2013年01月

2013年01月31日

さっぽろの都心まちづくりを考える連続フォーラム 第4回「触れる都市計画ー公共空間を楽しむヒントー」@札幌

 公共空間の創造的活用を考えることを目的とした連続フォーラムの第4回目は、都市や公共空間に介入するプロダクトやフィールドワークを多数発表しているデザインユニットmi-ri meter(ミリメーター)の宮口明子氏、笠置秀紀氏を迎え、これまでに道路や公園などいわゆる公共空間で繰り広げてきたプロジェクトを通じて、公共空間を楽しむためのヒントについてお話いただく。
 「『公共空間をパーソナルな空間にしよう』という活動テーマのもと行われる様々なフィールドワークは、本当のプライベート空間とは違った出会いやつながりを生みだしていることでしょう。見知らぬ人たちが多数存在する公共空間でのプロジェクトを通してどのようなコミュニケーションが創出できるのか、130131furerutoshiまた「まち」を再認識させることができるのかを話し合います」とのこと。詳細は主催者HPの案内欄などで。
・講 師 :mi-ri meter(ミリメーター)宮口明子氏、笠置秀紀氏
・日 時 :2013年1月31日(木) 19:00〜21:00
・会 場 :札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)北3条交差点広場(西)
・入 場 :無料
・主催・お問合せ:札幌駅前通まちづくり株式会社
      TEL 011-211-6406、FAX 011-211-6408 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

「ハーブ&ドロシー~アートの森の小さな巨人~」上映会inドリノキ@札幌

 NYの郵便局員のハーブと図書館員のドロシーのヴォーゲル夫妻は、給料の中からアートを買い、質量ともに圧倒的なコレクションを築きあげた。アートを愛しアートと暮らす2人の姿を描くドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー~アートの森の小さな巨人~」を上映。夫妻が購入作品を選ぶ基準は2つ。①自分達のお給料で買える値段であること。②1LDKのアパートに収まるサイズであること。30年の歳月でコツコツ買い集めた作品は、いつしか20世紀のアート史に名を残す作家の名作揃いとなった。そんな夫妻の元へアメリカ国立美術館から寄贈の依頼がやってくる。この現代のおとぎ話に衝撃を受けた佐々木芽生監督(札幌生まれ)は、2人を追ううち、これは「現代アートについての映画ではなく、豊な人生を考える映画になる」と確信した。NYで17週間のロングランを記録。2008年、米、87分。
 佐々木監督は現在、続編映画ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』の日本上映に向け、クラウドファンディングという新しい手法を用いて製作・プロモーション資金調達を行っている。ハーブ&ドロシー応援事務局では、一人でも多くの方に映画を見て欲しいとの想いから「ハーブ&ドロシー応援基金」を募り、佐々木監督を応援している。110402HERBDOROTHY上映の詳細は特設欄で。
【当日プログラム】(予定)
   佐々木監督の動画メッセージ
   続編の予告編上映
   「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」本編上映 など
・日 時 :2013年1月31日(木) 18:30開場、19:00開演
・会 場 :札幌市・さっぽろ大通コワーキングスペース ドリノキ 
     (中央区南1条西4丁目 日之出ビル9階)
・入場料 :無料、定員50名程度
・参加方法:FACEBOOK特設欄で「参加」を押すか、当日直接会場へ。
      満席の場合は入場をお断りする場合あり 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

工藤和彦作陶展@旭川市

 旭川市を拠点に活躍する陶芸家の工藤和彦さん(HPブログ)の個展。工藤さんは1970年、神奈川県生まれ。高校卒業後、信楽で修行し、1993年に剣淵町に移住。地元の粘土を使った黄色味のある焼き肌の「黄粉引」で知られる作家。剣淵町に移住後、初めて読んだ本が「塩狩峠」だったそう。工藤さんは「三浦綾子さんの作品には生活に根ざしたものが多いと感じています。それで今回は暮らしの安心を感じさせるような器を、なるべく数多く展示したいと思っています」と話している(あさひかわ新聞HPの記事より)。会場内での販売なし。詳細は作家ブログの案内欄などで。
・会 期 :2013年1月13日(日)〜31日(木) 月曜休館
・時 間 :9:00〜17:00
・会 場 :旭川市・三浦綾子記念文学館 1Fホール(神楽7条8丁目2-15)
・入場料 : 入館料500円が必要 
・お問合せ:同館 TEL 0166-69-2626 
※ 初日10時ハープ奏者の池田千鶴子さんのオープニングコンサート 

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

「ちえりあ映像フェスタ」ビデオ作品募集@札幌

 〜あなたの映像で まちの魅力を発信 してみませんか〜
 「ちえりあ映像フェスタ」は、私たちのまちの歴史、文化、人々の営みなどの映像作品を通して、まちの魅力を再発見し、まちづくりにつなげていく取り組み。2013年3月23日(土)に同センターの「ちえりあ映像フェスタ」で上映する短編のビデオ作品を募集。詳細は、ちえりあHPの右チラシ(PDF)で。
【募集要項】 130131chieriaeizouF
・テーマ :北海道や札幌の歴史、文化、自然、くらし、人など
・提出メディア:DVD、Blue-ray(miniDVは不可)
・作品時間:15分以内
・制作年 :制限なし
・応募方法:作品及び記入済みの応募用紙を持参または郵送で
・上映会 :2013年3月23日(土) 13:00〜16:00
・応募締切:2013年1月31日(木)必着
・主 催 :財団法人札幌市生涯学習振興財団
      (札幌市生涯学習センター指定管理者)
・お問合せ:同センター 1階 メディアプラザ TEL 011-671-2121 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | その他

2013年01月30日

黒石 いずみ氏講演会〜共同研究「トランスナショナルな公共圏におけるメディア文化とアイデンティティ」@札幌

「生活空間から社会を変える試みへの問い
 〜戦前期東北・朝鮮生活調査・改善事業と東北大震災復興に思う事」
 黒石いずみ先生(青山学院大学総合文化政策学部教授)氏が北大で講演。黒石氏は都市・建築史の研究とデザインの実践経験を基に、それらの空間や造形がどのように地域の文化や社会状況、人々の想いから生まれてきたかに関心を持ち、日本近現代都市・建築文化を、民俗学や文化表象論、デザイン論の視点から精力的に研究している。今回の講演では、「北海道で学び郷土会を主催した新渡戸稲造の影響は、柳田國男らの民俗学や今和次郎らの民家調査にも受け継がれています。その郷土会のメンバーであった今和次郎により戦前期の東北地方と朝鮮半島で行われた生活や住宅調査とそこでの問題提起、そして今回の東北大震災後の130130kuroishi復興事業で取り上げられている諸問題との関連性を論じたいと思います」とのこと。
・日 時 :2013年1月30日(水) 16:30〜18:00
・会 場 :札幌市・北海道大学メディア・コミュニケーション研究院 608号室
      (北区北17条西8丁目 地図
・入場料 :無料
・主 催 :北海道大学メディア・コミュニケーション研究院
・お問合せ:同学院 浜井 hamai[あっと]imc.hokudai.ac.jp 続きを読む

bluebook at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 | 美術

2013年01月28日

ゆうばりキネマ・クラブ1月上映会「あなたへ」@夕張市

  2004年3月に夕張市唯一の映画館「シネサロン」での上映事業を夕張市が廃止したのをきっかけに、同年5月「映画の灯」を守ろうと結成された市民団体ゆうばりキネマクラブの上映会。新春1月の上映会は、高倉健主演『あなたへ』。高倉健が、『鉄道員(ぽっぽや)』『ホタル』などの降旗康男監督と20作目のタッグを組んだ人間ドラマ。妻の遺骨を散骨するため妻の故郷へ旅立った男が、旅の途中で出会った人々との交流を経て妻の真意を知る姿を描く。2012年に亡くなられた名優、大滝秀治さんの遺作でもある。130127anatahe出演:高倉健、田中裕子、佐藤浩市、草剛、余貴美子、綾瀬はるか(敬称略)他。2011年、東宝、111分。上映の詳細はゆうばりキネマクラブHPのブログの記事で。
・日 時 :2013年1月27日(日)、28日(月)
      27日(日)13:30、 28日(月)18:00   
・会 場 :夕張市・アディーレ会館ゆうばり(旧ゆうばり市民会館)
      (本町4丁目3 TEL 0123-52-2161)
・料 金 :会員1,000円 一般1,200円 小中高500円
・主 催 :ゆうばりキネマ・クラブ  

