2010年05月

2010年05月20日

映画「おとうと」上映会@小樽市

 100520otouto山田洋次監督の新作映画「おとうと」(公式HP)を上映。女手一つで娘を育ててきた姉と、大阪で芸人にあこがれながら破天荒な暮らしを送る弟との再会と別れを描く家族ドラマ。2009年、日本、126分。吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、加瀬亮ほか出演。
・日 時 :2010年5月20日(木) 4回上映
      10:00、13:00、15:40、18:30
・会 場 :小樽市民センター(色内2丁目13番5号 地図
・入場料 :1,000円
・お問合せ:映画「おとうと」をみる会 TEL 0134-32-0562 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2010年05月18日

Kissa Kaika &more 「短編映画祭」@札幌

 札幌国際短編映画祭などで徐々に知られてはいるものの、日本ではまだまだ短編映画は、一般的な認知度がなく、見る機会が少ないジャンルの映画。テレビや劇場では勿論、レンタル店でもほとんど扱っていない。道新文化センターで講座「短編映画の世界」を担当しているゴトウ ユウスケ氏(アートカフェ「すかんぴん」マスター)が、100518tanpeneigasai国内外の短編映像の古典的名作から近年の実験作、アート・アニメまで、選りすぐりの短編14作品を上映する。詳細は会場の開化HPの案内欄ほかで。
・日 時 :2010年5月18日(火) 19:00開演
・会 場 :札幌・ブックカフェ開化 & more (kissa kaika)
     (豊平区平岸3条9丁目10-1第一恵信ビル2F)開化店内
      環状通と平岸通の交差点そば、階段上がって2F
      豊平整形外科隣り。[駐車場無し]
・入場料 :1,000円
・主 催 :ゴトウ ユウスケ(アートカフェ「すかんぴん」マスター)
・お問合せ:同店 TEL 011-842-0770 
※ 上映作品 → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

谷口真希子 はり絵展「ワインディングロード」@札幌

 室蘭市生まれ、多摩美大出身(油絵)の谷口 真希子(たにぐち・まきこ)さんの、はり絵展。谷口さんは1999年から布による貼り絵作品を制作、独自の詩的な世界を展開している。2006年には詩画集『風のハモニカ』を出版。2008年春に札幌のカフェ・エスキスで初個展「とりの夢」(記事)を開催、静かな注目を集めた。今回展のタイトル「ワインディングロード」は100429taniguchimakikoビートルズの名曲「WINDING ROAD」を思わせる。「ふりかえると 私の歩いて来た道は くねくねと 曲がりくねった 長い道だった。…」詳細は会場の案内欄で。
・会 期 : 2010年4月29日(木・祝) 〜 5月18日(火)
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで)
      水曜定休、5/11(火)臨時休業
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334  続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2010年05月17日

メディア・アンビシャス2010 5月例会「新聞の読み方、書かれた方のABC」」@札幌

 「メディアよ、大志を抱け」を合言葉に、志の高い番組や報道を応援し、メディア状況の改善を目指して2009年2月に発足した市民有志による「メディア・アンビシャス」(公式HP)(代表:山口二郎北大大学院教授)は、毎月第3月曜に例会を開催予定。5月の例会では、日本の新聞の現状を考える。一般的に「日本の新聞記事はどの新聞社の記事でもほぼ同じ内容だ」という批判があるが、新聞記者からは「同じテーマでもさまざまな角度、切り口から記事を書いている」との反論があり、多様な意見を反映させるために寄稿文が載せられているとの声も。それを具体的に検証・議論する。詳細はメディア・アンビシャスHPの案内欄で。
【ゲスト】 (変更あり 05/13)
  パネラー 
    浅野 元広(弁護士) ← 山口 二郎(北大大学院法学研究科教授)より急遽変更
       高井 潔司(北大大学院国際広報メディア観光学院教授、元読売新聞記者)
       山本 伸夫(元北海道新聞論説委員・紙面審査委員)
  司  会 萩本 和之(元札幌国際大学マスコミュニケーション学科教授)
・日 時 :2010年5月17日(月) 19:00開始
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F )
・入場方法:当日の資料代500円。参加は会員制だが当日入会可能(参考)
      年会費 一般3,000円、学生1,000円 ほか      
・主 催 :メディア・アンビシャス http://media-am.org/
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 staff@@media-am.org(@@→@)続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

仏像ワールド@札幌

100512ButuzouW 阿修羅像、弥勒菩薩、毘沙門天など国宝や重要文化財でおなじみの仏像の数々を、現代の造型技術と精緻な彩色で再現した企画展「仏像ワールド」(HP)が北海道に初登場。コールドキャストという造型技法で作られた「リアル仏像」=右パンフレット=と、木彫りによる模刻の2種類の技法の仏像を展示販売。会場には、坂本竜馬像や木彫りのガンダム、ザク、ゴジラも並ぶ。詳細は仏像ワールドHPの案内欄と、大丸HPの案内欄で。
・会 期 :2010年5月12日(水)〜17日(月) 会期中無休
・入場時間:10:00〜20:00(最終日は18:00閉場)
・会 場 :札幌・大丸さっぽろ (JR札幌駅直結)7F催事場
・入場料 :無料
・お問合せ:同店 TEL 011-828-1111 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

2010年05月16日

HACHAM ART COMPLEX PRE-OPEN EXHIBITION@札幌市発寒商店街

 「NPO h.i.p-a(HP)では事業活動の一環である「地域貢献と芸術家支援」の為、発寒商店街内に地域の方、商店街の皆様及びこれまで当NPOを支えて頂いた方々の協力と支援によりHACHAM ART COMPLEX(ハチャム アートコンプレックス)を6月より開設することになりました。当施設はアーティストのアトリエ、ギャラリー、カフェと地域の方に開放する多目的スペースが一つになっている複合施設となる予定です。初期段階から全てが機能していくのは難しく、最初の段階としてはアトリエ、多目的スペースとしての使用を行いたいと思って居ります。4月より、当団体メンバー、入居アーティスト、地域の方と商店街の協力により少しずつ手作りで社会貢献できる良い空間を皆の手で創造できればと思います。つきましては、5月15日(土)の発寒商店街全体でのイベント「一日だけ空き店舗のシャッターを開けよう!!!」にあわせ、100509hachamOプレオープンイベントを開催します」。(NPO h.i.p-aサイトの案内欄より)
・会 期 :2010年5月9日(日)〜16日(日)
・時 間 :10:00〜21:00
・会 場 :札幌・HAHAM ART COMPLEX(旧発寒市場)
     (西区発寒5条3丁目12-3) 駐車場なし
【開催内容】
 5月9日〜16日 施設内での展覧会。
 5月15日、16日 
   若者サポートセンターによる食と飲み物提供販売。
   喜茂別町、月形町と岩見沢市の限定野菜直売所予定。(変更あり)
   音楽盛りだくさんHACHAM ART COPMPLEX LIVE
   ・パフォーマンス 14:00〜21:00
   ・入場料 :1,000円(ワンドリンク別途オーダー500円)
      (1日目の半券持参で2日目半額500円) 食事は別途有料
      ※イベントの収益は建物の修繕費に当てる
   ・出演者
    43°、BLUE RAVEN、Aloha! Orchestra project、G.B.E、
    渡邉 亜樹子、広沢 聡史、clover, 他多数予定 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

