2011年05月

2011年05月31日

映画はどこからきたか/今、どこにいるのか:かわなかのぶひろとアヴァンギャルド映像@札幌

 北海道映像研究会では、日本映像学会の第37回全国大会札幌開催にあわせ、同会常任理事の映像作家、かわなかのぶひろさんの特集上映を行う。詳細は公式HPで。110528kawanaka
・会 期 :2011年5月30日(月)、31日(火) 
      5/30(月)開場17:20/Aプロ18:00/特別プロ20:00
      5/31(火)開場17:20/Bプロ18:00/Cプロ20:00
・会 場 :札幌・スペースATTIC
      (中央区南3西6長栄ビル4F /FAX 011-676-6886)
・入場料 :1プロ券:一般1000円/予約800円/学生700円
      2プロ券:一般1800円/予約1500円/学生1200円
      フリーパス:一般3000円/予約2400円/学生2100円
・予約・問合せ:info[あっと]filmfilmfilm.org
・主 催 :北海道映像研究会
・詳 細 :http://filmfilmfilm.org/avant_garde 
※ プログラム → 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

tetra展@札幌

 京都市在住の吉本徹也さんによるやまと絵の展示。詳細は、会場HPの案内欄で。110522tetra
・会 期 :2011年5月22日(日)〜31日(日)
・時 間 :12:00〜19:00
・会 場 :札幌市・ギャラリー門馬 ANNEX
      (中央区旭ヶ丘2丁目3-38 TEL 011-562-1055 地図
・入場無料 

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

毛内やすはる展「con-cept ともに-つかまれる」@札幌

 江別市出身、札幌在住の作家、毛内やすはる(もうない・やすはる)さんの個展。「自然物につながるような造形を110511mounai目指して制作している」という毛内さん。作品は、紙を素材に表面に着色して制作。作品は、どこか植物のようでもあり、宇宙船のようでもあり、観る者に不思議な浮遊感を感じさせる。開催の詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2011年5月11日(水)~31日(月) 火曜定休
・時 間 :12:00~19:00
・会 場 :札幌・ギャラリー レタラ(Retara)
      (中央区北1西28-2-35 MOMA place 2&3F)
       地下鉄円山公園下車5分 米領事館前 
・入場無料 
・主催・お問合せ:ギャラリー レタラ TEL 011-621-5600 

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

北のうつわびと27〜東日本大震災チャリティー展示会〜@札幌

 3.11東日本大震災復興へ向け、北海道で活動する陶芸家・ガラス作家27名によるチャリティー展覧会。展覧会で作品を展示即売し、収益金は日本赤十字社東日本大震災義援金に送られる。詳細は同展特設サイトで。110526kitanoustuwabito
・会 期 :2011年5月26日(木)〜31日(火)
・時 間 :10:00〜19::00 (31日は16:00終了)
・会 場 :札幌・アートスペース201
      (中央区南2条西1丁目7-8山口中央ビル5F 地図)
・入場無料
・主 催 :北のうつわびと27 東日本大震災チャリティー展実行委員会
・共 催 :アートスペース201(会場の無償提供)
・協 力 :NPOラポラポラ(事務局機能、企画協力) 
※ 出展作家など → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

JRタワーARTBOX第12回 村上知亜紗「Gloomy cocoons~陰鬱な繭」@札幌

 札幌のJRタワーでは、北海道の新人アーティストたちに新たな発表の場の提供をと、2008年4月から1階東コンコースにART BOX(アートボックス)を設置。オープニング初年は岡部昌生、伊藤隆介、熊澤桂子、國松明日香ら道内ベテラン美術作家の展示でスタート。2009年度から、北海道在住の新人アーティストから作品プランを公募(記事)し、年間4人の受賞者の展示が始まった(参考)。今年度最後を飾るのは、アートBOX優秀賞受賞した村上知亜砂さんの作品。村上さんは110219murakami現在、中札内村在住。粘土やフェルトを素材に作品を制作している。詳細はJRタワーHPのART BOX案内欄で。
・会 期 :2010年2月19日(土)~5月31日(火)
・時 間 :8:00~22:00
・会 場 :札幌市・JR札幌駅東コンコース・JRタワーARTBOX
・観覧無料 
・お問合せ:JRタワー展望室・アートチーム TEL 011-209-5075(平日) 続きを読む

bluebook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

シアターキノが2011年度ビンテージ会員、スタンダード会員ほか募集@札幌

 札幌の市民映画館シアターキノでは、2011年度のKINOビンテージ会員・スタンダード会員・101130takahashikougeiシニア会員を募集する。同館では、一般の映画料金は通常1,800円だが、上記会員になると1作品1,000円程度で入場出来る他、各種特典がつく。限定1000名まで先着順。詳細は、同館HPの案内欄案内チラシ表(PDF) チラシ裏(PDF)で確認を。
・募集期間:2011年1月2日(日)~5月31日(火)
・利用期間:2011年4月1日~2011年3月31日(2011年度1年間)
・利用館 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料システム: 同館HPの案内欄
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | その他

第8回「北のシナリオ大賞」募集@札幌

 道内ラジオ局や番組制作者、脚本家などで構成する「北海道ラジオの会」が、第8回「北のシナリオ大賞」で、北海道を舞台にしたラジオドラマのシナリオを公募している。同賞は、会が発足した翌年(2004年)に「北からのラジオドラマの発信」を目指して設立された。応募作品の中から大賞を選出して実際にラジオドラマを制作、道内のラジオ局で放送するもの。第1回の最優秀作品はHBCラジオが制作し、平成17年度日本民間放送連盟賞で最優秀賞を受賞、全国からも注目を集めた。事務局では「新しい時代のラジオドラマのシナリオを期待しています」とのこと。詳細は三角山放送局HPの案内記事で。
【公募要領】
・作品の内容:北海道を舞台にしたラジオドラマ
・応募資格 :道内在住者および北海道に関わりのある方
・応募期間 :2011年4月1日(金)〜5月31日(火) 必着
・応募あて先:作品と審査料(郵便小為替か切手)を同封のうえ、
  〒063-0841 札幌市西区八軒1条西1丁目2―5 蠅蕕爐譴稿
   北海道ラジオの会事務局 まで郵送を。
・お問合せ :北海道ラジオの会事務局 TEL 011-621-8610(蠅蕕爐譴稿癲法続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

2011年05月30日

広瀬隆さん講演会「福島原発メルトダウン 泊原発は大丈夫? 北海道に住む全ての人に今、一番伝えたいこと」@札幌

110530hirose 長年、原発と地震の危険について訴え続けてきたノンフィクション作家の広瀬 隆さんが札幌で講演。開催の詳細は「福島原発事故情報共同デスクの案内欄などで。
・日 時 :2011年5月30日(月) 18:30〜20:30
・会 場 :札幌市・札幌エルプラザ 3F ホール
      (北区北8西3 札幌市男女共同参画センター内)
・参加費 :500円(資料代)。事前申込不要
・主催・お問合せ:市民自治を創る会 TEL&FAX 011−214-0031  
・参 考 :広瀬隆ファンサイト「地球の落とし穴」 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