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

ドキュメンタリー「タケヤネの里」劇場公開@札幌

 竹の皮を使用した工芸品を作る技術「竹皮編」。群馬県で竹皮編の唯一の継承者となった監督の友人の前島美江を主人公に、「竹と人間」を巡る壮大な文化の営みを浮き彫りにするドキュメンタリー「タケヤネの里」が札幌で劇場公開される。130122takeyane監督・構成・演出・語り・撮影: 青原さとし。音楽:石塚俊明(頭脳警察)。2011年、日本、112分。民族文化映像研究所の配給。
・会 期 :2013年1月22日(火)〜28日(月) 
・時 間 :10:10、 15:40  
・会 場 :札幌・蠍座(北区北9西3タカノビルB1 地図
      JR札幌駅北口から北へ徒歩3分
・入場料 :一般900円、中高大生とシニア800円
・お問合せ:蠍座 TEL 011-758-0501 
・参 考 : 「北海道MovieWalker」HPの「蠍座」案内欄 続きを読む

bluebook at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

「宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」劇場公開@札幌

 中国語を話すナゾの宇宙人を巡る騒動を描き、無名のキャスト、スタッフながら2011年・第68回ベネチア国際映画祭で創造産業賞を受賞するなど各国映画祭で称賛された異色SF「宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」が札幌で劇場公開される。破格の高給につられた中国語翻訳家のガイアは、イタリア秘密警察の仕事で、暗闇の中、ある相手の通訳をすることとなった。その相手とは、礼儀正しく友好的な姿勢で、流暢に中国語を話す宇宙人、王(ワン)さんだった。ローマには文化交流のために来たと言うが、不審を抱く秘密警察は、王さんを執拗に尋問し・・・。他者への信頼や偏見といったテーマ、密室の心理劇の面白さ、キモカワイイ?王さんのデザインなどは見もの。2011年、イタリア、83分。監督・脚本・制作: アントニオ・マネッティ / マルコ・マネッティ。130115wannsann
・会 期 :2013年1月15日(火)〜28日(月)
・時 間 :14:05、19:35(1/15〜1/21)
      12:15、17:45(1/22〜1/28)
・会 場 :札幌・蠍座(北区北9西3タカノビルB1 地図
      JR札幌駅北口から北へ徒歩3分
・入場料 :一般900円、中高大生とシニア800円
・お問合せ:蠍座 TEL 011-758-0501 
・参 考 : 「北海道MovieWalker」HPの「蠍座」案内欄 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2013年01月27日

「蒼天の夢〜松陰と晋作・新世紀への挑戦〜」上映@旭川市

 幕末の長州藩・萩で、新しい時代をつくるために情熱を傾けた吉田松陰と高杉晋作の青春を描いたドラマ「蒼天の夢〜松陰と晋作・新世紀への挑戦〜」(日本映画)=DVD情報=を上映。130127soutennoyume司馬遼太郎の長編歴史小説「世に棲む日日」を原作としたNHKのスペシャルドラマで2000年1月3日に放映された時代劇。歌舞伎役者・中村橋之助と人気狂言師・野村萬斎の2大古典の若きリーダーが共演。上映の詳細は同図書館HPの案内欄で。
・日 時 :2013年1月27日(日) 15:00〜17:00
・会 場 :旭川市中央図書館(常磐公園内) 2F 視聴覚室
・入場料 :無料。事前申込み不要
・お問合せ:同図書館 TEL 0166-22-4174 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

「北海道電力<泊原発>の問題は何か」出版記念講演会@札幌

 「北海道電力<泊原発>の問題は何か」泊原発の廃炉をめざす会:編、1,680円)=書籍情報=出版記念講演会を開催。今回の衆院選挙の大きな争点になっている原発問題。北海道でも北海道電力の「泊原発」をどうするのか、道民の多くが関心を抱いている。再稼働をするのか、それとも北海道に豊富にある風力や太陽光といった自然エネルギーに代替していくのか。トークショーでは、著者の小野有五・北大名誉教授が泊原発の抱える構造的な危険性や活断層に隣接した立地の悪さなどを分かりやすく解説するほか、市川守弘弁護士が泊原発廃炉訴訟の意味について説明する。終了後、サイン会を予定。130114tomariイベントの詳細は泊原発の廃炉をめざす会HPの案内欄で。
【ゲスト】
 小野有五共同代表:「海底の断層からの泊原発の危険性」
 常田益代原告団副団長:「倫理面から見た原発」
                    他執筆陣ら
・日 時 :2013年1月27日(日) 15:00〜16:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :無料。申込不要、当日直接会場へ。
・主 催 :寿郎社
・お問合せ:同店 TEL 011-231-2131(10:00〜21:00) 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 | 文学

セレノグラフィカダンス公演「踊るコンサートinきたひろ」@北広島市

 東京のダンスカンパニーセレノグラフィカ(隅地茉歩、阿比留修一)に130127serenoよるコンテンポラリーダンス公演。演奏は鈴木みかこ(アコーディオン)。事前にワークショップも開催。詳細は会場HPの案内欄で。
・日 時 :2013年1月27日(日) 13:30開場、14:00開演 
・会 場 :札幌・北広島市芸術文化ホール(JR北広島駅すぐ前 地図
・入場料 :前売当日同額、ただし前売完売の場合は当日券なし
      一般1,000円、高校生以下500円  全席自由
・お問合せ:同ホール TEL 011-372-7667 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

緊急開催! アジアを知ろう映画祭2 ドキュメンタリー上映&講演会@札幌

 長きにわたって軍事独裁政治が続くビルマ(ミャンマー)。多くの人々が国境を越えて難民になっている。ビルマのことを札幌でも考えようと市民有志が映画祭を企画した。ビルマのドキュメンタリー3本を上映。上映作品『 ピュア ビルマ難民キャンプの子どもたち 』の制作者であり、自らも政治難民であるココラット監督ビルマ民主化支援会(SCDB)代表)の講演も。詳細はビルマ民主化支援会HPの案内欄などで。130127pure
【プログラム】
  「ピュア〜ビルマ難民キャンプの子どもたち・希望の鐘」上映
  ココラットさん講演
  「リメンバー・ミー」上映
・日 時 :2013年1月27日(日) 13:30〜16:30
・会 場 :札幌市生涯学習センター(ちえりあ) 大研修室
      (西区宮の沢1条1丁目 地図
・入場料 :前売・予約 1,000円(当日1,200円)中学生以下無料
・主 催 :アジアを知ろう映画祭さっぽろ実行委員会 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 | その他

ドキュメンタリー映画「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」と「バレエに生きる パリ・オペラ座のふたり」の上映会@伊達市

