2011年10月

2011年10月31日

■ライブバー「LOCA [ろか]」が期間限定で都心にオープン@札幌

 札幌4プラ前、石造りの蔵を改装した元さぱらホール(参考記事)が、ライブバーLOCA [ろか] となって、2011年4月11日から期間限定復活している。お店は全面ガラス張りで、外にスピーカーを設置。詳細は同店HPで確認を。110411loca
・店 名 :ライブバーLOCA [ろか]
・開業期間:2011年4月11日(月)〜10月31日(月)
・営業時間:月〜金(祝日除く) 20:00開場、20:30〜23:00
・住 所 :札幌市中央区南1条西4丁目18(電停前)1階(玄関は南向、地図
・料 金 :通常ライブ お客様ライブチャージ¥1,000 (1ドリンク付き)
・サイト :http://id8.fm-p.jp/162/loca04/
※ 出演アーティスト 随時募集中 

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) ホール・施設 | 音楽

長井 渉 個展「Demonstration」@札幌

111025naqai 札幌でフリーランスで靴作りをしている若手長井 渉さんの個展。「Demonstrationと思考」をテーマに、個人が作製したレディースシューズの展示と、革小物の展示販売等を予定。詳細は、作家ブログの案内欄と、会場のCAI現代芸術研究所HP案内記事で。
・会 期 :2011年10月25日(火)〜31日(月)
・時 間 :13:00〜23:00 (最終日は18:00まで)
・会 場 :札幌・CAI02
      (中央区大通西5丁目 昭和ビルBF2 TEL 011-802-6438)
・入場無料 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

川上りえ個展「shape of metal spirit 2011」@札幌

 〜 金属で生み出す生命力の形 〜
 石狩市を拠点に活躍している彫刻家の川上りえさんさんの個展。「金属という素材に関わり続けて、ずいぶんと年月が過ぎましたが、未だに新しい発見があります。私という存在の干渉によって、金属の持ち味が心地よく引き出される、少し抽象と具象の中で行き来するような立体作品を展開したいと思います」とのこと。会場には、金属製の封筒やショッピングバッグ等も展示され、金属という素材についての意表をつかれる。111019kawakami詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2011年10月19日(水)〜31日(月)
・時 間 :10:00〜19:00 火曜定休
・会 場 :札幌市・新さっぽろギャラリー(厚別区厚別中央2条5-6-3)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー 花田 TEL 090-9439−7921 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

山内悠写真展「夜明け」巡回展@札幌

 富士山七合目の山小屋に山小屋に600日以上住み込み、そこから望む夜明けの風景を撮り続けた山内 悠さん(1977年生まれ)の写真展が全国を巡回中、札幌でも開催される。会期中、紀伊国屋書店札幌本店で110917yamauchi山内さんの写真集「夜明け」(赤々舎、2010年10月、5,250円)=書籍情報=のトークショーとサイン会も開催される。詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2011年9月17日(土)〜10月31日(月)
・時 間 :10:00〜19:00 月火曜定休
・会 場 :札幌・ART STUDIO TOBIRA
      (札幌市南区定山渓727番3)
・入場料 :無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-595-2110 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

太陽北海道地域づくり財団がH24年度助成対象事業を募集@北海道

 (財)太陽北海道地域づくり財団は、平成24年度の「地域づくり助成対象事業」を募集。対象となるのは、平成24年度(2012年4月〜2013年3月)中に実施される大会、学会、セミナー、シンポジウム、現地見学会、体験学習会、イベント、PR資材、地域固有の資源の補修・改修などで、2012年12月年内に交付決定団体に通知予定。昨年は、高齢者による映画制作活動、障害者のアートによる地域づくり推進事業などを助成している。詳細は同財団HPの募案内欄助成実績欄で確認を。
・応募締切:2012年10月31日(月) 必着
・助成対象:
  市町村、市町村と連携しながら地域づくり活動を実践する団体、その他
・助成額 :総額を年間1,000万円程度(15件程度)。
  助成決定した活動毎に濃淡(助成上限額及び助成比率)をつけて配分。
  助成上限額は原則300万円程度。
  活動団体の人件費などの管理費は対象外。
・応募方法:所定の申請書様式(同財団HPの応募欄からダウンロード)で応募。
・お問合せ:同財団事務局 TEL 011-210-0311。FAX 011-210-0916 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

2011年10月30日

ゾンビウォーク(ゾンビ仮装行列)@札幌

 ゾンビウォークとは、カナダで発祥したゾンビ仮装行列で、現在、世界各地の大都市にて数千人規模で行われている。日本は札幌で初開催される。ゾンビ(死体のまで蘇った者)メイクと仮装で参加者が、大通公園内を歩き回り、「Never give up !”決して札幌は負けない! 何度でもたちあがれる!」をPRする。その後、屋内に会場を移し、仮装のコンテスト表彰や映画上映を行う。詳細は公式HPなどで確認を。111030zombie_flyer_front
・日 時 :2011年10月30日(日)
      15:30〜16:30(ゾンビウォーク)
      18:00〜21:00(ゾンビナイト)
      18:00〜19:00(ゾンビ映画祭)
・会 場 :【ゾンビウォーク】札幌市大通公園3・4・5丁目
      【ゾンビナイト・ゾンビ映画祭】PROVO(南6東1)
・参加者 :50名以上(一般参加者受付 有)
・応募方法:ゾンビ会議WEBサイト特設フォームより
      http://www.hokkaidoga.jp/zombie-kaigi/
・入場料:ゾンビウォークはどなたでも参加無料
     ゾンビナイト、入場料1,500円(ワンドリンク付) 続きを読む

bluebook at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス | 映画

木村祐一 写術&映画「オムライス」@札幌

 吉本所属のお笑いタレントにして、放送作家、俳優、料理愛好家、コラムニストの木村祐一の映画監督作品第3作目の「オムライス」が今秋公開されるのを記念し、全国8カ所でツアーが決定。北海道は札幌で開催される。
当日は、木村祐一が街でみつけた〈モノ〉を写真に収め、そこから笑いへ誘う「写術」と映画「オムライス」が同時に楽しめる。また、各会場にゲストとして映画に出演した芸人や役者を招き、監督との舞台挨拶もあり、映画撮影時のエピソードなどトークも。詳細はツアー公式HPの案内欄で。111030omuraisu
【出演】 木村祐一、ゲスト:ハリセンボン、パンサー
・日 時 :2011年10月30日(日) 開場14:30、開演15:00
・会 場 :札幌市・サッポロファクトリー ホール
      (中央区北2東3 地図 TEL011-207-5000)
・入場料 :前売3500円(当日4,000円)税込み
      L 17408、P 415-345
・お問合せ:チケットよしもとインフォメーション
      TEL 0570-036-912 10:00〜19:00(平日、日祝問わず)
・ツアー公式サイト http://shajutsu-omurice.laff.jp/blog/ 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | 演劇・ダンス

