2009年07月

2009年07月31日

會田千夏個展@深川市内2会場で

 札幌大谷短大から多摩美の大学院修士課程で油彩を学び、「語り島」シリーズなどで注目を集めている若手作家、會田千夏(あいた・ちなつ)さんが、深川市の2つの会場で「個展」「小品・ドローイング展」を開催する。近年は、無意識の中に形象を探り、掴んだ線を元に、自然の息吹を感じさせる不思議な具象を描いている。2年前の「VOCA展 2007」に参加、昨年10月には東京・不忍画廊で個展を開催するなど、精力的に新作を発表し続けている。
・会 期 :2009年7月16日(木)〜31日(金)
・入場料 :ともに無料
【會田千夏個展】090716aitachinatsu
 2007年VOCA展出展の作品を交え、2003年から今迄の
 旧作から新作まですべてを展示。
・時 間 :10:30〜18:00(最終日16:00まで)7/21と27休館
・会 場 :深川市・アートホール東洲館(参考
      (1条9番19号 深川市経済センター2階)
・お問合せ:同美術館 TEL 0164-26-0026  
【會田千夏小品・ドローイング展】
・時 間 :10:30〜17:30(最終日16:00まで)、月・金曜休
・会 場 :深川市・うなかがめーゆの美術館(深川市9条17 地図
・お問合せ:同美術館 TEL 0164-22-3597 
・参 考 :北海道美術ネット別館HPのレポート記事 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

人形師の沢則行さんが「みんなのうた」の映像を制作@NHKテレビ

 札幌が生んだ世界の人形劇師、沢 則行(さわ・のりゆき)さん(公式HP)=写真=が、NHKテレビ「みんなのうた」で2009年6月7月に放送される「二人ぼっち時間」(歌・作詞作曲:しいなりんご)の映像を制作した。詳細は、NHKの同番組HPのプログラム欄と、放送予定欄、沢さんHPの案内欄で。
・放送日 :2009年6月1日(月)〜7月31日(金)
080426sawanoriyuki  総合テレビ 月・水(13:55〜14:00)火・木(9:55〜10:00)
  教育テレビ 火・木(18:55〜19:00)
  BSハイビジョン 月・水(12:55〜13:00)
■「二人ぼっち時間」
 うた・作詞・作曲:しいなりんご
 編曲:斎藤 ネコ
 映像・人形:沢 則行 

bluebook at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 演劇・ダンス | 美術

第9回さっぽろパフォーマンスカーニバルだい・どん・でん! 当日スタッフ募集@札幌

 今年で9回目を迎える札幌の大道芸の祭典「さっぽろパフォーマンスカーニバル だい・どん・でん!」(公式)HP)。2009年は9月5日(土)・6日(日)で開催予定。札幌中心街の活性化と芸術文化の振興のためにパフォーマーが発表する場を作ることを目的に、駅前通(南1条〜南4条)・狸小路、地下街等で行われるもの。昨年も、ジャグリング、パントマイム、マジック、伝統芸能、似顔絵、舞踏、音楽、ダンス等、あらゆるジャンルのパフォーマーが国内外から参加。日本一のスケールへと成長している。事務局では今年の当日スタッフを募集。詳細は事務局の「街創造スタッフ」ブログで確認を。
・活動内容:パフォーマーの補助・企画の運営・音響管理など
・募集対象:15〜34歳の男女
・締 切 :2009年7月31日(金)
・お問合せ:メール daidonden_info@@yahoo.co.jp 
      @@を@にして送信を 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス | その他

砂川市地域交流センターゆうが平成21年度企画を公募 「アートプロデュース・トライアル」@砂川市

 砂川市地域交流センターゆうでは、平成21年度に同センターを舞台に開催する芸術文化企画を募集する。応募企画の中から年3本程度を採択予定。採用された企画は、同センターのNPO法人ゆうとトライアル団体の連名主催で実施し、〇楡瀝用料の免除、20万円を上限に助成金の支給、実現に向けて制作・舞台美術・音響・照明スタッフの090731APsunagawaサポート等の特典を受けられる。詳細は、道内の舞台公演情報を紹介している「はこうまプロジェクト」HPの同企画案内欄に詳しい。
・申請方法:NPO法人ゆう事務局へ電話で資料請求。
      TEL 0125-54-3111 (9:00〜17:00)
   送付されてくる申請用紙に必要事項を記入し、
   団体概要・予算案・ほか必要書類を添付の上、締切日までに
   NPO法人ゆう事務局に提出を。
・申請締切日:2009年7月31日(金)
※ 申請概要 → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 演劇・ダンス | その他

函館港イルミナシオン映画祭 第13回シナリオ大賞作品を募集@函館市

 1995年から毎年函館市で開催され、街の冬の風物詩となっている「函館港イルミナシオン映画祭」(公式HP)。函館の街から映画及びその人材を発掘・発信しようと、1996年度より「シナリオ大賞」がスタート。第4回の準グランプリ「パコダテ人」(前田哲監督、宮崎あおい主演)=DVD情報=と第5回グランプリ「オー・ド・ヴィ」(篠原哲雄監督、岸谷五郎主演)、第7回グランプリ「狼少女」(深川栄洋監督)、第8回シナリオ大賞「うた魂♪」など、これまで長編短編合わせて10本のシナリオが映画化・映像化され(他に1作品が製作準備中)、「映画をつくる映画祭」として全国に知られるようになった。今年も次のとおり作品を募集。プロ・アマ不問で、未発表のオリジナル作品に限る。函館市長賞(グランプリ)(1名)賞金300万円ほか。詳細は、同映画祭HPの募集要項で確認を。
・応募締切:2009年7月31日(金) 当日消印有効
・審査員 :荒俣 宏(作家)、河井信哉(プロデューサー)、
      加藤正人(脚本家)、林 海象(監督)
・応募先 :「第15回函館港イルミナシオン映画祭2009 シナリオ大賞」係
      〒040-0053 函館市末広町4-19 函館市地域交流まちづくりセンター
※ お問合せ先、参考記事など → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2009年07月30日

札幌市立大学デザイン学部公開講座 九十五万人の祈り「国宝 阿修羅展」の実現@札幌

 日本美術の展覧会史上、最大入場者数を記録した今年の阿修羅展。その実現までの道のりと、時代の祈りと対面した阿修羅展の本質に迫る講演会が札幌で開かれる。講師の金子先生は「国宝 阿修羅展」=右チラシ=を、東京国立博物館で実現した方。「心の救済や平穏を求める人々が多い時代であると同時に、信仰なき時代でもある現在、金子先生はなぜ、阿修羅を奈良から東京に向かわせたのか、またその試みが多くの人々に共感を以って受け入れられた現在という時代状況について考えます」とのこと。090730asyuraten
・講座名 :札幌市立大学デザイン学部公開講座
      九十五万人の祈り「国宝 阿修羅展」の実現
・講 師 :金子 啓明(かねこ・ひろあき)氏
      (奈良興福寺国宝館館長、東京国立博物館特任研究員)
・日 時 :2009年7月30日(木) 19:00〜20:30 
・会 場 :札幌・札幌市立大学サテライトキャンパス
      (中央区北3条西4丁目日本生命札幌ビル5階 地図)
・定 員 :80名(先着順)
・入場料 :無料
・申込方法 → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