高山美香ちまちま人形展「映画三昧」@小樽市

 札幌市在住のイラストレーター高山 美香さんの、映画をテーマにした、紙粘土細工のミニチュア人形展。高山さんは、2004年からミニチュア粘土人形(約7〜15cm)の制作を始めた。表情やポーズ、衣服に至るまで丁寧に作りこまれ、モデルの人物や佇まいがユーモラスに伝わって来る。人形に添えられる高山さんのエッセイも格別。2008年の110501chimachima小樽での第1回開催(記事)では、克明な考証を踏まえたユーモラスな表現で大きな評判を呼び、次々と作品展を開催してきた。2009年に発行した作品写真集「一葉のめがね」(猫の事務所発行、参考)も好評。詳細は小樽のタウン情報「たるぽん」HPの案内欄などで。
・会 期 :2011年5月1日(日)〜30日(月)
・時 間 :11:00〜17:00 毎週火水曜休館
・会 場 :小樽市・「あとりゑ・クレール」(梅ヶ枝町21-2) 
・観覧料 :500円、中学生以下無料 
・お問合せ:同店 TEL&FAX 0134-22-1354 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

誕生100年記念 ローズオニール キューピー展@札幌

 「誕生100年記念 ローズオニール キューピー展」が札幌でも巡回展示される。1909年12月、アメリカの婦人雑誌でクリスマスプレゼントにちなんだ物語から誕生したキューピーは、今年12月に100歳の誕生日を迎える。女性アーティストローズ・オニールによって描かれたキューピーの物語は、愛らしい絵と温かなストーリーでアメリカ人の心を包んだ。1912年には人形が作られ、世界的ブームとなり、食器、時計、おもちゃなどのあらゆるものにキューピーが登場し、その人気は日本にまで広がった。本展では、原画、人形、クリスマスカード、広告ポスターから現110518QP在ブームとなっているキュージョンまで約400点を展示予定。詳細は、ぐりんねっとHPの案内欄や会場HPの案内欄で。
・会 期 :2011年5月18日(水)〜30日(月)  
・時 間 :10:00〜19:30(20:00閉場)
・会 場 :札幌・大丸札幌店7階ホール(JR札幌駅すぐ)
・入場料 :一般700円(500円)、大高生500円(300円)、中学生以下無料
※入場料は税込み ( )内は前売および10名様以上の団体
・参 考 :ローズオニール キューピー 公式サイト 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

★後藤悠樹写真展「降りしきる雪、その一片が人を満たすまで」@札幌

 若手写真家、後藤悠樹(ごとう・はるき)さんが、2006年以来継続して取材を続けているサハリンの日本人および韓国人(戦後も残った2世3世)をテーマにした写真展。忘れられがちな歴史を丹念に掘り起こした貴重な企画展。詳細は会場HPの案内欄で。110525gotou
・会 期 :2011年5月25日(水)〜30日(月)
・時 間 :10:00〜19:00
・会 場 :札幌市・新さっぽろギャラリー
      (札幌市厚別区厚別中央2条5-6-3)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-9439-7921(花田) 
※ ギャラリートーク 5/28(土)、29(日) 15:00 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

日本映像学会第37回全国大会 「イメージの虚実」@札幌

 日本映像学会の第37回全国大会が110528eizougakkai札幌は北大で開催される。『東京公園』の青山真治監督や、脚本家の荒井晴彦氏ほか、全国から映画監督や映像研究者が集まる。一般参加OK。詳細は、同学会HPの案内欄チラシ(PDF)で確認を。
・大会テーマ:『イメージの虚実』
・日 時 :2011年5月28日(土)〜30日(月) 
・会 場:札幌・北海道大学
     28日(土)  学術交流会館(地図)
     29日(日) 人文・社会科学総合教育研究棟
・参加料 :正会員・賛助会員(2日間通し)5,000円
      一般料金(2日間通し)一般 2,000円/学生 1,000円
      懇親会(学会会員のみ) 5,000円
・お問合せ:北海道大学文学研究科 映像・表現文化論講座
      事務局 TEL 011-706-4020(応)
※ プログラム → 続きを読む

bluebook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

「共振芸術空間2011 佐々木秀明+アート5」 展示とコラボするアート作品を公募@釧路市

 〜 そのアート、光にたすか、闇にたすか。 〜
 「雫を聴く」というタイトルで水と光のインスタレーションを手がけている札幌の現代美術作家、佐々木秀明さんの個展がこの夏に釧路芸術館で開催される(7/24〜8/28)。主催の釧路芸術館では、開催にあたり、その展示とコラボレーションする5人(組)のアート作品を募集。美術、映像、演劇、音楽ほかジャンル不問。選定された5人(組)のアーティストには、制作費として15万円が支給され、会期中週替わりで作品を発表する。「光と影が並びゆらめき、水滴によってきらめく幻想的な空間と共振する創造性豊かな作品の応募をお待ちします」とのこと。詳細は同館HPの案内欄で確認を。110530sasaki
・展示名 :「共振芸術空間2011 佐々木秀明展+アート5 〈雫を聴く〉5週間」
・会 期 :2011年7月24日(日)〜8月28日(日)
      選定された方は7月26日(火)〜8月28日(日)のいずれか1週間の
      時期に展示室で作品を発表することができる。
      第1期 7月26日(火)〜7月31日(日)
      第2期 8月 2日(火)〜8月 7日(日)
      第3期 8月 9日(火)〜8月14日(日)
      第4期 8月16日(火)〜8月21日(日)
      第5期 8月23日(火)〜8月28日(日)
・応募締切:2011年5月30日(月) 必着
      選定結果は6月上旬。
      選定された方に通知するほか、同館HPで発表します。
・応募方法:所定の応募用紙に記入の上、郵送で。
・応募用紙の入手方法:同館受付、または同館HPで
・応募・お問い合わせ先:北海道立釧路芸術館
      〒085-0017 釧路市幸町4-1-5 TEL 0154-23-2381 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 | その他

2011年05月29日

第5回人文学カフェ「哲学者はパラドクスがお好き」@札幌

 北海道大学人文学カフェ実行委員会が主催する北大人文学カフェ。第5回目の今回のテーマは「哲学者はパラドクスがお好き」。「パラドクス」「懐疑論」と聞いてむっ!と思った方、ものを考えることやパズルが好きな方を、魅惑的な思考のワンダーランドの探検にご招待。詳細は主催者HPの案内欄右チラシ(PDF)で。110529testugakusya
・話し手 :山田 友幸(やまだ ともゆき)さん
      文学研究科教授/言語哲学、心の哲学、行為の哲学
・テーマ :哲学者はパラドクスがお好き〜ようこそ思考のワンダーランドへ〜
・日 時 :2011年5月29日(日) 15:00〜16:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場料 :無料。事前申込不要。当日直接会場へ。 
・主 催 :北海道大学文学研究科・人文学カフェ実行委員会
・お問合せ:文学研究科・研究推進室(TEL 011-706-4083) 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

