2014年12月

2014年12月31日

札幌駅のJRタワー「アートボックス」2015年度 作品募集@札幌

 JR札幌駅東側コンコースにある展示空間ART BOXは、北海道のアーティストたちに新たな発表の場を提供する目的で、2008年4月にJRタワー1階東コンコースに設置され、2009年5月から公募した優秀作品を3ヵ月ごとに順次展示している。2014年に向けた作品の募集概要が発表された。応募資格は北海道在住の個人、グループであること。141001artboxbosyuu「多くの人々が行き交うパブリックスペースにふさわしい作品の応募をお待ちしています」とのこと。詳細はJRタワーHPの案内欄で確認を。
・応募期間:2014年10月1日(水)〜12月31日(水)  当日消印有効
・賞金(作品奨励金)
  グランプリ1作品30万円、 優秀賞3作品各 20万円
・審査発表 2015年2月中旬 
・受賞作品発表 2014年3月上旬を予定
※ ART BOXのこれまでの展示、応募概要など → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

2014年12月30日

★「クロイコドモベヤ」@札幌

 2012年〜2014年の夏の円山公園のテント小屋で開催された「納涼 恐怖短編映画まつり」記事)に参加した札幌在住のアーティスト7組が再び集結、ギャラリー犬養で今年最後の展覧会を行う。会場では、テント小屋で上映された短編映画を集めたDVD(限定プレス)を発売。詳細はFACEBOOKの特設欄などで。
【参加作品と作家】 141224kuroikodomobeya
 ●Amejika
 ●飴屋吉丸
 ●犬養康太
 ●斎藤幹男
 ●住吉直道
 ●松本ナオヤ
 ●ReguRegu
・会 期 :2014年12月24日(水)〜30火(日) 会期中無休
・時 間 :13:00〜22:30 
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養 2階
      (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養)  続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | 映画

2014年12月28日

jobin.個展 「博士のこの頃」@札幌

 札幌を拠点にモビールや照明を主に展示、装飾で活躍する若手、jobin.さんの年末の個展。詳細は作家FACEBOOK等で。
  [会場音楽/CD制作] 佐々木恒平 http://koheisasaki.net/  141216jobin
  [箱のデザイン]     藤井湖弓 http://ohayo-gallery.com/ 
・会 期 :2014年12月16日(火)〜28日(日) 会期中無休
・時 間 :10:30〜22:00(最終日20:00)
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
・入場料 :無料
・お問合せ:ト・オン・カフェ TEL 011-299-6380 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

小アニメーション大感激祭PART18@札幌

 札幌で21年の歴史を誇るの自主上映イベント「小アニメーション大感激祭」が、今年も開催される。「プロからアマチュアまで、学園祭上映作品から国際フェスティバル上映作品まで、作者が見せたいと思う作品を一切選考なしで可能な限りすべて上映する」という主旨で、1992年から開催されているもの。自らもコマ撮りの人形アニメーション作家である津山昌徳氏が独力で、日本全国のアニメーション作家たちの作ったさまざまな形態(セル、人形からCGに至るまで)のアニメーションを一堂に集めての大上映会。上映作品のほとんどはテレビでもレンタルショップでも見られないものが多い。また、毎回、来場者の感想集を元に感想集を作成。出品者全員に無料で配布し、来場者との相互コミュニケーションを図るのも独自の大きな特徴。詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2014年12月28日(日) 2回上映(同内容) 
      9:40〜12:20、 13:00〜15:40 
・会 場 :札幌・かでる2・7(中央区北2西7 地図)10階 1050会議室
・入場料 :600円 (出品者は100円引きです)
・主 催 :アニメーション大賞リュニオン実行委員会 
・参 考 :mixiの「日和見電脳通信」に関連情報あり 
・参考記事:オントナWEBコラムの紹介記事「『伝えがたき』を伝え続ける」 続きを読む

bluebook at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

親子のための展覧会〜伊藤英二 木のおもちゃ展@小樽市

 木製のおもちゃを集めた親子のための特別展。中学校教諭として木のおもちゃを障害児教育に取り入れ、自宅の工房で製作活動をしていた故伊藤英二さん(享年80歳)=北見市=の作品170点ほどを展示する。おもちゃに自由に触れて遊べるエリアも設置。枠の中に大量の小さな木のボールを入れた「木の砂場」、ボールを投入するとカランコロンと木琴のような音を奏でる仕掛けのおもちゃなどがある。(以上、北海道新聞の紹介欄より)。141018itoueiji他に詳細は、小樽観光案内所スタッフブログの紹介欄などで。
・会 期 :2014年10月18日(土)〜12月28日(日)
・休館日 :月曜日(11/03、11/24を除く)
・時 間 :9:30~17:00(入館は16:30まで)
      最終日は15:00閉場
・会 場 :小樽市・市立小樽美術館
      中村善策記念ホール・企画展示室(1階・2階)
      (色内1丁目9番5号 地図
・入場料 :一般500円(400円)、高校生・市内高齢者250円(200円)
      中学生以下 無料  (  )内は20名様以上の団体料金
・お問合せ:同館 TEL 0134-34-0035 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2014年12月27日

『酒場詩人の流儀』刊行記念 吉田類さんサイン会@札幌

 吉田類さんが本格的なエッセー集「酒場詩人の流儀」(中公新書、780円税別)=書籍情報=を刊行した。北海道をはじめ全国各地を巡りながら「酒縁」を重ねる紀行エッセーで、北海道新聞夕刊文化面連載「酒縁ほっかいどう」も収録。842円。詳細は北海道新聞HPの案内欄などで。141227yoshidarui
・日 時 :2014年12月27日(土) 15:00開始
・会 場 :札幌・ジュンク堂書店札幌店 1階 大理石前特設会場
     (中央区南1西1 丸井今井南館)
・定 員 :先着100名(要整理券)
      同店で同書購入の方に1階レジにて整理券を配布。
・お問合せ:同店2階レジカウンター TEL 011-223-1911 

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

そらち炭鉱の記憶アートプロジェクト2014報告展@札幌

 2014年8月23日〜10月13日まで、三笠・夕張・岩見沢で開催された「そらち炭鉱の記憶アートプロジェクト2014」には約4200名が来場、作品を通じて「炭鉱のある地域の記憶」に触れた。今回の報告展は、.◆璽肇廛蹈献Дト全作品のアーカイブ 地域とのコミュニケーションを重視するプロジェクトの背景 という二つのテーマで展示。詳細はCAIサイトの案内欄やFACEBOOKの特設欄で。141210tankou
・会 期 :2014年12月10日(水)〜27日(土)
・時 間 :13:00〜23:00 日祝休館 
・会 場 :札幌・CAI02 全館
      (中央区大通西5丁目 昭和ビルBF2 TEL 011-802-6438)
・入場無料
・主 催 :札幌市立大学
・共 催 :NPO法人炭鉱の記憶推進事業団
・協 力 :CAI現代芸術研究所
・お問合せ:CAI02 TEL 011-802-6438
※ 12月13日(土)14:00〜15:30 アーティストトーク 作品解説、炭鉱遺産解説等々
  12月20日(土) ドイツハンブルから佐藤幹子さんをお招きしたレクチャー 
  それぞれ終了後1時間程度、交流会を開催予定 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2014年12月26日

ちえりあ冬休み親子映画会「トムとジェリー」@札幌

 ちえりあ視聴覚センターが所蔵する約1万本のフィルム・ビデオの中から、お勧めの作品を選んでを紹介する「ちえりあ映画会」。今回は、テレビアニメシリーズ「トムとジェリー」をDVDで上映。体が大きく凶暴だが、おっちょこちょいでどこか憎めない部分のあるネコのトムと、体は小さいが頭脳明晰で、追いかけてくるトムを事もなげにさらりとかわす子ネズミのジェリーのドタバタを、ナンセンスとユーモアたっぷりに描いた作品。詳細はちえりあHPの案内欄で。
・日 時 :2014年12月26日(金) 9:30開場、10:00〜10:50
・会 場 :札幌市生涯学習センターちえりあホール(西区宮の沢1条1丁目 地図
・入場料 :無料(予約不要、当日直接会場へ)。定員400名。
      要整理券 ※当日9時から会場前で配布。一人1枚限り
・お問合せ:札幌市生涯学習センター 事業課 TEL 011-671-2311 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2014年12月25日

