2013年05月

2013年05月31日

第34回SAPPORO ART LABO 佐藤雅英(写真家)「札幌とNY-都市の風景」@札幌

 2010年春から始まった文化塾「サッポロ ART LABO(略称:SALA)」が2012年度も始動。札幌の美術評論家、柴橋伴夫氏が代表をつとめる民間団体で、多様化する文化を横断しながら、未来に向けて文化創造を担う人たちを「束ねる」場づくりを目指す。今年は全10回のレクチャーを企画。毎月最終金曜日の19:00より多彩なゲストを招き「アートの今日性、未来性」を学ぶ。第34回は、写真家の佐藤雅英さんを講師に「札幌とNY-都市の風景」をテーマにお話しいただく。講座の詳細は、会場のト・オン・カフェHPの案内欄で。110429sala2011
・講 師 :佐藤雅英(写真家)
・テーマ :札幌とNY-都市の風景
・日 時 :2013年5月31日(金) 19:00~20:30
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
・定 員 :各回30名程度、要事前申込 
・受講料 :一般1,000円、学生500円(共に1ドリンク付)
      学生は学生証の提示が必要
      ※年会費(年10回分前納) 大人:10,000円、学生:5,000円 
・お申込み:同店 TEL 011-299-6380 toovcafe[あっと]nifty.com 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 | 写真

「スケッチ・オブ・ミャーク」上映会@釧路市

 沖縄県宮古諸島に数世紀に渡って伝わる「アーグ」という古謡と神聖な「神歌」。その唄を生んだ人々の暮らしを追うなかで、失われようとしている根源的な自然への怖れと生きることへの希望を見出したドキュメンタリー「Sketches of Myahk 『スケッチ・オブ・ミャーク』」を上映。この映画は、音楽家の久保田麻琴が、島でそれら貴重な唄に出会ったことから始まった。何世紀もの時を超え、島でひっそりと息づいてきた掛け替えのない歌の存在を映し出す。監督・製作・撮影・録音・編集: 大西功一。原案・監修・整音: 久保田麻琴。詳細は会場HPの案内欄などで。121123miyako
・日 時 :2013年5月31日(金) 15:00、18:30
・会 場 :釧路市生涯学習センター ハイビジョンシアター
      (幣舞町4番28号 地図 TEL 0154-41-8181)
・入場料 :前売 一般1,000円、学生500円
・主 催 : 広スケッチ・オブ・ミャーク釧路上映委員会 
・お問合せ: マシオン恵美香 TEL 090-9436-8632 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

長井 渉 2013 exhibition 『gravitity』@札幌

 〜 handmade leather shoes & boots for men & women 〜
 札幌でフリーランスで靴作りをしている若手長井 渉さんの2011年の初個展「Demonstration」(記事)に続く2度目の個展。今回の展示作品の中から、パターンオーダーも受ける予定。作家は会期中は常駐する。詳細は FIL Sapporoのイベント欄などで。130525gravity
・会 期 :2013年5月25日(土)〜31日(金)
・定休日 :月曜日
・時 間 :12:00〜19:30(最終日は18:00まで)
・会 場 :札幌・space SYMBIOSIS
      (中央区南2条西4丁目10 -6 SYMBIOSISビル1F)
・入場料 :無料
・お問合せ:Fortuna(フォルトゥーナ) TEL 011-210-0199(只野) 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

平成25年度企画展「函館商人の人生模様」@函館市

 市立函館博物館が平成12年から開催している古文書調査講座では、北前船で日本海を舞台に活躍した船乗りが残した記録類を整理・解読してきた。残された記録の中には、妻からの手紙、子供からの手紙母からの手紙などがあり、函館商人の知られざる姿を垣間見ることができる。文字だけの地味な資料を地道に読み解くことで、今まで実態の分からなかった商売や家族の姿が、明らかになった。その成果を企画展示で紹介する。詳細は会場HPの案内欄などで。130426hakodate
・会 期 :2013年4月23日(火)〜5月31日(金)  
・休 館 :月曜、祝日および4月30日、5月7日、13日、20日、27日
・時 間 :9:00〜16:30(観覧は17:00まで)
・会 場 :函館市・市立函館博物館(青柳町17-1 地図
・入場料 :一般200円、大学・高校生100円、中・小学生50円
      それぞれ団体割引、シニア、市内在住者割引あり
・主 催 :市立函館博物館
・お問合せ:同館 TEL (0138) 23-5480 続きを読む

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

第8回札幌国際短編映画祭(SSFF)2013 ボランティア大募集@札幌

 「札幌国際短編映画祭」(通称「SAPPOROショートフェスト」)は、第8回の2013年は9月11〜16日の6日間で開催予定。映画祭事務局では、5月31日までボランティアスタッフ募集する。「映画好き、映画祭に関わってみたい、札幌が好きなど興味を持ったみなさんのご応募をお待ちしております」とのこと。詳細は同映画祭HPの案内欄で。110115SSFF2011monya
・活動期間:基本的には映画祭期間中
      その他、映画祭前のプロモーション活動(ポスター貼り、
      フライヤー配りなど)や映画祭開催後の後片付け手伝い等
・応募資格:年齢・性別は不問。体力があり、健康な方。
・備 考 :6月にボランティアスタッフ説明会を開催予定
・お問合せ:SAPPOROショートフェスト事務局 info[あっと]sapporoshortfest.jp 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | その他

齋藤周 展「昨日からの眺め」@札幌

 クラークギャラリー+SHIFTは、札幌在住の作家・齋藤周(さいとう・しゅう)さんの個展「昨日からの眺め」を開催。齋藤周は美術教育の現場に関わりながら札幌を拠点に積極的に創作活動を続けている。札幌では約1年ぶりとなる本個展では、近作を中心に描き下ろしの新作を含む約20点を館内に展示。開催の詳細は130401kinoukaraシフトHPの案内欄と会場HPの案内欄で。
・会 期 :2013年4月1日(月)〜5月31日(金)
・時 間 :ホテル2Fラウンジの営業時間に準じる
・会 場 :札幌・クロスホテル エントランス、2Fロビー、ラウンジ内
    (中央区北2西2 TEL 011-272-0010 地図
・入場料 :無料
・主 催 :クロスホテル札幌(企画部 011-272-0051) 
※ オープニングレセプション 4月5日(金)18:30〜 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

シアターキノが2013年度ビンテージ会員、スタンダード会員ほか募集@札幌

 札幌の市民映画館シアターキノでは、2012年度のKINOビンテージ会員・スタンダード会員・121219kinoシニア会員、そして今年度より学生会員を新たに募集する。同館では、一般の映画料金は通常1,800円だが、上記会員になると1作品1,000円程度で入場出来る他、各種特典がつく。限定1,000名まで先着順。詳細は、同館HPの案内欄案内チラシ表(PDF) チラシ裏(PDF)で確認を。
・募集期間:2012年12月19日(水)~2013年5月31日(金)
・利用期間:2013年4月1日~2014年3月31日(2013年度1年間)
・利用館 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料システム: 同館HPの案内欄
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 
※ 2013年度KINO会員申し込み ビンテージ会員をのぞき、
  9/30(月)まで募集期間 延長(2013/05/31追記)