自閉症の青年を巡る感動の映画「ぼくはうみがみたくなりました」上映@帯広市

 自閉症の青年と、彼を取り巻く人々をユーモラスに描いたヒューマンドラマ「ぼくはうみがみたくなりました」の上映会。札幌出身の俳優伊藤祐貴さん(22才)が初主演した。「自閉症」という名前だけが一人歩きし始めている昨今、実際の症状や接し方等、ほとんど知られていない障害に焦点を当て、ひとりの自閉症の青年を取り巻く人々の人生や心の成長を、時にユーモラスに、時に厳しく、そして温かく描き出す。091122bokuumi自閉症の息子を事故で亡くした脚本家山下久仁明さんの同名小説の映画化で、千人以上の寄付を得て完成した。福田是久監督、2009年、日本、35弌103分。詳細は、映画HPの案内欄で。
・日 時 :2010年5月16日(日) 13:30開場、14:00〜15:45
・会 場 :帯広市・とかちプラザ レインボーホール(西4条南13丁目1番地 )
・入場料 :一般 1,000円
・主 催 :北海道自閉症協会十勝分会
・お問合せ:担当 新津 TEL 090-7518-7577 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

篠原哲雄監督のワークショップ @札幌

 「天国の本屋〜恋火〜」「山桜」「真夏のオリオン」等の劇場映画で知られる篠原哲雄監督が札幌でワークショップを開催する。容は、俳優コースと監督(監督・プロデューサー・作家・制作)コースの2種類。締切は終わったが受講枠にまだ若干余裕あり。詳細は、主催の有限会社エッグHPの案内欄で。
・日 時 :2010年5月14日(金)〜16日(日)で開催 100514shinokharatestuo
  俳優コース 5月14日(金)〜16日(日) 
        17:00〜22:00(14日のみ21:00まで)
  監督コース 5月15日(土)〜16日(日) 12:00〜16:00
・会 場 :14日のみ  札幌市教育文化会館 401号室
      15、16日 札幌・スタジオエッグ(大通西14山田ビルB1)
・定 員 :各20名
・受講料 :俳優コース 3日間 15,750円(税込み)
      監督コース 2日間 12,600円(税込み)
・企画・運営:(有)エッグ内 TEL 011-271-7077(担当:山崎)
      メール egg-mail@@d8.dion.ne.jp(@@→@) 

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | 演劇・ダンス

滝川映画サークル「おとうと」上映@滝川市

 滝川映画サークルの5月上映会では、山田洋次監督の新作映画「おとうと」(公式HP)を上映。100520otouto女手一つで娘を育ててきた姉と、大阪で芸人にあこがれながら破天荒な暮らしを送る弟との再会と別れを描く家族ドラマ。2009年、日本、126分。吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、加瀬亮ほか出演。上映の詳細は、滝川映画サークルの開催案内欄で。
・日 時 :2010年5月13日(木)〜16日(日)
      11:00、 13:30、 16:00、 18:30 
・会 場 :滝川市・たきかわホール 
      (JR滝川駅前再開発ビル3F TEL 0125-23-6005)
・入場料 :会員以外も参加OK。一般 前売1,000円(当日1,200円)
※ 会員募集中 → 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

★アースビジョン in 北海道 プレミアム上映会@札幌

 今年東京で第18回目を迎える「アース・ビジョン 地球環境映像祭」公式HPブログ)では、世界各国から寄せられた環境の「いま」を伝えるドキュメンタリーやアニメーションを上映している。今春、この映画祭が北海道の札幌(5/16)と苫小牧「イコロの森」(6/5〜6)の2箇所で上映。詳細はアースビジョン in 北海道札幌上映欄で。100516EarthVisionHokkaido
・日 時 :2010年5月16日(日) 
      開場9:30、上映10:30〜16:30
・会 場 :札幌・あけぼのアート&コミュニティセンター 中ホール
      (中央区南9条西11丁目 旧曙小学校 TEL 011-513-6181)
・入場料 :1プログラム 大人1,000円、学生500円
      1日券=各500円増し、2日券=各1,000円増し 小学生以下無料
・お問合せ:北川陽稔 TEL 080-5950-6189
※ 札幌上映作品(苫小牧上映と別プログラム) → 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

★狸小路を舞台に中学生で映画を作る「子ども映画制作ワークショップ」の説明会 @札幌市

 中学生自身の手で短編映画を作る、札幌の「子ども映画制作ワークショップ」が今年も開催される。2005年のモエレ沼開催(記事)、2008年の札幌芸術の森(記事)、2009年の大通公園(記事)に続き、第4回目の今年は札幌狸小路商店街とその周辺を舞台に撮影。講師は、劇場映画「壁男」DVD情報=や北海道新聞のテレビCM等でも活躍する早川 渉監督と、札幌の市民映画館「シアターキノ」代表の中島洋氏。今年も中学生の参加を募集中。5月16日(日)に事前説明会を開くので、興味のある方は気軽に参加を。当日は2009年の作品「夏の自由な研究」(参考)上映や全国の中学生作品事例の紹介と、今年のワークショップについて早川監督と中島氏が説明する。また、昨年同様、脚本を市民から募集、締切は5月10日(月)100525kodomoeiga詳細はシアターキノHPのNEWS欄で。
【ワークショップ説明会】 
・日 時 :2010年5月16日(日) 13:30〜15:30
・会 場 :札幌市教育文化会館(中央区北1西13)3F 302研修室
・参加無料
【参加者募集の概要】 
・応募対象:札幌市内及び近郊の中学1・2年生もしくは同年齢程度の子ども
・参加費 :10,000円
・応募締切:2010年5月25日(火) 先着20名
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 
【ワークショップ日程】(予定) 2010年5月30日(日)〜9月
 2010年6月〜8月の土日曜を中心に企画、脚本制作、撮影、編集を行い、
 10月初旬に完成上映会。その後、全国中学生映画祭で上映予定。
 完成作品は10分程度の短編が目標 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

2010年05月15日

<コトニ土曜大学> 夕張のこれまでと今後@札幌

 「土曜はコトニ」実行委員会では、学びある文化のまちづくりを目指して2009年度より「コトニ土曜大学」を開催している。くすみ書房の「大学カフェ」に続く「学ぶ場」の創設や他団体主催事業への協力や支援等を呼びかけている。今回、2007年3月の財政破綻とその後の財政再建で全国から注目を浴びている夕張市藤倉 肇市長を招いて、地方自治について学ぶ。詳細はくすみ書房HPで。
・日 時 :2010年5月15日(土) 17:30〜19:00(17:00開場)
・会 場 :札幌・「ソクラテスのカフェ」(西区琴似2条7丁目メシアニカビル地下)
・会 費 :1,000円(ドリンク付)。 定員40人(先着順)。
・お問合せ:ソクラテスのカフェ TEL 011-611-7121。続きを読む

bluebook at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

★「密約-外務省機密漏洩事件」(1978年作品)公開初日トーク@札幌

 未だ混迷が続く日米の沖縄問題をめぐり、1972年に実際に起こった外務省機密漏洩事件を千野皓司監督が1978年に製作した力作テレビドラマ「密約-外務省機密漏洩事件」(公式HP)の札幌での緊急上映が決定した。1972年の沖縄返還に伴い、日本とアメリカの政府間で極秘に交わされた密約をスクープした外務省機密漏洩事件を映像化した社会派ドラマ。ドキュメンタリー作家の澤地久枝の原作を基に、新聞記者、100515mitsuyaku外務省の女性事務官、そして原作者の3者の視点で描かれる。監督/千野皓司、1978年、日本、100分。出演/北村和夫、吉行和子、大空眞弓。公開にあわせ、札幌学院大学法学部教授 清水雅彦さんによる、「密約」の解説と、問題点を考えるトークを行う。清水さんは憲法学が専門で平和主義について研究されている。詳細は、シアターキノHPの案内欄で。
・日 時 :2010年5月15日(土) 15:45〜17:55の上映後
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校以下1000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 続きを読む