エルプラ・シネマ12月上映会『ロバート・イーズ』@札幌

 「エルプラ・シネマ」とは、情報センターに所蔵している4分野(男女共同参画社会・市民活動・消費生活・
環境保全)の映像資料の上映会で、現在毎月2回のペースで開催中。今回は、女性として生まれ、男性と結婚し、生まれた息子2人を育てた後、男性として生きる道を選んだロバート・イーズ。末期ガンが判明、最愛のパートナーと残り少ない日々を過ごして亡くなるまでの一年間に密着したドキュメンタリー「ロバート・イーズ/ROBERT EADS」DVD情報=を上映。2000年、アメリカ、90分。ケイト・デイビス監督、ロバート・イーズ、ローラ・コーラ他出演。081011RobartEads2001年サンダンス映画祭審査員大賞受賞作品。上映の詳細は会場HPの案内欄などで。
・日 時 :2014年12月11日(木) 14:30
      2014年12月25日(木) 18:00
・会 場 :・会 場 :札幌エルプラザ(北区北8条西3丁目)1階 情報センター
・参加費 :無料、事前申込不要。各回30名
・主 催 :札幌エルプラザ 情報センター 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

辺野古の闘いの”いま”を伝えるドキュメンタリー映画「圧殺の海ー沖縄・辺野古」札幌おひろめ上映@札幌

 ドキュメンタリー映画「圧殺の海 沖縄・辺野古」の上映と藤本幸久監督によるトークを行う。
 「2014年7月1日、安倍首相が集団的自衛権を閣議決定した同じ日に、辺野古の新基地建設が着工された。巡視船やゴムボート、特殊警備艇、警戒船など、最大80隻にもなる船で埋め尽くされた辺野古の海。反対する人たちを力ずくで抑え込みながら、有無を云わさず工事をすすめる日本政府。海で、基地のゲート前で、毎日、激しい攻防が続けられているが、本土のマスメディアの体温は今までになく低い。周到に築き上げられてきたこの無関心の壁に穴を穿って、辺野古の闘いの“いま”を伝える自主制作の映像が届けられた。現地で闘う市民たちと森の映画社が協力して作り上げたドキュメンタリーである。炎天下の日中も、台風前の雨の中も、ゲート前に座り続ける人びと、両手を広げて工事用のトラックの前に立つおじぃやおばぁたち、体一つでカヌーで海へこぎ出す人びとの魂の熱量がそのまま映し込まれている。この映像は、軍事大国への兆しの時間に、日本人が向き合うために世に送り出された」(チラシより)。141225assastu2015年/森の映画社/109分。上映の詳細は北海道平和運動フォーラムの案内欄などで。
・日 時 :2014年12月25日(木)  4回上映
       10:00、 13:00、 16:00、 19:00 
・会 場 :札幌市・札幌エルプラザ 2F環境研修室
      (北区北8西3 JR札幌駅北口直結 TEL 011-728-122) 
・参加費 : 前売 1,000円 (当日 1,200円)、 高校生以下500円。
・主 催 :ドキュメンタリー映画をみる会
       090-2052-9902/Fax011-206-4570続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 | その他

2014年12月23日

ピースクリスマス展・わたしたちの贈り物 vol.8@札幌

 〜イラストレーターたちが贈るクリスマスプレゼント♪ Peaceな気持ち贈ります〜
 クリスマスをテーマに、北海道イラストレーターズクラブαの会員と北海道在住のイラストレーターたちが贈るクリスマス小作品展。作品数は約40点を展示。会場ではイラストレーターたちのクリスマスカードやポストカードも販売予定。「クリスマスに贈るイラストレーター達の共演をどうぞお楽しみください」とのこと。展示の詳細は会場のカフェエスキスHPの案内欄で。
【参加イラストレーター】  (五十音順/40名) 141204peaceX
   青木千佳/石川由起枝/石垣 渉/伊藤沙絵子/植田伊都子/
   蝦名修平/太田優姫/小川理恵子/小田啓介/越澤 秀/
   柏葉佑司/カミグチヤヨイ/キムラみのる/栗井亜矢子/小林皓次/
   小林龍一/ゴトウマキエ/佐々木美保/佐藤正人/渋谷裕二/
   島田沙織/スズキラン/鈴木隆一朗/スダナオ子/添田恵子/
   高橋万里子/ないとうさつき/中井亜佐子/西村昌実/細田哲郎/
   細矢雅恵/松山真吏奈/真野奈優季/まろ/三戸部祥子/
   村井里津子/ももいじゅん/森迫暁夫/ryuku/山田るみ
・会 期 : 2014年12月4日(木)〜23日(火・祝)
・定休日 :水曜日 ※12月9日(火)は臨時休業
・時 間 :12:00〜24:00(日祝は21:00まで) 
・会 場 :札幌市・CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
     (中央区北1西23-1−1 メゾンドブーケ円山1F)
・入場無料(喫茶店のため何か飲食の注文を)
・主 催 : 北海道イラストレーターズクラブα
・協 力 : 彩展実行委員会 ・カフェ エスキス
・お問合せ:同店 TEL/FAX 011-615-2334 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

ドキュメンタリー映画「いのち耕す人々」〜TUESDAY CLUB 火曜上映の会〜@小樽市

 みみずく舎の火曜上映会 今回は30年以上前から有機農業に取り組み、食の安全を実践してきた山形県高畠町の農家を追うドキュメンタリー映画「いのち耕す人々」を上映。農民詩人の星寛治さんらが中心となり、農薬や肥料に頼らない有機農業に取り組み始めて30年余り。この間に問題もあったが、都会の消費者や新しい仲間たちが有機農業従事者を支えてきた。141223inochi監督・脚本: 原村政樹。2006年、日本、100分。上映の詳細は会場HPの上映案内欄などで。
・日 時 :2014年12月23日(火・祝) 10:15〜(開場 9:45)
・会 場 :小樽市・なまらや(花園3丁目6-6)
・入場料 :2,000円(上映料+ランチ)、要申込(座席に限りあり)。
・お問合せ :みみずく舎 ミリケン恵子 TEL 080-6085-9063  

bluebook at 10:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2014年12月22日

伍七創作人形展「ミコとポンチキ、もういっかい。」@札幌

 人形制作の伍七さんの創作人形展。粘土での球体関節人形や、羊毛フェルトで人形を手掛けている。前回(2014年2月)の羊毛フェルトの人形展「ミコとポンチキ」記事)は「異形であるけど、美しかったり愛しさを感じる造形目指して精進中」との言葉通り、ユーモラスで可愛い中にも独自の狂気としたたかな毒を感じさせる人形達を展示し静かな反響を呼んだ。今回も大型の人形やセクシーなキノコ、不思議な生き物達が並ぶ。詳細は141210goshichi会場HPの案内欄で。
・会 期 :2014年12月10日(水)〜22日(月) 
・時 間 :13:00〜22:30 (火曜定休) (最終日は21時迄)
・会 場 :札幌市・ギャラリー犬養 女中部屋 
      (豊平区豊平3条1丁目1-12 地図
       (地下鉄東西線 菊水より徒歩7分、
       中央バス 豊平橋より徒歩1分、駐車場有)
・入場料 :無料 
・お問合せ:同ギャラリー TEL 090-7516-2208(犬養)  
・参 考 :パタンナー城下淑恵のシマウマブログの紹介記事 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2014年12月21日