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) ホール・施設 | 映画

JRタワーARTBOX第20回展示  風間雄飛「おちゃのこさいさい」@札幌

 札幌のJRタワーでは、北海道の新人アーティストたちに新たな発表の場の提供をと、2008年4月から1階東コンコースにART BOX(アートボックス)を設置。オープニング初年は岡部昌生、伊藤隆介、熊澤桂子、國松明日香ら道内ベテラン美術作家の展示でスタート。2009年度から、北海道在住の新人アーティストから作品プランを公募(記事)し、年間4人の受賞者の展示が始まった(参考)。2012年度第4回目の展示作品は、優秀賞に選ばれた風間雄飛(かざま・ゆうひ)氏の「おちゃのこさいさい」と題したインスタレーション。幼い頃のお祭りの、お面屋さんをモチーフに「新しい記憶が積み重なり、古い記憶は少しずつ形を失い、曖昧で不確かになった記憶を表現します」とのこと。独特のモアレ感がテーマと相俟って秀逸。詳細はJRタワーHPのART BOX案内欄で。130301kazama
・会 期 :2013年3月1日(金)~5月31日(金)
・時 間 :8:00~22:00
・会 場 :札幌市・JR札幌駅東コンコース・JRタワーARTBOX
・観覧無料 
・お問合せ:JRタワー展望室・アートチーム TEL 011-209-5075(平日) 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

2013年05月30日

「スケッチ・オブ・ミャーク」上映会@釧路市阿寒町

 沖縄県宮古諸島に数世紀に渡って伝わる「アーグ」という古謡と神聖な「神歌」。その唄を生んだ人々の暮らしを追うなかで、失われようとしている根源的な自然への怖れと生きることへの希望を見出したドキュメンタリー「Sketches of Myahk 『スケッチ・オブ・ミャーク』」を上映。この映画は、音楽家の久保田麻琴が、島でそれら貴重な唄に出会ったことから始まった。何世紀もの時を超え、島でひっそりと息づいてきた掛け替えのない歌の存在を映し出す。監督・製作・撮影・録音・編集: 大西功一。原案・監修・整音: 久保田麻琴。詳細は、特定非営利活動法人くしろ・わっと会場HPの案内欄などで。121123miyako
・日 時 :2013年5月30日 (木) 22:00〜
・会 場 :釧路市・アイヌシアター「イコロ」
     (釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目7−84 TEL 0154-67-2727)
・鑑賞料 :1,000円(学生500円)
・主 催 :シッポファーレ!
・共 催 :阿寒アイヌ工芸協同組合 
・お問合せ:宿谷 TEL 090-8631-7505

bluebook at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

岩波書店創業百年記念ブックフェア 本と読者の年代記(クロニクル) 北海道の作家たちと岩波書店の百年@札幌

 今年、岩波書店創業百年にあたり、北海道の作家たちと岩波書店の百年を振り返るブックフェアを開催。岩波書店は、1913年に古書店として開店、翌年に夏目漱石『こころ』を最初の刊行物として出版業を始めて以来、これまで3万4000点にのぼる書籍を刊行してきた。「それも、本と読者の絆があったからこそ。新たな困難の時代のなかでも、本は世界への架け橋であってほしい――そんな思いを込めて、岩波書店で活躍した130511iwanami100北海道の作家たちを中心に、他、岩波書店の現在のラインナップを約2500点取り揃えます」とのこと。などで紹介される見込み。
・会 期 :2013年5月11日(土)〜30日(木) 
・時 間 :10:00〜19:00(最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 2Fイベントスペース 
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場無料
・主 催 :岩波書店
・お問合せ:紀伊国屋書店札幌本店  TEL 011-231-2131 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

2013年05月29日

『確固たる居場所』上映会@札幌

 ごく普通の家庭に育ち、仕事もなんとか順調にやれている、だけど何となく気持ちが晴れない」。ふと社会を見渡せば、年間自殺者3万人、孤独死3万人、うつ病104万人、ニート64万人 …。そんな中、富士のふもとで100人の大家族とともに自給自足の暮らしをしている人々がいる。メンバーは社会の中でそれぞれに独自の人生を歩み、そしてここにたどり着いた。彼らはいったいなぜ、この生き方を選んだのだろう。そのドキュメンタリー『確固たる居場所』を上映。上映後の座談会には、澤則雄監督が来場。上映の詳細は130529kakkotaru映画公式HPの案内欄で。
・日 時 :2013年5月29日(水) 11:00、17:00
・会 場 :札幌・cafeボナペティ (TEL 011-215-7977)
      (中央区宮の森1条10丁目3−23ヒルズラボB1 )
・参加費 :1,000円(1ドリンク付き)
・連絡先 :muyumashi[at]hotmail[dot]com
      chihuahuas-love[at]docomo[dot]ne[dot]jp
      *[at]は@に、[dot]は.に置き換えてください。
      TEL 090-8428-0372(島 )  

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

高田K子展 Edge of Another World 新しい世界、あるいはその果てへ...@釧路市

 帯広在住の写真家・高田K子さん(ツイッターFACEBOOK)は、身近な自然や日常の光景、書物や言葉の断片をカメラに収めた写真作品の制作に取り組んでいる。記憶と感情が交差し浮遊する130514takada02作者独自の視覚イメージの世界を近作を中心に紹介。詳細は北海道立釧路芸術館HPの案内欄で。
・会 期 :2013年5月14日(火)〜5月29日(水)
・休館日 :月曜休館
・時 間 :9:30〜17:00(金・土曜日は18:00まで)
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 フリーアートルーム
・入場料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 写真 

やなせたかしと「詩とメルヘン」の仲間たち@旭川市

 1973年に創刊された、やなせたかし編集の『詩とメルヘン』。同誌表紙や「怪傑アンパンマン」原画をはじめ、味戸ケイコ、宇野亜喜良、林静一ら、同誌を飾った70年代を代表するイラストレーターたちの秀作を紹介。詳細は道立旭川美術館HPの右チラシ(PDF)で確認を。130419yanasetakashi
・会 期 :2013年4月19日(金)〜5月29日(水)
・休館日 :月曜休 
・時 間 :9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :旭川市・北海道立旭川美術館(常磐公園内 地図) 第1展示室
・入場料 :一般 800円、高大生500円、小中生300円
      各種割引制度や所蔵品展との共通券あり。65歳以上無料
・主 催 :道立旭川美術館、北海道新聞社
・お問合せ:道立旭川美術館 TEL 0166-25-2577 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

