2015年03月

2015年03月31日

CINEとかち 「フタバから遠く離れて 第二部」上映@帯広市

 帯広の市民有志で運営しているCINEとかちでは、福島第一原子力発電所事故により避難生活を続ける福島県双葉町の人々の約3年間を追い掛けたドキュメンタリー「フタバから遠く離れて 第二部」を上映。『フタバから遠く離れて』第一部は、埼玉県加須市にある旧騎西高校へ全町避難をした後9ヶ月を追ったものであり、第二部はそれ以後から現在までの約3年間を記録している。
 原発事故直後、目に見えぬ放射能から身を守ろうと、町民1400人を引き連れて福島県双葉町を飛び出した井戸川克隆町長。埼玉県旧騎西高校で避難生活を送りながら、補償を求めて東電や国を相手に闘ってきたが、出口は見いだせなかった。2013年1月、町議会から不信任案を突き付けられ辞任。新たに就任した伊澤史朗町長は、「福島県内に戻ることこそ、復興の第一歩」と考え、町役場を福島県いわき市に移転。後に、旧騎西高校の閉鎖も発表し、双葉町は新たな転換点を迎える。本作は、期せずして異なる立場に立たされた新旧2人の町長の姿から見えてくるものを追ったドキュメンタリー。舩橋淳監督。2014年、日本、104。150331futaba02上映の詳細は主催者HPなどで。
・日 時 :2015年3月31日(火) 19:00 (開場30分前)
・会 場 :帯広市・とかちプラザ  2F視聴覚室
      (西4条南13丁目1番地 JR帯広駅下車徒歩3分 地図
・入場料 :大人・シニア前売1,400円(当日1,800円)、高校生以下1,000円
・主 催 :CINEとかち 
・お問合せ:CINEとかち TEL 090-9081-1597(豊島)続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

杉英利 チョーク画展@札幌

 独自に考案したチョーク画(チョークで画用紙に描く絵画)で個展やワークショップ活動を行っている杉崎英利さんの個展。黒板用カラーチョークで描かれたイメージ画。2014年11月にアルテピアッツァ美唄に併設された美唄市栄幼稚園を対象に行った巨大チョーク画の展示や、杉崎氏の日頃の小品を展示。詳細はFACEBOOK特設欄などで。150301sugisaki
・会 期 :2015年3月1日(日)〜31日(火)
・定休日 :日・月・祝
・時 間 :12:00〜18:00
・会 場 :札幌・ 夢カレッジ赤毛のアン
      (中央区南1条西6丁目第2三谷ビル3F TEL011-513-4187)
・入場料 :無料
・主 催 :NPO法人ヒーリングアート北海道  (杉崎)090-3898-0181
・予約・お問合せ:赤毛のアン TEL 011-513-4187 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 美術 

びょういんあーとぷろじぇくと 「silent breath」上嶋 秀俊 展@札幌

 札幌市在住の抽象画家、日野間尋子さんが、2008年からライラック病院で開催している“ケア”と“アート”がテーマの展覧会「びょういんあーとぷろじぇくと」の7年目第8弾企画。アートとケア、アートと医療、それぞれの接点をさぐるもの。今年は美術家、上嶋秀俊氏の作品群“silent breath”を、待合室全面に飾る。「作家の息遣いと手のぬくもりが、はりつめた空気を和らかに。ふと、さいなまれる不安感や孤独感を、自然の中にある植物や水、光の内に、小さく聴くことができますように。 医療の場が、表現の場としてありうるということ。生ききる人のために、“アートが医療にできること”という命題についてを、あらためて、皆さんと考えさせていただければ幸いです」とのこと。詳細は主催者HPの案内欄などで。140901ueshima
・会 期 :2014年9月1日(月)〜2015年3月31日(火)
・時 間 :12:00〜18:00
・会 場 :札幌市・医療法人北志会 札幌ライラック病院 1F待合室ロビー
      (豊平区豊平6条8丁目)
・料金  :観覧無料
・主 催 :びょういんあーとぷろじぇくと
・お問合せ:フリースペース&カフェ AMICA TEL 011-631-2822 
※ 講演会(2014/12/13) → 続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

プチ・コレ 久本春雄の素描 制作の原点@釧路市

 釧路に生まれ、戦前から戦後まで東京で活躍した日本画家・久本春雄(1896〜1968年)の素描を、同館に所蔵している550点のなかから厳選して展示。久本氏は、東京美術学校(現東京芸術大学)を卒業。主に官展で活躍し、晩年は故郷釧路で後進の指導にあたった。「作家の観察眼や描写力を感じることのできる貴重な資料です。絵画制作の第一歩ともいえる素描に注目し、作家の制作プロセスを紹介します」とのこと。
150221hisamoto詳細は会場HPの案内欄で。
・会 期 :2015年2月21日(土)〜3月31日(火)
・休館日 :月曜休館
・時 間 :10:00〜17:00
・会 場 :釧路市立美術館
      (幣舞町4番28号 釧路市生涯学習センター3階 地図
・入場料 :一般140円(大学生以下無料)
・主 催 :釧路市立美術館、(一財)釧路市民文化振興財団
・共 催 :公益財団法人釧新教育芸術振興基金
・協 賛 :アートギャラリー協力会
・お問合せ:釧路市立美術館 TEL 0154-41-8181、42-6116(直通) 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | 文学

六花亭がアートを志す二十歳の若者の自画像コンクール「二十歳の輪郭」作品募集

 六花亭製菓では、2012年に始めたアートを志す二十歳(はたち)の若者の自画像コンクール「二十歳の輪郭」の第4回の作品を募集。酒井忠康氏(世田谷美術館館長)ほかが審査にあたり、最優秀作を表彰、受賞者には毎月定額が振込まれる。150331hatavchi作品は、2014年4月25日〜11月3日まで同美術村に展示される。詳細は同社HPの案内欄で確認を。
・受付期間:2015年3月1日(土)〜3月31日(月) 必着
・応募資格:1995年4月2日〜1996年4月1日に生まれた方。プロアマ不問
プロ・アマ問いません。
・出品点数:一人1作品。
・出品料 :2,000円。(出品料は返金しません)
・お問合せ:六花亭 公募展事務局 TEL 0155-37-6666 
※ 審査員、出品規定など → 続きを読む

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

メールアドレスを変更します

【日頃お世話になっている皆様へ】
 2013年9月よりメールアドレスを変更します。
  (旧) bluebook☆livedoor.com
  (新) bluebooksirius☆gmail.com
     (PCメール、☆を@に置き換えて送信下さい)
 どうぞ、よろしくお願い致します。 

bluebook at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2015年03月29日

「The Night View from the Sky〜札幌夜景空撮」展@札幌

 J札幌で活躍している写真家KEN五島による、札幌の夜景の空撮写真展。「空からの夜景は、時には抽象画のように、そしてある時は光輝いて眼前に広がり、その絶え間なく続く光の移り変わりは、札幌の美しさを気づかせてくれます。本展は、「イベント」、「札幌の大地」、「JRタワー」の3部構成で、光り輝く都心部と対照的な郊外周辺を距離感や地形の変化を感じさせてくれる作品約40点を展示します。自分で直接観る機会のない札幌を体感してください」とのこと。150314gotoken詳細は、JRタワーHPの案内欄で。
・会 期 :2015年3月14日(土)~29日(日) 会期中無休
・時 間 :10:00〜19:00(入場は18:30まで) 
・会 場 :札幌・JRタワープラニスホール
      (中央区北5西2 札幌エスタ11F 地図) 
・入場料 :一般・大学生300円、高校生生以下無料
・主 催 :札幌駅総合開発株式会社、北海道新聞社
・お問合せ:JRタワー文化事業部 TEL 011-209-5075 
・参 考 :紹介記事 空から見る札幌の魅力「写真展:札幌夜景空撮」(2014年開催) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 写真 

