2013年02月

2013年02月28日

中島敏文 『優しいひと』パステル・水彩画展@札幌

 札幌のイラストレーター・画家、中島敏文さん(イラストルーム・ナカジマ代表)の個展。「優しい陽差しの中で無心に遊ぶ子供や、木漏れ日の風景の中の女性、優しい雰囲気の花の静物などのパステル画と水彩画を25点を展示。二月の寒波の会期中、会場で優しい温かな気持ちに浸っていただければうれしく思います」とのこと。130222nakajima
・会 期 :2013年2月22日(金)〜28日(木)
・時 間 :10:00〜18:00 (最終日は15:00まで)
・会 場 :札幌市・NHKギャラリー
      (札幌市中央区大通西1-1)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-232-4001 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

エヴァンゲリオン展×札幌(会期延長)@札幌

 2007年からの新劇場版映画「エヴァンゲリオン」4部作の3部目となるシリーズ最新作で「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の公開に合わせ、「エヴァンゲリオン展×札幌」が開催される。会場では、アニメ放送時の番組企画書、シナリオ、絵コンテ、セル画などの資料やキャラクターの等身大フィギュア、ジオラマなど数百点の作品を展示するほか、グッズも販売。前売券を購入すると特製のクリアファイルが贈呈されるなどの特典あり。詳細は公式HPで。121117eva
・会 期 :2012年11月17日(土)〜2013年2月28日(木)
      当初予定の2月11日(月祝)より会期延長
・休館日 :12月31日(月)休館
・時 間 :10:00〜19:00
・会 場 :札幌市・サッポロファクトリー レンガ館 3F
     (中央区北2東4 地図 TEL 011-207-5000 )
・入場料 :前売1,000円(当日1,200円)、中高生900円(同1,000円)、
      小学生以下400円(同500円)。ローソンチケット(Lコード13018)
・主 催 :株式会社 メディア・マジック 
・お問合せ:同社 TEL 011-621-3900(平日11:00〜18:00) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | 美術

JRタワー10周年記念 第7回JRタワー映画祭 シネマと鉄道―森繁久彌生誕100年@札幌

 出会い、別れ、旅立ちなど、さまざまなドラマが生まれる場所「駅」。JR札幌駅に立地するJRタワーでは、「駅」が舞台となる映画を集めたJRタワー映画祭の第7弾となる今回は、森繁久彌の大ヒット喜劇「駅前シリーズ」12本を上映する。130223JRcinema07詳細は、JRタワーHPのNEWS欄で。
・会 期 :2013年2月23日(土)~2月28日(木)
・会 場 :札幌・シネマフロンティア(JR札幌駅直結)
・入場料 :1作品1,000円、学生500円。(ともに税込)
・お問合せ:同劇場 TEL 011-209-5400 
・主 催 :札幌駅総合開発(株)
・共 催 :札幌シネマフロンティア 
・協 力 : 北海道旅客鉄道(株) 
※ 上映作品など → 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

JRタワーARTBOX第19回 堺 麻那「Autofiction」@札幌

 札幌のJRタワーでは、北海道の新人アーティストたちに新たな発表の場の提供をと、2008年4月から1階東コンコースにART BOX(アートボックス)を設置。オープニング初年は岡部昌生、伊藤隆介、熊澤桂子、國松明日香ら道内ベテラン美術作家の展示でスタート。2009年度から、北海道在住の新人アーティストから作品プランを公募(記事)し、年間4人の受賞者の展示が始まった(参考)。2012年度第3回目の展示作品は、優秀賞に選ばれた堺 麻那(さかい・まな)氏の「Autofiction」と121201sakaimana題したインスタレーション作品。透明な平面素材にイラストを施したものを何層かに渡って重ねて展示し、「人が生きる上で様々なフィルタを通して世界を眺め、感じている」ことを思い出させる。詳細はJRタワーHPのART BOX案内欄で。
・会 期 :2012年12月1日(土)~2013年2月28日(木)
・時 間 :8:00~22:00
・会 場 :札幌市・JR札幌駅東コンコース・JRタワーARTBOX
・観覧無料 
・お問合せ:JRタワー展望室・アートチーム TEL 011-209-5075(平日) 続きを読む

bluebook at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

ふらのクリエイターズマーケット2013 出展者募集@富良野市

 「人の心をつなぐモノがある」をテーマに、北海道を中心に全国から100人以上の作家が集まるアート・クラフトイベント「ふらのクリエーターズマーケット」公式HPブログ)。第12回を迎える今年は6月29日(土)、30日(日)に開催予定。実行委員会では、会場に出展して作品を販売するモノ作り作家を募集する。マーケットは約100ブースで出展料が必要。詳細は公式ブログの案内欄募集要綱(PDF)で確認を。
【開催概要】 130125furanoC
・会 期 :2013年6月29日(土)、30日(日)
・時 間 :両日とも 10:00~17:00
・会 場 :富良野市生涯学習センター(山部東21-12 TEL 016742-2407)
・主 催 :ふらのクリエーターズマーケット実行委員会
・出展申込:2013年1月25日(金)~2月28日(木) 必着
・募集数 :クラフト93組、飲食15店
      応募多数の場合は審査会にて審査、合否を発表
・出展料 :1ブース8,000円又は3,000円(6種類の中から選択を)
・お問合せ:TEL 0167-42-2407(事務局) 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 | その他

2013年02月27日

岡部昌生教授 最終講義「終わりのない応答のダイナミズム」@札幌

 2013年3月31日をもって札幌大谷大学短期大学部美術科を退任する岡部昌生教授の最終講義が開催される。学外の一般参加歓迎。詳細はFACEBOOKの特設欄などで。130227okabe
・日 時 :2013年2月27日(水) 18:00〜21:00
・会 場 :札幌・札幌大谷大学 大谷記念ホール
   (東区北16条東9丁目1-1 TEL 011-742-1839)  
      (来場者の駐車スペースなし。公共交通機関で来場を)
・入場料 :無料 
・主 催 :札幌大谷大学短期大学部美術科
・協 賛 :株式会社アイワード,大丸藤井セントラル
・お問合せ:札幌大谷大学短期大学部美術科研究室 011-742-1839(直通)
      (平日9:00〜18:00  土日祝日休み) 
※ プログラム → 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

たかやまみかさんのちまちま人形のせかい@江別市

 札幌のイラストレーター高山美香さんは、2004年から小さな粘土人形を製作。リンカーン、夏目漱石、小林多喜二など偉人や文豪の人物像を調べ上げ、びっくりするほど細部まで拘って再現された10cmのちまちま人形の世界は、小樽文学館で2008年に「小樽ちまちま文豪展−高山美香ミニチュア人形の世界」、2010年に「ちまちま小樽文壇史+偉人物語展」と2度にわたって紹介され、ともに爆発的な入館者数を記録した。今回、資料展示会に併せて、高山さんの創作の秘密と偉人達のエピソードを伺う。詳細は同館HPの案内欄で。130211takayamamika
・講 師 :たかやまみか(高山美香)氏
・日 時 :2013年2月11日(月) 13:30〜15:00(13:00受付)
・会 場 :江別市・北海道立図書館(文京台東町41) 研修室
・入場料 :無料。 定員50名まで。
・主 催 :北海道立図書館北方資料室
※ 資料展示「たかやまみかさんのちまちま人形のせかい」
  2013年2月1日(金)〜27日(水) 12日〜15日をのぞく 
・参加方法 → 続きを読む

