2010年03月

2010年03月31日

第5回札幌国際短編映画祭2010のメインビジュアル、道内クリエイターから募集@札幌

 第5回札幌国際短編映画祭(通称「SAPPOROショートフェスト」、2010/10/14〜18)では、北海道出身のクリエイターによるオリジナルのビジュアルイメージを公募する。100331ssff05mainVグランプリ作品は、SSF2009のメインビジュアルとして、ポスターやカタログに採用される=右画像は歴代ポスター=。詳細は映画祭HPの案内欄募集概要で。
【募集概要】
・応募資格:プロア不問。北海道在住および北海道出身者に限る。
・募集アイテム:
  SAPPOROショートフェスト2010のポスター、フライヤー、
  ホームページなどに使用されるビジュアル、
  イラストレーション、写真、グラフィックなど。
・応募期間:2010年2月1日(月)〜31日(水) 31日消印有効
・賞 金 :
  グランプリ 1点(5万円)、賞状、SSF2010映画祭VIPパス2枚、
        カタログその他に作家紹介。
  奨励賞   数点、SSF2010 3プログラム券。
・審査員 :札幌在住のデザイナー、アーティスト、映画祭主催者などを予定
・発 表 :2010年4月末、映画祭HPで発表予定 
・昨年の記事:札幌国際短編映画祭2009のメインビジュアル道内から募集 続きを読む

bluebook at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 | 美術

第5回札幌国際短編映画祭2010 上映作品を募集@札幌

 「札幌国際短編映画祭」(通称「SAPPOROショートフェスト」)は、第5回の2010年は10月6日(水)~11日(月・祝)の6日間で開催予定。今年の上映作品として、あらゆる分野のショートフィルム(30分以下)を世界中から3月末日まで募集する。作品部門応募作の中から、スペシャル・フォーカス・プログラムとして、エコロジー・環境・自然の他、新たにアウトドア・アクティブスポーツに関する作品を特集上映する。また会期中、ショートフィルムの見本市も同時開催予定。国内作品については英語字幕も必要になるので、応募の準備はお早めに。100331SSFFbosyuu詳細は同映画祭HPの案内欄で確認を。
・公募期間:2010年1月15日(金)~3月31日(水)
・募集作品:30分以下のショートフィルム
      2009年1月1日以降、2010年3月末に完成している作品
・今年度のスペシャル・フォーカス作品:
      従来のエコロジー環境・自然に関わる作品のほか、
      新たにアウトドア・アクティブスポーツに関わる作品を募集
・応募方法:2009年からサービスが始まった、オンライン・マーケットの
      スポットライツ(Spotrights)に作品を登録のうえ応募を。
・募集要項:2010募集要項(日本語版、PDF) 続きを読む

bluebook at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(5) 映画 

★「トーテム Song for home」上映と トーク&ミニライブ@札幌

 札幌の市民映画館シアターキノでは18周年記念企画第1弾として、「トーテム Song for home」(公式HPブログ)を上映。写真家若木信吾の「星影のワルツ」に続く監督第2作で、今回は台湾の先住民族出身の若いミュージシャン達を3年に渡って追ったドキュメンタリー。2002年に結成された5人編成のバンド、トーテムは首都・台北でライブハウスを中心に活動しているが、メンバーの大半が原住民の部落出身。5人それぞれに田舎(部族)があり、田舎への熱い想いを寄せながらも、生活のために馴染めない都会で働くもどかしさを描く。2009年、日本、85分、ヤングトゥリーフィルムズ配給。詳細はシアターキノHPのNEWS欄で。
【来場ゲスト】 100331totem
  主役の台湾原住民ミュージシャン スミン(台湾より来札)
  台湾文化監修&通訳 青木由香(台湾より来札)
  写真家/映画監督 若木 信吾
  アイヌアートプロジェクト 結城幸司
・日 時 :2010年3月31日(水) 20:45 
    20:45〜 上映
    22:10〜23:00 ゲストトーク&ミニライブ
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :入場整理番号付き限定チケット 前売1800円(当日2000円)
     (キノ会員及び学生は会員証・学生証提示で1,400円)     
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 続きを読む

bluebook at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | 音楽

映画「トーテム song for home」若木信吾さんと語る集い〜写真、映画、出版のクリエーション〜@札幌

 台湾の先住民族出身の若いミュージシャン達を3年に渡って追った「トーテム Song for home」(公式HPブログ)のライブ付き上映(記事)の前に、主催のシアターキノでは、劇場内キノカフェにて、この映画の監督で写真家の若木信吾さんと語る集いを開く。写真、映画、出版と多方面で活躍する若木さんの100331totemモノづくり他について直接お話をうかがう交流の場とする予定。「トーテム」主演の台湾原住民ミュージシャンスミンさん、台湾一人観光局の青木由香さんも来場する。詳細はシアターキノHPのNEWS欄で。
・日 時 :2010年3月31日(水) 19:00〜20:00(開場18:50) 
・会 場 :札幌・シアターキノ内 キノカフェ
      (中央区南3西6 地図
・入場料 :2,000円(映画「トーテム」入場券とコーヒー1杯付き)
      既に入場券をお持ちの方は+200円で参加OK     
・参加方法:シアターキノ TEL 011-231-9355 まで電話で申込を
      3/29(月)まで受付。先着20名 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

『スギハラ・ダラー』刊行記念 手嶋龍一さんサイン会@札幌

 金融恐慌には仕掛け人がいる。9.11にもリーマンショックにも壮大なカラクリが。パニックを操って巨額の資金を調達する影たち。その悪魔の手口とは何か? 目的は? そしてそれを阻止する手立てはあるのか? 前作「ウルトラ・ダラー」以来のスティーブンとマイケルのコンビはやがて杉原千畝の「命のビザ」が救ったスギハラ・サバイバル達に行き当たる。その長い航跡はコンビの解析を拒むほど凄絶なものだった。外交ジャーナリストにして作家のスギハラ・ダラー手嶋 龍一さんの新刊「スギハラ・ダラー」(2010/02/25、新潮社)=書籍情報=の刊行を記念したサイン会。詳細は会場の紀伊國屋書店札幌店HPの案内欄で。
・日 時 :2010年3月31日(水) 18:00 
      並んだ列が終わり次第終了予定
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場料 :無料、要整理券
      同店で『スギハラ・ダラー』を購入した先着100名に整理券を配布
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