2009年07月29日

Point Of Color −4人のいろ・4人の平面−@札幌

 最近、特に積極的な製作活動と新しい絵画の流を作っている若手アーティスト、笠見康大蒲原みどり西田卓司森本めぐみによる平面作品を中心とした展覧会。方向性も技法も異なる現代作家4人の競演。090717PointofColor詳細は主催のCAI現代芸術研究所HPの案内欄で。
・会 期 :2009年7月17日(金)〜29日(水) 
・時 間 :13:00〜23:00  日祝休廊
      オープニングパーティ 7月17日(金)19:00〜
・会 場 :札幌・CAI02
      (中央区大通西5丁目 昭和ビル地下2F) raum1、2、3
・入場無料
・お問合せ:CAI02 TEL 011-802-6438
・主 催 :CAI 現代芸術研究所  続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

JRタワーARTBOX第5回 山本雄基「みえないみえる」@札幌

 JRタワーでは、駅隣接という公共性から芸術・文化の醸成する場の創造を目指す「JRタワーアートプロジェクト」の一環として、北海道の新人アーティストたちに新たな発表の場を提供することを目的に、2008年4月からJRタワー1階東コンコースにART BOX(アートボックス)を設置。オープニング当初の2008年は、岡部昌生、伊藤隆介、熊澤桂子、國松明日香ら道内ベテラン美術作家の作品を3ヶ月ずつ展示した。2009年度は北海道在住の新人アーティストから作品プランを公募(記事)し、68件の応募の中から4人の受賞者が決定。トップバッターは、札幌を拠点に主に絵画制作を行っている山本 雄基(やまもと・ゆうき)氏の「みえないみえる」を展示する。山本さんは1981年帯広出身、北海道教育大学大学院で油彩を修了。「みえないみえる」は2年前から取り組んでいるシリーズ。「身の前にあるのに触れられない感覚、実体感があるようでなさそうな、090501yamamotoyuuki何を見ているのかわからなくなってくるような不安さと、色彩と交錯のリズムの心地よさが同時に訪れるような感覚を求め、それを絵画として成り立たせることで確かな存在感に向かわせます」(右DMハガキより)。詳細はJRタワーHPのART BOX案内欄で。
・会 期 :2009年5月1日(金)〜7月29日(水)
・時 間 :7:00〜22:00
・会 場 :札幌市・JR札幌駅東コンコース・JRタワーARTBOX
・観覧無料 
・参 考 :北海道美術ネット別館HPのレポート記事 続きを読む

bluebook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 美術 

2009年07月28日

窪島誠一郎氏が語る「信州の二つの美術館をめぐって〜信濃デッサン館と無言館〜」@鹿追町

 神田日勝記念館友の会が主催する美術講座。長野県上田市で夭折の画家の作品を展示する美術館「信濃デッサン館」と、戦没画学生の遺作を展示する「無言館」を主宰する窪島 誠一郎氏が、美術館への自らの思いを語る。詳細は同美術館HPの案内欄で。
・講 師 :窪島 誠一郎氏(信濃デッサン館主・無言館主)
・日 時 :2009年7月28日(火) 18:30開演
・会 場 :鹿追町・鹿追町民ホール 視聴覚室
      (北海道河東郡鹿追町東町3-2)
・入場無料
・お問合せ:神田日勝記念館 TEL 0156-66-1555 
・参考記事:無言館「祈りの絵」展(2009/09/12〜10/18、札幌)

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | その他

アニメーション映画「ハードル」上映@旭川市

 長編アニメーション映画「ハードル」(2004年、90分)を上映。ベストセラーとなり、アニメ映画としても大ヒットした090728hurdle青木和雄氏原作「ハッピーバースデー」に続く、子どもたちの心の声を描いた物語。小学生から中学生にかけ、成長する主人公に降りかかるいじめ。傷つきながらも、自分の心の壁(ハードル)を乗り越え、また自分が生きていくために勇気を奮い起こし立ち上がっていく姿を描く。出崎哲監督。主題歌・挿入歌:ゆず。
・日 時 :2009年7月28日(火) 2回上映
      11:00、 14:00 (開場は各30分前)
・会 場 :旭川市・旭川市公会堂ホール(常磐公園内 地図
・入場料 :無料
・お問合せ:旭川市子育て支援課(青少年担当) TEL 0166-22-4176 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2009年07月27日

シアターキノ ドキュメンタリー映画講座 第3期(今期は休止)@札幌

 NPO法人北海道コミュニティシネマ・札幌では、2008年7月より山形国際ドキュメンタリー映画祭の協力で、キノドキュメンタリー映画講座を開催してきた。2年おきに開かれる同映画祭で正式上映されたドキュメンタリーの傑作を、原則1ヶ月に1作品のペースで鑑賞していくもの。講座の第3期目(2009年7月〜12月までの半年分)は、2003年〜2007年の受賞作を中心に構成。この受講参加者を募集。詳細はシアターキノHPの案内欄(PDF)で確認を。090727docu03
【講座スケジュール】 2009年7月27日(月) 開講
  7/27(月) 19:00 『純粋なるもの』 
 ◆8/24(月) 19:00 『旅−ポトシへ』 
  9/28(月) 19:00 『パレルモの聖女』 
 ぁ10/26(月) 18:15 『老いた猫のお引越し』 
 ァ11/30(月) 19:00 『S21 クメール・ルージュの虐殺者たち』 
 Α12/14(月) 19:00 『生まれなかった映画たち』
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F )
・受講料 :6回分 6,000円。(先着限定20名、キノカウンターで6/20より受付)
      なお各回10名程度、当日の一般参加が可能(1,800円)
      7/27と12/14は上映後に懇親会あり。参加自由。
・主催・お問合せ:NPO法人北海道コミュニティシネマ・札幌
      TEL 011-231-9355(シアターキノ内) 

※ 第3期は受講生が10人未満のため、今期は休止が決定。(2009/07/29追記)
  2010年1月〜6月の次期を、改めて募集(11月頃より)予定とのこと 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | その他

2009年07月26日

旭川市図書館アフタヌーンシネマ 「妖精フローレンス」上映@旭川市

 旭川市中央図書館で毎月第4日曜日に開催されているアフタヌーンシネマ。今回は、サンリオのアニメーション映画「妖精フローレンス」DVD情報=を上映。花の好きな音楽学院の生徒マイケルはある日、花の妖精フローレンスと出会い、花の妖精の国へ旅立つ。美しさと不気味さ、音楽と危険が入り乱れる花の国でいつしか2人は恋に落ちる。妖精フローレンス [DVD]4年の歳月をかけて製作された、クラシックの名曲で綴る美しい音楽アニメーション。 声の出演は、市村正規、鞠谷友子ほか。波多正美監督。1985年、日本、92分。上映の詳細は同図書館HPの案内欄で。
・日 時 :2009年7月26日(日) 15:00開演
・会 場 :旭川市中央図書館(常磐公園内) 2F 視聴覚室
・定 員 :100席程度。事前申込み不要。 
・入場無料
・お問合せ:同図書館 TEL 0166-22-4174 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ROBOT×IMAGICA×SFC×HFA 次世代映画スキル・マスターコース in SAPPORO参加者募集@札幌

