2014年10月

2014年10月31日

「スケッチ・オブ・ミャーク」北海道上映ツアー 2014 上映会 & 監督トーク@札幌

 沖縄県宮古諸島に数世紀に渡って伝わる「アーグ」という古謡と神聖な「神歌」。その唄を生んだ人々の暮らしを追うなかで、失われようとしている根源的な自然への怖れと生きることへの希望を見出したドキュメンタリー「Sketches of Myahk 『スケッチ・オブ・ミャーク』」の北海道上映ツアーで上映。映画は、音楽家の久保田麻琴が、島でそれら貴重な唄に出会ったことに始まる。何世紀もの時を超え、島でひっそりと息づいてきた掛け替えのない歌の存在を映し出す。監督・製作・撮影・録音・編集: 大西功一。121123miyako原案・監修・整音: 久保田麻琴。当日は大西監督来場、トークあり。詳細は映画公式HPの案内欄で
・日 時 :2014年10月31日(金) 18:00 OPEN
       20:00 上映開始 、21:45 大西功一監督トーク
・会 場 :札幌市・琉球処 ちゅらうたや
      中央区南3条西5丁目 三条美松ビル地下1階
       狸小路5丁目JRA向かい TEL 011-211-5584)
・入場料 :1,000円 + オーダー (定員制)
       沖縄料理やオリオンビール、泡盛なども別料金で
・お問合せ:琉球処 ちゅらうたや TEL 011-211-5584 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

釧路湿原美術館企画展 ねこ -瞬時の描写-@釧路市

 釧路湿原ほか道東の風景を描き、“湿原の画家”とも呼ばれた故佐々木榮松(ささきえいしょう)氏(1913〜2012年)の作品や資料を展示する「釧路湿原美術館」が、2013年6月15日(土)にオープン。今回は、佐々木榮松 作の「猫」を題材にした作品(油彩・デッサン)約20点を展示。「一瞬の動きに注目した佐々木榮松独自の表現をどうぞご覧ください」とのこと。詳細は、旅楽HPの案内欄などで。140401neko
・会 期 :2014年4月1日(火)〜10月31日(金)
・時 間 :10:00〜17:00(入場は16:30まで)
・会 場 :阿寒町・釧路湿原美術館  第一展示室
       (釧路市阿寒町上阿寒23線38番地 旧 北緯43°美術館)
・入場料 :(通常) 一般500円 大・高校生300円 中・小学生 無料
       (団体) 一般400円 大・高校生200円 中・小学生100円
・お問合せ:PO法人 佐々木榮松記念 釧路湿原美術館
       TEL/0154-66-1117 FAX/0154-66-1121 
※ 第二・第三展示室は常設展示 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2014年10月30日

杉吉貢 地獄絵図展@札幌

 絵画、墨絵、細密画と多彩な表現技法と圧倒的な画力で知られる札幌の絵師、杉吉 貢さんの大作「地獄絵図」を展示詳細は会場HPなどで。141025jigokuzu
・会 期 :2014年10月25日(土)〜30日(木)
・時 間 :12:00〜19:00
      (25日、27日、30日はライブのため18:30まで)
・会 場 :札幌・レッドベリースタジオ(西区八軒2条西1丁目1−26 地図)
・受講料 :無料
・企 画 : 飯塚優子 原田聡美 ・共催 レッドベリースタジオ
・お問合せ:赤い実企画 TEL 011−633-2535 
・参 考 :「杉吉貢画伯の世界」 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2014年10月28日

大林宣彦監督作品「野のなななのか」 芦別凱旋上映会@芦別市

 芦別市で長年映画学校を開催するなど、20年に渡る縁を育んできた大林宣彦監督の、芦別を舞台にした長編ドラマ「 野のなななのか」を上映。92歳で亡くなった家長の葬儀で顔をそろえた一族が、ある女性の来訪を契機に家長の知られざる過去を知る姿を描く。「雪の北海道芦別市、現代。風変わりな古物商を営む元病院長、鈴木光男(品川徹)が92 歳で他界し、散り散りに暮らしていた鈴木家の面々が葬式のために古里・芦別に戻っ てくる。そんな中、謎の女・清水信子(常盤貴子)が現れ…。『野のなななのか』は、 20年にわたる芦別の想いが、地域映画を超えた歴史的大作として結実した。本年度屈 指の必見作であり、大林宣彦監督の最高傑作の一つとして、語り継がれていくことに なるだろう」(劇場HPの案内欄より)。140510nononanananokaO大林宣彦監督。品川徹、常盤貴子、安達祐実、左時枝、寺島咲、芦別市のひとびと他出演。2014年、日本、171分。上映の詳細は映画制作日誌HPの案内欄などで確認を。
・日 時 :2014年10月28日(火) 
       13:00、 17:30  開場は各30分前
・会 場 :芦別市民会館 大ホール
・入場料 : 前売1,000円(当日1,300円)
・お問合せ:「野のなななのか」製作委員会(電話0124-23-1001)続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2014年10月26日

映画「カンタ!ティモール」上映会@恵庭市

 大手シネコンでは上映しないミニシアター系の映画を上映する。赤井川で上映会を毎月開くミリケン恵子さんが主催。環境や人権問題など硬派なテーマの作品を中心に紹介する。当日は、一人の日本人女性が東ティモールを旅し、その地に起きたこと、そしてその国のいまを記録した音楽ドキュメンタリー「カンタ!ティモール」を上映。独立までの長い長い闘いの時代を、大地とつながって生きてきた誇りを胸に持ち続けた東ティモールの人びと。インドネシア軍の27年に渡る侵攻では国土の90%が焼かれ、3人に1人が命を落としながらも、人々が選んだのは、許すこと、笑うこと。素朴で美しい音楽にのせて、大地と深く結びついた人々から日本の兄弟へのメッセージが運ばれる。広田奈津子監督作品。140624canta上映の詳細は北海道新聞HPのイベント欄などで。
・日 時 :2014年10月25日(土)、26日(日) 受付各30分前
       25日10:30、 25日19:00、 26日17:30 
・会 場 :恵庭市・黄金ふれあいセンター(恵庭市黄金南5 )
・入場料 :前売り700円(当日800円)
・対 象 :中学生以上対象。
・備 考 :東ティモールのフェアトレードオーガニックコーヒーを販売
・お問合せ : カンタ!ティモールを観る会in北海道・中村さん TEL080-1877-8873 続きを読む

bluebook at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | その他

映画「くちづけ」上映会@深川市

 障がい者への理解を深めてもらおうため、知的障がい者の問題を取り上げた映画「くちづけ」の上映会を開催。知的障害のある娘と父との父娘愛を描いたヒューマン・ドラマ。知的障害者たちのグループホームを舞台に繰り広げられる温かな交流、ヒロインの恋、父の深い愛などがユーモアを交えながらつづられる。貫地谷しほり/竹中直人主演。2013年、日本、123分。堤 幸彦監督。原作、脚本は、『花より男子』『愛と誠』などのヒットメーカー宅間孝行。141026kuchiduke上映の詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2014年10月26日(日) 13:00、 15:30 
・会 場 :深川市・文化交流ホール み・らい
      (5条7番20 地図 TEL 0164-23-0320)
・主 催 :「くちづけ」上映実行委員会
・入場料 :一般前売り1,000円(当日1,300円)、小中高生500円(800円)
・お問合せ:北空知障がい者支援センターあっぷる TEL 0164-22-1798 
続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