釧路芸術館所蔵「18人の写真表現−焼きつけられたイメージ」展@釧路市

 北海道立釧路芸術館では、1998年の開館以来、写真作品を重点的に収集してきた。本展では、アンセン・アダムス、森山大道、水越武など、国内外を代表する写真家18名の作品500点以上の中から厳選して一堂に紹介。「多彩な写真芸術の世界をお楽しみください」とのこと。詳細は北海道立釧路芸術館HPの案内欄で。130412syasin18
・会 期 :2013年4月12日(金)〜5月29日(水)
・休館日 :月曜休館
・時 間 :9:30〜17:00(金・土曜日は18:00まで)
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 展示室
・入場料 :( )内は親子、リピーター割引、10名以上の団体料金
      一般450(350)円、高大生200(150)円、
      中学生以下65歳以上は無料。
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 写真 

児玉陽美個展 上品なまにまに@美唄市

 道都大学美術学部出身で、札幌を中心に活動するアーティスト児玉陽美(こだま・はるみ)さんの個展。タイトルの「まにまに」とは、「‖梢佑琉媚廚篁柄の成り行きに任せて行動するさま。△△觧柄が、他の事柄の進行とともに行われるさま。」という。130516manimani詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2013年5月16日(木)〜29日(水) 火曜休館
・時 間 :9:00〜17:00(最終日16:00まで)
・会 場 :美唄市・アルテピアッツァ美唄 展示室A
      (落合町栄町 地図 TEL 0123-52-0930)
・入場料 :無料
・お問合せ:アルテピアッツァ美唄 TEL 0123-52-0930 続きを読む

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2013年05月28日

OYOYOゼミ公開講座 栂嶺(つがみね)レイ スライドトーク「知床開拓スピリット 過去と現在が語る知床の暮らし」(リベンジ)@札幌

 世界自然遺産に登録された知床半島には、かつて開拓の歴史があり、先人がイキイキと暮らしていた。千歳市在住の写真家・医師の栂嶺(つがみね)レイさん(HPブログ)は、元開拓者たちと2年にわたり、廃墟となった住宅や工場跡地などを取材。ルポルタージュ風の写真集「知床開拓スピリット」書籍情報=(税込2,310円)の発行にあわせて開催された写真展示「知床スピリット」(2008年2月、記事)以後も調査を続けてきた。「この5年間で、多数の知床の開拓時代の白黒写真を、もと開拓者の方々から委託され、続編として現在、出版準備中。今回、豊富なスライドとともに、知床の知られざる歴史についてお話いただく。終了後、質疑応答も予定。詳細はFACEBOOKの案内記事などで。130409siretoko
・テーマ :「知床開拓スピリット 過去と現在が語る知床の暮らし」
・講 師 :栂嶺(つがみね)レイさん(写真家・医師)      
・日 時 :2013年5月28日(火) 20:00〜22:00
      (当初予定の4月9日は急遽延期のためリベンジ開催)
・会 場 :札幌市・OYOYO(オヨヨ)
      (中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 6階 地図
       東急ハンズの西2軒隣のビル
・参加費 :500円。予約不要。当日直接会場へ
・主 催 :OYOYOゼミ 続きを読む

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 写真 | その他

ドキュメンタリー映画「スケッチ・オブ・ミャーク」上映会@北見市

 沖縄県宮古諸島に数世紀に渡って伝わる「アーグ」という古謡と神聖な「神歌」。その唄を生んだ人々の暮らしを追うなかで、失われようとしている根源的な自然への怖れと生きることへの希望を見出したドキュメンタリー映画「Sketches of Myahk 『スケッチ・オブ・ミャーク』」を上映。監督・製作・撮影・録音・編集: 大西功一。原案・監修・整音: 久保田麻琴。上映後はトークが行われ、撮影や編集なども手がけた大西功一監督が、映画作りの舞台裏や作品に込めた思いを語る。121123miyako上映時間は1時間41分、トークは約30分。上映の詳細は映画公式HPの案内欄で。
・日 時 :2013年5月28日(火) 18:30  
・会 場 :北見市・北見芸術文化ホール(泉町1丁目3−22) 大練習室
・入場料 :無料 
・主 催 :スケッチ・オブ・ミャークを大西功一監督と観る会
・お問合せ:くつわだ TEL 0157-33-1621 090-4729-0173  

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

北海道ヘアデザイナー100人展(HOKKAIDO HAIR DESIGN 100)2013@札幌

 北海道で活躍するヘアデザイナー100人が自分たちのイメージや感性を自由に表現した作品がギャラリーに展示する北海道ヘアデザイナー100人展(公式HPブログ)が、5回目となる今年も開催される。130507Hair100今年のゲストコメンテーターは川原文洋氏に決定。開催の詳細は、公式HPで。
・会 期 :2013年5月7日(火)〜28日(火) 日祝 休館
・時 間 :13:00〜23:00
・会 場 :札幌・CAI02 
      (中央区大通西5丁目 昭和ビルBF2 )全室
      19日のみ札幌市地下歩行空間 北3条広場
・入場無料
・主 催 :北海道ヘアデザイナー100人展実行委員会
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-802-6438 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

小坂英一展 LINE -あじわいのある線への挑戦-@札幌

 札幌の小坂 英一(こさか・ひでかず)さんの個展。「完璧な線ではなく人間味のある線で・・・。直線が重なり、色が混ざり、面ができる。 実験的な作品群。どのように描かれたのか、ご想像頂けると幸いです」とのこと。130502kosaka詳細は、会場のカフェエスキスHPの案内欄で。
・会 期 :2013年5月2日(木)〜28日(火)
・定休日 :毎週水曜日、5月13日[月]・14日[火]・15日[水]臨時休業
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで) 
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2013年05月27日

ドキュメンタリー映画「スケッチ・オブ・ミャーク」上映会@紋別市

 沖縄県宮古諸島に数世紀に渡って伝わる「アーグ」という古謡と神聖な「神歌」。その唄を生んだ人々の暮らしを追うなかで、失われようとしている根源的な自然への怖れと生きることへの希望を見出したドキュメンタリー「Sketches of Myahk 『スケッチ・オブ・ミャーク』」を上映。監督・製作・撮影・録音・編集: 大西功一。原案・監修・整音: 久保田麻琴。上映後はトークが行われ、撮影や編集なども手がけた大西功一監督が、映画作りの舞台裏や作品に込めた思いを語る(約30分)。詳細は121123miyako映画公式HPの案内欄で。
・日 時 :2013年5月27日(月) 19:00
・会 場 :紋別市民会館(紋別市潮見町1-4-3)2階会議室
・入場料 :前売・当日ともに 1,000円
・お問合せ:玄氣会21世紀・川崎代表 TEL 090-8373-6365

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

伽井丹彌展 「精霊(プシュケ)の系譜」@帯広市

 帯広市を拠点に活躍する人形作家、伽井 丹彌(かい・あけみ)さんの人形展。伽井さんは、人形を四谷シモンに、ダンスを舞踊の松本道子氏(帯広)に学ぶ。1985年から球体関節人形制作を開始。独自の妖艶さを湛えた人形を発表してきた。また「虚像」と「実像」をテーマにダンスと人形、映像を駆使したパフォーマンスにも取り組んでいる。130518kaiakemi帯広での本格的な個展は7年ぶり。今回は、近作を一同に展示する。初日はオープニングパーティーを予定。詳細はFACEBOOKの特設欄で。
・会 期 :2013年5月18日(土)〜27日(月)
・時 間 :13:00〜18:00  火曜休み
      (木〜日曜日は遅くまで営業)
・会 場 :帯広市・セラーズマーケット(西16条南5丁目) 1F
      (カフェ・オリーブ(TEL0155-35-7344)階下)
・入場料 :無料
・お問合せ:同店 TEL 0155-35-8135 
※ オープニングパーティ 5月18日(土)18:00 同会場にて  続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