bluebook at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

第2回北大人文学カフェ『村上春樹「1Q84」を読む −物語をかきかえるー』@札幌

 北海道大学人文学カフェ実行委員会が主催する北大人文学カフェ。第2回目の今回は、村上春樹など現代文学の研究者である北海道大学大学院文学研究科中村 三春教授(文学研究科教授/日本近代文学・比較文学・表象文化論)をゲストに迎え、村上春樹の小説「1Q84」書籍情報=の1005151Q84文学的特徴と魅力について、学術的な研究成果を分かりやすく解説してもらうとともに、参加者との質疑応答や意見交換を行う。詳細は主催の北大HPの案内欄で。
・日 時 :2010年5月15日(土) 15:00〜16:30 
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1F インナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場料 :無料。事前申込不要。直接会場へ。定員100名(内椅子席70席)
  主催:北海道大学文学研究科・人文学カフェ実行委員会
  お問い合わせ:文学研究科・研究推進室(TEL 011-706-4083)
         kenkyu@@let.hokudai.ac.jp(@@→@) 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 

レイチェル・カーソン原作のドキュメンタリー映画「センス・オブ・ワンダー」上映@函館市

 40年も前に環境汚染について警鐘を鳴らした名著「沈黙の春」の著者レイチェル・カーソン(Rachel Carson、1907〜1964年)が、姪の息子ロジャーとの自然体験をもとに書いた「センス・オブ・ワンダー」の舞台を訪ね、自然との共生を伝えるメッセージをたどるドキュメンタリー映画「センス・オブ・ワンダー Sense of Wonder(公式HP)DVD情報=を上映。子どもと一緒に自然を探検し、発見の喜びに胸ときめかせることの素晴らしさを謳う。原作の日本語版の翻訳者、上遠恵子氏が、舞台となった米国メイン州のレイチェルの別荘周辺の森や海辺を訪ね、原作を朗読。作品の世界を追体験し、併せてレイチェルの人生の足跡を辿る。グループ現代制作、小泉修吉監督。2003年、日本、16mm、107分。
・日 時 :2010年5月15日(土) 14:00〜15:47
・会 場 :函館市中央図書館 視聴覚ホール(地図)
・入場無料
・お問合せ:同図書館 TEL 0138-35-6800
・原 作 :「センス・オブ・ワンダーSense of Wonder」=書籍情報= 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ブレーメン館5月の研究会 中澤千磨夫「小津安二郎の猥談」@札幌

 「自由な発表と幅広い交流の場」をモットーに、同人誌発行や上映会、山中貞雄監督からアンゼルム・キーファー、ホロコースト漫画「マウス」まで幅広く論じる「ブレーメン館」の研究会。今回は、小津安二郎・生きる哀しみ (PHP新書)日本の近代文学や映像評論で活躍している中澤 千磨夫氏(北海道武蔵女子短期大学教授)が「小津安二郎の猥談」をテーマに発表する。詳細はブレーメン館ブログの記事で。
・発表題目: 小津安二郎の猥談
・発表者 : 中澤 千磨夫氏北海道武蔵女子短期大学教授))
・日 時 :2010年5月15日(土)  14:00〜16:00
・会 場 :札幌・北海道情報大学 札幌サテライト
     (中央区北3西7緑苑ビル4階、植物園入口正面 地図
・参加費 :一般500円。会員と学生は無料。予約不要。一般参加歓迎。
・お問合せ:ブレーメン館事務局TEL 011-897-5464 (安高)
■ブレーメン館HPのURL変更 (新) http://bremenhaus.typepad.jp/ 
※ 発表概要、これまでの研究会など → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 文学 | 映画

CoSTEP開講特別講演会 新井紀子さん「ネットの上に学びの場を創る」会@札幌

 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(HP)(略称CoSTEP)では、新井紀子さん(国立情報学研究所・教授)を講師に迎え「ネットの上に学びの場を創る」と題して2010年度開講特別講演会を開催。100515net2000年以降、ネットの上には、様々なコミュニケーションツール・学びの場構築ツールが提供されるようになった。新井さんに、これらを活用して生涯学習・サイエンスコミュニケーション等の学びの場を構築する方法論についてお話を伺う。また、その際に起こりうるリスクや著作権の処理方法についても、事例を交えて話題提供して頂く。Researchmap(リサーチマップ)や NetCommons(ネット・コモンズ)の開発・運用など、新井さんご自身の実績に基づいたお話をうかがう。詳細はCo-STEPの案内欄で。
・講 演 : 新井紀子さん「ネットの上に学びの場を創る」
・日 時 : 2010年5月15日(土) 13:05〜14:25 (12:30より受付)
・会 場 : 札幌市・北海道大学理学部大講堂(5号館203教室 地図
・参加費 : 無料
※ 講演は2010年度CoSTEPの開講式の一部だが、一般にも公開するもの 続きを読む

bluebook at 13:05|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

「のだめカンタービレ最終楽章・後編」出演者・監督が舞台挨拶 チケット発売@札幌

 札幌シネマフロンティアで上映中の「のだめカンタービレ最終楽章・後編」(公式HP)の出演者・監督による舞台挨拶が決定。日本中にクラシック旋風を巻き起こした二ノ宮知子の人気コミックをTVドラマ化した劇場版2部作の後編。千秋と離れ離れに暮らすことになった野田恵こと「のだめ」は、訪れたあるコンクールで「ラヴェル ピアノ協奏曲」に心を奪われ、いつか千秋の指揮で演奏することを夢見る。しかし、千秋はその曲でピアニストのRuiと共演することに決まり、のだめにも他の指揮者との共演話が持ちかけられる。2010年、123分。100530nodame詳細は映画館HPの案内欄で。
【登壇者】(予定)
  玉木 宏さん/武内英樹さん(総監督)/川村泰祐さん(監督)
  (※登壇者は予定。変更の場合はご了承を)
・日 時 :2010年5月30日(日) 
      10:10終了時、 13:00の回上映前
・会 場 :札幌シネマフロンティア (JRタワーステラプレイス7F)
・入場料 :全席指定。一般 2,000円 、大高生 1,700円 、
      60歳以上・中学生・小人・障害者 1,200円
・販売方法:「チケットぴあ(ぴあリザーブシート)」のみで販売
      5月15日(土)10:00販売開始(2回とも完売
・お問合せ:同劇場 TEL 011-209-5400 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2010年05月14日

「オバンデス金曜日」〜道教大岩見沢校3年による映像作品上映会〜@札幌

 札幌の映像作家、伊藤隆介が率いる北海道教育大学視覚映像デザイン研究室では、映像・アニメーション・グラフィック・立体作品などの制作・研究を行い、優れた若手映像作家を輩出している。その北海道教育大岩見沢校3年生による映像作品上映会「オバンデス金曜日」が開催される。「一口に映像作品といえどその100514obandesuジャンルは様々。手書きアニメーションから日頃あまり目にする機会が少ない実験映像や本格的なドラマまで、短編作品を集めたその数はなんと16作品!! アートが好きな人もそうでない人も楽しめる内容になっていますのでお気軽にご来場下さい」とのこと。詳細はATTICのサイトの案内欄で。
・日 時 :2010年5月14日(金) 
      開場/18:30、 上映時間/19:00〜20:30
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F )
・入場料 : 200円(1drink付き)
・お問合せ:ATTIC TEL 011-676-6886 

