館 小ホール
      (湯川町1-32-1 地図 TEL 0138-57-3111)
・入場料 :全席自由 一般 前売1,000円(当日:1,200円)、
      中高大生500円、小学生無料
・お問合せ:映画『アメリカばんざい』函館上映実行委員会 TEL 0138-65-0985 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(10) 映画 

第16回JRタワーそらの展覧会 「北海道 自然と人の共生域」写真展@札幌

 第16回JRタワーそらの展覧会では、090307NorthFinderNPO法人 北海道写真家ネット「ノースファインダー」所属の写真家達による「北海道 自然と人の共生域」写真展を開催する。自然と動植物、自然と人、都市と人の領域をテーマにスポットを当て、北海道の四季を舞台に様々な視線で捉えていく。詳細は、JRタワーHPの案内欄と「ノースファインダー」HPの案内欄で。
・会 期 :2009年3月7日(土)〜22日(日)
・時 間 : 10:00〜日没まで
      展望室のため照明設備が十分ではありません、ご了承下さい。
・会 場 :札幌・JRタワー展望室タワー・スリーエイト(38階)
・入場料 :観覧は無料だが、同タワーへの入場料が必要。
      大人 700円、中高生500円、小学生・幼児300円。
・お問合せ:ステラプレイス TEL 011-209-5500  

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

SAPPORO ACRYL AWARD(サッポロ アクリル・アワード)2008 入選作品展@札幌

 ターナー色彩株式会社が、若き才能の発表の場として1990年から学生を対象にスタートさせた「TURNER ACRYL AWARD 2008」。19回目の今年、全国の1000点を超える応募の中から選ばれた、31名による33点作品を展示する(同賞HPの案内欄)。大賞を、札幌在住の若手作家、森本 めぐみさん(HP)が受賞。森本さんは道教大で空間造形を専攻する学生で、奥まった赤い目のデフォルメされた少女像を描き続けている。090317AcrulAward2008右画像は同展のDMハガキで、森本さんの受賞作「On the field」。
・会 期 : 2009年3月17日(火) 〜22日(日)
    DMハガキの会期3/17(火)〜3/28(土)は、最終3/22(日)の誤記とのこと
   (大丸藤井HPの案内欄 
   訂正/ご案内しましたダイレクトメールに日程の誤りがございました。
   3月17日(火)〜22日(日)ですのでお間違えのないようお願いいたします)
・時 間 :10:00〜19:00(最終日は17:00まで)
・会 場 :札幌市・大丸藤井セントラル 7F スカイホール
      (中央区南1西3 地図 TEL 011-231-1131)
・入場無料
・主 催 :ターナー色彩蝓続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

三箇三郎展〜絵画する―心の旅路〜@函館市

 「三箇三郎(さんか・さぶろう、1926年函館生まれ)は、戦後まもなくから赤光社展、全道展、行動展などを主な活躍の場として、60年以上にわたり函館を拠点に幅広く制作を続けてきました。初期の風景表現にはじまり、身近な事物などから着想しつつ抽象化を深めた制作、そして北海道の自然を見つめて独特の構成と色彩による抽象的心象的造形へと、多様に作風を変遷させながら、独自の画業を展開しています。本展では、80歳をこえた現在も意欲的な制作に取り組む画家の、081206sankasaburou初期からの代表的な作品により、その独創を深める個性的な絵画表現の特質と魅力を紹介します」(右チラシ裏面より)。詳細は道立函館美術館HPの案内欄で。
・会 期 :2008年12月6日(土)〜2009年3月22日(日)
・時 間 :9:30〜17:00(入場16:30まで)
・休館日 :月曜(1/12を除く)と1月13日(火)、年末年始(12/29〜1/03)
・会 場 :函館市・道立函館美術館(五稜郭町37-6)
・入場料 :( )内は前売りおよび団体料金
  一般・大学600(450)円、高大生300(250)円、小中生200(150)円
・お問合せ:同館 TEL 0138-56-6311 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2009年03月21日

3KGの佐々木信さんトークライブ「デザインと街と人」@札幌

 デザイナーのナガオカケンメイ氏が全国展開しているロングライフデザインの雑貨・家具を扱うセレクトショップ「D&DEPAETMENT PROJECT」札幌店代表で、デザイン制作会社3KG代表のデザイナー、佐々木 信さんが「デザインと街と人」と題してトークライブを行う。佐々木氏がデザインを手がけた札幌市営地下鉄のカード「SAPICA」=右写真=や、2007年11月のオープン以来、数々の企画展や090321sapicaイベントも発信中の「D&DEPARTMENT PROJECT SAPPORO」にふれながら、デザインと街、人との関わりについてお話をうかがう。
・日 時 :2009年3月21日(土) 17:00〜18:00 
・会 場 :札幌市・アップルストア札幌(中央区南1西3 地図)
・入場無料
・お問合せ:アップルストア札幌 TEL 011-209-8200 

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 | 美術

映画「おくりびと」上映会@士別市朝日町

 第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」(公式HP)が士別市朝日町で上映される。ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を軽快なタッチで描く感動作。チェロ奏者の道を諦めて故郷に戻り、旅行代理店と勘違いして納棺の仕事に就いてしまった主人公を本木雅弘が好演。広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史、杉本哲太、峰岸徹ほか出演。滝田洋二郎監督。2008年、130分。音楽は久石譲。090315okuribito第63回毎日映画コンクール日本映画大賞受賞ほか。サンライズホール第262回自主企画事業・朝日町合併特例区事業としての上映。詳細は、あさひサンライズホールHPの公演のお知らせ欄で。
・日 時 :2009年3月21日(土) 15:00、18:00
・会 場 :士別市・あさひサンライズホール
      (朝日町中央4038番地)
・入場料 :一般 前売1,000円(当日 1,500円)、 完売(3/12追記)
      高校以下 前売500円(当日1,000円) 全席自由
・お問合せ:同ホール TEL 0165-28-3146 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画