 さっぽろフィルムコミッションNPO法人北海道映像産業振興連盟などは、映画界の第一線で活躍する現役の超豪華講師陣を札幌に招き「次世代映画スキル・マスターコース in SAPPORO」を開催する。映画編と演技編の2コースを募集(別料金)。次世代の映画界トップを狙う参加者を募集する。詳細は、さっぽろフィルムコミッションHPの案内欄ワークショップの開催概要欄応募フォームなどで確認を。
・開催期間:2009年7月19日(日)〜26日(日)
       ̄撚菠圈7/19〜7/23)、演技編(7/24〜7/26)
・時 間 :´△箸發14:00〜18:00
・会 場 : 札幌市デジタル創造プラザ インタークロス・クリエイティヴ・センター(略称ICC)
      (豊平区豊平1条12丁目1-12 地図)1F cafe+
・募集人数:映画編30名、演技編30名
・応募締切:2009年7月7日(火)
・主 催 :螢蹈椒奪函↓蝪稗唯腺韮稗達繊△気辰櫃蹈侫ルムコミッション
      NPO法人北海道映像産業振興連盟
・お問合せ:さっぽろフィルムコミッション(担当:ムトウ)
      TEL 011-805-1200、FAX011-805-2240
      E-mail info@@sapporofc.jp(@@→@) 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

記録映画「嗚呼 満蒙開拓団」上映会@標茶町

 「嗚呼 満蒙開拓団(ああ まんもうかいたくだん)(公式HP)が札幌で劇場公開される。満蒙開拓団とは、1931年の満州事変以後、当時の日本政府の国策によって、中国大陸の旧満州(現在の中国東北部)、内蒙古に入植させられた日本移民のこと。1945年の太平洋戦争敗戦までに送り込まれた開拓団員は約27万人と言われている。しかし、その内の約8万数千人が、ソ連参戦、日本の敗戦によって、帰国できずに亡くなっている。そんな中、ある残留婦人の言葉を機に、中国の周恩来総理の指示で、満州移民の遺骨を納めた「方正地区日本人公墓」を中国政府が建設。2002年に始まった中国の残留孤児の国家賠償請求訴訟を通じて、偶然この墓の存在を知った羽田澄子監督が本作を企画したもの。映画は公墓を巡る現地へのインタビューを中心に、満蒙開拓団が生まれた経緯、090808aamanmoukaitakudanソ連参戦直後に起きた悲惨な逃避行の様子、残留孤児と養親との関係などを描き、日中友好へと思いを馳せる。2008年、120分、日本。自由工房作品。製作/工藤充、演出/羽田澄子(ナレーター兼)。上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄で。
・日 時 :2009年7月25日(土) 13:30開演
・会 場 :標茶町・標茶町開発センター
      (釧路管内標茶町旭2 TEL 015-485-2040)
・入場料 :高校生以上 1,000円 
・お問合せ:標茶町企画財政課 TEL 015-485-2111 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

元気まちづくり交流会2009夏で「田んぼdeミュージカル」上映@札幌市

 ~暮らしの中で見つけよう あなたにあった「まちづくり」~
 まちづくりに興味はあるけれど、何から初めていいのか分からない。札幌市が、そんな方に参加のきっかけをつかんでもらうためのイベントを開催。当日は、テレビやラジオで活躍するYASUさんの講演の他、「わしらにも作れるべか?」の一言から始まった、穂別町(現むかわ町)の高齢者が中心となって製作した映画「田んぼdeミュージカル」(2003年)を上映。この作品で映画製作の醍醐味を知った同町の高齢者達は、その後も第2作「La riziere 田んぼdeファッションショー」(2005年)、第3作「いい爺いライダー」(2008年)を発表、全国で話題となり続く第4作の製作も決まっている。090726tanbode当日会場には映画の出演者達も来場し、まちづくりの楽しさ、大切さ等を伝える。詳細は札幌市HPの案内欄で。
・日 時 :2009年7月26日(日) 12:30開場、13:00~16:00
・会 場 :札幌・KKRホテル札幌 5階「丹頂」
      (中央区北4西5 TEL 011-231-6711 アクセス
・参加方法:事前申込は不要。直接会場へ。
・定 員 :100人程度(来場者多数の場合は立見)
・お問合せ:札幌市 市民まちづくり局 市民自治推進室 市民自治推進課
      TEL 011-211-2253  FAX 011-218-5156 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

公開講座「縄文へのいざない」@札幌

 〜縄文の「ひと・もの・こころ」に触れる〜
 1万年の間、人が自然との共生を貫き通した縄文の時代。その頃の人はどう生き、どう考えていたのか。北黄金遺跡などの研究で知られる伊達市噴火湾文化研究所の大島直行所長を迎え、縄文文化の魅力についてお話をうかがう。詳細は会場の紀伊國屋書店札幌店HPの案内欄で。090726joumon
・日 時 :2009年7月26日(日) 13:00〜16:00
  ‘貶犬覆錣鼎り体験 13:00〜13:30 定員20名
  縄文勾玉づくり体験 14:00〜14:30 定員20名
   ※ ,△里匹舛蕕のみ参加可能
  F貶献函璽「縄文の魅力を探る」 15:00〜16:30 定員80名
    講師 大島直行氏(伊達市噴火湾文化研究所長)
    司会 山口由美氏(AIR-G パーソナリティー)
  て貶古玄┘魁璽福次12:00〜16:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場無料
・参加申込:北海道新聞室蘭支社営業部 TEL 0143-22-5163 

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

石垣 渉 水彩画の世界展@札幌

 札幌でフリーのイラストレーターとして活躍する気鋭の若手、石垣 渉(いしがき・わたる)さんの水彩画展。石垣さんの仕事は、広報「ほくれん」の表紙や季刊「札幌人」のイラスト等でもおなじみ。090721ishigakiwataru作家が捉えた水や光や雪の景色、生命の輝きが、描く喜びとともに静かに伝わってくるよう。右画像は今回のDMハガキで作品は「日よけ傘」。詳細は同ギャラリーHPと作家HPの案内欄で。
・会 期 :2009年7月21日(火)〜26日(日)
・時 間 :10:00〜19:00(最終日〜17:00まで)
・会 場 :札幌市・ギャラリーエッセ
      (北区北9条西3丁目9番1号ル・ノール北9条1階 地図
・入場無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-708-0606 
・参考記事:北海道美術ネット別館HPのレポート記事(2009/07/25) 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

2009年07月25日

MAGICAL CAMP 2009 カウントダウン インストア ライブ@札幌

 8月29〜30日に札幌テイネハイランドで開催される、音楽とアートによる野外創造フェスティバルMAGICAL CAMP 2009の協賛イベントとして、北海道を拠点に活動する出演アーティストをフィーチャーしたインストアライブを4週にわたってアップルストア札幌店で開催。第1弾はGreen Apple Quick Step参考)が登場。「ソリッドなギターが魅力の個性的なサウンドを体感してください」とのこと。詳細は、アップルストア札幌のHPで。
・日 時 :2009年7月25日(土) 19:00〜20:00 
・会 場 :札幌市・アップルストア札幌(中央区南1西3 地図)
・入場無料、要予約
・お問合せ:アップルストア札幌 TEL 011-209-8200 