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「いやでも役に立つ数学」 三省堂サイエンスカフェ in 札幌@札幌

 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(HP)(略称CoSTEP)が共催して開催する、第4回「三省堂サイエンスカフェ in 札幌」。今回は、新井紀子さんをゲストに迎え「いやでも役に立つ数学」と題して語り合う。新井さんは、『ハッピーになれる算数』『生き抜くための数学入門』(以上、理論社、よりみちパン!セ・シリーズ)、『数学にときめく』『数学にときめく ふしぎな無限(講談社ブルーバックス)』など、100514suugaku一般向けの数学関連の著書多数。詳細はCo-STEPの案内欄で。
・ゲスト: 新井紀子さん(国立情報学研究所 教授)
・ファシリテーター: 杉山滋郎(CoSTEP代表)
・日 時 :2010年5月14日(金) 18:30〜20:00
・会 場 :札幌市・三省堂書店札幌店内 UCCカフェ
      (JR札幌駅改札口から数分)
・定 員 :約30名。先着順。定員のため受付終了
      書店に電話(011-209-5600)、またはサイトからお申込みを。
・参加費 : 500円(飲み物代 込み) 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

タイの小さな村の小さな命のドキュメンタリー『空とコムローイ』劇場公開@札幌

 タイの山岳民族アカ族の子どもや女性たちと、彼らを支える人々を7年にわたって撮り続けたドキュメンタリー「空とコムローイ」(公式HP)が札幌で1週間限定のモーニングショーで上映される。麻薬や人身売買の危険にさらされている山岳民族の人々が、自立した生活ができるように支援するコンティップ村を運営する神父たちと、母親をエイズで亡くした少女の交流を追う。幼いながらも自立し、自尊心を持って生きようとする100508soratokhomroy子どもたちの姿は、隣人と共に生きることの意味を問いかけてくる。
2008年、日本、90分。 監督・撮影・編集/三浦淳子詳細はシアターキノHPの案内欄で。
・会 期 :2010年5月8日(土)〜14日(金) 1日1回上映
・時 間 :9:40〜11:10 予告編なし
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :前売1,000円。
      当日一般1,200円、シニア・高校以下1,000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 続きを読む

bluebook at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2010年05月13日

札幌と釜山のスタッフが合同で製作した映画「風が吹いた日」上映@札幌

 韓国釜山市で札幌・釜山在住の出演者、スタッフが共同で制作した映画「風が吹いた日」の上映会。札幌市と釜山市が締結した協同映像産業発展の覚書に基づく支援を受け、全く未経験の大島学監督が札幌のプロスタッフと一緒に韓国に渡り、韓国スタッフと共に一週間で撮影した恋愛ドラマ。モントリオールの注目アーティスト「HEAVY SOUNDZ ENTERTAINMENT」が全編の楽曲を提供している。上映の詳細は、制作の「風の色フィルム」のブログの案内欄で。100511kazegafuitahi
・日 時 :2010年5月11日(火)〜13日(木) 19:30〜20:40 
・会 場 :札幌・シアターキノ
      (中央区南3西6三条グランドビル2F 地図 EL 011-231-9355)
・入場料 :800円
・前売販売:もっきりばる風の色(狸小路6丁目シアターキノ北向い)
      または下記お問合せ先にて
・お問合せ:一般社団法人札幌・北海道コンテンツ戦略機構(略称:SHOCS) 
      担当 武藤(TEL 011-805-1200 Eメール tak@@shocs.jp )
      @@→@にして送信を 続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

島本和彦講演会「マンガ×文学×売れること」@札幌

 「炎の転校生」「逆境ナイン」などで100513simamotokazuhiko知られる札幌市在住の漫画家、島本和彦氏(HP)が「マンガ×文学×売れること」と題して講演。
・日 時 :2010年5月13日(木) 17:00開演
・会 場:札幌・北海道大学 文系6番教室(地図)
・入場無料
・お問合せ:北大文学研究科 映像・表現文化論講座
      押野研究室 TEL 011-706-3004(内線4034) 

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

フランスの映像作家による作品上映と講演@岩見沢市

 映像作家の伊藤隆介氏が率いる北海道教育大学映像研究室では、フランスの映像作家で、大学教員であるデヴォー氏、キッドマン氏のお二人を招き、その作品上映と、フランスのアート状況、教育状況についてのお話をうかがう。100513eizousakka詳細は同研究室HPの案内欄右チラシ(PDF)で。
【講師】
  フレデリック・デヴォー氏(映像作家・マルセイユ大学准教授)
  ダヴィッド・キッドマン氏(映像作家・トゥール美術大学教授)
【上映予定作品】
  フレデリック・デヴォー「Kシリーズ」、
  ダヴィッド・キッドマン「ATTENTION A LA MARCHE」「HOT SOCIETY」など
・日 時 :2010年5月13日(木) 15:00〜18:30(予定)
・会 場 :岩見沢市・北海道教育大学岩見沢校 映像実習室(美術棟A棟)
・入場無料。学外の方も参加OK
・お問合せ:同研究室 伊藤 TEL 0126-32-0371
      ito@@iwa.hokkaido.ac.jp (@@→@) 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2010年05月12日

PHP新書「世界を知る力」刊行記念、寺島実郎さん講演会@札幌

 北海道出身で現在、多摩大学学長、三井物産戦略研究所会長、日本総合研究所会長を兼任し、マスコミでも世界を知る力 (PHP新書)活躍する寺島実郎さんの新刊「世界を知る力」(PHP新書、2009/12/16)=書籍情報=発行を記念して、トーク&サイン会を開催。詳細は会場の紀伊國屋書店札幌店HPの案内欄で。
・日 時 :2010年5月12日(水)
      18:00〜19:00 講演会
      19:00 サイン会
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1F インナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場料 :無料、ただし整理券が必要
・参加方法:会場店にて同書を購入の方先着100名に整理券を配布
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

さっぽろキャンドルナイト2010 イベント・レストランを募集@札幌

 毎年、夏至の夜は「電気を消して、スローな夜を」を合言葉に、全国各地でキャンドルナイトの取組みが広がっている。札幌でも5年前から「さっぽろキャンドルナイト」(公式HP)が始まり、今年も観光名所での消灯を呼びかける他、市内の喫茶店やホテルの参加協力を得てコンサートやキャンドルナイトレストラン等を行う。今年の夏至は6月21日(日)。実行委員会では、札幌市内および近郊で関連イベントの情報と、キャンドルナイトレストランに参加する飲食店をそれぞれ募集。詳細は、同HPの募集案内欄で。
・イベント開催日:おおむね2010年6月14日(月)〜7月7日(水) 
・締 切 :2010年5月12日(水) 17:00必着(パンフ掲載締切)
      2010年6月18日(金) 12:00(HP掲載締切)
・協賛金 :1口(1,000円)以上のご協力を
・お問合せ:さっぽろキャンドルナイト実行委員会(札幌市環境局推進課内)
      TEL:011-211-2877 FAX:011-218-5108
・右画像 :2009年さっぽろキャンドルナイトのチラシ
・参 考 :さっぽろキャンドルナイト実行委員長のブログ  続きを読む

