2013年10月

2013年10月31日

OYOYOゼミ公開講座 「新しいもの」が作られるとき〜見世物としての右翼ロックバンド・維新赤誠塾〜@札幌

 右翼ロックバンド・維新赤誠塾が、ライブをするごとにライヴハウスから出入り禁止になるなどして活動をしていた頃から、ドキュメンタリー映画『新しい神様』を経て、注目が集まり、ボーカル雨宮処凛が作家としてデビューするまでの過程について、お話をうかがう。同時に、それが古くからあった表現活動(見世物)と同じ系譜にありながら「新しいもの」であること、それがどのように生まれるかについてもお話しいただく予定。詳細はFACEBOOKの案内記事などで。131031uyoku
・テーマ :「新しいもの」が作られるとき
       見世物としての右翼ロックバンド・維新赤誠塾‐
・講 師 :高泉 拓 氏
       (札幌大学非常勤講師、 専門:文化人類学)
・日 時 :2013年10月31日(木) 20:00〜22:00  
・会 場 :札幌市・OYOYO(オヨヨ)
      (中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 6階 地図
       東急ハンズの西2軒隣のビル
・参加費 :500円。予約不要。当日直接会場へ
・主 催 :OYOYOゼミ 続きを読む

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 | 音楽

岩名雅記舞踏公演 映画「うらぎりひめ」連動企画@札幌

 映画「うらぎりひめ」「朱霊たち」「夏の家族」の札幌上映の連動企画として、監督の岩名雅記さんの舞踏公演を開催。岩名さんは舞踏歴40年。現在ヨーロッパを中心に活動しているため、非常に貴重な機会となる。公演終了後は軽い交流会も予定。詳細は会場HPの案内欄で。
・日 時 :2013年10月31日(木) 19:30開場、20:00開演(上演は50分前後)
・会 場 :札幌・Dance & Bodyworks Center CONTE
      (中央区北5条西25丁目4-18フジヒロ北5条ビルB1F 地図
・入場料 :2,000円1drink付き+岩名雅記長編映画の前売り券1枚付き。
・予 約 :info[あっと]conte-sapporo.com 定員30名前後を予定。
・主 催 :CONTE-SAPPORO
・予 約 :info[あっと]conte-sapporo.com TEL 011-688-5116  続きを読む

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 演劇・ダンス 

秋の憲法のつどい 鎌田慧講演会@室蘭市

 反骨のルポライター鎌田慧さんが室蘭に来場、講演会を行う。鎌田さんは1938年青森県生まれ。早稲田大学文学部卒。労働問題、公害問題、原発問題などをテーマとしたルポルタージュを多数発表。主な著作に『自動車絶望工場』(講談社)、『反骨――鈴木東民の生涯』(講談社、新田次郎文学賞)、『六ヶ所村の記録』(岩波書店、毎日出版文化賞)、『さようなら原発の決意』(創森社)、131031kamata『鎌田慧の記録』全六巻(岩波書店)、『日本列島を往く』全六巻(岩波書店)などがある。今回は憲法についてお話される予定。詳細は会場HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年10月31日(木) 18:30   
・会 場 :室蘭市市民会館(蘭市輪西町2-5-1)ホール
・入場料 :500円(小中高生無料)
・主 催 :憲法を守る室蘭地域ネット
・お問合せ:TEL 0143-22-4714(増岡) 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

アトリエの赤ん坊たち・五十嵐威暢(Takenobu Igarashi)展」@札幌

 JRタワーホテル日航札幌では、豊かな食材や雄大な自然だけでなく、北海道のアートシーンを代表するアーティストの作品をロビーに展示し、北海道の「アートパワー」を発信しながら、ホテルを訪れるお客さまを北海道らしく迎える「タワーズ・ギャラリー」を2013年10月末までの4回シリーズで開催中。最終の第4弾は滝川市出身の彫刻家・五十嵐威暢氏の作品を展示。JR札幌駅南口の駅頭の「星の大時計」や、JRタワーロゴマークなども手がけた五十嵐氏の作品は、ニューヨーク近代美術館をはじめ、世界30カ所以上の公立美術館に永久保存されている。今回は壁面用につくった木の作品を展示。 「小冊子(無料)を手に取りつつ、ご覧いただく趣向で、小さな壁掛けの木の作品7点が展示されます」とのこと。詳細は五十嵐氏HPの案内欄などで。
・会 期 : 2013年9月3日(火)〜10月31日(木)
・会 場 : タワーズギャラリー・JRタワーホテル日航札幌ロビー内(札幌駅直結)
・観覧料 :無料
・主 催 : JRタワーホテル日航札幌
・お問合せ:TEL 011-251-2222(ホテル代表)


bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2013年10月30日

札幌国際芸術祭2014プレイベント第1弾 「札幌芸術文化史を知ろう!」第10回@札幌

  創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会(会長:上田文雄)では、2014年夏に初開催する札幌国際芸術祭2014のプレイベント第1弾として「札幌の芸術文化史を知ろう!」(全10週のトークシリーズ)を開催。札幌の芸術文化史におけるキーパーソンをゲストに、札幌という土地・歴史の中で芸術文化がどのように育まれてきたかなど、現在に至るまでの歩みと現在進行形の動きについて市民と共有する公開トークシリーズ。
 第1回目のゲストは阿部典英氏・佐藤友哉氏・吉田豪介氏を招き「国際芸術祭の軌跡ー国際下術祭は70年代から始まっていたー」をテーマにお話を伺う。2回目以降は10年刻みで80年代、90年代、00年代を。さらに現在の札幌の芸術文化を取り巻く状況をご紹介して行く。詳細は、会場の案内欄や札幌国際芸術祭HPの案内欄右チラシ(PDF)で。130828geijustubunka
・テーマ :北海道のアート史を振りかえって―歴史を学び未来へ繋ぐ―
・ゲスト :磯田憲一氏、 奥岡茂雄氏、 北村清彦氏
・日 時 :2013年10月30日(水) 17:30〜19:00
      ※ 8月28日(水)〜10月30日(水) 毎週水曜日(全10回)
・会 場 :札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ) 北2条広場 sapporo north2
・参加料 :無料
・主 催 :創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会
      国際芸術祭事務局(札幌市観光文化局 国際芸術祭担当部)
・お問合せ:同事務局 TEL 011-211-2314 続きを読む

bluebook at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 | 美術

2013年10月29日

映画「利休にたずねよ」先行上映会@浦河町

 浦河町出身の映画監督田中光敏さん(55歳)の新作映画「利休にたずねよ」を、12月7日の全国公開に先立ち浦河町で先行上映する。作家、山本兼一氏の直木賞受賞作を実写化した歴史ドラマ。戦国時代から安土桃山時代の茶人・千利休の若い頃の恋、それを経て培った美意識と執着を描く。歌舞伎俳優の市川海老蔵が主演。利休が実際に使った茶器も登場。利休の妻役を中谷美紀、利休を切腹に追い込む豊臣秀吉を大森南朋(なお)が演じる。2013年、日本、143分。131029rikyuu第37回モントリオール世界映画祭で最優秀芸術貢献賞受賞作。当日は田中監督が舞台あいさつを行う予定。詳細は北海道新聞HPの案内欄で。
・日 時 :2013年10月29日(火) 18:30〜20:30
・会 場 :浦河町総合文化会館  文化ホール
      (日高管内浦河町大通3丁目 TEL 0146-22-5000)
・入場料 :1,000円
・主 催 :実行委員会 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

