2011年06月

2011年06月30日

アートゼミ 特別講座「いのちと心を支えるアートの役割〜長期災害救援の視点から」@札幌

 北海道文化財団では、2011年3月11日の東日本大震災の発生を受け、長期的な災害救援の視点から、特に被災地の子ども達が立ち向かう社会的な場面に応じた、さまざまな「いのちと心」のケアの場面において、「被災地が今どのような現状なのか」、「モノ以外の目に見えないことに対して、被災者の心に必要なことに対してどのように接していくのか」、「その中でアートの果たす役割を知ってもらう」ことを目的に、特別講座を開催。詳細は北海道文化財団HPの案内欄で。110630sasaeruart
【プログラム】
 ・講師:関西学院大学 野田正彰教授
    (第1部)野田正彰教授による基調講演
    (第2部)野田正彰教授と磯田憲一理事長による意見交換
・日 時 :2011年6月30日(木) 18:00〜20:00
・会 場 :札幌市教育文化会館(中央区北1西13) 4階 講堂
・定 員 :156席(定員になり次第、締切)
・参加費 :無料
・対 象 :特に制限はありません。どなたでも自由に参加できます。
・主催・お問合せ:北海道文化財団 TEL 011-272-0501 
・参加方法 → 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

★オーギュスタン・ベルク氏講演会「風土学の立場から『稲と流氷』を省みて」@札幌

 「人間主体の自性(アイデンティティ)は、個人のものであれ、集団のものであれ、歴史のなかで文化によって変化する」という「風土論」で知られる、フランスの文化地理学者にして東洋学者の、オギュスタン・ベルク(Augustin Berque) 氏(フランス社会科学高等研究所教授)が札幌で講演する。
ベルク氏は、1970年から1977年にかけて、北海道についての博士論文を準備、『稲と流氷: 北海道における植民と文化的変容』と題して後に出版した。今回の講演では、その後ベルク氏が練り上げた環境理論による問題提起や概念を用い、この論文に立ち返る予定。「『北海道の風土はどのように生まれたのか?』というのが講演の根底にある問いです」という。110630Berque講演は日本語で一般公開。事前申込は不要。詳細は、主催の北大文学研究科HPの案内欄右チラシ(PDF)で。
・日 時 :2011年6月30日(木) 16:30〜18:00
・会 場 :札幌・北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 (W棟)103 教室
      (北区北10条西7 駐車場なし。公共の交通機関で)
・入場料 :無料
・主 催 :北海道大学大学院文学研究科
・後 援 :札幌日仏協会/アリアンス・フランセーズ札幌
・連絡先 :北大文学研究科 西洋文学講座 竹内修一
      bambou[あっと]let.hokudai.ac.jp 続きを読む

bluebook at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

工藤和彦展「食卓の美学」@札幌

 旭川市を拠点に活躍する陶芸家の工藤和彦さん(HPブログ)の個展。北海道北部の土を使った味わい深い器を制作。今回は、食器、皿(5〜8寸)、湯呑、茶碗、花器など約300点を展示する。「『食卓』には、素晴らしい美学があるように思うのです。気取っていない毎日の「食卓」にこそ、何か普遍的なものを感じます。(中略)食べる道具である『うつわ』を通じて『食卓の美学』を考えたいと思います。(中略)ギャラリー門馬を「大きな食卓」として、楽しいひと時を皆さんと過ごせたらと110623kudokazuhiko思っています」とのこと。期間中作家在廊予定。詳細は作家HPの案内欄と、会場HPの案内欄で。
・会 期 :2011年6月23日(木)〜30日(木)
・時 間 :11:00〜19:00(最終日16:00終了)
・会 場 :札幌市・ギャラリー門馬 ANNEX
      (中央区旭ヶ丘2丁目3-38 TEL 011-562-1055 地図
・入場無料 
※ オープニングパーティー 23日(木) 18:30
 「ボサノバの夕べ」 ギター:丸山祐一郎 
※ 工藤和彦のうつわで「かしわうどん」 25日(土) 11:00〜14:00
 限定20食(350円) 料理:姉崎貴史 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

山本祐歳個展「Metamoric Animal 将機Le temps」@恵庭市

 北広島市在住の110602yamamoto作家、山本 祐歳(やまもと・まさとし)さんの個展。ここ数年、擬人化した動物に、植物や鉱物のフォルムが融合した木彫作品を制作し、自ら撮影したシリーズ「METAMORIC ANIMAL」(変容する動物)の世界を追求している。作品には物語から抜け出したようなドラマ性と憂いが漂う。今回の会場は、恵庭市のログハウス。詳細は作家HPなどで。
・会 期 :2011年6月2日(木)〜30日(木)
・時 間 :11:00〜17:00 水曜定休
・会 場 :恵庭市・おうちカフェ MayMe’s (メイミーズ)
      (上山口580-2 黒氏牧場内ログハウス)
・お問合せ:同店 TEL 0123-39-423 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

中橋 修 個展「内包」 ― ここにいる ― @札幌

 〜 時と場と人の内に包まれて今ここにいる 〜
 北海道浦河生まれ、札幌在住の美術作家、中橋 修(なかはし・おさむ)さんの個展=右画像は今回展のDMハガキ=。「内包」は、中橋さんの個展で2003年から継続して取り組んでいるテーマ。今回も、多数のアクリル板による立体作品によって、「内包」の世界をインスタレーションとして表現。毎年、シンプルだが哲学的な表現が美しい。110625nakahashi詳細は会場の紀伊國屋書店HPの案内欄で。
・会 期 :2011年6月25日(土)〜30日(木) 
・時 間 :10:00〜18:00(最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 2階ギャラリー
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場無料
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131
・作家サイト http://www5.ocn.ne.jp/~naka565/ 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

竹岡羊子展 カーニバル〜虚構の宴に魅せられて@札幌

 「札幌を拠点に活動を続ける太宰府生まれの画家・竹岡羊子。今日までおよそ50年のあいだ、イタリアのベネチア、フランスのニース、スイスのバーゼルなどヨーロッパを中心に各国のカーニバルに足を運び、その饗宴を描き表してきました。彼女が紡ぎ描く画面は、濃厚な色遣いと踊る描線、沸き立つ熱気でいつも溢れ返ります。まるで、狂乱的に生を謳歌する人々の渦に竹岡もまたその身を任せ、燃え上がる「虚構」の世界に陶酔しているかのようです。しかし、画家はそれだけにとどまりません。さらに深く潜り込み、享楽の向こうに透けて見える、人々の内奥に触れることをも試みます。表舞台を照らす光とその裏にある人間模様を、虚実をない交ぜにした濃密な色彩で浮かび上がらせる竹岡羊子の世界。200号の大型作品を110514takeoka軸にしつつ、旅先でのスケッチやコラージュ作品によって、作品制作の原点も紹介します」(会場HPの案内欄より)。
・会 期 :2011年 5月14日(土)〜6月30日(木) 会期中無休
・時 間 :9:45〜17:00(入館16:30まで)
      (6月は午後5時30分まで開館)
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森美術館(南区芸術の森2丁目75、地図)
・入場料 :( )内は前売りおよび団体料金
      一般700(560)円、高大生350(280)円、小中生150(120)円
・お問合せ:同館 TEL 011-591-0090 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