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | その他

2013年02月26日

OOJCオープンカレッジ特別映画上映会「私たちの時代」@帯広市

 音更町と帯広大谷短大共催の生涯学習プログラム「OOJCオープンカレッジ」の特別映画上映会。今回は、青春ドキュメンタリー映画「私たちの時代」を上映。2007年、北陸地方を襲った能登半島地震(震度6)で大打撃を受けた、石川県門前町にある高校女子ソフトボール部員たちが、苦難を乗り越え成長していく青春の日々を3年半見つめた感動作。フジテレビと系列の石川テレビが共同で制作し、2010年12月30日にTV放映された作品だが、120221watashitachino反響が大きく現在全国の映画館で公開された。横山隆晴プロデューサー、2010年、日本、110分。詳細は北海道新聞HPの案内欄に。
・日 時 :2013年2月26日(火) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :音更町文化センター ふれあいホール
      (十勝管内音更町木野西通15-8)
・入場料 :無料(入場整理券が必要)
・お問合せ:帯広大谷短大生涯学習センター事務局 TEL 0155-42-4444  

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「モンサントの不自然な食べもの」上映会@江別市

 遺伝子組み換え作物(GMO)で世界シェア90%を占めるアメリカのアグロバイオ企業「モンサント社」とそれに関わる企業、生産者を追ったドキュメンタリー「モンサントの不自然な食べもの」(原題:LE MONDE SELON MONSANTO)を上映。GMOから、過去に発売された枯葉剤、農薬、PCB、牛成長ホルモンなど、1世紀にわたるモンサント社の歴史を、証言や機密文書によって検証していく。自然界の遺伝的多様性や121118monsanto食の安全、環境への影響、農業に携わる人々の暮らしを意に介さないモンサント社のビジネス。本作は、生物の根幹である「タネ」を支配し利益ばかりを追求する現在の「食」の経済構造に強い疑問を投げかける。 監督はフランスのジャーナリスト、マリー=モニク・ロバン。2008年、仏加独、108分。詳細は映画公式HPの上映案内欄で。
・日 時 :2013年2月26日(火) 13:30
・会 場 :江別市野幌公民館(野幌町13-6 地図
・入場料 :1,500円(おやつ付き)続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

池田蔵人個展「LIGHTHOUSE」@札幌

 札幌在住のイラストレーター池田蔵人(いけだ・くらんど)さん(37歳)が手描きやデジタルによるイラスト約30点を展示する個展。「暗がりを照らす光、ささやかな光で希望を表現できたら」とテーマを設定。物語の一シーンのような画面に、星屑や蝋燭の光などを描きこんだ(北海道新聞2013/02/22夕刊記事より)。羅臼町出身、オリジナルFlashアニメ「ヘイ!ヘイ!シュルーム」=DVD情報=の制作などを手掛け、concent(札幌)所属を経て、2011年からフリーに。会場ではオリジナルグッズも販売。詳細は、作家ブログの案内記事などで。130221ikeda
・会 期 :2013年2月21日(木)〜26日(火)
・時 間 :10:00〜19:00(最終日〜17:00)
・会 場 :札幌市・アートスペース201 
      (中央区南2西1山口中央ビル)

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

2013年02月25日

草の根文化勉強会「初音ミクと宇宙開発の草の根な関係〜ソーシャルメディア衛星開発プロジェクトSOMESATに注目して」@札幌

 CGM(Consumer Generated Media)に舞い降りた天使、初音ミク。かつての激しい米ソ冷戦の舞台ともなった、宇宙開発。一見、初音ミクと宇宙開発は全く関係がなさそうだが、実は現代の諸条件がこの2つを結びつけた。今回の勉強会では、気鋭の若手研究者、渡辺謙仁氏が「ソーシャルメディア衛星開発プロジェクトSOMESAT」という事例に着目し、初音ミクと宇宙開発の「草の根な関係」について考える。詳細はFACEBOOKの案内欄などで。
・話題提供者:渡辺謙仁
      (北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院
       国際広報メディア専攻博士後期課程)
・日 時 :2013年2月25日(月) 14:00〜16:00
・会 場 :札幌市・北海道大学メディア・コミュニケーション研究院 6階スタジオ
      (北区北17条西8丁目 地図
・入場料 :無料
・主 催 :北海道大学メディア・コミュニケーション研究院
・お問合せ:同学院 浜井 hamai[あっと]imc.hokudai.ac.jp 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

★「見世物小屋 旅の芸人・人間ポンプ一座」劇場公開@札幌

 今や全国でわずか2つになってしまった「見世物小屋」。かつて各地の祭りの場に忽然と現われおどろおどろしい絵看板と巧みなコマシで不思議で怪しい、恐ろしくも珍しい、面白く物悲しい別世界へと引きずり込んで、未知の感覚に目覚めさせたあの懐かしい世界。最後の肉体芸のパフォーマーと呼ばれた「人間ポンプ」こと安田里美さん(1923〜1995年)とその一座9人の「秩父夜祭り」興行を内側から記録した「見世物小屋 旅の芸人・人間ポンプ一座」が札幌で劇場公開される。日本、1997年、119分。北村 皆雄監督。会場ではDVD「見世物小屋〜旅の芸人・人間ポンプ一座〜」、書籍「見世物小屋の文化史」等、販売予定。上映の詳細は株式会社ヴィジュアルフォークロア案内欄で。130219misemonogoya
・会 期 :2013年2月19日(火)〜25日(月)
・時 間 :13:25、19:00
・会 場 :札幌・蠍座(北区北9西3タカノビルB1 地図
      JR札幌駅北口から北へ徒歩3分
・入場料 :一般900円、中高大生とシニア800円
・お問合せ:蠍座 TEL 011-758-0501 
・参 考 : 「北海道MovieWalker」HPの「蠍座」案内欄
・参考書籍:「見世物稼業―安田里美一代記」=書籍情報
      鵜飼 正樹 (著) 新宿書房、2000年 続きを読む

bluebook at 13:25|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

★映画『ニッポンの、みせものやさん』劇場公開@札幌

 『ニッポンの、みせものやさん』が札幌で劇場公開される。昔はいろんなお祭りや縁日で見かけた「見世物小屋」。へび女、人間ポンプ、タコ娘、ロクロ首、オートバイサーカス…。最盛期には数百軒を数えたという見世物小屋、その最後の一軒と言われる大寅興行社。普段は垣間見ることができない見世物小屋一座の旅から旅への生活と歴史。映画監督・奥谷洋一郎は、お化け屋敷のアルバイトをきっかけに、見世物小屋一座と出会い、共に旅するようになっていく。北海道から九州、日本を縦断するなかで見つめる、一座の暮らしと人情、そして10年にわたる交流から滲み出る、一瞬の人生の輝きをみつめる。 130219misemonoかつて日本中どこでも見られた見世物小屋の風景が、いま消え去ろうとしている。その貴重な記録。日本/2012/DVCAM/カラー/90分。
・会 期 :2013年2月19日(火)〜25日(月)
・時 間 :11:45、 17:20
・会 場 :札幌・蠍座(北区北9西3タカノビルB1 地図
      JR札幌駅北口から北へ徒歩3分
・入場料 :一般900円、中高大生とシニア800円
・お問合せ:蠍座 TEL 011-758-0501 
・参 考 : 「北海道MovieWalker」HPの「蠍座」案内欄 続きを読む

