2013年12月

2013年12月31日

札幌駅のJRタワー「アートボックス」2014年度 作品募集@札幌

 JR札幌駅東側コンコースにある展示空間ART BOXは、北海道のアーティストたちに新たな発表の場を提供する目的で、2008年4月にJRタワー1階東コンコースに設置され、2009年5月から公募した優秀作品を3ヵ月ごとに順次展示している。2014年に向けた作品の募集概要が発表された。応募資格は北海道在住の個人、グループであること。131231artbox「多くの人々が行き交うパブリックスペースにふさわしい作品の応募をお待ちしています」とのこと。詳細はJRタワーHPの案内欄で確認を。
・応募期間:2013年9月1日(日)〜12月31日(火) 当日消印有効
・賞金(作品奨励金)
  グランプリ1作品30万円、 優秀賞3作品各 20万円
・審査発表 2014年2月中旬 
・受賞作品発表 2014年3月上旬を予定
※ ART BOXのこれまでの展示、応募概要など → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

2013年12月29日

「ダンスと科学」@札幌

 札幌の舞踏家、田仲ハルや、役者、ダンサー等によるユニット公演。「絶対の存在も無ければ、絶対の無もありはしない。実体を俯瞰した宇宙子科学が、永遠の問いかけをする」。詳細はCONTEサイトの案内欄で。
【出演】 131229dance01
  田仲ハル、櫻井ひろ、森嶋拓、小林なるみ(劇団回帰線)、
  河野千晶(ステージグランプリ)、種村陽子
  照明 秋野良太(actcall)、  音楽 Shohei Takata
  ヘアメイク 佐々木智子、  美術 藤沢レオ、  写真 yixtape
・日 時 :2013年12月29日(日)
       15:30、 18:30 (開場は開演30分前)
・会 場 :札幌・ターミナルプラザことにPATOS(パトス)
      (西区琴似1条4丁目 地下鉄東西線琴似駅構内 B2F、
       地図 TEL011-612-8383)
・入場料 :前売2,500円(当日3,000円) 学割2,000円(要学生証)
・お問合せ:CONTE TEL 011-6885116 info[あっと]conte-sapporo.com 
・提 携 :NPO法人コンカリーニョ
・主 催 :北海道コンテンポラリーダンス普及委員会
・協 力 :CONTE Dance & Bodyworks Center 続きを読む

bluebook at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

2013年12月28日

VJDB@札幌

 2006年に有志が集まって運営を開始したフリースペース「ATTIC」は、2012年に諸事情により運営体制を刷新し、それから約1年半の間運営してきた。今後について様々な案が出たが、現在の経営(利用)状態とATTICという場所の必要性などを考えた結果、2013年末でATTICの閉鎖を決定。その最後のイベントとなる。
 今回出演するVJは全員が『はじめてのVJ』を行う。やってみたいけれど、素人がいきなりVJするなんて正直気後れしがち。「だったら全員初心者ならいいんじゃないか?」と、VJに興味ありそうな大学生・デザイナーなどに声かけてみたところ「とりあえずVJなんとなくやってみる!」という人達が5組集まった。「彼らにとって人生一回こっきりの『はじめてのVJ』どうぞご期待ください。そして『VJDB』を今後VJ発掘のためのプラットフォームにしたいと考えているので、「これからVJをやってみたい」という方には是非来ていただいて「次回VJデビューしたい」とスタッフに声をかけてくれたらとても嬉しいです」とのこと。詳細は、会場HPの案内欄で確認を。131228VJDB
【 VJ × SOUND 】
 ・ ノレ × Diskraken
 ・ s.s.h.h.y.y × Anokos(sound-set)
 ・ DigitalVegital. × anasazi technology
 ・ psycho × まやま
 ・ わじま × kazuhirooikawa(chikyunokiki)
・日 時 :2013年12月28日(金)
・時 間 : 開場/17:30 、開始/17:45、21:00より交流会
・会 場 :札幌・スペースATTIC(中央区南3西6長栄ビル4F )
・入場料 :1,000円(当日のみ)続きを読む

bluebook at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 | 美術

2013年12月27日

ちえりあ冬休み親子映画会「ミッキーマウス」「なかよしおばけ」@札幌

 ちえりあ視聴覚センターが所蔵する約1万本のフィルム・ビデオの中から、お勧めの作品を選んでを紹介する「ちえりあ映画会」。今回は、131227chieriaディズニーを代表するキャラクター、ミッキーマウスが主演する短編アニメーション映画3本と、「なかよしおばけ」シリーズの短編4本を上映。合計で1時間程度を予定。詳細はちえりあHPの案内欄で。
・日 時 :2013年12月27日(金) 9:30開場、10:00〜11:00
・会 場 :札幌市生涯学習センターちえりあホール(西区宮の沢1条1丁目 地図
・入場料 :無料(予約不要、当日直接会場へ)。定員400名。
      要整理券 ※当日9時から会場前で配布。一人1枚限り
・お問合せ:札幌市生涯学習センター 事業課 TEL 011-671-2311 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2013年12月26日

jobin.個展 「ひびをわたって」@札幌

 札幌を拠点にモビールや照明を主に展示、装飾で活躍する若手、jobin.さんの年末の個展。これまでにも、毎春恒例のpateさんとの2人展「ハルナデ展」や自らの個展で、動物達をカラフルな色彩で幻想的に描いた作品を多数発表している。この秋にギャラリー門馬ANNEXで個展を行い、「秋では主役の舟が港について、いろんな舟との場面ができました。てを長くとめる事無く新たな旅がはじまり、今は兵庫県に着いています。そして、また札幌はトオンカフェさんに戻ってまいります。どんな場所に舟が着くのか楽しんでいただけましたらと思います」とのこと。詳細はFACEBOOKのイベント欄で。
  [会場音楽/CD制作] 佐々木恒平 http://koheisasaki.net/ 131210jobin
  [冊子装丁]     藤井湖弓 http://ohayo-gallery.com/ 
  「ひびきわたって」磯部 和宏(スモゥルフィッシュ) ×jobin. 
・会 期 :2013年12月10日(火)〜26日(木) 会期中無休
・時 間 :10:30〜22:00  
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
・入場料 :無料
・お問合せ:ト・オン・カフェ TEL 011-299-6380 
※ アコースティックライブ 12月15日 15:00 open 15:30 start 
   500円(別途要オーダー)  お問い合わせ jobin55[あっと]hotmail.com
 [LIVE] 磯部 和宏(スモゥルフィッシュ) http://smoulfish.hippy.jp/ 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