原発建設と戦う島民のドキュメンタリー「祝の島」上映会@帯広市

 28年間にわたり対岸の原子力発電所建設に反対を続ける、島民の暮らしを追ったドキュメンタリー映画「祝(ほうり)の島」が東川町で上映される。東川町国際写真フェスティバル東川賞のノミネーターである、写真家・映画監督の本橋成一さんがプロデュースした映画。舞台は、山口県上関町の沖合に浮かぶ人口約500人の祝島(いわいしま)。原発の建設予定地周辺は瀬戸内海有数の101129hourinosima漁場であり、天然記念物や絶滅危惧種の宝庫でもあるのだ。そこで自然とともに生きる豊かな暮らしを描きながら、原発と「千年先の未来」を静かに問いかける。纐纈あや監督。2010年、日本、105分。上映の詳細は、映画公式HPの上映スケジュール欄などで。
・日 時 :2011年5月29日(日) 2回上映
      14:30、18:30(開場は各30分前)
・会 場 :帯広市・とかちプラザ (JR帯広駅下車徒歩3分)
・入場料 :前売のみ1,000円。(当日券なし) 
・お問合せ:0155-36-0701(帯広友の会 平山)

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

森山大道写真展「ブエノスアイレス&サンパウロ」(会期延長)@札幌

 1960年代末から'70年代初頭、「アレ、ボケ、ブレ」と呼ばれるラディカルな表現で日本写真界に大きな衝撃を与えた写真家森山 大道(もりやま・だいどう)氏(1938年生まれ)の写真展。2004年から2008年にかけて撮影されたこれらラテンアメリカ有数のメガシティで、森山大道氏はいったい何を見、何を感じたのだろうか。110211miriyama詳細は、札幌宮の森美術館HPの案内欄で。
・会 期 :2011年2月11日(金)~5月29日(日)
      好評により、当初予定の5月15日(日)より会期延長に
・休館日 :毎週火曜日(ただし5/3は開館)
・開館時間: 11:00~19:00
・会 場 :札幌市・札幌宮の森美術館 (中央区宮の森2の11-2-1)
・観覧料  : 一般500(400)円、高大生400(300)円、中学生以下無料
      ()内はリピーター割引、10名様以上の団体割引あり
・企 画 : NPO法人CAPSS 
・お問合せ:同美術館 TEL 011-612-3562 
・同時開催:「北海道-第2章/展開」を札幌宮の森美術館(記事、2月6日~5月8日) 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) その他 

株式会社JIKKAグラシーズ妄想展@札幌

 生活の中で、浮かび上がってはなかなか頭を離れない妄想、あるいは理想の自己イメージ。気が付けばわいてくる、頭を占拠していくそんな妄想のやり場に困った事はありませんか。あなたの妄想・願望を株式会社JIKKAグラシーズ(里見麻衣・堺麻那)がお引き取りし、グッズ化いたします。ご用命は@Mousou_Box(Twitter ID)まで。株式会社JIKKAグラシーズがあなたの処理に困った妄想をお引き取りいたします」(会場のト・オン・カフェHPの案内欄より)。110517jikka
・会 期 :2011年5月17日(火)〜29日(日) 会期中無休
・時 間 :10:30〜22:00(日曜は20:00まで)
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
      TEL 011-299-6380
・入場料 :無料だが、カフェなので何か注文を 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

澁谷俊彦展―トノサマガエルの雨宿り@札幌

 抽象画家、版画家として国内外で活躍する札幌の澁谷 俊彦さん(HP)の個展。2006年の個展から立体インスタレーションを発表。繊細な色彩と点の集積、削ぎ落とされたスタイリッシュな造型で自然と四季に呼応する小宇宙のような空間を展開してきた。2010年8月の110518shibuya札幌個展「コンペイトウの隠れ家2010」(記事)では、作品の蔭に隠れた金平糖を来場者が探し出しながら、自分で作品との距離を作る…という形で新たな世界を提示。2011年2月のスノースケープモエレ展では、従来の球を半分に切った支持体の断面に着色する手法を変え、蓮の葉が林立する池のような世界を作り出した。今回の個展では、どのような作品世界が展開されるのか楽しみ。詳細は、作家HPの案内欄で。
・会 期 : 2011年5月18日(水) ~29日(日)  火曜休廊
・時 間 :10:00~18:30(最終日17:00まで)
・会 場 :札幌市・ギャラリー創(中央区南9西6-1-36 U-STAGE 1F)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-562-7762 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(3) 美術 

★企画展「文学に捧げる花束・村上芳正展」@小樽市

 小樽文学館では、画家村上芳正の原画を紹介する企画展を開く。村上氏は、1922年(大正11年)長崎県生まれ。独学で絵画を習得。二科展連続入選を経て、文学座の公演(三島由紀夫『十日の菊』)ポスターを手掛けた。以来、三島由紀夫、瀬戸内晴美、連城三紀彦など多くの作家の装幀を行い、渡辺淳一、原田康子など北海道ゆかりの作家の装幀も数多く手掛けてきた。その貴重な原画約50点と作家からの書簡などを展示する。筆者には「家畜人ヤプー」の装丁が忘れがたい。詳細は、同展特設サイトと、小樽文学館HPのお知らせ欄で。110402murakami
・会 期 :2011年4月2日(土)〜5月29日(日)
・休館日 :月曜と祝日の翌日
・時 間 :9:30〜17:00(入館は16:30まで)
・会 場 :小樽市・市立小樽文学館(色内1丁目9番5号 市分庁舎 地図
・入場料 :一般300円、高校・市内在住70歳以上150円、中学以下無料
・お問合せ:小樽文学館 TEL&FAX 0134-32-2388 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | 文学

一原有徳記念ホールオープン記念企画「一原有徳・俳句と山岳小説の世界展」@小樽

 版画家一原 有徳氏は、18歳頃より俳句を作り始め、19歳で句誌『石楠』に投句。美術活動よりはるかに長い句歴をもつ。また、登山家としても知られ、北海道の未踏峰の数々を踏破し、その登山に材を得た随筆や「山岳小説」も高い評価を得ている。一原氏のこうした文学面での業績のほか、美術、文学などと区別することが不可能なスケールを持つ「一原有徳の世界」をさまざまな資料で紹介する。同館3階に2011年4月2日(土)にオープンする「一原有徳記念ホール」開設110402ichihara記念企画。詳細は小樽文学館HPのお知らせ欄で。
・会 期 :2011年4月2日(土)〜5月29日(日)
・休館日 :月曜と祝日の翌日(参考:小樽市HPの案内欄
・時 間 :9:30〜17:00(入館は16:30まで)
・会 場 :小樽市・市立小樽文学館(色内1丁目9番5号 市分庁舎 地図
・入場料 :一般300円、高校・市内在住70歳以上150円、中学以下無料
・お問合せ:小樽文学館 TEL&FAX 0134-32-2388 
・参考記事:小樽ジャーナルの記事(2011/03/31) 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 | 美術