日比野克彦の夏休みの絵日記展@札幌

 札幌グランドホテルの本館1階に2013年7月にオープンしたアートギャラリー「グランビスタギャラリーサッポロ」。第二回目の展覧会として「日比野克彦の夏休みの絵日記展」が開催される。この展覧会では、2013年8月の日々の出来事をまとめた絵日記が展示され、絵日記を通して瀬戸内国際芸術祭や、新潟、東北など彼が関わるプロジェクトのアーカイブが紹介される予定。また、関連イベントとして、ワークショップ「日比野克彦のこれまでの札幌絵日記」も開催。札幌市民が持っている日比野克彦情報をもとに、彼の作品、活動を通して時代性・地域性を読み取り、1980年代から今日までの日比野克彦の札幌絵日記を参加者と制作する。詳細は同ギャラリーの案内欄で。130905hibino
・会 期 :2013年9月5日(木)〜10月29日(火)
・時 間 :11:00〜19:00(最終日17:00まで)
・会 場 :札幌市・札幌グランドホテル(中央区北1西4) 
      1階ロビー「グランビスタギャラリー サッポロ」
・入場料 :無料
・主 催 :株式会社グランビスタ ホテル&リゾート、札幌グランドホテル
・お問合せTEL:011-261-3311
※ ワークショップ「日比野克彦のこれまでの札幌日記」
 日時:2013年10月9日 16:00〜20:00 → 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

2013年10月27日

Dance Dimension ショーケース2013@札幌

 札幌のダンスカンパニー、Dance Dimensionの7回目となるショーケース公演。ジャズダンス、ヒッピホップなどディメンジョンワールドが楽しめる。詳細は会場HPの案内欄で。
【振付・演出】 山内法昭
・日 時 :2013年10月27日(日) 14:00、19:00
・会 場 :札幌・生活支援型文化施設 コンカリーニョ
      (市西区八軒1条西1丁目 ザ・タワープレイス 1F 地図 )
・入場料 :前売2,000円 当日2,500円
・お問合せ:TEL 090-6261-4042 、  imperial[あっと]pop21.odn.ne.jp 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

『建築知識』全国行脚トークイベント "北海道から発信する"住宅デザインの今@札幌

 雑誌『建築知識』11月号では、北海道・広島県・福岡県の住宅デザインについて掘り下げる。誌面に登場する設計者の設計者の方々を招きし、それぞれの地域の住宅設計の旬を熱く語って頂く。131027kenchikuchisiki 詳細は会場HPの案内欄で。
《出演者》 赤坂真一郎 氏(アカサカシンイチロウアトリエ)
       五十嵐淳 氏(五十嵐淳建築設計事務所)
       遠藤謙一良 氏(遠藤建築アトリエ)
       大杉崇 氏(ATELIER02)
       久野浩志 氏(久野浩志建築設計事務所)
       圓山彬雄 氏(アーブ建築研究所)
・日 時 :2013年10月27日(日) 14:00〜16:00
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :無料。予約不要、当日直接会場へ。
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00)  

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

アジアを知ろう映画祭3 ビルマ・ドキュメンタリー映画上映会&ココラットさんのお話@札幌

 長きにわたって軍事独裁政治が続くビルマ(ミャンマー)。多くの人々が国境を越えて難民になっている。ビルマのことを札幌でも考えようと市民有志がこの冬に続き、映画上映を企画。ビルマのドキュメンタリー『私たちの明日』の上映と、この映画の製作者であり、自らもビルマ政治難民であるココラット監督ビルマ民主化支援会(SCDB)代表)が、ビルマ国内の実態や難民キャンプの現状などを語る。難民キャンプの子どもたちは、いまだ故郷に帰ることができないそう。詳細は主催者HPで。
【プログラム】 131027ashitaUra
  「ビルマ難民キャンプ 私たちの明日」上映(40分)
   ココラットさんのお話(在日ビルマ政治難民)
・日 時 :2013年10月27日(日) 13:30〜16:30
・会 場 :札幌市生涯学習センター(ちえりあ) 2階
中研修室1
      (西区宮の沢1条1丁目 地図
・入場料 :前売・予約 1,000円(当日1,200円)中学生以下無料
・主 催 :アジアを知ろう映画祭さっぽろ実行委員会  続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

松本 浦は路地裏にいる2013〜図画工作展 路地裏画報〜@札幌

 札幌在住の画家、松本 浦(まつもと・うら)さんの毎年恒例の「路地裏画報」展。道内各地や東京の古き良き街角を描いた水彩画等を展示。来年のカレンダー「水辺の札幌」を発表、さらに「探偵はBARにいる2」公開直後に完売した札幌・室蘭ロケ地マップ(縮小版)も販売する。映画公開時に札幌・室蘭ロケ地マップを製作したところ、全国主要劇場で3日間で完売した。この縮小版を個展の期間中のみ、「浦版」として再発売する。131005mastumoto下町風景や古い街並みを端正な詩情とともに描いた水彩画は広く共感を呼んでいる。作家サイトの「路地裏畫報」欄で、繊細な水彩スケッチの数々を見ることが出来る。右画像は今回のDMハガキ。
・会 期 :2013年10月5日(土)~27日(日)
・定休日 :10月7日(月)、15日(火)、21日(月)
・時 間 :13:00~19:00 (24日月曜のみ定休)
・会 場 :札幌・古本カフェB・C・S
      (中央区南3条西7丁目7 しゃみ靴店左入口)
・入場料 :無料 
・協 力 :「探偵はBARにいる2」製作委員会 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

野口隆史 写真展「Stigma〜烙印〜」@札幌

 札幌在住の報道写真家、野口隆史さん(53)が、放射線の視覚化を試みた写真展。撮影場所は、東京電力福島第1原発事故後の福島県内。2012年12月から今年5月にかけて、休校中の浪江町の小学校など福島県内10カ所で撮影した13点を展示。野口さんは、放射線による写真フィルムの感光を試みようと、撮影した現像前のフィルムを、撮影場所で採取した土やコケと一緒に1カ月間保存した。すると、現像した写真には白い斑点や色かぶりが発生していたという。131018stigma詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・会 期 :2013年10月18日(金) 〜27日(日) 月曜定休
・時 間 :12:00〜19:00(最終日は17:00まで)
・会 場 :札幌市・れんがギャラリー・カフェ 旧鎌田志ちや(中央区南10西9)
・入場料 :無料
・お問合せ:野口さんTEL 090-6215-1545続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

下沢敏也(陶)×荒川尚也(ガラス)展@札幌

 京都のガラス作家、荒川尚也さんと札幌の陶芸家下沢敏也さんとの二人展。個性溢れるガラス作品で活躍されている荒川さんは、ギャラリー門馬での初の展覧会となる。下澤敏也さんは、陶に鉄粉を混ぜたダイナミックなインスタレーションから、内部に明かりを取り込み、ガラスとコラボレートした柔らかみ溢れる作品など、幅広い作品製作を行い、個展やグループ展で勢力的に発表。今回、この2人による日常に溶け込むオブジェや器などを展示する。131017shimozawaarakawa詳細は、会場HPの案内欄で。
・会 期 :2013年10月17日(木)〜27日(日) 
・時 間 :11:00〜18:00 
・会 場 :札幌市・ギャラリー門馬 ANNEX
      (中央区旭ヶ丘2丁目3-38 TEL 011-562-1055 地図
・入場無料 
※ オープニングパーティ  10月18日(金)18:30より 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