 世界最高峰のバレエコンクールに出場する子供たちの舞台裏を描くドキュメンタリー「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」(2011年、米、94分)と、世界最高峰のバレエ団パリ・オペラ座の振付師として60年以上も活躍しているピエール・ラコットと、彼の妻で元エトワールのギレーヌ・テスマーの半生を追ったドキュメンタリー「バレエに生きる〜パリ・オペラ座のふたり〜」バレエに生きる パリ・オペラ座のふたり」(2011年、フランス、95分)を上映。121222FirstPosition上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年1月27日(日) 
      13:30 「ファースト〜」、15:30「バレエに〜」  
・会 場 :伊達市・伊達信金コスモスホール
      (梅本町39番地 TEL 0142-25-2129)
・料 金 :1作品 前売1,300円(当日1600円)、通しは前売のみ2400円
      小中高生は当日券のみで1作品800円
・お問合せ:堀岡 TEL 090-9750-0620 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

倉本 龍彦 展 @札幌

 北海道に根ざした住宅設計で知られる建築家の倉本龍彦氏(1946年生まれ、道都大学建築学科名誉教授)の建築個展。毎日午後は作家本人が在廊する予定。詳細は道都大学HPの案内欄などで。130116kuramoto
・会 期 : 2013年1月16日(水)〜27日(日)  
・時 間 :11:00~18:00(最終日17:00まで) 火曜休廊
・会 場 :札幌市・ギャラリー創
      (中央区南9西6-1-36 U-STAGE 1F)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-562-7762 
※ Gallery Talk 1月19日(土) 16:00-
※ Party     1月19日(土) 18:00- 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

函館映画鑑賞協会 第196回例会「バルカン超特急」@函館市

 函館映画鑑賞協会の第196回例会では、アルフレッド・ヒッチコック監督の映画「バルカン超特急」DVD情報=を上映。マーガレット・ロックウッド主演。列車内で老貴婦人が消えた。列車という密室を舞台に、老嬢の失踪の謎を追う主人公の130127barcan男女が孤立無縁に陥る心理サスペンス。ヒッチコックのイギリス時代の最高傑作といわれる作品。1938年、英、97分。上映の詳細は函館映画鑑賞協会HPの案内欄で。
・日 時 :2013年1月27日(日) 
      11:00、 14:00、 18:30
・会 場 :函館市・函館市民会館 小ホール
      (湯川町1丁目32番1号 0138-57-3111 アクセス) 
・入場料 :会員募集中。入会金300円、月会費700円
・お問合せ:函館映画鑑賞協会 TEL 0138-52-0193  続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

「反原発アート展」〜Sapporo No Nuke Artists展〜@札幌

 札幌の反原発の志を持つアーティスト有志が呼びかけて、2013年1月〜6月まで毎月1週間の展覧会を開催する「反原発アート展」を開く。絵、写真、彫刻、映像、などジャンルにこだわることなく、北海道内外のアーティストの有志の作品を集め、毎月札幌市内のギャラリーで展開、反原発についてアートを通じて考える。今回は企画第一弾。詳細は公式HPで。
【出展】(予定)130121NoNukeArt
  藤田 倫寿、アキタ ヒデキ、歌代 隼人 、Kemmy(ケミー)、
  SLANG(スラング)、関谷 修平、dEm(デム)、Nikki Nairns、
  マシオン 恵美香、MISAKI、LARGE IRON、脇出 一絵 
・日 時 :2013年1月21日(月)〜27日(日)
・時 間 :平 日 12:00〜21:00
      土日祝 10:00〜19:00
・会 場 :札幌市・OYOYO(オヨヨ) - 大通まち×アートセンター
      (中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル6階 )
・入場料 :無料
・主 催 :sapporo no nuke artists(主催:藤田 倫寿)
・お問合せ:end.all.fin[あっと]gmail.com  続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

「白い森 黒い森」展 〜ザワザワする、ドキドキする〜美術館が森になる〜@滝川市

 この冬、滝川市美術自然史館がアートの森になる。札幌の絵師杉吉 貢さんの描いた墨絵の森を巡り、楽しくて、ちょっと怖い不思議な体験を出来るかも。会期中は、ダンスや音楽などパフォーマンス多数。121215shirokuro詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2012年12月15日(土)~2013年1月27日(日)
・休館日 :月曜(12/24、1/4を除く)、12月25日(火)、1月15日(火)、
      年末年始(12月31日〜1月5日)
・時 間 :10:00~17:00(入場は16:30まで)
・会 場 :滝川市美術自然史館(滝川市新町2丁目5-30)
・入館料 :無料
・主催・お問合せ:滝川市美術自然史館 TEL 0125-23-0502 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

さっぽろ雪像彫刻展2013@札幌

 〜 刻々と表情を変えゆく銀世界 〜
 北国ならではの雪の美しさを、木工や彫刻など様々なジャンルで活躍する造形作家と、これからアートの世界へ歩み始める学生が雪像彫刻を通して表現する8日間だけの雪像彫刻展。今年で4年目の開催。詳細は会場の本郷新記念札幌彫刻美術館HPの案内欄で。
【制作者】 130120yukichoukokuO
  清水宏晃、ダム・ダン・ライ、桂充子、佐藤一明、千葉有造、
  児玉陽美、北海道芸術デザイン専門学校、
  北海道札幌平岸高校
・会 期 :2013年1月20日(日)〜27日(日)
・休館日 :2012年1月21日(月)
・時 間 :10:00〜17:30
・会 場 :札幌市・本郷新記念札幌彫刻美術館 本館前庭
      (中央区宮の森4条12丁目 地図 TEL 011-642-5709)
・観覧料 :無料
・主 催 :札幌雪像彫刻実行委員会、
      本郷新記念札幌彫刻美術館(札幌市芸術文化財団) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

企画展「小樽・南極物語」@小樽市

 今年(平成24年)は、白瀬 矗(しらせ・のぶ 1861〜1946年)が日本人で初めて南極大陸に達して100年目に当たるのを記念した企画展。岡田三郎が小説に描いた明治期の優れた探検家の波乱に満ちた生涯を追いながら、小樽と関わる意外な友情の物語を紹介する。詳細は会場HPの案内欄などで。
・会 期 :2012年12月1日(土)〜2013年1月27日(日)
・休館日 :月曜と祝日の翌日
・時 間 :9:30~17:00(入館は16:30まで)
・会 場 :小樽市・市立小樽文学館(色内1丁目9番5号 市分庁舎 地図
・入場料 :一般500円、高校・市内在住70歳以上200円、中学以下無料
・お問合せ:小樽文学館 TEL&FAX 0134-32-2388 
・参 考 :白瀬南極探検隊記念館 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

企画展「違星北斗と口語短歌」@小樽市

 違星北斗(いぼしほくと:1901−1929年)の生涯と仕事を紹介する企画展。北斗は、余市町生まれ。小学校卒業後、家業(漁業)の手伝いや様々な仕事に従事するかたわら、アイヌ青年の修養団体の結成、勉強会、機関誌の発行など意識向上のための活動、俳句などの文芸活動を始めます。1925年に上京し、公設市場を経営する協会に勤務しながら金田一京助など学者・文化人との交流を通じて多くの知識と経験を得ます。
 帰道後、バチラー八重子(キリスト教伝道者・歌人)らを知り短歌を始め、余市に戻って同人誌『コタン』を発行、1927年には小樽新聞の記者で北海道を代表する口語歌人の並木凡平に認められて短歌・随筆・研究が掲載されたほか、凡平が中心となった口語短歌誌『新短歌時代』にも多くの作品が掲載されました。
 その後、病に苦しみながら啓蒙活動と作家活動を続けるも満27歳の若さで亡くなりましたが、没後には遺稿集『コタン』が刊行されました。
 本展では、北海道を代表する歌人のひとりである違星北斗の生涯を振り返りながら、北斗のおもな表現活動の場となった小樽を中心とする口語短歌運動の意義を見直します。(会場HPの案内欄より)。121110iseihokuto
・会 期 :2012年11月10日(土)〜2013年1月27日(日)
・休館日 :休館日:月曜日および11月27日、12月25・26・29〜31日、
      1月1〜3・15・16日
・時 間 :9:30~17:00(入館は16:30まで)
・会 場 :小樽市・市立小樽文学館(色内1丁目9番5号 市分庁舎 地図
・入場料 :一般300円、高校・市内在住70歳以上150円、中学以下無料
・お問合せ:小樽文学館 TEL&FAX 0134-32-2388 
・協 力 :違星北斗研究会 違星北斗.com 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 