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) その他 

アート・ディレクター佐藤可士和さんがNHK「課外授業ようこそ先輩」に登場@NHKテレビ

 各界の第一線で活躍する人々が出身校の小学校を訪ね、専門とする世界と自らの人生について語る、NHKのテレビ番組『課外授業 ようこそ先輩』に、アート・ディレクターの佐藤 可士和さん(45歳)が登場。佐藤さんは、携帯電話のデザインから大手カジュアルブランドのPR戦略まで、幅広く活躍。デザインで一番大切なのは「質問力」だという。授業では、友だちに質問しまくってその人らしさを発見し、デザインで表現する。「デザイン」は、ただ物の外側を飾りつけるだけのものでなく、デザインする人や物、ブランドの奥に隠された本質を見極め、それを目に見える形にして外に示すことだと可士和さんは言います。詳細は番組HPの案内欄で。
・番 組 :NHK「課外授業ようこそ先輩」
・タイトル:「友だちを『デザイン』しよう」
・放送日 :2010年5月9日(日) 8:35〜 9:00 NHK総合テレビ 
      2010年5月12日(水) 11:00〜11:25 NHK BS2 再放送

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

鯨森惣七展「ぺのセカイ だらららー」〜HTBアーティスト応援企画第1弾〜@札幌

 HTBが身近な才能を世の中に紹介しようとおくるHTBアーティスト応援企画HPブログ)第1弾で、室蘭出身のイラストレーター&エッセイストの鯨森 惣七(くじらもり・そうしち)さんの作品展が開催される。鯨森氏は、「ハナタレナックス」(HTB木曜深夜0:15放送)のセットやオープニングイラストでもおなじみ。今回は、5月12日(水)発売の絵本「ぺ・リスボーの旅・ダラララー」(3,675円)=書籍情報=の原画等を展示するほか、会期中に作家本人が会場を訪れて絵を描いたりオブジェを制作したりを予定。初日5月1日(土)は、先着100名に作家本人から「オリジナルポストカード」をメッセージ付でプレゼント。また、100501kujiramori最終日の5月12日(水)には、鯨森惣七&HTB藤村忠寿&嬉野雅道の3人によるミニトークショーを開催。鯨森氏によるサイン会も実施。詳細はHTBの案内欄と、4プラHPのイベント案内欄で。
・会 期 :2010年5月1日(土)〜12日(水)
・時 間 :10:00〜20:30 (最終日は19:00まで)
・会 場 :札幌・4丁目プラザ 7階 4プラホール
      (中央区南1西4 TEL 011-261-0221)
・入場無料 
※ ミニトークショーへは抽選による当選者のみ参加OK。抽選で100名招待
  希望者は5/1(土)〜5(水・祝)に会場の応募コーナーで投函を。 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2010年05月11日

第21回えべつやきもの市、出店者募集@江別市

 「れんがの街」江別市で毎年7月第2土日曜の2日間に渡って、市民による実行委員会が主宰する焼き物の祭典、第21回えべつやきもの市(公式HP)が今年も7月10、11日に開催される。道内の陶芸家や金属・ガラス作家等のテントが軒を連ね、展示販売や、陶器と関係の深い花の販売、焼き鳥など“やきもの”にこだわった飲食物の販売等が行われる予定。今年も次のとおり先着順で出店申込を受け付ける。詳細は公式HPの案内欄で確認を。
【出店募集】
・募集期間:2010年4月23日(金)〜5月11日(火) 18:00まで 先着順
【開催概要】
・日 時 :2010年7月10日(土)〜11日(日)
・時 間 :10日(土) 10:00〜18:00、11日(日)10:00〜17:00
・会 場 :江別市コミュニティセンター周辺(JR江別駅徒歩3分)
・主 催 :えべつやきもの市実行委員会
・お問合せ:えべつやきもの市事務局 TEL 011-391-2160 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 美術 | その他

函館映画鑑賞協会第177回例会「シリアの花嫁」上映@函館市

 函館映画鑑賞協会の第177回例会では、「シリアの花嫁」(公式HP)DVD情報=を上映。100511sirianohanayomeイスラエル占領下のゴラン高原・マジュダルシャムス村。一生を分かつ軍事境界線で起こった、花嫁と家族の物語。2004年、仏独イスラエル、97分。上映の詳細は同協会HPの案内欄と、函館市地域交流まちづくりセンターHPの案内欄で。
・日 時 :2010年5月11日(火) 11:20、 18:30
・会 場 :函館市・シネマアイリス(本町22-11 TEL 0138-31-6761)
・料 金 :会員のみ。入会金300円 月会費700円(年会費8,400円)
      会員は上映会(例会)は入場無料(特別上映会を除く)
・お問合せ:函館映画鑑賞協会 TEL 0138-52-0193 続きを読む

bluebook at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ダム・ダン・ライ彫刻展 「頼棘」@札幌

 ベトナム出身、現在小樽を拠点に活動する美術作家、Dam Dang Lai (ダム・ダン・ライ)さんの彫刻展。100503DAMDANGLAI詳細は会場のダラスーペースへ問合せを。
・会 期 :2010年5月3日(月・祝)〜11日(火)
・時 間 :11:00〜17:00 水曜定休
・会 場 :小樽市・ダラスペース(DalaSpace)(春香町292 アクセス)
・入場無料
・お問合せ:ダラスペース TEL 0134-62-0440 
※ 5/9(日)に同会場野外で舞踏公演「三途川」、有料 → 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

2010年05月10日

中学生が狸小路商店街で映画を作る「子ども映画制作ワークショップ2010」の短編脚本募集@札幌

 中学生自身の手で短編映画を作る、札幌の「子ども映画制作ワークショップ」が今年も開催される。2005年のモエレ沼開催(記事)、2008年の札幌芸術の森(記事)、2009年の大通公園(記事)に続き、第4回目の今年は札幌狸小路商店街とその周辺を舞台に撮影。講師は、劇場映画「壁男」DVD情報=や北海道新聞のテレビCM等でも活躍する早川 渉監督と、札幌の市民映画館「シアターキノ」代表の中島洋氏。昨年に引き続き、市民から今年の脚本を公募する。100525kodomoeiga詳細はシアターキノHPのNEWS欄(3/22日付)で。
【募集概要】 中学生の短編映画作りを支える脚本を広く市民から募集
・10分以内の短編用の脚本(400字原稿用紙で10枚程度)
・舞台は狸小路商店街とその周辺
・中学生達が主人公、出演者10人〜15人程度の群集劇
・脚本作業
 6/13(日)、20(日)、27(日)の午後予定のワークショップの中で、
 中学生達との脚本直しに参加し、直し作業が出来ること。
・採用脚本には、50,000円の謝礼を支払います
・応募締切:2010年5月10日(月)
  応募作を5作品程度に絞り、ワークショップ参加の中学生達が討議して
  6/6(日)に使用脚本を最終決定。
  そのあと上記日程で、中学生達と脚本直しを行う。
・応募方法 → 続きを読む