JAGDA新人賞展 2014 in 北海道@札幌

 1978年に発足した社団法人日本グラフィックデザイナー協会(略称:JAGDA)は、現在、会員数約2,900名を誇る日本最大規模のデザイン団体。「年鑑『Graphic Design in Japan』の発行や展覧会・セミナーの開催、デザイン教育、公共デザインや地域振興への取り組み、国際交流など、デザインによるコミュニケーション環境の向上のために様々な活動をおこなっています。また、毎年、『Graphic Design in Japan』出品者の中から、今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナー(39歳以下)に「JAGDA新人賞」を贈っています。この賞は 1983年来、デザイナーの登竜門として、いまや第一線で活躍する95名のデザイナーを輩出し、デザイン・広告関係者の注目を集めています。32回目となる今回は、新人賞対象者190名の中から厳正な選考の結果、大原大次郎・鎌田順也(北海道生まれ)・原野賢太郎の3名が選ばれました。会場では、3名の受賞作品および近作を、ポスター・小型グラフィックを中心にご紹介いたします」とのこと。150316JAGDA詳細はJAGDAのイベント案内欄などで。
・会 期 :2015年3月16日(月)〜29日(日)
      トーク&パーティー 10月30日(土)17:30
・時 間 :10:00〜18:00
・会 場 :札幌大谷大学 記念棟 4F アトリエ1 (アクセス
・入場料 :無料
・主 催 :公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会北海道道央地区
・共 催 :札幌大谷大学 
※ トークショー、ワークショップ 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

第5回 えべつ脱原発芸術祭2015@江別市

 脱原発に賛同する芸術家有志が絵画や作品を出展する「えべつ脱原発芸術祭」。2011年夏の陣、2012年春の陣、2013年、2014年に続き、今年で第5回目の開催。前回は全国から約70名が出店。絵画・彫刻・写真・書・木工・手工芸・漫画・イラスト・楽器・映像DVD・音楽CD・陶芸・詩・折り紙・ガラス工芸・織り物・アイヌ刺繍・キャンドル・洋服・籠etc.とありとあらゆる作品が展示される。オープニングパーティや各種イベントも多数。150301dastugenpastu詳細は主催のつくるみ委員会HPやFACEBOOKのイベント案内欄で。
・会 期 :2015年3月1日(日)〜29日(日) )
・時 間 :10:00 〜 19:00 (月曜定休・最終日17:00まで)
・会 場 :江別市・ドラマシアターども ギャラリー
      (江別市2条2丁目7-1 JR江別駅から徒歩5分)
・入場料 :無料
・主 催 :つくるみ委員会
・お問合せ:ドラマシアターども TEL 011-384-4011 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) その他 | 美術

笠井誠一展@札幌

 笠井誠一(1932―)は札幌に生まれ、名古屋と東京を拠点に活躍してきた画家です。花や果物、楽器や道具類などといった限られたモチーフを、卓上や室内に配した独特の静物画で知られ、その透明感あふれる画面と緻密な構築性によって、高い評価を得てきました。清廉な空気を漂わせる笠井の静物画は、およそ40年にわたって長くそのスタイルを貫き、現在に至っています。本展は、笠井の生地・札幌における初めての大規模な個展です。これまでまとめて紹介される機会の無かったその画業を、初期の風景表現や人物画、滞欧時の作品から近作に至るまでの静物画等の油彩を主軸としながら、スケッチ等の資料をあわせて約120点によって紹介します。150125kasai(芸術の森HPの紹介欄より)。
・会 期 :2015年1月25日(日)〜3月29日(日)
・休館日 :月曜(祝日の場合は翌火曜)
・時 間 :9:45〜17:00(入館は閉場30分前まで)
・会 場 :札幌市・札幌芸術の森美術館(南区芸術の森2丁目75、地図)
・入場料 :前売(当日) 一般560(700)円 
       高大生(280)350円 小中生120(150)円
・お問合せ:同館 TEL 011-591-0090 
・主 催 :札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、北海道新聞社 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

企画展「北の文人・立ち話−高山美香イラスト原画とエッセイ展」@小樽市

 高山美香さんは、札幌のイラストレーターですが、2004年から小さな粘土人形を作り始め、カフェを中心に個展を開催するなどの活動を続けている。小樽文学館でも2008年に「小樽ちまちま文豪展−高山美香ミニチュア人形の世界」、2010年に「ちまちま小樽文壇史+偉人物語展」、2012年に「高山美香の、ちまちまワールド─よくまぁこんなに展」と、3度の企画展を開催して、すべて爆発的な入館者数を記録してきた。今回は、高山さんが朝日新聞に平成23年から3年間、96回にわたって連載した「北の文人 立ち話」(北海道ゆかりの文学者96人の伝記と逸話を読みやすく書いたエッセイ)のために描いたイラスト原画と創作メモなどを、当館および作家にゆかりある全道各地の文学館・図書館所蔵の図書や資料をあわせて展示する。150117kitanobunjin詳細は小樽文学館HPの案内欄で。
・会 期 :2015年1月17日(土)〜3月29日(日)
・休館日 :月曜と祝日の翌日
・時 間 :9:30~17:00(入館は16:30まで)
・会 場 :小樽市・市立小樽文学館(色内1丁目9番5号 市分庁舎 地図
・入場料 :一般300円、高校・市内在住70歳以上150円、中学以下無料
・お問合せ:小樽文学館 TEL&FAX 0134-32-2388  続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 | その他

2015年03月28日

社会科シネマ3限目『いわきノート』@札幌

 札幌で活動する自主上映グループ 札幌シネクラブ キノマドによる「社会科シネマ」の第3回目。社会的でちょっとシリアスなテーマについて、映画を通して触れる試み。今回上映する作品は、福島の人たちの声を世界に届けるために11名の大学生が丹念に取材を重ねたドキュメント『いわきノート』を上映。いわき市で取材にあたったのは大学生11名。震災の記憶が風化しゆく現状を感じていたという彼らの合い言葉は“福島の人たちの声を
世界に届ける”。未知の街で丹念に取材した結果、撮影素材はのべ90時間にも及んだ。本編では人々の言葉と市内の情景とが、人々の声を紡ぐ映像として構成されている。共同監督・取材・撮影/有馬俊 岡崎雅 佐々木楓 佐藤優大 三藤紫乃 鈴木絹彩 鈴木ゆり 太智花美咲 千葉美和子 津澤峻 中川慧介(筑波大学2013年度在学生) 日本 2014年 86分。上映の詳細はキノマド案内欄FACEBOOKイベント欄で。150328iwaki
・日 時 :2015年3月28日(土) 
       17:45 20:00 (開場各15分前)
・会 場 :札幌市・ハンモックベースカフェ
       (中央区南1条東2丁目3-1NKCビルB1)
      心地よい人工芝の上でお座敷スタイルの鑑賞となります。
・入場料 :1500円(1ドリンク付き)  各回20名限定
・主 催 :札幌シネクラブ キノマドFB
・参加方法:予約ページかメールで
  予約ページ ⇒ http://www.kinomado.com/#!reserve/c11k2
  メール ⇒ kinomado[あっと]gmail.com 
          件名「いわき」、本文に「お名前 / 希望の回 / 人数 / 連絡先」を  続きを読む