「動物世界」@富良野市

 動物をモチーフにした作品を約50点展示。2012年度に富良野市生涯学習センターで開催されたワークショップ「アートを楽しもう」で制作された作品や、富良野市在住の画家、盛本学史氏の作品を中心に、絵画や立体など多彩な手法の作品が揃う。モチーフとなった富良野市博物館の展示物も一緒に展示し、アートギャラリーを「動物世界」に変貌させる。アートと博物館の121117doubustusekaiコラボレーション企画第1弾。
・会 期 :2012年11月17日(土)〜2013年1月27日(日)
・休館日 :毎週月曜
・時 間 :両日とも10:00~17:00
・会 場 :富良野市生涯学習センター
・入場無料
・お問合せ:同実行委員会事務局 TEL 0167-42-2407
      (富良野市生涯学習センター内) 続きを読む

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2013年01月26日

一緒に考えましょう講座2012年 講演会「原発訴訟のゆくえ」@札幌

 北海道大学スラブ研究センター家田研究室では、3.11の原発事故をテーマに「一緒に考えましょう講座」を開催している。第13回は、井戸謙一氏(弁護士、元裁判官)を講師に迎え、「原発訴訟のゆくえ」と題して講演会を開く。詳細は主催者HPの案内欄で。
・日 時 :2013年1月26日(月) 14:00〜17:00 
・会 場 :札幌・北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 W103
      (駐車場なし。公共の交通機関で)
・入場料 :無料。事前予約不要。当日直接会場へ
・主 催 :北海道大学スラブ研究センター家田研究室
・共 催 :北海道の自然と命のネットワーク、シャット泊
・お問合せ:090−2813−4907 ieda[あっと]slav.hokudai.ac.jp 

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

講演会『女性と貧困―路上の視点から』@札幌

 北海道の労働と福祉を考える会では、「独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業」として、丸山里美さん(立命館大学産業社会学部准教授。を講師に招き『女性と貧困―路上の視点から』と題した講演会を開く。丸山さんは、学生時代に大阪・釜ヶ崎で野宿者支援に関わり、現在は女性ホームレスについての実証研究を行っている。開催の詳細は、同センターHPの案内欄で。130126joseitohinkon
・講 師 :丸山里美さん 立命館大学
・日 時 :2013年1月26日(土) 17:00〜19:00
・会 場 :札幌・北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟 3階 W309)
      (北区北9西7 駐車場なし。公共の交通機関で)
・入場料 :無料、申し込み不要
・主 催 :北海道の労働と福祉を考える会 
・お問合せ:TEL 090-7515−8393 
・参 考 :丸山里美氏コラム「ロンドン便り」(2) 2009年12月
      新自由主義下の都市居住──イギリスのスクウォット運動続きを読む

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

第67回サイエンス・カフェ札幌「体温、アガレ!〜スポーツ科学から見る駅伝〜」@札幌

 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(HP)(略称CoSTEP)が実施しているサイエンス・カフェは、飲み物を片手に気軽に科学の話を楽しむ参加型イベント。今回は、自らも陸上競技部のコーチを務めるアスリートであり、運動生理学の専門家の瀧澤 一騎(たきざわ・かずき)さんを招き、体温について共に考える。詳細は主催のCOSTEPのHP内の案内欄で。
・表 題 :体温、アガレ! 〜スポーツ科学から見る駅伝〜 130126Science67
・ゲスト :瀧澤 一騎(たきざわ・かずき)さん
     (北海道大学高等教育推進機構准教授)
・日 時 :2013年1月26日(土) 16:30〜18:00(開場16:00)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1階インナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・参 加 :参加無料、定員は約100人。
      申込不要、当日直接会場へ。飲物は各自会場内ショップで購入を
・お問合せ:TEL&FAX 011-706-5320  
・主 催 :北海道大学CoSTEP 続きを読む

bluebook at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

ミュージアムシアター「 ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」@帯広市

 北海道立帯広美術館がおくる『ミュージアム・シアター』企画で、アムステルダム国立美術館の増改築改築工事を巡るドラマティックな大騒動を追ったドキュメンタリー映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」を上映。展示室では見ることのできない美術館の舞台裏と、夢と涙と笑いと本音の人間模様が詰まったドキュメンタリー。改築工事にまつわる大騒動という、美術館に関わる人々によって繰り広げられるドラマティックな出来事の数々。美術館スタッフから市民まで、異なる立場から語られる本音のぶつかり合いと、一癖も二癖も101230amsありながら人間的な魅力に溢れる彼らの素顔が、包み隠さずカメラに収められている。(ユーロスペースHPの作品案内欄より)。オランダ/2008年/オランダ語・英語・スペイン語/120分。ウケ・ホーヘンダイク監督。詳細は会場HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年1月26日(土)、27日(日) 15:00開演
・会 場 :帯広市・北海道立帯広美術館(緑ヶ丘2番地緑ヶ丘公園 地図) 講堂
・入場料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 0155-22-6963 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | 美術

『アンモナイトのささやきを聞いた』上映会@札幌

 札幌のモエレ沼公園では、同園内のガラスのピラミッド10周年記念展 佐々木秀明「Droplets garden」記事)の関連事業として、佐々木さんが美術監督をつとめた映画『アンモナイトのささやきを聞いた』(1992年/ 監督 山田勇男/ 美術監督 佐々木秀明/ 上映時間70分)を上映。宮沢賢治と妹トシの関係をモチーフにした幻想の世界。山田勇男の脚本・監督による初35ミリ作品で、撮影は麻生知宏、音楽はサイモン・ターナーが担当。130126anmonaitoサエキけんぞう/石丸ひろ子/藤田哲也ほか出演。作品の詳細は製作のユーロ・スペースHPの案内欄で。上映の詳細は、会場HPの特設欄で。
・日 時 :2013年1月26日(土) 14:00開演
・会 場 :札幌・モエレ沼公園(地図) ガラスのピラミッド 1F SPACE1 
・入場料 :無料、定員80名まで
・主 催 :公益財団法人朝日新聞文化財団
・お問合せ:モエレ沼公園 TEL 011-790-1231

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | 美術

「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」上映@室蘭市

 「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」を上映。ローザンヌ国際バレエコンクール同様、世界的に著名なバレエコンクールの一つ「ユース・アメリカ・グランプリ」入賞を目指す子どもたちを追ったドキュメンタリー。プロのバレエダンサーを夢見る9〜19歳の少年少女が毎年5,000人以上も殺到、そのうち各地での予選を勝ち抜いた200〜300人が、ニューヨークの最終選考に進む。出身やバックグラウンドは異なるものの、プロを目指し日々血のにじむような努力を惜しまない6人のダンサーたちの驚異の日常を映し出す。2011年、米、94分。監督・製作・編集: ベス・カーグマン。製作総指揮: ローズ・カイオラ 。121222FirstPosition出演/アラン・ベル、ミケーラ・デ・プリンスほか。上映の詳細は会場HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年1月26日(土) 13:00 
・会 場 :室蘭市市民会館(蘭市輪西町2-5-1)ホール
・入場料 :大人前売り 1,300円(当日1,600円)
      シニア(60歳以上)前売1,000円(当日1,200円)
・主 催 :バレエ映画を観る会
・お問合せ:堀岡 TEL 090-9750-0620 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