★2011日本・中国映画週間 in 札幌@札幌

 毎年、東京国際映画祭の提携企画として行われている「中国映画週間」が、今年初めて東京のほか札幌でも上映される。双方で開幕式やゲストの舞台挨拶などを行う。今年はチェン・カイコーやフォ・ジェンチーといった大物監督の新作や、ビビアン・スーの主演作などが予定されている。中国に北海道観光ブームを引き起こした「狙った恋の落とし方」の続編や、芦別市富良野市でロケされた「肩の上の蝶」などロマンスや文芸作品、武勇アニメなど全12作品を上映。舞台挨拶などの企画や「運命の子」への招待上映も。111024china詳細は映画祭公式サイトで確認を。
・会 期 :2011年10月24日(月)〜30日(日)
・会 場 :札幌市・札幌プラザ2・5(中央区南2西5狸小路5)  
・入場料 :前売1,300円(当日1,500円)
・主 催 :中国文化部/中国国家広播電影電視総局/外務省/経済産業省/総務省/文化庁/観光庁/在日本中華人民共和国大使館
・共 催 :日中友好映画祭実行委員会 
※ 上映作品、関連企画など → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「英国王のスピーチ」上映会@伊達市

 今年の米アカデミー賞を作品、監督など4部門で受賞した「英国王のスピーチ」の上映会。実話に基づき、現エリザベス女王の父ジョージ6世が吃音(きつおん)に苦しみながらも周囲の支えで克服し、愛される国王になる姿を描く。2010年、英豪、118分。トム・フーパー監督。コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ほか111030KingsSpeech出演。上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2011年10月30日(日) 14:00   
・会 場 :伊達市・伊達信金コスモスホール
      (梅本町39番地 TEL 0142-25-2129)
・料 金 :一般 前売1,300円(当日1600円)、シニア1,000円(同1200円)
      小中高生は当日券のみで800円
・お問合せ:堀岡 TEL 090-9750-0620 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

文字・活字文化の日関連講演会「書くことと文学−仮名文字以前の和歌と散文」@札幌

 道立文学館では、文字・活字文化の日関連講演会として、月岡道晴氏(國學院大學北海道短期大学部准教授)を111030moji講師に招き「書くことと文学−仮名文字以前の和歌と散文」と題してお話をうかがう。詳細は、会場の道立文学館館HPの案内欄右チラシ(PDF)で。
・タイトル:「書くことと文学━仮名文字以前の和歌と散文」
・講 師 :月岡道晴(國學院大學北海道短期大学部准教授)
・日 時 :2011年10月30日(日) 14:00開演
・会 場 :札幌・北海道立文学館 講堂
      (中央区中島公園1-4 地図)
・定 員 :80名
・聴講料 :無料
・申込方法:10月16日(日)よりTEL 011-511-7655 にて受付
・主 催 :北海道立文学館 公益財団法人北海道文学館 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 | その他

椎名次郎個展「路地裏畫報2011」@札幌

 札幌在住の画家、椎名 次郎さん(HP)の毎年恒例の「路地裏画報」展。道内各地や東京の古き良き街角を描いた水彩画等を展示。今回は、来年のカレンダーとして「札幌市電日和供(1,200円)を発表、路面電車が走る札幌の情景を描いている。111018shiina下町風景や古い街並みを端正な詩情とともに描いた水彩画は広く共感を呼んでいる。作家サイトの「路地裏畫報」欄で、繊細な水彩スケッチの数々を見ることが出来る。右画像は今回のDMハガキ。
・会 期 :2010年10月18日(火)~30日(日)
・時 間 :13:00~19:00 (24日月曜のみ定休)
・会 場 :札幌・古本カフェB・C・S
      (中央区南3条西7丁目7 しゃみ靴店左入口)
・入場料 :無料 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

森本めぐみ滞在制作展「ものもつ子のこと」@札幌

 2008年の「TURNER ACRYL AWARD 2008」(ターナー色彩蠎膾邸砲蚤臂泙鮗賞(同賞HPの記事)するなど、注目を集めている札幌在住の若手作家、森本 めぐみさんの滞在制作展。森本さんは道教大で空間造形を専攻、奥まった赤い目のデフォルメされた少女像は見たら忘れがたい印象を残す。今回は、「等身大くらいのちょっと大きめの紙の絵を2点と、掌くらいの小さな楕円形の絵を会期中にたくさん描く予定、会社のお休みや仕事終わりに描いて、最後の3日間くらいは展示だけ出来る状態にしたい」とのこと。今回のタイトルは前回展「くものお」(記事)で滞在制作した大作「なみなみとしてもつ」(参考:会場ブログの作品写真)を思い出させる。開催の詳細は、作家ブログの案内欄で。
・会 期 :2011年10月12日(水)〜30日(日)
・時 間 :10:00〜19:00 月曜定休
・会 場 :札幌・テンポラリースペース
     (北区北16条西5丁目1-8 地図
・入場無料 
・お問合せ:同店 TEL 011-737-5503  続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

佐々木秀明展@札幌

 「雫を聴く」というタイトルで水と光のインスタレーションを手がけている札幌の美術作家、佐々木秀明さんの個展。水を張ったガラス容器に水滴を落とし、その波紋が背景のスクリーンに投影される。かすかな雫の音と揺らめく光が静謐な空間を満たしていく作品を展開してきた。この夏、道立釧路芸術館で企画展「共振芸術空間2011 佐々木秀明展+アート5 (雫を聴く)」(記事)で、サウンドアート、映像、写真、音楽、舞踏など、公募で選ばれた5人(組)の芸術家との「共振」の展示を終えたばかり。今回の展示の詳細は会場のト・オン・カフェHPの案内欄で。111018sasaki
・会 期 :2011年10月18日(火)〜30日(月) 会期中無休 
・時 間 :10:30〜22:00(日曜は20:00まで)
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図 TEL 011-299-6380)
・入場料 :無料だが、カフェなので何か注文を 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

■深川の「うなかがめーゆの美術館」が10月一杯で閉館@深川市

 深川市9の17の、自宅の庭に渡辺通子さんが開設した小さなギャラリーうなかがめーゆの美術館が、2011年10月18日〜30日の杉田光江展を最後に閉館する。2002年秋の開設当時から「10年で区切り」と決めていたそう。渡辺さんは全道展会友。夫の渡辺貞之さんは全道展会員の画家で、深川駅前の「東洲館アートホール」館長。そうした関係から、東洲館で個展を開いた画家や美術作家が同時期にうなかがめーゆの美術館で小品展を併催するということも、よくあったという。「うなかがめーゆ」という名前は「夢がかなう」を逆さまにしたもの。詳細は同館HPの案内欄で。 
【閉館特別展示】
 杉田光江展
・会 期 :2011年10月18日(火)〜30日(日)
・時 間 :10:30〜17:30、月・金曜休
・会 場 :深川市・うなかがめーゆの美術館(深川市9条17 地図
・お問合せ:同美術館 TEL 0164-22-3597 
・参考記事:北海道美術ネット別館HPの案内記事 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホール・施設 | 美術

