2009年11月

2009年11月30日

「アメリカ帰還兵 イラクに誓う」ほか上映会&取材報告会@札幌

 札幌の市民グループ「SANAテレビをみる会」が、「戦争に反対するイラク帰還兵の会(IVAW)」の活動記録の上映と取材報告会を開く。大阪在住の映像作家木村 修さん(マブイシネコープ主宰)が、米ワシントンを訪れ、平和を求める退役軍人の会などに参加して取材したドキュメンタリー。091130kikanhei当日の上映作品は、「アメリカ帰還兵 イラクに誓う」と最新作「戦争を拒否する兵士たち」の2本で、合計1時間程度。上映後に木村さんが取材時のエピソードを語る。
・日 時 :2009年11月30日(月)
      |襪良堯13:00〜15:00
      ¬襪良堯16:00〜18:30
・会 場 :札幌ボランティア研修センター(北1西9 リンケージプラザ2F)
・参加費 :500円、高校生以下無料
・お問合せ:上映実行委員会 TEL 011-664-0632 谷さん 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | その他

札幌駅のJRタワー「アートボックス」2010年度 作品募集@札幌

 JR札幌駅東側コンコースに、2008年4月からART BOXという現代美術の展示空間がオープン。
JRタワーアートプロジェクトの一環として、北海道の新人アーティストたちに新たな発表の場を提供する目的で設置された。2009年5月から新人の作品4点を公募し、091130artbox2010bosyuu3ヵ月ごとに展示している。2010年度も展示作品を募集。応募資格は北海道在住の個人、グループであること。「多くの人々が行きかうパブリックスペースにふさわしい作品の応募をお待ちしています」とのこと。応募要項など詳細はJRタワーHPの案内欄で確認を。
・応募期間:2009年9月1日(火)〜11月30日(月) 必着
・賞金(作品奨励金)
  グランプリ1作品30万円、 優秀賞3作品各 20万円
・審査発表 2010年2月中旬 
・受賞作品発表 2009年3月上旬を予定
※ ART BOXのこれまでの展示、応募概要など → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

2009年11月29日

「原爆の火」携えた僧侶の旅のドキュメンタリー「GATE」道内初上映@札幌

 広島の原爆によって生じた炎を携えた日本の僧侶たちが、2005年の夏、世界初の原爆実験が行われたアメリカの“トリニティーサイト”まで行脚する様子をとらえたドキュメンタリー映画「GATE」091129GATE札幌で道内初上映される。監督は世界核兵器解体基金の代表を務めるマット・テイラー。マーティン・シーンがナビゲーターを、松嶋菜々子が日本語版のナレーションを務めている。2008年、日本、104分。当日は上映後に監督の講演会がある。詳細は映画公式HPの案内欄で(右チラシは新潟県上映の折のもの)。
・日 時 :2009年11月29日(日) 16:00
・会 場 :札幌市・ 曹洞宗 瑞現寺(ずいげんじ)
      (南区石山2条4丁目4-1)
・参考記事:北海道新聞の上映レポート記事(2009/11/30)
・参 考 :曹洞禅グラフ(2009,No.110) の監督インタビュー記事(PDF)

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

椎名次郎個展「路地裏畫報2009」ほか@札幌

 札幌在住の画家、椎名 次郎さん(HP)が、札幌、小樽、東京の下町を描いたスケッチ等を展示。椎名さんは、季刊「札幌人」の表紙を創刊号以来手掛けているほか、第17回さっぽろ映画祭のポスター等でも活躍、下町風景や古い街並みを端正な詩情とともに描いた水彩画は広く共感を呼んでいる。
 椎名さんは映画にも造詣が深く、「椎名次郎」の作家名も市川雷蔵のスパイ映画「陸軍中野学校」の主人公に由来する。椎名さんのサイトには、路地裏探訪のスケッチの日々とともに、映画についての文章も。詳細は作家サイトで。「路地裏畫報」欄をクリックすると椎名さんの繊細な水彩スケッチを見ることが出来る。右画像は今回のDMハガキ。091103siinajirou
■その1 椎名次郎個展「路地裏畫報2009」
・会 期 :2009年11月3日(火・祝)〜29日(日)
・時 間 :13:00〜19:00 (月曜定休)
・会 場 :札幌・古本カフェB・C・S
      (中央区南3条西7丁目7 しゃみ靴店左入口)
・入場料 :無料
■その2 椎名次郎展「サカミチスケッチミナトマチ」
・会 期 :2009年10月15日(木)〜2010年1月31日(日)まで
・時 間 :10:00〜17:00(月曜定休) 
・会 場 :小樽市・市立小樽文学館 JJ`s Cafe内
     (色内1丁目9番5号 市分庁舎 地図
・入場無料   続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

神戸の小さな楽団の27年間の記録「あぶあぶあの奇跡」上映会@函館市

 神戸で1982年に誕生した知的ハンディを持つメンバーによる楽団「あぶあぶあ」が、大ホールを満杯にし感動の演奏を繰り広げるまでのドキュメンタリー「あぶあぶあの奇跡」が、函館で上映される。音楽を通じて心を重ねてきた楽団メンバーと彼らを取り巻く人々の27年を描く。卒業式の名曲「with you smile」は彼らがルーツ。船津 一監督、2008年、120分。今回の上映は「北海道ユニバーサル上映映画祭」(公式HP)函館上映会での上映の一環で、ユニバーサルライブとのコラボレーションを予定。ユニバーサル上映とは、上映に字幕・副音声・手話通訳などを付け、劇場にもバリアフリーを取り入れることで、身体的障害を持つ人も健常者も共に映画を鑑賞できる上映形態のこと。すべての人が共有する文化として、ユニバーサル上映(バリアフリー上映)という環境が創造されることを願い、091129abuabua市民有志の手で毎年企画されているもので、今年も9月に北斗市で上映されたばかり。詳細は、函館市地域交流まちづくりセンターHPの案内欄ほかで。近日紹介予定。
・日 時 :2009年11月29日(土) 
・時 間 :11:30、 15:30
・会 場 :函館市総合福祉センターあいよる21(若松町33-6)
・入場料 :一般 1,000円 小中高生500円
・主 催 :北海道ユニバーサル上映映画祭実行委員会
・お問合せ:函館保健企画内 橋本(TEL 0138-31-0010、FAX 31-9919)ほか

bluebook at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

出光美術館所蔵 ジョルジュ・ルオー展@札幌

 20世紀を代表するフランスの巨匠、ジョルジュ・ルオー(Georges Rouault、1871〜1958)の作品のうち、質量ともに世界最大規模を誇る出光美術館のコレクションから、代表作『受難(パッション)』や版画集『ミセレーレ』をはじめとする油彩、水彩、版画など約170点を展示。091028rouault詳細は同美術館HPの案内欄で。
・会 期 :2009年10月28日(水)〜11月29日(日) 
・休館日 :月曜休館(ただし11月2日、23日を除く)、
      11月24日(火)16日(火)、10月14日(火)に休館)
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館(中央区北1西17 地図)
・観覧料 :前売 一般大学1,000円、中高生600円、小学生400円
      当日 一般大学1,200円、中高生700円、小中生500円
・お問合せ:同館 TEL 011-612-7000 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2009年11月28日