齊藤靖則展「煌き〜1989年幌内炭鉱・閉山〜」 写真と模型の展示 @岩見沢市

 岩見沢市のそらち炭鉱の記憶マネジメントセンターでは、旧北炭幌内炭鉱 (三笠市)閉山20年記念として、元坑内員の齊藤靖則(さいとう・やすのり)氏が撮影した炭鉱写真と齊藤氏製作の炭鉱模型を一堂に展示。齊藤氏は、旧北炭幌内炭鉱に1975年に坑内工作員として入社し1989年の閉山まで勤務。その後は「みかさ炭鉱の記憶再生塾」のメンバーとして炭鉱遺産の保存と活用に取り組んでいる。炭鉱勤務時代に撮影された写真は、炭鉱施設や炭鉱町の暮らし、実際の労働風景など多岐にわたる。中でも閉山を間近に控えた労働の写真や施設内の様子は、炭鉱の記憶を伝える資料としても大変価値のあるもの。100218kirameki炭鉱模型は、立坑櫓や坑内模型のほか炭鉱住宅の模型などで、齊藤氏が記憶と写真に基づいて実物を忠実に再現している。写真と立体模型の同時展示により、具体的かつ鮮やかに炭鉱の記憶を伝える。詳細は、同センターHPの案内欄チラシ(PDF)で。
・会 期 :2010年2月18日(木)〜3月末頃
・時 間 :11:00〜17:00(火曜休館)
・会 場 :岩見沢市・そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター 石蔵
      (1条西4丁目3 地図
・入場無料
・お問合せ:同センター TEL 0126-24-9901

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

ポップ・アート 1960's→2000's@帯広市

 ポピュラー・アート(大衆芸術)という言葉をルーツとするポップ・アートは、広告やコミックブック、映画など大衆の身近にあるイメージを作品の中に取り入れた美術で、大量生産、大量消費時代を謳歌していた1960年代のアメリカで花開き、瞬く間に世界の都市へと広がっていきました。近年、再び大衆化や既存の美術作品のイメージを借用し、それをコンピューターグラフィックスや写真技術、印刷技術などを駆使して表現する美術が登場し、注目を集めています。本展覧会では、戦後アメリカ美術の優れた企業コレクションであるミスミコレクションから、1960年代のポップ・スターであるロイ・リキテンスタイン、アンディ・ウォーホル、80年代の寵児キース・ヘリング、そして現在活躍中のヴィック・ムニーズ、マリーナ・カポスなど、戦後の美術界をリードし続けるアメリカの現代美術の一断面を紹介します(右チラシ裏面より)。100122popart-o詳細は十勝毎日新聞HPの案内欄と帯広美術館HPの案内欄で。
・会 期 :2010年1月22日(金)〜3月31日(水)
・休館日 :毎週月曜日(3/22を除く)、3/23(火)
・時 間 :9:30〜17:00(入場16:30まで)
・夜間開館:1月29日(金)、1/30(土)は20:00まで
・会 場 :帯広市・北海道立帯広美術館(緑ヶ丘2番地緑ヶ丘公園 地図) 
・入場料 :一般900(700)円、高大生550(450)円、小中生250(200)円
      ( )は前売・リピーター・10名以上の団体料金
・お問合せ :北海道立帯広美術館 TEL 0155-22-6963 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

吉村作治の新発見!エジプト展@札幌

 奇跡の新発見、未盗掘親子ミイラの木棺を世界に先駆けて日本で初公開。世界初公開となる夫婦ミイラの木棺や国立カイロ博物館の所蔵品など約70点を展示する。関連事業の開催も。100220egypt詳細は道立近代美術館HPの案内欄で。
・会 期 :2010年2月20日(土)〜3月31日(水) 
・休館日 :月曜休館(ただし3/22月祝は開館し3/23火曜休館)
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館
      (中央区北1西17 地図 TEL 011-612-7000)
・観覧料 :前売 一般1,100円、高大生700円、小学生300円
      当日 一般1,300円、高大生900円、小中生500円
・主 催 :HBC北海道放送、北海道新聞社
・お問合せ:HBC北海道放送メディア事業局企画事業部 TEL 011-232-5826
・吉村作治教授公式HP「吉村作治のエジプトピア」 http://www.egypt.co.jp/ 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

CAIアートスクール 第15期受講生募集@札幌

 CAI現代芸術研究所では、2010年度もアートスクール生(第15期、1年間)を募集する。講義見学、相談など随時受付け中。講師、年間スケジュールなどは同HPの「スクール」欄や、講義日程欄で今後、掲載予定。希望者にはカリキュラム、講師紹介、卒業生メッセージ等を掲載した無料パンフレットを2010年1月下旬より発送。また、随時個人説明に応じるので希望者は電話でお問合せを。100331CAIArtSchool詳細はCAIサイトの案内欄で。
【募集要綱】 2010年度CAI夜間アートスクール(1年間)
・募集期間: 2009年12月~2010年3月31日(水)
・定 員 : 20名
・受講期間:2010年4月~2011年3月の毎週木曜日
      全49回+特別講義(但し夏・冬休有)
・受講時間: 19:00~21:00 ※授業によっては延長あり
・作品発表: 2011年3月(展示1週間/搬入3日間)
・学 費 : 入学金1万円(税込)+年間190,000円(税込)  分割制度有
・お問合せ:CAI現代芸術研究所(端) TEL 011-643-2404 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | その他

伊藤組100年記念基金 平成22年度助成 申請受付

100331itougumi 札幌の伊藤組100年基金(HP)が、今年も助成金の申請を受け付ける。対象は、北海道で活動する個人または団体で、基金予算の範囲内で決定するため助成額は未定。「青少年の健全育成や生涯学習、科学における研究者の育成、文化芸術の振興・普及、健康増進やスポーツの振興、環境等社会問題の解決に関する研究活動、イベント、派遣・招聘旅費など事業に関する助成」とのこと。助成を希望する場合は、必ず事前に助成対象になるかどうか申請する事業の目的・内容等について事務局に連絡・相談を。詳細は同基金HPの助成金情報欄等とチラシ()で確認を。
・申請書類の提出締切:2010年3月31日(水) (毎年3月末日)
・お問合せ:伊藤組100年基金 TEL 011-241-9358  続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

「北方圏交流基金」の平成22年度前期の助成申請を受付

 北方圏センターでは、北海道と気候風土のよく似た北方圏諸国との交流事業を助成する「北方圏交流基金」平成22年度前期の事業の申請を次のとおり受付ている。これは、(財)北方圏交流基金が平成6年から行ってきたもので、同基金の平成16年11月解散後、同センターが引き継いで運営しているもの。今年度からは、申請にあたって原則ヒアリングを実施する(遠方の方はご相談を)。申請の詳細は同センターHPの案内欄で。
・事業期間:20104月1日〜9月30日 (平成22年度前期
・募集期限:2010年3月31日(水)必着
・お問合せ:(社)北方圏センター 交流部
      TEL 011-221-7840、FAX 011-221-7845 メール:exch@nrc.or.jp
      〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目(道庁別館12階) 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

札幌の円山市場が閉店@札幌市

 札幌の老舗小売市場「まるやまいちば」が2010年3月31日(水)をもって全店閉店する。鮮魚店、青果店、精肉店、惣菜店のほか、洋服直し屋、時計店、食器店など約30店が営業していた。近隣地へのスーパーや大型商業施設の開店で客が減少したことや、各店主の高齢化が理由という。100331maruyamaichiba
・営業時間:am10:00 〜7:00 pm (定休日:日曜)
・店舗名 :まるやまいちば 円山市場事業協同組合
・住 所 : 札幌市中央区大通り西24丁目2-1
      TEL 011-621-5567
※ 「さよなら円山市場」絵手紙展
 2010年3月1日(月)〜25日(木) 同市場1F空き店舗にて 
・参考記事:3月15日よりまるやまいちば感謝祭始まる(北海道新聞) 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホール・施設 