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

第44回サイエンス・カフェ札幌「ブラックホールを〈描く〉男 −宇宙物理学者は星空の向こうに何を見るか?」 @札幌

 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(HP)(略称CoSTEP)が実施しているサイエンス・カフェは、飲み物を片手に気軽に科学の話を楽しむ参加型イベント。今回は、ブラックホールに関する理論構築で注目を集める気鋭の研究者、早崎 公威(はやさき・きみたけ)さん(HP)北海道大学大学院理学研究院 学術研究員)をゲストに迎え、090725blackhall天文学や宇宙物理学に関する最先端の話題を交えながら、科学者がどのように世界をとらえ、描き出しているのか、科学者特有のものの見方を紹介する。詳細は主催のCOSTEPのHP内の案内欄で。
・日 時 :2009年7月25日(土) 16:30〜18:00
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1階インナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・参 加 :参加無料、定員は約100人(内椅子席70席)。
  申込不要、当日直接会場へ。飲物は各自会場内ショップで購入を
・お問合せ:TEL&FAX 011-706-3868 続きを読む

bluebook at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

子供向けビデオ上映会「夏服の少女たち」「ヒロシマに一番電車が走った」 @帯広市

 核兵器の恐ろしさを伝える子供向けビデオ上映会。夏服の少女たち [DVD]ともにNHKによる2本のアニメーション映画、「夏服の少女たち」DVD情報=、「ヒロシマに一番電車が走った」DVD情報=を上映。詳細は帯広市HPの案内欄で。
・日 時 :2009年7月25日(土) 14:30〜15:45
・会 場 :帯広市図書館 1階 多目的視聴覚室
      (JR帯広駅から徒歩2分 地図)
・入場料 :無料。当日直接会場へ。
・お問合せ:帯広市市民活動推進課 TEL 0155-65-4130 

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

太郎吉蔵フェスティバル SAPPORO ショートフェスト in たきかわ@滝川市

 滝川市の文化拠点「太郎吉蔵」に、第4回札幌国際短編映画祭2009(通称「SAPPOROショートフェスト」、2009/10/14〜18)がやってくる。同映画祭は、世界各国から集めた30分未満の短編作品を上映する、国内最大規模の短編映画祭。10月札幌での開催に先駆けての特別上映。内容は子供向け、大人向けの2部構成で、それぞれ数作品を無料上映する。090725tarokichigura詳細は主催のNPO法人アートチャレンジ滝川HPの案内欄右チラシ(PDFファイル)で。
・日 時 :2009年7月25日(土) 
     〇匐仝け 開場13:30 上映14:00〜15:00
    ◆^貳霧け 開場16:30 上映17:00〜18:30
・会 場 :滝川市・太郎吉蔵
     (栄町2丁目8-9 TEL 0125-22-7337)JR滝川駅より徒歩3分
・入場無料:各回とも先着100名まで。
・お申込み:NPOアートチャレンジ滝川(A.C.T.) TEL&FAX 0125-22-7337 まで。
   氏名、人数、連絡先電話番号、希望(子供向け・大人向け)を添えてお申込を。

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

チェコを拠点に活躍する人形劇師・沢則行さん「KOUSKY(コウスキィ)」上演@札幌

 札幌が生んだ世界の人形劇師、沢 則行(さわ・のりゆき)さん(公式HP)=写真=が、札幌で公演する。沢さんは現在チェコ在住。プラハの大学で人形劇を教える傍ら、チェコ主流の人形劇スタイル(オブジェクトシアター:人形を使いつつ自らも役者として登場する方法)でヨーロッパ各地で活躍中。080426sawanoriyuki「KOUSKY(コウスキィ)」(小品集の意味)は沢さんの十八番の演目で、変身譚やブラックユーモア、幻想美など沢ワールドの多彩な魅力を一度に楽しめる。詳細は、主催のやまびこ座の特設欄で。
・日 時 :2009年7月25日(土) 13:30開場、14:00開演
・会 場 :札幌市・こどもの劇場やまびこ座
      (東区北27東15 地下鉄東豊線元町下車5分 地図)
・入場料 :子供(4歳以上) 当日1,000円(前売 800円)
      大人(18歳以上) 当日1,500円(前売1,300円)
・お問合せ:同劇場 TEL 011-723-5911


bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 演劇・ダンス 

「アメリカばんざい〜crazy as usual」上映会@札幌市

 新得町在住の藤本幸久監督のドキュメンタリー映画「アメリカばんざい〜crazy as usual〜」(公式HP)が札幌で自主上映される。藤本監督が、日本や韓国で米軍基地存続反対運動を続ける人々の記録映画「Marines Go Home(マリーンズ・ゴー・ホーム)」(2005年)を製作して、沖縄で出会った米兵達から感じた「彼らはどこから来たのか? なぜ兵士になったのか? そしてどこへ行くのか?」という疑問を追い求め、影山あさ子さん(札幌のフリージャーナリスト)らとともに、080822AmericaBanzai2006年から約2年半、計7回200日に及ぶ取材撮影をまとめたドキュメンタリー。貧困による徴兵、戦死、PTSD、失業、ホームレス、家族の崩壊、社会からの孤立、弱者への暴力。戦争が守るべき自国民にもたらす負の側面が見えて来る。2008年、日本、120分。映画の詳細は、ポレポレの紹介欄に詳しい。当日は、景山あさ子さんが来場、お話を予定。詳細は、映画公式HPの上映案内欄で。
・日 時 :2009年7月25日(土) 13:30開演 
・会 場 :札幌市・清田区民センター(清田区清田1条2丁目 地図) 集会室
・入場料 :一般1,000円、学生以下500円
・主 催 :清田区九条の会 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

北大に眠る疋田豊治写真を巡る「知られざる北海道写真の展覧会をつくる」セミナー@札幌

 〜 第222回総合博物館セミナー 北大総合博物館水産科学館の資料を利用した学生の試み」 〜
 北海道大学函館キャンパス内にある水産科学館には、明治末から昭和初期まで水産学部で教鞭をとった疋田豊治(ひきた・とよじ)氏の撮影による約6,000点にも及ぶガラス乾板が残されている。疋田氏は、シシャモの学名の命名者で、カレイの研究者として知られる。「疋田写真」は「北海道開拓写真」と並ぶ北大の所蔵する貴重な歴史資料だが、これまでほとんど紹介されて来なかった。090725sirarezaruhokkaidosyashinこの「疋田写真」を研究し、展覧会を準備する院生・学生の活動について報告する。詳細は、北大総合博物館HPの案内欄で。
・講 演 :谷古宇尚/YAKO Hisashi(北海道大学大学院文学研究科・准教授)
・日 時 :2009年7月25日(土) 13:30〜15:00
・会 場 :札幌市・北海道大学総合博物館一階「知の交流コーナー」
・入場無料、申込不要
・お問合せ:同館 TEL 011-706-2658
・参 考 :荘内日報HPの記事「郷土の先人・先覚156 《疋田 豊治》」 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

北海道立釧路芸術館アートシネマ館2009「山河遥かなり」 @釧路

 釧路芸術館の恒例上映会「アートシネマ館」では、洋画の名作を毎月約1作品ずつ上映。7月は、「山河遥かなり」DVD情報=を上映。第2次世界大戦直後、山河遥かなり [DVD] FRT-070アメリカ占領下のドイツ。ナチによって母と生き別れた少年は、悲惨な境遇から自閉症になっていた。アメリカ兵に拾われ、一緒に生活することで明るさを取り戻していく。ヒューマンドラマ。フレッド・ジンネマン監督。1948年、米、モノクロ、104分。出演はイワン・ヤンドル、モンゴメリー・クリフト、ヤルミラ・ノヴォトナほか。上映の詳細は同美術館HPの案内パンフレット(PDFファイル)と、案内欄で。
・日 時 :2009年7月25日(土) 10:00、14:00
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 アートホール
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2009年07月24日