映画「ふみ子の海」上映会 @岩見沢市

 〜 ほんとうに大切なものは目に見えない 〜
 新潟県の盲学校で教鞭をとり、生涯を視覚障害者教育に捧げた粟津キヨさん(1919〜1988年)の少女時代を描いた同名小説を映画化した080906fumikonoumi感動のヒューマンドラマ「ふみ子の海」(公式HP)の上映会。貧しさや「女に教育は不要」という当時の風潮から、一度はマッサージ師への道を選んだが、夢を捨てなかったふみ子の姿を描く。近藤明男監督。出演は、鈴木理子、藤谷美紀、遠野凪子、遠藤賢一、高橋惠子ほか。2006年、日本、105分。35mmフィルム。詳細は映画「ふみ子の海」応援ぶろぐHPの案内欄などで。
・日 時 :2009年11月28日(土) 14:30、18:30 
・会 場 :岩見沢市文化センター まなみーる ホール
・入場料 :前売当日とも 一般1,000円、高校生以下800円
・お問合せ:上映実行委員会 TEL 090-8909-3398(長沼さん) 

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(5) 映画 

2009年11月27日

学校給食を全部オーガニックにする挑戦をした南仏の村のドキュメンタリー「未来の食卓」劇場公開@札幌

 小学校の給食をすべてオーガニックにするという画期的な試みを導入した、フランス南部の村の約1年を追いかけたドキュメンタリー「未来の食卓」(公式HP)が札幌でも劇場公開される。美しい自然に囲まれた南仏、バルジャック村。ショーレ村長は子供たちの未来を守るため“学校給食と高齢者の宅配給食を自然の味(オーガニック)にする”という前例のない試みに挑戦。大人たちは「オーガニックは値段が高いのに、村の財政でまかなえるのか」と戸惑うが、オーガニック給食や学校菜園での野菜作りを通して自然の味を覚えた091107mirainosyokutaku子供たちに巻き込まれ、小さな村は少しずつ変化していく。食卓から始まった小さな奇跡が人々の幸せを紡いでいく、バルジャック村の1年間を描き、オーガニックブームを巻き起こしたドキュメンタリー。2008、フランス、112分。監督/ジャン=ポール・ジョー。出演/エドゥアール・ショーレ、ペリコ・ルッガスほか。詳細はシアターキノHPの案内欄で。
・会 期 :2009年11月7日(土)〜27日(金) 
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :前売 一般1,500円
      当日 一般1,800円、学生1400円、シニア・高校以下1000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

2009年11月26日

「ガーダ パレスチナの唄」上映会@帯広市

 「ガーダ パレスチナの唄」(公式HP)が帯広市で自主上映される。2005年、106分、日本、古居みずえ監督作品。映画は、第一次インティファーダ(民衆蜂起)のさなかに青春を送ったパレスチナ女性ガーダの23歳から35歳までを追うドキュメント。結婚にまつわる古い慣習に挑み、イスラエル人と交流し、子どもを育てながら学問を続ける。苛酷をきわめる占領下で親しい人達の死に直面したガーダは、次第に祖母達の世代の生きてきた歳月へと関心を深め、聞き書きの旅を始める。詳細は、北海道新聞HPの案内欄ほかで。
・日 時 :2009年11月26日(木) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :帯広市・とかちプラザ レインボーホール
      (JR帯広駅下車徒歩3分)
・入場料 :前1,000円
・主催・お問合せ:ガーダ パレスチナの唄上映実行委 TEL 090-2070-3095
・参 考 :UPLINKの映画「ガーダ」紹介記事 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2009年11月25日

2009年の日本の傑作CM、ACC CM FESTIVAL 入賞作品発表会@札幌

  (社)全日本シーエム放送連盟(略称ACC)が毎年主催するCMフェスティバルの2009年度入賞作品の発表会が全国巡回中。北海道は札幌で開催。上映会の詳細は同HPの「2008 48th ACC CM FESTIVAL」入賞作品発表会スケジュール等で。
・日 時 :2009年11月25日(水) 13:30〜16:00
・会 場 :札幌市・STVホール
      (中央区北1西8 TEL 011-241-1181)
・入場無料、整理券を札幌市内のTV・ラジオ放送局窓口で配布中。
・お問合せ:札幌テレビ放送 営業局営業推進センター TEL 011-272-8376
・主 催 :(社)全日本シーエム放送連盟(略称ACC) 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | その他

函館映画鑑賞協会第174回例会 「フリーダム・ライターズ」上映会@函館市

 函館映画鑑賞協会の第174回例会では、暴力と人種間の抗争がはびこるL.A.を舞台に、新米教師と生徒たちが心の交流を通して成長していく姿を描いた映画「フリーダム・ライターズ」DVD情報=を上映。ロス暴動から2年後の1994年ロサンゼルス。理想に燃える新任教師エリンは、着任した高校での貧困や暴力がもたらす子供たちの荒廃にショックを受けながらも、彼らを救うことに情熱を注ぐ。そして、自らの出費で生徒たちにノートを買い与え、そこに思ったことを自由に書き込むように提案。生徒たちは書くことによって初めて自分自身と向き合い、次第に変化が生まれていく。フリーダム・ライターズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ヒラリー・スワンク製作総指揮、主演で贈る、実話を基にしたヒューマンドラマ。2007年、米、123分。上映の詳細は同協会HPの案内欄で。
・日 時 :2009年11月25日(水) 3回上映
      10:30、14:30、19:00 
・会 場 :函館市民会館 小ホール
      (湯川町1-32-1 地図 TEL 0138-57-3111) 
・料 金 :会員のみ。入会金300円 月会費700円(年会費8,400円)
      会員は上映会(例会)は入場無料(特別上映会を除く)
・お問合せ:函館映画鑑賞協会 TEL 0138-52-0193 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2009年11月24日

西窪愛子 写真展 Velos・5 -パリに住む自転車達-@札幌

 〜 Aïko Nishikubo Exposition de photographies 〜
 札幌出身で現在はパリ在住の写真家、西窪 愛子さんの写真展。西窪さんは写真館、スタジオ、ラボなどで経験をつんだ後、日仏両国で個展・グループ展を開催。コマーシャル用の撮影多数。2003年からパリ在住。パリ、東京、札幌でポストカードを販売、人気を呼んでいる。「2007年に初めて日本で Velos(自転車)の作品を展示してから 早いもので2年が経ちました。そしてこの度、新しい作品とともに シリーズ Velos の第5弾を発表させて頂きます。パリに住む自転車達の白黒の世界に、強い光と深い闇の相対性に 何かを感じて頂けると幸いです」とのこと。詳細は会場のカフェエスキスHPの案内欄で。091105nishikuboaiko
・会 期 : 2009年11月5日(木) 〜24日(火)
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで)
      水曜定休、11/10臨時休業
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