川口巧海 個展「ぬばたまの・・・」@札幌

 道都大学内藤ゼミ出身の川口巧海さんの個展。ノン・トクシックインタリオ(無毒性凹版)による銅版画と木口木版画による黒の世界。130515kawaguchitakumi詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2013年5月15日(水)〜27日(月) 
・時 間 :13:00〜22:30 (火曜定休)
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養 2階 
      (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養) 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

佐藤隆之展「スプリング・エフェメラル〜春の妖精たち〜」@札幌

 紙に鋏を入れてわずか数分で、昆虫や動物、天使の翼等の立体を完成させる達人佐藤隆之さんの個展。高い技巧と精緻な表現力による作品は各地で高く評価されている。今回のエゾヒメギフチョウ。この蝶が飛ぶ時期の北海道はスプリング・エフェメラルとよばれ、その美しさは筆舌に尽くせない。エゾヒメギフチョウの成虫がみられるのは、一つの地域でせいぜい2週間。その様な儚い春の妖精たちを表現する。詳細は会場HPの案内欄で。130515satou
・会 期 :2013年5月15日(水)〜27日(月)
・時 間 :10:00〜19:00  火曜定休
・会 場 :札幌市・新さっぽろギャラリー
      (札幌市厚別区厚別中央2条5-6-3)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-9439-7921(花田) 続きを読む

bluebook at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2013年05月26日

「珈琲とエンピツ」上映会&手話の講義@名寄市

 ろう者の映像作家・今村彩子が、同じろう者であるサーフショップ&ハワイアン雑貨店の店長・太田辰郎との出会いと交流をつづったドキュメンタリー「珈琲とエンピツ」の北海道初上映会と手話の講義。太田さんは、静岡県湖西市にある店を訪れる客にコーヒーを振る舞い、紙と鉛筆、身振り手振りで健常者を相手に会話を楽しむ太田。その姿をカメラから見つめ、徐々に深く接していくうちに、今村監督が障害者として抱えていた怒りや孤独といったネガティブな感情と決別していくさまを映し出す。2011年、日本、67分。130526cafe上映と講演会の詳細は主催者HPの案内欄で。
・日 時 :2013年5月26日(日) 17:00〜19:00(受付16:30から)
   〆B軸篤弔僚蘓桓垳けの手話講義「手話を学ぼう」(約30分)
   映画「珈琲とエンピツ」の上映会(約70分)
・会 場 :名寄市・名寄市立大学 本館2F
      (名寄市西4条北8丁目1)
・入場料 :1,000円
・主催&申込先:特定非営利活動法人 なよろ地方職親会
      メール nayoro.syokuoya.hokkaido[あっと]gmail.com 続きを読む

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

ドキュメンタリー映画「スケッチ・オブ・ミャーク」上映会@遠軽町

 沖縄県宮古諸島に数世紀に渡って伝わる「アーグ」という古謡と神聖な「神歌」。その唄を生んだ人々の暮らしを追うなかで、失われようとしている根源的な自然への怖れと生きることへの希望を見出したドキュメンタリー「Sketches of Myahk 『スケッチ・オブ・ミャーク』」を上映。監督・製作・撮影・録音・編集: 大西功一。原案・監修・整音: 久保田麻琴。上映後はトークが行われ、撮影や編集なども手がけた大西功一監督が、映画作りの舞台裏や作品に込めた思いを語る(約30分)。詳細は121123miyako映画公式HPの案内欄、北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年5月26日(日) 15:00、18:00
・会 場 :遠軽町・ふくろうカフェ(福路1)
・入場料 : 一般1500円、高校生以下千円(いずれも1ドリンク付)
・お問合せ:白幡 TEL 0158-46-3008 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

舞踏公演「十月十日」@札幌

 “身体と向き合う 心と向き合う”をコンセプトに、札幌でコンテンポラリーダンスの教室、ワークショップ、イベント、公演、勉強会、交流会などの活動を展開しているCONTE主催による初公演。5月25日(土)にCONTEコンテンポラリーダンス3部作、5月26日(日)に舞踏公演「十月十日」と、二日間に渡ってPATOSにて公演する。満席の場合は当日券なし。詳細は会場HPの案内欄で。1305261010
【出演】 舞踏公演「十月十日」
  伊地知亮子、磯野清香、梅村和史、大須田ますみ、小鹿道子、
  閃 カヱラ、東海林靖志、田仲ハル、中村アキ子、別所二成、森嶋拓
【作・振付】 田仲ハル
・日 時 :2013年5月26日(日) 昼夜2回公演
      15:00、 18:30 (開場各30分前)
・会 場 :札幌・ターミナルプラザことにPATOS(パトス)
      (西区琴似1条4丁目 地下鉄東西線琴似駅B2F、地下鉄直結 地図
・入場料 :各回限定80席。完売の場合当日券なし
      早割チケット(5/8まで) 一般2,000円  学生1800円
      一般前売2,500円  学生前売2,200円 当日券3,000円
      土日2日券 一般前売4,000円 学生前売3,600円
      (各日1公演ずつ鑑賞OK)
・予 約 :info[あっと]conte-sapporo.com
      希望の日時、名前、枚数をご記入して申込を。
・主催・お問合せ:CONTE-SAPPORO 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 演劇・ダンス 

第69回サイエンス・カフェ札幌『宇宙のカタチ、銀河のレシピ』@札幌

 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(HP)(略称CoSTEP)が実施しているサイエンス・カフェは、飲み物を片手に気軽に科学の話を楽しむ参加型イベント。今回は、「コンピューターシミュレーション」を活用して宇宙の謎に迫る二人の研究者を招き、一緒に私たちの宇宙の過去と未来について考える。詳細は主催のCOSTEPのHP内の案内欄で。130526ScienceC
・表 題 :地震の前に何かが起こる? 〜宇宙技術で探る大地のシグナル〜 
・ゲスト :羽部朝男さん(北海道大学大学院理学研究院 教授/宇宙物理学)
      エリザベス・タスカーさん
       (北海道大学大学院理学研究院 特任助教/宇宙物理学)
・日 時 :2013年5月26日(日) 14:00〜15:30(開場13:30)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1階インナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・参 加 :参加無料、定員は約80人。
      申込不要、当日直接会場へ。飲物は各自会場内ショップで購入を
・お問合せ:TEL&FAX 011-706-5320  
・主 催 :北海道大学CoSTEP 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