特別企画 懐かしの映画看板・ロケ風景写真展@中標津町

 中標津町に1984年頃まで存在していた映画館「なかしべつサンテアトル」で使用した映画看板や、中標津にゆかりのある倍賞千恵子さんの主演映画に関連する写真等を展示する。サンテアトルの映画看板は、同町の広告美術業さとう工芸の佐藤秀男さんが1974〜1984年まで描いていた。詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2011年6月10日(金)〜30日(木)
・時 間 :9:00〜21:45
・会 場 :中標津町総合文化会館 しるべっと ギャラリー
      (中標津町東2南3)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同会館 TEL  0153-73-1131
・主 催 :中標津町文化スポーツ振興財団・共 催 :中標津町郷土館

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | 映画

2011年06月28日

ダム・ダン・ライ個展 「森 Entrance」@札幌

 ベトナム出身、現在小樽を拠点に活動する美術作家、Dam Dang Lai (ダム・ダン・ライ)さんの作品を110504DamDangLai展示。小樽市のダラ・スペースでも平面と立体の個展を同時開催。詳細は作家サイトの案内チラシで。
・会 期 :2011年5月4日(水)~6月28日(火) 火曜定休
・時 間 :10:00~18:00(最終日17:00まで)
・会 場 :札幌市・茶廊法邑2F(地図)屋外中庭展示
      (東区本町1条2丁目1-10
       地下鉄東豊線「環状通東駅」下車徒歩7分)
・入場料 :無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-788-1147 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

2011年06月27日

反貧困ネット北海道設立2周年記念シンポジウム 山口二郎×中島山志「震災と日本 これからのビジョン」@札幌

 派遣切りやネットカフェ難民、ワーキングプアなど深刻化する貧困問題に取り組む反貧困ネット北海道では、設立2周年を記念して、山口二郎(同会代表、北海道大学教授)と中島岳志(北海道大学准教授)を迎えて記念シンポジウムを 110627sinsaitonihon開く。詳細は反貧困ネット北海道案内記事チラシ(PDF)で。
・テーマ :「震災と日本〜これからのビジョン」
  ◇講演  山口二郎(北海道大学教授)
  ◇コーディネーター  中島岳志(北海道大学准教授)
・日 時 :2011年6月27日(月) 19:00開演
・会 場 :札幌市・札幌市男女共同参画センター(北区北8西3) 4F 大研修室
・参加費 :700円(会員500円)。申込不要
・主催・お問合せ:反貧困ネット北海道 TEL&FAX 011-533-3778

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

下沢敏也展 陶のオブジェと小品展@札幌

 札幌在住の陶芸家の下沢敏也さんの個展。近年は、鉄と陶を融合させた作品や、巨大なインスタレーションを制作。個展や合同展で110604shimozawa精力的に新作を発表している。2010年度札幌文化奨励賞を受賞。開催の詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2011年6月4日(土)~27日(月) 火曜定休
・時 間 :12:00~19:00
・会 場 :札幌・ギャラリー レタラ(Retara)
      (中央区北1西28-2-35 MOMA place 2&3F)
       地下鉄円山公園下車5分 米領事館前 
・入場無料 
・主催・お問合せ:ギャラリー レタラ TEL 011-621-5600 

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2011年06月26日

童謡詩人金子みすゞの映画「みすゞ」上映ほか@室蘭市

 室蘭市では、内閣府が主唱する男女共同参画週間(6月23日〜29日)に、男女平等参画推進プラザを利用している110626misuzu団体が中心となり、平成20年から「男女平等参画推進プラザ祭を」を開催している。今年は、女性7団体の活動報告と、「大漁」や「私と小鳥と鈴と」などで知られる童謡詩人金子みすゞの映画「みすゞ」(公式HP)DVD情報=を上映。映画は、大正時代に彗星のごとく現れ、昭和初期にかけて活躍した童謡詩人・金子みすゞ(本名テル、1903〜1929年)の生涯を描く。五十嵐匠監督。出演は田中美里、中村嘉葎雄ほか。2001年、日本、105分。上映の詳細は室蘭市HPの案内欄右チラシ(PDF)で。
・日 時 :2011年6月26日(日) 15:00〜17:00 
・会 場 :室蘭市市民会館(蘭市輪西町2-5-1)
・参加費 :300円(資料代)、小学生以下無料
      託児希望の場合は、事前申し込みが必要
・お問合せ:室蘭市生涯学習課 TEL 0143-22-5081 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | その他

旭川市図書館アフタヌーンシネマ「おませなツインキー」上映@旭川市

 ロンドンを舞台に、少女の恋と冒険をコミカルに110626twinky描いた映画「おませなツインキー」DVD情報=を上映。16歳のツインキーは、恋人で38歳の官能小説家スコットにプロポーズし結婚する。しかし当然ながら、新婚生活をおくるうちに、少しずつすれ違いが生じ始め…。70年代を代表するセクシーアイドル スーザン・ジョージ、名優チャールズ・ブロンソン、ボンドガールのオナー・ブラックマンと、「リーサル・ウェポン」のリチャード・ドナー監督といった豪華スタッフによる青春ラブ・ロマンス。1969年、英伊、98分。上映の詳細は同図書館HPの案内欄で。
・日 時 :2011年6月26日(日) 15:00〜16:40
・会 場 :旭川市中央図書館(常磐公園内) 2F 視聴覚室
・入場料 :無料。事前申込み不要
・お問合せ:同図書館 TEL 0166-22-4174 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

映画「犬飼さんちの犬」舞台挨拶@札幌

 「犬飼さんちの犬」の札幌公開にあわせ、舞台挨拶が決定。名字とは裏腹にイヌが嫌いな犬飼保が、単身赴任先から自宅に戻ると、家族が内緒で飼いはじめたサモエド犬が我が物顔で居座っていた。イヌ嫌いのサラリーマンと一匹のイヌが、一家の110626inukai主の座をかけて巻き起こす騒動を描くハートウォーミングコメディ。亀井亨監督。小日向文世、ちはる、木南晴夏ほか出演。2011年、日本、92分。詳細は、劇場HPの案内欄で。
・登壇者 :小日向文世(北海道出身)、亀山亨監督
      変更になる場合あり、あらかじめご了承を
・日 時 :2011年6月26日(日) 14:30の回 上映終了後
・会 場 :札幌・ディノスシネマズ札幌劇場
      (中央区南3西1須貝ビル) 5番スクリーン
・入場料 :一般1,800円、大高1,500円、小中シニア1,000円。
      全席自由。特別興行に付き会員割引等の割引なし。
・お問合せ:同劇場 TEL 011-221-3802 続きを読む

