2009年09月

2009年09月29日

ゲイル・ラジョーイ「スノーフレーク」@札幌

 アメリカの俳優ゲイル・ラジョーイが、無言劇「スノーフレーク」を上演する。ゲイルが交通事故に遭って首の骨を折り、一時全身まひになった時期、自分の住む町に実在した「スノーフレーク」という名の路上生活者の心の豊かさと誠実さに胸を打たれ、創作した作品。ゴミ捨て場に捨てられている090929snowflake人形を見たスノーフレークは、人形を喜ばせようと、路上に転がっているガラクタを使ってタップやバレエを踊って見せたり、段ボール箱で作ったスロープでスキーをやって見せたり、いろいろ試しているうちに、自分自身の孤独を忘れ元気が湧いてくる。そして生きる喜び、生きる目的を発見していく。人間味あふれる無言劇。詳細は北海道新聞HPのイベント欄ほかで。
・日 時 :2009年9月29日(火) 開場18:30、開演19:00
・会 場 :札幌・かでる2・7(中央区北2西7 地図)ホール
・料 金 :2,000円
・お問合せ:劇団風の子北海道 TEL 011-726-3619続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 演劇・ダンス 

メディア・アンビシャス会員合評会@札幌

 「メディアよ、大志を抱け」を合言葉に、志の高い番組や報道を応援し、メディア状況の改善を目指して2009年2月23日(月)に発足した市民有志による「メディア・アンビシャス」(公式HP)(代表:山口二郎北大大学院教授)では、同会会員が選定する「表彰作品」をの決定に先駆けて、小さな合評会を重ね、良い番組・記事を共有する機会としていく。今回は、9月20日(日)にNHK教育テレビで放送された「ETV特集・社長たちの決断〜生き残りを模索する中小企業〜」(参考:http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2009/0920.html)を観る予定。また会員で「他にお手持ちの録画番組がある方は事前に事務局へご連絡のうえ、ぜひご持参を」とのこと。
・進 行 :中島岳志さん
・日 時 :2009年9月29(火) 18:30
・会 場:札幌・北海道大学国際広報メディア観光学院 1階105教室
     (地下鉄南北線北18条駅より徒歩8分 地図
・主 催 :メディア・アンビシャス http://media-am.org/ 
・参加方法:無料だが、会員限定。(当日会場での入会OK) 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

ムハマド・ユヌス氏サイン会@札幌

 マイクロファイナンスの功績で2006年ノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行総裁のムハマド・ユヌス氏(英語公式HP)が来札。090929yunusuユヌス総裁の簡単なスピーチに続いて、著書のサイン会が開かれる。詳細は、伊國屋書店-札幌本店HPの案内欄で。
・日 時 :2009年9月29日(火) 16:00〜17:00 
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1F インナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・参加方法:同店でサイン対象書籍を購入した先着100名様に整理券を配布
・サイン対象書籍
  ムハマド・ユヌス『貧困のない世界を創る』早川書房=書籍情報
  ムハマド・ユヌス『ムハマド・ユヌス自伝』早川書房=書籍情報
・入場無料
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131


bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

新得町発のドキュメンタリー映画「空想の森」上映@森町

 十勝管内新得町在住の田代陽子監督のドキュメンタリー映画「空想の森」が渡島管内森町で上映される。映画は、新得町の共働学舎新得農場という、心や体に障碍を持ったり社会に馴染めない人たちと共に生きていける場所をつくろうと立ち上げた農場を中心に描かれていく。田代監督は神奈川県出身、北海道にあこがれ1994年に移住。新得町で毎年に開かれているSHINTOKU空想の森映画祭(公式HP)に参加したのをきっかけに、080726kuusounomori同町在住のドキュメンタリー映画監督 藤本幸久さんに師事。本作が初の監督作品。2002年から撮影を始め、約100時間分のフィルムを編集、7年の歳月をかけて完成させた。2008年、日本、カラー、ビデオ、129分。(有)森の映画社 配給。当日は上映後に田代監督のトークを予定。
・日 時 :2009年9月29日(火) 13:00開始
・会 場 :森町 ハル小屋にて
・料 金 :一般 1000円
・お問合せ → 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

2009年09月28日

国松 希根太 「HORIZON」〜彫刻で自然とコミュニケートするアーティスト〜@札幌

 胆振管内白老町の飛生アートコミュニティーを拠点に、木を素材として彫刻や平面、インスタレーション作品等を制作。近年は香港や上海など、国内外に活動の幅を広げている国松 希根太(くにまつ・きねた)さん(1977年生まれ)の個展。今回は「HORIZON−地平線」をテーマに立体と平面の作品を展示するとのこと。090905kunimastu詳細は主催のギャラリー創HPの案内欄で。
・会 期 : 2009年9月5日(土) 〜28日(月)
・時 間 :10:00〜18:00 火曜休廊
・会 場 :札幌市・ギャラリー創
      (中央区南9西6-1-36 U-STAGE 1F )
・入場無料
・主催・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-562-7762
※ オープニングパーティー 9月5日(土)18:00
※ ギャラリートーク 9月26日(土) 18:00 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

森山大道写真展−北海道<序章>@美唄

 '60年代末から'70年代初頭、「アレ、ボケ、ブレ」と呼ばれるラディカルな表現で日本写真界に大きな衝撃を与えた写真家森山 大道(もりやま・だいどう)(公式HP)氏が、1978年北海道で撮影したモノクロ写真を中心に、1964年以来、現在に到るまでの北海道各地で撮りためた約2000点(うち未公開約1500点)の写真作品により構成した写真展。090729moriyamadaidou札幌、夕張、美唄、東川と一年間で道内5箇所で巡回、会場ごとに異なる作品で構成。詳細は同美術館HPの案内欄で。
・会 期 :2009年7月29日(水)〜9月28日(月)
・時 間 :9:00〜17:00 火曜休館
・会 場 :美唄市・アルテピアッツァ美唄
     (落合町栄町 TEL 0126-63-3137 地図
・入場料 :一般300円、高大生200円、中学生以下無料
・企 画 :札幌宮の森美術館 Akio Nagasawa Publishing
・お問合せ:同館 TEL 0123-52-0930  続きを読む

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(5) 美術 

2009年09月27日

前田麦 × 上田亮(COMMUNE) トークセッション:デザインとイラストレーション@札幌

 札幌在住のイラストレーター前田 麦(まえだ・ばく)さんと、COMMUNE代表でグラフィックデザイナーの上田 亮氏によるトークセッションが開催される。090927maedamugi札幌を拠点に、アートディレクションを含めて幅広く活躍する2人が、日々の仕事や札幌のクリエイティブについてそれぞれの立場から語る。気軽に参加を。詳細は、アップルストア札幌のHPで。
・日 時 :2009年9月27日(日) 17:00開始 
・会 場 :札幌市・アップルストア札幌(中央区南1西3 地図)
・入場無料
・お問合せ:アップルストア札幌 TEL 011-209-8200 続きを読む