bluebook at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

「橋のない川」第2部 上映会@札幌

 日本映画の黄金時代を支えた独立プロによる名作を、札幌市内での上映会で紹介し続けている北海道共同映画社による5月上映会では、住井すゑの長編小説を映画化した社会派ドラマ「橋のない川」第2部DVD情報=を110507hashinonai上映。「橋のない川」第一部(第1部記事)の続編。奈良に暮らすふたりの兄弟の成長を通して、被差別部落に生きる人々が水平社を結成するまでの長く苦しい闘いを描いた後編。今井正監督。1970年、140分。出演は、伊藤雄之助、阿部寿美子ほか。詳細は会場HPの案内欄で。
・日 時 :2015年3月28日(土) 13:30開演
・会 場 :札幌市・札幌市教育文化会館 403
      (中央区北1西13 地図)  
・入場料 :前売1,000円、当日1,200円
・お問合せ:北海道共同映画社 TEL 011-562-1711 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

札幌映画サークル シネマ・クラシックス2015@札幌

 札幌映画サークルでは、毎年好評の往年の外国映画の数々を上映する「シネマ・クラシックス」を今年も開催。上映の詳細は札幌映画サークルHPの案内欄で。150328cinemaC
・日 時 :2015年3月28日(土)、29日(日) 両日とも10:00開場
  3月28日の時間= 開場 09:40
   1) 10:00〜11:45 『或る夜の出来事』
   2) 12:30〜13:54 『オーケストラの少女』
   3) 14:30〜16:40 『素晴らしき哉、人生!』
   4) 17:00〜18:55 『グレン・ミラー物語』
  3月29日の時間=開場 09:40
   1) 10:00〜11:55 『グレン・ミラー物語』
   2) 12:30〜14:40 『素晴らしき哉、人生!』
   3) 15:10〜16:34 『オーケストラの少女』
   4) 17:00〜18:45 『或る夜の出来事』
・会 場 :札幌市・札幌プラザ2・5
      (旧東宝プラザ 狸小路5丁目)2階
・入場料 :1作品券 一律 800円 (前売り・当日/一般・シニア共)、学生各500円
       1作品ごとの完全入替制 
・主催・お問合せ:札幌映画サークル TEL & FAX 011-747-7314
         Eメール sapporocinema@@yahoo.co.jp(@@→@) 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2015年03月27日

映画「夢は牛のお医者さん」上映会@上川町

 まっすぐに夢を追った少女の26年間にTeNYテレビ新潟 が密着したドキュメンタリー映画「夢は牛のお医者さん」を上映。1987年、新潟県松代町(現・十日町市)の生徒数9人の小学校に3頭の子牛が入学した。小学校3年生の少女は病気がちな子牛の世話をするうちに、「牛のお医者さん」になるという夢を抱くようになる。親しんだ牛との別れを経験、高校へ通うために実家を離れた彼女は猛勉強し、140830yumehaushino大学の獣医学科へと進む。やがて獣医となり、母になりながら、今日もかけがえのない「いのち」と向き合い闘っている。86分、2014年、日本。上映の詳細は映画公式HPの上映案内欄などで。
・日 時 :2015年3月27日(金)  14:00
・会 場 :上川町・かみんぐホール(上川町北町114番地1 )
・主 催 :「夢は牛のお医者さん」上映会実行委員会
・お問合せ:「夢は牛のお医者さん」上映会実行委員会 01658-2-1113 
 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

ちえりあ親子映画会「白雪姫」@札幌

 ちえりあ視聴覚センターが所蔵する約1万本のフィルム・ビデオの中から、お勧めの作品を選んでを紹介する「ちえりあ映画会」。今回は、ディズニーの長編アニメーション映画「白雪姫」を上映。1937年、アメリカ、85分。ディズニーの長編映画第1作目であり、世界初のカラー長編アニメーション映画となった。原作は同題のグリム童話。むかし、お城に白雪姫とい美しい姫が住んでいた。白雪姫の継母である女王は魔女で、毎日のように魔法の鏡に『一番美しいのは誰?』と聞き、『女王様です』という答えに満足していたが、ある日鏡は、『世界で一番美しいのは白雪姫』と答える。白雪姫は森に逃げ込み、7人の小人達と暮らし始める。詳細はちえりあHPの案内欄で。
・日 時 :2015年3月27日(金) 9:30開場、10:00〜11:25(終了予定)
・会 場 :札幌市生涯学習センターちえりあホール(西区宮の沢1条1丁目 地図
・入場料 :無料(予約不要、当日直接会場へ)。定員400名。
・お問合せ:札幌市生涯学習センター 事業課 TEL 011-671-2311 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2015年03月22日

アフタヌーンシネマ ドキュメンタリー映画「zone 存在しなかった命」上映会@旭川市

 福島原発事故に伴う警戒区域に取り残された動物と人との関わり合い を追ったドキュメンタリー映画「zone 存在しなかった命」を上映。2011年3月12日に発生した東京電力福島第一原発事故によって強制避難区域に指定され、人間が姿を消した土地に残された数多くの動物たち。登録されていた数だけでも、牛が約4,000頭、豚30,000頭、鶏630,000羽、犬猫などのペットが20,000匹以上にのぼったという。水も食物も無い過酷な状況下で9割以上が餓死、唯一生き延びた命は殺処分という悲劇的な末路を日本政府や大手メディアなどは一斉に封印した。放射性物質に汚染され未来と希望が消えた“ゾーン”に、取り残された動物たちを141104Zone救うべく闘い続ける人々を追った長編ドキュメンタリー。 北田直俊監督。2013年、日本、117分。上映の詳細は同図書館HPの案内欄で。
・日 時 :2015年3月22日(日) 時間は後日発表
・会 場 :旭川市中央図書館(常磐公園内) 2F 視聴覚室
・入場料 :無料。事前申込み不要
・お問合せ:同図書館 TEL 0166-22-4174  続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

日本最西端、沖縄の与那国島のドキュメンタリー映画「はての島のまつりごと」札幌上映会@札幌

 自衛隊の基地問題で揺れている与那国島のドキュメンタリー映画「はての島のまつりごと」を上映。穏やかな時間が流れていたこの島に、突如浮上した自衛隊基地誘致。人口約1,500人の島に150人規模の自衛隊沿岸監視部隊とレーダー施設を配備するという話になった。島の人々の意見は賛成と反対、二つに分かれる。自然を敬う島人たちの精神性を表す風物詩とともに、2011年の自衛隊配備住民説明会から始まり、150322hatenosima昨夏行われた町長選挙など、基地問題に翻弄される島の様子を3年間にわたり見つめ続けた長編ドキュメンタリー。 監督・撮影・編集 土井 鮎太。2014年/145分/HD/日本。監督舞台挨拶あり。上映の詳細は、映画公式HPの案内欄で。
・日 時 :2015年3月22日(日) 
      13:30開場、 14:00〜16:30上映
・会 場 :札幌コンベンションセンター 小ホール
      (白石区東札幌6条1丁目1−1)
・入場料 :1,200円 (当日、会場にて) 
・主 催 :「はての島のまつりごと」製作委員会 Tel:090-3877-1494 