bluebook at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

<企画展> 森村泰昌展 美術史としての私[抄]@札幌

 札幌宮の森美術館では3つの展示スペースを持つ本館展示棟の改装が完成。2度目のグランドオープンの記念企画展。1985年以来、写真を使ったセルフポートレイト(自画像)を造り続けている森村泰昌の通称「美術史シリーズ」より、ゴッホやレンブラント、フェルメールなどの名画を題材にした作品を選んで約30点を展示する。ゲスト・キュレイターは長澤章生。詳細は、会場HPの特設欄で。121112morimura
・会 期 :2012年11月12日(月)~2013年2月25日(月)
・休館日 :祝日を除く火曜日および12月24日(火)〜1月4日(金)
・開館時間: 11:00~19:00
・会 場 :札幌市・札幌宮の森美術館 
      (中央区宮の森2の11-2-1)
・観覧料  : 企画展+コレクション展 一般800円、
      シニア(60歳以上)700円、高大生600円、中学生以下無料
・お問合せ:同美術館 TEL 011-612-3562  
【同時開催】 <コレクション展>
 展示室1 札幌宮の森美術館コレクションI / Life=Works=Projects クリストとジャンヌ=クロード
 展示室2 札幌宮の森美術館コレクションII / 日本美術―前衛の戦後から多様の現在へ
 旧館グラフィック・ギャラリー グラフィック・コレクション / 日本現代版画のパイオニアたち
 ※ 旧館グラフィック・ギャラリーは、祝日と振替休日を除く、月水木金のみ一般公開) 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

石川久美子・芋坂恒治・山口武史 展@美唄市

 石川久美子さん(陶芸)、芋坂恒治さん(陶芸)、山口武史さん(絵画)の3人によるグループ展。詳細は会場HPの案内欄で。130206ishikawa
・会 期 :2013年2月6日(水)〜25日(月) 火曜定休
・時 間 :9:00〜17:00
      初日14:00オープン、最終日15:00クローズ
・会 場 :美唄市・アルテピアッツァ美唄
      (落合町栄町 地図 )展示室B
・入場料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 0123-52-0930 
※ 終了後、函館のギャラリー三日月で巡回展示予定(3/2〜3/31) 続きを読む

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013@夕張市

 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭が今年も市民有志の手で開催される。同映画祭は1990年に夕張市主体で始まったが、市の財政破綻で2006年2月を最後に中止、その後2008年3月に市民有志の手で復活している。映画祭では、特別招待作、国際コンペティション、オフシアター作品、特別企画など、ハリウッド大作から邦画やインディーズ作品まで幅広く上映作品を集め、国内有数の映画祭の一つとして定着している。今年のテーマは「一歩その先へ」とし、財政難や人口減に悩む夕張から映画の力で未来を照らす―との思いを込め約110作品の上映を予定。若手映画監督の登竜門となっている「オフシアター・コンペティション」のほか、短編映画のコンペ部門を新設。実写、アニメ、コンピューターグラフィックスの3部門でそれぞれグランプリを選ぶ。120223yuubari今年の詳細は同映画祭HPで順次発表予定。
・会 期 :2013年2月21日(木)~25日(月)
・会 場 :夕張市・アディーレ会館ゆうばり(旧市民会館)
      ゆうばりホテルシューパロほか夕張市内会場
・主 催 :ゆうばり国際ファンタスティック映画祭実行委員会
      NPO法人ゆうばりファンタ 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

2013年02月24日

ACC CMフェスティバル in 北海道@札幌市

 2011年より行われている日本で唯一のローカルCM祭が夕張市と札幌市で開催。全国各地で放映された注目のローカルCMが楽しめる。CM界の巨匠である中島信也氏をはじめ、人気クリエーターの谷山雅計さんと森本千絵さんを招き、CMの上映と寸評、トークセッションを行う。130212ACCCMFES誰でも参加可能。詳細は北海道新聞HPの案内欄、ドリームニュースHPの案内欄などで。
・日 時 :2013年2月24日(日) 15:00〜18:00
・会 場 :イベントスペースEDiT
      (中央区南2西6 南2西6ビルB1F 東急ハンズ裏)  
・主 催 :(社)全日本シーエム放送連盟(略称ACC)
・お問合せ:日本経済広告社「ACC CMフェスティバルin北海道」
      実行委事務局(伊藤) TEL 03-5282-8012 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

「二本の木〜がんで逝った夫婦815日の記録〜」上映@旭川市

 2010年に放映されたNHK制作の「二本の木〜がんで逝った夫婦815日の記録〜」(日本映画)=DVD情報=を上映。小細胞がんを患い、闘病の末に亡くなった妻と、自らも胃がんに侵されながら妻を看取り、半年後に息を引き取った夫。妻のがん発病以来書き残された夫婦の闘病日記には、寄り添い、互いに慈しみ、130224nihonnoki共に闘った夫婦の強い 『きずな』 と熱い 『思い』 が記されていた。この小沢 爽・千緒夫婦の日記を片岡仁左衛門と竹下景子が朗読、家族が撮影した膨大な写真やビデオ映像などと共に、夫婦の軌跡をたどる静かなドキュメンタリー。2010年、日本、73分。上映の詳細は同図書館HPの案内欄で。
・日 時 :2013年2月24日(日) 15:00〜17:00
・会 場 :旭川市中央図書館(常磐公園内) 2F 視聴覚室
・入場料 :無料。事前申込み不要
・お問合せ:同図書館 TEL 0166-22-4174 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

道立文学館映画会 「幸福の黄色いハンカチ」上映@札幌

 北海道立文学館では、企画展「高橋揆一郎の文学」の関連事業として、山田洋次監督、高倉健主演の「幸福の黄色いハンカチ」を上映。北海道を舞台に、刑期を終え刑務所から出てきたばかりの男が、偶然出会った若い男女とともに愛する妻の元へ向かうまでを描いたロードムービー。原作:ピート・ハル。1977年、日本、108分。130320kiiro詳細は同館HPの案内欄で。
・日 時 :2013年2月24日(日) 14:00開始
・会 場 :札幌・北海道立文学館(中央区中島公園1-4 地図) 講堂
・入場料 :無料、定員100名まで
・申込方法:事前に往復ハガキで
      「幸福の黄色いハンカチ」、氏名、〒住所、TELと返信先を明記
・宛 先 :〒064-0931
      札幌市中央区中島公園1-4 北海道立文学館「映画」係
・申込締切:2013年2月12日(火) 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