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 美術 | その他

旭川市図書館アフタヌーンシネマ 「ふたりのベロニカ」上映@旭川市

 旭川市中央図書館で毎月第4日曜日に開催されているアフタヌーンシネマ。9月は、「ふたりのベロニカ」DVD情報=を上映。1996年にこの世を去ったポーランドの名匠、クシシュトフ・キエシロフスキー監督が手掛けた幻想的なドラマ。イレーヌ・ジャコブ主演。1981年、フランス・ポーランド、98分。ふたりのベロニカ スタンダード・エディション [DVD]生まれた年、生まれた時間、名前、容貌、音楽の才能。ポーランドとフランスの、生まれた場所だけが違う二人のベロニカ。ある日、ポーランドのベロニカが演奏会の舞台上で倒れ亡くなってしまう。フランスのベロニカはその後、偶然にももう一人の自分の存在を知り…。運命に導かれ,惹かれあい,すれ違ってゆくふたりの,不思議な愛の物語。上映の詳細は同図書館HPの案内欄で。
・日 時 :2009年9月27日(日) 15:00開演
・会 場 :旭川市中央図書館(常磐公園内) 2F 視聴覚室
・定 員 :100席程度。事前申込み不要。 
・入場無料
・お問合せ:同図書館 TEL 0166-22-4174 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ゲイル・ラジョーイ「スノーフレーク」公演@旭川

 アメリカの俳優ゲイル・ラジョーイが、無言劇「スノーフレーク」を上演する。ゲイルが交通事故に遭って首の骨を折り、一時全身まひになった時期、自分の住む町に実在した「スノーフレーク」という名の路上生活者の心の豊かさと誠実さに胸を打たれ、創作した作品。ゴミ捨て場に捨てられている人形を見たスノーフレークは、人形を喜ばせようと、路上に転がっているガラクタを使ってタップやバレエを踊って見せたり、段ボール箱で作ったスロープでスキーをやって見せたり、いろいろ試しているうちに、自分自身の孤独を忘れ元気が湧いてくる。そして生きる喜び、生きる目的を発見していく。人間味あふれる無言劇。詳細は北海道新聞HPのイベント欄ほかで。
・日 時 :2009年9月26日(金)、27日(土) 各2回上演
      26日=15:00、19:00 27日=13:30、16:30
・会 場 :旭川市・旭川市公会堂ホール(常磐公園内 地図
・入場料 :一般 3,500円
・主 催 :旭川子ども劇場協議会 TEL 0166-62-8566続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 演劇・ダンス 

森山大道 映像上映会@札幌パルコ

 '60年代末から'70年代初頭、「アレ、ボケ、ブレ」と呼ばれるラディカルな表現で日本写真界に大きな衝撃を与えた写真家森山 大道(もりやま・だいどう)(公式HP)氏が、1978年北海道で撮影したモノクロ写真を中心に、1964年以来、現在に到るまでの北海道各地で撮りためた約2000点(うち未公開約1500点)の写真作品により構成した写真展が道内5箇所で巡回展示中。札幌パルコ展(2009/09/12〜10/04、記事)では、会期中の祝日および土日曜に、会場で090912moriyamadaido森山大道の魅力に迫る映画3作品を上映。詳細は、会場の札幌パルコHPの案内欄及び札幌宮の森美術館HPの特設欄で。
・会 期 :2009年9月19日(土)、20日(日)、23日(水)、
      26日(土)、27日(日)

・時 間 :第1部(13:00 〜) 第2部(15:00 〜) 第3部(17:00〜)
・会 場 :札幌パルコ(中央区南1西3) 本館7F・スペース7
・入場料 : 一日券 300円
・定 員 : 30名 当日先着順
・お問合せ:札幌パルコ TEL 011-214-2111(代表) 
※ 上映スケジュール、上映作品 → 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

森山大道写真展 北海道 その1(会期延長)@札幌

 '60年代末から'70年代初頭、「アレ、ボケ、ブレ」と呼ばれるラディカルな表現で日本写真界に大きな衝撃を与えた写真家森山 大道(もりやま・だいどう)(公式HP)氏が、1978年北海道で撮影したモノクロ写真を中心に、1964年以来、現在に到るまでの北海道各地で撮りためた約2000点(うち未公開約1500点)の写真作品により構成した写真展。090626moriyamadaidoujosyou札幌、夕張、美唄、東川と一年間で道内5箇所で巡回予定。詳細は同美術館HPの案内欄で。
・会 期 :2009年6月26日(金)〜9月27日(日)
      当初予定の8月30日(日)までから会期延長に(08/30追記)
・休館日 : 毎週月曜休館(祝日の場合は翌日)
・開館時間: 11:00〜19:00(入場18:30まで)
・会 場 :札幌市・札幌宮の森美術館 (中央区宮の森2の11-2-1)
・入場料 :一般500円、高大生300円(団体100円引き)、中学生以下無料
・企 画 :札幌宮の森美術館 Akio Nagasawa Publishing
・お問合せ:同館 TEL 011-612-3562 
※ 6/26 19:00 森山大道アーティスト・トーク(要事前予約) 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(8) 美術 

函館映画鑑賞協会創立29周年記念特別例会 映画「空想の森」上映と田代陽子監督のトーク @函館市

 函館映画鑑賞協会の第172回例会で、十勝管内新得町在住の田代陽子監督のドキュメンタリー映画「空想の森」の上映とトークを行う。映画は、新得町の共働学舎新得農場という、心や体に障碍を持ったり社会に馴染めない人たちと共に生きていける場所をつくろうと立ち上げた農場を中心に描かれていく。田代監督は神奈川県出身、北海道にあこがれ1994年に移住。新得町で毎年に開かれているSHINTOKU空想の森映画祭(公式HP)に参加したのをきっかけに、080726kuusounomori同町在住のドキュメンタリー映画監督 藤本幸久さんに師事。本作が初の監督作品。2002年から撮影を始め、約100時間分のフィルムを編集、7年の歳月をかけて完成させた。2008年、日本、カラー、ビデオ、129分。(有)森の映画社 配給。上映の詳細は同協会HPの案内欄で。
・日 時 :2009年9月27日(日) 3回上映
      10:30、14:00、17:30  銑上映後トークあり
・会 場 :函館市民会館 小ホール
      (湯川町1丁目32番1号地図 TEL 0138-57-3111)
・料 金 :一般 前売 1200円、当日1500円、大学生以下・障がい者800円
・お問合せ:函館映画鑑賞協会 TEL 0138-52-0193 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 映画 

藤山由香展「ことばさえ」@札幌

 毎年ギャラリーミヤシタで個展を開催している札幌の藤山由香さんの展覧会。青と白を基調とした抽象画約10点で穏やかな空間をつくりだす。090915fujiyamayuka詳細は、会場のト・オン・カフェの案内欄で。
・会 期 :2009年9月15日(土)〜27日(日) 会期中無休
・時 間 :月〜土曜 10:30〜22:00(日曜20:00まで)
・会 場 :札幌市・「TO OV cafe(ト・オン・カフェ)」
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
      TEL 011-299-6380
・入場料 :無料だが、カフェなので何か注文を 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

北大総合博物館 第65回企画展示「生物多様な部屋〜北大の分類学の系譜〜」@札幌

 北海道大学総合博物館では、開館10周年記念企画展示「生物多様な部屋−北大の分類学の系譜」を開催。生物標本を主体に、生物群および研究者ごとに並べ、パネルと写真で解説する。北大の分類学研究の伝統と実績を知っていただくことと、博物館の第一目的が「標本の保存と継承」であることを理解していただくこと、さらに、分類学の意義を考え、地球上の圧倒的な生物多様性を垣間見てもらおうという企画趣旨。090801seibutsutayou詳細は北大総合博物館HPの案内欄で。
・会 期 :2009年8月1日(土)〜9月27日(日)
・休館日 :毎週月曜(ただし8/3、9/21は開館)、9/13(日)、9/24(木)
・時 間 : 9:30〜16:30
・会 場 :札幌市・北海道大学総合博物館 3F企画展示室
      (北区北10条西8丁目 地図
・入場無料
・主催・お問合せ:北海道大学総合博物館 TEL 011-706-2658
※ 関連講演会など → 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