映画「かすかな光へ〜93歳教育研究者・太田暁の挑戦」上映@伊達市

 1918年生まれの95歳で、現在も現役の教育研究者として精力的に活動している大田堯(おおた・たかし)氏のドキュメンタリー「かすかな光へ」を上映。過酷な戦争体験や、敗戦直後にさまざまな職業の住民参加の中で取り組んだ「民衆の学校」づくりとその挫折、高度経済成長期に国を被告とした家永教科書裁判などを経て、大田がつかんだ「教育」の姿に迫る。111027kasukanahikari監督:森康行/音楽:林光/詩・朗読:谷川俊太郎。2011年、日本、84分。上映の詳細は主催者HPの案内欄で
・日 時 :2013年10月27日(日) 10:30、15:00 (開場各15分前)
・会 場 :伊達市・ひびきの村 オイリュトミーホール
      (北海道伊達市志門気町6-13)
・入場料 :事前予約1,000円(当日1,200円)
      託児が必要な方は、事前にご連絡ください。
・主 催 :NPO法人 ひびきの村
・お申込み・お問合せ:ひびきの村事務局 TEL 0142-25-6735、
      info[あっと]hibikinomura.org 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

白鳥 信之 展@札幌

 卓越した技術で、リアリズムと情感を人物や風景の内に同時に描き出してきた札幌のベテラン画家白鳥 信之さんの新作と未発表作品の展覧会。森に佇む父君の肖像シリーズで知られるほか、風景画や静物画でも定評がある。白鳥氏の作品は、身近な人物や風景をリアルな筆致で描きながら「死後に131016shiratori魂が還って行く光景」のような静謐さが漂う。
今回は、2013年の今年完成した九州の山中に咲いていた桜をモチーフとした新しい組作品と、未発表の北海道の風景画を展示。詳細は会場HPなどで。
・会 期 :2013年10月16日(水)〜27日(日) 会期中無休 
・時 間 :10:30〜22:00  
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
・入場料 :無料
・お問合せ:ト・オン・カフェ TEL 011-299-6380 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

あべ弘士 絵本原画展@岩内町

 旭川出身の絵本作家・あべ弘士さん(1948年生れ)の世界を紹介。「現代版北前船の旅」に乗って道内各地から本州の日本海側の街々で展示され、京都まで旅した「かちかち山」「トラのナガシッポ」の絵本原画を中心に展示する。130928abehiroshi詳細は、木田金次郎美術館HPの案内欄で。
・会 期 :2013年9月28日(土)〜10月27日(日)
・休館日 :月曜日(但し、祝日にあたる場合はその翌日)
・時 間 :10:00〜18:00(入館17:30まで)
・会 場 :岩内町・木田金次郎美術館 展示室4
      (後志管内岩内町万代51−3 地図
・入場料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 0135-63-2221 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

JRタワー10周年記念 藤倉英幸作品展「静かな風を聴きながら」@札幌

 JR北海道の月間車内誌「THE JR Hokkaido」の表紙絵でもお馴染の、イラストレーター藤倉英幸氏の作品展を開催。表紙連載20年を迎えた記念として今年5月、ここ3年間の近作を中心にした作品集「静かな風を聴きながら 北海道63景」(共同文化社)=書籍情報=が出版された。本展ではその全原画に、これまでの表紙絵の中から選りすぐった作品を加え、約100点を展示。「藤倉英幸は、北海道を旅する中で出会った風景を、独自のはり絵技法によって詩情豊かに描いてきた。それは物語として紡がれた、彼の旅の記憶でしょうか。大地のぬくもりを感じさせる作品は、あなたを季節をめぐる小さな旅へといざないます。会場では、作品集や絵はがき集の販売も予定しています」とのこと。131012fujikura詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2013年10月12日(土)~10月27日(日) 会期中無休
・時 間 :10:00〜19:00(入場は18:30まで) 
・会 場 :札幌・JRタワープラニスホール
      (中央区北5西2 札幌エスタ11F 地図) 
・入場料 :無料
・主 催 :札幌駅総合開発株式会社、ニセコ町・有島記念館、倶知安町・小笠原脩記念館
・お問合せ:札幌駅総合開発株式会社 文化事業部 
TEL.011-209-5075(寳地、吉田) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 美術 

夏の企画展示「巨大ワニと恐竜の世界 ―巨大爬虫類2億3千万年の攻防―」@札幌

陸上の王者ティラノサウルスvs水辺の王者デイノスクス。どちらも体長10メートルを超す巨大な絶滅動物。ワニと恐竜は、共に約2億3千万年前に地球上に現れた。その後、現在まである時は競争し、またある時は共存しながら進化していく。「巨大ワニと恐竜の世界」展では、約2億3千万年前までさかのぼり、ワニの進化と恐竜との争いを紹介する。約2億3千万年前(三畳紀後期)の南米大陸、約1億5千万年前(ジュラ紀後期)の北米大陸、約1億年前(白亜紀中頃)のゴンドワナ大陸、そして恐竜が絶滅する直前の約7千万年前(白亜紀末)の北米大陸といった世界が、時空を超えて北海道大学総合博物館によみがえる。北海道初公開の標本を多数そろえ、巨大ワニや恐竜化石など約50点を展示する。詳細は同館HPの案内欄で。130719kyodaiwani
・会 期 :2013年7月19日(金)~10月27日(日)
・休館日 :月曜定休
・時 間 :10:00〜16:00 
・会 場 :札幌市・北海道大学総合博物館
      1階「知の統合」コーナー、3階企画展示室 
      (北区北10西8 北大構内 アクセス) 
・入場料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 011-706-2658 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

日本クラフト紀行6 てしごと しこくらし 「SHIKOKU CRAFT 2013」@札幌

札幌芸術の森では、様々な土地の工芸文化を紹介する「日本クラフト紀行」第6弾として、「手しごと しこくらし SHIKOKU CRAFT 2013」を開催する。四国では、徳島、香川、愛媛、高知の4つの県が、それぞれの気候・風土の中で、長く手仕事の伝統を育んでた。近年ではその技を生かしつつ、現代の生活にもなじみやすくアレンジした、デザイン性の高い生活道具も数多く生まれている。130824shikoku今回は、4県で活躍する約50の作り手の仕事を紹介。詳細は札幌芸術の森HPの案内欄で。
・会 期 :2013年8月24日(土)〜10月27日(日)
・時 間 :9:45〜17:00 会期中無休
      (※8月中は17:30まで)
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森美術館
      (南区芸術の森2丁目75、地図) 工芸館 展示ホール
・入場料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 011-592-4122(工芸課工芸係)続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