まよなかしんやトークコンサート&1フィート映画「軍隊がいた島」上映@札幌

 〜沖縄戦を歪曲するな! 辺野古・高江に基地はいらない! 米軍再編・改憲NO 〜
 沖縄フォークの草分けの一人まよなか しんや(HP)さんのトークコンサートと、那覇市の市民団体「沖縄戦記念フィルム1フィート運動の会」が制作した1フィート映画「軍隊がいた島 慶良間の証言」(2009年、謝名元慶福脚本、35分)をDVDで上映。同会は、正式名称を「子どもたちにフィルムを通して沖縄戦を伝える会」といい、一人1フィート(約100円分)のカンパで、アメリカの国立公文書館等に保存されている沖縄戦の記録フィルムをすべて買い取り、戦争を知らない世代に、沖縄戦の実相を伝え、沖縄・日本を世界平和の原点とする運動を続けている。1983年の結成以来、これまで約11万フィートの記録フィルムを買い取り、それを元に「沖縄戦−未来への証言」(1989年)、090724guntaigaitashima「沖縄戦−未来への証言(普及版)」(1990年)、「ドキュメント沖縄戦」(1995年)、「沖縄戦の証言」(2005年)等を制作してきた。今回上映するのは、太平洋戦争末期、沖縄県慶良間諸島で起きた「集団自決」の体験者や目撃者らの証言を集めたドキュメンタリー映画。詳細は主催のみんたるHPの案内欄で。
・日 時 :2009年7月24日(金) 19:00開演
・会 場 :札幌市・みんたる(北区北14西3-1-1 地図 TEL 011-756-3600)
・入場料 :1ドリンク付1,000円+1フィート運動へのカンパ
      終了後交流会あり
・主 催 :1フィート運動を支援する会 TEL 011-664-0632(谷) 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | その他

想田和弘監督の精神科でのドキュメンタリー映画「精神」アンコール上映(期間延長に)@札幌

 NY在住の想田 和弘監督が、デビュー作「選挙」に続いておくる最新ドキュメンタリー映画「精神」(公式HP)が、の公開(2009/06/27〜7/03、記事)は一度終了したが、アンコール上映が決定。前作「選挙」に続く観察映画第2弾として、ナレーションや説明テロップ、音楽を使用しない独特の映像スタイル。これまでタブーとされてきた精神科にカメラを入れ、現代に生きる日本人の精神のありようを克明に描き出す。2008年、日本・アメリカ、135分。釜山、ドバイ等で受賞、独ベルリン国際映画祭(フォーラム部門)正式出品など海外の映画祭からのオファーが相次ぐ話題作。詳細はシアターキノHPの案内欄で。090627seishin
・会 期 :2009年7月11日(土)〜24日(金) 
      当初予定の7/17(金)までから会期延長(07/14追記)
・時 間 :12:05〜14:20(7/11〜7/11)
      16:20〜 8:35(7/12〜7/24)
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :前売 一般1,400円
      当日 一般1,800円、学生1400円、シニア・高校以下1000円
      日曜日は18:10の回が1,000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 続きを読む

bluebook at 16:20|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

「タウン誌『街』でたどる函館」展示会@函館市

 函館のタウン誌「街」(発行人・西野鷹志さん)の初の展示会。創刊号時代から最新号まで発行された約520冊を並べるほか、カット絵や写真約10点、関連本なども展示する。「街」は月刊タウン誌「函館百点」として1962年に創刊、その後「月刊はこだて」を経て、1979年に現在の誌名となった。43年発行に携わった木下順一さんが2005年に逝去、同年2月に休刊となったが、編集仲間が翌年6月に季刊誌として復刊させ、現在も広く市民に親しまれている。初日午後3時からは朗読と講話のオープニングイベントを開催。オープニングでは過去の掲載内容から抜粋したエッセーなどを函館朗読奉仕会会員らが朗読するほか、創刊号からの「街」の執筆者で、郷土史家の近江幸雄さんが自身と街のかかわりなどを語る。
・会 期 :2009年7月18日(土)〜24日(土)
・時 間 :9:00〜17:00
・会 場 :函館市地域交流まちづくりセンター
      (末広町4番19号 地図 TEL 0138-22-9700)
・入場無料
・お問合せ:「街」編集室 TEL 0138-23-8870 
・参考記事:函館新聞HPの記事(2009/07/17) 

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

2009年07月23日

チェコを拠点に活躍する人形劇師・沢則行さん「KOUSKY(コウスキィ)」上演@旭川市

 札幌が生んだ世界の人形劇師、沢 則行(さわ・のりゆき)さん(公式HP)=写真=が、旭川市で公演する。沢さんは現在チェコ在住。プラハの大学で人形劇を教える傍ら、チェコ主流の人形劇スタイル(オブジェクトシアター:人形を使いつつ自らも役者として登場する方法)でヨーロッパ各地で活躍中。090723kousky「KOUSKY(コウスキィ)」(小品集の意味)は沢さんの十八番の演目で、変身譚やブラックユーモア、幻想美など沢ワールドの多彩な魅力を一度に楽しめる。詳細は、主催のやまびこ座の特設欄で。
・日 時 :2009年7月23日(木) 18:00開場、18:30〜19:30
・会 場 :旭川市民文化会館 小ホール
      (7条通9丁目 地図 TEL 0166-25-7331)
・入場料 :親子券 当日1,800円(前売1,500円)
      一人券 当日1,100円(前売 900円)
・お問合せ:こどもたちの小劇場公演連絡協議会 TEL 0166-51-6444 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 演劇・ダンス 

廣澤順也写真展 『おかえりなさい 北のふるさとへ』@札幌

 神奈川県生まれの写真家廣澤順也が見つけた北海道の「素顔」。写真集『おかえりなさい 北のふるさとへ』柏艪舎、星雲社:発売、税込1,995円)=書籍情報=に090718hirosawajunnya掲載された慕情あふれる写真から厳選された30点を展示。詳細は会場の紀伊國屋書店札幌店HPの案内欄で。
・会 期 :2009年7月18日(土)〜23日(木) 
・時 間 :10:00〜19:00(最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 2階ギャラリー
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場無料
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131


bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2009年07月22日

ギリヤーク尼ケ崎 DVD「平和の踊り」上映会 @苫小牧市

 昨年暮れにペースメーカーを入れる心臓手術を受け、2009年4月から活動を再開した函館市出身の大道芸人・ギリヤーク尼ケ崎さんの、これまでの記録写真や映像などをまとめた2枚組みDVD「平和の踊り」の上映会とトークイベント。DVDは自らの生い立ちから人生を振り返り「いつ、どこで倒れてもいいように、遺書のつもりで作った」とのこと。昨年制作・発売した全編を再編集して1時間23分にまとめた上、後編1時間14分を加えた2枚組で今春完成した。送料込み3,500円で販売中(お問合せ TEL 03-3425-6826 ギリヤークさん)。上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄で。
・日 時 :2009年7月22日(水) 19:30〜21:00
・会 場 :苫小牧市・ライブハウス「アミダ様」
      (表町1-3-4和光ビル2F 地図 TEL 0144-34-1947)
・入場料 :1,050円
・主 催 :ライブハウス「アミダ様」、道新文化センター
・お問合せ:道新文化センター TEL 0144-33-6655 

