2012年03月

2012年03月31日

「夏天の虹 みをつくし料理帖」刊行記念 高田郁さんサイン会@札幌

 時代小説「みをつくし料理帖」第6作の120331miwostukushi刊行を記念して作者の高田 郁(かおる)さんのサイン会を開催。「夏天の虹 みをつくし料理帖」(角川春樹事務所 税込649円)=書籍情報=を同店で購入の上整理券を受け取って入場を。詳細は会場HPの案内欄で。
・日 時 :2012年3月31日(土) 15:00
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :無料、要整理券。同書購入の方先着100名まで配布
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00) 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

福島のドキュメンタリー映画普通の生活」上映会@帯広市

 原発事故による被害が続く、福島県で暮らす人々に焦点を当てたドキュメンタリー映画「普通の生活」の上映会が帯広で開かれる。札幌のカメラマン、吉田泰三さんが、2011年2月に発足した団体ネイバーズの活動の一環として同地でボランティアをする傍ら、街の姿や人びとの語りを記録し続けた。120328fustuunoseikastu市民へのインタビューを軸にした味わい深いドキュメンタリー。2012年、DVD、90分、製作はネイバーズ。当日は吉田監督との質疑応答も予定。上映の詳細は、北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2012年3月31日(土) 14:30開演
・会 場 :帯広市・とかちプラザ 視聴覚室(JR帯広駅下車徒歩3分 地図
・入場料 :1,500円、高校生以下無料
・主 催 :おびひろ女性塾ぱす 続きを読む

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

映画上映「人生、ここにあり!」@札幌

 精神病院が廃止されたイタリアで起こった実話を映画化したヒューマンコメディー「人生ここにあり!」を上映。労働組合員のネッロ(クラウディオ・ビジオ)は熱心過ぎが祟って別の生活協同組合に異動させられる。そこに集まっていたのは、ザーリア法の制定で精神病院が廃止となり、病院付属の「協同組合180」で単純作業をしながら無気力な日々を送る元患者達だった。ネッロは「床貼り」の仕事で全員が食べていくことを思いつく。120122jinsei監督・脚本ジュリオ・マンフレドニア。2008年、伊、101分。上映の詳細は、社会福祉法人はるにれの里HPの案内チラシ(PDF)などで。
・日 時 :2012年3月31日(土) 
      14:00 吹き替え版、17:00 字幕版
・会 場 :札幌・北海道医療大学サテライトキャンパス
      (中央区北4西5アスティ45 12F)
・入場料 :当事者500円、一般1,000円
・主 催 :人生ここにあり上映実行委員会
・後 援 :べてるの家、セルフサポート札幌 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

映画「チェルノブイリ・ハート」上映@積丹町

 1986年に起きたソ連チェルノブイリ原発事故から16年後の2002年に、周辺地域や病院を訪れた記録映画「チェルノブイリ・ハート」を上映。ベラルーシ共和国「ホットゾーン」の村に住み続ける住民。青少年の放射線治療の現場、先天的な疾患や畸形を伴う子供たちが激増した小児病棟、乳児院など、事故後も続く被爆被害の事実に110820cheruno迫った渾身のドキュメンタリー。原発事故が及ぼす放射能の恐ろしさをチェルノブイリの子供達が身をもって訴える。2003年、アメリカ、61分。メアリーアン・デレオ監督。アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞受賞。上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄
・日 時 :2012年3月31日(土) 13:30開場、14:00開演
・会 場 :積丹町B&G海洋センター
・入場料 :500円
・主 催 :「チェルノブイリ・ハート」上映実行委
・お問合せ:TEL 090-9524-7905 (高野) 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

映画「カーズ2」上映会@斜里町

 ジョン・ラセター監督によるキャラクター化された車たちが活躍する世界を描いたピクサーアニメ「カーズ」(2006)の続編の「カーズ2」を上映。陰謀渦巻く120324cars02世界グランプリを舞台に、天才レーサーのマックィーンとおんぼろレッカー車のメーターのコンビの冒険と友情を描く。2011年、米、112分。上映の詳細は会場HPの案内欄で。
・日 時 :2012年3月31日(土) 13:00開場、13:30開演
・会 場 :斜里町公民館ゆめホール知床
・入場料 :一般 前売800円(当日1000円)、中学以下500円(当日も)
      親子券1,000円(当日1,300円)=一般+中学以下各1名
      3歳以下無料。
・お問合せ:ゆめホール知床 TEL 0152-22-2222 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「明日は晴れ」展 びょういんあーとぷろじぇくと@札幌

 札幌市在住の抽象画家、日野間尋子さんが主催する「びょういんあーとぷろじぇくと」第4弾。2008年から、札幌ライラック病院のロビーで、養護関連施設に入っている人たちの作品を展示する「びょういんあーとぷろじぇくと」を続けている。詳細は札幌の観光文化情報ステーションHPの案内欄などで。120204500ma
・会 期 :2011年12月19日(月)〜2012年3月31日(土)
・時 間 :12:00〜18:00
・会 場 :札幌市・医療法人北志会 札幌ライラック病院 1F待合室ロビー
      (豊平区豊平6条8丁目)
・料金  :観覧無料
・主 催 :びょういんあーとぷろじぇくと
・お問合せ:フリースペース&カフェ AMICA TEL 011-631-2822
・参考記事:北海道美術ネット別館HPの紹介記事 

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | その他

日本の映画ポスター芸術@東京

 映画作品の宣伝メディアとして、劇場や街角に貼られてきた映画ポスター。日本の場合、その多くは製作・配給会社のコントロールのもとで匿名的に作られてきたものだが、自立したグラフィック作品としてのポスターも見られる。展覧会「日本の映画ポスター芸術」は、河野鷹思、野口久光、粟津潔、横尾忠則、和田誠らをはじめとするアーティストの作品など、1960〜70年代の作品に重きを置いた100点以上のポスターを通じて、映画とグラフィズムとの結節点を探る。詳細は主催者HPの案内欄で。120107eigaposter
・会 期 :2012年1月7日(土)〜3月31日(土) 月曜休館
・時 間 :11:00〜18:30(入室18:00まで)
・会 場 :東京都・東京国立近代美術館フィルムセンターアクセス) 展示室
・入場料 :一般200円(100円)、大学生・シニア70円(40円)、
      高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、
      MOMATパスポートをお持ちの方、キャンパスメンバーズは無料
      ( )内は20名以上の団体料金
・主 催 :東京国立近代美術館フィルムセンター、京都国立近代美術館 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | 美術