第9回 ACFアートサロン 『乗越たかお「コンテンポラリーダンスの世界 Vol.2』@札幌

 札幌ACF(芸術・文化フォーラム)がおくるアートサロン企画で、舞踊評論家の乗越たかおを招き現代舞踊の世界についてお話を伺う。バレエ、舞踊、演劇、パフォーマンスといった既存の舞台芸術表現に括ることができない身体芸術表現が「コンテンポラリー・ダンス」(現代舞踊)。2012年3月の前回は、キリアン、フォーサイス、ピナ・バウシュ、山海塾、ダムタイプ、勅使川原三郎、珍しいキノコ舞踏団などに加え、世界各地の主な「コンテンポラリー・ダンス・フェスティバル」を、舞踊評論家・乗越たかお氏が貴重なビデオ映像で分かりやすく解説。同時期に公開された、ヴッパタール舞踏 団の不朽の名作を捉えた3Dドキュメンタリー映画「Pina/ピナ・バウシュ踊り続けるいのち」を記念して予告編の上映も行われたこともあり、会場はほぼ満席で大盛況となった。
 今回の続編では乗越たかお氏が、難解と思われがちなコンテンポラリー・ダンスの鑑賞のポイントを詳しく解きほぐし、さらに最新の秘蔵映像満載で「こんなものまでダンスなの!?」という幅広い魅力を鋭く楽しく解説。また同時開催されるシンポジウムに向けて、「北海道でのコンテンポラリー・ダンスを盛り上げるための提言」もアツく語る。141026norikoshi詳細はFACEBOOKの特設欄などで。
・日 時 2014年10月26日(日) )開場12:30 開演13:00
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館 講堂 (中央区北1西17 地図)
・入場料 :前売券1,500円 当日2,000円(ACF会員及び準会員 500円割引)
       学生(高校生まで)1,000円
       (一般券、学生券は大丸プレイガイドにて取り扱い)
・主催・予約:ACF札幌芸術・文化フォーラム sapporoacf[あっと]gmail.com
・公式サイト http://www.sapporoacf.com/  続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 演劇・ダンス | その他

ドキュメンタリー映画「放射能を浴びたX年後」上映会@札幌

〜3.11後の日本に投げかける衝撃の告発〜 地方ローカル局が追った渾身のドキュメンタリー
 南海放送(愛媛県松山市)では約8年にわたり、これまであまり知られることのなかった「もうひとつのビキニ事件」の実態を描いてきた。地元の被災漁民に聞き取りをする高知県の調査団との出会いがきっかけだった。制作した番組は「地方の時代映像祭 グランプリ」「民間放送連盟賞 優秀賞」「早稲田ジャーナリズム大賞 大賞」など、多数受賞。2012年1月に日本テレビ系「NNNドキュメント'12」で放送されたTV番組「放射線を浴びたX年後」に、新しい映像を追加した劇場版映画「放射線を浴びた[X年後]」が劇場公開される。アメリカが1954年に行ったマーシャル諸島ビキニ環礁での水爆実験によって被曝した、第五福竜丸をはじめとする日本の漁船と121204housyasenその船員たちや、人々の関心と歴史から消えてしまった第五福竜丸以外の被曝事例を追跡しながら、その裏に隠された日米両政府の機密などを浮かび上がらせていく。2012年、83分、HDCAM、16:9、カラー、日本。詳細は映画公式HPの案内欄などで。
・日 時 :2014年10月26日(日) 10:00開場、10:30開演
・会 場 :札幌市・屯田地域センター
      (北区屯田5条6-3-21)011-772-1811 
・入場料 :1人 1,000円、参加はどなたでも自由。
・主 催 :「〜放射線を浴びた〜X年後」の映画をみる会 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

『優しい時』中島敏文パステル・水彩画展@札幌

 札幌のイラストレーター・画家、中島敏文さん(イラストルーム・ナカジマ代表)の作品展。毎回、風景、静物、人物、ペット画など静かな情感が流れる作品を展示している。141021nakajima詳細は、札幌市観光文化情報ステーションHPの案内欄などで。 
・会 期 :2014年10月21日(火)~26日(日)
・入場時間:10:30~18:30(最終日は17:00まで)
・会 場 :札幌市・さいとうギャラリー B室
      (中央区南1条西3 La Galleria 5F TEL 011-222-3698)
・入場料 :無料 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

映画「野のなななのか」愛別上映会@愛別町

 2014年8月の愛別町開拓120年記念講演会に講師として招かれた大林宣彦監督の映画「 野のなななのか」の愛別町上映会が開催されまる。この映画は、芦別市で長年映画学校を開催するなど、20年に渡る縁を育んできた大林宣彦監督の芦別を舞台にした長編ドラマ。
 「雪の北海道芦別市、現代。風変わりな古物商を営む元病院長、鈴木光男(品川徹)が92 歳で他界し、散り散りに暮らしていた鈴木家の面々が葬式のために古里・芦別に戻っ てくる。そんな中、謎の女・清水信子(常盤貴子)が現れ…。『野のなななのか』は、 20年にわたる芦別の想いが、地域映画を超えた歴史的大作として結実した。本年度屈 指の必見作であり、大林宣彦監督の最高傑作の一つとして、語り継がれていくことに なるだろう」(劇場HPの案内欄より)。140510nononanananokaO大林宣彦監督。品川徹、常盤貴子、安達祐実、左時枝、寺島咲、芦別市のひとびと他出演。2014年、日本、171分。上映の詳細は愛別町HPの案内欄などで確認を。
・日 時 :2014年10月26日(日) 9:30開場、10:00開演
・会 場 :愛別町総合センター大ホール(愛別町字本町)
・入場料 : 前売1,000円(当日1,300円)
・お問合せ:愛別町役場 総務企画課政策企画室
      TEL 01658-6-5111内線218 小森 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

アートと旅する500年 デューラー、ムンク、フジタ、難波田… 近美コレクションによる年代記@札幌

 道立近代美術館コレクションのなかで最も古い16世紀ドイツの版画から、現代日本の絵画、彫刻、工芸まで、多彩なアートとの出会いを通して、500年に渡る心の旅を企画展として紹介。詳細は会場HPの案内欄140906arttabi
・会 期 :2014年9月6日(土)~10月26日(日) 
・休館日 :毎週月曜 ただし7/21を除く月曜日と7/22(火)は休館
・時 間 : 9:30~17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館 常設展示室1階
      (中央区北1西17 地図 TEL 011-644-6882 )
・観覧料 :一般510(420)円 高大生250(170)円 小中生150(100)円  、
       ( )内は前売りと10人以上の団体料金 
・主 催 :北海道立近代美術館 TEL 011-644-6882 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2014年10月25日

七里 圭監督作品「眠り姫」アンコール上映@札幌

 いくら寝ても、寝たりない——。人が姿を見せない、からっぽの風景に、濃密な人の気配が漂う。美しい情景と、人の気配と声が織り成す映像詩。2014年春、東京で15回目の再上映を果たしたカルト映画「眠り姫」6年ぶりに札幌でアンコール上映する。上映後に、七里 圭(しちり・けい)監督のトークショーあり。080328nemurihime詳細は七里監督サイトの案内記事やFACEBOOKの特設欄などで確認を。
・日 時 :2014年10月25日(土) 
      17時開場/17時30分上映 (上映後トークショー)
      19時10分開場/19時30分上映 (上映後トークショー) 
・会 場 :札幌・CAI現代芸術研究所 
      (中央区北1条西28丁目2-5)
・定 員 :先着順 各回 限定30名
・入場料 :メール予約1200円 当日1400円
・予約・お問合せ: ATTIC TEL 011-676-6886 (担当:小野、梶田)
       cinemattic@a-yaneura.com
・主 催 :halle 、・共 催 :CAI現代芸術研究所
・協 力 :charm point 続きを読む