2009年11月23日

「design travel」出版記念レセプション@札幌

 時代を越えて長く使われ、作りつづけられているロングライフデザインの商品をセレクト、販売しているD&DEPARTMENT(ディアンドデパートメント)の札幌店開店2周年に合わせ、休刊していた「d long life design」をリニューアル。「d design travel」として創刊する。第一号は北海道特集。091123designtravelまた、同日の14:00から札幌アップルストアで、d design travel編集長のナガオカケンメイ、同誌のデザインを担当した3KG代表の佐々木信、旭川工芸センターの後藤哲憲の3名によるトークイベントも開催予定。クリエイティブの力によって地域を元気にする活動について、事例を交えながらご紹介する。詳細は同店HPの案内欄で。
・日 時 :2009年11月23日(月・祝) 18:00
・会 場 :札幌・ D&DEPARTMENT PROJECT SAPPORO by 3KG
      (中央区大通西17丁目1-7 地図
・入場無料
・お問合せ:同店 TEL 011 303 3333続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

「d design travel」出版記念 ナカオカケンメイ編集長らによるトークイベント「クリエイティブが、すべきこと。」@札幌

 時代を越えて長く使われ、作りつづけられているロングライフデザインの商品をセレクト、販売しているD&DEPARTMENT(ディアンドデパートメント)の札幌店開店2周年に合わせ、休刊していた「d long life design」をリニューアル。「d design travel」=右写真=として創刊する。同誌は、全国各地と東京を結び、日英二カ国語表記で世界へ向けて発信するプロジェクト。091123designtravelhyousi-s雑誌、お店、ウェブ、ポッドキャスト、iPod touch/iPhone用アプリを連動させて「観光」をデザインする。第一号は北海道特集(980円、2009年11月25日刊行)。「それで、結局何をするの?」という疑問に応えるべく、旭川市工芸センターの後藤哲憲さん、編集長のナガオカケンメイ、同誌のデザインを担当した3KG代表の佐々木信が集まり、地場産業とデザインについて語る。詳細はD&DEPARTMENT札幌HPの案内欄で。
・日 時:2009年11月23日(月・祝) 14:00-15:30
・会 場 :札幌市・アップルストア札幌(中央区南1西3 地図)
・入場無料
・お問合せ:同店 TEL 011-209-8200

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

山本正道展@札幌

 丸みを帯びた造形による少女や親子の愛らしい姿。木や人、ロバ、遺跡などが点在する牧歌的な風景の彫刻表現。山本正道が生み出す世界には、ゆったりとしたときが流れ、懐かしさとやさしさが満ちている。日本の彫刻界で独自の様式を築き、北海道にも縁の深い彫刻家山本正道氏(1941年生まれ)の初期から最新作までの彫刻35点と素描約40点を展示する。北海道では初めての大規模な展覧会。091003yamamoto詳細は同館HPの紹介欄で。
・会 期 :2009年10月3日(土)〜11月23日(月・祝)
・時 間 :9:45〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
・休館日 :11月9日(月)、16日(月)
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森美術館(南区芸術の森2丁目75、地図)
・観覧料 :一般700円(560円)、高大生350円(280円)、
      小中生150円(120円)
      ( )内は前売り及び20人以上の団体料金
・お問合せ:同森美術館 TEL 11-591-0090 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

★疋田豊治ガラス乾板写真展@札幌

 〜北海道大学総合博物館開館10周年記念企画展示〜
 北海道大学函館キャンパス内にある水産科学館には、明治末から昭和初期まで水産学部で教鞭をとった疋田豊治(ひきた・とよじ)氏の撮影による約6,000点にも及ぶガラス乾板が残されている。疋田氏は、シシャモの学名の命名者で、カレイの研究者として知られる。「疋田写真」は「北海道開拓写真」と並ぶ北大の所蔵する貴重な歴史資料だが、これまでほとんど紹介されて来なかった。この「疋田写真」を同大の院生・学生が企画展として準備してきたもの。詳091024hikitatoyoji細は北大総合博物館HPの案内欄で。
・会 期 :2009年10月24日(土)〜11月23日(月・祝)
・休館日 :毎週月曜(ただし11/23は開館)
・時 間 :9:30〜16:30 (10/24〜10/31)
      10:00〜16:00(11/01〜11/23)
・会 場 :札幌市・北海道大学総合博物館 3F企画展示室
      (北区北10条西8丁目 地図
・入場無料
・主 催 :北海道大学文学研究科芸術学講座・総合博物館
・お問合せ:北海道大学総合博物館 TEL 011-706-2658 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) その他 

2009年11月22日

「手づくりする木のカトラリー」刊行記念トーク&ワークショップ@札幌

 全国の木工作家26人が作った、木のカトラリー(スプーンやフォーク)、器、箱などを紹介する本。26人の木工作家が考えた約300作品を紹介している新刊「手づくりする木のカトラリー」書籍情報=刊行記念に、木のスプーンとお皿をつくるワークショップと、著者の西川栄明氏と木工作家達が木に対する思いを語り合うトークショーを開催。厚さ2个KAMIグラスで知られる旭川の木工作家・高橋秀寿さん、091122tedukuri家具工房「旅する木」主宰の須田修司さんがゲスト来場する。詳細は会場の紀伊國屋書店札幌店HPの案内欄と、高橋工芸HPの案内欄で。
・日 時 :2009年11月22日(日) 11:00〜18:00
・時 間 :10:00〜19:00(最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・参加無料
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131
・主 催 :誠文堂新光社 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | 文学

「ぼくはうみがみたくなりました」自主上映会@札幌

 札幌市北区あいの里出身の俳優伊藤祐貴さん(22才)=東京都=が初主演した映画「ぼくはうみがみたくなりました」が地元札幌で自主上映される。自閉症の青年と、少し人生行き詰まり気味の看護学生が、偶然から海へ向かう旅に出てしまい、そこで様々な人々とめぐり合うハートウォーミングな人間ドラマ。「自閉症」という名前だけが一人歩きし始めている昨今、実際の症状や接し方等、ほとんど知られていない障害に焦点を当て、ひとりの自閉症の青年を取り巻く人々の人生や心の成長を、時にユーモラスに、時に厳しく、そして温かく描き出す。自閉症の息子を事故で亡くした脚本家山下久仁明さんの同名小説の映画化で、091122bokuumi千人以上の寄付を得て今春完成した。福田是久監督、2009年、日本、35弌103分。上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄で。
・日 時 :2009年11月22日(日) 10:00、13:30
・会 場 :札幌市・北海道教育大学札幌校 306教室
      (北区あいの里5条3丁目)
・入場料 :800円(要事前予約)
・主 催 :「ぼくうみ」をあいの里で上映する会
・お問合せ: 宇井さん TEL 050-3608-2013
・参 考 :映画製作実行委員会サイト 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2009年11月21日