道立文学館 映像作品鑑賞のつどい 第3回 『新撰組始末記』@札幌

 北海道立文学館が贈る「映像作品鑑賞のつどい」は、文芸作品を中心とするDVD上映会。2014年度第3回目は、 市川雷蔵主演の『新撰組始末記』を上映。子母沢寛原作から、「星の瞳をもつ男」の星川清司が脚色、「青葉城の鬼」の三隅研次が監督。撮影もコンビの本多省三。新選組を、その中心人物ではなく山崎蒸という隊士の視点で描く。1963年、日本、93分。上映の詳細は141221sinsengumi札幌の観光文化情報ステーションHPの案内欄などで。
・日 時 :2014年12月21日(日) 13:30開始
・会 場 :札幌・北海道立文学館(中央区中島公園1-4 地図) 講堂
・入場料 :無料、定員100名まで
・申込方法:事前に往復ハガキで(1枚2名まで可)。
       「新撰組始末記」、氏名、〒住所、TELと返信先を明記
・宛 先 :〒064-0931
      札幌市中央区中島公園1-4 北海道立文学館「映画」係
・申込締切:2014年12月7日(日) 消印有効 

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

DREAM+REACH:The First 50 Years of Bose@札幌

 1964年、Bose創立。50年もの間、一切語られなかったBoseの原点とその軌跡をフィルム化。世界のオーディオシーンを愕然とさせた、Boseの発想はどこから生まれたのか。その答えを、アカデミー賞を受賞した映画監督モーガン・ネヴィルがこのフィルムに収めた。貴重なショートフィルム「DREAM+REACH:The First 50 Years of Bose」を11月30日(日)より、全国で期間限定サーキット上映。北海道は札幌で。詳細は札幌観光文化情報ステーションHPの案内欄やBose社の案内欄で。
・日 時 :2014年12月17日(水)〜21日(日)  (要事前申込)
      12/17(水)〜12/20(土) 13:0015:3017:00
      12/21(日) 13:0015:30
・会 場 :札幌市・ 丸井今井 札幌本店 大通り館 1Fイベントスペース
      (中央区南1条西2丁目)
・入場料 :無料。定員になり次第受付終了
・申込方法:公式ホームページの申込フォームより、必要事項入力して 
・主 催 :ボーズ株式会社 TEL 03-5489-1067  

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

《 札幌浮世 ― あえかなきおく 2 ― 》竹本 英樹 Takemoto Hideki @札幌

 BERLINで開催された『Go see AWARDS』にて、優秀賞を受賞した竹本 英樹による写真展。141204takemoto詳細は会場HPの案内欄や会場HPの案内欄などで。
・会 期 : 2014年12月4日(木)〜21日(日)  火水曜定休日
       当初予定の18日(木)より会期延長
・時 間 :平日 14:00〜22:00
      土日 11:00〜19:00
・会 場 :札幌市・古民家gallary鴨々堂
      ( 中央区南7条西2丁目2 地図
・参加費 :無料
・お問合せ:古民家gallary鴨々堂 master[あっと]kamokamo-do.com  
※ ギャラリートーク:20日(土)19:00
  竹本英樹/石川圭子(鴨々堂オーナー)/
  ゲスト・門馬仁史(関口雄輝記念美術館学芸員) 

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 写真 | その他

阿部啓明作品展〜空間と平面の発現〜@釧路市

 釧路在住の平面造形作家・阿部啓明(あべ・けいめい)氏(46歳)は、建築空間内での芸術と生活の調和をテーマとして、平面絵画の制作に精力的に取り組んでいる。植物や月・女性像などのモチーフを、技法や素材に独自の工夫を凝らしながら描いた141202abekeimei近作を中心に紹介。 詳細は会場HPの年間スケジュール欄右チラシ(PDF)で。
・会 期 :2014年12月2日(火)〜21日(日)
・休館日 :月曜休館
・時 間 :9:30〜17:00(金・土曜日は18:00まで)
・会 場 :釧路市・北海道立釧路芸術館 フリーアートルーム
      (幸町4丁目1番5号) 
・入場料 :無料
・お問合せ:同館 TEL 0154-23-2381 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

2014年12月20日

ブレーメン館12月研究会 北村巌「有島武郎とその時代」@札幌

 「自由な発表と幅広い交流の場」をモットーに、同人誌発行や上映会、山中貞雄監督からアンゼルム・キーファー、ホロコースト漫画「マウス」まで幅広く論じる「ブレーメン館」の研究会。今回は国文学研究者の北村巌さんが「な有島武郎とその時代」と題して講演。
・日 時 :2014年12月20日(土) 15:00より
・会 場 :札幌・北海道情報大学 札幌サテライト
     (中央区北3西7緑苑ビル4F、北大植物園入口正面 玄関南向き 地図
・参加費 : 一般1,000円、大学生以下の学生は無料
          (ソフトドリンク付。事前申込不要。当日直接会場へ)
・主 催 :ブレーメン館
・お問合せ:ブレーメン館事務局TEL 011-897-5464 (安高)
      syasutaka[あっと]bear.odn.ne.jp 
・後 援 : 札幌市教育委員会 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 文学 | その他

生西康典×伊藤隆介長編作品デュエット上映 ことばとえのちょうし@札幌

 2人の映像作家、生西康典×伊藤隆介の長編を上映。詳細は特設サイトやFACEBOOKの特設欄で。
【上映作品】
  生西康典 <音の映画>『おかえりなさい、うた Dusty Voices, Sound of Stars』
  伊藤隆介 <無声日記映画>「風がふいている 8mm slice of life 」
・会 期 :2014年12月20日(土)
・時 間 : 開場は各回約15分前
  Aプログラム『おかえりなさい、うた Dusty Voices, Sound of Stars』(90分)
  Bプログラム『風がふいている 8mm slice of life』(50分)
  14:00〜15:30 Aプログラム「おかえりなさい、うた」 上映後作品解説とQA(30分程度) 141220kotobatoe
  16:30〜17:30 Bプログラム「風がふいている」
  18:00〜19:30 Aプログラム「おかえりなさい、うた」
  20:00〜21:00 Bプログラム「風がふいている」
  21:10〜トーク(60分程度)/生西康典×伊藤隆介(司会進行:大島慶太郎)
・会 場 :札幌・CAI現代芸術研究所 
      (中央区北1条西28丁目2-5)
・入場料 :1プログラム予約1200円(当日1400円)
       2プログラム予約2000円(当日2600円)
       予約はメール受付。sano[あっと]cai-net.jp
  ※上映条件の都合上、1回の上映につき25名まで。
  ※トークはどの回の鑑賞者でもご参加いただけます。
・主 催 :CAI現代芸術研究所
・企 画 :大島慶太郎      ・協 力 :螢薀侫潺紂璽献奪、南俊輔定
・お問合せ:CAI02 TEL 011-802-6438 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

山田勇男&くつした企画 8ミリ×デジタル上映會@札幌

 札幌を基点に活動する映像制作団体「くつした企画」が、カンヌ映画祭上映監督である映像作家・山田勇男監督を招いて行う上映会・トークショー・音楽ライブ。 1980年代から札幌で活動していた山田監督と、現在の札幌で活動しているくつした企画(黒田拓監督)という異なる世代の作品上映とトークから、「札幌での映像制作の過去と現在」について考える。上映の詳細は主催者HPなどで。141220kustusita
・出 演 :山田勇男、黒田拓、今井大蛇丸(やぎ)、藤野羽衣子
・日 時 :2014年12月20日(土) 13:30開場、14:00開演
・会 場 :札幌・ニコービル8階 会議室
       (中央区南3条西2丁目 ニコービル8階 会議室)
・料 金 :前売1,500円(当日2,000円) 入場限定30名、予約優先
・チケット予約・お問合せ: sox_ch[あっと]hotmail.co.jp 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | その他