bluebook at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

フィル・ソロモン作品集「溶けるフィルム・粒子の渦」@札幌

 アメリカの実験映画作家フィル・ソロモンは、ステップ・プリンターを駆使した超絶なアナログ・テクニックによって他に類を見ない驚きの映像を作り上げている。銀幕スクリーンに漂う無数の粒子を凝視せよ。詳細はFACEBOOKの上映特設欄などで。
【予定内容】 141025tokeruF
  上映後フィル・ソロモンインタビュー特典映像+トーク(約60分)
  ゲスト:水由章氏(映像作家・ミストラルジャパン代表)
・日 時 :2014年10月25日(土) 
       開場13:30、上映14:00(上映時間81分)
・会 場 :札幌・CAI現代芸術研究所 
      (中央区北1条西28丁目2-5)
・入場料 :当日:1200円/予約:1000円(予約はメール受付)
・主 催 :CAI現代芸術研究所
・企 画 :日本映像学会アナログメディア研究会
・協 力 :ミストラルジャパン
・お問合せ:TEL 011-802-6438(13時~22時/日祝休、その他展示入替により不定休あり)
       Eメール:sano[あっと]cai-net.jp 
・WEBサイト http://www.filmfilmfilm.org/Phil_Solomon_Works/
・関連記事 https://www.facebook.com/analogmedia 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

映画「野のなななのか」上映会@滝川市

2014年8月の愛別町開拓120年記念講演会に講師として招かれた大林宣彦監督の映画「 野のなななのか」の愛別町上映会が開催されまる。この映画は、芦別市で長年映画学校を開催するなど、20年に渡る縁を育んできた大林宣彦監督の芦別を舞台にした長編ドラマ。
 「雪の北海道芦別市、現代。風変わりな古物商を営む元病院長、鈴木光男(品川徹)が92 歳で他界し、散り散りに暮らしていた鈴木家の面々が葬式のために古里・芦別に戻っ てくる。そんな中、謎の女・清水信子(常盤貴子)が現れ…。『野のなななのか』は、 20年にわたる芦別の想いが、地域映画を超えた歴史的大作として結実した。本年度屈 指の必見作であり、大林宣彦監督の最高傑作の一つとして、語り継がれていくことに なるだろう」(劇場HPの案内欄より)。140510nononanananokaO大林宣彦監督。品川徹、常盤貴子、安達祐実、左時枝、寺島咲、芦別市のひとびと他出演。2014年、日本、171分。大林監督も舞台挨拶予定。上映の詳細は愛別町HPの案内欄などで確認を。
・日 時 :2014年10月25日(土) 2回上映
       13時開演(12時30分開場)、 17時30分開演(17時30分開場)
・会 場 :滝川市・ホテル三浦華園(花月町1丁目2-26)
・入場料 : 前売1,000円(当日1,300円)
・お問合せ:「野のなななのか」製作委員会事務局 TEL0124-23-1001 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

土曜シネマ供.疋ュメンタリー・ナウ 『我々のものではない世界』@旭川市

 パレスチナ難民キャンプを題材にし、山形国際ドキュメンタリー映画祭2013で大賞に輝いた「我々のものではない世界」の上映会。neoアジア映画祭in旭川の企画。監督は、パレスチナの難民キャンプで育ち、デンマークに移住したマハディ・フレフェルさん。故郷に帰省するたびに撮りためた映像や父親の残したホームビデオなどを編集し、難民キャンプでの暮らしや苦悩、仮住まいだったはずのキャンプに長年暮らし続けざるをえない人々の現実を描いた。印象的なタイトルは、1972年に爆弾で殺されたパレスチナ人作家、ガッサーン・カナファーニーの小説から採られている。パレスチナ・アラブ首長国連邦・イギリス合作、2012年、93分。上映の詳細は、141025warewarenomono会場HPの案内欄やあさひかわ新聞HPの記事などで。
・日 時 :2014年10月25日(土) 11:00、14:00、18:30 
・会 場 : 旭川市・まちなかぶんか小屋
       (旭川市7条通7丁目右10)
・入場料 :前売1,000円(当日1,200円) 会員800円 各回40席限定
・主 催 :まちなかぶんか小屋
・お問合せ:TEL 0166-23-2801(有村) 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

小尾三枝子写真展 「神ノ使イ」@札幌

 札幌在住の小尾三枝子さんの初の写真個展。日本写真芸術専門学校出身。これまでもポストカード展、小樽の闇鍋写真展、OYOYOの企画展などに多数出展してきた。今回はライフワークの一つ、全国で撮りためた狛犬の写真を展示。「美味しいパンと珈琲を飲みながら、たくさんの写真をご覧ください」とのこと。詳細は会場HPなどで。141014obi
・日 時 :2014年10月14日(火)〜25日(土)
・時 間 :火~金 11:00~20:00 
      土 9:00~18:00、    日・月・祝定休
 ・会 場 :札幌市・詩とパンと珈琲 Mon Coeiur (モンクール)
     (中央区北3条西18丁目2-4(南向き)北3条ビル1F )
・入場料 :無料
・お問合せ:同店 TEL 011-611-3747 
※ 16日と23日は18時よりイベントの為、カフェ利用できません 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 写真 

2014年10月24日

H26年度 北海道教育大学映像研究室 上映会 「よゐこのえいけんがくげいかい」@札幌

 北海道教育大学映像研究室の毎年恒例の成果発表「映像研究室展」を、今年は例年と趣向を変え、上映会として開催。映像作家、伊藤隆介教授の門下生19名が映像作品を出展。詳細はFACEBOOKの特設欄や北海道教育大岩見沢校のi-BOXの紹介記事などで。
【クラス紹介】 141024yoiko
 担任:伊藤隆介
  北芳樹、南俊輔、村田佑樹、大内里絵子、井本晴子、
  福森保歩、山角咲季、宮下莉奈、佐藤晴香、櫻田竜介、
  三上あいこ、宮出実希、大澤とま、安田千皓、田口彩水、
  東海林弘樹、笠原優奈、岡田万里、山田龍太郎
【プログラム紹介】
  第1幕 『朝のホームルーム』 
        共通テーマによる短編作品集(上映時間80分程度)
  第2幕 『きょうの時間割』 
        映像研究室生による個人制作映像作品集(上映時間30分程度)
・日 時 :2014年10月24日(金)、25日(土) 2日間
      10月24日(金)
        夜の部 開場18:00/開演19:00
      10月25日(土)
        昼の部 開場13:00/開演14:00
        夜の部 開場17:00/開演18:00
・会 場 :〇ニ據あけぼのアート&コミュニティセンター 
      (中央区南9条西11丁目 旧曙小学校 TEL 011-513-6181)
・入場料 :500円(ワンドリンク付き) 予約もあります!
・予約・お問合せ → 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | その他

ホリー.ワーバートンの一日@札幌

 ロンドン在住の美術家Holly Warburton(ホリー・ワーバートン)さん(1957年、英国エセックス生まれ)さん来札中のため、急遽決定。1日だけ展示と作品の上映。詳細は会場HPの案内欄で。141024horry
・会 期 :2014年10月24(金) 
・時 間 :15:00より 作品の展示
       16:00 公開リハーサル Work in progress(協力:斉藤 幹男)
       20:00 フィルム上映(音楽:高橋幾郎)入場無料
      作品上映  =20:00より(音楽 高橋幾郎) 入場無料
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養 和室
      (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養) 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | 美術