GCOE第9期成果展示「境界研究―日本のパイオニアたち」@札幌

 境界研究は、境界によって生じる様々な問題を扱う新たな学問領域である。境界によって生じる争いの原因や解決への課題、形成される生活圏とその変容、そして、境界が人々に与える物理的・心理的影響を探る試みである。第9期となる本展示では、シベリア抑留による境界移動の心象を中心題材として描いた画家香月泰男、境界移動によって失われた生地、樺太の位置づけを問う詩人・文筆家工藤信彦、ユーラシアを隅々まで歩き、紛争の現場をとらえ解決に身を賭した国際政治学者秋野豊、島嶼・農山漁村をくまなく歩き、忘れられた日本人の暮らしに光をあてた農民学者・社会運動家宮本常一を、境界研究の先人として、130601kyoukaiその足跡を辿る。詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2013年6月1日(土)~10月27日(日)
  part.1 6月1日(土)〜8月25日(日)香月 泰男、工藤 信彦
  part.2 9月1日(日)〜10月27日(日)秋野 豊、宮本 常一 
・休館日 :月曜定休 (臨時開館8月5日(月)、臨時休館9月8日(日)) 
・時 間 :9:30〜16:30
・会 場 :札幌市・北海道大学総合博物館 2階GCOE展示ブース
     (北区北10西8 北大構内 アクセス) 
・入場料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 011-706-2658 
・主 催 :北海道大学グローバルCOE プログラム「境界研究の拠点形成」
・共 催 :北海道大学スラブ研究センター、北海道大学総合博物館 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 | 美術

第6回(2013)オホーツク網走フィルムフェスティバル(映画祭)@網走市

「オホーツク網走フィルムフェスティバル」が6回目となる今年も開催される。道内ロケ作品2本『網走番外地 南国の対決』、『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』と、話題の秀作映画6本『あなたへ』、『東京家族』、『市民ポリス69 The Citizen Police 69』、『戦 極 BLOODY AGENT』、『汚れなき祈り』、『世界にひとつのプレイブック(Silver Linings Playbook)』あわせて8作品を上映。また、映画監督、原作者、ロケ関係者などによる映画対談、映画教室、映画交流会などを実施。詳細は映画祭公式HPで確認を。 131026ohotsukuF
・日 時 :2013年10月26日(土)、27日(日) 2日間
      両日とも 9:00〜22:00
・会 場 :網走市・エコーセンター2000
      (北2条西3丁目 TEL0152-43-3704)
・入場料 :入場料(映画鑑賞券) 前売1,000円(当日券1,500円)=2日間8作品共通券、
       映画対談と映画教室の参加は無料(映画鑑賞券をお持ちの方限定)
       乳幼児は無料
・主 催 :オホーツク網走フィルムフェスティバル実行委員会
・お問合せ:同実行委員会 TEL&FAX 0152-44-1363 続きを読む

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

〜ある画家の戦前・戦後〜『高橋道雄展』@網走市

 網走市生まれの洋画家、高橋道雄さん(1908〜1979年)の画業を紹介する企画展。時代の波に揺れながら、オホーツク網走から東京、富山、愛知へと歩んだ画家の戦前・戦後を中心に、アトリエで発見された未公開作品を含めて、会期を分けて紹介する。詳細は会場HPの年間スケジュール欄などで。
・会 期 :前期 2013年8月31日(土)~9月29日(日) 130831takahasimichio
      後期 2013年10月3日(木)~10月27日(日)
・休館日 :毎週月曜、8月5日(月)12日(月)19日(月)
・時 間 :9:00~17:00(初日のみ午前10時から)
・会 場 :網走市・網走市立美術館(南6条西1丁目 地図)  第1・第2・第3展示室
・入場料 :高校生以上500円(400)、小中学生 250円(200)
       *( )は20名以上の団体料金
       * 市内小中学生は土曜日無料
       *9/13〜9/16(敬老の日)は“敬老の日週間”として60歳以上無料
・お問合せ:網走市立美術館 TEL 0152-44-5045   
・参 考 :網走ロケーションガイドの高橋道雄氏紹介欄      続きを読む

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2013年10月26日

都死ーURBACIDE Ricard Dies Baeza×Hal Tanaka

 最果ての舞踏を街に放て! 田仲 ハルの舞踏パフォーマンス&アーティストトーク&リカルド・バエザの写真展。リカルド・バエザは2013年、写真集「URBACIDEー都死ー」を発行し、世界の都市の現実や人々をテーマに、シャープなフォルを切り取るストリートフォトグラファーとして活躍。写真集の発売記念で、今回は北海道に初上陸。「田仲ハルをモデルとし、共同制作をしたい」とのオファーを受け、CONTE-Sapporoで企画が実現することになったもの。フォトグラファーと舞踏家のコラボ。「ただの写真家と被写体の関係だけではなく、日本最北端の孤高の舞踏家が、まるで野に放たれるがごとく町中の至る所にゲリラで出没し、都市の幻影と現実の対比をスッパ抜きます。田仲ハル舞踏団のメンバーも、モデルとして札幌市内〜小樽市内〜室蘭市内と、街の至るところを駆け巡り、リカルド・バエザが追う。(中略)日頃見慣れた都市の日常風景に、舞踏(BUTOH)という異分子が投げ出されたとき、写真にはどのような事件が起こるのか。御期待下さい。」とのこと。詳細は会場HPの案内欄で。131024toshi
■リカルド・バエザ写真展 「田仲ハルー都死ー」
 2013年10月25日(金)・10月26日(土) 13:00〜19:30 入場無料
■10月25日(金)URBACIDEー都死ー EventT1 「黒舞踏」
  19:30/Open 20:00/Start 1,500円1ドリンク付き。
  リカルド・バエザ アーティストトーク+田仲ハル舞踏団・舞踏パフォーマンス
■10月26日(土)URBACIDEー都死ー EventT2 「白舞踏」
  19:30/Open 20:00/Start 1,500円1ドリンク付き。
  リカルド・バエザ アーティストトーク+田仲ハル舞踏団・舞踏パフォーマンス
・会 場 :札幌・Dance & Bodyworks Center CONTE
      (中央区北5条西25丁目4-18フジヒロ北5条ビルB1F 地図
・入場料 :写真展は無料
       舞踏は、10月25(金),26(土)は、2日間とも別内容。
       2日間通しチケットは『2Days割引』2,500円。1公演1,500円。
・主催・お問合せ:CONTE-SAPPORO
・予 約 :info[あっと]conte-sapporo.com TEL 011-688-5116  続きを読む

bluebook at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

やさしいまち「とよひら」福祉フォーラム2013 「もっこす元気な愛」上映会&トークショー@札幌

 障害を抱えながら様々なことに挑戦し続ける熊本市の倉田哲也さん(HP)さんを描いたドキュメンタリー映画「もっこす元気な愛」の上映と、主演の倉田さんのトークショーを開催。倉田さんは、脳性マヒのため両腕が不自由だが、足を自由自在に使いながら、070628mokkosu前向きな日常生活を送っていた。ある日、友人の結婚式場で運命の女性と出会い、二人は結婚を決意。数々の壁にも負けず、二人三脚で歩む姿を描く。監督は「妻はフィリピーナ」で日本映画監督協会新人賞受賞の寺田靖範。2005年、85分。詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年10月26日(土) 13:00開場、13:30開演
・会 場 :札幌市・豊平区民センター 2F大ホール
      (豊平区平岸6条10丁目 地図 TEL 011-812-7181)
・入場料 :無料(事前の申込不要) 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2013年10月25日