「シェーナウの想い」上映会+川原茂雄さん「原発出前授業」@札幌

 ドイツの南西部にある、わずか2,500人という小さな町シェーナウ。そのシェーナウの親たちが、チェルノブイリの事故をきっかけに自然エネルギー電力会社を自分たちで作ってしまった…。『シェーナウの想い〜自然エネルギー社会を子どもたちに〜』は、脱原発を掲げ、電気を自分たちのものにした、シェーナウの人々のドキュメンタリー映画。「原子力発電の再稼働に揺れる2012年の日本の私たちに、勇気と示唆を与えてくれるでしょう。映画の詳細は、この映画の自主上映を呼び掛けている「自然エネルギー社会をめざすネットワーク」の案内欄などで。フランク=ディーチェ/ヴェルナー=キーファー監督、2008年、ドイツ、60分。上映の詳細は、「シェーナウの想い」上映会HPの案内記事で。
・日 時 :2012年2月24日(日) 120616shenau
     第1部 『シェーナウの想い』     13:40〜
     第2部 「原発出前授業」川原茂雄さん 15:10〜
・会 場 :札幌市・手稲区民センター 3階視聴覚室
      (手稲区前田1条11丁目 JR手稲駅1分 TEL 011-681-5121)
・参加費 :無料
・お申込み・問合せ:渥美 shuuei233[あっと]hotmail.co.jp
・定 員 :40名。会場の都合上、予約歓迎。ご協力を。
・主 催 :『シェーナウの想い』上映実行委員会、 ・共 催 :子どもパートナーしゅうえい 

bluebook at 13:40|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 映画 | その他

大泉力也個展「たとえば、そこにいる私が夢で」@札幌

 札幌在住の若手、大泉力也さんの個展。大泉さんは1987年、富良野市生まれ。2010年、道都大学美術学部(中島ゼミ)を卒業。主に、版画(シルクスクリーン)を用いた平面作品を中心に、タイル、布、金属など様々な素材を利用して表現の可能性を探求。「版を重ねることは、言葉を重ねること」という。心象風景を表現した詩的な作品を展示。 詳細はFACEBOOKの案内欄などで。130208ooizumi
・会 期 : 2013年2月8日(金)〜24日(日)  
・時 間 :11:00~18:00(最終日17:00まで) 火曜休廊
・会 場 :札幌市・ギャラリー創(中央区南9西6-1-36 U-STAGE 1F)
・入場無料
・企画・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-562-7762 
※ 作家在廊予定 土日曜 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

中原悌二郎 油彩画展@旭川市

 旭川市ゆかりの彫刻家、中原悌二郎(なかはら ていじろう、1888年〜1921年)は、彫刻家を志す以前は画家を志望して東京の絵画研究所で研鑽に励んでいた。肺の疾患の療養のために旭川へ一時帰郷した中原は、旭川での滞在期間中に母校忠別尋常高等小学校の校舎風景と歴代校長の肖像画を油彩画で描き、その報酬を再上京後の彫刻研究費に充てていた。これらの油彩画は忠別尋常高等小学校の後身である旭川市立知新小学校に残され、現在は旭川市彫刻美術館の中核的な収蔵作品となっている。加えて、中原の油彩画は旭川で描かれた作品として最も早い時期のものであり、また、中原が画業においても並々ならぬ才能を有していたことが克明に現れた貴重な資料ともなっている。本展では中原の油彩7点を中心として肖像彫刻も交えて展示し、中原の芸術観とその根底にある自然観を紹介する。詳細は同館HPの案内欄で。 
・会 期 :2012年12月18日(火)〜2013年2月24日(日) 
・時 間 :10:30〜18:30(入館は18:15まで)
・休館日 :毎週月曜(祝日の場合は翌日)、
      年末年始(12/30〜1/04) ※4月〜9月は無休。
・会 場 :旭川市・中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館ステーションギャラリー
      (宮前通西4153-1 JR旭川駅コンコース)
・入場料 :無料
・お問合せ:旭川市彫刻美術館 TEL 0166-52-0033 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

就労継続支援B型作業所「啐啄童子」第3回映画上映会「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」@帯広市

 NYの郵便局員のハーブと図書館員のドロシーのヴォーゲル夫妻は、給料の中からアートを買い、質量ともに圧倒的なコレクションを築きあげた。アートを愛しアートと暮らす2人の姿を描くドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー~アートの森の小さな巨人~」を上映。夫妻が購入作品を選ぶ基準は2つ。①自分達のお給料で買える値段であること。②1LDKのアパートに収まるサイズであること。30年の歳月でコツコツ買い集めた作品は、いつしか20世紀のアート史に名を残す作家の名作揃いとなった。そんな夫妻の元へアメリカ国立美術館から寄贈の依頼がやってくる。この現代のおとぎ話に衝撃を受けた佐々木芽生監督(札幌生まれ)は、2人を追ううち、これは「現代アートについての映画ではなく、豊な人生を考える映画になる」と110402HERBDOROTHY確信したという。NYで17週間のロングランを記録。2008年、米、87分。上映の詳細はFacebookの案内欄で。
・日 時 :2013年2月23日(土) 開場18:30、開演19:00
      2013年2月24日(日) 開場9:30、開演10:00
・会 場 :帯広市・上がり・框(西10条南5丁目1番地)
・料 金 :1,000(食事付き)
※ ※2月23日はオカリナライブも 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「モンサントの不自然な食べもの」上映@函館市

 遺伝子組み換え作物(GMO)で世界シェア90%を占めるアメリカのアグロバイオ企業「モンサント社」とそれに関わる企業、生産者を追ったドキュメンタリー「モンサントの不自然な食べもの」(原題:LE MONDE SELON MONSANTO)を上映。GMOから、過去に発売された枯葉剤、農薬、PCB、牛成長ホルモンなど、1世紀にわたるモンサント社の歴史を、証言や機密文書によって検証していく。自然界の遺伝的多様性や食の安全、環境への影響、農業に携わる人々の暮らしを意に介さないモンサント社のビジネス。本作は、生物の根幹である「タネ」を支配し利益ばかりを追求する現在の「食」の経済構造に強い疑問を投げかける。 監督はフランスのジャーナリスト、130224monsantoマリー=モニク・ロバン。2008年、仏加独、108分。詳細は映画公式HPのスケジュール欄や主催者HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年2月24日(日) 3回上映(各15分前開場)
      10:00、 13:30、16:00 
・会 場 :函館市・北海道国際交流センター(元町14-1 4F)
・入場料 :大人 前売1,000円(当日1,200円)、
      小中生 500円(当日600円) 幼児無料
・主 催 :やさいばーみるや×HIF、・協 力 :山の会
・お問合せ:財団法人北海道国際交流センター(HIF)TEL 0138-22-0770
      やさいばーみるや TEL 0138-26-2688 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

第16回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展@東京

 「文化庁メディア芸術祭」は、新しい表現方法や優れた芸術的表現などによる創造性あふれるメディア芸術作品を顕彰するとともに、先端的なメディア芸術の創作活動を広く紹介するメディア芸術の祭典。CG-ARTS協会文化庁からなる実行委員会が主催している。今年も、アート、アニメ、映像、ゲーム、Web、マンガなど、49ヶ国・地域の2,645作品から選ばれた受賞作品と審査委員会推薦作品を約170点紹介する。受賞者や審査委員をはじめ、海外フェスティバルのディレクターが出演するシンポジウムや、アーティストらが自身の作品について語るプレゼンテーションなどを実施。ソーシャルメディアを用いた情報発信やコミュニケーションも取り入れて、メディア芸術の「いま」を体感できるライブなフェスティバルを目指す。さらに、海外のメディア芸術関連フェスティバルを紹介する「Media Arts in the World」や「ワークショップ」、また協賛事業として「先端技術ショーケース」や「学生CGコンテスト受賞作品展」なども開催予定。130213mediaartF詳細は平成24年度(第16回)文化庁メディア芸術祭欄などで確認を。
・会 期 :2013年2月13日(水)~24日(日)
・休館日 :2013年2月19日(火) 
・時 間 :10:00 〜 18:00(金曜は20時まで、入場は閉館30分前まで)
・メイン会場:東京都・国立新美術館
     (港区六本木7-22-2 地図
・サテライト会場:シネマート六本木、東京ミッドタウン、スーパー・デラックス 他
・入場料 :無料
・主 催 :文化庁メディア芸術祭実行委員会 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | 映画