2010年03月30日

カフェ・エスキス100回記念企画展 河村泰伸絵画展 「幼少期の一枚」@札幌

 札幌のカフェ・エスキスのギャラリーは、2002年12月から始まって今回で第100回。この節目を記念して、100311kawamurataishinギャラリー第1回目を飾った札幌の美術作家、河村 泰伸(かわむら・たいしん)さん(HP)の新作による絵画展を開催する。「内から溢れでるパワーと幻想的で独特の世界観をぜひお楽しみ下さい」とのこと。詳細は同店HPの案内欄で。
・会 期 : 2010年3月11日(木) 〜30日(火)
      水曜定休 、3月23日(火)は臨時休業
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで)
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2010年03月29日

榎木孝明水彩紀行〜絵筆で綴る、旅の風景〜@札幌

 世界中を旅し、水彩画家としての活躍も名高い俳優榎木 孝明(えのき・たかあき)氏の水彩画展。「優しい透明感にあふれる作品は見る人を癒し、旅の世界へと誘います。水彩画・版画、画集、グッズの販売も」とのこと。100323enokitakaaki 詳細は会場の札幌三越HPの美術画廊欄にて。
・会 期 :2010年3月23日(火)〜29日(月)
      10:00〜19:00(最終日は16:00閉場)
・会 場 :札幌市・札幌三越(中央区南1西3) 9F三越ギャラリー
・入場無料
・お問合せ:同店 TEL 011-271-3311 
・参 考 :上川郡美瑛町・西美の杜美術館(4月〜10月のみ開館)
      「榎木孝明 水彩画館」 (大野勝彦美術館 併設)
※ 作家サイン会(3/24、3/25を予定) → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

森山大道写真展「北海道 第2章/展開」@東川町

 '60年代末から'70年代初頭、「アレ、ボケ、ブレ」と呼ばれるラディカルな表現で日本写真界に大きな衝撃を与えた写真家森山 大道(もりやま・だいどう)(公式HP)氏が、1978年北海道で撮影したモノクロ写真を中心に、1964年以来、現在に到るまでの北海道各地で撮りためた約2000点(うち未公開約1500点)の写真作品の中から会場毎に異なる作品で構成した写真展「森山大道写真展 北海道―序章」が2009年、札幌、夕張、美唄の3都市4会場で開催された。東川町でもこの「序章」の一環で開催予定だったが、「第2章」として東川を皮切りに新作を含めた作品を展示する。100219moriyamadaidou詳細は、札幌宮の森美術館HPの案内欄で。
・会 期 :2010年2月19日(金)〜3月29日(月) 会期中無休
・時 間 :10:00〜17:30(最終日のみ15:00まで)
・会 場 :東川町文化ギャラリー
      (上川郡東川町東町1丁目19-8 TEL 0166-82-4700)
・入場料 :町外200円・町内100円(中学生以下無料)
・お問合せ:森山大道写真展「北海道」事務局 TEL 011-612-3562 
※ 3月14日(日)に森山氏本人を招きアーティスト・トークも(記事
  詳細は、札幌宮の森美術館HPの案内欄で。 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(7) その他 

2010年03月28日

食の季刊誌『choi-plus』(ちょいぷら)創刊記念 野菜ソムリエが教える北海道の春の野菜のおいしい楽しみ方@札幌

 食がもっと楽しくなる季刊誌『choi-plus』(ちょいぷら)が2010年3月10日創刊された。「女性の視点に合わせ、普段着の「食の楽しさ」を伝えるフードエンタテインメントマガジン」を掲げ、螢肇ゥ襦璽奸璽疋好函璽蝓爾出版。創刊号(500円)=書籍情報=では「北海道で食べる春の野菜」を特集している。創刊を記念して、「野菜ソムリエが教える北海道の春の野菜のおいしい楽しみ方」の100310choiplusイベントを開催。詳細は同誌ブログの案内欄で。
・日 時 :2010年3月28日(日) 16:00〜17:30 
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場無料
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131 
・参 考 :北海道人HPの同誌の創刊紹介記事 
      同誌に登場する札幌市内の「すごいYAOYA(八百屋)」の方々を紹介 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

「ファーストフード・ネイション」上映@旭川市

 旭川市中央図書館で毎月第4日曜日に開催されているアフタヌーンシネマ。3月は、「ファーストフード・ネイション」DVD情報=を上映。100328fastfoodnation大手ハンバーガーチェーンの牛肉パテから大量の糞便性大腸菌が検出された。極秘命令を受けて内部調査をするドンが見たのは、劣悪な労働環境、ずさんな衛生管理、ないがしろにされる安全性という衝撃的な内容だった・・・。世界的ベストセラー「ファストフードが世界を食い尽くす」が原作の、食の安全を問いかける賛否両論のリアルすぎる衝撃ドラマ作品。リチャード・リンクレイター 監督。2006年、アメリカ=イギリス、108分。上映の詳細は同図書館HPの案内欄で。
・日 時 :2010年3月28日(日) 15:00開演
・会 場 :旭川市中央図書館(常磐公園内) 2F 視聴覚室
・入場料 :無料。事前申込み不要
・お問合せ:同図書館 TEL 0166-22-4174 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

モエレ沼公園グランドオープン5周年記念モエレ小茶会〜弥生の会@札幌

 モエレ・ファン・クラブでは、モエレ沼公園グランドオープン5周年を記念して「モエレ小茶会〜弥生の会」を開く。モエレ沼公園を設計した川村純一氏、堀越英嗣氏、松岡拓公雄氏が亭主となって薄茶での大寄の茶会を開催。モエレファンクラブ会長の小林英嗣氏も加わってリレートークも。詳細は主催者HPの案内欄で。
・日 時 :2010年3月28日(日) 13:00開場、13:30〜16:00
・会 場 :札幌・モエレ沼公園(地図) ガラスのピラミッド 1階スペース1、2
・参加料 :1,000円
・連絡先 :TEL 011-299-8805(株式会社KITABA内)
・主 催 :モエレ沼公園の活用を考える会(モエレ・ファン・クラブ) 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

トモロオ展@旭川市

 北海道を中心に活動する100321tomorrow若手芸術家トモロオさんの個展。structureシリーズなど、ここ数年に作成した油彩画約20点を出展。売上金の一部はNPOラポラポラへ寄付される。詳細は作家HP案内欄で。
・会 期 :2010年3月21日(日)〜28日(日)
・時 間 :12:00〜18:00 会期中無休
・会 場 :旭川市・ボーダレス・アートギャラリー ラポラポラ
      (7条通6丁目シャンノール緑道101)
・入場無料
・主 催 :NPOラポラポラ TEL TEL 0166-29-3836 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