CHIE SOLO EXHIBITION  「FOPPISH GIRL  ドアをひらきに-Experimental examination-」@札幌

 札幌在住のペン絵のアーティストCHIEさんの個展。白紙に紺色で描かれたFOPPISH GIRLの世界を展開。2012年、第15回岡本太郎現代芸術賞に入選、第15回岡本太郎現代芸術賞展に出展するなど全国で活躍中。CHIEさんが生んだFOPPISH GIRLは、紙袋を被ったオシャレっ娘。「気持ちを伝える事が苦手なCHIEの代わりに、日常でCHIEの感じた嬉しい・悲しい・衝撃を、分身となって動きひとつのストーリーを作り上げ」ているそう。今回は、新しい景色への期待をこめて、今までと違う試みの作品を展示する、とのこと。2部連続企画の第2部。詳細は、作家HPの案内欄などで確認を。131012chie02
・会 期 :2013年10月12日(土)〜25日(金)
・時 間 :19:00〜24:00 無休
・会 場 :札幌・cafe & Bar room
      (中央区大通西17丁目カサフォルテ2F)
・入場料 :無料 
※ 会期中ずっとはお店にいません。でも、ちょこちょこいます。とのこと続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2013年10月23日

エルプラ・シネマ10月上映 ドキュメンタリー「BASURA」@札幌

 札幌エルプラザ情報センターでは、所蔵する映像資料の上映会を8月も2回開催する。今回の上映作品は、四ノ宮 浩(しのみや・ひろし)監督のドキュメンタリー「BASURA バスーラ」(2009年)を上映。世界の貧困の象徴だったフィリピンのゴミ捨て場の街「スモーキーマウンテン」。そこで暮らしていた子供たちの足跡をたどることで見えてきた091114basuraゴミをめぐる根深い問題と、過酷な現実を追う。詳細は会場HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年10月9日(水) 14:30
      2013年10月23日(水) 18:00
・会 場 :・会 場 :札幌エルプラザ(北区北8条西3丁目)1階 情報センター
・参加費 :無料、事前申込不要
・主 催 :札幌エルプラザ 情報センター
・お問合せ:同センター TEL 011-728-1223 

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

札幌国際芸術祭2014プレイベント第1弾 「札幌芸術文化史を知ろう!」第9回@札幌

  創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会(会長:上田文雄)では、2014年夏に初開催する札幌国際芸術祭2014のプレイベント第1弾として「札幌の芸術文化史を知ろう!」(全10週のトークシリーズ)を開催。札幌の芸術文化史におけるキーパーソンをゲストに、札幌という土地・歴史の中で芸術文化がどのように育まれてきたかなど、現在に至るまでの歩みと現在進行形の動きについて市民と共有する公開トークシリーズ。
 第1回目のゲストは阿部典英氏・佐藤友哉氏・吉田豪介氏を招き「国際芸術祭の軌跡ー国際下術祭は70年代から始まっていたー」をテーマにお話を伺う。2回目以降は10年刻みで80年代、90年代、00年代を。さらに現在の札幌の芸術文化を取り巻く状況をご紹介して行く。詳細は、会場の案内欄や札幌国際芸術祭HPの案内欄右チラシ(PDF)で。130828geijustubunka
・テーマ :札幌のパブリックアート ―公共空間におけるアート作品―
・ゲスト :臼井幸彦氏、国松明日香氏、濱田暁生氏
・日 時 :2013年10月23日(水) 17:30〜19:00
      ※ 8月28日(水)〜10月30日(水) 毎週水曜日(全10回)
・会 場 :札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ) 北2条広場 sapporo north2
・参加料 :無料
・主 催 :創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会
      国際芸術祭事務局(札幌市観光文化局 国際芸術祭担当部)
・お問合せ:同事務局 TEL 011-211-2314 続きを読む

bluebook at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 | 美術

2013年10月22日

エリー・カーペンター氏講演会 「Nuclear Culture - 核をめぐる文化 」@札幌

 S-AIRアワードの秋のレジデンスプログラムは、科学とアートの関係性を展開するプロジェクトをコミッションする非営利団体アーツ・カタリストとの連携で、「Nuclear Culture(核をめぐる文化)」というプロジェクトを2年次計画の第1弾として実施。
 1年目は、リサーチレジデンスとして、このプロジェクトを主導するキュレーターのエリー・カーペンターさんをお迎えし、札幌、名古屋、東京で、リサーチを行う。来年度の展覧会に向け、日本における〈核をめぐる文化〉とはどのようなものなのか、特に3.11後のアーティストたちの活動や表現にどのような変化や影響があったのか調査を行う。今回のレクチャーでは、彼女の現在のリサーチ分野を中心に紹介。詳細はS−AIRブログの案内欄やFACEBOOKの案内記事などで。131022ele
・タイトル:Nuclear Culture -- 核をめぐる文化
      エリー・カーペンターによるレクチャー
・講 師 :Ele Carpenter - エリー・カーペンター
       キュレーター
       ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ芸術学部で教鞭を取る。
       http://www.gold.ac.uk/art/research/staff/ec/01/
       http://www.elecarpenter.org.uk/
・日 時 :2013年10月22日(火) 18:15より
・会 場 :札幌市・北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院
      (札幌市北区北17 条西8 丁目)6階
      608ビデオスタジオ付小講堂
・参加費 :入場無料。予約不要。当日直接会場へ
・主 催 :北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院、文化庁、NPO法人S-AIR 
・講演についてのお問合せ:浜井研究室 hamai[あっと]imc.hokudai.ac.jp  続きを読む

bluebook at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

BD作家アルチュール・ド・パンス公開特別授業@札幌

 アルチュール・ド・パンスは、BDとアニメーション作品を手がける作家/イラストレーター。Spirou、Fluide Glacial、Euro manga などの雑誌にBD作品を掲載。「セクシュアリティ」をテーマに数々のアルバムを発表。その後、アニメーションの分野へも活動を広げ、『ケザコ?』(コレなんだい?)などの短編のほか、アニメーションとBDと両方の媒体による作品『カニの歩み』シリーズを制作。アニメシリーズ『びっくりマジック・ファミリー 』は、世界各国で放送され人気を呼んだ。明るくユーモアに溢れた画風で、子ども心を揺り起こすカラフルでポップな世界を展開している。10月20日に東京ビッグサイトで開催される海外マンガフェスタへの招聘作家の一人でもある。131022BD今回、作家が来日し、札幌でも公開特別授業を行う。フランス語・日本語(逐次通訳付)。詳細は主催者HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年10月22日(火)  17:00〜18:00
・会 場 :札幌・代々木アニメーション学院札幌校
      (中央区南三条西6-3-2) 
・入場料 : 無料。要事前申込。
・お申込み:札幌アリアンス・フランセーズ TEL 011-261-2771 続きを読む

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | 文学

吉井光子 絵画展 「記憶の中の風景」@札幌

 札幌のベテラン画家、吉井光子さんの個展。今回は、吉井さんが6年前から手掛けているシリーズ「記憶の中の風景」がテーマ。「絵に出てくる 「太陽」 「鳥」 「花」 は、自分の中にある 「希望」 「幸せ」 「優しさ」 をそれぞれ表したもので、自分が鳥になった目線で静かな風景を眺めている…、そんな気持ちで描いたものです」とのこと。131003yoshii詳細は、会場のカフェエスキスHPの案内欄で。
・会 期 : 2013年10月3日(木)〜22日(火)
・定休日 :毎週水曜日、10月15日(火)は臨時休業
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで) 
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

