2010年04月

2010年04月30日

札幌の新たな文化塾「サッポロアート・ラボ」4月開校@札幌

 2010年春、札幌に新しい文化塾「サッポロ ART LABO(略称:SALA)」が誕生する。札幌の美術評論家、柴橋伴夫氏が代表をつとめる民間団体で、多様化する文化を横断しながら、未来に向けて文化創造を担う人たちを「束ねる」場づくりを目指す。今年は全11回のレクチャーを企画。毎月最終金曜日の19:00より多彩なゲストを招き「アートの今日性、未来性」を学ぶ。講師には、「札幌アートウォーク」の谷口雅春(ライター)+露口啓二(写真家)さんや、帯広の美術作家の池田緑さんなど多彩な顔ぶれが揃う。詳細は、会場のト・オン・カフェHPの案内欄で。100430SALA
・開 講 :2010年4月30日(火)〜2010年3月25日(金)
      毎月最終金曜日 19:00〜20:30
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
・定 員 :各回30名程度、要事前申込(当日参加も可)
・受講料 :一般1,000円、学生500円(共に1ドリンク付)
      学生は学生証の提示が必要
・お問合せ:同店 TEL 011-299-6380 
※ 講座予定 → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

詩・写真展「蕾と花のあいだ」@札幌

 礼文島の写真家杣田美野里(そまだ・みのり)さん(レブンクル写真事務所)の写真と、初詩集「適切な世界の適切ならざる私」(思潮社、2009年10月25日発行、2,100円)=書籍情報=が第15回中原中也賞100401shitokotobano最年少で選ばれた札幌市の高校3年生 文月 悠光(ふづき・ゆみ)さん(18歳)の詩を展示。詳細は、文月さんブログの案内欄と、ジュンク堂書店札幌店HPの案内欄で。 
・会 期 :2010年4月1日(木)〜30日(金)
・カフェの営業時間 :10:00〜20:30
・会 場 :札幌・ジュンク堂書店札幌店 2階喫茶コーナー
     (中央区南1西1 丸井今井南館 TEL.011-223-1911)
・入場無料 
・お問合せ:同店 TEL 011-223-1911 
※ 会場にて限定500部の手作り小冊子(1部200円)を販売予定 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 | その他

「牛の鈴音」劇場公開@札幌

 “韓国映画界の奇跡”とまで言われた、老いぼれ牛とお爺さんの感動のドキュメンタリー「牛の鈴音」(公式HP)が札幌で劇場公開される。韓国の農村。農業の機械化が進む中、牛とともに働き、農薬も使用せず、頑固に昔ながらの方法で畑を耕す老夫婦の日常を静かに見つめる。牛の寿命は通常なら15年ほどだが、この牛は40年も生きている。獣医は牛の寿命が迫っていることを告げた。100320ushinosuzuotoこれが初監督作となるイ・チュンニョルは、3年余りの月日を費やして本作を完成した。2008年、78分、韓国。上映の詳細はシアターキノHPの作品案内欄で。
・会 期 :2010年3月20日(土)〜4月30日(金) 
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :一般 前売1,300円(当日1,800円)、
      学生 1,400円、シニア・高校生以下 1,000円
     劇場で前売購入者に「牛の鈴音」携帯クリーナー贈呈(先着限定)
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2010年04月29日

「いのちの山河〜日本の青空供繊彎絮撚顱苫小牧市

 1961年、無医村だった村が全国に先駆けて、1歳未満・60歳以上の医療費を無料化し、62年には全国の自治体で初めて乳児死亡率ゼロを達成した。この岩手県沢内村(現・西和賀町)の実話に基づく映画「いのちの山河 日本の青空2」(公式HP)が苫小牧市で上映される。「豪雪・多病・貧困」の三重苦を抱える中、“行脚と対話”でこの生命行政を実現した深澤晟雄(ふかさわ・まさお)村長の功績と苦難の日々を描き、同時に「生命尊重」の行政や社会保障制度のあり方を問いかける。出演は、長谷川初範(紋別市出身)、とよた真帆、大鶴義丹、宍戸開、加藤剛ほか。2009年、日本/共同映画、120分。100109inochinosanga敗戦の年に「憲法草案要綱」を起草した憲法学者、鈴木安蔵らのドラマ「日本の青空」(2007年)に続く平和憲法シリーズ第2弾。前作に続きメガホンを取った大澤 豊監督は「国民の生存権を保証している憲法第25条の輝きが増すような、そんな映画にしたい」と語る。
・日 時 :2010年4月29日(木・祝) 3回上映
      10:30、 14:00、 18:00
・会 場 :苫小牧市文化会館 大ホール
      (旭町2-8-19 地図 TEL0144-36-7823)
・入場料 :一般 1,000円、高大生500円、小中生以下無料 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

熊澤桂子展 ガラスの変形にんじんによるインスタレーション ~Inside World~@札幌

 南富良野町在住の作家、熊澤 桂子(くまざわ・けいこ)さんの個展。熊澤さんは南富良野町と豊頃町を制作拠点に、ガラスと映像を組み合わせたインスタレーション作品を道内外で発表。最近は、売り物にならない変形にんじんをモチーフにした作品で注目を集め、JRタワー ARTBOXで展示をしたほか、現在は同スペースの審査員も勤めている(参考)。100421kumazawakeiko詳細は茶廊法邑の案内欄で。
・会 期 :2010年4月21日(水)~29日(木・祝)
・時 間 :10:00~18:00(最終日は16:00頃まで) 4/27(火)休館
・会 場 :札幌市・茶廊 法邑 地図
      (東区本町1条1丁目8-27
       地下鉄東豊線「環状通東駅」下車徒歩7分)
・企 画 :法邑芸術文化振興会
・お問合せ:同ギャラリー TEL&FAX 011-785-3607 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(5) 美術 

JRタワーARTBOX第8回 Blakiston「a stratum 地層とともに眠る記憶」@札幌

 札幌のJRタワーでは、北海道の新人アーティストたちに新たな発表の場の提供をと、2008年4月から1階東コンコースにART BOX(アートボックス)を設置。オープニング初年は岡部昌生、伊藤隆介、熊澤桂子、國松明日香ら道内ベテラン美術作家の展示でスタート。2009年度から、北海道在住の新人アーティストから作品プランを公募(記事)し、年間4人の受賞者の展示が始まった(参考)。2009年度、山本 雄基さん「みえないみえる」、田村陽子さん「74名の記憶する足形」、斉藤 幹男さん「Stripue too Stripes」に続く4人目の最終ランナー、Blakiston果澄さん菅原英二さんのユニット)制作の「a stratum  地層とともに眠る記憶」の展示が2月1日から始まった。太古からの伝言のように蓄積され、時とともに眠る記憶を、地層の中に封印しした地層コラージュのBOX ART。「いつの時代にも人々の想いや祈りや生命の声があって、それは地層に、土に染み込んでいる気がします」という。100201blakistonDM展示場所の横にPOSTがあり、14日置きに「過去や未来の地層から手紙」を記した手紙が届く。3ヶ月の会期中に合計で6つの物語が届く予定。詳細は果澄さんのブログ紹介欄と、JRタワーHPのART BOX案内欄で。
・会 期 :2010年2月1日(月)〜4月29日(木・祝)
・時 間 :8:00〜22:00
・会 場 :札幌市・JR札幌駅東コンコース・JRタワーARTBOX
・観覧無料 
・お問合せ:JRタワー展望室・アートチーム TEL 011-209-5075(平日)続きを読む