森雅之絵本原画展「すみれちゃん」@浦河町

 浦河町出身で現在は札幌を拠点に活躍する漫画家森 雅之さん(1957年生まれ)の最新絵本「すみれちゃん」(ビリケン出版、1470円)=書籍情報=の原画展。「すみれちゃん」は、いつか飼う猫の名前を、いつも考えている女の子のお話。森さんは19歳で作家デビュー、雑誌連載や北海道新聞日曜版の表紙などで作品を発表。「ペッパーミント物語」で1996年度日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。少年少女達の日常のさりげないエピソードや宇宙への憧れを詩情豊かに描いてきた。会場の浦河町図書館は、森さんが利用カードのイラストを描いており、これまでも縁が深い。開催の詳細は浦河町HPの案内欄で。111004sumire
・会 期 :2011年10月4日(火)〜30日(日)
・時 間 :10:00〜19:00(水曜のみ20:00まで) 月曜休館
・会 場 :浦河町浦河町立図書館 1階・階段
     (浦河郡浦河町大通3丁目52番地)
・入場無料 
・お問合せ:同図書館 TEL 0146-22-2347 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

586枚のしあわせのハンカチ展@札幌

 今年のSAPPOROエコデザイン展は、東日本大震災 復興支援チャリティー企画。日本を代表する586名のグラフィックデザイナーによるハンカチ展を開催する。「デザイナー自身が使いたくなるようなハンカチをデザインしました。出かけるときは『ハンカチ、チリカミ』を持って、おうちに帰ったら『手洗い、うがい』を忘れずに。それが、子どものころからの生活の基本でした。カッコいいハンカチを持てば、ジェットタオルもペーパータオルも使わない、地球に優しい暮らしになります。さらに、あなたが選んで購入したハンカチ(1枚1,500円)と同じものが被災地の子どもたちにプレゼント。ハンカチ1枚で地球にも111022hancachi人にもやさしく。そんな『しあわせのハンカチ展』をのぞいてみませんか」とのこと。詳細は主催者HPの案内欄などで。
・会 期 :2011年10月22日(土)~30日(日)
・時 間 :10:00~20:00
・会 場 :札幌・4丁目プラザ 7階 4プラホール
      (中央区南1西4 TEL 011-261-0221)
・入場無料 
※ 会場の4プラ40周年を記念し40名様にハンカチを贈呈。
  会場でお申し込みを。続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

北海道クラフト展2011〜札幌芸術の森開園25周年記念企画〜@札幌

 札幌芸術の森では、開園25周年を記念して、北海道内で活動する陶芸、ガラス、木工、金工、染織など様々な分野のクラフト作家を若手からベテランまで一堂に集めた展覧会を開催する。これまでの札幌芸術の森の工芸展覧会の集大成的な展覧会として、北海道のクラフトの現代(いま)にスポットを当てるもの。110716craft出品作家は、現在道内で活躍している約120人。詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :いずれも会期中無休
  Part1 2011年7月16日(土)〜9月4日(日) 
  Part2 2011年9月11日(日)〜10月30日(日) 
・時 間 :9:45〜17:30(9月から17:00閉館)
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森美術館 工芸館展示ホール
      (南区芸術の森2丁目75、地図) 
・入場料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 011-591-0090 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2011年10月29日

根本敬 「愛液(駅)」リリースパーティ@札幌

111029nemototakashi 「特殊漫画家」を自称する根本敬さん(1958年生まれ)がリリースしたCD「愛駅」リリースパーティ。会場で、根本さんがyudayajazzを演奏。CD「愛駅」(2011年8月、BLACK SMOKER RECORDS)は、「和モノはもちろん、80年代に「エイジアン・ロックの曙」と題した連載でもプッツシュしてたコーリャンロックのサノリムらしきコーリャンロック・ナンバーも収録し、随所にTV、ラジオの録音物や効果音を散りばめた面白おかしくもちょいと泣ける内容」とのこと(CD紹介記事)。開催の詳細はDESNOSHPの案内欄や、会場HPの案内欄で。
・日 時 :2011年10月29日(土) 20:00開場、21:00開演 
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養
     (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図 TEL 090-7516-2208)
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :事前予約 2,500円 (当日 3,000円)
・予約・お問合せ:DESNOS desnos911[あっと]gmail.com 090-9521-8932 (松岡)
      iyiyooo19804321[あっと]yahoo.co.jp 080-6080-9489 (岩本) 続きを読む

bluebook at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 音楽 

「森の音、静かに満ちて」森の写真家・小寺卓矢+あらひろこ@札幌

 国内におけるカンテレ演奏の第一人者あらひろこさんが奏でる繊細な調べにのせ、芽室町在住の森の写真家 小寺 卓矢さんによる111029morinooto生命感溢れるスクリーン映像が共演。小寺氏の著作写真絵本「森のいのち」などの読み語りやトークを交えながら、 音楽・写真・ことばによる“静かで豊かな森の時間”を届ける。詳細はくすみ書房(HP)で。
・日 時 :2011年10月29日(土) 14:30開場 15:00開演
・会 場 :札幌・ソクラテスのカフェ(西区琴似2条7丁目メシアニカビル)
・会 費 :一般2,500円(ワンドリンクつき)、中高生1,000円、
      小学生以下無料。限定20席(満席になり次第予約受付終了)
・お申込み:ソクラテスのカフェ TEL 011-611-7121(11:00〜19:00月曜定休) 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | その他

★93歳の教育学者大田尭先生の記録映画「かすかな光へ」上映会@札幌

 1918年生まれの93歳で、現在も現役の教育研究者として精力的に活動している大田堯(おおた・たかし)氏のドキュメンタリー「かすかな光へ」が札幌でも自主上映される。映画は、過酷な戦争体験や、敗戦直後にさまざまな職業の住民参加の中で取り組んだ「民衆の学校」づくりとその挫折、高度経済成長期に国を被告とした家永教科書裁判などを経て、大田がつかんだ「教育」の姿に迫る。監督:森康行/音楽:林光/詩・朗読:谷川俊太郎。2011年、日本、84分。111027kasukanahikari当日は大田堯氏来場予定。上映の詳細は、主催者HPの案内欄で。
・日 時 :2011年10月29日(土) 2回
      13:00受付、13:30上映、14:55交流会
      16:00受付、16:10上映、17:35交流会
・会 場 :札幌市・りんゆうホール(北区北9条東2丁目りんゆう観光3F)
・参加費 :一律 1,000円(前売当日とも)
・主 催 :大田堯「かすかな光へ」上映北海道実行委員会
・お問合せ:北海道自由が丘学園 TEL 011-858-1711 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