ブレーメン館5月研究会 近藤純夫氏「深く楽しむハワイ──自然と歴史の魅力をさぐる」@札幌

 「自由な発表と幅広い交流の場」をモットーに、同人誌発行や上映会、山中貞雄監督からアンゼルム・キーファー、ホロコースト漫画「マウス」まで幅広く論じる「ブレーメン館」の研究会。今回は、札幌出身のエッセイスト、翻訳家、写真家近藤純夫さんが、「深く楽しむハワイ──自然と歴史の魅力をさぐる」と題して講演。世界のあらゆる場所から、あらゆるひとやものがハワイに集まる意外な仕組みを通して、知られざるハワイの魅力についてお話しする。 130526bremen
・発表者 :近藤純夫氏(エッセイスト、翻訳家、写真家) 
・発表題目:深く楽しむハワイ──自然と歴史の魅力をさぐる
・日 時 :2013年5月26日(日)  14:00〜16:00
・会 場 :札幌・北海道立文学館(中央区中島公園1-4 地図) 講堂
・参加費 :1,000円。会員と大学生以下無料。予約不要。一般参加歓迎。
・主 催 :ブレーメン館、 後 援:札幌市教育委員会
・お問合せ:ブレーメン館事務局 TEL 011-897-5464 (安高)
      syasutaka[あっと]bear.odn.ne.jp
※ 講師プロフィール、これまでの研究会など → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 

映画「いわさきちひろ 27歳の旅立ち」上映会@室蘭市

 絵本画家いわさきちひろ(1918〜1974年)の波乱に満ちた生涯を追ったドキュメンタリー映画「いわさきちひろ〜27歳の旅立ち〜」 を上映。子どもへの愛に溢れる彼女の絵は、現在まで世代を超え愛され続け、その卓越したデッサン力、水彩の"にじみ"の技法、余白を生かした大胆な構図、社会的なテーマは後続のアーティストに大きな影響を与えている。ちひろは、結婚に失敗し戦争で全てを失った人生のドン底で、絵の道で生きる決意をする。四面楚歌のなかでの再婚。失業中の夫を絵筆一本で支えた過酷な日々。仕事での孤立。病との闘い。どんな困難にも決して屈しなかった彼女の強さは、その柔らかな絵からは想像もできない。3年に及ぶ取材で得た、家族さえ知らなかったエピソード、埋もれていた夫・松本善明からのラブレター、そして貴重な原画の数々から浮き彫りになる新たなちひろ像は、新鮮な驚きと感動を呼ぶ。120929chihiro2012年、日本、96分。監督・編集/海南友子。エグゼクティブプロデューサー/山田洋次。出演/黒柳徹子、高畑勲、中原ひとみ ほか。上映の詳細は会場HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年5月26日(日) 11:00、 14:00  
・会 場 :室蘭市市民会館(蘭市輪西町2-5-1)ホール
・入場料 :大人前売り 1,300円(当日1,600円)
・主 催 :「いわさきちひろ27歳の旅立ち」を観る会
・お問合せ:堀岡 TEL 090-9750-0620 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

hanaagura presents「華やかな作家達」@札幌

 現在、札幌のファッション・インテリア雑貨・カフェ「FAbULOUS(ファビュラス)」(中央区南1条東2)に絵画や雑貨などの展示販売スペースを設けている「hanaagura(ハナアグラ)」(代表:Akira Furusumi、TEL 011-271-0310)による合同作家展。同店は、「4丁目プラザ」に『華あぐら』をオープン。その後、札幌市内各所で作品展示販売を行い、2012年6月から現在の「FAbULOUS」内に絵画や雑貨などの展示販売スペース「hanaagura(ハナアグラ)」を オープンした。最初期から、札幌で新しい作家を発掘することを命題に、道内作家の作品展示販売などを行っている。展示販売でも、道内作家の作品にこだわり、現役の学生作家を中心に作品を揃えて来た。今回の個展の詳細は、会場のト・オン・カフェHPの案内欄で。
【出展作家】 130526hanaagura
  米澤卓也、佐藤菜摘、小島小夜、花田麻里、本間恵、
  井越有紀、経塚真代、Kaoru、宮地兵庫、タカタヨウ
・会 期 :2013年5月16日(木)〜26日(日) 会期中無休
・時 間 :10:30〜22:00  
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
・入場料 :無料
・お問合せ:ト・オン・カフェ TEL 011-299-6380 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

北海道イラストレーターズクラブα40周年展@札幌

 北海道イラストレーターズクラブαは、1973年に設立し、今年で40周年を迎える。設立40周年記念の原画展を開催。130521Illust40詳細は札幌一番街ギャラリーガイドの案内欄などで。
・会 期 :2013年5月21日(火)~26日(日) 
・入場時間:10:30~18:30(最終日は17:00まで)
・会 場 :札幌市・さいとうギャラリー B室
      (中央区南1条西3 La Galleria 5F TEL 011-222-3698)
・入場料 :無料 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

神田日勝 浅野修 生誕75年記念展@鹿追町

 神田日勝記念美術館開館20周年記念展。神田 日勝の「室内風景」を含む代表作と、浅野 修のインスタレーションやオブジェとのコラボレーションの展覧会。詳細は浅野氏HPの案内欄で。130423kanda
・会 期 :2013年4月23日(火)〜5月26日(日)
・休館日 :月曜日(但し、祝日の場合は開館し祝日の翌日休館)
・時 間 :10:00〜17:00(入館16:30まで)
・会 場 :鹿追町・ー追町民ホール、神田日勝記念美術館
      (北海道河東郡鹿追町東町3-2)
・参加費 :一般510円(450円)、高校生300円(250円)、
      小中生200円(150円)。()内は10名以上の団体割引料金
・お問合せ:神田日勝記念館 TEL 0156-66-1555 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

GCOE第8期成果展示「知られざるクリル・カムチャッカ―ロシアから見た境界のイメージ」@札幌

 北海道から見ると、鉄のカーテンに閉ざされた遠い向こうの世界だった千島列島やカムチャツカ半島は、ソ連やロシアの人々の目には、どのように映っていたのでしょうか。国後島や色丹島は、1960年代半ばから、モスクワやウラジオストク、またサハリンの画家たちがしばしば訪れた土地でした。特徴的な姿を見せる火山と美しい入江、水産加工場やそこで働く労働者たちは、画家たちが好んで取り上げたモチーフです。境界は、膨大な数の絵画によって描き出され、ソ連・ロシアの新しい風景が作られていたのです。一方、1996年にユネスコ世界自然遺産に登録されたカムチャツカ半島は、雄大な風景や多彩な動植物、温泉、火山、北方森林など“豊かで手つかずの自然” に恵まれ、科学者たちの格好の研究対象となってきました。この地はロシア極東に位置し、これまでほとんど見向きもされなかった場所ですが、鉱物・エネルギー資源や水産・林産資源を始め、観光資源にも恵まれていることから、最近になって急速に世界各国の関心を集めるようになりました。この展示では、絵画や写真などを通じて“近くて遠い”クリル・カムチャツカをご紹介いたします。130125kuril(同館HPの案内欄より)
・会 期 :2013年1月25日(金)~5月26日(日)
・休館日 :月曜定休(ただし3月12日(火)は臨時休館) 
・時 間 :10:00〜16:00 
・会 場 :札幌市・北海道大学総合博物館 2階GCOE展示ブース
     (北区北10西8 北大構内 アクセス) 
・入場料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 011-706-2658 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「ウェグナー邸の椅子たち展 〜生誕100年への序奏2〜」@旭川市