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | 演劇・ダンス

日食を見よう〜全国日食生中継〜@札幌

 7月22日に起こる皆既日食を観測できるのは日本の陸地にかぎると46年ぶり。奄美大島・屋久島・種子島南部などで皆既日食が、札幌でも約50%の部分日食が観測出来る。この日食に当たって、北海道大学 宇宙観測基礎データセンターでは、全国各地の観測地点と結び、日食ライブ映像を中継する。090722nissyoku当日会場では「北大理学部及び大学院理学院宇宙理学専攻の学生が日食に関するあらゆる質問にお答えいたします」とのこと。詳細は、北大の同センターHPで。
・日 時 :2009年7月22日(土) 9:30〜13:00 
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場無料、椅子席70席、定員100名
・お問合せ:北海道大学 宇宙観測基礎データセンター TEL 011-706-9218 
・参 考 :国立天文台の2009年7月22日の皆既日食特設欄 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2009年07月21日

函館映画鑑賞協会第171回例会「迷子の警察音楽隊」@函館市

 函館映画鑑賞協会の第171回例会で、「迷子の警察音楽隊」DVD情報=を上映。文化交流のため、エジプトからイスラエルにやって来たアレクサンドリア警察音楽隊。だが空港に出迎えはなく、彼らは誤ってホテルすらない辺境の土地に到着してしまう。そこで、食堂の美しい女主人に助けられ、地元の人の家で一泊させてもらう事に。でも相手は言葉も宗教も違い、しかも彼らアラブ民族と長年対立してきたユダヤ民族。空気は気まずく、話は噛み合わない。国を越えて愛されてきた音楽の数々、それらが彼らの心を解きほぐし・・・愛や友情、家族について語り合う、忘れられない一夜がはじまる。090721maigo監督はこれが長編デビューとなったイスラエルの新鋭エラン・コリリン。カンヌ国際映画祭で審査員たちが本作のためだけに作ったという「一目惚れ賞」を受賞。2007年、イスラエル=フランス、87分。上映の詳細は同協会HPの案内欄で。
・日 時 :2009年7月21日(火) 3回上映
      11:00、14:30、19:00
・会 場 :函館市中央図書館 視聴覚ホール
・料 金 :会員のみ。入会金300円 月会費700円(年会費8,400円)
      会員は上映会(例会)は入場無料(特別上映会を除く)
・お問合せ:函館映画鑑賞協会 TEL 0138-52-0193 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

イングリット・フジ子・ヘミング版画展@札幌

 日本人ピアニストの母と、ロシア系スウェーデン人の建築家の父との子としてドイツに生まれ、風邪で耳が突然聞こえなくなるなどの数奇な運命に翻弄されながらも、世界で演奏活動を続けているピアニストイングリット・フジ子・ヘミング(Ingrid Fujiko Hemming)(公式HP)さんの版画個展。090715fuziko詳細は丸井今井HPのギャラリー案内欄で。
・会 期 :2009年7月15日(水)〜21日(火)
・時 間 :10:00〜20:00(日曜19:30まで、最終日16:00まで)
・会 場 :札幌・丸井今井札幌 一条館8F 美術工芸ギャラリー
      (中央区南1西2 地図)
・入場無料
・お問合せ:同店 TEL 011-205-2570 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2009年07月20日

「義男の空」第3巻発売記念トーク&サイン会@札幌

 札幌のデザイン制作会社「エアーダイブ」(HP)社長の田中宏明さんが、わが子を救ってくれた外科医を主人公にしたドキュメンタリー漫画「義男の空」(1,200円)=書籍情報=を2008年1月に出版、10月の第2巻に続き、2009年7月に最新第3巻が発売される。数年前、生後間もない田中さんの二男が水頭症と診断されたが、小児脳神経外科医の高橋 義男医師(現・とまこまい脳神経外科勤務)の手術でその後元気に成長している。田中氏は、かつて講談社主催の漫画新人賞「ちばてつや賞」一般部門で準大賞を受賞した技量の持ち主。感謝を込めて高橋医師の半生を自ら漫画化、自社から出版している。全6巻で完結予定。道内主要書店で発売中。090720yoshionosora3
 第3巻の出版を記念して、出版記念イベントを開催。当日は「サイン本」を限定発売、原画などのパネル展示、トークショーや「義男の空」オリジナルグッズのプレゼント抽選会などを行う。詳細は、エアーダイブHPの「義男の空」特設欄の案内欄で。
・日 時 :2009年7月20日(月) 16:00〜17:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場無料
・お問合せ:同店 TEL 011-231-2131(10:00〜21:00) 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | その他

滝川映画サークル7月上映会「「おっぱいバレー」@滝川市

 滝川映画サークルの7月上映会では、「おっぱいバレー」(公式HP)を上映。中学校の弱小男子バレーボール部の部員たちが、顧問の女性教師から「試合に勝ったらおっぱいを見せる」という約束をとりつけ、別人のように練習に打ち込み、勝利を目指して奮闘する。放送作家や脚本家として活躍する水野宗徳による実話を基にした同名青春小説の映画化。羽住英一郎監督。出演は、綾瀬はるか、青木宗高、仲村トオル、石田卓也ほか。090718oppai2009年、日本、112分。詳細は、滝川映画サークルの上映案内欄で。
・日 時 :2009年7月18日(土)〜20日(月・祝)
      11:00、14:00、16:00 
・会 場 :滝川市・たきかわホール 
      (JR滝川駅前再開発ビル3F TEL 0125-23-6005)
・入場料 :会員以外も参加OK。一般 前売1,400円(当日各200円増し)
      高校生以下 1,000円(当日券のみ)、
      シニア割引・夫婦50割引(1人) 各1,000円
・お問合せ:滝川映画サークル TEL 0125-22−5778(谷本)
※ 会員募集中 → 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0) 映画 

黒田晃弘「札幌八景-SAPPORO HAKKEI」@札幌

 2005年の横浜トリエンナーレほか、道内外で活躍を続ける札幌出身の似顔絵アーティスト黒田晃弘さんが、新しい試みに着手した。「『アートが、人や街に本当に必要なものとなるためには?』という問いに答えを出すため、黒田晃弘と中村一典(TO OV cafe代表)はいくつかのプロジェクトを実行しようと考えております。『自分が住んでいる土地を見つめなおすこと』『一緒に住んでいる人と繋がっていくこと』なしに本物の文化圏は生まれません。『札幌八景-SAPPORO HAKKEI』は、この2つの“こと”を実現するために、アートはどんな役割を果たせるかという試行錯誤の一環です。黒田晃弘が描いた札幌の風景(札幌八景)を中心に、現在進行中のプロジェクトや今後開始するプロジェクトの紹介などをする予定です」(ト・オン・カフェHPの案内欄より転載)。会期中、似顔絵カフェも実施。詳細、予約はト・オン・カフェまで。090707kurodaakihiro
・会 期 :2009年7月7日(火)〜20日(月・祝) 会期中無休
・時 間 :10:30〜21:00(月曜13:00から、日月曜20:00まで)
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
      地下鉄南北線中島公園駅より徒歩2分
・入場料 :無料だが、カフェなので何か注文を 
・お問合せ:同店 TEL 011-299-6380 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