第14回伽井丹彌創作人形教室展@帯広市

 帯広市を拠点に活躍する人形作家、伽井 丹彌(かい・あけみ)さんの人形教室の生徒たちの作品展。130105kaiClass作家6人が球体関節人形を展示。詳細は、会場HPの案内欄などで。
・会 期 :2013年1月5日(土)〜26日(土)
・休廊日 :火曜日定休(*1/8、15、22)
・時 間 :11:00〜20:00 
・会 場 :帯広市・フローモーションギャラリー
      (西5条南13丁目11番地 0155-21-5506)
・入場料 :無料
・お問合せ:フローモーション TEL 0155-21-5506  

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

映画「バレエに生きる〜パリ・オペラ座のふたり〜」上映会@室蘭市

 世界最高峰のバレエ団パリ・オペラ座の振付師として60年以上も活躍しているピエール・ラコットと、彼の妻で元エトワールのギレーヌ・テスマーの半生を追ったドキュメンタリー「バレエに生きる〜パリ・オペラ座のふたり〜」が札幌で劇場公開される。“バレエ愛の伝道師”ともいえる2人のバレエ人生とともに、これまで語られることがなかったバレエ史の一片とパリ・オペラ座の歩みをひもといていく。121124ballet監督/マレーネ・イヨネスコ。出演/ピエール・ラコット、ギレーヌ・テスマー。2011年、フランス、95分。上映の詳細は会場HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年1月26日(土) 11:00 
・会 場 :室蘭市市民会館(蘭市輪西町2-5-1)ホール
・入場料 :大人前売り 1,300円(当日1,600円)
      シニア(60歳以上)前売1,000円(当日1,200円)
・主 催 :バレエ映画を観る会
・お問合せ:堀岡 TEL 090-9750-0620 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

映画「降りてゆく生き方」上映 in 旭川市@旭川市

 武田鉄也主演で制作された映画「降りてゆく生き方」を上映。映画は、突然社会や家族から見捨てられた団塊世代のヤリ手営業マンが、格差社会と格闘しながら地方都市再生に取り組む人々との出会いを通して、自らの人生と日本が抱える問題に真っ正面から向き合っていく物語。倉貫健二郎監督、出演は武田鉄矢、渡辺裕之ほか。上映の詳細は、映画公式HPの上映案内欄で確認を。(右チラシは別会場での上映のもの)110220oriteiku
・日 時 :2013年1月26日(土) 開場各30分前
      10:30、 14:30、 18:30
・会 場 :旭川市勤労者福祉総合センター・サンアザレア
      (6条通4丁目 TEL 0166-23-5577))
・入場料 :全席自由、未就学児は無料
  【前売】(一般)1,500円/(小中高生)1,000円
  【当日】(一般)2,000円/(小中高生)1,500円 
・主 催 :映画「降りてゆく生き方」友の会
      TEL 080-5339-9900(タケムラ)、sap2013[あっと]nippon-p.org 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

異文化理解セミナー特別編〜映画「セヴァンの地球のなおし方」上映会〜@函館市

 「どうやってなおすかわからないものを、壊し続けるのはもうやめてください」。1992年の地球サミットで、大人達に環境破壊を止めるように訴え、世界中の人の心を動かした12歳の少女セヴァン・スズキ。その伝説のスピーチから、今年で20 年。もうすぐ母親となるセヴァンは大切なのは生活の質と健康、そして子供。だから私は自己中心的に、自分たちをどう救うかをえていきたい」と、未来の子どもたちのために発言を続けている。セヴァンが今、世界に伝えたいこと、そして彼女の声に呼応するかのように、日本とフランスで傷ついた地球と向き合い続ける人々の姿を追ったキュメンタリー「セヴァンの地球のなおし方」を上映。JICA函館デスク、異文化理解セミナー特別編として開催。会場では、JICAや全国地球温暖化防止生活推進センター(JCCCA)の環境パネル展も同時開催。詳細は(財)北海道国際交流センターHPの案内欄で。130126sevan
・日 時 :2013年1月26日(土) 10:00、16:00(開場各30分前) 
・会 場 :函館市・国際交流プラザ(北海道国際交流センター)(元町14-1 4F)
・入場料 :無料 
・定 員 :各50名程度(定員になり次第〆切)
・参加費 :無料
・予約・お問合せ・主催:JICA函館デスク
  〒040-0054 函館市元町14-1 HIF内
   Tel:0138-22-0770 Fax:0138-22-0660 
   jicadpd-desk-hakodateshi[あっと]jica.go.jp 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | その他

2013年01月25日

■「狸小路二丁目シアター」オープン@札幌

 北海道の映像・音楽・演劇文化などジャンルを問わず自由に使える小さな映画館「狸小路二丁目シアター」が、札幌市中央区の狸小路2丁目に誕生する。2012年5月に閉館した狸小路2丁目の旧マリオンシアター(参考記事)を改装し、自主映画上映やミニコンサート、企業のプレゼンなど、多目的な利用が可能。2013年1月25日にはこけら落としとなるイベントが開催される。貸館業務を中心に運営していく。「大スクリーンと大スピーカーを設置した、36名収容のミニシアター(9m×7m×高さ3m)だ。理解あるビルオーナーが、クリエーターのためになるのならと映画館の使用を快諾したという」(北海道ファンマガジンの紹介記事より)。札幌の若手映像作家・写真家など4名が非営利団体の狸小路2丁目運営委員会(事務局長 杉山りょう)を設立し、ボランティアで運営にあたる。杮落しでは、世界のショートムービーや、札幌在住監督ショートムービーの上映やゲストを迎えたトークイベントを開催。詳細は同劇場HPのプレスリリース(PDF)で。130125tanuki02
・日 時 :2013年1月25日(金) 19:00開演、19:30〜21:30
  運営委員会よりご挨拶
  札幌国際短編映画祭presents 世界のショートムービー上映 
  札幌在住監督 杉山りょう ショートムービー上映
  札幌在住アーティストによるミニライブ※アーティスト未定
  トークゲスト 久保俊哉(札幌国際短編映画祭プロデューサー
  各演目を通じ、シアター使用の可能性についてプレゼン
・会 場 :札幌市・狸小路2丁目シアター
      (中央区南3条西2丁目狸小路2丁目内 リバティービル4階)
・入場料 :無料、出入り自由。
・お問合せ:狸小路2丁目シアター運営事務局
      札幌市西区山の手1条6丁目2-15 (株)三興メディアコミュニティ内
      TEL 011-215-4880、FAX 011−215−4303
・狸小路二丁目シアターHP http://theater-tanuki2.net/
・参 考 :北海道ファンマガジンの紹介記事(2013/01/16) 続きを読む

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) ホール・施設 | 映画

第31回SAPPORO ART LABO 田中 綾(評論家)「現代短歌の世界」@札幌

 2010年春から始まった文化塾「サッポロ ART LABO(略称:SALA)」が2012年度も始動。札幌の美術評論家、柴橋伴夫氏が代表をつとめる民間団体で、多様化する文化を横断しながら、未来に向けて文化創造を担う人たちを「束ねる」場づくりを目指す。今年は全10回のレクチャーを企画。毎月最終金曜日の19:00より多彩なゲストを招き「アートの今日性、未来性」を学ぶ。第31回は、評論家の田中 綾さんを講師に「現代短歌の世界」をテーマにお話しいただく。講座の詳細は、会場のト・オン・カフェHPの案内欄で。110429sala2011
・講 師 :田中 綾(評論家)
・テーマ :現代短歌の世界
・日 時 :2013年1月25日(金) 19:00~20:30
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
・定 員 :各回30名程度、要事前申込 
・受講料 :一般1,000円、学生500円(共に1ドリンク付)
      学生は学生証の提示が必要
      ※年会費(年10回分前納) 大人:10,000円、学生:5,000円 
・お申込み:同店 TEL 011-299-6380 toovcafe[あっと]nifty.com 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 | 文学