横山文代展 −光と風・透明感のある風景 @倶知安町

 小川原脩記念美術館(倶知安町)が2009年から開催している女流作家展の3回目企画で、小樽市在住の画家、横山文代さんの作品世界を紹介する。横山さんは、高校在学中に週刊マーガレット増刊号で少女漫画化デビュー、その後は北海道新聞のイラストレーターとしても活躍してきた。「『しりべし』の四季折々の豊かな彩りが醸し出す普段の110421yokoyama情景、“色彩変化”そのような 言葉がふさわしい横山文代さんの展覧会をご覧ください」とのこと。詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2011年4月21日(木)〜5月29日(日) 火曜定休
・時 間 :9:00〜17:00(入館は16:30まで)
・会 場 :倶知安町・小川原脩記念美術館
     (虻田郡倶知安町北6条東7丁目1 地図
・入館料 :一般500 (400)円、高校生300 (200)円、小中学生100 (50)円
       ( )内は10名以上の団体料金
・お問合せ:同美術館 TEL 0136-21-4141 続きを読む

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

企画展「イヌイトの壁掛け〜カナダ極北のあったか手仕事」@旭川

110429inuito 旭川市博物館では、北海道立北方民族博物館と共催で、同館収蔵のイヌイトの壁掛け資料を通して、北方民族の豊かな生活文化を紹介する。詳細は同館HPの案内欄右チラシ(PDF)で。
・会 期 :2011年4月29日(金・祝) 〜5月29日(日)
・休館日 :休日第2・4月曜日
・時 間 :9:00〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :旭川市・旭川市博物館(神楽3-7)
・入場料 :大人300円、高校生200円、中学生以下無料
・お問合せ:同館 TEL 166-69-2004

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2011年05月28日

教育の統制と戦う教師達のドキュメンタリー「私を生きる」 DVD上映会@室蘭市

 東京都の教育現場で、急激に“右傾化”が進んでいる。卒業式・入学式で「日の丸・君が代」が強制され、教師たちの言論は、厳しく統制されてきた。その「教育の統制」に抵抗し、“私”を貫いて生きる3人の教師たちを描いたドキュメンタリー映画「“私”を生きる」(2010年、日本、138分)=DVD情報=が室蘭でDVD上映される。「教育」問題や「日の丸・君が代」問題を論じるのではなく、権力や組織の論理、圧力に独り抗い、自分の生き方、信条を貫く“生き様”を101123watashiwoikiru問いかける。出演は、根津公子さん、佐藤美和子さん、土肥信雄さん。監督は、イスラエル将兵からのパレスチナ占領の証言のドキュメンタリー「沈黙を破る」などで知られるフリー・ジャーナリストの土井敏邦さん。詳細は、むしゃなびHPの案内欄などで。
・日 時 :2011年5月28日(土) 18:30〜20:50終了予定 
・会 場 :室蘭市・胆振地方男女平等参画センター「ミンクール」
      (東町4丁目29-1 TEL 0143-44-8184)
・参加費 :一般200円(当日会場で)
・主 催 :非戦いぶり TEL 0142-66-2179(上野)  続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

第1回 くすみ書房大学カフェ 中島岳志講師に聞く「やっぱり、北大の先生に聞いてみよう」札幌

 「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」等の企画で知られる札幌・琴似の本屋さん「くすみ書房」では、大学の先生の講義を聞く「大学カフェ」を、これまで琴似のソクラテスのカフェで26回開催してきた。くすみ書房が琴似から大谷地に移転し、大谷地では初めての開催となる。今回の講師は、論壇の若手旗手で北大の中島岳志先生。論壇の若手旗手として、今、日本で最も注目されている一人。中島先生に、大震災後の日本のこと、先日の選挙のこと、そして北海道の我々の生活のこと、ほか色々お話を伺う。詳細はくすみ書房(HP)で。
・テーマ:「やっぱり、北大の先生に聞いてみよう」
・講 師 :中島岳志(北大大学院法学研究科・公共政策大学院准教授)
・日 時 :2011年5月28日(土) 18:30〜20:00(開場30分前)
・会 場 :札幌・サッポロ珈琲館 大谷地店
     (厚別区大谷地東3丁目CAPO大谷地1F TEL 011-892-1889)
・会 費 :1,000円。 定員40人まで。満席になり次第受付終了
      (珈琲orジュース付き)
・お申込み:くすみ書房大谷地店 TEL 11-890-0008 FAX 011-890-0015続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

ブレーメン館2011年度第2回研究発表会 安高誠吾氏「70年代演劇の世界」@札幌

 「自由な発表と幅広い交流の場」をモットーに、同人誌発行や上映会、山中貞雄監督からアンゼルム・キーファー、ホロコースト漫画「マウス」まで幅広く論じる「ブレーメン館」の研究会。今回の講師には、ブレーメン館会員の安高盛吾 (やすたか せいご)氏を迎え、「70年代演劇の世界」について発表していただく。詳細は記事で。
・発表者 :安高誠吾氏 (ブレーメン館会員)
・発表題目:「 70年代演劇の世界」
・日 時 :2011年5月28日(土)  14:00  
・会 場 :札幌・北海道立文学館(中央区中島公園1-4 地図) 講堂
・参加費 :一般500円。会員と大学生以下無料。予約不要。一般参加歓迎。
・お問合せ:ブレーメン館事務局TEL 011-897-5464 (安高)
※ 発表概要、これまでの研究会など → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 文学 | 演劇・ダンス

北広島西高等学校 第4回図書館講座 イラストレーター・絵本作家のそらさんのお話@北広島市

 〜 夢をもつこと、叶える方法 〜
 北海道北広島西高等学校の図書館講座の第4回では、札幌在住のイラストレーター・絵本作家のそらさん(ブログNORTHBASE所属)を招き、「夢をもつこと、叶える方法」と題してお話をうかがう。そらさんは、JR北海道のICカード乗車券「Kitaca(キタカ)」のキャラクター『エゾモモンガ』ほか、ほくでんの110528kitahiroshima04オール電化PRキャラクター「電化クマ家族」などを手掛け、「赤い糸」ほか絵本などの仕事も多い。開催の詳細は、同校HPの案内欄(PDF)で。
・日 時 :2011年5月28日(土) 13:30開場、14:00開演
・会 場 :北広島市・北海道北広島西高等学校 1F 図書館
      (西の里東3丁目3番地3 TEL 011-375-2771 地図
・入場料 :無料。学外の一般参加歓迎。要事前申込
・締 切 :2011年5月24日(火)
※ お申込方法・講師の紹介 → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | その他