「約束−名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」上映会@小樽市

 〜独房の半世紀―。あなたは、その時間を想像することができますか?〜
 2009年に発足した市民団代「室蘭シネマクラブ」「約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」を上映。名張毒ぶどう酒事件とは、昭和36年、三重県名張市の小さな村の懇親会で、ぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡した事件。逮捕された奥西勝は「警察に自白を強制された」と訴え、無実を主張。1審は無罪だったものの、2審は逆転死刑判決。そして昭和47年、最高裁で死刑が確定した。戦後唯一、無罪からの逆転死刑判決。人権活動家は奥西の無実を訴える活動を展開し、弁護士も疑問の残る唯一の物証の鑑定を始める。独房の死刑囚の半世紀を描き出した野心作。 監督・脚本/齊藤潤一。プロデューサー/阿武野勝彦。131010yakusoku上映の詳細は映画公式HPの案内欄や北商連の案内欄などで。
・日 時 :2014年2014年10月24日(金) 3回上映
      10:30、 14:00、 18:00 
・会 場 :小樽市民センター「マリンホール」(色内 2-13-5 )
・入場料 :一般 前売900円(当日1,000円)
・主 催 :日本国民救援会 北海道本部 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2014年10月23日

エルプラ・シネマ10月上映会 『赤とんぼがいない秋』@札幌

 「エルプラ・シネマ」とは、情報センターに所蔵している4分野(男女共同参画社会・市民活動・消費生活・
環境保全)の映像資料の上映会で、現在毎月2回のペースで開催中。今回は、『赤とんぼがいない秋』(演出・撮影・編集:岩崎 充利)を上映。手軽で便利な農薬を141009akatonbo当たり前に受け入れているうちに姿を消した赤とんぼ。子どもの神経に影響する新しい化学物質の実態にせまるドキメンタリー作品。2012年、日本、61分。上映の詳細は会場HPの案内欄などで。
・日 時 :2014年10月9日(木) 14:30
      2014年10月23日(木) 18:00
・会 場 :・会 場 :札幌エルプラザ(北区北8条西3丁目)1階 情報センター
・参加費 :無料、事前申込不要。各回30名
・主 催 :札幌エルプラザ 情報センター 

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」上映@室蘭市

 超絶技巧で有名な伝説的バイオリニスト、ニコロ・パガニーニの破天荒な人生と、彼の人生を変えた2人の人物との出会いを描く伝記ドラマ「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」を上映。聴衆を驚愕の嵐に巻き込み、「悪魔に魂を売り渡して手に入れた」と恐れられた前代未聞の超絶技法、派手な女性関係、ギャンブル・・・尽きることのない逸話の影には、彼の人生を変えた知られざる二人の人物がいた。一人は、パガニーニを一大スターへと押し上げた敏腕マネージャー。もう一人は、生涯ただ一度の"純愛"の相手。天才バイオリニスト、デイヴィッド・ギャレットが主演。141023paganini2013年、ドイツ、122分。監督・脚本・撮影: バーナード・ローズ。上映の詳細は会場HPの案内欄などで。
・日 時 :2014年10月23日(木)  14:30、 18:30
・会 場 :室蘭市市民会館(蘭市輪西町2-5-1)ホール
・入場料 : 前売1,300円(当日1,600円)
・主 催 : 映画「パガニーニ」を観る会
・お問合せ:堀岡 TEL 090-9750-0620(堀岡)  続きを読む

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

滝川映画サークル 2014年10月上映会「茜色クラリネット」@滝川市

 滝川映画サークルの10月上映会では、札幌で6年間続く中学生の映画制作ワークショップの集大成として制作された長編ドラマ「茜色クラリネット」を上映。大人と子供の中間で揺れ動く中学生達が、夢と現実がとけあう境界線を往来しながら成長する冒険ファンタジー。札幌の映画・演劇のプロ、舞台となった屯田兵開拓の歴史がある琴似地区の人々が共同制作している。坂本優乃監督。2013 / 日本語(英語字幕)/ 81分/ 提供:NPO法人北海道コミュニティシネマ・札幌。コトニ夢映画制作プロジェクト製作。140322akane指導監督は、堺雅人主演「壁男」などで知られる札幌の監督早川渉。大人キャストには、俳優の斎藤歩、劇団yhsの南参や小林エレキ達が出演している。詳細は主催の滝川映画サークルHPの案内欄で。
・日 時 :2014年10月23日(木) 14:00、 19:00 
・会 場 :滝川市・たきかわホール 
      (JR滝川駅前再開発ビル3F TEL 0125-23-6005)
・入場料 :一般 1000円(当日一般1200円)、学生は当日500円
・主 催 :滝川映画サークル 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

小泉誠 素材の力展@札幌

 札幌グランドホテルの本館1階に2013年7月にオープンしたアートギャラリー「グランビスタギャラリーサッポロ」。約8週ごとにアート、デザイン、工芸などの分野で活躍するアーティスト、北海道、札幌にゆかりのあるアーティストなどの作品展示、ワークショップ、講演会、作品販売などを行っている。企画第10弾は、家具デザイナー小泉誠さんの仕事を紹介する企画展。「ここ数年、全国のものづくりの現場を駆け巡っています。プロダクトという『形』を作る為ではなく、その現場と向き合い、技術、素材、心意気、地域性などの特性を活かして、誇りを持って「つくり続けたい」と思えるものづくりを模索しています。いままで出会った素材は、木、漆、陶磁器、ガラス、紙、放浪、鉄、竹、布、錫と様々ですが、素材の力から生まれた必然的な道具には、たしかな普遍性を感じます。この地球から生まれたかけがえのない素材を、道具という「形」を通して、より関心をもって、身近に使って頂ける事を願っています。」とのこと。詳細は同ギャラリーの案内欄で。141023koizumi02
・会 期 :2014年10月23日(木)〜11月25日(火) 無休
・時 間 :11:00〜19:00(最終日17:00まで)
・会 場 :札幌市・札幌グランドホテル(中央区北1西4) 
      1階ロビー「グランビスタギャラリー サッポロ」
・入場料 :無料
・主 催 :株式会社グランビスタ ホテル&リゾート、札幌グランドホテル
・お問合せTEL:011-261-3311
※ 10月23日(木)に、記念トーク・レセプションを開催 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

日本映画名作祭2014 〜平成26度優秀映画鑑賞推進事業(第19回)〜@札幌

 毎秋恒例の日本映画の名作上映会。東京国立近代美術館フィルムセンターが文化庁とともに、所蔵映画フィルムの全国巡回上映事業を展開している「優秀映画鑑賞推進事業」平成26年度のプログラムから、今年は、戦後の混乱を乗り越え、復興の時を迎えた日本に生きる様々な家族や夫婦の姿を描いた作品を紹介。「煙突の見える場所」「この広い空のどこかに」「裸の島」「名もなく貧しく美しく」の4作品を2日間で各2回上映。141023meisaku2014上映の詳細は札幌映画サークルHPの案内欄で。
・日 時 :2014年10月23日(木)、24日(金) 2日間
       両日とも15〜16:00、楢部一視さんの講演
・会 場 :札幌市生涯学習センターちえりあホール(西区宮の沢1条1丁目 地図
・入場料 :1作品 500円(完全入替制)
・お問合せ:札幌映画サークル TEL 011-747-7314
      札幌市生涯学習センター 総務課 TEL 011-671-2200
・主 催 :優秀映画鑑賞推進時y行実行委員会、(財)札幌市生涯学習振興財団、
      文化庁、東京国立近代美術館フィルムセンター  続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2014年10月22日