佐藤初女さん講演会『いのちのメッセージ』@釧路市

 青森県弘前市で「森のイスキア」を主宰する佐藤 初女(さとう・はつめ)さんの講演会が帯広市で開かれる。「森のイスキア」は、苦しむ人、方向を見失った人、助けを求めて訪れるすべての人を受け入れ、心をこめた料理でもてなし生活を共にする場所。龍村仁監督のドキュメンタリー映画「地球交響曲」第2番(1995年)で紹介されたことで、その活動が広く知られるようになった。111029satouhastume上映の詳細は雪のイスキアHPの案内チラシ(PDF)などで。
・日 時 :2011年10月29日(土) 13:30開演
・会 場 :釧路市生涯学習センター 多目的ホール
      (釧路市幣舞町4番28号 地図
・入場料 :一般1000円、学生500円 全席自由
・お問合せ:釧路いのちを大切にする会 TEL0154-22-0438(紺野)

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

鈴木涼子個展「Magnolia〜マグノリア〜」@札幌

 現代美術作家の鈴木涼子さんの個展。鈴木さんは北海道札幌出身。ジェンダーをテーマに、人間の欲望や社会の歪みに焦点をあてた作品を制作している。2007年文化庁の新進芸術家海外研修員としてドイツで1年間研修。2004年上海ビエンナーレ、2007年エルザベス・A・サックラー・フェミニズムアートセンター開設に伴い開催されたグローバル・フェミニズム展(ブルックリン美術館)などの国際展にも多数参加。2005年第20回東川賞特別賞、2006年第15回道銀芸術文化奨励賞受賞。今回の個展は札幌ビエンナーレ・プレ連携企画。詳細はCAI現代芸術研究所HP案内欄で。111001suzukiryouko
・会 期 :2011年10月1日(土)〜29日(土) 日祝休 
・時 間 :13:00~23:00
・会 場 :札幌・CAI02(中央区大通西5丁目 昭和ビルBF2 )raum1
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-802-6438 
・主 催 :CAI現代芸術研究所
・協 力 :ツァイト・フォト・サロン/RAM (鈴木さん紹介欄)  続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会@札幌

 鎌仲ひとみ監督の「ヒバクシャ ~世界の終わりに~」「六ヶ所村ラプソディー」に続く核をテーマにしたドキュメンタリー3部作の最後の映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(公式HPブログ)(2010年)が札幌で上映される。映画は、中国電力の原発建設に苦しむ瀬戸内海の祝島と、脱原発を国民投票で決めて2020年に石油に依存しない社会作りを目指している101214mistubachiスウェーデンのエネルギー問題への取組を取材。住民と地域への取材から、自然と共存し持続可能な社会を作るために何ができるのかを問いかけてくる。詳細は映画公式HPの自主上映案内欄で。
・日 時 :2011年10月29日(土) 3回上映
      10:30、 14:00、 18:00(各開場30分前)
・会 場 :札幌市生涯学習センターちえりあホール(西区宮の沢1条1丁目 地図
・入場料 :一般1,000円。
・主 催 :螢廛螢坤 TEL 011-666-2877(佐々木) 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

復興支援映画「がんばっぺフラガール〜フクシマに生きる。彼女たちのいま〜」公開記念 北海道フラダンス協会のミニ公演@札幌

 3月11日に発生した東日本大震災により、地震・津波・原発事故と甚大な被害を受けた福島県いわき市。この地で、長い間親しまれてきた大型レジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」が、被災者を勇気づけるべく、46年ぶりの全国キャラバン「フラガール 全国きずなキャラバン」を復活させた。その道のりを4か月にわたり追い続けたドキュメンタリー映画「がんばっぺフラガール〜フクシマに生きる。彼女たちのいま〜」が札幌でも劇場公開される。踊り、笑い、自らの足で立つ。その楽園には、フラガールが届ける元気の秘密があった――。日本のエネルギー政策に翻弄されてきた街「いわき」で、もう一度楽園を作る人たちの物語。2011年、日本、100分。小林正樹監督、ジェイク・シマブクロの音楽。ナレーションは、常磐ハワイアンセンターをモデルにした映画「フラガール」(2006年)で助演女優賞を受賞した蒼井優。111029fura
 劇場では、公開を記念して、初日に北海道フラダンス協会によるミニフラダンスショーを開く。上映前15分程度を予定。詳細は劇場HPの案内欄で。
・日 時 :2011年10月29日(土) 10:30(1回目上映前)
・会 場 :札幌・ディノスシネマズ札幌劇場(中央区南3西1須貝ビル)
・入場料 :一般・大学1,300円、中高シニア1,000円。
      通常の映画鑑賞料のみ
・お問合せ:同劇場 TEL 011-221-3802 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | 演劇・ダンス

「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会〜たきかわエコフェスタ2011関連企画〜@滝川市

 滝川市の市民団体「たきかわエコフェスタ2011〜地産地消エネルギーをデザインしよう!〜」を開催。シンポジウムや再生可能エネルギー展示会の他、脱原発をテーマとするドキュメンタリー「ミツバチの羽音と地球の回転」(公式HPブログ)を上映する。この映画は、中国電力の原発建設に20数年間反対してきた山口県上関(かみのせき)町祝島(いわいしま)と、国民投票を経て国全体で脱原発を進めるスウェーデンを舞台に、持続可能な暮らしと、日本の電力政策のあり方を問う。鎌仲ひとみ監督2010年、135分、日本。開催の111029takikawaeco詳細は、主催者HPの案内欄右チラシ(PDF)で確認を。
・日 時 :2011年10月29日(土) 10:00〜18:00 
      上映 10:00〜12:25、 15:30〜17:45 
・会 場 :滝川市・たきかわホール 
      (JR滝川駅前再開発ビル3F TEL 0125-23-6005)
・入場料 :映画鑑賞チケット一般1000円、高校以下500円
     シンポジウム、展示会は無料
・お問合せ:TEL&FAX 0125-24-2447(越後)
・共 催 :滝川映画サークル、たきかわ環境フォーラム 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