ヤマの話を聞く会 Glück Auf! 海を渡った炭鉱マン 〜昭和30年代、太平洋炭砿から西ドイツ ヴィクトリー・イッカーン炭鉱への派遣@釧路市

 戦後、労働者不足が110528tankou深刻だった旧西ドイツの炭鉱は、各国の炭鉱から労働力の導入をはかりました。日本の各炭鉱からも昭和32年から延べ430人以上が西ドイツへ派遣された。太平洋炭砿から西ドイツへ渡った2人の炭鉱マン、菅原繁さんと工藤曠さんを迎えてお話をうかがう。開催の詳細は主催の釧路市立博物館HPの案内欄で。
・日 時 :2011年5月28日(土) 13:30〜16:00
・会 場 :釧路市立博物館(春湖台1-7)  講堂
・入場料 :無料。事前申込不要、当日直接会場へ
・主催・お問合せ:釧路市立博物館 TEL 0154-41-5809 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

夜間中学記録映画「こんばんは」上映会@札幌

 夜間中学の記録映画「こんばんは」(公式HP)が、「北海道に夜間中学をつくる会」の主催で自主上映される。映画の舞台は東京都墨田区立文花中学校の夜間学級。山田洋次監督の映画『学校』のモデルの一人でもある見城慶和先生らが教壇に立っている。 そこには様々な理由で『普通に学ぶ機会』を得られなかった人々が年齢・国籍に関係なく学んでいる。 異年齢間の交流、教師と生徒の温かい人間関係、そして受験競争のための勉学ではなく、生きるために学ぶ真摯な姿。不思議なやさしさと温かさに包まれた、今まで出会ったことのないような学校があった…。森康行監督監督、2003年、90分。毎日映画コンクール 記録文化映画賞ほか受賞多数。
・日 時 :2011年5月28(土) 13:00開場、13:15上映開始
・会 場 :札幌市・札幌エルプラザ(北区北8西3) 4階 大研修室
・入場料 : 無料
・主 催 :北海道に夜間中学を作る会
・お問合せ:TEL 011-897-1426 

bluebook at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ドキュメンタリー映画「1/4の奇跡〜本当のことだから〜」上映会@札幌

 全国で自主上映され大きな反響を呼んでいるドキュメンタリー映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」(公式HP)(2007年、100分、入江富美子監督)と、「宇宙(そら)の約束」が札幌で上映される。映画の主人公、石川県の養護学校教諭のかっこちゃん(山元加津子さん)は、学校の子どもたちとの触れ合いの中で、子どもたちの持っている素晴らしい性質や力に出会う。それは、私達人間を支えている、見えないけれど大きな力、生かされている”いのち”、その尊さを知ることでもあった。詳細は、映画公式HPの案内欄などで。
・日 時 :2011年5月28日(土) 13:00〜16:00
・会 場 :札幌・かでる2・7(中央区北2西7 地図
・料 金 :1,000円 
・主 催 :札幌木鶏クラブ
・参加受付:同クラブ TEL 0126-23-3322(三田) 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

「土田俊介 - 考えても作れないんだけど、考えていないと出会えないモノ。」@札幌

 〜 五島記念文化賞美術新人賞研修帰国記念 〜
 第16回五島記念文化賞美術新人賞を受賞し、アメリカ滞在研修を経て、注目を集めている若手彫刻家・土田 俊介さんの個展が横浜と札幌で開催される。土田氏は1973年北海道生まれ、現在は明金沢美術工芸大学非常勤講師。平成17年に五島記念文化財団美術新人賞を受賞。近年は、人工の皮膚やスパンコール布、スポンジといった特徴的な素材を、鉄の檻の中に押し込んだ作品を制作。こうした作品は観る者に、残虐、おぞましさ、愛らしさ、ポップさなど、不思議な感覚を行き来させる。作家はこの鑑賞体験の循環構造を「ファニー」と呼び、作品に好んで用いる。ファニー作品は「考えても作れないんだけど、考えていないと出会えない」と作家は語る。詳細は主催者HPの案内欄110507tuchida会場HPの案内欄で。
・会 期 :2011年5月7日(土)〜28日(月) 
・休 館 :日曜、祝日は休館
・時 間 :13:00〜23:00  日祝休廊
・会 場 :札幌・CAI02
      (中央区大通西5丁目 昭和ビル地下2F)
・入場無料
・主 催 :五島記念文化財団
・お問合せ:CAI02 TEL 011-802-6438 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

フランコフォニー・ポスター展『レオポルド・セダール・サンゴール』@札幌

 セネガル共和国初代大統領でもあった、セネガルを代表する詩人にして政治家、レオポルド・セダール・サンゴール(Léopold Sédar Senghor、1906〜2001年)を紹介するポスター展。サンゴールは、「民主主義や人権などの普遍的な思想とフランス語を分かち合う、世界中のあらゆる文化圏に属する国・地域の総体」という国際フランコフォニー機構(OIF)創設の功労者でもある。詳細は、札幌アリアンス・フランセーズHPの案内欄で。
・会 期 :2011年5月9日(月)~28日(土)
・時 間 :10:00~19:00 日祝閉館
      (月曜12:00より、土曜18:00まで)
・会 場 :札幌アリアンス・フランセーズ
      (中央区南2西5、南2西5ビル2階 地図)
・入場料 :無料
・お問合せ:札幌アリアンスフランセーズ TEL 011-261-2771  

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2011年05月27日

第4回芸術研究会  浅沼敬子北大准教授「ゲルハルト・リヒター」について@札幌

 札幌のCAI現代芸術研究所と、美術作家の高橋喜代史さんが始めた「芸術勉強会」の第4回目。現代美術に興味ある人が集まり、知識や情報、技術を集積をしようという集まり。今回は、北海道大学准教授 浅沼敬子氏をゲスト講師にお迎えし「ゲルハルト・リヒター作品における《悲劇的》モティーフ」についてレクチャーしていただき、その後、残った参加者で議論を予定。6月も引き続き浅沼さんのレクチャーで「悲劇的》イメージの意義」(仮題)の予定。ゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter, 1932年ドイツ生)は、現代絵画の巨匠として世界的に高い評価を得ている画家。開催の詳細は高橋喜代史さんサイトの案内記事で。
・日 時 :2011年5月27日(金)  19:30〜23:00
      19:30〜21:00  レクチャー
      21:00〜23:00  参加者による「リヒター&ドイツ現代美術について」
・会 場 :札幌・CAI現代芸術研究所 図工室 
      (中央区北1西28-2-5、TEL 011-643-2404 駐車場なし)
・参加費 :1000円(1ドリンク付)、高校生は無料。定員25名
・共 催 :CAI現代芸術研究所、高橋喜代史 
・作家サイト Gerhard Richter http://www.gerhard-richter.com/ 続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