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

旭川映画村第97回例会「なまいきチョルベンと水夫さん」@旭川市

 旭川市の自主映画サークル旭川映画村の第97回例会では、スウェーデンの児童文学者アストリッド・リンドグレーンの「わたしたちの島で」を基に、牧歌的な島で展開する子どもたちと動物たちの交流を描く人間ドラマ「なまいきチョルベンと水夫さん」を上映。1964年、スウェーデン、92分。上映の150322namaiki詳細は旭川映画村HPやFACEBOOKの案内欄で。
・日 時 :2015年3月22日(日) 3回上映
       11:00、 13:00、 15:00 
・会 場 :旭川市・シアターカンダ
      (旧 国民劇場、旭川市3条通8丁目 神田館3F)
・料 金 :前売 1,200円(当日 1,500円) 高校以下当日のみ500円
・主 催 :旭川映画村
※ facebook上にて、旭川映画村サイト開設
  http://www.facebook.com/asahikawa.eigamura 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

ドキュメンタリー映画 「日本と原発」 上映会@札幌市

弁護士河合弘之が2年の歳月をかけて自分の眼で耳で確かめた日本の原発のすべてを描いたドキュメンタリー映画「日本と原発」HPFACEBOOK)が帯広市で自主上映される。この映画は、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘う木村結の3人が多くの関係者、有識者にインタビュー取材を行い、現地での情報収 集や報道資料等を150322nihontogenpastu基に事故に巻き込まれた人々の苦しみ、原発事故を引き起こした背景、改善されない規制基準、エネルギー政策のウソと真実を追求したドキュ メンタリー映画である。2014年、日本、135分。上映の詳細は主催者HPの案内欄などで。
・日 時 :2015年3月22日(日) 13:00、 16:00
・会 場 :札幌市・札幌市教育文化会館 4階講堂
      (中央区北1西13 地図)  
・主 催 :脱原発をめざす北電株主の会 (関根) TEL 090-1382-6015 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

小檜山博の文学 −野性よ 退化する現代を撃て−@札幌

 滝上町生まれの小説家、小檜山博(こひやま・はく、1937年〜)は、1970年代半ばから北海道に生きる人間をテーマに小説を発表し、現代社会に問いかけてきました。初期の「出刃」(1976年北方文芸賞)、中期の「光る女」(1983年北海道新聞文学賞、泉鏡花文学賞)、そして自らのルーツを凝視した「光る大雪」(2003年木山捷平文学賞)など、いずれも多くの衝撃と感動を与えています。また、エッセイスト・コラムニストとしても活躍し、心に沁みる珠玉の作品を発表。苦境にあって決して夢を忘れず、人間への希望を求める小檜山博の文学世界の魅力を紹介します。(文学館HPの案内欄より)150131kohiyama
・会 期 :2015年1月31日(土)〜3月22日(日)
・休館日 :月曜日
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌・北海道立文学館 特別展示室
      (中央区中島公園1-4 地図)
・入場料 :一般700(560)円、高大生450(360)円、小中学生300(240)円
       ( )内は10名以上の団体料金
・主 催 :北海道立文学館、公益財団法人北海道文学館
・お問合せ:北海道立文学館  TEL 011- 511-7655 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 文学 | その他

もうひとつの眺め(サイト)−北海道発:8人の写真と映像@札幌

 写真が日本に伝わった初期から、北海道は写真と強い関わりを持ってきた。本展は、アートとしての表現に焦点を絞り、北海道ゆかりの作家8人の仕事を紹介する。「活躍めざましい8名/組の作家の作品を見ていくことで、現代のイメージ表現のあり方や、これからのアートの可能性を感じていただければ幸いです」とのこと。150131syasineizou詳細はFACEBOOKの特設欄や同美術館HPの案内欄で。
【出品作家 】
  露口啓二、 伊藤隆介、 ニナ・フィッシャー&マロアン・エル・サニ
  鈴木涼子、 大友真志、 北川陽稔、 岡田敦、 佐竹真紀
・会 期 :2015年1月31日(土)〜3月22日(日) 
・休館日 :月曜休館
・時 間 : 9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :札幌市・北海道立近代美術館(中央区北1西17 地図)
・観覧料 :一般510(420)円 高大生250(170)円 小中生150(100)円
       ( )内は前売、団体、リピーター、ファミリー料金
       共通券:一般850円 高大生400円
・主 催 :北海道立近代美術館
・お問合せ:同館 TEL 011-644-6882 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | 写真

2015年03月21日

形や色にとらわれない クレヨンの世界展@札幌

 手づくりクレヨンTuna−kai(トナカイ)と、児童デイサービス ペングアートのクラウドファンディングで資金を募り実現した巡回展。150321kureyon今回のチカホが最終開催になる。詳細は札幌の観光文化情報ステーションHPの案内欄などで。
・会 期 :2015年3月21日(土・祝)
・時 間 :10:00〜17:30
・会 場 :札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)
       憩いの空間 3番出口付近
・入場料 :無料
・主 催 : 手づくりクレヨン Tuna−kai、 児童デイサービス ペングアート
・お問合せ: 卜部 奈穂子 TEL 011-841-3779 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2015年03月15日

Amanogawaプロジェクト@上映会@札幌

 AMANOGAWAプロジェクトは、「親愛なものの喪失をどう受け止めるのか」、「日々かわっていく思考と身体をどのように表現できるのか」という問いを胸に、ダンサー・振付家の木野彩子が川崎市アートセンターの協力のもと立ち上げた市民参加型プロジェクト。今回は、札幌の方とともに行うワークショップ、ダイアログから制作する映像作品AMANOGAWAプロジェクト20150311の上映会と、150315amanogawaその過程を通じて感じたことから制作した木野彩子のダンス公演をあわせて行う。詳細はART ALertの紹介記事などで。
・日 時 :2015年3月15日(日) 19:00
・会 場 :札幌・レッドベリースタジオ(西区八軒2条西1丁目1−26 地図)
・入場料 :2,000円
・お問合せ: kinokoticket[あっと]gmail.com
        もしくは08040960610まで 続きを読む

bluebook at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | 演劇・ダンス

「俺たちの明日 THE★MOVIE」 北海道教育大学岩見沢校芸術課程学生による作品発表上映会@札幌

 北海道教育大学岩見沢校の伊藤研究室、倉重研究室の2015年3月に卒業する学生主催の、全国の卒業制作を上映。全部で4種類のプログラムを上映。150314oretatinoasu詳細は、上映会の特設サイト公式ツイッターなどで。
・日 時 :2015年3月14日(土)、15日(日) 
    14日(土) 開場 17:30 開演 18:00
      18:00 俺っち、 19:15 あたい、 20:10 ぼくちん
    15日(日) 開場 17:30 開演 18:00
      18:00 俺っち、 19:15 あたい、 20:0 おいら
・会 場 :札幌・「シネマカフェ」
      (中央区南2西2 富樫ビルB1F TEL 011-271-0705)
・参加費 :1プログラム券 600円、  2プログラム券 1000円
       1日通し券 1200円  、全日通し券 1500円
・お問合せ:eiga.oretachinoasu[あっと]gmail.com 続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