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

pater個展 "PORTRAITS"@札幌

 別海町出身、現在は札幌を拠点に活躍するイラストレーターpater(ペーター)さんの個展。paterさんは1976年生まれ。鮮やかな色彩で擬人化された動物達を描き、最近では絵本の制作やライブパフォーマンスも行っている。詳細は110618pater作家ブログの案内欄と、会場HPの案内欄で。
・会 期 :2011年6月18日(土)~26日(日)
・休 館 :月曜火曜
・時 間 :平日 18:00~22:00
      土日祝14:00~21:00
・会 場 :札幌・salon cojica(サロン・コジカ)
      (中央区北3東2中西ビル1F 地図
・入場無料
・お問合せ:サロンコジカ TEL 01-522-7660 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

映画「降りてゆく生き方」上映 in 厚真町@厚真町

 武田鉄也主演で制作された映画「降りてゆく生き方」が留萌市で上映される。映画は、突然社会や家族から見捨てられた団塊世代のヤリ手営業マンが、格差社会と格闘しながら地方都市再生に取り組む人々との出会いを通して、自らの110220oriteiku人生と日本が抱える問題に真っ正面から向き合っていく物語。倉貫健二郎監督、出演は武田鉄矢、渡辺裕之、ほか。上映の詳細は、主催の「ひとりからの会」HPで確認を。
・日 時 :2011年6月26日(日) 13:00開場、13:30上映
        峭澆蠅討罎生き方」上映
      ◆‘段霧演 伊達弘恭さん(螢優ぅ船磧璽主宰)
        わたしの町 厚真町民スライドショー
・会 場 :厚真町総合福祉センター(勇払郡厚真町京町)
・入場料 :前売800円(当日1,000円)
・主 催 :ひとりからの会
※ イベント会場 OPEN 11:00〜
  会場前にて、厚真産新鮮野菜の直売・手作り品の販売・
  アロマハンドマッサージのリラックススペース等、多数出展予定 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会@釧路市

 鎌仲ひとみ監督の「ヒバクシャ ~世界の終わりに~」「六ヶ所村ラプソディー」に続く核をテーマにしたドキュメンタリー3部作の最後の映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(公式HPブログ)(2010年)が釧路市も上映される。中国電力の原発建設に苦しむ瀬戸内海の祝島と、脱原発を国民投票で決めて2020年に101214mistubachi石油に依存しない社会作りを目指しているスウェーデンのエネルギー問題への取組を取材。住民と地域への取材から、自然と共存し持続可能な社会を作るために何ができるのかを問いかけてくる。上映の詳細は上映メンバーのHPの案内欄などで。
・日 時 :2011年6月26日(日) 13:30、 16:30 
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館(TEL 0154-23-2381) アートホール
・入場料 :前売1,000円(当日1200円)、小学生以下無料
・お問合せ:「ミツバチの羽音と地球の回転」釧路上映実行委員会
      TEL 0154-39-2581(須藤) 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

清田図書館 オキナワ展 映画会 「かんからさんしん」上映@札幌市

 札幌市清田図書館では、8月の終戦記念日に向け、皆様に戦争と平和について考えようと一連の行事を企画、その一環としてオキナワ展を開催する。日本で唯一地上戦が行われた沖縄戦を描いたアニメーション映画「かんからさんしん」を上映。沖縄では数多くの民間人が洞窟へ追いやられ、戦い傷つき、自らの命を絶った。しかし、一部の人々は、生き延び、戦後の沖縄の復興に尽力した。この映画は、沖縄県民の全面的な協力を経て、沖縄戦を真正面から描き、「いかに死んだか」ではなく「いかに生きたか」を描く。題名の“かんからさんしん”とは沖縄独自の文化=三線(サンシン)が、戦後空き缶と110626kankara棒きれ、落下傘の紐で作られたものを言い、戦中から戦後にかけて収容所や疎開先で、人々の心を慰めてきた。小林治監督。1989年、日本、78分。原作・脚本:嶋津与志『かんからさんしん物語』(理論社)。上映の詳細は札幌の観光文化情報ステーションHPの案内欄で。
・日 時 :2011年6月26日(土) 13:00開場、13:30開演
・会 場 :札幌市・札幌市清田図書館 読書集会室
      (札幌市清田区平岡1条1丁目)
・入場料 :無料
・対 象 :小学生以上、先着40名まで
・お問合せ:同図書館 TEL 011-889-2484 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第6回北海道ユニバーサル上映映画祭 七飯上映会@七飯町

 ユニバーサル上映とは、上映に字幕・副音声・手話通訳などを付け、劇場にもバリアフリーを取り入れることで、身体的障害を持つ人も健常者も共に映画を鑑賞できる上映形態のこと。すべての人が共有する文化として、ユニバーサル上映(バリアフリー上映)という環境が創造されることを願い、市民有志の手で毎年企画されている「北海道ユニバーサル上映映画祭」の第6目が開催される。
 今年は、温暖化が進む極北で成長していくシロクマのドキュメンタリー「北極のナヌー」と、劇場版「その街のこども」を上映するほか、シアタートーク、ポスター展、ワークショップなどを110625Univ予定。詳細は函館市地域交流まちづくりセンターHPの案内欄などで。
・日 時 :2011年6月25日(土)〜26日(日) 2日間
  25日(土) 13:40開場 
       14:00〜15:23 「その街のこども」上映
       15:30〜    ワークショップ
        「僕たち、わたしたちの考えるまちづくり」(仮)
  26日(日) 13:00〜14:24 「北極のナヌー」上映
       14:30〜15:30 シアタートーク 
        「バリアフリーの視点から『環境・防災』を考える」
        中宮安一七飯町長、ピーター・ハウレット、明石秀平(聞き手)
       15:45〜17:08 「その街のこども」
・会 場 :七飯町・七飯町文化センター(七飯町本町6丁目 ) パイオニアホール 他
・入場料 :一般800円 高校生500円 中学生以下 無料
・主 催 :北海道ユニバーサル上映映画祭実行委員会
・お問合せ:函館保健企画内 橋本和幸 電話0138-31-0010 FAX0138-31-9919  続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

NIPPON VISION 4 札幌展@札幌

 時代を越えて長く使われ、作りつづけられているロングライフデザインの商品をセレクト、販売しているD&DEPARTMENT(ディアンドデパートメント)が、年に一度、ひとつのテーマで47の日本を俯瞰で眺め検証する企画「NIPPON VISION」(ニッポンビジョン)も今年で4回目。これまでの「定番」「ギフト」「観光」に続き、今年のテーマは「アクセサリー」。「都心のファッションメゾンでバランスのよいクリエイションの視点を得て、ふる里に戻った彼ら、彼女らが、今、「アクセサリー」にどんな可能性を見いだそうとしているのか。若きつくり手たちの等身大の日常にある衣食住のデザインとともに、その土地の伝統がどう進化しているのか。47の日本の個性、伝統と出会った「アクセサリー」とそのつくり手の日常を、ぜひ、ご覧下さい」とのこと。詳細は同店HPの案内欄で。110614NipponV04
・会 期 :2011年6月14日(火)〜26日(日)
・時 間 :12:00〜21:00、(日祝20:00まで)
・会 場 :札幌・ D&DEPARTMENT PROJECT SAPPORO by 3KG
      (中央区大通西17丁目1-7 地図
・入場無料
・お問合せ:同店 TEL 011-303-3333 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