2011年10月28日

第18回SALA 佐々木秀明(美術家)「雫を聴くー作品の背景を語る」@札幌

 2010年春から始まった文化塾「サッポロ ART LABO(略称:SALA)」が2011年度も始動。札幌の美術評論家、柴橋伴夫氏が代表をつとめる民間団体で、多様化する文化を横断しながら、未来に向けて文化創造を担う人たちを「束ねる」場づくりを目指す。今年は全11回のレクチャーを企画。毎月最終金曜日の19:00より多彩なゲストを招き「アートの今日性、未来性」を学ぶ。第18回は、この夏、道立釧路芸術館で企画展「雫を聞く」(記事)を終えたばかりの札幌の美術作家、佐々木秀明さんが、ギャラリースペースで同時開催中の個展と併せてレクチャーする。110429sala2011詳細は、会場のト・オン・カフェHPの案内欄で。
・講 師 :佐々木秀明氏(美術家)
・テーマ :雫を聴くー作品の背景を語る
・日 時 :2011年10月28日(金) 19:00~20:30
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
・定 員 :各回30名程度、要事前申込 
・受講料 :一般1,000円、学生500円(共に1ドリンク付)
      学生は学生証の提示が必要
・お申込み:同店 TEL 011-299-6380 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) その他 | 美術

「英国王のスピーチ」上映会@室蘭市

 今年の米アカデミー賞を作品、監督など4部門で受賞した「英国王のスピーチ」の上映会。実話に基づき、現エリザベス女王の父ジョージ6世が吃音(きつおん)に苦しみながらも周囲の支えで克服し、愛される国王になる姿を描く。2010年、英豪、118分。トム・フーパー監督。コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ほか111030KingsSpeech出演。上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2011年10月28日(金) 14:30、18:30 
・会 場 :室蘭市市民会館(蘭市輪西町2-5-1)
・料 金 :一般 前売1,300円(当日1600円)、シニア1,000円(同1200円)
      小中高生は当日券のみで800円
・お問合せ:堀岡 TEL 090-9750-0620 

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「エクレールお菓子放浪記」上映会@旭川市

 今回被災した宮城県石巻市をメインロケ地に撮影された映画「エクレール・お菓子放浪記」が旭川市で上映される。映画は、第2次世界大戦の戦中戦後を、孤児の少年が「お菓子」への切ない憧れを希望に必死に生き抜く姿を描く。原作は西村滋さんの同題小説で、35年間読み継がれているベストセラー。近藤明男監督、いしだあゆみ、林隆三、高橋惠子ほかが出演している。2011年、107分、日本。日本が戦争に向かおうとしていた時代に、たくさんの人のやさしさに支えられながら、自らの110731okashi未来に向けて精いっぱい生き抜いた一人の孤児の少年の物語。北海道砂川市でもロケ撮影された。詳細は北海道新聞HPの道内上映案内欄などで。
・日 時 :2011年10月28日(金) 3回上映
      10:30、14:00、18:30
・会 場 :旭川市公会堂(常磐公園内 TEL 0166-22-4173 地図)
・入場料 :大人 前売1000円(当日1500円)、小中高生800円(当日千円)、60歳以上は当日千円
・お問合せ:螢廛螢坤 TEL 011-252-3828(土日祝除く10:00〜18:00) 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 映画 

日本映画名作祭2011 成瀬巳喜男監督特集@札幌

 毎秋恒例の日本映画の名作上映会。今年は、成瀬巳喜男監督の作品から、珠玉の4作品(「めし」「おかあさん」「浮雲」「乱れ雲」)を上映。文化庁東京国立近代美術館フィルムセンターが毎年開催している所蔵フィルムの全国上映事業の「平成23年度優秀映画鑑賞推進事業」(第16回)。すべて35丱侫ルムで上映。111027nihonmeisaku上映の詳細はちえりあHPの案内欄で。毎年好評を博している、元松竹プロデューサーで現在札幌在住の楢部 一視さんの講演会あり。
・日 時 :2011年10月27日(木)、28日(金) 2日間
・会 場 :札幌市生涯学習センターちえりあホール(西区宮の沢1条1丁目 地図
・入場料 :1作品 500円 (完全入替制、会員は2本まで無料)
・お問合せ:札幌映画サークル TEL 011-747-7314
      札幌市生涯学習センター 総務課 TEL 011-671-2200
・主 催 :日本映画名作祭上映実行委員会、(財)札幌市生涯学習振興財団、
      札幌映画サークル、文化庁、東京国立近代美術館フィルムセンター 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

「アンダンテ~稲の旋律」上映会@滝川市

 食と農と大地、そして人間再生の物語「アンダンテ~稲の旋律」(公式HP)が滝川市で上映される。映画は、音楽の道で挫折し大学を中退、人間関係になじめず職を転々、終には終日家に引き篭もるようになったヒロイン(新妻聖子)が、自然農業に取り組む男性(筧利夫)と出会い、生きる喜びを再発見していく物語。原作は旭爪あかね。2009年、日本、110分。金田敬監督。原作者・旭爪(ひのつめ)あかねさん自身のひきこもりの生活体験を作品にしたもの。上映の100605inaduma詳細は、会場HPの案内欄で。
・日 時 :2011年10月28日(金) 3回上映
      10:00、14:00、19:00
・会 場 :滝川市・たきかわホール 
      (JR滝川駅前再開発ビル3F TEL 0125-23-6005)
・入場料 :一般1,000円、中高大生 800円
・主 催 :アンダンテ~稲の旋律上映実行委員会 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

2011年10月27日

スノードキュメンタリー・フィルム上映会 『Solitaire』(ソリティア)@札幌

 バックカントリー・スキー、スノーボード、テレマークのドキュメンタリー映画『Solitaire』が、2011年10月23日のDVD発売を皮切りに、全国のパタゴニアで順次上映される。北海道は札幌で上映。前作『Signatures』に続くSweetgrass Productionsの最新作。2シーズンをかけて製作された本作品は、ペルーの山々からパタゴニアの最果てまで、高度5000メートルの山をパラグライダーで飛越え、馬に乗って草原を渡り、凍てつく雪山にテントをはってその土地の本来の姿を映し出す。南米大陸の冬の大自然や山々の美しさ、そこに迫るスキーヤー、スノーボーダー達による壮大な旅路。ニック・ワゴナー監督作品。詳細はパタゴニアHPの上映案内欄作品案内欄で。111027solitaire
・日 時 :2011年10月27日(木) 19:30〜
・会 場 :札幌市・ パタゴニア 札幌北ストア(北区北13条西4丁目)
・入場無料
・定 員 :要予約、定員40名
・主催・お申込み:同店 TEL 011-729-2101 (11:00〜19:00)  続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