第6回 大黒座まつり @浦河町

 日高館内浦河町の老舗映画館「大黒座」が、新しい建物になって以来の毎年恒例イベント。ロビーのみならず、ホール全部が食べ物飲み物横丁に変身する。歌声ホールや手品、バンド演奏、懐かしい映像等のイベント満載。地元写真家の星 正栄氏のスライド上映や、091121daikokuza札幌出身の小川亮輔監督の短編「花魁ノ詩」参考)の上映も。「変わるもの、変えねばならぬもの、断固変えてはならぬこと、そんな各自の胸の流星群を引き連れまして、どうぞぶらりとお集まりください」(右チラシより)。詳細は大黒座に問合せを。
・日 時 :2009年11月21日(土) 17:00開場、18:15開演
・会 場 :浦河町・大黒座(浦河町大通2-18)
・入場料 :前売入場券 1,500円(食物、飲物付き)。
・お問合せ:大黒座  TEL 01462-2-2149 
・参 考 :札幌インタビューマガジン第4号の「大黒座」特集記事 続きを読む

bluebook at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(3) ホール・施設 | 映画

川村湊文芸講演会「『樺太文学』の現在」 @札幌

 たび重なる戦争と混乱、異文化の衝突と共存、故郷と異郷…。近代史の荒波に翻弄されてきたサハリン(旧樺太)をめぐる表現者たちの言葉と記憶をたどる企画展「サハリンを読む −遥か[樺太] の記憶」(記事)の関連事業として、091121kawamuraminato文芸評論家の川村 湊(法政大学国際文化部教授)が「樺太文学の現在」と題して講演する。詳細は同館HPの案内欄チラシ(PDF)で。
・日 時 :2009年11月21日(土) 14:00
・会 場 :札幌・北海道立文学館 講堂
      (中央区中島公園1-4 地図 TEL 011- 511-7655)
・入場料 :無料。(企画展は有料)
・定 員 :80名(要申込)
・申込方法:11月7日より電話にて受け付け
・お問合せ:同館 TEL 011- 511-7655 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 

★第1回全国中学生映画祭 @札幌

091121chuugakuseieigasai  中学生達が、自分たちの手で映画作りをやっている、全国の映画ワークショップが札幌に集合。今年の夏に作られた出来立てほやほやの、中学生映画4作品(札幌・筑波・東京・川崎)を一挙に札幌で上映、最後に札幌作品のメイキングも上映予定。詳細はシアターキノHPのNEWS欄で。
・日 時 :2009年11月21日(土)
      13:30開場、14:00〜16:00(予定)
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館(中央区北1西17 地図) 講堂
・入場無料
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355  続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 映画 

2009年11月20日

市川春子の初短編集「虫と歌 市川春子作品集」発売中

 独特の世界観で様々な生命の繋がりを描き、月刊『アフタヌーン』で掲載の度 に反響を読んでいる、札幌在住の新鋭漫画家市川春子さんの初短編集「虫と歌 市川春子作品集」書籍情報=が、2009年11月に講談社より発売された。市川さんは、2006年「虫と歌」で「アフタヌーン四季賞2006年夏の四季大賞を受賞しデビュー。翌年から『月刊アフタヌーン』(講談社)で読み切り作品が数度に渡り掲載されてきた。今回の作品集には、四季賞受賞の「虫と歌」のほか、自分の指から生まれた妹への感情を綴る「星の恋人」、飛行機墜落事故で遭難した2人の姿を描いた「ヴァイオライト」、虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)肩を壊した高校球児と成長を続ける謎の生き物“ヒナ”との交流を描く「日下兄妹」の4作品を収録。また単行本の装丁は、現役のグラフィック・デザイナーでもある作家自身が手がけているという。
【書籍情報】 「虫と歌 市川春子作品集」
・発売日 :2009年11月20日
・定 価 :600円
・ISBN-10 : 4063106179
・出版社 :講談社  
※ 祝・「ユリイカ」2010年2月号に小特集掲載 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | 文学

2009年11月19日

★旭川大学 君の椅子プロジェクト で磯田憲一教授による市民講座「君の居場所はここにあるよ」@札幌

 『君の椅子』(公式HP)は、地域の人々が、生まれてくる子ども達に地域に集積されてきた技術と道産の木材によって創られた“椅子”を贈るプロジェクト。「誕生する子どもを迎える喜びを、地域の人々で分かち合いたい」、旭川大学大学院の磯田憲一客員教授のゼミのそんな会話から始まり、いま全国から静かな注目を集めている。椅子を通じて、地域で子どもの成長を温かく見守るとともに、世界に誇る旭川家具を内外に発信したい、そんな願いを込めて構想されたもの。現在、東川町と剣淵町で実施されている。年ごとにデザイナーを選び、その年だけのオリジナルデザインで、旭川家具が製作、子供の名前、生年月日、ロゴ、一連番号を刻印して贈られる。091119kiminoisuこれまで中村好文、伊藤千織前川秀樹小泉誠と錚々たるデザイナーが参加。会場では2010年デザイン担当の三谷龍二もゲスト参加する。講演の詳細は旭川大学HPのAEL講座欄案内チラシ(PDF)で。
・日 時 :2009年11月19日(木) 18:00〜20:00
・会 場 :札幌・大学共同利用施設ACU
      (中央区北3西4 日本生命札幌ビル5F 地図
・受講料 :無料
・対 象 :一般市民、定員70名
・申込方法:氏名、連絡先を電話・FAX・メールのいずれかで申込を続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

札幌篠路高校 図書館講座+特別展 「私の秋の章」2009 ひだのかな代さん「絵本が生まれるとき」@札幌

 札幌篠路高校では、第一線で活躍する方々のお話を通して、人・地域・本の世界の魅力に触れる図書館講座を連続開催。今回は、札幌の絵本作家でイラストレーターのひだのかな代さん(HP)をお招きします。ひだのさんは、『ねこがさかなをすきになったわけ』で第15回けんぶち絵本の里大賞びばからす賞受賞、独特の作風が高く評価され、今また円山動物園の双子のホッキョクグマを題材にした絵本『にこにこぎゅっ』が話題に。「多彩な活動にまつわるお話や作品を通して、絵本が生まれてくる時間を追体験してください」とのこと。会場ではひだのさんの原画展も展示中。091119sinoro詳細は篠路高校HPの案内欄(PDF)で。
・日 時 :2009年11月19日(木) 18:00〜20:00
・会 場 :札幌篠路高等学校 (北区篠路町372-67)2階 図書館
・入場料 :無料。学外の一般参加歓迎。資料準備のため事前申込みを。
※ お申込み、これまでの図書館講座の内容など → 
【特別展】 ひだのかな代原画展
・会 期 :2009年11月16日(月)〜19日(木)
・時 間 :11:00〜17:00
 同図書館にて期間中いつでも入場自由。絵本以外のイラスト原画も。 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | 文学