國學院大學 学びへの誘い「伊勢物語絵の世界」@滝川市

 國學院大學では、所有する学術資産の内から古典籍を中心に展示会を開催している。2007年の「源氏物語」の世界(記事)、2008年の「神話から『古事記』へ」(記事)、2009年の「『万葉集』享受の世界」(記事)、2010年の「かぐや姫の物語の世界」(記事)に続き、今回は「伊勢物語絵の世界」を取り上げる。「伊勢物語」がどのように絵画化されてきたのかに注目し、江戸時代初期に制作されたとされる「伊勢物語絵巻」をはじめ、江戸時代に1106111isemonogatari作られた奈良絵本「伊勢物語」、絵入り刊本の「伊勢物語」やそのほか古写本や注釈書などを展示。詳細は、同大HPの案内欄で。終了後は、滝川市(6/20〜26、滝川市國學院短期大学)へも巡回展示予定。
・会 期 :2011年6月20日(月)〜26日(日) 
・時 間 :11:00〜19:00(土日は10:00〜18:00)
・会 場 :滝川市・國學院大學北海道短期大学部
      (滝川市文京町3丁目1-1)
・入場無料
・主催・お問合せ:國學院大學 学びへの誘い実行委員会
      國學院短期大学 TEL 0125-23-4111(代) 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | その他

斎藤 周 展 「これから下りていこう」@札幌

 白地のパネルに明るい色彩の平面インスタレーションを110611saitoushuuメインに、発表している札幌在住の美術作家、齋藤 周(さいとう・しゅうさんの個展。
・会 期 :2011年6月11日(土)〜26日(日) 月曜定休 
・時 間 :11:00〜19:00
・会 場 :札幌・テンポラリースペース(TEL 011-737-5503)
     (北区北16条西5丁目1-8 地下鉄北18条下車5分 地図
・入場無料  続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

ふらのクリエーターズマーケット VOL.10@富良野市

 「人の心をつなぐモノがある」をテーマに、北海道を中心に全国から70人以上のモノ作り作家が作品をその場で展示販売する「ふらのクリエイターズマーケット」公式HPブログ)が第10回目の今年も富良野市で開かれる。例年、北海道を中心に約100組のアーティスト達がブースで、陶芸、クラフト、アクセサリー、雑貨など110625furanoC多彩なオリジナル作品を展示販売する(同ブログの参加者紹介欄)。各種実演や体験、パフォーマンス、出店なども。今年の詳細は公式ブログ他で確認を。
・会 期 :2011年6月25(土)、26日(日) 2日間
・時 間 :両日とも10:00~17:00
・会 場 :富良野市生涯学習センター
・入場無料
・お問合せ:同実行委員会事務局 TEL 0167-42-2407
      (富良野市生涯学習センター内) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 | その他

「ヒバクシャ 世界の終わりに」上映@旭川市

 第2次大戦以降、様々な形で核の被害を受けてきた“ヒバクシャ”たちを追ったドキュメンタリー映画「ヒバクシャ 世界の終わりに」(公式HP)=DVD情報=の上映会が開かれる。1945年の原爆投下後、イラク戦争で話題となった劣化ウラン弾、近隣の核工場による低線量被曝など、後を絶たない核の被害者たちを追う。2003年、日本、116分。鎌仲ひとみ監督は、この映画がきっかけとなって、使用済核燃料再処理工場のある青森県六ヶ所村に生きる人々を110626hibakusya取材した長編ドキュメンタリー映画「六ヶ所村ラプソディー」(2006年、16弌116分)を制作した。上映の詳細は主催の鎌仲監督HPの案内欄で。
・日 時 :2011年6月26日(日) 4回上映(各15分前開場)
      10:00、 13:00、 15:30、 18:30
・会 場 :旭川市勤労者福祉総合センター・サンアザレア(6条通4丁目)
・入場料 :一般1000円、障害者と高大生以下は主催者にお問合せを
・主 催 :市民有志のグループ「今だから見たい! この映画」
・お問合せ:こども冨貴堂 TEL 0166-25-3169 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

伽井丹彌展+パフォーマンス[ 気(け)+這(は) い ] @帯広市

 帯広市を拠点に活躍する人形作家、伽井 丹彌(かい・あけみ)さんが、帯広コンテンポラリーアート2011 真正閣の100日での出展にあわせ、最終日にパフォーマンスを披露する。伽井さんは人形を四谷シモンに、ダンスを舞踊の松本道子氏(帯広)に学ぶ。1985年から球体関節人形制作を開始。エロティシズムあふれる人形を発表してきた。また「虚像」と「実像」をテーマにダンスと人形、映像を駆使したパフォーマンスにも取り組んでいる。今回展は「人形(ひとがた)の並ぶ空間にたゆたう館に棲む精霊たちの気配。五感を刺激しながら 彼女たちの声に耳を研ぎ澄ます」とのこと。右画像は会場の展示風景(撮影:戸張良彦)。110626kai展示とパフォーマンスの詳細は同展公式HPと、作家HPの案内欄で。
・会 期 :2011年6月20日(月)〜26日(日)
・時 間 :10:00〜17:00 (入場は16:00まで) 会期中無休
・会 場 :帯広市・真鍋庭園 真正閣および庭園屋外
      (帯広市稲田町東2−6 アクセス
・入場料 :大人500円、子供(小中生)200円、団体(20名以上)400円、
      真鍋庭園パスポート1200円(会期中に何度でも入場可)
       障がい者手帳お持ちの方100円 割引
・お問合せ:TEL:0155-48−2120
・主 催 :帯広コンテンポラリーアート2011実行委員会 
※ 6月26日(日)15:00、会場内でアート・パフォーマンス[気(け)+這(は)い] 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | 演劇・ダンス

フェアトレードフェスタ2011 in さっぽろ@札幌市

 〜 いま、私たちにできること 〜
 フェアトレード(公正貿易)とは、発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動。フェアトレードフェスタ 2011 in さっぽろHPブログ)は、札幌の市民有志による実行委員会が>「買い物をする」という身近な行為と世界の貧困・環境問題とのつながりを知り、ひとりひとりができることを考え、行動するきっかけになることを願って、毎年開催しているイベントで今年で5回目。110625fairtradeフェアトレードによる食べ物や商品の販売、カフェ、ワークショップ、ステージ企画、ゲストトークなどを予定。詳細は公式サイトで。
・日 時 :2011年6月25日(土)、26日(日)
      6月25日(土) 11:00〜18:00
      6月26日(日) 10:00〜17:00
・会 場 :札幌・大通公園1丁目
・主 催 :フェアトレード北海道、
      フェアトレードフェスタ2011 in さっぽろ実行委員会
・お問合せ:同実行委員会 TEL 011-707-5622(Earth Cover内)
    メール fairfes[あっと]gmail.com 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