2012年世界自閉症啓発デーin旭川 映画「ちづる」自主上映会@旭川市

 立教大学の映像身体学科出身の赤崎正和監督が、2歳年下の自閉症の妹を主人公にした映画「ちづる」(2011年、79分)が旭川市で上映される。自身の卒業制作として企画されたこの映画は、重度の知的障がいと自閉症をもった赤崎の妹・千鶴とその母を1年に渡り撮り続けた、みずみずしくも優しい家族の物語。最も身近な存在でありながら正面から向き合えなかった妹にカメラで対話した監督は、映画を撮り終える頃、家族との新しい関係を築きあげている自分に気づく。作者の精神的な成長がいみじくも映像に刻印されてしまった稀有なドキュメンタリーの誕生。“若さ”が成し遂げた映画の奇跡がここにある。プロデューサーは『延安の娘』『蟻の兵隊』の池谷薫さん(立教大学特任教授)。上映の詳細は、111026chizuru上映の詳細は、NPO法人旭川障害者連絡協議会HPの案内欄で。
・日 時 :2012年3月31日(土) 10:30、13:30
・会 場 :旭川市・旭川障害者福祉センター「おぴった」 2F 会議室1
・入場料 :大人1,000円、大学生以下500円
・参加締切:2012年3月30日(金)
・お申込み:旭川自閉症児者親の会事務所 TEL&FAX 0166-35-2780
      お名前、連絡先、所属、上映時間(,◆砲隆望を 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「チェルノブイリ・ハート」上映会@伊達市

 1986年に起きたソ連チェルノブイリ原発事故から16年後の2002年に、周辺地域や病院を訪れた記録映画「チェルノブイリ・ハート」を上映。ベラルーシ共和国「ホットゾーン」の村に住み続ける住民。青少年の放射線治療の現場、先天的な疾患や畸形を伴う子供たちが激増した小児病棟、乳児院など、事故後も続く被爆被害の事実に迫った渾身のドキュメンタリー。原発事故が及ぼす放射能の恐ろしさをチェルノブイリの子供達が身をもって訴える。2003年、アメリカ、61分。110820cherunoメアリーアン・デレオ監督。アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞受賞。詳細は、むしゃなびHPの案内欄などで。
・日 時 :2012年3月31日(土) 10:00開場、10:30開演    
・会 場 :伊達市・伊達信金コスモスホール
      (梅本町39番地 TEL 0142-25-2129)
・料 金 :500円、 小中高生は無料。チケット制(要予約)
・主 催 :ひびきの村有志
・予 約 :ひびきの村事務局 TEL0142-25-6735、 FAX 0142-25-6715
      メール info[あっと]hibikinomura.org 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

伊藤組100年記念基金 平成24年度助成 申請受付

100331itougumi 札幌の伊藤組100年基金(HP)が、今年も助成金の申請を受け付ける。対象は、北海道で活動する個人または団体で、基金予算の範囲内で決定するため助成額は未定。「青少年の健全育成や生涯学習、科学における研究者の育成、文化芸術の振興・普及、健康増進やスポーツの振興、環境等社会問題の解決に関する研究活動、イベント、派遣・招聘旅費など事業に関する助成」とのこと。助成を希望する場合は、必ず事前に助成対象になるかどうか、申請する事業の目的・内容等について事務局に相談を(2012/02/01~03/15)。詳細は同基金HPの助成金情報欄で確認を。
・申請受付:2012年2月1日(水)~3月31日(土) (毎年3月末日)
・お問合せ:伊藤組100年基金 TEL 011-241-9358 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

CAIアートスクール 第17期生募集@札幌

 CAI現代芸術研究所では、2011年度もアートスクール生(第17期、1年間)を募集する。講義見学、相談など随時受付け中。講師、年間スケジュールなどは特設サイトの「スクール」欄や、講義日程欄で今後、掲載予定。希望者にはカリキュラム、講師紹介、卒業生メッセージ等を掲載した無料パンフレットを2012年1月より発送。また、随時個人説明に応じるので希望者は電話でお問合せを。120331CAI17詳細はCAIの特設サイト欄で。
【募集要綱】 2012年度CAI夜間アートスクール(1年間)
・募集期間: 2011年12月~2012年3月31日(土)
・定 員 : 25名(定員になり次第締切)
・受講期間:2012年4月~2013年3月の毎週木曜日
・受講時間:昼間コース(14:00~15:30)、
      夜間コース(19:00~21:00)の2種類
・作品発表: 2013年3月(展示1週間/搬入3日間)
・学 費 : 入学金1万円(税込)、受講料190,000円(分割払可)
・お問合せ:CAI現代芸術研究所(端) TEL 011-643-2404 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | その他

六花亭がアートを志す二十歳の若者の自画像コンクール「二十歳の輪郭」作品募集

120301hatachi 六花亭製菓では、2012年に北海道帯広市郊外で運営している中札内美術村開村20周年を記念して、アートを志す二十歳(はたち)の若者の自画像コンクール「二十歳の輪郭」を開催し、審査の上優秀作を表彰する。酒井忠康氏(世田谷美術館館長)ほかが審査にあたり、最優秀賞(1名)には5万円×12ヶ月が振込まれる。作品は、2012年4月25日〜11月3日まで同美術村に展示される。詳細は同社HPの案内欄で確認を。
・受付期間:2012年3月1日(木)〜3月31日(土) 必着
・応募資格:1992年1月1日〜12月31日に生まれた方。プロアマ不問
・出品点数:一人1作品。
・出品料 :2,000円。(出品料は返金しません)
・お問合せ:六花亭 公募展事務局 TEL 0155-24-6655 
※ 審査員、出品規定など → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