澁谷俊彦展−森の雫09−”茶室DEアート”@札幌

 −暮らしの中に現代アートを−
 抽象画家、版画家として国内外で活躍する札幌の澁谷 俊彦さん(HP)が、札幌の紅桜公園内の茶室空間で3日間の個展を開く。澁谷さんは、2006年の個展から立体インスタレーションを発表。繊細な色彩と点の集積、削ぎ落とされたスタイリッシュな造型で自然と四季に呼応する小宇宙のような空間を展開。「ここ10年、森の持つ生命力・息吹・気配・季節のうつろいをテーマに版画制作に取り組んできました。(中略)空間へと表現域を拡げることで『精神の森』を具現化する試みに次第に可能性を見出しました。」(作家サイトより)。2008年の個展「森の雫08」(記事)、2009年の「蒼い雫09」(記事)も静かな反響を呼んだ。今回の茶室での開催について、澁谷氏は「美術館やギャラリーとは縁遠い方々にも親しんでもらおう、との主旨ですが、(中略)茶室という空間は、ある意味収まりやすい側面も持ち合わせているので、090718chashistudeart良い意味での期待の裏切りが出来るか否か、ここが肝心なところです」とも。詳細は作家HPの案内欄で。
・会 期 :2009年7月18日(土)〜20日(月・祝) 
・時 間 :10:00〜17:00 (初日のみ12:00開始)
・会 場 :札幌・紅桜公園内 茶室 寿光庵
     (南区澄川4条13丁目389-6 地図
     (べにざくら本館(飲食)か木乃実茶屋を3名以上で利用の場合、
      地下鉄南北線自衛隊前駅より無料送迎あり)
・お問合せ:同公園 TEL 011-581-4858、茶室 TEL 011-583-4039
・作家サイト:http://toshihikoshibuya.com/ 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(2) 美術 

南極発!ピングーからのメッセージ−環境が学べるアート展 @釧路

 オットー・グットマンが生み出したペンギンの「ピングー」(日本語公式HP)。NHK教育でも放送され、コミカルな動きと家族愛あふれるストーリーは、全世界に多くのファンを獲得。本展では、クレイアート「ピングー」の世界を楽しみながら、その舞台である南極の自然を通して、地球規模での問題として提起されている環境問題を学ぶ。6シリーズ154話の中から、数多くの小道具やセットが会場に登場。メイキングの現場も再現とのこと。詳細は釧路市立美術館HPの案内欄で。090613pingu
・会 期 :2009年6月13日(土)〜7月20日(月・祝)
      月曜休館(7/20は特別開館)
・時 間 :10:00〜20:00 (夜間特別開館)
・会 場 :釧路市立美術館(幣舞町4番28号 地図
・入場料 :一般 前売700円(当日900円)、大学生以下無料
・お問合せ:同館 TEL 0154-41-8181 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

生誕120年記念「小森忍日本陶芸の幕開け」 @江別市

 江別市ゆかりの作陶家小森 忍(1889〜1962年)は、陶磁工業技術の研究、特に東洋古陶磁の釉薬研究を熱心に追究した。小森の研究成果は、日本各地の窯業地と陶芸家たちに大きな影響を与え、日本陶芸の幕開けに果たした功績は多大なものがある。本展は、小森作品や小森の研究資料をはじめ、彼の影響を受けた作家の作品、さらに小森が終生目標とした中国古陶磁作品を通して、小森の足跡をたどる。090606komorisinobu詳細は江別セラミックアートセンターHPの案内欄で。
・会 期 :2009年6月6日(土)〜7月20日(日・祝)
      月曜休館(ただし、7/20(月)は祝日開館)
・時 間 :9:30〜17:00(入場は16:30まで)
・会 場 :江別市・江別セラミックアートセンター地図
・入場料 :一般600円、高大生350円、小中生200円(各団体割引あり)
      いずれも常設展示室観覧料を含む
・お問合せ:同館 TEL 011-385-1004 
・参 考 :同センターの小森忍記念室 特設欄P 作品写真多数掲載
・備 考 :この展覧会は(財)地域創造の助成を受け全国4箇所で開催 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 美術 

企画展 語り、継ぐ。―アイヌ口承文芸の世界@札幌

 アイヌ口承文芸の、今日の伝承・学習・研究の礎となった、金田一京助、久保寺逸彦、知里真志保ら研究の先達が遺した膨大な録音テープ、ノート、写真等の記録資料を中心に、現代まで語り、継いできた人々の営みを紹介することを通して、アイヌ口承文芸の豊かな世界を紹介する企画展。090530ainukousyoubungei詳細は、北海道文学館HPの案内欄で。
・会 期 :2009年5月30日(土)〜7月20日(月・祝)
・休館日 :毎週月曜休館(7/20を除く)
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
      7/17(金)は「カルチャーナイト2009」で22:00まで開館
・会 場 :札幌・北海道立文学館 特別展示室
      (中央区中島公園1-4 地図 TEL 011- 511-7655)
・入場料 :観覧料一般400(320)円、高大生200(150)円、
      小中生・65歳以上無料。()は10名以上の団体料金
・お問合せ:同館 TEL 011- 511-7655 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 

大道芸人ギリヤーク尼ヶ崎 青空写真展(島田拓身さん撮影)@札幌

 函館出身の大道芸人ギリヤーク尼ヶ崎さんが、今年も夏の北海道公演で道内12都市を巡演中(参考記事)。札幌を拠点に活躍するカメラマン、島田拓身さん(HPブログ)が、世界の街角で踊って40年、今年78歳の表情をとらえた写真展を開催。詳細は島田さんのブログの案内欄で。090701shimadatakumi
■札幌会場
 ・会 期 :2009年7月1日(水)〜15日(水) 終日
 ・会 場 :札幌・レッドベリースタジオ 前庭
       (西区八軒2条西1丁目1−26 地図) JR琴似駅徒歩5分
 ・観覧無料
 ・お問合せ:同スタジオ TEL 011-633-2535
■江別会場
 ・会 期 :2009年7月2日(木)〜20日(月・祝) 終日
 ・会 場 :江別市・ドラマシアターども 外壁
      (江別市2条2丁目7-1 地図 JR江別駅から徒歩5分)
 ・観覧無料
 ・お問合せ:ドラマシアターども検TEL TEL 011-384-4011 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 演劇・ダンス | その他

2009年07月19日

作家の早乙女勝元さん公開講演会「東京大空襲 語りつぐ平和への思い〜ある作家の体験から〜」@札幌市

 「いのちと平和は声を出さなければ守れない」と、作家の早乙女 勝元(さおとめ・かつもと)さんが090719saotome「語りつぐ平和への思い〜ある作家の体験から〜」と題して講演。早乙女さんは12歳で東京大空襲を体験、その体験と現地探訪調査を元に「東京大空襲」(日本ジャーナリスト会議奨励賞)ほか数々の名作を執筆、現在は東京大空襲・戦災資料センター館長も勤める。当日は同センター制作のビデオ「東京が燃えた日」(約15分)のDVD上映に続いての講演。
・日 時 :2009年7月19日(日) 13:30開場、14:00開演
・会 場 :札幌市・真宗大谷派札幌別院 (中央区南7条西8 地図
・入場無料
・主 催 :真宗大谷派札幌別院 TEL 011-511-0502 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | その他

札幌出身の片岡翔監督の短編「ぐるぐるまわる」がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009でノミネート上映@埼玉県