映画「エクレール・お菓子放浪記」無料試写会@岩見沢市

 東日本大震災前の宮城県石巻市をメインロケ地に撮影された映画「エクレール・お菓子放浪記」が旭川市で上映される。映画は、第2次世界大戦の戦中戦後を、孤児の少年が「お菓子」への切ない憧れを希望に必死に生き抜く物語。原作は西村滋さんの自伝的小説「お菓子放浪記」。近藤明男監督、いしだあゆみ、林隆三、高橋惠子ほか出演。2011年、107分、日本。孤児の少年が、たくさんの人のやさしさに支えられながら、刑事や養母らとの出会いと別れを通じて人間的に成長していく姿を描く。東日本大震災によりエキストラの市民も亡くなり、東北地方での特別上映が延期されていたが、10月1日から石巻で一般上映が始まった。北海道砂川市でもロケ撮影された。110731okashi今年11月28日(月)にも岩見沢市文化センターで有料の上映会が予定されている。上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2011年10月27日(木) 18:30
・会 場 :岩見沢市・岩見沢コミュニティープラザ(有明町南1)
・入場料 :無料、先着200人まで
・お問合せ:加藤さん TEL 080-0868-3736、
      事務局 螢廛螢坤 TEL 011-252-3828(土日祝除く10:00〜18:00) 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

伽井丹彌展@札幌

 帯広市を拠点に活躍する人形作家、伽井 丹彌(かい・あけみ)さんの人形展。伽井さんは、人形を四谷シモンに、ダンスを舞踊の松本道子氏(帯広)に学ぶ。1985年から球体関節人形制作を開始。独自の妖艶さを湛えた111015kaiakemi人形を発表してきた。また「虚像」と「実像」をテーマにダンスと人形、映像を駆使したパフォーマンスにも取り組んでいる。詳細は作家HPの案内欄で。
・会 期 :2011年10月15日(土)〜10月27日(木)
・時 間 :11:00〜19:00
・会 場 :札幌市・ギャラリー門馬 
      (中央区旭ヶ丘2丁目3-38 TEL 011-562-1055 地図
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-562-1055 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

2011年10月26日

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会@小樽市

 鎌仲ひとみ監督の「ヒバクシャ ~世界の終わりに~」「六ヶ所村ラプソディー」に続く核をテーマにしたドキュメンタリー3部作の最後の映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(公式HPブログ)(2010年)が小樽で上映される。映画は、中国電力の原発建設に苦しむ瀬戸内海の祝島と、脱原発を国民投票で決めて2020年に石油に依存しない社会作りを目指している101214mistubachiスウェーデンのエネルギー問題への取組を取材。住民と地域への取材から、自然と共存し持続可能な社会を作るために何ができるのかを問いかけてくる。詳細は映画公式HPの自主上映案内欄で。
・日 時 :2011年10月26日(水) 3回上映
      10:00、 13:30、 18:00(開場各30分前)
・会 場 :小樽市民センター「マリンホール」(色内 2-13-5 )
・入場料 :1,000円
・主 催 :「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会実行委員会 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2011年10月25日

OYOYOゼミ 絵とことばと物語を繋ぐもの 〜背景から見る昔話絵本『かさじぞう』〜@札幌

 「昔話は誰が作った? どこで生まれた? 本当はどんな話?? 昔話を絵本にするってどんなこと? …昔話にはたくさんの秘密があります。
本発表では、昔話絵本『かさじぞう』の絵、ことば、物語の背景を探ることで絵本の秘密にせまります。また研究としての”絵本”や、絵本研究の現在にも触れていきます」とのこと。詳細は主催のOYOYOサイトの案内欄で。
・講 師 :大石 都希子111025kasajizou
       (北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院 所属)
・朗 読 :氏間 多伊子
       (NPO法人 日本朗読人協会、
        六花文庫ぐるーぷ・声の本棚、
        ドラマチックリーディンググループ「蔵」)
・日時:2011年10月25日(火) 20:00〜22:00
・会 場 :札幌市・「OYOYO(オヨヨ) - 大通まち×アートセンター」
      (中央区南1西6第2三谷ビル6階 東急ハンズの西隣 アクセス
・参加費 500円 (一般参加歓迎、事前申込不要)
・主 催 :OYOYO美術部
・右画像 :「かさじぞう」=書籍情報=の表紙。瀬田貞二著、赤羽末吉画、福音館書店、1966年 続きを読む

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | 美術

北浦晃 個展「スケッチ北海道」@札幌

 室蘭市在住のベテラン画家北浦 晃(きたうら・あきら)さんの作品展。20年来、油彩で北海道の山のある風景画を多数発表しているが、今回はそのスケッチ展。「油彩によるタブローは、アトリエで四苦八苦しながら制作していますが、『風景』はやはり現地でスケッチしている時が一番楽しい。もともと他人に110929kitaura見せるつもりはなかったので、ちょいと化粧直しをして額装してみました」という。詳細は会場のカフェエスキスHPの案内欄で。
・会 期 : 2011年9月29日(木) ~10月25日(火)
・定休日 :毎週水曜日、10月11日(火)は臨時休業
・時 間 :12:00~24:00(日祝は21:00まで) 
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1-1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2011年10月24日

洞爺湖・有珠山ジオパークガイドブック発売記念トーク&パネル展 @札幌

 北海道新聞社より9月に刊行された日本初の本格的ジオパークガイドブック『世界認定 洞爺湖有珠山ジオパークガイドブック』書籍情報=の完成記念のトーク&パネル展。10時から洞爺湖有珠山で開催されたジオパーク全国大会で募集したフォトコンテストの入選作を展示、18時30分からは"有珠山の主治医"と呼ばれる岡田弘氏(北海道大学名誉教授)をお迎えし、変動する大地についてお話頂く。111024geopark詳細は会場HPの案内欄で。
・日 時 :2011年10月24日(月)
   パネル展      10:00〜18:00
   トークイベント   18:30〜19:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :無料
・主 催 :洞爺湖・有珠山ジオパーク推進協議会、
      北海道新聞社室蘭支社  
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00) 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

2011年10月23日

映画「アイヌのユリ子さん」上映会@札幌

 北海道開拓記念館では、特別企画として、阿寒に暮らすアイヌの女性、瀧口ユリ子さんが、故郷十勝川に向かった道中を記録した映画「アイヌのユリ子さん」SURE制作、2006年、75分、北沢街子監督)を上映。その後、ユリ子さんの娘である瀧口夕美氏(編集グループSURE)さんに語っていただく。開催の詳細は、主催の北海道開拓記念館のイベント案内欄で。  
・日 時 :2011年10月23日(日) 13:30〜15:30)
・会 場 :札幌市・北海道開拓記念館 講堂
      (厚別区厚別町小野幌53-2 )
・対 象 :こども〜大人、定員:先着80名 
・入場料 :無料、要事前申込
※申込方法:9月24日(土)から電話で受付
・お問合せ:同館 TEL 011-898-0456 
・参考記事:SUREサイトの上映会レポート(2010/07/19、京都上映) 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