2013年02月23日

ACC CMフェスティバル in 北海道@夕張市

 2011年より行われている日本で唯一のローカルCM祭が、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の一環で開催される。全国各地で放映された注目のローカルCMが楽しめる。CM界の巨匠である中島信也氏をはじめ、人気クリエーターの谷山雅計さんと森本千絵さんを招き、CMの上映と寸評、トークセッションを行う。130212ACCCMFES誰でも参加可能。詳細は北海道新聞HPの案内欄、ドリームニュースHPの案内欄などで。
・日 時 :2013年2月23日(土) 20:00〜21:30
・会 場 :夕張市・ゆうばりホテルシューパロ(本町2−19) 錦水の間
・入場料 :無料
・主 催 :(社)全日本シーエム放送連盟(略称ACC)
・お問合せ:日本経済広告社「ACC CMフェスティバルin北海道」
      実行委事務局(伊藤) TEL 03-5282-8012 続きを読む

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

ゲームソフト・クリエーター エリック・シャイを囲んで@札幌

 〜アート・メディア月間『デジタル・ショック』スペシャル・イベント〜 
 日本のゲーム界にも多大な影響を与えた名作「Another World」(※ 国内ではアウターワールド)の作者として有名な、ゲーム・クリエーターのエリック・シャイ(Eric Chahi)。東京でデビュー作『Frog』から2011年の最新作『From Dust』まで、彼のこれまでの活動を振り返る個展が開催された。130223ericchahi札幌でも、作家を囲んでお話しを伺う夕べを開く。詳細は アンスティチュ・フランセ日本HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年2月23日(土)  17:30 
・会 場 :札幌・札幌アリアンス・フランセーズ
      (中央区南2条西5丁目10−2 南2西5ビル2F)
・入場料 :無料
・お申込み:札幌アリアンス・フランセーズ TEL 011-261-2771 

bluebook at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

稲葉剛氏・トークイベント貧困の連鎖と「絆原理主義」の危うさ@札幌

 親の貧困が子どもにれんさするのを止めるためには何が必要か? また、生活保護バッシングにに見られる、自助・共助を強調し、家族や地域の「絆」を上から押しつける「絆原理主義」は逆に貧困の連鎖をますます広げるものなのではないか? 貧困当事者支援の現場で活動してきた稲葉剛さん(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)のお話を聞く。会場とのディスカッションの時間も。130223inaba詳細は、反貧困ネット北海道の案内欄右チラシ(PDF)で。
・講 師 :稲葉 剛さん(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)
・日 時 :2013年2月23日(土) 15:00〜16:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :入場無料。申込不要・当日直接会場へ
・主 催 :紀伊國屋書店、 共催:反貧困ネット北海道
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00)

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

いそのけい 個展 ふとんの森、ねむけの踊り場@札幌

 帯広出身、札幌市立大学デザイン学部卒のいその・けいさんの昨年の初個展「“ Rolled Cake ”(ロールケーキ)」(記事)に続き2度目となる個展。ポップな軽さと可愛さと、でもどこかにシニカルな目線もしっかり感じさせるイラストやアクセサリーを制作している。今回の展示の詳細は、会場HPの案内欄などで。130118isonokei
・会 期 :2013年1月18日(金)~2月23日(土)
・休 館 :日曜月曜
・時 間 :14:00~22:00
・会 場 :札幌・salon cojica(サロン・コジカ)
      (中央区北3東2中西ビル1F 地図
・入場無料
・お問合せ:salon cojica TEL 01-522-7660 (14:00-22:00) 
※ パーティ 1月19日(土)19:00より  

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

ドキュメンタリー映画「普通に生きる」上映会@深川市

 重度の心身障害がある人のための通所施設を追ったドキュメンタリー映画「普通に生きる」を上映。舞台は静岡県富士市の生活介護事業所「でら〜と」。元小学校教諭の小沢映子さんの長女は、出産時の事故により重度の障害を持って生まれてきた。彼女は娘の養護学校入学を機に、自分と同じ立場の保護者たちと連携して親の会を発足させる。彼らは勉強会や講演会などを繰り返し、「どんなに重い障害でも本人も家族も普通に生きていける社会」を目指し、障害者の親達で2004年に生活介護事業所「でら〜と」の設立にこぎつける。養護学校卒業後、行き場を失いがちな障害者達と社会で一緒に生活する取組が121110fustuu全国で反響を呼んでいる。2011年、日本、83分。プロデューサー・撮影:貞末麻哉子、配給:マザーバード。上映の詳細は映画公式HPの案内欄で。
・日 時 :2013年2月23日(土) 14:00 
・会 場 :深川市・アートホール東洲館(参考
      (1条9番19号 深川市経済センター2階 
       JR深川駅すぐ TEL 0164-26-0026 )
・入場料 :無料
・主 催 :深川市生涯学習推進会議 TEL 0164-26-2343 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

「牙狼〈GARO〉〜蒼哭ノ魔竜〜」舞台挨拶@札幌

 2005年よりテレビ放送され、最新のCG/VFX技術を駆使し、華麗なアクションとスタイリッシュな映像で、大人の熱い支持を受けてきた特撮テレビシリーズ「牙狼」の劇場版第2弾「牙狼〈GARO〉〜蒼哭ノ魔竜〜」の公開にあたり、札幌でも舞台挨拶が決定。上映終了後に雨宮慶太監督、黄金騎士ガロが登壇予定。今回はダークファンタジーで、シリーズを知らなくても大丈夫。大いなる力「ガジャリ」と契約した冴島鋼牙は約束の地へ旅立った。その目的は、嘆きの牙を持ち返ること。約束の地で出会った仲間たちから、嘆きの牙は、次元の狭間から出現する魔竜の牙だと知る鋼牙だが、その行く手には様々な困難が待っていた・・・。2012年、96分、東北新社。130223garo舞台挨拶の詳細は、映画公式HPの案内欄で。
・日 時 : 2013年2月23日(土) 10:15の回 上映終了後
・会 場 :札幌・ディノスシネマズ札幌劇場ほかゲオディノス映画館
      (中央区南3西1須貝ビル7・8F)
・入場料 :全席指定 2,000円 Pコード:550-824
・お問合せ:同劇場 TEL 011-221-3802 続きを読む

bluebook at 10:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | その他

チョコレートから考える児童労働〜映画『バレンタイン一揆』特別上映@函館市

 2011年11月、ガーナのカカオ生産現場を訪れ、児童労働の実態を知った日本の女子学生3人の取り組みを追ったドキュメンタリー『バレンタイン一揆』を上映し、また、単身カンボジアを訪問した旭川の学生による講演を行う。映画に登場する女子学生たちは、帰国して、フェアトレードで作られたチョコレートを買うことを目指し、「バレンタイン一揆」というプロジェクトを立ち上げる。「一緒に私たちにできることを考えてみませんか? 」とのこと。2012年、日本、64分。吉村瞳監督。上映のほか、世界の子どもを児童労働からまもる活動を続ける特定非営利活動法人ACE事務局長の白木朋子(しろきともこ)氏の講演も。詳細は(財)北海道国際交流センターHPの案内欄で。130302varentine
・日 時 :2013年2月23日(土) 10:00〜12:00
・会 場 :函館市・国際交流プラザ(北海道国際交流センター)(元町14-1 4F)
・定 員 :30名(定員になり次第〆切)
・参加費 :無料
・申込事項:〔樵亜覆佞蠅な)、⊇蠡亜蔽賃痢Υ覿般勝部署・役職)、
      O⇒軅茵塀蚕蝓E-mail、TEL)
・連絡先 :財団法人 北海道国際交流センター 担当:池田
      TEL 0138-22-0770  FAX 0138-22-0660 
ikeda[あっと]hif.or.jp 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