2013年12月25日

芸術の森クリスマスアート展 2013@札幌

 札幌芸術の森では毎年、地元の工芸作家やイラストレーター、造形家などにクリスマスをテーマとした作品の制作を依頼。クラフトだけでなく、デザインや絵画、オブジェなど幅広い分野の作家が参加。素材や分野によって作家それぞれが表現する「クリスマスのかたち」の違いを楽しめるとともに、作り手が作品に込めたメッセージを伝える。会期中はクリスマスをテーマとした各種講習会も開催。詳細は会場HPの案内欄で。
【出品作家】 (五十音順) 131123Xmas
  朝田千佳子、阿部宏行、天野澄子、石黒いづみ、伊藤啓子、
  岩田和美、岩寺かおり、岩間隆、岩本明子、臼田健二、
  うちだあきえ、Wood Cards Labo-Chiristmas Edition、
  恵波ひでお、エムデザインスタジオ、小鹿野雅允、海藤慎治、
  加賀谷健至、家具工房 舵瑠屋、笠井恵子、北川智浩、
  木下和子、クリスノゾミ、小寺貴子、櫻田真理、佐々木小世里、
  佐藤あゆみ、佐藤正人、澤口弘子、柴田祐子、島田晶夫
  下村好子、STADIO kamokamo、住田文生、田島通子、
  田中美穂子、丹羽シゲユキ、千葉竜也、戸田清美、難波弘行、
  西野由希子、西本久子、二戸春康、能味恵子、ハンマーヘッド工房、
  福永浩太、福盛田眞智子、古川世都生、本田麻亜沙、Maaya、
  前田育子、松崎孝一、三浦忠司、三上慶耀、巳亦敬一、
  みやはらみゆき、森まゆみ、森川心子、米坂豊樹、若林克友、
  和田可奈恵、上田政臣※、大賀千尋※、小林優衣※、近藤九心※、
  澤口将達※、古林玲美※ (※札幌芸術の森)
・会 期 :2013年11月23日(土・祝)〜12月25日(水) 
・休館日 :月曜(祝日の場合翌日)休館
・時 間 :9:45〜17:00
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森 工芸館 展示ホール
      (南区芸術の森2丁目75、地図) 
・入場料 :無料
・主 催 : 公益財団法人札幌市芸術文化財団
・お問合せ:同館 TEL 011-591-0090 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

2013年12月24日

韓国光州ニューアートグループ 北海道・光州交流展@札幌

 「北海道文化財団はアジア文化中心都市を目指す韓国光州広域市に着目し、2007年に韓国演劇協会光州広域市支会と交流意向書を締結し、以来演劇交流公演を毎年行っております。さらに2011年には韓国光州文化財団と「交流協力に関する協定書」を締結し、演劇だけではなく美術や音楽交流などさらに両地域の文化芸術交流活動を推進していくこととしております。今回の「韓国光州ニューアートグループ北海道特別招待展」は光州の若く情熱を持ったアーティスト11名と道内作家4名の作品を展示します」(以上、CAI現代芸術研究所HP案内記事より)。131210kankoku
・会 期 :2013年12月10日(火)〜24日(火) 
・時 間 :13:00~23:00 (最終日16:00)
・会 場 :札幌・CAI02(中央区大通西5丁目 昭和ビルBF2) raum2
・入場無料
・主 催  :GNG(Gwangju New Art Group/光州ニューアートグループ)
・主 管  :韓国光州文化財団 公益財団法人北海道文化財団
・後 援  :全南大學校ユーラシア研究所
・お問合せ:CAI現代芸術研究所 TEL 011-802-6438 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

2013年12月23日

北海道芸術学会アートトークvol.30 「ギターのデザインは何を奏でるか?」@札幌

 北海道芸術学会では、広く芸術分野に携わる方を招いてアートトークを開催している。第30回目となる今回は、新進気鋭の若手美学研究者であり、2012年にはCDデビューしたロックミュージシャンでもある春木有亮さんが、「ギターのデザインは何を奏でるか?」と題して講演する。ピアノ(キーボード)とならんで、私たちにとってもっとも親しみ深い楽器であるギター。ヨーロッパで生まれたギターは、アメリカに渡って、ある「メタモルフォーゼ(変態)」をとげるとともに、世界中に広まった。エレクトリック・ギターはなぜ生まれたのか。赤いギターはいつ現れたのか。ちょっと素敵な「眼で見るギター」の魅力を説き明かす。131223guitar詳細は北海道芸術学会HPで。
・講 師 :春木 有亮(はるき ともあき)(北見工業大学准教授、フランス美学)
・司 会 :山際 晶子(やまぎわ しょうこ)(北海道開拓記念館学芸員、日本美術史)
・司 会 :今村信隆(北海道芸術学会委員/札幌芸術の森美術館学芸員)
・日 時 :2013年12月23日(月・祝) 15:00〜16:30 
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ TEL 011-231-2131)
・入場料 :入場無料。申込不要・当日直接会場に 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) その他 | 音楽

モエレのホワイトクリスマス2013@札幌

 「モエレのホワイトクリスマス」は、今年で11回目を迎えるクリスマスイベント。ガラスのピラミッドを舞台に、札幌市内で活躍する音楽家たち10組が出演。ジャズやクラシック、など様々なジャンルの音楽が楽しめる内容。期間中はピラミッド前庭でスノーキャンドルを灯すイベントも開催。詳細は、会場HPの案内欄で。131222moereXmas
・日 程 :2013年12月22日(日)~23日(月祝)
・時 間 :14:00〜19:30(予定)
・会 場 :札幌・モエレ沼公園 (地図) ガラスのピラミッド[HIDAMARI] 
・入場料 :一般300円、高大生200円、小中生100円  
      ※小学生未満、65歳以上の方無料
・主 催 :(財)札幌市公園緑化協会
・お問合せ:TEL 011-790-1231 
※12月21日(月)に無料のプレコンサートイベントあり 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 音楽 

浦田久「さっぽろ昭和の街角グラフィティー」原画展@札幌

 昭和20〜30年代の懐かしい札幌の街角風景を浦田久さんのカラースケッチで再現し、一冊の本にまとめた「スケッチで見るさっぽろ昭和の街角グラフィティー《愛蔵版》」(税込3,360円)=書籍情報=が2013年12月13日、亜璃西社から出版された 。その中から、原画約30点を、当時の想い出や現在の写真と併せて紹介する。詳細は札幌の観光文化情報ステーションHPの案内欄などで。131217uratahisashi         
・会 期 :2013年12月17日(火)〜23日(月祝)
・時 間 :9:00〜18:30
・会 場 :札幌市資料館 (中央区大通西13丁目 地図) 2階  ギャラリー5
・入場料 :無料
・お問合せ: 亜璃西社 TEL 011-221-5396 
※ 刊行記念トークイベント 12月17日(火)13:30〜14:30 
  「昭和の消えた街並みを語る」
  浦田久(著者)と和田由美(亜璃西社社長・エッセイスト) 
  同会場2階の研修室にて。事前予約不要、参加無料。 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | 文学

★ Reguregu 「よどみのくに展」@札幌

 札幌で、フェルト人形を使ったストップモーションアニメを制作、可愛らしくてユーモラス、でもちょっと怖い大人の世界を描くReguRegu(小磯卓也、カヨ両氏の2人組)の個展。初の作品集「ゆめとあくま」(2011年12月、secreta trades)=DVD情報=に続き、2014年1月22日に、DVD作品集第2弾「よどみのくに」
がリリースされるのを記念した展示を行う。「映像作品の出演者や新作の人形達と一緒にお待ちしております。会場にてDVDの先行販売も予定しています」とのこと。
 ReguReguは、個展では、2年前に、羊毛フェルト製の人間と剥製の動物達という色々な毛を融合させて新しい生物を作るという「混ざった世界」(参考:作家HPの案内欄記事)を、昨年は「うさぎ」をテーマに、「いつもの“かつて命を包んでいた素材”を使って「可愛気の復活」を目指」す展示(記事)を開催している。131218yodominokuni今回の展示の詳細は、作家ブログの案内欄で。
・会 期 :2013年12月18日(水)〜23日(日) 会期中無休
・時 間 :13:00〜22:00
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養 
      (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養) 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 美術 | 映画