2009年11月18日

山本薩夫監督の映画「暴力の街」上映会@札幌

 山本薩夫監督の「暴力の街」DVD情報=を上映。1950年、111分、日本。朝日新聞浦和支局が埼玉県本庄町の暴力市長に対し、市民運動で勝利するまでのルポをまとめた「朝日新聞浦和支局『ペン偽らず』」が原作。暴力団が検察、警察、公安や町議にいたるまで手を回し町を支配し、善良な市民が恐れと不安におののいている町。真相の追究こそ新聞の使命と、記者たちは立ち上がる。アンケートをとり、家庭を訪ねて徹底調査をすることから戦いは始まった。明るい町をつくろうとビラ撒きやポスター貼りに参加する若者たち。しかし暴力団や警察の圧力も強かった。091118bouryokunomachiそれでも必死で闘ううち、町全体に少しずつ反ボス的な雰囲気が生まれてくる。やがて町政刷新会が結成され町民大会が開かれた。大会はほとんど全町民の意思を結集し、警察署長や検事の罷免、暴力団の一掃、公安委員のリコールを決議するのだった。志村喬 原保美 池部良 宇野重吉 三条美樹 岸旗江ほか出演。
・日 時 :2009年11月18日(水) 13:45開演
・会 場 :札幌市教育文化会館 (中央区北1西13) 4階
・入場料 :前売 1,000円、当日1,200円
・提 供 :北海道共同映画社 TEL 011-562-1711 

bluebook at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2009年11月16日

テンジン・ヌルブ絵画展〜ヒマラヤ最奥の聖地から〜@札幌

 ネパール・ヒマラヤ最奥の聖地 ドルポからきた天才画家
 テンジン・ヌルブ氏は、ネパール・ヒマラヤではもっとも遠隔の地の一つであるドルポの出身。ヒマラヤの山々と自然、その中に暮らす人々の生活・文化など、を描き、映画「ヒマラヤ(邦題キャラバン)」と同時に出版された絵画集でヨーロッパで広く知られるようになった。日本では初の展覧会で、札幌を皮切りに全国5箇所を巡回する。デュオ−1・3階プラザにて、091111tenjin大谷映芳『ドルポ』・大橋英児『チベット』写真展を同時開催。詳細は同ギャラリーHPの案内欄と主催のNPO法人アースワークスソサエティの案内欄で。  
・会 期 :2009年11月11日(水)〜16日(月)
・時 間 :10:00〜19:00
・会 場 :札幌市・新さっぽろギャラリー
      (札幌市厚別区厚別中央2条5-6-3)
・入場無料
・主 催 :NPO法人アースワークスソサエティ 
・お問合せ:同ギャラリー アートプロデューサー 花田 TEL 090-9439−7921
※ 講演会、絵画ワークショップなど → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2009年11月15日

石狩市民図書館講座 「なぜ、北海道はミステリー作家の宝庫なのか?」@石狩市

 戦前の日本ミステリー草創期を支えた水谷準、長谷川海太郎、久生十蘭から、現在第一線で活躍する佐々木譲、今野敏、東直己、京極夏彦、馳星周まで、091115ishikarisimin約80年におよぶミステリー王国北海道の謎に迫った「なぜ、北海道はミステリー作家の宝庫なのか?」(2009年7月刊行、螳〕西社)=同社の書籍情報=の著者、鷲田小彌太氏 と井上美香氏を講師に招き、お話をうかがう。講演の詳細は石狩市民図書館HPのイベント案内欄で。
・日 時 :2009年11月15日(日) 14:00〜15:30
・会 場 :石狩市民図書館(花川北7条1丁目26 地図)視聴覚ホール
・入場無料、先着60名まで。当日直接会場へ。
・お問合せ:同館 TEL 0133-72-2000 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

児童文学ファンタジー大賞第15回記念 第14回文化セミナー「書くよろこび」@小樽市

 日本のユング派を代表する臨床心理学者で元文化庁長官の故河合隼雄さんが名誉会長を務めていた、小樽のNPO法人絵本・児童文学研究センターでは、091115bunkaseminer02毎年11月に、その時代の課題をテーマに各界の著名人を招き文化セミナーを開催している。今年は、同会が主催する児童文学ファンタジー大賞創設15周年を記念して、3人の児童文学作家、斉藤惇夫氏、高楼方子氏、富安陽子氏を招き、「書くよろこび」と題して講演と鼎談を行う。詳細は同センターHPで近日案内見込み。
・日 時 :2009年11月15日(日) 開場11:00、開演12:00
      第1部 講演、 第2部 鼎談
・会 場 :小樽市民センター「マリンホール」(色内 2-13-5 )
・入場料 :全席指定 3,800円(全453席) 当日券なし
・お問合せ:NPO法人絵本・児童文学研究センター TEL 0134-27-0513 

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 文学 

全日本ろうあ連盟創立60周年記念の映画「ゆずり葉」上映会@札幌

 東京の下町を舞台に、画作りに挑む2組の恋人たちの姿を描いた「ゆずり葉」(公式HP)が自主上映される。全日本ろうあ連盟の創立60周年を記念するドラマ。090704yuzuriha監督・脚本:早瀬憲太郎。自らも聴覚障害の息子を持つSPEEDの今井絵理子が主人公の昔の恋人役を好演。2009年、103分、日本。上映の詳細は、さっぽろデフタウン(HP)案内欄で。
・日 時 :2009年11月15日(日) 10:30、13:30
・会 場:札幌市・リフレサッポロ
      (白石区本通16丁目 TEL 011-866-3811)
・入場料 :大人 1200円(当日1500円)、高校生以下 800円(当日1000円)
・主 管 :東区支部『ゆずり葉』上映会実行委員会
・主催・お問合せ:札幌聴力障害者協会
         TEL 011-642-8010、FAX 011-642-8377 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 映画 

2009年11月14日

全日本ろうあ連盟創立60周年記念の映画「ゆずり葉」上映会@石狩市

 東京の下町を舞台に、画作りに挑む2組の恋人たちの姿を描いた「ゆずり葉」(公式HP)が自主上映される。全日本ろうあ連盟の創立60周年を記念するドラマ。090704yuzuriha監督・脚本:早瀬憲太郎。自らも聴覚障害の息子を持つSPEEDの今井絵理子が主人公の昔の恋人役を好演。2009年、103分、日本。上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄ほかで。
・日 時 :2009年11月14日(土) 18:30上映開始
・会 場 :石狩市・花川北コミュニティーセンター
      (花川北3-2)
・入場料 :大人前売り1200円(当日1500円)
      高校生以下800円(1000円)
・主 催 :石狩聴力障害者協会「ゆずり葉」上映実行委
       TEL 080-4045-3251、FAX0133-73-7578 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

★バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル・イン・ジャパン2009@札幌

 毎年11月にカナダで開催される バンフ・マウンテン・フィルム・フェステイバル(HP)は、34年の歴史を誇る世界最高峰のアウトドア・ドキュメンタリー映画祭。毎年、世界各国から300本以上の応募作品の中からグランプリ及び受賞作品数点を選出し、その中の数十本が世界各国をツアー上映する。日本でも2004年から毎年開催されており、受賞作を含む10本が全国8会場で上映される。北海道は札幌で開催される。091114BanfMFF09詳細は映画祭HPで。
・日 時 :2009年11月14日(土) 開場各30分前 
      Aプログラム 14:00 (5作品103分)
      Bプログラム 18:00 (5作品111分)
・会 場 :札幌市・道新ホール
      (中央区大通西3道新ビル大通館8F TEL 011-210-5787 地図)
・参加料 :各プログラム1,200円 (2プログラム共通券2,000円)
・主催・お申込み:パタゴニア札幌 TEL 011-208-5880 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