「ハーブ&ドロシー~アートの森の小さな巨人~」(前作)上映会@札幌

 NYの郵便局員のハーブと図書館員のドロシーのヴォーゲル夫妻は、給料の中からアートを買い、質量ともに圧倒的なコレクションを築きあげた。アートを愛しアートと暮らす2人の姿を描くドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー~アートの森の小さな巨人~」を上映。夫妻が購入作品を選ぶ基準は2つ。①自分達のお給料で買える値段であること。②1LDKのアパートに収まるサイズであること。30年の歳月でコツコツ買い集めた作品は、いつしか20世紀のアート史に名を残す作家の名作揃いとなった。そんな夫妻の元へアメリカ国立美術館から寄贈の依頼がやってくる。この現代のおとぎ話に衝撃を受けた佐々木芽生監督(札幌生まれ)は、2人を追ううち、これは「現代アートについての映画ではなく、豊な人生を考える映画になる」と確信した。NYで17週間のロングランを記録。2008年、米、87分。
 佐々木監督は現在、続編映画ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』の日本上映に向け、クラウドファンディングという新しい手法を用いて製作・プロモーション資金調達を行っている。ハーブ&ドロシー応援事務局では、一人でも多くの方に映画を見て欲しいとの想いから「ハーブ&ドロシー応援基金」を募り、佐々木監督を応援している。110402HERBDOROTHY上映の詳細は同基金HPのイベントスケジュール欄で。
・日 時 :2013年1月25日(金) 18:30〜20:00
・会 場 :札幌エルプラザ(北区北8条西3丁目)4階研修室2
・定 員 :24名まで
・入場料 :大人500円、子ども無料 (ソフトドリンク・お菓子付き)
      施設利用料等を除いた残金は応援基金の資金協力に充当
・お申込み: Eメールで、参加人数の連絡を
      宛先 ハーブ&ドロシー応援事務局ヘルプデスク
      assist-hd50x50[あっと]freeml.com 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

サロントーク「なぜ、アートが都市をゆたかにするか。」 第1回「アーティストが創り出すクリエイティブシティ・ヨコハマ」@札幌

 札幌市では、札幌の文化芸術活動全体を支え育て、一層推進するための拠点となる「(仮称)アートセンター」(中央区北1西1に建設予定の市民交流複合施設内に設置)を検討中。その一環として、全3回にわたり、様々な事業形態で運営される他都市の類似機関の代表者を講師に招き、全3回のシリーズで「社会とアートとの関わり」についてお話を伺う。また、札幌市において文化芸術振興に係わる方々を交え、札幌にどのようなアートセンターが必要かを参加者のみなさまとともに語り合う予定。第1回目は、ヨコハマBankART1929代表池田修氏、アーツコミッション・ヨコハマ池尻美紀さんをお迎えして「アーティストが創り出すクリエイティブシティ・ヨコハマ」のテーマでお話を伺う。コーディネーターは伏島信治さん。「アートセンターってなに」「なにをするところ」「誰が運営しているの」ほか都市での取り組みを参考に、札幌がめざ機能・役割を話し合う。詳細は札幌市HPの案内欄で。
【第1回】 130125nazeart
・講 師 :池田修氏(ヨコハマBankART1929代表)
      池尻美紀さん(アーツコミッション・ヨコハマ職員)
・コーディネーター:伏島信治氏(伏島プランニングオフィス代表)
・テーマ :アーティストが創り出すクリエイティブシティ・ヨコハマ
・日 時 :2013年1月25日(金) 18:30〜20:30
・会 場 :札幌市・教育大学サテライト教室 教室2
      (中央区北5条西5丁目sapporo55ビル 紀伊国屋書店4F)
・参加方法:必要事項を書き次の宛先まで電話またはメールで申込を
      各回とも50名程度の定員(先着順)。
・応募締切:第1回=2013年1月23日(水)
・お問合せ:札幌市観光文化局文化部市民文化課 TEL 011-211-2261 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

「もういいかい〜ハンセン病と三つの法律〜」上映@札幌

 ハンセン病問題の真実を多くの証言に基づいて追った記録映画「もういいかい〜ハンセン病と三つの法律〜」が上映される。ハンセン病については、国民の多くが病名として認識しつつも、患者・家族の実態、経緯、問題点について十分な理解が得られないまま、偏見や差別が現存し続けている。この映画は、三つの法律をもとに展開された絶対隔離政策によって、療養所で何が行われ、入所者が、130125mouiikaioどのような生活を送っていたのか、その仕組みと実態を検証し百年にわたるハンセン病の歴史を描く。2012年、日本、143分、高橋一郎監督。詳細は映画公式HPの案内欄で。
・日 時 :2013年1月25日(金) 13:30、 18:00
・会 場 :札幌市・札幌弁護士会館(中央区北1条西10丁目)
・入場料 :無料 
・主 催 :札幌弁護士会
・お問合せ:秀嶋法律事務所 TEL 011-271-8887 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

500m美術館vol.5 Nadegata Instant Party「The Wall Street Diary」@札幌

 アート作品を通年で設置し、市民が国内外の芸術文化に触れる機会を増やすとともに、札幌で活躍するアーティストを発信していく主旨で設立された札幌大通地下ギャラリー 500m美術館の企画展示第5弾。国内外で数多くのアートプロジェクトを推進しているアートユニット、ナデガタインスタントパーティー(Nadegata Instant Party)のソロプロジェクト「Wall Street Diary」を開催。ナデガタのメンバー(全3名)が、札幌・北海道をリサーチしながら約3週間のアーティスト・イン・レジデンス(滞在制作プログラム)を実施。札幌市内のギャラリーCAI02を制作スタジオにしてワークショップ・スタッフとともに作品(日記)を制作し、搬入展示を3日に1度行い(主に月曜日、木曜日)、バスセンター側から大通方向へと次々に作品を展開していく。最初は何もない500m美術館の壁が、時間と共に変化・成長していく過程(プロセス)が見える制作展示。約3週間という長い時間をかけて500m美術館の壁が徐々に作られていくプロセスを市民が見守りながら、12月1日(土)からの展覧会「 Wall Street Diary」を迎えるもの。詳細は同美術館HPの案内欄で。121110nadegata
・会 期 :2012年12月1日(土)〜2013年1月25日(金)  無休
・時 間 :7:00〜22:00
・会 場 :札幌市・ 札幌大通地下ギャラリー 500m美術館
      (大通西1丁目〜西3丁目)
      市営地下鉄東西線コンコース(「大通駅」と「バスセンター前駅」の間 )
・観覧料 :無料。通行しながら自由に観覧を
・お問合せ:札幌市役所市民文化課 TEL 011-211-2261 続きを読む

bluebook at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

ミシェル・ペトルチアーニのドキュメンタリー「情熱のピアニズム」劇場公開@札幌

 36歳で夭折した天才ジャズピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニ(Michel Petrucciani、1962〜1999年)の生涯を親しかった人々の証言で紡ぐドキュメンタリー「情熱のピアニズム」が札幌で劇場公開される。神業のようなピアノの腕と型破りな生き方で周りの人々や多くの女性を魅了した非凡な男の素顔に迫る。マイケル・ラドフォード監督。出演:ミシェル・ペトルチアーニ、チャールス・ロイド、アルド・ロマーノ、リー・コニッツほか。130105pianism2011年、仏独伊、103分。上映の詳細は劇場HPの案内欄などで。
・会 期 :2013年1月5日(土)〜25日(金) 
・時 間 :11:25、19:05(1/5〜1/11、1/11△覆掘
      11:30、20:35(1/12〜1/18)
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :一般 前売1,500円(当日1,800円)
      学生1,400円、シニア&高校以下1,000円
      劇場で前売購入の方に特製クリアファイル贈呈(先着順)
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | 音楽