没後10年特別企画展「三浦綾子 いのちへの愛」@札幌

 小説『氷点』(1964年)で鮮烈なデビューを果たした作家三浦綾子(1922〜1999年)が世を去って10年。『塩狩峠』、『銃口』など、敬虔な信仰世界を投影し、生きとし生けるものへの愛をたたえた三浦作品の魅力を、三浦綾子記念文学館(旭川市)の全面協力を得て、新たな切り口から紹介する。会期中、講演会や朗読会も開催。090801miuraayako詳細は、北海道文学館HPの案内欄とチラシ(PDF)で。
・会 期 :2009年8月1日(土)〜9月27日(日)
・休館日 :毎週月曜休館(9/21を除く)
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌・北海道立文学館 特別展示室
      (中央区中島公園1-4 地図 TEL 011- 511-7655)
・入場料 :一般600(480)円、高大生350(280)円、
      小中生250(200)円。()は10名以上の団体料金
・お問合せ:同館 TEL 011- 511-7655 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 

地域連携プロジェクト「いろんな美術部大集合!」〜中原悌二郎賞受賞作家、大平實さんと旭川の中学校美術部による〜@旭川

 平成21年度の中原悌二郎賞受賞作家、大平 実(おおひら・みのる)さん(アメリカ在住)と中学校美術部のワークショップが、地域連携プロジェクト「いろんな美術部大集合!」と題して旭川市で始まった(写真は大平さんの受賞作「家 Casa」(いえ カーサ))。
 8月12日に旭川市彫刻美術館を舞台にプレワークショップを開催。大平さんの話をうかがい、拾い集めた身近な素材を元に、素朴な手法で「新たなかたち」を創りだした。このワークショップの体験や工夫をビデオや公式サイトで共有しながら、9月下旬に旭川市彫刻美術館道立旭川美術館を会場に、大平さんの作品を鑑賞しながらワークショップを開催する。北海道教育大学大学生のバックアップのもと、他の中学校の美術部とも交流しながら制作を進め、各校の美術部が制作した作品を、10月3日(土)、再来日する大平實さんといっしょに旭川市の買物公園に設置する。9月の制作に参加する旭川市近郊の中学校の美術部を募集中。詳細は公式HPの申込案内で確認を。090912oohiraminoruie
【ワークショップ日程】 (予定)
時間は各9:30〜12:00 を予定
 9月13日(日) 旭旭川市彫刻美術館×道立旭川美術館
 9月19日(土) 道立旭川美術館
 9月20日(日) 道立旭川美術館
 9月26日(土) 旭川市彫刻美術館×道立旭川美術館
 9月27日(日) 旭川市彫刻美術館×道立旭川美術館
・参加申込:公式HPの申込案内を確認して、申込用紙に記入を。続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

2009年09月26日

★森山大道×大竹伸朗トークライブ@札幌

 '60年代末から'70年代初頭、「アレ、ボケ、ブレ」と呼ばれるラディカルな表現で日本写真界に大きな衝撃を与えた写真家森山 大道(もりやま・だいどう)(公式HP)氏が、1978年北海道で撮影したモノクロ写真を中心に、北海道各地で撮りためた約2000点(うち未公開約1500点)の写真作品を道内5箇所で、090926ootakemoriyama会場ごとに異なる作品構成で巡回する森山大道写真展「北海道」<序章>の札幌パルコ展(記事)開催を記念して、森山氏と現代美術家の大竹 伸朗氏による対談を開催。詳細は、札幌宮の森美術館HPの案内欄で。
・日 時 :2009年9月26日(土) 18:00
・会 場 :札幌パルコ(中央区南1西3) 本館7F・スペース7
・入場料 :800円(来場者プレゼント付き)
・お申込み:先着順で定員まで(定員のためHPでの受付終了 8/30追記)
      8月25日(火)より札幌宮の森美術館HP、または、電話にて受付。
・お問合せ:同美術館 TEL 011-612-3562 

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

第4回札幌国際短編映画祭応援イベントの上映会@札幌

 第4回「札幌国際短編映画祭」(通称「SAPPOROショートフェスト、2009/10/14〜18、記事)の応援イベントが札幌市発寒の地域の縁側「カフェ・ハチャム」で開催される。同映画祭は、1作品30分以内、あらゆる分野のショートフィルムを世界中から公募するもので、091014SSF2009今年の応募総数は97ヵ国(94の国と3つの地域)から3,411本を数え、いずれも過去最高。今回のイベントでは「過去の優秀作品と今年の応募作品も一部観れるかも」とのこと。詳細は、カフェ・ハチャムHPの案内欄で確認を。
・日 時 :2009年9月19日(土)、26日(木) ともに14:00開演
      19日=大人向け、 26日=子供向け
・会 場 :札幌・カフェ・ハチャム(西区発寒3条4丁目8-10 地図
・入場料 :両日とも 700円(缶バッチ付1ドリンク付) 当日受付
・お問合せ:カフェ・ハチャム TEL 011-663-8186 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

造型作家・小林重予「鬼のいる庭」トークショー@札幌

 「鬼のいる庭」(2009年3月/海鳥社)=書籍情報=は、2007年の節分から一年間、札幌在住の造形作家・小林重予さんと、鹿児島在住の詩人・岡田哲也さんの間に交わされた55通の“往来葉書”を集めた詩画集。北の小林さんが、絵や貼り絵を描いたはがきを南の岡田さんに送る。絵を見た岡田さんはそこに詩を書いて送り返す。往来(All Right)葉書と名付けられた連句的共同作業に、小林さんは「待つ・繋がる・相互に関わる」ことを楽しんだという。その魅力や、小林さんの数々の作品の紹介、女優の西山美紀子さんの詩の朗読も合わせた楽しいトークショーを開催。詳細は090926kobayashishigeyo主催の札幌大谷大学HPの案内欄で。
・日 時 :2009年9月26日(土) 14:00〜16:00
・会 場 :札幌大谷大学・札幌大谷大学短期大学部 1F 視聴覚室
      (札幌市東区北16条東9丁目1番1号 地図
・参 加 :無料、一般参加歓迎。要事前申込
・お申込み:札幌大谷大学・札幌大谷大学短期大学部図書館まで
      TEL:011-741-3681/FAX:011-741-3853
      E-mail:jimu_tosyokan@@sapporo-otani.ac.jp
      (@@を@にして送信を) 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

ドキュメンタリー映画「アメリカばんざい〜crazy as usual」上映@夕張市

 新得町在住の藤本幸久監督のドキュメンタリー映画「アメリカばんざい〜crazy as usual〜」(公式HP)が札幌で自主上映される。藤本監督が、日本や韓国で米軍基地存続反対運動を続ける人々の記録映画「Marines Go Home(マリーンズ・ゴー・ホーム)」(2005年)を製作して、沖縄で出会った米兵達から感じた「彼らはどこから来たのか? なぜ兵士になったのか? そしてどこへ行くのか?」という疑問を追い求め、影山あさ子さん(札幌のフリージャーナリスト)らとともに、080822AmericaBanzai2006年から約2年半、計7回200日に及ぶ取材撮影をまとめたドキュメンタリー。貧困による徴兵、戦死、PTSD、失業、ホームレス、家族の崩壊、社会からの孤立、弱者への暴力。戦争が守るべき自国民にもたらす負の側面が見えて来る。2008年、日本、120分。映画の詳細は、ポレポレの紹介欄に詳しい。当日は、景山あさ子さんが来場、お話を予定。詳細は、映画公式HPの上映案内欄で。
・日 時 :夕張市・ゆうばり市民会館 シネサロン(TEL 0123-53-2637)
・入場料 :一般1,000円
・主 催 :ゆうばり女性9条の会 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2009年09月25日