「自遊自彩」 OYOYO de イラスト展 出展者募集@札幌

 都心の大人の放課後を掲げて活動するアートスペースOYOYO写真部が主催する合同イラスト展。OYOYO写真部は札幌ハプニングの写真撮影などでも活躍するベテラン揃いだが、裏方となって、一般から出展者を公募し展示をサポートする写真展「自遊自彩 OYOYO de 写真展」を大成功させた。今回、写真でなくイラストを公募。OYOYOのメインルームに、40枠の展示スペース(各幅900mm×高1800mm、平面) を用意。イラスト、漫画、切り絵、CG、コラージュなど、テーマや展示方法は出展者の自由。展示の詳細はOYOYの案内欄で。120314OYOYOILLUST
・会 期 :2012年4月10日(火)〜31日(土)
      当初予定の一次締切3月15日(木)より延長
・時 間 :4/10〜4/13 12:00〜23:00
      4/14    10:00〜23:00
      4/15    10:00〜20:00
・会 場 :札幌市・「OYOYO(オヨヨ) - 大通まち×アートセンター」
      (中央区南1西6第2三谷ビル6階 東急ハンズの西隣 アクセス
・入場料 :無料 
・出展料 :1枠 3,000円
・1次募集締切:2012年3月15日(木) 
・主 催 :OYOYOに直接もしくはoyoyophoto[あっと]gmail.comまで
     (月〜木曜、19時〜OYOYOカフェ営業時間内に) 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

2012年03月30日

第22回SALA 真砂雅喜(美術家・アートディレクター) 「拡張脳時代における個」@札幌

 2010年春から始まった文化塾「サッポロ ART LABO(略称:SALA)」が2011年度も始動。札幌の美術評論家、柴橋伴夫氏が代表をつとめる民間団体で、多様化する文化を横断しながら、未来に向けて文化創造を担う人たちを「束ねる」場づくりを目指す。今年は全11回のレクチャーを企画。毎月最終金曜日の19:00より多彩なゲストを招き「アートの今日性、未来性」を学ぶ。第20回〜22回は、真砂雅喜(美術家・アートディレクター)を講師に3回にわたり講座を行う。詳細は、会場のト・オン・カフェHPの案内欄で。110429sala2011
・講 師 :真砂雅喜(美術家・アートディレクター)
・テーマ :第3講「拡張脳時代における個」
・日 時 :2012年3月30日(金) 19:00~20:30
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
・定 員 :各回30名程度、要事前申込 
・受講料 :一般1,000円、学生500円(共に1ドリンク付)
      学生は学生証の提示が必要
・お申込み:同店 TEL 011-299-6380 toovcafe[あっと]nifty.com 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 | その他

ARTISTA〜蔦井乃理子×加藤宏子×SIRI SIRI 岡本菜穂 3人展〜@札幌

 札幌の都心にまた一つアートスポットが誕生した。レディースインポートブランドを扱うブティックFortuna(フォルトゥーナ)が路面店に移転、その「SYMBIOSIS」ビルの1階をスペース「SYMBIOSIS」をギャラリーやイベントスペースとして月変わりで展示を行う予定。今回は「ARTISTA」と題して工芸3人展を開催。詳細は同店HPのNEWS欄で。
【出展作家】 120302ARTISTA
  蔦井乃理子(陶芸)
  加藤宏子(紙のインスタレーション)
  SIRI SIRI 岡本菜穂(ジュエリー)
・会 期 :2012年3月2日(金)〜30日(金) 会期中無休
・時 間 :12:00〜19:30(日曜日:12:00〜19:00)
・会 場 :札幌・space SYMBIOSIS
      (中央区南2条西4丁目10 -6 SYMBIOSISビル1F)
・入場料 :無料
・お問合せ:Fortuna(フォルトゥーナ) TEL 011-210-0199(同ビル2F)続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

松橋 常世−NEW UTOPIA CITY原図展− SFと建築の間で@札幌

 札幌の建築家、松橋 常世(まつはし・つねよ)さんによる、作家、荒巻義雄の作品に登場する宇宙船の設計図展。「30年前の幻の図面が公開される。建築的でありフアンタジックであり手書きのストロークを感じてください」とのこと。120324matuhashi詳細は作家HPの案内欄で。
・会 期 : 2012年3月23日(金) ~30日(金)  
・時 間 :10:00~18:00(最終日17:00まで) 火曜休廊
・会 場 :札幌市・ギャラリー創(中央区南9西6-1-36 U-STAGE 1F)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-562-7762 
※ オープニングパーティー 3月23日(金)19:00 
※ 作家在廊下予定 3/25と3/30 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2012年03月29日

小野翔平 個展 「ono shohei solo exhibition」@札幌

この春、道都大学中島ゼミを卒業し、カナダ・トロントでの制作と生活が控えている小野翔平による初めての個展。作品はシルクスクリーンを中心に制作している。今回は新作のみで構成。120302onosyouhei詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2012年3月2日(金)~29日(木)
・休 館 :日・月曜定休
・時 間 :14:00〜22:00
・会 場 :札幌・salon cojica(サロン・コジカ)
      (中央区北3東2中西ビル1F 地図
・入場無料
・お問合せ:サロンコジカ TEL 011-522-7660 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

春休み子ども映画会「塔の上のラプンツェル」@中標津町

 グリム童話の「ラプンツェル(髪長姫)」を映画化した、ウォルト・ディズニー・スタジオの長編アニメ第50作「塔の上のラプンツェル」を上映。お尋ね者の大泥棒との出会いから、18年間一度も出たことがなかった塔の外の見知らぬ世界へと足を踏み出していく120329tounoue18歳のヒロインの冒険アドベンチャー。2010年、92分、アメリカ。詳細は北海道新聞HPの案内欄で。
・日 時 :2012年3月29日(木) 13:30開場、14:00開演
・会 場 :中標津町総合文化会館 しるべっとホール
      (中標津町東2南3)
・入場料 :無料 当日は直接会場へ
・お問合せ:同会館 TEL  0153-73-1131
・主 催 :中標津町文化スポーツ振興財団 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「チェルノブイリ・ハート」上映会@小樽市

 1986年に起きたソ連チェルノブイリ原発事故から16年後の2002年に、周辺地域や病院を訪れた記録映画「チェルノブイリ・ハート」を上映。ベラルーシ共和国「ホットゾーン」の村に住み続ける住民。青少年の放射線治療の現場、先天的な疾患や畸形を伴う子供たちが激増した小児病棟、乳児院など、事故後も続く被爆被害の事実に迫った渾身のドキュメンタリー。原発事故が及ぼす放射能の恐ろしさをチェルノブイリの子供達が身をもって訴える。2003年、アメリカ、61分。メアリーアン・デレオ監督。110820cherunoアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞受賞。上映の詳細は、小樽・子どもの環境を考える親の会HP
案内欄などで。          
・日 時 :2012年3月29日(木) 
       14:00(託児あり)、18:00(託児なし)
・会 場 :小樽市生涯学習プラザ レピオ  
     (富岡1-5-1稲穂小学校隣 地図 TEL 0134-24-3363)
・参加費 :一般 500円、高校生以下無料
・主 催 :チェルノブイリハート実行委員会 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第5回 北海道現代具象展@札幌