機動戦士ガンダムUCユニコーン展〜Road to episode 7〜@札幌

 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から3年後の世界を描いた機動戦士ガンダムUCユニコーンの世界の魅力を、展示や映像、そしてガンプラで紹介する企画展。イベント限定「ガンプラ」の販売をはじめ、10月よりスタートする最新作「ガンダムビルドファイターズ」の紹介コーナーも登場。詳細は、イベント特設サイト131004GundamUnicorn札幌パルコHPの案内欄などで。
・会 期 :2013年10月4日(金)〜22日(火) 会期中無休
・時 間 :10:00〜20:00
       (土曜20:30まで/入場は閉場30分前まで)
・会 場 :札幌パルコ(中央区南1西3)  7F・スペース7
・入場料 :300円、小学生未満は無料
・お問合せ:同店 TEL 011-214-2111 
・主 催 : バンダイ、 ・協力 : 創通 サンライズ
(C) 創通・サンライズ
・公式サイト http://www.gundam-unicorn.net/ 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2013年10月21日

たかはしあきこ「フラミンゴ諸島にて」@札幌

 羊毛フェルトの作家、たかはしあきこさんが個展を開き、作品を131009takahashiakiko展示販売する。詳細は会場HPの案内欄などで。
・会 期 :2013年10月9日(水)〜21日(月) 
・時 間 :13:30〜22:30 (火曜定休)
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養 一階女中ギャラリー 
      (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養) 
・参 考 :INOのイベントBlogたかはしあきこ「羊が猫になる日」展紹介記事(2012/09/26)  

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

飴屋吉丸 個展 其の参@札幌

 札幌の鬼才飴屋吉丸さんの個展。飴屋さんは、往年の少女雑誌や美少女マンガの文脈を踏まえてエロスやホラーやSFの世界を展開。詳細は会場HPの案内欄などで。131009ameya
・会 期 :2013年10月9日(水)〜21日(火) 
・時 間 :13:00〜22:30 (火曜定休)
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養 お風呂ギャラリー
      (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養) 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

遠のいていく風景を求めて 「酒井忠康+その仲間たち」展@札幌

 酒井忠康の書と札幌の美術家(蒼野甘夏、阿部典英、泉修次、柿煕、川上りえ、佐藤潤子、下沢敏也、末永正子、西田陽二、前川アキ、吉田茂)によるコラボレーション展。130926sakai詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2013年9月26日(木)~10月21日(月)
・休館日 :火曜定休
・時 間 :12:00~18:00(最終日16:00まで)
・会 場 :札幌・ギャラリー レタラ(Retara)
      (中央区北1西28-2-35 MOMA place 2&3F)
       地下鉄円山公園下車5分 米領事館前 
・入場無料 
・主催・お問合せ:ギャラリー レタラ TEL 011-621-5600 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

纏う 蔦井美枝子の着尺@札幌

 蔦井美枝子さんの個展。「季節の色を糸に映し 時の響きを織り込めて 一枚の布が生まれました。 ご高覧いただければ幸いです」とのこと。詳細は作家ブログの案内記事などで。131016matou
・会 期 : 2013年10月16日(水)〜21日(月)  
・時 間 :11:00~18:00(最終日17:00まで) 火曜休廊
・会 場 :札幌市・ギャラリー創
      (中央区南9西6-1-36 U-STAGE 1F)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-562-7762 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

西村明美銅版画展 2007〜2012@札幌

 札幌の銅版画家、西村明美さん(HPブログ)の仕事を紹介する企画展。西村さんは毎年、花をテーマにした新作を発表し続けている。今回は、「5年分の作品をチョイスしていますが個展のために印刷し直している作品が多いので新鮮な感じになりました。一度、刷り直してみたいと思いつつ過ぎて来たので良い機会をいただいたことに感謝したします。版画の原版は旧作でも、特に私の制作スタイルではデザインを変え、カラーも変えると別の作品になるうることを再認識いたしました。版を見つめ直す機会となり、何事も一歩進めば学ぶことが多いと感じる秋の日です」とのこと。詳細は作家HPの案内欄などで。130930nishimura
・会 期 :2013年9月30日(月)〜10月21日(月) 
・時 間 :10:00〜17:00(最終日15:00まで) 日祝休
・会 場 :札幌市・ギャラリー山の手
      (西区山の手7条6丁目4-25 地図 TEL 011-614-2918)
・入場無料 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

根釧の美術展− 釧路芸術館コレクションを中心に −@根室市

〜 根室市総合文化会館 開館20周年記念事業 〜
 根室市総合文化会館の会館20周年記念、そして釧路芸術館の「移動芸術館」平成25年度事業として開催する展覧会。釧路芸術館のコレクションを中心に、根室・釧路地域ゆかりの作品40点を紹介します。131017konsen詳細は右チラシや釧路芸術館HPの案内欄などで。       
・会 期 :2013年10月17日(木)〜21日(月)
・時 間 :9:00〜18:00
・会 場 :根室市総合文化会館 多目的ホール
      (曙町1 地図 TEL 0153-24-0381) 
・入場料 :無料 
・お問合せ:根室市総合文化会館 TEL 0153-24-3188 続きを読む

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2013年10月20日

北海道文化財団×北海道教育大学 連携事業  川俣正のアートゼミ in 札幌 受講者募集@札幌

 パリを拠点に国際的に活躍する美術家の川俣正を講師として札幌に迎え、アートゼミを開催する。最新の海外での活動や出身地三笠で取り組むアートプロジェクト等を中心に、映像を交えながら語っていただく。131020kawamata詳細は北海道文化財団HPの案内欄で確認を。
・講  師 : 川俣 正 (美術家) 
・日 時 :2013年10月20日(日) 14:00〜16:00
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館 講堂
      (中央区北1西17 地図 )
・受講料 : 無料
・募集定員: 200名
・応募資格: 美術等の創作・表現活動、
        企画制作・マネージメントに関わる方または関心のある方
・応募方法: 応募用紙に必要事項を記入の上、北海道文化財団までFAXもしくはメールを
・応募締切: 定員に達し次第、締切
・お申込み: (公益)北海道文化財団
         TEL011-272-0501 FAX011-272-0400   murayama-w[あっと]haf.jp
・お問合せ: 北海道教育大学岩見沢校 芸術文化コース アートマネージメント美術研究室(三橋純予)
         TEL0126-32-0401  mitsuhashi.sumiyo[あっと]i.hokkyodai.ac.jp
・応募用紙(エクセルファイル)→ http://haf.jp/pdf/2013artzemi_form.xls 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