2013年02月22日

第32回SAPPORO ART LABO 中谷有逸(版画家)「私の版画制作(古事記をモチーフに)」@札幌

 2010年春から始まった文化塾「サッポロ ART LABO(略称:SALA)」が2012年度も始動。札幌の美術評論家、柴橋伴夫氏が代表をつとめる民間団体で、多様化する文化を横断しながら、未来に向けて文化創造を担う人たちを「束ねる」場づくりを目指す。今年は全10回のレクチャーを企画。毎月最終金曜日の19:00より多彩なゲストを招き「アートの今日性、未来性」を学ぶ。第32回は、版画家の中谷有逸さんを講師に「私の版画制作(古事記をモチーフに)」をテーマにお話しいただく。講座の詳細は、会場のト・オン・カフェHPの案内欄で。110429sala2011
・講 師 :中谷有逸(版画家)
・テーマ :私の版画制作(古事記をモチーフに)
・日 時 :2013年2月22日(金) 19:00~20:30
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
・定 員 :各回30名程度、要事前申込 
・受講料 :一般1,000円、学生500円(共に1ドリンク付)
      学生は学生証の提示が必要
      ※年会費(年10回分前納) 大人:10,000円、学生:5,000円 
・お申込み:同店 TEL 011-299-6380 toovcafe[あっと]nifty.com 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | その他

「モンサントの不自然な食べもの」上映@北見市

 遺伝子組み換え作物(GMO)で世界シェア90%を占めるアメリカのアグロバイオ企業「モンサント社」とそれに関わる企業、生産者を追ったドキュメンタリー「モンサントの不自然な食べもの」(原題:LE MONDE SELON MONSANTO)を上映。GMOから、過去に発売された枯葉剤、農薬、PCB、牛成長ホルモンなど、1世紀にわたるモンサント社の歴史を、証言や機密文書によって検証していく。自然界の遺伝的多様性や食の安全、環境への影響、農業に携わる人々の暮らしを意に介さないモンサント社のビジネス。本作は、生物の根幹である「タネ」を支配し利益ばかりを追求する現在の「食」の経済構造に強い疑問を投げかける。 監督はフランスのジャーナリスト、マリー=モニク・ロバン。2008年、仏加独、108分。121118monsanto詳細は映画公式HPの案内欄で。
・日 時 :2013年2月22日(金) 
      13:00(中練習室)、19:00(大練習室) 
・会 場 :北見市・北見芸術文化ホール(泉町1丁目3−22)
・入場料 :一般 前売 1,000円(当日1,500円)、
      中高生800円(当日1,000円)、小学生以下無料 
・お問合せ:担当 中島 TEL 080-3293-5844 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

歴史は生きる力 れきけんパネル展〜北海道の歴史的地域資産をつなぐ保存活用のとりくみ〜

 「れきけん」(NPO法人歴史的地域資産研究機構)では、歴史的地域資産の有効活用が進んでいくことを目指し、道内において数少ない歴史的地域資産の保存・活用に関わる活動を紹介するパネル展を実施。 これまでのれきけんの取り組みを紹介するパネル(田上義也の図面等アーカイブの展示有り)をはじめ、北海道内で歴史的地域資産の保存活用に取り組む活動団体の紹介、歴史的建造物の修復などを行う匠たちの紹介パネルが並ぶ。北海道の歴史的地域資産に関する取り組みのあれこれを一度に見られる。詳細はReplanサイトの案内欄などで。
【出展団体】 130216rekiken
     NPO法人歴史的地域資産研究機構>
     あさひ郷土の資源を活かす会
     NPO法人 アートチャレンジ滝川
     NPO 小樽ワークス
     寿都町観光協会
     NPO法人 伝成館まりづくり協議会
     札幌建築鑑賞会
     建築ヘリテージサロン
     飯田ウッドワークシステム株式会社
     株式会社伊藤塗工部
     亀田工業株式会社
     鈴木工業所
     辻石材工業株式会社
     株式会社梵陶石
     有限会社吉田工業所  
・会 期 :2013年2月16日(土)〜22日(金)
・会 場 :札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ) 憩いの空間 3番と5番の間(西側)  
・観覧料 :無料
・主 催 :NPO法人歴史的地域資産研究機構、札幌駅前通まちづくり株式会社
・協力・後援:公益財団法人秋山記念生命科学振興財団

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2013年02月21日

秋元さなえ展「121年前のよろこび」@札幌

 北海道教育大学岩見沢校出身の秋元さなえさんの個展。これまで地元江別市をテーマにした作品を発表してきたが、今回は東京都北区の「飛鳥山」と北海道江別市の「飛鳥山」の2つの山がテーマ。「双眼鏡を持って二つの山を訪ね、見えたものは風景だけではなく、121年程前、開拓当初のある個人的な感情でした。その再体験の過程を、作品を通して展開してゆきます」とのこと。130212akimotosanae詳細はFACEBOOKの特設欄で。  
・会 期 :2013年2月12日(火)~21日(木) 月曜休廊
・時 間 :11:00~19:00
・会 場 :札幌・テンポラリースペース(TEL 011-737-5503)
     (北区北16条西5丁目1-8 地下鉄北18条下車5分 地図
・入場無料  続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

東日本大震災報道写真展〜「3・11」 思い新たに〜@札幌

 亡き人を思う、ふるさとを思う、明日を思う――。「3・11」。忘れられない、忘れてはならない、3度目のその日、様々な思いを新たにされた方が多いと存じます。東日本大震災報道写真展の開催にあたり、被災された方々に、あらためて心よりのお見舞いを申し上げます。
 復興はまだ道半ばです。ふるさとを離れ、帰れるめどの立たない人々がいます。福島第一原発事故はいまもまだ終わりが見えません。そんな中、新聞社としては震災のこと、被災地のことを伝え続ける使命があると考えます。その一つの形が報道写真展です。
 あのとき何が起きたのか、いま被災地がどのようになっているのか。多くの記者が撮影した写真から、あらためて震災のもたらしたものを考えるとともに、復興に向けての思いを130209sinsaisyashin新たにしていただければと考えます。(会場HPの案内欄より)。
・会 期 :2013年2月9日(土)〜21日(木) 
・時 間 :10:00〜21:00(最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 2Fギャラリー+イベントスペース 
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場無料
・主 催 :朝日新聞社
・お問合せ:朝日新聞北海道支社 TEL 011-281-2130 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