bluebook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(6) 美術 

札幌市の18歳 文月悠光さんが第15回中原中也賞受賞@札幌

 優れた現代詩集に100213fuzukiyumi贈られる第15回中原中也賞(山口市主催)の選考会が2月13日に開かれ、札幌市の高校3年生 文月 悠光(ふづき・ゆみ)さん(18歳)の初詩集「適切な世界の適切ならざる私」(思潮社、2009年10月25日発行、2,100円)=書籍情報=が選ばれた。18歳6カ月での同賞受賞は最年少。詩集は文月さんが14〜17歳に創作した24編を収録。学校や家庭などの日常の描写を通して、10代の身体の痛々しいまでの揺らぎを、ことばの色彩で柔らかにうつしとる。表紙は札幌で活躍する若手美術家の森本めぐみさん。授賞式は4月29日、山口市で行われる。
・参 考 :中原中也記念館HPの中原中也賞欄第15回の受賞紹介欄
・参考2 :文月さんブログの「受賞のことば」
・参考記事:北海道新聞HPの受賞記事(2010/02/13)

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 文学 

2010年04月28日

「自分のためにアートを買いたい-U 50,000- 2010」@札幌

 CAI現代芸術研究所が不定期開催している「好きなアートと出会って、一緒に暮らしす」ために、アート作品を1点5万円以下で販売する展覧会。現代美術、絵画、版画、写真、造型、工芸、生花、映像、インスタレーションなど手法もテーマも多彩な道内作家64人が出展。詳細は、CAI現代芸術研究所HP案内欄で。100417jibunart
【出品作家】 (敬称略)
  浅野 美英子/石川 亨信/伊藤 隆介/伊藤 明彦(参考)/
  石倉 美萌菜/大井 恵子/織笠 晃彦(参考)/奥山 三彩/
  岡崎 真哉/大島 慶太郎樫見 菜々子/上遠野 敏/笠見 康大/
  風間 真悟/川上 りえ/川上 大雅/蒲原 みどり君島 信博
  菊地 和広/國松 明日香国松 希根太黒田 晃弘
  合田 尚美/小牧 寿里/小坂 祐美子/佐藤 史恵/齋藤 周/篠原 泰子/酒井 広司
  澤口 紗智子/澁谷 俊彦鈴木 悠哉/kensyo/鈴木 朝美/杉田 光江/仙庭 宣之/
  高 幹雄/高橋 喜代史高橋 俊司武田 浩志/田村 陽子/田中 由美子/田村 佳津子/
  ダム・ダン・ライ/谷口 明志/土田 俊介/寓 A.K.A TETSUSHI TOMITA/
  楢原 武正/西田 卓司/中橋 修/はなこ/久野 志乃/平塚 智恵美/平塚 翔太朗
  藤沢 レオ/藤本 和彦/船橋 渚美子/本間 康恵/祭太郎
  松隈 無憂樹/矢崎 勝美/山岸 せいじ/山本 雄基/ぴたぱん
・会 期 :2010年4月17日(土)〜28日(水) 日祝 休館
・時 間 :13:00〜23:00
      4月24日(土)raum1は、演奏会の為17時まで
・会 場 :札幌・CAI02 (中央区大通西5丁目 昭和ビルBF2 )raum1/2/3
・入場無料
・主 催 : CAI現代芸術研究所
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-802-6438
※ オープニングパーティー 4月17日(土)19:30〜 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

『ライアン・ラーキン 路上に咲いたアニメーション』DVD発売

 25歳でのアカデミー賞候補から、ホームレスへ。激動の生涯を送った伝説のアニメーション作家ライアン・ラーキン(1943-2007年)が残した奇跡の短編と、関連ドキュメンタリーを完全収録したDVD「ライアン・ラーキン 路上に咲いたアニメーション」(公式HP)がDVDで発売される。劇場公開時は3分のダイジェスト版のみの上映だったドキュメンタリー『ライアン・ラーキンの世界』の完全版(60分)ほか、特典映像が充実しておりファンにはお勧め。詳細は映画公式ブログの案内欄ほかで。100130Ryan
【DVD情報】 
・タイトル:ライアン・ラーキン 路上に咲いたアニメーション
・発売日 :2010年4月28日(水)
・価 格 :
  コレクターズ・エディション(初回限定生産) 4,410円(税込)
   劇場公開時の販売パンフレットとポストカード3枚組、
   特製アウターケース付き
  スタンダード・エディション 3,675円(税込)
・販売元 : ビデオメーカー、  ・収録時間:92分 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2010年04月27日

四ノ宮浩監督作品上映会「BASURA バスーラ」 スモーキーマウンテン−過去・現在・未来−@札幌

 「忘れられた子供たち―スカベンジャー」(1995年)=DVD情報=、「神の子たち」(公式HP)(2001年)=DVD情報=で、ゴミ捨て場で働くフィリピンの貧しい子供達の実態を見つめてきたドキュメンタリー作家・四ノ宮 浩(しのみや・ひろし)監督が、三度フィリピンを訪れ、スカベンジャーで出会った登場人物達を再び訪ねたシリーズ最新作「BASURA バスーラ」(公式HP)(2009年)を上映。いずれも、ゴミ処理場という悲惨な環境の中でも希望を失わず生きる人たちの命の輝きを描く。091114basura「バスーラ」上映に先駆け旧作のカフェ上映も。
・日 時 :2010年4月27日(火) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :札幌・北海道大学 クラーク会館講堂
      (北区北10条西8丁目 地図
・入場料 :前売500円、当日600円
・参 考 :四之宮監督の(有)オフィスフォープロダクション 
・お問合せ:北海道国際協力学生団体 (石塚) 
      hokkaido_icsa@@yahoo.co.jp(@@→@) 
※ 「スカベンジャー」「神の子たち」カフェ上映 → 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(5) 映画 

佐藤香織 点描画展@札幌

 札幌の若手作家、佐藤 香織(さとう・かおり)さんの点描による作品展。主に丸ペンやサインペンによるモノクローム調で、身近な日常からイマジネーションをふくらませて繊細な「気配」とともに描く。独自のファンタジー世界。詳細は100401satoukaori会場の案内欄で。
・会 期 : 2010年4月1日(木) 〜 27日(火)
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで)
      水曜定休、4/20(火曜)臨時休業
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334  
※ 北海道美術ネット別館HPのレポート記事(2008/04/28) 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(5) 美術 

2010年04月26日

本田征爾展〜箱夢語り〜@札幌

 本田 征爾(ほんだ・せいじ)さん(HP)さんは、北大水産学部出身で現在札幌市在住。春から秋にかけまぐろ調査船に乗船、船上で描いた透明水彩や水溶性色鉛筆の作品を、陸に戻って個展で発表し続けている=画像は今回のDMハガキ=。最近は平面のみならずオブジェの制作も。異空間の光景やそこに浮遊する空想の生物達を描き、科学と神秘、マクロとミクロのあわいを覗くような独自の世界を展開している。詳細はギャラリー門馬HPの案内欄で。100417hondaseiji
・会 期 :2010年4月17日(土)〜26日(月) 
・時 間 :11:00〜19:00 会期中無休
・会 場 :札幌市・ギャラリー門馬 ANNEX
      (中央区旭ヶ丘2丁目3-38 TEL 011-562-1055 地図
・入場無料
【ライブイベント】 札幌のバンド「F.H.C.」のライブ with ReguRegu(VJ)
  4月25日(日) 14:00、18:00、同会場。無料
・作家サイト: http://www6.plala.or.jp/seiji_honda2008/ 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