『欲情の浴場』すが文彦展@札幌

 札幌在住のイラストレーター、すが文彦さんのドローイング原画展で、昨年末に引き続いての開催。展示タイトルは作者のユーモア。「欲情の浴場」(記事)と題された昨年も、東欧の版画を想わせる細密描写で、独自の幻想世界を展開した。詳細は会場HPの案内欄などで。131218sugafumihiko
・会 期 :2013年12月18日(水)〜23日(月) 
・時 間 :13:00〜22:30 (最終日18:00まで、火曜定休)
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養 1階 お風呂ギャラリー
      (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養) 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

すずきもも個展 かぼちゃのちゃちゃちゃの巻@札幌

 札幌在住のイラストレーターすずきももさんの毎冬恒例の小さな絵本をテーマにした個展。今年で4回目。今回はかぼちゃをテーマにした小さな絵本の原画のほか、保育雑誌で連載した挿絵やお仕事の絵、「ちょこっと」で連載した給食の原画なども展示。ほかに本と雑貨、前回人気だったコーヒー豆とかぼちゃのお菓子を用意。「忙しい年末の開催ですが、ちょっとだけのんびりしにきてくださいね」とのこと。詳細は、会場HPの案内欄で。131219suzukimomo 
・会 期 :2013年12月19日(木)~23日(月祝)
・時 間 :12:00~19:00(最終日は17:00まで)
・会 場 :札幌・cholon 2階スペース
      (中央区南1西12 ASビル1階 電車通り沿い南向き)
・入場料 :無料
・お問合せ:同店 TEL 011-210-0787 

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

松井紫朗 ココトソコノアイダ@札幌

 新鮮で意外性に満ちた空間概念を提示しつづけてきた美術家、松井紫朗(1960年生まれ)の作品世界を紹介する企画展。今回は、90年代に制作されたシリコンラバーの作品やユニークな形状を持つ容器や水槽を使った作品に加え、《Garden Picture》と題された近作絵画、国内外で実現したインスタレーションの画像や資料等によって、アーティストの今日までの創作と思考の歩みをたどる。130921mastui詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2013年9月21日(土)〜12月23日(日)
・休館日 :火曜日
・時 間 :10:30〜19:00
・会 場 :札幌市・札幌宮の森美術館 (中央区宮の森2の11-2-1)
・入場料 :(企画展+コレクション展示)
        一般800円 シニア(60歳以上)高大生600円 中学生以下無料 
       松井紫朗展と旧館グラフィック・ギャラリー(平日のみ開館)に入場OK 
・主催・お問合せ:札幌宮の森美術館 TEL 011-612-3562  
※ 松井紫朗アーティストトーク(9/21(土)18:30 要予約) →  続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

大野耕太郎「うつわ・器・うつわ」展〜使う楽しみ vol.検繊札幌

 青白磁と黄瓷の製作歴20年という陶芸作家、大野耕太郎さん(滝川市陶芸センター所長)の器(うつわ)作品を展示販売。「日々の暮らしの中で使って楽しめる食器、花器などを展示・販売致します」とのこと。詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2013年12月13日(金)〜23日(月)
・時 間 :10:00〜19:00(初日13:00より、最終日18:00まで)
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 2Fギャラリー
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :無料
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2013年12月22日

木版画の変遷〜通から粋へ〜@札幌

 北武記念絵画館が2012年から始めた「木版画の変遷シリーズ」では、浮世絵から創作版画、そして現代へと続く美の軌跡を紹介する。第2回目の本展は、「通(つう)」という知性的な遊楽精神を重んじる美意識から、「粋(いき)」という言葉に代表される、渋い色合いや、媚態を示しながら異性に対して反抗的であろうとする心意気が演じられる時代の特徴を、主に歌川国貞の美人画と役者絵を通して紹介する。131017stuukaraiki詳細は、会場HPの案内欄ほかで。
・会 期 :2013年10月17日(木)〜12月22日(日)
・開館日 :会期中の毎週 木金土日曜日のみ開館
・時 間 : 10:00〜17:00 (入場は16:30まで)
・会 場 :札幌市・ 北武(HOKUBU)記念絵画館
      (豊平区旭町1丁目1-36 地図
・入場料 :大人300円、小中生200円、幼児無料
・主催・お問合せ:北武記念絵画館 TEL 011-822-0306 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

増田寿志展@札幌

 ペンとアクリルを中心に、写実的で生命力あふれる野生生物を描いている、北広島市のイラストレーター増田 寿志(ますだ・ひさし)さん が今年も札幌と東京で作品展を開く。20歳の時に、ワイルドライフアートの画家ロバート・ベイツマンの作品に出会ったことから、イラストレーターの道へ入った。現在、北海道のネイチャーグラフィックマガジン季刊「faura」のイラストなどで活躍している。2007年、十勝の森を描いたアクリルの風景画で、第6回「中札内村北の大地ビエンナーレ」で「あなたが選ぶ北の大地賞」を受賞。今回の展示では、 北海道、アラスカなど北の動物や自然をテーマにした絵画(ペン画・アクリル画)20点ほどと、“faura”に131210masuda連載中の、“鳥への想い”の原画の他、野生動物等の作品も展示予定。また恒例のオリジナルカレンダー(2014年)の販売も行う。詳細は作家HPの案内欄で。
・会 期 :2013年12月10日(火)〜22日(日)
・時 間 :10:00〜19:00(最終日17:00まで)
・会 場 :札幌市・ギャラリーエッセ (TEL 011-708-0606)
     (北区北9条西3丁目9番1号ル・ノール北9条1F 地図
・入場無料 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

2013年12月21日

ブレーメン館12月研究会 広瀬玲子さん「植民地支配におけるジェンダー〜朝鮮における女性植民者」@札幌

 「自由な発表と幅広い交流の場」をモットーに、同人誌発行や上映会、山中貞雄監督からアンゼルム・キーファー、ホロコースト漫画「マウス」まで幅広く論じる「ブレーメン館」の研究会。今回は、北海道情報大情報メディア学部の広瀬玲子教授が「植民地支配におけるジェンダー〜朝鮮における女性植民者」と題して発表する。 
・発表者 :広瀬玲子氏(ブレーメン館会員)
・発表題目:植民地支配におけるジェンダー〜朝鮮における女性植民者
・日 時 :2013年12月21日(土)  14:00〜16:00
・会 場 :札幌・北海道情報大学 札幌サテライト
     (中央区北3西7緑苑ビル4F、北大植物園入口正面 玄関南向き 地図
・参加費 :500円。会員と大学生以下無料。予約不要。一般参加歓迎。
・お問合せ:ブレーメン館事務局TEL 011-897-5464 (安高)
      syasutaka[あっと]bear.odn.ne.jp
・ブレーメン館ブログ   http://bremenhouse-sapporo.blog.so-net.ne.jp/
※ これまでの研究会など → 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 文学 | その他