釧路を描く作家たち 展@釧路市

 道立釧路芸術館と釧路市立美術館を応援しようと、地元の画家10人の作品で作った絵はがき集の原画展。絵はがき集「釧路を描く作家たち」は、植物細密画家マシオン恵美香さん(50)を含めた10人の画家が描いた釧路の風景画10点を絵はがきにし、2011年5月に第1集を、2012年7月に第2集を制作した。各200セットずつが両館に寄贈され、売店で1セット千円で販売して売り上げを両館の活動費に充てている。原画展は第2集の100作品を展示している。13日の午後7時から道立釧路芸術館アートホールで、釧路の高校教諭で作曲家の岡田俊哉さん(40)がそれぞれの絵をイメージして作った10曲を発表。岡田さんのピアノと釧路市在住のベーシスト本間洋佑さん(28)が演奏する。午後5時からアートホールで画家たちによるトークセッションも130213kushiro開かれる。(北海道新聞の記事より)。詳細は会場HPの案内チラシ(PDF)などで。
・会 期 :2013年2月13日(水)〜21日(水)
・休館日 :月曜休館
・時 間 :9:30〜17:00(金・土曜日は18:00まで)
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 
・入場料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2013年02月20日

竹内実花 ジャズピアノとの即興による舞踏「夢の森へ」@札幌

 札幌の竹内実花さんの舞踏と、ベルリン在住の千野秀一さんのジャズピアノが、2010年の公演を再演。詳細は竹内さんのサイトの案内欄で。
【出演】 130220takeuchjmika
  舞 踏  竹内実花 美と狂気の舞踏…
  ピアノ  千野秀一 ベルリン在住のジャズピアニスト
  照 明  高橋正和 「コンカリーニョ」
・日 時 :2013年2月20日(水) 19:30
・会 場 :札幌市・ギャラリー門馬&ANNEX
      (中央区旭ヶ丘2丁目3-38 地図 TEL 011-562-1055)
・観覧料 :一般 前売3,000円(当日3,500円)、学生(当日2,000円)
・お問合せ:butoh[あっと]relak.net ・ FAX:011-671-5860 

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 演劇・ダンス | 音楽

サロントーク「なぜ、アートが都市をゆたかにするか。」 第2回「アーティスト・イニシアチブが実践するインデペンデンス」@札幌

 札幌市では、札幌の文化芸術活動全体を支え育て、一層推進するための拠点となる「(仮称)アートセンター」(中央区北1西1に建設予定の市民交流複合施設内に設置)を検討中。その一環として、全3回にわたり、様々な事業形態で運営される他都市の類似機関の代表者を講師に招き、全3回のシリーズで「社会とアートとの関わり」についてお話を伺い、席上に札幌市で文化芸術振興に係わる方々を交え、札幌にどのようなアートセンターが必要かを参加者のみなさまとともに語り合う予定。詳細は札幌市HPの案内欄で。
【第2回】 130125nazeart
・テーマ :アーティスト・イニシアチブが実践するインデペンデンス
・ゲスト :中村政人氏/アーティスト、アーツ千代田3331統括ディレクター
・コーディネーター:
      伊藤隆介氏/映像作家・北海道教育大学芸術過程芸術コース教授
・日 時 :2013年2月20日(水) 18:30〜20:30
・会 場 :札幌市・教育大学サテライト教室 教室2
      (中央区北5条西5丁目sapporo55ビル 紀伊国屋書店4F)
・参加方法:必要事項を書き次の宛先まで電話またはメールで申込を
      各回とも50名程度の定員(先着順)。
・応募期間:2013年1月25日(金)〜2月18日(月)
・お問合せ:札幌市観光文化局文化部市民文化課 TEL 011-211-2261 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | その他

映文連 国際短編映像祭 映文連アワード2012 受賞作品上映会 in 札幌@札幌

 短編映像製作の活性化をめざし、次代を担う才能を顕彰する映像祭映文連アワード2012の受賞作品の上映会。今年で6回目を迎え、応募作品150本の中から選りすぐりの受賞作品12本を上映。現代社会の多多様性を伝える“短編”映像の世界を紹介。詳細は札幌の観光文化情報ステーションHPの案内欄などで。130219eibunren
・日 時 :2013年2月19日(火)・20日(水) 18:00(5分前開場)
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図 TEL 011-231-9355)
・入場料 :1プログラム 一般 前売400円(当日500円)
      1プログラム 大学生300円、小中高生200円(前売当日とも)
・お問合せ:北海道映像記録 TEL 011-520-1101 
      公益社団法人映像文化製作者連盟 TEL 03-3279-0236 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

ちえりあ映画会 「0(ゼロ)からの風」上映@札幌

 ちえりあ視聴覚センターが所蔵する約1万本のフィルム・ビデオの中から、お勧めの作品を選んでを紹介する「ちえりあ映画会」。今回は、「0(ゼロ)からの風」を上映。大学生の息子を泥酔運転で死亡させた加害者が軽い刑で済んだことから、刑法改正の署名運動を始めた母親の実話に基づく映画。彼女の活動は、一般市民による初めての法改正となる「危険運転致死傷罪」(最高刑期20年、併合加重の場合は最高30年)の新設を実現させた。2007年、日本、111分。塩屋俊監督 、田中好子、杉浦太陽、豊原功補ほか出演。
・日 時 :2013年2月20日(水) 10:00〜12:00 
・会 場 :札幌市生涯学習センターちえりあホール(西区宮の沢1条1丁目 地図
・入場料 :無料。定員400名。
      要整理券(当日9時から会場前で配布、お一人様1枚限り)
・お問合せ:札幌市生涯学習センター 事業課 TEL 011-671-2311 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in置戸町@置戸町

 鎌仲ひとみ監督の「ヒバクシャ ~世界の終わりに~」「六ヶ所村ラプソディー」に続く核をテーマにしたドキュメンタリー3部作の最後の映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(公式HPブログ)(2010年)が置戸町で上映される。映画は、中国電力の原発建設に苦しむ瀬戸内海の祝島と、脱原発を国民投票で決めて2020年に石油に依存しない社会作りを目指しているスウェーデンのエネルギー問題への101214mistubachi取組を取材。住民と地域への取材から、自然と共存し持続可能な社会を作るために何ができるのかを問いかけてくる。上映の詳細は映画公式HPの案内欄で。
・日 時 :2013年2月20日(木) 3回上映
      9:45、13:45、18:45
・会 場 :置戸町中央公民館(常呂郡置戸町字置戸245-1)
・参加費 :前売500円
・主 催 :シリピリカ
・お問合せ:森田 TEL 0157-52-3076
      morita[あっと]town.oketo.hokkaido.jp 

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2013年02月18日

日本の青空掘 崚呂気譴織丱肇鵝 舛気茲覆藐業〜」完成披露有料試写会@札幌

 日本国憲法誕生の真相を明らかにした「日本の青空」、沢内村が全国に先駆けて老人医療費無料化を開始した生存権の原点「日本の青空供廚紡海「日本の青空掘廚完成。全国で初めて住民投票で「原発建設NO」を選択した新潟県旧巻町(現新潟市)を舞台にした映画「渡されたバトン〜さよなら原発〜」の完成披露有料試写会。過疎化の進む人口3万人の巻町での、1968年から25年にわたる巻町民の波乱に満ちた原発是非のドラマ。脚本はジェームス三木、監督は池田博穂、出演者は赤塚真人、宍戸開、青木英美、ケーシー・高峰ほか。2013年、日本、120分。130218baton製作は「日本の青空III」製作委員会で、独立プロダクションの有限会社インディーズが配給。上映の詳細は右チラシ(PDF)で。
・日 時 :2013年2月18日(月) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :札幌エルプラザ(北区北8条西3丁目) 3Fホール
・入場料 :一般1,000円、高校生以下800円
・主 催 :「渡されたバトン〜さよなら原発」札幌上映実行委員会
      事務局 TEL 011-758-4596(北海道民医連内)   