★どこもやらない北朝鮮映画を発見 @札幌

 現在、日本国内で見ることが出来る北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)映画のうちから4作品「春香伝」「花を売る乙女」「洪吉童(ホン・ギルトン)」「アリラン祭」を上映。大河ドラマ、アクション、ドキュメンタリーなどの注目プログラム揃い。同劇場で無料配布中の蠍座通信166号に上映と作品の詳細あり。是非一読をお薦めします。100413ariran
・会 期 :2010年4月13日(火)〜26日(月) 
・時 間 :
  「春香伝」   4月13日(火)〜19日(月) 14:40
  「アリラン祭」 4月13日(火)〜19日(月) 11:10、17:25
  「花を売る乙女」4月20日(火)〜26日(月) 10:30、14:45
  「洪吉童」   4月20日(火)〜26日(月) 12:45、17:00
・会 場 :札幌・蠍座(北区北9西3タカノビルB1 地図
      JR札幌駅北口から北へ徒歩3分
・入場料 :一般¥800、中高大生¥700、シニア¥700
・お問合せ:蠍座 TEL 011-758-0501 
・参 考 : 「北海道MovieWalker」HPの「蠍座」案内欄 
・備 考 :「願うことあるかも知らず」HPより蠍座北朝鮮映画特集の紹介 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

nukillizo個展 [ma()dalla ← N] (マダラ・エヌ)@札幌

 「日常をARTする。」をテーマに活動する札幌のh.i.p-a(Hokkaido Institute of Performance and Art)が送る企画展。今回は、札幌の若手美術作家nukillizo(ヌキリゾ)さん(HPブログ)さんの個展。「自然の中にある流れ、渦の一瞬をイメージして描いています」というその絵は、一見して不思議な印象を残す。RISING SUN ROCK FESTIVALアートブースへの参加、南出惇介監督の自主制作映画「ドクガス -DOKUGASU」(2007年の第1回北海道インディペンデント映像フェスティバルでグランプリ受賞、参考記事)では準主演とロゴデザイン、その他各種イベントでインスタレーションやライブドローイングを行うなど広く活躍中。今回の展示では、今までのマーブリング技法の作品に加え、自らのマーブリングをコラージュした作品を主軸に置き、100421nukillizo穢れが浄化されてゆく過程を表現するとのこと。右画像は今回のDMハガキで、マーブリング技法の渦の中心に不動明王のような画像が描き込まれている。展示の詳細は同ギャラリーHPの案内欄で。
・会 期 :2010年4月21日(水)〜26日(月)
・時 間 :10:00〜19:00
・会 場 :札幌市・新さっぽろギャラリー(厚別区厚別中央2条5-6-3)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー アートプロデューサー 花田 TEL 090-9439−7921 
※ クロージングパーティー 4月25日(日) 18:00
  act.紅月鴉海・nukillizo (入場無料) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 美術 

女性作家4人による「BIBAI CORE 2010」@美唄市

 自然と安田侃氏の彫刻に囲まれたアルテピアッツァ美唄。木造校舎の中のギャラリー空間で、4人の女性作家による企画展示「BIBAI CORE 2010」を開催する。100401bibaicore2010
【参加作家】 
  太田 博子 ohta hiroko
  佐藤 史恵 sato shie
  佐野 由美子 sano yumiko
  澤口 紗智子 sawaguchi sachiko
・会 期 :2010年4月1日(水)〜26日(月)
・時 間 :9:00〜17:00 火曜休館
・会 場 :美唄市・アルテピアッツァ美唄(落合町栄町 地図 TEL 126-63-3137)
・入場料 :無料 

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2010年04月25日

四ノ宮浩監督作品上映会「神の子たち」 スモーキーマウンテン−過去・現在・未来−@札幌

 ゴミ捨て場で働くフィリピンの貧しい子供達の実態を見つめてきたドキュメンタリー作家・四ノ宮 浩(しのみや・ひろし)監督の作品上映会の一環で、シリーズ第2作「神の子たち」(公式HP)(2001年)=DVD情報=が札幌のカフェで上映される。前作「忘れられた子供たち―スカベンジャー」(1995年)=DVD情報=で舞台となったマニラ市郊外の巨大なゴミ捨て場”スモーキーマウンテン“が、1995年11月にフィリピン政府により強制撤去された。ここでゴミを生活の糧としていた人々の一部は、マニラから約20km離れたゴミ捨て場へと移り住むが、崩落事故が発生し、政府はゴミの搬入を中止、人々は一時生活の糧を失う。ゴミ処理場という悲惨な環境の中でも、希望を失わず生きる人たちの100425kaminoko命の輝きを描く。2002年ベルリン国際映画祭正式招待ほか。
・日 時 :2010年4月25日(日) 16:00開演
・会 場 :札幌・cafe Raw Life
      (北区北24条西10丁目1-10 TEL 011-215-6212)
・入場料 :300円
・参 考 :四之宮監督の(有)オフィスフォープロダクション 
・お問合せ:北海道国際協力学生団体 (石塚) 
      hokkaido_icsa@@yahoo.co.jp(@@→@) 
※ 四ノ宮浩監督作品上映会「スカベンジャー」「バスーラ」上映 → 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 映画 

アフタヌーンシネマで「ゾラの生涯」上映@旭川市

 旭川市中央図書館で毎月第4日曜日に開催されているアフタヌーンシネマ。4月は、フランスの文豪ゾラの生涯とドレフュス事件を扱った伝記映画「ゾラの生涯(The Life of Emile Zola)」DVD情報=を上映。ゾラの生涯 特別版 [DVD]1894年、フランス国内ではすでに文豪として名を馳せていたゾラは、ドレフュス大尉が反逆罪で終身刑を受けたことが冤罪であるとし、軍部を弾劾して禁固刑に処せられるが、友人の助けで英国に亡命する。1937年第10回アカデミー賞作品賞、助演男優賞、脚色賞受賞作品。ウィリアム・ディターレ監督。1937年、米、116分。上映の詳細は同図書館HPの案内欄で。
・日 時 :2010年4月25日(日) 15:00開演
・会 場 :旭川市中央図書館(常磐公園内) 2F 視聴覚室
・入場料 :無料。事前申込み不要
・お問合せ:同図書館 TEL 0166-22-4174 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

記念講演会「本願寺の歴史と北海道」@札幌

 北海道立近代美術館で開催中の「本願寺展」(2010/04/17〜5/23、記事)の関連事業として100417honganjiten本願寺史料研究所客員研究員の金龍 静氏を講師に迎え「本願寺の歴史と北海道」と題してお話をうかがう。詳細は道立近代美術館HPの案内欄と本願寺HPの案内チラシ(PDF)で。
・日 時 :2010年4月25日(日) 14:00 
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館 講堂
      (中央区北1西17 地図)
・聴講料 :無料(ただし展示は別途入館料が必要)
・定 員 :200名(当日先着順)
・お問合せ:同館 TEL 011-612-7000 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