フィギュアアート・シアター沢則行「OKHOTSK(オホーツク)〜終わりの楽園〜」再演@札幌

 小樽市出身札幌育ち、チェコを拠点に世界中で活躍している人形劇師・沢 則行が、5〜12世紀頃に存在したといわれるオホーツク人をテーマに、独特の感性と描写で創る書き下ろし作品(2013年3月初演)。沢則行が人形と一緒に人形遣いも舞台で演じる「フィギュアアート」を能舞台で上演し、好評を博した初演から2年。新たな演出で再演する。詳細は主催者HPの案内欄で。150314okhotsk
・日 時 :2014年3月14日(土)、15日(日) 開場各30分前
      14日=14:00、18:30(入替制) 
      15日=14:00
・会 場 :札幌市・札幌市教育文化会館大ホール 能舞台
       (中央区北1西13 地図
・入場料 :全席自由 3,000円
・主 催 :札幌市教育文化会館(財団法人札幌市芸術文化財団)
・お問合せ:札幌市教育文化会館事業課 011-271-5822 
※ チラシは初演時のもの 続きを読む

bluebook at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 演劇・ダンス 

ドキュメンタリー映画「ベニシアさんの四季の庭」上映会@深川市

 NHK番組「猫のしっぽカエルの手 京都大原ベニシアの手づくり暮らし」で知られる京都在住のイギリス人女性ベニシア・スタンリー・スミスの暮らしを捉えたドキュメンタリードキュメンタリー映画「ベニシアさんの四季の庭」を上映。由緒正しい英国貴族の家系に生まれながらも、19歳で放浪の旅に出かけ、大原の山裾にたたずむ古民家での暮らしを選んだベニシア。日本の春夏秋冬にイギリスの伝統を散りばめたベニシア流の「手づくりで丁寧な生活」を追うとともに、彼女の知られざるエピソードを通し、そのしなやかな心の秘密に迫る。2013年、日本、98分。菅原和彦監督。140307venetia上映の詳細は深川市HPの案内欄や北海道新聞HPの案内欄などで。
・日 時 :2015年3月15日(日) 10:30
・会 場 :深川市・アートホール東洲館(深川市1-9-19 深川市経済センター2階 )
・入場料 :200円、未就学児無料 ※ハーブティーとお菓子付き
・参加方法:要申し込み(先着順)
・お問合せ:深川市生涯学習スポーツ課社会教育スポーツ係 TEL 0164-26-2343 続きを読む

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

ドキュメンタリー映画 「日本と原発」 上映会@釧路市

 弁護士河合弘之が2年の歳月をかけて自分の眼で耳で確かめた日本の原発のすべてを描いたドキュメンタリー映画「日本と原発」HPFACEBOOK)が帯広市で自主上映される。この映画は、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘う木村結の3人が多くの関係者、有識者にインタビュー取材を行い、現地での情報収 集や報道資料等を基に事故に巻き込まれた人々の苦しみ、原発事故を引き起こした背景、改善されない規制基準、エネルギー政策のウソと真実を追求したドキュ メンタリー映画である。2014年、日本、135分。上映の詳細は釧路市の「わっと」HPの案内欄などで。150213nihontogenpastu
・日 時 :2015年3月15日(日) 10:00、 13:00
・会 場 :釧路市生涯学習センター「まなぼっと幣舞」
      (幣舞町4番28号 地図 TEL 0154-41-8181)
・入場料 :500円
・主 催 :さようなら原発1000万人アクションIN釧路集会実行委員会
       釧根平和運動フォーラム
       いのちとくらしを守る釧路市民会議、 脱原発ネット釧路
・お問合せ:釧根平和運動フォーラム TEL 0154-24-8585 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

谷口明志 インスタレーション 線の虚構@小樽市

 小樽出身の谷口明志氏が、故郷で初めて行なう個展。谷口氏は、1983年北海道教育大学在学中から道展に発表を続け、新人賞、佳作賞、会友賞の受賞歴を経て会員として活躍中。近年ではインスタレーションの傾向を強めており、厚みのない無彩色の板や金属を組み合わせ、平面でありながら、立体的な効果を出して展示している。今回の展示では、会場の壁面や展示室をキャンバスに見立て、様々な素材の線のパーツを使い、照明が生み出す影を活用するなどして、平面と立体の間を自在に遊ぶかのような作品11点を展示。詳細は会場HPの案内欄などで。150110taniguchi
・会 期 :2015年1月10日(土)〜3月15日(月)
・休館日 :月曜日(9/15を除く)
・時 間 :9:30~17:00(入館は16:30まで)
・会 場 :小樽市・市立小樽美術館
      中村善策記念ホール・企画展示室(1階・2階)
      (色内1丁目9番5号 地図
・入場料 :一般 400円(320円)・高校生・市内高齢者 200円(160円)
        中学生以下 無料
・お問合せ:同館 TEL 0134-34-0035 
・参 考 :小樽ジャーナルHPの紹介記事 続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2015年03月14日

小平町文化交流センター映画上映会『駅 STATION』@小平町

 昨年、逝去した名優高倉健さん主演で、留萌管内増毛町を舞台にした名作『駅 STATION』を上映。オリンピックの射撃選手であり、警察官でもある一人の男と、事件を通して彼の心を通り過ぎていく女たちを描く。1981年、東宝、132分。高倉健、いしだあゆみ、岩淵建ほか出演。降旗康男監督、倉本聰脚本。「フィルムから映し出される珠玉の映像をこの機会にご覧ください」とのこと。150314station上映の詳細は小平町文化交流センターサポーターズクラブ の案内欄や、留萌クラブHPの案内欄などで。
・日 時 :2015年3月14日(土) 開場14:30/上映15:00
・会 場 :小平町文化交流センター 多目的ホール
・入場料 :前売り500円(一般・学生共通) 全席自由
・お問合せ:小平町文化交流センター TEL 0164−56-9500 続きを読む

bluebook at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

映画「夢は牛のお医者さん」上映会@東川町

 まっすぐに夢を追った少女の26年間にTeNYテレビ新潟 が密着したドキュメンタリー映画「夢は牛のお医者さん」を上映。1987年、新潟県松代町(現・十日町市)の生徒数9人の小学校に3頭の子牛が入学した。小学校3年生の少女は病気がちな子牛の世話をするうちに、「牛のお医者さん」になるという夢を抱くようになる。親しんだ牛との別れを経験、高校へ通うために実家を離れた彼女は猛勉強し、140830yumehaushino大学の獣医学科へと進む。やがて獣医となり、母になりながら、今日もかけがえのない「いのち」と向き合い闘っている。86分、2014年、日本。上映の詳細は映画公式HPの上映案内欄などで。
・日 時 :2015年3月14日(土)  13:30、 17:00 
・会 場 :東川町共生サロン「ここりん」
      (東川町東町1-7-10 TEL 0166-82-2666)
・入場料 :高校生以上1000円 中学生以下300円 予約不要。(前売なし)
・お問合せ:大西 TEL 090-1710-2064 続きを読む

bluebook at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

北海道デジタルアニメコンテスト「キタアニ」授賞式@札幌

 北海道では、北海道の食材や特産物、文化、特性を主題としたオリジナルの「ショートアニメーション」、「キャラクターデザイン」、「マンガ」を募集する北海道デジタルアニメコンテスト「キタアニ」FB)を開催した。授賞式にて優勝・入賞作品を公開する。当日は表彰式をはじめ応募作品上映やアニメに関する様々な展示、ゲストによるトークライブやラジオの公開収録等を行う。150314kitaani詳細は公式HPの右チラシ(PDF)で。
・日 時 :2015年3月14日(土) 12:30開場、13:00〜17:00(予定)
・会 場 :札幌・ノルベサ (中央区南3条西5丁目1-1)3階ホール
・入場料 :無料
・主 催 :北海道
・共 催 :北海道モバイルコンテンツ・ビジネス協議会
・お問合せ:螢瓮妊ア・マジック キタアニ応募係 TEL 011-621-2500 