映画監督の森達也講演会「死刑・戦争・憲法」@札幌

 「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」(ダンマパダ)という仏法の視点から非戦・平和と平和憲法・日本国憲法の護持を訴える念仏者九条の会・北海道(HP)では、「世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい」「僕は人に絶望したくない。生きる価値のない人など認めない」と訴える気鋭のジャーナリストにして090925moritastuya映画監督の森 達也さん(HP)に、「いのち」の視点から「人を殺す」死刑制度・戦争と「人を殺さない」平和憲法を論じていただく講演会を開く。テーマの「死刑・戦争・憲法」問題のみならず、私たちの身の回りのさまざまな問題について、新たな視点を考えさせられるかも。詳細は主催者HPの案内欄と、森監督HPの案内欄で。
・日 時 :2009年9月25日(金) 18:00開場、18:30〜21:00(予定)
・会 場 :札幌市・札幌市男女共同参画センター(北区北8西3) 3F ホール
・参加協力金:1,000円
・主催・お問合せ:念仏者九条の会・北海道 TEL 090-1580-7171  続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | その他

札幌の宇木敦哉監督のアニメーション映画「センコロール」劇場公開@札幌

 札幌の宇木敦哉監督が個人で制作した手描きアニメーション映画「センコロール(CENCOROLL)』)」(公式HP)が監督の地元札幌で1週間、劇場公開される。平凡な町のビルのてっぺんに突如出現した巨大モンスター。自衛隊が出動し、町中が騒然とする中、少女ユキは同じ学校に通う少年テツの秘密を偶然知ってしまう。彼はそのモンスターと良く似た奇妙な生物“センコ”をペットのように飼っていたのだ。持ち前の度胸と好奇心で、テツとセンコの関係に興味を抱くユキ。そこへ巨大モンスターを操る謎の少年が現れ、いきなり戦いが勃発する・・・。札幌の宇木敦哉氏の企画の元、動画革命東京支援作品第1期の作品として、同氏が監督・脚本・キャラクターデザイン・作画を全てこなし制作。090919cencoroll2007年にパイロットムービーが公開され、東京と大阪でこの夏劇場公開されたもの。音楽はryo(supercell)が担当。2009年、日本、30分。詳細は映画公式HPで。
・会 期 :2009年9月19日(土)〜25日(金) 公開
・時 間 :
   9/19(土)      20:40〜21:10
   9/20(日)〜9/25(金) 15:50〜16:20、19:00〜19:30
・会 場 :札幌・スガイシネプレックス札幌劇場(中央区南3西1須貝ビル7・8F)
・入場券 :当日券のみで1,000円。公開初日、先着プレゼントあり。
・お問合せ:同劇場 TEL 011-221-3802 続きを読む

bluebook at 15:50|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

冤罪事件を描いた今井正監督の「真昼の暗黒」上映会@札幌

 ある村で老夫婦が殺害され、容疑者5人のうち4人が過酷な取り調べに屈し、ウソの自白をした“八海(やかい)事件”。実際に起きたこの事件を映画化した今井正監督のサスペンス「真昼の暗黒」(1956年)=DVD情報=を上映。現代ぷろだくしょん、122分、全編モノクロ。まだ実際の裁判が進行中で、最高裁からの圧力を受けながら、今井監督らは「もし有罪だったら、二度と映画は作らない」という覚悟でこの映画を作ったという。脚本は「七人の侍」などの黒沢映画で知られる橋本忍、音楽は伊福部昭。出演は草薙幸二郎、松山照夫、左幸子、内藤武敏、飯田蝶子ほか。090925mahirunoankoku第11回毎日映画コンクール(日本映画大賞)受賞作。
 最近でも、ラッシュの電車の中で痴漢と間違われて逮捕された青年を描いた周防正行監督最新作「それでもボクはやってない」(公式HP、2007年)がヒットしたが、その半世紀前にして今なお色褪せない冤罪事件映画の名作。
・日 時 :2009年9月25日(金) 13:45開演
・会 場 :札幌市教育文化会館 (中央区北1西13) 4階
・入場料 :前売 1,000円、当日1,200円
・提 供 :北海道共同映画社 TEL 011-562-1711 続きを読む

bluebook at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」劇場公開@札幌

 約60年前、絵本からスタートした“きかんしゃトーマス”の待望の長編映画化「トーマスをすくえ!!ミステリーマウンテン」(公式HP)になった。ソドー島で偶然に発見された忘れ去られた町グレート・ウォータートンを舞台に、新しい仲間のスタンリーやマージ、久々に登場するジャックやアルフィーたちとともに、炭鉱の暗闇の中での大激走や地下水路の激流下り、090919thomas岩の断崖を越えたりと、かつてないトーマスの大冒険が始まる。2007年、英、60分。監督/スティーブ・アスキス、脚本/シャロン・ミラー、声の出演はジョン・カビラ、比嘉久美子ほか。詳細はシアターキノHPの案内欄で。
・会 期 :2009年9月19日(土)〜25日(金) 1日1回上映
・時 間 :9:40〜10:40
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :当日一般1000円、小学生以下800円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 
・参 考 :THOMAS & FRIENDS -きかんしゃトーマスとなかまたち
      http://www.sonymusic.co.jp/MoreInfo/Chekila/Thomas/ 


bluebook at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第13回文化庁メディア芸術祭の作品募集と推薦受付@東京

 CG-ARTS協会文化庁が開催する「文化庁メディア芸術祭」は、新しい表現方法や090716Media13bosyuu優れた芸術的表現などによる創造性あふれるメディア芸術作品を顕彰するとともに、先端的なメディア芸術の創作活動を広く紹介していくメディア芸術の祭典。1997年に始まり、今年で第13回目。今年も、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で作品を募集。前回は界44 の国と地域、2,146 点の応募があり、アジアを代表するメディア芸術の祭典に成長。国内外の20以上のフェスティバルでも受賞作品を紹介していく予定。作品募集は、7月16日から9月25日まで、作品推薦は6月25日から8月26日まで。過去の受賞作や詳しい募集概要は公式HPの募集概要欄ほかで確認を。
・募集期間:2009年7月16日(木)〜9月25日(金) 必着
・募集作品:アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガ の4部門
・各 賞 :部門ごとに大賞1作品、優秀賞4作品、奨励賞1作品
      2010年2月3日〜14日 国立新美術館で受賞作品展を開催
・お問合せ:CG-ARTS協会内 「文化庁メディア芸術祭事務局」
      TEL 03-3535-3501/FAX 03-3562-4840
・参 考 :オンラインマガジンSHIFTの紹介記事 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 映画 | その他