日本クラフト紀行5「富山クラフトワークス2011 in Sapporo」@札幌

 札幌芸術の森がおくる「日本クラフト紀行」は、日本各地の工芸文化を地域ごとに取り上げて紹介するシリーズ。第5回目の今回は、富山県とその周辺地域で活動するクラフト作家にスポットを当てる。高岡市を中心に銅器や漆などの優れた製造技術で知られ、江戸自体から続く独自の伝統工芸文化を連綿と育んできた富山。伝統を継承するだけでなく、若いつくり手がその技術を新しい時代に適応した作品にも活かし続けている。そんな現代の富山クラフトを陶芸・木工・漆・ガラス・金工・織染など様々な分野から紹介する選抜展。詳細は110424toyama会場HPの案内欄で。
・会 期 :2011年 4月24日(日)〜6月26日(日) 
・休館日 :4/25(月)のみ休館
・時 間 :9:45〜17:00(6月は17:30まで)
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森美術館 工芸館展示ホール
      (南区芸術の森2丁目75、地図) 
・入場料 :無料
・主 催 :(財)札幌市芸術文化財団、(社)富山県デザイン協会
・お問合せ:同館 TEL 011-591-0090 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

「A+Muse+um アートのヒミツ」@旭川市

 中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館がおくる収蔵品展。「アートは観る者との関わりによって初めて意味が生まれ、より美しく輝き始める。本展は、かたち、おもさ、つくりかたのヒミツなど、作品に110409art隠された『アートのヒミツ』を様々な視点と方法から探る」(右チラシ裏面より抄録)。詳細は同館HPのチラシ(PDF)で。
・会 期 :2011年4月9日(土)~6月26日(日) 
・休館日 :毎週月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/30~1/4)
・時 間 :9:00~17:00(入館は16:30まで)
・会 場 :旭川市・中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館(春光5-7)
・入場料 :一般300円(240円)、高校生200円(160円)、中学生以下無料
      ()内は20名以上の団体料金
・お問合せ:同館 TEL 0166-52-0033 

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2011年06月25日

「武士の家計簿」上映会@稚内市

 磯田道史原作のベストセラー「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」=書籍情報=を、森田芳光監督が映画化した時代劇「武士の家計簿」を上映。激動の110325bushinokakeibo幕末で、“算盤さむらい”と呼ばれ、加賀藩の算用者として財政に関わる下級武士と、その妻とが慎ましく生きる姿をつづる。堺雅人、仲間由紀恵が主演。2010年、日本、129分。上映の詳細は、北海道新聞HPの案内欄で。
・日 時 :2011年6月25日(土) 14:00、 18:30 
・会 場 :稚内総合文化センター
      (中央3丁目13番23号 TEL 0162-22-2727)
・入場料 :一般 前売1,000円(当日1,500円)、高校以下500円(前売当日とも)
・主 催 :稚内映画を観る会 阿部 TEL 0162-32-0861 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

グリーン九条の会 第4回講演会 天木直人氏「さらば日米同盟〜平和国家日本を目指す最強の自主防衛政策」@札幌

110625amaki 札幌のグリーン九条の会では、在外日本大使館公使などを歴任された天木直人(元駐レバノン特命全権大使)を招き、『さらば日米同盟〜平和国家日本を目指す最強の自主防衛政策』と題して講演会を開く。詳細は、主催者HPのお知らせ欄で。
・日 時 :2011年6月25日(土)  開場13:30、開演14:00
・会 場 :札幌市・りんゆうホール(北区北9条東2丁目りんゆう観光3F)
・参加費 :1,000円(要申し込み)
・主 催 :グリーン九条の会 green9zyonokai[あっと]gmail.com 
・参考書籍:「さらば日米同盟! 平和国家日本を目指す最強の自主防衛政策」
       天木直人著、講談社、2010年6月22日刊行=書籍情報

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

旭川映画村20周年記念上映会@旭川市

 旭川市で年4〜5回のペースで自主上映会を開催している市民団体旭川映画村(公式HP)は、「20周年記念上映会」と称して、 「マルタのやさしい刺繍」「扉をたたく人」の二本立てで上映。110625asahikawaeigamura詳細は主催の旭川映画村HPで。
・日 時 :2011年6月25日(土) 
      「マルタ〜」 12:00、16:30
      「扉を〜」  14:00、18:30
・会 場 :旭川市・旭川市民文化会館 (旭川市7条通8丁目) 小ホール
・料 金 :2本券1600円 ※前売のみ(1人で2本、OR ペアで1本鑑賞)
      1本券1200円(当日 一般1500円)、高校以下1000円(当日のみ) 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

「エルミタージュ幻想」上映会〜国立エルミタージュ美術館所蔵「皇帝の愛したガラス」展関連企画〜@札幌

 北海道立近代美術館では、国立エルミタージュ美術館所蔵「皇帝の愛したガラス」展(2011/06/09〜7/03、記事)の関連事業として、映画「エルミタージュ幻想」=DVD情報=を2度に渡って上映する。20002年、アレクサンドル・ソクーロフ監督、独露日、96分。セルゲイ・ドレイデンほか出演。詳細は北海道新聞の案内欄と道立近代美術館HPの案内欄で。
・日 時 :2011年6月25日(土)、7月2日(土) 各2回上映
      各日 11:00、14:00
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館 講堂
      (中央区北1西17 地図 TEL 011-644-6882)
・入場料 :無料、定員240名まで。
      上映は無料だが、展示を見るには別途入場料が必要。
・主 催 :北海道新聞社、道立近代美術館、北海道文化放送 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2011年06月24日

第14回SALA  『岡本太郎の肖像』 柴橋伴夫(美術評論家)講演@札幌

 2010年春から始まった文化塾「サッポロ ART LABO(略称:SALA)」が2011年度も始動。札幌の美術評論家、柴橋伴夫氏が代表をつとめる民間団体で、多様化する文化を横断しながら、未来に向けて文化創造を担う人たちを「束ねる」場づくりを目指す。今年も毎月最終金曜日の19:00より多彩なゲストを招き「アートの今日性、未来性」を学ぶ。第14回は、札幌の美術評論家の柴橋伴夫さんを講師に迎えてお話を110429sala2011うかがう。詳細は、会場のト・オン・カフェHPの案内欄で。
・講 師 :柴橋伴夫(美術評論家)
・テーマ :「岡本太郎の肖像」
・日 時 :2011年6月24日(金) 19:00~20:30
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
・定 員 :各回30名程度、要事前申込 
・受講料 :一般1,000円、学生500円(共に1ドリンク付)
      学生は学生証の提示が必要
・お申込み:同店 TEL 011-299-6380 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | 演劇・ダンス