2014年12月19日

ちえりあクリスマス映画会「サンタクロースになった少年」@札幌

 ちえりあ視聴覚センターが所蔵する約1万本のフィルム・ビデオの中から、お勧めの作品を選んでを紹介する「ちえりあ映画会」。今回はクリスマスにあわせ、「サンタクロースになった少年」を上映。舞台はラップランドの寒村。事故で独りぼっちになった幼いニコラスを、村人たちは1年交代で世話をすることに。クリスマスはニコラスが新しい家族に移る日。だが6年後、村は飢饉にみまわれる。悲しくも心温まるサンタクロース誕生秘話。日本語吹き替え版で上映。141219santaハヌ・ペッカ・ビョルクマン 他出演。ヨハ・ウリオキ監督。2007年、フィンランド、80分。詳細はちえりあHPの案内欄で。
・日 時 :2014年12月19日(金) 16:30開場 17:00開演(18:20終演予定)
・会 場 :札幌市生涯学習センターちえりあホール(西区宮の沢1条1丁目 地図
・入場料 :無料。定員400名。当日直接会場へ。
       定員を超える場合は入場をお断りする場合あり。
・お問合せ:札幌市生涯学習センター 事業課 TEL 011-671-2311 続きを読む

bluebook at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

映画「鑑定士と顔のない依頼人」上映会@室蘭市

 天才鑑定士が姿を見せない女性からの謎めいた鑑定依頼に翻弄されていくミステリアスなドラマ「鑑定士と顔のない依頼人」を上映。天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、資産家の両親が遺した美術品を査定してほしいという依頼を受ける。屋敷を訪ねるも依頼人の女性は決して姿を現さず不信感を抱くヴァージルだったが、歴史的価値を持つ美術品の一部を見つける。141219kanteisi上音楽:エンニオ・モリコーネ。監督・脚本: ジュゼッペ・トルナトーレ。2013年、イタリア、131分。上映の詳細は会場HPの案内欄などで。
・日 時 :2014年12月19日(金)  14:30、 18:30
・会 場 :室蘭市市民会館(蘭市輪西町2-5-1) ホール
・入場料 : 前売1,300円(当日1,600円)
・主 催 : 映画「鑑定士と顔のない依頼人」を観る会
・お問合せ:堀岡 TEL 090-9750-0620(堀岡)  続きを読む

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2014年12月17日

沢則行さん演出 フィギュア・アート・シアター「生命誌版 セロ弾きのゴーシュ」@札幌

 小樽市出身札幌育ち、チェコを拠点に世界中で活躍している人形劇師・沢 則行演出&人形の「セロ弾きのゴーシュ」を札幌で初上演。原作は、自然と人間を「森の動物と音楽家の対話」として描いた宮沢賢治の最後の傑作童話。生命誌研究館と沢則行が取り組み“語りと人形と音楽と映像”で、心にしみいる舞台作品に作り上げた。「子供には楽しさを、大人には夢を、そして全ての人に生きる喜びを届けます」とのこと。詳細は会場HPの案内欄チラシ(PDF)で。141217sorehasoreha
・題 名 :フィギュア・アート・シアター「生命誌版 セロ弾きのゴーシュ」
・出 演 :ゴーシュ/谷口賢記(チェロ) 人形遣い/沢則行(三毛猫, カッコウ, 狸, 野鼠親子)
       ピ ア ノ/鎌倉亮太 語 り/中村桂子・村田英克
・原 作 :宮沢賢治 /   企画:中村桂子 /   演出・美術:沢則行
・日 時 ::2014年12月17日(水) 18:10開演(17:40開場)
・会 場 :札幌市・札幌市教育文化会館(中央区北1西13 地図) 小ホール
・入場料 :料 金:500円(全席自由席、10月20日月曜、市内プレイガイド他で発売開始)
・主 催 :北海道教育大学岩見沢校
・共 催 :札幌市芸術文化財団・札幌市教育文化会館
・お問合せ:札幌市教育文化会館事業課 011-271-5822 続きを読む

bluebook at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 演劇・ダンス | 音楽

2014年12月14日

舞踏公演「カム ウィズ ミー」@札幌

 〜激しい気配の訪問に身をまかせました。こうしてわたしたちの足跡は消えていったのです。〜
 小樽在住の舞踏家田仲ハルさん他による舞踏公演。詳細はCONTEサイトの案内欄で。 141213comewith
・作・振付・構成・演出:田仲ハル 
・出 演 :かみだてえり、安田せひろ、イヂチリョウコ
・日 時 :2014年12月13日(土)、14日(日) 
      13日(土)=20:00、 14日(日)=16:00  開場各30分前
・会 場 :札幌・Dance & Bodyworks Center CONTE
      (中央区北5条西25丁目4-18フジヒロ北5条ビルB1F 地図
・入場料 :予約2,000円1drink付き (当日2,500円)。
・主催・お問合せ:CONTE-SAPPORO
・予 約 :日時・人数・お名前(複数の場合は代表者でも可)をお書き下さい。
       CONTE メール info[あっと]conte-sapporo.com 
       TEL 011-688-5116 080-5591-0098(電話は出られない場合あり) 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 演劇・ダンス 

柴田智之、nobumc 二人展@札幌

 札幌の2人の異才、俳優にして絵画・音楽・話芸・身体表現・劇作・演出でも活躍する柴田智之さんと、HIPHOPグループPioneerRouteで活躍するnobumcさんの3週間にわたる2人展。
詳細はFACEBOOKの案内欄などで。
【プログラム】
・全体会期:2014年11月25日(火)〜12月14日(日) 141125shibata
 ー禿鎮卩敬集重検- poem lost in the body -
  11月25日(火)〜30日(日)
◆nobumc PIONEER ROUTE / VOLVOX RECORDS 
  icomART 2000〜2014 未発表作品群
  12月2日(火)〜7日(日)
 柴田智之、nobumc 二人展
  12月8日(月)〜12月14日(日)
ど饌羣酩福岷宙人のしゅくだい」
  12月14日(日) 14:00、18:00(開場ともに30分前)
  作・演出・出演: 柴田智之+nobumc
  料 金 :前売2000円(当日2500円) ともに1ドリンク付き
・展示時間:10:30〜22:00(日曜日は20:00まで)
・会 場 :札幌市・TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
      (中央区南9西3マジソンハイツ1F 地図
・入場料 :無料
・お問合せ:柴田 sibata.tomoyuki[あっと]gmail.com
       同店 TEL 011-299-6380

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | 演劇・ダンス

HOKUBU記念絵画館 木版画の変遷 プラス西洋@札幌

 鬼才と言われた月岡芳年の劇画的な作品を始め、明治に入り西洋の遠近法や陰影法を取り入れるなどして制作した‘新版画’という新たな木版画のジャンルを作った小林清親らの作品約50点を紹介する企画展。明治維新後、西洋の技法が取り入れられていった時代の作品を紹介。主な 出陳作家は、最後の浮世絵師といわれる、月岡芳年、小林清親ら、衰退した日本の浮世絵版画を復興すべく、新しい浮世絵版画である新版画を確立した人物と知られる、吉田博、川瀬巴水など。141009mokuhanga02詳細は、会場HPの案内欄ほかで。
・会 期 :2014年10月9日(木)〜12月14日(日)
・開館日 :会期中の毎週 木金土日曜日のみ開館
・時 間 : 10:00〜17:00 (入場は16:30まで)
・会 場 :札幌市・ 北武(HOKUBU)記念絵画館
      (豊平区旭町1丁目1-36 地図
・入場料 :大人300円、小中生200円、幼児無料
・主催・お問合せ:HOKUBU記念絵画館 TEL 011-822-0306 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

企画展「浮世絵の魅力・三代豊国 誠忠義士傳」@苫小牧市

 歌川国貞(三代豊国)は、江戸時代後期から幕末にかけて絶大な名声を博した浮世絵師で、役者絵、美人画の分野では他の追随を許さないほどの人気でした。国貞は天明6(1786)年、江戸本所五ツ目の渡り船場を経営する家に生まれ、少年期より浮世絵界の第一人者として知られた歌川豊国の門に入り、非凡な才覚を現していたことが伝えられています。本展では、小樽市総合博物館所蔵の『仮名手本忠臣蔵』をテーマにした役者絵《誠忠義士傳》全54作品をご覧いただけます。時代の美意識を映じ、幕末浮世絵界をリードした歌川国貞の絢爛たる忠臣蔵の世界をこの機会にぜひご覧ください。(苫小牧市博物館HPの案内欄より)。141115ukiyoe
・会 期 :2014年11月15日(土)〜12月14日(日)
・休館日 :毎週月曜日
       (ただし11月24日(月祝)は開館し、11月25日(火)は休館)
・時 間 :9:30〜17:00(入館16:30まで)
・会 場 :苫小牧市・苫小牧市博物館(末広町3−9−7 地図
・入場料 :一般300円、高大生200円、小中無料。団体割引あり
・主 催 :苫小牧市美術博物館
・共 催 :北海道立文学館、宮澤賢治ワールドin苫小牧2014実行委員会
・お問合せ:同館 TEL 0144-35-2550 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