「ブルー・ゴールド 狙われた水の真実」上映会&上川地方の環境を考える勉強会@旭川市

 世界中で起きている様々な“水紛争”の現実に迫るドキュメンタリー映画「ブルー・ゴールド 狙われた水の真実」(公式HP)を上映。100200bluegold環境破壊や人口増加などにより地球規模で水不足が深刻化している現在、水を巨大なビジネスチャンスとみなして独占を諮る企業や投資家、国家間の思惑、政治家の動き等、水資源問題を多角的に検証していく。2008年、アメリカ、90分。監督・撮影・編集・製作:サム・ボッゾ。上映後、上川管内の豊かな自然と現状についての講演会も行われる。詳細は北海道新聞HPの案内欄ほかで。
・日 時 :2010年4月25日(日) 13:30開演
・会 場 :旭川市・旭川リサーチセンター(緑が丘東1条3丁目1-6)
・参加料 :2,000円(当日2,500円) 要事前申込、定員70人
・主 催 :ゆめくらぶ北海道独歩塾
・お問合せ:ゆめくらぶ(中村) TEL 090・9521・7952 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

藤谷康晴個展「ANALOG FLIGHT SAPPORO→」@札幌

 精力的に個展やライブドローイング活動を展開していた石狩市在住の若手、藤谷 康晴(ふじや・やすはる)さんの久々の個展。2006年1月のデビュー当時は、街路や駐車場など日常の何気ない風景を緻密なモノクロの線描で描き、異界のような緊迫感が漂う作品群を次々に発表。その後数年のライブドローイングでは、微生物とも植物とも抽象ともつかぬ不思議なエネルギーの奔流を線描で描き、筆触、色彩、会場との間合い等々、毎回新たな挑戦を続けてきた。100413fujiyayasuharu右画像は今回のDMハガキで「離陸する猿〜THIS MONKEY TAKES OFF 〜」(2009年)。
・会 期 :2010年4月13日(火)〜25日(日)
・時 間 :11:00〜19:00 月曜定休
・会 場 :札幌・テンポラリースペース(TEL 011-737-5503)
     (北区北16条西5丁目1-8 地下鉄北18条下車5分 地図
・入場無料 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 美術 

久守夕子「たのしいセラミカとモサイコ」@札幌

100413hisamoriyuuko 札幌市在住の久守 夕子(ひさもり・ゆうこ)さんの初個展。モザイクの鏡等約10点や、カップやボールなど新作の陶器約40点を展示。器の内外に描かれている獏や猫などのユーモラスな絵けが楽しい。詳細は会場のト・オン・カフェHPの案内欄で。
・会 期 :2010年4月13日(火)〜25日(日) 会期中無休
・時 間 :10:30〜22:00(日曜は20:00まで)
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
      TEL 011-299-6380
・入場料 :無料だが、カフェなので何か注文を 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2010年04月24日

札幌市立大学公開講座 葛西薫・広告の力〜心に届くコミュニケーションを考える〜@札幌

 札幌市立大学では、サントリーのウーロン茶の広告や数々の映画のタイトルワークを手掛ける北海道出身のアートディレクター 葛西 薫氏(サン・アド社所属)を招き、公開の専門講座を開く。発想と表現の原点を、デビューから今に至る膨大な数のアイデアスケッチなどを通して紹介する。現在、演劇や映画、装丁グラフィック、空間デザインへと活動の領域を大きく広げている氏が生み出す「心に届くコミュニケーション」の魅力を探る。100424KasaiKaoruP申込は先着順。詳細は同大HPの案内欄(PDFファイル)で。
・日 時 :2010年4月24日(土) 14:00〜16:00
・会 場 :札幌・札幌市立大学 芸術の森キャンパス(南区芸術の森1丁目 地図)
・対 象 :グラフィックデザインを志す学生、デザイン関係の企業・専門家、
      一般市民の方
・定 員 :200名(先着順)。
・入場料 :一般市民 500円、学生は学生証の提示で無料
・申込方法:氏名、年齢、連絡先住所、電話番号を明記し
      札幌市立大学サテライトキャンパスへ電話かFAX、メールで。
      TEL&FAX 011-218-7500、メール koza@scu.ac.jp 
・参 考 :『KASAI Kaoru 1968 - 図録 葛西薫1968』書籍情報= 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

山本薩夫監督生誕100年記念「証人の椅子」上映会@札幌

 昭和28年に実際におこった徳島ラジオ商殺害事件を元に冤罪を問う社会派ドラマ「証人の椅子」DVD情報=を上映。事件が迷宮入りしそうになる中で、その内縁の妻が逮捕された。妻は「自白」させられ起訴となった。100426syouninnoisu02妻は裁判では犯行を否認するが、有罪判決が下された。妻は控訴したが二審でも有罪に。判決には、ラジオ商の家に住み込んでいた少年達の嘘の証言が大きく影響していた。妻の甥の粘り強い働きかけで、少年たちは本当の証言を始めた・・・。1965年、大映、103分。出演は奈良岡朋子、吉行和子、新田昌玄、福田豊土、永田靖ほか。
・日 時 :2010年4月24日(土) 14:00開演
・会 場 :札幌市教育文化会館(中央区北1西13) 4階講堂
・入場料 :前売1,000円、当日1,200円
・お問合せ:北海道共同映画社 TEL 011-562-1711 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

北海道立釧路芸術館 アートシネマ館 「断崖」上映@釧路市

 釧路芸術館の「アートシネマ館2010」では、洋画の名作を4月から3月まで毎月1作品ずつ上映。4月は、ヒッチコックの「断崖」DVD情報=を上映。100424kusiroartcinema夫に対して“疑惑”の念に取り憑かれた妻を描いたヒッチコックの心理スリラー。原作はフランシス・アイルズの『犯行以前』。ずさんな財産管理や、毒薬について調べている夫の姿を見て、妻の疑念は日々増していく。そして、家を出ようとした妻を乗せたまま、夫の運転する車は断崖目指して突き進む…。1941年、アメリカ、99分。出演は、ジョーン・フォンティン、ケイリー・グラント、ナイジェル・ブルースほか。詳細は同館HPの案内欄で。
・日 時 :2010年4月24日(土) 10:00、14:00
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 アートホール
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2010年04月23日

四ノ宮浩監督作品上映会「忘れられた子供たち スカベンジャー」 スモーキーマウンテン−過去・現在・未来−@札幌

 ゴミ捨て場で働くフィリピンの貧しい子供達の実態を見つめてきたドキュメンタリー作家・四ノ宮 浩(しのみや・ひろし)監督の作品上映会の一環で、シリーズ第1作「忘れられた子供たち―スカベンジャー」(1995年)=DVD情報=が札幌のカフェで上映される。フィリピン・マニラ市の北にある東洋最大のスラムと称せられたゴミ捨て場の街 “スモーキーマウンテン” で1989年、四ノ宮監督の撮影隊が取材を始めた。大量のゴミから発生するメタンガスで一日中煙がくすぶる劣悪な環境。ここには再生可能なゴミを拾って転売して生きる「スカベンジャー」と呼ばれる人々約21,000人が暮らしていた。「フィリピンの恥部をなぜ撮影する」と撮影中断に追い込まれることも。何度となく頓挫しかけたながら、6年の歳月をかけてフィルムは完成。家族の絆と子供たちの笑顔が鮮烈な印象を残す。第44回マンハイム国際映画祭ベストドキュメンタリー賞、100418wasurerareta02エコメディア国際環境映画祭1995 Hoimar von Ditfurth賞、第4回地球環境祭社会環境映像賞、ほか多数受賞。
・日 時 :2010年4月23日(金) 18:30開演
・会 場 :札幌・Earth Cafe In the LOOP
      (北区北14条西3丁目ルソレイユ1F TEL 011-709-3800)
・入場料 :300円
・参 考 :四之宮監督の(有)オフィスフォープロダクション 
・お問合せ:北海道国際協力学生団体 (石塚) 
      hokkaido_icsa@@yahoo.co.jp(@@→@) 
※ 四ノ宮浩監督作品上映会「神の子たち」「バスーラ」上映 → 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