蒲原みどり絵画展「いつかの記憶」@札幌

 植物や動物昆虫などをモチーフに流麗な線描を展開、大貫妙子らアーチストのグッズや第2回札幌国際短編映画祭(記事)のビジュアルイメージ制作、ファッションビルの広告デザイン、店頭ディスプレイ、WEB制作、イラストなど幅広く活躍する札幌のデザイナー、蒲原みどりさんの絵画展示。今回は、記憶と夢、自然や生き物をモチーフにした新作の絵画を展示販売する。札幌のアートスペース「Room11」の企画展。詳細は同スペースの案内欄と作家HPの案内欄で。100314kanbaramidori
・会 期 :2010年3月14日(日)〜28日(日)
      3月22日(月・祝)は休館
・時 間 :11:00〜18:00(水〜土) 11:00〜16:00(日)
・会 場 :札幌・GALERY ROOM11
     (中央区北3条東5丁目355シオヤBL1 地図
・観覧無料
・お問合せ:Room11/ルームイレブン TEL 011-208-1010
※ オープニングパーティ&アーティストトーク
 3月14日(日)18:00、会場「Room11」 にて。気軽に参加を。
 お酒を片手に 絵のある空間を一緒に楽しんで。参加費500円(1ドリンク付) 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

日本軍「慰安婦」被害者の裁判闘争の記録「オレの心は負けてない」上映会@札幌

 日本軍『慰安婦』被害者の宋 神道(そん・しんど)さんが、在日朝鮮人の被害者でただ一人、日本政府に対して謝罪と保障を要求して起こした裁判闘争を記録したドキュメンタリー映画『オレの心は負けてない』(公式HP)をDVDで上映。日本軍に騙され中国で慰安婦にされた宋さんが、沈黙の半世紀の後、1993年日本政府を相手に提訴、支援者達とともに10年の裁判を闘い抜いたドキュメンタリー。2007年、93分、安海龍監督。071124orenokokoroha会場で、宋神道さんのパネルを展示。詳細は、北海道新聞HPの案内欄で。
・日 時 :2010年3月28日(日) 3回上映
      10:30、 13:30、 16:30
・会 場 :札幌市中央区民センター(中央区南2西10) 2F 視聴覚室
・入場料 :1,000円、高校生以下無料
・主 催 :「オレの心は負けてない」を上映する会
・お問合せ:茶門(タムン) TEL 011-711-1910続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

草のはえた屋根裏庭展〜森迫暁夫〜@札幌

 道都大中島ゼミ出身で、ポップでキュートなキャラクターを緻密に描き込むシルクスクリーン作品を制作している札幌の森迫 暁夫(もりさこ・あきお)さんの個展。近年は平面のみならず立体作品にも挑戦。また、札幌の劇団千年王国の公演チラシ他、各種宣伝美術やパンフレットでも活躍中。100316morisakoakio
・会 期 :2010年3月16日(火)〜28日(日) 会期中無休
・時 間 :10:30〜22:00(日曜は20:00まで)
・会 場 :札幌市・「TO OV cafe(ト・オン・カフェ)」
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
      TEL 011-299-6380
・入場料 :無料だが、カフェなので何か注文を 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

企画展「博物館meets文学館」〜高山美香さんのちまちま小樽文壇史+偉人物語〜 @小樽市

 イラストレーター高山 美香さん製作のミニチュア人形と、小樽市総合博物館所蔵の資料から、小樽ゆかりの人物と彼らが生きた時代を辿る企画展。小樽文学館で好評だった企画展「ちまちま小樽文壇史+偉人物語展」(記事)を、100211chimachima博物館ならではの切り口で再構成したもの。高山さんの新作「広井勇」「消防犬ぶん」=右チラシに登場=も初公開。詳細は小樽市HPの案内欄で。
・会 期 :2010年2月11日(木・祝)〜3月28日(日)
・時 間 :9:30〜17:00 火曜定休(祝日の場合はその翌日)
・会 場 :小樽市総合博物館 本館 企画展示室
      (小樽市手宮1丁目3番6号 地図
・入館料 :冬期 一般300円、高校生・市内在住70歳以上150円、
      中学生以下無料。
・お問合せ:同館 TEL 0134-33-2523
・参 考 :小樽ジャーナルHPのレポート記事(2010/02/13) 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

かたちの声をきく 彫刻の「ミカタ」@旭川市

 旭川ゆかりの彫刻家、中原悌二郎ほかの近現代の彫刻作品を収集している旭川市彫刻美術館では、1,100点を超える収蔵作品の中から、彫刻の「見方」をテーマに作品を展示。「素材や技法、表情やかたちなど、彫刻をかたちづくる様々な要素に100130katachinokoe着目しながら、作品の意味を読み解く楽しさを体験してみてください」とのこと。ロダンや萩原守衛、中原悌二郎、若林奮、舟越保武、舟越桂ほかの作品を展示。詳細は同館HPの案内欄で。
・会 期 :2010年1月30日(土)〜3月28日(日)
・休館日 :月曜日(祝日の場合は翌日)
・時 間 :9:00〜17:00(入館は16:30まで)
・会 場 :旭川市・中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館(旭川市春光5-7)
・入場料 :一般300円、高校生200円、中学生以下無料
・お問合せ:同館 TEL 0166-52-0033 

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

矢元政行「記憶の中の情景」@札幌

 STV北2条ビルエントランスアートでは、一階の入口ホールを多用なアートを紹介する都心に小さな癒しの空間として企画・運営している。第74回展では、登別市の作家、矢元 政行(やもと・まさゆき)さんが登場。矢元氏は1953年、100308yamotomasayuki伊達生まれ。道教大旭川分校の卒業。現在は登別市在住で行動展と全道展の会員。ブリューゲルを思わせる荘重でどこか宗教的な陰鬱さをまとった色彩、細密に描かれた人物群と廃墟やバベルの塔を思わせる建築物など、独自の世界観による作品世界を展開している。詳細は同ギャラリーHPの案内欄で。
・会 期 :2010年3月8日(月)〜28日(日)
・時 間 : 9:00〜18:00(土日は16:00まで)
・会 場 :札幌・STV北2条ビルエントランスアート
      (中央区北2西2 STV北2条ビル1F)
・入場無料
・お問合せ:STV興発 TEL 011-207-5062 

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2010年03月27日

大竹伸朗 映像上映&レクチャー「日本の酷宝」@札幌

 北海道文化財団では、道内で舞台芸術や美術に関わる創作・表現活動をしている方を対象とした少人数制の講座「アートゼミ」を年数回開催している。今回のアートゼミ〈美術〉は、昨年(記事)に引き続き画家大竹伸朗さんによるレクチャー第2弾。2009年夏に香川県直島に完成した大竹氏の作品「直島銭湯『アイラヴユ』」の制作過程を映像で見ながら、制作の背景にあるエピソードや創作衝動を刺激するものについて等々語っていただく。100327ootakekokuhouまた、事前に受講者の皆さんからいただいた質問をもとにフリートークも。詳細は、同財団HPの案内欄チラシ(PDF)で。
・日 時 :2010年3月27日(土) 18:00~20:00
・会 場 :札幌・遠友学舎(北海道大学キャンパス内)
     (北区札幌市北区北18条西6丁目
      地下鉄北18条駅下車 徒歩10分)
・応募資格:アートに関わる創作・表現活動をしている方、
・定 員 :70名
・受講料  無料(ただし、資料代がかかる場合があります) 
・応募締切:2010年3月19日(金) 必着
・応募方法 → 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