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

土曜シネマ供.疋ュメンタリー・ナウ 「3.11以後への想像力」@旭川市

 今回は、3.11を考えるドキュメンタリー映画2本を上映。作品は、福島第一原子力発電所事故により避難生活を続ける福島県双葉町の人々の約3年間を追い掛けたドキュメンタリー『フタバから遠く離れて』第2部(2014年、日本、104分)と、『先祖になる』(2012/日本/DCP/118分/16:9)。150331futaba02『先祖になる』は、佐藤直志77歳の震災後を描いた愛と勇気のドキュメンタリー。上映の詳細は、会場HPの案内欄やあさひかわ新聞HPの記事などで。
・日 時 :2015年3月14日(土)、15日(日)  
   14日 11:00 フタバ、 15:00 先祖、 18:30 フタバ
   15日 11:00 先祖、 15:00 フタバ
・会 場 : 旭川市・まちなかぶんか小屋
       (旭川市7条通7丁目右10)
・入場料 :前売1,000円(当日1,200円) 会員800円 各回40席限定
・主 催 :まちなかぶんか小屋
・お問合せ:TEL 0166-23-2801(有村)    

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

サッポロ・フットボール映画祭2015@札幌

横浜で過去4回開催され、大きな反響を呼んだ「ヨコハマ・フットボール映画祭」。世界各国のサッカー映画を集めた映画祭は、横浜・東京周辺のサッカーファンや映画ファンのハートをつかみ、年々熱く盛り上がっています。その映画祭が、いよいよ札幌へやってくる。コンサドーレ札幌の札幌ドーム初戦前日に、一挙4作品を上映するスペシャルなイベントを開催。上映の詳細は「サッポロ・フットボール映画祭2015」公式サイトFACEBOOKで。 150314Football
・日 時 :2015年3月14日(土)  
  10:00〜10:10 開演・舞台挨拶
  10:10〜11:50  「ネクスト・ゴール!」
  12:40〜14:40  「エリックを探して」
  14:00〜15:00 トークショー又はショートムービー
  15:30〜17:00 「メッシ」
  17:00〜17:20 トークショー又はショートムービー
  18:00〜19:25 「プライドinブルー」
・会 場 :札幌プラザ2・5
       (央区南2条西5丁目18番地 狸小路商店街5丁目 011-241-5125)
・参加費 : 一般 前売 1,300円 (当日 1,500円)、  
       60歳以上 前売当日とも1,000円)、学生500円(当日のみ)、
       1日通し券 前売4000円(当日4500円)
・主 催 :サッポロ・フットボール映画祭実行委員会 TEL 090-8373-6401 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | その他

2015年03月12日

札幌国際短編映画祭 第19回「マンスリー・ショート」3月上映会@札幌

 札幌国際短編映画祭(通称「SAPPOROショートフェスト)では、市民に広くショートフィルムの魅力を知って頂くために、定期上映会「マンスリー・ショート」を行っている。受賞作品を中心に、解説も交えてショートフィルムを6〜7本上映。鑑賞後には来場者にアンケートにお答えいただき、今後の映画祭運営やショートフィルムのマーケティングの参考にさせてもらう。今回は初の試み「パーソナル・セレクション」。過去に映画祭で上映された作品の監督やプロデューサー等に、過去の映画祭の作品の中から独自の目線で選んでもらう。今回は島田英二監督のセレクション。詳細は同映画祭HPの案内欄で。110115SSFF2011monya
・日 時 :2015年3月12日(木) 毎月、第2金曜日
      18:00開場、18:30〜20:00(予定)
・会 場 :札幌市・インタークロス・クリエイティブ・センター
      (白石区東札幌5条1丁目1-1 地図)1階 クロス・ガーデン
      駐車場なし、公共の交通機関で来場を
・参加料 :無料
・備 考 :会場内には飲食の持ち込みができません。
      飲み物は会場の自動販売機を利用してください。
・お問合せ:SAPPOROショートフェスト事務局 info[あっと]sapporoshortfest.jp 
※ 入場無料ですが、上映後に簡単なアンケートに答えていただきます。
※ 子供向け上映会ではありませんので上映内容にご注意ください。 

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2015年03月11日

講演会「いま、イサム・ノグチを語る。」@札幌

イサム・ノグチ生誕111年、モエレ沼公園グランドオープン10周年を記念した講演会を開催。イサム・ノグチさんが初めて札幌を訪れたのは、今から27年前の3月。その同じ3月に、イサム・ノグチに深い関心を寄せる建築家 藤森照信さんと歌人 山田航さんが、それぞれの視点からイサム・ノグチの芸術などについて語る講演会をMFC誕生の地である札幌時計台で開催する。詳細はモエレヌマファンクラブHPの案内欄などで。150311isamunoguchi
・日 時 :2015年3月11日(水) 18:30〜20:40 (18時開場)
・会 場 :札幌市時計台2階ホール
       (中央区北1条西2−1−1)
・料 金 :一般1,000円、学生500円(大学4年生まで) 当日支払いを
・定 員 :150名(事前申込みによる先着順)
・お申込み:3月9日(月)17時までに、氏名、年齢(学生の方のみ)、
        連絡先電話番号を明記のうえ、
        NPO法人モエレ沼公園の活用を考える会 (モエレ・ファン・クラブ)まで
        メールまたはFAXで申し込むか、電話(平日10時〜17時のみ)で。
・主 催 モエレ・ファン・クラブ
・お問合せ:moerefan[あっと]moerefan.or.jp  TEL&FAX:011-796-6936 続きを読む

bluebook at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2015年03月10日

鈴木マサルのテキスタイル展@札幌

 札幌グランドホテルの本館1階に2013年7月にオープンしたアートギャラリー「グランビスタギャラリーサッポロ」。約8週ごとにアート、デザイン、工芸などの分野で活躍するアーティスト、北海道、札幌にゆかりのあるアーティストなどの作品展示、ワークショップ、講演会、作品販売などを行っている。今回はテキスタイルデザイナーの鈴木マサル氏の北海道初めての個展を開催。詳細は同ギャラリーの案内欄で。150129suzuki
・会 期 :2015年1月29日(木)〜3月10日(火) 
・時 間 :11:00〜19:00(最終日17:00まで)
・会 場 :札幌市・札幌グランドホテル(中央区北1西4) 
      1階ロビー「グランビスタギャラリー サッポロ」
・入場料 :無料
・主 催 :株式会社グランビスタ ホテル&リゾート、札幌グランドホテル
・お問合せTEL:011-261-3311
※ 関連企画多数 → 続きを読む