保守の新星×原発移住者と考える 北海道の未来のつくりかた〜中手聖一さんと中島岳志さん〜@旭川市

 TPP、原発、憲法改正・・・自分にカンケーない、と思っていませんか。でも、リーマンショック、3.11を経て、フツーの人々ひとりひとりが「自分はどんな世の中を望むのか」「どんな生活を送りたいのか」声に出したほうがいいんじゃない?と感じる人が増えてきています。そんなとき、考えかたの根っこ=思想がないと、いったい何を選べばいいのか、わからなくなってしまいます。そこで、保守の本流を自認し、地域活性化を実践する北大准教授の中島岳志さん、福島原発事故で札幌に移住、道民として起業も始めた中手聖一さんと、北海道の未来について考える会を企画しました。エネルギー/防災/雇用/地域再生・・・暮らしやすい北海道をつくるために、みんなで131020mirai一緒に考えてみませんか。(主催者HPより)。
・日 時 :2013年10月20日(日)  14:00〜16:30
・会 場 :旭川市・シアターカンダ
      (旧 国民劇場、旭川市3条通8丁目 神田館3F)
・資料代 :500円/しょうがい者・高校生以下無料
・託 児 :一人200円(10/17までに申込を 0166-25-3169まで)
・主 催 :チーム今だから続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

「KAZUYA 〜世界一売れないミュージシャン〜」凱旋上映会@遠軽町

札幌のシンガーソングライター、KAZUYAを追ったドキュメンタリー映画『KAZUYA 〜世界一売れないミュージシャン〜』の出身地、遠軽町での凱旋上映が決定した。映画は、ほぼ札幌のみで活動するミュージシャンKAZUYAの記録。狂的なファンを獲得したバンド PHOOL(フール)で10年間活動するも解散、その後10年間のソロ活動も何も起こらず、いつしか51歳を迎えてしまった。才能はあるが客は集まらず、20年間定職につかず音楽だけの日々。売れないミュージシャンの苦悩の130305kazuya生きざまを追ったドキュメンタリー映画。田村紘三監督。2012年/96分/製作:KAZUYA映画実行委員会。上映の詳細は映画公式FACEBOOKで。
・日 時 : 2013年10月20日(日) 13:00、 17:00 
・会 場 :遠軽町・ホテル サンシャイン 2階大ホール
       (遠軽町大通北1丁目  TEL 0158-42-1151)
・入場料 :前売 1,200円(当日 1,500円)
・お問合せ:パナシェ青木 TEL 0158-46-3120 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

ICAF2013 札幌@札幌

 ICAF(インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル)2013が札幌で開催される。ICAFとは、アニメーションを専門的に学ぶことのできる教育機関が推薦する学生作品を一同に集めた、学生のため本格的なアニメーションフェスティバル。2002年から開始され今回で11回目。東京・京都・金沢・札幌で開催される。北海道からも、北海道教育大学、専門学校 札幌マンガ・アニメ学院、札幌市立大学の3大学の学生作品が上映される。プログラムや詳細は案内欄で。131017ICAF2013
・日 時 :2013年10月17日(木)〜20日(日)
・時 間 :案内欄
・会 場 :札幌・北海道安達学園 2号館8階 大通公園ホール
      (中央区大通西9-3-12)
・入場料 :無料
・協 力 :北海道アニメーション教育協議会  続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

地を駆ける 長倉洋海展@釧路市

 釧路市出身の長倉 洋海さんは、フリーの写真家として世界各地を飛び回り、制作を続けてきた。本展では、活動の原点となったアフガニスタンにおける「マスードの記録」から、極北グリーンランドと赤道直下の島を捉えた写真群、さらに東日本大震災後の東北三県の子どもたちを撮影した近作まで、人間像を追った23年に渡る活動の軌跡を紹介する。130921osakura詳細は釧路市立美術館HPの案内欄で。
・会 期 :2013年9月21日(土)〜10月20日(日)
・休館日 :月曜休館、ただし9/23(祝・月)、10/14(祝・月)は祝日のため特別開館
・時 間 :10:00〜17:00
      ただし、会期中の毎週金、土曜日は午後8時まで開館
・会 場 :釧路市立美術館
      (幣舞町4番28号 釧路市生涯学習センター3階 地図
・入場料 :一般 前売400円(当日600円)、大学生以下無料 
・お問合せ:同館 TEL 0154-41-8181 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 写真 

生誕110年 岩橋英遠展@滝川市

 〜人は自分の虹しか見る事が出来ない。〜
 滝川市出身の日本画家、岩橋英遠(1903〜1999年)は、生涯にわたって自分の“虹”を求めた画家。「有縁とは自分にそれを識る用意があったという事であろう」「虹は一人一人のもので、人は自分の虹しか見る事が出来ない」という言葉を残した。道産子として自然を描いた作品は、根源的な生命力と幻想的で雄大な風景表現に結実していく。本展では、画家の代表作など30余点と雲や水を描いたパステル画、さらに画家の創造の葉畏敬を知る手がかりとなるスケッチ張や素描などを特別公開。130907iwahashi詳細は会場HP等で後日紹介される見込み。
・会 期 :2013年9月7日(土)~10月20日(日)
・休館日 :月曜
・時 間 :10:00~17:00(入場は16:30まで)
・会 場 :滝川市美術自然史館(滝川市新町2丁目5-30)
・入館料 :一般 前売500円(当日700円)、高校生以下無料
・主 催 :「生誕110年 岩橋英遠展」実行委員会
・お問合せ:滝川市美術自然史館 TEL 0125-23-0502 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

アニメーション × ドキュメンタリー映画 『はちみつ色のユン』上映会@幕別町

 韓国からベルギーの一家に養子として迎えられた少年の半生を、本人である作者自身が共同でメガホンを取った「はちみつ色のユン」を上映。朝鮮戦争後に4人の兄妹のいる家族の一員となったユンが、血のつながりのない家族や外国人として好奇の目で見られる学校の中で成長していく姿をアニメとドキュメンタリーを融合し活写。2012年、フランス/ベルギー/韓国/スイス、75分。監督・脚本・原作: ユン。上映の音声はフランス語(日本語字幕付き)。上映の詳細は主催のとかちミニシアター実行委員会の案内欄で。131020yun
・日 時 :2013年10月20日(日) 10:00、14:00
       いずれも上映後に15分程度の解説付、その後お茶会あり
・会 場 :幕別町百年記念ホール 講堂
       (幕別町千住180-1 TEL 0155-56-8600)
・入場料 :一般800円(事前予約700円)、高校生以下500円(事前予約400円)
       小学生以下無料
       事前予約は、tokachi.mini.theater[あっと]gmail.com まで。
       予約の際は、午前の部か午後の部かをお知らせください。
・主 催 :とかちミニシアター実行委員会  続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

★挿絵が僕らにくれたもの―ジブリが読み解く“通俗文化の源流”―@札幌

スタジオジブリ宮崎駿が現代のファンタジーの源泉だと語る、民俗学者アンドルー・ラング(1844〜1912年、英)による世界各国の童話集の挿絵を紹介する。妖精や怪物、ドラゴンなど想像力あふれるイメージによる挿絵を拡大複製して展示。風格ある図書室ふうの展示に、宮崎自身の解説つき。他に、同じく影響を受けたロシアの挿絵画家ビリービンや国内外の名画なども写真パネルで紹介します。宮崎駿の創造の原点とも言えるファンタジーの世界。三鷹の森ジブリ美術館企画による巡回展。詳細は道立文学館HPの案内欄で。
・会 期 :2013年9月7日(土)〜10月20日(日) 130907sasie
・休館日 :9月9日(月)、17日(火)、24日(火)、30日(月)、
      10月7日(月)、15日(火)
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌・北海道立文学館 特別展示室
      (中央区中島公園1-4 地図 TEL 011- 511-7655)
・入場料 :一般600(480)円、高大生350(280)円、小中生250(200)円
       ( )内は10名以上の団体料金
・主 催 :北海道立文学館 公益財団法人北海道文学館  
・お問合せ:北海道立文学館  TEL 011- 511-7655  続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | 文学