bluebook at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

松江 哲明監督最新作、74分1カットの路上ライブ・ドキュメント「ライブテープ」劇場公開@札幌

 「童貞。をプロデュース」「あんにょん由美香」松江 哲明監督最新作「ライブテープ」(公式HP)が札幌で劇場公開される。2009年の元旦・吉祥寺。ミュージシャン前野健太がギターをかき鳴らして唄いながら練り歩き、最終的に井の頭公園の野外ステージでバンドと合流して演奏するまで、を“74分1シーン1カット”で撮影した奇跡のライブ・ドキュメント。74分、日本、2009年。東京国際映画祭2009「日本映画・ある視点部門」作品賞受賞作。作詞・作曲・ギター・歌:前野健太、バンド:DAVID BOWIEたち、参拝出演:長澤つぐみ。100427livetape
・会 期 :2010年4月27日(火)〜5月10日(月) 
・時 間 :19:45〜21:05
・会 場 :札幌・蠍座(北区北9西3タカノビルB1 地図
      JR札幌駅北口から北へ徒歩3分
・入場料 :一般¥800、中高大生¥700、シニア¥700
・お問合せ:蠍座 TEL 011-758-0501 
・参 考 : 「北海道MovieWalker」HPの「蠍座」案内欄 
・関連情報:前野健太 札幌ソロライブ(2010/05/08、ATTIC、記事
・参 考 :CINRA.NETの同作での松江哲明×前野健太インタビュー記事  

bluebook at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

ドキュメンタリー映画「マラドーナ」劇場公開@札幌

 『アンダーグラウンド』『黒猫白猫』の名匠エミール・クストリッツァ監督が、世紀のサッカー選手、マラドーナの素顔に迫るドキュメンタリー映画「マラドーナ」(公式HP)が札幌で2日限定で上映される。マラドーナのドキュメンタリーは、数多くリリースされているが、この映画はヒストリーでも英雄譚でもない。クストリッツァがマラドーナに限りなく接近し、全てありのままの100509maradonaマラドーナの言葉で語られる。そして、我々がマラドーナに向き合えたときクストリッツァ作品が愛される理由、そして我々日本人が失ってしまったものにさえ気づき始める。マラドーナの熱狂的ファンであり、“映画界のマラドーナ”ことクストリッツァが全てを紐解く。2008年、スペイン・フランス合作、95分。出演はディエゴ・アルマンド・マラドーナ、エミール・クストリッツァ、マラドーナファミリーほか。詳細はシアターキノHPの案内欄で。
・会 期 :2010年5月9日(日)、10日(月) 2日のみ
・時 間 :19:10〜20:45
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :当日一般1400円、学生1200円、シニア・高校生以下1000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 

bluebook at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

彫刻家の三沢厚彦さんが「トップランナー」に登場@NHKテレビ

 どこか愛嬌のある動物作品で現在最も注目されている彫刻家の三沢厚彦さん(1961年京都生まれ)が、NHKテレビの「トップ・ランナー」(HP)に登場する。「思わず顔がゆるんでしまうような愛くるしい表情と、鋭い爪や牙などの獰猛さを併せ持った木彫りの作品群「アニマルズ」。ほぼ等身大で作られる動物たちは、ANIMALS+ MISAWA ATSUHIKOどれもリアルというよりは、人と会話ができそうな愛嬌を持った存在だ。三沢はチェーンソーで丸太を粗取りし、あとはひたすらノミで形を彫り出していく。スタジオには、そんなアニマルズが大集合。三沢ワールドをたっぷりと堪能し、三沢自身が作品に込めた思いを熱く語る」とのこと。詳細は番組HPの案内欄スタッフブログで。
・放送予定 :2010年5月8日(土) 23:30〜23:59 NHK総合テレビ
・再放送予定:2009年5月10日(月) 16:30〜16:59 NHK BS2 
・右画像  :三沢厚彦著「ANIMALS+ MISAWA ATSUHIKO」=書籍情報= 
 続きを読む

bluebook at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

「原田ミドー モザイクタイルアート展―エデンの園 アダムとイブの果実達」@美唄市

100428haradamido 札幌市厚別区在住の彫刻家にして美術作家、原田ミドーさんの展覧会。詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2010年4月28日(水)〜5月10日(日) 火曜休館
・時 間 :時間は9:00〜17:00(初日13:00から、最終日15:00まで)
・会 場 :美唄市・アルテピアッツァ美唄(落合町栄町 地図
・入場料 :無料 
・お問合せ:アルテピアッツァ美唄 TEL 0123-52-0930
※ 母の日(5/09)は作家の来場イベントあり(有料) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2010年05月09日

舞踏公演「三途川」@小樽市

 ベトナム出身、現在小樽を拠点に活動する美術作家、Dam Dang Lai (ダム・ダン・ライ)さんの彫刻展「頼棘」(5/03〜11、記事)にあわせ、ダムさんが地元のアーティストと競演する舞踏公演。会場のダラ・スペースの屋外は、小屋のすぐ横を小川が流れ、森につながる野趣豊かな空間。公演の100509sanzugawa詳細は会場のダラスーペースへ問合せを。
・出 演 :ダム・ダン・ライ、田仲ハル、柴田智之
・日 時 :2010年5月9日(日) 16:00受付開始、17:00開演
・会 場 :小樽市・ダラスペース(DalaSpace) 野外 
      (春香町292 アクセス)
・入場料 :一般 2,000円、学生1,000円、小学生以下無料
      1ドリンク別注文を チケットは予約不要
・お問合せ:ダラスペース TEL 0134-62-0440 

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 演劇・ダンス 

えい・あい館映画上映会 「彼女と私」上映@石狩市

 石狩市厚田村のNPO法人厚田・岩波映像資料センター(愛称「えい・あい館」)は、岩波映像から厚田村に委託・寄贈された大量の16mmフィルムとVHSビデオテープ及び映画関係図書等を活用して、ドキュメント、科学・学術映画、アニメ、動物映画、戦前の懐かしの映像等を定期的に上映中。今回は、羽仁進監督が劇作家の清水邦夫と共同で脚本を書いた社会派ドラマ「彼女と彼」(岩波映画)を上映。東京郊外の団地に住む一人の平凡な主婦が、団地の隣にある回収業者の部落で起こった火事をきっかけに、部落の人々とふれあうようになっていくが・・・。ベルリン映画祭特別賞受賞。音楽は武満徹。出演は左幸子、岡田英次、山下菊二、長谷川明男ほか。1963年、113分、16弌▲皀離ロ。詳細は石狩市民図書館HPの上映案内欄で。
・日 時 :2010年5月9日(日) 14:00〜16:00
・会 場 :石狩市民図書館 視聴覚ホール
     (花川北7条1丁目26 TEL 0133-72-2000 地図
・入場無料、先着50名まで。
・お問合せ:えいあい館 TEL・FAX 01337-8-2005 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

日本グラフィックデザイナー協会北海道地域 ポスター展2009 @旭川市

 社団法人日本グラフィックデザイナー協会(略称:JAGDA)北海道地域主催の“フォトグラフィの実験室”。100427JAGDA「グラフィックデザイナーたちが、写真に挑んだ。デジタルも、アナログも、スキャン画像も彼らの頭の中で消化され、何かへと昇華され。写真というものを幅広く捉えた斬新な手法や実験的な表現。札幌のグラフィックデザインシーンの現在を見届けよ」とのこと。昨年10月の札幌開催(記事)に続く旭川開催。詳細は主催の旭川デザイン協議会HPで。
・会 期 :2010年4月27日(火)〜5月9日(日)
・時 間 :10:00〜19:00 (5/1のみ10:00〜18:00)
・会 場 :旭川・デザインギャラリー(宮下通11丁目上川倉庫 蔵囲夢)
・入場無料
・主 催 :旭川デザイン協議会
      社団法人日本グラフィックデザイナー協会 北海道地域
・お問合せ:旭川デザイン協議会事務局 TEL 0166-23-3000