2014年12月13日

映画「熊野から」&文学講演会@札幌

 映画評論家としても活躍し、また映画監督として「能楽師 伝承」「なるしまフレンド 俺っち自転車道」といった作品も発表している田中千世子監督が熊野を題材に描くロードムービー「熊野から」(2014年福岡アジア映画祭招待作品)の上映会及び東京大学教授小森陽一さんによる「中上健次の文学と熊野」と題する講演会を開催。俳優で旅行ライターの海部は、旅のエッセイを書くため親友の岡部とともに熊野を訪れる。初日は神倉神社から熊野川沿いに本宮大社を経由し、十津川村へ。2日目は玉置神社を訪れた後、果無集落の入り口まで登る。3日目は神倉神社で知り合った宮司に誘われて神内神社を訪れ、大山の修験者道場へと向かう。海部は旅を通し、単なる観光では見出せない、熊野の奥深く不思議な魅力にひきつけられていく。 海部剛史、伊勢谷能宣、伊藤公一、雨蘭咲木子ほか出演。 2014年、日本、90分。141213kumanokara詳細はイベント案内欄などで。
・日 時 :2014年12月13(土) 
      映画=17:45〜19:15  講演=19:30〜20:30
・会 場 :札幌市・札幌市教育文化会館  4階講堂
      (中央区北1西13 地図)  
・参加費 :1,200円(税込)
・定 員 :156人(先着順)
・主 催 :文学講座委員会 続きを読む

bluebook at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | その他

出産のドキュメンタリー映画「うまれる」上映会@深川市

 子供たちの胎内記憶、妊娠、出産、そして出産と隣り合わせの不妊や流産、死産、堕胎などのドキュメンタリー映像を通じて、「生きる」ことを体感し、私たちが産まれてきた意味や家族のあり方、そして命の尊さを問いかけるドキュメンタリー映画「うまれる」を上映。映画に登場するのは4組の家族。両親の不仲や虐待の経験から、親になることに戸惑う夫婦。出産予定日にわが子を失った夫婦。子どもを望んだものの、授からない人生を受け入れた夫婦。完治しない障害を持つ子を育てる夫婦。そんな4組の家族が織り成す笑いと涙と愛のドラマを通し「うまれる」というテーマを描く。豪田トモ監督・企画・撮影。つるの剛士のナレーション。2010年、日本、104分。上映の詳細は、会場HPのチケット欄などで。101113Umareru
・日 時 :2014年12月13日(土) 14:00
・会 場 :深川市文化交流ホールみ・らい
      (5条7番20号 地図 TEL 0164-23-0320)
・入場料 :大人 1,000円、小人(4歳〜18歳) 500円
       親子で鑑賞の場合、18歳未満は無料。入場整理券が必要
・主 催 :「親子で一緒に映画を観よう」実行委員会
・お問合せ:同会 oyakodeeiga[あっと]gmail.com 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

映画「ジョン・ラーベ 〜南京のシンドラー〜」上映@帯広市

 シーメンス社の中国支社長・ナチス党員で、1937年の日本軍による南京事件にあたって現地民の保護に尽力したとされるジョン・ラーベ氏(1882〜1950年)の日記を元に映画化した「ジョン・ラーベ 〜南京のシンドラー〜 」(原題:John Rabe)を上映。第59回ドイツ映画賞にて、主演男優賞(ウルリッヒ・トゥクル)・作品賞(ベンヤミン・ヘルマン、ミシャ・ホフマン、ヤン・モイト)・美術賞(屠居華)・衣装賞(リジー・クリストゥル)の4部門で受賞。ウルリッヒ・トゥクル主演。香川照之、柄本明やARATA等も出演しているが、日本では映画配給会社が揃って上映を拒否し公開は実現しなかった。141018labeフロリアン・ガレンベルガー監督。2009年、134分、ドイツ・フランス・中国合作。上映の詳細は映画公式HPなどで。
・日 時 :2014年12月13日(土) 14:00、 19:00 (開場各30分前)
・会 場 :帯広市・とかちプラザ  2F視聴覚室
      (西4条南13丁目1番地 JR帯広駅下車徒歩3分 地図
・入場料 :前売り1,400円(当日1,800円)
・主 催 :CINEとかち  続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

映画「ひろしま」上映会@恵庭市

 58年前に公開され、国際映画賞を受賞したにもかかわらず、埋もれてきた映画「ひろしま〜1945年8月6日、原爆雲の下の真実〜」を上映。文集『原爆の子〜広島の少年少女のうったえ』(岩波書店1951年)を原作に、関川秀雄監督が1953年に制作。原子爆弾投下直後の惨状や、7年後に白血病を発症する子どもたちの苦しみを事実に基づいて描く。全国の小中高校の教師約50万人が1人50円を出し合い、製作資金2500円を集め制作されたが、上映館による自主規制などで、教師たちの自主上映などに留まり、その後お蔵入りの状態となっていた。当時監督補佐を務めた小林大平さん(故人)の長男で映画プロデューサーの小林一平さん(64)が、この作品を世界各地で上映して核廃絶につなげようと、2009年頃から上映活動を展開。「奇跡への情熱(核廃絶)プロジェクト」を2011年1月に立ち上げた。映画は1953年、日本、104分。モノクロ。出演:月丘夢路、岡田英次、加藤嘉、山田五十鈴、三島雅夫ほか。上映の詳細は映画公式FACEBOOK案内欄などで。141213hirosima
・会 期 :2014年12月13日(土) 13:00開場、13:30開演
・会 場 :恵庭市・恵庭市民会館 大ホール
       (新町10 地図
・入場料 :一般 前売800円(当日1000円)、中高生500円、小学生以下父母同伴無料
・お問合せ:eiga_hiroshima_hokkaido[あっと]yahoo/co.jp  続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2014年12月11日

札幌国際短編映画祭・定期上映会/「マンスリー・ショート」12月上映会@札幌

 今年で第8回目を迎える札幌国際短編映画祭(通称「SAPPOROショートフェスト)では、市民に広くショートフィルムの魅力を知って頂くために、定期上映会「マンスリー・ショート」を行っている。4月から曜日を変更し、第2金曜でなく第2木曜日の18時半からとなった。
過去の映画祭で上映したショートフィルムを6〜7本を解説を交えて上映。今回は昨年SSF2013にて北海道最優秀賞を受賞した「下手くそ、はなさない」も上映予定。当日や山口監督も来場(Q&Aあり)。鑑賞後には来場者アンケートあり。詳細は同映画祭HPの案内欄で。110115SSFF2011monya 
・日 時 :2014年12月11日(木) 毎月、第2木曜 
      18:00開場、18:30〜20:00(予定)
・会 場 :札幌市・インタークロス・クリエイティブ・センター
      (白石区東札幌5条1丁目1-1 地図)1階 クロス・ガーデン
      駐車場なし、公共の交通機関で来場を
・参加料 :無料
・備 考 :会場内には飲食の持ち込みができません。
      飲み物は会場の自動販売機を利用してください。
・お問合せ:SAPPOROショートフェスト事務局 info[あっと]sapporoshortfest.jp 
※ 入場無料ですが、上映後に簡単なアンケートに答えていただきます。
※ 子供向け上映会ではありませんので上映内容にご注意ください。 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