ジョナス・メカス監督『ライフ・オブ・ウォーホール』上映@帯広市

 北海道立帯広美術館では、開催中の「ポップ・アート 1960's→2000's」展の関連企画で、ジョナス・メカス監督がアメリカポップ・アート界を代表するアンディ・ウォーホールを追ったドキュメント『ライフ・オブ・ウォーホール』(1990年、米、35分)=DVD情報=を上映。ウォーホールの友人である映像作家、ジョナス・メカスが1965年から82年までのウォーホールとファクトリーのメンバーの姿を、ウォーホール追悼のため膨大な「日記」映像の中からピックアップし再編集した作品。ライフ・オブ・ウォーホール [DVD]アーティストのライブほかを収録した、ウォーホールファンだけでなく音楽ファンも注目の映像。上映の詳細は同美術館HPの案内欄で。
・日 時 :2010年3月27日(土) 14:00
・会 場 :帯広市・北海道立帯広美術館
      (緑ヶ丘2番地緑ヶ丘公園 地図) 講堂 
・入場料 :無料(ただし展示は有料)
・お問合せ:北海道立帯広美術館 TEL 0155-22-6963 
・参 考 :メカス日本日記の会 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

第8回日本の実験映画フランス巡回上映帰国上映@札幌

 「第8回日本の実験映画フランス巡回上映帰国上映」(公式HP)が今年は札幌でも開催される。第1回恵比寿映像祭での上映を皮切りに、フランス国内各都市や韓国など、世界各所で好評を得た現代日本の銀塩メディア(フィルム)&ハンドメイド系の実験映画作品群。自家現像、カメラレス、アニメーション、ファウンドフッテージなど、普段あまり見られない現代日本の銀塩メディア(フィルム)&ハンドメイド系の実験映画作家を特集上映。2009年の巡回上映では札幌の映像作家、大島慶太郎さんが参加している。上映後、フランス巡回上映のプログラマーでもある太田曜氏、映像作家の伊藤隆介氏を迎えて、トークあり。100327jikken-o詳細は映画公式HPの上映案内欄で。
・日 時 :2010年3月27日(土) 各回15分前開場
    Aプロ 13:30〜14:50、17:20〜18:40
    Bプロ 15:30〜16:30、19:20〜20:20
    アフタートーク (無料):20:30
       ゲスト=太田曜、伊藤隆介、司会=大島慶太郎
・会 場 :札幌・CAI02(中央区大通西5丁目 昭和ビルBF2 )
・入場料 :1プログラム1,000円(学生:800円)
      A・Bプロ通し券1,800円(学生:1,500円)
・お問合せ:TEL 011-802-6438(13時以降) FAX 011-802-6538 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2010年03月26日

中国文化大革命に翻弄された父娘の再会のドキュメンタリー映画「延安の娘」テレビで放送@NHK

 中国の文化大革命の折に下放された紅衛兵だった両親によって、生まれてすぐに棄てられた娘が親探しに奔走する姿を描いたドキュメンタリー映画 「延安の娘」(公式HP)DVD情報=がNHKテレビのBS20周年ベストセレクションで100326enannomusume放送される。「蟻の兵隊」池谷 薫監督の初監督作品。文化大革命に翻弄された父娘の再会。過去と格闘するかつての紅衛兵たち。人間の尊厳は何かと静かに問いかける。カルロヴィヴァリ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー映画賞ほか数々の賞に輝いた。2002年、日本、120分。本編終了後に、映画作家の大林宣彦さんと制作を担当した池谷薫ディレクターをスタジオゲストに迎え、制作秘話を交えたトークで振り返る。放送の詳細はNHKの番組紹介欄で。
・放送日時:2010年3月26日(金) 22:00~24:20
      2010年5月30日(日) 13:00~15:20 再放送予定
・放送局 :NHK-BS2 

bluebook at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

札幌国際短編映画祭 2009年度作品のナショナルツアー Aプログラム@札幌

 「札幌国際短編映画祭」(通称「SAPPOROショートフェスト)では、2009年の第4回映画祭の受賞作を中心に、札幌・大阪・神戸でナショナルツアー(国内上映会)を開催。同映画祭は、1作品30分以内、あらゆる分野のショートフィルムを世界中から公募するもので、大人も子供も楽しめる。札幌では、東宝プラザ(Aプロ)とシアターキノ(Bプロ)の2回に分けて上映。詳細は映画祭公式HPの案内欄で。 
■National Tour in SAPPORO Aプログラム 100320SSFFApro
 ・Round
 ・Varmints
 ・Pigeon:Impossible
 ・THE CONTROL MASTER
 ・まいごのペンギン
・会 期 :2010年3月20日(土)〜26日(金) 
・上映時間:21:00〜22:10(終了予定)
・会 場 :札幌・東宝プラザ(中央区狸小路5丁目 TEL 011-231-3388 )
・入場料 :800円(当日券のみ)続きを読む

bluebook at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

沢則行 フィギュアアートシアター「かぐや」と「小作品集」@滝川市

 札幌から人形劇の本場・チェコに渡り、世界を飛び回り活躍する人形師、沢 則行(さわ・のりゆき)さん(公式HP)=写真=が滝川市で公演とワークショップを行う。今回は竹取物語をモチーフにした「かぐや」と「コウスキィー(チェコ語で小品集)」を中心に上演=画像は札幌公演のチラシ=。沢さん自ら製作した人形や仮面、オブジェを操りながら、自身も役者として表現する、セリフのない不思議な世界。子供も楽しめる大人の人形劇。詳細はたきかわホールHPのイベント欄で。
・日 時 :2010年3月26日(金) 18:30開場、19:00開演
・会 場 :滝川市・たきかわホール(滝川駅前再開発ビル3F)
・入場料 :前売 一般2000円、高校生以下1000円。当日券は各500円増し
・主 催 :たきかわホールライブパフォーマンス事業実行委員会
・お問合せ・お申込み:たきかわホール TEL 0125-23-6005 
※ 公演終了後、沢さんによるワークショップを開催 → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 演劇・ダンス 

北海道作曲家協会「colored music−色彩音楽−」@札幌

 北海道作曲家協会が第2回演奏会として、映像と音楽によるコラボレーション・コンサートを開く。映像作家の作品を上映しながら同時に音楽を演奏。企画プロデュースを担当したのは、国内外でゲームや短編映像、CM等の音楽で活躍する札幌の塚原 義弘さん。詳細は同協会HPの案内欄で。
【出演】 100326ColoredMusic
  映像:studioReBARD + 音楽:桐越優・中島真由美
  映像:Qwifilm + 音楽:八幡浩暢・山田美穂
  映像:児玉潤二郎 + 音楽:谷津祐子・豊田正史
  映像:島田英二 + 音楽:江尻栄・八木幸三
  映像:Nina Fischer & Maroan el Sani + 音楽:向山千晴
  演奏:小林瑠衣(Vl.I)・田島理恵(Vl.II)・前南有(Va.)・
     宇田梓(Vc.)・立花雅和(Fl.)・須藤智美(Ob.)・水谷明子(Mrb.)
・日 時 :2010年3月26日(金) 開場18:30/開演19:00
・会 場 :札幌市・ターミナルプラザことにPATOS(パトス)  
      (西区琴似1条4丁目 地下鉄東西線琴似駅B2F、地下鉄直結 地図
・料 金 :前売¥2,500、当日¥2,800
・主催・お問合せ:北海道作曲家協会事務局 TEL 011-771-0809 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 音楽 | 映画