映画「さよなら渓谷」上映会@伊達市

 「さよなら渓谷」を上映。『悪人』『横道世之介』などの原作者として知られる芥川賞作家・吉田修一の小説を、『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣監督が映画化。幼児が殺害された事件をきっかけに暴かれる一組の夫婦の衝撃的な秘密を描きながら、男女の愛と絆を問う。2013年、日本、116分。 131218keikoku出演は、真木よう子、大西信満、鈴木杏 ほか、監督の実弟・大森南朋も週刊誌記者・渡辺役で出演。上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2012年12月21日(土) 13:40
・会 場 :伊達市・伊達信用金庫コスモスホール
     (梅本町39-1 TEL 0142-25-2129)
・入場料 :一般 1300円、60歳以上 前売1000円
・お問合せ:堀岡 TEL 090-9750-0620 続きを読む

bluebook at 13:40|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

仮面ライダーフェスティバル@札幌

 迫力の立像展示、ガイムWパンチ、ガイムペイント、ガイムボールプール、3Dシアター(有料)、写真館やマーケットほか。会期中、仮面ライダー(鎧武・ガイムかウィザード)が毎日登場する。131221kamenrider詳細は、東映HPの案内欄などで。
・会 期 :2013年12月21日(土)〜2013年1月13日(月・祝) 
・時 間 :10:00〜18:00(入場は17:30まで)
・会 場 :札幌市・サッポロファクトリー (中央区北2東4 地図
    第1会場=サッポロファクトリールーム(アトリウム地下1階)
    第2会場=2条館B1催事場
・入場料 :大人(中学生以上) 前売700円(当日900円)
     こども(2歳〜小学生) 前売500円(当日700円)
・主 催 :仮面ライダーフェスティバル実行委員会
・お問合せ:同事務局 TEL 011-218-2255 (平日10:00〜17:00) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 

2013年12月20日

第一回札幌冒頭映画祭@札幌

 「札幌冒頭映画祭[Sapporo Opening Film Festival]とは?  映画の神は冒頭に宿る。 好きな映画ではなく、好きな映画の冒頭部分(5〜10分程度)を持ち寄る「第一回 札幌冒頭映画祭」を開催します。冒頭映画の推薦者として、映画監督や映像作家、映画好きな方に、冒頭が素晴らしい映画ご持参いただき、みんなで鑑賞する映画祭です。最後に来場者による投票で「第一回 札幌冒頭映画グランプリ」を決定します」(以上、会場HPの案内欄より)。131220bouken
【冒頭映画推薦者】
  決まり次第、ブログ・フェイスブックなどで発表
  ※時間に余裕があれば、来場者の中から
   DVDを御持参いただいた人にご推薦いただきます。
・日 時 :2013年12月20日(金) 19:00 〜 22:00
・会 場 :札幌市・越山計画(中央区北2条西3丁目越山ビル2F)
・参加費 :無料
・企 画 :高橋喜代史
・お問合せ:メール koshiyamap[あっと]gmail.com 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ちえりあクリスマス映画会「トムとトーマス」@札幌

 ちえりあ視聴覚センターが所蔵する約1万本のフィルム・ビデオの中から、お勧めの作品を選んでを紹介する「ちえりあ映画会」。今回はクリスマスにあわせ、別々に育った双子の兄弟がクリスマスのロンドンを舞台に繰り広げる冒険ファンタジー「トムとトーマス」を上映。 『ロード・オブ・ザ・リング』『トロイ』で大人気のショーン・ビーン主演。シカゴ国際子供映画祭で子供審査員賞受賞。 監督・脚本:エスメ・ラマーズ、131220tomtotomas出演:ショーン・ビーン、インデイ・バデレク・デ・リント、アーロン・ジョンソン、ライアン・ネルソン 他。イギリス/ニュージーランド、2002年、110分。詳細はちえりあHPの案内欄で。
・日 時 :2013年12月20日(金) 16:30開場 17:00開演(18:50終演予定)
・会 場 :札幌市生涯学習センターちえりあホール(西区宮の沢1条1丁目 地図
・入場料 :無料。定員400名。当日直接会場へ。
       定員を超える場合は入場をお断りする場合あり。
・お問合せ:札幌市生涯学習センター 事業課 TEL 011-671-2311続きを読む

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

遺伝子組み換え作物のバイオ企業のドキュメンタリー「モンサントの不自然な食べもの」再上映@浦河町

 遺伝子組み換え作物(GMO)で世界シェア90%を占めるアメリカのアグロバイオ企業「モンサント社」とそれに関わる企業、生産者を追ったドキュメンタリー「モンサントの不自然な食べもの」(原題:LE MONDE SELON MONSANTO)を上映。GMOから、過去に発売された枯葉剤、農薬、PCB、牛成長ホルモンなど、1世紀にわたるモンサント社の歴史を、証言や機密文書によって検証していく。自然界の遺伝的多様性や食の安全、環境への影響、農業に携わる人々の暮らしを意に介さないモンサント社のビジネス。121118monsanto本作は、生物の根幹である「タネ」を支配し利益ばかりを追求する現在の「食」の経済構造に強い疑問を投げかける。 監督はフランスのジャーナリスト、マリー=モニク・ロバン。2008年、仏加独、108分。詳細は映画公式HPの上映案内欄で。
・会 期 :2013年12月7日(土)〜20日(金)
・時 間 :1日1回 16:00のみ
・会 場 :浦河町・大黒座(浦河町大通2-18  TEL 01462-2-2149)
・入場料 :前売券 1,000円(当日1,500円)、学生500円(当日のみ)
・主 催 :サークル「サンピース」
・お問合せ:星さん TEL 090-9396-2991
・上映情報: 「北海道MovieWalker」HPの「大黒座」案内欄   続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ドキュメンタリー映画「世界が食べられなくなる日」上映@浦河町

遺伝子組み換え食品を食べ続けるとどうなるのか? ドキュメンタリー映画「世界が食べられなくなる日」を上映。『未来の食卓』のジャン=ポール・ジョー監督。2012年/フランス/118分/原題:Tous Cobayes?。2013年3月15日、安倍首相はTPP交渉への参加表明を行った。国内ではTPPの問題点は農業問題として矮小化され、今現在日本の農業における問題点と混同している状態。そもそも農業問題とは、消費者が日頃から口にしている食糧をどうやってまかなうのかという問題。食糧安全基準、遺伝子組み換え食品、農薬使用基準等を非関税障壁として扱われる懸念がある中、今はどこででもお金さえ払えば手に入る食料について一石を投じる。130609sekaiga詳細はMovieWalkerの大黒座上映案内欄などで。
・会 期 :2013年12月7日(土)〜20日(金)
・時 間 :10:00、13:30、19:00
・会 場 :浦河町・大黒座(浦河町大通2-18  TEL 01462-2-2149)
・入場料 :前売券 1,000円(当日1,500円)、学生500円(当日のみ)
・主 催 :サークル「サンピース」
・お問合せ:星さん TEL 090-9396-2991
・上映情報: 「北海道MovieWalker」HPの「大黒座」案内欄 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 映画 