「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」劇場公開@札幌

 「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」が札幌で劇場公開される。ローザンヌ国際バレエコンクール同様、世界的に著名なバレエコンクールの一つ「ユース・アメリカ・グランプリ」入賞を目指す子どもたちを追ったドキュメンタリー。プロのバレエダンサーを夢見る9〜19歳の少年少女が毎年5,000人以上も殺到、そのうち各地での予選を勝ち抜いた200〜300人が、ニューヨークの最終選考に進む。出身やバックグラウンドは異なるものの、プロを目指し日々血のにじむような努力を惜しまない6人のダンサーたちの驚異の日常を映し出す。2011年、米、94分。監督・製作・編集: ベス・カーグマン。製作総指揮: ローズ・カイオラ 。121222FirstPosition出演/アラン・ベル、ミケーラ・デ・プリンスほか。上映の詳細は劇場HPの案内欄などで。
・会 期 :2012年12月22日(土)〜2013年1月25日(金) 
・時 間 :劇場HPの案内欄で確認を
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :一般 前売1,400円(当日1,800円)
      学生1,400円、シニア&高校以下1,000円
      劇場窓口で前売購入者には卓上カレンダー贈呈(先着限定)
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2013年01月24日

さっぽろの都心まちづくりを考える連続フォーラム 「公共空間とアート・デザイン」第3回「パブリックでのアートの現在地」@札幌

さっぽろの都心まちづくりを考える連続フォーラム「公共空間とアート・デザイン」の第3回目は、札幌の地下ギャラリー「500m美術館」で「The Wall Street Diary」を展示中(2012年12月1日〜2013年1月22日)の3人組のアーティストユニット、ナデガタ インスタント パーティー(アーティストユニット)を迎え、「パブリックでのアートの現在地」をテーマにお話を伺う。詳細は主催者HPの案内欄などで。130124publicart
・スピーカー :Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)
・モデレーター:S-AIR(柴田尚、高橋喜代史)
・日 時 :2013年1月24日(木) 19:00〜21:00
・会 場 :札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)北3条交差点広場(西)
・入 場 :無料
・主 催 :札幌駅前通まちづくり株式会社
      TEL 011-211-6406、FAX 011-211-6408 
・お問合せ:500m美術館企画委員会事務局(NPO法人S-AIR
      TEL 011-820-6056  続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | その他

2013年01月23日

「30年後の北海道の生活と住まい」講演会@札幌

 日本建築学会北海道支部では、2011年より北海道の住宅居住水準検討委員会を設置し、21世紀の北海道の社会情勢を踏まえ、これからの北海道に相応しい新たな住様式・住宅像についての検討を重ねてきた。一方、東日本大震災以降、私たちの環境や社会に対する考え方、ライフスタイルへの価値観は大きく変わりつつある。今回は、これまでの住宅性能の向上を中心とした技術開発の成果を生かしながらも、自然とともに持続できる次世代の北海道の生活文化を実現する為の想像的・創造的な知見を深めていく試み。金子勇北海道大学教授による130123sumai講演「30年後の北海道とコミュニティ」ほか討論を予定。詳細は会場HPの案内欄右チラシ(PDF)で。
・日 時 :2013年1月23日(水) 18:00〜20:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :入場無料。申込不要・当日直接会場へ。
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00) 

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2013年01月21日

札幌大谷大学芸術学部「奏でる映像・描く音楽」@札幌

 〜2012年度 札幌大谷大学 美術学科×音楽学科 共同制作演習成果発表会〜
 札幌大谷大学芸術学部では、音楽学科と美術学科が共同して行うという、全国でも類を見ない科目がある。その成果として「奏でる映像・描く音楽」の上映会を開く。詳細は公式HPや同大HPの案内欄で確認を。130121kanaderueizou
・日 時 :2013年1月21日(月) 開場18:30 開演19:00   
・会 場 :札幌・札幌大谷大学 大谷記念ホール
   (東区北16条東9丁目1-1 TEL 011-742-1839)  
      (来場者の駐車スペースなし。公共交通機関で来場を)
・入場料 :無料 
・お問合せ:札幌大谷大学芸術学部美術学科 011-742-1839(直通)
      札幌大谷大学芸術学部音楽学科 011-742-1515(直通)
      (平日9:00〜18:00  土日祝日休み) 

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | 音楽

「DX(ディスレクシア)な日々 美んちゃんの場合」上映会@室蘭市

 読み書きが困難になる障害、DX(ディスレクシア)に悩みながらも、明るく前向きに生きる女性の姿を描いたドキュメンタリー映画「DX(ディスレクシア)な日々 美んちゃんの場合」を上映。映画の主人公は「美(び)んちゃん」とあだ名される砂長宏子さん。外見や知覚、聴覚には問題がないため周囲が障害を認識しずらく、発達障害そのものが一般的に知られる以前に子ども時代を送った美んさんは、周囲からバカにされ、勤め先もすぐにクビになるなど偏見や無理解に苦しみながら生きてきた。英国留学中の20代半ばで自身の障害を知った。障害で書類や報告書を作るのが苦手。周囲からの理解がなかなか得られず何度も失業を繰り返しながらも、笑顔で前向きに生きようとする姿が描かれる。121201DXnahibi2011年、日本、81分。製作 イメージ・テン。企画・演出・撮影・編集:谷光 章。詳細はむしゃなびHPの案内欄などで。
・日 時 :2013年1月21日(月) 18:30
・会 場 :室蘭市・室蘭工業大学(水元町 27-1) N401教室
      N棟は正門の真正面の建物。4階までエレベータで。
・参加対象:学外、一般の方もOK、気軽に参加を
・入場料 :無料 
・主 催 :室蘭工業大学「発達障害の映画を観る会」 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

好きです。さっぽろ(個人的に。)トークイベント@札幌

 2012年11月26日から実施した「あなたの好きです、さっぽろ(個人的に。)な場所やシーンを募集」で応募いただいた情報をもとに、トークイベントを開催。道内外で活躍中の「その道のプロ」を招き、都市景観やまちの資源、札幌らしさ等について語っていただく。詳細は札幌市HPの案内欄で。
【プログラム】 130121kojinteki
・日 時 :2013年1月21日(月) 13:30〜17:30
 PART1 13:30〜14:30 「都市空間を読む」
  語り 小澤 丈夫(北海道大学大学院工学研究院准教授)
  聞き手 服部 亮太さん(Sapporo6h代表)
 PART2 15:00〜16:00 「地域資源を編集する」 
  語り 竹村 直也さん(Takemura Design& Planning代表)
  聞き手 堀 直人さん(NPO法人北海道冒険芸術出版代表理事
 PART3 16:30〜17:30 「まちの見方を変えてみる」
  語り 佐藤 真奈美さん(札幌オオドオリ大学ジオ部代表)
  聞き手 和田 哲さん(街歩き研究家)
・会 場 :札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)北3条交差点広場(西)
・参加料 :無料
・お問合せ:札幌市市民まちづくり局都市計画部地域計画課
      TEL 011-211-2545 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