 木工産業のまち旭川市で旭川デザイン協議会と織田コレクション協力会がおくるロングラン企画第2弾。2014年に生誕100周年を迎えるデンマーク家具デザインの世界的な巨匠、故ハンス・J・ウェグナー(1914〜2007年)。そのメモリアルイヤーに向けて「生誕100年への序奏」シリーズ第2弾として、織田憲嗣コレクションが所蔵するウェグナーがデザインした椅子の中から、ウェグナーが自邸に置いて愛用していたモデルを採り上げ、濱田由一氏が制作したウェグナー邸および椅子の模型や織田氏が撮影したウェグナー邸の写真と共に展示する。詳細は主催者HPの案内欄で。121106wegner
・会 期 :2012年11月6日(火)~2013年5月26日(日) 月曜日休館
・時 間 :11:00〜17:00 (〜4月30日)
      10:00〜18:00 (5月1日〜)
・会 場 :旭川・チェアーズギャラリー(宮下通11丁目上川倉庫 蔵囲夢)
・入場無料
・監 修 :織田憲嗣
・主 催 :旭川デザイン協議会、織田コレクション協力会
・協 力 :濱田由一、旭川家具工業協同組合
・お問合せ:旭川デザイン協議会 TEL 0166-23-3000  

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

萩原勇雄展@釧路市

 1923(大正12)年釧路市に生まれた萩原勇雄の絵画世界を紹介する企画展。萩原は、新聞記者として勤務するかたわら、青空画会(現在の釧路美術協会)の事務局長として尽力。まだ黎明期にあった釧路美術を牽引してきた。釧路の美術を育てた作家の、多彩な絵画世界を紹介する。詳細は釧路市立美術館HPの案内欄で。
・会 期 :2013年4月23日(火)〜5月26日(日)
・休館日 :月曜休館、(2/11を除く)
・時 間 :10:00〜17:00
・会 場 :釧路市立美術館
      (幣舞町4番28号 釧路市生涯学習センター3階 地図
・入場料 :一般130円(大学生以下無料)
      身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の
      交付を受けた方、付き添いの方、65歳以上の釧路市民は無料。
・お問合せ:同館 TEL 0154-41-8181 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

生誕100年 彫刻家 佐藤忠良展 @札幌

 戦後日本の具象彫刻を代表する佐藤忠良(1912〜2011年)の回顧展。彫刻約70点のほか、素描、絵本、挿絵、教科書、関係資料などを豊富に展示し、その全貌を紹介する。2011年に逝去後初めて全国巡回した大規模な追悼展に、北海道との関わりを示す内容を加味して開催。130413satou詳細は、会場HPの案内欄と、佐藤忠良展オフィシャルホームページで。
・会 期 :2013年4月13日(土)〜5月26日(日)
・休館日 :4月15日(月)、22日(月)休館
・時 間 :9:45〜17:00(入館16:30まで) 
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森美術館(南区芸術の森2丁目75、地図)
・入場料 :( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
      一般1000円(800円)、高大生600円(500円)、小中生400円(300円)
・お問合せ:同館 TEL 011-591-0090 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2013年05月25日

「スケッチ・オブ・ミャーク」キャラバン上映会 in 旭川@旭川市

 沖縄県宮古諸島に数世紀に渡って伝わる「アーグ」という古謡と神聖な「神歌」。その唄を生んだ人々の暮らしを追うなかで、失われようとしている根源的な自然への怖れと生きることへの希望を見出したドキュメンタリー「Sketches of Myahk 『スケッチ・オブ・ミャーク』」を上映。監督・製作・撮影・録音・編集: 大西功一。原案・監修・整音: 久保田麻琴。上映時間104分。終映後、撮影や編集なども手がけた大西功一監督が、映画作りの舞台裏や作品に込めた思いを語る。詳細は121123miyako映画公式HPの案内欄で。
・日 時 :2013年5月25日(土) 開場 19:00 /上映 20:00
・会 場 :旭川市・シンタモール Cintamor 
      (4条通8丁目1703-9 十字屋ビル地下1階
       TEL 0166-22-9955-8236)
・入場料 :予約1,000円(当日1,500円)
・予約・お問合せ: TEL 090-6215-6765 (ツムギテ 加藤)
・主 催 :ツムギテ 

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「カリーナの林檎 〜チェルノブイリの森〜」上映会@釧路市

 1986年に旧ソビエト連邦で起きたチェルノブイリ原子力発電所事故がもたらした悲劇を描く人間ドラマ「カリーナの林檎 〜チェルノブイリの森〜」を上映。ベラルーシに住む少女カリーナ(ナスチャ・セリョギナ)は、大好きな祖母の家で夏休みを過ごしていたが、そこはチェルノブイリ原発事故による居住禁止区域に近く、放射能汚染の危険も高かった。冬になると祖母が病気になり、母の病状も悪化、そしてカリーナも病気になってしまう。放射能の危険が信じられないカリーナに、ママは「チェルノブイリという街には悪魔のお城があって毒を撒き散らしているのよ」と語る。カリーナは決意し、悪魔のお城へ一人旅立った。今関あきよし監督が入念な現地取材を行い2004年に完成するも、日本での関心の低さゆえ公開にこぎ着けられなかった作品を再編集。2011年、日本、109分。上映の詳細は、釧路市民活動センターわっとHPの案内欄などで。130525KARINA
・日 時 :2013年5月25日(土) 18:00開場、18:30開演
・会 場 :釧路市・Si,puo Cafe (シッポカフェ) (新川町1−7)
・入場料 :1,000円(ワンドリンク付き)
・取 扱 :シッポカフェ(0154-32-4080)
      釧路市民活動センターわっと(0154-22-2232)
      豊文堂北大通店(0154-31-4880)
      定員になり次第販売終了
・お問合せ:TEL 090-6268-1952 (鈴木)、TEL 090-6875-8530 (宮尾)
・主 催 :カリーナ自主上映会実行委員会 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