第13回SALA  『私の見た国外の美術状況』鈴木吾郎氏(彫刻家)講演会@札幌

 2010年春から始まった文化塾「サッポロ ART LABO(略称:SALA)」が2011年度も始動。札幌の美術評論家、柴橋伴夫氏が代表をつとめる民間団体で、多様化する文化を横断しながら、未来に向けて文化創造を担う人たちを「束ねる」場づくりを目指す。今年も毎月最終金曜日の19:00より多彩なゲストを招き「アートの今日性、未来性」を学ぶ。第13回は、彫刻家の鈴木吾郎さんを講師に迎えてお話を110429sala2011うかがう。詳細は、会場のト・オン・カフェHPの案内欄で。
・講 師 :鈴木吾郎氏(彫刻家)
・テーマ :私の見た国外の美術状況
・日 時 :2011年5月27日(金) 19:00~20:30
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
・定 員 :各回30名程度、要事前申込 
・受講料 :一般1,000円、学生500円(共に1ドリンク付)
      学生は学生証の提示が必要
・お申込み:同店 TEL 011-299-6380 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | その他

北海道アニメーションプロジェクト「+A」始動、第1弾のアニメーション講座110527@札幌

 2011年4月30日、北海道のアニメーション関係者が集い、北海道アニメーションプロジェクト「+A」(プラスエー)が発足した。道内在住か出身のアニメーション制作者や関連会社・施設などのインデックスを作り、それぞれのネットワークを広げることを主な目的とする団体で、今後は賛同者の協力を得て、上映会や講演会・ワークショップ、人材発掘・育成、 新しいワークフローの確立やビジネスモデルの模索など、北海道からアニメーションの裾野を広げることを目指す。
 記念すべき初号イベントは、札幌のアニメ企画制作会社『ピコグラフ』が制作した『テイルエンダーズ』のメイキング秘話や、これまであまり明かされなかった『アニメとお金のお話』をテーマにしたシンポジウムなど、盛り沢山の4時間スペシャル。なおイベント終了後にシークレット企画もあり!? 詳細は、公式サイトの案内欄で。
・日 時 :2011年5月27日(金) 19:00〜22:00(開場18:30)
・会 場 :札幌市・「OYOYO(オヨヨ) - 大通まち×アートセンター」
      (中央区南1西6第2三谷ビル6階 東急ハンズの西隣)
・入場料 :予約 800円、 当日 1,000円
・定 員 :40名
・お申込み:公式HPのフォームより
・主 催 :北海道アニメーションプロジェクト「+A」 (プラスエー) 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

市民コレクターのドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー」劇場公開@苫小牧市

 NYの郵便局員のハーブと図書館員のドロシーのヴォーゲル夫妻は、給料の中からアートを買い、質量ともに圧倒的なコレクションを築きあげた。アートを愛しアートと暮らす2人の姿を描くドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー~アートの森の小さな巨人~」が札幌でも公開される。夫妻が購入作品を選ぶ基準は2つ。①自分達のお給料で買える値段であること。②1LDKのアパートに収まるサイズであること。30年の歳月でコツコツ買い集めた作品は、いつしか20世紀のアート史に名を残す作家の名作揃いとなった。そんな夫妻の元へアメリカ国立美術館から寄贈の依頼がやってくる。この現代のおとぎ話に衝撃を受けた佐々木芽生監督(札幌生まれ)は、2人を110402HERBDOROTHY追ううち、これは「現代アートについての映画ではなく、豊な人生を考える映画になる」と確信したという。NYで17週間のロングランを記録、待望の日本公開。原題「HERB & DOROTHY」。2008年、米、87分。上映の詳細はシネマトーラスHPで。
・会 期 :2011年5月14日(金)〜27日(金)
・時 間 :15:00、30:05
      (5/15(日)は△両絮任覆掘
・会 場 :苫小牧市・シネマ・トーラス(本町2-1-11 中央ボウル1F 地図
・入場料 :カンパ。1ドリンク付き
・お問合せ:シネマ・トーラス TEL 0144-37-8182 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2011年05月26日

浅田次郎講演会「近代中国と日本〜歴史を旅する作家のまなざし〜」@札幌

 北海道行政書士会では、行政書士法が昭和26年2月に制定交付されてから今年が60年目になるのを記念して、作家の浅田次郎さんを招き「近代中国と日本〜歴史を旅する作家のまなざし〜」と題して講演会を開く。詳細は110526asadajirou同会HPの特設サイトで。
・日 時 :2011年5月26日(木) 18:00開演
・会 場 :札幌市民ホール(中央区北1西1)
・参加料 :無料、定員1,500人まで。
・入場料 :無料
・参加方法:メールかFAXかハガキに「浅田次郎講演会参加希望」と記入、
      氏名、性別、年齢、〒住所、電話、参加希望人数でお申込を。
      もしくは主催者HPの特設欄フォームからも申込が出来る。
      (申込はお一人様1回限り、4名まで)
・主 催 :北海道行政書士会 TEL 011-221-1221 

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 | 文学

滝川映画サークル5月上映会「たみおのしあわせ」@滝川市

 滝川映画サークルの5月上映会では、「たみおのしあわせ」(公式HP)を上映。オダギリ ジョーと原田芳雄が扮する父子が織りなすユーモラスな結婚騒動。何がなんでも息子に結婚してもらいたい父親と、そりゃ出来るなら結婚したいけど…という地味で冷めてる息子の民男。そんな二人が、一癖も二癖もある隣人たちに翻弄されながらも、見目麗しきマドンナ、瞳(麻生久美子)との「お見合い」から「結婚」という080820tamionosiawase一大イベントの成就に向けて大奮闘する、リアルで切実なストーリー。大竹しのぶ、小林薫ほか出演。2007年、日本、118分。人気劇作家でもある岩松了監督作品。上映の詳細は、滝川映画サークルの開催案内欄で。
・日 時 :2011年5月26日(木) 14:00、 19:00  
・会 場 :滝川市・たきかわホール 
      (JR滝川駅前再開発ビル3F TEL 0125-23-6005)
・入場料 :会員以外も参加OK。
      一般 前売1400円(当日1700円)
※ 会員募集中 → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