吉浦康裕監督のアニメーション映画「『イヴの時間 劇場版」公開@札幌

 2008年8月〜2009年9月に、インターネットで配信された吉浦康裕監督による全6話のアニメーション作品『イヴの時間』の劇場版映画「イヴの時間 劇場版」(公式HP)が、札幌で公開される。映画の舞台は、アンドロイド(人間型ロボット)が実用化され、家電として扱うことが社会常識となっている時代。主人公のリクオと親友のマサキは、自家用アンドロイドのサミィの行動ログに不審な文字列が含まれていることに気づく。100403evenojikanこれを頼りに2人がたどり着いたのは、人間とアンドロイドを区別しないというルールを掲げる喫茶店“イヴの時間”だった。店を切り盛りするナギや、店の常連客との出会いの中で、リクオとマサキは“ロボットへの想い”を変化させていく…。吉浦監督は北海道出身、「ペイル・コクーン」等で高い評価を得ている。2009年、日本。2010年3月13日(土)より、特典付き前売券の販売も。上映の詳細は、劇場HPの案内欄で。
・会 期 : 2010年4月3日(土)〜23日(金) 
・会 場 :札幌・ディノスシネマズ札幌劇場(旧称スガイシネプレックス札幌劇場)
      (中央区南3西1須貝ビル7・8F)
・入場料 :同劇場HPの案内欄 続きを読む

bluebook at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「パチャママの贈りもの」劇場公開@札幌

 「パチャママの贈りもの」が札幌で劇場公開される。米ボリビア、アンデス山中の標高3600メートルの山地に暮らす少年の成長を描いた人間ドラマ。“パチャママ”は、インカ帝国の末裔、アンデス先住民の言葉ケチュア語で“母なる大地”のこと。ボリビアで昔ながらの生活を守りながら堅実に暮す人々の姿を、アンデス高地の雄大な風景とともに映し出す。これが初監督作品となるニューヨーク在住の松下俊文が、6年の歳月をかけて丁寧に撮り上げた。2009年、日米ボリビア、102分。111128pachamama上映の詳細は劇場HPの案内欄で。
・会 期 :2011年4月10日(土)〜23日(金) 
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :前売1400円
      当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2010年04月21日

ちえりあ映画会「TOMORROW明日」 上映@札幌

 ちえりあ視聴覚センターが所蔵する約1万本のフィルム・ビデオの中から、お勧めの作品を選んでを紹介する「ちえりあ映画会」。今回は、黒木和雄監督「TOMORROW/明日」(1988年、105分)=DVD情報=を上映。井上光晴の原作をもとに、原爆が投下される1945年の8月9日までの、長崎の数日間を描いた作品。声高に反戦を叫ぶのではなく、淡々と市井の人たちの日常生活を描き、その静かなタッチの中に戦争への怒りを込めるという、黒木監督の演出が100421tommorow大きな効果を上げている。この後も黒木監督は自らの戦争体験と思いを込めた『美しい夏キリシマ』(2003)、『父と暮らせば』(2004)の戦争レクイエム3部作を発表。庶民の生活を通じて戦争の悲惨さを描き続けた。上映の詳細はちえりあHPの案内欄で。
・日 時 :2010年4月21日(水) 10:00〜12:00
・会 場 :札幌市生涯学習センターちえりあホール(西区宮の沢1条1丁目 地図
・入場料 :無料(予約不要、当日直接会場へ)。定員400名。
      要整理券(当日朝9:00から会場前で配布)
・お問合せ:札幌市生涯学習センター 事業課 TEL 011-671-2311 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

時代を超える名作長編アニメーション「バッタ君 町に行く」DVD発売

 『ポパイ』や『スーパーマン』を世に送り出し、ディズニー最大のライバルと称されたフライシャー・スタジオ製作による長編アニメーション映画映画「バッタ君町にいく」(1941年、アメリカ、78分)が2010年4月21日(水)にDVDで発売される=DVD情報=。映画は、人間の侵入で危険にさらされた都会の虫たちが、安全な土地に移住しようとする様子を描く。詳細は、配給の三鷹の森ジブリ美術館ライブラリーHP最新情報欄案内欄で。100130battakun
【DVD情報】
・発売日  :2010年4月21日(水)
・収録時間 : 78分
・商品仕様 : 片面1層/ピクチャーディスク/MPEG2/
        NTSC、日本国内向け(リージョン2)/複製不能、マクロビジョン
・画面サイズ:  4:3 スタンダードサイズ
・音声    : 英語(オリジナル)  ・字幕: 日本語
・予定価格  : 3,990円(税込)

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2010年04月20日

講演「音楽と文学と映像〜今井信子と須賀敦子と私」@江別市

 江別市で数々の優れたクラシック系コンサートを企画・運営する市民団体えべつ楽友協会では、5月16日の今井信子ヴィオラリサイタルに先駆け、音楽の魅力シリーズ第9弾「音楽と文学と映像〜人は何に魅せられるのか 今井信子と須賀敦子と私〜」と題した講演会を開く。講師は、「世界ふしぎ発見!」のプロデュース他で活躍するテレビマンユニオン会長の重延 浩(しげのぶ・ゆたか)さん。100420ongakueizou2010年正月にBS朝日で放映されたテレビ番組「イタリアへ・・ 須賀敦子・静かなる魂の旅」(ヴィオラ演奏:今井信子)の演出・脚本も手掛けた。須賀敦子さんは今なお多くのファンをもつ随筆家・イタリア文学者。当日は映像を使った講演を予定。
・日 時 :2010年4月20日(火) 18:30開場、19:00開演
・会 場 :江別市大麻公民館 えぽあホール(JR大麻駅前 地図)
・入場料 :500円
・お問合せ:えべつ楽友協会 TEL 011-386-7051(木太)、389-8581(西川) 
・参 考 :ユニバーサルミュージックHPの今井信子さん紹介欄