2013年12月19日

認知症映画上映会 〜「毎日がアルツハイマー」上映会@江差町

 伊達市と伊達市地域包括支援センターでは、認知症ドキュメンタリー長編動画「毎日がアルツハイマー」の上映会を開催。関口祐加監督がアルツハイマー型認知症の母親の介護の日々を2年半にわたって記録した長編ドキュメンタリー。2010年、アルツハイマー病であると診断された母と過ごす毎日を撮影した動画がYouTubeに登場。介護に悩む多くの人々の共感を呼び、累計の視聴数はなんと20万Viewに。その映像を基にしたドキュメンタリー。100時間以上にわたり撮影した記録を、母の<喜怒哀楽>を通して描く。認知症の世界を共有し、家族の在り方、人間の尊厳とは何かを問う渾身の長編。2012年、93分、日本。詳細は、北海道新聞HPの案内欄などで。121202maiaru
・日 時 :2013年12月19日(木) 18:30
・会 場 :江差町・江差町立江差北小学校
      (檜山管内江差町水堀町147)
・入場料 :無料。申し込みは不要、直接会場へ
・主 催 :江差町地域包括支援センター TEL0139・52・6718 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2013年12月18日

12月「エルプラ・シネマ」で『おいしいコーヒーの真実』を上映@札幌

 「エルプラ・シネマ」とは、情報センターに所蔵している4分野(男女共同参画社会・市民活動・消費生活・
環境保全)の映像資料の上映会で毎月2回のペースで開催中。エルプラザ情報センターで所蔵する映像資料から、今回は、エチオピアのコーヒー生産者の現状を追った話題のドキュメンタリー映画「おいしいコーヒーの真実」DVD情報=を上映する。コーヒー豆を世界中に輸出するエチオピアのコーヒー農家は、靴も買えず、子供に教育を受けさせることも出来ず、餓死が続出するほどの貧困に苦しんでいる。農民たちの生活を少しでも向上させようと、精力的に活動するオロミア州コーヒー農協連合会代表のタデッセ・メスケラ。彼の戦いをカメラとともに追ううちに、コーヒーが生産者から消費者に渡るまでの長い長い道のり、不公平な貿易がもたらす貧困の仕組みが080701oishiicofee見えてくる。監督:マーク・フランシス、ニック・フランシス。2006年制作、78分、イギリス/アメリカ。詳細は会場HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年12月4日(水) 14:30
      2013年12月18日(水) 18:00
・会 場 :・会 場 :札幌エルプラザ(北区北8条西3丁目)1階 情報センター
・参加費 :無料、事前申込不要
・主 催 :札幌エルプラザ 情報センター  

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

映画「さよなら渓谷」上映会@室蘭市

 「さよなら渓谷」を上映。『悪人』『横道世之介』などの原作者として知られる芥川賞作家・吉田修一の小説を、『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣監督が映画化。幼児が殺害された事件をきっかけに暴かれる一組の夫婦の衝撃的な秘密を描きながら、男女の愛と絆を問う。2013年、日本、116分。 131218keikoku出演は、真木よう子、大西信満、鈴木杏 ほか、監督の実弟・大森南朋も週刊誌記者・渡辺役で出演。上映の詳細は会場HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年12月18日(水) 14:30、 18:30 
・会 場 :室蘭市市民会館(蘭市輪西町2-5-1)ホール
・入場料 : 前売1,300円(当日1,600円)
・主 催 :映画「さよなら渓谷」を観る会
・お問合せ:堀岡 TEL 090-9750-0620(堀岡)  続きを読む

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2013年12月17日

SKI CAFE @CAFE ESQUISSE “3人の道産子プロスキーヤーと3人のカメラマンが織りなす雪世界”@札幌

 札幌在住の3人のプロスキーヤーと3人のプロカメラマンによる『SKICAFE』の企画展。「ここでしか見ることができない映像と写真、そして実際にプロスキーヤー達が使用したアイテムを展示。美味しいコーヒーと一緒に雪世界をお楽しみください」とのこと。詳細は、会場のカフェエスキスHPの案内欄で。
【展示内容】 131121suki
 写真
  北海道の粉雪を滑るスキーヤー 児玉毅 & 井山敬介 × 写真家 木下健二
  世界で戦うアルペンスキーヤー 佐々木明 × 写真家 田中慎一郎
 映像
  スキー映像作品BUILDシリーズを手がけるDAIGOによるSKI CAFE スペシャルエディション
・会 期 : 2013年11月21(木)〜12月17日(火)
・定休日 :毎週水曜日、12月3日(火)は臨時休業
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで) 
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334
・主 催 : SK1 (エスケーワン)
・協 力 : 造形作家 経塚 真代 (コラボ作品一部展示) 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 写真 

2013年12月16日

中西揚一 個展「約束」@札幌

 札幌の美術作家 中西 揚一(なかにし・よういち)さんの個展。独自の静謐感と詩情が漂う作風。寡作だったが、最近は年に数回のペースで個展を開催している。詳細は会場HPの案内欄などで。131211yakusoku
・会 期 :2013年12月11日(水)〜16日(月) 
・時 間 :13:30〜22:30 (火曜定休)
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養 一階女中ギャラリー 
      (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養) 
※ 特別ライブ ハヤシヒロト 12月15日(日)同開場にて 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

衣住ごと (いずみごと) RIPOSO. 藤井祐人(洋服)+ Y.IMAGINE 藤井亜矢(家具・生活小物)@札幌

 RIPOSO.藤井祐人さん(洋服)と、 Y.IMAGINEの吉本亜矢さん(家具)の二人展。今回で
3回目の開催。「衣住ごと (いずみごと)は、日常にほんの少しスパイスが加わるような提案です。冬物を中心としたメンズ&レディースの洋服をメインに、家具や生活小物を加えた優しい空間を構成します」とのこと。詳細は会場HPの案内欄で。131211izumigoto
・会 期 :203年12月11日(水)~16日(月) 火曜定休
・時 間 :12:00~19:00(日曜は18:00まで)
・会 場 :札幌・ギャラリー レタラ(Retara)
      (中央区北1西28-2-35 MOMA place 2&3F)
       地下鉄円山公園下車5分 米領事館前 
・入場無料 
・主催・お問合せ:ギャラリー レタラ TEL 011-621-5600
・作家HP/BLOG:
  RIPOSO. 藤井祐人   http://linenworks.tumblr.com/
  Y.IMAGINE 吉本亜矢  http://www.y-imagine.com/ 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2013年12月15日

旭川市・北海道銀行連携協定記念 北海道銀行コレクション@旭川市

 2012年2月に札幌で開催した「北海道銀行コレクション」展(記事)を道銀発祥の地である旭川市で開催する。詳細は会場HPの右チラシ(PDF)で。131129hokkaidoB
・会 期 :2013年11月29日(金)〜12月15日(日)
・休館日 :月曜休
・時 間 :9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :旭川市・北海道立旭川美術館(常磐公園内 地図 )
・入場料 :無料
・お問合せ:道立旭川美術館 TEL 0166-25-2577   続きを読む