『現代版 魔女の鉄槌』刊行記念 苫米地英人さんトーク&サイン会@札幌

110624tomabechi 『現代版 魔女の鉄槌』(フォレスト出版 税込1,785円 6/22発売予定)=書籍情報=の刊行を記念して、著者の苫米地英人さん のトーク&サイン会を開く。詳細は会場HPの案内欄で。
・日 時 :2011年6月24日(金) 17:30〜18:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・参加方法:同店にて同書を予約又は購入の先着100名整理券を配布
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00)

bluebook at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

ドキュメンタリー映画『ミツバチの羽音と地球の回転』劇場公開@札幌

 鎌仲ひとみ監督の「ヒバクシャ ~世界の終わりに~」「六ヶ所村ラプソディー」に続く核をテーマにしたドキュメンタリー3部作の最後の映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(公式HPブログ)(2010年)が札幌で劇場公開される。中国電力の原発建設に苦しむ101214mistubachi瀬戸内海の祝島と、脱原発を国民投票で決めて2020年に石油に依存しない社会作りを目指しているスウェーデンのエネルギー問題への取組を取材。住民と地域への取材から、自然と共存し持続可能な社会を作るために何ができるのかを問いかけてくる。
・会 期 :2010年6月4日(土)〜24日(金)
・時 間 :10:40、13:05 、15:30 、18:00
・会 場 :札幌・マリオンシネマ
      (中央区南3西2リバティ4F 狸小路2丁目内)
・入場料 :一般1500円、高大生1300円。木曜女性1000円など割引あり
・お問合せ:同館 TEL 011-231-5138
・参 考 : 時間や入場料の詳細 「北海道MovieWalker」HPの「マリオンシネマ」案内欄 

bluebook at 10:40|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

映画「武士の家計簿」上映@札幌

 磯田道史原作のベストセラー「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」=書籍情報=を、森田芳光監督が映画化した時代劇「武士の家計簿」を上映。激動の幕末で“算盤さむらい”と呼ばれ、加賀藩の算用者として110325bushinokakeibo財政に関わる下級武士と、その妻とが慎ましく生きる姿を描く。堺雅人、仲間由紀恵が主演。2010年、日本、129分。詳細は、札幌の観光文化情報ステーションHPの案内欄ほかで。
・日 時 :2011年6月24日(土) 4回上映
      10:30、13:00、15:30、18:30
・会 場 :札幌市・手稲区民センター ホール
      (手稲区前田1条11丁目 TEL 681-5121)
・主 催 :映画「武士の家計簿」上映実行委員会
・お問合せ:TEL 080-6084-3245(藤田) 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

ドキュメンタリー映画「1/4の奇跡〜本当のことだから〜」上映@帯広市

 全国で自主上映され大きな反響を呼んでいるドキュメンタリー映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」(公式HP)(2007年、100分、入江富美子監督)を上映。映画の主人公、石川県の養護学校教諭のかっこちゃん(山元加津子さん)は、学校の子どもたちとの触れ合いの中で、子どもたちの持っている素晴らしい性質や力に出会う。それは、私達人間を支えている、見えないけれど大きな力、生かされている”いのち”、その尊さを知ることでもあった。詳細は、北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2011年6月24日(金) 9:30開場、10:00〜11:40
・会 場 :帯広市・とかちプラザ 2F視聴覚室
      (JR帯広駅下車徒歩3分)
・入場料 :1000円。託児あり(定員20名、別途保険料500円、要予約)
・主 催 :『1/4の奇跡』上映実行委員会
・お問合せ:同実行委員会 TEL 090-7478-5474(ヨダ)

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

ドキュメンタリー映画「ショージとタカオ」劇場公開@苫小牧市

 ドキュメンタリー・ムービー「ショージとタカオ」が、札幌に続き苫小牧市でも劇場公開される。ショージとタカオこと桜井昌司氏と杉山卓男氏は、1967年茨城県で起こった強盗殺人事件「布川事件」の犯人とされ、20歳から29年間の獄中生活を送った。2人は無罪を訴え再審理を求め続ける。2人を偶然知ったディレクターの井手洋子が、仮釈放された1996年秋から2010年夏までの2人の日常を追った14年間の記録。30年間近くシャバと隔絶して過ごした2人は浦島太郎状態で、電車の発券機、テレフォンカード等の時代の変化に四苦八苦。仕事をみつけたい、彼女が欲しい…。普通のおじさんになるため、2人は様々なハードルを一つ一つ110524ShojiTakao乗り越えていく。2010年、日本、158分。監督・撮影・編集:井手洋子。2010年キネマ旬報ベストテン文化映画第1位受賞。上映の詳細はシネマトーラスHPで。
・会 期 :2011年6月11日(金)〜24日(金)
・時 間 :9:30、 14:10、 18:50
      6/12(日)と6/17(金)はの上映なし
・会 場 :苫小牧市・シネマ・トーラス(本町2-1-11 中央ボウル1F 地図
・入場料 :劇場HPの料金欄で確認を
・お問合せ:シネマ・トーラス TEL 0144-37-8182 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

ゲオディノス シネマ祭り2011 ベストシネマ上映会@札幌

 螢殴ディノスでは、「あなたのベストシネマ、教えてください」の応募(外国映画1,440票、日本映画1,323票)に寄せられた投票数の中から、それぞれ上位30作品を発表。その内、現在上映可能なタイトルの中から特別上映作品を以下の通り選出。2作品はディノスシネマズ札幌劇場(中央区)とディノスシネマズ札幌白石(白石区)で上映。なお、白石上映は同館のクロージング作品となる。詳細は、劇場HPの案内欄で。110514sugaibest
・会 期 : 2011年5月14日(土)〜6月3日(金)
       「ローマの休日」(外国映画第2位)
      2011年6月4日(土)〜24日(金)
       「幸福の黄色いハンカチ」(日本映画8位)   
・会 場 :札幌・ディノスシネマズ札幌劇場ほかゲオディノス映画館
      (中央区南3西1須貝ビル7・8F)
・入場料 :1作品一律700円、2作品セット券1,000円
・お問合せ:同劇場 TEL 011-221-3802 
※ ディノスシネマズ札幌白石クロージング上映 → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2011年06月23日