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | 映画

2010年04月19日

メディア・アンビシャス4月例会 「しかし―福祉切り捨ての時代に―」@札幌

 「メディアよ、大志を抱け」を合言葉に、志の高い番組や報道を応援し、メディア状況の改善を目指して2009年2月に発足した市民有志による「メディア・アンビシャス」(公式HP)(代表:山口二郎北大大学院教授)は、毎月第3月曜に例会を開催予定。4月の例会では、水俣病担当者だった環境庁の高級官僚の自殺を是枝 裕和ディレクターが追ったドキュメント番組『しかし―福祉切り捨ての時代に―』(1991年作品、フジテレビNONFIX、ギャラクシー賞優秀作品賞)を取り上げる。当日は、ナビゲーターに中島岳志さん(北大大学院准教授)を迎え、「しかし〜」上映後に100419MA中島さんの解説とディスカッションを行う。詳細はメディア・アンビシャスHPの案内欄で。
・日 時 :2010年4月19日(月) 19:00〜21:00頃
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F )
・入場方法:当日の資料代500円。参加は会員制だが当日入会可能(参考)
      年会費 一般3,000円、学生1,000円 ほか      
・主 催 :メディア・アンビシャス http://media-am.org/
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 
・参 考 :NONFIXサイトの『しかし…福祉切り捨ての時代に』紹介欄 
・是枝裕和監督の本
  屬靴し…―ある福祉高級官僚 死への軌跡」(あけび書房)=書籍情報
 ◆峇盈修呂覆嫉爐鯀んだのか―現実と理想の間で」(日経ビジネス人文庫)=書籍情報=  続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

映画「しかし それだけではない。」公開記念講演会 「加藤周一を語る」@札幌

 日本を代表する「知の巨人」加藤 周一さん(1919〜2008年)の、生前の最後のメッセージと氏自身のあゆみで構成したドキュメンタリー映画「しかし それだけではない。 加藤周一 幽霊と語」(公式HP)札幌上映会(5月9日)を記念して、予告編上映と、講演「うしろ姿の加藤周一」(講師:中澤千磨夫北海道武蔵女子短大教授)を実施。100331katousyuuichi詳細は、会場の紀伊國屋書店札幌店HPの案内欄札幌上映特設欄で。
・日 時 :2010年4月19日(月) 18:30〜19:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場無料、定員100名(内 椅子席70席)
・主 催 :加藤周一ドキュメンタリー映画・札幌上映実行委員会
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131 
・参 考 :札幌上映(2010年5月9日、札幌共済ホール、記事) 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 文学 | 映画

期間限定のチェブラーシカショップが札幌に初登場@札幌

 日本でも大人気のロシアの人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(公式HP)DVD情報=のグッズ販売ショップが期間限定で札幌に登場。映画は、子熊に似た架空の動物・チェブラーシカとワニのゲーナほか、仲間たちが繰り広げる不思議な冒険の日々を描いたシリーズ。100414chevロマン・カチャーノフ監督作品。開催期間中はチェブラーシカも来店予定。詳細は大丸HPの案内欄とチェブラーシカ公式HPの案内欄で。
・会 期 :2010年4月14日(水)〜19日(月) 会期中無休
・入場時間:10:00〜20:00 (最終日は18:00閉場) 
・会 場 :札幌・大丸さっぽろ(JR札幌駅直結)7F 催事場
・入場料 :無料
・お問合せ:同店 TEL 011-828-1111 
※ チェブラーシカショップ開催イベント → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

リラックマ展〜ごゆるりマーケット〜(チェブラーシカショップ同時開催)@札幌

 OLのカオルさんの家に勝手に住み着いて居候している着ぐるみのクマ、リラックマ。ぬいぐるみや100414rilakkuma文具などのリラックマグッズを販売。会場限定品も。チェブラーシカ ショップも同時開催。詳細は大丸HPの案内欄とチェブラーシカ公式HPの案内欄で。
・会 期 :2010年4月14日(水)〜19日(月) 会期中無休
・入場時間:10:00〜20:00 (最終日は18:00閉場) 
・会 場 :札幌・大丸さっぽろ(JR札幌駅直結)7F 催事場
・入場料 :無料
・お問合せ:同店 TEL 011-828-1111 
※ チェブラーシカショップ開催イベント → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

2010年04月18日

四ノ宮浩監督作品上映会「忘れられた子供たち スカベンジャー」 スモーキーマウンテン−過去・現在・未来−@札幌

 ゴミ捨て場で働くフィリピンの貧しい子供達の実態を見つめてきたドキュメンタリー作家・四ノ宮 浩(しのみや・ひろし)監督の作品上映会の一環で、シリーズ第1作「忘れられた子供たち―スカベンジャー」(1995年)=DVD情報=が札幌のカフェで上映される。フィリピン・マニラ市の北にある東洋最大のスラムと称せられたゴミ捨て場の街 “スモーキーマウンテン” で1989年、四ノ宮監督の撮影隊が取材を始めた。大量のゴミから発生するメタンガスで一日中煙がくすぶる劣悪な環境。ここには再生可能なゴミを拾って転売して生きる「スカベンジャー」と呼ばれる人々約21,000人が暮らしていた。「フィリピンの恥部をなぜ撮影する」と撮影中断に追い込まれることも。何度となく頓挫しかけたながら、6年の歳月をかけてフィルムは完成。家族の絆と子供たちの笑顔が鮮烈な印象を残す。第44回マンハイム国際映画祭ベストドキュメンタリー賞、100418wasureraretakoエコメディア国際環境映画祭1995 Hoimar von Ditfurth賞、第4回地球環境祭社会環境映像賞、ほか多数受賞。
・日 時 :2010年4月18日(日) 16:00開演
・会 場 :札幌・cafe Raw Life
      (北区北24条西10丁目1-10 TEL 011-215-6212)
・入場料 :300円
・参 考 :四之宮監督の(有)オフィスフォープロダクション 
・お問合せ:北海道国際協力学生団体 (石塚) 
      hokkaido_icsa@@yahoo.co.jp(@@→@) 
※ 四ノ宮浩監督作品上映会「神の子たち」「バスーラ」上映 → 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 映画 

合田一道氏による文芸セミナー「遺書が映し出す時代の風」@札幌

 北海道立文学館で開催中の常設展プレミアム「日本人の遺書」(記事)の関連企画。『日本人の遺書 1859-1997』(藤原書店)を2010年5月に刊行予定の、札幌のノンフィクション作家・合田一道氏を講師に迎え、同展にも出品されている合田氏の取材資料の展示解説等を通して、有島武郎や乃木希典など著名人達の遺書から見えてくる「人となり」や時代についてお話をうかがう。100418isyojidai詳細は同館HPの案内欄右チラシ(PDF)で。
・日 時 :2010年4月18日(日)14:00開始
・会 場 :札幌・北海道立文学館 講堂
      (中央区中島公園1-4 地図 TEL 011- 511-7655)
・聴講料 :無料。 定員80名まで
・お申込み:4月11日(日)より同館まで電話で申し込みを。
・お問合せ:同館 TEL 011- 511-7655 
・主 催 :北海道立文学館、財団法人北海道文学館 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 

自閉症の青年を巡るヒューマンドラマ「ぼくはうみがみたくなりました」上映会@函館市

 自閉症の青年と、彼を取り巻く人々をユーモラスに描いたヒューマンドラマ「ぼくはうみがみたくなりました」の上映会。札幌出身の俳優伊藤祐貴さん(22才)が初主演した。「自閉症」という名前だけが一人歩きし始めている昨今、実際の症状や接し方等、ほとんど知られていない障害に焦点を当て、ひとりの自閉症の青年を取り巻く人々の人生や心の成長を、時にユーモラスに、時に厳しく、そして温かく描き出す。091122bokuumi自閉症の息子を事故で亡くした脚本家山下久仁明さんの同名小説の映画化で、千人以上の寄付を得て完成した。福田是久監督、2009年、日本、35弌103分。詳細は、会場の館市地域交流まちづくりセンターHPの案内欄で。
・日 時 :2010年4月18日(日) 10:30上映+講演 14:00
・会 場 :函館市地域交流まちづくりセンター
      (末広町4番19号 地図 TEL 0138-22-9700)
・入場料 :500円
・お問い合せ:函館で「ぼくはうみがみたくなりました」を上映する会
      TEL & FAX 0138-59-3725 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