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2013年12月14日

ドキュメンタリー映画「世界が食べられなくなる日」上映会@苫小牧市

 遺伝子組み換え食品を食べ続けるとどうなるのか? ドキュメンタリー映画「世界が食べられなくなる日」を上映。『未来の食卓』のジャン=ポール・ジョー監督。2012年/フランス/118分/原題:Tous Cobayes?。2013年3月15日、安倍首相はTPP交渉への参加表明を行った。国内ではTPPの問題点は農業問題として矮小化され、今現在日本の農業における問題点と混同している状態。そもそも農業問題とは、消費者が日頃から口にしている食糧をどうやってまかなうのかという問題。食糧安全基準、遺伝子組み換え食品、農薬使用基準等を非関税障壁として扱われる懸念がある中、今はどこででもお金さえ払えば手に入る食料について一石を投じる。
 2013年11月9日から12月中旬にかけて北海道内12市町村、釧路市、苫小牧市、倶知安町、喜茂別町、蘭越町、赤井川村、共和町、余市町、小樽市、ニセコ町、伊達市、八雲町 他で上映会を開催する。130609sekaiga上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年12月14日(土) 
      13:00、 16:00、 20:00 3回上映
・会 場 :苫小牧市・ライブハウス「アミダ様」
      (表町1-3-4 和光ビル2F TEL 0144-34-1947)
・入場料 :大人 当日1,000千円(前売800円)、高大生800円(500円)
・主 催 :「世界が食べられなくなる日」を上映する苫小牧の会
・お問合せ:同会事務局・舘崎 TEL 0144・34・2385  続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

CINEとかち12月上映会第2弾「標的の村」@帯広市

 帯広の市民有志で運営しているCINEとかちの12月上映会では、新型輸送機オスプレイ配備や、ヘリパッド建設に反対する沖縄県東村・高江の住民たちの姿を追ったドキュメンタリー「標的の村」を上映。2012年9月のオスプレイ配備の際、普天間基地ゲート前に座り込み22時間にわたり基地を完全封鎖した人々と、強制排除に乗り出した警察との攻防を映し出す。日本にあるアメリカ軍基地・専用施設の74%が密集する沖縄。5年前、新型輸送機「オスプレイ」着陸帯建設に反対し座り込んだ東村(ひがしそん)・高江の住民を国は「通行妨害」で訴えた(SLAPP裁判)。わがもの顔で飛び回る米軍のヘリ。自分たちは「標的」なのかと憤る住民たちに、かつてベトナム戦争時に造られたベトナム村の記憶がよみがえる。そして、強硬配備前夜。2012年9月29日、台風17号の暴風の中、人々は普天間基地ゲート前に身を投げ出し、車を並べ、22時間にわたってアメリカ軍・普天間基地を完全封鎖した。この前代未聞の出来事を「日本人」は知らない。この全国ニュースから黙殺された出来事を、地元・琉球朝日放送の報道クルーによる131102hyouteki映像がスクリーンに叩きつける。2013年、日本、91分。監督・ナレーション: 三上智恵。上映の詳細は、FACEBOOKの案内欄などで。
・日 時 :2013年12月13日(土)、14日(日) 
      13日=19:00、 14日=10:00
・会 場 :帯広市・とかちプラザ 視聴覚室 2F
      (西4条南13丁目1番地 JR帯広駅下車徒歩3分 地図
・入場料 :前売 1,400円
・主 催 :CINEとかち 
・お問合せ:CINEとかち・伊藤 TEL 090-2696-2038

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(4) 映画 

2013年12月13日

『Crossing the Ditch』2011年 BMFFノミネート作品 上映会@札幌

カナダの世界的アウトドア映画祭バンフ・マウンテン・フィルム・フェステイバルの過去作品上映会。2013年のBMFFでも好評であった「Crossing The Ice」のオーストラリア人の二人組、ジェームズとジャスティンが過去に旅した冒険ドキュメント映画『Crossing the Ditch』を上映する。世界で最も死の危険に満ちた海域、タスマン海。オーストラリア南東部とタスマニア島、ニュージーランドに挟まれ、約2200kmに渡って広がっている。これまでほとんど事例のないカヤックで、ジェームスとジャスティンという2人のオーストラリアの青年がタスマン海を征服するまでの記録。監督:グレッグ・クェイル、ダグラス・ハワード&ジャスティン・ジョーンズ。131213CrossingDitch2011年、55分。詳細は会場HPの案内欄や札幌の観光文化情報ステーションHPの案内欄などで。
・日 時 :2013年12月13日(金) 19:30〜21:00 
・会 場 :札幌市・パタゴニア札幌北ストア(北区北13条西4丁目)
・定 員 :40名(要事前予約
・入場料 : 無料
・主催・予約 :パタゴニア札幌北 TEL 011-729-2101(11:00〜19:00) 

bluebook at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

札幌国際短編映画祭・定期上映会/第6回「マンスリー・ショート」12月上映会@札幌

 今年で第8回目を迎える札幌国際短編映画祭(通称「SAPPOROショートフェスト)では、市民に広くショートフィルムの魅力を知って頂くために、定期上映会「マンスリー・ショート」を行っている。受賞作品を中心に、解説も交えてショートフィルムを6〜7本上映。鑑賞後には来場者にアンケートにお答えいただき、今後の映画祭運営やショートフィルムのマーケティングの参考にさせてもらう。会場は4月に移転したばかりの、札幌市のインタークロス・クリエイティブ・センターにて。今回は、同映画祭の「北海道オフシアター」プログラムを上映。2013年9月11日にシアターキノにて上映された内容で、北海道の監督の短編群を特集。9月の上映当日は満席で、再上映について多くの問合せが寄せられ、今回12月のマンスリーショートにて上映することとなったもの。詳細は同映画祭HPの案内欄で。110115SSFF2011monya
・日 時 :2013年12月13(金) 毎月、第2金曜日
      18:00開場、18:30〜20:30(予定)
・会 場 :札幌市・インタークロス・クリエイティブ・センター
      (白石区東札幌5条1丁目1-1 地図)1階 クロス・ガーデン
      駐車場なし、公共の交通機関で来場を
・参加料 :無料
・備 考 :会場内には飲食の持ち込みができません。
      飲み物は会場の自動販売機を利用してください。
・お問合せ:SAPPOROショートフェスト事務局 info[あっと]sapporoshortfest.jp 
※ 入場無料ですが、上映後に簡単なアンケートに答えていただきます。
※ 子供向け上映会ではありませんので上映内容にご注意ください。 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2013年12月12日