映画「ひろしま」上映会@札幌市

 58年前に公開され、国際映画賞を受賞したにもかかわらず、埋もれてきた映画「ひろしま〜1945年8月6日、原爆雲の下の真実〜」を上映。文集『原爆の子〜広島の少年少女のうったえ』(岩波書店1951年)を原作に、関川秀雄監督が1953年に制作。原子爆弾投下直後の惨状や、7年後に白血病を発症する子どもたちの苦しみを事実に基づいて描く。全国の小中高校の教師約50万人が1人50円を出し合い、製作資金2500円を集め制作されたが、上映館による自主規制などで、教師たちの自主上映などに留まり、その後お蔵入りの状態となっていた。当時監督補佐を務めた小林大平さん(故人)の長男で映画プロデューサーの小林一平さん(64)が、この作品を世界各地で上映して核廃絶につなげようと、2009年頃から上映活動を展開。「奇跡への情熱(核廃絶)プロジェクト」を2011年1月に立ち上げた。映画は1953年、日本、104分。モノクロ。出演:月丘夢路、岡田英次、加藤嘉、山田五十鈴、三島雅夫ほか。上映の詳細は映画公式FACEBOOK案内欄などで。141203hiroshima
・会 期 :2014年12月3日(水)、4日(木)、10日(水)、11日(木) 4日間
       3日と4日 9:30、12:15、15:00、17:45
       10日と11日 9:15、11:50、14:25
・会 場 :札幌市・サンピアザ劇場(地下鉄・JR新札幌駅下車すぐ 地図
・入場料 :一般 前売1,000円(当日1200円)、中高大生500円(600円)
・お問合せ:eiga_hiroshima_hokkaido[あっと]yahoo/co.jp  続きを読む

bluebook at 09:15|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2014年12月09日

時計台シネマvol.4『君とボクの虹色の世界』@札幌

 札幌で活動する自主上映グループ 札幌シネクラブ キノマドによる札幌市時計台ホールを会場にした「時計台シネマ」シリーズは、重要文化財の札幌時計台で映画を上映する企画。自宅とも映画館ともちがう一風変わった映画体験。今回は、魅力的な女子が主人公の映画シリーズ最終回。『地下鉄のザジ』のザジ、『女は女である』のアンナ・カリーナ、『ジャーマン+雨』のよし子こと野嵜好美に続いて登場するのは、ポスト‶ソフィア・コッポラ”と呼ばれた瑞々しい感性のマルチ・アーティストミランダ・ジュライ。映像、アート、音楽、ファッション、小説と多くのジャンルで活躍する彼女が主演、監督を務めた『君とボクの虹色の世界』は、長編デビュー作にしてカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)&国際批評家週間グランプリ、サンダンス映画祭審査員特別賞などを受賞し、大きな話題となりました。ビタミンカラーに彩られた世界で描かれた愛すべき人々と、ぜひ時計台シネマで出会いましょう!」とのこと。2005年、米、90分。ミランダ・ジュライ監督・脚本・主演。上映の詳細はキノマドFACEBOOK案内欄で。141209kimitoboku
・タイトル :「時計台シネマvol.4 君とボクの虹色の世界」
・日 時 :2014年12月9日(火) 19:00開場、19:25開映
・会 場 :札幌市時計台2階ホール
       (北海道札幌市中央区北1条西2−1−1)
・入場料 :1,200円(当日券のみ)    ・定  員 :91名
     【連続割】前回時計台シネマのチケット提示で1000円
     【複数割】お二人様以上でのご来場でお一人様につき1000円
・主 催 :札幌シネクラブ キノマドFB
・お問合せ :メール kinomado[あっと]gmail.com 続きを読む

bluebook at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

札幌国際芸術祭2017 フライング・フォーラム@札幌

 札幌国際芸術祭2014を市民の立場で振り返り、3年後の札幌国際芸術祭2017へつなげるため、今すぐできることをみんなで考える企画。映画「この砂赤い赤い」上映や、美術作家、ディレクターらによるフォーラム(2部構成)を予定。多くの市民の皆様のご来場をお待ちします、とのこと。141209artfesF
・日 時 :2014年12月9日(火) 
       18:00開場、18:20〜21:10
・会 場 :札幌市・札幌エルプラザ 3F ホール
      (北区北8西3 JR札幌駅北口直結 TEL 011-728-122) 
・参加費 :資料代300円、予約不要
・主 催 :ACF札幌芸術・文化フォーラム 
・当日当日プログラム → 続きを読む

bluebook at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 | 美術

In Harmony 彼方アツコ・関川敦子 二人のATSUKO の版画展@札幌

 札幌を拠点に活躍する2人の女性版画家、彼方アツコさん関川敦子さんが、毎年12月初旬に道新ギャラリーで続けている2人展。色鉛筆の風合いをそのまま生かし、優しくて暖かなメルヘンの世界を演出するリトグラフの関川敦子と、何気ない日常の一瞬を優しい眼差しで、ときにはユーモラスにそしてシュールに切り出す銅版画の彼方アツコの競演。9回目の今年は「スイート」がテーマ。141204-InHarmony詳細は会場の道新ギャラリーHP案内欄で。
・会 期 :2014年12月4日(木)~9日(火)
・時 間 :10:00~19:00(最終日は17:00まで)
・会 場 :札幌・道新ギャラリー 全室
      (中央区北1西2 札幌時計台ビル地下1階)
・入場無料
・お問合せ:同ギャラリー TEL 011-241-0125 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2014年12月08日

映画「ひろしま」上映会@小樽市

 58年前に公開され、国際映画賞を受賞したにもかかわらず、埋もれてきた映画「ひろしま〜1945年8月6日、原爆雲の下の真実〜」を上映。文集『原爆の子〜広島の少年少女のうったえ』(岩波書店1951年)を原作に、関川秀雄監督が1953年に制作。原子爆弾投下直後の惨状や、7年後に白血病を発症する子どもたちの苦しみを事実に基づいて描く。全国の小中高校の教師約50万人が1人50円を出し合い、製作資金2500円を集め制作されたが、上映館による自主規制などで、教師たちの自主上映などに留まり、その後お蔵入りの状態となっていた。当時監督補佐を務めた小林大平さん(故人)の長男で映画プロデューサーの小林一平さん(64)が、この作品を世界各地で上映して核廃絶につなげようと、2009年頃から上映活動を展開。「奇跡への情熱(核廃絶)プロジェクト」を2011年1月に立ち上げた。映画は1953年、日本、104分。モノクロ。出演:月丘夢路、岡田英次、加藤嘉、山田五十鈴、三島雅夫ほか。141208hiroshima上映の詳細は、劇場HPの上映案内欄などで。
・会 期 :2014年12月8日(土)
・時 間 :14:30〜17:00、 18:30〜21:00
・会 場 :小樽市民センター「マリンホール」(色内 2-13-5 )
・入場料 :一般1,000円、中高大生500円
        保護者同伴に限り中学生以下無料
・お問合せ:できることをできるだけプロジェクト小樽実行委員会
        TEL 0134-64-5397 続きを読む

bluebook at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

2014年12月07日

丹下紘希×三宅洋平 コラボレーショントーク in あじと「映像を武器に社会を変える」@札幌

 2015年4月に行われる統一地方選に向けて投票率アップと発信のセンスアップを狙うグループの第一弾企画「映像を武器に社会を変える」が札幌で開催される。映像作家丹下紘希さんと音楽家であり去年の参議院選挙にも立候補した三宅洋平さんのコラボレーショントークを行う。「発信すること、伝えること、生き方や選挙や社会問題のこと。この日は様々な角度からのトークと、ある一つのコラボレーションを行います。有形無形の集合体である私たちを表現するように発信をデザイン。どうぞお気軽にご参加ください。「映像」がよく分かる!自分もやってみようかな!?と思えるようなダイアログ時間もご用意しています」とのこと。詳細はFACEBOOKのイベント欄や主催のあじとHPの案内欄で。参加は必ず事前予約を。
・日 時 :2015年12月7日(日) 141207eizouwo
       15:30オープン、 16:00〜19:30終了予定
・会 場 :札幌市・あじと
      (中央区 南16条西4丁目1-10 2F 幌平橋駅から214m)
       公共交通機関で来場を
・参加費 :2,500円(あじとのおいしい飲み物付き)
・参加方法:要予約 
・参加対象: 以下4つのグループ各20名定員
   1、年齢問わず学生さん
   2、一般・主婦・会社員など社会の基礎を作っている人 
   3、各種アーティスト・発信や物づくりに携わっている人
   4、日々社会問題改善に取り組む心やさしき市民活動家 
・お問合せ:Liferelation43[あっと]gmail.com
        TEL 080-5831-6716 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | その他