CONTEコンテンポラリーダンス公演3部作「シーメール」 「スレチガイ」「SOMA」@札幌

 “身体と向き合う 心と向き合う”をコンセプトに、札幌でコンテンポラリーダンスの教室、ワークショップ、イベント、公演、勉強会、交流会などの活動を展開しているCONTE主催による初公演。5月25日(土)にCONTEコンテンポラリーダンス3部作、5月26日(日)に舞踏公演「十月十日」と、二日間に渡ってPATOSにて公演する。満席の場合は当日券なし。詳細は会場HPの案内欄で。130525conte03
【3部作】
「シーメール」
  出演 石郷麻衣子、牛島有佳子、開地希、熊谷理沙、
     栗村百和日、坂菜々子、鈴木明倫
  振付 鈴木明倫
「スレチガイ」
    川原史十巳(塚田ダンスワークスタジオ)、牛島有佳子、
    小川恵子、苫米地里香、蛍原亜以子、渡部倫子
  創作 渡部倫子
「SOMA」
  出演 齊藤智仁、櫻井ひろ、東海林靖志、鈴木明倫、田仲ハル、渡部倫子
  演出 森嶋拓
・日 時 :2013年5月25日(土) 昼夜2回公演
      16:30、 20:00 (開場各30分前)
・会 場 :札幌・ターミナルプラザことにPATOS(パトス)
      (西区琴似1条4丁目 地下鉄東西線琴似駅B2F、地下鉄直結 地図
・入場料 :各回限定80席。完売の場合当日券なし
      早割チケット(5/8まで) 一般2,000円  学生1800円
      一般前売2,500円  学生前売2,200円 当日券3,000円
      土日2日券 一般前売4,000円 学生前売3,600円
      (各日1公演ずつ鑑賞OK)
・予 約 :info[あっと]conte-sapporo.com
      希望の日時、名前、枚数をご記入して申込を。
・主催・お問合せ:CONTE-SAPPORO 続きを読む

bluebook at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 演劇・ダンス 

『幸せの経済学』上映会&トークセッション 5.25 in 十勝  〜本当の豊かさとはなにか?を考える集い〜@芽室町

 スウェーデンで作られた「人の幸せ」を問い直す映画「幸せの経済学」を上映。「あなたは、『豊かさ』や『幸せ』をどんなものさしではかりますか? お金を持っていることでしょうか。便利で、快適な暮らしを送ることでしょうか。スウェーデン人の監督ヘレナ・ノーバーグ・ホッジさんは、その解決の糸口として『グローバリゼーション』と対局にある『ローカリゼーション』を提案していきま す。地域の力を取り戻すローカリゼーションの促進が、切り離されてしまった人と人、人と自然とのつながりを取り戻し、地域社会の絆を強めていく、と語ります」(映画公式HPより)。2010年、68分。今回、2回の映画上映とその後のトークセッションで、本当の豊かさとは何か、来場者とともに考える。上映の詳細は、FACE BOOKの案内欄などで。 110522siawase02
・日 時 :2013年5月25日(土) 2回上映(各68分)
  ◎1回目の上映 14:00〜16:30
   トークセッション 中島デコ、小寺卓矢、司会 湯浅優子
  ◎2回目の上映 18:00〜20:30
   トークセッション 斉藤裕人、渡邊季意子、司会 宇井宏
・会 場 :芽室町・芽室駅前プラザ「めむろーど」2F
      セミナーホール1号室 (西側)
・入場料 :前売 1,000円(当日1,200円)、中高校生500円、小学生以下無料
・お問合せ:宇井 TEL 080-5585-6993
・予約受付:メール minnnano.slowcinema[あっと]gmail.com
      FAX 0156-65-3742(宇井)
・主 催 :〜みんなのスローシネマ実行委員会〜
・共 催 :スローフードフレンズ北海道、オーガニック家庭菜園プロジェクト 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

映画「モンサントの不自然なたべもの〜未来を生きるために知っておきたい多国籍企業のこと」上映会@紋別市

 遺伝子組み換え作物(GMO)で世界シェア90%を占めるアメリカのアグロバイオ企業「モンサント社」とそれに関わる企業、生産者を追ったドキュメンタリー「モンサントの不自然な食べもの」(原題:LE MONDE SELON MONSANTO)を上映。GMOから、過去に発売された枯葉剤、農薬、PCB、牛成長ホルモンなど、1世紀にわたるモンサント社の歴史を、証言や機密文書によって検証していく。自然界の遺伝的多様性や食の安全、環境への影響、農業に携わる人々の暮らしを意に介さないモンサント社のビジネス。本作は、生物の根幹である「タネ」を支配し利益ばかりを追求する現在の「食」の経済構造に強い疑問を投げかける。 監督はフランスのジャーナリスト、マリー=モニク・ロバン。2008年、仏加独、108分。121118monsanto詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年5月25日(土) 13:00
・会 場 :紋別市文化会館(紋別市幸町3) ホール
・料 金 :入場無料
・主 催 :食の安全・安心を考える会
・お問合せ:紋別市農政林務課 TEL 0158・24・2111  

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2013年05月24日

ドキュメンタリー「長良川ド根性」特別上映@札幌

 ハマグリとシジミの漁が盛んな、三重県桑名市の長良川の河口堰をめぐり、時代や政治に翻弄されてきた漁師達の歴史と今を描くドキュメンタリー「長良川ド根性」 (2012/日本)が札幌で2日間だけ特別上映される。『青空どろぼう』『死刑弁護人』などを130523nagaragawa手掛ける東海テレビのドキュメンタリー班が制作を担当。共同監督:阿武野勝彦、片本武志。プロデューサー:阿武野勝彦、ナレーション:宮本信子。2012年、日本、80分、東海テレビ放送。上映の詳細は劇場HPの案内欄で。
・日 時 :2013年5月23日(木)、24日(金) ともに19:00
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :当日一般1,800円、学生1,400円、シニア&高校生以下1,000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

東海大学ヒューマンカフェ 「地球物語」@札幌

 東海大学情報技術センター、宇宙情報センター所長(元)を兼務し、宇宙からエジプトのピラミッドを発見するなど、「宇宙考古学」の提唱者でもある東海大学教授 坂田 俊文さんを講師に迎え、130524earth「宇宙の中の地球」、「宇宙から眺めた地球」を衛星画像を中心に地球で過去に起きた事象、そこから見える未来についてお話を伺う。詳細は、会場HPの案内欄などで。
・会 期 :2013年5月24日(金) 18:00〜19:30 
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-213)
・入場料 :無料。申込不要・当日直接会場に
・お問合せ:同店 TEL 011-231-213  



bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

札幌上映会「スケッチ・オブ・ミャーク」−宮古(ミャーク)のおばあたちが歌い継ぐ沖縄神唄の世界−@札幌

 沖縄県宮古諸島に数世紀に渡って伝わる「アーグ」という古謡と神聖な「神歌」。その唄を生んだ人々の暮らしを追うなかで、失われようとしている根源的な自然への怖れと生きることへの希望を見出したドキュメンタリー「Sketches of Myahk 『スケッチ・オブ・ミャーク』」を上映。この映画は、音楽家の久保田麻琴が、島でそれら貴重な唄に出会ったことから始まった。何世紀もの時を超え、島でひっそりと息づいてきた掛け替えのない歌の存在を映し出す。監督・製作・撮影・録音・編集: 大西功一。原案・監修・整音: 久保田麻琴。各上映後に大西功一監督によるトークあり。詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。130524miyako
・日 時 :2013年5月24日(金) 2回上映
      16:00、 19:00 完全入替制
・会 場 :札幌エルプラザ(北区北8条西3丁目) 3F ホール
・入場料 :一般 前売1,200円(当日1,500円)、小学生以下無料
      シニア(60歳以上)・学生800円(1,000円)
・定 員 :各200名 全席自由
・主 催 :スケッチ・オブ・ミャーク札幌上映実行委
・お問合せ:平松 TEL 090・5075・5219  
      メール miki.and.t[あっと]gmail.com 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(11) 映画 