2013年10月19日

札幌出張レコ部 〜レコード収穫の秋〜@札幌

 いつもレコードのことばかり考えている人のためのレコ部の札幌支部「札幌出張レコ部」。 今年初開催された札幌出張レコ部が早くも帰って来る! なんと今回は『誰も知らないことばかり』『エイジ・オブ・ヴィンテージ』などのジャズをベースに「ヒップな」ナイスミュージックを世に送り続ける、矢舟テツロー(シンガーソングライター&ピアニスト&ヴォーカリスト)氏が初来札! 矢舟テツロー氏によるピアノ弾き語りライブはもちろん、
おなじみ冗談伯爵こと前園直樹氏のライブも行います! Takechas Records / タケチャス・レコーズやLOVE SHOP RECORDの出張販売も。(以上、FACEBOOKの案内欄より)。
【出演者】 131019sapporoSR
   常盤 響
   前園直樹(冗談伯爵)
   矢舟テツロー ※北海道でのライブは今回初
 サポートDJ:
   MATSUDA
   マイクヨージ(スカシラーキン)
【出店】
   Takechas Records / タケチャス・レコーズ
   LOVE SHOP RECORD
・日 時 :2013年10月19日(土) 17:00〜24:00 
・会 場 :札幌市・HIPPIES SAPPORO
      (中央区南7条西2丁目1-3 リバーサイドビル1F南向 鴨々川沿い) 
・参加料 :2,500円(1ドリンク込み) sappororecobu[あっと]gmail.com
・お問合せ:TEL 011-556-5246
※ 翌日10/20(日)『矢舟テツロー、前園直樹ライブ〜札幌出張レコ部アフター』も開催
   https://www.facebook.com/events/564231813629907/ 続きを読む

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | その他

ブレーメン館10月研究会 阿部敏夫さん「民間説話伝承から北海道の生活・文化を探る ―地域・移住・生成―」@札幌

 「自由な発表と幅広い交流の場」をモットーに、同人誌発行や上映会、山中貞雄監督からアンゼルム・キーファー、ホロコースト漫画「マウス」まで幅広く論じる「ブレーメン館」の研究会。今回は、北海道の民間説話研究者の阿部敏夫氏が「民間説話伝承から北海道の生活・文化を探る ―地域・移住・生成―」と題して発表する。蝦夷地から北海道と呼ばれるようになった1869年(明治2)以降の近現代、「和人」と呼ばれる人々が、北海道にたくさん移住してきた。移住者達は、厳しい現実に遭遇する中で、自分達の過去の経験をもとに新たな生活・文化を生成して来た。今回は、その様子を「民間説話」伝承の側面から探る。 
・発表者 :阿部敏夫(あべ・としお)
・発表題目:民間説話伝承から北海道の生活・文化を探る ―地域・移住・生成―
・日 時 :2013年10月19日(土)  14:00〜16:00
・会 場 :札幌・北海道情報大学 札幌サテライト
     (中央区北3西7緑苑ビル4F、北大植物園入口正面 玄関南向き 地図
・参加費 :500円。会員と大学生以下無料。予約不要。一般参加歓迎。
・お問合せ:ブレーメン館事務局TEL 011-897-5464 (安高)
      syasutaka[あっと]bear.odn.ne.jp
・ブレーメン館ブログ   http://bremenhouse-sapporo.blog.so-net.ne.jp/
※ これまでの研究会など → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 文学 | その他

+81(プラスエイティーワン)初の単独ダンス公演「全力失踪」@札幌

 国内外で活躍する日本屈指のコンテンポラリーダンサー、柳本雅寛青木尚哉、札幌のダンサー東海林靖志によるダンスユニット「+81」。初の単独公演が札幌で開催。詳細は主催者HPの特設欄、会場HPの案内欄などで。
【出演】 131018kept81
   柳本雅寛、 青木尚哉、 東海林靖志
・日 時 :2013年10月18日(金)、19日(土) 全3回
      18日(金)=19:00 、19日(土)=14:00、18:00
・会 場 :札幌・ターミナルプラザことにPATOS(パトス)
      (西区琴似1条4丁目 地下鉄東西線琴似駅構内 B2F、
       地図 TEL011-612-8383)
・入場料 :前売3,000円(当日3,500円) 学割2,000円(要学生証)
       早期割引2,500円(限定100名、下記アドレスへのメール予約のみ)
・お問合せ:CONTE TEL 011-6885116 info[あっと]conte-sapporo.com 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

秋野豊が残したもの:ユーラシアを駆けぬけた政治学者のメッセージ@札幌

 小樽市生まれ、北大法学部出身のスラブ・ユーラシアを専門領域とする国際政治学者、秋野豊前筑波大学助教授の仕事について、秋野豊に師事した伊藤 庄一日本エネルギー経済研究所)が講演する。秋野氏は、1998年、筑波大学を辞職し外務省に入省、国連タジキスタン監視団に参加。同年7月20日、ドゥシャンベ東方の山岳地帯を走行中、武装集団による襲撃に遭い、同乗者とともに射殺され、48歳の生涯を終えている。講演の詳細は、会場HPの案内欄で。131019akino
・講演者 : 伊藤 庄一(日本エネルギー経済研究所)
・会 期 :2013年10月19日(土) 13:30
・会 場 :札幌市・北海道大学総合博物館 1階「知の交流コーナー」
     (北区北10西8 北大構内 アクセス) 
・入場料 :無料
・定 員 : 60名。 定員を超えた場合は立ち見。
・お問合せ:同館 TEL 011-706-2658 
・参 考 :北大スラブ研究センター 秋野豊氏追悼ページ 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

第3回 北星キネマ塾・映画上映会「Atomic Mom(アトミック・マム)」@札幌

 「北星キネマ塾」と銘打って年5回程度、平和や福祉、貧困などをテーマにした映画の上映会が行われている。その第3回では、アメリカで核の開発に携わつた女性、日本で原爆被害を受けた女性2人を通じて核の真実を描いた映画ドキュメンタリー映画「アトミックマム」(原題 ”Atomic Mom”)を上映。監督であるM.T.シルビアの母親ポウリーンは、1950年初頭に海軍で放射能の熱傷研究をしていた経歴を持つ。長年の沈黙を経て、90年代になって当時を語り始めたポウリーンを、衝撃を持って受け止めたM.T.。彼女の静かなナレーションによって導かれる母と娘の物語は、個の体験を越えて、米国の原子爆弾開発の歴史とそれに沸いた当時の世相、さらには被曝した広島の女性の証言へと展開し、観る者を作品に引き込んでいく。131019hokusei03アメリカ、2010年、87分。詳細は北星学園大学HPの案内欄右チラシ(PDF)で。
・日 時 :2010年10月19日(土) 12:30開場、13:00〜15:30
・会 場 :札幌・北星学園大学 A305教室
      (厚別区大谷地西2丁目3番1号)
・入場料 :無料
・主 催 : 北星学園大学スミスミッションセンター
・お問先せ:西脇 TEL 011-891-2731  続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画