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「日活映画 100年の青春」劇場公開@札幌

 2012年、日本最古の映画会社である日活は創立100周年を迎えた。その記念事業の一環として、2011年10月1日より開催されたニューヨーク映画祭での「日活100周年を祝して―鋼の銃弾とベルベットのキス」と題された日活回顧特集上映を皮切りに、日活を代表する作品群がナント、パリ、香港―と世界を巡回(参考)。その世界巡回上映の凱旋帰国特集として、創立月の9月に「日活映画 100年の青春」と題した特集上映を企画。マキノ正博、山中貞雄、中平康、川島雄三、今村昌平、鈴木清順など名監督の作品、そして宍戸錠、小林旭、石原裕次郎、赤木圭一郎、長門裕之、高橋英樹、渡哲也、浅丘ルリ子、吉永小百合ら稀代の映画スターの名作の数々を上映。「黄金期の作品が放つ日本映画のパワー、エネルギー、エンターテインメントの醍醐味をぜひ体感ください」とのこと。130205nikkatsuMO北海道は蠍座で12作品を上映。
・会 期 :2013年2月5日(火)〜18日(月) 
      3日間に3作品を各日2回上映(詳細は後日)
・会 場 :札幌・蠍座(北区北9西3タカノビルB1 地図
      JR札幌駅北口から北へ徒歩3分
・入場料 :一般900円、中高大生とシニア800円
・お問合せ:蠍座 TEL 011-758-0501 
・参 考 : 「北海道MovieWalker」HPの「蠍座」案内欄 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2013年02月17日

第68回サイエンス・カフェ札幌「地震の前に何かが起こる? 〜宇宙技術で探る大地のシグナル〜」@札幌

 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(HP)(略称CoSTEP)が実施しているサイエンス・カフェは、飲み物を片手に気軽に科学の話を楽しむ参加型イベント。今回は、GPS(全地球測位システム)という計測技術を用いて、大地の動きを調査している日置幸介さん(北海道大学大学院理学研究院教授、地球物理学)を招き、地震の前に起こっていたことを、最先端の科学技術による成果をもとに探る。130217science68詳細は主催のCOSTEPのHP内の案内欄で。
・表 題 :地震の前に何かが起こる? 〜宇宙技術で探る大地のシグナル〜 
・ゲスト :日置幸介(へき・こうすけ)さん
     (北海道大学大学院理学研究院教授、地球物理学)
・日 時 :2013年2月17日(日) 16:30〜18:00(開場16:00)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1階インナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・参 加 :参加無料、定員は約80人。
      申込不要、当日直接会場へ。飲物は各自会場内ショップで購入を
・お問合せ:TEL&FAX 011-706-5320  
・主 催 :北海道大学CoSTEP、 共催:日本学術会議北海道地区会議 続きを読む

bluebook at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

ダンスシンポジウム「ダンスコミュニケーションの拡張〜地域のコミュニティを結ぶ試み」@札幌

 〜 平成24年度札幌市教育文化会館ダンスシンポジウム 〜
 札幌市教育文化会館では、経験、年齢、性別にかかわらず誰もが気軽にダンスを楽しみ、踊ることの楽しさを地域で共有する「ダンスコミュニケミュニケーション」についてのシンポジウムを開催している。
 今年のシンポジウムは「ダンスコミュニケーションの拡張」と題し、演劇・ダンスのプログラムやコミュニティと連携したプログラムを実践する世田谷パブリックシアターから清水幸代をコーディネーターに、ダンスをコミュニティのより身近に届けるパフォーマンス・ワークショップを実践するほうほう堂新鋪美佳をゲストに招き、コミュニティにおけるダンスの実践事例の紹介とダンスの持つ可能性を多角的に紹介する。「参加型のワークショップも実施しますので是非ご参加ください」とのこと。130216danceCommu詳細は主催者HPの案内欄で。
・日 時 :2013年2月16日(土) 14:00〜19:30
      2013年2月17日(日) 13:30〜19:00
・会 場 :札幌市・札幌市教育文化会館(中央区北1西13 地図) リハーサル室A
・入場料 :3,000円
・主 催 :札幌市教育文化会館(札幌市芸術文化財団) 
・お問合せ:札幌市教育文化会館事業課 011-271-5822 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス | その他

「反原発アート展」〜Sapporo No Nuke Artists展〜Vol2@札幌

 札幌の反原発の志を持つアーティスト有志が呼びかけて、2013年1月〜6月まで毎月1週間の展覧会を開催する「反原発アート展」を開く。絵、写真、彫刻、映像、などジャンルにこだわることなく、北海道内外のアーティストの有志の作品を集め、毎月札幌市内のギャラリーで展開、反原発についてアートを通じて考える。今回は企画第2弾。詳細は公式HPで。
【出展】(予定)130211NoNukeArt02
  藤田 倫寿、アキタ ヒデキ、歌代 隼人 、Kemmy(ケミー)、
  SLANG(スラング)、関谷 修平、dEm(デム)、Nikki Nairns、
  マシオン 恵美香、MISAKI、LARGE IRON、脇出 一絵 
・日 時 :2013年2月11日(月)〜17日(日)
・時 間 :平 日 12:00〜21:00
      土日祝 10:00〜19:00
・会 場 :札幌市・OYOYO(オヨヨ) - 大通まち×アートセンター
      (中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル6階 )
・入場料 :無料
・主 催 :sapporo no nuke artists(主催:藤田 倫寿)
・お問合せ:end.all.fin[あっと]gmail.com  続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

米澤卓也個展 Vol.4「W.C」

 札幌在住、岩見沢教育大の大学院生、米澤卓也さんの第4回目となる個展。油絵具とアクリル絵具併用技法による絵画作品を制作。「鑑賞者に非日常的体験を共有できる空間づくりを目指しています」という。今回のテーマは「W.C」ですべて新作を展示。「小部屋はどこにあるのか、どこにつながっているのか。巨大なスケールでお届けする絵画エンターテインメントです。伸縮自在の絵画空間をお楽しみください」とのこと。130212yonezawa詳細はFACEBOOKの特設欄などで。
・会 期 :2013年2月12日(火)〜17日(日)
・時 間 :11:00〜19:00(最終日18:00まで)
・会 場 :札幌市・HOKUSEN GALLERY ivory
       (中央区南2条西2丁目 NC HOKUSEN ブロックビル4F)
・入場料 :無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-251-5100
      作家 t.yonezawa0327[あっと]gmail.com 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

藤野千鶴子展「神さまトーク 2013」@札幌

 札幌在住の画家、藤野 千鶴子(ふじの ちづこ)さんの個展。藤野さんは、美術文化協会と新道展の会員で、「宇宙のイメージ」から着想を得て描くという抽象画の数々を精力的に発表している。親しみやすいと同時に神秘を感じさせる作風。130205fujino詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2013年2月5日(火)〜17日(日) 
・時 間 :10:30〜22:00(日曜は20:00まで)
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
      TEL 011-299-6380
・入場料 :無料だが、カフェなので何か注文を 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術