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

絵本作家 長谷川義史さんの「いのちを伝える絵本ライブ」@滝川市

 絵本『いいからいいから3』(絵本館)=書籍情報=で、第19回けんぶち絵本の里大賞を受賞した長谷川 義史(はせがわ・よしふみ)さん(HP)が、ユニークな絵本の読み聞かせと愉快なライブで「いのちの尊さ」を伝える絵本ライブ。長谷川さんは、2007年に『おへそのあな』で、第17回同賞大賞、2004年に『かあちゃんかいじゅう』で、第14回同賞大賞を受賞しており、今回が3度目の大賞受賞となった。また2003年に『おたまさんのおかいさん』で第34回講談社出版文化賞絵本賞、2005年には『いろはにほへと』で第10回日本絵本賞、2008年に『ぼくがラーメンたべてるとき』で第13回日本絵本賞及び第57回小学館児童出版文化賞を受賞している。ライブの詳細は滝川市HPの案内欄で。
・日 時 :2010年5月9日(日) 10:00開場、10:30開演
・会 場 :滝川市・滝川市役所(大町1-2-15) 8階 大会議室
・対 象 :幼児から大人まで
・定 員 :150名
・入場料 :無料 (整理券が必要、4月8日から配布)
・整理券配布場所:滝川市立図書館・滝川市教育委員会(社会教育課)・
         駅前広場く・る・る 
・お問合せ:滝川市図書館 TEL 0125-22-4646

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | 文学

冨田哲司展「残像 After Image」@札幌

 札幌在住の冨田 哲司(とみた・てつし)さんの個展。冨田さんは、グラフィックデザインを元に舞台や映像、音楽など、メディアミックス的視点で空間演出やコミュニケーションをテーマに創作活動を展開中。最近では「SAPPORO CITY JAZZ」の映像演出・制作、バレエの舞台美術等でも活躍している。今回はインスタレーションでは初の個展。「自身の記憶と、記録された媒体、または、陰影。はたまた意味と存在。ロラン・バルトのテキスト「明るい部屋」にインスピレーションを受けて、さまざまな境界、場所、時間をモチーフに、現代社会の持っているあいまいな空気感を、ブラーといったを残像(アフターイメージ)というタイトルに込めて表しました」とのこと。詳細は作家HPの案内欄と会場のト・オン・カフェHPの案内欄で。100427zanzou
・会 期 :2010年4月27日(火)〜5月9日(日) 
・時 間 :10:30〜22:00(日曜は20:00まで)
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
      TEL 011-299-6380
・入場料 :無料だが、カフェなので何か注文を 
※ 5月1日(土)16:00、ammm真砂雅喜氏と作家のトークイベント
  満席の場合は立ち見。入場時に1ドリンク注文を。
※ 4月30日(金)19:00〜20:30と5月8日(土)16:00〜18:00は別イベントで
  カフェスペースが利用出来ない場合あり 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

★ドキュメンタリー映画「しかしそれだけではない。 加藤周一 幽霊と語る」上映会@札幌

 戦後の日本を代表する知識人として発言を続けた加藤周一(1919〜2008年)が最後に残したメッセージを、彼自身の歩みとともに構成したドキュメンタリー「しかしそれだけではない。 加藤周一 幽霊と語る」(公式HP)が札幌で自主上映される。2008年12月にこの世を去った彼が最後に試みたのは、“決して意見が変わることのない”幽霊たちとの対話だった。戦時中に、自らの運命との共通性を感じた源実朝、自由な言論が失われた中でも意見を曲げることのなかった神田盾夫、渡辺一夫といった恩師たち、そして、学徒出陣で戦地に向かい若い命を落とした友人。彼らに語りかける加藤の言葉の中から、日本の今と未来が浮かび上がる。若い世代への期待を語った講演と生前最後のインタビュー(2008年8月)も収録(以上、映画公式HPより)。100331katousyuuichi鎌倉英也監督。加藤周一出演。2009年、日本、95分。当日は、小森陽一氏(東大教授・九条の会事務局長)の解説あり。
・日 時 :2010年5月9日(日) 開場各30分前
      映画上映    10:30〜12:00、13:30〜15:00 
      小森さんの解説 12:15〜13:00、15:15〜16:00
・会 場 :札幌市・共済ホール(中央区北4西1共済ビル6F 地図) 
・入場料 :一般 前売1,000円(当日1,500円)、高校生以下500円
・主 催 :加藤周一ドキュメンタリー映画札幌上映実行委員会 
・お問合せ:螢廛螢坤 TEL 011-252-3828 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 映画 

写真展「アルメニア」 & 絵画展「Walks across S‐Petersburg」@札幌

  写真展「アルメニア」 三上俊成
  絵画展「Walks across S‐Petersburg」Taron Simonian
 盛岡市のアマチュアカメラマン、三上 俊成さんの写真展「アルメニア」と、アルメニア人画家 Taron Simonian氏の絵画展「Walks across S-Petersburg」。アルメニアは4千年の歴史を持つ国。元々は旧ソ連の一部で、ロシアからの影響を強く受けてきたが、西アジアやギリシャからの文化的影響も強く、アジアとヨーロッパの両文化が融合している。「今回の写真展と絵画展を通じてアルメニアの文化を日本に紹介することで、今後両国の交流が盛んになることを心より願っております。なお今回の共同展示をきっかけに、100504Armeniaアルメニアと日本の芸術文化交流プロジェクト(アルメニア共和国文化省支援事業)を立ち上げる計画を進めております」とのこと。詳細は同ギャラリーHPで。
・会 期 :2010年5月4日(火・祝)〜9日(日)
・時 間 :10:00〜19:00(最終日〜17:00まで)
・会 場 :札幌市・ギャラリーエッセ
      (北区北9条西3丁目9番1号ル・ノール北9条1階 地図
・入場無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-708-0606 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

「ワンピース」&「ドラゴンボール改」の期間限定コラボショップオープン@札幌

 札幌パルコが同店35周年企画の第2弾企画として人気アニメーション「ドラゴンボール改」「ワンピース」の期間限定コラボ店「ドリーム9(ナイン)ショップ」を開く。店内では、「ドラゴンボール改」「ワンピース」のグッズほか、「ドリーム9」オリジナルグッズや100410DreamShop限定商品を販売する。5月1日(土)には「ワンピース」の人気キャラクター「チョッパー」が来店、12:00と15:00の2回、一緒に記念撮影ができる。詳細は札幌パルコHPの案内欄で。
・会 期 :2010年4月10日(土)〜5月9日(日)
・時 間 :10:00〜20:00(土曜日は20:30まで)
・会 場 :札幌パルコ(中央区南1西3) 本館1F 特設会場
・入場料 :無料
・お問合せ:同店 TEL 011-214-2111 
・参考記事:札幌経済新聞HPの記事(2010/04/02) 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

大島 龍作品展「RESONANCE 海の聖母」@江別市

 石狩市の版画家にして詩人の大島 龍さんの作品展。大島さんは1946年札幌生まれ。1997年の札幌・高知での初個展以来、国内外で個展多数開催。100422OoshimaRyuu長く狼をモチーフに作品を発表していたが、1992年頃から「ブルー」をテーマに制作している。
・会 期 :2010年4月22日(木)〜5月9日(日)
      4/26(月)、5/3(月)、5/4(火)は休館
・時 間 :10:00〜19:00 
・会 場 :江別市・ドラマシアターども
      (江別市2条2丁目7-1 地図 JR江別駅から徒歩5分)
・入場料 :前売 一般3,000円、学生2,000円。当日は各300円増し。
・主催・お問合せ:ドラマシアターども TEL TEL 011-384-4011 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