「疋田写真の魅力(疋田豊治ガラス乾板写真展 関連シンポジウム)」@札幌

 〜 第228回北大総合博物館セミナー 〜
 北海道大学函館キャンパス内にある水産科学館には、明治末から昭和初期まで水産学部で教鞭をとった疋田豊治(ひきた・とよじ)氏の撮影による約6,000点にも及ぶガラス乾板が残されている。疋田氏は、シシャモの学名の命名者で、カレイの研究者として知られる。それらは魚類標本だけでなく、キャンパスの風景や調査旅行の様子、また皇族の行啓や博覧会な、時代の貴重な証言となるもの。「疋田豊治ガラス乾板写真展」の開催を機会に、これまでほとんど紹介されることのなかった「疋田写真」の多様な魅力について、各分野の専門家が語る。 091114hikita詳細は北大総合博物館HPの案内欄で。
【出席者】
 司会 北村清彦(北大大学院文学研究科教授・芸術)
 パネリスト
    尼岡邦夫(北大名誉教授・魚類分類学)
    角 幸博(北大大学院工学研究科教授・日本近代建築史)
    港 千尋(多摩美術大学美術学部教授・写真家)
    廣田理紗(島根県立石見美術館学芸員・疋田写真研究者)
・日 時 :2009年11月14日(土) 13:30〜16:30
・会 場 :札幌市・北海道大学総合博物館 1F「知の交流コーナー」
      (北区北10条西8丁目 地図
・入場料 :無料(椅子席は60席まで。それ以上は立見)
・お問合せ:北海道大学総合博物館 TEL 011-706-2658 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

「地球交響曲第6番」上映@富良野市

 自然と人間の在り方を考える龍村仁監督のドキュメンタリー映画「地球交響曲」第6番(同HPの紹介欄)を上映。091107gaia06同シリーズは、「地球(ガイア)は一つの大きな生命体で人類もその一部分であり、他のすべての生命体とともに生かされている」というテーマの下、各分野で偉業を成し遂げた人々が登場し、地球の未来がどうあるべきか示唆する。第6番では「すべての存在は響き合っている」をテーマに、ケリー・ヨスト、ロジャー・ペイン、ラビ・シャンカール氏が出演。今回、ゲストに第6番に出演している民族楽器奏者の奈良 裕之(公式ファンサイト)氏を迎える。上映の詳細は、ふらの演劇工房HPなどで。
・日 時 :2009年11月14日(土) 13:30、 18:00
・会 場 :富良野市・富良野演劇工場 (地図、無料送迎バスあり)
・料 金 :一般 前売1,800円(当日2,000円)、小中高生1,000円。 
・お問合せ:富良野ガイアシンフォニー実行委員会(日下) TEL 080-5367-7008 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

第4回介護予防祭り「いい爺いライダー」無料上映会&制作者講演会@札幌市

 旧穂別町(2007年3月に旧鵡川町と合併して現在は「むかわ町」)で、主演・監督・カメラ等すべてを地元高齢者で手作りした「いい爺(じじ)いライダー」(2008年、55分、田んぼdeミュージカル委員会製作)が札幌市で上映される。映画は、市町村合併でゆれる町で、老人たちが合併反対を叫び議会へ乱入、隣町の若者たちとオートバイで抗争する物語。全国的な話題となった第1作「田んぼdeミュージカル」(2003年)、第2作「La riziere(ラ・リズィエール) 田んぼdeファッションショー」(記事、2005年)に続き、マチの高齢者たちが手作り制作した第3作。第1作目から崔 洋一(さい・よういち)監督が総合指揮。手稲老人福祉センター利用者の舞踊や健康体操の発表会、作品展示会、フリーマーケットなどの第4回介護予防まつりの一環での上映。制作者が秘話を語る講演会も。詳細は、北海道新聞HPの案内欄他で。
・日 時 :2009年11月14日(土) 13:00 
・会 場 :札幌市手稲老人福祉センター
      (札幌市手稲区曙2条1丁目 TEL 011-684-3131) 
・入場料 :無料

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

旭川映画村上映会「人生に乾杯!」@旭川市

 旭川市で年4〜5回のペースで自主上映会を開催している市民団体旭川映画村(公式HP)の11月の上映会では、ハンガリーの映画『人生に乾杯!』(公式HP)を上映。ハンガリーの田舎町に住む老夫婦。つつましやかな生活をしているのに、年金だけでは暮らしていけず、ついには借金のカタに取られてしまった思い出のイヤリングを取り戻すべく、091114jinseinikanpai郵便局に強盗に押し入ってしまう。やがて警察から追われ、逃避行を続けるうちに、多くの民衆を巻き込んでの大騒動へとなっていく…。いくつになっても、人生は明日を素敵に変えられる可能性に満ちている。そう信じて前に進む、老夫婦のコミカルで微笑ましい物語。2007年、ハンガリー、107分。詳細は主催の旭川映画村HPで。
・日 時 :2009年11月14日(土) 3回上映
・時 間 :10:00、12:30、19:00 
・会 場 :旭川市・ディノスシネマズ旭川(大雪通5)
・料 金 :一般 前売1,200円(当日1,500円)、
      高校以下 前売1,000円(同1,200円) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2009年11月13日

本年度早稲田ジャーナリズム対象受賞記念 土井敏邦ジャーナリズム講座@札幌

 札幌の市民映画館シアターキノでは、ビデオ・ジャーナリストの土井敏邦さん(公式HP)の、2009年早稲田ジャーナリズム大賞受賞受賞を記念して、最新の長編ドキュメンタリ−映画「沈黙を破る」(2009年、130分、日本、配給シグロ)の上映と、土井敏邦監督のジャーナリズム講座を開催。映画上映後に土井監督が講演する。映画「沈黙を破る」は、土井監督が3年がかりで編集・制作してきたパレスチナ・ドキュメンタリー映像4部作「届かぬ声─パレスチナ・占領と生きる人びと」の4作目。4部作を通して“占領”という“構造的な暴力”を様々な実例を通して描いてきたが、「沈黙を破る」は元イスラエル軍将兵たちへのインタビューを通じて“占領する側”もまた深い傷を負う様に迫り、パレスチナ・イスラエル問題を越え、091113chinmokuwo02“侵略し占領する者たち”が必ず抱えざるをえない普遍的なテーマを問いかける。講座の詳細はシアターキノHPのNEWS欄で。なお「沈黙を破る」は12月に同館で劇場公開予定。
・日 時 :2009年11月13日(金) 19:30〜(終了予定 22:20)
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :前売 一般1,500円(キノ市民株主、会員、高校生以下1000円)
      当日 一般1,800円(通常の割引料金なし)
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