幸せの扉開き〜映画「SWITCH」上映会@帯広市

 人間の無限の可能性を追い続ける遺伝子工学の科学者、村上和雄博士(筑波大学名誉教授)の研究の軌跡と、遺伝子がオンになった人々の生き様を追った感動のドキュメンタリー映画「SWITCH」を上映。人間の遺伝子には、1000文字×1000ページの百科事典約3200冊分の情報が入っていると言われている。しかし、私たちは生涯、その数パーセントしか使っていないことが様々な研究の結果により明らかになっている。村上博士は「眠っている遺伝子のスイッチをオンにすれば、人間の可能性は無限大だ」と語る。では、私たちの遺伝子は、いかにしてオンになるのか? 映画は、村上博士の研究の軌跡と、苦難の中で花開いた人間の可能性を追う。110924SWITCH企画・構成・監督:鈴木七沖(サンマーク出版取締役)。2011年、日本、80分。上映の詳細は映画公式サイトの案内欄などで。
・日 時 :2014年10月22日(水) 10:30(開場)
・会 場 :帯広市・道徳会館(西11条南27丁目27−1) 講堂
・主 催 :十勝・笑顔でHAPPYとどけ隊(澤田) TEL 0155-66-5063
       19560323k[あっと]gmail.com 

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

札幌のデザインを感じる5日間 札幌デザインウィーク「SAPPORO DESIGN WEEK 2014」@札幌

 デザインを通して地域活性化を図るイベント「SAPPORO DESIGN WEEK(札幌デザインウィーク)」が、今年も札幌駅前通り地下歩行空間をメーン会場に市内各地で開催される。141022SDW建築、インテリア、プロダクト、ファッション、グラフィック等のプロや学生が一堂に会し、展示・販売やワークショップ、トークショーなどを行う。10回目となる今年の詳細は公式HPで確認を。
・会 期 :201410月22日(水)〜10月26日(日)
・会 場 :札幌市・札幌駅前通り地下歩行空間ほか各所で
・主 催 :札幌デザインウィーク2014実行委員会事務局 
・ツイッター @S_DesignWeek 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

2014年10月21日

中平穂積写真展 JAZZ GIANTS 1961-2013@札幌

 札幌グランドホテルの本館1階に2013年7月にオープンしたアートギャラリー「グランビスタギャラリーサッポロ」。約8週ごとにアート、デザイン、工芸などの分野で活躍するアーティスト、北海道、札幌にゆかりのあるアーティストなどの作品展示、ワークショップ、講演会、作品販売などを行っている。企画第8弾は、竹村真一 「触れる地球」展を開催。竹村真一(文化人類学者/京都造形芸術大学教授)氏は、地球時代にふさわしい新たなメディア・プラットフォームづくりを目指す実験プロジェクトを各地で開催。世界初のマルチメディア地球儀「触れる地球」の開発や、ユビキタス地域情報システム「どこでも博物館」、スローライフのネットワークイベント「100万人のキャンドルナイト」などを企画/推進している。今回は、 「液体の水と生命に満ちあふれた地球のような星が この宇宙では極めて稀であること、地球外生命(ET)などそうそう居るものではなく、 私たち自身がきわめて稀な「宇宙人」であることを再認識した」という現代において、惑星的Planetary な視点を得た人類史上はじめての世代として、新たな地球像を可視化する試み。詳細は同ギャラリーの案内欄で。140918Jaza
・会 期 :2014年9月18日(木)〜10月21日(火)
・時 間 :11:00〜19:00(最終日17:00まで)
      10月21日(火)は11:00〜17:00
・会 場 :札幌市・札幌グランドホテル(中央区北1西4) 
      1階ロビー「グランビスタギャラリー サッポロ」
・入場料 :無料
・主 催 :株式会社グランビスタ ホテル&リゾート、札幌グランドホテル
・お問合せTEL:011-261-3311
※ 9月18日(木)オープニングライブほか関連事業多数 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 写真 | その他

2014年10月19日

映画「茜色クラリネット」上映会@深川市

 札幌で6年間続く中学生の映画制作ワークショップの集大成として制作された長編ドラマ「茜色クラリネット」を上映。大人と子供の中間で揺れ動く中学生達が、夢と現実がとけあう境界線を往来しながら成長する冒険ファンタジー。札幌の映画・演劇のプロ、舞台となった屯田兵開拓の歴史がある琴似地区の人々が共同制作している。坂本優乃監督。2013 / 日本語(英語字幕)/ 81分/ 提供:NPO法人北海道コミュニティシネマ・札幌。コトニ夢映画制作プロジェクト製作。140322akane指導監督は、堺雅人主演「壁男」などで知られる札幌の監督早川渉。大人キャストには、俳優の斎藤歩、劇団yhsの南参や小林エレキ達が出演している。詳細はFACEBOOK特設欄や北海道新聞HPの案内欄で。
・日 時 :2014年10月19日(日) 3回上映
       14:00、16:30、19:00 (各回30分前開場)
・会 場 : 深川市・雑貨カフェ・キルティングビー 
      (深川市4の8 )
・入場料 :一般 1000円(ドリンク代別途必)
・主 催 :同店 TEL 0164-22-4161 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

松本浦個展 昭和89年度路地裏画報勧業博覧会@札幌

 札幌在住の画家、松本 浦(まつもと・うら)さんの毎年恒例の「路地裏画報」展。下町風景や古い街並みを端正な詩情とともに描いた水彩画は広く共感を呼んでいる。道内各地や東京の古き良き街角を描いた水彩画のほか、紙によるミニチュア、マッチ箱の中の店舗再現など、大人のエスプリの効いた小物も多数販売している。恒例の来年のカレンダー発表も。141001mastumoto作家サイトの「路地裏畫報」欄で、繊細な水彩スケッチの数々を見ることが出来る。右画像は今回のDMハガキ。
・会 期 :2014年10月1日(水)~19日(日)
・定休日 :10月6日(月)、14日(火)
・時 間 :13:00~19:00 (24日月曜のみ定休)
・会 場 :札幌・古本カフェB・C・S
      (中央区南3条西7丁目7 しゃみ靴店左入口)
・入場料 :無料 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

第9回札幌国際短編映画祭 特別上映@札幌

 第9回「札幌国際短編映画祭」(通称「SAPPOROショートフェスト、2014/10/08-13)の事後の関連企画。今年の上映作品から、フィルムメーカー部門のABプログラム、文化庁メディア芸術祭 プログラム、アワードセレクションABを一挙上映。会期中に見逃してしまった方、VIPチケットや3プログラム券が残ってしまったという方には嬉しい上映会。141008SSF2014詳細は映画祭公式HP案内欄などで。
・日 時 :2014年10月18日(土)、19日(日)
      両日とも 11:00〜16:30
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館 講堂
      (中央区北1西17 地図  TEL 011-644-6882 )
・観覧料 :当日 1プログラム券 1300円 3プログラム券 3300円 
       割引について
       当日SAPICAまたは北海道立近代美術館の展示半券で
       前売料金と同じ1プログラム1100円にてご入場
・主 催 :SAPPOROショートフェスト事務局 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | 音楽

映画『祈り〜サムシンググレートとの対話〜』自主上映会@北見市

 筑波大学名誉教授の村上和雄博士による、笑い、愛、感動など心の働きが遺伝子をオンにするという研究結果を受け、祈りが遺伝子に与える影響に迫る科学ドキュメンタリー『祈り〜サムシンググレートとの対話〜』を札幌で上映。村上博士は「心と遺伝子研究会」を立ち上げ、心の働きが遺伝子に影響を与えることを研究で確かめ、中でも「笑い」が、眠っている遺伝子をオンに変えることを証明した。その他にも「愛」や「感動」などのポジティブな心の働きが、眠っている遺伝子をオンにし、「祈り」が遺伝子に影響を与える研究をしている。村上教授をはじめ、ホリスティック医学の世界的権威ディーパック・チョプラ博士、130331inori細胞生物学者ブルース・リプトン教授などの証言を基に、多角的に祈りを分析し、意識研究の第一線に迫る。詳細は映画公式HPの上映スケジュール欄などで。
・日 時 :2014年10月19日(日) 3回上映 開場各30分前
      10:00、 14:00、 19:00 (,詫鳥連れOK)
・会 場 :北見市・石倉交流センター(端野町端野238-5 )
・入場料 :無料。要事前申し込み。定員各回70人
・主 催 :ひと粒のいのちの会 TEL 080-3293-5844(中島) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