 札幌出身、現在東京を拠点に活躍中の片岡 翔(かたおか・しょう)監督(1982年生まれ、猫目映画主宰)の短編「ぐるぐるまわる」(Neverland)が、埼玉県のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009の短編コンペティション部門でノミネート上映される。同映画祭は、埼玉県その他が主催する、デジタルで撮影・制作された作品のみにフォーカスした国際コンペティション映画祭。今年の短編映像部門は、国内作家から公募された281作品の中から審査で11作品が選出された。片岡監督の「ぐるぐるまわる」は、亡くなった幼馴染みの部屋で次々に起こる不思議な出来事を描く短編。ピーターパンに憧れていたイノルの四十九日。幼馴染みの2人が、屋根裏にあるイノルの部屋「ネバーランド」を訪れ、090713gurugurumawaru昔を懐かしんでいた=写真=。が、本の奥にはひっそりたたずむクマのぬいぐるみが・・・。2008年、28分、日本。上映の詳細は同映画祭HPの案内欄で。
・日 時 :2009年7月13日(月) 14:30
      2009年7月19日(日) 10:30
・会 場 :埼玉県川口市・SKIPシティ(映像ホール・多目的ホール他)
・お問合せ:同映画祭事務局 TEL 048-263-0818 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(5) 映画 

2009年07月18日

レゲエ・バー「札幌トレンチタウン」で映像上映@札幌

 東京原宿で日本初のレゲエ・グッズ店「トレンチタウン」(1983〜1997年)を開いたレゲエ・プロデューサー、ジャー・ヒロさん(HP札幌日記)が、新たにレゲエ・バー「札幌トレンチタウン」を2009年5月30日(土)にオープン。大きなスクリーンで映像が楽しめる、新しいスタイルのカルチャー・スポット。毎週木、金、土曜日の18:00から営業、レゲエその他の映像を連日上映している。今週はジャマイカ・ダンスホールの映像ほかを日替わりで上映。
・日 時 :2009年7月16日(木)、17日(金)、18日(土) 各20:00開演
・会 場 :札幌トレンチタウン
      (豊平区月寒西1条7丁目1番11号 アンパン通り沿い)
    地下鉄東豊線月寒中央駅1番出口から徒歩5分、児童会館斜め前
・入場料 :500円、1ドリンク付き 
・お問合せ:同店 TEL 090-9963-0098
・7月・8月のスケジュール → 続きを読む

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | 音楽

第19回ソクラテスのカフェで大学カフェ 中島岳志「我々はなぜ不安なのか」@札幌

 「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」等の企画で知られる札幌・琴似の本屋さん「くすみ書房」の人気企画で、大学から講師をお招きし、カフェで一般の方々とコーヒーを片手に学問談義を楽しむ夕べ。この3年間の大学カフェが一冊の本になることが決定している。第19回は、北海道大学公共政策大学院准教授の中島岳志先生を招き、「我々はなぜ不安なのか ―今、中島岳志の考えていること―」と題してお話をうかがう。詳細はくすみ書房(HP)で。
・テーマ:「我々はなぜ不安なのか ―今、中島岳志の考えていること―」
・日 時 :2009年7月18日(土) 18:30〜20:00(18:00開場)
・会 場 :札幌・くすみ書房 地下「ソクラテスのカフェ」
      (西区琴似2条7丁目メシアニカビル)
・会 費 :1,000円。定員40人(満席になり次第予約受付終了します)
      (珈琲 リンゴジュース トマトジュースのどれか一品)
・お申込み:ソクラテスのカフェ TEL 011-611-7121(11:00〜19:00月曜定休)
続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

前田麦×メアラシケンイチ トークセッション「広告とイラストレーション」@札幌

 札幌在住のイラストレーター前田 麦(まえだ・ばく)さんと、広告代理店でアートディレクターとして活動するメアラシケンイチさんによるトークセッションを開催。札幌・北海道における「広告とイラストレーション」について、090718maedamearashiアートディレクター、イラストレーター、それぞれの視点から語る。気軽に参加を。詳細は、アップルストア札幌のHPで。
・日 時 :2009年7月18日(土) 16:30〜18:00 
・会 場 :札幌市・アップルストア札幌(中央区南1西3 地図)
・入場無料、要予約
・お問合せ:アップルストア札幌 TEL 011-209-8200 

bluebook at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 | その他

木田金次郎生誕祭で池内紀さんによる記念講演「木田金次郎との出会い」@岩内町

 木田金次郎美術館では、木田金次郎生誕祭(7/17〜18)の一環で、ドイツ文学者・エッセイストの池内 紀(いけうち・おさむ)さんを講師に迎え「木田金次郎との出会い」と題した講演会を開く。ご自身の著作の中でも画家の木田金次郎氏について語っている池内氏が、木田氏との出会いについて語る。詳細は、主催の木田金次郎美術館HPの案内欄で。
・日 時 :2009年7月18日(土) 14:00開演
・会 場 :岩内町・木田金次郎美術館
      (後志管内岩内町万代51−3 地図
・入場料 :講演会は無料だが、別途観覧料が必要。
      一般500円、高校生200円、小学生100円
・お問合せ:同館 TEL 0135-63-2221 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | 文学

「ウルトラミラクルラブストーリー」横浜聡子監督の舞台挨拶が決定@札幌

 青森出身監督×青森出身俳優×全篇津軽弁×オール青森ロケの「ウルトラミラクルラブストーリー」(公式HP)の劇場公開(2009/07/18より)を記念して、初日に横浜聡子監督の舞台挨拶が行われる。映画は、「恋を知らない変わり者の青年が初めて恋をして、奇跡のような出来事を次々に呼び起こす様を描いたラブストーリー。『デトロイト・メタル・シティ』など話題作への出演が相次ぐ松山ケンイチさんが主演、自身の故郷・青森を舞台に全編津軽弁のセリフに挑む。監督・脚本は彼と同じ青森出身で、前作『ジャーマン+雨』で一躍注目を集めた横浜聡子。共演は、『たみおのしあわせ』の麻生久美子と原田芳雄、『蛇にピアス』のARATAら個性派が脇を固める。(シネマトゥデイの案内欄より)。2009年、35弌120分、日本。090513ultra上映の詳細はシアターキノHPの案内欄で。また、前日の7/17(金)18:45から横浜監督のデビュー作「ちえみちゃんとこっくんぱっちょ」を上映、「ゼロ年代映画祭」(記事)クロージングシンポジウムに横浜監督も参加。
・日 時 :2009年7月18日(土)
・時 間 :11:55の回、上映前に横浜聡子監督の挨拶あり
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :前売券なし。当日料金のみ。
      当日 一般1,800円、学生1400円、シニア・高校以下1000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 

bluebook at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

映画「旭山動物園物語」上映会@室蘭市

 「旭山動物園物語〜ペンギンが空をとぶ〜」(公式HP)が札幌で自主上映される。090207asahiyamazoo90年代初頭、入園者数が減り続け、廃園の危機に追い込まれた園長と飼育担当者たちの挑戦を描いた作品。マキノ(津川)雅彦監督。出演は西田敏行・中村靖日・前田愛ほか。詳細は北海道新聞HPの案内欄で。
・日 時 :2009年7月18日(土) 3回上映
・時 間 :11:00、14:00、18:00
・会 場 :室蘭市市民会館 (輪西2-5 
・入場料 :一般 前売1,000円(当日1,500円)
・お問合せ:TEL 0143-43-4028(橋本)

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画