★映画「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」劇場公開@札幌

 NYの郵便局員のハーブと図書館員の夫妻が、慎ましい給料の中から世界屈指の現代アートのコレクションを築きあげた姿を紹介したドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー~アートの森の小さな巨人~」の続編、「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」が2013年3月、全国公開開始、札幌はシアターキノで上映される。前作の完成直前、夫妻はコレクションのさらなる寄贈計画「50作品を50州に(50×50)」を発表。寄贈作品のうち2,500点を全米の美術館に130413H&D贈った。アメリカ全土の美術館へ散ったコレクションの行方を追いながら、アメリカの現代美術を巡る挑戦や問題も見えてくる。2012年、日本、87分。上映の詳細は後日シアターキノで発表される見込み。上映の詳細は劇場HPの案内欄で。
・会 期 :2013年4月13日(土)〜5月24日(金)
・会 場 :札幌・シアターキノ(中央区南3西6 地図
・入場料 :一般 前売1,500円(当日1,800円)
    学生1,400円、シニア&高校生以下1,000円
・お問合せ:シアターキノ TEL 011-231-9355 
※4/13(土)・14(金)13:40/17:15の回、佐々木芽生監督ご挨拶&サイン会 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

2013年05月23日

【UST】ボロトークV vol.1 shoulder@札幌

 2年前まで毎週行われていたATTICの人気プログラム、生配信サイトUSTREAMを利用して行われている札幌発のトーク番組「ボロトーク」。装いも新たにせず特定のトークシリーズとして、より無意味に、より誰のためにもならない配信をスタートする。1回目のテーマは「肩幅」。肩幅がある人が好き!と豪語する方をゲストに送る。「なで肩が好きな方、いかり肩が好きな方、分厚いのが好きな方、薄いのが好きな方など色々あるかと思いますが、とりあえず彼の叫びを聞いてみましょう!」とのこと。配信は22時まで予定、その後同会場で飲み会。「俺のフェチを聞いてくれ」という方、来場歓迎。次回のボロトークVに出演候補に(参加費500円/各自持ち寄り)。130523katahaba番組の詳細は、ATTICのサイトの案内欄で。
【出演】 服部亮太、カジタシノブ
・日 時 :2013年5月23日(木) 20:00開始
      20:00-22:00 特集「肩幅」
      22:00以降 同会場で飲み会 参加費500円(各自持寄)
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F ) 
・入場料 :UST放映無料、飲み会500円
・配信URL : http://www.ustream.tv/channel/borotalk 続きを読む

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

「世界といっしょに輝く」刊行記念白木夏子さんトーク&サイン会@札幌

 「世界と、いっしょに輝く ―エシカルジュエリーブランドHASUNAの仕事」ナナロク社)=書籍情報=の刊行を記念して、著者の白木夏子さんトーク&サイン会を行う。著者は業界の誰もが不可能だといった日本初のエシカルジュエリーブランド(人や社会、自然環境に配慮したジュエリー)HASUNAを27歳で立ち上げた。「愛や美を象徴するジュエリーだからこそ、搾取や環境破壊のない、クリーンなものであるように」というHASUNAの姿勢は多くの人々の共感を呼び、急成長を続けている。白木さんが130523sekaitoHASUNAという『答』にたどり着くまでの体験と未来へのビジョンを語る。詳細は会場HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年5月23日(木) 18:30〜19:30
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
入場料 :無料。申込不要・当日直接会場へ
・お問合せ:紀伊国屋書店札幌本店  TEL 011-231-2131 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

北の建築家との家づくり〜北国で培った設計ノウハウ〜@札幌

 「建築家カタログ北の住まいを建築家とつくろう Vol.5」(公益社団法人 日本建築家協会北海道支部 監修、書籍情報=の発売を記念し個性溢れる北海道の建築家たちを紹介し、その仕事及びこだわりに触れることができる展示会。北海道の厳しい環境を熟知し、寒冷地で培ったノウハウを持つ建築家の方々を紹介致する。詳細は会場HPの案内欄などで。130518kitanoken
・会 期 :2013年5月18日(土)〜23日(木) 
・時 間 :10:00〜19:00(最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 2Fギャラリー
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場無料
・お問合せ:紀伊国屋書店札幌本店  TEL 011-231-2131 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2013年05月21日

OYOYOゼミ公開講座 国井 愉希子さん「仏画の世界・スペイン遠征報告会&草舞弦ミニLIVE」@札幌

 札幌を拠点に活躍する仏画師の国井 愉希子さんが、2013年2月10日から3月20日までスイス・スペインを旅行、あちらの美術や建築などを仏画師の目で巡り歩いた、その旅のお話をうかがう。当日は、国井さんと同行遠征された音楽ユニット草舞弦さんの投げ銭ミニライブも。詳細はFACEBOOKの案内記事などで。130521kunii
・テーマ :仏画の世界・スペイン遠征報告会&草舞弦ミニLIVE
・講 師 :国井 愉希子さん http://kuniiyukiko.petit.cc/        
・日 時 :2013年5月21日(火) 20:00〜22:00
・会 場 :札幌市・OYOYO(オヨヨ)
      (中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 6階 地図
       東急ハンズの西2軒隣のビル
・参加費 :500円。予約不要。当日直接会場へ
・主 催 :OYOYOゼミ 
※ 参 考 :仏画教室展(今年で10周年)
 5月1日(水)〜5月6日(月)札幌資料館 ミニギャラリー4 続きを読む

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | 音楽

2013年05月20日

『流出する個人情報〜韓国の共通番号制』ドキュメンタリー上映会@札幌

 韓国では1962年から住民登録番号制度が導入され、すべての国民に番号を付け、指紋を採取し、登録証を発行している。導入から50年。日常生活の広範な分野で使用され、定着した番号制度に異議を唱える人はほとんどいなかった。10年前に反対すると、「北のスパイ」「アカ」と言われた。
 ところが、2008年からの4年間で1億2千万人分の個人情報が流出、なりすまし事件などが頻発するようになって、ようやく韓国世論も動き出した。ドキュメンタリー『流出する個人情報〜韓国の共通番号制』(日本/2013年/35分、監督・撮影:木本実/企画:白石孝)は、そうした韓国の今を描き出し、日本での安直な共通番号導入計画に警鐘を鳴らす。上映の詳細はピース☆カレンダーHPの案内欄などで。130520JUUMINTOUROKU
・日 時 :2013年5月20日(月) 18:30〜20:30
・会 場 :札幌エルプラザ(北区北8条西3丁目)4F 研修室3
・資料代 :500円(学生・障がい者300円)
      事前申し込み不要、当日直接会場へ
・共 催 :市民自治を創る会
      プライバシーアクション・札幌
      国民監視番号を許さない市民の会
・お問合せ:shimimzichi[あっと]gmail.com 
・参 考 :内閣官房HPの社会保障・税番号制度欄 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画