全日本ろうあ連盟創立60周年記念の映画「ゆずり葉」劇場公開@苫小牧市

 東京の下町を舞台に、画作りに挑む2組の恋人たちの姿を描いた「ゆずり葉」(公式HP)が自主上映される。全日本ろうあ連盟の創立60周年を記念するドラマ。090704yuzuriha監督・脚本:早瀬憲太郎。自らも聴覚障害の息子を持つSPEEDの今井絵理子が主人公の昔の恋人役を好演。2009年、103分、日本。
・会 期 :2009年11月7日(土)〜13日(金)
・時 間 :9:30、 13:15、 19:00
・会 場 :苫小牧市・シネマトーラス(本町2-1-11)
・入場料 :一般 前売1200円、当日1,700円。障害者手帳の方1,000円
・お問合せ:同館 TEL 0144-37-8182
・上映情報:北海道MovieWaiker同館上映案内欄


bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2009年11月12日

「鶴彬−こころの軌跡−」上映会@帯広市

 日本が軍国主義へと突入していった昭和初期に、反戦・反権力を貫き獄死した川柳作家、鶴彬(つる あきら)の足跡を追ったドキュメンタリードラマ映画「鶴彬−こころの軌跡−」(公式HP)が札幌で上映される。戦争の悲惨さを読んだ作品が反戦的として逮捕され、29歳で獄死した人生を描く。091015sturuakira神山征二郎監督。信念を貫き平和のために生き抜いた鶴彬を、新鋭・池上リョヲマが熱演。共演には樫山文枝、高橋長英らベテランが名を連ねる。2008年/日本/88分/DV/製作は映画「鶴彬-こころの軌跡」製作委員会。上映の詳細は、映画公式HPの上映案内欄で。
・日 時 :2009年11月12日(木) 14:30、 18:30
・会 場 :帯広市民文化ホール 小ホール
      (西5条南11-48-2)
・入場料 :一般 前売1,000円、当日1,500円。高校生以下当日のみ500円
・お問合せ:帯広シネマの会 TEL 0155-35-3811
      プリズム TEL 011-252-3838

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2009年11月11日

映画監督の菅原浩志さん特別講演会「厚別区から始まった夢工房への道」@札幌

 「ぼくらの七日間戦争」、「早咲きの花」(公式HP)DVD情報=などで081113hayazakinohana知られる札幌市厚別区出身の映画監督、菅原浩志さんによる講演会。
・日 時 :2009年11月11日(水) 15:30〜17:00
・会 場 :札幌・シェラトン札幌ホテル 3Fパレスホール
      (厚別区厚別中央2-5 地図
・入場料 :無料、定員200名、要事前申込
・参加方法:10月13日(火)〜11月6日(金)
      厚別区地域振興課に電話で申込を。定員になり次第、締切。
・お問合せ:厚別区役所地域振興課 TEL 011-895-2400 内線230 
・参 考 :厚別区HPの菅原監督インタビュー記事(2008/10/15) 続きを読む

bluebook at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | その他

★マイケル・ケンナ写真展〜風景に刻まれた記憶〜@釧路市

 アメリカを拠点に活動する風景写真の第一人者マイケル・ケンナ(公式HP)(Michael KENNA、1953年英国生まれ)の写真展。同氏は、1972年から1976年にかけてロンドン芸術学校で学んだ後、ロンドンのカレッジ・オブ・プリンティングでプリント技術を修得。1977年より渡米して活動ベースをサンフランシスコに移している。090829MicaelKenna世界各地の自然や建造物を題材とした代表作に、日本、北海道で取材した風景写真を加え、幻想的な表現世界の作品130点を紹介する。
・会 期 :2009年8月29日(土)〜11月11日(水)
・休館日 : 10/1、15、29の月曜日、9/18、25、10/9の火曜日
・時 間 :9:30〜17:00(入場は16:30まで)
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 アートホール
・観覧料 :一般600円(400)、高大生300円(200)、小中生100円(50)
      ( )内は団体、リピーター割引
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 
※ マイケル・ケンナ講演会(8/29、14:00〜15:00 同館、無料) 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

2009年11月10日

太陽北海道地域づくり財団が平成22年度助成対象事業を募集@北海道

 (財)太陽北海道地域づくり財団は、平成21年度の「地域づくり助成対象事業」を募集。対象となるのは、平成22年度(2010年4月〜2011年3月)中に実施される大会、学会、セミナー、シンポジウム、現地見学会、体験学習会、イベント、PR資材、地域固有の資源の補修・改修などで、2009年12月年内に交付決定団体に通知予定。過去8年間で、幻の魚イトウの保護、炭鉱フォーラムや地域の写真展、札幌国際短編映画祭、子供映画制作ワークショップなどを助成してきた。詳細は同財団HPの募案内欄助成実績欄で確認を。091006taiyouzaidan
・応募期間:2009年10月6日(火)〜11月10日(火) 必着
・助成対象:
  市町村、市町村と連携しながら地域づくり活動を実践する団体、その他
・助成額 :総額を年間1,000万円程度(15件程度)。
  助成決定した活動毎に濃淡(助成上限額及び助成比率)をつけて配分。
  助成上限額は原則300万円程度。
  活動団体の人件費などの管理費は対象外。
・応募方法:所定の申請書様式(同財団HPの応募欄からダウンロード)で応募。
・お問合せ:同財団事務局 TEL 011-210-0311。FAX 011-210-0916 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

2009年11月08日

全日本ろうあ連盟創立60周年記念の映画「ゆずり葉」上映会@余市町

 東京の下町を舞台に、画作りに挑む2組の恋人たちの姿を描いた「ゆずり葉」(公式HP)が自主上映される。全日本ろうあ連盟の創立60周年を記念するドラマ。090704yuzuriha監督・脚本:早瀬憲太郎。自らも聴覚障害の息子を持つSPEEDの今井絵理子が主人公の昔の恋人役を好演。2009年、103分、日本。上映の詳細は、北海道新聞HPの上映案内欄ほかで。
・日 時 :2009年11月8日(日) 12:30開場、13:00上映
・会 場 :余市町・余市町中央公民館 大ホール
      (後志管内余市町大川町4−143)
・お問合せ:実行委・中谷さん FAX 0135-22-7127
      実行委・伊藤さん FAX 0135-23-6848 


bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第17回 星の降る里 芦別映画学校@芦別市

 第17回星の降る里芦別映画学校(公式HP)が今年も11月に開催される。毎年恒例の「ふるさとビデオ大賞2009」の公開審査等のほか、校長の大林宣彦監督作品「異人たちとの夏」(1988・松竹)の上映や、出演者の片岡鶴太郎さんとのトークショーなどを予定。詳細は同HPの案内欄で。
・日 時 :2009年11月7日(土)、8日(日)の2日間
・会 場 :芦別市内2会場にて
 11月7日(土) 芦別市総合福祉センター
  ・14:00 ふるさとビデオ大賞2009公開審査会(入場無料)
       ゲスト 長谷川孝治さん(劇作家、演出家、弘前劇場主宰)、
           細山田隆人さん(俳優)
       終了後、ウエルカムパーティー(2,000円)
 11月8日(日) 13:00 芦別市民会館
  ・映画「異人たちとの夏」上映
   ゲスト・片岡鶴太郎さんとのトークショーなど
  入場料:前売1,000円(当日1,500円) 、中学生以下無料
・お問合せ:星の降る里芦別映画学校実行委員会 TEL/FAX 0124-23-1001 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 映画 