水野美術館所蔵 日本画の巨匠たち −横山大観から平山郁夫まで−@旭川市

 日本画の名品を多数有する水野美術館(長野市)所蔵作品のなかから、橋本雅邦、横山大観、菱田春草にはじまり、上村松園、鏑木清方、高山辰雄、加山又造、平山郁夫まで、近現代の日本画壇を代表する画家たちの秀作を選りすぐって紹介。詳細は同展特設サイトや同美術館HPの右チラシ(PDF)などで。140820kyosyou
・会 期 :2014年8月30日(土)〜10月19日(日)
・休館日 :月曜休
・時 間 :9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :旭川市・北海道立旭川美術館(常磐公園内 地図 )
・入場料 :一般1100(900)円、高大生600(400)円、
       中学生300(200)円、小学生以下無料
       ( )内は前売りおよび10名以上の団体料金。
・主 催 :北海道立旭川美術館、北海道新聞社、
       日本画の巨匠たち展実行委員会
・お問合せ:道立旭川美術館 TEL 0166-25-2577続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | 文学

放蕩の画家 パスキン展 〜「さよなら、リュシー」愛のメッセージ〜@釧路市

 ブルガリア生まれのジュール・パスキン(1885-1930年)は、エコール・ド・パリ(パリ派)を代表する画家です。真珠母色による独自の画風を確立し、鋭い観察眼で数々の女性像を描いたことは、よく知られています。初期の作品から、「さよなら、リュシー」のメッセージを残してこの世を去るまでの、制作の軌跡をたどります。140905Pascin詳細は会場HPの年間スケジュール欄右チラシ(PDF)で。
・会 期 :2014年9月5日(金)〜10月19日(日)
・休館日 :月曜休館
・時 間 :9:30〜17:00(金・土曜日は18:00まで)
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館
      (幸町4丁目1番5号) 
・入場料 :一般1,000(900)円、高大生 500(400)円、小中生200(100)円
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

北大映画館プロジェクト CLARK THEATER 2014@札幌

 北海道大学の学生達が中心となって、本格的な映像教育を考え、数年後には映画館の常設をイメージしている「北大映画館プロジェクト」実行委員会の手による上映会「クラーク シアター」が今年も開催される。“映像・映画を通じたコミュニケーションの場の創造”を目指し、文化的に優れた映画を楽しむ、という趣旨。今年のテーマは「映画×(クロス)」。上映スケジュールや作品など詳細は公式HPFACEBOOKで確認を。141015ClarkT
・会 期 :2014年10月15日(水)〜19日(日)
・時 間 :9:00〜21:00 メド
・会 場 :札幌市・北海道大学(北区北8西8) クラーク会館(地図)講堂 
・入場料 :料金 1プログラム500円
      (10月15日のオープニング上映のみ無料)
【詳細情報】
  特設サイト http://www.clarktheater.jp/ct2014/index.html
  Twitter  https://twitter.com/clarktheater
  Facebook  https://www.facebook.com/clarktheater
・主催・お問合せ:北大映画館プロジェクト info[at]clarktheater.jp  続きを読む

bluebook at 09:20|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2014年10月18日

ドキュメンタリー映画「つ・む・ぐ 〜織人は風の道をゆく〜」上映会@島牧村

 タイ東北部で布を織る人々を中心に、日本人デザイナー、末期がん患者を診療する医師、農業をしながら活動する歌手の3人の生きざまを追ったドキュメンタリードキュメンタリー映画「つ・む・ぐ 〜織人は風の道をゆく〜」を上映。タイで伝統的な服作りをする日本人デザイナー、医師、農業をしながら活動する歌手の姿を、7年間撮影した映像から選んだ珠玉のシーンで構成する。監督は、「笑顔の道しるべ −平田大一と南会津の子どもたち−」の吉岡敏朗。141017stumugu2013年、日本、98分。当日は、食べ物と物作り音楽と、自然に根差した暮らしを考えるイベント「小さな町の小さなマルシェ2014」の一環での上映となる。詳細は映画公式HPの上映案内で。
・日 時 :2014年10月18日(土) 19:00より上映
・会 場 :島牧ユースホステル (島牧郡島牧村千走21) 
・入場料 :イベント入場料は無料
・お問合わせ:TEL 0136-74-5264 simamaki[あっと]d6.dion.ne.jp
続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

ドキュメンタリー映画「つ・む・ぐ 〜織人は風の道をゆく〜」上映会@富良野町

 タイ東北部で布を織る人々を中心に、日本人デザイナー、末期がん患者を診療する医師、農業をしながら活動する歌手の3人の生きざまを追ったドキュメンタリードキュメンタリー映画「つ・む・ぐ 〜織人は風の道をゆく〜」を上映。タイで伝統的な服作りをする日本人デザイナー、医師、農業をしながら活動する歌手の姿を、7年間撮影した映像から選んだ珠玉のシーンで構成する。監督は、「笑顔の道しるべ −平田大一と南会津の子どもたち−」の吉岡敏朗。141017stumugu2013年、日本、98分。上映の詳細は映画公式HPの上映案内で。
・日 時 :2014年10月17日(金)18日(土) 両日とも16:00
・会 場 :富良野町・なちゅらるかふぇまめでたっしゃ
      北海道空知郡上富良野町西5線北31号
・お申込み:TEL 026-239-2282 
       mamedetassha[あっと]ybb.ne.jp 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

ブレーメン館10月研究会 田村一郎氏「などて三島は」@札幌

 「自由な発表と幅広い交流の場」をモットーに、同人誌発行や上映会、山中貞雄監督からアンゼルム・キーファー、ホロコースト漫画「マウス」まで幅広く論じる「ブレーメン館」の研究会。今回は会員の田村一郎さんが「などて三島は」と題して、三島由紀夫が1966年に書いた中編「英霊の声」を元に、70年の自決に向かう道筋を読み解く。「などて」は「どうして」「なぜ」を意味し、作中で主人公らが語る言葉からの引用。
・日 時 :2014年10月18日(土) 14:00〜16:00
・会 場 :札幌・北海道情報大学 札幌サテライト
     (中央区北3西7緑苑ビル4F、北大植物園入口正面 玄関南向き 地図
・参加費 : 一般1,000円、大学生以下の学生は無料
          (ソフトドリンク付。事前申込不要。当日直接会場へ)
・主 催 :ブレーメン館
・お問合せ:ブレーメン館事務局TEL 011-897-5464 (安高)
      syasutaka[あっと]bear.odn.ne.jp 
・後 援 : 札幌市教育委員会 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 文学 | その他

「ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件…そして」上映会@札幌

2004年にイラクで起きた日本人人質事件の人質となった高遠菜穂子さんと、今井紀明さんのその後を追ったドキュメンタリー映画「ファルージャ イラク戦争日本人人質事件…そして」が札幌で上映される。イラク支援のために現地に行った日本人3人が、ファルージャの街で地元の武装グループによって日本政府へ自衛隊撤退を要求するための人質として拘束された。日本では3人の行為が国に迷惑をかけたとして「自己責任」を問う声が広がり、人質の家族までもが激しいバッシングの嵐にさらされた。この映画は、人質となった、高遠菜穂子さん、今井紀明さんの現在の姿を追い、そして未だ戦火の止むことのないイラク、ファルージャの生々しい現実を捉える。監督: 伊藤めぐみ。140405fallujah(C) 2013 有限会社ホームルーム 一般社団法人全日本テレビ番組製作社連盟。2013年、日本、95分。製作・配給: 有限会社ホームルーム。
・日 時 :2014年10月18日(土) 2会場で上映)  
     ‖茖栄堯13:30開場 13:45〜16:30 (トークイベント+上映)
     札幌市・北海道立総合体育センター きたえーる メインアリーナ
      (豊平区豊平5条11丁目1番1号)
     ゲスト:今井紀明さん(NPO法人D×P共同代表)
    ◆‖茖寡堯18:00開場 18:35〜20:10 (トークイベント +上映)
     札幌市・札幌市教育文化会館 大ホール
      (中央区北1西13 地図)  
     ゲスト:高遠菜穂子さん(エイドワーカー)
・入場料 : 前売りのみ 大人1,100円、高校生以下500円
・入場方法:要事前申込。前売券を購入の上来場を。電話、メールにて受付中。
・主 催 : 慈善団体KULA 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