★「村岸宏昭の世界」作品集、待望の出版@札幌

 クラシックギターの演奏家、美術の作家など様々な顔を持ち、将来を嘱望されつつ2006年8月13日に高知県の鏡川で不慮の事故により亡くなった村岸 宏昭(むらぎし・ひろあき)さん(22)の活動記録にして作品集「村岸宏昭の世界〜自分を代表させるような仕事はまだありません。〜」(右画像)が、編集実行委員会の手で札幌のかりん舎から出版された。生前の美術企画や展示、作曲演奏、レポート等をまとめて紹介しているほか、北大の指導教官だった北村清彦教授、あけぼの美術企画当時を知る樋泉綾子氏(現札幌芸術の森美術館学芸員)、南聡(作曲家)など、生前の彼の周囲の人々が追悼文を寄せている。090925muragishi詳細はかりん舎HPの案内欄で。
【書籍情報】
・書 名 :村岸宏昭の世界〜自分を代表させるような仕事はまだありません。〜
・発行日 :2009年9月25日(金)
・発 行 :かりん舎
・定 価 :本体 2,000円+税
・体 裁 :A4変型版160ページ(内カラー96ページ)
      音楽CD2枚/別冊楽譜集 付き 
・参 考 :友人のクスミエリカさんHP内の村岸さんの特設欄 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | 文学

2009年09月24日

「北大紛争1969-70年」映像資料上映会 @札幌

 北海道大学大学文書館では、第6回北海道大学史研究会で、北大紛争(1969〜70年)を記録した映像資料の上映会を開く。元北大職員の石川栄一さん=札幌市在住=が寄贈した約2時間の8ミリ映像のうち、約1時間分を上映。集会、投石、機動隊導入、学長との団交などの様子を紹介し、石川さんが撮影の経緯や状況を語る。090924hokudaifunsou詳細は北大HPの案内欄右チラシ(PDF)で確認を。
【出席者】
  石川 栄一(コメント/撮影者)
  逸見 勝亮(司会/大学文書館長)
・日 時 :2009年9月24日(木) 18:00〜20:00
・会 場 :札幌・北海道大学 附属図書館4階 大会議室
      (札幌市北区北8条西5丁目 地図
・参加費 :無料
・お問合せ:北海道大学大学文書館 TEL&FAX 011-706-2395  続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「競馬番長のぶっちゃけ話」刊行記念 藤井伸二騎手サイン会@札幌

 北海道新冠町の中央競馬会騎手 藤田伸二さん(ブログ)のエッセイ『競馬番長のぶっちゃけ話』(宝島社、税込1,200円、2009年9月10日発行)=書籍情報=刊行を記念し、サイン会を開催致する。ジョッキーのプライベートにおける赤裸々すぎるエピソードから、ファンが立ち入ることのできない検量室やジョッキールーム・調整ルームの実態、競馬番長のぶっちゃけ話競馬の知られざるシステムやルールにまつわる話まで…。一般ファンがまだ知らない「競馬業界内部の真実」を、ジョッキー界の“番長”藤田伸二が公開。意外な話、爆笑ネタ、さらには藤田騎手による競馬会への真剣提言まで。イベントの詳細は紀伊國屋書店札幌本店HPの案内欄で。
・日 時 :2009年9月24日(木) 17:00〜19:00  
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・参加方法:同店にて同書を購入の先着100名様に整理券を配布。
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00〜21:00) 

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

2009年09月23日

乘富秀人デフアート展「音のない世界の光と影」@帯広市

 耳が聞こえない人達の思いを独特の抽象画で表現している帯広市内のろうの画家、乘富 秀人(のりとみ・ひでと)さんが「音のない世界の光と影」と題した個展を開き、新作23点を初公開する。昨年、静かな反響を呼んだデフアート展「音のない青の世界」(2008/09/03〜07、帯広市、記事)に続く開催。乗富さんは東京出身。ろう学校を卒業後、1996年に画家を目指してフランスの油絵専門学校に1年間留学。帰国後はデザイン会社に勤めて腕を磨き、98年に画家として独立。2001年に十勝に移住。人物や風景を描いて国際芸術大賞展や新作家展で入選していたが、自分と同じ耳の聞こえない長男が生まれたことから、「息子がろう者として誇りを持って生きていくため、親として絵を通じて何かをしたい」と、ろう者の思いを表現する抽象画(デフアート)に転じた。詳細は「NPO法人 北のれんがを愛する人々」HPの案内記事作家HPで。手話で生きたい (デフアート絵本)(作家サイトで作品が見れます)
・会 期 :2009年9月1日(火)〜23日(水・祝)
・時 間 : 11:00〜18:00  9月9日(水)休館
・作家在廊:平日13:00〜18:00、 土日祝 11:00〜17:00
・会 場 :帯広市・北のれんがギャラリー
      (東2条南12丁目2番1号)
・入場無料
・お問合せ:北のれんがギャラリー TEL 0155-28-7748 
・参考書籍:乘富秀人「手話で生きたい」=書籍情報= 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

佐竹真紀作品上映会 “記録”と“記憶”の狭間@帯広市

 〜 浦島甲一トリビュート・シリーズ VOL.2 〜
 豊頃町出身で現在 札幌在住の映像作家、佐竹真紀(さたけ・まき)さん(HP)さんの作品上映会が、地元帯広市で開かれる。佐竹さんは、北海道教育大学で視覚・映像デザインを専攻。写真を使ったアニメーションを中心に、“記録”と“記憶”の狭間にある世界を探究する作品を制作。2005年の短編「インターバル」がNHK衛星テレビの番組「デジタル・スタジアム」の2006年グランプリに輝く(記事)など全国で活躍中。この夏も、新作短編「暮らしあと」(2009年、12分、ビデオ)が、東京の「ASK?映像祭2009」のコンペティション(審査員:久里洋二、西村智弘ほか)で大賞に選ばれ、映画祭で上映されたばかり(記事)。今回の上映は、佐竹さんの祖父で、豊頃町の写真家だった浦島甲一さんのモノクロ写真が北れんがギャラリーに常設されていることにちなみ、浦島作品に感銘を受けた現代アーティストの作品を展開する、浦島甲一トリビュート企画の第2弾。今回は、浦島さんが残した写真を素材にした「射光」など、佐竹監督の代表作5本を上映する。詳細は「NPO法人 北のれんがを愛する人々」HPの案内記事パンフレット(PDF)で。090919satakemaki
・会 期 :2009年9月19日(土)〜23日(水・祝)
・時 間 :同一プログラムを各日全14回上映
      11:00〜17:30まで30分おき
・会 場 :帯広市・北のれんがギャラリー
      (東2条南12丁目2番1号 TEL 0155-28-7748)
・入場無料
・お問合せ:NPO法人北のれんがを愛する人々 TEL 090-6268-2633(志賀)
※ 上映作品 →  続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

黒田晃弘の展覧会「岩見沢の顔を描く、景色を描く」@岩見沢

 札幌を拠点に活動する似顔絵アーティスト黒田 晃弘さん(HP)が、岩見沢の街に出張。岩見沢の商店街のお店・会社・施設などへ従業員の方を描きに訪問。同時に、岩見沢の8つの景色「岩見沢八景」を描く。岩見沢アートプロジェクト「ZAWORLD」の一環での開催。描いた作品は「ZAWORLD」の会期中、「アートスペース・iwamizawa90°」のギャラリーにて展示される。人とのコミュニケーションから似顔絵作品を生み出し続けている黒田晃弘が、岩見沢の人とまちとアートを結びつける企画(iwamizawa90°HPの案内欄より)。090822kuroda詳細はZAWORLDの案内欄で。
・会 期 :2009年8月22日(土)〜9月23日(水・祝)
・時 間 :10:00 〜 19:00 会期中無休
・会 場 :岩見沢市・iwamizawa90°2F (3条西5丁目5−1)
・入場料 :無料
・お問合せ:岩見沢アートホリディ実行委員会事務局(iwamizawa90°内)
      TEL 0126-35-1190 FAX 0126-35-1192
      E-mail zaworld09(あっとまーく)yahoo.co.jp 
※ ZAWORLD オープニングイベント「黒田晃弘・似顔絵カフェ」(8/22) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