bluebook at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 | その他

ドキュメンタリー「我らが工場 命の針社」 〜TUESDAY CLUB 火曜上映の会〜@小樽市

 みみずく舎の火曜上映会 今回は老いと働き方を考えさせるドキュメンタリー「我らが工場 命の針社」を上映。米 国ボストン近郊の小さな町にとてもユニークな工場がある。実験用の注射針などを作っている会社だが、従業員の平均年齢は74歳。 最高年齢は96歳。ここでは誰も解雇や退職を迫られたりしない。2階まで階段を上がれる限り、働き続けることができるのだ。 定年後、ここに再就職した高齢者もたくさんいる。ここは人間の「成熟」と「経験」が詰まった場所だ。し かも、会社の売り上げは150310wareragaこの5年間で2倍に伸びたという。2008年 カラー 52分 原題 Pensioners Inc. 制作 デンクマルフィルム 監督 ベルトラム・フェアハーク。配給 小林大木企画。上映の詳細は会場HPの上映案内欄などで。
・日 時 :2015年3月10日(火) 10:15〜(開場 9:45)
・会 場 :小樽市・なまらや(花園3丁目6-6)
・入場料 :2,000円(上映料+ランチ)、要申込(座席に限りあり)。
・お問合せ :みみずく舎 ミリケン恵子 TEL 080-6085-9063  
続きを読む

bluebook at 10:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2015年03月08日

世界のCMフェスティバル in SAPPORO@札幌

 世界のCMフェスティバル(HP)は、世界中のコマーシャル映像だけを集めた上映イベント。札幌では今年で10回目の開催。名物プロデューサー、ジャン=クリスチャン・ブーヴィエ氏の流暢な日本語トークもお楽しみ。今年もロングバージョンでたっぷりと世界のCMに浸ってください、とのこと。詳細は同HPの札幌開催案内欄で。150308CMFES
・日 時 :2015年3月8日(日) :場15:30 開演16:00 終演20:00予定
・会 場 :札幌市・札幌プラザ2・5(旧札幌東宝プラザ)
      (中央区南2西5狸小路5内 地図
・料 金 :前売2,500円 当日3,000円  全席自由 
・お問合せ:札幌国際プラザ TEL 011-211-3676
      世界のCMフェスティバル事務局 TEL 092-843-7370 続きを読む

bluebook at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

ドキュメンタリー映画「遺言 原発さえなければ」上映会@札幌市

 「遺言 原発さえなければ」FACEBOOK)を上映。東日本大震災翌日の2011年3月12日から福島第一原発事故の取材に入り、被災者に密着した800日間。「核シェルターを作っておけばよかった」、「見えない戦場で闘ってるみたい」とカメラの前で次々と“ドラマ”が展開する。白煙を上げ続ける福島第一原発。汚染地帯に取り残された住民。見えない敵は、放射能だけではなかった。そこには隠蔽と欺瞞に覆われた日本社会の構造が浮かび上がる。『遺言』。無念のうちに自殺した菅野重清は、「原発さえなければ」と壁に書き残した。そして仲間へのメッセージにはこうある。「酪農家は原発に負けないで頑張ってください」。彼の仲間だった酪農家たちや農民を丹念に追いながら、苦しみの中で気づいた家族、仲間、奪われた故郷への愛、そして守るべきものが何なのかを問う。250時間の映像から、二部全五章で描く群像ドラマ。記憶の風化を許さない、フクシマを描いたドキュメンタリー映画の決定版。2014年、日本、225分。取材・撮影・共同監督: 豊田直巳 / 野田雅也。上映の詳細は主催者HPの案内欄で。140628yugon
・日 時 :2015年3月8日(日) 12:00〜16:30
       上映時間は225分。途中休憩(15分)※開場は30分前
・会 場 :札幌市・北海道自治労会館(北区北6西7 東向き) 5階大ホール
・入場料 :一般1,000円(当日券のみ)
・主 催 : 「さようなら原発1000万人アクション北海道」実行委員会
・お問合せ: 北海道平和運動フォーラム 011-231-4157   続きを読む

bluebook at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

原発ゼロを考えるDVD上映会@岩見沢市

 3月8日の国際女性デーにあわせ、070305mienaikumokouzaグレゴール・シュニッツラー監督の「みえない雲」(公式HP)(2006e年、103分、独)を上映。上映の詳細は会場HPの新聞記事紹介などで。
・会 期 :2015年3月8日(日) 10:00 
・会 場 :岩見沢市民会館(岩見沢市9条西4丁目1番地1)
・参加費 :300円
・主 催 :国際女性デー岩見沢集会実行委員会
・お問合せ:TEL 080-4509-1962(実行委員会) 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2015 国際女性デー 釧路集会「圧殺の海 沖縄・辺野古」上映と影山さんのお話@釧路市

 2015 国際女性デー 釧路集会では、辺野古新基地建設反対運動をとらえたドキュメンタリー映画「圧殺の海 沖縄・辺野古」の上映と影山あさ子監督によるトークを行う。映画は、報道機関を遠ざけ、反対派の人々を排除しようとする警察、機動隊、海上保安庁の様子や、日増しに増えていく反対派の県民たちの姿を追う。監督は、「ラブ沖縄@辺野古・高江・普天間」の藤本幸久と影山あさ子。2014年キネマ旬報文化映画ベスト・テン7位。2014年/森の映画社/94分。藤本幸久 影山あさ子監督作品。上映の詳細は釧路市の「わっと」HPの案内欄などで。150308assastu
・日 時 :2015年3月8日(日) 9:30開場 9:45〜12:30
・会 場 :釧路市生涯学習センター「まなぼっと幣舞」  5階 ハイビジョンシアター
      (幣舞町4番28号 地図 TEL 0154-41-8181)
・入場料 :1,000円
・主 催 :3・8国際女性デー釧路集会実行委員会
・お問合せ: TEL 0154-25-1121/ FAX 25-1273 続きを読む

bluebook at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 | その他

感じるからだ@旭川

 北海道立旭川美術館がおくる企画展。「からだ」をテーマに立体や彫刻を中心に展示する。「芸術作品にはたくさんのからだが潜んでいます。からだを描いた、あるいは形作ったもの、手の動きや息づかいなど、作者のからだを感じさせるもの、それらを鑑賞する私たちのからだを意識させるもの…そんな作品に潜むからだを発見し、からだで感じてみましょう。」とのこと。詳細は同美術館HPの右チラシなどで。141030kanjiru
・会 期 :2014年10月30(木) 〜2015年3月8日(日)
・休館日 :月曜日(祝日と重なる場合は開館し翌火曜)、年末年始(12/29〜1/3)
・時 間 :9:30〜17:00(入場16:30まで)
・会 場 :旭川市・北海道立旭川美術館(常磐公園内 地図 )
・入場料 :一般510(400)円、高大生300(250)円、 中学生以下無料
・主 催 :北海道立旭川美術館
・お問合せ:道立旭川美術館 TEL 0166-25-2577続きを読む

bluebook at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美術 

2015年03月07日

ちえりあ映像フェスタ2015 作品上映会@札幌

 「ちえりあ映像フェスタ」は、私たちのまちの歴史、文化、人々の営みなどの映像作品を通して、まちの魅力を再発見し、まちづくりにつなげていく取り組み。2014年11月30日まで公募した市民手作りの短編ビデオ作品16本を一挙上映する。詳細はちえりあHPの案内欄で。
・コーディネーター:伊藤隆介氏 150307chieria
      (映像作家、北海道教育大学岩見沢校映像研究室教授)
・日 時 :2015年3月7日(土) 12:30開場、13:00〜16:30(終了予定)
・会 場 :札幌市生涯学習センター(西区宮の沢1条1丁目 地図) 6F講堂
・主 催 :財団法人札幌市生涯学習振興財団
      (札幌市生涯学習センター指定管理者)
・お問合せ:同センター 1階 メディアプラザ TEL 011-671-2121 続きを読む