Animator’s Eggs 2014 ドリームコレクション@札幌

 北海道教育大学岩見沢校のアニメーション研究室の学生たち主催の短編アニメ上映会。今年の企画アニメーションのテーマは「夢」。学内外やOBOGから「印象に残っている夢」を募集、それぞれの世界観で30秒間のアニメーションにした。「シリアス、シュール、癒やし系…人の数だけ夢があります。アニメーションもそうですね。そんな参加者の気合のこもったドリームアニメーション、是非観に来て下さい」とのこと。141017AE2014詳細はFACEBOOK特設欄同研究室ブログほかで。
・日 時 :2014年10月17日(金)、18日(土) 2日間
      17日=17:30開場 18:00開演
      18日=13:00開場 13:30開演
・会 場 :札幌市・OYOYO(オヨヨ)
      (中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 6階 地図
       東急ハンズの西2軒隣のビル
・料 金 :大人1プロ800円、 2プロ1,000円
      学生1プロ500円、 2プロ800円
      (前売券ト購入の方には当日1ドリンクサービス)
・関連サイト
     blog http://ameblo.jp/animation-lab/
     Twitter @AnimatorS_Eggs
     Facebook http://www.facebook.com/animators.eggs 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

CAIアートスクール生による展覧会『CAI19.』@札幌

 CAI現代芸術研究所では、第六感と自己表現をテーマに週に一度の夜間アートスクールを開校。そのCAIアートスクール19期生8名と18期生1名による展覧会『CAI19.』を開催。詳細はCAIサイトの案内欄で。
【出展者】 141010CAI19
   阿部孝太郎、杉本直貴、寺田英司、春江、東辻聖 
   三上拓馬、宮早智子、山田太郎
・会 期 :2014年10月10日(金)〜18日(土)
・時 間 :13:00〜23:00 日祝休館 
・会 場 :札幌・CAI02 全館
      (中央区大通西5丁目 昭和ビルBF2 TEL 011-802-6438)
・入場無料
・協 力 :CAI現代芸術研究所
・お問合せ:CAI02 TEL 011-802-6438、090-7517-5865(杉本)
※ 17日(水)20:00クロージングパーティー 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

映画「ジョン・ラーベ 〜南京のシンドラー〜」上映@別海町

 シーメンス社の中国支社長・ナチス党員で、1937年の日本軍による南京事件にあたって現地民の保護に尽力したとされるジョン・ラーベ氏(1882〜1950年)の日記を元に映画化した「ジョン・ラーベ 〜南京のシンドラー〜 」(原題:John Rabe)を上映。第59回ドイツ映画賞にて、主演男優賞(ウルリッヒ・トゥクル)・作品賞(ベンヤミン・ヘルマン、ミシャ・ホフマン、ヤン・モイト)・美術賞(屠居華)・衣装賞(リジー・クリストゥル)の4部門で受賞。ウルリッヒ・トゥクル主演。香川照之、柄本明やARATA等も出演しているが、日本では映画配給会社が揃って上映を拒否し公開は実現しなかった。141018labeフロリアン・ガレンベルガー監督。2009年、134分、ドイツ・フランス・中国合作。上映の詳細は映画公式HPなどで。
・日 時 :2014年10月18日(土) 13:00〜15:00
・会 場 :別海町・別海マルチメディア館
      (野付郡別海町別海旭町47番地の1)
・入場料 :1,000円(当日1,200円)、障がい者中学生以下無料
・お問合せ:映画「ジョン・ラーベ」上映実行委員会 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

北海道映像記録創立40周年記念上映会 第1部&第2部@札幌

 札幌の映像制作会社北海道映像記録の創立40周年記念上映会。「私たちは創立40周年を迎えました。ベストシーズン、ベストショットを撮り、伝える。私たちはそれを使命とし、真摯に取り組んできました。私たちの作品をお楽しみいただけたら幸いです。」とのこと。上映の詳細は札幌の観光文化情報ステーションHPの案内欄などで。
【プログラム】 141017eizoukiroku
  【第1部】 北海道廃止鉄道の夜-オールナイト急行- 
   失くした、もう元に戻ることはない。走らない、もうそこに鉄路はない。
   人の営みは続き、今を生きる。私たちは撮った。
   確かに記した。耳をすませば、懐かしいあの響きが。
  【第2部】our 21 works-光彩北海道-・・・
・日 時 :2014年10月17日(金)、10月18日(土) 
       【第1部】 開場20:00 開演20:30〜翌6:00 
       【第2部】 開場10:00 開演10:25〜18:00 
・会 場 :札幌市・札幌プラザ2・5
      (旧東宝プラザ 狸小路5丁目)2階
・入場料 :すべて無料
・主催・お問合せ:北海道映像記録株式会社 TEL 011-520-1101 続きを読む

bluebook at 10:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2014年10月16日

上野千鶴子 憲法を語る もう一度、「平和」を選び直す@札幌

 ジェンダー研究の第一人者上野千鶴子さんが憲法を語る。横浜での講演に加筆して今年4月に出版した『上野千鶴子の選憲論』では、改革の旗を掲げる改憲派に対して護憲派の方が守旧派に見えて分が悪い、何もしないことで解釈改憲に加担しているかもしれないと述べ、第三の選択肢として、「選憲」を提示。現行の憲法を功罪ともに検討したうえで、もう一度選び直しましょうという提案。私たちはどんな憲法を望むのか、どんな社会をつくりたいのか、主権者として、上野千鶴子さんと共に考える。141016ueno詳細は主催者HPの案内欄やピースカレンダーHPの案内欄などで。
・日 時 :2014年10月16日(木) 17:30 開場 18:15 開演(〜 20:00)
・会 場 :札幌市・北海道自治労会館(北区北6西7 東向き) 5階大ホール
・参加費 :前売1,000 円 (当日1,200 円)
・主 催 :NPO法人さっぽろ自由学校「遊」 011-252-6752 続きを読む

bluebook at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2014年10月13日

第6回北の燐寸アート展@札幌

 美術、彫刻、版画、デザインなど様々なジャンルの作家が手掛けた燐寸にまつわる作品を一堂に展示する「北の燐寸アート展」。2009年から始まって今年で6回目の開催で、今年は苫小牧市と札幌の2会場。燐寸アート展とは、明治時代にマッチの軸木をつくる工場があった苫小牧から、マッチにまつわる作品を発信するもの。ラベルの箱を描いたり、軸木を用いた立体だったりと、毎年趣向をこらした作品が揃う。今年は約50人の作家が参加。詳細は141108matchi会場のヒアラタアートスタジオの案内欄や主催者HPの案内欄で。
・会 期 :2014年10月8日(水)〜13日(月) 
・時 間 :13:00〜20:00 (火曜定休) (最終日は18時迄)
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養 2階 
      (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養) 
・主 催 :NPO法人ゆうべあまちづくりネットワーク&ヒアラタアートスタジオ
・お問合せ:TEL 090-9754-7834(森)  続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