岩見沢で開催されるアートプロジェクト「ZAWORLD」@岩見沢市

 「岩見沢のまちをアートでいっぱいにしてしまおう!」というプロジェクト。映像作家、大木裕之のプロジェクトを題材にした新作ドキュメント映画、北海道出身のアーティスト黒田晃弘による似顔絵プロジェクト、若手作家の作品を店舗や屋外会場で紹介する「まちいっぱいアート展」などを開催する。詳細は、岩見沢アートホリディ実行委員会ブログの案内欄で。
【参加作家】 090822zaworld
  大木裕之、黒田晃弘、
  ラビリンス(石倉美萌菜・太田博子・小坂祐美子)、
  チーム☆デザイヤ(太田博子・小坂祐美子・南俊輔)、
  M. ババッチ、KapuriCat(瀧川純・猫宮まどか)、
  いわみざわ絵手紙の会、メープルくん、林紗綾香、
  いま、ここ、簗田 友紀、子娘のとうたん、
  落井 美紗子、井上 愛美、西田 卓司、中里 麻沙子、
  北海道教育大学岩見沢校芸術過程美術コース、門脇篤 ほか
・会 期 :2009年8月22日(土)〜9月23日(水・祝)
・会 場 :岩見沢市内各所
・お問合せ:岩見沢アートホリディ実行委員会 TEL 090-7645-0671
・参 考 :ボランタリーライフ.jp - 岩見沢アートホリディ -
      http://www.voluntary.jp/iwamizawa/

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 | 映画

2009年09月22日

岩見沢アートホリディ「大木裕之+Various Artisis供 @岩見沢市

 岩見沢アートプロジェクト「ZAWORLD」の一環で、地元の北海道教育大学岩見沢校美術コースの映像研究室の有志の学生による短編映像作品と、レジデンス作家の大木裕之の作品「メイ」の上映会が開かれる。 上映終了後に大木裕之のトークも。詳細はZAWORLDの案内欄で。090922ookihiroyuki
【参加作家】
  伊藤早耶、海原里奈、笠原明枝、佐藤佳美、清田愛子、高橋幸子、
  仲奏美、沼倉菜々子、林紗綾香、南俊輔、吉澤美沙、米田瑞穂ほか
・日 時 :2009年9月22日(火・祝) 16:30開場
      17:00〜20:00「大木裕之+Various Artisis供
・会 場 :岩見沢市・武部建設「結ホール」
      (5条東18丁目31)
・入場料 :予約1000円、当日1200円。定員50名 ※要申込
・お問合せ:岩見沢アートホリディ実行委員会事務局(iwamizawa90°内)
      TEL 0126-35-1190 FAX 0126-35-1192
      E-mail zaworld09(あっとまーく)yahoo.co.jp 続きを読む

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | 美術

野口秀子展@札幌

 道展会員で北広島市在住の野口 秀子(のぐち・ひでこ)さんの個展。油絵を主体に、キャンバス・板・紙ボード等に油彩・水彩絵の具・チョーク・クレパス・コラージュなど多様な技法を用いて作品を制作。「目にしたもの・感じたもの、通り抜けていったもの・・・、それらをいつも充分に消化し熟成させてからキャンバスに向かいます」という。右画像は今回のDMハガキ。詳細は会場のカフェエスキスHPの案内欄で。090903noguchihideko
・会 期 : 2009年9月3日(木) 〜 22日(火)
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで)
      水曜定休、9/15(火)臨時休業
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

第14回 SHINTOKU 空想の森映画祭@新得町

 毎年、十勝館内新得町の廃校他を会場に開催されているSHINTOKU空想の森映画祭が、第14回目の今年も開催される。090919shintoku14上映作品やプログラムなどの詳細は同HPの案内欄で。お手伝いスタッフを募集中。詳細は映画祭公式HPで確認を。
・会 期 :2009年9月19日(土)〜22日(火)
    9月19日(土)夜・オープニングパーティー
    9月20日(日)映画祭1日目
    9月21日(月)映画祭2日目
    9月22日(火)映画祭3日目夜・さよならパーティー
・会 場 :新得町・新内ホール(TEL 0156-64-3161 会期中のみ)
・お問合せ:映画祭事務局TEL 0156-64-3923 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2009年09月21日

「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」に漫画家・井上雄彦さんが登場@NHKテレビ

 〜闘いの螺旋(らせん)、いまだ終わらず〜
 様々な分野の第一線で活躍する一流の「プロ」の仕事を徹底的に掘り下げる、NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」(公式HP)の第126回では、漫画界の孤高の天才・井上雄彦さん(42歳)がスペシャル番組で登場。バスケットボールを題材に高校生の成長をみずみずしく描いた「スラムダンク」は、累計発行部数1億4千万部を超え、23の国と地域で読み継がれる。連載11年目を迎えた「バガボンド」書籍情報=は吉川英治の「宮本武蔵」を原作にして、“生きること”の意義を問いかけ、幅広い世代から熱狂的な支持を集める。今や、井上は“漫画”の枠を超えたカリスマである。
 井上は、今回、ディレクターが小型カメラを手に撮影することを条件にバガボンド(31)(モーニングKC)取材を了承。1年にわたる長期密着取材が初めて実現した。
 番組では「バガボンド」最終章へと向かう道のりに焦点を当て、極限まで自らの感覚を研ぎ澄まし、それぞれのキャラクターの心情へと迫っていく緊迫の現場から、稀代の漫画家・井上雄彦の真実を活写する。さらに、井上のこれまでの知られざる歩み、「スラムダンク」の誕生秘話、「バガボンド」連載6年目に1年にわたり連載休載に陥った、最大の苦境についても、掘り起こしていく。孤高の天才の真実に迫る、1時間スペシャル。(番組HPの案内欄より抜粋)
・番 組 :NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」(公式HP)
・放送日 :2009年9月15日(火) 22:00〜22:58
 再放送 :2009年9月21日(月・祝) 翌日午前0:45〜01:45  

bluebook at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

世界報道写真展2009@札幌

 1955年オランダで設立された世界報道写真財団が毎年開催している「世界報道写真コンテスト」の入賞作品を集めて展示する世界報道写真展2009が、東京・大阪・札幌・別府で巡回展示される。このコンテストには、前年1年間に撮影された写真を対象に、プロの写真家であれば誰でも参加できるので、今年は世界124カ国から5,508人が応募し、作品数は96,268点に上った。同時代の今、地球上で起きている出来事を理解するきっかけとして、毎年多数の来場者を集めているもの。090912sekaihoudou詳細は、立命館大学国際平和ミュージアムHPの案内欄で。
・会 期 :2009年9月12日(土)〜21日(月・祝) 会期中無休
      10:00〜19:00(入館は閉館時間の30分前まで)
・会 場 :札幌市・札幌三越 本館10階特設会場
      (中央区南1西3 TEL 011-271-3311)
・入場料 :大人500円、中高生300円、小学生以下無料
・主 催 :立命館大学国際平和ミュージアム、朝日新聞社、
      世界報道写真財団、世界報道写真展2009北海道実行委員会
・お問合せ:立命館大学国際平和ミュージアム TEL 075-465-8151
・参 考 :東京都写真美術館HPの案内欄  続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2009年09月20日