映画「オーケストラ!」先着入場者にPMFの非売品CDプレゼント@札幌

 愛すべき寄せ集め楽団の大逆転に、笑って、泣いて、拍手喝采の音楽映画「オーケストラ!」(公式HP)が北海道は札幌で公開される。劇場清掃員として働くアンドレ。かつてはボリショイオーケストラで主席をつとめた天才指揮者だった。ある日、清掃中に、演奏を取りやめた楽団の代わりのオーケストラを2週間以内に見つけたいとのFAXを見た瞬間、かつてのオーケストラ仲間を集め、偽の楽団を結成し、ボリショイの代表として出場することを思いつく。2009年、仏、124分。監督:ラデュ・ミヘイレアニュ。100417LeConcertキャスト:アレクセイ・グシュコブ、メラニ・ロラン、フランソワ・ベルレアンほか。この公開を記念して、4/17(土)と4/18(日)の2日間に限り、各先着100名にPMF オリジナルCD」(非売品)をプレゼントする。詳細は劇場HPの案内欄で。(有料入場者様に限ります)
・日 時 :2010年4月17日(土)、18日(日)  
・会 場 :札幌・ディノスシネマズ札幌劇場(旧称スガイシネプレックス札幌劇場)
      (中央区南3西1須貝ビル7・8F)
・入場料 :同劇場HPの案内欄 
・プレゼント人数:各日 先着100名まで
・CDの内容 → 続きを読む

bluebook at 10:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

アンモナイト銅版画展@札幌

 〜 北大総合博物館開館10周年記念展示 〜
 「北海道アンモナイト博物館」(北海道新聞社)=書籍情報=の著者である版画家、福岡 幸一氏による北海道のアンモナイト版画と実物標本を展示。アンモナイトの神秘さや美しさ、またそれぞれのアンモナイトの特徴を版画という100216anmonaito世界を通して表現している。版画と実物標本を種類別と時代別で分けた展示になっている。またその時代に生きていた恐竜や植物などの化石も紹介(右チラシ裏面より)。詳細は、北大総合博物館HPの案内欄で。
・会 期 :2010年2月16日(火)〜4月18日(日)
・時 間 : 10:00〜16:00
・会 場 :札幌市・北海道大学総合博物館 一階「知の交流コーナー」
      (北区北10条西8丁目)
・入場無料
・お問合せ:同館 TEL 011-706-2658 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

清水武男展 写真「地球人」@札幌

 空撮写真の第一人者としても知られる札幌の写真家、清水 武男さんの作品展。「中国、インド、ネパール、南米、アフリカ・・・地球をテーマに撮影を始めたころ、自然の中で生きる人達との出会いはたくさんのエネルギーを私に与えてくれた」という。今回の個展では、インドと中国・武陵源の人々の写真を展示。詳細は作家ブログ案内欄で。100410chikyuujin
・会 期 :2010年4月10日(土)〜18日(日)
・時 間 :10:00〜18:00(最終日は16:00頃まで) 4/13(火)休館
・会 場 :札幌市・茶廊 法邑 地図
      (東区本町1条1丁目8-27
       地下鉄東豊線「環状通東駅」下車徒歩7分)
・企 画 :法邑芸術文化振興会
・お問合せ:同ギャラリー TEL&FAX 011-785-3607 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

佐野妙子 富樫はるか 2人展 vol.5@札幌

 ともに北海道教育大学札幌校芸術文化課程美術コース出身の若手女性作家、佐野妙子さん(HP)富樫はるかさん(HP)による2人絵画展。4プラホールでの展示は2006年からスタートして今年で5回目。「2人の日々感じる事、胸の内を多くの方に明かしたい。春のような爽やかな息吹を伝えられたらと思います」とのこと。佐野さんは春の予感を油絵とカラーインクで、富樫さんは日本画を中心に展示する他、侍をモチーフにした作品、2006年に出版した絵本「おやじちゃん」=書籍情報=もコーナー展示。100410sanotogashi詳細は4プラHPのイベント案内欄で。
・会 期 :2010年4月10日(土)〜18日(日)
・時 間 :10:00〜20:30 (最終日は19:00まで)
・会 場 :札幌・4丁目プラザ 7階 4プラホール
      (中央区南1西4 TEL 011-261-0221)
・入場無料 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

札幌芸術の森美術館開館20周年記念展「芸森の名品」展@札幌

 1990年に開館した札幌芸術の森美術館では、2010年の開館20周年記念展の第一弾として「芸森の名品」を開く。同館がこの20年間に収集した美術作品は1,000点以上。国内外の彫刻作品、札幌・北海道の美術を中心に、アフリカの部族芸術なども加えた特徴的なコレクションを形成している。「本展では、特に人気の高い作品はもちろん、近年新たに収集された作品、これまでは紹介の機会が少なかった『隠れた名品』などにも光をあて、個性豊かな作品たちで会場を埋めつくします。また、これまで美術館を支えてくださった皆様への感謝の気持ちを込め、本展は無料でご覧いただけます」とのこと。右チラシの作品は手前から、國松明日香「水脈を聴く」、舟越桂「雪の上の影」、飯田善國「びょうぶの谷」、竹岡羊子「CARNAVAL = クラウン」、イサム・ノグチ「フィギュア・イマージング」(寄託)、100207geimorimeihin佐藤武「都市の記憶」。他にも八木伸子、伏木田光夫、砂澤ビッキ他の作品を展示予定。詳細は同館HPの紹介欄で。
・会 期 :2010年 2月7日(日)〜4月18日(日)
・休館日 :月曜休館(ただし3/22開館し3/23休館)
・時 間 :9:45〜17:00(入館16:30まで)
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森美術館(南区芸術の森2丁目75、地図)
・入場料 :無料(開館20周年記念のため)
・お問合せ:同館 TEL 011-011-591-0090 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2010年04月17日

NPO法人ロシア極東研発足記念 大前研一講演会「世界金融恐慌後の日ロ経済」@札幌

 100417oomaekenichi〜北東アジアからの新しいエネルギーフロー〜
 NPO法人ロシア極東研(旧称:日ロ北海道極東研究学会)では、NPO法人としての新たな発足記念に経済評論家の大前研一氏(HPブログ)を招いて講演会を開催する。詳細は主催者HPの案内欄(PDF)で。
・日 時 :2010年4月17日(土) 15:00〜17:00
・会 場:札幌・北海道大学 学術交流会館(地図)
・入場料 :無料
・主 催 :NPO法人ロシア極東研
・お問合せ:NPO法人ロシア極東研 代表理事 望月 TEL 0134-62-2578 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「カールじいさんの空飛ぶ家」上映会@小平町