アウトドア映画祭 「バンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル in てしかが」@弟子屈町

 バンフ・マウンテン・フィルム・フェステイバル(カナダ)は、アドベンチャースピリットと山岳カルチャー、そして自然環境の素晴らしさを称え、そのメッセージを正しく拡げていくことを目的とした国際的なアウトドアドキュメンタリーフィルムの上映会。フィルムを通じて、未知の世界、自然、文化を知る、感じる。アウトドア愛好家はもちろん、全くアウトドアの世界が未知である人にとっても、大変興味深いフィルムがそろう。札幌市・東川町開催のほか今年も道東で2度目の上映となる。野生動物と人間との共存や障害者のロッククライミング、チェアスキーを描いた作品など、米国、カナダ、ニュージーランド、スウェーデンの8作品を上映。会場には地元アウトドアガイドとの交流コーナーなども。要予約で有料。詳細は映画公式HPの案内欄右チラシ(PDF)で確認を。141207Banf
・日 時 :2014年12月7日(日)
       開場10:00 第1部 14:00〜15:00、 第2部 15:30〜16:30
・会 場 :弟子屈町・釧路圏摩周観光文化センター
      (釧路管内弟子屈町摩周3丁目 )
・入場料 大人 1800円(当日2300円)、小学生千円(1500円)
・定 員 :200名(定員になり次第販売終了)
・主 催 :てしかがえこまち推進協議会 エコツーリズム推進部会
・お問合せ:ツーリズムてしかが TEL:015-483-2101 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

旭川映画村第96回例会「夢は牛のお医者さん」上映会@旭川市

 旭川市の自主映画サークル旭川映画村の第96回例会では、まっすぐに夢を追った少女の26年間にTeNYテレビ新潟 が密着したドキュメンタリー映画「夢は牛のお医者さん」を上映。1987年、新潟県松代町(現・十日町市)の生徒数9人の小学校に3頭の子牛が入学した。小学校3年生の少女は病気がちな子牛の世話をするうちに、「牛のお医者さん」になるという夢を抱くようになる。親しんだ牛との別れを経験、高校へ通うために実家を離れた彼女は猛勉強し、140830yumehaushino大学の獣医学科へと進む。やがて獣医となり、母になりながら、今日もかけがえのない「いのち」と向き合い闘っている。86分、2014年、日本。上映の詳細は旭川映画村HPで。
・日 時 :2014年12月7日(日) 
       11:00、 13:00、 15:00 
・会 場 :旭川市・シアターカンダ
      (旧 国民劇場、旭川市3条通8丁目 神田館3F)
・料 金 :前売 1,200円(当日 1,500円)
※ facebook上にて、旭川映画村サイト開設
  http://www.facebook.com/asahikawa.eigamura 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

ドキュメンタリー映画「普通に生きる」上映会@厚岸町

 重度の心身障害がある人のための通所施設を追ったドキュメンタリー映画「普通に生きる」を上映。舞台は静岡県富士市の生活介護事業所「でら〜と」。元小学校教諭の小沢映子さんの長女は、出産時の事故により重度の障害を持って生まれてきた。彼女は娘の養護学校入学を機に、自分と同じ立場の保護者たちと連携して親の会を発足させる。彼らは勉強会や講演会などを繰り返し、「どんなに重い障害でも本人も家族も普通に生きていける社会」を目指し、障害者の親達で2004年に121110fustuu生活介護事業所「でら〜と」の設立にこぎつける。養護学校卒業後、行き場を失いがちな障害者達と社会で一緒に生活する取組が全国で反響を呼んでいる。2011年、日本、83分。プロデューサー・撮影:貞末麻哉子、配給:マザーバード。上映の詳細は映画公式HPの案内欄で。
・日 時 :2014年12月7日(日) 10:30、 13:00、 15:00  
・会 場 :厚岸町・本の森厚岸情報館
・主 催 :厚岸映画をみる会 
・お問合せ:TEL 0153-52-2246(厚岸情報館内)  

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

函館港イルミナシオン映画祭2014@函館市

 毎冬恒例の函館港イルミナシオン映画祭が今年は下記の期間で開催が決定。1995年の開始から今年で20回目の開催となり、今年のポスターには、これまで19年分の映画祭ポスターがデザインされている。 途中で「函館港イルミナシオン映画祭」に名称を変え、「若き才能たちとの出会い」をテーマに、良質な作品の紹介を続けてきた。また函館から映画を発信しようと公募作品による「シナリオ大賞」を実施している。初日は、プレミア上映として、全国公開前の「百円の恋」(2014年、武正晴監督、安藤サクラさんら出演)や、2000年の同映画祭シナリオ大賞グランプリ作品を原作にした「オー・ド・ヴィ」(2002年、篠原哲雄監督、岸谷五朗さんら出演)などを上映。詳細は後日発表予定。上映作品や時間などの詳細は同映画祭HPの概要欄で確認を。141205hakodatekou
・会 期 :2014年12月5日(金)〜7日(日) 3日間
       2014年12月 5日 (金) 11時00分 〜
       2014年12月 6日 (土) 12時00分 〜
       2014年12月 7日 (日) 10時30分 〜
・会 場 :函館市内の3会場
   “ヾ杙圈θヾ枩屮譽鵐倉庫・金森ホール(館市末広町14-12)
   函館山展望台クレモナホール
     (山頂の展望台内 TEL 0138-23-3105)
   十字街シアター(函館市地域交流まちづくりセンター内)
・お問合せ:同映画祭函館事務局 TEL&FAX 0138-22-1037
      (函館市地域交流まちづくりセンター内) 
※ 招待 12月5日(金)14:00 函館山山頂クレモナホール
 「オー・ド・ヴィ」(函館山ロープウェイ・プレゼンツ)にペア80組を招待。
 希望者は往復はがきに住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、
 〒040-0053 函館市末広町4の19、
 函館市地域交流まちづくりセンター内函館港イルミナシオン映画祭実行委「オー・ド・ヴィ」係。
 11月28日消印有効。当選者のみ連絡する。 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

第7回掛川源一郎写真展「バチラー八重子の生涯」@室蘭市

 北海道を代表する社会派写真家、掛川源一郎(かけがわ・げんいちろう)氏(1913〜2007年)の「バチラー八重子の生涯」をテーマにした写真展。バチラー八重子(ばちらー・やえこ、1884〜1962年)はアイヌ民族出身のキリスト教伝道者・歌人で、掛川による同題の書籍=書籍情報=が1988年に出版されている。141029kakegawa詳細は詳細は室蘭市民美術館をささえる会HPなどで。
・会 期 :2014年10月29日(水)〜12月7日(日)
・休館日 :11月4日・5日・10日・17日・25日・26日・12月1日
・時 間 :10:00〜17:00(最終日は15:00まで)
・会 場 :室蘭市・室蘭市民美術館
      (幸町6-23 室蘭市文化センター地下1階 TEL 0143-22-1124)
・入場料 :無料 
・主 催 :室蘭市民美術館、室蘭市民美術館をささえる会 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 写真 