映画で読む三浦綾子の文学 山本薩夫監督の「氷点」上映@札幌

 北海道立文学館がおくる映像作品鑑賞会。平成21年度第3回は、同館で開催中の「三浦綾子 いのちへの愛」展(記事)の作家、三浦綾子氏のデビュー作を映画化した「氷点」DVD情報=を上映。1966年、山本薩夫監督、大映東京撮影所作品、モノクロ、97分。幼い娘を殺された原因は妻の浮気と信じ込んだ夫が、妻への復讐に犯人の娘を養女に迎える。賞金1千万円の朝日新聞懸賞小説に入選した三浦綾子のベストセラー小説を水木洋子が脚色。山本圭、若尾文子、安田道代、船越英二、津川雅彦ほか出演。氷点 [DVD]上映の詳細は同館HPの案内欄で確認を。
・日 時 :2009年9月20日(日) 13:30
・会 場 : 札幌・北海道立文学館 講堂
      (中央区中島公園1-4 地図 TEL 011- 511-7655)
・入場無料、定員100名。要入場整理券。
・申込方法: 往復ハガキで1枚2名まで可。
  往信面に「氷点」、氏名、〒住所、TELを書いて次の宛先まで。
・申込先 :〒064-0931
      札幌市中央区中島公園1-4 北海道立文学館「映画」係。
・予約締切: 2009年9月8日(火)必着 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | 文学

滝川映画サークル9月上映会「剣岳(つるぎだけ) 点の記」@滝川市

 滝川映画サークルの9月上映会では、「剣岳(つるぎだけ) 点の記」(公式HP)を上映。明治40年、日本地図完成のために命を懸けた、「前人未到」の物語。日露戦争直後、前人未踏といわれた北アルプス剱岳の登頂を命じられた、測量官たちの苦闘を描く。浅野忠信、香川照之ほか出演。木村大作カメラマンの初監督作品。090917turugidake原作は新田次郎の同題小説。詳細は、滝川映画サークルの開催案内欄で。
・日 程 :2009年9月17日(木)〜20日(日)
・時 間 :11:00、13:30、16:00(17日のみ19:00あり)
・会 場 :滝川市・たきかわホール 
      (JR滝川駅前再開発ビル3F TEL 0125-23-6005)
・入場料 :会員以外も参加OK。一般 前売1,400円(当日1,700円)
      高校生1,500円、中学生以下1,000円(一般以外は当日券のみ)、
・主 催 :滝川映画サークル・びばいシネマ
※ 会員募集中 → 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

絵画の場合2009@札幌

 拡張する現代の美術の世界の中で、絵画を模索し、様々なアートプロジェクトを組み込んで議論と展覧会を続けてきた「絵画の場合」展。2004年から毎年開催され、今回で6年目。札幌圏に制作、発表拠点を置く中堅・若手作家たちを中心に、出展メンバーを固定化せず、毎回新たな作家を招いている。今回は會田千夏、栗田健、松村繁の3名が加わる。詳細は同展代表の澁谷俊彦さんHPの案内欄に詳しい。090908kaiganobaai
【出品作家】
  會田千夏、大井敏恭、小林麻美栗田 健澁谷俊彦
  谷口明志、林 亨、 久野志乃、松村 繁、レスリータナヒル
・会 期 :2009年9月8日(火)〜20日(日) 9/14(月)休廊
・時 間 :10:00〜19:00(最終日〜17:00まで)
・会 場 :札幌市・ギャラリーエッセ
      (北区北9条西3丁目9番1号ル・ノール北9条1階 地図
      JR札幌駅北口徒歩4分 TEL 011-708-0606)
・入場無料 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

杉吉 貢 墨絵展@札幌

090914sugiyoshi 絵画、墨絵、細密画と多彩な表現技法と圧倒的な画力で知られる札幌の絵師、杉吉 貢さん(公式HP)の墨絵の作品展。詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2009年9月14日(月)〜20日(日)
・時 間 :11:00〜18:00(最終日17:00まで) 会期中無休
・会 場 :札幌市・ギャラリー門馬 ANNEX
      (中央区旭ヶ丘2丁目3-38 地図
・入場無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-562-1055続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

アキタヒデキ個展「マイノリティ」@札幌

 札幌在住の若手デザイナー(作家名:KIDZ(キッヅ))で、写真や絵画のアーティストとしても活躍中のアキタ ヒデキさん(ブログ)の090909akitahideki2008年に続く個展。2007年のユニクロのTシャツデザインコンペ「UT GRAND PRIX 2008」では、世界63カ国1万3,206作品の応募の中から、アキタさんの作品「情熱のバラ」が柳井正(ユニクロ社長)賞を受賞、オンラインショップでは既に完売となった。今回は、今年のベトナムツアーでの撮りおろし作品を展示する。
・会 期 :2009年9月9日(水)〜20日(日)
・時 間 :11:00〜20:00(カフェは19:30まで) 
・会 場 :札幌・夢横丁(中央区南19西15) 2F ユメネコカフェ
・入場無料 
・昨年の初個展:「点と点と展」(2008/08/09〜17、札幌) 続きを読む

bluebook at 07:13|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

2009年09月19日

ユニークな企画で知られる「くすみ書房」が琴似から大谷地へ店舗を移転@札幌

「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」等の企画で知られる札幌・琴似の本屋さん「くすみ書房」が、63年来の店舗を大谷地に移転する。琴似近辺に大規模書店が増えたための生き残り策とのこと、新しい店でも企画やフェアを開催予定。なお、書店は移るが、同店舗の地下で久住邦晴社長(58)が経営している喫茶店「ソクラテスのカフェ」は今後も営業し、同店のミニ講演会「大学カフェ」と「ソクラテスのカフェギャラリー」は続けていくという。詳細は同店HPで。090913kusumisyobou
・現店舗最終営業日 :2009年9月19日(土) 21:00
     札幌市西区琴似2条7-2-5 メシアニカビル1F
     地下鉄琴似駅下車徒歩5分
     JRバス・バス停「西区役所前」下車徒歩1分
      電話:011-611-3819、 FAX:011-612-0935
・大谷地店オープン日:2009年9月30日(水) 10:00開店
      札幌市厚別区大谷地東3-3-20 キャポ大谷地内(地図
      (地下鉄東西線大谷地駅隣接)
・参 考 :北海道美術ネット別館HPの記事 続きを読む

bluebook at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) ホール・施設 | 文学

第20回ソクラテスのカフェで大学カフェ@札幌

 「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」等の企画で知られる札幌・琴似の本屋さん「くすみ書房」がおくる恒例企画。大学から講師をお招きし、カフェで一般の方々とコーヒーを片手に学問談義を楽しむ夕べ。同書房は大谷地移転のため9月19日(土)が琴似での最終営業日。ただし、カフェは引き続き現在地で営業を継続するので、大学カフェも今後も開催予定。今回は、北海道大学公共政策大学院准教授の吉田 徹氏講師に招き、『ポスト政権交代の政治 「閉塞感」はどこから来て、どこへ向かうのか』をテーマに講演予定。詳細はくすみ書房(HP)で。
・日 時 :2009年9月19日(土) 18:30〜20:00 (18:00開場)
・会 場 :札幌・くすみ書房 地下「ソクラテスのカフェ」
      (西区琴似2条7丁目メシアニカビル)
・会 費 :1,000円。定員40人(満席になり次第予約受付終了します)
      (珈琲 リンゴジュース トマトジュースのどれか一品)
・お申込み:ソクラテスのカフェ TEL 011-611-7121(11:00〜19:00月曜定休) 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) その他 