 「第5回北海道現代具象展」が2011年末から道内各地を巡回、札幌は最終開催となる。公募展の会派を超えて現在日本で活躍している著名な作家を17名招待し、北海道の21名の具象系作家と共に展示する展覧会。120317dai5gendaigusyo詳細は、同館HPの案内欄で。
・会 期 :2012年3月17日(土)~29日(木)
・休館日 :月曜日 3/19、3/26 
・時 間 : 9:30~17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館 常設展示室1階
      (中央区北1西17 地図)
・観覧料 :一般700円(600)、高大生400円(300)
      ( )内は10人以上の団体料金、65歳以上と中学生以下無料
・主 催 :北海道現代具象展実行委員会 
・お問合せ:同館 TEL 011-644-6882 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2012年03月28日

高田昌幸さんトークセッション「警察を監視できないメディアの病理」@札幌

 ジャーナリストで、かつて北海道新聞記者として道警裏金問題に取り組んだ高田昌幸「真実 新聞が警察に跪いた日」(柏書房)=書籍情報=を出版した。それを記念して、「警察を監視できないメディアの病理」と題して、スペシャルトークセッションを開く。「〜福島第一原発事故発生後、多くのメディアは政府や東電の『大本営発表』を垂れ流し続けた。しかし、それはもはや異常な事態とは言えない。日本の報道機関は近年、警察や検察といった権力機構との依存関係を深め、当局に都合のよい情報ばかりを報じてきたからだ。メディアは何故、何時から権力監視という最大の役割りを放棄してしまったのか。〜」著者の高田さんのほか、元共同通信記者でジャーナリストの青木理さん、元道警釧路方面本部長で「市民の目フォーラム北海道」代表の原田宏二が議論する。詳細は「フォーラム市民の目」HPの案内欄で。
・日 時 :2012年3月28日(水) 18:00〜19:00
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店  1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :無料。申込不要・当日直接会場へ
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00) 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 | 文学

福島のドキュメンタリー映画「普通の生活」(DVD90分)初上映会@札幌市

 札幌のカメラマン、吉田泰三さんが2011年4月、5月と9月に福島県郡山市、福島市などで記録した映像をドキュメンタリー映画「普通の生活」としてまとめた初上映会が札幌で開かれる。吉田さんは、2011年2月に発足した団体ネイバーズの活動の一環として同地でボランティアをする傍ら、街の姿や人びとの語りを記録し続けた。120328fustuunoseikastu市民へのインタビューを軸にした味わい深いドキュメンタリー。2012年、DVD、90分、製作はネイバーズ。詳細はボラナビ倶楽部HPの案内欄などで。
・日 時 :2012年3月28日(水) 2回上映(開場各30分前)
      15:00〜17:00、19:00〜21:00
・会 場 :札幌エルプラザ(北区北8条西3丁目) 3Fホール
・入場料 :1,000円(中学生以下無料)。託児あり
・主 催 :ネイバーズ 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

2012年03月27日

★OYOYO美術部講座 塚田敏信先生の「まちを歩けば世界が見える」@札幌

 札幌都心で「大人の放課後」をコンセプトに活動するOYOYO美術部主催の公開講座。今回は、まち文化研究所主宰の塚田敏信さんが「まちを歩けば世界が見える」と題して講演する。塚田先生は、道内各地の銭湯や市場、地域誌、歴史的建造物など、地域文化にまつわる研究を40年以上続けている。「いらっしゃい北の銭湯」「ほっかいどうお菓子グラフィティー」ほか著書多数。2011年には札幌市のNPO団体が発行した地域誌「あたしゃ西野の蕎麦がいい」で編集アドバイザーも務めた。今回の講座では、「マチ歩き」の楽しさを、豊富な資料とスライドとともにお話いただく予定とのこと。詳細は主催のOYOYOサイトの案内欄で。120327stukada
・テーマ :まちを歩けば世界が見える
・講 師 :塚田敏信さん(まち文化研究所)
・日時:2012年3月27日(火) 20:00〜22:00
・会 場 :札幌市・「OYOYO(オヨヨ) - 大通まち×アートセンター」
      (中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 6階 地図
       東急ハンズの西2軒隣のビル
・参加費 :500円。一般参加歓迎、事前申込不要。
・主 催 : OYOYO美術部 続きを読む

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(9) その他 

2012年03月26日

★「精神医療の新しい形を考える〜ベテルの家とイタリアの精神医療をヒントに〜」@札幌

 精神医療については、患者を精神病院に入れて生活させるのではない形の模索が多々なされ始めている。例えば、浦河のべてるの家が「病」を逆手に取った斬新な実践を重ねている事は全国的に有名になっている。又イタリアではフランコ・バザーリアの改革以来、精神科病院そのものを無くしている。前者についてはべてるの家をつくって来た中心人物の一人、北海道医療大学教授 向谷地 生良さんが、後者についてはイタリアの精神医療に詳しい文化人類学者の松嶋 健さん(京都大学)をお招きしてお話していただく。この二人の報告を120326beteru受けて精神医療の今後について会場の皆さんにも参加していただき討論してゆく。詳細は会場HPの案内欄で。
・日 時 :2012年3月26日(月) 14:00〜17:00
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店  1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :無料。予約不要。当日直接会場へ
・主 催 :札幌学院大学「市民メディアプロジェクト」実行委員会
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00) 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

齋藤みなみ 個展 「騒々しい創造の想像‐わたし的天地‐」@札幌

 札幌在住の若手、齊藤みなみさんの一年半ぶりの個展。齊藤さんは1993年生まれ。伸びやかな筆致とカラフルな色彩で同年代の少女等を描いた絵を発表してきた。今回は、ギャラリー犬養の全室を使い、立体、ドローイング、インスタレーションを展示予定。「裸の自分を、独りのままの自分を、ソーゾーせよ。永遠は、ソーゾーなのだから。」とのこと。詳細は会場HPの案内欄で。 120315saitouminami
・会 期 :2012年3月15日(木)〜26日(月) 
・時 間 :13:00〜22:30 (火曜定休)
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養 一階 オフロギャラリー
      (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養) 
※ 25日(日)「さよならまたねパーティー」(18時〜)  