駒澤千波展「おまつりのよるに」@札幌

 札幌在住の若手日本画家、駒澤 千波(こまざわ・ちなみ)さんの個展。自費製作絵本『おまつりの夜に』(参考:作家サイトの案内欄)の関連作品を中心に展示した、091027komazawa深川市・うなかがめーゆの美術館での個展「おまつりの夜に」(2009/06/02〜14、記事)の札幌展。深川展とほぼ同じ内容で、小品を中心に新作を数点追加予定。詳細は、会場のト・オン・カフェの案内欄で。
・会 期 :2009年10月27日(火)〜11月8日(日) 
・時 間 :10:30〜22:00 日曜と最終日は20:00まで
・会 場 :札幌市・「TO OV cafe(ト・オン・カフェ)」
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
      TEL 011-299-6380
・入場料 :無料だが、カフェなので何か注文を 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

全日本ろうあ連盟創立60周年記念の映画「ゆずり葉」江別上映@江別市

 東京の下町を舞台に、画作りに挑む2組の恋人たちの姿を描いた「ゆずり葉」(公式HP)が自主上映される。全日本ろうあ連盟の創立60周年を記念するドラマ。090704yuzuriha監督・脚本:早瀬憲太郎。自らも聴覚障害の息子を持つSPEEDの今井絵理子が主人公の昔の恋人役を好演。2009年、103分、日本。上映の詳細は、大麻手話の会HPほかで。
・日 時 :2009年11月8日(日) 10:30、14:00
・会 場 :江別市・江別市民会館 小ホール
      (高砂町6番地 地図
・入場料 :大人 1200円(当日1500円)、高校生以下 800円(当日1000円)
      小学生未満は無料
・お問合せ:「ゆずり葉」江別上映実行委員会 TEL 011-382-5555  

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「いすのゆめ」 はしご展の9人の作家による合同展@札幌

 「はしご展」(2008/09/24〜10/05、北広島芸術文化ホールギャラリー)の作家達9人による「いす」をテーマにした合同作品展。091103isunoyume出展は、国松希根太、小林大、齋藤周、佐々木雅子、清水郁太郎、中橋修、永田まさゆき、藤井葉子、松原成樹の9人。
・会 期 :2009年11月3日(火・祝)〜8日(日)
・時 間 :10:00〜18:00(最終日のみ17:00まで)
・会 場 :札幌市・コンチネンタルギャラリー
      (中央区南1条西11丁目コンチネンタルビルB1
       地下鉄東西線「西11丁目」駅2番出口徒歩1分)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-221-8511

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

ファミリー文学館 「小林重予展-物語る庭-」@札幌

 植物の神秘的な営みに自身の感情を重ねる札幌在住の造形作家 小林 重予さん(1957年札幌生まれ)。光の種シリーズなどの造形作品を制作する一方、絵とことばを鹿児島在住の詩人と交わし続けた「往来葉書」をまとめた詩画集「鬼のいる庭」書籍情報=(右画像)を出版するなど、多彩な活動を展開。物語性豊かな彼女の創造世界を、近作を中心に紹介する。091010kobayashishigeyo会期中、〈夏休み文学道場作品展〉〈小中学生短歌コンテスト作品展〉を併催。詳細は、北海道文学館HPの案内欄で。
・会 期 :2009年10月10日(土)〜11月8日(日)
・休館日 :毎週月曜休館(ただし、10/12(月)、11/2(月)は開館)、
      10月13日(火)
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌・北海道立文学館 特別展示室
      (中央区中島公園1-4 地図 TEL 011- 511-7655)
・観覧料 :無料
・主 催 :北海道立文学館、財団法人北海道文学館
・お問合せ:同館 TEL 011- 511-7655 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | 文学

2009年11月07日

九条の会第8回憲法セミナー「憲法9条と戦争の記憶」@旭川市

 九条の会では第8回憲法セミナー「憲法九条と戦争の記憶」を旭川市で開催する。詳細は同会HPの講演会案内欄で。091107kenpou09
【ゲスト】
  講 演 :大江健三郎(作家・九条の会よびかけ人)
       加藤 多一(童話作家・エッセイスト)
  あいさつ:三浦 光世(歌人・三浦綾子記念文化財団理事長、
                「九条の会」札幌講演会よびかけ人)
・日 時 :2009年11月7日(土) 12:30開場 13:00開演 
・会 場 :旭川市・旭川トーヨーホテル(7条7丁目右1号 地図)2階 丹頂の間
・参加費 :一般1,000円、学生500円 手話通訳・託児あり
・主 催 :九条の会 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「地球交響曲第五番」&龍村仁監督特別講演会@札幌

 映画「地球交響曲〜ガイアシンフォニー〜」は、科学・スポーツ・音楽など様々な分野で活躍する人々に注目し、地球や自然、環境をテーマに彼らの生き方、考え方を捉えたドキュメンタリー映画シリーズ。「地球交響曲 第五番」では、「全ての存在は時空を超えて繋がっている」をテーマに、石垣昭子さん(沖縄の染色作家)、アーヴィン・ラズロー氏(哲学者、未来学者、音楽家)他が出演。当日の特別講演会では、監督の龍村 仁氏をお迎えし、作品にこめられた人や自然の叡智について語っていただく。生き方を創造するための“ヒント”を賢人達から感じてください、とのこと。詳細は北海道大学サステナビリティウィーク2009HP案内欄で。
・日 時 :2009年11月7日(土) 3回上映
   上映 10:00〜12:15、 13:00〜15:15、17:15〜19:30
   監督特別講演会 15:30〜17:00
   懇親会     20:30〜
・会 場 :札幌市・北海道大学(北区北8西8) クラーク会館(地図)講堂 
・主催者 :北大ガイアプロジェクト
・参加方法:要事前申込み、入場無料
      電話かメールで代表(新井)または副代表(伊藤)まで申込を。
・申込期間:9月15日(火)から11月7日(土)まで 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

ドキュメンタリー映画「107+1天国はつくるもの」パート2上映&監督てんつくマンのトークライブ@札幌

 「死んでから天国にいって幸せになってもしょうがない。生きている現在を天国にしてしまおう! すべてはやるか やらないか」。人間の可能性を行動で語るど素人達のドキュメンタリー映画「107+1 天国はつくるもの」(てんつくマン(軌保博光)監督、2003年、日本、147分)は、今でも全国で自主上映が続いている。その待望の続編「107+1 天国はつくるもの Part2」の上映と監督のトークショーが札幌で開かれる。091107tengoku02今回の作品は、自然なお産を提唱し、その実績のある愛知県「吉村医院」のあり方から、「いのち」、家族や人と人とのあり方を問いかける。また、末期がん患者がホノルルマラソンに挑戦し、病と闘う姿勢の中に、現代の私たちが忘れかけている「いのち」と「生き方」を見つめ、解決の糸口をさぐっていく。詳細は主催のイデア・ワークスHPの案内欄で確認を。
・日 時 :2009年11月7日(土) 18:15開場、18:45〜22:00(予定)
・会 場 :札幌市民ホール
     (中央区北1条西1丁目旧札幌市民会館跡地 地図
・入場料 :一般 前売2,500円、当日3,000円
・お問合せ:イデア・ワークス TEL 011-612-1118 続きを読む

bluebook at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画