幕別町百年座 映画上映会「じんじん」@幕別町

 ベテラン俳優の大地康雄さんが企画し、主演した「じんじん」を上映。2009年に大地さんが仕事で北海道を訪れた際、剣淵町の「絵本の館」で子供たちが絵本の読み聞かせに目を輝かせて聞き入っている姿に感動し、同町の「絵本の里づくり」と連動した映画製作を発案。絵本を通じて人々のふれあい、親子の絆を描いた。大地さんが演じる主人公の銀三郎はお調子者の大道芸人。娘が6歳のころに130729jinjin家を出てから妻と娘とは会っていない。北海道の幼なじみが営む農場に手伝いに行くと、都会から農業研修で来ていた4人の女子高生たちと出会う。2013年、日本、129分。山田大樹監督。上映の詳細は会場HPの案内欄で。
・日 時 :2013年12月12日(日) 14:00
・会 場 :幕別町百年記念ホール(幕別町千住180-1 TEL 0155-56-8600)
・入場料 :一般1,000円 高校生以下800円
・お問合せ:同ホール TEL 0155-56-8600  

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2013年12月10日

内田繁展 「もの」から「関係」へ@札幌

 札幌グランドホテルの本館1階に2013年7月にオープンしたアートギャラリー「グランビスタギャラリーサッポロ」。企画第3弾は、日本を代表するデザイナーとして住・商空間、家具、工業デザインから建築、地域開発に至る幅広い活動を国内外で展開するインテリアデザイナー内田繁さんによる展覧会『「もの」から「関係」へ』が開催される。詳細は同ギャラリーの案内欄で。131031uchidasigeru
・会 期 :2013年10月31日(木)〜12月10日(火)
・時 間 :11:00〜19:00(最終日17:00まで)
・会 場 :札幌市・札幌グランドホテル(中央区北1西4) 
      1階ロビー「グランビスタギャラリー サッポロ」
・入場料 :無料
・主 催 :株式会社グランビスタ ホテル&リゾート、札幌グランドホテル
・お問合せTEL:011-261-3311 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 | その他

In Harmony 二人のATSUKOの版画展@札幌

 札幌を拠点に活躍する2人の女性版画家、彼方アツコさん関川敦子さんが、毎年12月初旬に道新ギャラリーで続けている2人展。色鉛筆の風合いをそのまま生かし、優しくて暖かなメルヘンの世界を演出するリトグラフの関川敦子と、何気ない日常の一瞬を優しい眼差しで、ときにはユーモラスにそしてシュールに切り出す銅版画の彼方アツコの競演。今回は「お酒」をテーマに、それぞれ制作した作品を展示する。131205inharmony詳細は会場の道新ギャラリーHP案内欄で。
・会 期 :2013年12月5日(木)~10日(火)
・時 間 :10:00~19:00(最終日は17:00まで)
・会 場 :札幌・道新ギャラリー 全室
      (中央区北1西2 札幌時計台ビル地下1階)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-241-0125 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2013年12月09日

★會田千夏 新作展“from the forest”@札幌

 札幌在住の画家會田 千夏(あいた・ちなつ)さんの新作展。これまで、植物の根のような、浮島のような、プチプチ発芽して笑っているような、不思議な形象の世界を描き続けてきた。もしかしたらそれは、言葉で表現できない、心の奥底の感情や気配までも繊細な筆致で描いているのかもしれない。今回は、「目を瞑れば辿り着ける白い森、耳を澄ませば聞こえてくる記憶 の気配……。“from the forest”(森から)會田千夏の新作を 展示します」とのこと。詳細は会場HPの案内欄で。131120aita
・会 期 :2013年11月20日(木)~12月9日(月)
・休館日 :火曜定休
・時 間 :12:00~18:00(最終日16:00まで)
・会 場 :札幌・ギャラリー レタラ(Retara)
      (中央区北1西28-2-35 MOMA place 2&3F)
       地下鉄円山公園下車5分 米領事館前 
・入場無料 
・主催・お問合せ:ギャラリー レタラ TEL 011-621-5600 
・お問合せ:http://www.facebook.com/NorthernArts(担当:多田) 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2013年12月08日

『原子力 負の遺産』出版記念トークライブ @札幌

 北海道新聞社が発刊した「原子力 負の遺産〜核のごみから放射能汚染まで〜」書籍情報=は、北海道にとって大変重要な問題を提起している。原発政策への賛否に関わらず、「核のごみの処分をどうするのか」「福島原発事故による放射能汚染をどう収束させるのか」等の課題は、絶対に避けて通れない。取材・執筆に関わった関口裕士記者の131208funoisanお話しを聞き、原発が生みだした「負の遺産」について考える。詳細は会場HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年12月8日(日)  16:00〜17:30 
・会 場 :札幌・紀伊国屋書店札幌本店 1Fインナーガーデン
      (中央区北5西5-7 JR札幌駅下車すぐ)
・入場料 :無料。
・主 催 :医療九条の会・北海道
・お問合せ:紀伊國屋書店 TEL 011-231-2131(10:00~21:00)  

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

えべつ短編映画祭@江別市

 「江別といえば?」をテーマに、スマートフォンで撮影された短編映画を上映する「えべつ短編映画祭」。1作品5分以内の作品が集合。特別上映として、大麻銀座商店街をロケ地とした「人はいつまでも故郷を身につけている」も上映する。131208ebestuSF詳細は、北海道情報大学の案内欄や北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年12月8日(日) 13:00開場、13:30上映開始
・会 場 :江別市野幌公民館(野幌町13-6 地図)ホール
・入場料 :無料
・主 催 :えべつ短編映画祭実行委員会
・お問合せ:渋田 TEL 090-6870-1812 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

引き寄せの法則 実践編“CHANGE”上映会&講演会 in 札幌@札幌

 人間の「変える力」をテーマにしたドキュメンタリー映画「CHANGE」の上映とセミナー。映画は、数々の学者や瞑想指導者らの証言をもとに、自分を変え、社会を変えるための実践論を紹介。世界的な脳教育者の一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏が製作総指揮を担当。131208CHange当日のヨガ体験を含むトレーナーはツタダヒロシ氏。詳細は札幌上映案内欄で。
・日 時 :2013年12月8日(日) 13:20〜16:30
・会 場 :札幌市教育文化会館(中央区北1西13)  4階
・入場料 :1,500円
・主 催 :ハッピーブレインクラブ北海道
・お問合せ:土門 TEL 011-222-2995

bluebook at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

佐々木小世里 イラストレーション展@札幌

 札幌在住のイラストレーター佐々木 小世里(こより)さん(HPブログ)の毎年恒例の作品展。佐々木さんは、北海道新聞の連載や本の挿絵その他で広く活躍中。131203sasaki-s詳細は作家HPの案内欄などで。
・会 期 :2013年12月3日(火)~8日(日) 
・入場時間:10:30~18:30(最終日は17:00まで)
・会 場 :札幌市・さいとうギャラリー A室
      (中央区南1条西3 La Galleria 5F TEL 011-222-3698)
・入場料 :無料 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