★北大ショートフィルム第3弾、ノーベル賞の鈴木先生がモデルの「永遠の幸(仮題)」制作、エキストラ募集@札幌

 北大OBらで作る「北大ショートフィルム製作委員会」では、昨年ノーベル賞を受賞した鈴木章北大名誉教授(80歳)をモデルにした短編映画「永遠の幸」(仮題)を2011年度に製作する。北大元気プロジェクト2011採択企画で、北大キャンパス内で撮影予定。同委員会がこれまで北大を舞台に製作してきた『銀杏の木の下で』(2007)、『零下15度の手紙』(2010)に続く第3弾。2011年6月25日(土)、26日(日)に撮影を開始する。
 映画では、戦後間もなく北大に入学した学生が研究の道を歩む姿を描くもの。監督は北大映画研究会OBの早川渉さん(『壁男』2006年、堺雅人・小野真弓主演)。プロデューサーは、北大映画館プロジェクトの設立者であり北大ショートフィルム第1弾・第2弾のプロデューサーも務めた江口彰氏。鈴木章名誉教授本人も出演する。撮影にあたり、大学祭風景、講堂講義風景、通行人役などで、学内外からエキストラ約200人を募集する。市民参加も歓迎。110621tokoshie詳細は、北大HPの案内欄と、北大ショートフィルム製作委員会の案内欄で。
・お問合せ:北大ショートフィルム製作委員会ホームページ
      http://www.hokudai-film.com/
      今野(北大ショートフィルム製作委・学生統括、北大学文学部3年)
      hoorudenka.3509[あっと]gmail.com
・エキストラの募集に関するページ
      http://www.hokudai-film.com/contents/?p=35 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

滝川映画サークル6月上映会「愛おしき隣人」@滝川市

 滝川映画サークルの6月上映会では、「愛おしき隣人」(公式HP)を上映スウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督の最新作。北欧のとある街を舞台に、110623itooshikirinjin情けなくて可笑しい人間たちの日常を、独特の映像と音楽でユーモラスに描く。2007年 、スウェーデン=仏=デンマーク=独=ノルウェー=日本、94分。原題 YOU,THE LIVING 。上映の詳細は、滝川映画サークルの開催案内欄で。
・日 時 :2011年6月23日(木) 14:00、 19:00  
・会 場 :滝川市・たきかわホール 
      (JR滝川駅前再開発ビル3F TEL 0125-23-6005)
・入場料 :会員以外も参加OK。
      前売 一般1,400円、学生1,200円(当日各200円増し)
※ 会員募集中 → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

『オペラ映画』を楽しむ会第2回上映 プラシド・ドミンゴ「トスカ」@札幌

 〜 オペラってこんなにわかりやすくて面白い!! 〜
 ゼッフィレリら映画の名匠監督が演出・実写した「オペラ映画」の名作シリーズが、1年を通して札幌で紹介されることになった。舞台映像ではなく、映画監督が、名作オペラを超一流の歌手の出演で、完全映画化した「オペラ映画」。豪華なセット、多彩な映画表現、自由なカメラアングルによる練り上げられた映像で、歌手の微妙な演技力にまで迫った見事な芸術作品。第1期は、プラシド・ドミンゴ特集で、その第2回は「トスカ TOSCA」を上映。プッチーニ作曲、ジャンフランコ・デ・ボジオ監督。ブルーノ・バルトレッティ指揮。出演=ライナ・カバイヴァンスカ、プラシド・ドミンゴ、ジェリル・ミルンズ。1976年/イタリア・ドイツ/116分。この作品の舞台設定であるローマのサンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会、ファルネーゼ宮殿、サンタンジェロ城といった実在の歴史建造物をそのまま利用して撮影されており、オペラ映画の醍醐味が味わえる。上映は日本語字幕付き。詳細は、110623tosca02札幌映画サークルHPの案内欄などで。
・日 時 :2011年6月23日(木) 
      14:00〜15:56、 18:30〜20:26 
・会 場 :札幌市・共済ホール
      (中央区北4西1共済ビル6F 地図 TEL 011-251-7333)  
・入場料 :一般 前売2,300円(当日2,600円) 各回600名まで
      団体料金 5名以上は前売のみで1名2,000円
・主 催 :オペラ映画を楽しむ会(札幌映画サークル内)
・お問合せ:螢廛螢坤 オペラ映画係 TEL 011-252-3828 
      FAX 011-252-3848(FAXは24時間申込受付) 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | 音楽

出産のドキュメンタリー映画「うまれる」上映会@北見市

 子供たちの胎内記憶、妊娠、出産、そして出産と隣り合わせの不妊や流産、死産、堕胎などのドキュメンタリー映像を通じて、「生きる」ことを体感し、私たちが産まれてきた意味や家族のあり方、そして命の尊さを問いかけるドキュメンタリー映画「うまれる」が北見市で上映される。映画に登場するのは4組の家族。両親の不仲や虐待の経験から、親になることに戸惑う夫婦。出産予定日にわが子を失った夫婦。子どもを望んだものの、授からない人生を受け入れた夫婦。完治しない障害を持つ子を育てる夫婦。そんな4組の家族が織り成す笑いと涙と愛のドラマを101113Umareru通し「うまれる」というテーマを描く。豪田トモ監督・企画・撮影。つるの剛士のナレーション。2010年、日本、104分。上映の詳細は、映画公式HPの案内欄で。
・日 時 :2011年6月23日(木) 13:30
・会 場 :北見市・日本赤十字北海道看護大学(地図) 講堂
・入場料 :無料。 定員 200名
・主 催 :日本赤十字北海道看護大学同窓会
・お問合せ:造田 TEL 0157-66-3310
      zoudar[あっと]rchokkaido-cn.ac.jp
※ 「ママさんタイム」あり 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2011年06月22日

さっぽろキャンドルナイト2011@札幌

 毎年、夏至の夜は「電気を消して、スローな夜を」を合言葉に、全国各地でキャンドルナイトの取組みが広がっている。札幌でも5年前から「さっぽろキャンドルナイト」(公式HP)が始まり、今年も110622CandleN2011観光名所での消灯を呼びかける他、市内の喫茶店やホテルの参加協力を得てコンサートやキャンドルナイトレストラン等を行う。今年のイベント等の詳細は公式HPの案内欄で紹介予定。右画像は今年のパンフレットで無料配布中。
・日 時 :2011年6月22日(月) 20:00〜22:00
・会 場 :札幌市内各地(詳細は上記HPで)
・お問合せ:さっぽろキャンドルナイト実行委員会(札幌市環境局推進課内)
      TEL:011-211-2877 FAX:011-218-5108
・参 考 :さっぽろキャンドルナイト実行委員長のブログ 
※ 右画像は2011年のパンフレット  続きを読む

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

「フォーラム in 札幌時計台」第6期 第29回 藻谷浩介氏(日本政策投資銀行参事)@札幌

 〜 政治を語ろう 未来を創ろう 〜
 北海道大学法学部の山口二郎教授(公式HP)が中心となり、市民と一緒に政治や社会問題を考える「デモスノルテ」主催の「札幌時計台フォーラム」シリーズ第6弾が2011年4月からスタート。大学教授、社会学者、経営コンサルタントなど、政治やメディアの識者等を招いて講座を連続開催。今期のテーマは「世界を視る 〜分断から連帯へ向けて 一歩踏み出す〜」で全5回。チケットは早めにお求めを。詳細はデモスノルテHPなどで。
・会 期 :2011年4月21日(木)、5月11日(水)、5月25日(水)、
      6月10日(金)、6月22日(水) 全5回 
  次 回 第26回=6月22日(水) 18:30〜20:30
        講師:藻谷 浩介 日本政策投資銀行 参事
・会 場 :札幌市・札幌時計台 2F ホール
      (中央区北1条西2丁目 TEL 011-231-0838)  
・入場料 :各回 1,000円
・主 催 :デモスノルテ DemosNorte
・お問合せ:TEL(011)706-3140 北海道大学法学部 山口研究室 
※ 講座プログラム → 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