函館映画鑑賞協会208回例会「よみがえりのレシピ」 上映とトークのつどい@函館市

 函館映画鑑賞協会の第203回例会では、山形県に古くから伝わる在来作物の種を守り続けてきた生産者たちとその野菜の魅力を引き出す料理の数々を紹介するドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」を上映。地域の豊かな風土や歴史を今に伝える在来作物は、大量生産、大量消費の価値観の中で失われつつある。そんな在来作物の種を大切に守り続けてきた生産者や、山形県内の在来作物を調査し伝統的な農法の意義を探る研究者、素材の特性を生かした創作料理で新たな命を吹き込む“山形イタリアン”「アル・ケッチャーノ」の奥田政行シェフなどの姿を通して、食と農業の未来を見つめなおす。監督・編集/渡辺智史。出演/江頭宏昌、奥田政行、在来作物を守り継ぐ人々。2011年、日本、95分。上映とともに、森町の農業政田道明さんと、七飯町のレストランシェフ原弘美さんのおいしい野菜についてのトークあり。130427yomigaeri上映の詳細は主催者HPの案内欄やボラットHPの案内欄で。
・日 時 :2014年10月13日(月祝)  3回上映
    ‐絮10:30〜、 トーク (政田さん) 12:10〜
    ⊂絮14:15〜、 トーク (原さん) 16:00〜
    上映18:00〜
・会 場 :函館市・函館市民会館 小ホール
      (湯川町1丁目32番1号 0138-57-3111 アクセス) 
・入場料 :一般前売 1,200円 (当日1,400円)
       学生・障がい者:800円(当日も同じ)
・お問合せ:函館映画鑑賞協会 TEL・FAX 0138-52-0193(佐々木) 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

第9回札幌国際短編映画祭@札幌

 第9回「札幌国際短編映画祭」(通称「SAPPOROショートフェスト)の開催概要が発表された。1作品30分以内、世界から公募したあらゆる分野のショートフィルムを、一挙に上映する。今年は世界94の国と地域から3,746作品の応募があった(昨年は93の国と地域から2,723本)。恒例の北海道出身監督による「北海道セレクション」も予定。詳細は映画祭公式HPで順次発表予定。141008SSF2014
・会 期 :2014年10月8日(水)〜13日(月)
      ショートフィルムマーケットは会期中に開催。
・会 場 :札幌市内の次の会場で
  ■メイン会場 札幌プラザ2・5(中央区南2西5狸小路5)
  ■特別上映会場 シアターキノ(中央区南3西6 地図
  ■マーケット会場 イベントスペースEDiT  
   クリエイターとバイヤーが直接コンタクトできる
   約1万本のアーカイブを見られるプレビューブースあり
・主 催 :SAPPOROショートフェスト事務局 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2014年10月12日

難民映画祭 札幌上映@札幌

 世界の難民や避難民の保護と援助活動をしている国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)では、国連UNHCR協会との共催でUNHCR難民映画祭を2006年東京上映から始まり、2010年以降は全国各都市で上映されている。世界中から集められた様々なドラマやドキュメンタリー作品を通じて、人々の恐怖や絶望、喪失感、また一方では希望と勇気、活力と成功のストーリーを紹介することで難民、国内避難民、無国籍者の置かれた状況について理解を深めていただくことを目的として開催されている。今年の北海道は札幌で上映。上映の141012nanmin09詳細は映画公式HPやJICAの案内欄で。
・日 時 :2014年10月12日(日)
      12:00「ボーダー 〜戦火のシリアから逃れて〜」(95分)上映
      15:00「スケーティスタン」(95分)上映
・会 場 :札幌・北海道大学 学術交流会館(地図) 1階 小講堂
・入場料 :無料。先着順(会場での募金にご協力を)
・主催・お問合せ:国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2014年10月11日

第9回札幌国際短編映画祭2014「教育フォーラム」 「この砂赤い赤い」上映@札幌

 「札幌国際短編映画祭」(通称「SAPPOROショートフェスト」)の教育フォーラムで、早川渉監督作品「この砂赤い赤い」参考)ほかを上映。141011konosunaほかにも西区琴似を舞台に中高生が制作した映画「茜色クラリネット」の制作関係者によるソウル国際青少年映画祭への参加報告、「生命の樹」上映など。早川監督や中高生のスタッフの舞台挨拶もある。詳細は映画祭公式HPや右チラシなどで。
・日 時 :2014年10月11日(土) 10:00〜11:30 
・会 場 :札幌市・札幌プラザ2.5(中央区南2西5狸小路5)
・入場料 :無料 
・お問合せ:シアターキノ(011-231-9355) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ドキュメンタリー映画『ちづる』劇場公開@浦河町

 〜妹のことをどう説明したらいいか、今もわからない。
    だから言葉で伝えるかわりに、カメラを向けることにした。〜
 立教大学の映像身体学科出身の赤崎正和監督が、2歳年下の自閉症の妹を主人公にした映画「ちづる」(2011年、79分)が函館市でも劇場公開される。映画は、重度の知的障がいと自閉症をもった赤崎監督の妹・千鶴とその母を1年に渡り撮り続けた、みずみずしくも優しい家族の物語。最も身近な存在でありながら正面から向き合えなかった妹にカメラで対話した監督は、映画を撮り終える頃、家族との新しい関係を築きあげている自分に気づく。作者の精神的な成長がいみじくも映像に刻印されてしまった稀有なドキュメンタリーの111026chizuru誕生。“若さ”が成し遂げた映画の奇跡がここにある。プロデューサーは『延安の娘』『蟻の兵隊』の池谷薫さん(立教大学特任教授)。上映の詳細は映画HPの案内欄や、近日中に大黒座HPに紹介される見込み。
・会 期 :2014年10月11日(土)〜19日(日)
・時 間 :後日
・会 場 :浦河町・大黒座(浦河町大通2-18 )
・入場料 :一般大学 1,500円ほか
・お問合せ:大黒座 TEL 01462-2-2149 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2014年10月09日

ビキニ被ばく60年 映画「放射能を浴びたX年後」上映会@室蘭市

 〜3.11後の日本に投げかける衝撃の告発〜 地方ローカル局が追った渾身のドキュメンタリー
 南海放送(愛媛県松山市)では約8年にわたり、これまであまり知られることのなかった「もうひとつのビキニ事件」の実態を描いてきた。地元の被災漁民に聞き取りをする高知県の調査団との出会いがきっかけだった。制作した番組は「地方の時代映像祭 グランプリ」「民間放送連盟賞 優秀賞」「早稲田ジャーナリズム大賞 大賞」など、多数受賞。2012年1月に日本テレビ系「NNNドキュメント'12」で放送されたTV番組「放射線を浴びたX年後」に、新しい映像を追加した劇場版映画「放射線を浴びた[X年後]」が劇場公開される。アメリカが1954年に行ったマーシャル諸島ビキニ環礁での水爆実験によって被曝した、第五福竜丸をはじめとする日本の漁船と121204housyasenその船員たちや、人々の関心と歴史から消えてしまった第五福竜丸以外の被曝事例を追跡しながら、その裏に隠された日米両政府の機密などを浮かび上がらせていく。2012年、83分、HDCAM、16:9、カラー、日本。詳細は会場HPの案内欄右チラシなどで。
・日 時 :2014年10月9日(木) 14:30、18:30 
・会 場 :室蘭市市民会館(蘭市輪西町2-5-1) 1F リハーサル室
・入場料 :前売 800円 (当日1,000円)、学生は当日のみで500円
・主 催 :室蘭シネマクラブ
・お問合せ:TEL 0143-43-2895(冨盛) 

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画