マイケルケンナ 写真展 アーティスト・トーク@札幌

 アメリカを拠点に活動する風景写真の第一人者マイケル・ケンナ(公式HP)(Michael KENNA、1953年英国生まれ)の、「北海道」及び世界各地で撮影した作品約130点を紹介する写真展が札幌で開催される(2010/01/15〜5/30、記事)。関連企画として、作家本人を招いてのアーティスト・トークが開かれる。同氏は、1972年から1976年にかけてロンドン芸術学校で学んだ後、ロンドンのカレッジ・オブ・プリンティングでプリント技術を修得。100115MichaelKenna021977年より渡米し活動ベースをサンフランシスコに移している。トーク当日は通訳あり。参加は2月1日(月)より先着順で事前予約を受け付ける。詳細は同美術館HPの案内欄で確認を。
・日 時 :2010年3月26日(金) 19:00
・会 場 :札幌市・札幌宮の森美術館 (中央区宮の森2の11-2-1) 特設会場
・参加費 : 500円。要予約 
・予約開始:2010年2月1日(月)よりWEB、E-mail、TEL、にて受付開始
      定員のため受付終了(2/3追記)
2次募集:立見席50名を追加募集 3月1日(月)11:00よりWEBで受付
・お問合せ : 札幌宮の森美術館 TEL 011-612-3562 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

「海外研修サポートセミナー2010」インターネット中継@札幌

 〜演劇人にとって海外で研修するということ〜
 平成20年度 文化庁 新進芸術家海外研修制度にて英国ロンドンで研修した劇作家・演出家・俳優の長塚 圭史さん阿佐ヶ谷スパイダース主宰)が、研修期間に体験したことの報告と、海外研修の経験者・希望者が交流し相互に情報交換していく芸団協セミナーが東京で開催される。今回、セミナーの模様を全国5都市でインターネットで同時中継する。北海道は、札幌で中継。事前に受講者から受けた質問を元にフリートークも。詳細は、同財団HPの案内欄チラシ(PDF)で。100326kaigaiseminer
・日 時 :2010年3月26日(金) 19:00〜21:00
・会 場 :札幌・(財)北海道文化財団 ライブラリー「アート・スペース」
     (中央区大通西5丁目11 大五ビル 3F 地図
・参加費 :無料
・参加定員:限定30名〈申込み順受付〉
     (会場の都合により、定員になり次第締切)
・備 考 :中継の映像・音声は、You Tube程度。
      当日の回線状況により一部不具合が生じる場合も。
・お問合せ:北海道文化財団 TEL 011-272-0511
・応募方法 → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 | 演劇・ダンス

写真家・映像作家の北川陽稔写真展 「Two Sanctuaries」@苫小牧市

 写真家・映像作家の北川陽稔氏(HPブログ)は、映像ディレクターとしての業務に携わる傍ら、北海道のラムサール条約登録湿地「ウトナイ」と、その周辺地域に長期滞在し、写真やドキュメンタリー映像に取り組んでいる。道の駅「ウトナイ湖」では、北川陽稔氏の活動に注目し、ウトナイ湖周辺はもちろん、普段目にすることが少ない地域の自然の写真を展示する。詳細は、苫小牧市の道の駅HPの案内欄で。
・会 期 :2010年3月19日(金)〜26日(金)
・時 間 :9:00〜19:00
・会 場 :苫小牧市・道の駅〜ウトナイ湖 地域交流コーナー
      (植苗156番地の30 国道36号線沿い)
・入場料 :無料
・お問合せ:道の駅〜ウトナイ湖 TEL 0144-58-4137続きを読む

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

2010年03月25日

樋貝吉郎さんが新刊写真集「cold frame」を語る@札幌

 20年以上に亘って国内外のスケート、スノーボード雑誌で作品を発表している写真家の樋貝 吉郎(ひがい・よしろう)さん(HP)が、2冊目の写真集「cold frame」(スタジオフィッシュアイ発行、4,200円)=書籍情報=の発行記念に、100325higasiyoshiro札幌でも講演を行う。同書は、ライダー達が大自然の雪山に描く美しいラインや彼らの日常、北海道・アラスカの地を中心とした雪景色の中に現れる光と影を独自の視点で切り取った。今回の写真集の制作から 「見えてきたこと」 「感じたこと」 とは何か。美しくも緊張感のある一瞬を捉えた写真とともに紹介。詳細はパタゴニアHPのイベント案内欄で。
・日 時 :2010年3月25日(木) 19:30
・会 場 :札幌市・パタゴニア札幌北ストア(北区北13条西4-2-30 )
・入場料 :無料。要予約。定員40名
・お問合せ:同店 TEL 011-729-2101 

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

祝・ミュージアム新書『一原有徳 ―版の冒険』刊行

 小樽の現代版画家、一原 有徳さん(1910年生まれ)が、北海道立近代美術館の「ミュージアム新書」最新刊で登場。一原さんは50歳だった1960年、版画家として衝撃的なデビューを飾り、以後、モノタイプ、金属凹版、オブジェ等で、版画の既成概念を打ち破るような作品を作り続けている。本書では、俳人、登山家としても知られる一原の実験的な制作活動を綴る。詳細は道新出版局HPの案内欄ほかで。
【書籍情報】 100325ichiharaarinori
・書 名 :ミュージアム新書28『一原有徳 ―版の冒険』書籍情報
・著 者 :光岡幸治(北海道立旭川美術館主任学芸員)
・発 行 :北海道新聞社 
・出 版 :2010年3月25日(木)
・定 価 :1,155円
・内 容 :186頁 、 ISBN978-4-89453-543-5
・参 考 :北海道新聞社出版局長のブログ「しゅっぱん夢日記」の同書紹介
※一原さんの展覧会情報
   「一原有徳・多面体」(2010年4月17日〜6月20日)、
    道立近代美術館常設展「これくしょん・ぎゃらりぃ」展示紹介PDF)

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | 文学

2010年03月24日

MEDIATTIC 漫画道@札幌

 札幌のイラストレータ前田 麦さんを迎え、ATTIC事務局のカジタさん(ブログ)との2人で、おすすめ漫画トークをUStreamにて配信する。100324mediattic参加自由、持込自由。詳細はATTICのサイトの案内欄で(なお、放送日はこの案内欄のページからもご覧になれます)。
・日 時 :2010年3月24日(水) 20:00開始 
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F )
・UStream URL http://www.ustream.tv/channel/mediattic
・入場無料
・お問合せ:ATTIC TEL 011-676-6886 
※ 22:00頃よりドラクエ企画の山口哲志氏と山下智博氏による「山アワー」を配信 
  内容・終了時刻は「未定」続きを読む