★『オペラ映画』を楽しむ会第1回上映 プラシド・ドミンゴ×ゼッフィレリ「椿姫」@札幌

 〜 オペラってこんなにわかりやすくて面白い!! 〜
 ゼッフィレリら映画の名匠監督が演出・実写した「オペラ映画」の名作シリーズが、1年を通して札幌で紹介されることになった。舞台映像ではなく、映画監督が、名作オペラを超一流の歌手の出演で、完全映画化した「オペラ映画」。豪華なセット、多彩な映画表現、自由なカメラアングルによる練り上げられた映像で、歌手の微妙な演技力にまで迫った見事な芸術作品。初回は、オペラ映画の金字塔といわれるゼッフィレリ監督の「椿姫」を上映。ヴェルディ原作。19世紀パリの華麗な社交界を舞台に、高級娼婦ヴィオレッタ(テレサ・ストラータス)と純情な青年アルフレード(プラシド・ドミンゴ)の純愛物語。レヴァイン指揮、メトロポリタン歌劇場管弦楽団、合唱団。1982年、イタリア、105分。「乾杯の歌」「ああ、そは彼の人か」「花から花へ」など名アリアの数々と絢爛な映像美の世界。上映は110526stubakihime日本語字幕付き。詳細は、札幌映画サークルHPの案内欄などで。
・日 時 :2011年5月26日(木) 2回上映(開場各30分前)
      14:00〜15:45、 18:30〜20:15 
・会 場 :札幌市・共済ホール
      (中央区北4西1共済ビル6F 地図 TEL 011-251-7333)  
・入場料 :一般 前売2,300円(当日2,600円) 各回600名まで
      団体料金 5名以上は前売のみで1名2,000円
・主 催 :オペラ映画を楽しむ会(札幌映画サークル内)
・お問合せ:螢廛螢坤 オペラ映画係 TEL 011-252-3828 
      FAX 011-252-3848(FAXは24時間申込受付) 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(2)TrackBack(2) 映画 | 音楽

レイチェル・カーソン生誕104年の集い@札幌

 40年も前に、レイチェル・カーソン(Rachel Carson、1907〜1964年)は「沈黙の春」で化学物質による環境汚染の危険性を110526carson警告、自然との共存という「別の道」への希望を幼い子供たちの感性の中に期待した。カーソンの提唱について、加藤多一氏の基調講演「“驚くわたし”を残しておきたい」や、パネル展示、意見交流、カーソンの原作に基づくドキュメンタリー映画「センス・オブ・ワンダー Sense of Wonder(公式HP)DVD情報=の上映などを行う。
・日 時 :2011年5月26日(木) 18:30〜20:00
・会 場 :札幌・北大遠友学舎(北区北18西6 北大18条門北側 アクセス
・入場料 :無料。申込不要。
・主 催 :レイチェル・カーソン北海道の会
・お問合せ:きりあき TEL 011-762-3151  続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 演劇・ダンス 

宇流奈未個展「パステルで描く こころの北海道」@札幌

 釧路市出身で、現在は札幌在住の宇流奈未(うりゅう・なみ)さんの個展。宇流さんは、生まれ育った北海道の自然をモチーフに、アクリル・水彩・墨・パステルなど様々な素材で描いてきた。風景や女性像の他、宇宙、心の世界など抽象的な作品も手掛けている。宇流さんのパステル画は、指の腹で色々なニュアンスを描き出す独特の手法。今回展について「作者にとって作品全てのベースとなっている北海道の愛すべき風景を、パステルで、独特の手法で描きました」とのこと。詳細は110520uryuunami札幌観光文化情報ステーションHPの案内欄などで。
・会 期 :2011年5月20日(金)〜26日(木)
・時 間 :10:00〜18:00 (最終日は15:00まで)
・会 場 :札幌市・NHKギャラリー
      (札幌市中央区大通西1-1)
・入場料 :無料
・主 催 :宇流奈未
・お問合せ:NHK放送局ギャラリー係 TEL 011-232-4001(内線3800) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

名寄ロケ映画「星守る犬」公開記念 写真展「ワン!だふる−スマイル」 @名寄市

 村上たかしのヒット漫画を西田敏行主演で実写映画化した感動作「星守る犬」が、この夏全国公開される。瀧本智行監督。玉山 鉄二、川島 海荷ほか出演。2011年、日本。市役所の職員が身元不明の男性と110517hoshimamoruinu飼い犬の遺体の足跡を訪ね歩き、その旅路を再現していく。哀しくも愉快な一人と愛犬の、残されたわずかな“生”を生き抜く旅の物語。主題歌は平井堅の新曲「夢のむこうで」。6月11日(土)からの公開に先立ち、ロケ地となった名寄市では、わんちゃんをテーマにした公募による写真展を開催する。
・会 期 :2011年5月17日(火)〜26日(木)
・時 間 : 9:00〜22:00
・会 場 :名寄市民文化センター(名寄市西13南4)
・主 催 :名寄市公民館
・お問合せ:名寄市民文化センター TEL 01654-2-2218 

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | 美術

2011年05月25日

「フォーラム in 札幌時計台」第6期「パラダイムの転換〜閉塞を嘆くばかりでは何も変わらない〜」@札幌

 〜 政治を語ろう 未来を創ろう 〜
 北海道大学法学部の山口二郎教授(公式HP)が中心となり、市民と一緒に政治や社会問題を考える「デモスノルテ」主催の「札幌時計台フォーラム」シリーズ第6弾が2011年4月からスタート。大学教授、社会学者、経営コンサルタントなど、政治やメディアの識者等を招いて講座を連続開催。今期のテーマは「世界を視る 〜分断から連帯へ向けて 一歩踏み出す〜」で全5回。チケットは早めにお求めを。詳細はデモスノルテHPなどで。
・会 期 :2011年4月21日(木)、5月11日(水)、5月25日(水)、
      6月10日(金)、6月22日(水) 全5回 
  次 回 第27回=5月25日(水) 18:30〜20:30
        講師:波頭 亮 経営コンサルタント
・会 場 :札幌市・札幌時計台 2F ホール
      (中央区北1条西2丁目 TEL 011-231-0838)  
・入場料 :各回 1,000円
・主 催 :デモスノルテ DemosNorte
・お問合せ:TEL(011)706-3140 北海道大学法学部 山口研究室 
※ 講座プログラム → 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

2011年05月24日

広瀬隆さん講演会収録DVD上映「いま福島原発で起こっていること」@札幌

 長年、原発と地震の危険について訴え続けてきたノンフィクション作家の広瀬 隆さん。2011年4月30日、東京でたんぽぽ舎 と「週刊金曜日」共催で行われた広瀬さんの110524hirosetakashi講演会「子どもを守れ!いま福島原発で起っていること」の収録映像をDVDで上映。気軽に参加を。詳細はATTICサイトの案内欄で。
・日 時 :2011年5月24日(火) 18:30開場、19:00開演(約2時間)
・会 場 :札幌・ATTIC(南3西6長栄ビル4F TEL 011-676-6886)
・入場料 : 無料(カンパ歓迎)
      定員を超えた場合は先着順 
・お問合せ・企画:三神 有夢 TEL 090-6440-3778
      rosemonde.2011[あっと]gmail.com 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