ブレーメン館9月研究会 林美朗氏による「志賀直哉の『城の崎にて』をめぐって、他」@札幌

 「自由な発表と幅広い交流の場」をモットーに、同人誌発行や上映会、山中貞雄監督からアンゼルム・キーファー、ホロコースト漫画「マウス」まで幅広く論じる「ブレーメン館」(ブログ)の研究会。今回は、大阪大学名誉教授の林 美朗氏が「『志賀直哉の『城の崎にて』をめぐって、他」と題して講演。詳細は同会ブログの案内記事で。
・発表題目: 志賀直哉の『城の崎にて』をめぐって、他
・発表者 : 林 美朗(はやし・よしろう) 
      高知県立高知女子大学社会福祉学部教授
・日 時 :2009年9月19日(土)  14:00〜16:30
・会 場 :札幌・北海道情報大学 札幌サテライト
     (中央区北3西7緑苑ビル4階、植物園入口正面 地図
・参加費 :一般500円。会員と学生は無料。予約不要。会員以外の参加歓迎。
・お問合せ:ブレーメン館事務局TEL 011-897-5464 (安高) 
※ 発表概要、これまでの研究会など → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 文学 

2009年09月18日

盆栽による生命讃歌、君島 信博 個展@札幌

 岩見沢市の盆栽家、君島 信博(きみじま・のぶひろ)さん(1974年生まれ、草つ月主宰)の個展。「草木をとおして生命を愛し続けること。それが、僕たちの考える盆栽です。なので、僕たちの盆栽に決まった形はありません。ただ、僕たちの心は映し出されているようです。そして、心が移り変わっていくように、盆栽も姿かたちを変えていくのです。生命から生命が脈々と続くように、人と人との出会いが生命であるかのように、090905kimijimanobuhiro僕たちは今できる精一杯で創作し続けます」(草つ月HPのコンセプト欄より)。今回の展示の詳細は、CAI02サイトの案内欄で確認を。
・会 期 :2009年9月5日(土)〜18日(金) 
・時 間 :13:00〜23:00  日祝休廊
・会 場 :札幌・CAI02
      (中央区大通西5丁目 昭和ビル地下2F) raum1
・入場無料
・主 催 :CAI現代芸術研究所、 キュレーター:眸みゆき
・お問合せ:CAI02 TEL 011-802-6438 
※ オープニングパーティー 9月05日(土) 19:30より オードブル付 無料
※ アーティストトーク    9月11日(金) 20:00より 無料 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2009年09月16日

モーリス・センダックの名作絵本『かいじゅうたちのいるところ』、スパイク・ジョーンズ監督が映画化

 絵本作家モーリス・センダック(Maurice Sendak)の代表作「かいじゅうたちのいるところ」が、091016wildthingスパイク・ジョーンズ(Spike Jonze)監督の手で映画化され、2009年10月16日に日本でも劇場公開される。同監督は「マルコヴィッチの穴」 や数々のミュージック・ビデオで知られる才人。映画「かいじゅうたちのいるところ(Where The Wild Things Are)」(公式HP、英語)は、3年の歳月を費やし、実写とアニメとパペットを融合して映像化したファンタジー。狼の着ぐるみを着た腕白少年マックスは、いたずらの罰で寝室に閉じ込められるが、気が付くと家を離れて広大な海が囲む謎めいた森の世界に・・・。マックスはそこで怪獣達の王さまになって君臨する。日本では2010年に公開予定。
・予告編
  http://www.apple.com/trailers/wb/wherethewildthingsare/
・日本語公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/wherethewildthingsare/ 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2009年09月15日

アニメ映画『時をかける少女』『サマーウォーズ』の細田守監督が「トップランナー」に登場@NHKテレビ

 2006年、アニメ映画『時をかける少女』で40週ものロングラン上映を記録し、第30回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を090911summerwars受賞したアニメーション映画監督の細田 守さんが、NHKテレビの「トップ・ランナー」(HP)に登場する。登場人物のいきいきとした表情描写、徹底したロケハンから生み出される繊細な背景画など、「アニメだからこそのリアリティ」を追求するのが細田監督の持ち味。今夏、“家族の絆”をテーマにした新作アニメ映画『サマーウォーズ』でも注目を浴びる、細田守の演出へのこだわりに迫る。詳細は番組HPの案内欄で。
・放送予定 :2009年9月11日(金) 深夜0:10 NHK総合テレビ
・再放送予定:2009年9月16日(水) 午前3:00 NHK総合テレビ 

bluebook at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | その他

2009年09月14日

「日本語世代」の激動の人生のドキュメンタリー「台湾人生」、酒井充子監督が舞台挨拶@函館市

 函館で新聞記者として働いた経験を持つ酒井充子さん(39歳)=東京在住=の初監督作品「台湾人生」(HP)が、函館シネマアイリスで劇場公開され、14日には酒井監督が舞台挨拶を行う。映画は、1895〜1945年までの日本統治下にあった台湾で、日本語教育を受けた世代の人生を振り返るドキュメンタリー。2008年、日本、81分。「日本語世代」の5人に焦点を当て、日々の暮らしぶりを交え、激動の歴史に翻弄されながらも力強く歩んできた人生をインタビューで掘り下げる。酒井監督は、1996年に北海道新聞社に入社、函館報道部で活躍していた。台湾映画「愛情萬歳」(蔡明亮監督)を見て1998年夏、初めて台湾へ渡った。090822taiwanjinsei2000年から映画制作の仕事の傍ら台湾取材を始め、7年掛かりで本作を完成させたもの。劇場公開は12日〜18日の1週間で午前9時20分から上映。14日のみ上映後に監督のトークがある。詳細はシネマアイリスHPのNEWS欄で。
・日 時 :2009年9月14日(月) 
      上映=19:00、酒井監督トーク=20:25〜20:55
・会 場 :函館市・シネマアイリス(本町22-11)
・料 金 :前売1,500円、当日1,800円
・お問合せ:シネマアイリス TEL 0138-31-6761 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「思考する植物空間」西村明美銅版画展@札幌

 札幌の銅版画家、西村明美さん(HPブログ)の個展。例年、花をテーマにした作品を発表。今年のメインビジュアルは芍薬(シャクヤク)とのこと。090909nishimuraakemi詳細は作家ブログの案内欄で。
・会 期 :2009年9月9日(水)〜14日(月)
・時 間 :10:00〜18:00(最終日17:00まで)
・会 場 :札幌市・茶廊 法邑 地図
      (東区本町1条1丁目8-27
      地下鉄東豊線「環状通東駅」下車徒歩7分)
・企 画 :法邑芸術文化振興会
・お問合せ:同ギャラリー TEL&FAX 011-785-3607 
・参考記事:北海道美術ネット別館HPのレポート記事  続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術