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

ドキュメンタリー映画「107+1 〜天国はつくるもの〜パート2」上映会@室蘭市

 「死んでから天国にいって幸せになってもしょうがない。生きている現在を天国にしてしまおう! すべてはやるか やらないか」。人間の可能性を行動で語るど素人達のドキュメンタリー映画「107+1 天国はつくるもの」(てんつくマン(軌保博光)監督、2003年、日本、147分)は、今でも全国で自主上映が続いている。100214tentsuku2その続編「107+1 天国はつくるもの Part2」を上映。今回の作品は、自然なお産を提唱している愛知県「吉村医院 お産の家」のあり方や、ホノルルマラソンに挑戦する末期癌の患者、中国での植樹に参加する人々の姿を通して、命の輝きと、家族や人と人とのあり方を問いかける。上映時間は約120分。当日はてんつくマンが来場し上映後に講演する。詳細は映画HPの案内欄で。
・日 時 :2010年3月24日(水) 17:00開場、18:30上映&講演
・会 場 :室蘭市市民会館 (輪西2-5 
・入場料 :一般 前売2,000円 当日2,500円。高校生500円
・お問合せ:TEL 090-2818-2485(中原) 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

アンビシャス砂川文化フォーラム「地域における文化施設の役割と可能性 」@札幌

 砂川市地域文化センターの指定管理法人であるNPO法人ゆうでは「地域における文化施設の役割と可能性 」をテーマにフォーラムを開催。(財)地域創造の季刊誌やレターの編集を手掛け、芸術文化による地域づくりをテーマに活躍している坪池栄子さん(衒顕讐奮惴Φ羹蝓仝Φ罐廛蹈妊紂璽機次砲鮠靴い討旅岷蕕曚パネル・ディスカッションを行う。詳細は、主催のNPO法人ゆうHPのイベント案内欄で。
【出演者】 100324sunagawaF
・講演「地域文化と創造の現状」
  講 師 :坪池栄子氏(衒顕讐奮惴Φ羹 研究プロデューサー)
・パネルディスカッション
  小篠 隆生 氏 (北海道大学 工学部准教授)
  山重 明 氏 (螢痢璽競鵐ロス代表取締役)
  杉中 久夫 氏 (ストリートパフォーマー)
  進行 太田晃正 (NPO法人ゆう アートコーディネーター)
・日 時 :2010年3月24日(水) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :砂川市地域交流センターゆう 大ホール
      (東3条北2丁目3-3 JR砂川駅直結) 
・入場無料
・主催・お問合せ::NPO法人ゆう TEL 0125-54-3111 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

浅沼久美子ステンドグラス作品展「古典」@中標津町

 羅臼町在住のステンドグラス作家、浅沼 久美子さんの作品展。11世紀〜16世紀の間のイギリス・フランスに残っているステンドグラスを模写した作品6点を展示。100228asanumakumiko14日午後1時半から菓子を食べ、コーヒーを飲みながら浅沼さんと作品や技法について話す催しがある。参加料500円、要申込。詳細は同ギャラリーHPの案内欄で。
・会 期 :2010年2月28日(日)〜3月24日(水) 木曜定休
・時 間 :11:00〜18:00
・会 場 :中標津町・東一条ギャラリー(e1Gallery)
      (東1条北1丁目16番地 俵真布2階)
・お問合せ:同ギャラリー TEL 0153-74-9110(俵真布内)
・参考記事:中標津町・佐伯農場ご主人のブログの同展紹介(2010/03/08) 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2010年03月23日

ぶんぶん通信癸馨絮撚顱 嵜靴靴つ流の始まり」@札幌

 鎌仲ひとみ監督が、原子力産業の最先端で生きる住民達を追った「六ヶ所村ラプソディー」に続き手掛けている最新ドキュメンタルー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(公式HP)(2010年春公開予定)。持続可能な社会と暮らしを考え、脱原発を国民投票で決めたスウェーデンや原発計画に揺れる瀬戸内海の祝島などを訪ねる。その制作過程を公開するビデオレター「ぶんぶん通信」第3弾を札幌で上映。2009年9月10日より祝島の人々が中国電力の田ノ浦埋め立て着工を阻止する行動を開始、その現場で何が起きていたのかを海と陸の双方から報告する。虹のカヤック隊メンバーとして、祝島島民のおじいおばあと行動を共にする吉村健次さんがゲスト来場。詳細は主催のみんたるHPの案内欄で。100323bunbun03
・日 時 :2010年3月23日(火) 19:00開演
・会 場 :札幌市・みんたる
      (北区北14西3-1-1東向 地図 TEL 011-756-3600)
・入場料 :1ドリンク付1,000円
・主 催 :サッポロッカショ
・お問合せ:らる畑 TEL 011-614-2406 
・上関原発を建てさせない祝島島民の会 http://shimabito.net/ 

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ゆうばりキネマクラブが「釣りバカ日誌20ファイナル」を上映@夕張市

 夕張市で「映画の灯」を守ろうと活動している市民団体ゆうばりキネマクラブ(HP)の3月上映会では、一流企業の経営者として悩み多き日々を送るスーさんと、趣味の釣りと家庭をこよなく愛する万年ヒラ社員のハマちゃんが織り成す人気シリーズの第20作目にして最終章 「釣りバカ日誌20ファイナル」(公式HP)を上映。鈴木建設も不況で苦しむ中、ハマちゃんは得意の釣り人脈で大型受注に成功する。ごほうびに釣休暇をもらって2人は北海道に。100322sturibakaハマちゃんとスーさんを西田敏行と三國連太郎が演じ、ゲストに松坂慶子、吹石一恵、塚本高史ほかが出演。2009年、日本、117分。上映の詳細はゆうばりキネマクラブHPのブログの記事で。
・日 時 :2010年3月22日(月・祝)、23日(火) 全3回上映
     3/22(月・祝) 15:00、 18:00
     3/23(火)   18:00
・会 場 :夕張市・アディーレ会館ゆうばり(旧ゆうばり市民会館)
      (本町4丁目)シネサロン
・料 金 :一般1,000円、小中高500円。会員800円 

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ドキュメンタリー映画「107+1〜天国はつくるもの〜 Part2」@旭川市

 「死んでから天国にいって幸せになってもしょうがない。生きている現在を天国にしてしまおう! すべてはやるか やらないか」。人間の可能性を行動で語るど素人達のドキュメンタリー映画「107+1 天国はつくるもの」(てんつくマン(軌保博光)監督、2003年、日本、147分)は、今でも全国で自主上映が続いている。その続編「107+1 天国はつくるもの Part2」を上映。今回の作品は、自然なお産を提唱している愛知県「吉村医院 お産の家」のあり方や、ホノルルマラソンに挑戦する末期癌の患者、中国での植樹に参加する人々の姿を通して、命の輝きと、家族や人と人とのあり方を問いかける。上映時間は約120分。当日は、てんつくマンが来場、トークや書き下ろしも。100214tentsuku2詳細は映画公式HPの上映案内欄で。
・日 時 :2010年3月23日(火) 
  17:00〜18:00 書き下ろし
  18:05〜20:05 上映
  20:05〜21:10 てんつくマントーク
  21:10〜22:00 書き下ろし
・会 場 :旭川市・ロワジールホテル旭川 3F
・入場料 :大人3,000円 子供1,500円
・お問合せ:旭川美容組合 杉村 TEL 090-3113−2439