 ディズニー・ピクサーが贈る3Dアニメーション映画「カールじいさんの空飛ぶ家」を上映。偏屈で孤独なガンコ老人が、亡き妻との約束を果たすべく2人の思い出が詰まった我が家に大量の風船をつけ大冒険に繰り出す。100417Carl監督は「モンスターズ・インク」のピート・ドクター、共同監督にこれがデビューのボブ・ピーターソン。2009年、米、103分。第82回アカデミー賞の長編アニメーション賞受賞。上映の詳細は小平町文化交流センターサポーターズクラブHPの案内欄で。
・日 時 :2010年4月17日(土) 開場13:30、上映14:00〜15:36
・会 場 :小平町文化交流センター 多目的ホール
・入場料 :大人1,000円(当日1,200円)、高校生以下500円(当日700円)
・お問合せ:小平町文化交流センターサポーターズクラブ(金子)
      TEL 0164-56-9500 FAX 0164-56-9555
      E-mail obira@@hokkai.or.jp(@@→@)  

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ブレーメン館研究会 田村一郎氏「マイスター・エックハルトを「異端」に導いたもの」@札幌

 「自由な発表と幅広い交流の場」をモットーに、同人誌発行や上映会、山中貞雄監督からアンゼルム・キーファー、ホロコースト漫画「マウス」まで幅広く論じる「ブレーメン館」の研究会。今回は、ドイツ哲学の第一人者、田村 一郎(たむら・いちろう)鳴門教育大学名誉教授を招き、「ドイツ神秘主義」の始祖といわれる中世末期のスコラ哲学者マイスター・エックハルトについてお話いただく。板東俘虜収容所の全貌―所長松江豊壽のめざしたもの気軽に参加を。詳細はブレーメン館HPの案内欄で。
・発表題目: マイスター・エックハルトを「異端」に導いたもの
       〜「ドイツ観念論とドイツ神秘主義」研究序説 〜

・発表者 : 田村 一郎氏(鳴門教育大学名誉教授)
・日 時 :2010年4月17日(土)  14:00〜16:00
・会 場 :札幌・北海道情報大学 札幌サテライト
     (中央区北3西7緑苑ビル4階、植物園入口正面 地図
・参加費 :一般500円。会員と学生は無料。予約不要。一般参加歓迎。
・お問合せ:ブレーメン館事務局TEL 011-897-5464 (安高) 
・講師最新刊:『坂東俘虜収容所の全貌〜所長松江豊壽の目指したもの〜 』書籍情報
※ 発表概要、これまでの研究会など → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 文学 

ドキュメンタリー映画「嗚呼 満豪開拓団」上映会@中標津町

 「嗚呼 満蒙開拓団(ああ まんもうかいたくだん)(公式HP)の上映会。満蒙開拓団とは、1931年の満州事変以後、当時の日本政府の国策によって、中国大陸の旧満州(現在の中国東北部)、内蒙古に入植させられた日本移民のこと。1945年の太平洋戦争敗戦までに送り込まれた開拓団員は約27万人と言われている。しかし、その内の約8万数千人が、ソ連参戦、日本の敗戦によって、帰国できずに亡くなっている。そんな中、ある残留婦人の言葉を機に、中国の周恩来総理の指示で、満州移民の遺骨を納めた「方正地区日本人公墓」を中国政府が建設。2002年に始まった中国の残留孤児の国家賠償請求訴訟を通じて、偶然この墓の存在を知った羽田澄子監督が本作を企画したもの。映画は公墓を巡る現地へのインタビューを中心に、満蒙開拓団が生まれた経緯、090808aamanmoukaitakudanソ連参戦直後に起きた悲惨な逃避行の様子、残留孤児と養親との関係などを描き、日中友好へと思いを馳せる。2008年、120分、日本。自由工房作品。製作/工藤充、演出/羽田澄子(ナレーター兼)。上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄で。
・日 時 :2010年4月17日(土) 13:00開場、13:30上映
・会 場 :中標津町総合文化会館 コミュニティホール
      (中標津町東2南3)
・入場料 :500円 
・お問合せ:同会館 TEL  0153-73-1131
・主 催 :ドキュメンタリー映画「嗚呼 満豪開拓団」上映会実行委 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

ドキュメント「どうするアンポ」、劇映画「沖縄」上映@七飯町

 ドキュメント「どうするアンポ〜日米同盟とわたしたちの未来〜 」(Part-1 23分、Part-2 22分)、1970年の劇映画「沖縄」(武田敦 脚本・監督)を上映。
・日 時 :2010年4月17日(土) 13:30
・会 場 :七飯町文化センター(TEL 0138-66-2066)
・入場無料
・お問合せ:ピースシアター in 七飯 TEL 0138-65-0985(板谷)

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第3回 nou me non 作品展「はっ!展」@札幌

 札幌市立大学デザイン学部13人の美術集団「NOU ME NON」(ノメノン、2007年結成)による展示。去年は三笠市で行われた「幌内・布引アートプロジェクト」にも参加するなど、地域とのコミュニケーションを大切にし、美術制作やデザイン等を行っている。100411noumenon03
【参加作家】
  石崎祐美、磯川亮太、伊藤里菜子、太田耕平、工藤寛子、桜井亜美、
  佐藤文香、萩原拓矢、山根春菜、小松英之、平野大地、山本倫子、若生大地
・会 期 :2010年4月1日(日)〜17日(土)
・時 間 :11:00〜19:00(11日は17:00開場、17日は17:00閉場)
・会 場 :札幌・ほくせんギャラリー[アイボリー]ivory
      (中央区南2条西2丁目 NC HOKUSEN ブロックビル4F)
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-251-5100
※ 11日17:00よりオープニングパーティー

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

草月流華道家・伊東千水展「千水の世界−花と能面」@札幌

 100406sensui草月流の華道家、伊東千水(いとう・せんすい)さんの個展。「千水が面に魅せられ、面を打ち、面と遊ぶ世界」とのこと。詳細は、札幌アリアンス・フランセーズHPの案内欄で近日紹介される見込み。
・会 期 :2010年4月6日(火)〜17日(土)
・時 間 :10:00〜19:00 日祝閉館
      (月曜12:00より、土曜18:00まで)
・会 場 :札幌アリアンス・フランセーズ
      (中央区南2西5、南2西5ビル2階 地図)
・入場料 :無料
・お問合せ:札幌アリアンスフランセーズ TEL 011-261-2771 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2010年04月16日

シアターキノ18周年記念イベント第2弾「すべては海になる」特別上映&鼎談@札幌

 札幌の市民映画館シアターキノでは18周年記念企画第2弾として、「すべては海になる」を上映。荒れた家庭で暮らしながらも読書を支えに生きる高校生と、かつて本に救われた過去を持つ女性書店員の心の交流を描く感動作。佐藤江梨子、柳楽優弥が主演。監督・脚本/山田あかね、2009年、日本、119分。詳細はシアターキノHPのNEWS欄案内チラシ(PDF)で。
【来場ゲスト】 100416subetehaumini
 <ゲスト> 山田あかねさん(作家・映画監督)、久住邦晴さん(くすみ書房社長)
 <司 会> 荒井宏明さん(北海道ブックシェアリング代表)
・日 時 :2010年4月16日(金) 19:30
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :入場整理番号付き限定チケット 前売1500円(当日1800円)
      キノ会員&高校生以下 前売1000円(当日1800円)
      キノ窓口にて3/14(日)より発売(予定)    
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画