企画展示「花の日露交流史−幕末の箱館山を見た男@札幌

 北海道大学総合博物館では、江戸時代末期の1860年に箱館(現函館)に渡来し、日本の植物282種に名前を付けたロシア人植物学者マキシモヴィッチの業績を紹介し、北大植物学の宮部金吾との交流を通して、日露交流を紹介する。マキシモヴィッチと宮部が採集した植物標本や2人の往復書簡、1860年当時の箱館の絵地図など50以上の史料を展示。マキシモヴィッチの植物採集助手を務めた須川長之助の関係資料も。3人を通した幕末・明治期の日露の交流史が浮かび上がる。100314nichiro詳細は北大総合博物館HPの案内欄で。
・会 期 :2010年3月14日(日)〜5月9日(日)
・休館日 :毎週月曜(ただし3/22と5/3は開館し、3/23と5/6休館)
・時 間 :10:00〜16:00
・会 場 :札幌市・北海道大学総合博物館 3F企画展示室
      (北区北10条西8丁目 地図
・入場無料
・主催・お問合せ:北海道大学総合博物館 TEL 011-706-2658
※ 関連講演会など → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「小樽・水彩画の潮流 平沢貞通埋もれた画業の発掘」展@小樽市

 「帝銀事件」での無実を訴えながら亡くなった平沢貞通元死刑囚(1892〜1987年)の遺作をはじめ、小樽の水彩画家の作品を紹介する企画展。かつての小樽の画壇は洋画だけでなく水彩画も充実していたが、その源流をつくったのが平沢が1914年(大正3年)に設立した日本水彩画会研究所小樽支部とされる。企画展では、小樽育ちの平沢から連なる水彩画家の系譜をたどり、13人の作品67点を展示。詳細は北海道新聞HPの案内欄で。
【展示作家】100227otarusuisaiga
  平沢貞通、繁野三郎、宮崎信吉、板倉力蔵、中島鉄雄、森田正世代、
  鈴木儀市、大和屋巌、氏家和夫、坂東義秋、白江正夫、高橋好子、笹川誠吉
・会 期 :2010年2月27日(土)〜5月9日(日)
・休館日 :月曜日・祝日の翌日
・時 間 :9:30〜17:00(入館は16:30まで)
・会 場 :小樽市・市立小樽美術館(色内1丁目9番5号 地図
・入場料 :一般300円、高校・市内70歳以上の方150円、中学生以下無料
・お問合せ:同館 TEL 0134-34-0035 
・参考記事:小樽ジャーナルHPの案内記事(2010/02/27) 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

日本人の遺書@札幌

 人生最期の時、家族に向けて、友に向けて、日本人は、どのような言葉を遺してきたのでか。暖かい言葉、厳しい言葉、深く考えさせられる言葉…。「遺書」の言葉には、その時代と人物の人となりが凝縮されている。道立文学館が所蔵する、有島武郎・波多野秋子書簡を中心に、ノンフィクション作家・合田一道氏が収集した幕末維新から現代までの資料を加え、文学者をはじめ各界著名人の最後をたどる。100410nihonjinisyo詳細は同館HPの案内欄で。
・会 期 :2010年4月10日(土)〜5月9日(日)
・休館日 :月曜日[但し5月3日(月・祝)は開館]、 5月6日(木)
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌・北海道立文学館 特別展示室
      (中央区中島公園1-4 地図 TEL 011- 511-7655)
・入場料 :一般400(320)円、高大生200(150)円、
      中学生以下と65歳以上は無料。()は10名以上の団体料金
・お問合せ:同館 TEL 011- 511-7655 
・主 催 :北海道立文学館、財団法人北海道文学館 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 

2010年05月08日

高木正勝のドキュメンタリー映画「或る音楽」一夜限りの特別上映@札幌

 世界各地を旅しながら撮影した素材を元に、コンピュータを絵筆として映像作品を描き、ピアノを中心に音楽を作るアーティスト高木正勝(公式HP)のドキュメンタリー映画「或る音楽」(2009年、日本、約72分、友久陽志監督)が、札幌で一夜限りで限定上映される。10年の創作活動を通じて、つねに新しい地平を切り拓いてきた高木が2008年秋に「Tai Rei Tei Rio(タイ ・レイ・タイ・リオ)」(「波のように大きく振れ、小さく振れ」という意味のポリネシア語)というプロジェクトに挑んだ。音楽とは? 芸術とは? 音楽が生まれる瞬間とは? なぜヒトは奏でるのか? その根源的で普遍的な問いに、真摯に向き合った高木と共演ミュージシャンたち。「或る音楽」は、コンサートを含めそのプロジェクトを丁寧に見つめたドキュメンタリー。10人の演奏家が繰り広げる迫力ある演奏シーン、打ち合わせやリハーサル、自然を含めた高木の制作環境、インタビューなどが織り込まれながら徐々に立ち現れる「タイ・レイ・タイ・リオ」。誰も明確な答えを出すことはできない問いのそれでもその「答え」に触れるような一瞬がこの映画の中に記録されている。100508aruongaku当日は、高木正勝の最近作『Homicevalo ホームチェヴァロ』(12分)、『NIHITE ニヒテ』(7分)の2作品を同時上映。詳細はシアターキノHPの案内欄で。
・日 時 :2010年5月8日(土) 19:30
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :前売1,400円、当日一般1,800円
      貸館上映のため、シニア・KINO会員などの特典なし
      また、招待券・パス券なども利用できない
      劇場にて前売券購入の方先着で特製ポストカード贈呈
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

第22回ソクラテスのカフェで大学カフェ 山口二郎氏による「政権交代の検証と地方分権のゆくえ」@札幌

 第22回ソクラテスのカフェで大学カフェ 〜土ドヨウハコトニ〜
 「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」等の企画で知られる札幌の本屋さん「くすみ書房」がおくる人気企画。大学から講師をお招きし、カフェで一般の方々とコーヒーを片手に学問談義を楽しむ夕べ。この講義から一部をまとめた新刊「じゃあ、北大の先生に聞いてみよう」(北海道新聞社、2010年1月刊)=書籍情報=は大好評で、2冊目の発売も決定している。第22回は、シリーズ第1回の講師で、日本の政治学の第一人者である山口 二郎氏(HP)(北海道大学大学院教授)を招き政権交代論 (岩波新書)「政権交代の検証と地方分権のゆくえ」をテーマにお話をうかがう。詳細はくすみ書房(HP)で。
・テーマ :「政権交代の検証と地方分権のゆくえ」
・日 時 :2010年5月8日(土) 18:30〜20:00(18:00開場)
・会 場 :札幌・くすみ書房 地下「ソクラテスのカフェ」
      (西区琴似2条7丁目メシアニカビル)
・会 費 :1,000円。定員40人(満席になり次第予約受付終了します)
      (珈琲 リンゴジュース トマトジュースのどれか一品)
・お申込み:ソクラテスのカフェ TEL 011-611-7121(11:00〜19:00月曜定休) 
・右画像 :山口二郎「政権交代論」 (岩波新書、2009/03) =書籍情報= 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他