久保田亜矢 写真展「A Little Happy 〜北の森から〜 」@札幌

 エゾリスに魅せられ、14年前に北海道に移住した自然写真家、久保田 亜矢さんの個展。「初めて出会ったときからその愛らしい姿のとりこになってしまい、エゾリスやエゾシマリスの撮影をライフワークにして、野生動物や自然写真を撮影する今日の私がいます。振り返れば、森の中で彼らと向き合い、語りかけるひとときが、私のかけがえのない至福の時となりました。あるがままに森に生きる、生命の煌めきを、息遣いを、気配を、そして私のささやかな幸せのひととき(A Little Happy)を、感じていただけたら幸いです」とのこと。今回は、カラーキャビネ他約25点を出品予定。詳細は会場のカフェエスキスHPの案内欄で。
・会 期 : 2011年4月28日(木) ~5月24日(火)
・定休日 :水曜日 、5月10日(火) 臨時休業
・時 間 :12:00~24:00(日祝は21:00まで) 
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1-1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334 
※ 関連イベント(作家トーク 5/17(火)19:00) → 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

ダム・ダン・ライ個展 「森 Entrance」@小樽市

110504DamDangLaiU ベトナム出身、現在小樽を拠点に活動する美術作家、Dam Dang Lai (ダム・ダン・ライ)さんの個展。今回は平面と立体彫刻(野外あり)を展示。札幌の茶廊法邑と同時開催。詳細は会場のダラスーペースへ問合せを。
・会 期 :2011年5月4日(水・祝)〜24日(火)
・時 間 :11:00〜17:00 水曜定休
・会 場 :小樽市・ダラスペース(DalaSpace)(春香町292 アクセス)
・入場無料
・お問合せ:ダラスペース TEL 0134-62-0440  

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

2011年05月23日

懐かしき定山渓鉄道写真展@札幌

 「大正7年10月の開業から昭和44年10月の廃止に至る51年間に亘り、石切山から生産させる石材をはじめ、木材等々を運ぶ重要な輸送路であり、かつ定山渓温泉への観光客、沿線住民、そして当時の小中学生であれば一度ならず炊事遠足の足として利用された旧定山渓鉄道。
 当時、全国にあった約130の私鉄の中でトップを誇った旧定山渓鉄道。
 観光都市を標榜するこの札幌から、重要な産業史跡、文化史跡が姿をかえていく現状にあって、旧定山渓鉄道の往時を偲び、またその功績を顕彰することは意義あることと考えます」(会場HPの案内欄より)。  
・会 期 :2011年5月18日(水)〜23日(月)
・時 間 :10:00〜19:00
・会 場 :札幌市・新さっぽろギャラリー
      (札幌市厚別区厚別中央2条5-6-3)
・入場無料
・主 催 :国道36号線をウェルカムロードにする会
・お問合せ:同ギャラリー 花田 TEL 090-9439−7921 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2011年05月22日

乾淑子東海大教授の講演「原発公害とプロパガンダ」@札幌

 3.11震災後の原発報道や、その後の「国民一丸となってがんばろう」、「日本がんばれ」の大合唱は、どこか戦時中のプロパガンダに通じるものを感じさせると感じた主催者が急遽、企画。今回の原発事件報道について、「着物柄で見る戦争」書籍情報=の著者で、日中戦争時のプロパガンダ(政治的な目的を達成するための宣伝)の研究を110522kimonoされている乾 淑子さん(東海大学札幌校舎 国際文化学部 教授)に、明治から昭和にかけての報道との比較もまじえてお話をうかがう。当日は、戦争柄着物も数点持参予定。
・講 師 :乾 淑子(いぬい よしこ)さん
      東海大学札幌校舎 国際文化学部 教授
・日 時 :2011年5月22日(日) 18:00開場 18:30開演
・会 場 :エルプラザ4階大研修室AB
      (北区北8西3 さっぽろ駅地下直結)
・参加費 :500円
・連絡先 :TEL 090-6269-4529(水上)
      aisya7[あっと]gmail.com(件名に5/22講演会と記入を)
・特設サイト 着物柄に見る戦争 http://www.htokai.com/kimono/ 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

連続講座「縄文人はどこへ行ったか?」 第1回 青野友哉さん講演「貝塚文化はいつまで続いたか〜変容しつつ受け継がれた文化〜」@札幌

 北の縄文文化を発信する会主催の110522joumonjinhadoko連続講座「縄文人はどこへ行ったか?」の第一回。青野友哉さん(伊達市噴火湾文化研究所学芸員)を講師に迎え、「貝塚文化はいつまで続いたか−変容しつつ受け継がれた文化−」をテーマにお話をうかがう。詳細は主催者HPの案内欄右チラシ(PDF)で。
・日 時 :2011年5月22日(土) 15:00〜16:30(予定)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場料 :無料
・お問合せ:北の縄文文化を発信する会事務局
       TEL 011-221-1122(株式会社シィービーツアーズ内) 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

旭川市図書館アフタヌーンシネマ 長編アニメーション映画「川の光」上映会@旭川市

 日本のアニメーション映画「川の光」DVD情報=を" width="100" height="142" border="1" alt="110522kawanohikari" align="right" />上映する。河川工事で巣を壊されたクマネズミ一家が、新しい住処を川の110522kawanohikari上流に求めて旅立った。途中で出会う様々動物たちとの出会い、別れなどを通じて成長していく彼らの姿をあたたかく描いた長編アニメーション。「地球エコ2009 SAVE THE FUTURE」の一環として制作され、第18回こどもアース・ビジョン賞を受賞した。松浦寿輝原作。平川哲生監督。2009年、109分、日本。上映の詳細は同図書館HPの案内欄で。
・日 時 :2011年5月22日(日) 15:00〜17:00
・会 場 :旭川市中央図書館(常磐公園内) 2F 視聴覚室
・入場料 :無料。事前申込み不要
・お問合せ:同図書館 TEL 0166-22-4174 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

沖縄発の中学生監督作品「やぎの冒険」上映会@新得町

 沖縄の中学生監督による話題作「やぎの冒険」が十勝の新得町で上映される。毎年秋に、十勝館内新得町の廃校他を会場に開かれているSHINTOKU空想の森映画祭(2011/09/17〜19)のプレイベントで、同映画祭の簡単な紹介のあとに「やぎの冒険」を上映。小学生時代からホームビデオを片手に、サスペンス・コメディー・ホラー・友情ドラマと30本以上の映画を撮り続けてきた仲村颯悟監督(1996年生まれ)が手掛けた初長編作。祝い事があるとヤギを食べる沖縄の文化を巡る少年の成長ドラマを通し、沖縄独特の人、風土、自然などを描く。主題歌はCocco。2010年、日本、84分。北海道では、これが初上映となる。詳細は110521yagi毎同映画祭HPのプレイベント欄で。
・日時と会場:2011年5月21日(土)・22日(日)
       両日とも13:30開場、14:00開演
       21日(土)・新得町公民館
       22日(日)・屈足総合会館
・入場料 :大人1,000円、障がい者手帳提示で本人500円、介助の方1名500円
      小中高生は無料(学生証の提示を)
・主 催 :Shintoku空想の森映画祭
・お問合せ:TEL 090-9755-9719(井上) 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画