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

平清盛パネル展@札幌

 大河ドラマ51作目としてテレビ放映中の『平清盛』のパネル展。ドラマで使用された衣装や小道具の展示をはじめ、番組の見所などをパネル形式で紹介すす。詳細は会場HPの案内欄ほかで。120320taira
・会 期 :2012年3月20日(火・祝)〜26日(月)
・時 間 :10:00〜20:00(最終日は18:00閉場)
・会 場 :札幌・大丸札幌店(中央区北5西4-7) 7階催事場
・入場料 :無料
・お問合せ:大丸札幌店 TEL 011-828-1111(代) 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2012年03月25日

「チェルノブイリ・ハート」上映会@京極町

 1986年に起きたソ連チェルノブイリ原発事故から16年後の2002年に、周辺地域や病院を訪れた記録映画「チェルノブイリ・ハート」を上映。ベラルーシ共和国「ホットゾーン」の村に住み続ける住民。青少年の放射線治療の現場、先天的な疾患や畸形を伴う子供たちが激増した小児病棟、乳児院など、事故後も続く被爆被害の事実に迫った渾身のドキュメンタリー。原発事故が及ぼす放射能の恐ろしさをチェルノブイリの子供達が身をもって訴える。2003年、アメリカ、61分。メアリーアン・デレオ監督。110820cherunoアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞受賞。上映の詳細は会場HPの案内欄で。
・日 時 :2012年3月24日(土)、25日(日) 両日とも2回上映
      昼の部 14:30開場 15:00開演
      夜の部 17:30開場 18:00開演
・会 場 :京極町・バオバブ
      (虻田郡京極町字京極157 TEL 0136-42-3335)
・入場料 :500円(高校生以下無料)
※ 会場が小さい為、席数に限りあり。事前に人数を店にお知らせを 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「Welcome to MaY MARCHE マーカス・ボスの北海道野菜」出版記念サイン会&クッキングデモンストレーション@札幌

 札幌で人気のマーケット「MaY MARUCHE](メイ マルシェ)を主宰するドイツ人シェフ マーカス・ボスの料理本「Welcome to MAY MARCHE」(1,680円円、2012年3月5日発行、北海道協同組合通信社)の120325May刊行を記念して、著者マーカス・ボスの簡単料理デモンストレーションとサイン会を開催。詳細は北海道協同組合通信社HPの案内欄などで。
・日 時 :2012年3月25日(日) 15:00〜16:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店  1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :無料。申込不要・当日直接会場へ
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00)
※ 当日、同書を購入しサイン会に参加した方全員にモバイルクリーナーを、
  さらに先着50名様にハーブティーを贈呈 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

旭川市図書館アフタヌーンシネマ「ビルマ、パゴダの影で」@旭川市

 スイス人の女性監督アイリーヌ・マーティーによる記録映画「ビルマ、パゴダの影で」DVD情報=を上映。観光用PR番組の撮影と偽りビルマ(ミャンマー)に潜入した撮影クルーは国境地帯へ少数民族の証言を求めて旅をする。そこには軍事政権による強制移住や120325burma強制労働、拷問や殺害を含む様々な人権侵害から逃れるため、幾千、幾万もの人々が過酷な生活を強いられていた。当局から許可無く撮影された本作は、今なお迫害され続ける人々の叫びを伝える貴重なドキュメンタリー。2004年、スイス、74分。上映の詳細は同図書館HPの案内欄で。
・日 時 :2012年3月25日(日) 15:00〜17:00
・会 場 :旭川市中央図書館(常磐公園内) 2F 視聴覚室
・入場料 :無料。事前申込み不要
・お問合せ:同図書館 TEL 0166-22-4174 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

北海道立近代美術館 映像フェスティバル2012 北海道映像のインスピレーション@札幌

 北海道立近代美術館が毎年開催している映像フェスティバル。今年は、2010年にカンヌ映画祭で最高賞を受けて話題となったタイの映像作家アピチャッポン・ウィーラセタクンと、光州ビエンナーレなどの国際展で活躍するドイツ出身のアートユニット、ニーナ・フィッシャー&マロアン・エル・サニの作品をまとめて紹介する。「この1名1組は、国際的に高い評価を受けているだけでなく、ともに北海道に在住して制作活動を行い、北海道のメディアアートに少なからず影響を与えたアーティストです。彼らの刺激的な映像世界をどうぞお楽しみください」とのこと。詳細は道立近代美術館HPの案内欄で。120323eizoufes2012
・日 時 :2012年3月23日(金)〜25日(日)
      各回13:00開場、13:30開演
  23日(金) アピチャッポン・ウィーラセタクン「トロピカル・マラディ」ほか
  24日(土) アピチャッポン・ウィーラセタクン「ブンミおじさんの森」ほか
  25日(日) ニーナ・フィッシャー&マロアン・エル・サニ
       「スノー・ディヴィジョン」ほか
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館 講堂 (中央区北1西17 地図)
・入場料 :入場無料・定員240名
・お問合せ:同館 学芸第二課 TEL 011-644-6992 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

ドキュメンタリー映画「核分裂過程」上映会@石狩市

 1985年の西ドイツで使用済み核燃料再処理工場(再処理工場)の建設をめぐり起きた住民の反対運動を追った、ドキュメンタリー映画「核分裂過程」(1987年/西ドイツ/95分/DV/小林大木企画)の上映会。再処理工場の建設を進めようとする当局に対し、1986年のチェルノブイリ原発事故をはさんで住民のなかで高まりを見せる脱原発の流れを描く。高齢者を雇用する米国の工場を記録したドキュメンタリー「我らが工場 命の針社」090215kakubunretsu同時上映。上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2012年3月25日(日) 3回上映
      10:15、 13:00、 15:45
・会 場 :石狩市民図書館 視聴覚ホール
     (花川北7条1丁目26 TEL 0133-72-2000)
・入場料 :1,000円
・お問合せ:上映実行委員会 TEL 0133-74-9062  

bluebook at 10:15|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

命の写真展〜福島原発被災地の動物たちの写真と札幌で動物保護をしている団体の写真〜@札幌

 東日本大震災の被災、および原発事故のあおりを受け、被災地と避難区域に取り残された動物たちの様子を伝える生々しい写真160点あまりを展示する。詳細は会場のOYOYOサイトの案内欄や、OYOYO音楽部の方のブログ「恋上二胡」の案内欄で。120324inochi
・会 期 :2012年3月24日(土)〜25日(日)
・時 間 :10:00〜19:00
・会 場 :札幌市・「OYOYO(オヨヨ) - 大通まち×アートセンター」
      (中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 6階 地図
       東急ハンズの西2軒隣のビル
・入場料 :無料
※ 24日(土)15:00〜チャリティライブ開催 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「棟方志功 幻の肉筆画展」〜京都・山口邸より今よみがえる棟方芸術の神髄〜@札幌