平成26年度 特別企画展「神田日勝の造形思考〜キュビズム的多視点〜」@鹿追町

 十勝の画家神田日勝(かんだ・にっしょう、1937〜1970年)の作品の空間表現とフォルムのとらえ方に着目した企画展。その特徴は、奥行きの狭さ、ディフォルメされたモチーフ、コラージュのように貼り付いたように表現された人物やモチーフ。本展ではキュビスムによる空間造形の影響を想定。キュビスムの創始者の一人であるピカソの作品を始め、早くは1930年代の三岸好太郎、1950〜60年代では難波田龍起、北岡文雄、松樹路人、亀山良雄、小川原脩、橋本三郎、岸葉子、藤川叢三、小谷博貞、十勝では岡田悟郎から、キュビスムの影響が顕著な作品を抽出し、その特徴や当時の美術潮流をたどり、1960年代に制作した神田日勝の作品と比較しつつ、日勝の造形思考について考察する。141021kanda詳細は会場HPの案内欄右チラシ(JPEG)で。
・会 期 :2014年10月21日(火)〜12月7日(日)
・休館日 :月曜日(但し、祝日の場合は開館し祝日の翌日休館)
・時 間 :10:00〜17:00(入館16:30まで)
・会 場 :鹿追町・神田日勝記念美術館
      (北海道河東郡鹿追町東町3-2)
・参加費 :一般510円(450円)、高校生300円(250円)、
      小中生200円(150円)。()内は10名以上の団体割引料金
・お問合せ:神田日勝記念館 TEL 0156-66-1555 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2014年12月06日

ドキュメンタリー映画「福島 生きものの記録」@札幌

 「福島 生きものの記録 シリーズ1 〜被爆〜」を上映。東京電力福島第一原発事故はチェルノブイリと同じ“レベル”7。拡散した大量の放射性物質は生態系にどんな影響をもたらすのか? 野生の生きもののみならず、家畜、ペット、人間も含め追跡した140302fukushimaドキュメンタリー。岩崎 雅典監督。2013年、日本、76分。群像舎制作。平成25年度文化庁映画賞文化記録映画部門優秀賞受賞。。
・日 時 :2014年12月6日(土) 開場12:15
       12:30〜13:50、 14:00〜15:20
・会 場 :札幌市・札幌市教育文化会館  4階講堂
      (中央区北1西13 地図)  
・入場料 :大人600円、 中学生以下無料
・主 催 :福島の子どもたちを守る会・北海道
       TEL 090-6990-5447 Mail・fkmamoru[あっと]gmail.com 続きを読む

bluebook at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

被災地からのことばのハンカチ展@札幌

 公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)では、2011年より、東北復興支援プロジェクト「やさしいハンカチ展」を実施。今回は、岩手・宮城・福島の復興商店街に関わる方々よりお寄せ頂いた「ことば」を、会員デザイナーがハンカチにした。「それぞれの商店街では、店を失った店主たちや地元出身の若者、移住者やNPOスタッフなど、様々な方が集まり、町のにぎわいや地域のつながりを取り戻すべく尽力されています。会場では「ことば」のエピソードなども併せて展示し、収益は、各商店街にお届けします。」とのこと。作品は展示販売する。141202kotobanohankachi詳細は、JAGDAサイトの案内欄などで。
・会 期  :2014年12月2日(火)〜6日(土)
・時 間 :10:30〜18:30
・会 場 :札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)
       憩いの空間(1番出口横)
・観覧料 :無料
・主 催 :JAGDA、北海道芸術文化コミッティ
・お問合せ:叶多プランニング TEL 011-211-0810 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 文学 | その他

2014年12月03日

第11回くすみ書房本談議 業界の鬼才 三島邦弘×独立研究者 森田真生 トークセッション 新しい時代の出版と学問。@札幌

 「今、出版業界で最も注目されているミシマ社。右肩下がりの業界にありながら、出版は面白い、出版の未来は明るい、と言い切る三島さんが次に何を仕掛けるのか? 一時も目を離せません。一方、森田真生さんは、大学や研究所に属さずに数学と向き合う、29歳の若き「独立研究者」。森田さんが紡ぎだす数学の世界、これがびっくりするくらい、滅法面白い。今回は、ともに京都に拠点を構えるこのお2人をお招きして、「新しい時代の出版と学問」について、存分に語っていただきます。閉塞感あふれる世の中に風穴をあけるようなお2人の活動には、これからを生きるヒントが詰まっていると思います。ぜひ、ライブで聴いてください。」(くすみ書房HPより)。
・日 時 :2014年12月3日(水) 18:30開場、19:00〜20:30
・会 場 :札幌・くすみ書房大谷地店 2階特設会場
      (厚別区大谷地東3-3-20 キャポ大谷地 地図 地下鉄大谷地駅隣接) 
・参加料 :1,000円
・お申込み:くすみ書房 TEL 011-890-0008 

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 | その他

ドキュメンタリー映画「何を怖れる フェミニズムを生きた女たち」試写会@札幌

 ドキュメンタリー映画「何を怖れる フェミニズムを生きた女たち」の試写会が札幌で開かれる。1970年代の日本のウーマンリブに始まる40数年の日本のフェミニズムの歴史と、現在も続いているさまざまな女たちの活動を映像で綴るドキュメンタリー。1970年代初頭にウーマンリブが始まった頃、彼女たちはまだ20代、30代だった。己れの生きにくさにもがき、社会に向かい、「NO」と叫んでいた。あれから約半世紀の間、女たちは、自己と社会を肯定すべく、つよい意思をもって生きてきた。老年期を迎えた今もなお、みずみずしくフェミニズムを生きている。彼女たちは、時代に何を遺そうとしてきたか? 次の世代に何を伝えようとしているのか? 年齢を重ね、回顧の季節を迎えた彼女たちが生きてきた歴史と人生の厚みを、まだ間に合ううちに記録に刻み、次の世代に手渡したいと、記録映画が製作された。映画「何を怖れる」は、70年代の日本のウーマンリブに始まる40数年の日本のフェミニズムの歴史と、現在も続いているさまざまな女たちの活動で綴るドキュメンタリー。141203naniwo 「ユキエ」「折り梅」「レオニー」の松井久子監督が、15人のフェミニストたちの証言で描く最新作。
・日 時 :2014年12月3日(水) 2回上映(開場各30分前)
       13:30〜15:20、 18:30〜20:20
・会 場 :札幌市・札幌プラザ2・5
      (旧東宝プラザ 狸小路5丁目)2階
・お問合せ:岡村 TEL 090-8900-6699 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「かみさまとのやくそく」苫小牧上映会

  母親の胎内にいたときやそれ以前のことを2歳から4歳の子どもが覚えている胎内記憶と子育てをテーマに、専門家や子どもたちに取材したドキュメンタリー「かみさまとの約束」を上映。中部大学の大門正幸教授と池川医師による胎内記憶、出生前記憶の聞き取り調査を通して、 カメラは胎内記憶研究の現場を見つめる。監督・製作・撮影・編集: 荻久保則男。2013年、144分、日本。詳細は映画公式HPの案内欄140308kamisamaで。
・日 時 :2014年12月3日(水) 開場各15分前(上映124分)
      10:00、 14:00、 18:30 
・会 場 :苫小牧市民活動センター
      (苫小牧市若草町3丁目3番8号 TEL 0144-32-7111)
・定 員 :各回30名
・参加費 :1,200円 
・参加方法:http://kokucheese.com/s/event/index/210617/ 
・主 催 :宮本さやか 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

中谷有逸展@帯広市

 帯広在住の美術家・中谷有逸(1936年、札幌生まれ)の作品世界を紹介する企画展。中谷は道展、平原社美術協会などの会員。凹凸併用版、コラージュなど様々な版技法を駆使した重層的な画面を生み出し、今日まで独自の造形世界を展開し続けけている。代表的な「碑(いしぶみ)」シリーズなど初期から最近作に至る主要な作品群により、その画業を回顧する。141003nakatani詳細は会場HPの案内記事などで。
・会 期 :2014年10月3日(金)〜 12月3日(水)
・休館日 :月曜日(祝日をのぞく)、 10/14(火)、11/25(火)休
       祝日の10/13、11/03、11/24(振替休日)は開館
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :帯広市・北海道立帯広美術館(緑ヶ丘2番地緑ヶ丘公園 地図) 
・入場料 :一般 720(560)円、高大生 410(300)円、小中生 200(150)円
      ( )は、リピーター及び10名以上の団体の割引料金
・お問合せ:同館 TEL 0155-22-6963 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術