日本名作映画祭 優秀映画鑑賞推進事業@厚岸町

 〜平成23年度優秀映画鑑賞推進事業〜
 文化庁東京国立近代美術館フィルムセンターが毎年開催している所蔵フィルムの全国上映事業の「平成23年度優秀映画鑑賞推進事業」(第16回)による上映会。今年は、1947年から1950年の作品4本を上映。日本が終戦直後の混乱のなかで、古き時代への悔恨と新しい時代に向けた希望を映し出した力作ぞろい。上映の詳細は同図書館HPの案内欄で。
・会 期 :2011年10月20日(木)〜23日(日) 
・会 場 :厚岸町・本の森厚岸情報館
【上映プログラム】
  10/20(木)19:00〜20:29 「安城家の舞踏会」
  10/21(金)19:00〜20:44 「帰郷」
  10/22(土)13:30〜15:10 「戦争と平和」
  10/22(土)15:30〜16:59 「安城家の舞踏会」
  10/23(日)13:30〜14:54 「蜂の巣の子どもたち」
・入場料 :1作品券500円、通し券1,000円、高校生以下無料
・お問合せ: 同館 TEL 0153-52-2246 
・主 催 : 厚岸町優秀映画鑑賞推進事業実行委員会 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

札幌芸術の森開園25周年記念シンポジウム@札幌

 札幌芸術の森は1986(昭和61)年7月27日オープン、その後も美術館やアトリエなどを増やしながら、今年で25周年を迎える。同館では、この25周年を記念して、将来にわたって魅力ある「芸術の森」であり続けるために、課題や今後への展望について語り合うシンポジウムを企画。札幌市立大学の111023geimori25原田昭学長の基調講演のほか、パネルディスカッション、作品展、学生たちがアイディアを結集して挑む公開プレゼンテーションも開催される。詳細は同シンポジウム特設サイトで確認を。
・日 時 :2011年10月23日(日) 13:00〜17:00
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森 アートホール アリーナ
      (南区芸術の森2丁目75、地図)
・入場料 :無料(当日は野外美術館&駐車場も無料)
・お問合せ:同館 TEL 011-591-0090 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

小菅和成個展@札幌

 小菅和成さんの個展。小菅さんは北海道の版画の「虎の穴」、道都大学中島ゼミ出身で、在籍中から全道展に入選している。111012kosugekazunari詳細は会場HPの案内欄
・会 期 :2011年10月12日(水)〜23日(日) 
・時 間 :13:00〜22:30 (火曜定休)
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養(豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養) 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

岡本和行写真展「パラドックス〜花蒐集〜」@札幌

 札幌を拠点に活躍するプロ写真家、岡本和行さん(1947年生まれ、スタジオK2主宰)の個展。111005okamoto広告写真のかたわら撮り続けている花の世界は、高い評価を得ている。背景を消し画面に花だけが佇む独自の表現方法。「曇天の下で、一人のスタジオで、僕は花に翻弄され続けた−。悦楽の瞬間を60枚の写真に定着させた、フェイク・ドキュメンタリー」(右DMハガキより)。詳細は札幌の観光情報ステーションHPの案内欄などで。
・会 期 :2011年10月5日(水)~23日(日)
・時 間 :12:00~19:00 月曜休廊 最終日17:00まで
・会 場 :札幌市・ギャラリーミヤシタ 
      (中央区南5条西20丁目1-38 地図
・入場無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-562-6977 
・参 考 :北海道美術ネット別館の2009年個展記事 

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

田中千鶴子 彫刻作品展@札幌

 鉄を素材に彫刻作品を発表している田中 千鶴子(たなか・ちずこ
)さんの鋳鉄他によるインスタレーション個展。田中さんは、東京生まれ、東京藝術大学美術学部工芸科卒業。国内外で作品を発表、作品は東京都現代美術館にも収蔵されている。今回が札幌での初個展。詳細は会場HPの案内欄などで。
・会 期 :2011年10月8日(土)~23日(日) 火曜定休111008tanakachizuko
・時 間 :12:00~18:00
      作家在廊時は19:00まで
・会 場 :札幌・ギャラリー レタラ(Retara)
      (中央区北1西28-2-35 MOMA place 2&3F)
       地下鉄円山公園下車5分 米領事館前 
・入場無料 
・主催・お問合せ:ギャラリー レタラ TEL 011-621-5600 
※ 作家在廊日 10/08、10/9、10/10、10/23を予定 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

『オペラ映画』を楽しむ会 第5回 「オテロ」上映会@札幌

 〜 オペラってこんなにわかりやすくて面白い!! 〜
 ゼッフィレリら映画の名匠監督が演出・実写した「オペラ映画」の名作シリーズが、1年を通して札幌で紹介されることになった。舞台映像ではなく、映画監督が、名作オペラを超一流の歌手の出演で、完全映画化した「オペラ映画」。豪華なセット、多彩な映画表現、自由なカメラアングルによる練り上げられた映像で、歌手の微妙な演技力にまで迫った見事な芸術作品。第5弾では、プラシド・ドミンゴ主演の「オテロ」を上映。シェイクスピア原作によるヴェルディ後期の傑作オペラ。男の敵意と嫉妬によって、妻の不倫疑惑を吹き込まれ、引き裂かれる夫婦愛の悲劇。フランコ・ゼッフィレッリ監督、ロリン・マゼール指揮、ミラノ・スカラ座管弦楽団、ミラノ・スカラ座合唱団。1986年、アメリカ=イタリア合作、123分。イタリア語版を日本語字幕付きで上映。111023otello上映の詳細は、札幌映画サークルHPの案内欄などで。
・日 時 :2011年10月23日(日) 2回上映(開場各30分前)
      10:30〜12:33、 13:30〜15:33
・会 場 :札幌市・共済ホール
      (中央区北4西1共済ビル6F 地図 TEL 011-251-7333)  
・入場料 :一般 前売2,300円(当日2,600円) 各回600名まで
      団体5名以上は前売のみで1名2,000円、未就学児童の入場不可
・主 催 :オペラ映画を楽しむ会(札幌映画サークル内)
・お問合せ:螢廛螢坤 オペラ映画係 TEL 011-252-3828 
      FAX 011-252-3848(FAXは24時間申込受付) 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | 音楽