 日本を代表し世界的に活躍した版画家棟方志功(むなかた・しこう、1903〜1975)の幻の肉筆画を公開。「志功は版画で知られているが、油絵、肉筆画など幅広い表現を追求した芸術の巨人でした。本展では、棟方が京都の友人山口氏邸内の襖や扉などに自由奔放に描いた肉筆画を、北海道で初めて公開します。また、会場には山口邸の一室も再現され、部屋と一体となった作品のたたずまいも見ることができます」とのことパラミタミュージアムが所蔵する約40点を展示予定。120303shikou詳細はJRタワーHPの案内欄で。
・会 期 :2012年3月3日(土)~25(日)
・時 間 :10:00~20:00(入場は19:30まで)
・会 場 :札幌・JRタワープラニスホール
      (中央区北5西2 札幌エスタ11F 地図) 
・入場料 :一般 前売 600円(当日800円)、
      高大生 前売 400円(当日600円)、中学生以下無料
・お問合せ:JRタワー文化事業室 TEL.011-209-5075
      プラニスホール   TEL.011-213-2776 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

★ 特別展「もう一人のミギシコウタロウと節子と」@札幌

 三岸黄太郎氏(1930〜2009年)は、ともに著名な洋画家であった両親、三岸好太郎・節子の長男。彼もまた高校時代から油彩を始め、その後は画家として日本とフランスを往来、牧歌的で詩情豊かな作品群で高い評価を受けている。特に、母の節子とともに暮らした北フランスの風土から生み出された風景は、シンプルな構成と繊細なマチエールで染み入るような詩心とエスプリをたたえている。本展では、黄太郎氏の遺族の協力を得て、黄太郎の秀作を母節子の作品とともに紹介。共通の資質や黄太郎ならではの個性を探る。120121koutarou詳細は同美術館HPの案内チラシ(PDF)で。
・会 期 :2011年1月21日(土)〜3月25日(日)
・休館日 :毎週月曜日
・時 間 :9:30〜17:00(入場16:30 まで)
・会 場 :札幌市・三岸好太郎美術館(中央区北2西15)
・入場料 :一般600円(450円)、高大生350円(250円)、
      小中生250円(200円)。カッコ内は前売り、10人以上の団体料金
・お問合せ:同美術館 TEL 011-644-8901 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

特別展「李恢成の文学」@札幌

 芥川賞作家・李 恢成(り・かいせい/イ・フェソン、1935年〜)は、“樺太”(現・サハリン)に生まれ、戦後は高校時代までを札幌で過ごした。この未成年期に始まる自己探求が、のちの“李恢成文学”の根となる。在日二世の作家として世界と日本の困難な現実から目を逸らさず、「またふたたびの道」(1969年)、「砧をうつ女」(1972年)から「百年の旅人たち」(1994年)を経て、現在の自伝的大河小説「地上生活者」に至るまで、“世界文学の地平”で常に人間を問い続けるこの作家の文学の全体像を紹介する。詳細は、120128rikaisei道立文学館館HPの案内欄他で。
・会 期 :2012年1月28日(土)〜3月25日(日)
・休館日 :毎週月曜
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌・北海道立文学館 特別展示室
      (中央区中島公園1-4 地図 TEL 011- 511-7655)
・入場料 :一般600(480)円、高大生350(280)円、
      小中生250(200)円。( )内は10名以上の団体料金
・主 催 :北海道立文学館 公益財団法人北海道文学館 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 文学 

日本を愛した写真家 土門拳の古寺巡礼 @釧路市

 土門 拳(1909〜90年)は日本の写真史に大きな足跡を残した。彼のライフワークとなった「古寺巡礼」シリーズを、大型作品を中心に紹介。「土門拳が日本各地の仏像や古建築を訪ね歩いて制作した写真作品の数々を通して、日本の伝統美や文化の源泉に迫ります」とのこと。詳細は北海道立釧路芸術館HPの案内欄で。120125domonken
・会 期 :2012年1月25日(水)〜3月25日(日)
・休館日 :月曜休館
・時 間 :9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 
・入場料 :( )内は親子、リピーター割引、10名以上の団体料金
      一般600(500)円、高大生300(200)円、小中生100(50)円
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2012年03月24日

中学生制作の短編映画「命の樹」上映会@札幌

 札幌の中学生24人が、脚本、撮影、小道具制作、音楽、編集、上映活動など、映画制作の全てを体験する「子ども映画制作ワークショップ」の2011年作品「命の樹」(2011年)の特別上映会が札幌で開かれる。発寒を舞台に、屯田兵開拓時代の先祖の13歳の女の子が現代にタイムスリップする。今の中学生達との交流の中で、命のつながりや開拓時代のことに想いを馳せる物語。120324inochinoki当日は、プロデューサーの中島洋氏(シアターキノ代表、ミュージアム理事)による解説も予定。詳細は主催者HPの案内欄で。
・日 時 :2012年3月24日(土) 14:00〜15:00
・会 場 :札幌・北の映像ミュージアム
      (中央区北1西12 さっぽろ芸術文化の館ホテル側)1階
・入場料 :無料
・お問合せ:北の映像ミュージアム TEL 011-522-7670 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

映画「1/4の奇跡〜本当のことだから〜」上映会@札幌

全国で自主上映され大きな反響を呼んでいるドキュメンタリー映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」(公式HP)(2007年、100分、入江富美子監督)を上映。映画の主人公、石川県の養護学校教諭のかっこちゃん(山元加津子さん)は、学校の子どもたちとの触れ合いの中で、子どもたちの持っている素晴らしい性質や120324yonbunnno力に出会う。それは、私達人間を支えている、見えないけれど大きな力、生かされている”いのち”、その尊さを知ることでもあった。詳細は、主催者HPの案内欄などで。
・日 時 :2012年3月24日(土) 13:30開場、14:00〜15:40
・会 場 :札幌・かでる2・7(中央区北2西7 地図
・料 金 :大人1,000円、中高生500円 
・主 催 :「1/4の奇跡」を上映する会
・参加受付:TEL&FAX 011-21-4810(大通カウンセリングルーム、澤田) 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