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2010年03月22日

F.H.C. with VJ ReguRegu ワンマンライブ@札幌

 札幌のF.H.C.(かさいあつし、ルミのユニット)のライブに、VJで羊毛フェルトでアニメーションを作る100322reguregu2人組ユニットReguReguが参加。詳細はReguRegu日記案内欄で。
・日 時 :2010年3月22日(月・祝) 19:00開演
・会 場 :札幌・ブックカフェ開化 & more (kissa kaika)
     (豊平区平岸3条9丁目10-1第一恵信ビル2F)開化店内
      環状通と平岸通の交差点そば、階段上がって2F
      豊平整形外科隣り。[駐車場無し]
・入場料 :1,500円(1drink付)
・お問合せ:同店 TEL 011-842-0770 
・参 考 :ReguReguによるbutchersの「OCEAN」のミュージックビデオ
      (「OCEAN」は2010年3月10日発売「NO ALBUM 無題」収録) 

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | 映画

難病の子どものQOLを考えるフォーラム、「風のかたち」上映も@札幌

 第4回「北の大地で、難病の子どもたちの『夢』について考える」つどい
 〜ドキュメンタリー映画・漫画を通して伝えたいこと〜
 難病児を支援する公益財団法人「そらぷちキッズキャンプ」(滝川市)が、難病と闘う子供や家族、医療の実情を伝えるフォーラムを札幌で開く。今回は、難病の子どもたちや家族、医療者の現状を描き出しているドキュメンタリー映画や漫画に注目。難病と闘う子供達のドキュメンタリー映画「風のかたち」のドクター編(約60分)を上映。その後、その映画監督や漫画家、作品に登場する医師をゲストに迎えて、作品ができるまでの苦労話や、作品を通して伝えたいことについてパネル討論を行う。詳細はチラシ(PDF)で。100322kazenokatachi
【パネリスト】
  伊勢真一氏(いせFILM代表、映画監督)
  高橋義男医師(とまこまい脳神経外科 小児脳神経外科部長)
  細谷亮太医師(聖路加国際病院副院長 小児科部長)
  田中宏明(漫画「義男の空」を描き出版したエアーダイブ代表)
・日 時 :2010年3月22日(月・祝) 12:30開場、13:00〜16:00
・会 場 :札幌医科大学 臨床教育研究棟 1F 講堂
      (中央区南1西17 TEL 011-611-2111 地図
・参加料 :無料、事前申込不要。
      会場にチャリティー募金箱を設置、協力を呼びかける予定
・お問合せ:そらぷちキッズキャンプ TEL 0125-75-3200 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

Kenjiぼくのうた vol.6 〜渡邊賢治さんの絵画展〜@札幌

 札幌市で難病と闘いながら絵を描いている渡邊 賢治さんの絵画作品展。Paul Cokerさん(写真)と100319kenji海老田俊則さん(絵)とのコラボレーションで展示。詳細は渡邊さんのブログの案内欄で。
・会 期 :2010年3月19日(金)〜22日(月・祝)
・時 間 :10:00〜22:00(最終日22日は21:00まで)
・会 場 :札幌市・サッポロファクトリー 2条館B1催事場
     (中央区北2東4 地図
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 011-207-5000
※ 絵画&写真&エッセーの本「Kenji ぼくのうた」出版 → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

飴谷 等 展「いのちの爆発」@札幌

 札幌の飴谷 等(あめや・ひとし)さんの個展。飴谷さんは1977年生まれ江差町出身。2001年、独自の絵を探求しながらライヴペイントを開始。2004年からカンボジアのスナーダイクマエ孤児院へ寄付活動を始める。100317ameyahitoshi2007年には北海道宗谷岬から沖縄県喜屋武岬まで、絵を描きながら徒歩のみで縦断を敢行した。今回の個展は「北海道にゆかりのある生き物や自然のきびしさとやさしさを黒と白だけで表現してます」とのこと。詳細は同ギャラリーHPの案内欄で。
・会 期 :2010年3月17日(水)〜22日(月・祝)
・時 間 :10:00〜19:00
・会 場 :札幌市・新さっぽろギャラリー(厚別区厚別中央2条5-6-3)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー アートプロデューサー 花田 TEL 090-9439−7921 
・参 考 :飴谷さんの絵は、札幌中央区の「T&F hanaagra」でも展示販売中 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

企画展 藤倉英幸と旅のイメージ〜「THE JR Hokkaido」の表紙から〜@札幌

 札幌在住の藤倉 英幸氏(1948年岩内生まれ)は、JR北海道車内誌「THE JR Hokkaido」の表紙ほかで知られるデザイナー・イラストレーター。はり絵を用いたその表紙原画を中心に、渡邊俊博、小檜山博、堀淳一など同誌掲載の画家・文学者の作品により、旅のイメージが醸成され伝達される1000130fujikura出版文化のあり様を考察する。詳細は同館HPの案内欄で。
・会 期 :2010年1月30日(土)〜3月22日(月・祝)
・休館日 :毎週月曜(ただし3/22は開館)
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌・北海道立文学館 特別展示室
      (中央区中島公園1-4 地図 TEL 011- 511-7655)
・入場料 :一般400(320)円、高大生200(150)円、
      中学生以下と65歳以上は無料。()は10名以上の団体料金
・お問合せ:同館 TEL 011- 511-7655 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

2010年03月21日

柴田智之 表現展@札幌

 札幌の俳優にして、絵画・音楽・話芸・身体表現・劇作・演出にも挑戦を続けている柴田智之さんが札幌で絵画の個展を開く。横10mほどの大作も。展示最終日には、友人の舞踏家や美術作家を交えて、踊りと音楽のライブあり。詳細は柴田さんのブログ「柴田の独り言」の案内記事で。100316sibatatomoyuki
【柴田智之表現展】
・会 期 :2010年3月16日(火)〜21日(日) 月曜休み
・時 間 :10:30〜20:00
・会 場 :札幌・あけぼのアート&コミュニティセンター 中ホール
      (中央区南9条西11丁目 旧曙小学校 TEL 011-513-6181)
・入場無料
【イベント】 「鬼と地蔵」 音楽と踊りの閉会式
・出 演 :
  音楽=柴田智之 小黒悠佑 佐藤えり子(ムックリタッチ&ミー
  踊り=田仲ハル(舞踏家)、 ダム・ダン・ライ(美術家)
・日 時 :2010年3月21日(日) 15:30開場 16:00開演
・会 場 :同会場
・入場料 :1,000円

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 演劇・ダンス | 音楽