WILDLIFE ART 増田寿志 作品展@札幌

 ペンとアクリルを中心に、写実的で生命力あふれる野生生物を描いている、北広島市のイラストレーター増田 寿志(ますだ・ひさし)さん が、この秋、札幌と東京で作品展を開く。20歳の時に、ワイルドライフアートの画家ロバート・ベイツマンの作品に出会ったことから、イラストレーターの道へ入った。現在、北海道のネイチャーグラフィックマガジン季刊「faura」のイラストなどで活躍している。2007年、十勝の森を描いたアクリルの風景画で、第6回「中札内村北の大地ビエンナーレ」で「あなたが選ぶ北の大地賞」を受賞。会場では、オリジナルカレンダー(2012年)を販売し、売上げの一部を環境保全に活用する。展示の詳細は作家HPの案内欄で。111018masuda
・会 期 :2011年10月18日(火)〜23日(日)
・時 間 :10:00〜19:00(最終日17:00まで)
・会 場 :札幌市・ギャラリーエッセ (TEL 011-708-0606)
     (北区北9条西3丁目9番1号ル・ノール北9条1F 地図
・入場無料 
※ 東京展 → 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

飴 谷 等 個展@札幌

 ライブドローイングやミュージシャンとの共演などで活動している札幌の美術作家飴谷 等(あめや・ひとし)さんの個展。飴谷さんは1977年生まれ、北海道江差町出身。2001年にLAの路上壁画に影響を受け、独学で絵を描き始める。2004年原因不明の病気で死線を彷徨い、その後カンボジア孤児院への支援活動や、野宿を繰り返す日本徒歩縦断の旅などを行う。作品は、白と黒を基調にしたアクリル画が111012ameya多い。月光に照らされたような動物の姿を繊細な筆致で描き、「生と死」のテーマが見え隠れする。詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 : 2011年10月12日(水) ~23日(日)  
・時 間 :10:00~18:00(最終日17:00まで) 火曜休廊
・会 場 :札幌市・ギャラリー創(中央区南9西6-1-36 U-STAGE 1F)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-562-7762 
※ 作家在廊22、23日(予定)続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

荒川好夫写真展「北海道 冬 〜函館本線C62 今も生きる記録の中で〜」@札幌

 鉄道旬間を記念しての開催。荒川好夫氏は、旧日本国有鉄道本社広報部の専属写真家として、風景写真・鉄道写真の分野で大きな業績を挙げ、写真集も多数刊行している。本展では、若き日の荒川氏がモノクロで捕らえた、北海道の厳冬期の函館本線「山線」(小樽〜長万部)を力強く走るSL急行「ニセコ」の雄姿を、フォトドキュメントとして紹介。「1971年1月、荒川氏は急行『ニセコ』の最後の姿を永遠に留めようと、後志でSLの迫力ある姿を撮り続けました。また、駅舎と駅員、待合室や沿線の風景など、SLとともにあったものも、荒川氏の手で記録されていきました。これらの写真の中の確かな存在感を通じて、忘れかけていた時代の空気や匂いが伝わってくるようです」とのこと。会場では全57点を展示。詳細は、JRタワーHPの案内欄で。111001arakawa
・会 期 :2011年10月1日(土)~23(日) 会期中無休
・時 間 :10:00~20:00(入場は19:30まで)
・会 場 :札幌・JRタワープラニスホール
      (中央区北5西2 札幌エスタ11F 地図) 
・入場料 :無料
・お問合せ:JRタワー文化事業室 TEL.011-209-5075
      プラニスホール   TEL.011-213-2776  続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

札幌芸術の森25周年記念展 「森と芸術」@札幌

 豊かな自然のなかに新しい芸術環境を目指し1986年7月27日にオープンした札幌芸術の森の25周年記念企画。テーマは「人間にとって『森』とはどのような存在なのか」。15世紀から現代までの絵画・版画・写真・彫刻・工芸品・絵本・博物標本など約200点のなかに見られる多様なイメージを通して、森の意味と重要性を探る。会期中には講演会やワークショップ等を予定。詳細は110903moritoart会場HPの案内欄などで確認を。
【おもな出品作家】 
  クロード・ロラン、カミーユ・コロー、モーリス・ドニ、エミール・ガレ、
  マックス・エルンスト、ルネ・マグリット、岡本太郎、砂澤ビッキ
・会 期 :2011年 9月3日(土)〜10月23日(日) 会期中無休
・時 間 :9:45〜17:00(入館16:30まで)
      (6月は午後5時30分まで開館)
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森美術館(南区芸術の森2丁目75、地図)
・入場料 :( )内は前売りおよび団体料金
      一般1000(800)円、高大生600(500)円、小中生400(300)円
・お問合せ:同館 TEL 011-591-0090 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

札幌デザインウィーク2011@札幌

 デザインを通して地域活性化を図るイベント「SAPPORO DESIGN WEEK(札幌デザインウィーク)」が、今年は札幌駅前通り地下歩行空間をメーン会場に市内各地で開催される。建築、インテリア、プロダクト、111019SapporoDesignWeekファッション、グラフィック等のプロや学生が一堂に会し、展示・販売やワークショップ、トークショーなどを行う。7回目となる今年のテーマは「LOVE」で「人にとって大事なのは愛あるつながり デザインは接着剤」がキャッチコピー。詳細は公式HPで確認を。
・会 期 :2011年10月19日(水)〜23日(日)
・会 場 :札幌市・札幌駅前通り地下歩行空間ほか各所で
・主 催 :札幌デザインウィーク2011実行委員会事務局
・参考記事:札幌経済新聞の紹介記事(2011/10/17) 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2011年10月22日

「鈴木涼子個展―Magnolia―」関連企画 「私」のセクシュアリティ〜北丸雄二氏を招いて @札幌

 現代美術作家の鈴木涼子さんの個展(記事)の関連企画で、ニューヨーク在住で、世界のLGBT(性的少数者)の状況に詳しいジャーナリスト北丸雄二を招き、三者鼎談を行う。
 今回展の鈴木涼子『私は』というシリーズは、深くセクシュアリティのあり方に関わっている。このイベントでは、北丸雄二氏とアーティスト、ゲストキュレーターの三者の対話によって、誰のものでもない「私自身」や「あなた自身」のセクシュアリティに切り込み、揺るがし、差異を肯定し、再考をうながすものです。それは、身体をもつものすべてが、アーティスト本人や鑑賞者、キュレーターも、いやおうなく関わらざるを得ない、身近でリアルで深い課題です。北丸氏の話によって、目からウロコが落ち、あなた自身がどんどん変わる快感を、この機会にどうぞ味わってみてください」とのこと。詳細はCAI現代芸術研究所HP案内欄と同ギャラリーブログで。111001suzukiryouko
【出演】 北丸雄二氏(ジャーナリスト)
     鈴木涼子氏(アーティスト)
     穂積利明氏(ゲストキュレーター)
・日 時 :2011年10月22日(土) 19:00〜20:30
・会 場 :札幌・CAI02(中央区大通西5丁目 昭和ビルBF2 )raum1
・聴講料 :無料。先着30名まで(うち椅子席は20席です)
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-802-6438 
・主 催 :CAI現代芸術研究所 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他