ゆうシアター「カーズ2」@砂川市

 砂川市地域交流センターゆうで毎年恒例の日本映画の名作を選りすぐっておくる映画祭「ゆうシアター」。今回は、ジョン・ラセター監督によるキャラクター化された車たちが活躍する世界を描いたピクサーアニメ「カーズ」(2006)の続編120324cars02「カーズ2」を上映。陰謀渦巻く世界グランプリを舞台に、天才レーサーのマックィーンとおんぼろレッカー車のメーターのコンビの冒険と友情を描く。2011年、米、112分。詳細は、会場HPの案内欄で。
・日 時 :2012年3月24日(土) 開場13:00、上映13:30
・会 場 :砂川市地域交流センターゆう 大ホール 
      (東3条北2丁目3-3 JR砂川駅直結 TEL 0125-54-3111) 
・観覧料 :一般 800円、高校生以下 500円
      親子券1,000円
・お問合せ:NPO法人ゆう TEL 0125-54-3111 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「現代小説の中の中国女性たちの彼方」 GCOE「境界研究の拠点形成」主催による博物館第6期展示「越境するイメージ-メディアにうつる中国」関連講座@札幌

 北海道大学のグローバルCOEプログラム(日本学術振興会)が開催している「越境するイメージ-メディアにうつる中国」(2011/11/01〜2012/5/31、記事)の120324gendaichina開催の関連企画の一環で、泉 京鹿氏((いずみ・きょうか/中国文学翻訳家))を講師に迎え「現代小説の中の中国女性たちの彼方」と題してお話をうかがう。詳細は北大の案内欄で。
・日 時 :2012年3月24日(土) 13:30開演
・会 場 :札幌市・北海道大学総合博物館 1F 知の交流コーナー
     (北区北10西8 北大構内 アクセス)     
・入場料 :無料、事前申込不要
・お問合せ:同館 TEL 011-706-2658 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

オペラ映画を楽しむ会 第7回上映 「フィガロの結婚」@札幌

 〜 オペラってこんなにわかりやすくて面白い!! 〜
 「オペラ映画」は舞台映像ではなく、映画監督が、名作オペラを超一流の歌手の出演で、完全映画化したもの。オペラの魅力が分かりやすく、映画としても古城や教会・宮殿などオールロケーションで映画ならではの魅力たっぷり。2012年はモーツァルト特集4本が決定。第1弾ではモーツァルトの最高傑作「フィガロの結婚」を上映。ジャン=ピエール・ボネ監督。ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、ヘルマン・プライ、キリ・テ・カナワ、ミレッラ・フレーニほか出演。カール・ベーム指揮、ウィーン・フィルハーモニー演奏。120324operaeigaFigaro1975年、独、180分。
・日 時 :2012年3月24日(土) 
      12:00開場、 12:30〜15:45(途中休憩15分あり)
・会 場 :札幌市・共済ホール
      (中央区北4西1共済ビル6F 地図 TEL 011-251-7333)  
・入場料 :一般 前売2,300円(当日2,600円) 各回600名まで
      団体5名以上は前売のみで1名2,000円、未就学児童の入場不可
・主 催 :オペラ映画を楽しむ会(札幌映画サークル内) 続きを読む

bluebook at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | 音楽

「エクレール・お菓子放浪記」上映会@士別市

 東日本大震災前の宮城県石巻市で撮影された映画「エクレール・お菓子放浪記」の上映会。ロケ地石巻の支援上映会と題し、収益の一部は石巻市に寄付する。映画は、食料事情の悪かった戦中戦後の混乱期、菓子へのあこがれを胸に1人の孤児がたくましく生き抜く姿を描く。主演の吉井一肇(12歳、新人)は中国最大の映画祭「第20回金鶏百花 映画祭」の国際映画部門で主演男優賞を受賞。いしだあゆみさん、林隆三さん、遠藤憲一さんらベテラン俳優が脇を固めている。西村滋の自伝的作品『お菓子放浪記』の映画化。監督は『ふみ子の海』の近藤明男監督。宮城県石巻市のほか、北海道砂川市でも111210okashi撮影された。2011年、107分、日本。今回の収益の一部を石巻市へ寄付する。詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2012年3月24日(土) 3回上映
      10:30、 15:00、 18:30
・会 場 :士別市民文化センター 小ホール
      (士別市東6-4 TEL 0165-23-3358)
・入場料 :前売り券 一般1,000円、小中高生800円
・お問合せ:実行委 TEL 0165-23-5003、0165-23-4801 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

紺野 龍太 木面展「ワタリガラスが作った世界」@札幌

 紺野龍太さんの木面展「ワタリガラスが作った世界」が札幌で開催される。紺野さんは、カナダ北西海岸のトーテムポールを作る先住民、ティムシアン族の彫刻家に約1年師事し、生活を共にしながら彫刻やデザイン、道具の作り方そして彼らの文化や物語を学んだという。120318konno「ワタリガラスとは、大型のカラスで北米先住民の物語に登場する、創造主の様な重要な鳥です」とのこと。詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2012年3月18(日)〜24日(土)
・時 間 :10:00〜19:00(最終日18:00)
・会 場 :札幌市・ギャラリー門馬&ギャラリー門馬ANNEX 
      (中央区旭ヶ丘2丁目3-38 TEL 011-562-1055 地図
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-562-1055 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2012年03月23日

「アイヌの治造」こと浦川治造さんのドキュメンタリー映画「カムイと生きる」先行ロードショー(会期延長)@浦河町

 「アイヌの治造」こと浦川治造さん(東京アイヌ協会名誉会長)を追ったドキュメンタリー映画「カムイと生きる」が完成。浦川さんが主宰する「カムイミンタラ」で完成披露試写会(2011/12/25、記事)を経て、浦川さんの故郷、北海道浦河町でプレミア公開が決定した。浦川さんは、1938年北海道浦河町生まれ。1983年、45才で上京。関東圏に5000人以上が暮らすといわれるアイヌ民族のエカシ(長老)として、アイヌの精神性をたたえる儀式を日常の中で続けている。他の出演は宇梶剛士(俳優)、弓野恵子(アイヌユカラ伝承者)、鵡川アイヌ文化伝承保存会、結城幸司ほか。小松秀樹監督。2011年、日本、116分。上映の詳細は映画公式HPの案内欄、日高報知新聞の案内欄などで。120303kamuito
・会 期 :2012年3月3日(土)〜23日(金)
      3日 15:00、19:00
      4日 13:00、19:00
      5日以降 10:30、13:30、19:00
      9日以降 16:00
・会 場 :浦河町・大黒座(浦河町大通2-18)
・入場料 :前売 1,000円(当日1,500円)、高校生以下500円)
・お問合せ:大黒座  TEL 01462-2-2149 
・上映情報: 「北海道MovieWalker」HPの「大黒座」案内欄  
※ 当初9日までの上映予定だったが、23日まで延長となった 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