bluebook at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 映画 

ドキュメンタリー映画 「日本と原発」 上映会@旭川市

 弁護士河合弘之が2年の歳月をかけて自分の眼で耳で確かめた日本の原発のすべてを描いたドキュメンタリー映画「日本と原発」HPFACEBOOK)が帯広市で自主上映される。この映画は、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘う木村結の3人が多くの関係者、有識者にインタビュー取材を行い、現地での情報収 集や報道資料等を基に事故に巻き込まれた人々の苦しみ、原発事故を引き起こした背景、改善されない規制基準、エネルギー政策のウソと真実を追求したドキュ メンタリー映画である。2014年、日本、135分。150213nihontogenpastu上映の詳細は映画HPの案内欄などで。
・日 時 :2015年3月7日(土) 3回上映
       10:00、 14:00、 19:00 
・会 場 :旭川市勤労者福祉総合センター・サンアザレア
       (6条通4丁目、駐車場あり)
・参加料 : 一般前売 1,000円(当日 1,200円)、大学生・障がい者 500円、高校生以下 無料
・主 催 :チーム今だから TEL 0166-25-3169(松浦) 
※ ,里濛児有り 200円 要予約 TEL0166-25-3169 3月6日まで 続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 映画 

2015年03月06日

「なつかしい未来へ」関連企画 「家路」上映会@札幌

 サイエンス・カフェ「なつかしい未来へ 〜映像で見る福島の今〜」関連企画で、福島の家族の再生と復興を描いた映画「家路」を上映。映画は、美しい福島の農村を舞台に、震災の影響で故郷が「戻れない場所」になってしまった家族を描く。松山ケンイチ扮する次郎は、たった一人で苗を育て、今はもう誰もいなくなった田んぼを再生しようとする。150306ieji松山ケンイチ主演、田中裕子、内野聖陽他出演、久保田直監督。2014年、日本、118分。詳細は主催の北大CoSTEPサイトの案内欄で。
・日 時 :2015年3月6日(金) 18:00
・会 場 :札幌・北海道大学 学術交流会館(地図) 1階 小講堂
・入場料 :無料だが、事前登録が必要。
・主催・お問合せ:北大CoSTEP TEL&FAX 011-706-5320  続きを読む

bluebook at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

2015年03月03日

グループ展『必然性のない必然Vol.18』@札幌

 札幌の画家数名とペング成人アートサークルの仲間によるグループ展「必然性のない必然。」が今年も開催される。今年のテーマは「溢れる」。150226histuzensei詳細は出展するたかだたろうさんHPの案内記事などで。
【出展者】
  たかだたろう、SETSULIKOV、南光明、よしだのりこ、ペングアートの仲間たち
・会 期 :2015年2月26日(木)〜3月3日(火)
・時 間 :10:00〜19:00(最終日16:00まで)
・会 場 :札幌市・アートスペース201 6F C室
      (中央区南2西1山口中央ビル)
・入場料 :無料 

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 美術 

2015年03月02日

ダイヤのA展 in 札幌PARC@札幌

 週刊少年マガジン」(講談社)で好評連載中、テレビアニメも絶賛放送中の王道にして斬新な高校野球マンガ、「ダイヤのA」。このダイヤのA展in札幌PARCOは、現役のプロ野球選手にも多くの読者を持ち、男女問わず子どもから大人までも魅了する「ダイヤのA」の世界を網羅した展覧会となっています。貴重なアニメ原画や青心寮再現展示、そして併設のショップでは展覧会場先行商品なども多数販売するファン必見のイベントです。(会場HPの案内欄より)。150221daiyaA
・会 期 :2015年2月21日(土)〜3月2日(月)
・時 間 :10:00〜20:00(入場は閉場の30分前まで)
      最終日は18:00閉場/土曜日は20:30まで
・会 場 :札幌パルコ(中央区南1西3) 7階 スペース7
・入場料 :無料
・主 催 :パルコ
・お問合せ:同店 TEL 011-214-2111(代表)  続きを読む

bluebook at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2015年03月01日

「内部被ばくを生き抜く」上映会 in 札幌市@札幌

 〜 4人の医師が語る経験・広島-チェルノブイリ-イラク-福島 〜
 2011年3月11日に起きた東北大震災によって原発が4つも爆発してしまった、その後の世界に私たちは生きている。大量の放射性物質が放出され、広範囲に拡散したことは解っているが、ではどれだけ出たのか実は正確な情報がない。放射性物質は環境に溶け込み、生態系に入り込んだ。呼吸や汚染された水・食品を通じて引き起こされる内部被ばくは、この時代に生きる私たち全員の120625naibuhibaku問題となった。原発事故後の日本で命を守りながら前向きに生きていきたい全ての人たちへ。鎌仲ひとみ監督の最新作「内部被ばくを生き抜く」を上映する。上映の詳細は映画公式HPの上映案内欄などで。
・日 時 :2015年3月1日(日) 2回上映
      13:15  終了後「福島の子どもたちを守る会・北海道」より、 
              札幌の「保養所」をメインに、10分程話していただきます。
      15:15  同上
・会 場 :札幌市東区民センター( 東区北11条東7丁目1-1 東区役所併設館) 1階「いこい」
・入場料 :前売800/当日1,000円
・主 催 :ポラン広場の店 あすらん/あすらんと仲間たち 
・お問合せ:あすらん(札幌市東区北13条東14丁目4-22)
・お問合せ:有塚 TEL 011-374-6258
        asuran●sweet.ocn.ne.jp (●を@に変えてください) 

bluebook at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

LDに生まれてよかった!「美んちゃんの場合」上映会@帯広市

 読み書きが困難になる障害、DX(ディスレクシア)に悩みながらも、明るく前向きに生きる女性の姿を描いたドキュメンタリー映画「DX(ディスレクシア)な日々 美んちゃんの場合」を上映。映画の主人公は「美(び)んちゃん」とあだ名される砂長宏子さん。外見や知覚、聴覚には問題がないため周囲が障害を認識しずらく、発達障害そのものが一般的に知られる以前に子ども時代を送った美んさんは、周囲からバカにされ、勤め先もすぐにクビになるなど偏見や無理解に苦しみながら生きてきた。英国留学中の20代半ばで自身の障害を知った。障害で書類や報告書を作るのが苦手。周囲からの理解がなかなか得られず何度も失業を繰り返しながらも、笑顔で前向きに生きようとする姿が描かれる。121201DXnahibi2011年、日本、81分。製作 イメージ・テン。企画・演出・撮影・編集:谷光 章。詳細は映画公式HPの案内欄と会場HPの案内欄で。
・日 時 :2015年3月1日(土) 10:30、14:00
・会 場 :帯広市・あがり框(かまち)  (帯広市西10条南5丁目1)
・定 員 :各回40名
・入場料 :一般1300円(前売1200円)当事者・中高生500円
       (軽食500円要予約 0155-67-5283)
・主 催 : 学習症の子どもたちの学びを支援する会 代表 長沼睦雄
・お申し込み・問合せ: TEL 090-7210-0657 (井口)

bluebook at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画