旭川映画村 第92回例会『スタンリーのお弁当箱』@旭川市

 旭川市の自主映画サークル旭川映画村の第92回例会では、インドの子どもたちが主役の笑いと涙の物語『スタンリーのお弁当箱』を上映。家庭の事情により学校にお弁当を持ってくることの出来ない主人公・スタンリーと、彼の仲間たちによる友情の物語を描く。シナリオを用意せず、演技経験のない子どもたちだけを集めて約1年半にわたり撮影された。アモール・グプテ監督。2011年/インド/96分 。131208obentou上映の詳細は旭川映画村HPで。
・日 時 :2013年12月8日(日) 2回上映
       10:00、 12:10 
・会 場 :旭川市・シアターカンダ
      (旧 国民劇場、旭川市3条通8丁目 神田館3F)
・料 金 :一本 前売 1200円(当日1本 1500円)
・お問合せ:旭川映画村 TEL 090-8896-9331(長原) 
※ facebook上にて、旭川映画村サイト開設
  http://www.facebook.com/asahikawa.eigamura 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

瀧下尚久日本画展@岩内町

 愛知県在住の日本画家・瀧下尚久さんの近作を紹介する企画展。瀧下氏は 1952 年に三重県で生まれ、 1977 年愛知県立芸術大学日本画専攻を卒業後、院展に出品を続け、 2012 年岐阜県大仙寺のふすま絵を担当、 現在は日本美術院特待として幅広く活躍している。瀧下氏が 2008 年中日新聞に連載された「生まれ出づる悩み」の挿絵を担当したことがきっかけで、木田金次郎美術館で2008年に個展を開催し好評を博している。今回の展覧会では、研ぎ澄まされた描写と、墨と金箔で表現された「風神・雷神」や「龍図」などの大作を含む、近年の意欲作を紹介する。詳細は、131118takishita木田金次郎美術館HPの案内欄で。
・会 期 :2013年11月8日(金)〜12月8日(日)
・休館日 :月曜日(但し、祝日にあたる場合はその翌日)
・時 間 :10:00〜18:00(入館17:30まで)
・会 場 :岩内町・木田金次郎美術館 展示室4
      (後志管内岩内町万代51−3 地図
・入場料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 0135-63-2221 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

「大地の詩(うた)〜留岡幸助物語」上映@湧別町

 明治時代、不良と呼ばれる青少年を救うために「北海道家庭学校」を作った社会事業家・留岡幸助(1864~1934年)の生涯を描く映画「大地の詩(うた)~留岡幸助物語」を上映。映画は、空知にある監獄の教誨師に就任した幸助が、犯罪を防ぐには幼い頃の家庭教育が大切だと気付き、現在の児童自立支援施設にあたる「家庭学校」をつくり、少年の感化事業に尽力した姿を描く。2010年10月から網走監獄や遠軽の家庭学校、札幌などでロケが行われ、道民がエキストラで多数参加した。監督は110219daichinouta「石井のおとうさんありがとう」(松平健主演)、「筆子・その愛-天使のピアノ-」(常盤貴子主演)など福祉をテーマに作品を撮り続けている山田火砂子さん。村上弘明、工藤夕貴、市川笑也、村田雄浩、隆大介、笛木優子ほか出演。上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2013年12月8日(日) 10:00、18:30
・会 場 :湧別町・湧別町文化センターTOM
住所 オホーツク管内湧別町中湧別
・入場料 :一般500円、高校生以下無料 
・お問合せ:上映実行委員会 TEL 01586 -5-3132 (湧別町教育委員会内) 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

高橋あおば 個展 「ゆきごもり」@札幌

 札幌を拠点に活躍する若手、高橋あおばさんの4度目となる個展。「道教育大大学院を修了。制作を続けるため仕事にも励み、先日はひとりでフランス、イタリア旅行にも挑戦アクティブな行動力で自分磨き。大学3年より始めたクレヨンによるスクラッチ技法も進化を続け精力的に発表を続けています。今回は「冬ごもり」と題し冬の白を貴重とした雪を被る木をモチーフに白い雪の中に潜む記憶と兆しを石膏板に蜜蝋クレヨンやクレヨンを重ね針で削って下地の色を出し、金箔なども使って描いています。白中心の画面は、深みと厚みが増し何層もの色が浮かびあがります。アイデア、センス溢れる心象世界ごゆっくりとお楽しみください」とのこと。 展示の詳細は会場HPの案内欄などで確認を。
・会 期 :2013年12月2日(月)~8日(日)
・時 間 :10:00~22:00(土日19:00まで)
・会 場 :札幌市・カフェ北都館
      (西区琴似1条3丁目1-14 地図
・入場無料 
・お問合せ:同店 TEL 011-643-5051 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

景川弘道展〜愛しき日々をたずねて@北見市

 北見市を拠点に活動した版画家・歌人・画家の景川弘道氏(1914−2008年)による美術展。北見の風景や外国風景・家族の描かれた版画を中心に、油彩画、ガラス絵を展示する。また、景川氏の愛用品、版画の131116kagekawa下絵としたスケッチブックなども一緒に紹介する。詳細は同展特設サイトで。
・会 期 :2013年11月16日(土)〜12月8日(日) 月曜休館
・時 間 :9:30〜16:30
      ただし11月16・23・30日、12月7・8日は21:00まで。入場は閉館30分前まで
・会 場 :北見市・北網圏北見文化センター (公園町1 TEL.0157-23-6700) 
・観覧料 :一般前売500円(当日600円)、高大生400円、小中生200円
・お問合せ:社会教育部文化財課 TEL 0157-23-6742 

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

特別展 ほっかいどうの短歌 100首@札幌

 北海道を詠んだ石川啄木、北原白秋、若山牧水、与謝野晶子、斎藤茂吉、斎藤史など著名歌人たちの秀歌を、自筆の色紙、短冊などの貴重資料とともに紹介します。また、四季の歌、恋の歌、暮らしの歌など、北海道にゆかりの短歌をあわせて100首展示します。心に触れる魅力あふれる言葉と、三十一文字の奏でるリズムをお楽しみください。(道立文学館HPの案内欄より)。131101tanka100
・会 期 :2013年11月1日(金)〜12月8日(日)
・休館日 :毎週月曜 11月8日(金)、11日(月)、18日(月)、
       25日(月)、12月2日(月)
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌・北海道立文学館 特別展示室
      (中央区中島公園1-4 地図 TEL 011- 511-7655)
・入場料 :一般400(320)円、高大生200(150)円、
       中学生以下と65歳以上無料。 ( )内は10名以上の団体料金
・主 催 :北海道立文学館 公益財団法人北海道文学館  
・お問合せ:北海道立文学館  TEL 011- 511-7655 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 | その他

旭川市博物館開館20周年記念事業 第70回企画展「プリモーリェ(ロシア沿海州)の森〜デルス・ウザーラ絵物語」@旭川市

 ロシア人作家・アルセーニエフ(1879〜1930年)の著した沿海州探検記の絵物語の挿絵となった、画家・パブリーシンの「森の人 デルス・ウザーラ」の挿絵原画28点を展示。精緻に表現された当時の沿海州の自然と生き物の様子とともに紹介する。131102Uzara詳細は同館HPの案内欄右チラシ(PDF)で。
・会 期 :2013年11月2日(土) 〜12月8日(日)
・休館日 :休日第2・4月曜日
・時 間 :9:00〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :旭川市・旭川市博物館(神楽3-7)
・入場料 :大人300円、高校生200円、中学生以下無料
・お問合せ:同館 TEL 166-69-2004 続きを読む

bluebook at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他