M.C.エッシャーの全貌 〜エターナル無限迷宮ラビリンス〜@帯広市

 人物や動物が連続する模様。現実にはありえない構造の建物。オランダの美術家M.C.エッシャー(1898−1972年)は、不可思議なイメージの数々を生み出した。長崎県のハウステンボス美術館・博物館の所属作品より、エッシャーの表現世界を紹介する。今回は、エッシャーの初期から晩年にいたる代表作約150点の作品を110422escher展示。詳細は、十勝毎日新聞HPの案内欄と同館HPの案内欄で。
・会 期 :2011年4月22日(金)〜6月22日(水)
・休館日 :毎週月曜
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :帯広市・北海道立帯広美術館(緑ヶ丘2番地緑ヶ丘公園 地図) 
・入場料 :一般一般900(700)円、高大生550(450)円、小中生250(200)円
      ()は10名以上の団体料金
・お問合せ:北海道立帯広美術館 TEL 0155-22-6963
      十勝毎日新聞社 事業局 TEL 0155-22-7555続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2011年06月21日

メディア・アンビシャス6月例会「フクシマ原発報道―研究者からの目、海外からの目」@札幌

 「メディアよ、大志を抱け」を合言葉に、志の高い番組や報道を応援し、メディア状況の改善を目指して2009年2月に発足した市民有志による「メディア・アンビシャス」(公式HP)(代表:山口二郎北大大学院教授)の6月例会。今回は、「フクシマ原発報道―研究者からの目、海外からの目」がテーマ。3.11の大震災に伴い、改めて現代日本社会が問われている今、この間の「原発報道」を検証する。北大で「かつて原子力が専門だった」大友詔雄さんと、メディアアンビシャス世話人でメディア研究者の玄武岩さんの2人を講師に招く。
<講 師 > 大友詔雄(おおとも・のりお)
        (株)NERC(自然エネルギー研究センター)代表取締役
        元・北海道大学大学院工学研究科・工学部助教
       玄 武岩(ヒョン・ムアン)
        北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院・准教授
        メディアアンビシャス世話人
<ファシリテーター> 萩本和之(はぎもと・かずゆき) 元新聞記者・大学非常勤講師
・日 時 :2011年6月21日(火) 19:00開始
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F )
・入場方法:当日の資料代500円、学生無料。
      参加は会員制だが当日入会可能(参考)
      年会費 一般3,000円、学生1,000円 ほか  
      終了後、同会場で懇親会(無料)を予定。何か飲食物持参を。    
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 staff@@media-am.org(@@→@) 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

篠路高校図書館講座 「いけ!いけ!三岸好太郎美術館」@札幌

 ~札幌篠路高校 図書館講座 「自立の章」2011~
 札幌篠路高校では、第一線で活躍する方々のお話を通して、人や地域や文学の魅力を紹介する図書館講座を連続開催。今回は、「オリジナル・スイーツ・デー」「ミニ・リサイタル」「とっておき110621sinoroワークショップ」「土曜セミナー」などを実施してきた、札幌の北海道立三岸好太郎美術館学芸員の苫名 直子さんを講師に迎える。専門の研究に加え、展示やイベントなど精力的に活躍する苫名さんから、北海道を代表する画家「三岸好太郎の魅力」と、「美術館の裏側」について、伺う予定。詳細は篠路高校HPの案内欄(PDF)で。
・日 時 :2011年6月21日(火) 18:00~20:00
・会 場 :札幌篠路高等学校 (北区篠路町372-67)2階 図書館
・入場料 :無料。学外の一般参加歓迎。資料準備のため事前申込みを。
※ 講師の紹介と、これまでの図書館講座の内容 → 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

北海道ヘアデザイナー100人展@札幌

 北海道で活躍するヘアクリエーター100人による写真展第3回 北海道ヘアデザイナー100人展(
公式HP
ブログ)が今年も開催される。サロンスタイルを超越した新しい表現と先進的なセンスを写真作品に置き換え、 多くの人々へ紹介することを目的に開催されている。110607hairD100詳細は同展公式HPで。
・会 期 :2011年6月7日(火)〜21日(火) 日祝 休館
・時 間 :13:00〜23:00
・会 場 :札幌・CAI02 
      (中央区大通西5丁目 昭和ビルBF2 )raum1/2/3
・入場無料
・主 催 :北海道ヘアデザイナー100人展実行委員会
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-802-6438 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

2011年06月20日

さっぽろキャンドルナイト2011 イベント・レストランを募集@札幌

 毎年、夏至の夜は「電気を消して、スローな夜を」を合言葉に、全国各地でキャンドルナイトの取組みが広がっている。札幌でも5年前から「さっぽろキャンドルナイト」(公式HP)が始まり、今年も観光名所での消灯を呼びかける他、市内の喫茶店やホテルの参加協力を得てコンサートやキャンドルナイトレストラン等を行う。今年の夏至は6月22日(日)。実行委員会では、札幌市内110622CandleN2011および近郊で関連イベントの情報と、キャンドルナイトレストランに参加する飲食店をそれぞれ募集。詳細は、同HPの募集案内欄で。
・イベント開催日:おおむね2011年6月15日(水)〜7月7日(木) 
・締 切 :2011年5月12日(木) 17:00必着(パンフ掲載締切)
      2011年6月20日(月) 17:00必着(HP掲載締切)
・協賛金 :1口(1,000円)以上のご協力を
・お問合せ:さっぽろキャンドルナイト実行委員会(札幌市環境局推進課内)
      TEL:011-211-2877 FAX:011-218-5108
・参 考 :さっぽろキャンドルナイト実行委員長のブログ 続きを読む

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) その他 

北海道Walkerプレゼンツ 「富良野・美瑛の新発見!」トークショー@札幌

 北海道Walkerによる、「富良野・美瑛の新発見!」トークショー。「富良野は6月下旬からラベンダーが見頃を迎えます。花畑だけでなく、地域食材を使った料理、知られていない絶景、地元の方々の手作り感溢れるユニークな祭りなど、魅力が110620walkerいっぱいです。富良野文化の情報発信をするイベントとして、北海道Walker7月号(富良野・美瑛特集)と連動し、現地の観光に携わる方々のトークショー、北海へそ祭り実行委員会による実演をなどを行います」とのこと。詳細は、会場HPの案内欄で。
・日 時 :2011年6月20日(月) 17:00より
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :無料
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00) 

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他