国際的なトップバレエダンサー首藤康之のドキュメンタリー「今日と明日の間で」劇場公開@札幌

 国際的に活躍するトップバレエダンサー首藤康之を追ったドキュメンタリー「今日と明日の間で」が劇場公開される。「時の庭」「空白に落ちた男」など2010年の全ステージと練習をはじめ、親交の深いダンサーや振付家の証言を交え、首藤の知られざる素顔に迫る。小林潤子監督。首藤康之、中村恩恵、小野寺修二、斎藤友佳理、シディ・ラルビ・シェルカウイほか出演。120310kyoutoasu2011年、日本、88分。上映の詳細は、シアターキノHPの案内欄で。
・会 期 :2012年3月10日(土)〜23日(金)
・時 間 :1日2〜1回上映予定
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :当日 一般1,800円、学生1,400円、シニア&高校以下1,000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 続きを読む

bluebook at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

★ドイツの住民運動に学ぶドキュメンタリー「核分裂過程」と「第八の戒律」上映会@札幌

 脱原発をめざす女たちの会・北海道では、1989年に建設中止になったドイツの再処理工場建設に反対する人々を描いた「核分裂過程」(1987年/西ドイツ/95分/DV/小林大木企画)と、この「核分裂過程」の続編である「第八の戒律」を上映する。ともにベルトラム・フェアハーク、クラウス・シュトリーゲル監督。120323kaku上映の詳細はピース☆カレンダーHPの案内欄で。
・日 時 :2012年3月23日(金) 10:30〜20:05 全5回上映
   「核分裂過程」 10:30、14:30、18:30
   「第八の戒律」 12:30、16:30
・会 場 :札幌市民ホール(中央区北1西1) 第1会議室
・入場料 :1作品 800円、2作品 1,200円
      大丸プレイガイドでも発売中
・主 催 :脱原発をめざす女たちの会・北海道
      TEL 090-8426-5262 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

★「世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶」劇場公開

 「フィッツカラルド」の鬼才ベルナー・ヘルツォーク監督が、現存する世界最古の壁画を有する南仏・ショーベ洞窟の内部を3Dで撮影したドキュメンタリー「世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶」(原題:Cave of Forgotten Dreams)が北海道は札幌で劇場公開される。994年に発見されたショーベ洞窟の奥には3万2000年前に描かれた壁画が奇跡的に当時のまま現存していた。貴重な遺跡を守るため普段は研究者や学者にのみ入場が許可されるショーベ洞窟に、ヘルツォーク監督率いる120303sekaisaiko1撮影隊が入り、3Dカメラによる撮影を刊行。壁画を描いた古代の人々へ思いを馳せる。2010年、アメリカ、90分。オダギリジョーの日本語ナレーション版で上映。詳細はシネマフロンティアHPの案内欄で。
・会 期 :2012年3月3日(土)〜23日(金) 
・会 場 :札幌・シネマフロンティア(JR札幌駅直結)
・入場料 :映画料金のほかに別途3D料金と3Dメガネ代金が必要
・お問合せ:同劇場 TEL 011-209-5403 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2012年03月21日

齋藤周個展 the round dance of light@札幌

 札幌で活躍中の美術作家、齋藤 周さんの個展。「1階のショップ内にはさまざまな平面の仕掛けを、2階のギャラリーにはインスタレーションを展示。齋藤さんの作品を立体的にご覧いただきます」とのこと。また、シルクスクリーンでプリントしたオリジナル生地を使ったワンピースも展示・販売する。詳細はcholon[チョロン]HPの案内欄で。120309saitousyuu
・会 期 :2012年3月9日(金)〜21日(水)
・時 間 :11:00〜19:00 火曜定休
・会 場 :札幌・cholon[チョロン] 1Fショップ + 2Fギャラリー
      (中央区南1西12 ASビル1F 地図
・観覧料 :無料
・お問合せ:同店 TEL 011-210-0787(11:00〜19:00) 続きを読む

bluebook at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

不定期定例イベント 『夜の超専門学校』 2学期@札幌

 札幌在住のろくでもない大人たちを講師に迎えて,必要以上に偏った講義を行う,世界で一番就職から遠い専門学校。それが本校,『夜の超専門学校』です。思い出したように開講する今回の2学期,ただいま聴講生募集中です。勝手ながら,内容が内容だけに18歳未満の聴講はご遠慮ください。(会場ATTICの案内欄より)。2012年1月28日の第1弾(記事)に続く好評開催。
【夜の講師陣】 油もの好き順 120321yorunosenmon
  ・吉田ひでお(アーリオ工房)
  ・棚田 満 (劇団怪獣無法地帯
  ・長流3平(3ペェ団札幌)
  ・土方 雅人(地球防衛堂
  ・今井大蛇丸(今井大蛇丸
  ・黒田 拓 (くつした企画
  ・藤野羽衣子(分解社
・日 時 :2012年3月21日(水) 19:00開場、19:30開演
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F )
・参加料 :500円(ノードリンクつき)
・参加方法:予約優先制(30名に満たない場合のみ当日受付あり)  続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

映画「チェルノブイリ・ハート」上映@黒松内町

 1986年に起きたソ連チェルノブイリ原発事故から16年後の2002年に、周辺地域や病院を訪れた記録映画「チェルノブイリ・ハート」を上映。ベラルーシ共和国「ホットゾーン」の村に住み続ける住民。青少年の放射線治療の現場、先天的な疾患や畸形を伴う子供たちが激増した小児病棟、乳児院など、事故後も続く被爆被害の事実に110820cheruno迫った渾身のドキュメンタリー。原発事故が及ぼす放射能の恐ろしさをチェルノブイリの子供達が身をもって訴える。2003年、アメリカ、61分。メアリーアン・デレオ監督。アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞受賞。上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄で。
・日 時 :2012年3月21日(水) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :黒松内町・黒松内総合町民センター(黒松内394-2)
・入場料 :500円
・主 催 :「チェルノブイリ・ハート」上映実行委
・お問合せ:TEL 0136-77-2012(高木) 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画