ドキュメンタリー映画「がん・容子の選択」劇場公開@札幌

 末期がんの女性を見つめたドキュメンタリー『がん・容子の選択』が札幌で劇場公開される。40代で発症した乳がん。治らない転移性乳がんとわかった渡辺容子さん(東京杉並区) は、体にダメージを与える手術や抗がん剤治療を極力避け、慶 応病院・近藤誠医師のもとで緩和治療を受ける道を選んだ。近藤さんは「患者よ、がんと闘うな」の著書を出し、医療界のタブーに挑戦している医師だ。「寿命 が尽きるまで悔いなく楽しく生きたい!」その言葉通りに容子さんは生きた。この作品は、容子さんが58 歳で亡くなるまでの2年間の記録。130108ganyouko取材・構成:松原明/佐々木有美、2012年、日本、102分。
・会 期 :2013年1月8日(火)〜21日(月)
・時 間 :10:45、16:35(1/8〜1/14)
・会 場 :札幌・蠍座(北区北9西3タカノビルB1 地図
      JR札幌駅北口から北へ徒歩3分
・入場料 :一般900円、中高大生とシニア800円
・お問合せ:蠍座 TEL 011-758-0501 
・参 考 : 「北海道MovieWalker」HPの「蠍座」案内欄 続きを読む

bluebook at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

栗田正樹個展「わ・ワ・和・環・話・我・輪・倭・吾・琶・・・」@札幌

 札幌のCGデザイナーにして建築家の栗田正樹さん((有)ソノーク代表)が、お正月からの個展を開く。栗田さんは、HBCのキャラクター「もんすけ」の生みの親でもあり、北海道カラーユニバーサルデザイン機構でも精力的に活躍している。今回は、墨の絵、カラフルな12星座の絵などを飾る。「特に墨の絵はたくさん用意して壁一面を覆い尽くそうと思っています」とのこと。130105kurita詳細は作家ブログの案内欄で。
・会 期 :2013年1月5日(土)〜21日(月) 
・時 間 :10:00〜18:00(最終日は17:00まで) 火曜定休
・会 場 :札幌市・茶廊 法邑 地図
      (東区本町1条1丁目8-27 
      地下鉄東豊線「環状通東駅」下車徒歩7分)
・お問合せ:同ギャラリー TEL&FAX 011-785-3607 
※ 1/12(土)・19(土)、作家ギャラリートーク(1時間程度) 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2013年01月20日

★OYOYO企画展 「〜史」@札幌

 アート×まちをテーマにゆる〜く集まりながら、都心部のスペースを運営しているOYOYO(オヨヨ)では、年に数回自主企画を開催。5周年を迎えた今年は「歴史」をテーマに企画展を行う。「札幌のマチの歴史からOYOYO部員各自の歴史、忘れられないアニメの最終回や、人生の記念日、鉄道オタクには忘れられない歴史日など、それぞれの歴史を「〜史」として、会場全体を使ってアート展として織り上げます。来場者の方にも、自分だけの「〜史」を持ち寄って、参加していただく予定。個人史、好きな漫画史でも、原発史でもかまいません。大小関わらずあなたが展示(パフォーマンスも可)したい「〜史」を持ち寄ってください」とのこと。ゲストや部員が作品を展示するほか、一般からの出展も募集(有料)。詳細はFACE BOOKの特設欄などで。130115oyoyorekishi
・会 期 :2013年1月15日(火)〜1月20日(日)
・時 間 :平日 18:00〜22:00(予定)
      土日 12:00〜22:00(予定)
・会 場 :札幌市・OYOYO(オヨヨ)
      (中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 6階 地図
      東急ハンズの西2軒隣のビル
・入場料 :無料
・主 催 :OYOYO 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 | その他

JCDNダンス作品クリエイション&全国巡回プロジェクト「踊りに行くぜ!!」セカンド vol.3@札幌

 ダンスの新作制作から上演までを降るサポートするプロジェクト「踊りに行くぜ!!」の札幌公演。作・演出家、作品に対して必要な構成メンバーを編成し作品制作を行うダンスプロダクション・サポートプログラム、振付家・演出家が滞在して地元で募った出演者と新作を制作するリージョナルダンス・クリエイションプログラム、再演作品、地元作品の4種類を上演。詳細は会場HPの案内欄で。
【出演作品】 130120dance
「House the homeless」
  作・演出・美術:カミイケタクヤ(香川)
  振付・出演:加藤千明、渋谷陽菜
「Endless Steps Sapporo」
  作・演出・振付:山田勇気(東京) 振付協力:高原伸子
  出演:牛島有佳子、小川恵子、柴田詠子、東海林靖志、福村まり、
     堀川那奈子、明道紘子、森島拓
「MESSY」
  作・演出:菅原さちゑ
  振付・出演:田中夢、緒方祐香、菅原さちゑ
「13番目の月」
  作・演出:櫻井ひろ 監修(アドバイザー):木野彩子
  出演:石井かほ、和泉結香、植松亮、佐藤佳代、佐藤未菜、セリナ、
  津田いづみ、堀内まゆみ、堀内花音、宮脇誠、村田ひろ美、たかはしちひろ、ほか
・日 時 :2013年1月20日(日) 14:00、19:00
・会 場 :札幌・生活支援型文化施設 コンカリーニョ
      (西区八軒1条西1丁目 ザ・タワープレイス 1F 地図 TEL 011-615-4859)
・入場料 :一般 前売 2,500円(当日3,000円) 学生前売1,500円 当日2,000円
      メルマガ会員2,000円(要予約)
・主 催 :NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク
・共催・お問合せ:コンカリーニョ TEL 011-615-4859 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 演劇・ダンス 

発達障害ドキュメンタリー同時無料上映会@室蘭市

 今回の作品は、学習障害(LD)の中でも読字障害と呼ばれるディスレクシアをもつ女性が、困難さと共に暮らしていく決意を描き、社会の中での居場所を自分たちのペースで作り出していく人々の姿を追ったドキュメンタリー2作品を上映。上映後に希望者に残ってもらって感想会を開く。「関心をお持ちの方は、どうぞ参加ください」とのこと。詳細はむしゃなびHPの案内欄などで。
【上映作品】
  「DX(ディスレクシア)な日々 美んちゃんの場合」
  読み書きが困難になる障害、DX(ディスレクシア)>に悩みながらも、明るく前向きに生きる女性の姿を描いたドキュメンタリー 130120hattastusyougai
   2011年、日本、81分。企画・演出・撮影・編集:谷光 章。
   ※感想会:15:40〜17:00
 ◆「あした天気になる? 発達しょうがいのある人たちの生活記録」 
   宮崎信恵監督作品(2009年、日本、85分カラー)
・日 時 :2013年1月20日(日) 14:00、18:00
・会 場 :室蘭市市民会館(蘭市輪西町2-5-1)リハーサル室
・参加費 :無料。事前申込み不要 
・主 催 :室蘭工業大学「発達障害の映画を観る会」 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

DVDサロンコンサート〜天才が魅せる音楽の世界「ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路」@旭川市

 天才音楽家モーツァルトの4歳上の姉にスポットを当てた伝記ドラマ「ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路」を上映。自らも豊かな音楽の才能に恵まれながら、生涯注目されることのなかった女性の青春の光と影を映し出す。神童の弟とヨーロッパ各地を回り演奏会を続けるナンネルだったが、次第に弟の陰に追いやられていく。2010年、フランス、120分。監督・脚本・製作: ルネ・フェレ。130120nanel講師は岡理香子さん(北海道教育大学講師)。詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年1月20日(日) 13:30〜16:00 
・会 場 :旭川市・旭川市大雪クリスタルホール(神楽3-7)
・定 員 :50名
・入場料 :無料
・参加方法:電話で同ホールに申し込みを TEL 0166-69-2000続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | 音楽